青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~遠 遠~ ~遠い 遠い~ ~遠く 遠く~ ~遠慮 遠慮~ 遠方~ ~遣
遣~
遣っ~ ~遣る 遣る~ ~遥か 遥か~ 適~ ~適当 適当~ ~選ん 選ん~

「遣~」 1533, 17ppm, 6851位

▼ 遣~ (331, 21.6%)

32 して 27 ない 7 さう, しさ 6 されて, せり, ないと 5 あるまい, すべし 4 しき, しける, すから, ないから 3 されしもの, しませうとて, せ, せ我, ないん, なかろうと 2 あるまいと, さりまし, した, し候, ないという, ないの, ないよ, ない大丈夫, ねえが

1 [178件] ありませんから, ありませんよ, ありません老人方, ありやしません, あるまいが, あるまいとまで, あるまいどうも, あるまいよ, かえって心苦し, この前, ございません, さい, さうか, さば, さるべきお, さるべきやう, さるべく, さるやう, さるるまでの, さるる使人等, さる世, され, されい, されさあ, されしかど, されしは, されし一, されし者, された, されたかの, されたの, されたので, されたり, された一員, されること, され与一郎様, され検脈, され黒き, ざりしより, しかく, しく, しくそっと, しくつ, しこの, しさうな, しさうに, しさうに側, しさうに熟視め, しし時に, しし諜者, しそれ, したが, したけれど, したので, したま, したり, したりと, したるなり, したるは, したるや, したる使者, した侍醫, した南印度, した弟, した森, した留學生, してか, しなされませ, しぬ, しぬ王プロイトス, しました, しましたと, しアガメムノーン, しアキリュウス, し一族, し人数, し候こと, し候通り, し先, し其国, し冢, し勇氣, し又, し善道, し幽斎様, し愈々, し或, し指, し秀吉, し脚, し自害, し被, し身, し速, し高島, す, すからその, すから東都文壇, すから硝盃, すぞよ, すで, すといふ, すに, すべき筈, すべく候云々, すべしと, す事に, す処, す質子, す身, せし, せし友, せし美しき, せとおつしやら, せなかつた, せは, せば, ただでさえ, ないか, ないからと, ないが, ないぜ, ないに, ないによって, ないやう, ないわね, ない学問, ない少し, ない無理, ない積り, ない間もなく, なからう, なくては, なしさ, なしじゃ, なしそれで, なし何でも, ぬくせ, ぬ人, ねえお, ねえけれど, ねえだ逃げなけりゃア, ねえ何, まずあるまい, まずない, るる, るるに, るる忙し, るる日, 事実においても, 事實に, 兒童に, 其の文語, 勿論發音的, 國民全, 少數者, 平生より, 成程, 既に出, 昔も, 有りませんよ, 有りゃア為, 有るまいが, 有るめ, 正しい假名, 活溌であった, 無い, 無いからナ, 無いと, 無いやう, 無いよ, 無し他, 發音的である, 發音的に, 絶対に, 舊街道である, 重ね厚, 頗る輕

▼ 遣つて~ (170, 11.1%)

19 来た 6 ゐた 5 見て 4 置いて 3 しまつ, も宜, をる, 来たの, 見たが, 見ようかと

2 [13件] はぶく, もゐた, も好い, ゐても, 取寄せて, 呉れ愚鈍, 呉れ此樣, 呉れ給, 呉れ餘程, 居た, 来たので, 来たもの, 見た

1 [92件] おくれと, から手廻り, たも, はいけません, はつと, はならぬ, は不可, は何, は呉れる, は外聞, は見, もゐません, も五六町, も受けない, も可, も同じ, も善い, も安い, も居られない, も差支, も恥かしく, も正しい, も異, ゐたで, ゐたと, ゐたのに, ゐた人物, ゐた父, ゐた軍治はか, ゐた門人, ゐました, ゐますが, ゐません, 其の女, 叱つた, 呉れ, 呉れたま, 呉れとて, 呉れる人, 呉れる許りか下女, 好いか, 居たが, 居たよ, 居た手, 居た為, 居た猫, 居つても, 居て, 居ましたが, 居らぬ家, 居りますだア, 御座るもの, 懸物, 戴きたし, 来たが, 来たこと, 来たぞ, 来たと, 来たといふ, 来たん, 来たんぢ, 来た時何, 来た石黒ぢ, 来た英人, 来ました, 来ましたぢ, 来ましたね, 生き還らしめなさいました, 置いたの, 置いたもの, 置いた所, 置いても, 置きたくは, 置くと, 置くべ, 置くわけ, 置く方, 置けとおつし, 置けば, 置け打, 行けさ, 見さ, 見せて, 見たい様, 見たくな, 見た人, 見た所, 見た處, 見ては, 見ようぢ, 退けやう, 連れて

▼ 遣~ (117, 7.6%)

19 なさ 5 ない心 4 ないよう, ない思い, ない気持, なさそう, もない 3 のない 2 ないという, ない女, なげな, なげに, の無い

1 [60件] がない, がなく, がねえ, が無, ないこころ, ないとでも, ないとも, ないので, ないのよ, ないほど, ないまでの, ないもの, ないやう, ない可, ない声, ない心地, ない心持, ない悪夢, ない悲哀, ない情調, ない愛着, ない憂愁, ない旅愁, ない気分, ない氣持, ない波動, ない涙, ない無常, ない私, ない親達, ない述懐, ない郷愁, なかつた気持, なかろう, なが, なきぞいぢ, なき念, なき恋, なき追憶, なくな, なくなつ, なく思ひ出せ, なく恋しくなる, なく悲しいの, なく搦, なく涌立, なく無頼, なく物凄いもの, なく腕, なく重い, なさとも, なや, のない寂し, のねえ, もなく啜泣く, 無いこと, 無いの, 無い思い, 無い瞬, 無さ

▼ 遣~ (78, 5.1%)

4 居たが 3 居る, 来た, 来て 2 居たから, 見たの, 見ようと

1 [59件] み給えその, やろうじゃ, やろうよ, 一時の, 下さいと, 仕舞えば, 何年間の, 化の, 呉たまえ, 呉れぬかと, 呉れ大抵, 呉れ無いならば, 坊主に, 夫れ, 少し学者風, 居た, 居たと, 居た所, 居ました, 居るから, 居るその, 居るとは, 居るとも, 居るワ, 彼の, 御覧なさいまし, 是れ, 来たこと, 来たらヘイ, 来た者, 来る, 来るその, 来るに, 決して人, 砂糖を, 笑わせる事, 箕作も, 紙の, 置かれぬ, 置きました, 置くと, 置く中, 置けと, 置けば, 行けば, 西洋学の, 見せると, 見せろと, 見た, 見たいと, 見たまえ, 見た所, 見ましょうかと, 見ます, 見ようかと, 見ると, 見るまで, 貰おう乃公, 買うに

▼ 遣~ (66, 4.3%)

6 して 4 した 2 しなければ, 國民に, 教へる, 正則に, 見た

1 [46件] おこす, この人物, したわけ, し麁匆, する, すること, するの, する前, せぬよう, 一々世間並, 一般に教, 一般に普通語, 丁寧に, 使ふ, 俗言に, 再造, 國民一般に, 國民全, 多數者, 嬉しく思う, 存し, 寄与し, 小學校, 少數者, 廢し, 廣く, 應用し, 指すの, 排斥しまし, 排斥し通した, 排斥する, 教へ, 正しく教, 直すに, 知つて居る, 確定しよう, 興して, 若し國民, 覺えるだらう, 訂し, 訂す, 許容するなら, 誤る例, 踏殺せ, 邪道と, 間違へ

▼ 遣~ (44, 2.9%)

2 だと, であった, である, を監視, を見る

1 [34件] がこうした, が一番巧妙, が以前, が刷新, が同じ, が実に, が残忍執拗, が猛烈, じゃ僕, だ, だけは業物, だった, ってありゃ, であつ, でその, で行け, なぞと考え合せ, なら, にはない, には疑い乍ら, に不安, に感心, に憤慨, はあら, はすべてこれ, は不作法, は兎角, は彼女, は悪い, は最初, は見, を大, を手ぬるし, を歯痒

▼ 遣~ (43, 2.8%)

3 も無く 2 だ, だと, の方

1 [34件] がハゲ, が仇気, が悪い, が悪く, が遣, だから, であつ, であらう, であると, でいきなりばりばり, です, ですから, では刑事, で三月二十四日, で明治生れ, で行け, とやいわん, なく此, などは凄い, に又, に就い, に終い, のない, の善し悪し, の実際, はそれとなく, は丁度, は作者, は渡辺, をする, を彼女, を習ったら, を非難, 無く苦め

▼ 遣~ (34, 2.2%)

2 爲めに

1 [32件] ありとは, あること, おかしい割, ことが, ことを, こと是れ, ない女, 一角が, 事も, 出た後, 喧嘩で, 困難と, 存在を, 安田一角は, 底に, 復古を, 據る, 方が, 日を, 有無を, 未定問題が, 正則として, 歴史に, 法なり, 為めでは, 疵を, 發音と, 術も, 運動が, 道を, 隠密しかも, 音だけは

▼ 遣~ (30, 2.0%)

2 して

1 [28件] あるとは, こんな処, したい, しては, そんなこと, できないの, なさるが, なって, なっても, なるの, 付きまして, 入れる, 入れると, 司法主任を, 困難は, 對する, 小さい実験台, 手を, 改めた上, 於けるところ, 於て, 本當, 正とか, 由つて假名を, 相成候付, 絶對的に, 背広など, 與へる

▼ 遣つて來~ (29, 1.9%)

72 たが, ました

1 [18件] たといふ, たね, たの, た友達, た爺さん, てその, てどんな, てニキタ, て徐, ないの, ませんでした, ようし, られた, る, ると, るので, る神來, る菅笠

▼ 遣~ (26, 1.7%)

8 のない 3 に困っ 2 に困つた, に困る

1 [11件] が無, に困, に困りました, に失した, のな, の求められぬ, の無い, もなく, もなし, を酒, 困つた

▼ 遣~ (25, 1.6%)

2 出て, 廣く

1 [21件] いくらか違つて, ことに珍, せつなくなっ, ない, ないから, ないの, また何時の間にか, 一刀を, 上品で, 作られる是, 出まして, 又間もなく歴史的, 國語の, 多少病的, 存し, 居て, 崩れて, 果して國民一般, 荒く凝, 行はれ, 風に

▼ 遣~ (22, 1.4%)

13 云ふも 4 云ふ 1 云ひたい, 存候, 恐怖と, 言ふ, 雖ども教へ

▼ 遣つたの~ (21, 1.4%)

6 である 3 だが 21 か, かな, があるなら, が濫觴, だから, ださうですよ, だと, で御座ろといふも, にそれ, は誰

▼ 遣つた~ (17, 1.1%)

2 と云

1 [15件] お気の毒, だ, でが, です, でせう, とほり, と云つて, と成る, と自分, なんていつた, に何事, に相違, の知つて, もの, 故

▼ 遣~ (15, 1.0%)

2 よふ

1 [13件] ても又, ても多用, とは不, と存候, に付, へば慥, へ共, ものニ, も一字隻言, やと頼申上度事ハ, よし定, 御心積ニ, 折角内密

▼ 遣~ (15, 1.0%)

2 なり, を持つ

1 [11件] が尚, でも, なん, にさっし, になさる, の, は今, や何, をおくっ, をしよう, を必用

▼ 遣~ (14, 0.9%)

2 居る何と

1 [12件] お姫様を, その子, その子建沼河別, 下され候わば, 二百両の, 偽り降つ, 初穂を, 別宅を, 廿八日, 彼仏国ニて, 石川数正が, 蚊屋の

▼ 遣~ (13, 0.8%)

2 てお

1 [11件] たらそれ, た何, つけたから, つけた可, つけた神尾, つけました, つけよう, ては七日七日, て文三, て来た, て来給え

▼ 遣ひも~ (12, 0.8%)

1 [12件] ありは, あるまいが, さしてわざとらしく, して, ない, なくいくら, なくな, なくよく, なく窓, なしまた, 改めた, 無いの

▼ 遣唐大使~ (11, 0.7%)

2 の一行 1 が從來何等縁故, が所定, が殿上, に任, のとき, の佐伯, の船, の藤原葛野麻呂, をやつ

▼ 遣ひと~ (10, 0.7%)

2 いふものも 1 いひ話, いふものが, いふものは, か下品, か云つて, みえるやう, 共に, 違つて英語も

▼ 遣~ (10, 0.7%)

1 する, ないからね, なく全く, ねえけれども, 勿論諸君, 同樣, 大店の, 慇懃を, 起る, 軽業師も

▼ 遣はしげ~ (8, 0.5%)

1 に, に云, に呼ん, に噴火, に点りたる, に眉根, に瞬ける, に黄ばみゆく

▼ 遣日使節~ (8, 0.5%)

1 が, が蝦夷松前, とはず, ともち, にくらべ, の渡來, の祕書ゴンチヤロフ, はクロンシユタツト

▼ 遣ひで~ (6, 0.4%)

2 あつた 1 いつも彼, いろんな古い, しかしいかにも, もする

▼ 遣欧使~ (6, 0.4%)

1 だから, の一人, の事, の堕落, の必要, も僕ら

▼ 遣さえ~ (5, 0.3%)

1 した事, し國, し政, たる大, たる王たち

▼ 遣~ (5, 0.3%)

2 えが, えどら 1

▼ 遣~ (5, 0.3%)

1 た, つける, ては七日, ても濟ア, て彼方此方

▼ 遣使~ (5, 0.3%)

1 かもしれない, のこと日本紀, 奉獻, 詣京都, 詣闕

▼ 遣から~ (4, 0.3%)

1 また遥々, 新婚旅行は, 現実を, 草鞋を

▼ 遣~ (4, 0.3%)

2 は羊 1 がよい, よりも六牙象王

▼ 遣ても~ (4, 0.3%)

1 宜い, 済ぬ, 身体が, 遣うが

▼ 遣はし~ (4, 0.3%)

2 になつて 1 しかば大國主, になつ

▼ 遣唐大使藤原葛野麻呂~ (4, 0.3%)

3 の一行 1 の復命

▼ 遣米使節~ (4, 0.3%)

1 の一人, の耳, を派遣, を迎え

▼ 遣~ (3, 0.2%)

2 なかった 1 るること

▼ 遣つた子~ (3, 0.2%)

3 では

▼ 遣つて了~ (3, 0.2%)

1 うての, ふの, へ

▼ 遣~ (3, 0.2%)

1 書いて, 書くと, 未だ考へてない

▼ 遣にも~ (3, 0.2%)

1 あります, 人の, 關係を

▼ 遣ひな~ (3, 0.2%)

1 されますな, どした, のであつ

▼ 遣~ (3, 0.2%)

1 アがって, 振舞の, 立居振舞が

▼ 遣取り~ (3, 0.2%)

1 と成っ, も会っ, をさせました

▼ 遣~ (3, 0.2%)

1 とする, の極み, や後悔

▼ 遣羽子~ (3, 0.2%)

1 したる袖とら, の声, の裾

▼ 遣さる~ (2, 0.1%)

1 可く, 可旨

▼ 遣しげ~ (2, 0.1%)

1 に問う, に青ざめし

▼ 遣すから~ (2, 0.1%)

1 今夜だけは, 小屋へ

▼ 遣たり~ (2, 0.1%)

1 戦争中の, 牛肉の

▼ 遣つた事~ (2, 0.1%)

1 もあつ, も無く

▼ 遣つて仕舞~ (2, 0.1%)

1 つたので, へば

▼ 遣つて御覧~ (2, 0.1%)

1 あそばせ, よ

▼ 遣つて貰~ (2, 0.1%)

1 ふと天津教, ふやう

▼ 遣とを~ (2, 0.1%)

1 味って, 見て

▼ 遣などは~ (2, 0.1%)

1 或時代, 構は

▼ 遣にな~ (2, 0.1%)

1 つてから, つて來る

▼ 遣には~ (2, 0.1%)

1 どんな歴史, ないの

▼ 遣ねえ~ (2, 0.1%)

1 己の, 殺したから

▼ 遣ひたい~ (2, 0.1%)

1 と思つたの, 程で

▼ 遣ふところ~ (2, 0.1%)

1 から起る, へ表

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 故オレガオコッテ, 故ニ

▼ 遣ッたん~ (2, 0.1%)

2

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 取リヲスル, 取リヲ始メ

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 でそういう, にはなし

▼ 遣候筈~ (2, 0.1%)

1 なれども, 之処

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 なったらその, なっても

▼ 遣唐副使~ (2, 0.1%)

1 の大伴, の小野篁

▼ 遣唐船~ (2, 0.1%)

1 が海, も三

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 いですわ, との御

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 お, もなくなる

▼ 遣~ (2, 0.1%)

2 に拙

▼ 遣欧米軍~ (2, 0.1%)

2 の司令官パアシング将軍

▼ 遣~ (2, 0.1%)

2 之候

▼ 遣~ (2, 0.1%)

2 の主意

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 の紹介, は

▼ 遣~ (2, 0.1%)

1 ひに, へにざくり

▼ 遣隋以前~ (2, 0.1%)

1 に在る, に隋

▼1* [214件]

がないったって, 遣くだんのごとし, 遣さるその御軍, 遣さんで恥, 遣したら宜かろう, 遣しもされずに, 遣しをり候へども是, 遣じゃないか, 遣すべからず, 遣だから刀に, 遣だの当込, 遣つた人の返事, 遣つた売行も先づ此分, 遣つた旅行費の余り, 遣つた緑芽は容斎風, 遣つた風に心持, 遣つてウヂの若, 遣つてサ蔭へ廻つて讒訴, 遣つてフザけさせて, 遣つて下だせイ, 遣つて五十円で買, 遣つて伝習させた, 遣つて其中に斯, 遣つて加番に取つ, 遣つて參りました, 遣つて取り抑へ, 遣つて口塞をした, 遣つて商人に注意, 遣つて大条玄蕃に預けられた, 遣つて奇激な演説, 遣つて娘が見合せよ, 遣つて帰省せしめたこと, 遣つて強奪させそれ, 遣つて慰喩して, 遣つて敗醤花を乞うた, 遣つて書付を取つた, 遣つて此様な所, 遣つて歩行の協, 遣つて督促せしめようと, 遣つて竹取りの翁, 遣つて而して, 遣つて臂を伸ばさう, 遣つて蘭軒に託した, 遣つて行つた, 遣つて訴へさせた, 遣つて貰つたといふ事, 遣つて貰ひたい然う, 遣つて貰ひまつさ, 遣つて買つて, 遣つて金を送, 遣つて鉄棒に噛み付いた, 遣つて騷ぐやうなことするからいつでも貧乏だ, 遣ては如何で御座る, 遣とか又は各種, 遣との喧嘩が, 遣とは同一な, 遣大ざっぱな, 遣なかろうと, 遣なしと思う, 遣などと云ふとき, 遣などもよくこなれ, 遣なりは健三, 遣についてはいわくか, 遣にて自ら短銃を, 遣にでも往た, 遣に対し奉りて, 遣に対して少しの, 遣のみでは, 遣はいらんの, 遣はさないもの, 遣はず成績発表の日, 遣ひさしたる油ゑの具, 遣ひだからろくな, 遣ひで命令的となり, 遣ひで彼の腕, 遣ひで眺めまは, 遣ひとして保管, 遣ひと自分の職務, 遣ひな位なら私, 遣ひな戦慄が残り, 遣ひまでに伸び育つ, 遣ひも目に立つ, 遣ふからその人, 遣ふつもりならずやはり, 遣ふといふこと, 遣ふらん折柄誰やらん訪, 遣ふり假名等はすべて他, 遣り, 遣へとは儲けぬ人, 遣へど大阪神戸への, 遣へば不自由なし, 遣ゃる所はなかろう, 遣やら言葉つきやらが, 遣よりか復古の, 遣をもしなくては, 遣イガ不埒又ハツカイ込ミシテ途方ニ暮レテイル者ハ, 遣イダカラト云ウカラオレハソノ道ニハ今マデ手, 遣イダトミンナガオソレル故コノ男ガカン癪, 遣イナサレマセトテ三十両バカリ呉レタトコロソノ後ニ久セガナッタ故世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ, 遣イニ行クヤライロイロ好, 遣イハイウニ及バズ町人百姓マデ入レタラ, 遣イハ子ヲ犬ニ喰ワレテ気ガ違ッタト云イオッタ位ダガ, 遣イヘ遣イニ行クヤラ, 遣ウシ困ルコトモナク, 遣し事ハ, 遣ッタカラ困ッタ, 遣ッタモノモ無シ, 遣ッテ仕舞ッタガ二月バカリデ知ッテ兄ガ吝嗇故ニ大層ニオコッタカラ, 遣ツテ見ナケレバ中, 遣ト御座候処御主人, 遣リタルニ由テ自カラ此諸州, 遣リ切レナイ何カ外ノ薬ハナイカナ, 遣ワシタガ仕舞イニハ兄ガ借金ガ蔵宿ノモ切レシトイウカラオレガ竹内ノ隠居ヲダマシテ, 遣ワシテコウシロ大方奇徳人ガダマッテハイヌマイ, 遣ワシテソノ訳ヲ御, 遣ワシ身ノ安全ヲシテヤッタコト幾人カ数モ知レズ, 遣ワズニ諸所ヲ見, 遣一人同船の儀, 遣之由被仰, 遣人法無我の高遠, 遣たこと, 遣付けらるれば, 遣使七道始定田租法, 遣使上表曰封國偏遠作藩于外, 遣使入朝自稱大夫, 遣使大夫伊聲者掖耶約等八人, 遣使当時の実際, 遣使朝貢謂之倭奴國, 遣使栗本に兵力, 遣使貢獻自稱使持節都督倭, 遣使齎金入浙中求慧琳経音義, 遣候事なれバ, 遣候事ハ御談, 遣候事共実に生前一大幸, 遣候修法は当, 遣候吉行の刀, 遣候建白之儀, 遣候得バ死候時も猶, 遣候時ハ私ニと, 遣候書状御頼申候, 遣候為私より後藤, 遣候瑞雲院様おん物語にそれ, 遣候間小子同行, 遣載斯烏越等, 遣倭大夫率善中郎將掖邪狗等二十人送政等, 遣其上彼手紙の礼, 遣のつかなくなっ, 遣切ない事は, 遣て此, 遣即ち古學者, 遣却つて恥入りまして, 遣紀州の, 遣又は令といふ, 遣口一つでどう, 遣司馬曹達奉表, 遣吏將送詣京都也, 遣吏將送詣京都, 遣の任務, 遣唐判官高階眞人遠成, 遣唐副使大伴胡麿宿禰を餞, 遣唐大使丹遅真人, 遣唐大使以下我が大師, 遣唐大使多治比眞人廣成の一行, 遣唐大使粟田真人に少, 遣唐大使藤原の清河, 遣唐大使藤原清河らの一行, 遣唐持節使粟田真人唐に入る, 遣禮哥多, 遣大夫難升米等詣郡, 遣大夫難斗米等詣郡求, 遣徳阿, 遣尿す, 遣帖面なしの, 遣なんかを呼び迎えまし, 遣度仲間共一統奉願上候所同月十三日無拠病用, 遣度候へ共, 遣建忠校尉梯携等奉詔書印綬, 遣を知人, 遣悶焦燥する時, 遣悶策だあた, 遣ひに, 遣振りが訝しい, 遣損つたのでも, 遣損つて耻でも曝す, 遣改正の問題, 遣羅国使等の, 遣方ゆえ身分名誉ある人, 遣方一つにある, 遣方士徐福將童男女數千人入海求蓬莱神仙不得, 遣方無げに萎れゐ, 遣日使節プーチヤチンの率, 遣日使節ラクスマンに對, 遣日使節レザノフのやう, 遣日使節兼東印度艦隊司令長官に任命, 遣日艦マール号は十二月一日, 遣なんか一通, 遣朝貢我夷人僻在海隅, 遣欧軍隊の調練, 遣此杉山にも私, 遣殊に延暦遷都前の, 遣には神代, 遣が, 遣申候間村中の者, 遣私ハ其許様御船ニテ被遣, 遣若くは応酬, 遣を, 遣は殆ど金科玉條, 遣違いに一緒, 遣金銀も折々, 遣じく候, 遣隋使として小野妹子, 遣韓大使ともなり, 遣が争い, 遣の上