青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遺言~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~遥か 遥か~ 適~ ~適当 適当~ ~選ん 選ん~ 選挙~ ~遺憾 遺憾~
遺言~
~避け 避け~ 避ける~ 邊~ 邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~ 郊外~

「遺言~」 1069, 12ppm, 9448位

▼ 遺言~ (208, 19.5%)

5 は何處 4 の写し, を書い 3 の中, を書く

2 [16件] がある, がなくなれ, がなけれ, が出, が出た, ですか, に書い, に算用, の外, は, はどう, を作成, を書き替える, を残し, を見付け, を遺した

1 [157件] があ, がこしらえ, がなくなった, がなくなる, が一通, が伝わっ, が作成, が披露, が書き改められる, くらいは書い, さ, さえあれ, すらも渡し, だったの, だったので, だったん, だって, だつたん, でも拵, でも搜, で悪人, で指定, といふもの, となり, ともいへや, と委任状, などは僞物, などは見, などを隱, なんぞは一體, にし, にはお, には二伸みたい, には奥様, には彼女, には自分, にも記載, にも認め, によってその, に対しても棄置かれん, に書かし, に背く, に騎馬競馬, のうち, のかたち, のこと, の事, の個状書, の前, の効力, の思想, の放送, の文字, の旨, の書きかえ, の様, の添え, の発見, の秘密, の第, の行方, の言葉, の通り, の遺産, の開封以外, の隱, はお, はすぐ, はその, はたしかに, は三ヶ月前, は余程, は其の, は千八百六十一年十一月二十日, は寳屋, は生死, は箇條書, は置い, は貴女, へ自分, まで盗ん, まで私, もある, もお, も何, も何ん, も何遍, も作ります, も保管, も書き忘れ, も書き替えぬ, も残さず, よ, らしい手紙, をう, をお, をお作り, をこの, をしたため, をしらべる, をたずさえ, をつくろう, をという, をまだ, をもらっ, をチャン, を一々, を一人一人, を一年, を作つて, を作らぬ, を作るまい, を作ろう, を僞物, を出し, を取り上げ, を取出し, を奪, を娘, を抜い, を披露, を拔, を持っ, を握, を放送, を明日, を昨日, を書かした, を書き, を書きました, を書き換え, を書き替え, を書き直さぬ, を書き直し, を書き直したい, を書き直す, を発見, を盜, を破り, を紙, を見せ, を見せられました, を見ました, を見付けたかった, を見付けたかつた, を見附けさせる, を認め, を読み, を誰, を身, を開いた, を開く, を開封, を隱, を電波, を預つ, を餌

▼ 遺言~ (165, 15.4%)

10 して 7 守って 6 聞いて 4 書いて

2 [16件] した, したり, したん, するとか, のこして, 体し, 反古に, 受けたと, 受ける責任, 奉じて, 守り母, 書取って, 残して, 聴いたの, 貴君が, 貴君さまが

1 [106件] あそばされたかを, あそばしたこと, いたしました中, お守りくだす, お思い, かくよう, きいて, ききとった, ききに, されたので, されたもの, したの, したもの, したわけ, した後, しながら, する, すると, するや, するよう, する伊勢参り, する間, そうまで, そのま, ついで安永六年小通詞, なさいましたこと, なさるはず, なされたの, なされました, なすったこと, なんで反古, のせた電波, まちがいなく, まもり諸家, もって, よむと, 一同へ, 与えて, 伝えて, 伝へて, 作成し, 信じるならば, 出さねば, 受けて, 君に, 吹き込んだレコード, 問う, 堅く守り, 守らねば, 守りたいばかりに, 守りながら, 守り相営み不, 守り魯粛, 守るだから, 実行し, 実行する, 尊重せよ, 小園は, 履行した, 復活し, 忘れ四十, 思い出した, 思い合わせたから, 思ひ出した, 想ひ出した, 承って, 放送した, 放送しなけれ, 書いてるよう, 書かせちま, 書きかえっちまったという, 書き替えられても, 書き生きて, 書こうにも, 本気に, 果したいばかりに, 果すため, 果せば, 果たし度, 果たす事, 残したであろうに, 残す程, 汝忘れた, 盾に, 破った時, 破りうる自信, 私に, 耳に, 聞くひま, 聴いたたった, 聴いたたつ, 聴くか, 苦労し, 託されて, 話して, 認めさせて, 認め候時, 読んで, 調えて, 讀み聽, 讀んで, 身に, 載せた電波, 辱め部内, 違えぬという, 重んじての

▼ 遺言~ (125, 11.7%)

5 の中, の内容 4 を書い 3 に書い, のこと

2 [13件] が発表, です, と一緒, にはその, にも書い, の開封, をパタリ, を作っ, を作り, を作成, を書いた, を発表, を開封

1 [79件] が, があっ, が握られ, が書かれ, だ, だの, ではその, ではない, でもある, で六カ月前, で君, というもの, とかがその, とを一まとめ, と不可分, と書い, と航海図, なぞを書く, なんてもの, に, にあの, にありました, にある, に出, に御身, に描きあらわし, に法律上, に記し, のある, のおしまい, のなか, のはじ, のココントコ, の一番おしまい, の作成, の奇怪, の続き, の説明, の驚くべき, はむずかしい, は全文, は医学博士, は恐らく, は箪笥, も仏作, や焼き, を, をかい, をこしらえつくっ, をこの, をこんな, をぬすもう, を作った, を作つて, を作らしめず, を作製, を公表, を取り上げ, を受取っ, を明け, を書いといたら, を書きさした, を書き上げるべく, を書き初めたん, を書く, を残し, を渡した, を組み込まなけれ, を繞, を藤波弁護士, を見せ, を見た, を認めしめき, を認め終る, を読み終った, を読み終る, を金庫, を開い, を開きましょう

▼ 遺言~ (64, 6.0%)

6 て死んだ 3 てこの, てその, て死ぬ 2 て, ておいた, て亡くなつた, て自分, て逝った

1 [39件] たり, てあった, ていた, ていった, ていったら, ている, てお, ておい, てなくなりました, てはいない, てまた, てまでも必ず, て一日, て五百, て亡, て処分, て友人, て吉原病院, て墓, て妾たち, て安らか, て宮様, て己, て往生, て是, て正念, て死に, て汝, て石, て筑後, て置いた, て置かなけれ, て老体, て腹, て蘭語, て静か, て頼, 勝久を, 息子たちが

▼ 遺言~ (64, 6.0%)

5 中に 3 やうな, ような 2 うちに, ように, 延長として, 第一

1 [45件] あいだほんの, あったこと, あとで, あひだ, ことが, ためばかり, つもりで, とおりに, ところも, ようには, レコードです, 一つであった, 一書を, 一部である, 中身です, 事だ, 事に, 仕方や, 保存か, 内容で, 写しを, 句に, 句を, 吹込んである, 声も, 如く憐れ, 実現などに, 実行な, 實現を, 履行に, 形相で, 披露で, 文句は, 方法だ, 書を, 書付を, 次第を, 用意が, 積り, 積りで, 筆を, 練習を, 衝動の, 詩を, 通り眉間に

▼ 遺言~ (54, 5.1%)

2 したがって, そむいて, なって, 書いて, 東京の

1 [44件] あるテナルディエ, ある通り, いいましたが, お前の, お前は, こたえ蜀, して, そむくべきか, なった, ひとしい切実, まかせて, よったの, よれば, 一年も, 今より, 任せ孝助, 似たる或, 依つて, 其の方養子, 利用した, 加十の, 基いて, 基くもの, 己も, 従わなければ, 心の, 恐れを, 所領の, 教団の, 汝と, 添い知己, 私じゃ, 立会った二人, 籠る希望, 署名せよ, 背きますから, 致候覚悟に, 誦経の, 貧乏人とは, 賞を, 身を, 適中せり, 頼む気色, 養女輪田夏子実は

▼ 遺言~ (34, 3.2%)

2 ありませんかと, ありませんが

1 [30件] ありましたか, ありませんでしたか, いっさいの, いつと, かえってお, きわめてつまらない, くどくある, こうであった, ございません, ござらぬかな, ござらんか, さっそくに, して, それだけか, たった一つ, どこへ, ない, ないか, ないかネ, ないので, なかった, なかつたの, 一馬にとっては, 何も, 利章と, 告げて, 昨夜の, 暫く鐵砲汁, 本当であった, 無い何ん

▼ 遺言~ (31, 2.9%)

3 あるの 2 あるなら今, して

1 [24件] あったこと, あったそう, あったの, あったもん, あつた, あるから, あるならば, あるなら聞いて, ございましたもの, どうして実現, ほかの, 偽りであると, 入って, 吹込んである, 嘘か, 始まります, 宛名の, 有ったなれども, 有るから, 此の, 皮肉にも, 耳に, 耳の, 闇から

▼ 遺言~ (31, 2.9%)

3 云ふ 2 いふと, ならぬもの, 云う言葉, 云っても, 云つても

1 [18件] いい君命, いふので, いわれるもの, その子供, なったが, なったわけ, みんなが, 云うの, 云った訳, 俺の, 全く一致, 其父なる, 大託, 心得候て, 思われるもの, 死に, 申す事, 申す程

▼ 遺言~ (25, 2.3%)

2 女を

1 [23件] お前さんと, その着物, それきり帰らず, わたくしが, 今晩お, 倅の, 土山に, 娘の, 日光山に, 是非火葬に, 止めいと, 止められて, 用ゐない, 當主は, 私は, 続いて, 莫大の, 菅野と, 誰かに, 身代を, 遺産の, 阿彌陀樣一點張り, 龍耳老人に

▼ 遺言~ (25, 2.3%)

4 何も 2 あること, したいし辞世

1 [17件] あらば, あり並, あるし, お守りできぬ, ございますから, ございますし, ございませぬから, ござんせんでしたよ, なかつたの, なくかつまた, 一緒に, 多かった, 書いて, 書きかへて, 書きました, 残さないで, 涼しき老

▼ 遺言した~ (23, 2.2%)

2 のは

1 [21件] かというごとき, がそれ, が僧侶, こう申し伝え, ことも, そうだ, そうです, でねか, という事, といふの, にかかわらず, のが, のだろう, のである, 一番最初の, 作家は, 太郎兵衛も, 物を, 老夫人, 言葉は, 通り日本箪笥の

▼ 遺言~ (13, 1.2%)

1 [13件] からといつ, からと姉さん, からと申し, からと言っ, からと言つて, から木村, か何だか, そうで営まなかった, つて並大抵の, といっ, と云う, と思っ, と思はれる

▼ 遺言によって~ (10, 0.9%)

2 莫大な 1 いろんな他, きわめて狭い, ベートーヴェンの, 三人の, 亡兄の, 自分に, 遺産を, 遺骸も

▼ 遺言する~ (8, 0.7%)

1 がわが家, ことは, のは, はずだった, ような, 暇も, 積りらしかった, 間も

▼ 遺言された~ (7, 0.7%)

1 おことば, がそれ, そうです, テナルディエ一家の, 三老臣の, 井戸だ, 時

▼ 遺言どおり~ (6, 0.6%)

1 この百円, にしたい, にそっくり, に万事, に塩首, に死人

▼ 遺言通り~ (6, 0.6%)

1 に, にこの, にした, に自分, に遊ばせ, 燃しちやつたの

▼ 遺言として~ (5, 0.5%)

1 与えたもの, 伝えられて, 善悪に, 残す積り, 記憶し

▼ 遺言には~ (5, 0.5%)

1 國政萬端利章一成内, 授賞の, 換えられんから, 日比魚と, 随分面白い

▼ 遺言によ~ (5, 0.5%)

1 つてこの, つて天皇の, つて岩波で, つて相続人の, つて遺産の

▼ 遺言めいた~ (5, 0.5%)

3 ことを 1 ことまで, ものが

▼ 遺言され~ (4, 0.4%)

1 それから些, てあ, てあった, て御座る

▼ 遺言であった~ (4, 0.4%)

1 からという, がいずれ, という一つ, のか

▼ 遺言という~ (4, 0.4%)

2 ような 1 のを, ものを

▼ 遺言なんか~ (4, 0.4%)

1 一言半句だ, 一言半句だって, 履行しなく, 残して

▼ 遺言でも~ (3, 0.3%)

1 ありませんでしたか, したかの, 止められぬ河豚

▼ 遺言とも~ (3, 0.3%)

1 いうべき彼, 心得て, 思召し

▼ 遺言にも~ (3, 0.3%)

1 義明供奉此處而傳汝其行矣傳之, 遺風にも, 鬼の

▼ 遺言により~ (3, 0.3%)

1 去年正月十一日泰勝院専誉御遺骨を, 火葬に, 骨は

▼ 遺言に従って~ (3, 0.3%)

1 僕が, 死骸には, 財産を

▼ 遺言らしい~ (3, 0.3%)

1 ことは, ものの, ものを

▼ 遺言状さ~ (3, 0.3%)

2 へあれ 1 へ見付

▼ 遺言~ (3, 0.3%)

2 に時計 1 にした

▼ 遺言だの~ (2, 0.2%)

1 病気だ, 荘園の

▼ 遺言です~ (2, 0.2%)

1 って, 灸は

▼ 遺言では~ (2, 0.2%)

1 なけれど, 中年近くに

▼ 遺言とか~ (2, 0.2%)

1 で不思議, 何とかいっ

▼ 遺言とやらを~ (2, 0.2%)

1 長々しく仰, 長々しく仰しゃいました

▼ 遺言までも~ (2, 0.2%)

1 ございません手前ども, した後

▼ 遺言~ (2, 0.2%)

1 を伝えれ, を伝へれ

▼ 遺言~ (2, 0.2%)

1 にも, に当

▼ 遺言代り~ (2, 0.2%)

1 にかう書い, に子沢山

▼ 遺言~ (2, 0.2%)

1 の建白, の文篇

▼ 遺言~ (2, 0.2%)

1 で京水, の三書

▼1* [88件]

遺言あそばしたことを, 遺言いたしましたが確か, 遺言何かによって, 遺言から何フランかをへ, 遺言ぐらゐしたくなる筈である, 遺言しなすったんだってね, 遺言しやすから私イ, 遺言し終ってから孔明, 遺言じゃ有りません, 遺言せしが我等, 遺言せられたものである, 遺言どんな遺言, 遺言でさ夏に, 遺言でしたよ, 遺言といふものだ, 遺言とかがある, 遺言としての書附が, 遺言としてはさもあり, 遺言としても避けねば, 遺言とてもありませぬ, 遺言とはあるが, 遺言とを楯に, 遺言どおりこれはお前さん, 遺言どおり姜維を後陣, 遺言のです, 遺言ながら他人を, 遺言なくまた軌道外, 遺言なさって正保, 遺言なさったのです, 遺言なさる場合あなたは, 遺言なぞをしない, 遺言などが常住無意識に, 遺言などとて姪の, 遺言などをする必要, 遺言なるべきのみ, 遺言なんて縁起でも, 遺言にて固めたる男, 遺言によつたもので, 遺言に対する態度やは, 遺言に従い再縁すべき, 遺言のみを敢えて避け, 遺言ひとつ残さないで, 遺言加えて, 遺言まで致して, 遺言みたいに白状, 遺言その他数々の, 遺言ようの秘密, 遺言よりもい, 遺言わたしは聞い, 遺言をば此の, 遺言をも忘れて, 遺言スルコト下ノ如シ, 遺言ニマカセ播州ヘ送, 遺言ニ因リ父林吉松本喜一ト相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 遺言執行ニハ賀古鶴所, 遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 遺言云々といいだされ, 遺言以上の前代未聞, 遺言同様の願い, 遺言執行人で唯一, 遺言尽返之各, 遺言を蓄, 遺言放送を決行, 遺言文学なんて出たら, 遺言書以外に僕, 遺言書類を受け取った, 遺言検認税遺贈税及び死者, 遺言に感服, 遺言の霊, 遺言状くらゐは, 遺言状一通委任状一通何れも根, 遺言状仮葬之翌日相, 遺言状相添え病弱, 遺言發見の顛末及建碑, 遺言的志士形気を脱し, 遺言一条の, 遺言是乾坤則, 遺言詐欺か何, 遺言に深い, 遺言通り三千兩に利息, 遺言通り主人と結婚, 遺言通り徳川の家, 遺言通り焼きすてる, 遺言通り石を墓中, 遺言通り素木と換え, 遺言遊ばされたので實, 遺言録一巻中に詳, 遺言隠してけつかるで