青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遺憾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

遣る~ ~遥か 遥か~ 適~ ~適当 適当~ ~選ん 選ん~ 選挙~ ~遺憾
遺憾~
遺言~ ~避け 避け~ 避ける~ 邊~ 邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~

「遺憾~」 1379, 15ppm, 7526位

▼ 遺憾ながら~ (283, 20.5%)

5 私は 3 それを, 此の

2 [19件] いずれも, かういふ機運, こ, ここに, これも, その時, それは, 今の, 今日の, 余は, 俺の, 判らない, 判然と, 当局並びに, 彼が, 疑ひなきを, 自分は, 話にも, 這ひ

1 [234件] あっても, あなたを, あの作品, あまりにも, あまり上乗, いくらも, いまだ述, うなずかせるもの, お味方, お待ちしきれなかった, お断りした, かう云, こいつばかりは, こういう儀礼, ここで, ここは, このこと, このたび, このなか, この優れた, この問, この壮観, この新, この時, この晴, この話, この錯覚, これだけ, これを, これ以上は, これ等の, ご同意, そういう自然研究, そうでない, そうは, その, そのシガー, その上, その場所, その方面, その祭文歌, その自由主義, その雲, その頃, それに, それも, でっか, どうひいき目, どうもさう, どうも金魚, どこの, はつきりしない, はやここ, ほとんど読ん, まだだれ, まだ二人, まだ成功, まだ颱風, みな逃げた, もう何, もちろんあなた, やむを得ない次第, やむを得ません, わが兵, アラビアの, アリストテレス的学問法の, ジイドは, ソンナものが, ドチラにも, ナポレオンは, ラッセルの, ヴァイオリンは, 一個の, 万物の, 世の, 世界第, 之が, 予の, 事実は, 事態を, 云わざるを, 五十歩百歩だった, 人造人間が, 人間は, 人類が, 今度の, 今日は, 他民族, 伊香保へは, 伝わらぬ, 似せ物, 何者が, 作者の, 信じなければ, 僕が, 僕なぞには, 僕に, 僕の, 先帝の, 全く国際的, 全く無力, 凡俗の, 分らない, 割愛し, 創造力が, 十九世紀以来の, 十分に, 博士夫人その, 原著は, 取るべき所, 只今ハッキリ, 同様である, 同氏の, 同等の, 否である, 否と, 問題は, 外國では, 大体同じ, 奴隷あるいは, 娼婦の, 安行の, 実現が, 実現せられ, 小一郎には, 少しく軽率, 崩壞物の, 左の, 己惚れる事, 已むを, 希望に, 当の本人, 当時の, 彼には, 彼の, 彼らは, 彼女は, 心の, 惜しまれて, 意を, 感心しない, 我々は, 我等は, 或は又当然, 或る, 或程度, 戯曲としては, 手控の, 承服できなかった, 抱くと, 持って, 政治的には, 数量的の, 文部大臣合作戯曲の, 断念した, 斯の, 日本では, 日本の, 日本婦人の, 日本物は, 明かに, 明らかに, 明治以後には, 昨夜目測した, 最近に, 有利に, 未し, 未だ發見, 未だ適當, 未完の, 本当だ, 本当の, 極めて少ない, 次回に, 止むを, 正しい道, 決してクラシック趣味, 演劇に関する, 烏合の, 無銘に, 爆弾漁業なる, 父の, 理想的に, 発売禁止の, 發賣禁止の, 百パーセント満足とは, 百足虫にとって, 目的は, 相手に, 省くこと, 知ること, 知る由, 知恵の, 知覚喪失だ, 砂糖量が, 確定的な, 確証は, 秀吉の, 私では, 私めには, 私も, 私自身にも, 稍落ちる, 筆を, 経済理論家や, 聞落した, 職業に, 致し方の, 草履なし, 蘭書拂底の, 西南戦争当時官軍を, 見失われて, 訊問は, 詳しく書く, 詳でない, 認めざるを, 語る可, 語る自由, 誠に小作人, 説明を, 読むこと, 證據は, 貴方を, 足の, 逆に, 運転手君に, 道教徒と, 適当の, 酬いられなかった, 附会説をすらも, 随分例, 電文の, 高度の, 鯉だけ

▼ 遺憾なく~ (240, 17.4%)

13 発揮した 5 発揮し 3 これを, 現われて, 発揮され, 發揮し, 示して 2 備えて, 具へて, 暴露した, 現は, 現わし, 発揮する, 立証し, 証明し, 語つてゐる

1 [189件] あらはれ, あらわして, あらわれた, かの櫛, かの芭蕉, ここに, このまつり, この窃盗, さらけ出して, その天賦, その才色, その持ち前, その文, その日, その浮動性, その美し, ととのえて, なし終, はっきり拝する, まことに綺麗, わかつたさ, わからす, クリヴォフ夫人の, 万象が, 世の中へ, 之を, 二人の, 云ひ, 云ひ現した, 仕終, 代表した, 余が, 使用せられる, 備わって, 充たすの, 全国民, 其の本領, 内気さを, 出て, 出るもの, 分析し, 利用した, 原の, 取り調べるに, 味われる, 図書館を, 外交上の, 失敗し, 完備させ, 完備した, 完全に, 実写せられ, 実現したら, 実現せられ, 寫された故に, 尽して, 巴里の, 布いて, 延び満ちる, 思い返させた, 感化影響を, 成金を, 我ら国民の, 所論し尽されてる, 手を, 扶け, 押しひしがれて, 指導する, 探知する, 推察される, 揃えるため, 描かれて, 描き出されて, 描写せられし, 支配し得た, 数句の, 整え中, 整って, 昔の, 映ずる人間, 暴露する, 暴露せられたる, 曝した道庵, 曝露され, 曝露した, 曝露する, 果たさしめること, 果たして, 梯子酒根性を, 横溢した, 此の, 残って, 波だつ感情, 満喫し, 満足させる, 満足されべき, 準備する, 漂わせ見る人, 演技として, 漫画化した, 潟の, 火事泥的な斬り, 照らし暖められて, 燃した, 猛優振り, 現したれば, 現わ, 生かしたもの, 生産される, 用務を, 発揮いたしまし, 発揮いたしました, 発揮された, 発揮されてる, 発揮されました, 発揮される, 発揮してる, 発揮し尽した, 発揮し得なけれ, 発揮せしめ得る, 發揮した, 發輝した, 相格, 知ること, 示したもの, 示し芸能, 示すもの, 私の, 私ら二人を, 窺われよう, 窺われるの, 立証した, 紙面に, 統合発揮する, 腕を, 自己の, 與ふる, 舞台上に, 色あせた冬, 行われ能率, 表は, 表わされて, 表われ, 表現され, 表現し, 表現し得た, 表現すべきだ, 表現すれ, 裏書きされ, 見せつけられたよ, 見られたので, 見ること, 見物の, 見究める, 見究める能力, 観念論的に, 解決せられた, 言い遺し置かんとの, 記載し, 証明される, 証明し得るであろう, 評者の, 誇示する, 認められるよう, 説明され, 説明された, 説明し, 説明しよう, 説明し得べし, 説明を, 調査し, 諷して, 警察精神を, 蹂躙された, 身装に, 辯駁し, 近代的な, 近来の, 進行し, 遂行せられん, 酔っちまったん, 酔つちまつ, 鉄腕を, 闘えたと, 陳列され, 露わした, 顕わして, 首肯し, 魔力を

▼ 遺憾~ (168, 12.2%)

26 思って 8 思う 6 思います 5 堪えない, 思うの, 思ふの 4 思った, 思つてゐる, 思ふ 3 堪へぬ, 思うこと, 耐へ

2 [13件] あらずや, お思い, たえないこと, 候, 堪えなかったの, 存ずるの, 思うもの, 思つた, 思つてゐます, 思ふこと, 思ふだけ, 思わずに, 思われ大山公爵

1 [66件] して, ぞんずるが, たえない, たえないといった, 堪えざる所, 堪えないこと, 堪えないの, 堪えないもの, 堪えないよう, 堪えない次第, 堪えない気, 堪えぬところ, 堪えぬもの, 堪えぬ次第, 堪えませぬ, 堪へざる次第, 堪へずと, 堪へない, 堪へないやう, 堪へぬ枯川, 堪申さず候, 存じて, 存じます, 存じまする, 存じ候, 存ずる, 存ずる次第, 思いながらも, 思います弁士, 思い仏教徒, 思い信用, 思い数年前, 思い胡桃沢勘内氏民俗学, 思うが, 思うだけ, 思うて, 思うばかり, 思う事, 思ったが, 思ったの, 思ってるの, 思っとります, 思つたらしい, 思つてゐた, 思つて居ります, 思つて居る, 思はれた, 思はれる節, 思ひながら, 思ひます, 思ひ最近四五年來, 思ふと, 思ふもの, 思ふ名物, 思ふ場合, 思ふ私, 思わざるを, 思わないでは, 思われた, 思われたの, 思われてたん, 思われること, 思召された, 思召し, 耐えない, 違ひない

▼ 遺憾~ (161, 11.7%)

27 する 14 するところ 11 する所 6 するの 5 して 4 した, す, するもの 3 するばかり, せざるを 2 し, したが, したところ, したるは, します, し愚直, する意味, する者

1 [64件] いうべきである三角点址, いうより, いたしました, いはねば, いふべきだ, いふべし, いふよりも, いへば, いわなければ, されるの, したから, したこと, したるが, しなければ, し人々, し他書, し來, し其詩集, し博識, し古社地, し展覧会場, し憤懣, し批判, し聊か, し自ら感化院, し鬱ぎ出したといふ, すと, すべきである, すべきでここ, するが, すること, するし, するに, するのみ, するは, するまじめさ, する事, する先代菊五郎, する学者, する旨, する精神, する處, する風潮, せられし者, せられるので, なすのみ, なす九月格堂遙, 不快とを, 云うべし, 同情の, 存ずるしだい, 思います, 思う, 思ふの, 思わない, 思わないこと, 思われ, 悔恨と, 批判し, 申さねば, 致し居候, 言うべきだが, 言うべきのみ, 言う可

▼ 遺憾~ (93, 6.7%)

10 ことである 6 ことに, ことには, ことは 5 ことだ 4 ことが, ことであります, のは 3 事には, 点が 2 ことであった, ことです, ことと, ことな, 事だ

1 [32件] からしむ, きものに, ことじゃ, ことぢや, ところが, ところだ, ので私, は, ほどでありました, 一太刀を, 事が, 事で, 事であった, 事と, 事は, 事や, 事を, 仕儀であった, 傾向です, 場合が, 振舞を, 時代の, 次第である, 気が, 気の, 気も, 点の, 点は, 点を, 結着です, 諸点に, 顔を

▼ 遺憾~ (76, 5.5%)

16 意を 5 点が 4 念を 2 念なき, 次第で, 点の, 至りである

1 [43件] あったこと, ことで, ことである, ことなり, ことに, ことには, ことは, ないという, ないやう, ないよう, ない大きな, ない妻, なかつた結果, ま, 一つだった, 事である, 念いは, 念が, 思いが, 思いで, 思ひで, 情を, 意味やが, 感情を, 極であった, 極みである, 極みです, 次第である, 次第では, 次第と, 気持ちが, 点あり, 点も, 点を, 節も, 至だ, 至である, 至りだ, 至りならずや, 至りなり, 部分の, 點が, 點は

▼ 遺憾~ (28, 2.0%)

2 と云っ

1 [26件] からこの, からな, から此冬, が, がこう, がこれ, がそこ, がその, がそれ, が今日, が勝頼, が無駄書, つたのに, という旨, といふ, とは思った, と今, と心, と思います, と思う, と思ひました, と思ひます, と思ふ, と書い, と歎, な

▼ 遺憾~ (28, 2.0%)

2 あるまい, ないが, ないと

1 [22件] あるには, ただそれ許, どうであったろう, どこまでも, ない, ないがと, ないという, ないの, ないよ, ないよう, ない積り, なかった, やむをえぬこと, 一つも, 嵯峨野の, 想像に, 日本の, 更々なし, 深いと, 無かつ, 生活意識の, 胸の

▼ 遺憾~ (26, 1.9%)

5 ない 3 ないと 2 あります, ある

1 [14件] あったかも, あったの, あり義務, あるやに, あるわけ, ございまする, ないから, ないッ, ない訳, なかつた, 明かに, 無い, 表明された, 間歇泉の

▼ 遺憾である~ (25, 1.8%)

1 [25件] がそういう, がそれ, が一体評論家, が今年六月, が作物, が天竜川, が希, が心, が手許, が止む, が此一首, が登山者, が自分, という, として, として実際, と云っ, と心, と思い, と思ふ, と思召, と語った, に相違, ばかりでなく, 負傷したなら

▼ 遺憾なき~ (24, 1.7%)

2 の人

1 [22件] あたわざるなり, ことを, のみか愉快, までに大き, までに徹底, までに捜索, までに斬っ, までに自ら, ものだ, ものであった, ものである, ように, を得ず, を期し, を期し居れり, を期する, 安心立命は, 感動を, 所全く, 活動を, 活用である, 能はず

▼ 遺憾~ (21, 1.5%)

10 あつた 6 はある 1 せめて上河内, たまらなかった, はあった, はありません, はない

▼ 遺憾千万~ (21, 1.5%)

3 なこと 2 である, です

1 [14件] だ, であったが, であって, であると, ですが, ではない, なり, な事, な云い草, な出来事, な次第, に存候, に御, のこと

▼ 遺憾~ (20, 1.5%)

2 償うこと, 感じて

1 [16件] あらわして, かう云, なぐさめて, 偲んで, 先に, 忘れしならん, 感じながら, 感ずるのみ, 感ぜずには, 抱く者, 止めざるは, 繰り返さぬと, 補う一端, 覚えるであろう自分, 述る, 齎らし

▼ 遺憾なり~ (10, 0.7%)

5 とす 1 しもカーキー色, というべし, ともいえよう, 半生の, 只黒神村

▼ 遺憾なる~ (10, 0.7%)

1 かな, かなアテーネー母の, ことであります, ことなれ, ことは, は其學者, は彼, は我日本国, は雨, 故小生

▼ 遺憾至極~ (9, 0.7%)

1 だなあ, であります, である, といわね, と云わね, ながら手前, なの, に存じ, に存ぜられ

▼ 遺憾~ (8, 0.6%)

1 たらざる, だった, であったろうと, である, と言うべし, に思召, はいつも, はこれ

▼ 遺憾であった~ (7, 0.5%)

1 がいずれ, がクロクロ島, が兼, が役, が脚下, と言った, のは

▼ 遺憾ない~ (7, 0.5%)

2 ように 1 ものである, ものでなけれ, 心持で, 日々の, 迄に心得

▼ 遺憾です~ (6, 0.4%)

1 からね, が, がいずれ, が娘はん, が私, な遺憾

▼ 遺憾なし~ (6, 0.4%)

1 とすれ, と思え, と見えたる, に写さう, に切り, 自分は

▼ 遺憾であります~ (5, 0.4%)

1 がこれ, がシャッガァ号乗組当時, が尚, というよう, 従つて之等の

▼ 遺憾として~ (5, 0.4%)

2 おるところ 1 どうしても来なかった, ゐる, 切腹した

▼ 遺憾とは~ (5, 0.4%)

1 しなかった, 思はざるなり, 思わなかった, 考えられない, 重々知り

▼ 遺憾この~ (4, 0.3%)

2 上も 1 うえも, 事に

▼ 遺憾~ (4, 0.3%)

1 である, とともにわたしたち, に内, を述べ

▼ 遺憾~ (4, 0.3%)

1 お覚え, ないの, また甚だしい, 感じないほど

▼ 遺憾そう~ (3, 0.2%)

1 に云った, に伸子, に素子

▼ 遺憾とも~ (3, 0.2%)

1 不快とも, 思うこと, 思わないで

▼ 遺憾なれ~ (3, 0.2%)

2 ども今後先生 1 ば少々

▼ 遺憾あら~ (2, 0.1%)

2

▼ 遺憾ありし~ (2, 0.1%)

2 は無論

▼ 遺憾~ (2, 0.1%)

1 に帰り, に白状

▼ 遺憾でも~ (2, 0.1%)

2 ある

▼ 遺憾なかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たの

▼ 遺憾なくむ~ (2, 0.1%)

2 ばあらず

▼ 遺憾乍ら屋根~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ 遺憾千萬~ (2, 0.1%)

1 ではある, に思ふ

▼ 遺憾~ (2, 0.1%)

1 ること, るですなと

▼ 遺憾骨髄~ (2, 0.1%)

1 といった面持, に徹した

▼1* [46件]

遺憾あるべきにや, 遺憾いかばかりぞや, 遺憾かも知れないが, 遺憾から是非とも, 遺憾がっておいで, 遺憾きわまりが無い, 遺憾きわまることには, 遺憾この上ない次第だ, 遺憾しごくなこと, 遺憾すくなからず定めし, 遺憾せめてはお, 遺憾たり古社地淀河組の, 遺憾だけを記述し, 遺憾だったに少く, 遺憾でしたがイヤナニ今, 遺憾で堪らない様子だ, 遺憾とかいうのは, 遺憾どころでは, 遺憾なかろうこと, 遺憾ながらも吾は, 遺憾なくいい現わし, 遺憾なり捨てた物は, 遺憾にも組織が, 遺憾はなはだ多しと, 遺憾ばかりには止まらない, 遺憾めいては居ります, 遺憾やらむかたなし, 遺憾やるかたない, 遺憾堪ヘス, 遺憾乍らそれはみな実験, 遺憾乍ら其隙が無い, 遺憾乍ら私は又, 遺憾という恥辱, 遺憾何ぞ堪へむ, 遺憾其謂之何, 遺憾ク被告ノ, 遺憾多かった, 遺憾極まることである, 遺憾極りない事, 遺憾無きを, 遺憾無窮に忘, 遺憾し, 遺憾甚だ多し, 遺憾りなし, 遺憾苦悶は想像, 遺憾遣る方も