青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~蝶 蝶~ 蟹~ 蟻~ 蠅~ ~血 血~ ~衆 衆~ ~行
行~
~行う 行う~ ~行かう 行かう~ ~行かない 行かない~ ~行かなかった ~行かなけれ 行かなけれ~ ~行き

「行~」 31961, 307ppm, 317位

▼ 行つて~ (5554, 17.4%)

262 見ると 242 しまつ 108 見よう 103 見て 72 見ようか 69 見た 67 ゐた 65 ゐる 44 ゐるの 41 見ました 33 ゐたの 30 しまつて, ゐて 29 もい 25 ゐると 24 もいい 21 も好い, 居た 20 いらつし, 見ようと 19 ゐるので, 来ると, 見ませう 18 呉れ, 見よう八 17 ゐる間, 待つて, 見ますと 16 居る, 聞いて, 見たいと 15 も行つて, やらう, ゐたが, 来て, 見ても, 見ませうか 14 も, も同じ, 見たが, 見る, 見るが, 見ること, 訊いて 13 ゐた時, 来るよ 12 やつて, やらうと, 呉れと 11 おしまひ, みて, ゐたので, ゐること, ゐるやう, 来ます, 立つて, 見ましたが, 見やう, 話して 10 ゐます, 居るの, 来たん 9 やる, よ, ゐない, 居て, 見たの, 見ろ

8 [12件] たの, みました, もその, も可, ゐたこと, ゐたん, 居ると, 御覽, 見たり, 見ませんか, 見れば, 見度

7 お呉れ, やると, ゐるが, ゐるもの, ゐるん, 呉れた, 来たの, 見せた, 見ようかと, 見ようよ

6 [17件] おくれ, きいて, こやう, はいけない, もよい, も構, 参ります, 居たこと, 居りました, 来ますよ, 立つた, 見たこと, 見たん, 見ないか, 見るか, 見るの, 見るん

5 [25件] くれ給, しまひ, まゐります, みても, もこの, も人, も何, も誰, も駄目, ゐたと, ゐなければ, ゐました, ゐるから, ゐるさ, ゐる筈, 居たと, 居たの, 来ますから, 来ますわ, 来ませう, 来るわ, 見ようぢ, 見る氣, 調べて, 遊んで

4 [43件] お了, からの事, こい, さうし, しまつたん, は, は自分, は踏み, ましてね, まのあたりに, もお, も別に, も大きな, も宜, も彼, やり給, やるもの, ゐるとき, ゐる此二つ, ゐれば, 下さらない, 下すつて, 休んで, 入らつし, 呉れたの, 坐つた, 居たが, 居たので, 居るので, 居る間, 来いよ, 来たいと, 来ました, 来るが, 見たい, 見たくなつ, 見な, 見ない, 見なければ, 見ましたがね, 見るよ, 見る事, 黙つて

3 [98件] あげても, いつもの, おあげなさい, おやすみ, おやり, お仕舞, お出, お願, お鳥, からのこと, から間もなく, その話, たつた一つ, つれて, と, ね, はいけません, はならない, はゐない, は悪い, またもと, まだ歸ら, みたり, もいつも, もさ, もすぐ, もやはり, もよう, もらつて, もらひたいと, も僕, も又, も口, も大事, も少し, も左, も差支, も必ず, も日本, も自分, も酒, も青い, やらうかと, やるから, よければ, ゐたやう, ゐた間, ゐないといふ, ゐないの, ゐら, ゐるさま, ゐるその, ゐるだらう, ゐるといふ, ゐる時, 下さるん, 住んで, 呉れまいか, 呉れると, 大威張り, 宜いの, 居たん, 居つたの, 居なかつた, 居ります, 居るが, 戻つて來, 探して, 来い, 来たら, 来なければ, 来ましたの, 来よう, 来ようかと, 来ようかな, 来ようと, 来るから, 来るん, 泊めて, 泊らうと, 泊ること, 見さ, 見たくな, 見ては, 見ないかと, 見べが, 見ましたよ, 見ましよう, 見ますよ, 見ませうよ, 見ようかしら, 見ようかとも, 見るがい, 見張つて, 見給, 覗いて, 訊くと, 青い葉

2 [245件] あの邊, あの野郎, いらつしや, いろ, おくれよ, お三輪, お君, お見, お酒, お靜, からで, から三四日, から引つ返し, から当日, から後悔, から思切つて向側, から逆, から高等科, きめて, くる, こそ, このやう, さう, しらべて, じつと, そのこと, その上, その前, その受持, その汚れ物, その辺, その金, その金輪, それつ切り, たうとう, たもん, ちようだい, つひに, てくれ, どんな事, ないん, はそこ, はどう, はならぬ, はまた, はみる, は三段, は何時, は停, は危険, は又, は呉れまい, は昔, は見た, ひどい目, まゐりませう, みては, みまつさ, もう近頃, もきり, もこんな, もどこ, もめつた, ももつ, もよかつ, もよから, もよく, もら, もらつた, もらはう, もらひたいもの, もらふこと, も仕方, も他人, も例, も俺, も倦, も倫理, も友達, も大して, も大丈夫, も女, も娘, も安全, も容易, も山, も心, も恐ろしい怖, も或, も決して, も無い, も無論, も盡, も私, も若い, も苦しんだ, も行かなく, も見る, も見世物, も道, も銚子, も限り, も面白く, やしない, やらうか, やるつもり, やるもん, やれと, やればよ, よく話し, らしつたの, らしつたん, るといふ, ゐたか, ゐたかも, ゐたといふ, ゐたはず, ゐたもの, ゐたり, ゐた事, ゐた僅か, ゐた方, ゐた温泉, ゐても, ゐないから, ゐなかつた, ゐなさい, ゐましたが, ゐますから, ゐますのねえ, ゐますよ, ゐるうち, ゐるか, ゐるにも, ゐるのよ, ゐるよ, ゐるんぢ, ゐる中, ゐる先, ゐる妹, ゐる学校, ゐる彼, ゐる所, をつた, をりました, をります, 上げて, 下さるか, 下さること, 並んで, 何とかし, 働いて, 冷たい水, 参りますよ, 又カーテン, 同じ事, 呉れても, 呉れないか, 呉れました, 呉れ給, 坐ると, 好いの, 寝て, 小裂箱, 居たさ, 居た事, 居た間, 居ないが, 居なければ, 居ました, 居ますよ, 居りますが, 居ること, 居るし, 居るところ, 居る留守, 居る筈, 居れば, 引ずつて來, 御父さん, 思ふさ, 急いで, 抱き起して, 暗くなる, 書いて, 書き役, 来た, 来たところ, 来たので, 来た当座, 来てから, 来ましたが, 来る, 来る事, 歩いた, 死ぬの, 死んで, 泊りました, 泣きつくやう, 直ぐ段梯子, 置いて, 聞けば, 色々と, 見えなくなつ, 見たいやう, 見たくなりました, 見たくなるの, 見たぢ, 見たと, 見たらどう, 見た上, 見た事, 見た時, 見ちや, 見ないで, 見なけや, 見ますから, 見ませうね, 見やうかと, 見ようかな, 見ようじ, 見ようそいつ, 見ようね, 見よう兎, 見るから, 見るつもり, 見るなり, 見るまでも, 見る以外, 見る気, 覗いた, 訊く迄も, 話さう, 話した, 話せば, 調べると, 貸して, 遊びたいの, 遊んだり, 長い間, 開けて, 開ける, 頂かうと, 頼んだ, 頼んで

1 [2243件 抜粋] あげたいの, あそんで, あの人, あの建物, あますところ, ある場所, いいか, いかにも思ひ切つ, いただかうかしら, いつも好き, いろんなくだらない, いろんな羨望, うんと捕つ, おいよさん, おくれ俺, おつた, おろして, お仕事, お勝手口, お呉れでない, お寢, お才さん, お洗濯, お百合, お稼ぎ, お聞き, お詠み, お逢, お關, かう云, かへる, からお, からにしろ, からの窮屈さ, からは又, からは明治三十五年, からもはや, からも手紙, からも見舞, から三年目, から今日, から何となく, から向う, から富岡, から心, から料理屋, から浅草公園, から車夫, かろく彼, くたびれたやう, くださるの, くれい, くろ, こつそり喫つて, この婦人, この由, この話, こんなこと, ござらつせえまし, させたので, さて坂上, しばらくする, しまつたか, しまつたんぢ, じらして, すぐ引返し, すぐ繩, そこで, そこでエビ, そこで今, そこで同じ, そこで背一ぱい, そこで見張り, そしてその, そして引返し, そして自然, そのう, そのヒゲ, その事, その仏像, その効果, その名, その家, その峠, その持絵, その日, その歸, その生徒, その細長い, その腕, その覗き穴, その邊, その顔つき, それから別々, それから浴場, たいへん綺麗, たしかに子供, たつた三日, たので, たもの, たンさ, た方, ちよう, つい三四日前, てとても, て帰つて, とうなす, とにかく色々, とりか, どうしてそんなに金持, どうする, どんな細かい, ないわ, なつかしい親, ねイボタ, のぞき見した, の仕事, はいつ, はざあと水, はその, はと切符, はひたりました, はやらなかつた, はゐられなかつた, はピアノ, は今日, は先方, は只, は困ります, は庄内川, は手摺, は木蔭, は海草, は絵, は能, は見られない, ひと責め, ふりむくと, ほうり込んで, まいります, ましようか, また新, また自分, まだ水, まゐりました, みたま, みました男, もああ, もあまり, もあれ, もう一度あの, もう何時, もう水, もおも, もかま, もこ, もさし支, もすばらしい, もそれぐらゐあるんですから, もつと, もどうせ, もなん, もふみ, もまだ, ももう少し, もよろし, もらひ手紙, もゐない, も一寸, も一片, も三, も不足, も京都, も仕, も何ん, も使, も元, も八五郎, も別々, も北海, も君, も固く, も垣根, も大, も天地, も好けれ, も子供たち, も寄宿舍, も屹度, も平凡, も引き受けぬ, も御前, も怺, も態度, も押, も日, も晩方行つて, も最初, も木蔭, も東, も果て, も椿, も歓迎, も毒, も泊, も灯, も狭い, も生きた, も皆これ, も直に, も眼, も社会, も私ども, も竊取, も籔, も続いた, も肝心, も腹, も花見客, も落着, も見た, も見られます, も言, も調べ, も豫想, も跛, も道路, も都会, も関, も頼んだ, も餘, やあと, やがて野辺送り, やつた事, やらうかな, やらうよ, やらなかつたん, やりたいし, やりたかつた, やり庭, やるし, やるやう, やる品, やる食べ物, やんべ, よかん, よく聞い, よと言, らして, るつて云, るのに, る友達, る画室, る電話, ゐさ, ゐたく勝手, ゐたし, ゐたら, ゐたんで, ゐた働蜂, ゐた島國, ゐた所, ゐた海岸, ゐないこと, ゐないよ, ゐなかつたやう, ゐますぢ, ゐられたといふ, ゐるお, ゐるぜ, ゐるだらうかなどと, ゐるところ, ゐるひま, ゐるらしいといふ, ゐるんで, ゐる二人, ゐる傾向, ゐる君, ゐる土地, ゐる子供, ゐる寺, ゐる峽間, ゐる方面, ゐる森, ゐる正夫, ゐる波濤, ゐる点, ゐる百姓達, ゐる身, ゐる駒平, をる, ウロウロしなき, 一向差支, 一度挨拶, 上げたこと, 上げては, 上げやう, 上げるよ, 下さらなきア, 下さるの, 久しく國, 今一息, 今自分, 仰いで, 住まなければ, 何とかしてやらう, 倒れた宗十郎, 働かせる事, 働き初めた, 儲かるかい, 其の包んだ, 其の緑, 再びみる, 出したので, 初めて未亡人, 初めて温泉, 参りますの, 又帰つ, 取つて, 取りつきます, 古い時事, 同じ脚本, 呆れて, 呉れたこと, 呉れたん, 呉れた船頭, 呉れないかなあと, 呉れますか, 呉れるもの, 呉れ默つて, 呼んで, 嗅ぐと, 坐りましたが, 埋めた五つ, 大いに気焔, 大きい浅黄色, 大きな声, 大きな松, 大きな聲, 好いか, 好く眠る, 嫌がる玄龍先生, 宜いといふ, 宥めて, 寝よう, 小さい甘柿, 少しでも, 少し懇意, 少し高い, 居たもの, 居た姉, 居た番頭, 居つたから, 居つて, 居ない大概ヂリヂリ, 居ますから, 居られたし, 居られる, 居りお, 居りましたやう, 居り昨夜八五郎, 居るさかい, 居るよ, 居る伯母, 居る方, 居る者, 帰らなかつたらあなた, 帰るさ, 引き返し或, 引つ返すの, 弱り切つて, 待つてるから, 御い, 御出, 御邪魔, 忘れられるやう, 思ふ都会, 悪い事, 或は安心, 戻つたところ, 打つ伏, 抱き止めた, 振返つた時, 捜したつて, 探し出すといふ, 揺り起した, 新しい知識, 既に獨斷, 是非この, 暫くし, 暮してを, 有る可, 来たいですね, 来たしあたしたち, 来たらどう, 来た様, 来てよ, 来ますつて言, 来ます帰, 来られる程度, 来るからね, 来るだ, 来るわよ, 極樂寺前, 止める, 死んだに, 死んだ小, 残らず出しましたよ, 殺したところ, 泊まること, 泊り今朝歸つて來, 泊る事, 活きた實用, 深く沈め, 溜めた店賃, 漸く搜, 然ん, 生膽, 申しあげよう, 眩しい尾, 知らぬ土地, 稼いで, 突然ばつ, 第一類, 精一杯かき, 置かぬと, 老夫婦, 聞いたら分るだらうと, 聞くつもり, 色々兄, 若し三人, 落ちます様, 行くもの, 見えない, 見せたい, 見たいところ, 見たいの, 見たいわ, 見たい気, 見たかつた, 見たくら, 見たとしても, 見たらその, 見たらイバネス, 見たら大抵, 見たら此, 見た方, 見た樣子, 見といた方, 見ないじやあ, 見なかつたの, 見なさるが, 見ねえ新, 見ましたね, 見ますかね, 見ませうと, 見ませう眼, 見やうぢ, 見ようかといふ, 見ようとも, 見よう下手人, 見よう放つて, 見よう行つて, 見よう香爐, 見るかい, 見るとちやんと, 見るわけ, 見る積り, 見ろなあ, 見ろ幾つ, 見付け石原, 見度いため, 見送ること, 観た, 訊いた, 訊き度, 診て, 話すから, 読みよく, 調べ直して, 貰うのよ, 賣却, 蹲んだ, 退けた, 逃して, 遂には, 遊ばうぢ, 遊ぶん, 遠慮なく横, 遣るから, 遮二無二中, 釣り込んだ葉煙草, 長い體, 開けました, 間もなく藤澤, 面白く遊ん, 頂けば, 頼むやう, 飲まう, 騒ぐため

▼ 行つた~ (2623, 8.2%)

107 ことが 93 んだ 54 んです 51 ことは 44 のであつ 42 やうな 41 ことを 3936 ものと 3029 といふこと 28 ところで 27 んだらう 24 ことも 23 がその 22 ことの, ものである 21 に違, らしい 20 といふの, もので 19 と云, と言 18 ならば, ものが, んでせう 17 が, ものだ 16 かと思ふ 15 といふ, と思ふ, ものか 14 であらう, でせう, やうです, やうに 13 ところに 12 のでせう, ものは 11 がそれ, がやがて 10 ものです, 筈の 9 か姿, が私, ことに, ついでに, ときに, のぢ 8 ときには, と思, に相違 7 かも知れない, が暫く, ときの, ものだつた, ものも 6 といふ事, といふ話, にし, もの, ものかと, 筈だ 5 がそこ, がやはり, ことで, ところを, と見え, ものに, ものらしい, やうで, 為に

4 [24件] かなア, かへり, からである, があの, がこの, がすぐ, がもう, が其時, が或, ことだらう, ことなども, ことまで, といふやう, とかで, とか今, ところは, とすれ, とのこと, ね, のかい, ものだらう, ものを, もんです, ンだ

3 [36件] かしら, かといふ, かどう, かのやう, かも知れません, からだ, かわかりません, か一人, か分らなく, か知れなかつた, か見, か見えません, がこれ, がそれから, がどう, けれど, こと, ことと, その時, だけで, です, といふ風, ときは, ときも, ところの, とする, と同じ, と思ひます, のでその, ので私, ものであります, ものな, わけです, んださう, 時とは, 筈です

2 [128件] あくる日, あの綺麗, かそれ, かといふこと, かと訊く, かな, かも知れなかつた, から, からでせう, かわからない, か何, か分らない, か分りません, か影さ, か知れません, か行かない, か見えなく, か解りません, があれ, がい, がお, がしかし, がそれでも, がふと, がゆき, がゆき子, がモ一人, が不, が二人, が五六間, が亭主, が人, が今度, が何, が其処, が又, が堂助, が大きな, が客, が彼, が彼女, が忽ち, が怎, が思ひ, が早速, が滿谷氏等, が父, が生憎, が留守, が義雄, が莫迦, が黒い, きりだ, きりに, きりの, きり再び, ことある, ことである, ことです, ころは, ぜ, そして其處, そのとき, だが, だけです, だけのこと, では, と, というわけ, といふわけ, といふ事実, といふ人, といふ処, といふ知らせ, ときにも, ときもう, とき暗く, ところから, ところが, ところです, ところには, とし, としたら, とては喝采, とて何, とは思はれない, とは限らん, とまで知つて, ともち, とも知れぬ, と下宿, と思はれる, と見る, と言つて, と言ふし, なあ, なら何, のかさ, ので, のであ, ので彼, ので忽ち, ばかりだ, べ, ほどの人, ものであり, ものでも, ものとは, ものの話, ものらし, もんだ, も同, やうだ, やうである, やら, やら在る, らしいこと, らしいの, わけで, んださうです, んだろう, んで, ンです, 或日, 時でも, 為である, 若い男, 黒い大きな

1 [853件 抜粋] あ, あの不斷, あの伊勢屋, あの十手, あの家, あの強い烈しい, あの息づまる, あらゆるクリストたち, あんまり気, いろんな事情, うちの, おちかは, お葬式, かあいかわらず, かいくら, かえ, かおら, かし, かそいつ, かそして, かそれさ, かそんな, かつて心配, かてお母さん, かということ, かと小池, かと思はせる, かと聞く, かな先生, かね, かは分らぬ, かもお, かもわからない, かも薄々, かやはり, からお前, からそれ, からついで, からで有る, からとて菓子, からとて見られ, からまア, からゐない, から主人, から二三日歸ら, から富岡さん, から後, から東京, から癪, から知つて, から罰, かわからぬ, かを察したらしい, かを正確, かを示す, かモウタア, か使, か先, か其姿, か嗅ぎ出す, か夜中, か居なく, か左, か影, か日, か書い, か無く, か町内, か直ぐ, か知らねえ, か知らん, か知れた, か腑, か見あたりませんでした, か見えない, か見たい, か見付かりません, か記憶, か赤い, か農民派, があ, があと, があんまり, がおす, がおり, がかなり, がさ, がさて, がしばらく, がせい子, がその間, がそれに, がたか子, がぢ, がつ, がつひ, がときどき, がどうも, がどの, がな, がなにゆゑか, がね, がはつきり, がまだ, がまち, がもと, がやがて暫く, がよい, がカン, がニキタ, がリゴレト, が一八八二年, が一時間, が一里, が三井寺, が下駄, が不在, が中途, が之, が予備, が二階, が交靈術, が伊達, が何しろ, が何度, が何度逢つて, が來客, が修繕, が僕ア實, が兄, が先づその下, が八時, が其地, が其處, が剥ぎとられた, が勘定, が千種, が司馬遷, が向, が和尚, が堪へかね, が大き, が大柄, が失望, が妾, が嫂, が家, が寒々, が寒氣, が寺西家, が小さな, が居る, が屋久島, が平常, が後, が後で, が心, が恰度外出中, が戸, が戸袋, が扉, が救, が断られた, が早め, が昨年, が時々, が曲者, が最初氣, が朝, が未だ, が東京, が梯子段, が極, が次第に, が沓脱, が流石, が浅虫, が深い, が渡来, が濡れ手拭, が煙草, が生憎一人, が生田さん, が皆んな二階, が直ぐ, が私達, が程なく, が笛, が耳, が自分, が芦洲先生, が薄暗い, が衝立, が表側, が褞袍, が覗い, が覚え, が辰男, が遇, が遊覧客, が郡代屋敷, が重, が金木, が長州, が隣り, が面倒くさい, が順逆, が鶴子さん, が黒光, きりそのまま, きりださうです, きりです, きりまだ, きり一向に, きり二日經つても, きり帰つて来なかつた, きり帰らなかつた, きり歸つて來ねえ, きり歸らぬ, きり遂に, けれどいつも, けれどこの, けれどそれからまた, けれどつい, けれどもかれ, けれどもしかも, けれども尋ねる, けれども平和, けれども留守, けれど家, けれど早苗, けれど村, けれど道中, けれど間もなく, ことそれを, ことだ, ことだつた, ことだの, こととばかり, ことなぞを, ことなどを, ことについて, ことにな, ことに対して, ことはめつた, こと御, こと行く, この方, この若い, さ, さきほんと, しお, しまつ, し三四子, し妾今年, し父, し行く, し西山, し赤鉢卷, じゆんが, ぜ少し, そして十日ぶり, そして銃, そのくら闇, その先, その帰りみち, その引越, その生活, その男らし, その翌日, たいへんな, ために, だけである, だけな, だのコンドゥラート神父, だらうか, つまりいたむ, てえから, て俺, でな, ということ, というその, という歴史, といふこの, といふだけのこと, といふほどの意味, といふもの, といふ噂, といふ彼, といふ情報, といふ技手, といふ方, といふ点, といふ相違, といふ答, といふ義弟, といふ言, といふ返事, とお, とか, とか云, とか自分ひとり, とか誰, ときおれお前んと, ときそれは, ときだ, ときにと, ときみのは, ときむかし小町が, ときよりも, ときギヤツと, とき一遍行つた, とき上原を, とき他の, とき何んだ, とき何気なく, とき僕は, とき小さな, とき彼女の, とき彼女は, とき或は, とき瀬戸で, とき百合の, とき着た, とき願を, とこう云う, ところあいにく, ところがてんで, ところが乃公, ところが円滑, ところが大した, ところが来, ところが警官, ところそこには, ところだ, ところでした, ところで後, ところへ, ところ奧で, ところ彼女の, ところ隨分不便な, としか感ぜなかつた, とした, としても一週間位, としらせ, とてあれ, とてつまらない, とて同じ, とて愚劣, とて或, とて無責任, となる, とは分りました, ともなく, とも覺, とやかましく, とわかりました, とハヽヽ, と伝, と伝へる, と取り為すべきであらう, と同時に, と噂, と巡査, と思つて, と思へ, と急, と昨日, と知つて, と聞く, と聽, と見える, と覺, と言ふん, どつさり, なつかしい思ひ, などといふ面妖, など全く, ならきつ, ならぢ, ならめまひ, なら和尚さん, なんて二とこ, なんて噂, にきまつ, にと, には行, にも関ら, に過ぎない, のう, のかし, のかね, のであなた, のであんまり, のでそこ, のでとう, のでめづらし, のでもう, のでジガ蜂, ので一人前幾于宛取つて, ので三升づゝ, ので何處, ので其以前, ので妹娘, ので寧, ので彼女, ので昨夜綺麗, ので普通, ので欠席, ので漢委奴國王, ので田丸, ので自分, ので遠藤, ので酒井さん, ので隠岐和一, ので食事, ので驚い, のなぞ, の歟, は必ら, ばかり, ばかりぢ, ばかりでした, ばかりに小三郎, ばかりの, ばかりの晩餐, ほどの賑, ます, までさ, までのこと, まではい, までは宜, まま帰つて来なかつた, まま抹殺され, もつと, ものかも, ものでない, ものとばかり, ものとも, ものについては, ものの, ものの生き, もの木を, も同然, やうでございました, やら嗚呼, ようでした, よ品川, よ格子, らしいが, らしいゆき子, らしいわ, らしい白, わけだ, わけな, をり, んさ, んだつた, んでしよう, んでねえ, んでびつくり, んで会社, んで警察, んや, 借債, 勝て, 反對, 古い三味線, 可愛いジヨセフ, 大きな菓子折, 始めての, 小さな包み, 小供連, 小蒸汽, 帰り道頓堀, 思ひである, 悉くの, 成り行, 或外国, 新しい刺激, 新時代, 旧信仰, 時でした, 暖かい日, 有樣, 未だ帰らん, 為で, 為大体には, 直ぐ後で, 筈が, 筈は, 老紳士, 若い夫婦, 若い女性, 蒸し釜, 親しい友達, 賢い人, 赤い金入, 際に, 青い斑

▼ 行~ (1558, 4.9%)

154 てしまふ 97 てみる 87 てくれ 85 てしまひました 69 てみた 64 て下さい 49 たり来 41 てみよう 37 たりした 34 てくれた 30 たりし, てくれる 27 たり來 25 たりする, てくる 20 ていた, ている 16 てしまひ 13 たらい, てみませう 11 たんぢや, てい, てしまはう, てます 10 てきます, てみない, て来る 9 ちやいけない, てあげる, てしまう, てみ, てみたら 8 てしまひたい, てみます 7 てくれない, てしまひます 6 たりこつち, たり此方, ちやつた, てあげませう, てき, てしまへ, てみたく, て下さる, て下され 5 たま, てくれれ, てしまいました, てみれ, てみろ, てやる, てやれ, て欲しい 4 しやる, たかと, たり, たり左, ちやどう, てあげたら, てきた, てみたかつた, てみません, てる間に

3 [12件] たり何, ちやあ, ちやいや, てあげます, てくれたら, てくれまい, てくれます, てくれません, てしまうた, てよい, て参りました, て頂きたい

2 [34件] たかい, たかて, たけどら, たらしくその, たりお, たりなどした, たりまた, たり庭, たり戻つ, たり時に, たり東京, たり町, たり蘆屋川, たり食事, たんだい, ちやつたのよ, ちやつたんだ, てあげよう, ていらした, ていらしたら, ておい, てくれなけれ, てくれました, てくれろ, てしまはない, てしまふだらう, てほしい, てみせる, てみたろ, てやりました, てる, て下さいません, て参り, て参りませう

1 [235件] がその, しやい, しやらぬ, しやろ, せい私は, たかね, たかや, たちふこつ, たづら, たといつた, たといつて, たといつて汗, たまことの, たらしい内儀, たらしい小学校, たらしい桂庵, たらしい氣, たらしい箒, たらしい粗末, たらしい西洋烟草, たらしかつ, たらしく, たらしくアイルランド, たらしくハツ, たらしく人, たらしく尾崎, たらしく思はれる, たらしく部屋, たらしく間もなく, たりあ, たりあの, たりあべこべ, たりいたしました, たりうねり曲, たりこツ, たりさ, たりしとる, たりしました, たりします, たりそつ, たりその他, たりそれ, たりどこ, たりなさる, たりなぞ, たりなどし, たりなど細工, たりなんかし, たりなんかした, たりもした, たりわざわざ, たりタクシ, たりデパート, たりブリュッセル, たりボーナス, たり三階, たり二月, たり今晩, たり他, たり代議士, たり伊香保, たり何かと, たり原稿, たり又, たり器械, たり夜, たり夜中, たり夜更け, たり大弓, たり山, たり山葡萄, たり差押, たり幾分, たり引つ, たり後, たり御, たり急, たり悪霊, たり戸締り, たり手分け, たり新橋, たり明るい, たり昔, たり時々, たり更に, たり書籍, たり朝, たり末, たり来り, たり楽士, たり比較的, たり池, たり温泉, たり漸く, たり澁谷, たり濱町, たり為, たり無常道具, たり留守居, たり目かけ, たり知人, たり石器, たり破廉恥, たり竈, たり米三君, たり職工達, たり自分, たり自分達, たり船, たり船底, たり草, たり諸, たり買物, たり近所, たり運動場, たり配給もの, たり銀行創立, たり青山翠巒應接, たり飛ん, たんか, ちや, ちやあんだつち, ちやあんです, ちやいけません, ちやいました, ちやうぢや, ちやうんだ, ちやおん出される, ちやくれない, ちやつたか, ちやつたから, ちやつたな, ちやつたの, ちやつたのさみんな澄さんの, ちやつたやうです, ちやつたんです, ちやつたンだ, ちやつたンで, ちやつた姉も, ちやつて, ちやつておくれ, ちやつてな, ちやなら, ちやひさう, ちやひでえな逃げ, ちやふから思ひ出せない, ちやア自然御, ちや上げない, ちや仙太兄哥に, ちや何う, ちや何うだ, ちや具合が, ちや厭よ, ちや困る, ちや夜に, ちや居られない, ちや山下に, ちや日が, ちや濟ま, ちや目うつりし, ちや間違ひ, ちよる, てあげたら喜ばれるだらう, てあげな, ていけないつたら, ていない, ていないらしい, ているらしく, ていれ, ていろ, ておきたかつた, ておく, てきこうじやありません, てく, てくるだ, てくれだ, てくれなかつたら, てくれまし, てくれるだ, てくれるなら, てくれ給え, てこね, てこよう, てこられたさうです, てしまい, てしまいたい, てしまいたく, てしまいたくなる, てしまいで, てしまいます, てしまえ, てしまおう, てしまはせた, てしまはないだらう, てしまはなけれ, てしまはれた, てしまはれたら, てしまはれました, てしまひかねない, てしまひたかつた, てしまひたく, てのけた, てみたがる, てみたくなりました, てみたくなる, てみなけれ, てみよ, てもらいたい, てもらう, てやりまし, てゆく, てよく, てるだ, てるで, てると, てるとか, てるの, てるのよ, てるや, てる子だ, てる子の, てる家と, てる家なんぞ, てる道が, てる間だけ, てる間根気よく, てる間義雄は, て下さいまし, て来るらし, て良い, て頂い, て頂いた, とくのも, 來つ, 時にや

▼ 行~ (1516, 4.7%)

87 の灯 83 の下 72 の光 63 の火 26 のかげ 21 の前 20 に火 17 の油, を持っ 16 を提げ 14 の火影 13 の影 12 に灯, の傍 11 が一つ, のそば 10 の光り, の燈, をつけ 9 が消え, の側 8 の方 7 のあかり, の灯影 6 に, の中, の明り, の紙, は消え, を吹き消した 5 が置い, のよう, の光りで, の蔭, や蝋燭, をとぼし, をともし, を引, を消し 4 か, がぼんやり, が出, のところ, のひかり, の暗い, の燈心, を出し, を持ち出し, を持つ

3 [29件] がある, が倒れ, が明るく, が灯, が眼, が點, だよ, のともし, のまえ, のもと, のわき, の左右, の抽斗, の数, の灯かげ, の灯皿, の燈火, の燈芯, の皿, の薄, へ火, へ灯, や提灯, を, をかき立て, をさげ, をひき寄せ, を引き寄せた, を掛け

2 [78件] あり是, かな, か行燈, がかがみ, がつい, が掛け, が灯っ, が秋, が置かれ, が薄暗く, が見えた, が見える, だの雁首, というもの, にしょんぼり, に向っ, に対して何, に比較, に照らされ, に照らし, に燈, に片手, に白い, に羽織, のうす暗い, のかたわら, のまわり, のやわらかい, の上, の仄か, の出, の出た, の台, の周圍, の小蔭, の有明, の横長きが一つ上, の消えた, の火光, の絵, の脇, の臺, の陰, の隅, はある, は半ば, は少し, は紙, もある, もない, も灯花, をかけ, をここ, をすえ, をそこ, をつけました, をみつめ, をよせ, を中, を入れ, を出した, を吹き消し, を吹消, を嘗め, を引きよせ, を掛, を掲げた, を掻き立て, を明るく, を点し, を片手, を置いた, を見, を蹴倒し, を運ん, を點, 淋し気, 背負いの

1 [587件 抜粋] かけて, からし, からとう, から出, から隠れ, か襖, があちこち, があちらこちら, があり, がいよいよ, がおぼろ, がかかっ, がかけ, がくくり付けられ, がしだいに, がその, がつく, がつるし, がともされた, がともっ, がともつ, がともる, がならん, がばッ, がふと, がほしい, がぽ, がまた, がみえる, がガス燈, がバタリ, がボッ, が一々, が不意, が中, が乘, が二つ, が五つ六つ, が仇, が今, が今朝, が倒れる, が冬靄, が列び, が又, が及ぶ, が坊さま, が夢, が天井, が室, が宵宮, が店座敷, が忠義, が懸け, が戌刻半, が明, が暗い, が暗く, が有ります, が有る, が来, が油, が油紙, が消えました, が消える, が淋しく, が深い, が点っ, が煤け, が燃えひろがった, が片寄せられ, が疎, が真赤, が真黒, が立てられ, が細々, が細目, が薄暗い, が要らない, が見え, が赤く, が蹴, が軍, が軒竝, が額, が風, が飛んだ, この常, しか用いなかった, じゃない, だけがかんかん, だけの一隅, だけはつい, だけは夜明し, だけを点け放し, だった, だつたし, だと, だとも, だの莚, であたり, であつ, である, でさえが無聊, です, でそれら, では浅葱, でもともし, でも昼間, で兵馬, で塔婆, で寝る, で巣, で見た, で読ん, という, という名ばかり, といふの, といわず, とお, とかしこ, とが同時, とさし, とその, とも手燭, とも蝋燭, とをかぞえ, とラムプ, とランプ, と一所, と共に郁次郎, と取極めた, と怨霊, と手燭, と机, と煙草盆, と燭台, と燭臺, と草履, と草履ぢ, と莨盆, と虫声, と蚊, と言っ, と雪女, と食台, なぞも置い, などと云われ, などの下, などもそんな, などを見, など引受け, なりいかよう, にうつした, にかえ, にかえたる, にかかった, にかけ, にかん, にさぐり, にさす, にし, にしたかった, にしるせる, にちょうど, には, にはまさしく, には何と, には太い, には火, には灯, には苦心, には薄墨, には血, にほのか, にもぼんやり, にも白山氷, にわびし, に一挺, に三味線, に仰向け, に伸, に入らなけれ, に入れる, に凭れ, に取替えました, に向, に圓朝, に変え, に女, に小袖, に当っ, に影, に慕いよる, に掛け, に描かれた, に換, に換え, に擦寄り擦寄り, に明るい, に明るく, に映る, に書い, に書き換えた, に書き残し, に水茎, に浮き立たせ, に浮気御免, に点灯, に照らさせ, に移し入れました, に立ち寄り, に算木, に翳し, に自分, に興味, に蟷螂, に記し, に躓き, に透かす, に陰湿, に顔, の, のある, のうす紅い, のしたで, のすすけた, のその, のともつて, のならべる, のぶどうもち, のほう, のほか, のま, のまた, のみ黄, のやう, のやや, の丁子, の仄, の位置, の俤, の傍ら, の処, の口, の右手, の向う, の向こう側, の周囲, の変形, の奴, の如き, の字面, の存在, の小, の引出さがす, の形, の影絵, の後ろ, の微, の微か, の戸, の据え, の掃除, の掛かった, の掩い, の支度, の方向, の明る, の映ろい, の更けた, の會, の朱, の枠, の横, の横手, の油壷, の油壺, の油皿, の火影かすか, の火影幽か, の灯り, の灯口, の灯影タノシミ寢, の灯立ち, の焔, の焔影, の煤け, の煽っ, の燈幽, の燈芯皿, の片側, の町, の白い, の目, の破, の立消え, の紙真白, の腰, の芯, の薄寒, の薄暗い, の見える, の許, の輪, の配置, の電気スタンド, の青い, の麓, の黄色, は, はいつも, はすっかり, はすでに, はそれ, はちらり, はともした, はほのか, はまだ, はカタカタ, は一つ, は丁子, は何事, は六帖, は前, は吹き消した, は墨, は小形, は忽ち, は手前, は油, は火, は牛鍋, は男, は真向, は箱火鉢, は蚊帳, は階子段, ばかりあり, ばかりが目, ばかりで, ばかりの薄暗がり, へぶっつけ, へカチカチ, へ一筆墨, へ上げた, へ中, へ何, へ油, へ眼, へ移そう, まで, までぼっと, もあり, もつけず, もふわり, もまだ, も一つ, も三ところ, も三ツ四ツ, も仏壇, も何事, も四谷, も少し, も床, も暖簾, も暗い, も畳, も肩, も草紙, も蝋燭, や手燭, や木戸口, や枕行燈, や枕許, や燭台, や糸車, よりこれ, より高い, をあいだ, をあかあか, をあげた, をうしろ, をかかげ, をくるり, をさ, をさげた, をさし出した, をしょっ, をじっと, をつけぬ, をつける, をつけ直せ, をつり下げ, をとり, をながめ, をのせた, をひきよせ, をひきよせた, をひき寄せた, をひと晩中, をふき消し, をふき消した, をぶち斬っ, をまんなか, をみつける, をハッタ, をヨチヨチ, を一, を一つ, を一つ點, を使う, を使っ, を倒した, を倒しました, を借ります, を傍, を出しかけた, を前, を取っ, を取り, を古道具屋, を向けかえ, を吸込む, を吹き消しました, を吹き消そう, を吹ッ, を囲ん, を地, を小楯, を左, を差出し, を引きずっ, を引きよせた, を引くり返した, を引つ, を引出し, を引寄, を引寄せ, を張り替え, を手, を投げ込む, を抛り出し, を持ち廻っ, を持ち運び, を据え, を掛けた, を措い, を提げた, を携え, を時雨, を暗く, を朧ろ, を枕元, を枕許, を横, を横町, を消された, を消した, を消しました, を消す, を灯, を灯けつ, を点けられた, を無心, を片寄せ, を片隅, を玄関, を眺めやった, を細目, を縁側, を繞, を置い, を背後, を脇, を蔭, を覆し, を見る, を見守っ, を見直し, を起し, を蹴る, を蹴倒した, を蹴返し, を蹴飛ばし, を軒, を近, を近く, を退かせ, を退かせる, を造ろう, を部屋, を隔て, を離れ, ノ主, 出たりは, 吹き消し意, 懸けた十一軒, 暗き夜寒, 薄暗いまで

▼ 行~ (1396, 4.4%)

47 電車に 40 汽車に 21 電車が 12 バスに, 切符を, 船に 10 列車に 9 汽船に 8 エと, バスが, 列車が, 汽車の 7 仮名にあたる, 急行に, 涙を, 電車の 6 汽車が, 汽車は, 汽車を, 間に, 電車は 5 あとを, ことを, バスの, 文句を, 条に, 話を, 電車へ, 音は

4 [14件] うちに, ために, 一節は, 不取締, 列車は, 急行列車が, 急行列車に, 旅費を, 時に, 自動車が, 船を, 話が, 道を, 音が

3 [17件] だと, 事が, 列車の, 字を, 家, 文字を, 文章を, 朝より, 本なりと, 松の, 汽船の, 法を, 生活を, 着物を, 軽便鉄道に, 間へ, 電車で

2 [82件] ものは, ように, エとの, エの, バスを, ルポルタージュも, 一行は, 上に, 中から, 中で, 中での, 中の, 乗合自動車の, 二等車の, 今様を, 仮名に, 出遊につき, 口から, 句を, 問題に, 壇を, 夜汽車が, 夜汽車に, 妄説に, 子音は, 子音を, 字が, 嶮に, 市街電車に, 市電に, 御作に, 急行電車に, 手紙も, 文を, 文句が, 文字から, 文字が, 方が, 旅に, 日である, 有様を, 本なり, 様な, 樣な, 気持と, 気持の, 汽船が, 汽船は, 汽車で, 準備を, 為に, 生活は, 生活も, 用なれ, 病人らしい, 相撲が, 碾茶の, 神は, 空きなし, 第一便, 者は, 自動車に, 舟に, 表に, 計画は, 記事が, 記事を, 詩で, 詩を, 説話に, 説話は, 費用は, 赤切符を, 途中で, 鐵道馬車の, 間を, 陣営が, 電車や, 電車を, 餞別に, 馬車が, 馬車は

1 [832件 抜粋] あいだへ, あたりを, あった時, あらましが, うたの, うた階級と, うちの, うて存亡自在, うて敵, お供を, お話は, かの条, くばりと, ことをも, ごとく, すがた, ただならぬこと, ためにも, だらう彼男, ぢやと, ついでを以て, です, ときサロモンから, なかの, にて去る, はがきを, はじめの, まとめが, もとは, ものが, もので, ゆかりの, ゆゑに, ような, よろこびよう, わるくなった, を売出, アブラハムに, イと, エ, エにあたる, オと, コースを, シャルルマーニュ, スケデュールを, ダイアナ号は, ツシヤとは, トップへ, ドクトルを, バスで, バスにばかり, バスへ, ブオンデルモンテは, プラットホームに, リフレインが, ロケットだ, ワと, ヱと, 一つ, 一つであります, 一と, 一二九号列車に, 一人なりき, 一味の, 一団は, 一日も, 一段は, 一点に, 一端に, 一等船客多数に, 一等車に, 一節が, 一行に, 一連は, 一電車が, 七同士の, 七名ばかりを, 上から, 上り汽車が, 上奏に, 下に, 下員で, 下肥取りだ, 不が, 不穩, 世界, 中には, 中央, 中央括弧は, 中心力だった, 中核として, 主な, 乗合自, 乗合馬車には, 乗客が, 九字を, 予定という, 予言, 事ばっかり, 事共ハ皆無用の, 二等室へ, 京成バスが, 人々ばかり, 人々皆な, 人は, 人夫を, 人達だ, 人達を, 仕度いたします, 仕度に, 仕度までも, 仮名の, 仮名は, 会話の, 伯夷叔斉も, 伴を, 何たるを, 余の, 作の, 供人に, 便船に, 便船は, 修行所に, 停留所の, 備へ, 儘である, 先端には, 先見が, 光線列車は, 兵と, 兵卒や, 内人の, 冷凍船の, 処へ, 出動を, 出来るところ, 出来るはず, 出船を, 刀一口を, 分だけは, 切符とともに, 切符二枚と, 切符急行券買いかたがた送っ, 列車である, 列車な, 列車なら, 列車まで, 列車を, 列車中の, 到着を, 前へ, 前半を, 前或, 前提位に, 剣人たちである, 劇評それを, 力を, 功を, 助けであり, 労を, 動機, 化物にて, 北原と, 北極に, 半には, 危険を, 原稿紙で, 原稿紙を, 取消し記事が, 句に, 右側へ, 名と, 名刀が, 名誉に, 命令が, 和尚の, 噂を, 四人の, 団体は, 団隊丸い, 困難を, 国際列車は, 坑木が, 報いで, 報告な, 場合から, 場合なども, 場合五行の, 声が, 声は, 外月にも, 多い雑誌社, 夜船の, 夢に, 大なる, 大原満は, 大発見を, 失策寧ろ, 奇跡を以て, 女である, 女文字あり, 奴を, 如何なる細目, 如法の, 妨げに, 始めの, 姿の, 姿勢を, 媒介としては, 字と, 字の, 孫の, 宗旨である, 定型を, 定期船に, 宝船に, 客と, 客車の, 宴, 宴を, 導入の, 小さな旅行, 小包が, 小楷字, 小蒸汽, 小蒸汽船, 岡村章が, 市電が, 帰朝を, 帳合法を, 年頃に, 序を, 弁解を, 引渡しを, 形を, 形式を, 役目を, 待ちかまえて, 後に, 後また, 御用中不都合が, 必要は, 思想, 急行の, 急行列車の, 恰好が, 悪いには, 愁嘆場の, 意見が, 感情を, 成果は, 所在を, 所在地へ, 手で, 手許へ, 手順を, 指南に, 捜査の, 支度とりどり, 支度を, 敷石が, 文あり, 文の, 文句は, 文句や, 文字に, 文字へ, 文字らしい, 文章が, 文章の, 文章も, 文身の, 新聞に, 新聞記事で, 旅券を, 旅行免状を, 旅費まで, 日が, 日も, 日本語を, 日記を, 早い空, 是非を, 時すごす, 時の, 時は, 時代では, 時代にな, 時代には, 時間が, 普通列車である, 暇には, 曲者めが, 書信一切郵便局で, 書簡箋は, 最初における, 最大急行に, 最少の, 最高潮の, 朝, 朝に, 末尾を, 本として, 本也, 来着を, 松と, 松に, 松へ, 株を, 根柢には, 桟敷に, 楔状文字が, 極地探険の, 模様を, 権利によって, 機会は, 櫓船は, 欄に, 次に署名, 歌だ, 正しい学, 正邪は, 歩を, 残夢小夜の, 母音を, 氣持を, 決定的断定の, 決心の, 汽車では, 汽車でも, 汽車時間までの, 汽車賃に, 法は, 法悦に, 活用が, 浪士たちに, 消息も, 涙果して, 深い意味, 港が, 満点が, 準備だった, 準急に, 激しい気配, 激昂は, 為めに, 煙草の, 熟達につれて, 父親が, 片道切符を, 物語でした, 状況は, 珠数に, 珠玉を, 生残者, 生活との, 生活とを, 生活のみ, 由縁で, 略, 異様な, 発車まで, 発音に, 發車の, 盛なる, 直前には, 相が, 相談ばかり, 相違に, 眼を, 短いもの, 短い手紙, 神が, 神力が, 神歌の, 神話も, 福建滯留は, 移民の, 稽古も, 空望みは, 立場まで, 笙治部, 第二世, 箱に, 簡単な, 終りまで, 終航, 結果が, 絶対性念仏の, 絹商に, 罫を, 罫紙百枚以上の, 美術家仲間からも, 老婆は, 聖劇を, 背後から, 能力乃至, 臨時列車は, 自動車には, 自動車を, 興を, 舟は, 船で, 船中で, 船中より, 良い芸術, 草稿を, 荷物に, 葉書を, 藩の, 蠅頭細字で, 行列が, 行嚢を, 装顔も, 要と, 覚書を, 解説のみより, 言葉を, 計画を, 記事であった, 記事にも, 記録は, 詩, 詩た, 詩の, 詩は, 詩句を, 話の, 説明を以て, 説話即ち, 貨物列車に, 贐として, 走り書が, 超特急列車, 足跡は, 車の, 軍用列車に, 軍艦, 軽業の, 軽率極まる, 輿や, 近距離列車は, 迦陀を, 送別会へ, 途上に, 途中わざわざ, 途寄った, 途次寄る, 通り過ぎたあと, 連合軍せめて, 運命船に, 道で, 道である, 道中の, 道聴塗説を, 違いでなく, 違ひ, 遭難事件それによって, 遺墨が, 郊外電車にも, 部, 配りまで, 配役する, 重みが, 金字が, 鉄造帆船テイラアが, 鉄道馬車に, 長い詩, 長途に, 門出に, 間にも, 闖入脱出について, 陣を, 隅田丸発着し, 際などを, 集積である, 雑役でも, 電車がは, 電車だって, 電車と, 電車停留場の, 電車停留所へ, 電車賃, 靴下を, 音これは, 音であります, 音とが, 音の, 音を, 頭の, 頭を, 顔いろは明るかっ, 顔は, 風も, 飛行機を, 飜刻物である, 餞別を, 香薬とは, 馬車の, 駕籠と

▼ 行つたの~ (930, 2.9%)

135 である 7567 です 34 では 16 だつた, であらう 15 だが, であるが 1413 だと 12 はもう 109 だから 7 だらう 6 でした, は 5 だな, だよ, ですが, はその, はどう 4 かも知れない, だらうと, ですから, はつい, はまだ, を見 3 が始め, だけれど, ださうだ, だらうか, であります, はたしか, は去年, は背, は誰, もそれ

2 [37件] かしら, かと思, かと思つて, かと思ふ, か見えなく, が不覚, が古い, が此頃, が眼, が縁, だもの, だろう, でありますが, でございます, ですよ, でせう, でね, と同じ, ならば, に違, はい, はこの, はそれ, はそんな, はやがて, は何, は幾つ, は彼, は恰度一月下旬, は明治四十年, は知つて, は私, も無理, をぼんやり, をぽん, を反, を見た

1 [327件] あんなもの, お父サン, かえ, かえよく, かえ本, かしらと怒つ, かその, かそれとも, かた, かつて仰, かと二人, かと心配, かと思つた, かと思ひました, かと案じられ, かと聞く, かと訊ねられた, かな, かなと民子, かなまア, かな畑, かぼんやり, かもわかりません, かも分りませんでした, かも知れません, から紐, か三台, か兎, か八, か分らない, か分らなかつた, か問題, か夕食, か姿, か宮崎, か小僧, か彼女, か支那人, か文吾, か浴室, か無論, か病気, か眞面目, か知ら, か知らず, か知れません, か簡単, か養父, か馬鹿, が, があつ, がちよ, がよさ, がわかつた, が今, が元禄, が半, が大, が川崎音頭, が帝国劇場時代, が廊下, が惡, が手, が政公, が最後, が本, が段々, が祇園会, が術, が見知り人, が誰, さ, さあ之, そのとき, だえ, だか, だけはもう, だけれども, ださうだが, ださうでした, ださうですが, ださうでたいへん, だその, だつたが, だとか, だとしか, だとも, だなと, だね, だらうかと, だらうが, だらうだが, だらうつて, だらうとは, だらうね, だらうボール箱, だらう女房, だらう彼, だらう行, だろうと, だ尤も, だ平次殿, だ等, であり初め, であり詰り極, であるから, であるからしかとも, であると, であるとは, である手箱, であろう, であろうかと, でしよう, ですお, ですかな, ですからねえ, ですね, ですの, ですアイヌ達, です砂山, です私, でなく入院, で強く, と入, と殆, と殆ど, ながら後, なら何頃行つて何頃帰, なら夜, なら誰, に, には俺, に對, に屹度休み, に彼, に料理屋, に比べる, に相違, に誰, に遂に, はあり, はいつ, はいづれ, はお, はお前, はお前さん, はお昼頃, はからのやう, はさ, はそれから, はだいぶ, はといふ, はどういう, はどこ, はひとつ, はほんの, はもはや, はやがてもう, はわかります, はをかしい, はクリスマス, は一, は一八九八年ごろ, は丁度, は三十前後, は三日目, は下谷一番, は不思議, は不敵, は事実, は二合半坂, は亥刻半, は亦, は人, は今, は他, は何れ, は何刻, は何年頃, は何時, は何時頃, は何處, は信仰, は偶然, は僕, は先きが自分, は其持つて, は内儀, は別に, は勝五郎, は十二時, は十二月, は十月初め, は千駄木, は午後, は半, は半歳前, は単に, は受附, は嘘, は多く, は多分, は大名, は大変, は大正五年六月, は好い, は嬉し, は孤独, は家, は實, は小松屋, は小石川, は少く, は山の手, は巳刻, は巴里, は或は, は手続き上, は提灯行列, は文吾, は既に, は明治三十年, は昭和十九年, は昭和十六年頃, は晝, は暗く, は曙覧, は有名, は朝, は本, は某, は梅雨晴れ, は森口, は椎根津彦, は横浜, は横須賀, は欧洲, は歌舞妓芝居, は此, は此事実, は此娘, は源, は源助町, は無駄, は玉屋, は田村旅館, は田楽, は相生町, は秋, は箒, は細工, は総て此間, は肺病, は自家, は至極当然, は裏, は言, は變ぢ, は谷中, は谷中三崎町, は足跡, は辰刻, は近代, は返す, は酉刻, は面白い, は頼山陽門下, もあつ, もありました, もあるだらう, もかくべつ, もこの, もさ, もさう, もその, もまた, もやはり, も一つ, も事実, も二人, も二階, も仕方, も僅か, も半ば, も同じく, も常世の国, も真鍮, も知つて, も私, も芝居, も面白い, も面白けれ, も鴨川, よオ, らしい, をお, をそれ, をたつ, をちつ, をひよつくり思ひ出した, をめづらし, をよく, を二人, を今, を何処, を僕, を取込み, を呉葉, を嗅ぎ付けられ, を宿, を忘れ, を思ひ出し, を気づかぬ, を漸く, を犬, を皆んな, を禦いだ, を私, を繼母, を考, を見すまし, を見ない, を見る, を見届け, を見逃し, を認めた, を面白

▼ 行はれ~ (909, 2.8%)

223 てゐる 103 てゐた 89 て居る 41 て居た 26 て居つた 12 てゐ 11 てゐない 9 て來 7 て居りました, て来た 6 てゐました, てゐます, て居 5 たり, つつある, てをります, て居ない 4 てをり, て居なかつた, て居り, て行く 3 て居つ, て居らぬ, て来る, 易いと, 次で

2 [24件] ここに, そこから, それが, たりし, てあつ, てきた, てそれで, てゆく, てよい, てゐたらしい, てゐなかつた, てゐません, てをら, て去る, て居りまし, て居ります, て来, て相, て輙, むや, 一部の, 其が, 私は, 難きを

1 [264件] おのれも, お綱, お金の, がちであります, がちである, がちの, これと, しかもそれ, しも其流通高, しも宋代以後, しも戯作, すぐ前, そして埴輪, その中, その式, その有利, その次に, その限り, それに, それの, それは, それを, たりと云, たり扨又原澤村, たり然, ついに九月, てある, ておば, てからの語, てからま, てから夏殷周秦漢, てこない, てそこで, てだ, てときどき, てのりと, てはゐない, てはゐなかつた, てはゐる, ては居ない, てまだ, てまったく, てまつたく, てみる, てもやはり, てもよ, ても両者, ても亦, ても居る, ても形式, てやがて, てゐたなら, てゐたらう, てゐるで, てゐるらし, てゐるらしい, てをつた, てをつた幾多, てをれ, て三十二年七月十七日, て五年, て人, て今様合せ, て仕舞つた譯, て他, て以来, て倉方, て健康, て八太夫座, て其行, て初め, て名, て坊さん, て外国, て多く, て天, て學習, て宋元, て居なかつたなら, て居ます, て居りませぬ, て建て, て往々, て復, て必ずしも, て恐らく, て惜福者, て文学, て日清戦争, て来ました, て東歌其外地方, て棠軒, て此, て水天狗, て淫蕩, て漢文, て漸く, て煙はさ, て物部氏, て甚だ, て盛ん, て結婚, て經書, て自立, て舅, て芝居, て蒙, て行, て行き, て西の宮対西, て誓, て足本, て野雉車, て鞏固, どれ程, ながらそれ, なほまた, はすまい, まことに無害, またはある, また一聯, また私自身, また等しく, また米, まだその, むとしたるをその, もした, もせず, もはや固有, やすいの, やすい魔術的, やすかりし, シモエースまた, スラヴ民族独特の, ロマンペルソネルなどと, 一つとして, 一人一人の, 主として彩色, 乙は, 五年生の, 人々は, 人心恟々たり, 今日ある, 仏教式の, 仙術修行に, 候はば, 僅に, 僧正ルツジェーリ亦, 僧門の, 全國六人, 其の資金, 其儒葬の, 其後なごり惜しみし, 凡てに, 刈り上げ祭りは, 勞働階級は, 十一月に, 十月の, 口語で, 同じく語部, 唐に, 四五人で, 固定し, 国民的性格教養を, 國語で, 城内の, 夏は, 夜中に, 大學, 完全に, 官吏は, 官憲も, 射撃大会まで, 将軍家正, 小川隊長の, 市が, 常に二つ, 幾分にても, 彼が, 彼を, 後にな, 後半期には, 從つてまた, 心も, 恐ろしい叫喚, 我が國, 或は弑逆, 或地方, 戰後て, 授戒の, 敗残艦の, 教授課目の, 新陳代謝の, 日本的にも, 明け方に, 明治の, 明治大正にな, 易い様, 易き所以, 昔日の, 昼夜交替で, 時代, 時間は, 更に唯一宗源, 更に或は, 有名無名に, 朝九時から, 本義ど, 欧米の, 歌式出で, 殉教者が, 殊に郡下屈指, 江戸時代には, 沙翁の, 清朝人は, 温庭, 潮田夫人を, 王の, 現代において, 生産は, 田舞ひ, 男の, 男や, 目出度限り, 石苔を, 社會的に, 神主祝部を, 福利の, 秀次も, 私も, 筋肉体力の, 精神的状態の, 経済界は, 經濟的に, 総ての, 美しい花, 翁は, 而かも, 舞台的価値が, 舞姫の, 萬物生育する, 董仲舒の, 蕃人の, 衆人ひとしく, 西京は, 詳しく云, 象徴は, 貴人の, 趙を, 農民が, 辻に, 近年この, 近頃まで, 遂に国民, 重軽傷者数名を, 鎮花祭, 隋史に, 難いかと, 難いもの, 難い事, 難きもの, 高価なる, 魯智深, 黄表紙漸く

▼ 行~ (873, 2.7%)

63 れるの 40 れること 18 れるもの 15 れる事 13 れなければ 12 うと 8 なければ, れずして, れねば 6 れつ 5 るれば, れなかつた, れる, れる為, れる筈, ゴシック体 4 れるわけ, れる時, れる衆議院議員總選擧

3 [15件] ざるを, しないかと, せられた, ないといふ, ぬからである, るること, るるに, れざれば, れず, れるため, れる場所, れる所, 底本では, 息を, 止めに

2 [39件] うといふ, こちらかや, ざるに, ざるべからず, ざれば, しむることゝなせり, しむる能はず, しめた, せらる, せ給, ない, なかつた, ぬと, ねば, むとする乎, むとす是れ, るると, るるの, るるを, れ, れざりしが, れざりしのみ, れずむば, れなかつたと, れなかつたの, れる八朔, れる動作, れる大, れる御, れる時代, れる樣, れる毎, れる行事, れる譯, 出來, 初めの, 正しいもの, 濁世末代の, 私に

1 [517件 抜粋] いやな, いよいよ穏, う, うなずいた, うや, おげん, お客が, お辰, きのうも, くるつと, ことし四十二だった, この六度, この哲学的, この時, この杉本健吉談, これが, これを, こんどは, ごまかしに, ご辞退, さっきから, さまざまの, ざりし天使, ざるべから, ざるべからざる, ざる可から, ざる放逸, しむされば, しむることが出來, しめたる事情, しめた実例, しめてゐる, しめば, しめようと, しめよこの, しめよ他, しめられた, しめるが, しめるため, しめるの, しめん, しめ給ふ, すつかり, せざるも, せたい, せらるべき一定, せらるべしと, せらる可, せられたとは, せられた即位式, せられた聖旨, せられました, せられるはず, せられる初春, せられる場合, せられ二十一日, せられ尼御台さま, せられ賜宴, せんと, そこの, そこを, そのまま私, そのラ・ロトンド, その壮烈さ, その夜発足, その大, その後に, その折, その翌日旅, その適用, それから約, それとなく小次郎, それは, それまで, ちと間違っ, ちょうど終戦時, つい眼, つい筆, できるか, どうだ, どうなる, どないなりました, どんなぞよ, どんな容子, ないうち, ないから, ないで, ないでも, ない処, ない地方, ない限り自由, なおワシントン, なかつたかも, なかつたから, なかつたこと, なかつたといふ, なかつたの, なかつたやう, なかなかやって来ず, なかなかやつ, ぬ, ぬが, ぬなり, ぬ新, ぬ様, ねむい目, のどには, はじめっ, はじめて涙, はなはだ異, ひとへに, ふれて, また二三日, まだよ, まだよかっ, まだ大分時刻, むがためなり, むとするは紅葉露伴一葉美妙蘇峯樗牛子規漱石鴎外逍遥等の, もうちゃんとこの, もうほとんど文字, もう思いとまった, もう着い, もと単に, やがて光る, やっと平常心, やめて, やりません, よくなかった, よほど前, るる, るることなり, るるには, るるは, るるタガネ, るる不公平, るる人肉食用, るる処, るる古, るる國, るる小説戲曲評論, るる所, るる所有, るる支那, るる文学思想, るる時にあらず, るる樣, るる理窟ツ, るる耳飾, るる言葉, るる風習, るれども, る可, れきといふ, れき乃ち法王は, れざりし昔, れずと, れずな, れずに, れず仕舞, れず多く, れず大工, れず弑逆, れず思ひがけ, れず民族文化, れず統治管理, れず自然, れず随つて発明, れで背く者, れなかつたかと, れなかつたかといふ, れなかつたから, れなかつたが, れなかつたらうと, れなかつた昔, れなかつた様, れなければこそ, れよと, れるいざいほふといふ儀式, れるいろ, れるお, れるお蔭, れるきまり, れるこ, れるさ, れるさま, れるその, れるそれ, れるといふ, れるとき, れるとの, れるなぜ, れるはず, れるものぢゃないと, れる一つ, れる三州北設楽, れる世界觀, れる主上, れる乱暴, れる予定, れる予感, れる二十世紀, れる他, れる以上, れる伊豆権現, れる儀礼, れる先, れる出來事, れる出来事, れる動機, れる十二神伎, れる危險, れる古代, れる各国文化, れる地方, れる地球, れる場處又, れる変態, れる大嘗祭, れる客觀的, れる式, れる御歌会始め, れる応酬, れる思想, れる性, れる惨劇, れる所以, れる手段, れる故, れる教科書, れる文明開化, れる新教, れる日, れる日本, れる日本ペンクラブ, れる早処女定め, れる望, れる村, れる松, れる機運, れる此順序, れる歯痛, れる殊に, れる民間, れる永遠, れる法則, れる流行, れる爲, れる獄中死歿者法会, れる現象, れる生業, れる相互扶助, れる社會, れる神前結婚式, れる祭市, れる種々, れる筏, れる範囲, れる習慣, れる考, れる聖餐式, れる苦行者, れる虞, れる行政上, れる被, れる裁判, れる西洋, れる西洋文芸, れる訣, れる講演会, れる質料, れる踊り念仏系統, れる遊び, れる運動, れる道徳論, れる邂逅, れる鎮花祭, れる霜月, れる頃, れる風, れる鷽, れんが此儀は, れんと, れ又, わっしも, われわれ二人も, アンマ宿の, エルクレの, オヂヤンにな, サンコウスイコウとも, サンコウスヰコウとも, ジュッド医師と, ソレとばかりに, チョッピリと, パリーを, ページの, メクラ三人と, 一乗谷へ, 一五六三年の, 一向要領, 一廻りし, 一応疑い, 一念十念むなしから, 一日二三里に, 一晩で, 丁度これ, 万民塗炭の, 三台の, 三月も, 三田の, 不用心なり, 中止し, 中止その, 互に顔, 五台の, 人形町の, 今上大泊瀬幼武天皇に, 今日出達, 代官所へ, 休みな, 何でも, 何人にも, 余り数を, 佛時代に, 先方との, 八段に, 公卿だった, 六段で, 具体的に, 冷静な, 函館の, 初めより, 到底不可能, 則ち, 前に, 前中後の, 前田村を, 劣る, 北で, 十二三間も, 十五間三尺さて, 午すぎに, 午前十一時五十五分です, 即ち本文, 口か, 口を, 可なり, 同じである, 同行出来ない, 名文に, 否だ, 吾, 和歌の, 唇音である, 唐人ながら, 唯戯れ, 單に, 嘘の, 囚われの, 四月十三日に, 図らずも, 塞げる, 墓参の, 外部から, 夙約が, 夜中に, 大いに有意義, 大変ね, 大好物, 大満足, 大部分死刑, 大阪で, 大難中の, 天, 夫妻二人きりの, 如何なるもの, 存するが, 宇宙で, 安政詔勅の, 実に大任, 容易に, 尊敬し, 左の, 布施です, 常に迅速, 平洋丸に, 幾時までとか, 当時の, 彼の, 彼も, 彼らの, 彼方にては, 往つた時が, 徳岡の, 必ずしたらした, 必ずと, 忙しい都人, 恐らく偽り, 恐れ入ると, 意識の, 感情を, 憤然として, 戸ごとに, 所謂尚々書である, 散り散りに, 日本の, 日本退, 早かった, 早くも, 早く起きた, 明日, 明日に, 明治三十一年の, 明治四十二年五月の, 春水が, 昨日來た, 時々釣り, 智より, 最後の, 有名な, 木, 本来もっと, 村の, 杣夫の, 来年は, 東入の, 果して日記中, 果てた, 枠囲み, 機関車の, 次郎にとって, 止す, 止めて, 此形式の, 此旅の, 武士の, 殆ん, 決して平安, 決して賞揚, 満員な, 漢文調を, 濁音も, 火星生物の, 灼然に, 点であり, 為家の, 無事帰若し, 無意味である, 父さんが, 父の, 物珍らしい, 犬の, 独自で, 猛者の, 獅子に, 現実式中の, 由緒書に, 疱瘡痲疹の, 目附の, 看破した, 石を, 碩僧にもを, 神群行の, 私の, 穀潰しとも, 管轄も, 米友に, 純忠の, 素晴しく, 細謹を, 終る, 網の, 翌千六百五十六年, 自然中止の, 蓋し無言, 藩より, 蛇に, 行ったが, 行住座臥を, 被害者の, 見物の, 言わば一種, 読み得たもの, 負傷する, 賀美村を, 速かでは, 造作なく, 遊賞の, 里人に, 長崎奉行の, 長煙管, 闘牛の, 青芒の, 静粛な, 非常の, 面白いで, 餅菓子を, 鮎子なら, 鶴に, 鶴見たち二人にとって, 黒死館に

▼ 行~ (628, 2.0%)

18 して 15 共にし 11 共にした 8 共にする 5 初めたの, 守ること 4 かえて, ともにし, もって, やつた, やつて, 決心した, 行じ, 読んで 3 するため, するという, やって, 勧めて, 壮に, 壮んに, 行へ, 許して

2 [43件] しなければ, すすめた, すること, すると, する日, つづけて, ともにした, ともにする, もさまで, 一行に, 乱して, 修して, 共にしなかった, 利すと, 勧められた時, 勧められる度, 同じくし, 同じくした, 同じくせられ, 学んで, 平気で, 幾度も, 御覧に, 心で, 思い立って, 思立った, 括る丸括弧, 捨てて, 盛に, 盛んに, 目の, 眺めて, 示した, 示して, 積むこと, 積んで, 続けて, 行ぜず壯, 見て, 見れば, 越して, 送りて, 送る

1 [424件] あけて, いうので, いたしました, おうた, おこなひ済まし, かいて, かぎりなく, かたじけの, きいて, ここでは, さいて, さかんに, さがしても, させる, さまたげるよう, さりげなく, した, したか, したせい, したため, したとき, したもの, した人, しては, してるん, しないの, しなほすゆゑ也, します, する, するそういう, するつもり, するの, するもん, するやう, するよう, する信心, する前, すれば, すゝめて, せぬ前, その通り, たどりながら, たどる, つ, つづけたすえ, つづけました, つとめた, つとめ无言, とって, どのよう, ながめて, なさいました, なさるかた, なさるには, なさる御霊所, なして, なし學, なすつて, なすを, ねぎらった, のばすこと, はしり読みしたばかり, はしり讀みしたばかり, はじめ, はたさなかったが, ひっぱった, ほしいまま, まだ知らない, まだ知らぬ, まもり通して, みせました, みだし法, むなしくし, めざしこうして, もう三日, もつて, もととして, ものに, やめ, やめたいと, やめて, やりながら, やるという, やるやう, やる土牛, やる而, れへ, キリスト教は, ラ行に, 一いち見透かし, 一つお, 一つに, 一サク二サクと, 一字劃右に, 一時に, 一緒にと, 一行で, 両親に, 並べて, 中止させよう, 中止し, 中止した, 主と, 主張した, 了った, 了り, 了る, 二つ返事で, 云云し, 人一倍積ん, 伴は, 伺いけり, 伺ひき, 何行で, 作し得べき, 作り始める, 使ったの, 使って, 保とうとして, 信じて, 修すると, 修する下級, 修むる事十二年迦葉佛弟子と, 修めて, 修めるごと, 倍加せしめた, 偵察する, 全うする, 全部抹殺し, 兩親に, 共にいたしました, 共にしたら, 共にしなけれ, 共にし得る, 共にす, 共にせし, 共にせられる, 分けて, 切りは, 初めに, 別けず其まま, 別けただけの, 別けて, 刻し, 助けて, 勤め咒法を, 勧められない前, 勧める, 勵まさん, 勸めて, 匡さんと, 十分に, 午前十時だ, 半日で, 占むるナポレオン掲示の, 危ぶむ, 危んだ, 危んで, 厳にし, 厳修した, 取消さうと, 叙した, 古書の, 同じくする, 同じゅうせんとする人, 吟味した, 吹聴した, 命ぜられたの, 喜んで, 営むべくこの, 営んで, 変える, 多くする, 夜明けまで, 夢想し, 大将として, 契機として, 妨ぐるの, 妨げあわよくば, 妨げんとには, 姉以上に, 始めた, 始めました, 娘は, 守り続けるの, 完うせよ, 実現する, 実践された, 実践する, 宣んし述, 廃し, 廃すと, 廃止せられた, 引き止められるかも, 引止められるかも, 引留其金にて, 強ふべき, 彼は, 彼女に, 待つて, 待つ右側, 待合せて, 得たり, 御廉一重, 御聞, 心からよろこんだ, 忌むわけ, 志した, 志す丁度, 思い立つ, 思ひ立つたの, 思ひ立つた敬君, 思わせたが, 怠ること, 急いだの, 恐ろしく思う, 恣に, 悦んで, 惜しんだの, 意味する, 愛する, 感じた, 感ずる余, 愼み, 慎まざる軽薄男子, 慎まずして, 慎みただしく, 慎むが, 慫める, 懈ら, 成し十歳未満, 打眺め, 抑制した, 拒むもの, 持し, 指導し, 指斥し, 挫折させました, 振り捨てて, 捨てなければ, 授けたの, 携えて, 擇んで, 改めざる時, 改めた, 改めて, 改める, 改めること, 改め官, 教わったが, 敢て, 数て, 数節の, 斬るため, 断った, 断って, 断念し, 断然お, 斷念した, 日延べも, 日課と, 旺に, 更めて, 書いて, 書きおえたとたん, 書きペン, 書き写す, 書き終る様子, 未然に, 果さずに, 果さなかったが, 果たさないで, 楽しみに, 止めた, 止めて, 止める, 正しくせね, 気を, 決定し, 決心し, 決意し, 決意した, 決行した, 決行しよう, 決行せね, 深く積ん, 済してから, 満足する, 潔うし, 潔くする, 潔清, 為すこと, 為すや, 為る, 為るの, 爲し, 爲す, 申しでる気持, 目で, 眺めつつ, 眺めながらも, 督促する, 睨むが, 知り, 砥ぎ名を, 祖として, 祝って, 積まれたの, 積みながら, 積み残るところ二百部, 積んだ先達, 第一義として, 約するホワイトスター会社汽船ペルシック号, 約束し, 約束した, 純粋に, 終つた, 終へて, 終り更に, 続けた, 続けたこと, 続ける, 続けると, 続け鴎丸, 縦書す, 縫って, 罰するには, 罷めるかも, 考へて, 聞いて, 聞いても, 聞き同, 肯き入れなかつた, 與る, 落い, 行う際, 行わば, 裂いて, 見た時, 見た結果, 見ても, 見られたりと, 見ること, 見ると, 見る時, 見上げながら, 見合せないのみか, 見合わしつ, 見抜いて, 見留夫捕縛, 見詰めて, 見送って, 見送る樹明来, 規定し行かん, 観察仕, 觀つねに, 解して, 計画し, 許されたれども, 許し始めた, 訳した, 評判する, 詰めて, 話聞かした, 誘へり, 語頭にも, 読みうなずいて, 読み了つて, 読み返して, 読むと, 費しても, 賞め申された, 賦する, 起したの, 越ゆべからず, 踏み切れない, 載せたもの, 辞した, 辿って, 迎えら, 追って, 追って府, 追って読み下し, 追ふも, 退けしかば, 送つた人々, 送つて曰, 送らんとして, 送らん特に, 送りたる支倉常長, 送るありて, 送るため, 送るだけの, 送ると, 送るに, 送るの, 送る宴会, 送る訳, 逐うた, 逐うて, 逐って, 逐ふて, 通らずして, 遂げ妙見山, 過とするわけ, 遮る有, 避けるの, 鄭重に, 配当し, 重四郎, 防遏した, 阻止しよう, 限と, 陳述し, 隆ちゃんも, 隔てて, 隠して, 離れて, 須た, 顧みずなど, 顧みず事情, 飛越し, 駅まで, 駿介は

▼ 行~ (524, 1.6%)

13 に對 11 の立場 6 によつて 5 するもの, である, をする 4 して, に相, の中, の動機

3 [12件] が物, との間, にとつ, に出, に於, の上, の主, を敢, を爲, を知る, を行, を見

2 [36件] かも知れない, が原因, が我々, が直ちに, する, だと, であること, と物, により, に入, に出た, に就, に就い, に干渉, に現, のこと, のやう, の存在, の客體, の意味, の最も, の論理, はその, は歴史的, は決して, は絶えず, は自己, も亦, をし, をなす, を前提, を委任, を思ひ出し, を意味, を攻撃, を考へる

1 [355件] あの精神, あらゆる言葉, ありたるによりて, ありて, から, からそんな, か長い, があ, があつ, があの, があり, がある, があるなら, がそれ, が不愉快, が事實, が今宵, が今度, が俄, が偶然的, が僕, が動機, が即ち, が同時に, が多く, が屡々, が彼, が技術的, が歴史的行爲, が氣狂ひじ, が澎湃, が特別, が犯則, が羨ましい, が責められた, が賣, が餘, し學ばうと, すべきかは, すべく誘はれる, すること, するため, すると, するとき, する性能, せぬ前, たるや, だ, だつた, だといふ, であ, であつ, であらね, でありまた, であり同時に, であるかといふ, であるが, であると, であるべきことさ, であるを, である宗教上, である家, である詐僞, である隨而, である隨而これ, でないまして, でなくし, ではない, では非常, でもあつ, でもこれ, でも苟も, で既に, といふとき, といふの, といふべし, といふもの, とが擅, として之, として事實, として取扱, として承認, として殊に, として現れ, として紙, となつ, との多種, との關係, とを有する, と一家破産, と上, と共に等しく, と力, と同一視, と態度, と我等, と有機的, と自由, と行爲, と見られる, と認め, と非難, なから, なきは, ならば, なん, においてもそれ, において全く, につながる, には, にはつねに, には決心, には私, にひとしい, にまで驅りやつた, によつて規定, によらで, により囘避, にハツ, に不, に伴, に伴つておの, に何, に先立つ, に光, に出でし, に反感, に基く, に夫婦, に始め, に對つて無能, に形, に影響, に必然的, に斬罪, に明ら樣, に發露, に石國, に科する, に習うべきである, に自ら, に表, に重要, に飜譯, に驅, のあつ, のある, のいは, のため, のみ, のみを行, のもつ, の一, の一つひとつ, の一切, の三分二, の世界, の二三, の全部, の哲學, の壓力, の外形, の外貌, の大, の尊む可きもの, の對象, の強い, の徳, の性質, の方向, の普遍的, の最多數, の最高目的, の本, の果實, の概念, の權利, の歴史性, の決着, の温和, の源泉, の知識, の種, の空しく, の組合せ, の結果, の罪惡性, の美しき, の能, の行爲者, の規矩, の記憶, の説明, の謗, の辯證法, の鑄型, の閑暇, はさき, はしばらく, はたしかに, はつまらない, はどうして, はななえ, はまた, はピサ, は世間, は乾草, は人倫, は人類, は他, は何, は何一つ, は何處, は個人的身體, は偶然的, は充分, は凡て過激, は凡俗, は刑罰, は勿論, は即ち, は嚴重, は奬勵, は如何なる, は存在, は客觀的, は尤も, は常, は彼, は彼女, は必ずしも, は必然的, は意識, は慈親, は成り, は支那, は時間的, は時間關係, は未, は未來, は此の世, は死に, は決心, は法令, は法文, は父, は獸, は私, は絶對的, は總, は罪, は罪惡, は自ら二重, は自由, は贊成, は身, は隱, または態度, もさして, もない, もなく, も單, も成, も敢, も歴史的, も相手, も試驗ずみ, やら述作, や他, や冒險, や墮落, や方法, や果して, や言葉, や雲, よりこの, より樣, をあ, をした, をしなけれ, をなさずし, をなし, をにくみ, をば彼等, をも, をもつ, をも不動, をゆるさない, を一々, を一般, を不埒千萬, を世間, を云, を以て戀人, を以て美人, を以て言語, を作り出す, を保つ, を保護, を做, を公, を判定, を制する, を加へた場合, を十, を卑しい, を反覆, を取らし, を受け, を各人, を孝行, を左右, を年齡, を彼, を律する, を悔い, を惡, を想像, を或, を批評, を拘束, を推測, を支持, を是認, を植福, を正, を注意深く, を準備, を演ぜさせね, を物質的欲望, を猜忌, を産み出す, を皆, を砥礪, を示す, を私, を立腹, を笑つた, を繰り返す, を蔽はんため不正, を表する, を記憶, を譴責, を讎的, を責める, を通し, を過去, を遠慮, を重んじ, を非難, を高し, ヲ禁ジ, 乃至實踐, 及び態度, 及び活動

▼ 行~ (499, 1.6%)

27 ことが 13 ことに 12 ことを 10 のである, 事に 8 様に 7 のが, のは, 事が 5 やうに, 者が 4 事を, 時に 3 ことで, ことである, ことにな, に当, のであります, を得, 事は, 者の

2 [40件] と言, なんて事, に依, に由, のだ, のみ, のも, の準備, の運命, は難い, は難き, や藩閥家, よりは寧ろ, を得る, 事あり, 事で, 事の, 事も, 事言ふ, 人である, 人は, 処と, 可から, 可けれ, 可し, 地方は, 地方も, 場合に, 場所は, 必要ある, 我れ, 所の, 方が, 時の, 時期が, 機会を, 者と, 能はずし, 能力ある, 風が

1 [276件] があの, が支那, が是, が普通, ことであります, ことと, ことにより, ことによりて, ことの, この時, これダンテの, それに至つて, だけだらう, だけです, であらう, と言つた用語例, などといふこと, などは常識, なども時に, など以ての外, にあたりて微温, にあたり心, にあらず, にあり, にし, について立憲政治, には何, には修身教科書, には庭, には必ず, には色々, には豫め身體, には靈媒, には非常, に先, に吉事凶事共, に在り, に如かず, に就い, に必要, に於, に當つて, に至, に至り, に過, に違, に鄭重, に難い, のかと, ので, のであつ, のでありました, のでおの, のでこれ, のです, ので大体記憶, ので現在, ので花, のとでは, のに, のには, のに便利, のに宮廷, のを, の勇, の外我, の寧ろ, の権力, の權力, の膽, の難き, は人, は全く, は國會, は新しき, ばかりでなく, やうかたく, やうな, や党員政友, や其の, や黨員政友, をいふ, を主, を今日, を以て足れり, を唯一, を好めり, を得ない, を得ん, を習, を言, アカイアの, 一つびとつの動作の, 一種の, 一種流浪の, 上に, 不義の, 世界な, 中に, 主なる, 主體, 予定すら, 事だ, 事と, 事によ, 事今の, 事是れ, 事柄は, 人々, 人で, 人でありたい, 人の, 人本心に, 人達は, 以前から, 住吉の, 便宜が, 信徒の, 信念は, 修養の, 儀式が, 処すら, 処とが, 処は, 別殿も, 前百方手を, 力が, 動作さ, 可き, 可きの所ろ上, 后の, 呪法そのもの, 唱門師も, 喪葬といふ, 団体, 地位に, 地方が, 場処は, 場合には, 場合は, 場所, 場所其は, 外に, 外には, 大赦と, 奇蹟である, 奇蹟は, 女の, 姿に, 客観的には, 宦官が, 實驗の, 山の, 山人の, 度に, 廓を, 式で, 当分つ, 役の, 彼何の, 後世述ぶる有り, 徒だ, 御殿を, 心苦しさ, 必要が, 性あり, 悪事と, 意である, 意では, 意に, 意味と, 所が, 所な, 所を, 所公平に, 所法度に, 挨拶の, 政治家である, 政體を, 政黨を, 故に慢心, 教養を, 斎部は, 方よから, 方便として, 方法も, 日で, 日の, 是を以て, 時には, 時は, 時代に, 時必ず, 時期は, 時神樣の, 時霊的な, 曲赦と, 最重罪犯, 村, 村が, 村は, 条件として, 森の, 様であります, 様な, 様にも, 様の, 正月の, 決闘であり, 涙ツぽ, 為には, 為の, 爲には, 理也, 理由, 理由が, 理由も, 由, 由をも, 男山の, 番兵に, 相撲の, 看護婦さんに, 真の, 真実自由なる, 神が, 神の, 神を, 神事は, 祭りだ, 祭りの, 祭事の, 種類の, 穂利の, 立場で, 第一, 筈で, 純樸, 組織を, 罪カオルサは, 習俗なる, 習慣である, 者なる, 者に, 者には, 者は, 者よ, 者言ふ, 能は, 舞踊とか, 舞踊の, 芸事は, 芸能が, 藝事は, 術が, 計画を, 計畫, 訣だ, 詞章の, 試驗の, 誓ひ, 資本と, 資格が, 遊戯の, 過程と, 道, 部分, 鎭魂術で, 間は, 間接の, 限り彼の, 際に, 際の, 離れ業は, 音を, 風習が

▼ 行はれた~ (459, 1.4%)

18 のである 14 のは 10 ものと 8 ことは, もので 7 のが, のであつ 6 ことが 5 ことで, ものである, 事が 4 ことを, といふこと, のだ, 事は 3 がその, ことである, と云, と見える, のです, ものが, 理由の

2 [27件] か, がそれ, が世子長政, といふ, と云つて, に違, ので, ので之, のも, ものか, ものであり, やうに, ルーソー民約, 一つの, 事で, 事の, 事を, 事件である, 古代の, 国民的祝典は, 後に, 所の, 昔から, 時の, 時代であります, 時代は, 訣である

1 [275件] お伽草子と, かといふ, かといふこと, かといふ精神, かどうか, かは堀尾氏, かも知れない, かも知れぬ, から裁判長, から邪道, かをも吟味, か今, がもと, が今, が今後, が其原意, が目的, が神, が蓋し, くわしや, けれども餘, ことでありまし, ことです, ことと, ことなどを, ことに, ことの, ことも, こと疑, この一千年間, この威儀, これ詩に, ごく自由, しと, それに, それの, ためしが, ためしがない, ために, だけ原作者, といふところ, といふの, ときいかに, ところであります, としたら, とは云, とひ, とも断言, とも言, と想像, と私, と見, にせよ, に際し畢, のだらう, のちに, のぢ, のであらう, のでありまし, のでした, のでせう, ので一時, ので其の, ので効果, ので明代, ので普通, ので此教, ので貴人, ので遂に, のに則, のに違, のを, ばかりで, ふしが, もの, ものだ, ものださうである, ものであるらしい, ものでした, ものです, ものとしては, ものに, ものは, ものも, ものらしい, ものを, やうだ, やうでございました, よに, わけで, んです, イラン語系の, ソグド語の, タチの, ヨワン・シローテの, 一思想は, 一旁證と, 三史の, 上の, 上流公家の, 不思議な, 世なら, 事でございませう, 事です, 事と, 事な, 事など, 事なども, 事も, 事をも, 二三の, 人々の, 仕事が, 仙人の, 以上主, 以来の, 伊藤公の, 伊達家の, 例を, 儀式が, 先例が, 八朔頃の, 冬の, 凡ゆる, 処から, 処である, 出来事, 分業は, 刑律が, 初には, 初めを, 勅天下末尼寺並令廢罷京師女末尼七十人皆死在, 勉強の, 化物屋敷の, 単に感覚的, 印象を, 反省の, 古來, 史蹟に, 名である, 名人戦の, 告別式に, 周囲の, 四種の, 因縁の, 境内は, 境内へも, 外來の, 大嘗祭の, 大臣大, 天上の, 天田振, 奴隷解放運動に, 始で, 姿においては, 字引は, 宮廷の, 家族制度や, 實跡も, 寺社の, 山村は, 年だつた, 引越しで, 形にもな, 形式が, 形跡すら, 律例を, 後ある, 後でなけれ, 後では, 後世の, 御遊が, 心理學は, 慰安行事が, 成年戒の, 我邦の, 戦勝祝賀会席上で, 戸籍の, 所で, 所である, 所謂原始儒教は, 放送討論会に, 政策の, 方法である, 日である, 日には, 日の, 時で, 時に, 時には, 時も, 時代が, 時代であり, 時代に, 時代を, 時分, 時弔演説を, 時期から, 時諸, 書籍で, 最も國際的, 最初は, 期間を, 本で, 村どうしの, 東晉宋齊梁陳と, 様だ, 様子で, 様式で, 歌合せには, 歌合せの, 歌垣は, 歌謡を, 正統論を, 此變化は, 水戸家の, 準成年戒, 激しい南島風, 為に, 然しすべて, 爲めに, 犯罪は, 理由は, 田遊び, 男踏歌には, 痕は, 痕跡である, 盜伐事件が, 直会の, 石で, 研究が, 礼譲, 祓への, 祓へを, 神仏の, 神楽が, 神楽の, 祭りで, 禁裡の, 種々の, 範囲が, 結果であります, 結果一般に, 結果自他の, 罪悪が, 置毒事件である, 舞踊が, 色々の, 草紙等といふ, 處から, 解釋である, 言葉の, 説である, 諸子の, 講式讃歌の, 講演会に, 證跡歴然たる, 變化を, 賞讃すべき, 起源は, 跡が, 迷信であります, 通商は, 運動會の, 道教式作法と, 部分は, 開口は, 間接の, 関係から, 降誕祭の, 隸書でなく, 難波の, 鞦韆の, 頃の, 頃丁度

▼ 行~ (416, 1.3%)

5 書いて 4 なって, 就て 3 並んで, 乗った, 参加した, 於ても, 續く

2 [31件] いへること, つきては, なると, よりて, わかれて, わけて, 一ツの, 並べて, 乗って, 亙る四聯, 倅の, 別れて, 加わった, 加わって, 寂静の, 心を, 書かれて, 書き, 濁撥音記号, 瑾つけるなり, 発音する, 眼を, 移して, 移すこと, 移すため, 移すの, 至る, 誤ったり, 起因した, 近かった, 隨ひ

1 [326件] あった四字, あらは, あらゆる暗示, あらわれて, ありと, あります, ある, いそしむ信者たち, いでし聲, いへる事, いへる舞, いわれ正雪, うつして, お乗り, かいて, かかった, かかるの, かかる名所江戸百景, かかれて, きれた采配, ける神, この自分, これは, しか使はれ, したためたもの, した処, しても, しるしたもの, しるす, すぎない, すぎぬ文字, すすみ, せずば, その全文, だも, ちなんだ琵琶亭, つ, ついた, つき, つき和一郎, つき必要, つくからは, つけて, なつて, ならべて, なりましたがネ, なるが, なるの, なるよ, ましょ, やっと乗る, ゆかなければ, ゆくと, よく表現, わかれ目, アラスアラックという, ダンテを, ラインを, 一定し, 一層の, 一本くらいずつの, 一行づゝ書い, 上るべし, 下りぬ, 不安を, 並ぶ次に, 並べれば, 乗ったはず, 乗つた, 乗つて, 乗りかえ夕方, 乗りこんで, 乗り換えた時, 乗り換えた海潮音氏, 乗り換えて, 乗る, 乗るの, 乗る筈, 乗れば, 乗換えて, 乗換え明科, 乗車十二時十二分伊東駅着, 乗込みさて, 乗込んだ, 乗込んだら幸い, 亘るが, 亘る三聯ムーア本, 亘る二聯, 亙る二聯, 亙る新聞記事, 人手が, 人間は, 仕ふる人, 付いて, 付き親友, 付ても, 付渋江小野両氏尋訪相頼並に, 代へた人, 伏して, 会うや, 伴いしを, 伴はれ, 伴われて, 似たよう, 住し, 何か, 傘を, 僕を, 先ずる, 入ったよう, 入れられること, 八字から, 六座の, 冠せ記念, 出すこと, 出て, 出ること, 出る托鉢僧, 出征の, 分かれ, 分けたびっくり, 分けられて, 列を, 刻し, 割った文身, 加は, 加はりたる, 加はる私の, 加へ, 加わらざるを, 加わりしは, 加わりその後, 加わりました, 加わり各地, 勇なる, 勝てないあの, 勝れた洞察, 十字書いた, 印, 又向, 及ばずとも, 及んで, 反対し, 取か, 各行三個の, 因みて, 國の, 基く, 夜は, 大きく曲りくねっ, 大書し, 大木の, 大胆なる, 大膽, 天照太神即位八百萬年の, 女房も, 如く事, 妙に, 始まる, 委曲を, 対立し, 就ても, 尽きるもの, 尾す, 属しどれ, 属するかという, 帰し法然, 常樂院, 常規, 年の, 延ばす事, 当って, 当てられたもの, 当る従って, 彫つたもの, 影響します, 影響する, 往來も, 從ひ, 御崩, 徹せず, 応対した, 忠心, 怠りが, 感動させられた, 或歌, 打つかると, 探りを, 擬する所以, 敬護, 敷かれた石, 文法の, 於いて, 於いては, 於ける下, 於ける用例, 於ける難解, 於ては, 曲げるの, 書いた, 書いただけでも, 書いた三行目, 書いた文字, 書いた立て札, 書いた骸骨, 書かせて, 書かれたよう, 書き下ろした草書, 書き並べて, 書き出した, 書き改められた位, 書き流され別に, 書き縮めること, 書き足して, 書くこと, 書くと, 書くの, 書くべきであった, 書く努力, 書く術, 書して, 最一度, 服したいと, 服する者, 枚挙に, 染めつけて, 検束なく, 模した, 機関車附の, 次の, 此二つの, 此戯曾看北地多三三五五聚村娥と, 此時後の, 母が, 決めたという, 決定した, 没頭しよう, 洩れた黒旋風, 活用し, 活用します, 活用せしめた, 消費される, 漏れた人, 漸, 点しつらねたる御, 点せる焼, 熱心な, 燃えて, 現れる, 異らず, 発する所おの, 発音し, 皇王, 目を, 直したが, 相当する, 相当の, 相違ない, 相違なく, 砕けて, 秀吉が, 私が, 移さうと, 移さないで, 移さなくては, 移されて, 移されなければ, 移しそれ, 移すことさ, 移す惡魔, 移す時, 移つてなるべく, 移らなくつて, 積みて, 筆者の, 終の, 終る五人, 綴るの, 縮めて, 繋げて, 缺くべからざる, 而前後立寄, 而立寄, 背きは, 自分で, 至らなかつたの, 至り又, 至るまで, 至る敍述, 至る記述, 致しますか, 舟を, 良馬の, 血が, 行共々, 要する周期, 言葉の, 訴へ, 訴へる, 認めて, 認められて, 誘いに, 読者に, 讓りぬ, 負かされて, 足りぬ文字, 較べて, 這入る時, 連れて, 連れられて, 連絡すべき, 遅れて, 過ぎぬであらう, 重きを, 鍛えたと, 長く憧れ, 關する, 附會する, 随って, 雷鳴をともな, 非常に, 順ずるなり, 頓て, 頓着せずし, 飛び越えながら, 鳥といへる

▼ 行~ (406, 1.3%)

9 見ると 7 見るに 6 来る 5 何か, 見て 4 見れば, 遣ろうと 3 お出, まいりました, まいりまする, 見ますと

2 [19件] おいな, くだされ, くるが, これを, 先生に, 呉る, 呉れないかと, 咄を, 夜更て, 夫れ, 居る, 来う, 来るとて, 見た所, 見ても, 貰た, 身を, 遣たり, 金の

1 [316件] あぎょか, あげる, いなかったの, いる弟和郎, うんと食べこましたる, おいでやす, おくん, おざれ, お呉, お昼御飯一緒に, お来, お梅どん, お母さんに, お貰, かて二人, きたら克ちゃん, くれい, くれい云いよりましたがの, くれぬか, こう中川, この通り, しまいました, しまった, しまったが, しまや, しもうたの, そうして桶屋町, その晩, その男, その通り, その願意, それを, たのんです, たよってに, たん, とまる, どうか暫く此処, どうせ毒, どのよう, どふ, どんな工合, なさるいうの, はったこと, ひょいと引, ました時分, ますし, またその, まゐります, みたいわ, みたら中川, みますと, みるつもり, みん事, もう一週間, もう何時, もちひ, やつとくん, やはりました, やります, やるぞ, やると, やろうか, やろうかとか, よう訳話し, より手紙, サンドウィッチたべよ, サ其留守は, ソックリ出来, ソレから, チャント様子を, ツイ歸る, ドウか, パセリを, フラレて, 一つ家も, 一旗揚げて, 一泊し, 一町余り行く, 一通り懸, 七輪見た, 三田に, 下染屋上染屋に, 不在, 不遇, 主人五郎兵衛は, 仆れました, 今御家, 仕舞ば, 仕舞ふたのか, 会うて, 佐幕とか, 何処かの, 來た, 來たゆ, 來たんぢや, 來やうか, 來る, 例の, 修業し, 入門を, 六ヶ所の, 其旧迹を, 其物質文明に, 別れた, 勤番を, 勿論学費, 厚う礼, 厚く禮, 参るますと, 參りまし, 取て, 只今金を, 只学問, 台火斗を, 同月の, 呆れて, 呉れと, 呉れないか, 呉れんか, 和尚を, 唯か, 喋るん, 四五日身を, 四足を, 土手の, 地方の, 墓参りは, 夜に, 夜の, 夜正あけたり, 夜見世の, 大に, 大参事, 天晴名人と, 奥印の, 如何な, 如何にも怖い, 委任状と, 家を, 家内子供を, 家族風呂い這入り, 家老の, 宿へ, 寝る, 尋ね見んと, 尋申す, 小幡篤次郎兄弟を, 居たの, 居ましたその, 居られよ其中, 居るから, 居るとか, 居る人, 居る程, 帯ほど, 帰りに, 帰りの, 帰る時, 彼の, 待て, 待て居るから, 御座ったな, 御用人, 御覧, 御覧なさい, 心ず, 思うさま酒, 或は之, 戦て, 所天とともに, 手習の, 扨中津から, 拾兩ばかり, 持て来るなり, 振返て, 控へ, 掻廻せ, 放す心, 政府の, 教えて, 散々御, 散々酒を, 文右衞門樣を, 斯う, 旅館いう, 日ひとひ, 旦那へ, 旨い魚, 昆布荒布の, 明後日で無けれ, 是迄の, 暮すべし其の, 暮て, 朝湯に, 木虱を, 未だ歸ら, 来い, 来いと, 来たが, 来たつもり, 来て, 来てとは, 来なされ遊廓, 来にや, 来ま, 来ましてん, 来ます, 来るの, 来る程, 来る行違, 来る行違い, 樣子を, 欲し, 此家に, 死骸を, 比良山を, 気持ちの, 浅間を, 淺草三間町の, 清仙鉄政誰でも, 清仙鐵政誰でも, 渡さうか, 渭水の, 源水でも, 焼て, 物を, 状箱を, 獲物の, 町の, 留守内には, 番頭久兵衞に, 病に, 百兩の, 目薬さし, 直に話, 直に釣, 直談を, 相談有べし, 相談致すべし, 福澤を, 私一人で, 竜動に, 紙屑買の, 絵エ画く, 緒方の, 習いましょうと, 考へ, 聞た, 能事かと, 自分より, 航海術を, 船室へ, 英語教授の, 茶屋で, 蒸気車に, 蒸留水で, 蕗の, 藩主に, 蘭人に, 表より, 表店は, 被害者遺族の, 見せた, 見せたげるわ, 見たいとか, 見たいもの, 見たい志, 見たし, 見たところが, 見たら正直, 見ば, 見やうかと, 見よ, 見ようじゃ, 見ようだが, 見ようと, 見よか, 見よかし, 見る, 見んとて, 見屆たる, 覚ゆ芒鞋の, 話しかけたこと, 読書会読と, 調合所の, 請取ろう, 諸方に, 貰いました, 貰うて, 貰うよりゃいっそうら等二人, 貴方が, 貴様の, 貴殿にも, 買うて, 買ひ, 蹈縛て, 身の, 身請の, 逢へ, 逮捕状を, 道に, 遣ろう, 遣んなさらんか, 金を, 金子二分取出し葬り, 院長さんの, 頼み見られよと, 頼んだ, 頼んで, 顔洗う, 飜訳する, 食事いたし, 食事仕, 首尾能く, 駕籠を, 高柳と

▼ 行~ (399, 1.2%)

27 して 14 しなければ 10 の旅 8 しつ 7 に出かける 4 したが, しないで, しながら, するつもり, するの

3 [11件] が出来ない, した, したおかげ, なんか出来, なんか出来る, の功徳, の時, の矛盾, はつらい, もやめ, をやめ

2 [25件] したの, した行乞相, しつつ, してから, する, するこの, するそして, するやう, すれば, ぞや, で一皮, とう, と出かける, と魚釣, なんかしない, なんか出来ない, に出かけ, のあさまし, はほんとう, は気分, は見合せる, をつ, をはじめる, を行商, 或る

1 [230件] ありがたいこと, いそいだけれど, うれしい事, おいしい濁酒, か, かそれ, かなり大きな, かなり長い, から行商, かろうじて銭三十四銭米五合, か石尊, がいや, がほん, が修行, が嫌, が朱実, が私, この行乞, こんなに早う止める, さらに一里, さらに近在行乞, しおえると, しかも最後, しぐれだしたが, しぐれて, したいいひか, したいほど, したくないけれど, したくないしたくないけれど, したくないの, したくないよりも, したこんなに, したので, した勿論, した山, した帰庵, した時, した飴豆, しつづけた, してこ, しては, しても, してよ, しないと, しないの, しない日, しなかつたが, しなかつた今日, しなかつた留置, しなくちや, しなくては, しなくな, しはじめたら前, しはじめたら大, しはじめる, しようと, しようまだ, しよう六時出立, し飯塚, すべきもの, すべく出かけた五時頃, すべく早う, すべく湯田, するが, すること, するそれで, するには, するより, するホイトウ, する一年ぶり, する一里, する一風呂, する五時前, する冷水峠, する場合, する嫌, する意力, する最初, する気, する気分, する牧口, する疳癪, する私, する行乞相, する辛うじて, する近来, する間違, ずゐぶん, せずに, そしてどし, そして一時, そして三重町, そして今市, そして平戸, そして滞在, そして行乞, そして錦江, そのおかげ, それからあちら, それからぼつ, それからまた歩い, それから水, それから泥濘, それから門川, それから鵜戸神宮, それから麦川, それでも今日一日, だつた, だむし, だ少し, だ行乞, だ行脚, つらいこと, である, であるが, でえた, できないの, でそれだけ, でないから, でなければ, でも何, で物事, で食べ, といふこと, とのおかげ, と心, どうやらかう, なぜだ, などはまさに, など出来る, なので, なんかはしない, について, には出かけられ, には出かけられない, には早, には都合, にもお, にも出かけられない, にも行かなけれ, によつて米代, に便利, に出, に出かけなく, に胃, に限, のおかげ, のため, のついで, のつかれ, のみじめさ, のむつかし, のむつかしい, のむづかしさよりも行乞, の仕度, の体験, の便利, の声, の客観的意義, の意義, の或, の技巧, の深, の生活, の自信, の話, の鉦, の銭, の隠語, はあまり, はありがたい, はしたくない, はしない, はとても, はほん, はまことに, はまつたく, はやつぱり私, はやめとかう, はやれ, はウソ, はオヂヤン, はダメ, は一種, は今日, は他, は出来さう, は出来ない, は否応なしに, は嫌, は止め, は殆, は気, は求め, は省み, は私, は自他, は身心晴朗, は辛, は遊歩三昧, は雲, は駄目, まことに久しぶり, また二里, まだ早, もう文, もつらい, もなか, も労働, よりもお, らしく行乞, をした, をしてる, をしなけれ, をしました, を全然, を初めた, を実行, を尊重, を本則, を活かす, を続けなけれ, を見合せ, 何だか嫌, 何となく左胸部, 出来なかつたやつ, 急いで, 悪路日本一といつて, 時々気分, 辛かつ

▼ 行つたら~ (301, 0.9%)

4 よからう, 好からう 3 きつと, 好いだらう, 好いぢ, 彼奴も, 横町は, 誰れ

2 [18件] いい, いいの, お茶を, どうで, どうなる, どんなにか, よいの, よう云ふこ, 何う, 何と信吾, 兎も, 初子を, 可がべ, 奴め身體が, 彼は, 気を, 源助さんに, 盛切酒一杯買ふだ

1 [239件] あたしお, あとには, あの写真, あべこべに, あんまり深酒, あゝいふ, いいか, いいし, いいだらう, いいぢ, いいといふ, いいもの, いいんぢ, いくらか, いくら書生だ, いつも幸福, うかとまだ自分, うかと思ひます, うかと思ふ, ええやろ, おかしなもの, おそらく僕, おそらく辻潤, おとなしくする, おなぐさみだ, おんつ, お前の, お慰みだ, お母樣, お糸さん, お袋が, きっと面白い, きつぱり, こんなにを, こんな風, さぞ好い, しんだ, すぐに, すつかり, そいつを, そこからは, そこで中心, そこに, その償, その厠, その序, その熱心, それつ, それで一幕物, それは, それ位の, たよりを, ちようど絵の, とさう, ともかくも, と思, と言つて, どう, どうか, どうかつて先達, どうかと, どうか来, どうすんだん, どうだらう, どうな, どうもありがたう, どこが, どこへ, どんなにい, どんなに可, どんなもの, ねたつた, ばその, ばね, ば人間, ば其処, ば其目的, ば好い, ば脊, ば花, ほんとにどんなに楽しい, ほんの二日, また何とか, まだ三十分ぐらゐしか遲, まだ二百通, もう傷口, もう光, ものに, やつぱり元通りの, ゆき子さんが, よい, よいか, よろしうございませう, わしは, わるくなつたわ, カタニアは, ソフィイを, ダンスを, パラ, ワザと, 一働きし, 一切酒を, 一足や, 丁度目の下, 三好が, 三年でも, 下手人が, 世の中が, 中園つ, 五六疋秋味が, 五十許の, 今の, 今度は, 今度百姓達は, 会ひませう, 会へ, 住民の, 何でも, 何でもそれ, 何とかなるでせう, 何とか自動車, 何んな, 何處で, 余は, 俥を, 俺に, 俺の, 傍への, 先生は, 八十圓は, 其教師は, 初めて豫, 利息を, 北海道の, 医者も, 印象と, 又藥貰つて來, 可いでせう, 向うで, 否応なしに不具者, 吾妻橋より, 品川手前で, 善からう, 嘸かし皆, 多分様子, 大したもの, 大変珍し, 太陽に, 夫こそ, 女の, 女は, 奴め身体が, 好い, 好いか, 好いで, 好い相談相手, 始終は, 宜いでせう, 宜からう, 実は痴情, 室生さんは, 實に, 實際に, 将来大事を, 少しは, 屹度衆人が, 岩を, 市場の, 幸子は, 店先に, 彼が, 彼の, 心靈科學を, 必ず分, 必ず雜誌, 忽ち新派, 散々云ひつけ, 数年の, 文豪ミユツセの, 日本人に, 是非その, 更に此感, 最う, 本堂の, 来年四年で, 東から, 松谷は, 果して干潟, 栗が, 植木屋が, 正門前で, 歸り, 気味を, 水を, 水飴でも, 決心を, 海に, 滅多にかた, 無茶苦茶です, 父も, 独自的な, 猶の, 玉子ぐらゐ食ふ, 現地の, 理想的な, 田部さんは, 直ぐそれ, 破裂する, 私は, 竹下さん達には, 笑はれ, 細君の, 終に或は, 終ひ, 翁は, 翅の, 舟が, 舟を, 親しく文人, 親爺に, 記念に, 誰でも, 誰と, 身体検査で, 輕業足藝玉乘り, 逢つて見たい, 酒が, 銀行ば, 間に, 間もなく僕, 際限の, 電燈料の, 電話で, 面白いだらう, 面白い話相手, 餌を, 魚を, 鳥渡寄せ, 鴨とでも

▼ 行つた時~ (265, 0.8%)

15 のこと 10 はもう 6 はまだ 4 に手 3 にはもう, のやう

2 [14件] だけである, だつた, であつ, に, にそれ, には未だ, には野, の作, の光景, の話, はお, は平生, は案内, は第

1 [196件] あの狆, あの絵, あの邊, お師匠さん, お組, からだつた, がさうだ, が初め, きいて, ことづかつて, そこで其奴, そしてピヤノ, そのそば, そのついで, その大, その子, その家, その時, その藝者, その車, その近く, その頃, だけといふ頭髪, である, ですよ, とその後, と會つて, と遊び, などは寧ろ, など離れ, なんか川, にあたり, にその, にね簑村, には, にはあたり, にはいい, にはいつ, にはいつも, にはお, にはおん, にはお前, にはしかし, にはずいぶん, にはそれ, にはたしかに, にはまだ, にはゆき子, には一人缺員, には一切, には上水道, には主人, には人々, には伯父, には前方, には唯, には家, には心配, には必ず, には折, には既に, には月, には津, には細君獨, には紳士, には自分, には雨, には鳥, にまだ, にも若い, にやつぱり雪, にやま, にわし, にわたくし, にブリスベイン, にミケルアンヂェロ, に云つて, に其周圍, に其後, に其派, に初めて, に友達, に大越さん, に始め, に始めて, に彼等, に心, に恰好, に恰度其処, に晨, に曩, に植物園, に歌, に正面, に母, に汽車, に玄關, に羅漢寺, に腹, に見えた, に見た, に詠んだ, に途中, に逢着, に運, のあの, の事, の二つ, の割前, の印象, の土産, の姿, の心持, の歌, の気持ち, の父, の興奮, の陰気, の鞄, の音信, は, はこんな, はさすが, はその, はそんな, はどう, はどんなに, はほぼ, はもうすつかり, は一, は一層, は下男, は二人, は何, は何だか, は冬, は刈り, は半ば夢, は土曜, は大風, は定吉, は寮, は床, は座敷, は慘め, は提灯, は暑く, は朱蘿, は檢屍, は正午近く, は父, は町役人, は眞水, は眠つて, は私達, は翌朝, は肥つた一人, は脇差, は良, は若々しい, は踊子, は道, は遠近, は金額, は離屋, は顏, ばかりで, ひらひら游い, また運送屋, もう連中, もかなり, もすこし, もま, も同じく, も埃, も懐胎, も晩, も決して, も眼, も蓮太郎, よりほか, わざと半分, を, ネどうも, 丁度お, 丁度靈岸島, 坐るか, 或大, 或清吟, 持つて, 撮つた, 果して一匹, 程は淋しい, 突然夫人, 第一, 純ちやん

▼ 行~ (257, 0.8%)

4 は必ず, をした 3 この憲法, をし

2 [11件] さへ, て, は清く, 以て, 候樣留守居へ, 天晴れ上流の, 朝野相習ひ, 濟し, 給ふ, 給ふこ, 財を

1 [221件] かくして二十年間, があつ, があなた, がたきす, がたし, がちだ, がむしろ相当, が他, が多く, が少年, が彼, が普通, が素子, この二國, さうし, さながら出家, しかもその, そのデルタ, その次, その間の, それから祭り, それを, たしか八つ, たまは, だいぶお, つつある, てなほ, てもつ, て以, て卑怯, て汝, て無言, て祈り, て背, とうとう医者, ながら一方, ながら別々, ながら自然あちら側こちら側, などは微塵, なりを, にあら, にあり, について厳しい, にならね, になりし, にはふだん, には烈しい, にもそれだけ, に出, に因, に如かず, に感じ, に於い, に来ます, に羞, に非, に顯, のあと, のうち, のひとつ, のやう, の一つ一つ, の上, の後, の本, の果, の爲, の美し, はい, はいたしません, はしなかつた, はすまい, はそれ相應, はアフリカ, は孝道, は愚か, は直に, は終つて, は美醜善悪, は近所, や苦しい, をあなた, をおき, をおしつつむ, をかれこれ, をするなら, をつ, をなし, をもて語らん, をやした, を公言, を執る, を怠, を恥己, を憎み, を捨て, を改ため, を正さう, を目戍つて, を笑, を罪, を見る, を赦さる, 一は, 一も, 三が日の, 不善を, 且つ量り, 中臣祓, 事を, 人を, 人目を, 今日尚, 何れも, 僕は, 元高三萬石を, 先づ酒の, 其の為, 其の爲, 其の調和, 其一部を, 其後一週間以内には, 切支丹を, 前の, 勝な, 又は女官達, 又は警備艦, 又他, 又時として, 反對, 古今東西一つとして, 各地方, 同時に所持品, 四夷は, 四日には, 国民士気の, 國政に, 夏神楽を, 大抱負, 天の, 天下の, 女は, 寧ろ極端, 専門家の, 山師神神を, 彼の, 後ち, 徒らに, 徳を, 性貪婪に, 悪敷放埒, 或は, 或は他殺, 或は神田, 戰爭は, 放逸に, 教養並待ち, 族人は, 日本の, 春夏の, 是れ, 智を, 杉戸屋富右衞門世話人頭と, 極めて清廉, 横浜に, 次いで大阪, 正しきもの, 正しくお, 歴朝次第に, 氏, 民の, 民業を, 注射の, 満足です, 滝に, 澄して, 濟した, 然る, 然るべし, 玉へる, 現に信ずべき, 甚だ非道, 白痴の, 直会では, 知縣は, 神の, 神を, 節制なし, 終つた私を, 給ひける, 總てを, 總べて, 而も, 耕戦を, 能く, 自ら知らざる, 自分は, 萬民に, 薄かりき, 行ふごとく書き, 計画的に, 詐謀偽, 詐謀僞術を, 試楽を, 警察も, 貨幣の, 貴人と, 軍人が, 遠隔の, 郡領の, 鏡餅を, 闇に, 院に, 陰謀によ, 雙方の, 難いと, 難いな, 難きのみ, 難しと, 難し能思召, ,後に

▼ 行はれる~ (196, 0.6%)

27 やうに 26 様に 6 といふ 3 がその, であらう, と云, に至, のが, のであ 2 かといふ, かと云, ことも, とすれ, ように, 必要が

1 [107件] か, かそれとも, かといふこと, かといふ疑問, かと思へ, かと言, かのやう, かの処, かもしれない, かも知れない, からで, からです, からね, から普通, か一番, か行, がか, がこれ, がそれ, がそれ以上, が七夕, が中, が人間, が宮廷, が小座敷, ことが, ことに, だけ其勢力, と, といふやう, といふ思ひ, といふ現代欧羅巴, といふ現象, といふ程, とこれ, とともにそこ, とともにそれ, となる, と仮定, と共にこの, と共に開墾, と同様, と定められ, と思つて, と思ひます, と思ふ, と新入生, と死罪, と考へる, と聞い, と聞いた, と見える, と見た, についてその, につれて強権的刑罰法, に相違, に違, ので, のであつ, のである, のでわれ, ので別に, ので洵, ので源内法師, ので翌朝午前, ので近代, のに月次祭, のに虫送り, のは, のみだ, ばかりで, ばかりでなく, ばくち, ほど進歩, もので, ものです, もの故, やうな, よろばうし, 事実である, 位です, 別々の, 前の, 場合には, 場合は, 場合も, 場合を, 外は, 季節が, 平凡な, 形は, 御神楽, 春田うちは, 時期でない, 時期と, 時期も, 様にと, 特殊な, 用語を, 筈が, 精神そのものの, 若衆踊りを, 見解とは, 變化は, 迄は贊成, 過去と, 雪祭り試演の

▼ 行~ (190, 0.6%)

3 あつた, ないが, まえ

2 [12件] あって, あつて, ある, あるばかり, かつては, ず, ない, ねえば, ねばなら, 出來, 四分の三拍子に, 怪しくな

1 [157件] あったか, あったとか, あまりに不良, あやしくなっ, あります, ありませんから, あり人生, あるが, あると, あるという, あるの, あるので, ある如く器, ある日, ある筈, いかにも立派, およろしく, きっと入り口, くりかえされた, こうである, この街道筋, これに, さした, すこぶる愛重, すんだら会えるだろうと, その上, それで, それに, それを, ただちに徳, ちょっとした事, とまりその, とんと杜, どうしてバッテン, どちらから, なぃが, なぃやなぃようだなぃがけな, ないや, ねえが, ねえで, ねえもは, ねえもん, のって, はじまったの, はんて, はんてな, ひっさらうぞよ, また変りました, ものを, わたしの, ギラギラと, スペイン砲を, 一ツ, 一時四十分野原を, 一本の, 一枚であった, 一番カンジンな, 与える喜び, 亂される, 二十代の, 二度出現せらるべき, 五段ワ行が, 仏蘭西文であった, 信濃に, 全てを, 八時二十分な, 六波羅の, 再び世の中, 出かかって, 出て, 出ます, 出る, 出るから, 出来ない, 出来んから, 初めて頷, 刻一刻と, 前年を以て, 十に, 十分であった, 原文の, 参りました, 君民並耕の, 告げて, 問いかけた時, 四段と, 困らないやう, 困難に, 基準と, 基督教の, 変ったよう, 大きくて, 大変良い, 好いさ, 妨げられ験, 始つた, 始まる, 始まるという, 始まるといふ, 完成した, 実現された, 実現し, 年齡の, 彼の, 必然的に, 思わしくなかった, 怪しい, 怪しくなった, 悪いのに, 憎むべき神聖冒涜, 持ちあげる, 新橋から, 早いという, 暴露する, 書かれて, 書き方を, 最も多くっ, 本八丁堀三丁目, 本統なる, 来たが, 来て, 来ようとは, 永引く, 添つてゐる, 減少した, 片よっ, 独逸文次の, 王宮に, 百三十五回に, 稀で, 簡潔に, 素直で, 終列車で, 続く限り, 縦書に, 腰かけて, 自分に, 自分よりも, 良いため, 良いという, 良いの, 英文最後の, 行じ得られる, 言葉が, 話そうと, 諏訪頼重, 贋ものに, 足って, 足りません, 違つては, 阻害された, 険難であった, 露骨に, 静かな, 非常に, 面白くなかった, 1日に

▼ 行~ (177, 0.6%)

5 てゐる, て居る 4 ている 3 て來, 跡へ 2 て居ります, て来る, やうと, 如意輪法宿曜秘法等に, 後には

1 [147件] が其日, が去年父親, が暫く, が此頃長州ニ, が程なく, が道, が都合惣, が頓, さへ, その乏しい, たり, たりする, つつある, つつこの, てかなり, てくれない, てさうし, てなるたけ, てま, てやむなく, てゐ, てゐた, てゐない, てゐるで, てクロイドン村, てシャスタ, てストラスペッフェル, てパラマッタ町, てブライトンビーチ, て一緒, て七十七歳, て中丸橋, て了つた時, て以來十三年, て后哀しみ懐, て国権国利, て國權國利, て家々, て寺, て居つた, て居り, て市街電気鉄道, て延政門, て彼, て彼處, て心, て悲哀, て新, て死ぬ, て毛野村, て水無口, て江戸, て漢兵, て漢水, て瀚海, て然るべき, て約, て結婚, て義務, て自分, て自動車, て行った, て見, て見せ, て見せた, て見せよう, て見せる, て見よう, て見る, て見れ, て豪家, て閣下, て駅, て體力, とかや其後川口善光寺, との事, と云, と舌, と見え, ながら見る見る, なり其時貴方樣, にくいやう, にくい結果, にや最早, に人, に仙人其不妍, に同, に彼者, に方様, に朝湯, に相違, に頃, は, は不思議, は兄, は哀れ墓なか, は庄左衞門, は町人體, まるで反対, もう何もかもつまらない, やいます, やらむ, やらん, やら混雜, や何だ, や見えず, よしにて, より此事顯, を幸, を悦び, ッて, ポートラッシュ, 一切の, 一寸左折, 三月宿州に, 上あらぬ, 上は, 不幸に, 人々は, 人道の, 傘を, 儘終に, 兩親へ, 其樣子は, 否らず, 善惡の, 帝國主義を, 後早々, 後輪に, 御仕置場, 所不思議にも, 故是, 時分なれ, 時貰ひたる, 智嚢古の, 最う何, 樣子なれ, 次にかの, 此の, 母の, 私が, 者も, 至時は, 途中橋向ふ, 里よりの, 難いなら, 頃彼の

▼ 行~ (164, 0.5%)

20 きます 10 いて 5 いたこと 4 いたもの 3 かぬ, きました, くの 2 いた指圖, いた注意, かざる故, かず, きの, きますが, き過ぎるほどの, であつ, の責

1 [98件] いたたしなみで, いたところ, いたので, いたやり方, いた介抱, いた仕方, いた先生, いた女, いた奴, いた心配, いた惡, いた愛心, いた挨拶振り, いた文章, いた方, いた智惠, いた眼, いた管理, いた考, いた良い, いた觀察眼, いた言葉, いた説明, いた調度, いた野郎, いてを, かざる, かざる儀, かする, かなかつた, かは更に, からでございます, から起つ, から起つた, きさ, きたり, きて, きであり或は, きである, きに, きますね, きやう, き候儀, き兼ね候, き向う, き小火, き強度, き折目, き申さず依て, き申さず候, き落, き過ぎました, き過ぎるの, き過ぎる惡人共, き過ぎる智慧, き過ぎる程, く, くまじ此儀今一應私, くらしく自分, く事勿, く人物, く人間, く男, く筈, く野郎, けば, けるに, ざる故, たりと相, たるもの, たれば, だの子供, て其金, て歸, であると, でございます, でさまで, で嘸, とあ, と申, なところ, な支那, について地方, に起りし, ぬ者, のため, の儀, の其廉, の掃除, の時, の樣, の結果, の責任, の點, まじお, を諭し, を責め, 申さずとて

▼ 行つて來~ (153, 0.5%)

1211 たの 9 ますよ, ると 5 ました, るから 4 た, ます 3 ましたよ, ますから, ますと, ませう, ること, るよ 2 たが, たこと, たよ, ましたの, られるか, るが, るす, るの

1 [60件] あんすから, いといつた, いと命ずる, いよ, う直に, たか, たその, たといふ, たとも, たな, たね, たので, たのよ, たらいい, た年寄つた船乘, た所, た方, た猪, た處, つから, てから再び, てから後, てしまふ, てそれから, てアノ階段, て下さつた, て呉れ, て珍, て騷, ない, なけや, なならん, べえ, べと思つたつけ, べと思ふ, ますると, まする歸, ますわ, ませうか, ませうと, ませう今夜, やがつた, やした, られ, られたのに, られる, られるだらう, るお前, るかも, るからと, るからね, るがい, るぜ, るぞ, るといふ, るところ, るに, るわ, るん, る間

▼ 行~ (152, 0.5%)

9 行との 4 ならぬ思想, 行の 3 云は 2 し克己, 筆が, 行とを, 読むうち

1 [124件] いい世界, いっても, いふと, おいでやす, かなと, きめて, きめる白い, これより, すべけむや, する, する上, する二十聯, その意, それぞれの, です, どちらが, なったの, なつた, ならざる思想, ならずとも, ならなければ, なり, なりつ, なりつつ, なる, なること, なると, なるまじき約束, ダ行とを, ハ行と, ハ行とは, マドロス, マ行であっ, ヤ行が, ラ行と, ワ行の, 一人の, 一緒に, 三種の, 主神の, 久兵衞さんは, 二人が, 云うところ, 云って, 云て, 云ふ, 云ふこ, 云給へ, 交わる所, 例の, 信と, 冥想の, 別れて, 別れぬ, 別れる時, 別れ予, 前がき, 力によ, 勇往邁進の, 同じやう, 同船した, 名のって, 名告, 呼ぶの, 命名した, 場末へ, 多行とが, 多行とは, 定っ, 定めたら直ぐ, 対抗し, 工夫との, 弟大和守正時とは, 御見とめ, 心の, 思ってたのに, 懷へ, 成ったん, 断食の, 断食を, 書いて, 書かれるに従って, 書くに従って, 書くの, 来ては, 次の, 決った時, 為す, 為るよ, 申しまするの, 申しまする美男, 申し候, 申す未熟者, 番頭は, 目を, 相応ずべきなり, 真との, 称する斎内親王, 第五行, 第四行, 精進との, 結びついて, 綴字を, 美名を, 行, 行とが, 表の, 見えまする, 見た, 見ての, 見るべきもの, 言いあるいは, 言は, 証とが, 証とに関して, 詩なんか, 識と, 識とは, 連絡する, 道元禅師も, 違って, 関羽の, 高田圭吉が, 黒く書い

▼ 行~ (97, 0.3%)

12 所が 7 ことが 3 のです 2 ことも, とお, と見える, のを, 時に, 時には, 本當

1 [61件] あたいの, あの山越え, か, かてお, かてどうせ, かてなんにも, かて頭役, かと家内中, かと思ったら, からソリャ, から安心, から悪, か目当, か知, が多分, が誠に, きりで, し, その帰途, その産婆さん, といふこと, ときには, ときにも, ときは, とき甲比丹ブルックに, とこい, とらしたですたい, と云う, と思, と聞き, に相違, のか, のかしら, のが, のだ, ので, のでこの間, ので会読, ので翌日, ので若しも, のは, ものでございます, もんじゃ, もんぢや, よ, ような, んで, 事は, 人は, 切で, 所で, 日から, 時よりも, 本当に正さん大変, 様な, 氣で, 者が, 者と, 里の, 頃であった, 高松彦三郎と

▼ 行~ (94, 0.3%)

2 こと奇警なる, にし, の, のに, んで御座います, 事皆僕等凡人の, 奴で, 方が, 舟が

1 [76件] いわんや村, うちに, か, かな, かも知れない, からには屹度, がごとき, がごとし, がよい, こいつが, ことと, ことの, ことは, ことを, しかしその, ぜ, ぜ彼, ために, ぢや, となれ, と出し, と案山子, にも某々, にも的, に堪へざる, に天子様, に当, に水勢, に相違, に自由, に適切, のが, のじゃ, のだ, のと, のみにても人一人, のを, は難し, ばかりである, べい, べえ, まさにビルダデ, も, もので, ものは, もよい, もんだ, やうに, ような, んだ, タライ地帯と, 一件だ, 事に, 処まで, 勿れ, 名士が, 度胸が, 心意気も, 意志が, 愛吉ならず, 時にも, 樣だ, 機会が, 段に, 気で, 癖で, 積に, 積りか, 者か, 自在に, 虚無党が, 蛙連中が, 道なり, 閑が, 間に, 點まで

▼ 行つた事~ (89, 0.3%)

14 がある 12 があつ 5 があります 4 がない 3 があるまい, もない 2 に氣, のある, はない, もあつ, も話した, を知

1 [36件] あつた, があ, がありました, がなかつた, が能, だけである, だつて, だと, と曲り角毎, ないけど, なんか一度, にした, のない, はある, はいちど, はございません, は事實, は其事, は否まれなかつた, は察せられる, は本, は絶無, は考へ, は訣, もあり, もある, もいま, もなく, もなけれ, も聞え, や着物, を忘れない, を改めて, を更に, を聞き, を覺

▼ 行~ (89, 0.3%)

5 すんだ 3 読まないうち, 足りずた 2 しばらく中止, その年

1 [74件] あるべし, いいでしょう, およびがたき, くだけて, こたえなかった, さらに要, したわけ, しどろに, しませんでした, その理, その通り, その頃, たしかになっ, ただ劣, どの一字, なかった, なかなかやつ, なければ, はげみて, またすべて地, またその, また正しから, もう終電車, シドロモドロにて, 三行も, 並びそれから又, 並べて, 並んで, 中止し, 今ま, 先づ此分では, 唐津の, 問題に, 善も, 四行もの, 大宮行も, 好きであるらしい, 好きらしい, 存命中は, 幾行も, 形では, 形も, 御無事, 思わない土民たち, 懈怠し, 我が師翁其儘, 抹殺を, 敵対し, 新宿行も, 日本橋行も, 曩日とは, 書くよう, 朝鮮固有の, 染め出されて, 正かりけれ, 私の, 積んだ, 綴り得る程度, 自利の, 虚空で, 西行を, 証も, 読まずに, 読まねば, 読めないよう, 読んだ後, 読んで, 読んでから, 返るも, 進んだ時分, 附いて, 順調でない, 馬上だった, 黙然として

▼ 行つて了~ (87, 0.3%)

14 ひました 115 ふの 2 つたら何, はう, ひます, ふが, ふで, ふといふ, ふに, へ

1 [41件] うかしら, うと, うね, つたけれど, つたので, つたよ, つたら, つたら家, つたわ, はなかつた, はれた續, はれました, ひさうな, ひましたよ, ひますね, ひますよ, ひませうね, ふい, ふこの, ふだでな, ふでは, ふと, ふとでも, ふとほんとに清々, ふとガラツ八, ふとリヴァズ氏, ふと云, ふと交替, ふと冬, ふなんて, ふので, ふもの, ふやう, ふんだ使, ふ方, へばそれ, へば今度, へば私, へるだらう, へる砂, へ其様

▼ 行する~ (85, 0.3%)

6 ことを 3 ことが, ものは 2 に於, を以て高名, 事が, 日想観に, 日想觀に, 能は, 舟には

1 [59件] ことさらに, ことで, ことと, ことな, ことによ, ことの, ことは, こと一千餘里に, こと三十日, こと二十九哩強である, こと十餘町に, こと屡, ために, だけの大, と社会史研究九巻一号, にも似れ, に在り, に老者, に至らず, に至らずし, に都合, のぢ, ので之, のは, の大, の決心あら, の準備に, は談, ものだ, もので, ものである, ものと, ものばかり, も自由黨, ように, を勉めざる, を得可, を期す, んだ, デカダンである, 乘客が, 也, 亦妙, 地たり, 未開国, 東口の, 樣に, 機會が, 気に, 気流が, 氣配は, 神の, 程の, 積りだ, 義務が, 者が, 賓客を, 趣が, 頃は

▼ 行~ (82, 0.3%)

103 ちまえ, てい 2 たお, たの, たよ, ている, てしまった, てしまッ, てらっしゃい, て窓

1 [50件] たかと, たから, たからと, たきり雀, たつもり, たと, たという, たところ, たはず, たばかりの, たもの, たよう, たア, たッ, た一陣, た台, た後, た手紙, ちゃッたん, ちゃ悪い, ちゃ笑っ, ったきり, て, ていた, ていたい, ておく, てしま, てそこでまた, てついに, てまいります, てやる, てること, てるん, てろ, て下さい, て世話, て口, て延期, て悪い, て来, て来ます, て来る, て矗立千尺, て見, て見た, て見ましょう, て見よう, て見る, て見ろ, とくんなせ

▼ 行~ (82, 0.3%)

4 となる 3 が語頭, ではじまる, の前, は語頭 2 および濁音, がワ行音, が語頭以外, が転じ, と同音, に変ずる, に転じ

1 [52件] およびエ・オ・セ, があり, がかよう, がすべてダ行音, がナ行音, が国語, が変化, が直ぐ, であって, であるもの, となり, との区別, とを文字, とシャ行音, とヤ行音, とワ行音, と語頭以外, にかわった, になっ, になる, に変化, に転ずる, のま, の区別, の変遷, の子音, の文字, の響き, はこの, はしばしば, はむしろ, はパピプペポ, はパ行音, はマ行音, は勿論, は同じ, は室町時代, は室町末期, は日本語, は第, は語頭音, は遠, またはバ行音, もいつしか, もなく, や入声, や多く, や濁音, を, を生じた, を語頭, ワ行音

▼ 行~ (75, 0.2%)

10 あつた 2 なさい, 呑乾し, 書けるところ, 熱海へ

1 [57件] あつて爲替相場, あとは, あらうか, あらうかと, あらねば, これは, そこにも, そちらへ, そのため, その二行, ただより, つづいて, な, なせい, は満足, ましし八十神, ましし時, ますを, マドリッドへ, ローマ字で, 一ばん感銘の, 世に, 世界の, 世間を, 九龍で, 京都へ, 伊香保に, 体が, 到底それら, 古いの, 報道され, 大変便利し, 大牟田へ, 富山へ, 屋敷の, 押したよう, 旁が, 書かれて, 書き尽くせるよう, 書き尽せるよう, 書き終えられるくらいの, 書くか, 服を, 此話は, 済ませて, 済みさ, 湯河原へ, 熱川まで, 熱海まで, 片附けられ, 発つと, 百円二百円と, 百字と, 簡単に, 終る記事, 自分の, 須田町で

▼ 行~ (75, 0.2%)

2 だと, にし, の如く, は頼朝

1 [67件] があれ, がはいっ, がもうこ, が令旨, が伊勢大神宮, が先, が叔父, が山伏, が彼, が注意, が熊野出身, が蒲形, が諸国, が重ねて, が黙っ, が齎した, さえその, だった, である, で躊躇, といい, という叔父, といっ, として印度, とは近ごろ, にあらず, には甥, の下女, の両者, の兵, の反, の国元, の型, の如き, の歌, の注意, の義仲, の記述, の追憶, は, はかくして, はそこ, はちと, はなるほど, はふたたび, はもと, は一筋繩, は仲綱, は初め, は墨股敗戦, は御所, は感慨, は既に, は東山道, は紀州新宮, は肌身, へこう, ほど終始, も法皇, をし, を主賓, を信頼, を奥, を河内, を追, 亦, 亦肩

▼ 行~ (61, 0.2%)

26 つし 3 う, うでは, しったん 2 うね, つして, ないと, ないん, ねば

1 [16件] うとして, うとは, うツ, しって, せた時, せた私たち, せられませ, せると, っしたん, っしゃり, つしや, ない, なかったろう, なくっては, の諸, まで

▼ 行乞相~ (61, 0.2%)

11 はよかつ 6 は悪く 3 はわるく, は満点, もよかつ 2 はよく, も及第

1 [31件] があまり, がよく, が日, と所得, と話し, のよく, はすこし, はたいへん, はたしかに, はだ, はま, はまさに, はよかっ, はよくも, はよろしい, は上出来, は九十点以上, は今日, は当然, は最初, は正しく, は湊, は現在, は良, まで悪く, も, もよい, も悪く, も所得, も行乞所得, も行乞果

▼ 行~ (61, 0.2%)

4 も知らぬ 3 も知れず 2 を尋

1 [52件] いづくと, が分りません, が判りませぬ, が知れぬ, しれずなりぬ, などが恰も, などを氣遣, にい, に似たる, に心, に紛, の知, はいづく, はいづこぞや, はこれ, は一向に, は今, は何方, は分らない, は北鳥羽, は更に, は益々, は知れず, は知れたる, は黒い, もしらず, も其時, も知らず, も知らず踏み迷う, も知らず飛び散りたる, も知れ, も見え, や當時東洋, や迷, をお, を吟味, を失うた, を失ひ, を尋ね出し, を知つて, を知らう, を誰, を追, 分らざる由, 更に知れ申さず, 消ゆる, 知れざりしに, 知れざりしを, 知れざる戀, 知れずなりて, 知れず勿論, 知れず然るに

▼ 行~ (53, 0.2%)

10 ひに 3 ひが 2 ひから, ひの, ふ, ふ時

1 [32件] から恨まれる, から音信不通, がある, がまた, つた, つたら耳元, でもある, で駄目, ならございました, に成つた, に犯人, のある, のため, の餘地, はせて, ひ, ひさ, ひしが, ひてか, ひなどを, ひにて, ひにな, ひは, ひ候節嘉川家, ひ出來, ふすきを, ふの, ふ時拔手, ふ舞子, もあり, を生じた, を老

▼ 行~ (52, 0.2%)

4 とせし 3 とする, とすれ 2 から, とす, と思ひ, なくつ

1 [34件] から父, けわ, だから, だげ, だそう, だぞ, でくれ, ですよ, でも来よう, で寝ました, で来る, で貰おう, といふ, とおも, との相談最中, と云, と云心, と來, と千住, と彼, と彼地, と思へ, と爲, と申, と立, と頓, と駈出せし, により飯, ねえこつた, べや, ほどに必ず共に, ものと, ものを, 物と

▼ 行つた方~ (51, 0.2%)

9 がい, がいい 3 が好い 2 がよから

1 [28件] から, から飛び出し, が, がよかつ, がよろしい, がサバ, が便利, が利益, が功, が勝ち, が却つて樂, が増, が好都合, が広い, が独創性, が痛く, が目的, が相手, が私, が虚心, が近い, が運, が面白い, とはアベコベ, は家, を眺め, を知つて, を見た

▼ 行つて貰~ (50, 0.2%)

14 はう 4 ひ度 3 つた 2 ひたいの, ふこと, ふべがと, ふ約束

1 [21件] つたり, はうぢ, はない, はなき, はなく, はなけれ, ひたいん, ひたかつた, ひませう, ひませうか, ひませうと, ひ度いが, ふ, ふいふてきかんほんま, ふつもり, ふの, ふやう, ふ事, へるからこそ, へること, へるの

▼ 行つてる~ (48, 0.2%)

7 んだ 3 んです 2 からお前達, のだらう, んぢや

1 [32件] かしらん, かも知れない, から, からあなた, からよく, から何, があすぐらゐここへ來, が何, さう, とズルケ, と云, と湖, なあ, のであつ, のである, のでしよう, ので未だ, のなら, のを, ままで, ものげは, ものどう, ものも, わけね, んじ, んだらう, んだろう, んで妹, 二人の, 同じ年頃, 時此の, 筈だ

▼ 行~ (48, 0.2%)

53 て, てゐる, て見る 2 たお, たと, たの, て了ツ, て呉れ, て見よう

1 [22件] たとの, たので, たツ, た後, た方, た時, ちまつたとさ, ちまつたん, てからがゆツくり, てから手紙, ても村道, ても見, てやらなけれ, てゐた, て三十許, て來, て参りませう, て窓, て見, て進げ, て進げやう, とる

▼ 行ふこ~ (47, 0.1%)

94 と能 3 とによつ 2 とは出

1 [29件] となく, となほ神, との方, とは, とはその, とはできない, とは中, とは出来ない, とは却, とは古典, とは周知, とは困難, とは後代, とは我, とは重要, とは餘, ともできない, ともできる, とも有り得ない, とも盲目的, とも音盤協会, とオウィディウス, と也, と十年, と己, と我, と甚だ, と研究的, と能はず

▼ 行つた後~ (46, 0.1%)

43 で私, のこと 2 お夏, から窓, でお

1 [30件] あの女, から, からは毛色, でこの, でそつ, でまだ, で妄, で娘, で廊下, で御, で急, で老, と見え, にだ, にまた, にも私, に漸く今に, に瑠璃子, に私, はどう, はもう, は又, は家, は暫く, まだ敬之進, まで亂醉, もこの, や, を一同, 愈々これ

▼ 行かむ~ (44, 0.1%)

2 と欲する, 待ちにか

1 [40件] いざと, かくして彼さき, かなたに, この心, と, とする, とすれ, と云, と冷金子, と墾, と夜印旛沼, と念, と思へる, と謀り, に朸, は継母, もの, ニールを, 云々因り, 人しいつくし, 人なし, 今日の, 住吉の, 光榮を, 千曲の, 君の, 地べたの, 富士の, 対えて, 将我, 山の, 日だにも, 日の, 日近づき, 時し, 月おぼろなる, 枯野が, 破滅の, 糧米は, 行かむ

▼ 行~ (44, 0.1%)

8 を着 4 を纏っ 2 にある, を着た

1 [28件] でありこれ以上, と唱え, なぞを持っ, などを一着, にお, に平, に現われ, に着かえた, に着替えました, に籠手臑当, に襷, に高, の下, の右袖, の土, の胸, の袖, の裾, も白い, も解め, をき, をまとっ, を泥, を着し, を背, を脱いだ, を身, 白い髪

▼ 行~ (43, 0.1%)

7 と忠顕 2 の妹

1 [34件] からその, がたずねた, がひかえ, が外, が折, が来, が縁, だけがふと, とはなしこん, とは彼, とも一つ, と六条, と勘解由, と少将忠顕, なども騒, にはお, に会っ, のふたり, の答え, は, はどうか, は嗚咽, は小三郎, は思わず, は涙, は眼, は隠岐配所, へ告げ, へ告げた, も色, も言い, や忠顕ら, をつうじ, を召され

▼ 行はれない~ (42, 0.1%)

2 のは, やうに

1 [38件] か, かといふ, からである, から彼等, か如何, が世界, ことであります, ことに, ことには, ことを, で, でしまふ, で日, で突然, で衆議, といふ, といふの, ところを, とも限らない, と云, と信じられ, ので, のであらう, のである, ので皆, 事か, 事だ, 事である, 事も, 事情が, 其で, 明治初年の, 時には, 最大の, 様な, 様に, 話では, 限り右日附の

▼ 行~ (42, 0.1%)

643 にある, はもと 2 から四行目, にうつる, の頭, は

1 [18件] から作者, から読ん, だから, である, との間, と三行目, にあたる部分, にどんな, に何, に大正十四年十月四日, のトップ, の中央, の棒, の欠字, はこう, は他, もし鎭守府司令長官, を通し

▼ 行ない~ (41, 0.1%)

4 だと, では 2 が, であると

1 [29件] があっ, がよかっ, が彼, だ, だが, であったそれ, であろう, でござって, です, というの, という癌, といわなけれ, においてはなおかつ, についても見いだされる, について彼, によって日本人, に対する好奇心, はすべて, はその, はただ, は昔, まで思い出した, や優しい, をし, をしてる, をせざる, をなすべき, をもって禽獣, を他人

▼ 行~ (41, 0.1%)

6 半を 3 方は 2 方が, 直せっ

1 [28件] おつた, さうなことぢ, そくなったら, て斎, て齋, にくくなった, になりません, になる, ゃあがったな, を出し, を読ん, 再び船, 半が, 半で, 半である, 半と, 半は, 宝盤に, 損な, 方じゃの, 方だけに, 方については, 方を, 此西濱と, 甲斐の, 直しっ, 過ぎたもんだでね, 難くいも

▼ 行~ (41, 0.1%)

2 は妻

1 [39件] が大学, が文学, が見守っ, が話し, になに, にはもう, に話した, の妹, の家, の日焦け, の母, の母きぬ, の気持, の親, の軍服姿, は, はいつか競漕, はいつもそう, はそこ, はその, はそれ, はそんな, はたじろいだ, はまだ, は不眠症, は今日, は今朝, は姑, は思った, は戸外, は毛糸, は笑った, は細君, は貸家, は雪解, は電車, も水道, を送っ, 向平気

▼ 行つて何~ (40, 0.1%)

3 うする, をする 2 うしたら

1 [32件] うな, う變化, かいつ, かかかう, かこと, かしきりに, かの計算係り, か仕事, か來, か商売, か御用, か恐ろしい, か意見, か話しかけ, か買, か買つて, か食物, が不足, が無く, が詰め込ん, が面白い, でもよく, にか詰め, にか話し込んだ, にも知らず, も云はず, をし, をたより, をやらかし, を為, を習, を見る

▼ 行つたつ~ (39, 0.1%)

3 てある, て何 2 てあんな, てみんな, て同じ

1 [27件] きりまだ, てあの, てあれ, てい, ていきなり, てここ, てこちら, てまだ, てもう, てやつぱしお百姓さん, てろくな, て似た, て出る, て又, て少し, て手, て日本, て此, て畑, て直に, て空, て行かなく, て行かなくつたつ, て讀めない, て起き, て陰気, て青空

▼ 行つた人~ (37, 0.1%)

2 のある, のやう, の話, もある

1 [29件] から彼, があつ, がある, があるでせう, が歸つて來, が沖, が調べます, だ, だが, だけにつまり, だぜ, であつ, であるが, で四方屋, と予, と擦れ, に違, のこと, の名, の簡便, はたいてい, はみんな, は甚だ, は自由, は話, は誰, もあつ, も帰り, を預

▼ 行ふと~ (37, 0.1%)

7 いふこと 5 云ふ 3 いふの, 言ふ

1 [19件] あり息, いふ健全, いふ大きな, いふ巧智, いふ義, いふ考, おもへり, は前後, は甚だ, も見せられず, 云ふこ, 云ふも, 兵を, 図に, 天子様は, 思つて居ます, 考へる地方, 間違ひ, 音吉を

▼ 行まで~ (37, 0.1%)

2 ぴっちりと, ダンテが, ベアトリーチェは, 神の, 第一問

1 [27件] いるでしょう, ウェルギリウスの, カペーの, ガブリエルの, ダンテの, ダンテは, フランチェスカの, ユーリウス・カエサルの, 三一の, 信仰の, 前聯, 名あり, 天上にては, 天使の, 天使創造の, 己が, 平然とお, 書いて, 眞を, 神人兩性の, 第三問, 第二問, 第四問, 背ける天使, 諸天, 讀者もしか, 食み出しても

▼ 行天皇~ (37, 0.1%)

3 の御 2 が美濃, に隙, の御代

1 [28件] がしかく, が日本武尊, が熊襲, が筑紫, が豊前山間, にうとまれ, には, の一皇子たる, の初年, の十八年秋七月, の后妃, の御宇, の御歌, の時, の熊襲親征, の皇子, の皇居, の筑紫巡幸中, の筑紫征伐, の群卿, の襲国, の詔, の話, はお, はおん年百三十七, よりも以前, 御西征, 或は雄略天皇

▼ 行~ (34, 0.1%)

2 の名, の娘, の返事, は娘

1 [26件] から聞かされ, がこれ, が仕損じた, が御, が袴, と呼ばれ, に狐, のむす, の人物, の侘び住居, の前, の家, の病気, はいつ, はおそらく, はすぐ, はその, は二度, は今, は妻, は皺だらけ, は縁端, は老後, は蒲団, もおどろいた, も娘

▼ 行つてそこ~ (32, 0.1%)

2 の主人

1 [30件] からこんど, からさつき, から一伍一什, から乗, から乘船, から出, から帰, から持つ, から紙ツブテ, から跣足, から路, から電車, から領巾振山, で待ち, で探した, にあつ, にその, に一二滴づゝ, に一日寐, に独, のアイノ部落, の塔, の日だまり, の柱, の椅子, の甘藷畑, の襖, の離, を探し, を無理

▼ 行つて留守~ (32, 0.1%)

7 であつ 3 だつた, だと 2 である, ですし, なので

1 [13件] かも知れぬ, この事件, だ, ださうで歸, だつた時, だといふ, だツ, でございます, でした, ですよ, なの, なんで, の夜

▼ 行という~ (32, 0.1%)

3 ことを, のは, 若侍 2 のが

1 [21件] ことが, ことは, その無音, のを, ものが, ものそのものの, ものは, ものも, ような, バスが, バスに, バスを, 三十年来の, 少年も, 短文を, 約束に, 者が, 言葉に, 言葉を, 長いもの, 風に

▼ 行ふも~ (32, 0.1%)

5 のである 4 のが, のは, のを 3 のと 2 のであつ 1 の, のその, のだけの, ので上丁, ので人, のとしては, のとや, ののみ, のよりも, の也

▼ 行~ (32, 0.1%)

6

1 [26件] いって, そこに, たいしてていねい, ないところ, ないので, ないやう, ぬ筈, ぬ道理, ばい, ば下これに, ば其の, りといふ, 乗って, 乗る, 何ぞため, 出して, 向って, 因縁観より, 渡しのがれて, 疎漫, 知らずも, 移って, 語れな, 讀續ける, 這入った, 這入つた

▼ 行はれし~ (31, 0.1%)

2 ものかな, 説に

1 [27件] が此源内, ことあり, ことなかりし, ことは, ことを, こと他に, となり, は亜米利加発見以後, は彼, ものなる, ものにて, を汝, ラテン語譯の, 事物に, 二大, 五世紀の, 以來益々, 十八世紀には, 封建の, 書なり, 由, 競馬, 英王アーサー物語に, 處なれ, 西洋家の, 證左なり, 類別に

▼ 行つてそれ~ (30, 0.1%)

1 [30件] から二人, から五日間, から十何年, から壹州, から林田君, が人生, が見つからず, つきり歸ら, で出来た, に根, に気がつき, に腰, に飛び乗つた, までに別, をきい, をそこ, をとらう, を又, を問, を干物, を引きちぎつ, を教, を止めさせ, を洗, を眺める, を落す, を解い, を試みました, を調べ, を鑑定

▼ 行~ (30, 0.1%)

2 ひたり, ふ, ふ人

1 [24件] たりと云忠兵衞, たる機会是, つたよ, つたら振り返つて, つたん, つちや, ぬ樣, のみか今, はしつた, はす, ひける老, ひしは, ひし者, ひたくな, ひたま, ひまして, ひ候事, ひ候事氣, ひ六十余度, ひ汝高, ひ袖, ひ附け廻り, へば命, 見るに

▼ 行した~ (28, 0.1%)

1 [28件] がその, が今, ことが, ことは, とある, というの, とすれ, に相違, のであります, のである, ものが, ものである, ものと, ものも, 人は, 例を, 場合の, 場合も, 始皇は, 始皇帝の, 数人の, 時, 時猴が, 様に, 無数の, 眞山君は, 義貞の, 麟徳暦は

▼ 行つたあと~ (28, 0.1%)

2

1 [26件] から私, でその, でふと, でまた, でも外, でも至, でミトローニク氏, で余, で女中, で居酒屋, で渠, で紺がすり, で自分, で言, で雛子, なので, に私, はまるで, は俄, へ結城ひろ子, までも暫らく無言, までも義雄, まるで私, を想像, を眺め, を通るだ

▼ 行つた歸~ (28, 0.1%)

7 りに 2 り, りフト

1 [17件] りがけ, りだから, りで, りどこん, りなどに, りなどには, りまだ, り上, り土地, り夜遊び, り客, り川崎, り提灯, り東兩國, り派手, り白々明け, り遲くも

▼ 行には~ (28, 0.1%)

2 わたしは, 便なるべし

1 [24件] なにより, 一冊の, 今は, 候へども, 僕の, 前に, 及ばないの, 大分刺激された, 夫を, 姪夫妻も, 彼は, 心ぜ, 早くの, 書き切れまじき流行紳商, 熱心だった, 現代語に, 甲州で, 科学的準備が, 種々な, 自分の, 蕗の, 衣類にも, 見えて, 韻も

▼ 行でも~ (27, 0.1%)

2 それを, 上記の, 書いて

1 [21件] あっただろうか, あり殊に, いいから, すぐわからず, そいつを, なく人類, なく畢竟, なさるの, よろしい, 二行でも, 何でも, 余計に, 宜い, 書き送った, 書くこと, 書く事, 有用な, 漫然と読ん, 観測し, 読んで, 論ぜられるであらう

▼ 行され~ (26, 0.1%)

4 て居る 2 て來, て居つ, て居らぬ

1 [16件] ちやそれこそ, てゐ, てゐる, てゐるなら, て且つ, て今, て居つた, て居り, て楠山正雄譯イプセン集, て遂に, なんだ, 又は默許, 寸毫も, 明治の, 更に進ん, 菅公以後も

▼ 行~ (26, 0.1%)

2 から火難, な

1 [22件] からと銀座, からキナ, からキナ臭, から何遍, か一行, が, がこれ, がどう, ぜ, それくらいの, それ位の, ぞ, つたに, つて本人は, という自覚, とも言う, と思, と断念め, なと思つた時, のに半分, 行だ, 行を

▼ 行つてら~ (26, 0.1%)

25 つし 1

▼ 行から~ (25, 0.1%)

2 四百七十三行を

1 [23件] きれいに, であるが, もっと多く, 三行にかけての, 三行四行の, 入用な, 六行くらいの, 別れて, 吹くぞ, 察する, 来る悦び, 次の, 正面に, 消化し切れない, 現われる暗号, 第十一行, 聞いて, 行に, 行へ, 行を, 諸州へ, 転じたハ行音, 辞典を

▼ 行~ (25, 0.1%)

2 だけしか作らぬ, もある, も三行詩

1 [19件] がこの, が出来上る, しか作らない, だ, で詩人好み, に, になった, に附した, のよう, の俗謡, の形式, はある, はいくらか, は二行, は形, も十二行詩, をささげる, を作っ, を唄

▼ 行つた頃~ (24, 0.1%)

2 だから, である

1 [20件] かの女, からそこで, にはもう, には房一, には間もなく, には鮎猟, にはMR氏, の夫人, の思ひ, の父, の高瀬家, はもう, はもう既に, は丁度, は何時の間に, は内儀さん, は好かつた, は梅雨期, は閏六日, よりずつと後

▼ 行~ (24, 0.1%)

3 事なり

1 [21件] かと大音, か何ぢ, か天下, がサア喧嘩, という事, に伊勢參宮, ものか, を足, ハ元よりの, 事と, 儀なりと, 奴なり, 御若衆, 扨此浪人の, 是から, 者が, 者なり, 若者と, 若者なれ, 貴僧が, 身を以て

▼ 行はれたる~ (24, 0.1%)

3 所以なり

1 [21件] がこれ表面, がため, が如き, なり云々, による, を知るべし, 久しき準備, 事に, 事は, 事ゆゑ我々が, 事蹟を, 人類の, 佛教老子教には, 制度なりし, 単純なる, 古今の, 各種の, 尺度の, 弊に, 浮絵遠景図に, 足利時代は

▼ 行へる~ (24, 0.1%)

2 者の

1 [22件] その近親, ためフランスにても, にあらざれ, にあらず, は九八八年, は即ち, もいくばく, ものあり倒さ, ものうちアレッツォシエーナの, もの強慾を以て, シャルル・ド・ヴァロアフランスより, トロイア人の, 人つまり, 支那に, 支那をのみ, 時, 残忍酷薄の, 殘害と, 狼藉を, 者とともに, 者は, 顛末書なり

▼ 行つてしまつたの~ (23, 0.1%)

8 である 4 でした 2 がまるで, よ 1 かしら, かも知れなかつた, であります, では, は事務, をおぼえる, を見送

▼ 行~ (23, 0.1%)

4 て居る

1 [19件] さ倒れたら, しと下女, てある, ている, て居, て居た, て彼是, て来, て欲しい, という流儀, ば何, ば可, ば舟, 今に至つて, 外人の, 教立つ, 樣か, 私娼には, 金子を

▼ 行つて自分~ (22, 0.1%)

1 [22件] が澤山, が疑い, だけが苦労, だけ助, でかの, でじかに, でやる, に疑ひ, の兄, の国, の好き, の妻, の姿, の守り, の寢室, の小指, の良人, の話, の貧しい, の都合, の顏, も二三

▼ 行~ (22, 0.1%)

2 の鴉, や鳥

1 [18件] と云, などという者, の, のしどろ, のほう, の夜, の感慨, の景, の気品, の競吟, はやしき, は反射的, やゆるむ, や宿場, や小米ざくら, や茶屋, や鳥啼魚, を近江

▼ 行~ (22, 0.1%)

2 三字, 十字

1 [18件] 七字より, 七行第, 七行第十一行第十三行第十五行第十六行第十七行等に, 三行, 九行及び, 二十五行に, 二字と, 二枚第, 六字, 六字と, 十一行の, 十一行等に, 十七字, 十三字, 十二字, 十二字と, 十五字の, 十六行第

▼ 行詰まり~ (22, 0.1%)

2 を打開

1 [20件] が同時に, であった, において自ら, にそれ, になった, になつて, には此度, によって人類, に徹し, に続く, のせい, の打開策, の細道, より来る, を救, を救っ, を生じたる, 政治的支配の, 永祚の, 義眼の

▼ 行つた八五郎~ (20, 0.1%)

3 は間もなく

1 [17件] が, がぼんやり, が丁度, が平次, が神田, が陽, の人相, はその, はそれ, は九つ梯子, は何やら, は妙, は思ひ, は汗みどろ, は間もなく凡そ, も歸つて來, やがて酢

▼ 行つた者~ (20, 0.1%)

3 があります 2 がある

1 [15件] があつ, がいち, がなき, がよく, が主人, が御座います, に使賃といつて名, のない, の眼, はない, は他, は歸つて, は誰, もある, をいま私

▼ 行つてしまつて~ (20, 0.1%)

4 居た 2 から品子, から氣

1 [12件] からは變, からもう, から一年目, から彼, から日本人, から顏, から龍吉, は厭, も俺, よ, ゐたの, 若い紳士達

▼ 行つてやつ~ (20, 0.1%)

52 てくれ, て下さい

1 [11件] たから, たもの, たらさぞ, たらどう, たりした, たり氷, て下さいません, とこれ, と一つ, と有, と買つて

▼ 行~ (19, 0.1%)

2 ていた

1 [17件] てゆき, て一事, て一切, て仏, て代り, て倦まず, て来, て灰身滅智, て結局, て衆生, と左千夫君, ようと, 一切群生を, 易からん, 無言の, 見聞の, 難しと

▼ 行つた樣子~ (19, 0.1%)

3 です 2 だ, でした

1 [12件] かえ, が分る, だ放つて, でしたが, ですが, で床, で暫らく, とか, はない, はなく, はよく, は御座いません

▼ 行はるべき~ (19, 0.1%)

2 もので, 事にては

1 [15件] ことである, ことでない, にあらず, ものだ, ものであり, ものとは, ものに, を確信, 交流が, 正義を, 氏人の, 祭が, 筈なり, 筈の, 罪なれ

▼ 行ふべき~ (19, 0.1%)

1 [19件] かそれ, ことが, ことで, ことに, ところを, と云, のが, ものでない, ものとは, や否や, 一条の, 樣, 法に, 経世有用の, 者なり, 者也, 行事は, 道は, 道を

▼ 行~ (19, 0.1%)

2 の中

1 [17件] が手, が神聖, が若者, が飛んだ, とおなじ, とのくつ, とは形, など見物, に収められ, のこと, のエンジン, の字, の形, の蓋, は久しく, を持つ, を清音

▼ 行つた所~ (18, 0.1%)

2 の八百屋

1 [16件] から数里, がふとした, がドストエフスキイ, が途中, その家, で一割, で三千代, で到底, なの, にあつ, にある, には相当, にやや, の塩煎餅屋, の西郷薬局, 居らぬので

▼ 行つち~ (18, 0.1%)

4 まふ 2 まひたい, まひま, まへ 1 まあのよ, まはれた, まひます, まふん, まへとも, まや, めえ, やさう好い旅舎

▼ 行つて仕舞~ (18, 0.1%)

10 つた 2 たいあゝ 1 はれた, ひその, ひました, ひましたよ, ふ, ふとキニゼイ先生

▼ 行~ (18, 0.1%)

2 ふ女

1 [16件] はす, ひが, ひすれ交, ひ紫緑, ひ馳せ交, ふもの, ふ人, ふ人影, ふ巴里, ふ忙しい, ふ旅客, ふ樣手, ふ江の島, ふ男女, ふ自動車, や蛙月夜

▼ 行~ (18, 0.1%)

3 がない 2 のない, の無い

1 [11件] が分っ, が分らなくなる, が無い, ってないわけな, なし飲んだ, のな, のない心細い, もございません, もない, もねえ, を求め

▼ 行つてしま~ (17, 0.1%)

32 へといふ気持, へツ 1 つたわよ, はうかと, はうかと暫く, はなく, へさう, へと四ツ, へと言つて, へ俺, へ独り, ほふ

▼ 行つてみたい~ (17, 0.1%)

2 と云, と思つて, ねんけどどう

1 [11件] といふ氣持, とも云, と僕, と思つて氣, と思つて行つたの, と思ひ, と言ひだ, な, なさ, なと, や

▼ 行ばかり~ (17, 0.1%)

3 書いて 2 書くと

1 [12件] あつた, でかの, ですがね, でなく司僧, タイプで, 書きつけたグランヴィル, 書きつけて, 書き込むで閑さ, 読みかけたと, 読むと, 読んでは, 載って

▼ 行より~ (17, 0.1%)

3 第十二行

1 [14件] して, 一一七行に, 七五行に, 三六行に, 不用なる, 二元論多元論化学上の, 八年目に, 六〇行に, 四五行に, 始まり第, 心が, 第五行, 第十五行, 美しきとき

▼ 行らっしゃる~ (17, 0.1%)

2 の, のでございます

1 [13件] ことでしょう, そうです, と私, に違い, のだ, のだろう, のです, のは, のも, ものだ, んだろう, んでしょう, んです

▼ 行~ (17, 0.1%)

2 の仮名, の骨法, を学ん

1 [11件] だの弘法大師, との間, との関係, のこと, のご, の三跡, や貫之, や道風, を告げ, を品隲, 驚いたの

▼ 行燈部屋~ (17, 0.1%)

2 のよう, の片隅

1 [13件] では, でも苦しく, と見た, に一週間, に乱れ箱, に入れ, に隣れる, の中, の抜き, へでも下りる, へほうり込まう, へ漬け, を密

▼ 行~ (17, 0.1%)

2 はあと, は一人, は眉

1 [11件] だけにその, だし, の如き, の家, の家來, の家来, は手, は来れり, は騒がず, は騷, を大将

▼ 行詰まっ~ (17, 0.1%)

3 ている

1 [14件] ていた, ていない, てさすが, てしまいます, てしまう, て了, て二人, て居る, て展開, て御座る, て息苦しい, て来た, て棄て, て立腹

▼ 行~ (16, 0.1%)

3 むとす 2 二十行かの

1 [11件] つまりアカサタナハマヤラワン, ですますこと, なるほど, まやかしか, カ行か, 三行の, 二十行くらいの, 五行に, 何か, 四行づゝの, 日本橋行の

▼ 行きち~ (16, 0.1%)

9 がひ 4 がふ 1 がつた, がつて, がへに三之助

▼ 行つたお~ (16, 0.1%)

1 [16件] せいの, 人がなあ, 仲は, 光の, 前さんにも, 幸ちやんが, 志保, 樂が, 樂を, 濱を, 由良ぢや, 糸, 絹の, 辰は, 道が, 鳥の

▼ 行つて二人~ (16, 0.1%)

2 の令嬢

1 [14件] がたしかに, だけの愛, でまた, で坐つた, で山羊, で稼ぐなり, で見物, ながら個人, には後向, の令孃, の間, は意外, は髪, は髮

▼ 行との~ (16, 0.1%)

6 間に 1 三であります, 区別が, 完全な, 對立である, 生活に, 間には, 間にも, 間をも, 関係, 飛躍の

▼ 行~ (16, 0.1%)

3 のです

1 [13件] つたよりは, つた戦闘回数百五十九回敵の, つていた, つてゐない, つて解釈し, づむ樣子に, のである, はれる, ば, ば哭かじ, ふと言, やみの, んだ

▼ 行にも~ (16, 0.1%)

1 [16件] あらず夢想, なるまい, まず金, 七不思議が, 中心と, 亘って, 伸子が, 似ず案外, 及ばぬは, 新著百種の, 此通り少し, 示されて, 繰返されて, 足りないもの, 関すること, 骨が

▼ 行乞宿~ (16, 0.1%)

12 は同前 1 に帰つて, に荷, は同, は同じ

▼ 行~ (16, 0.1%)

1 [16件] がこういう, がハッキリ, であります, であり家康, においてしばし, につい, についてなん, の為, の端, はわからない, は聖典, は語られ, をハッキリ, を世に, を見, を責むる

▼ 行つた先~ (15, 0.0%)

1 [15件] から永井君, でそつ, で出す, で宴歌, で目, で私, の土地, の心當, はと言, は何處, は店頭, は洛北, は父, は練塀小路, もやつぱし

▼ 行ても~ (15, 0.0%)

2 一あては

1 [13件] あない, あるいは病院, あんな反響, ええなあ, よいと, よろしおま, 一寸とも, 塩酸の, 宜という, 敬し, 見ま, 話し難し, 電話かけ

▼ 行とは~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありません, 一番禁物な, 主觀, 主觀内, 別々とな, 別々な, 合致すべき, 吾人の, 意見も, 日本では, 決して言, 血の, 違いまた, 遠い様, 驚いたなあ

▼ 行~ (15, 0.0%)

1 [15件] である, という寺, という小さな, という菩提寺, と申します, と確, にある, に立寄れ, に鶴屋南北, の假門, の墓地全体, の大久保彦左衞門, の摩耶夫人, は其角, へ住込み候

▼ 行掛り~ (15, 0.0%)

2 がある, になつ

1 [11件] から何様, から或, ければ, にす, にすっかり, になつて, に触れなけれ, のため, の末, もある, を思え

▼ 行~ (15, 0.0%)

1 [15件] したさま, して, する徒, には申分, にふだん, に埃, の, の列, の旅, は, も皆んなフイ, やら忙しい, をすすめ, をまだ, を感謝

▼ 行止まり~ (15, 0.0%)

2 になっ

1 [13件] かと思はれる, が主人, であつ, でげしょう, に万延寺, のない, のよう, の壁, の曲つた中二階, の湖畔, は加賀国, へ出るでしょう, まで往く

▼ 行逢う~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことが, ことなどは, ことを, ときっと, とき下駄を, とも丁寧, と喬介, と祟り, もおなじ, ものは, 人から, 人も, 人同士携えた, 人達は, 毎に

▼ 行つた平次~ (14, 0.0%)

1 [14件] が御用, とガラツ八, の手, の顏, は一人息子, は三河町, は今日, は内外, は思ひ, は案内, は現場, は縁側, も何, を後ろ

▼ 行つた跡~ (14, 0.0%)

1 [14件] が歴然と, が見える, だ, で主婦, で久右衞門, で二人, で僕, で従者等, で隔て, なの, に馬場要, へ新聞, を仔細, を預

▼ 行つて御覧~ (14, 0.0%)

4 なさい 1 なさいと, なさいな, なすつたら何, なすつちや, など, になつ, になつて, になり, になりません, よ

▼ 行はれぬ~ (14, 0.0%)

3 のは

1 [11件] が淘汰, ことが, こと呼血器の, と定まれ, ので漢學者, 事は, 前すでに, 定りなる, 様な, 結果両者ともに, 限りは

▼ 行~ (14, 0.0%)

1 [14件] しねえよ, そこい, まず米国, イ行から, サ行などの, ページが, 三行かかれる, 多行, 大寺警部たちが, 家ぼ, 本郷白山行の, 聯を, 行て, 露の

▼ 行~ (14, 0.0%)

1 [14件] などに火, にはいつも少し, にはや, の一つ, の一部, の事, の多量, の女人, の或, の炊事, の重, もお, 最も優れた, 死んだ女

▼ 行逢った~ (14, 0.0%)

2 のが

1 [12件] ばかりである, を爺, 中学時代の, 人に, 人達は, 寂しくあわれな, 時など, 時は, 時ふと, 父親の, 職工の, 若い学生たち

▼ 行たり~ (13, 0.0%)

1 [13件] けん滝, しが, して, とも記載, 偖彼の, 元より, 其夕暮寶澤には, 是は, 肴を, 跡に, 跡は, 長官に, 高橋さんが

▼ 行つた留守~ (13, 0.0%)

1 [13件] かもの越, だから, であつ, であるから, でな, などといふもの, に出, に居なく, に私, の間, を獨, を頼まれ, 引き返へ

▼ 行つた私~ (13, 0.0%)

1 [13件] から自分, に向, に彼, のあ, の手, の赤表紙, は, はそこ, は意外, は新しい, は残つた, を掴まへ, を見

▼ 行つて彼~ (13, 0.0%)

1 [13件] が歴史小説, が私, と向, の小さな, の心, の手, の手紙, の教, の腕, は, はまぐれ當, は棺, を救

▼ 行つて歸~ (13, 0.0%)

3 つて 2 つたきり, りに 1 つたさうで秋日和, つたところ, りましたが, る, るだけの, る時間

▼ 行つて私~ (13, 0.0%)

2 の方

1 [11件] が其處, の大, はお, はおや, はお勝手, はせつかち, はやう, は思ひ, は絵, は訊いた, もその

▼ 行つて話~ (13, 0.0%)

3 をした 2 をし 1 ができれ, が面白く, でも出, をきめ, をすべきである, をする, を聞かう, を聞く

▼ 行はれざる~ (13, 0.0%)

2 に及, 場合と, 所以なり 1 ことなほ二千年前の, ことなれ, なし, に原因, は大, は法, ものには

▼ 行はん~ (13, 0.0%)

6 とする 1 とした, としたる, となしたる, との陰謀, と欲する, には決して, ものかぎり

▼ 行~ (13, 0.0%)

1 [13件] が許さない, が足りなく, とを科学的, の上, の勘定, は明らか, は短, や期日, をまる, を占め, を取られる, を持たない, を計算

▼ 行~ (13, 0.0%)

1 [13件] がうまく, が誘発, において特別, について各, にも若し, に夜, に慣れそめ, は伝うべき, は氷霜, へ向わせます, をも往生, を捨てし, を辞

▼ 行~ (12, 0.0%)

21 たら行げ, ねえし, ねえと, ばいい, ばお前, ばじ, ば平ら, ば雪, よ, るかね

▼ 行たら~ (12, 0.0%)

3 ば何とか 2 斯う 1 どこぞへ, なあ恐ろし, な歯抜き, ばその, ば嘸, また病院, 果然夢

▼ 行つたつて~ (12, 0.0%)

2 好いで, 有るものぢ 1 いふひと, さう云, ちつとも, つまらないん, 思ひ通り, 思ふま, 返り討, 面白くない

▼ 行つたらう~ (12, 0.0%)

51 あれが, ことは, といふやう, と思つた彼, と思つて, と思ふ, ね

▼ 行つた女~ (12, 0.0%)

1 [12件] があります, がある, すら段々, でございます, なの, の人, の姿, の赤い, は母, は男, も七平, をいつ

▼ 行つた娘~ (12, 0.0%)

1 [12件] が入, だが, で, のお, のお節, のお雪さん, の後ろ姿, の気力, は斯樣, は自分, も可哀想, を御

▼ 行つた帰り~ (12, 0.0%)

1 [12件] だと, だね, ですよ, といふ形, とかで立ち寄つた, などに極, にはいつも, にわたし, にリヨン, に宮中, に度たび, に袖崎駅

▼ 行つた日~ (12, 0.0%)

1 [12件] からその, から一週間, が最後, であつ, に見ました, に限つて, の事, の夕方, は白, は終日氣持ち, は薄曇り, を懐

▼ 行つて水~ (12, 0.0%)

2 を汲ん 1 でもかぶつ, で顔, につかつた, に手, に顔, の惡, をのまう, を浴びた, を飲み, を飲ん

▼ 行つと~ (12, 0.0%)

3 くな 2 いで 1 いたんだがね, いでお, いでさよなら, いでと, いで行, くれよう, つたんだ

▼ 行はる~ (12, 0.0%)

3 可き 2 と, といふ 1 と雖, 可らざる, 将軍家正, 尼御台所将軍家並びに, 荘厳房以下請僧七人と

▼ 行太保~ (12, 0.0%)

9 の戴宗 1 が使い, の報ら, の戴宗さん

▼ 行懸り~ (12, 0.0%)

1 [12件] から察し, だけが若干, に迫られ, の上, ばかりで, よりここ, よりし, をうつ, 上到底, 森の, 興世王や, 言の

▼ 行~ (12, 0.0%)

1 [12件] がつた背嚢, ぎであつたか或は, ぐるも, ける兎角, たり彼, たる頃例の, を躾め, 候故, 四十回, 大小橋, 給ひし, 給ひぬ

▼ 行過る~ (12, 0.0%)

3 あとを, ぞかし 1 のを, を篤と, 所を, 折が, 折柄向, 物音も

▼ 行しか~ (11, 0.0%)

2 ないので, なくて 1 ない, なかった, 女の, 是と, 書いて, 書けない, 書けなかったの

▼ 行つた話~ (11, 0.0%)

2 などをし 1 がある, であるが, とか或は, などが幾何, に其, は聞かぬ, を始めた, を思ひ出し, を聞いた

▼ 行つて了つて~ (11, 0.0%)

2 ゐる 1 おくみ, そしてもう, たこと, どんな心, は妾, も変らない, も頬杖, ゐます, 今手元

▼ 行つて參~ (11, 0.0%)

5 ります 2 じませう 1 りました, りますが, りますと, りますわ

▼ 行といふ~ (11, 0.0%)

2 詩を 1 ことは, ことを, のであります, のは, ものと, ものは, 字だけが, 札が, 風に

▼ 行として~ (11, 0.0%)

4 この野遊び 1 ある, これを, もっとも尊い, 一言云はんけり, 句作せよ, 此の, 毎節

▼ 行はむ~ (11, 0.0%)

2 が為, と欲する 1 が爲, とする, と欲す, と欲せし, と試み, には余りに, 諸將

▼ 行~ (11, 0.0%)

2 だから, に随 1 がわかるだろう, であるかは, であれば, になけれ, に従うべきである, に従って行ずれ, の最奥

▼ 行急行~ (11, 0.0%)

1 [11件] が来た, であります, というの, にのりこむ, にラッキーストライク, に乗った, の米原着, は朝, は欧亜連絡, を取り, を選んだ

▼ 行書い~ (11, 0.0%)

1 [11件] たり消し, てある, てあるいは, ておまえ, てくれ, てくれる, ては破棄, ては考え, て上げる, て新しい, て止め

▼ 行~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, が不自由, した一年あまり, し丸太, するを, であって, に叶, の要求, 宜しく七十, 甚だ健, 甚だ鈍い

▼ 行かっしゃ~ (10, 0.0%)

2 い, る, れ 1 いと教え, い借が, い時, れ行かっしゃ

▼ 行された~ (10, 0.0%)

1 かどうか, か否, が民間, ことも, とは思へず, ものか, 所業の, 樣な, 確な, 譯である

▼ 行つた形~ (10, 0.0%)

1 が窺, である, であるといふ, と言, なる事, はいかにも, はだから, はない, は巧み, は見事

▼ 行つた男~ (10, 0.0%)

21 がその, だ, であるが, で何, とめぐり, と同じ, は今どこ, を拒む

▼ 行つた自分~ (10, 0.0%)

2 の荷物さ 1 が宮, の上着, の寫眞, の机, は十九年, もどう, を今, を狙つた

▼ 行つて先生~ (10, 0.0%)

1 と相, にきい, にもち, に対する態度, に尋ねました, に逢, のからだ, の来る, の顔, は親玉

▼ 行つて寢~ (10, 0.0%)

1 かされ, かし, かした, ころんだ, たくても, たらどう, る, るがい, るばかりの, るん

▼ 行つて来~ (10, 0.0%)

2 なはれ, なはれ今 1 とくれ, なくつちや, なけや, まつさ, やうかと, やはる

▼ 行について~ (10, 0.0%)

2 一口も 1 ゆき子は, 反省する, 日本から, 案内され, 相談し, 相談する, 議論を, 門出の

▼ 行べし~ (10, 0.0%)

1 とて立出し, と下男善助, と勘當, と拙者, と是, と申しけれ, と辯舌利口, 他人はいふに, 実母へも, 草鞋を

▼ 行まする~ (10, 0.0%)

3 御酒の 2 度々舊, 戀しき君さる 1 度々旧, 恋しき君, 時は

▼ 行らし~ (10, 0.0%)

1 っては, って御覧じろ, つたで, つたの, つたので, つたのです, つてから, つては, つて平生の, て嫂さま

▼ 行乞流転~ (10, 0.0%)

2 して 1 したい, に始終, のくり, のはかな, の旅, の旅人, の苦, を意味

▼ 行~ (10, 0.0%)

1 としての自覚, なればこそ, のあつ, の一人, の主神, の形, の所作, の文学, の最古, は此聖役

▼ 行かの~ (9, 0.0%)

2 僕の, 批評の 1 上を, 呪詛の, 手記を, 文字が, 隠語を

▼ 行しよう~ (9, 0.0%)

2 といふ, とする 1 ということ, とした, とすれ, と云, と醫院

▼ 行たる~ (9, 0.0%)

1 あとにて, ことは, は娘意, 上は, 女なれ, 忠兵衞歸り, 時に, 者なれ, 金ゆゑ夫文右衞門は

▼ 行つた人達~ (9, 0.0%)

1 が蔵前, が藏前, で其處, の焦, は闇, は駕籠, もどれ, も何, や泣い

▼ 行つてごらん~ (9, 0.0%)

6 なさい 1 なさいそしてまた, なさいませ, になる

▼ 行つて今~ (9, 0.0%)

1 では全く, では病, では矢, では自分, では若松, までの話題, までゐた, ゐない, 歩いて

▼ 行つて其處~ (9, 0.0%)

1 から念入り, で一人, で乘替, で半打, で幾手, で誰, に不安, のデスク, の低い

▼ 行つて夜~ (9, 0.0%)

2 になる 1 おそくまで, おそく帰, つぴて, になつて, の十時頃, を明し, 行く

▼ 行では~ (9, 0.0%)

1 ないか, ないが, なかったろうか, 作者は, 差支えるのでワ, 残酷な, 熊には, 甲類の, 解決する

▼ 行によって~ (9, 0.0%)

1 それが, 初めて北大, 往生せん, 早くも, 暴露され, 段の, 法師にも, 自らの, 証入

▼ 行~ (9, 0.0%)

1 や末, 二足も, 人里へ, 仔細無貴, 命と, 宿へは, 必らず, 街道なら, 馬喰町と

▼ 行ひ得る~ (9, 0.0%)

1 といふ訳, もつと, ものなら, ものも, やうに, 所に, 機會に, 程度の, 臣民道の

▼ 行わるべき~ (9, 0.0%)

2 ものに 1 にあらず, に非, はずの, もので, ものと, 時代には, 正しい精神病

▼ 行ッテ~ (9, 0.0%)

2 見タラ 1 寝テイルノヲ叩キ起シテ乗ッテ, 戻ッテ, 来タイ, 見タ, 見テ貰オウッテ云ッテルノサ, 見テ貰ッタラト云ウノ, 診テ貰オウトハ思ッテイルガ

▼ 行~ (9, 0.0%)

3 になる 1 となツ, と夜中, の乞食, の側, や乞食, を商売

▼ 行~ (9, 0.0%)

1 につかふ, の如く, はムスメ, をかつぎいた, をその, を荷, を開きました, を開く, を開くべき

▼ 行~ (9, 0.0%)

1 といひ, といふ風習, に對, の事蹟, の弊害, の流弊, の部, の風習, を

▼ 行~ (9, 0.0%)

1 なが, に於ける, に蹈, のごとき, の水, の邊, へ左, もつめたく, を春

▼ 行~ (9, 0.0%)

2 はすこぶる 1 して, となした, などは持ち合せ, なり頓, に威儀, は徒士二人, も宮

▼ 行衞不明~ (9, 0.0%)

5 になつ 1 だつた, です, となつ, のまま

▼ 行ある~ (8, 0.0%)

2 もの少なから 1 うちで, に過, は一行二行, を以て聞ゆ, を免れず, 故その

▼ 行かを~ (8, 0.0%)

2 読むと 1 あわせようと, かいて, 充す, 充すだけの, 心せは, 抹殺され

▼ 行がかり~ (8, 0.0%)

1 さえなけれ, だもの, だ夜, でなんか変った, で何ん, で立合つた, と自分, にまかせ

▼ 行せし~ (8, 0.0%)

1 がこ, により今, は明和四年十九歳, は言, むるが如きである, むるの間動も, むる不思議の, むる爲に

▼ 行つて了つた~ (8, 0.0%)

1 かな, か忘れ, がそれきり, がな, が二人, と思ひ浮べた, と見え, と言

▼ 行つて人~ (8, 0.0%)

2 を殺せる 1 が天窓, に知れる, の妻, の心, の目, の細君

▼ 行つて其処~ (8, 0.0%)

1 が上さん, で乗替, で人目, で終る, で解決, で許される, の女中, を見せる

▼ 行つて手~ (8, 0.0%)

2 を洗 1 で筍, をのばし, を合せたかれ, を合せました, を執らぬ, 捕りに

▼ 行つて歸つて來~ (8, 0.0%)

1 た, たばかりの, た平藏, た舟, ました, ると, るん, る山

▼ 行つて酒~ (8, 0.0%)

2 を出す 1 でも飲まう, でも飲む, に酔つて, の五合, をのんだ, を飲む

▼ 行である~ (8, 0.0%)

1 かを, が然し, が蜻蛉, そうな, ぞ, だけはたしか, ともいわれました, 自我は

▼ 行とを~ (8, 0.0%)

1 くっつけるよう, 具足し, 別つ, 取り違えるが, 合せて, 思いおこさせる, 要する, 説明する

▼ 行はれ出した~ (8, 0.0%)

2 のである, 樣だつた 1 が初め, が此, のに違, 様だつた

▼ 行ばかりの~ (8, 0.0%)

1 ところを, 大きな広告, 文字を, 文章は, 文章まず, 簡単な, 言葉は, 詩でありました

▼ 行ふため~ (8, 0.0%)

1 には, にはさ, には矢張さ, に先, に院政, のほか, の器械裝置, の言

▼ 行ふところ~ (8, 0.0%)

1 ではない, に古, に悔, に悧巧, の証明論説, は人, をもて, を善

▼ 行へば~ (8, 0.0%)

2 之を 1 主人は, 善報が, 宵から, 徒一年に, 必ず為し遂げ得る, 済む事

▼ 行上人~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 というの, と比べられた, なんてもの, のお, の再来, の行状

▼ 行~ (8, 0.0%)

2 取締は, 見前人 1 始末の, 退, 須科罪者と, 須科罰と

▼ 行乞行乞相~ (8, 0.0%)

2 はわるく 1 と所得, はよく, は今日, は当然, は悪く, もよかつ

▼ 行~ (8, 0.0%)

2 になる, のもの, も書きこなす 1 しか覚えられなかった, である

▼ 行出來~ (8, 0.0%)

3 ない 2 ないこと 1 ると, るね, る事

▼ 行~ (8, 0.0%)

1 で發布, となつ, にても都, に止まらん, の臨安府, の陷落, を訛, 臨安府

▼ 行広告~ (8, 0.0%)

1 が二つ, が新聞, に, のインチキ, は同じ, も出し, も見うけられ, を見

▼ 行~ (8, 0.0%)

1 に狐つき, の天西南, の石, やその, や不破, や人, や梢, や雨

▼ 行~ (8, 0.0%)

2 の左側 1 にも交番, に石垣, に釜, の原稿紙いっぱい, を埋め, を痛感

▼ 行詰まる~ (8, 0.0%)

2 と平次 1 と, にきまっ, ので, のは, ばかりじゃ, ような

▼ 行~ (8, 0.0%)

2 には電車 1 がない, しけるが, はしない, ふとそ, ふ者, を絶っ

▼ 行違っ~ (8, 0.0%)

2 ている 1 たり出会っ, たり卍, ています, てしまう, て温容, て自分

▼ 行違った~ (8, 0.0%)

1 あとに, という様, 人とは, 土地の, 女同士が, 時すっ, 時ふと, 時も

▼ 行つたさうです~ (7, 0.0%)

421 よお

▼ 行つた二人~ (7, 0.0%)

1 であつ, の娘, の影, の浪人者, の鎖襦袢, は, は恥

▼ 行つた時分~ (7, 0.0%)

1 から來, にはお, には併, には彼女, には養子, の淋しい, は創始時代

▼ 行つた間~ (7, 0.0%)

1 に, に平次, に御, に正宗, に財布, に驚く, をひろ

▼ 行つて一~ (7, 0.0%)

1 しよに, と勝負二, と博奕, と晩泊つて來, と晩飮, と眼, と責め責め

▼ 行つて一緒~ (7, 0.0%)

1 にし, にやる, にゐない, に坐つ, に暮すだらう, に歸つた, に質素

▼ 行つて主人~ (7, 0.0%)

1 が二階, の介抱, の六右衞門, の目, の背後, の萬兵衞, や手代達

▼ 行つて云~ (7, 0.0%)

1 はない, はれた容器, はれるとね, ひつけて, ひました, ふとは, へと散々

▼ 行つて來たん~ (7, 0.0%)

51 だ眞, な

▼ 行つて樣子~ (7, 0.0%)

2 を見 1 をお話, を探, を殘ら, を見たら, を見張つ

▼ 行つて父~ (7, 0.0%)

1 か兄, が今にも, と二人, に逢, を止めた, を衝撃, を驚かせ

▼ 行つて畢~ (7, 0.0%)

4 つた 3

▼ 行つて聽~ (7, 0.0%)

5 いて 2 くと

▼ 行つて誰~ (7, 0.0%)

1 かに素晴, か他, にでも会, に会, もゐやしない, も人, を縛る

▼ 行つて金~ (7, 0.0%)

1 にかへてもどる, になる, に代, に換, や銀, をこし, を持つ

▼ 行とか~ (7, 0.0%)

1 あるいは困難, なんとか言っ, 下関行とかの, 何んとか, 愛とかを, 盛に, 行とばかりに

▼ 行はれなく~ (7, 0.0%)

4 なつて 1 なつた, なつた部分, なつて了

▼ 行はれ得る~ (7, 0.0%)

1 かと云, ことは, といふ事実, とは誰, を主張, 可能性を, 少くも

▼ 行ほど~ (7, 0.0%)

1 ぎざぎざな, 並んで, 書いて, 書きなぐって, 書き進んで, 来るうち, 苦しいこと

▼ 行を以て~ (7, 0.0%)

2 綴られた文学 1 之に, 侯に, 往生の, 有ゆる, 自ら任ずる政治家は

▼ 行以下~ (7, 0.0%)

2 にいへる 1 にこの, にては子, のミノタウロス, 及び淨, 第三十一行

▼ 行住座臥~ (7, 0.0%)

1 が念仏, にも人, の事々物々, の間, はなさぬ, をもいやしく, を嫌わない

▼ 行及び~ (7, 0.0%)

1 その最後, 一〇三行以下, 六八行, 第三十二行, 第三十行, 第八行, 第十六行

▼ 行~ (7, 0.0%)

1 だもの, の料, は一行七人, は馬の背, ももはやほとんど, を喰べた, を山

▼ 行逢っ~ (7, 0.0%)

1 ていた, てそれ, てもあっけない, ても人, て互いに, て私, て覚え

▼ 行および~ (6, 0.0%)

1 その実況, その風俗, ザ行の, 令嬢エミーラの, 北チリの, 歩行し

▼ 行かい~ (6, 0.0%)

3 でか 2 でどう 1 でも

▼ 行しない~ (6, 0.0%)

1 からと再三, でただ, のか, のが, 場合には, 爲めだ

▼ 行せざる~ (6, 0.0%)

2 を以て一, 可から 1 もの, ものを

▼ 行たて~ (6, 0.0%)

1 来ましたたい, 見う, 見う行たて, 見なはるとよか, 見ましたもん, 見まっ

▼ 行つたぢ~ (6, 0.0%)

5 やない 1 やありません

▼ 行つた人々~ (6, 0.0%)

1 であらう, と共に住ん, の団体, の幸福, の身, 例へば前

▼ 行つた人間~ (6, 0.0%)

1 がだんだん, だ, でも尚, のたま, の云, の運命律

▼ 行つた処~ (6, 0.0%)

1 が例, にある, に曙覧, のある, の鍛冶屋, を見る

▼ 行つた形跡~ (6, 0.0%)

2 がある 1 がよく, のある, は無論, もなけれ

▼ 行つた晩~ (6, 0.0%)

1 のこと, の事, の出来事, は四五人, は時間, 遅く帰

▼ 行つた様~ (6, 0.0%)

2 です 1 である, でなく後, な心持, に見せる

▼ 行つた相~ (6, 0.0%)

4 です 1 だが, で今日

▼ 行つた結果~ (6, 0.0%)

2 である 1 が經濟緊急措置, だけに對, であらう, は二ヶ年

▼ 行つた處~ (6, 0.0%)

1 には, に在る, に海軍, の寒戸, は四月, は暗い

▼ 行つちまつ~ (6, 0.0%)

2 たんだ 1 たりする, たんだらう, てね, てよ

▼ 行つちまつた~ (6, 0.0%)

1 からでせう, し, ぢや, のよ, ものは, んでさそれでも

▼ 行つてゆ~ (6, 0.0%)

1 つくりお話, つくりプルウスト, つくり坐りこんで, つくり袴, つくり遊んで, つくり飲んで

▼ 行つて了つたの~ (6, 0.0%)

2 かしら 1 だつたが, だらうと, です, を却つて

▼ 行つて仕事~ (6, 0.0%)

1 が見つからなかつたら, にか, の邪魔, をした, をしました, をする

▼ 行つて君~ (6, 0.0%)

1 がそれ, に斷, の所, の立派, は禪學, をまとも

▼ 行つて家~ (6, 0.0%)

1 にゐた, に居ない, の反, の方, を建て, を恋し

▼ 行つて搜~ (6, 0.0%)

4 して 1 し出して, すと

▼ 行つて母~ (6, 0.0%)

1 とでも話し, と話, にその, にねだ, の弾いた, の方

▼ 行つて物~ (6, 0.0%)

1 も言はずばつ, をもどした, をも云はず, を貰, を食つて, を食べ

▼ 行つて皆~ (6, 0.0%)

1 あ呼ん, で歌, と一緒, なと鬼, に引き合せ, の衆

▼ 行つて逢~ (6, 0.0%)

2 はせて, ふこと 1 はう, ふ事

▼ 行はう~ (6, 0.0%)

3 としてゐる, と云

▼ 行ろう~ (6, 0.0%)

2 とする 1 じゃない, じゃ有りません, ではない, などは片

▼ 行アキ~ (6, 0.0%)

5 は底本 1 はママ

▼ 行~ (6, 0.0%)

2 迹也 1 由重々の, 界也与, 趣, 運行

▼ 行乞中~ (6, 0.0%)

1 いた, に二人, に或, はいつも, 不快事, 悲しかつ

▼ 行会った~ (6, 0.0%)

1 ところの, のです, のは, 先方の, 百姓男を, 途端山崎譲が

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 があった, という語, ともいうべき, と声聞師, に属すべき, をし

▼ 行当り~ (6, 0.0%)

1 して, その解決, のドア, の扉, ばツ, をさえぎっ

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 で容貌, にも意外, のくりかえしだった, は何事, を日記, 平常と

▼ 行日録~ (6, 0.0%)

1 とが同文, とに重見, に, に徴, の余紙, より以下凡三巻

▼ 行燈式~ (6, 0.0%)

3 の電燈 2 のスタンド 1 のもの

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 とに戯れ, に言った, の二人, は惶, は笑っ, も実は

▼ 行留り~ (6, 0.0%)

1 かなぞ, といふの, となりたれ, になった, になります, の雲の上

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 つた, りその, りそれ, りて, り爲撥死, れり

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 かな, であつ, と, に威容, は辨慶縞, を見

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 が帰つて, といふ子息, と言, の口, の家, は驚い

▼ 行逢うた~ (6, 0.0%)

2 ことが 1 というの, という話, 互の, 怖ろ

▼ 行違う~ (6, 0.0%)

1 その跡, でやわ, と七兵衛, 人の, 人を, 時は

▼ 行院様~ (6, 0.0%)

1 から聞い, にお前, はまた, は至って, は非常, もまた

▼ 行~ (6, 0.0%)

1 の, の如く, の影, や五十三亭, ヲ翻, 語らず流水言はず

▼ 行かめ~ (5, 0.0%)

1 とさき竹, と山菅, と手, や森, 行かめと

▼ 行ずつ~ (5, 0.0%)

1 傷寒論と, 書いて, 書きちらしては, 触れて, 訳させられたの

▼ 行つたくら~ (5, 0.0%)

1 ゐだが, ゐだもの, ゐで, ゐであるから, ゐですもの

▼ 行つたさき~ (5, 0.0%)

1 が財産家, で生活, は山口県, は相, は雲

▼ 行つたツ~ (5, 0.0%)

1 ておま, てサアベル, て云つた, て差支, て貴さま

▼ 行つた嫁~ (5, 0.0%)

3 の親 1 の実家, は舅姑

▼ 行つた家~ (5, 0.0%)

1 だ, で逢, の神さん, の糸とり娘, は河上

▼ 行つた折~ (5, 0.0%)

1 になあ土産, には日本, に買つて, の姿, も矢張り

▼ 行つた時彼~ (5, 0.0%)

1 がちようど服, はすこし, はふと, は船底, は隣り

▼ 行つた記憶~ (5, 0.0%)

2 がある 1 が山国, が有ります, にも庭先

▼ 行つておいで~ (5, 0.0%)

31 と申しました, なさいましと

▼ 行つてしまつた~ (5, 0.0%)

2 だよ 1 では, となる, のぢ

▼ 行つて僕~ (5, 0.0%)

1 お談話, に見せました, のほう, の現在, の考え

▼ 行つて其所~ (5, 0.0%)

2 から汽車 1 に半年, に置い, の花壇

▼ 行つて子供~ (5, 0.0%)

2 が折紙 1 つぽく, は立留つた, は錯乱

▼ 行つて最後~ (5, 0.0%)

1 に頭, の, の一冊, は皇室並, までしつかりと

▼ 行つて横~ (5, 0.0%)

2 になりたい 1 つ面, にでもお, に成つた

▼ 行つて荷物~ (5, 0.0%)

1 のやう, を整理, を調べれ, を運び入れ, を運び出す

▼ 行つて頭~ (5, 0.0%)

2 に水 1 のはつきり, を刈つて髭, を濡らした

▼ 行つて顏~ (5, 0.0%)

2 を洗 1 を兩手, を映し, を洗つて來

▼ 行つて骨~ (5, 0.0%)

1 があつ, のあがる, や肉, をひらつ, を折つて

▼ 行ては~ (5, 0.0%)

1 お花夫婦并, くれぬか, つたのどす, 呉れぬか, 尋ぬれ

▼ 行とも~ (5, 0.0%)

1 世話の, 堅く信じ, 決して等しく, 言うべき事, 言ふべき

▼ 行なはれた~ (5, 0.0%)

1 はずである, ばかりの凄惨, る説に, 半ば以上は, 時に

▼ 行なふ~ (5, 0.0%)

1 のだ, 政治は, 毎に, 由時, 道を

▼ 行~ (5, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ど寶澤, ばならず, 貴公

▼ 行ねば~ (5, 0.0%)

1 後藤が, 成ぬにより, 成ぬ用, 日が, 是非も

▼ 行はれたら~ (5, 0.0%)

2 それこそ 1 その日, やはり在り来り, 民衆の

▼ 行はれたらしい~ (5, 0.0%)

1 が後, のは, 修繕当時の, 棄老の, 様子も

▼ 行ひすまし~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 ておさまり返つた, てをり, て行かれる

▼ 行ひすました~ (5, 0.0%)

1 と見え, 御後室, 草庵であります, 行者が, 風貌自らを

▼ 行ひたる~ (5, 0.0%)

1 あとを, 人の, 東京湾は, 為に, 由を

▼ 行ひと~ (5, 0.0%)

1 いふもの, して, の不一致, の間, 申すの

▼ 行ひも~ (5, 0.0%)

1 した, しなかつたら志, し給, なかりしに, 別段詮議

▼ 行へり~ (5, 0.0%)

2 顧ふ 1 かくして未だ, そを, 彼の

▼ 行ました~ (5, 0.0%)

3 あれも 1 かい, が通っ

▼ 行ます~ (5, 0.0%)

2 かお 1 とも親分, と云, 積なる

▼ 行ませう~ (5, 0.0%)

3 とてお 1 と金一分取出し翌日, 其代り少しも

▼ 行~ (5, 0.0%)

21 にも意味, は, はど

▼ 行もの~ (5, 0.0%)

1 かと捕, なし, 一ヶ条在, 字の, 意味が

▼ 行ります~ (5, 0.0%)

2 から母, ねえ 1 其処は

▼ 行れた~ (5, 0.0%)

1 と云, も御, 事には, 方が, 歸り懸

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 と云う, 振リヲシテ便所ニ, 故ニ留守, 故三男, 計畫ラシイ

▼ 行乃至~ (5, 0.0%)

1 七十五行の, 二十行は, 十四行宛要領の, 数百行を, 百行の

▼ 行乞午後~ (5, 0.0%)

1 の二時間, はゆつくり, は休養, は虹, は重い

▼ 行乞所得~ (5, 0.0%)

1 で焼酎, の残金全部, は, はよく, も上上来

▼ 行乞気分~ (5, 0.0%)

3 になれない 1 になれなかつた, にはどうしても

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 とを接近, の迹, 去留, 坐臥, 思い思いに

▼ 行~ (5, 0.0%)

2 にはかり知られぬ 1 して, する人, に氣

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 とパウロ, などの五行思想, に二箇所, の作者, の文

▼ 行勝師~ (5, 0.0%)

1 がこの, と親交, に頼みました, の話, は一昨年

▼ 行合せた~ (5, 0.0%)

2 私が, 農夫が 1 と思う

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 なく, に許さざる, を脅かし, を送迎, 少

▼ 行帰り~ (5, 0.0%)

1 からその, に必ず, に織, の車, 餌を

▼ 行当った~ (5, 0.0%)

2 ように 1 のは, 当時は, 記憶の

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 で他, という名, という新, の正直律儀者昔, 及び張内礪杵道作等卅余人

▼ 行掛り上~ (5, 0.0%)

1 から少し, から考え, その船名, 一応形式, 断る訳

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 が盡, は小説, を夙うに超過, を心理描寫, を計算

▼ 行最後~ (5, 0.0%)

5 の字

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 だから, でした, と言つて, の席上, ふ英

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 が立行, は享保十八年, は御, は江戸, まで横

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 であるけれども, であるこれ, である其の, との哲学者たち, はなくなる

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 がこう, がつけ, が頃, にたずねた, はすこし

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 なければ, に向, はない, へ九助, を大岡殿コリヤ

▼ 行~ (5, 0.0%)

2 なけん, の三法 1 ひさしく廃れ

▼ 行詰まった~ (5, 0.0%)

1 が, という状態, ような, ようなうめき, 所が

▼ 行読む~ (5, 0.0%)

1 うちに, か読まぬ, となにげなく, と妾, と直ぐ

▼ 行読ん~ (5, 0.0%)

2 で投げ出す 1 でそっと, でみる, でもすぐクラクラ

▼ 行~ (5, 0.0%)

3 の声 1 の中, の風俗

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 の蹉跌再三再四, はない, は上野, を望む, を祝福

▼ 行通い~ (5, 0.0%)

1 がもと, して, しない後で, しませんよ, なし

▼ 行~ (5, 0.0%)

1 とに二分, と普通, のみである, の諸新, は信仰的

▼ 行くらいの~ (4, 0.0%)

1 文章を, 詩を, 詩句で, 面白いところ

▼ 行ぐど~ (4, 0.0%)

2 も其, も手さ持つてげ

▼ 行こら~ (4, 0.0%)

4 行こら

▼ 行しなけれ~ (4, 0.0%)

1 ば, ばならない, ばならなかつた, ば饑饉

▼ 行じた~ (4, 0.0%)

1 のであった, ゆえに, 時に, 聖の

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 がたあり, と羅什, 時に, 諸弟子

▼ 行せん~ (4, 0.0%)

1 がため, とする, とすれ, とせ

▼ 行つたさうだ~ (4, 0.0%)

2 がね 1 があの, が若い

▼ 行つたや~ (4, 0.0%)

2 うでしたが 1 うでしたよ, はらぎや

▼ 行つたわけぢ~ (4, 0.0%)

1 やありません, やある, やあるまい, やねエ

▼ 行つた三人~ (4, 0.0%)

1 にばかりか, のリュック, の報告, の女

▼ 行つた僕~ (4, 0.0%)

1 にもあります, に上品, の伴, の氣持

▼ 行つた兄~ (4, 0.0%)

1 の後ろ姿, の攝津介, の身の上, よりも執念

▼ 行つた彼~ (4, 0.0%)

1 が齒, の心懷, の旅, はそれ

▼ 行つた手紙~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の束, は奥様

▼ 行つた時刻~ (4, 0.0%)

21 が騷ぎ, を覺

▼ 行つた此~ (4, 0.0%)

1 のせまい, の十日あまり, の若い, の身

▼ 行つた父~ (4, 0.0%)

1 が到頭, である, の後姿, の許

▼ 行つた父親~ (4, 0.0%)

1 の心, はまた, は信太荘司, を慕つて何うに

▼ 行つた言葉~ (4, 0.0%)

1 がある, がいとしい, の改革, を考へ出し

▼ 行つた訣~ (4, 0.0%)

31 です

▼ 行つた身~ (4, 0.0%)

2 が實家 1 が実家, それ程も

▼ 行つた道~ (4, 0.0%)

1 がいかに, であらう, である, ではない

▼ 行つた道筋~ (4, 0.0%)

1 がよく, を一昨日, を今, を考へ

▼ 行つてお出で~ (4, 0.0%)

1 だと, な, よ, よ面倒

▼ 行つてお父さん~ (4, 0.0%)

1 にお, に教, をお, を呼ん

▼ 行つてお金~ (4, 0.0%)

1 に換, を出し, を持つ, を落し

▼ 行つて一人~ (4, 0.0%)

1 で土, で食堂, の少女, 帰るの

▼ 行つて下女~ (4, 0.0%)

4 のお

▼ 行つて今度~ (4, 0.0%)

1 はその, は両手, は好き, は歌

▼ 行つて前~ (4, 0.0%)

2 よりもなほ体 1 とはす, の氏神

▼ 行つて勝手~ (4, 0.0%)

1 な真似, に休まつ, に寝, に食事

▼ 行つて壁~ (4, 0.0%)

2 にぴつたり 1 にかかつて, へ付い

▼ 行つて夕立~ (4, 0.0%)

1 に会, に會, に逢つて足, の止む

▼ 行つて娘~ (4, 0.0%)

1 のお, の子, の所作, を救

▼ 行つて戸~ (4, 0.0%)

1 をしめ, を敲きました, を明け, を開け

▼ 行つて挨拶~ (4, 0.0%)

1 してから, すると, をし, をした

▼ 行つて新聞~ (4, 0.0%)

1 を読む, を読ん, を買つて, を買つて來よう

▼ 行つて明日~ (4, 0.0%)

1 でなきや, の一番, の朝迎, は早く

▼ 行つて會~ (4, 0.0%)

1 いたいん, つて, はせた, ふといふ

▼ 行つて泊つて~ (4, 0.0%)

1 も僕, 居る父, 来るし, 見るか

▼ 行つて無駄話~ (4, 0.0%)

4 をし

▼ 行つて用~ (4, 0.0%)

1 を済ます, を濟, を足させ, を足し

▼ 行つて番頭~ (4, 0.0%)

1 か若, に掛合, の萬次郎, を殺し

▼ 行つて皆んな~ (4, 0.0%)

1 に見せびらかし, に見せる, の樣子, の面前

▼ 行つて石城~ (4, 0.0%)

4 なども高く

▼ 行つて神~ (4, 0.0%)

1 となつ, のいます, の社, の食国

▼ 行つて窓~ (4, 0.0%)

1 から外, の下, を閉めた, を閉める

▼ 行つて腰~ (4, 0.0%)

2 をかけた 1 をかけ, を掛る

▼ 行つて貰ひたい~ (4, 0.0%)

2 と言 1 が奈何, と云つて

▼ 行つて買つて~ (4, 0.0%)

2 呉れた喰 1 来たのよ, 来たん

▼ 行つて道~ (4, 0.0%)

1 が分れ, の向う, の左側, を迷つたの

▼ 行つて部屋~ (4, 0.0%)

1 に取つ, の洋燈, を取, 借りの

▼ 行つて顔~ (4, 0.0%)

1 みしりだつたので, や手, を洗つて, 拭いて

▼ 行てる~ (4, 0.0%)

1 だけや, のん, やのお, 男いう

▼ 行であっ~ (4, 0.0%)

1 てその, て寒い, て救済, て著者

▼ 行とが~ (4, 0.0%)

1 一致してる, 吃りに, 本なり, 浮き上って

▼ 行なはれ~ (4, 0.0%)

3 てゐる 1 其傳説や

▼ 行なら~ (4, 0.0%)

1 ばまた, ば一枚, ば又, ば私

▼ 行によ~ (4, 0.0%)

1 つて一種不思議なる, つて新らしい, つて神と, つて禪定三昧に

▼ 行はせる~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことに, やうに, 事と

▼ 行はれてる~ (4, 0.0%)

1 か知, 最中で, 法律や, 間は

▼ 行はれました~ (4, 0.0%)

1 がその, が一行, ことに対して, 事が

▼ 行ひし~ (4, 0.0%)

1 が遂に, ぞと笑談交, て来た, も冷水浴

▼ 行ひました~ (4, 0.0%)

1 がそれ, が私自身教室, けれど心ならずも, 処が

▼ 行ひます~ (4, 0.0%)

1 からあなた, から或は, が元, が正確

▼ 行ふか~ (4, 0.0%)

1 とすこし, どうかに, などといふこと, は理解

▼ 行ふて~ (4, 0.0%)

1 多数の, 多數, 扶助する, 頓て

▼ 行べき~ (4, 0.0%)

2 方も 1 所も, 約束ゆゑ善六は

▼ 行よりも~ (4, 0.0%)

1 おそし, 一行の, 三倍の, 強き天力

▼ 行らっしゃい~ (4, 0.0%)

1 あっちへ, って云う, なんかとも云おう, よ

▼ 行れる~ (4, 0.0%)

1 と云う, なり出入, もんぢや, 工場労働者の

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 何度モ読ム, 停止シ此ニ再, 応接所へ, 求ムレバ唯縱横ニ架シタル木材ニ過

▼ 行三行~ (4, 0.0%)

1 で到底, と目, のもの, のセンテンス

▼ 行乞三時間~ (4, 0.0%)

1 いろ, また一里, また三里ひき, もう二時近くなつ

▼ 行乞途上~ (4, 0.0%)

1 でひ, に於ける, の偶感, わからずやが

▼ 行亘っ~ (4, 0.0%)

1 ているらしい, て妙, て居る, て響い

▼ 行四段~ (4, 0.0%)

1 という陣形, にも活用, に活用, の命令形

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 あのメチニコフ, とちょい, わめいて, をつれ

▼ 行家どの~ (4, 0.0%)

1 が旅, は兄頼朝, を討て, を討てと

▼ 行当っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, てたしかに, て今や

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 においておのずから, を同じ, を見る, を見れ

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 に身の丈六尺有餘, に遙, に重, を此所

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 には莞爾, は御法通り磔, は金, は餘

▼ 行書いた~ (4, 0.0%)

1 が何, が葉子, 三行目の, 時彼は

▼ 行書く~ (4, 0.0%)

2 ともなく 1 ために, とぴたり

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 に之, の奉, の宅, の方

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 に, に殊, に頭韻, 行六十二字すべて約

▼ 行汽船~ (4, 0.0%)

1 の埠頭, の最低甲板, の白切符, の過

▼ 行燈袴~ (4, 0.0%)

1 のなり, をまくっ, を穿い, を脱捨て

▼ 行爲そのもの~ (4, 0.0%)

1 が不都合, が事實, が既に, の根本的

▼ 行爲的~ (4, 0.0%)

4 なもの

▼ 行爲的時間~ (4, 0.0%)

1 が瞬間, であるといふ, としての瞬間, は永遠

▼ 行生活~ (4, 0.0%)

1 に向, に對, に移らなけれ, は根柢

▼ 行疫神~ (4, 0.0%)

1 の来る, や害虫, をも此神, を逐

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 かつ法術的, として弁証法的自我, な博愛家, の努力

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 の勢い, の西, は灰色, は花

▼ 行~ (4, 0.0%)

2 第三十 1 だ, に就い

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 による, によるに此辺みな海也, に押別命, 及び豐後風土記とも

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 は, ふなれば, へと云, へ晝中

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 としての色彩, に彩色, の色摺, を見る

▼ 行菩薩~ (4, 0.0%)

1 たること, であるという, を以てまでも任じ, を自覚

▼ 行衣姿~ (4, 0.0%)

1 が物の怪, のお, の島原城, や鈴

▼ 行~ (4, 0.0%)

21 ている, てゐる

▼ 行触れ~ (4, 0.0%)

1 だと, の事情, の件, の遠慮

▼ 行~ (4, 0.0%)

2 り書いた 1 り蕎麦屋, り読んで

▼ 行読んだ~ (4, 0.0%)

1 かと思う, ことは, とたんに, ものらしい

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 の如き, の結論以外, をも喋々, を訂正

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 ということ, とが必要, との関係, を主張

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 の哀れさ, の落付, の親心重き枕, は悲歎

▼ 行返り~ (4, 0.0%)

3 に寄つて 1 て遊ぶ

▼ 行~ (4, 0.0%)

1 の, の敵, の武勇歌, はきさらぎ

▼ 行長音~ (4, 0.0%)

2 または長 1 なりか, なりになつ

▼ 行願寺内~ (4, 0.0%)

2 にあ 1 へ帰る, へ歸

▼ 行ありし~ (3, 0.0%)

2 をあやしみ 1 がために

▼ 行あるいは~ (3, 0.0%)

1 三十行ごとに, 五六行はなはだしい, 五行であろう

▼ 行かっせ~ (3, 0.0%)

21 に放さねえだ

▼ 行かなり~ (3, 0.0%)

2 が私 1 おかしげな

▼ 行がかり上~ (3, 0.0%)

1 じっとし, 一応岡田, 全然今

▼ 行がけ~ (3, 0.0%)

1 に先刻, の駄賃, はしく

▼ 行これ~ (3, 0.0%)

1 なり, に過ぎたる, 多し

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 へすれ, へせね, るる事

▼ 行さえ~ (3, 0.0%)

1 ない調子, なければ, 改めれば

▼ 行される~ (3, 0.0%)

1 もので, 時代が, 迄は景教碑

▼ 行し得る~ (3, 0.0%)

1 ことで, のであ, の實力

▼ 行すぎる~ (3, 0.0%)

3 事も

▼ 行せしめ~ (3, 0.0%)

1 公式もて, 就眠時間の, 或は不眠

▼ 行せよ~ (3, 0.0%)

1 といふ, と云, 此

▼ 行せられた~ (3, 0.0%)

1 ので其の, のは, 場合が

▼ 行せる~ (3, 0.0%)

2 文人趣味を 1 ものは

▼ 行たか筆~ (3, 0.0%)

2 やへも來 1 やへも来ない

▼ 行たこ~ (3, 0.0%)

2 とあれ 1 とありまし

▼ 行たるや~ (3, 0.0%)

1 と云, と問, と尋ね

▼ 行たん~ (3, 0.0%)

1 じゃけん, やが, を他人

▼ 行だった~ (3, 0.0%)

1 からなあ, と思う, のである

▼ 行って~ (3, 0.0%)

1 坂を, 帰って, 見て

▼ 行つたさう~ (3, 0.0%)

21 で折惡

▼ 行つたそれ~ (3, 0.0%)

1 である, は一様, を女中

▼ 行つたつて駄目~ (3, 0.0%)

1 かとも思ふ, だぞ, だよ

▼ 行つたな~ (3, 0.0%)

1 やみに, らだ, 親方

▼ 行つたガラツ八~ (3, 0.0%)

1 の報告, は思ひ, は晝

▼ 行つたクリスト~ (3, 0.0%)

2 に雷 1 は彼自身

▼ 行つた事実~ (3, 0.0%)

1 である, にも変り, はようやく

▼ 行つた仲間~ (3, 0.0%)

1 だ, の一人, も叔母さん

▼ 行つた先々~ (3, 0.0%)

1 の人, の闇市, を當つて

▼ 行つた匕首~ (3, 0.0%)

1 があつ, でそんな, を持つ

▼ 行つた夢~ (3, 0.0%)

1 だよ, をみた, をみました

▼ 行つた奇蹟~ (3, 0.0%)

2 を信じ 1 の中

▼ 行つた姿~ (3, 0.0%)

1 が目, など今, は明確

▼ 行つた富岡~ (3, 0.0%)

1 に対して思はず, の帰り, は何処

▼ 行つた工藤~ (3, 0.0%)

1 からは一二度簡單, のところ, のアパート

▼ 行つた年~ (3, 0.0%)

1 だな, でせう, の夏

▼ 行つた方角~ (3, 0.0%)

1 から低い, を考へ, を見た

▼ 行つた時代~ (3, 0.0%)

1 の地理, を其儘, を見ます

▼ 行つた時私~ (3, 0.0%)

2 に銀側時計 1 の話

▼ 行つた樣~ (3, 0.0%)

1 でありました, でなく後, に霜

▼ 行つた爲~ (3, 0.0%)

1 だ, にす, に自分

▼ 行つた理由~ (3, 0.0%)

1 から照ちやん, をあら, を明らか

▼ 行つた番頭~ (3, 0.0%)

1 の茂七, の金五郎, を呼び寄せました

▼ 行つた経験~ (3, 0.0%)

1 があつ, があります, の無い

▼ 行つた脇差~ (3, 0.0%)

1 かい, と同じ, まで拔

▼ 行つた路~ (3, 0.0%)

1 が一杯, とは方向, はまだはるか

▼ 行つた里~ (3, 0.0%)

3 の娘たち

▼ 行つた風~ (3, 0.0%)

1 にちよこ, のやう, や暴風雨

▼ 行つた鹿~ (3, 0.0%)

1 が竿立ち, はびつくり, は首

▼ 行つてあいつ~ (3, 0.0%)

1 によく, の来ない, の饒舌

▼ 行つてあなた~ (3, 0.0%)

1 が此處, の作品, の家

▼ 行つてお前~ (3, 0.0%)

1 がどんな, の好き, の歸つて來

▼ 行つてお茶~ (3, 0.0%)

1 でも頂戴, の飲む, を受け取つ

▼ 行つてお話~ (3, 0.0%)

1 うか, して, をし

▼ 行つてくつ~ (3, 0.0%)

1 つけて, 付けたやう, 付けて

▼ 行つてこれ~ (3, 0.0%)

1 と思ふ, を一枚, を告げる

▼ 行つてさ~ (3, 0.0%)

1 ういふところ, それで一代, へ居る

▼ 行つてしまつた後~ (3, 0.0%)

1 の方, の月日, もそこ

▼ 行つてす~ (3, 0.0%)

1 つかりとまりました, つかり失望, つかり詫びて

▼ 行つてそつ~ (3, 0.0%)

1 とそれ, と内, と覗いた

▼ 行つてびつくり~ (3, 0.0%)

1 して, しました, するほど

▼ 行つてみや~ (3, 0.0%)

3 うかと思

▼ 行つてゆき子~ (3, 0.0%)

1 のそば, を探し, を掻き抱いた

▼ 行つてピアノ~ (3, 0.0%)

1 に向つた, の上, の前

▼ 行つて一度~ (3, 0.0%)

1 その狸, は拜, も振り返らなかつた

▼ 行つて世間~ (3, 0.0%)

1 にそれ, をアツ, を見

▼ 行つて二日~ (3, 0.0%)

3 も三日

▼ 行つて二階~ (3, 0.0%)

1 から下り, に引込んでしまつた, に陣取

▼ 行つて今日~ (3, 0.0%)

1 の國立, は松, 還ると

▼ 行つて他~ (3, 0.0%)

1 のすべて, の人, の子供

▼ 行つて会~ (3, 0.0%)

1 つたら今夜暇, つて, はう

▼ 行つて何ん~ (3, 0.0%)

2 な事 1 とかうまい

▼ 行つて何處~ (3, 0.0%)

1 で染めた, に殿, を何

▼ 行つて來よう~ (3, 0.0%)

1 かしら警察, かなと思つて, と思

▼ 行つて俺~ (3, 0.0%)

2 の事 1 の手柄

▼ 行つて出版~ (3, 0.0%)

2 する 1 して

▼ 行つて可~ (3, 0.0%)

1 いか方角, いでせう, い事

▼ 行つて右~ (3, 0.0%)

1 に廻る, の夷人, の始末

▼ 行つて呑気~ (3, 0.0%)

2 に遊ん 1 な仲間

▼ 行つて外~ (3, 0.0%)

1 から戸, の明り, へ出る

▼ 行つて妹~ (3, 0.0%)

1 の下手, の死ん, をつれ

▼ 行つて家中~ (3, 0.0%)

2 の者 1 を搜

▼ 行つて山~ (3, 0.0%)

1 から引いてる, の中, よりのところ

▼ 行つて崖~ (3, 0.0%)

1 から落ち, の上, の下

▼ 行つて川~ (3, 0.0%)

2 はまた 1 ば見てれ

▼ 行つて床~ (3, 0.0%)

1 に額, の上, の中

▼ 行つて後~ (3, 0.0%)

1 の戸締り, の押入れ, も前後四時間

▼ 行つて懇意~ (3, 0.0%)

1 な宿屋, になつた, になりました

▼ 行つて打突つて~ (3, 0.0%)

2 見て 1 見る必要

▼ 行つて教~ (3, 0.0%)

1 へられた, へを乞うた, を乞うたら

▼ 行つて日本~ (3, 0.0%)

1 には百姓, の威信, の文明

▼ 行つて来給~ (3, 0.0%)

21 へそんな

▼ 行つて様子~ (3, 0.0%)

2 を見届け 1 を見

▼ 行つて次~ (3, 0.0%)

1 のやう, の命令, の汽車

▼ 行つて此~ (3, 0.0%)

1 が逆, に替る, の家

▼ 行つて気~ (3, 0.0%)

1 の解らない, をつけエ, 長く養生

▼ 行つて水道~ (3, 0.0%)

1 の, の口, の栓

▼ 行つて汽車~ (3, 0.0%)

2 を待つ 1 に乘

▼ 行つて涎~ (3, 0.0%)

3 を垂らす

▼ 行つて煙草~ (3, 0.0%)

1 の葉, を喫むや, を喫む真似

▼ 行つて獨~ (3, 0.0%)

1 りでとてつもない, りで思ふ存分寢, りで飮

▼ 行つて相談~ (3, 0.0%)

2 して 1 すると

▼ 行つて笹野~ (3, 0.0%)

3 の旦那

▼ 行つて終~ (3, 0.0%)

1 つた, ひには, ふ心算

▼ 行つて自由~ (3, 0.0%)

1 にした, に摘みとる, に生活

▼ 行つて花~ (3, 0.0%)

1 の下, をかざし, をた

▼ 行つて茶棚~ (3, 0.0%)

2 の奧 1 の奥

▼ 行つて草~ (3, 0.0%)

2 を藉 1 の上

▼ 行つて貰つて~ (3, 0.0%)

1 はお, も宜, 来るわ

▼ 行つて買物~ (3, 0.0%)

1 をする, を済まし, 色々湯田へま

▼ 行つて近所~ (3, 0.0%)

1 にある, の小川, の流れ

▼ 行つて間~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 も無く

▼ 行つて頂戴~ (3, 0.0%)

1 ね今日, よ, よ下り

▼ 行つて飮~ (3, 0.0%)

1 まうと, みながら, み直さなくちや

▼ 行つて飯~ (3, 0.0%)

2 を食 1 を喫

▼ 行つて駿介~ (3, 0.0%)

1 は五錢, は古, は時として

▼ 行つとる~ (3, 0.0%)

1 お前に, んだ, 時分ぢや

▼ 行つまり~ (3, 0.0%)

1 きっちり四百五十六字, きつちり四百五十六字, で人

▼ 行てから~ (3, 0.0%)

1 その話, 家政に, 度々母樣

▼ 行てた~ (3, 0.0%)

1 あ, の, 時分お

▼ 行であり~ (3, 0.0%)

1 かつ文学, 乙の, 又文科

▼ 行です~ (3, 0.0%)

1 と答えた, なあれ, ね

▼ 行でます~ (3, 0.0%)

2 時に 1 時歌よみした

▼ 行としては~ (3, 0.0%)

1 小次郎の, 決してその, 郵船に

▼ 行とて~ (3, 0.0%)

1 出しより, 祖母に, 行過

▼ 行と共に~ (3, 0.0%)

1 出来ないかくし芸, 歩き出しました, 益々生気

▼ 行どの~ (3, 0.0%)

1 であった, でしょう, とか聞えました

▼ 行なえる~ (3, 0.0%)

1 ような, 尋問を, 筈な

▼ 行などと~ (3, 0.0%)

1 云し, 言って, 言つて諸人を

▼ 行などは~ (3, 0.0%)

1 しなかった, しなかつた, 何ほどの

▼ 行なり~ (3, 0.0%)

1 されたこと, 事實なり, 得法の

▼ 行なりが~ (3, 0.0%)

21 ただ圧迫

▼ 行なる~ (3, 0.0%)

1 がゆえなり, ものは, 後なる

▼ 行なれ~ (3, 0.0%)

1 ど, ば旅中, ば辨當

▼ 行ぬけ~ (3, 0.0%)

3 の締り

▼ 行はれたらう~ (3, 0.0%)

1 と思はれる, と思ふ, 様は

▼ 行はれな~ (3, 0.0%)

2 んだ 1 ば汝今

▼ 行はれます~ (3, 0.0%)

1 と當然, のでそれ, 時何を以て

▼ 行はれるであらう~ (3, 0.0%)

3

▼ 行ひける~ (3, 0.0%)

1 に天其不政, ほどに勁敵, 扨此平野村には

▼ 行ひたい~ (3, 0.0%)

1 が貴意, といふ關係者達, と思つて

▼ 行ひたり~ (3, 0.0%)

2 一昨年閣下が 1 と雖

▼ 行ひだ~ (3, 0.0%)

1 といふ事, と考へ, と言

▼ 行ひで~ (3, 0.0%)

2 はない 1 あつた

▼ 行ふから~ (3, 0.0%)

1 そのつもり, である, 待つて

▼ 行ふよ~ (3, 0.0%)

1 り他, り在世間, り外手段

▼ 行へと~ (3, 0.0%)

1 いふに, なり, 求めるの

▼ 行へも~ (3, 0.0%)

1 しらに, しれず飛ぶや, 知れず消え失する富士

▼ 行ほどに~ (3, 0.0%)

1 ぎっしりと, 字数を, 書いて

▼ 行までは~ (3, 0.0%)

1 フィリップ四世の, 傲慢の, 大して重要

▼ 行よく~ (3, 0.0%)

1 植木職が, 正義に, 謹めるかた

▼ 行らっしゃっ~ (3, 0.0%)

1 ていただけたでしょう, てはどう, て上様

▼ 行らっしゃった~ (3, 0.0%)

1 のだろう, のは, 二三日前にね

▼ 行らっしゃらなかった~ (3, 0.0%)

3

▼ 行れぬ~ (3, 0.0%)

1 と斷, 樣此久八が, 物なれ

▼ 行れよ~ (3, 0.0%)

1 と怒りける, 然すれ, 金は

▼ 行ろうと~ (3, 0.0%)

1 はせず, は思わない, 思ったらどんな

▼ 行わるべから~ (3, 0.0%)

2 ざるを 1 ざらんや

▼ 行下二段~ (3, 0.0%)

2 に活用 1 の動詞

▼ 行不可能~ (3, 0.0%)

1 であつ, なこと, な事

▼ 行乞それ~ (3, 0.0%)

1 から一里半, から下松, から歩む

▼ 行乞坊主~ (3, 0.0%)

1 が行乞, としての私, なので

▼ 行乞者~ (3, 0.0%)

1 が被, に勝つ, に戻りきれない

▼ 行乞近来~ (3, 0.0%)

3 にない

▼ 行二十行~ (3, 0.0%)

2 と筆 1 の雑報

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 れて, れと, れを

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 はない, はぬ, ふ時

▼ 行会っ~ (3, 0.0%)

1 てそれから, て測らぬ, て署長

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 でも読ませよう, の初め, までは

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 に綴っ, の力, 認めしを

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 といふ, なり, 走す名づけて

▼ 行内外~ (3, 0.0%)

1 が最適, で御免, の一段

▼ 行別れる~ (3, 0.0%)

3 に思ひ

▼ 行十名~ (3, 0.0%)

1 が最後, が近来頻発, は人員点検

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 く氣, ければ, しとて

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 の咄, の概略, の譯

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 ひて, ひ上意, ふ正面

▼ 行~ (3, 0.0%)

2 して 1 しあるいは

▼ 行四人~ (3, 0.0%)

1 の夢, は九月九日, は其家

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 源和尚へ, 移民と, 菩薩と

▼ 行家様~ (3, 0.0%)

1 がお立ち寄り, とも鎌倉殿, へは領地

▼ 行山脈~ (3, 0.0%)

2 の一嶺 1 の一角

▼ 行~ (3, 0.0%)

2 の九 1 の終わり

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 その由, の時, の親

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 つた, ばつたり, 候様に

▼ 行怠り~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 なく建保四年閏六月二十日

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 みで, みながら, んでエホバ

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 の是非, 上単身では, 合事に

▼ 行或は~ (3, 0.0%)

1 二三十行づゝ二三箇所削つ, 五行六行に, 山姥の

▼ 行抹消~ (3, 0.0%)

3 されて

▼ 行担島~ (3, 0.0%)

1 からさらに, に投錨, へ引

▼ 行書き~ (3, 0.0%)

1 かけて, 並べアルファベット, 加えて

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 である或は, を抱え, を貰い

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 せざる浄行童女善比丘尼, の事, の夢

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 なるわ, の乱, の亂

▼ 行燈みたい~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 にぼうっと

▼ 行爲的自己~ (3, 0.0%)

1 である, に關係, は技術的自己

▼ 行特急~ (3, 0.0%)

1 の二等車, の食堂車, 第七九五号列車

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 の書, の門, 催す

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 に命じ, の中書左丞, の參知政事

▼ 行立つ~ (3, 0.0%)

1 と斯, んだ, 訳は

▼ 行著く~ (3, 0.0%)

1 と頭, のであつ, まで黙らなかつた

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 などはわけ, の四ツ辻, を過ぎりし

▼ 行衞知~ (3, 0.0%)

1 ずとの, ずに, ねば

▼ 行親忠家~ (3, 0.0%)

1 に分ち給, の両人, を以て死骸等

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 である, といふこと, の本

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 もない, もなく, もまた

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 のため, の廉, を示した

▼ 行逢い~ (3, 0.0%)

1 がしら, つつ登場, て近状

▼ 行逢え~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば直ちに, もしねえ

▼ 行逢ふた位~ (3, 0.0%)

3 ではよもや

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 にある, の拝殿, へ参ッ

▼ 行~ (3, 0.0%)

1 といっ, に向っ, を現し

▼ 行願寺~ (3, 0.0%)

2 の門 1 の寺内

▼ 行~ (3, 0.0%)

21 の選びたる

▼ 行かいた~ (2, 0.0%)

1 お葉書, 後で

▼ 行かは~ (2, 0.0%)

1 削られ書きかえられるでしょう, 書きこまれて

▼ 行ぐす~ (2, 0.0%)

2

▼ 行ぐべア~ (2, 0.0%)

2 がな

▼ 行ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 個条書きに, 尽きて

▼ 行ぐん~ (2, 0.0%)

1 だ, ですが

▼ 行ぐ時~ (2, 0.0%)

1 の旅費, 一寸寄っ

▼ 行ぐ時ア空馬車曳~ (2, 0.0%)

2 つぱつて行ぐのだもの

▼ 行けり~ (2, 0.0%)

1 是より, 跡には

▼ 行げっ~ (2, 0.0%)

1 たら, たら行げッ

▼ 行げばいいん~ (2, 0.0%)

1 だ, だじゃ

▼ 行こと~ (2, 0.0%)

1 をよろこぼひ, を知らざれ

▼ 行この~ (2, 0.0%)

1 アトを, 加野宗三郎氏の

▼ 行されず~ (2, 0.0%)

1 に濟ん, 寧ろ無視

▼ 行ざれ~ (2, 0.0%)

1 ども能, ばならず

▼ 行しかば~ (2, 0.0%)

1 是を, 美和山に

▼ 行しなかつた~ (2, 0.0%)

1 のは, やうにも

▼ 行しならん~ (2, 0.0%)

1 今に心付, 夫れ

▼ 行し貫く~ (2, 0.0%)

2 性格の

▼ 行じなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば効果

▼ 行すなわち~ (2, 0.0%)

1 自滅の, 頭陀乞食を

▼ 行すべき~ (2, 0.0%)

1 かと云, 處即ち

▼ 行すまし~ (2, 0.0%)

1 て居らっしゃった, て居る

▼ 行するなら~ (2, 0.0%)

1 ば屹度良好, ば英國

▼ 行すれ~ (2, 0.0%)

1 ば出, ば當

▼ 行ずり~ (2, 0.0%)

1 に, に見し

▼ 行せられ~ (2, 0.0%)

1 て養老元年, なんだ

▼ 行せられし~ (2, 0.0%)

1 ものに, 軍物語の

▼ 行その~ (2, 0.0%)

1 者の, 行の

▼ 行そのもの~ (2, 0.0%)

1 はまさしく, は悪く

▼ 行たい~ (2, 0.0%)

1 とて同船, 早く逢たい

▼ 行たっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ売っとる, てどれば

▼ 行たなら~ (2, 0.0%)

1 ば人情, ば日本

▼ 行だけ~ (2, 0.0%)

1 残って, 読んで

▼ 行~ (2, 0.0%)

2 がへに

▼ 行つたあと初子~ (2, 0.0%)

2 がひとり台所

▼ 行つたあと気抜け~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ 行つたさま~ (2, 0.0%)

1 が絵, は今

▼ 行つたせゐ~ (2, 0.0%)

1 かパチ, か意外

▼ 行つたそう~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ 行つたつけ~ (2, 0.0%)

2

▼ 行つたつて奈何~ (2, 0.0%)

2 なるもん

▼ 行つたのさ~ (2, 0.0%)

1 へた, へ知らない

▼ 行つたよう~ (2, 0.0%)

1 でそれ, に見せかけ

▼ 行つたらあかん~ (2, 0.0%)

2 ねんで

▼ 行つたらあるだらう~ (2, 0.0%)

1 これこそ, との事

▼ 行つたらちつ~ (2, 0.0%)

2 とは蕪木

▼ 行つたらもつ~ (2, 0.0%)

1 と新式, と生気

▼ 行つたわ~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 行つた一人~ (2, 0.0%)

1 が樵夫, はうん

▼ 行つた一日一夜~ (2, 0.0%)

2 を通してすず子

▼ 行つた一疋~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, はたびたびもう

▼ 行つた上~ (2, 0.0%)

1 での藝術, で騎手

▼ 行つた下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 行つた下男~ (2, 0.0%)

2 と下女

▼ 行つた人生~ (2, 0.0%)

2 のすべて

▼ 行つた伜~ (2, 0.0%)

1 と納戸役, の彦太郎

▼ 行つた俺~ (2, 0.0%)

1 の女房, は今夜

▼ 行つた儒家~ (2, 0.0%)

1 は秦, は齊

▼ 行つた光景~ (2, 0.0%)

1 がはつきり, と少し

▼ 行つた八百屋~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 行つた其日~ (2, 0.0%)

1 の悲しい寂しい, の晩

▼ 行つた其處~ (2, 0.0%)

1 では同志, はもう

▼ 行つた初め~ (2, 0.0%)

1 には私, は料理店

▼ 行つた剃刀~ (2, 0.0%)

1 が出, を叩き落しました

▼ 行つた友達~ (2, 0.0%)

1 の下宿, の顔

▼ 行つた呉葉~ (2, 0.0%)

1 が茶椀, はもど

▼ 行つた土地~ (2, 0.0%)

1 が多い, を耕し

▼ 行つた土地解放~ (2, 0.0%)

1 が如何なる, ではない

▼ 行つた地方~ (2, 0.0%)

1 の人々, もある

▼ 行つた変~ (2, 0.0%)

1 な言葉, に巨大

▼ 行つた奥さん~ (2, 0.0%)

1 がわざ, の事

▼ 行つた奴~ (2, 0.0%)

1 が怪しい, が戻

▼ 行つた妾~ (2, 0.0%)

1 のお, は別に

▼ 行つた姉~ (2, 0.0%)

1 と近頃一戸, をお

▼ 行つた子供~ (2, 0.0%)

1 から眼, は丁度

▼ 行つた容子~ (2, 0.0%)

1 がない, を快く

▼ 行つた少年~ (2, 0.0%)

1 の日, の樣

▼ 行つた山~ (2, 0.0%)

1 ではない, に謝罪

▼ 行つた山田~ (2, 0.0%)

1 がどんな, のお

▼ 行つた岡田丸~ (2, 0.0%)

1 が美保, は海そうめん

▼ 行つた帰途~ (2, 0.0%)

1 であつ, は湯田

▼ 行つた幾百年幾万~ (2, 0.0%)

2 の貴い

▼ 行つた幾百年幾萬~ (2, 0.0%)

2 の貴い

▼ 行つた序~ (2, 0.0%)

1 に覗い, に買つて

▼ 行つた彼等~ (2, 0.0%)

1 は勇気, は季節

▼ 行つた意味~ (2, 0.0%)

1 は一目瞭然, もこれ

▼ 行つた手代~ (2, 0.0%)

1 である, の千助

▼ 行つた時そこ~ (2, 0.0%)

1 の土間, の神主

▼ 行つた時それ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を生け

▼ 行つた時二人~ (2, 0.0%)

1 の古, は明日

▼ 行つた時二度三度~ (2, 0.0%)

2 呼んでも

▼ 行つた時檻~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 行つた時此~ (2, 0.0%)

1 の中井さん, の邊

▼ 行つた時繁~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 行つた時間ぢ~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ 行つた本~ (2, 0.0%)

1 の表題, をまた

▼ 行つた校長~ (2, 0.0%)

2 が役場

▼ 行つた次第~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ 行つた歌~ (2, 0.0%)

1 だつたの, のやう

▼ 行つた歸途~ (2, 0.0%)

1 その熊, です

▼ 行つた死~ (2, 0.0%)

1 のやう, を惜ん

▼ 行つた母親~ (2, 0.0%)

1 の気持, への怒り

▼ 行つた気分~ (2, 0.0%)

1 だけでも味, と事実

▼ 行つた氣持~ (2, 0.0%)

1 には僕, も知つて

▼ 行つた源太郎~ (2, 0.0%)

2 は小さい

▼ 行つた点~ (2, 0.0%)

1 である, は卒業

▼ 行つた無数~ (2, 0.0%)

1 の人間, の隣人たち

▼ 行つた瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 の方, を振り返り

▼ 行つた用事~ (2, 0.0%)

1 のこと, はすむ

▼ 行つた画家~ (2, 0.0%)

1 で貴方, の泉君

▼ 行つた痕~ (2, 0.0%)

1 まで一筋, を見る

▼ 行つた着物~ (2, 0.0%)

1 を一枚, を取出し

▼ 行つた瞬間~ (2, 0.0%)

1 あの事實, だつた

▼ 行つた私達~ (2, 0.0%)

1 のでたらめ, の一人

▼ 行つた秋田~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 行つた翌年~ (2, 0.0%)

1 の夏, 即ち明治四十年

▼ 行つた老人~ (2, 0.0%)

1 である, は長い

▼ 行つた芸能~ (2, 0.0%)

1 との交, の基礎的事実

▼ 行つた茶~ (2, 0.0%)

1 を飮, を飲ん

▼ 行つた覺~ (2, 0.0%)

2 えは

▼ 行つた諸君~ (2, 0.0%)

1 はお, も画架

▼ 行つた譯~ (2, 0.0%)

1 なん, になる

▼ 行つた車~ (2, 0.0%)

2 がまだ

▼ 行つた途中~ (2, 0.0%)

1 にも根, 見て

▼ 行つた逼真~ (2, 0.0%)

1 の不可能, の可能

▼ 行つた金~ (2, 0.0%)

1 には手, を若竹

▼ 行つた限それなり~ (2, 0.0%)

2 に二人

▼ 行つた隣~ (2, 0.0%)

1 の寐床, の駒吉

▼ 行つた馬~ (2, 0.0%)

1 のやう, を見さしつたらう

▼ 行つた駿介~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は一時間

▼ 行つちまつたら~ (2, 0.0%)

1 どうだ, 好いと

▼ 行つてあと~ (2, 0.0%)

1 で親分, には娘さんひとり

▼ 行つていま~ (2, 0.0%)

1 は子供ごと背負, ひ升

▼ 行つてうつ~ (2, 0.0%)

1 かり鐵心道人, と飲ん

▼ 行つてお婆さん~ (2, 0.0%)

2 に化け

▼ 行つてこんど~ (2, 0.0%)

1 はハノイ, は頭

▼ 行つてさし~ (2, 0.0%)

2 向ひ

▼ 行つてそいつ~ (2, 0.0%)

1 てくろ, を痛感

▼ 行つてちやん~ (2, 0.0%)

1 と前, と蓮華

▼ 行つてぢ~ (2, 0.0%)

1 かにぶつ, つと坐

▼ 行つてついで~ (2, 0.0%)

2 に撫で

▼ 行つてなん~ (2, 0.0%)

1 でも左, のお

▼ 行つてはじめ~ (2, 0.0%)

1 の場所, は医大

▼ 行つてひとり~ (2, 0.0%)

1 であの, 寂しく夕餐

▼ 行つてまごまご~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行つてみたいん~ (2, 0.0%)

1 ですけれど, ですの

▼ 行つてみんな~ (2, 0.0%)

1 にさう, 話して

▼ 行つてよう~ (2, 0.0%)

1 か, ござんす

▼ 行つてらツ~ (2, 0.0%)

2 しや

▼ 行つてりや~ (2, 0.0%)

1 え, おまへ

▼ 行つてろ~ (2, 0.0%)

1 さあ婆さん, つ

▼ 行つてオルガン~ (2, 0.0%)

1 でも弾かう, でも彈

▼ 行つてガラス障子~ (2, 0.0%)

2 を一枚づゝ

▼ 行つてテニス~ (2, 0.0%)

1 が出来, をやつ

▼ 行つてマツチ~ (2, 0.0%)

1 の棒, をスツ

▼ 行つてロチスターさん~ (2, 0.0%)

1 が歸つて來, はお

▼ 行つて一処~ (2, 0.0%)

1 になつ, に喰

▼ 行つて一刻~ (2, 0.0%)

1 ばかり密談, も變

▼ 行つて一杯~ (2, 0.0%)

1 呑んで, 飲む二杯

▼ 行つて一泊~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行つて一風呂~ (2, 0.0%)

2 浴びて

▼ 行つて三輪~ (2, 0.0%)

1 の兄哥, の社

▼ 行つて上~ (2, 0.0%)

2 に載せた

▼ 行つて下~ (2, 0.0%)

1 ださる, の人々

▼ 行つて久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に三味線, 話さう

▼ 行つて乞食~ (2, 0.0%)

1 でもする, と間違

▼ 行つて乳~ (2, 0.0%)

1 を持つた, を飮

▼ 行つて了つて隅~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 行つて了ふん~ (2, 0.0%)

1 だもの, です

▼ 行つて事情~ (2, 0.0%)

1 を聞い, を話し

▼ 行つて二~ (2, 0.0%)

1 た晩泊つて, た釣瓶

▼ 行つて二人前~ (2, 0.0%)

2 の風呂敷包

▼ 行つて五日~ (2, 0.0%)

1 なり十日, も帰らなかつた

▼ 行つて交代~ (2, 0.0%)

2 に其姿見

▼ 行つて交渉~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行つて亥刻~ (2, 0.0%)

1 までは家, を過ぎた

▼ 行つて今夜~ (2, 0.0%)

1 の汽車, は泊り

▼ 行つて今朝遲~ (2, 0.0%)

1 く歸つて來, く皆んな

▼ 行つて介抱~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行つて以来~ (2, 0.0%)

1 つい机, 長くて

▼ 行つて仲間~ (2, 0.0%)

1 に入れ, のひとたち

▼ 行つて伯林~ (2, 0.0%)

2 で降りる

▼ 行つて何かしら~ (2, 0.0%)

2 見つけて

▼ 行つて何処~ (2, 0.0%)

1 までと, までも止まない

▼ 行つて何日~ (2, 0.0%)

1 か蟻, にはどう

▼ 行つて何時~ (2, 0.0%)

1 か涙, までも来ない

▼ 行つて佛樣~ (2, 0.0%)

1 に供, の伽

▼ 行つて例~ (2, 0.0%)

1 のぶら, の小さい

▼ 行つて修業~ (2, 0.0%)

1 して, なすつて

▼ 行つて入口~ (2, 0.0%)

1 のつき, をぴつしやりと

▼ 行つて其古足袋~ (2, 0.0%)

2 を壁

▼ 行つて其話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 行つて函~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 行つて初子~ (2, 0.0%)

2 が土間

▼ 行つて加藤~ (2, 0.0%)

2 で御馳走

▼ 行つて勉強~ (2, 0.0%)

1 したいといふ, してらつし

▼ 行つて勘定~ (2, 0.0%)

2 を月末

▼ 行つて匂~ (2, 0.0%)

2 を嗅い

▼ 行つて十分~ (2, 0.0%)

1 な力, に考へ

▼ 行つて半紙~ (2, 0.0%)

2 を八つ

▼ 行つて去年~ (2, 0.0%)

1 の騷ぎ, 死んだといふ

▼ 行つて友達~ (2, 0.0%)

1 とベースボール, になつて

▼ 行つて受話機~ (2, 0.0%)

2 を耳

▼ 行つて叩頭~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 行つて可いもの~ (2, 0.0%)

2 か怎

▼ 行つて同宿~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 行つて問~ (2, 0.0%)

1 ひかけた, へば天地顛倒

▼ 行つて四辺~ (2, 0.0%)

1 の様, を眺めた

▼ 行つて土~ (2, 0.0%)

1 に移し, をい

▼ 行つて地獄~ (2, 0.0%)

1 のもの, 極樂

▼ 行つて塀~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 行つて塩~ (2, 0.0%)

1 は残ります, を信州

▼ 行つて声~ (2, 0.0%)

1 を張りあげ, を掛けた

▼ 行つて夕方~ (2, 0.0%)

1 に帰つて, 戻つて來

▼ 行つて夜更け~ (2, 0.0%)

1 に宿, に神田

▼ 行つて夜遲~ (2, 0.0%)

2 くな

▼ 行つて奈何~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 行つて女~ (2, 0.0%)

1 の様子, を膝

▼ 行つて好い加減~ (2, 0.0%)

1 にし, に頭

▼ 行つて婆さん~ (2, 0.0%)

1 と二人, の書いた

▼ 行つて嫁~ (2, 0.0%)

1 に訊いたらわかるでせう, の家

▼ 行つて存分~ (2, 0.0%)

1 な家探し, に泣き

▼ 行つて密~ (2, 0.0%)

2 り木賃宿

▼ 行つて寐~ (2, 0.0%)

1 ねえと, ぼけて

▼ 行つて尋~ (2, 0.0%)

1 いて, ぬる人

▼ 行つて小判~ (2, 0.0%)

2 の瓶

▼ 行つて小石~ (2, 0.0%)

1 で羽目, や岩

▼ 行つて左~ (2, 0.0%)

1 に曲がりました, へ曲る

▼ 行つて左側~ (2, 0.0%)

1 にほら穴, のひろ子

▼ 行つて帰~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 行つて帰つて~ (2, 0.0%)

1 来なければ, 来る

▼ 行つて幾つ~ (2, 0.0%)

1 かのよい, かの家

▼ 行つて幾度~ (2, 0.0%)

1 か躊躇ひつ, も此復活

▼ 行つて店~ (2, 0.0%)

1 から主人, の前

▼ 行つて庭~ (2, 0.0%)

1 に投げ捨てられた, の方

▼ 行つて廊下~ (2, 0.0%)

1 の突き當, を歩く

▼ 行つて弟子~ (2, 0.0%)

1 にし, になり

▼ 行つて彼等~ (2, 0.0%)

1 がど, を乗せた

▼ 行つて御所~ (2, 0.0%)

2 の坊

▼ 行つて戸棚~ (2, 0.0%)

1 から一束, の上

▼ 行つて抽斗~ (2, 0.0%)

1 から考, の中

▼ 行つて指~ (2, 0.0%)

1 でナンバー, と指

▼ 行つて提灯~ (2, 0.0%)

1 に釣鐘, を借り

▼ 行つて教室~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 行つて数日~ (2, 0.0%)

2 を過し

▼ 行つて數日~ (2, 0.0%)

2 を過し

▼ 行つて新聞紙~ (2, 0.0%)

1 か何, に包んだ

▼ 行つて日~ (2, 0.0%)

1 の暮れる, を背中

▼ 行つて昨夜~ (2, 0.0%)

1 から敷きつ放し, の話

▼ 行つて昨日午前~ (2, 0.0%)

2 再び下

▼ 行つて晝飯~ (2, 0.0%)

1 にありつく, を喰

▼ 行つて晩~ (2, 0.0%)

1 には誰, に帰つて

▼ 行つて晩飯~ (2, 0.0%)

1 をやつ, を食べよう

▼ 行つて月~ (2, 0.0%)

1 に三度, を見

▼ 行つて木~ (2, 0.0%)

1 や竹, をきつ

▼ 行つて本~ (2, 0.0%)

1 を見, を読ませ

▼ 行つて本郷館~ (2, 0.0%)

2 で些少

▼ 行つて東京~ (2, 0.0%)

1 で笑, と云

▼ 行つて格子~ (2, 0.0%)

1 から庇, に手紙

▼ 行つて棟梁~ (2, 0.0%)

1 の辰三郎, の部屋

▼ 行つて椅子~ (2, 0.0%)

2 に倒れ懸り

▼ 行つて機械~ (2, 0.0%)

1 の修繕, を修繕

▼ 行つて歌~ (2, 0.0%)

1 でも歌つて, を詠まう

▼ 行つて殘~ (2, 0.0%)

1 り少く, るの

▼ 行つて氣~ (2, 0.0%)

1 が附いた, の拔

▼ 行つて洗濯バケツ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 行つて流し元~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 行つて浩一~ (2, 0.0%)

2 と同棲

▼ 行つて清太郎~ (2, 0.0%)

2 と話し

▼ 行つて渦巻~ (2, 0.0%)

2 の線香

▼ 行つて湯~ (2, 0.0%)

1 につかつ, にでもつ

▼ 行つて源助さん~ (2, 0.0%)

2 と盛岡

▼ 行つて漁師~ (2, 0.0%)

1 が公魚採り, に世話

▼ 行つて火~ (2, 0.0%)

1 の河, をつけ

▼ 行つて火鉢~ (2, 0.0%)

1 を二つ三つ, を持つ

▼ 行つて無理~ (2, 0.0%)

1 して, に其の

▼ 行つて無駄~ (2, 0.0%)

1 な時間, になつ

▼ 行つて片隅~ (2, 0.0%)

2 の本箱

▼ 行つて狸汁~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ 行つて猿~ (2, 0.0%)

1 の檻, を見ませう

▼ 行つて獅子~ (2, 0.0%)

1 に食, を砕い

▼ 行つて玉~ (2, 0.0%)

1 を三度, を突いた

▼ 行つて王~ (2, 0.0%)

1 から迎, を捕虜

▼ 行つて現在~ (2, 0.0%)

1 では例年, に及ぶ

▼ 行つて田舎~ (2, 0.0%)

1 に居た, の人

▼ 行つて町~ (2, 0.0%)

1 で賣ろう, の広場

▼ 行つて町内~ (2, 0.0%)

1 の本道石原, を一

▼ 行つて當つて~ (2, 0.0%)

1 見ませうか, 見ろ

▼ 行つて百合~ (2, 0.0%)

1 の匂, を折らう

▼ 行つて直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に仕事, に其の

▼ 行つて直ぐ家~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ 行つて看板娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 行つて矢張亭主~ (2, 0.0%)

2 は居ない

▼ 行つて石~ (2, 0.0%)

1 の段々, を投つて

▼ 行つて秋~ (2, 0.0%)

1 にでもなつ, の入

▼ 行つて筍~ (2, 0.0%)

2 の皮包

▼ 行つて紙鳶~ (2, 0.0%)

1 あげて, を買つて

▼ 行つて綱渡り~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 行つて線香~ (2, 0.0%)

1 でも上げ, の方

▼ 行つて縛つて來~ (2, 0.0%)

1 ますよ, る

▼ 行つて職工~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 行つて肩~ (2, 0.0%)

1 でも叩きたい, を叩い

▼ 行つて脇差~ (2, 0.0%)

1 と根, の始末

▼ 行つて自分たち~ (2, 0.0%)

1 として勢一杯, はいま

▼ 行つて芝居~ (2, 0.0%)

1 のせりふ, をやつ

▼ 行つて若旦那~ (2, 0.0%)

1 の伊之助, の眞太郎さん

▼ 行つて薪~ (2, 0.0%)

1 や御用, を一二荷お婆さん

▼ 行つて蚊帳~ (2, 0.0%)

1 のなか, を一つ買つて

▼ 行つて行燈~ (2, 0.0%)

1 と手燭, や手燭

▼ 行つて裾~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ 行つて言~ (2, 0.0%)

1 ひますぞ, ふとい

▼ 行つて診察~ (2, 0.0%)

1 の濟ん, をなさいまし

▼ 行つて試験~ (2, 0.0%)

1 の勉強, の問題

▼ 行つて読経~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 行つて談判~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行つて談話~ (2, 0.0%)

1 を議論, を頂いた

▼ 行つて謝~ (2, 0.0%)

2 まつて

▼ 行つて譯~ (2, 0.0%)

1 を話し, を話した

▼ 行つて變~ (2, 0.0%)

1 な遠, な顏

▼ 行つて谷~ (2, 0.0%)

1 がお, の中

▼ 行つて貰つた~ (2, 0.0%)

1 その二時間, ほどよく

▼ 行つて足~ (2, 0.0%)

1 がでる, にあ

▼ 行つて身~ (2, 0.0%)

1 を挺ん, を擦附けた

▼ 行つて身体~ (2, 0.0%)

1 の容子, をこすりつける

▼ 行つて迷児~ (2, 0.0%)

1 にした, になつ

▼ 行つて退校願~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 行つて逢つて~ (2, 0.0%)

1 置いて, 見ろつて

▼ 行つて遠く~ (2, 0.0%)

1 から姉, から花見

▼ 行つて都合~ (2, 0.0%)

1 のよく, をきい

▼ 行つて釣瓶~ (2, 0.0%)

1 で二三杯御馳走, にぢ

▼ 行つて院長さん~ (2, 0.0%)

1 に御願, の返事

▼ 行つて隅~ (2, 0.0%)

1 つこで少年雑誌, つこで身體

▼ 行つて隙間~ (2, 0.0%)

2 へ顔

▼ 行つて障子~ (2, 0.0%)

1 を明る, を開け

▼ 行つて雑草~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 行つて雨戸~ (2, 0.0%)

1 の隙間, を開けよう

▼ 行つて電燈~ (2, 0.0%)

2 の栓

▼ 行つて電話~ (2, 0.0%)

1 かけて, をおかけ

▼ 行つて電鈴~ (2, 0.0%)

1 の具合, の白い

▼ 行つて青木さん~ (2, 0.0%)

1 のお, の枕

▼ 行つて青草~ (2, 0.0%)

2 に埋れた

▼ 行つて静か~ (2, 0.0%)

1 にそれ, に勉強

▼ 行つて静止~ (2, 0.0%)

2 させるので

▼ 行つて食事~ (2, 0.0%)

1 をした, をすませ

▼ 行つて馬~ (2, 0.0%)

1 の食, を借り

▼ 行つて髮~ (2, 0.0%)

1 を刈り, を刈りたく

▼ 行つて鶏~ (2, 0.0%)

2 の肉

▼ 行つて鷄~ (2, 0.0%)

1 に餌, の小

▼ 行つて鼻~ (2, 0.0%)

2 と鼻

▼ 行てしもて~ (2, 0.0%)

1 それから, ちょっとも

▼ 行での~ (2, 0.0%)

2 段の

▼ 行でませ~ (2, 0.0%)

2 やおほら

▼ 行とき~ (2, 0.0%)

2 は二三人

▼ 行とな~ (2, 0.0%)

1 せりといふ, つては

▼ 行とに~ (2, 0.0%)

1 奪はれた如く, 歸着すべき

▼ 行なき~ (2, 0.0%)

1 にしも, 梅を

▼ 行なく~ (2, 0.0%)

1 して, 生て

▼ 行なけれ~ (2, 0.0%)

1 ば成らなかった, ば美術諸生

▼ 行なつ~ (2, 0.0%)

1 た, たりする

▼ 行など~ (2, 0.0%)

1 なかなか剛の者, 言ふ

▼ 行などの~ (2, 0.0%)

1 手に, 無声音以外は

▼ 行などを~ (2, 0.0%)

1 こ, やらなければ

▼ 行なひ~ (2, 0.0%)

1 君を, 妻の

▼ 行にあたる~ (2, 0.0%)

1 奴ださうです, 諸音

▼ 行において~ (2, 0.0%)

1 ならゴリラ, 最も大

▼ 行にて~ (2, 0.0%)

1 易行往生と, 竜神の

▼ 行にな~ (2, 0.0%)

1 つても, つて居

▼ 行にや~ (2, 0.0%)

1 はったん, 眞直に

▼ 行にわたる~ (2, 0.0%)

1 丸括弧で, 波括弧

▼ 行ねへ~ (2, 0.0%)

1 この鼻緒, 此鼻緒は

▼ 行はず~ (2, 0.0%)

1 にすませられる, にとにかく

▼ 行はず利害~ (2, 0.0%)

2 に明

▼ 行はば~ (2, 0.0%)

1 剽竊炙直しの, 軍備は

▼ 行はるべきである~ (2, 0.0%)

1 といつ, といふこと

▼ 行はれける~ (2, 0.0%)

1 にぞ我が, に御上

▼ 行はれしめ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, むとし衆我の

▼ 行はれたなら~ (2, 0.0%)

1 ば一代毎, ば日本語

▼ 行はれまし~ (2, 0.0%)

1 て一般に, て小さな

▼ 行はれむこ~ (2, 0.0%)

1 となり, とを願

▼ 行はれよう~ (2, 0.0%)

1 としてゐる, とも根本

▼ 行はれ出し~ (2, 0.0%)

1 てその, て來

▼ 行はれ始めた~ (2, 0.0%)

1 のが, ものと

▼ 行ひたりし~ (2, 0.0%)

2 は何ぞ

▼ 行ひ成るべく~ (2, 0.0%)

1 暴れ, 暴れ廻つて政府を

▼ 行ひ澄まし~ (2, 0.0%)

1 てお, てゐる

▼ 行ひ澄ました~ (2, 0.0%)

1 良寛に, 若い尼僧

▼ 行ふとき~ (2, 0.0%)

1 は下, 私はか

▼ 行また~ (2, 0.0%)

1 それより, 直卿

▼ 行または~ (2, 0.0%)

1 名に, 段の

▼ 行までの~ (2, 0.0%)

1 大意左の, 御歴代

▼ 行みたい~ (2, 0.0%)

1 なつもり, な運命

▼ 行めぐり~ (2, 0.0%)

1 夢に, 行めぐり

▼ 行やう~ (2, 0.0%)

1 なりと, にお

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 ふなる事, むとせしが物言はず疊み

▼ 行よむ~ (2, 0.0%)

1 と二人, のです

▼ 行らしい~ (2, 0.0%)

1 一行の, 乗物の

▼ 行らしった~ (2, 0.0%)

1 がいい, という話

▼ 行らしつ~ (2, 0.0%)

1 たりおいしい, て下さいまし

▼ 行らっしゃいました~ (2, 0.0%)

1 のでもしも, 君様光君と

▼ 行りました~ (2, 0.0%)

1 が一人息子, なあ

▼ 行りましょう~ (2, 0.0%)

1 ねえどう, エ先生逃げ隠れは

▼ 行り得る~ (2, 0.0%)

1 もので, 者が

▼ 行り通し~ (2, 0.0%)

1 てみせる, てゐる

▼ 行れない~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 行わけ~ (2, 0.0%)

1 にし, の短い

▼ 行わるべからざる~ (2, 0.0%)

1 ことと, ことを

▼ 行をもって~ (2, 0.0%)

1 出征した, 片付けて

▼ 行んで~ (2, 0.0%)

1 おやん, 暮したいが

▼ 行んでし~ (2, 0.0%)

1 もうた, もた

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 とも謂う, 見ルニ

▼ 行クホド~ (2, 0.0%)

1 暑クナリマス, 軽カッタノデアルガ

▼ 行コウ~ (2, 0.0%)

1 と楽しん, ヨコノ間カラ鱧ガ喰イタクッテ仕様ガナインダ

▼ 行ッタ~ (2, 0.0%)

1 故疑, 漸

▼ 行ッタラ~ (2, 0.0%)

1 イロイロ馳走ヲシタ, 又喧嘩デスヨ

▼ 行ツタノ~ (2, 0.0%)

1 デソノ時カラコツチ, ヨ

▼ 行ツテ~ (2, 0.0%)

1 御番, 見ルニ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 れざれば, れまじく残念

▼ 行ハレテ~ (2, 0.0%)

1 大多數國民ガ其生活基礎タル土地, 遠ク大坂ト海

▼ 行バス~ (2, 0.0%)

1 に乘りか, の終車

▼ 行ヤ行~ (2, 0.0%)

2 ワ行音

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 行音がナ, 行音の

▼ 行一つ~ (2, 0.0%)

1 は信州, は尾張

▼ 行一聯~ (2, 0.0%)

2 の六聯

▼ 行一郎~ (2, 0.0%)

1 とつけた, のところ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 と称した, 後英琢

▼ 行三十日陸行一日總~ (2, 0.0%)

1 て三十一日, べて三十一日

▼ 行三等列車~ (2, 0.0%)

2 の棚

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 に伴, は娘

▼ 行上一段~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, の語尾

▼ 行上二段~ (2, 0.0%)

1 に活用, の語尾

▼ 行並びに~ (2, 0.0%)

1 七三, 註參照

▼ 行乞やう~ (2, 0.0%)

1 やく教, やく米一杯半

▼ 行乞久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に日本酒, の行乞

▼ 行乞五時間~ (2, 0.0%)

1 ばかり嘉川方面, ばかり歩き

▼ 行乞今日~ (2, 0.0%)

1 の行乞, はまた

▼ 行乞十一時~ (2, 0.0%)

1 から一時, から十二時

▼ 行乞成績~ (2, 0.0%)

1 がよい, は銭七十九銭

▼ 行乞泊つて~ (2, 0.0%)

1 食べて, 食べるだけの

▼ 行乞漫談~ (2, 0.0%)

1 の材料, の資料

▼ 行乞米~ (2, 0.0%)

1 を下さいといつ, を貰つて下

▼ 行乞行乞~ (2, 0.0%)

1 がいや, に出かけ

▼ 行乞街~ (2, 0.0%)

2 はづれ

▼ 行乞記~ (2, 0.0%)

1 の重要, を作る

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 その事, その髪油

▼ 行二十字詰~ (2, 0.0%)

1 で何文, の罫紙

▼ 行二十日~ (2, 0.0%)

1 にし, は筑後河

▼ 行二十日官曰彌~ (2, 0.0%)

2 彌副

▼ 行云々~ (2, 0.0%)

1 は不明, は劇通連

▼ 行五行~ (2, 0.0%)

1 あるは, に大きく

▼ 行亘らず~ (2, 0.0%)

2 茨組の

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 つて來た, つて居り

▼ 行亙つ~ (2, 0.0%)

1 てさ, て妙

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の小学生, 拝山河去

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 候, 候時

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 を待, を待つなり

▼ 行以上~ (2, 0.0%)

1 けずりました, の大

▼ 行以外~ (2, 0.0%)

1 にありません, の五十音

▼ 行会え~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば十分顔

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の最多, 来りて

▼ 行住座臥凡て~ (2, 0.0%)

2 の清新

▼ 行何処~ (2, 0.0%)

1 え行, 現清身

▼ 行修まらざる~ (2, 0.0%)

1 がために, 者は

▼ 行倒人~ (2, 0.0%)

1 の始末, を見た

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 と申, へ者

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 きを, は王子

▼ 行初発電車~ (2, 0.0%)

2 にはもうニコニコ

▼ 行削られた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 のこと鈴ヶ森, のところ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 して, は侮るべからず

▼ 行十日~ (2, 0.0%)

1 せば, はさも

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 た, て大口

▼ 行即ち~ (2, 0.0%)

1 乞食を, 定に

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 をよろこばせ, を六波羅

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 七樣只今急に, 良好なり

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 であって, や対連句

▼ 行右小書き底本~ (2, 0.0%)

1 では, では欠落

▼ 行向う~ (2, 0.0%)

1 時に, 時は

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 がい, に導かれ

▼ 行大動脈~ (2, 0.0%)

1 に達し, を切断

▼ 行子音~ (2, 0.0%)

1 の加わった, をいたわる

▼ 行孝割股~ (2, 0.0%)

2 不當

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 に似た, の諡

▼ 行家殿~ (2, 0.0%)

1 も木曾殿, を匿っ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 に人間, はいま

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 ぬ, る者

▼ 行屆きし~ (2, 0.0%)

1 かば漸次々, ものなり

▼ 行屆ざる~ (2, 0.0%)

1 と申, に付

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 とし, との間

▼ 行床几~ (2, 0.0%)

1 から離れ, に腰かける

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 して, つねに大慈大悲

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 を見る, を見れ

▼ 行思想~ (2, 0.0%)

1 の入り, 起り易

▼ 行急行列車~ (2, 0.0%)

1 に乗り込んだ, の発車

▼ 行~ (2, 0.0%)

2 つかずに

▼ 行懸けた~ (2, 0.0%)

1 与吉は, 與吉は

▼ 行懸れ~ (2, 0.0%)

1 ば前途, ば馬車

▼ 行成卿~ (2, 0.0%)

1 の子孫, の書風

▼ 行成大納言小松~ (2, 0.0%)

1 つぶりに, の銘

▼ 行成流~ (2, 0.0%)

1 のしなやか, の假名

▼ 行成風~ (2, 0.0%)

1 のやさしい, の美しい

▼ 行房千種忠顕~ (2, 0.0%)

1 の二人, の二名

▼ 行抜ける~ (2, 0.0%)

1 と監獄, 鼠が

▼ 行数里~ (2, 0.0%)

1 の間, 入田園

▼ 行文芸時評~ (2, 0.0%)

2 の片すみ

▼ 行~ (2, 0.0%)

2 長くなりぬ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 と睨めっ, に對

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 は別, れ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 が四月十三日, が生れた

▼ 行智法印~ (2, 0.0%)

1 という江戸, などはいっ

▼ 行歩不自由~ (2, 0.0%)

1 になった, の故

▼ 行歴韓國乍南乍東~ (2, 0.0%)

1 到其北岸狗邪韓國, 到其北岸狗邪韓國七千餘里

▼ 行殿~ (2, 0.0%)

1 でした, をわれら

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 とやらい, を授ける

▼ 行活用~ (2, 0.0%)

2

▼ 行清き~ (2, 0.0%)

2

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 っております, るばかりを

▼ 行潦さくら~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 行燈体~ (2, 0.0%)

1 でやらなく, と云

▼ 行燈型~ (2, 0.0%)

1 のスタンド, の枠

▼ 行燈形~ (2, 0.0%)

1 の小, の電燈

▼ 行燈辻~ (2, 0.0%)

1 に消, の萬燈

▼ 行爲多~ (2, 0.0%)

2 かりき

▼ 行爲是~ (2, 0.0%)

1 を善, を惡

▼ 行爲祝典儀式~ (2, 0.0%)

2 又は行事

▼ 行爲者~ (2, 0.0%)

1 に對, に於

▼ 行独歩~ (2, 0.0%)

1 だった, の生活

▼ 行甚だ~ (2, 0.0%)

1 振は, 楽しからず

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の卿, の城跡

▼ 行目四行目~ (2, 0.0%)

2 はもと

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の荒い, を着た

▼ 行禪師~ (2, 0.0%)

1 だの不, 其の人

▼ 行積り~ (2, 0.0%)

1 で辨當, なり併

▼ 行立たねえ~ (2, 0.0%)

1 からお, 訳に

▼ 行立ちません~ (2, 0.0%)

1 から何, もう思案

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 と言われた, なる名称

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 り寄りました, をはめ

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 悼賦等は, 遅疑

▼ 行~ (2, 0.0%)

2 不彌

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 は蟻, を覆す

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 も戀路, を壮

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の書体訳, の藁書類

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 今拝山河, 少峻峰

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 とも思われる, と商業的

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 を乱, を堅く

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 などといふ者, に見える

▼ 行豫算~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 と行, の騎乗

▼ 行走り書き~ (2, 0.0%)

1 した, をし

▼ 行走者~ (2, 0.0%)

1 の騎乗者, を見

▼ 行足らず~ (2, 0.0%)

1 の文章, の書き

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 日大に, 處へ

▼ 行通り~ (2, 0.0%)

1 こなして, つけて

▼ 行逢つて~ (2, 0.0%)

1 もあ, ゐた

▼ 行過た~ (2, 0.0%)

1 えなみさん, 鬼更紗の

▼ 行過ん~ (2, 0.0%)

1 とすれ, とせし

▼ 行違ひで~ (2, 0.0%)

1 それほどの, はすまされない

▼ 行違有~ (2, 0.0%)

2 之右釈明旁

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の事業, の気象

▼ 行隆朝臣~ (2, 0.0%)

1 も何とも, をお

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の影, や射よ

▼ 行雁字~ (2, 0.0%)

2 をならべ

▼ 行雑修~ (2, 0.0%)

1 の禁制, をふりすて

▼ 行難く~ (2, 0.0%)

1 十兵衞の, 要は甲斐

▼ 行電車~ (2, 0.0%)

1 の近く, の響

▼ 行馴れ~ (2, 0.0%)

1 ている, ております

▼ 行~ (2, 0.0%)

1 の時, は盲愛

▼ 行鷺序~ (2, 0.0%)

1 というの, をとりよせ

▼1* [3792件]

ひ候而, 行あたりばったりやっ, 行あたり何か人間, 行あったのです, 行あらしむわが, 行あり南洲が, 行ありたる者, 行あれば子供, 行いそがしき事なら, 行うた女房の中, 行うつすつもりで, 行およそ百マイルに, 行かかれる事は, 行かざアなる, 行かっせえたもんだ, 行かで片附く, 行かでも出來, 行かでもの處へまで, 行かと呟くも, 行かにヴエスビヤス噴火山の, 行かばわれ筆の, 行かむ待つには待たじ, 行からと申付て, 行からはたよりが, 行からもある長篇, 行かりょういの, 行がかり上そうだと, 行がかり上一種の関係, 行がかり上否だとは, 行がかり上堀に訳, 行がかり上彼は天然自然, 行がかり上是非共津田の腹, 行がかり上死際のめくら, 行がたうとう嘉川, 行がねえごったら, 行がねと惡いと, 行がれなぃもな, 行がんす, 行ぎあおっかねえ, 行ぎあって今夜の踊り見るべし, 行ぎしべ, 行ぎたいつて行つたん, 行ぎたい行ぎたいつて行つたん, 行ぎ汽車なん時だべ, 行くかれのさびしい, 行くちゅうて出た, 行くちひさな, 行くちふひとりさぬれ, 行くったって三両許, 行くべいよもう, 行くまぼろしぞ, 行くらい書いて, 行くらむ奥つ, 行くらむただひとりこの山道をおり, 行くりなくも, 行すぐ消防, 行ぐが鉈で顔, 行ぐごとに決ったど, 行ぐだぐなったのが何した, 行ぐってな姉さ云って, 行ぐつたつて遠足みたえ, 行ぐつちとおとつゝあ怒んださ, 行ぐづどみんなして草刈ってるぞ, 行ぐて云ったか, 行ぐで疊み直してるす, 行ぐと毎日毎日牛ばっか食わし, 行ぐなッて云いたい, 行ぐな厭よ俺, 行ぐのに遅, 行ぐべよな, 行ぐまでに行ぎあって今夜の踊り見るべし, 行ぐものばかりが色々な訓練, 行ぐも悪かあ, 行ぐよりウンとええ, 行ぐより町さ行った方, 行ぐらい書くと, 行ぐらいずつで何か, 行ぐらいですんだ, 行ぐらゐで片付けたが, 行ぐんだおつか, 行ぐんだら大間違い, 行ぐんだ世のなか, 行ぐんだ浜さ出る途中さ, 行ぐんぢやねえぞ衣物汚すと, 行ぐんでなかったら都会さ稼ぎに出れ, 行ぐ奴からさかしま, 行ぐ支度をし, 行ぐ時ぁみんなして送って, 行ぐ遁走ですよ, 行ぐ道はこれ, 行けっていった, 行げッたら行げ, 行ここで微妙, 行こそ不敵なれ, 行こちらのは信州, 行このごろ将軍さへ江戸, 行ごとに掲げた, 行ごとく用事計, 行さきをちゃんと, 行さして悪しからざる, 行させるやうに, 行さまでございましたか, 行さも不安らしく, 行されないならわたくしは, 行されよう筈は, 行され出したのだ, 行さ情死を実行, 行ざることなり, 行しあっていた, 行しかと手に, 行しきゃねえと, 行したためた紙片を, 行したはうがほん, 行したまい冬十月史彬と, 行したらしい形跡が, 行したる理想に, 行しつとある, 行してやらうと思つて, 行しますから, 行しやと興, 行しやるのを, 行し得ざる空想, 行し得たのは, 行し得ないところである, 行し得ぬ大問題, 行し来たるものとも, 行し来つて鎮祭, 行し給いしかその, 行し飼って教えね, 行じっと何かを, 行じ得ない自分を, 行じ得られるのも, 行すえ長くお世話, 行すぎたる跡, 行すべしとて之, 行ずつの詩句が, 行ずつは必ず交っ, 行むと期したる, 行せざりしならんには, 行せざれば其の, 行せしめることが, 行せず凶事を, 行せずして隨つて國民, 行せなんだ, 行せむことを望まざる, 行せらる可き, 行せられることの, 行そうだ私, 行そういう者の, 行そして平根の, 行そっくりなのに, 行その後へ, 行そもそも書く會, 行それから湯, 行それからこれが, 行それ自身さえあきらめなけれ, 行そろそろ参っても, 行ぞといふに, 行たであらう公儀では, 行たで有うどうぢ, 行たどっていました, 行たのみならず以前から, 行たりけり此左仲は, 行たりと申により, 行たる者が歸, 行だけの名前も, 行だけは飽くまで頑張り通し, 行だけを實行しよう, 行だって本人は, 行だの稽古欠席は, 行だほれぬとも我, 行だらう自転車と, 行だれかが即興的, 行ちゃんがねこの, 行つけ加えてあった, 行つたあげく店はつぶれ, 行つたあたいの顔, 行つたあたりだと, 行つたあと伯爵は素子, 行つたあと妻は聲, 行つたあと家人があと, 行つたあと心に迫つて來, 行つたあと終戦直後に山崎, 行つたあん時だけだ, 行つたいくつかの思想, 行つたおしげだけはあまり, 行つたお前は槍, 行つたお玉の上, 行つたお鉢の上, 行つたかさへ疑問, 行つたかつて御, 行つたかれの芸術, 行つたきつねのあと, 行つたきり家へ歸ら, 行つたぎり便りの, 行つたぎり返して來, 行つたげると言, 行つたことがある, 行つたさうでお駒, 行つたすしを龍之介, 行つたそこは業病人, 行つたその後を追, 行つたそれぞれに特徴, 行つたそれ以後その着た, 行つたちふぢや, 行つたつておんなじですよ, 行つたつてちやんと本式, 行つたつて不思議はない, 行つたつて事まで, 行つたつて些とも關, 行つたつて人つ子, 行つたつて今の俺, 行つたつて先刻から笑, 行つたつて先生が居なくつ, 行つたつて初めの幕, 行つたつて匂ひでも解り, 行つたつて可いだらう, 行つたつて大丈夫だ, 行つたつて屹度鼻つまみに違, 行つたつて意味なン, 行つたつて構はない, 行つたつて気障がられて, 行つたつて相手になんてなる, 行つたつて矢張青い壁, 行つたつて立派なもん, 行つたつて迷児になんかなりやしません, 行つたつて迷兒になんかなりやしません, 行つたつて関はない, 行つたつて關やしない, 行つたつて驩迎されるもん, 行つたつもりになつて其處, 行つたなごりである, 行つたの手紙に書いた, 行つたの月末でなきや, 行つたの驚ろいた, 行つたひとの顏, 行つたほかは, 行つたぼくは塗料, 行つたみつ子はその, 行つたもの等が取り返し, 行つたやうだつた, 行つたやうにも思はれる, 行つたよその人, 行つたよみの国, 行つたらかえつてその, 行つたらしまひに, 行つたらしやんとなれるであります, 行つたらちつたあ模様, 行つたらつかまへておい, 行つたらつきるのか, 行つたらばれいしゆが, 行つたら下りると云, 行つたら出られるのだつた, 行つたら分るんでせう, 行つたら怒られたど, 行つたら恐しい眼で, 行つたら来てご, 行つたら聞いて見, 行つたら見えるね, 行つたろうではない, 行つたんですね, 行つたアルジエリアのマント, 行つたイモやコッペパン, 行つたカトリックの神父さん, 行つたガウンをとり, 行つたガラツ八二度目には變, 行つたサンキストのレモン, 行つたシインも作者, 行つたシガレットに火, 行つたシメノンの探偵小説, 行つたツルゲネフのやう, 行つたニコライの復活祭, 行つたニツケルの縁, 行つたノートの一, 行つたハデな洋服, 行つたパイプを拾つて煙草, 行つたプリニイが大好き, 行つたミルコオトの一方, 行つた一夏日比野皆三博士, 行つた一月ほど前, 行つた一本の胡瓜, 行つた一言で斷つて, 行つた一銭のねうち, 行つた一頭立ての幌馬車, 行つた丈で俺, 行つた三千兩の小判, 行つた三次とお前, 行つた上り鼻の火鉢, 行つた上ストリントベリイの言, 行つた上二句がとりわけ, 行つた上平安中期以前既に短歌, 行つた上本郷から毎日通つて, 行つた下婢であること, 行つた不快がまだ, 行つた不思議な異国, 行つた丹波栗の二升, 行つた主人が見つけ, 行つた久保が右手, 行つた事さへ話せ, 行つた事實を太田, 行つた二人組の泥棒, 行つた二代目勘兵衞さんは又, 行つた二女のこと, 行つた二杯目のひしやく, 行つた二百年三百年或は數百年前, 行つた二艘の一つ, 行つた二階は七疊許, 行つた井戸の屋根, 行つた人たちは先づすくなくとも此処, 行つた人足の名前, 行つた仕事を, 行つた以前である, 行つた仲でせう, 行つた伊之助だが, 行つた伊藤博文一行だとか, 行つた伝説がある, 行つた佐久地方では鯉, 行つた佐藤が帰つて, 行つた何代もの人々, 行つた作には明清, 行つた使が歸つて來, 行つた傍聽人があつ, 行つた傘をその, 行つた傷は石榴, 行つた儘幾ら待つても, 行つた先先で, 行つた兎に角, 行つた入口の土塀, 行つた八さんが往來, 行つた八五郎暫らくすると, 行つた六代目が病気, 行つた兵隊が靴, 行つた其人の記録, 行つた其汽車で去, 行つた其滯在中第一高等女學校長, 行つた其為だと, 行つた其種子は俊成, 行つた内面描写ではある, 行つた写真屋がもう間もなく, 行つた分です, 行つた分岐点を記念, 行つた切りひつそり閑として朝, 行つた切り外へは出なかつた, 行つた切り明治五年まで足掛六年, 行つた別れの歌, 行つた前日谷中村破壊の三周年紀念会, 行つた割烹旅館で食べた, 行つた劇評はみのる, 行つた功績は没すべからざる, 行つた加藤道夫君がその, 行つた勇三郎のこと, 行つた勇気とそれ, 行つた勘次の事, 行つた勘茂の半ぺん, 行つた包を開い, 行つた千圓の所置, 行つた千恵には目, 行つた半田と云ふところ, 行つた卜者は何處, 行つた原因は母, 行つた友の死んだ, 行つた友人を思ひ出し, 行つた口から同じ, 行つた古代の民間傳, 行つた右側であるさうな, 行つた右手の部屋, 行つた名刺は大森君, 行つた名士を自分, 行つた向う側に幅, 行つた吾妻屋永左衞門供の小僧, 行つた呉郎さんが更け, 行つた和泉屋の皆吉, 行つた品ですが, 行つた品川の宿, 行つた品物には丸, 行つた唯一人の青年将校, 行つた喜八郎は歸, 行つた四十五六の女, 行つた四角な顔, 行つた四谷の伯母, 行つた団体でさ, 行つた國の小さい, 行つた圓山川も出石川, 行つた坂径を今, 行つた坊さんが持ち, 行つた埼玉県の祖父, 行つた場合に就い, 行つた場合女事務員の方, 行つた場合男を変, 行つた場所である, 行つた場末の例, 行つた塵芥が裏庭, 行つた外の方, 行つた外国製の立派, 行つた多くの病人達, 行つた多数者の判断, 行つた夜盗達を眼下, 行つた大谷君はそれ, 行つた天崛戸の鎮魂, 行つた太田はすぐ, 行つた夫に十九年, 行つた奇怪な調子, 行つた奈良の寺, 行つた奧州との間, 行つた女たちが全部, 行つた女中の, 行つた女人である, 行つた姿洲の端, 行つた婆あやが歸, 行つた嫌ひが, 行つた子の帰る, 行つた子供たちが大騒ぎ, 行つた子供伴れの, 行つた子供連と鍛冶屋, 行つた子供達もあつ, 行つた子分は回向院, 行つた学生の三原, 行つた官立の大, 行つた客の話, 行つた家族のもの, 行つた宿屋は村内唯一, 行つた宿泊地に着い, 行つた富士山の全, 行つた寺の入口, 行つた対自然のやう, 行つた小使君は御, 行つた小僧の留吉, 行つた小生の友人, 行つた小艇の中, 行つた居間の方, 行つた屋根の茸, 行つた山本と云, 行つた山脈が限り, 行つた岸は夜見, 行つた島分教場であつ, 行つた崖の上, 行つた川通りのはづれ, 行つた巡査が時計屋, 行つた巴黎院のマスタア, 行つた帰りしなに何気なく, 行つた帰途冬の日, 行つた帳面がすぐ, 行つた常世と違, 行つた常子は戻つ, 行つた平七夫婦に導かれ, 行つた幾つかの古びた, 行つた幾人もの知人達, 行つた序でにそろそろ, 行つた庖丁を見る, 行つた弁護士も帰つて, 行つた弊害や小さな, 行つた式部卿のこと, 行つた当座は少く, 行つた当座お前がだんだん, 行つた当座物珍らしい最中, 行つた形代だこりや, 行つた彫像を其の, 行つた彼処に行つた, 行つた往來の見える, 行つた後お前は何處, 行つた後やつと火, 行つた後シゲは泣き, 行つた後丑松は机, 行つた後世の堂上風, 行つた後事件の重大, 行つた後天気つ, 行つた後姿も忘れ, 行つた後富樫は窓ぎは, 行つた後平次は改めて, 行つた後昼近くまで出かけず, 行つた後狂人の娘, 行つた後私は一人, 行つた後秋川家を訪問, 行つた後計一はソフアー, 行つた後進者の纔かづ, 行つた御家人で遠, 行つた御用聞に御, 行つた復興局の人達, 行つた徳利と湯呑, 行つた徳利二本の毒, 行つた心も或, 行つた心持が生, 行つた心構へのあつ, 行つた念仏踊りが更に, 行つた急使を一日, 行つた恋の終り, 行つた息子がある, 行つた惡臭がいつ, 行つた慰労として出る, 行つた懐中時計を見る, 行つた戦争を呪, 行つた戸口をじ, 行つた戻りだが, 行つた房一は右手, 行つた房州の海浜, 行つた所指で触れた, 行つた所校長も勿論, 行つた所謂新歌舞妓, 行つた所謂名門なるもの, 行つた扉の方, 行つた手記の中, 行つた扱帶を見る, 行つた批判の鋭さ, 行つた投書家仲間の一人, 行つた捜索隊は何, 行つた掛軸を描い, 行つた握飯を喰, 行つた故郷の町, 行つた数多くの外交官, 行つた數人の女たち, 行つた數千兩の財産, 行つた文句をぶつぶつ, 行つた文治が通り, 行つた文箱を受取, 行つた料理屋で逢つた, 行つた日偶然来てたよ, 行つた日散歩の間, 行つた日本の先生, 行つた明末清初の畫僧八大山人, 行つた明治文学を惜む一人, 行つた春三郎は自分, 行つた春景色そして私, 行つた時あそこでは林田, 行つた時あなたは普通, 行つた時お婆さんは私, 行つた時お詫びの意味, 行つた時そつと揚幕, 行つた時わたくしは朝鮮人, 行つた時スツツトガルト行きの汽車, 行つた時ピカデリーを歩い, 行つた時ボストンにある, 行つた時ボルドーで汽車, 行つた時一夕校友會の幹部, 行つた時一日暇を得, 行つた時世間はこの, 行つた時中から一人, 行つた時主人に話す, 行つた時久々に今, 行つた時互ひに, 行つた時以来覚えこんだ癖, 行つた時作つたもの, 行つた時先生は段々, 行つた時先頃念佛の時, 行つた時公園の森, 行つた時其子が頻りに, 行つた時内部の空洞, 行つた時分葭簾張や菰囲ひで, 行つた時十二年振に, 行つた時千載一遇の思ひだつたらう, 行つた時同地祭礼で波打際, 行つた時同町字足立といふ部落, 行つた時君は彼女, 行つた時太陽族の映画, 行つた時小間物を賣る, 行つた時山奧の平地, 行つた時山谷堀は既に, 行つた時川べりに川魚專門, 行つた時己の分, 行つた時帰路に遭遇つた彼男, 行つた時幼稚園は早速, 行つた時序に読まれた, 行つた時店頭に見覚え, 行つた時志度の浦, 行つた時急に呻き, 行つた時手に取, 行つた時書斎の敷居, 行つた時朗らかな空氣, 行つた時松がかう, 行つた時枕についた, 行つた時校長は妻, 行つた時梅子から一寸奥, 行つた時椴松蝦夷松の枝, 行つた時欧米人などにどことなく, 行つた時水上村といふの, 行つた時汽車中大いに文芸論, 行つた時洛東江に産, 行つた時澄子さんはもう, 行つた時牛が荷車, 行つた時玄関でさ, 行つた時珍らしく閑, 行つた時真似して, 行つた時細君は急, 行つた時細君年子さんは前々, 行つた時義雄は客, 行つた時老爺は庭, 行つた時與吉は慌しく, 行つた時證據となる, 行つた時跟いて, 行つた時車の上, 行つた時逃出さうと, 行つた時間よ, 行つた時頭が痛い, 行つた時風が出, 行つた時駿介の足, 行つた時黒板先生に誘はれ, 行つた晩娘が寢ん, 行つた智恵子は今, 行つた智惠子は今, 行つた書斎も悪く, 行つた書物を手, 行つた最大の原因, 行つた月謝の全部, 行つた有様はいかにも, 行つた朋輩の一人二人, 行つた朝千種はみんな, 行つた木彫の, 行つた木村攝津守勝麟太郎一行のうち, 行つた木犀のかぐ, 行つた杉の木深い, 行つた杉枝が二年目, 行つた村の人人の, 行つた村井源吉がやがて, 行つた村長は驚ろ, 行つた東京あの附近, 行つた東京傳通院のぐるり, 行つた果樹は枝, 行つた栞を探す, 行つた桑は今, 行つた森に圍まれ, 行つた楊幹麻筋の弓, 行つた楊弓の矢の根, 行つた様子だつたが, 行つた樂しい逢引, 行つた横山様が何とか, 行つた横山樣が何, 行つた橙色のジヤケツ, 行つた機関車は一時間, 行つた次の日, 行つた歌詞となつ, 行つた正夫に袖子, 行つた此猿英雄は一度, 行つた此處へ伴, 行つた此頃になる, 行つた武家だよ, 行つた武林無想庵君が途中, 行つた歸りか谷中の寺, 行つた死顔などがともすれば, 行つた段梯子を登る, 行つた母は軈て間もなくぷんぷん, 行つた母島では各, 行つた民俗を拗れさせた, 行つた気がする, 行つた気持も解る, 行つた氣になつて, 行つた水がその小さな, 行つた水江の父親, 行つた池田君が帰つて, 行つた決断役とも言, 行つた沙山の辺, 行つた河のお, 行つた河童なの, 行つた油屋の兼吉, 行つた沼波の心事, 行つた注連繩を樅, 行つた洋盃を膝, 行つた津濃といふ, 行つた海が月末, 行つた消息が窺, 行つた清水のこと, 行つた温厚な老, 行つた湯の川, 行つた湯殿の板敷, 行つた溪流だが, 行つた火は頂上, 行つた火鉢の火, 行つた烏を羨まし, 行つた烏瓜のあかり, 行つた煙草入れが映る, 行つた照葉狂言一類の能楽, 行つた熱は下る, 行つた爲今ではこの, 行つた牝狐を訪ねる, 行つた狼王ロボーの話, 行つた玉子を大事, 行つた玩具と着物, 行つた珈琲のす, 行つた珠の大きい, 行つた生活ならその, 行つた生生した香, 行つた産児への手振り, 行つた甥はすぐ, 行つた田端の自, 行つた田舍の百姓家, 行つた由だが, 行つた由来は久しい, 行つた男の子たちも帰つて, 行つた留學生を前, 行つた留守ちよいと滑り込ん, 行つた留守三七郎が小用, 行つた留守内儀が殺された, 行つた番茶の湯呑, 行つた當時の出來事, 行つた疊針を持出し, 行つた痕跡を研究, 行つた癖によこした, 行つた登は出, 行つた發動機船の後, 行つた白雀を, 行つた白麗朗のこの, 行つた百合子の話, 行つた皈りがけ, 行つた相ぢやない, 行つた相模屋の御新造, 行つた眞佐子も今し方歸つた許, 行つた真である, 行つた真佐子も今し方帰つた許, 行つた瞬間伴奏が急, 行つた知合ひからお, 行つた石階の下駄, 行つた神だつた, 行つた神事のなごり, 行つた神經的な鋭さ, 行つた神谷さんねまだ, 行つた秀は帰つて, 行つた私共も實, 行つた私自身の姿, 行つた秋のはばたき, 行つた秤で力任せ, 行つた種子とかいふもの, 行つた積で辛抱, 行つた積りで一月位, 行つた空を眺め, 行つた立派な死, 行つた竹籠を素早く, 行つた篠原春子が走り, 行つた米の必要, 行つた米劵に代, 行つた糟糠の妻, 行つた紀行とか色々, 行つた紙を見たら, 行つた紙入といふの, 行つた紙包から乏しい, 行つた紙片を見せました, 行つた経済学者や政治学者, 行つた経路を辿り続ける, 行つた結果従来の芝居, 行つた經驗のある, 行つた線香は中程, 行つた繩付を追, 行つた置手紙を小松さん, 行つた羽を拾つて, 行つた羽織を着, 行つた翅の粉, 行つた翌々日のこと, 行つた翌晩主人から意外, 行つた翌朝身一つで家, 行つた老母を思ひ出す, 行つた老父の姿, 行つた者共を憾む, 行つた者達は二尺五寸, 行つた聴診器を使い, 行つた肉親に對, 行つた自分等の靴, 行つた船がお伽噺, 行つた芭蕉の姿, 行つた花子の後ろ姿, 行つた芸人に芸人魂, 行つた芸道は稍長篇, 行つた英仏の詩, 行つた茶庭の精神, 行つた茶房と称する, 行つた茶椿銀杏沈丁花なぞの日本産植物, 行つた草も多い, 行つた草刈鎌でそく, 行つた荒木蘭皐三番目が眞重, 行つた荷車に載せられ, 行つた葉書を偶然, 行つた蔓草の蔓, 行つた蕨を楽し, 行つた薬が大変, 行つた藤沢古実君が, 行つた虐殺揚州に於ける, 行つた虚無が彼, 行つた虹が見える, 行つた虹猫はしばらく, 行つた蛇の後半部, 行つた血相とあわて, 行つた行つた勝て, 行つた街がミルチス・マヂョル, 行つた裏の深い, 行つた西行の為事, 行つた覚えがある, 行つた親仁の帰, 行つた親戚の者, 行つた觀がある, 行つた言動に類似, 行つた言語情調を経た, 行つた記文の一番終り, 行つた記者はかんかん, 行つた記録であります, 行つた訳なん, 行つた詩のことばことば, 行つた誇張から更に, 行つた講演の速記, 行つた谷合に綺麗, 行つた谷底のやう, 行つた豪勢なもの, 行つた財産と爵位, 行つた賑やかな洗礼祝ひ, 行つた質物を風呂敷, 行つた赤ん坊の寢床, 行つた赤良顔も窓, 行つた足を休ませ, 行つた足袋などが菓子, 行つた足跡が澤山, 行つた跡行つた跡へ新聞, 行つた跫音のこと, 行つた路地の方, 行つた踊をする, 行つた踊りであつ, 行つた身輕な風, 行つた車掌ちうの, 行つた轉地先から今, 行つた辨次はどう, 行つた農事の報告, 行つた近くの村, 行つた近所の者, 行つた近衛府の下部, 行つた逆手さ, 行つた途上多分吸, 行つた途中和蘭に立ち寄, 行つた通り桶へ入れ, 行つた逢つたところ, 行つた連中も何れ, 行つた運動さう, 行つた遠藤佐仲は暫らく經つて, 行つた遺族は工場法, 行つた部分はいつも, 行つた部落の他, 行つた都和井の白い, 行つた野郎がある, 行つた金唐革の煙草入れ, 行つた釜その他の機械, 行つた銚子の酒, 行つた錢形の平次, 行つた錺屋から出, 行つた鍋で少し, 行つた鍵をガツチリ, 行つた鏡台や卓袱台, 行つた長靴の音, 行つた門前の菓子屋, 行つた間月日を詳, 行つた阿片用の煙管, 行つた階子段の方, 行つた隣家とは後備陸軍, 行つた雲坪は医者, 行つた霊魂の代り, 行つた露西亜人の姿, 行つた青年を僕, 行つた青物も一々, 行つた静子が用, 行つた靜子が用, 行つた音楽会のこと, 行つた頃何かした, 行つた頃斯の噂好き, 行つた頃日が暮れた, 行つた順序は日本, 行つた須世理姫が見慣れない, 行つた領巾にも同じ, 行つた顏なじみでもあつ, 行つた風俗と思はれる, 行つた風呂で日, 行つた風習の名残り, 行つた飛行機をみつめ, 行つた食べものも殆ど口, 行つた食指を屈げ, 行つた館は赤坂帝国館, 行つた首脳は渡辺金兵衛, 行つた香晶か何, 行つた香炉が戻つ, 行つた馬車が帰つて, 行つた馬鹿面が落ち, 行つた體の内部, 行つた魅惑的な移り香, 行つた魚の腸, 行つた鳥羽の顔, 行つた鳶頭におだてられ, 行つた鴨居といふ漁村, 行つた鶯の歌の, 行つた黄く熟, 行つてあかしを立て, 行つてあそこで汽船, 行つてあたしの歌, 行つてあてと一緒, 行つてあひるさんのお母さん, 行つてあれを沢山, 行つていくら酔つたつてあんなこと, 行つていた事が判, 行つていつしよに, 行つていやにサボテンだらけ, 行つていろいろな打合せ, 行つていろいろ指図を受け, 行つてうどんに打つ, 行つておいで向うへ行, 行つておきながらこの, 行つておしまいにはとうとう, 行つておじぎをしました, 行つておまけに地主, 行つておれおめ, 行つてお前達のものビタ, 行つてお勝手から山出し, 行つてお嬢様が見, 行つてお寺からいくつ, 行つてお座敷を見, 行つてお松の繩, 行つてお祖父さんや叔父さん叔母さん, 行つてお菓子をもら, 行つてお雪伯母の長, 行つてかなり遲く歸つて, 行つてかんなわの湯, 行つてくつつけやうと致します, 行つてこいつは確か, 行つてこたつをひとつ買つて來, 行つてこちらさまのお, 行つてこのごろでは学生, 行つてこれこれだと, 行つてこれぢや縮毛, 行つてこれ以上煩らはせるには, 行つてさかんに踊り, 行つてさきの網, 行つてさし支へはなから, 行つてさつきの画, 行つてさつき云つたシトロネラの製造, 行つてざんぶと渓流に突入, 行つてしまつた一ツ端忙しい用事, 行つてしまつてダンサーにでもならう, 行つてしまつて返却しない, 行つてしまはずにはゐられなかつた, 行つてすゝめてやらう, 行つてすゞしい海風, 行つてそこらに點在, 行つてその他全部に半時間, 行つてその後から皺, 行つてその道の蘊奧, 行つてそれきり二度とは燃え上らなかつた, 行つてそれきり浮きあがりませんでした, 行つてそれぞれの席, 行つてそれツ切り歸らないしろ物, 行つてたんだから, 行つてちよつと何, 行つてちよいとことわつて來てくれ, 行つてちよッとお茶, 行つてつまり物の核心, 行つてとつてき, 行つてとなりの家, 行つてどこなりと, 行つてどちらかの影, 行つてどれくらいか, 行つてはがきに描い, 行つてぱツたり倒れ, 行つてひさかたのと言, 行つてひつたくるやう, 行つてひと知れず今生, 行つてひと先づ東京に歸ら, 行つてふりかへる, 行つてほかひ, 行つてぼんやり立つて, 行つてまつ赤になつ, 行つてまばらに立つた, 行つてみいみんなに顔, 行つてみたいこともございます, 行つてみたいつて事はね御覧, 行つてみたいやうだ, 行つてみたい気もする, 行つてみのるが一人, 行つてみんな売つてお金にする, 行つてもとの平安, 行つてゆツくりあとの相談, 行つてらんねえから, 行つてるだらう宜い, 行つてわけを話し, 行つてわしから話し, 行つてわたくし共の事, 行つてわたしは驚喜, 行つてアフオリスメン風の文, 行つてアララカララといふ仙人, 行つてアルキル中佐どのにお, 行つてインキを入れ, 行つてウィスキー二本とのし餅二枚, 行つてウント酒を飲む, 行つてエスカウト河へ出た, 行つてエロスの二三杯, 行つてオデオン座であつ, 行つてカツフエ・ライオンで少し, 行つてカバンのこと, 行つてカミソリで毛, 行つてカムムスビの神, 行つてカメリヤを飲ん, 行つてガラスの瓶, 行つてガラツ八ががつかりし, 行つてガランドウを探し, 行つてキキイの隣, 行つてキヤラメルや繪本, 行つてクルリと向き直る, 行つてクンクンと嗅い, 行つてケエブルカアに乗つた, 行つてゲーテの研究, 行つてコツクを覚える, 行つてゴロツキに舞い, 行つてサルタノフと岩の上, 行つてシヤンパンを出し, 行つてジェラルディーン大佐から丁寧, 行つてジゴマのジジ, 行つてジョンの妻, 行つてスミノエノナカツ王を殺し, 行つてソフィイと遊ぶ, 行つてソーンフィールド莊からでもヘイ, 行つてタオルをか, 行つてダイアルをまわし, 行つてダンスホールへ通, 行つてチケットを買, 行つてチヨイチヨイと顏, 行つてチヨンを川原, 行つてチラツと振返つたら, 行つてチーズと草花, 行つてニュームの小さい, 行つてハイボール一杯も飲めなくなる, 行つてハガキを投凾, 行つてハツと氣, 行つてバックを呼んだ, 行つてバラ撒く氣遣, 行つてバルコンのついた, 行つてヒイスの叢, 行つてビールを飲んだ, 行つてピラミッドを見ない, 行つてフェアファックス夫人に手傳, 行つてフト下へ置きました, 行つてフランス軍人をあ, 行つてベッドの上, 行つてベツドの上, 行つてベルリン郊外ダーレムに新設, 行つてベンチの一, 行つてホテルへ泊る, 行つてボブロフを呼び出した, 行つてボンヤリふところ手で毎日, 行つてボーイに, 行つてポカンと歸つて來, 行つてマゴマゴすると, 行つてマネキンになつ, 行つてミサを読ん, 行つてラムネを飮, 行つてリヴァズと結婚, 行つてリード夫人が今晩私, 行つてルーデサックをくれ, 行つてロダンに親しく, 行つてロヨラの寺, 行つてワナミの水門, 行つて一つ大盥, 行つて一つづつ花を訪ね, 行つて一つ屏風を見, 行つて一つ工面をし, 行つて一二泊した時, 行つて一円五十銭もらひました, 行つて一口に頬ばつた, 行つて一寸も外, 行つて一寸迷つた, 行つて一年も保養, 行つて一年ぐらゐもソーンフィールドに顏, 行つて一年歸つて來なかつた老婦, 行つて一心不亂, 行つて一心不乱に働い, 行つて一息ぬきたいやう, 行つて一應ガラツ八の樣子, 行つて一日二日待つて, 行つて一昨日の晩, 行つて一時間程愚図, 行つて一月ばかり遊ん, 行つて一本の牛乳瓶, 行つて一杯ひつかけて, 行つて一枚買つて來た, 行つて一生この邊, 行つて一生懸命で美しい, 行つて一生歸つて來んけりやい, 行つて一番終には愛ちやん, 行つて一番隅の机, 行つて一種真面目な不思議, 行つて一葉の寫眞, 行つて一足先に発つた, 行つて一通りの挨拶, 行つて一週間ぐらゐ留守にする, 行つて一銭貰つて来い, 行つて丁ど沸きかけた, 行つて丁寧に見, 行つて丁度好いよ, 行つて七平を擧げ, 行つて七日ばかり前, 行つて七輪に火, 行つて万やむを得ぬ重い, 行つて万事を頼む, 行つて万作の姿, 行つて三両許り踏, 行つて三人して, 行つて三兩許り踏, 行つて三十圓の金, 行つて三十許り盜, 行つて三千五百石の大, 行つて三千代さんに逢つて, 行つて三味線をひきだした, 行つて三四日すると, 行つて三圍神社の境内, 行つて三成のこと, 行つて三時には戻, 行つて三時間位かうして, 行つて三月もする, 行つて三疊と六疊, 行つて三芳屋を覗い, 行つて三間梯子を輕, 行つて三階の降り口, 行つて上さんに案内, 行つて上人様の御, 行つて上邊は變化, 行つて上陸した, 行つて下り口から下, 行つて下手な二上り, 行つて下水の下, 行つて下男の元, 行つて下足番のおやじ, 行つて不二屋の女達, 行つて不器用な手つき, 行つて不思議にも到頭, 行つて不都合を感じなかつた, 行つて世がめちや, 行つて世帶を持つ, 行つて両手でその, 行つて中を覗く, 行つて中味を空け, 行つて丸善の店, 行つて丸藥の祕密, 行つて丹念にしんし張り, 行つて主婦の向, 行つて乃木さんの訓言, 行つて久久お嬢さんにお, 行つて久吉がどんな, 行つて之を帝, 行つて乗換へのない, 行つて乘つた, 行つて九段の華, 行つて了うた為であつ, 行つて了つたさうだ, 行つて了つたやうに誤解, 行つて了つた可哀相に, 行つて了つた後で独り, 行つて了つてあとは一瞬時前, 行つて了つてそれが蔵ひなくし, 行つて了つて自分よりも若い美しい, 行つて了ひたいのだから, 行つて了ひたい様な気, 行つて了ひたい樣な氣, 行つて了ふかねえ, 行つて了ふし唯一人杉山ばかり自分, 行つて予の心付いた, 行つて事の實否, 行つて事実にさう, 行つて二たびかへりみた, 行つて二ヶ月に成るだらう, 行つて二三の知人, 行つて二三分ブラブラし, 行つて二三十引つ叩けば, 行つて二三度暖簾をくぐつ, 行つて二三日滞在して, 行つて二三日留守弟子達にも一日, 行つて二三時間寝て, 行つて二三枚の浴衣, 行つて二三百引つ叩きませうか, 行つて二人きり心ばかりの訣別, 行つて二十分程お, 行つて二十年前に橋番, 行つて二十年間倦まずに, 行つて二十畳敷許りの, 行つて二年目に成る, 行つて二度に一度, 行つて二時頃からタマリ, 行つて二梃の鍬, 行つて二號活字の大, 行つて五分も経たない, 行つて五分近くもゐ, 行つて五厘券といふもの, 行つて五圓出して, 行つて五年前のこと, 行つて五年前享和元年に友だち, 行つて五時頃に帰つて, 行つて五足分の黒鼻緒, 行つて京の四季, 行つて亭主に死, 行つて人々の踊る, 行つて人柄が変, 行つて人眼をごま, 行つて人込の中, 行つて今一度奥様の強い, 行つて今一度歐羅巴にお, 行つて今夜ぢゆうこの, 行つて今夜中にはもどります, 行つて今年で八年, 行つて今後とも前進, 行つて今日函館から来た, 行つて今日凾館から來, 行つて今晩か明日, 行つて今晩一と晩用心棒, 行つて今朝は顏さ, 行つて今頃は堅気, 行つて仕度をし, 行つて仕方なしに, 行つて仕舞つたのでは, 行つて仕舞ツたらう, 行つて他愛もなく, 行つて仙之助, 行つて仰向けにも俯向, 行つて仲働らしい女, 行つて伊助と文治, 行つて伏姫の膝, 行つて休暇を送らう, 行つて伴三郎と突き合せる, 行つて住ふこと, 行つて住居変更を届け, 行つて住職の坊さん, 行つて佐野松の葬, 行つて体を見た, 行つて何うにか決, 行つて何とか話をし, 行つて何事も起らなかつた, 行つて何人殺しました耳, 行つて何人前の木具, 行つて何時歸るか, 行つて何氣なく其話, 行つて何程かを得た, 行つて何等かの期待, 行つて何頃帰つたか, 行つて余所目には平穏事なき, 行つて余計なこと, 行つて佛壇の掛金, 行つて來いといふお, 行つて來いよ御奉公, 行つて來たいから少し, 行つて來ちやどうだい, 行つて來よう行つて見て, 行つて來給へ, 行つて価値があるだらう, 行つて便船はと尋ね, 行つて係りの與力, 行つて保護をした, 行つて俥を呼んだ, 行つて修飾せられる主部, 行つて借金でもする, 行つて假初にも日本, 行つて停止するの, 行つて偸み出して, 行つて催促して, 行つて傳道する鬪士, 行つて僕等と一緒, 行つて元の朋輩, 行つて兄弟中で誰, 行つて充分な湯浴み, 行つて先つき自分が脱ぎ捨てた, 行つて先づビールを冷やし, 行つて先づ宿を取らう, 行つて先づ玩具の砂時計, 行つて先祖達に顏向, 行つて兎も角, 行つて入用の品, 行つて入院の手續, 行つて全文を読ん, 行つて八ヶ岳の向う, 行つて八時すぎまで待機, 行つて八百屋の前, 行つて公演の結果, 行つて六丁目の銀六親分, 行つて六七年前と比べ, 行つて六人の女の子, 行つて六十以上のお, 行つて六条の伯母, 行つて六里だか, 行つて共にゆ, 行つて兵糧を仕入れ, 行つて其れ丈, 行つて其下に落ち, 行つて其儘窓の方, 行つて其向うを劃つて, 行つて其夜又遲, 行つて其後の人々, 行つて其支払を何, 行つて其水に顔, 行つて其状態を調べ, 行つて其紀念塔を見せ, 行つて其訳を聞い, 行つて其點から彼, 行つて兼家は男, 行つて内儀のお, 行つて内金を持たし, 行つて円遊の弟子, 行つて再縁したといふ, 行つて冗談半分に賞め, 行つて写生して, 行つて凡そ二百メエトル位の高, 行つて出つかせてな, 行つて出入を便利, 行つて出遇つた人間に少し, 行つて出雲屋の店中, 行つて函普は完顏部, 行つて切符を買, 行つて別の本, 行つて別れを言つて, 行つて利子だけ払, 行つて到着すべきであつ, 行つて剩けに私, 行つて劍突くを, 行つて力一杯に叩き, 行つて加野君にも逢つて, 行つて助太刀をたのんだ, 行つて勇をなやます, 行つて勘三郎を擧げる, 行つて勝ち負けを決め, 行つて勲章貰はなかつた, 行つて北村さんに逢ひたい, 行つて十一代目仁左衛門の引き立て, 行つて十五円程の増切符, 行つて十五圓程の増切符, 行つて十字架にかけられた, 行つて十数種の鬘, 行つて十日も江戸, 行つて十銭五銭と負けさせる, 行つて千之助に逢つて, 行つて千藏といふ出入, 行つて午後は法起寺, 行つて午後八時から始まる, 行つて半分ばかり呑ん, 行つて南縁からそつ, 行つて南蠻物の毒酒, 行つて博士と火鉢, 行つて占領しても, 行つて危ふく何かにぶつかり, 行つて却つて想念があと, 行つて却つて象徴的手段に行き着いた, 行つて原文の意味, 行つて原田八段から説明, 行つて原稿紙の反古, 行つて厭ならすぐ, 行つて去年歸らなかつた老婦達, 行つて友だちと昼食, 行つて反覆翫味したかも, 行つて口を切らう, 行つて古代の人, 行つて叩き売つて金にする, 行つて叶屋で昨夜, 行つて号令演習をやつ, 行つて各国の学者, 行つて合図をしました, 行つて吉三郎を縛れ, 行つて吉之助と逢つて, 行つて同感もし, 行つて同棲するほど, 行つて名に惚れ, 行つて向うの湖水, 行つて吩咐ましよう貴夫人, 行つて吸つた, 行つて吸付烟草の噺, 行つて吻つと, 行つて告白けよう, 行つて呑口ひねりや談話, 行つて周助の持物, 行つて周子が辛い, 行つて味噌や醤油, 行つて呼鈴をひきました, 行つて和尚に話し, 行つて和尚さんの顏, 行つて和田氏の今日, 行つて和蘭の商人, 行つて咢堂先生も加はつ, 行つて唯旅館に泊る, 行つて商売をし, 行つて喉の中, 行つて喋つて見ろトタン, 行つて喋舌るから, 行つて喜太郎を誘ひ出し, 行つて單衣と帶, 行つて喰ふてくれ, 行つて嘴をくし, 行つて四億年の後, 行つて四半刻ほど經, 行つて四季亭へ泊つた時, 行つて団子をたべた, 行つて圓い材木, 行つて土地を見, 行つて土産に途中, 行つて土着すると, 行つて土蔵の中, 行つて土藏の大戸, 行つて土藏相模で遊ん, 行つて圧倒せられる, 行つて地におちたやぶ, 行つて地方文化に再生, 行つて地方新聞や官報, 行つて地獄極楽の御, 行つて地球玉を持つ, 行つて地蔵様を拝まつ, 行つて坊ちやんの足, 行つて坊やを迎, 行つて境の襖, 行つて境内にゐる, 行つて境港の船着場, 行つて墓參やら訪問, 行つて墓地に向, 行つて墓守りがしたい, 行つて増段しても, 行つて壁張りを續けた, 行つて壁際の木の根, 行つて夏の大, 行つて夕方帰つて来ると, 行つて夕方歸つて來ると, 行つて夕方養神亭の裏, 行つて夕景に戻, 行つて夕陽丘の校門, 行つて夕飯を一緒, 行つて外科醫を連れ, 行つて夙くに時間, 行つて多勢の中, 行つて夜半前に戻つた, 行つて夜明けの庭鳥, 行つて夜汽車で津和野, 行つて大々的に薔薇, 行つて大事の品, 行つて大口開いて, 行つて大名の家來, 行つて大声で怒鳴, 行つて大学生か, 行つて大寺といふ御, 行つて大桶七つ半の水, 行つて大森から歩い, 行つて大津しもと事務, 行つて大蛇の見世物, 行つて大阪から京都, 行つて大雨の爲め, 行つて天井は暗い, 行つて天気のこと, 行つて天若日子に尋ねる, 行つて太政官はまた, 行つて夫婦暮しをした, 行つて夷子座の話, 行つて奉行所のお, 行つて奉行時代の廣大, 行つて奥の間, 行つて奥地の様子, 行つて女中達にいろいろ, 行つて女房に云, 行つて女王樣と毬, 行つて妙なこと, 行つて妹さんの部屋, 行つて妻とそれから, 行つて妻君は求めない, 行つて姉に呑ませた, 行つて始末をし, 行つて始終話を教はつ, 行つて姫つ子, 行つて姿を隱, 行つて娯楽雑誌や黙殺, 行つて婿の家, 行つて嫂に調戯つて, 行つて子供達に食べさせる, 行つて孔雀が飛ん, 行つて孫を抱い, 行つて學がある, 行つて學問をやる, 行つて學校の狹, 行つて宅で東京, 行つて安井の消息, 行つて完全に私, 行つて宍道湖の水, 行つて宗廟に於, 行つて宗次郎の脇差, 行つて宗次郎さんに渡しました, 行つて実印届といふの, 行つて実否を確め, 行つて宵のうち, 行つて家搜しませうか, 行つて宿の窓, 行つて寂念モーローの先生, 行つて寄席を少し, 行つて密かなどよめき, 行つて密教の方, 行つて富士で宿らう, 行つて富岡の膝小僧, 行つて寢衣の用意, 行つて寮の近所, 行つて寺を一つ, 行つて寺僧に鼻薬, 行つて寿司とカストリ酒, 行つて専心筆を執らう, 行つて将来の昆虫, 行つて将棋の相手, 行つて将門の横暴, 行つて將來は老人優勢國, 行つて將棋を指し, 行つて小つぽ, 行つて小僧を叱つ, 行つて小半日もその, 行つて小声でなに, 行つて小学校の代用教員, 行つて小屋をかけ, 行つて小川部隊長以下の諸, 行つて小池にたよらう, 行つて小皿へ寿司, 行つて小腰をか, 行つて小舎の中, 行つて小艶のこめかみ, 行つて小説などを読ん, 行つて小諸辺とは余程, 行つて小銃射撃を見, 行つて少時階下の樣子, 行つて尺八を吹くんださうです, 行つて尻をまくる, 行つて尾を振つ, 行つて居なすつたん, 行つて居候暮しも出, 行つて居升たが, 行つて届を出し, 行つて山の上あたりはまだ, 行つて山人に見せた, 行つて山羊を見, 行つて山陽線を, 行つて岡さんが忙しい, 行つて岡田領事御夫婦, 行つて岩の出鼻, 行つて岩吉親分を呼出し, 行つて岸の上に住ん, 行つて島を横切つ, 行つて島千本兩家のいろんな, 行つて川波勝彌と姉, 行つて工事施行の場所, 行つて左利きの力, 行つて左右へ振, 行つて左吉松の惡, 行つて差配のとつ, 行つて市を開い, 行つて帯を締, 行つて帰りにベーカリー, 行つて帶を締, 行つて常から奇拔, 行つて帽子を被, 行つて幾何の難問, 行つて幾分手応へのあり, 行つて幾日かたつ, 行つて幾笊かのうなぎ, 行つて庄司の家, 行つて床の間へ腰, 行つて床上におとされた, 行つて序でに咲子, 行つて庖丁を持出し, 行つて店中の口を開かせる, 行つて店先に腰かけ, 行つて座敷へも這入らない, 行つて座談會をひらきました, 行つて引き放さうと, 行つて引拔いて, 行つて弟子入りを頼む, 行つて弾箱を持ち出し, 行つて当時医者をやつ, 行つて形さへ止めない, 行つて彼のがつ, 行つて彼女の立ち, 行つて彼奴に逃げられない, 行つて彼方で入用, 行つて彼方此方にぬれ, 行つて彼様いふ人達, 行つて待合でもすれ, 行つて待機の姿勢, 行つて後ろから自分, 行つて後悔しないやう, 行つて後腐れのない, 行つて得意げに包一, 行つて御機嫌をう, 行つて御礼を被, 行つて御覧冬ちやんところ, 行つて御霊の文楽, 行つて御飯でも食ませう, 行つて御馳走になつて遲, 行つて復た振返つて, 行つて復そこで稼ぐ, 行つて徳利と猪口, 行つて忙がしく立ち働いた, 行つて応接室を見る, 行つて快活な聲, 行つて念のため, 行つて念入りに見, 行つて急行に乘, 行つて怪我人の看病, 行つて怪談の種子, 行つて恋人同士のやう, 行つて息をふきかけ, 行つて息子と娘, 行つて患者監督と口, 行つて悪魔に思ひ, 行つて惡いこと, 行つて惡事を重ね, 行つて惣十郎店の長屋, 行つて意味も訣ら, 行つて愚弟だと, 行つて愛想のいい, 行つて感心して, 行つて感泣し, 行つて慈善家が針, 行つて應擧の畫, 行つて懐を探る, 行つて懐中の紙入, 行つて我が家の宗廟, 行つて戰死しました, 行つて所長の西村潔さん, 行つて扇三郎をしよつ引かう, 行つて扉をぱたり, 行つて手伝つてやる, 行つて手傳ひを, 行つて手傳つて居ますよ, 行つて手取早くけり, 行つて手套と扇子, 行つて手当を受けた, 行つて手探りに棚, 行つて手水盥に一杯, 行つて手當り次第あれこれ, 行つて手紙を風呂, 行つて手配をする, 行つて手間取つてゐた, 行つて打棄りあんした, 行つて扨て片岡, 行つて承知の旨, 行つて投り込めなかつたの, 行つて折角の幼馴染, 行つて拔いて, 行つて拝観人の中, 行つて持前の鼻, 行つて指さきで小突い, 行つて指先からピヨン, 行つて指圖をしてやらう, 行つて振りかへつて, 行つて据ゑて会心の書, 行つて掃除を手傳, 行つて掛で一杯ひつ, 行つて掛合つて見るがと, 行つて掠奪を縦, 行つて探偵の料簡, 行つて接吻の場面, 行つて推売るの, 行つて插画の上, 行つて支度をし, 行つて支那の古い, 行つて支那人にいろ, 行つて支那部の書籍, 行つて支配人の常吉, 行つて放浪の身, 行つて敏捷くルバシュカ, 行つて教場にも二階, 行つて教育界からは勿論, 行つて散々ツぱら姉の棚卸し, 行つて散歩した, 行つて敬吉と同じく, 行つて敬意を表する, 行つて数メートルの深, 行つて整理された, 行つて敷居ぎはに突ツ, 行つて文七と石井, 行つて文壇とは没交渉, 行つて文学芸術の修業, 行つて文治の繩, 行つて斜に肩, 行つて斯う申, 行つて斯んな事, 行つて新らしい物, 行つて新富町についてから哥津ちやん, 行つて新築の家屋, 行つて新聞包を置いた, 行つて斷られたわけぢ, 行つて方々の墓, 行つて旅の埃, 行つて旅装を解かせる, 行つて日暮になつて, 行つて日暮時に入, 行つて日本料理を食べさせ, 行つて日歸りも, 行つて日比谷から銀座通り, 行つて日頃の鬱積, 行つて旦那が行, 行つて早世した次, 行つて昇り降りの多い, 行つて明方まで飲む, 行つて明日あたり帰つて来るだらう, 行つて明日川原湯泊りそれから關東耶馬溪, 行つて明日朝乾燥に釣る, 行つて明治大正の国語, 行つて昔の顔, 行つて映画を見せ, 行つて昨夜使つた鑿を隱, 行つて昨夜池田屋の若旦那, 行つて昨夜源三郎が泊つた部屋, 行つて昨夜竹松夫妻と眞珠太夫, 行つて昨夜金次郎が外, 行つて昨夜馬場要と内儀, 行つて昨日頼んで, 行つて昭和堂にそれ, 行つて是新聞を読まう, 行つて時を潰し, 行つて時代が進む, 行つて時刻を訊い, 行つて時計屋のお, 行つて時間を延ばしたら, 行つて晝過ぎに行つて, 行つて普天間の岩穴, 行つて普通よりは眼, 行つて景色の變化, 行つて晴したらよから, 行つて暇を告げる, 行つて暇つぶしをすれ, 行つて暖簾を潜らう, 行つて暗がりから飛出し, 行つて暫らく戻つて來, 行つて暫らく和助さんや新, 行つて暫らく身を潜め, 行つて暫らく逗留して, 行つて暫らく間ごつきヤツ, 行つて曉方歸つたといふこと, 行つて書き物を請, 行つて書物を持つ, 行つて書類の出し入れ, 行つて曹達水に二十銭, 行つて最初に誰, 行つて會つただけで, 行つて會つて見ようよ, 行つて會つて來る許し, 行つて月明りの中, 行つて有效であること, 行つて有斐閣の前, 行つて有無を言, 行つて服従を誓うた, 行つて朗讀したもの, 行つて朝の内, 行つて朝鮮人蔘二三本買つて来て, 行つて木戸でも衝かれる, 行つて木虱のゐる, 行つて木賃宿へでも泊らう, 行つて未亡人になつ, 行つて未墾の土地, 行つて本棚の後, 行つて本町橋に掛からう, 行つて本能的にそれ, 行つて杉村の好意, 行つて杉野の兄さん, 行つて村の老人, 行つて村民と共に村, 行つて来たまへ, 行つて来やうかな, 行つて来週早々帰つて, 行つて松と裏白, 行つて松ばやしの中, 行つて松尾神社になつ, 行つて松本先生に手当, 行つて松村を正面, 行つて松男君をさした, 行つて松藏を縛り, 行つて松谷をた, 行つて板壁に背, 行つて板藏の二階, 行つて林檜の頬被り, 行つて果てはもう少し何とか, 行つて果物でも入, 行つて枝葉末節に喰, 行つて枳殼垣の上, 行つて柄に匕首, 行つて柏餅を總仕舞, 行つて染五郎に逢, 行つて染井福之助がその, 行つて柴井町に厭, 行つて校長の永, 行つて案内を乞うた, 行つて桑井君に渡し, 行つて桜の花, 行つて桶を持つ, 行つて梯子の下, 行つて梯子段の下, 行つて梵語なり梵語, 行つて棒でした, 行つて棟梁辰三郎の家, 行つて棺桶の板, 行つて植ゑたり種子, 行つて植惣の主人, 行つて検分したさ, 行つて椽側へ首, 行つて楼上に去年除幕式, 行つて楼階のところ, 行つて楽んでゐた, 行つて楽器を奏し, 行つて榛からは青葉, 行つて構はないだらう, 行つて槍を引抜い, 行つて横目で見, 行つて樹に縛りつけ, 行つて樺太からあちら, 行つて樽につかまりました, 行つて樽野が駆け, 行つて橇を取つ, 行つて橋の途中, 行つて橘を持つ, 行つて橙の樹, 行つて權柄づくで脅かしたくら, 行つて欧米で発行, 行つて止めどもなく, 行つて正体を見届け, 行つて正宗を通した, 行つて正面の最, 行つて此先何うなること, 行つて此先奈何なること, 行つて此小判を見せ, 行つて此度は果物, 行つて此時既に出, 行つて此眼で見る, 行つて歴史家の知, 行つて歸つたばかりだ, 行つて歸つたのだ, 行つて歸つた家内の話, 行つて歸つた連中も手傳つて, 行つて歸つて見ると, 行つて歸らないさ, 行つて死骸を引揚げ, 行つて殊勝らしくお, 行つて残つてゐるの, 行つて殘餘の仕事, 行つて殺人強奪を事, 行つて殿下とその, 行つて殿様の鈎, 行つて母家の方, 行つて母屋の方, 行つて毎日親分の家, 行つて毛皮の裏, 行つて毛虫になつ, 行つて民俗学の独立性, 行つて民衆のなか, 行つて民部大輔に, 行つて気晴らしに働いた, 行つて水瓶からひしやく, 行つて水甕からくん, 行つて水蒸気の大きな, 行つて水雷ごつこ, 行つて氷嚢を買つて醫者, 行つて氷峰の出さう, 行つて江島屋の番頭太兵衞, 行つて江戸に居ません, 行つて江戸中の舟, 行つて汲み立ての水, 行つて汽船賃をしらべ, 行つて汽車賃を渡した, 行つて沢山な御馳走, 行つて油で變, 行つて泊つて, 行つて泊つたんだ, 行つて泊つた晩離屋の二階六疊, 行つて泊つた處かどう, 行つて泊つて了はう, 行つて泊り賃を払, 行つて泥鮒を釣る, 行つて洗ひ出した, 行つて洗つてやり着物, 行つて活版屋の裏, 行つて派は違, 行つて浄めて来なけれ, 行つて浪つて來たんだ, 行つて海を見せ, 行つて深川へ廻つて, 行つて淵をのぞい, 行つて清太郎さんと大きな, 行つて清玄の亡靈, 行つて渦のところ, 行つて湯屋の株, 行つて湯島天神にゐる, 行つて源三郎の不在證明, 行つて源吉は水, 行つて溺死して, 行つて滅茶滅茶に泳い, 行つて滞在して, 行つて滯在費がなくなり, 行つて滿員の電車, 行つて滿洲の學校, 行つて漁業家の主人, 行つて漁船にさ, 行つて漢字を知つて, 行つて潦の中, 行つて澤山あるといふ, 行つて濕布をし, 行つて濱邊に引上げ, 行つて灌水の水, 行つて火事見舞に来た, 行つて火打箱を取り出し, 行つて灯心を代, 行つて炉にか, 行つて炬燵へあたれ, 行つて炭を焼く, 行つて焚木を拾, 行つて無料で注射, 行つて無用な懸念, 行つて無限に天上, 行つて焼酎を売る, 行つて燈火の明るく, 行つて燒き拂, 行つて燕女が下手人, 行つて爆彈を落す, 行つて爪を伸ばす, 行つて爪先あがりに, 行つて爲た方, 行つて父親は俳諧, 行つて片つ端, 行つて片口に酒, 行つて片手の指先, 行つて牛や馬, 行つて牛乳壜に残つて, 行つて牝鶏の拡げた, 行つて物蔭にそつ, 行つて犬の前, 行つて犬殺しの箱車, 行つて狂つてゐる養父, 行つて狐の母, 行つて狐憑きに馬鹿, 行つて狐格子の間, 行つて狡猾い奴, 行つて狼にでも喰ひつ, 行つて猟を見よう, 行つて猫の子, 行つて獄屋に打ち込ん, 行つて獵でもしたら, 行つて玄関のところ, 行つて率直な言, 行つて玉突をやつ, 行つて玻璃越しに空, 行つて珈琲の栽培, 行つて現場の樣子, 行つて現象主義的になつ, 行つて瓦斯をつけ, 行つて瓶を取つ, 行つて生活すること, 行つて用人に幾つ, 行つて用箪笥からお金, 行つて用語が出来る, 行つて田圃を仕付け, 行つて男から縁, 行つて畑の中, 行つて畑下戸の溪流瀧, 行つて畑尾が持つ, 行つて留守一人はぼんやり, 行つて留守主人は奧, 行つて留守女房のお, 行つて畠の中, 行つて異人館の裏庭, 行つて疊の上, 行つて病人を診察, 行つて病室の薄ぎたな, 行つて發車の時間, 行つて發音的の新しい, 行つて白川はたうとう, 行つて白粘土の道, 行つて白隱和尚修業の地, 行つて百人町で一杯, 行つて百穗君から訊い, 行つて百足屋市之助の店, 行つて的へ突, 行つて皆なに馬鹿にされ, 行つて皆んな申上げます, 行つて皆んな種明しをする, 行つて皇軍の勝利, 行つて盃ごとをする, 行つて盗みでもする, 行つて目隠しをし, 行つて直接その道の専門家, 行つて省三から正面, 行つて眞つ暗, 行つて眞物を見る, 行つて眞鍮の簪二本, 行つて眠つてゐるシル, 行つて着更をお, 行つて着物を脱い, 行つて矢太さんや源太さん, 行つて石川博士に診察, 行つて石川君に話した, 行つて石鉄の類, 行つて石鎚山の中腹, 行つて砂糖栽培に従事, 行つて破談にし, 行つて硯の墨, 行つて碁會所へ顏, 行つて磯吉を探し出し, 行つて社の扉, 行つて社長の空椅子, 行つて祈祷書をよみ, 行つて祝いをのべ, 行つて祝ひをし, 行つて祝ひ酒をのみ, 行つて神人問答の唱和相聞, 行つて神経衰弱になつ, 行つて福松が歸つた後, 行つて禮を陳べ, 行つて私たちの係り, 行つて私ダンサアになりたい, 行つて私共が見, 行つて私立探偵のやう, 行つて種々の艱難辛苦, 行つて種々聽いて, 行つて積荷を捌いた, 行つて穴から奔注, 行つて空を見上げた, 行つて空手で而, 行つて突きあたりを左, 行つて突當りの, 行つて窓際の肱掛椅子, 行つて窕子が振返つた, 行つて立派に紀念塔, 行つて立留つて振返つた, 行つて竜宮のよう, 行つて竟にけい, 行つて端坐したか, 行つて竹藪に夕日, 行つて笊の中, 行つて笛を吹いた, 行つて笹野新三郎の口, 行つて筋道をつけよう, 行つて箱か何, 行つて節会に関ら, 行つて簡単に口出し, 行つて粗朶を少し, 行つて粟をすこう, 行つて粥でも煮, 行つて約束をさせました, 行つて純潔な基督教徒, 行つて素材的には寧ろ次第に, 行つて細男の舞, 行つて終日山を見ず, 行つて絃を合せ, 行つて結句で十分, 行つて結局は何方, 行つて結構な智慧, 行つて絵を書く, 行つて絶頂に近い, 行つて經驗した, 行つて綱にかけてある, 行つて綿の入, 行つて線路の方, 行つて練習でもし, 行つて縁側に腰, 行つて縛つて, 行つて縮毛の黒ん坊, 行つて罪だから, 行つて罪障を感じ, 行つて羊羹色の紋付, 行つて義弟の率直, 行つて義雄は書類, 行つて羽織を脱い, 行つて習つて来るの, 行つて老人に会つた, 行つて老後のお, 行つて考へ合せ, 行つて耳こすりを, 行つて耳もとで怒鳴, 行つて聞合せませうまア, 行つて聲をかけ, 行つて聲くらゐは, 行つて職工達がエンヂン, 行つて職業を求めます, 行つて肺結核に罹つ, 行つて背の皮, 行つて背後から脇差, 行つて胸をつまらせ, 行つて能く話, 行つて腰掛に掛け, 行つて腹を減らし, 行つて膝を突いた, 行つて臍が無事, 行つて自分達の親類, 行つて自動電話へ入, 行つて自己の感想, 行つて自滅するエグモント, 行つて自然主義の文体, 行つて自由廃業をさせ, 行つて自由自在に泣い, 行つて與三郎を殺す, 行つて興行中の東京相撲, 行つて舊い屋敷, 行つて舞臺の手すり, 行つて舟の後, 行つて船の切符, 行つて芥川に會, 行つて芭蕉を追想, 行つて花合戦をしばらく, 行つて芸づくしの姿, 行つて芸者になつ, 行つて苗床に水, 行つて若旦那樣が頭痛, 行つて若衆入りの儀式, 行つて英堂和尚の老, 行つて茶を立てた, 行つて茶代を払, 行つて茶商とお, 行つて茶器を運ん, 行つて茶碗をが, 行つて草木を喰, 行つて草笛をふこう, 行つて荷を運び, 行つて莞爾した, 行つて菊池氏に撤回, 行つて菓子を貰, 行つて萬七親分の仕事振り, 行つて萬屋茂兵衞に聽, 行つて萬苦を經, 行つて落しを開け, 行つて葉ばかりで, 行つて葬ひの, 行つて蒲団などを侑め, 行つて蒲團を丁寧, 行つて蒸汽船註文の事, 行つて蓋を開け, 行つて薔薇を切つて, 行つて薦を取り去り, 行つて薬を調べ, 行つて薬師寺や唐招提寺, 行つて藁を賣つ, 行つて藤ちやんに本, 行つて藪影でゴソゴソ, 行つて處分を付けます, 行つて號令演習をやつ, 行つて虫封じのお守り, 行つて蛇体となつ, 行つて蛭の垢, 行つて蜂をい, 行つて蜘蛛はお前達, 行つて蜜酒を一杯, 行つて衆を得た, 行つて行つてとまる事, 行つて行儀よく立つ, 行つて行儀作法を習, 行つて行成驚いたの, 行つて衣裳戸棚を搜すがい, 行つて衣裳箪笥の一番上, 行つて裏表の出入口, 行つて裸になつ, 行つて褞袍を被, 行つて襟元へどつさり入れ, 行つて西側に雑貨商大久保増太郎, 行つて西洋の學問, 行つて西洋語で電話, 行つて西王母に御, 行つて要領を得た, 行つて見てくれといふお話し, 行つて見付の障子, 行つて見物できるやう, 行つて見舞つて上げて, 行つて視察すること, 行つて覗き込むやう, 行つて親や兄弟たち, 行つて親分を引つ, 行つて親子水いらずで, 行つて親方を引つ, 行つて観察描写の上, 行つて觀て貰, 行つて觀世縒で首, 行つて解釈をし, 行つて觸つて見るがい, 行つて言葉を懸け, 行つて訓練する, 行つて診察室に歸ら, 行つて診療したし, 行つて証明書を貰つて, 行つて試みに獨, 行つて試驗場から入場, 行つて試驗準備をした, 行つて詫でも言つて來, 行つて説明したが, 行つて誰かにくれ, 行つて誰彼とくだらぬ, 行つて課長の眼, 行つて調べの樣子, 行つて諄く語る, 行つて談すと, 行つて諸君の顔, 行つて諸方の武家, 行つて謝つて來てやる, 行つて謠曲の文學, 行つて警察の内幕, 行つて谿間の浮島, 行つて豆腐の一丁位, 行つて豐岡川の岸, 行つて豚の仔, 行つて財布を掏, 行つて貰つたのだつた, 行つて貰つてそつとその, 行つて貰つて三年ぶりに懐かしい, 行つて貰つて女ではと, 行つて貰つて彼の本, 行つて貰ふかも知れない, 行つて貰ふんでしたよ, 行つて買つて, 行つて買つて來ようと云つて, 行つて賑やかだつたの, 行つて赤ん坊を抱かう, 行つて赤彦を興奮, 行つて赤羽橋の友吉親分, 行つて路地を二つ三つ, 行つて踊つたり, 行つて踊り且つ歌, 行つて踪跡も分らない, 行つて踵を旋, 行つて蹲つた, 行つて身輕なところ, 行つて躯をやすめ, 行つて辨當でも食, 行つて辰一人が二階, 行つて農村を荒さない, 行つて辻斬が出, 行つて辻野君が神父さん, 行つて近くに寄つて, 行つて近頃は宵, 行つて返事を待つ, 行つて迷子になつ, 行つて通な人, 行つて進級式での作法, 行つて遊び相手に彼女, 行つて運動家になる, 行つて道具まで持出し, 行つて違棚の上, 行つて適當な作業, 行つて遭難したのに, 行つて遲くな, 行つて部隊長と一緒, 行つて郵便に出した, 行つて郵便局に勤め, 行つて郷土人士の片, 行つて酒場の中, 行つて酔つ払つて, 行つて里の娘たち, 行つて重箱のばあさん, 行つて野良犬のやう, 行つて野調に富んだ, 行つて金五郎に逢つて, 行つて金盥へ水, 行つて金箱の千兩, 行つて金貸しをし, 行つて金銀銅の諸, 行つて釣つて見ました, 行つて釣りをはじめる, 行つて鈴に蹴躓き, 行つて鉢合せをしました, 行つて錠前をガチヤ, 行つて錢形の, 行つて錨を卸す, 行つて鍵を拵, 行つて鏡の方, 行つて鐵欄に凭れ, 行つて鐵道便に託した, 行つて鐵鑛泉の傍, 行つて鑑定して, 行つて鑑札が下りれ, 行つて長崎に現存, 行つて長持の輪鍵, 行つて長門や菊, 行つて門の扉, 行つて門前町の錺徳, 行つて門口で法螺, 行つて間隔が出来た, 行つて関はない, 行つて闘剣の相手, 行つて關係を付ける, 行つて關係者一同が滿, 行つて附木で火, 行つて陛下の御, 行つて陣屋を根城, 行つて陳列して, 行つて階子段を下りる, 行つて階段の中程, 行つて随喜合掌した, 行つて雀の燒とり, 行つて雁のこぼし, 行つて雁字がらめにし, 行つて雑誌を読みたがる, 行つて雜誌の頁, 行つて雲に隱, 行つて電報の如く, 行つて電柱をながめた, 行つて露次の内, 行つて靈の糧, 行つて青野峠を越した, 行つて静養しようと, 行つて靜かに, 行つて靜養しようと, 行つて非常に落着, 行つて面會する機會, 行つて革命当時の事情, 行つて靴を預けよう, 行つて音吉に逢つて, 行つて順吉がつきあたる, 行つて頬に痣, 行つて頸卷をし, 行つて顏出しして, 行つて顏見知りらしい驛員, 行つて食物の準備, 行つて飮食して, 行つて飲直さう, 行つて養つてやりながら, 行つて餌をやらう, 行つて首をくく, 行つて首實驗をし, 行つて香りの高い, 行つて香奠を借り, 行つて馬小屋の入口, 行つて馬賊にでもならう, 行つて馬車でイートン・プレース, 行つて駅の助役, 行つて駅夫をしてる, 行つて駿三を調べる, 行つて駿太郎君にそう, 行つて験べて見たら, 行つて騷ぎ立て繰返し, 行つて驛夫をしてる, 行つて髪をオカッパ, 行つて髯を剃つた, 行つて鰍をすくつた, 行つて鰯の頭, 行つて鳥渡嗅いで, 行つて鳩を出し, 行つて鳩同志の親善, 行つて鳴子の綱, 行つて鷄肉の汁, 行つて鹿の近寄つ, 行つて麻布で一杯, 行つて黄色な紙, 行つて黒麦酒を飲んだ, 行つて鼻孔から塩水, 行つて齊の國, 行つて龍村さんに何, 行つとられますぢや, 行つとりなさるんだ, 行つまらざること僕一生の, 行つもりなり, 行つ戻りつして躊躇っ, 行づつあけてあまり上手, 行づつ克明に書き込むだ, 行づまりの影響をひどく, 行づまりを感じ創作力, 行づまり危機にせまっ, 行づゝの電報, 行づゝ二三箇所削つて, 行てしもたあ, 行てつかあされ, 行ててもええ, 行てには華かな芝居, 行てめえへんか, 行てをれと, 行できよう筈は, 行できるだらうかといふ不安, 行でございましたから後, 行でございましょうか, 行でございますからそれ, 行でしょうか, 行でですから私, 行でないように, 行でなさる兄さんが, 行でになるん, 行でまして河内, 行でましけるにつぶさに, 行で始まるかと思う, 行といへる流行語, 行といはんよりはむしろ, 行とかいうのは, 行とかの急行列車を, 行とけふの風速, 行ところでした, 行としての科学などという, 行とってし, 行とでは大分部類の, 行とでも云いそう, 行とともに十七世紀の, 行とどいておる, 行とどいた跡が, 行とにより迷へる, 行とばかりにあるわけ, 行ともにほぼ同様で, 行とりますじゃが, 行とるけにこの, 行とわ行とは遠い, 行とをはづれたことを云ふ, 行まって, 行ども更に駕籠, 行ども先の目的, 行なしてほしい, 行などから起つたの, 行などといふ事件の, 行などには麻の, 行なども不揃いだった, 行なはせて無二, 行なやんでゐる, 行ならびの大きな, 行ならむか公私につき, 行なりき彼の, 行にかけての感想が, 行にぞ吉之助初, 行にたいして英国潜水艦ローン号へ, 行については色々な, 行にては父を, 行にても生死をは, 行にとっては全く愉快, 行にまで移り行かざるを, 行にももツと, 行によるにせよ私たち, 行にわたって連続させた, 行に対して痛烈に, 行に対する褒美であった, 行に迄なつた, 行に関し一夫一婦法と, 行に関しては妻君とりら子の, 行に関するの醜談, 行に際してこちらは, 行ねとせり立られ, 行のみ早し, 行のよ東京の, 行はうではない, 行はず丁あれども軍に入らず, 行はず國民の幸福, 行はず時の過ぎ去る, 行はず秋以後冬に行, 行はなはだ急なる, 行はなはだしいのは, 行はばかへりて, 行はるべきでは無い, 行はるべきであり焦眉の, 行はるべくもない, 行はれえないであらう, 行はれさせながらその, 行はれしならんと, 行はれじ好き機もがな, 行はれたなれば十分目的, 行はれたらしく思はれぬ語である, 行はれたればなり, 行はれた思ひ出が, 行はれつくされてゐた, 行はれなからうではない, 行はれなくなり叙事詩として, 行はれなくなると家, 行はれぬきさしならぬ, 行はれはじめてゐた, 行はれはじめたと思ふ, 行はれまするなにが, 行はれるだらうといふ噂なぞ, 行はれるべき事でない, 行はれる如く声も, 行はれればその, 行はれ亘つたものと, 行はれ居る事であり, 行はれ得ないことである, 行はれ聴き役が, 行はんずる晴業を, 行はんためその僕等, 行ばかし自分を, 行ばかりじゃないなかなか, 行ばかりと思って, 行ばかりにつづめて, 行ひありて彼, 行ひありしのみならず, 行ひうればそれ, 行ひかなと人々, 行ひこなたの主, 行ひしといへるも, 行ひすまいて居つた, 行ひすましたる瀧口が, 行ひすました暮し方を, 行ひすますことは, 行ひすませし後飄然と, 行ひたまひき, 行ひたしとの事, 行ひであるのに君, 行ひひきいれられて石, 行ひまして歴史家, 行ひませぬので遂に, 行ひませんが此, 行ひもそれらしくならない, 行ひもつて潮風, 行ひゆかばつつみ無からん, 行ひ信じてゐた, 行ひ信じたと思はれる, 行ひ定めて日八日夜八夜, 行ひ居り侍るなり扨, 行ひ居れる灌水は, 行ひ得たことは, 行ひ愛するものに, 行ひ改められたのであらう, 行ひ済ましてあるべきなり, 行ひ為すことの, 行ひ総べて党議, 行ひ考へるといふ風, 行ひ試みた行動が, 行ひ賜はらば一代, 行ふから旧来の仕来り, 行ふぐらゐの, 行ふけれども少しく, 行ふごとく書きわが生存, 行ふさうだが君, 行ふし他人は他人, 行ふすべての行儀, 行ふた體多し, 行ふたことでなければ, 行ふたのである, 行ふたりする者, 行ふたハリダースが定, 行ふた時の余興, 行ふつもりである, 行ふて見たいと時々, 行ふところ男に二所, 行ふとしてもせめて, 行ふとしたならば, 行ふと共に常に報いらる, 行ふならば五十, 行ふべからざる事を, 行ふべきだと思つて, 行ふべきなれども今, 行ふべく而し, 行ふべければおの, 行ふままなり, 行ふまいと思つたの, 行ふんだぜ, 行ふ削掛の, 行ぶりはさる, 行へが分らない, 行へども其登庸昇進必ず, 行へは他者としての, 行へる錬金の, 行へを寝ぬ夢, 行べきなれども此度, 行ほとんどこの水荘, 行ほどが書きそえて, 行ほどの通知を, 行ほども点々が, 行まいが太儀, 行ましよ病氣, 行まじりで丁寧だ, 行まじ退止て, 行ませばや, 行ませんよ, 行まぜ書の, 行までに彼が, 行舎てらるれ, 行むかへてつれ皈らん, 行むしろ満足そうに, 行もう出ましたか, 行もて主を, 行やかましくやり付しにより, 行やしなハ, 行やと思ひしに, 行やれと罵りつ, 行て, 行ゆえ友次郎は心, 行ゆっくりゆっくり読んで, 行よみ進むうち, 行よりは地の, 行らかす心支度が出来た, 行らしく為立て直した, 行らしたことない, 行らしったようですが, 行らしった方はいい, 行らしつたら可いでせう, 行らっしったんです, 行らっしゃいましよ, 行らっしゃらないのね, 行らっしゃらなければならない, 行られては, 行られつとも俺ら家族, 行らんときは則, 行らッしゃるので, 行りおるか見, 行りおるなら彼らは, 行りかねる, 行りきれない, 行りさへすれ, 行りせえすり, 行りたか行, 行りつけると, 行りつけねえぢや, 行りなさい私の, 行りなされお行, 行りましてね, 行り兼ねない手合が, 行り切れないんだ, 行り寄ると顏, 行り損なえばつかまるです, 行り直さぬうちは, 行り馴れて居る, 行るいてい, 行るであろうが普通人, 行るならば貧乏人, 行るべきことだ, 行るまいとする, 行れければ勤むる, 行れざる可く, 行れしやなどと何, 行れず戒め守られざるなり, 行れたる歸り, 行れねば其儘そこ, 行れべきやと云, 行れまじ切て, 行わざらしむる, 行わたらせている, 行わるべきであって両親, 行われは髪, 行わん間如何にと重ね, 行をかへて書いて, 行をさえ変更する, 行をも敢て, 行んでからお梅どん, 行んでさ薄ら明りにや, 行んでしまいなさったら難儀や, 行アリ因テ約ニ命ジテ, 行イタリ右自筆ヲ以テ証明ス, 行イ情慾ヲ掻キ立テタ後デアッタシ, 行ウダケデツイゾシンミリトシタ睦言ヲ取, 行ウニ智計ヲ以テスベシ, 行ウニ至ッテモ普通ノ藝妓ト普通, 行ウヲ以テ塩ノ浸, 行エル計画的非人道性ヲ欧米ヨリ, 行カザルの御, 行カシメヨか, 行カシャルト言ッタラ一人カケ出シテ行キオッタガ程ナク中村親子ガ迎エニ来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ出, 行カズニシマッタノデ委シイ様子ハ知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, 行カナイ触ラレタ傍カラ, 行カナイデコノ家ノ庭ニ面シタ十畳, 行カネバナラナイ道ニ於テ独立ヲ固執スルノデハアルガ, 行カバソレギリナリシガ其時思フニ縦令ひめ, 行カムト欲シテ其方向ヲ定, 行カムト欲スルガ如キモ行カムト欲シテ其方向ヲ定, 行カレルトアトハ乱脈ニナルカラ一両年居テクレロト云ウカラ居タガ人ノコトハ修メテモオレガ内ガ修マラヌカラ困ッテイタラ, 行キオッタガ今ニ帰ッテ来ヌ, 行キオッタガオレニハイツモ咄シテ逃ゲタ又江戸, 行キオッタガ程ナク中村親子ガ迎エニ来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ出, 行キサクに笑った, 行キシ王女ガ既ニ裸体ヲ見, 行キタク無イノニ行カンナラン, 行キテツカイツツ行ッタガ先年ヨリ居候共ヲ多, 行キナガラズットアタリノ景色ガ見ラレルヨウナ, 行キノ主タル目的ハ実ハコヽニアル, 行キマスドウイウ犬カ君ハ多分知ッテイルデショウガ参考ノタメ, 行キマスヨソウ云ウ才能ノアルコトヲ僕ハ見抜イテルンデス, 行キ二人ガカリデ車ニ入レタ, 行キ四五時間ヲ費シテ夕飯前ニ, 行キ夜ハキャバレヘ引ッ張ッテ行ッテ皆デ踊ルノダト云ウ, 行キ奥田町長ニ会ツテ話スルト云フ故入山同道ニテ町役場ニ参リ奥田ニ会ヒ, 行キ届イテルカラオ爺チャンノオ遣リニナッタモノナンゾ食ベヤシナイワ, 行キ把手ヲ廻シテミル, 行キ東大寺新薬師寺, 行キ祇園会ヲ見物スルノダト云ウ, 行キ面ト向ッテ先ズ顎附, 行クカラ悪イ, 行クカラムコウノポストノソバニイテオクレというの, 行クカラ浄吉モ来ラレタラ来ルヨウニ云ワセル, 行クカラ駕籠ヲ出, 行クガヨイトイウカラ直グニ行ッタラ, 行クココニテ兵隊ハ救助車ヲ待ツ, 行クコトガ出来ナカッタヤッパリ日ニ焦ケテ, 行クコト二十日ノ後, 行クタメニハ木村トイウ刺戟剤ノ存在ガ缺クベカラザルモノデアル, 行クツモリニナッタラ正之助ヘ供先ノコトヲイロイロト教エテ, 行クト云ッテ三人デ出, 行クト云ッテ下サイドウセ僕ノオ見立テダカラ例ニ依ッテ悪口, 行クト折ワルク兵庫ガ納戸ヘオレガ入ッタラ, 行クト金ニナルカラソノ心得ヲヨク含メテヤッタガ嬉シガッタ彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラソノ約束デ別, 行クニノゾンデ継イデ見, 行クノガ恐クモアル, 行クノガアリマスナソラアノ高イ塔ナンカニ上ル時ノダンダンニアリマスナ, 行クノガ工合ガ悪カッタモノダカラ, 行クノヲ見上ゲテカラ予ハ直グ寝室, 行クモ全ク枯レ尽ルコトナキ多年生, 行クモ留ルモ国ノタメ, 行クモ留ルモ國ノタメ, 行クヤライロイロ好, 行クンデ和尚サント懇意ダモンデスカラ, 行ク二人ヲ見, 行ク先ハ河原町二条東入ル筆墨商竹翠軒デアル, 行ク小南朝日奈出間ト同クス, 行ク彼女ノ左右, 行ク様子デアル, 行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, 行ク道ニテ病犬ニ出合ッテキン玉ヲ喰ワレタガ, 行グーの音, 行ケト云ウノデ書斎ニ上ル, 行ケト云ッタラ聞済マシテ連レテ行クツモリニナッタラ正之助ヘ供先ノコトヲイロイロト教エテ, 行ケバデモニ打ツカル恐レハナイト思イマス, 行ケバ華ガ無事ニ一夜ヲ人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, 行ケル筈ナノニ慎ンデイル佐々木ヲ除イテ, 行コウトシタノデアッタガソノ時奇怪ナ, 行サ行タ行音の前, 行ザ行の音, 行スッと立ち, 行スルトキハ一日数十里ヲ行クモ, 行ズル時ハ僧ト成ツテ正法ヲ弘持ス, 行タ行ナ行マ行ヤ行ラ行ワ行の仮名, 行タ行音の前, 行ッたんじゃ, 行ッタガ最早コトガ切レタ, 行ッタガソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ無カッタ, 行ッタガ先年ヨリ居候共ヲ多, 行ッタガ昔帯刀ヲ世話ヲシタコトヲ思イ出シタカラ, 行ッタガ着物ハ出来金モ, 行ッタガ立退イタト, 行ッタコトナイカラ少シモ知ラナイ, 行ッタコノ年勤メノ外ニハ諸道具ノ売買ヲシテ内職ニシタガ, 行ッタソウスルト大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, 行ッタトコロ木村ガ僕ガ送リマショウト云ッテ, 行ッタニモカカワラズナオ完全ニハ睡リカラ覚メテイナイヨウニ, 行ッタノカソレトモ流石ニバツガ悪イノデ一人, 行ッタノハ今マデノ慣例ニヨッタノダロウガ, 行ッタノハ外ニ何カ早ク東京ニ帰リタイ理由ガアッタノデハナカロウカ, 行ッタノハ夜中ノ二時デアッタ, 行ッタラコレガ京都ノ見, 行ッタラソノ時オレガ思ウニハ九州者ノ二三年先ニ江戸ニ来タトイッテモ, 行ッタラソレカラ姉ガ云ウニハ左衛門太郎殿オ前ハナゼニソンナニ心得違イバカリシナサル, 行ッタラバ南平ニ出先デ出会ッタ, 行ッタラ何カシラ見ツカルダロウ, 行ッタラ佛足石ヲ拝ン, 行ッタラ兄ガ云ウニハオノシハナゼ正之助ヘ知恵ヲツケテ, 行ッタラ大勢揃ッテイルカラ様子ヲ聞イタラ右, 行ッタラ殿村南平トイウ男ガ来テ居タカラ近附ニナッタガ, 行ッタラ藤井大丸ノ前, 行ッタラ親父ガ云ウニハオノレハ度々不埒ガアルカラ, 行ッタリスルノヲ見カケルト, 行ッタ宿デ駕籠人足ニ聞イタラ, 行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, 行ッタ息子ハ蒲団ヲ積ン, 行ッタ時ノ様子ヲハナシテ勤, 行ッタ時イカイコトトクニナッタ事ガアル歩イタトコロデオレガ名ヲ知ッテイテ世話ヲシタッケ, 行ッタ晩馬道デ喧嘩ヲシテ, 行ッタ留守ニ妙ナ話ヲシタ, 行ッタ翌日兄ガ呼ビニヨコシタカラ行ッタライロイロ馳走ヲシタ, 行ッタ間ニ予ハ又一ツノ楽シミ, 行ッテアニヨメニ話シタラバ先カラ尋ネタラ行クガヨイトイウカラ, 行ッテイタカラウチノ小, 行ッテイタ留守ニ寝室ト浴室ト便所トヲ作リ直サセタコトガアッタ, 行ッテイルト夢見タノデアルカソレトモソウ見セカケテ, 行ッテイルノト異ルトコロハナカッタ, 行ッテイロイロハグラカシテソノコトハ済ンダオレモ三四年ハ大キニ心ガユルンダカラ, 行ッテオ寝, 行ッテカラ今マデ一度モコンナ話, 行ッテカラ暫クスルトオ静ガ二人分ノ茶ト菓子, 行ッテクレロ是ハ千両バクチ故ニ, 行ッテシバラク戻ッテ, 行ッテシマッテカラ一人デ静カニ考エテ, 行ッテソレキリ姿ヲ見, 行ッテモ今度ハ寄ラナイデ帰ルカモ知レナイカラ悪ク思ワナイデ下サイ, 行ッテモ大丈夫ダトイッタ故男谷ニテモ安心シタト, 行ッテラシッテ下サイヨイヽ機会ダカラ, 行ッテラッシャイッテ追イ出シタノヨ, 行ッテワザトコレ見ヨガシニレスリーヲ愛撫シテ, 行ッテ三年程カカッタガ, 行ッテ冷蔵庫ヲ開ケテ調ベタリスルノデ, 行ッテ前座ノ試合カラ, 行ッテ勤メダト思ッテ精ヲ出, 行ッテ大井川ガ九十六文川ニナッタカラ問屋ヘ寄ッテ, 行ッテ女郎ヲ呼ン, 行ッテ家主ヘ談ジテ金子二十両, 行ッテ小十人組ヘ組, 行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 行ッテ方ヲカイテヤッタラ, 行ッテ皆デ踊ルノダト云ウ, 行ッテ胴ヲタメシタガソレカラ浅右衛門, 行ッテ血壓ノ検査ヲシテ貰ウ, 行ッテ食物デモ食ウテ寝テ居ロト云ウカラ行ッタガ, 行ッテ飯ヲ食ッテ行ケト引キ留メタ, 行ツちやア悪ひと, 行ツタケイ馬ハ面白イ馬場ノムカフガワニ馬ガ行ツタ時ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, 行ツタ事ヲ知ルト, 行ツタ時ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, 行ツ了つて何うする, 行テ下の関ニ帰ル, 行テ酋長川村モノクテ外一同ニ面会シ, 行トロトロトロトロと両, 行ナ行マ行ヤ行ラ行ワ行の仮名, 行ハシメテ損失ヲ顧ミザルコトアル如ク, 行ハズシテ而モ徒ラニ同盟罷業ヲ禁壓セントスルハ, 行ハルルハ他ニ, 行ハルルヲ忘却スル横暴ナル行爲ヲ禁ジ, 行ハレタル時代有リシ事ハ古ヨリ人, 行ハレ苦痛多シ, 行ハレ青銅時代鐵時代ナル名稱ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル, 行ハントスル者ノ恐, 行ハ唯此源因ト結果トヲ相結合スル所以ヲ知リ, 行ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, 行バイブルの寫眞, 行パ行は唇音, 行ヲ誹, 行ヒツトラーの獅子吼, 行ヒナバ遂ニハ双方ノ交際モ絶ユベキガ, 行ヒョコヒョコと膝, 行ヒヲススメテ改メシメザルハ一ニソノ方ノ責ナリ, 行ヒヲ論ズレバ不仁惨酷, 行ヒ居リシガ後十勝, 行ヒ骨灰ヲ太平洋ニ, 行フカ為メ明治二十九年十二月三十一日マテ其施行ヲ延期ス, 行フト有ル故ニ, 行フヘキ中心機関タル会館ヲ設立経営セムトス, 行フベキナリ其之ヲ為ス所以ハ則チ, 行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 行フモ哲學上ノ見解ナキ時ハ, 行フ所尠クマタ猿ハ阿諛ヲ知ラヌナリ, 行フ驚察等云フ名誉心ニ駆ラレテ暗闇, 行ベチユニヤなど, 行マ行ヤ行ラ行ワ行の仮名, 行メンダリアス号ニ移シ御帰国, 行モシ旦那樣江戸の馬喰町, 行ヤ行ラ行ワ行の仮名, 行ヤ行ワ行以外の五十音, 行ラ行ワ行の仮名, 行ロケットを見せ, 行ワザルハ無キ事, 行ワレツツアリシ事実ヲ認ムルヲ得ベシ, 行ワレテイル長方形ノノッペラボウノ石ノ表面ニ戒名, 行ワンとする, 行ワントスと立派, 行ワ行の仮名, 行ワ行以外の五十音, 行ヲカネテカラ楽シミニシテイタガ京都滞在中ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 行ヲシテ食ヲスクナクシテ祈ッタガ, 行ヲ調ベ見ルニ, 行一そこへひよつこり, 行一一等兵の軍服, 行一二九列車の二等車, 行一別以來の挨拶, 行一味近日大挙して, 行一宿するも, 行一層小声と, 行一時に破れ, 行一時間にし, 行一枚くだせえ, 行一眞感神の靈活, 行一篇を賦, 行七人かが最近日本, 行七八人の連, 行三分の一を余した, 行三十六時間を要す, 行三十日の道程, 行三十間田畑山林共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 行三年法華経諳誦というごとき, 行三挙家一昨日引越著に付, 行三日めの午, 行三氏は解説, 行三等に乗る, 行三郎といふの, 行三郎君で自分, 行上一段活用の動詞, 行上人さまよくお出まし, 行上人以来当寺, 行上人様のお, 行下した條文に, 行下り急行が, 行の毀誉, 行世上無爲祈祷於鶴岡云々, 行音群の, 行中ただ一人の佐藤垢石型, 行中渋谷行新宿行水天宮行の円太郎, 行中行事の一つ, 行中豊島氏が通訳, 行中豫て相, 行中部印度のプーリ, 行などの硯学たち, 行が橋, 行久伊勢与三郎などと共に一団四百七十騎, 行乗合舟へ乗込む, 行乗換えエ, 行乘合自動車が出, 行九マイルにし, 行九年正月中リマを出立, 行乞いやでいや, 行乞すつかりくたぶれたけれど, 行乞どころぢやない, 行乞やつと食べ, 行乞わるかつた, 行乞エピソードとして特種, 行乞キス一杯の余裕, 行乞ヱピソードの一つ, 行乞一週間ぶりの行乞, 行乞七日間懸命に稼い, 行乞七時から九時, 行乞三時間三時帰庵行乞相はよかつ, 行乞三時間十時ごろからそろそろ, 行乞三時間悪寒をおぼえる, 行乞三池町も少し, 行乞三里歩いて, 行乞不能ちよんびり小遣, 行乞中五十銭玉一つを頂戴, 行乞中毎日いやな事, 行乞中運悪く二度, 行乞九時から十二時, 行乞二時間それから今町行乞三時間, 行乞二時間銭四銭米四合あまり功徳を戴いた, 行乞二里歩いて, 行乞五十二銭の銭, 行乞今日一日の生存費, 行乞伊佐へ左折, 行乞伊野町へ十一時, 行乞例の石豆腐, 行乞僧としては珍, 行乞八時から二時, 行乞六里伊尾木橋畔日の出屋で, 行乞十時から十二時, 行乞即時停止を命じた, 行乞去年の行乞, 行乞四日間の所得, 行乞四時間竹輪で三杯, 行乞場所を視察, 行乞夕立がやつ, 行乞夜は餞別, 行乞姿を見, 行乞子と称し, 行乞家から家, 行乞小串まで来, 行乞山頭火でないと, 行乞巡拝したとき, 行乞巡査がき, 行乞帰庵の途中, 行乞帰途湯田温泉浴蓮芋の苗, 行乞帰途路傍に捨て, 行乞往復九里は暑苦し, 行乞往復六里少々草臥れた, 行乞押売すべての見, 行乞教化して, 行乞旅から旅, 行乞明日はいよ, 行乞昨夜殆んど, 行乞昨年と大差, 行乞時代を追想, 行乞果もあまり, 行乞此宿をたづ, 行乞流浪の旅, 行乞流転七年の結晶, 行乞流転中にどこ, 行乞流転時代のおちつき, 行乞海岸路山間路高低曲折の八里, 行乞生活に立ち, 行乞町に活気, 行乞相申分なしと, 行乞米一升ばかりくれた, 行乞純然たる肉体労働, 行乞羽根附近の海岸風景, 行乞自他共にいけない, 行乞蘭竹の海岸づたひに田島神社, 行乞行乞相申分なしと, 行乞行乞行乞に出かけ, 行乞赤字がさうさせた, 行乞途上般若湯を詰め, 行乞途中また堅田行乞, 行乞道具運送店で荷物, 行乞銭十三銭米二合霧の中, 行乞雑感の一つ, 行乞雪風不景気それでも食べ, 行乞駅前の土産物店, 行争晩程, 行事業所ならん, 行二十九マイルヒールズビル村に至る, 行二十二字である, 行二十八マイルにし, 行二十四字詰めのを石川, 行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 行二十日投馬國より邪馬臺國, 行二十行位のもの, 行二十行位いのもの, 行二巻を編, 行二聖陵修繕の許し, 行二行と綴字, 行五人は, 行五六台も遣過ごし, 行五十兩の金子, 行五十歳前後肉と菓子, 行五百兩借て歸, 行五百行も読まね, 行五節の新体詩, 行亘つて居るの, 行亘り商店の, 行亙って居る, 行亙つたといふ事, 行亙り硝子越しの, 行交ひもいまのやう, 行全, 行人行よりもおそし, 行仇討執心の趣, 行仕儀案中に候, 行仙寺という寺, 行以下各地へ四散, 行以前と其, 行以前日本品の賣, 行以来の私, 行以来侍講としての平田鉄胤, 行以来音も沙汰, 行出候に, 行仲哀應神仁徳履中允恭安康雄略清寧顯宗の各, 行ヲ整列ス, 行会い申しましたものです, 行会えぬように, 行会わぬいわゆる僻地窮境, 行伝中の話, 行位いのもの, 行位雑報を書く, 行位雜報を書く, 行住すべて水の如かれ, 行住座臥すべてが憧れ, 行住座臥心身を原作者, 行住座臥時処諸縁をきらわず, 行住念々汝とともに処し, 行住起臥其子に對, 行佐藤一清法道寺善小松鈍斎などいう, 行が胸, 行体中に円か, 行何となく不穏, 行來度海令一人不櫛沐, 行來有所云爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火, 行の窪んだ, 行侍従の公明, 行供養の微意, 行ルトコロ孝ト忠之ヲ, 行依然として軽い, 行に惡, 行俊貞俊ら以下手飼いの郎党小者, 行修道せんと, 行倒おれにならっし, 行倒れるにいたった, 行倒首縊変死人などは何, 行候事と奉, 行候得バかへり, 行候時ハ先ヅ将軍職云云の御, 行候留守中密かに煙草盆, 行に下る, 行まりで, 行停りとは聞いた, 行停りなのだ, 行働く事能はず又, 行と訳します, 行僧名にし, 行充分金を貯, 行先生只今の者, 行先達て御話, 行免状をもらった, 行兩人に唐太山丹オロッコ, 行六之助殿に負, 行六十二字すべて約千九百字, 行六十余名すら容赦, 行六尺ヲ牛行相歩ス, 行最早時刻, 行共其詮無しと云, 行其他にある, 行内務省の注意, 行冷泉家行らを残す, 行処不明のまま, 行出来ようで是非一度, 行出来るけれど, 行きって, 行切りに行く, 行列車まだ改札, 行初めて赤倉温泉に, 行別けの外観, 行琵琶湖水畔, 行刹那主義の哲理, 行前記ともいふべき, 行前進によりその, 行割りから字, 行勇さまの御, 行勇僧都なりまた, 行勇律師と云々, 行勘兵衞へ懸, 行なれども, 行なり, 行十マイルウィリアムズタウンの海浜, 行十一間高さ二丈四尺, 行十七字にし, 行十二列に並べ, 行十五間床から天井, 行十八字乃至二十二字, 行十四人扶持被下置, 行十四名和田校長を部長, 行十四宇目四字まですゝむと, 行十四間半の大, 行十字の詩句, 行十日陸行一日と爲, 行十日陸行一月とあり, 行十日陸行一月といへる水行十日, 行十日陸行一月トイヘルニツキテ思フニ兒湯郡アタリヨリ贈於郡ニ至ランニ, 行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升, 行十時半の汽車, 行十月陸行一月は既に, 行千種忠顕尊貴, 行千種忠顕これらの人々, 行千葉行の電車, 行半句でもなにか, 行半抹消されて, 行半真黒けよ, 行南北三月行各至於海, 行南行ともにほぼ同様, 行道行きの, 行厨器ヲ功一級トナサバ, 行素霊諸家直講張仲景書者, 行去たかな, 行去ろうとした, 行参軍昭武中郎将, 行友情離反あらゆる愛憎, 行証著が, 行古音考に有力, 行通して, 行可能の域, 行可能性を有す, 行至於海, 行合せていた, 行合せることが, 行合せ其子を救, 行同じ出立の, 行同家引越一条に付, 行同志をはべらせ, 行同道飯田へ寄, 行れて, 行吟墨士州米山雲裏隠布島浪間浮, 行吟林典街頭月看酔智, 行を決する, 行ひ取らせて, 行よと餘儀, 行を渠, 行には, 行哲学との創成, 行善寺あり, 行喜悦を終わっ, 行へ連れ, 行器識ありうた, 行四十三字詰菊版六十五頁にわたる長, 行四段動詞の已然形, 行四聯から成る, 行四行の短い, 行四邊も寂, 行在処の跡, 行在宋朝の行都, 行ると, 行堅固に信心不退転, 行塔下を経, 行塞つて左の角, 行墨田川看花, 行にきざみつけました, 行の怪, 行変格の動詞, 行よりほ, 行多きを攻めた, 行大願成就大先達, 行天皇ツバキの槌, 行天皇六十年十月帝甚だ悩む, 行天皇六十年十月帝御悩ありて, 行天皇十二年の条, 行天皇及日本武尊が勇武, 行天皇四十年の詔, 行天皇成務天皇また神功皇后, 行天皇朝に日本武尊, 行天皇朝武内宿禰復命の文中, 行天皇東幸の際, 行天皇紀というもの, 行天皇記に, 行太保戴宗は加州小松, 行夫婦の路頭, 行失ひし夕影は, 行女学院今年の卒業生中才色兼備, 行がある, 行好所だらうなと, 行如何を反省, 行妙觀その他の僧尼, 行と伴, 行委員が僕, 行委細にとけり, 行姿を見た, 行婦人職を求む, 行す, 行は潭明, 行字三四寸大にし, 行庭村に, 行り楽しみ, 行は必ず, 行宛抜萃されて, 行宛要領の得, 行客船コロラド丸は一, 行害物引渡の主義, 行害獣を被害者, 行家主源兵衞を呼出し, 行家作大工に為積, 行家疾馳して, 行家義広等の窮鳥, 行家追討の御諚, 行宿外れにて突放しけれ, 行寄凭りて, 行かつた, 行より言, 行寝しずまるまでは手控え, 行寺住職後継ぎの件, 行寺先代の住職了善上人殿, 行寺境内に有, 行寺門内の大木, 行などといふ皺, 行小憩の後, 行峻峰, 行少なきその名, 行走肉, 行尽して山谷堀, 行尽すと音羽, 行尽平蕪遠, 行尽東蒙路, 行尽欧洲最北郷, 行尽江南数十程暁風残月入華清, 行尽湖西幾駅亭保羅城畔客車停朝来, 行尽湖西幾駅亭法爾城畔客車停朝来, 行尿の流れ, 行から刊行, 行屆きだと云, 行屆くんですね, 行屆候樣丹誠を凝し, 行屆候由只今越前より左樣, 行屆勝の支那, 行屆旁漸く一人突殺申候門前, 行て目的, 行届カザルカラダ甥ガ手向ウカラハ云イ合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 行屋敷より金子, 行走肉, 行屎走尿の際, 行屎送尿ことごとく真正, 行山脈東に遠く, 行島原城之介, 行崇神両帝, 行左行するもの, 行之丞, 行市外行深川行といふ風, 行帝十二年十月碩田国に幸, 行帝熊襲親征の時, 行が立っ, 行広告代金と鞄, 行広告受付で忙, 行広告欄へあらわれた, 行の者, 行の奸使傾覆, 行にも初め, 行に拝登, 行に立っ, 行を持ち, 行廿一人は結束, 行張り上また廊下, 行当たるには恐れる, 行当て字や仮名違いだらけ, 行当の部屋は, 行当りバッタリに殺られる, 行当ろうとはどう, 行役日記とがある, 行往坐臥に侶, 行往生と申し, 行往還出來る筈, 行径亦各同じ, 行径相近し俳徊感慨, 行後從の供奉, 行後藤先生に慈悲, 行聞済朝より, 行御免下されと, 行御家内皆様へ宜, 行必要に応じ, 行に乾符六年越州山陰家, 行応接間へ入る, 行には近い, 行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 行忽ち乱れて, 行に暗示的, 行急行発車の十分前, 行の小形, 行の徒, 行が逆臣, 行という者, 行の凡夫, 行悪罵を加えた, 行情況は種々, 行惱む頭の中, 行慶応三年正月二十三日に横浜, 行慾等事随依山林及樹下, 行憚り時じく, 行懸くるを, 行懸けに梁, 行懸けしが立ち返り, 行懸りで愚図, 行懸ると内, 行成事身分不相応の旨, 行成刃物か何, 行成務仲哀応神仁徳の六朝, 行成務仲哀神功四朝に彌, 行成斉信などはその, 行成様の仮名, 行成横合から飛び出し, 行成貫之或は道風あたり, 行我が身ぞと知, 行戻さるることしも, 行房らの姿, 行房名和悪四郎, 行所人は初め七人, 行手段として火災, 行批評家や中学生徒, 行折柄火附盜賊改めの組與力笠原粂之進, 行抜けております, 行拔今や來, 行捨てたらんに, 行の駄賃, 行掛った機会に, 行掛つた私を留めた, 行掛りなる物質的開化の, 行掛り上私は一応, 行の袖, 行摺りに好める, 行改めてひろげられた巻軸, 行をもつ, 行などのさかしら, 行数少なくしたがって字相, 行数百行は読み得た, 行敷金を入, 行數比聯律重聯對比律等, 行れが, 行が終っ, 行新宿行水天宮行の円太郎, 行日暮をはかり, 行夜も, 行早々引取り葬り得させよ, 行早々病起らば, 行早きだけ送迎, 行明けたままに, 行星軌道の理法, 行星軌道逼近の理法等, 行春の港より鳴る, 行春様だ, 行昨日雨舍りの, 行是喜即聲聞行, 行時代を追懐, 行時代ニ入レル今日トナリテハ其レニ附帶セル空想的糟粕ハ一切棄却スベシ, 行普通車で東京駅, 行景気に, 行景色なし此上, 行智律師仙雲律師覚兼阿闍梨重円大徳, 行智行の分業, 行暖まらんと呼覺, 行する人世, 行が偶然ナポレオン, 行書いたら実に君, 行書きかけた時ふと, 行書きだすと与次郎, 行書き出した時耳の, 行書き出すと文鳥, 行書き添えていた, 行最早長八殿は, 行有りと雖, 行に緋, 行朗読したが, 行そのほか, 行朝三河前司親朝, 行期待もしないらしい, 行より十一行, 行本草綱目にその, 行本邦人十四人有て毎日話し相手, 行村さまをお呼び, 行村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, 行村使節として上洛, 行村奉行たり行親, 行をかかえ, 行来りみんなに, 行林院に兒, 行案内欄に, 行極めて遅くこの, 行の間, 行を横たえる, 行様年の功という眼鏡, 行樂せんが爲, 行樂列車だか, 行樂好きの江戸, 行樂季節の車中, 行樂日和に淺草, 行樂虎列拉避けの, 行に如何にも, 行も何, 行機會裏口に人, 行を行使, 行欧洲旅行以来途絶えて, 行欲云々とある, 行歌荻原太郎君の両君, 行つた, 行止っている, 行止ともに艱, 行止まつた処より, 行止まりで声を, 行止まりなんで, 行止まれば左側, 行正しくしたりとてなどか, 行正しければ自然, 行正雪に中身, 行此所より又, 行此者并びに具足櫃其外後刻, 行武骨なる筆跡, 行歩しとやかに優, 行歩中常盤屋と書し, 行歩健かに先立っ, 行による変形, 行残れば人類, 行段々精勤して, 行殺されしものなら, 行気候の挨拶, 行気軽に答える, 行氣煉氣化氣の説, 行氣遣ひなしと, 行水天宮行の円太郎, 行氷川の宮, 行汝先程より種々, 行決して潔清, 行決死せざれば, 行汽車賃を冬村君, 行油屋へ押込, 行沼田行とそれぞれ, 行沿澗遠, 行磯, 行浅草安宅町にとぐろ, 行浅草行五六台も遣過ごし, 行深夜往来声不断夢余猶聴電車轟, 行深川行といふ風, 行渉為娯故結末及之, 行渡辺丁七唱猪隼太などは, 行湯屋の二階, 行などに於ける, 行準備の本, 行潜ると玉, 行いた和尚, 行澄ましたもののごとく, 行濁音をもっ, 行を置き, 行烏川を渡る, 行無くして, 行無事なるを, 行無言の行, 行燈くらゐは, 行燈そのものが化け, 行燈ホカケヨロコベルウマ酒ノ醉身ヌチメクルモ, 行燈一つを店先, 行燈下の手暗がり, 行燈下手は梅松, 行燈九本の蝋燭, 行燈何んの物音, 行燈台の小, 行燈咽せるよう, 行燈子自身は非常, 行燈小行燈に火, 行燈川には屋形, 行燈建で上下とも, 行燈微暗く蚊, 行燈提先に立ち, 行燈暗し物の本, 行燈有明のかげ, 行燈桜木の正面上手一面, 行燈淺草で買つた五圓, 行燈生活は全然, 行燈的な憂欝, 行燈等の華美, 行燈組でね, 行燈絵に描かれる, 行燈編笠茶屋の灯, 行燈茶器杯盤などが狼藉, 行燈袴学校行の扮装, 行燈見越に立, 行燈見返り柳老父の病い, 行燈車夫の提灯, 行燈軒提灯をかけ, 行燈部屋みたいで眠つて, 行燈部屋裏階子三階見霽, 行燈饂飩屋の提灯, 行燕帰雁その他春夏にかけて飛ぶ, 行で薨ぜられた, 行爲さへ微細, 行爲すべて愛より出, 行爲す可きかを, 行爲たるを免れない, 行爲一朝の怒, 行爲主義と實生活, 行爲人間の運命, 行爲今君は再び, 行爲偉大な人間, 行爲其物は近代思想, 行爲如何によりて賞罰, 行爲或は自由, 行爲法律行爲である隨而これ, 行爲活動を尚, 行爲的實踐的である, 行爲的現在が瞬間, 行爲運動または態度, 行父母を奉じ, 行爾海若神, 行狂暴にし, 行と皆遒美, 行独り識る厳君, 行独往である, 行猶段々と異見, 行獨歩だつた, 行の住所, 行珍坊以下名もない, 行剋の, 行生死も亦, 行界銭氏所謂原書是也可謂希世, 行留りぢやあないの, 行番頭久兵衞に逢, 行番頭樣に見せ, 行當つても大した, 行疫神八将の, 行疫神自身であつ, 行を得, 行百二名ノウチニハ僧侶ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 行百里にし, 行百里水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 行的手段には迂, 行的文學に對, 行的方面に關係, 行的理想家でありたい, 行的自我を逸する, 行的藝術論の根本原理, 行皇帝とか大行天皇, 行皮肉に顔, 行皺顔を一層, 行盗賊跋扈という, 行して, 行目だったろうと七十二頁, 行目三行目はもと, 行目以下が次, 行盲目の恋, 行相生相剋こいつに象っ, 行相良の城下, 行相類凡そ三巻を作る, 行省線電車が新橋有楽町間, 行草色新, 行真実の信, 行着ましたがどこ, 行着一枚でもっとも, 行知名所在旅得知者, 行破れたるゆゑはじめより, 行硫黄火のよう, 行礼歩調というやつ, 行祐どのに伝え, 行祐宥源の二僧, 行神人也といへり大夫, 行祭, 行禁句の一事, 行を云, 行し儀, 行並んで, 行程度のこと, 行空成覚房幸西は共に, 行突っ立った, 行突然ひょうきんに, 行れば, 行窮つてゐて, 行を話し, 行立たず夫婦別れを, 行立たないので, 行立たなくなって居候どころ, 行立たぬから今, 行立ち去ってしまった, 行立つべし今疾病, 行の住所, 行竜王の住所, 行童女善比丘尼を犯し, 行がねえ, 行筆本あり変化至つて規矩, 行等三人は其時東国, 行簡宇は子, 行簡禪師は天台智大師, 行を人一倍, 行米三石六斗の代価七貫百三十二文, 行粛々と歩き出した, 行粧善美を粧, 行粧花美例に越ゆ, 行紀ニ又, 行紀二十七年十二月の条, 行紀四年の条, 行紀粛正論をやった, 行之処止, 行約定の通り金五十兩, 行細かい文字で, 行紹介演芸欄の噂話, 行終り次第帰阪して, 行と所行讃経, 行経七巻の中, 行絶えたり, 行絹糸が欠伸, 行続けると本字, 行に書い, 行は遺憾, 行績も余を, 行繪卷は昭和三年, 行穿ちしは, 行くること, 行署名の下, 行老侯ニ謁し候所, 行老母が變死, 行聞いてもくん, 行となる, 行の清書, 行能力自治力他人種, 行膝袴草鞋鉄扇の拵え, 行臨時でしたが, 行臨時列車へ乗る, 行自動車に乗った, 行自在なり, 行自由主義を唱道, 行自身の展開, 行致したしと小弟誠ニ幸也, 行も, 行船一年至裸國黒齒國使驛所傳極於此矣, 行船中の事情, 行船頭となりし, 行良久しく西日ま, 行芝札の辻にて同人, 行さす客, 行彼是いふ, 行に心身, 行の清純, 行荘三四連ずつ打っ, 行菩薩しぐれをり, 行に至っ, 行すれば, 行を以て人, 行藤田虎之助の方ニ, 行蘆簀茶屋の蔭, 行虎歩したまい日角天, 行行二十二字である, 行行十八字乃至二十二字, 行行委細にとけり, 行衞相知れざる趣き空せみ事千代存命, 行衞相知申さず村, 行衣其外とも垢, 行衣場に同じく, 行衣手に三方, 行の下, 行を留むるやうなれば, 行思召立候様御, 行見せければ利兵衞, 行見るも醜, 行見るではなく, 行見付られなば, 行親今井四郎兼平義仲の命, 行親分に御, 行親忠家之に相副, 行親忠家等の手, 行親真壁城主の真壁幹重, 行親等の精鋭百余騎, 行観る昼つかた, 行る晝, 行を務め, 行解並列の恐ろしい, 行相応, 行記されてゐる, 行記しつけたりし, 行記事を寄稿, 行訳すにも飜訳, 行註參照ウェルギリウス未だレーテ, 行証するのでなく, 行詩三行詩はある, 行詩専門の詩人, 行詩春にという感傷的, 行詮義仕候, 行詰まったらしく中立とも, 行詰まつた結果を, 行詰まり時代を招致, 行詰まり飽きられ軽視され, 行詰等を歎息, 行せば, 行語らうと思ふ, 行進んだとき, 行読みては天井, 行読みかけた時お, 行論篇などに出, 行諳んじている, 行讀まぬうちに, 行讀みかけた時お, 行讀んだ許りで, 行變化ではない, 行變格動詞の終止形, 行變格活用に似, 行貧弱にへこん, 行して, 行などは興福寺, 行賢大徳が参加, 行のた, 行赤倉を出, 行赤馬車の全滅, 行越した町で, 行越前病氣屆致せしは, 行足以て清涼池, 行蹟言語道断に候, 行身輕に成る, 行躬踐の分量, 行に焦かれ, 行軽便鉄道に乗った, 行迷っている, 行迹見聞のあと, 行碧澗入山逕, 行途中桐屋へ立寄, 行通うか何, 行通れば晃, 行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 行通遮断と来た, 行逢おうとも決して, 行逢ったらその人, 行逢つてお前さまのお, 行逢何方へとた, 行逢候得ども, 行逢刀を抜間, 行逢威光を見せん, 行逢程に成, 行逢給はずやと, 行逢言葉を替し, 行逢面目なきま, 行連絡の急行, 行ひたり, 行が面白, 行遊んで來, 行遊何得為, 行運動の端, 行過しも可笑し, 行過てしまふのであつ, 行違いましたばかりで, 行違えから伊之助さん, 行違ったら耳元で, 行違つた時すつくり, 行違つて漸と, 行違つて上と下へ五六歩, 行違つて面識はない, 行違ひで貴方を恨んでる, 行違ひと成り梅一人河原, 行違ひもあつた, 行遠くして, 行遭ったら道傍の, 行遭つて何者だと, 行遺跡探検を継続, 行郵便橇はドースン, 行配当の物理, 行を絶つ, 行酒女神の像, 行里言にこれ, 行を年余, 行鎌倉河岸まで來, 行はきさらぎ, 行鎮大場鎮などの殆ど, 行鎮攻撃の際, 行長め負けて, 行開いて見, 行闊歩するもの, 行防禦の胸壁, 行の, 行の珈琲店, 行をし, 行陰性の梟雄, 行の荒鷲, 行陸行奔走寧日無く營, 行険活溌なる気象, 行険者流はあるいは, 行に手紙, 行隻言も慎重厳戒, 行雁峯を越, 行集経相師占, 行雖異本源之証則, 行難し麓へ, 行雲君は本所茅場町, 行雲流水と書き添え, 行雲画堂ニ到ル, 行雷動す, 行も, 行露宿するつもり, 行音ザ行音は室町末期, 行音変遷の過程, 行音変遷史料に応用, 行響いた風俗, 行頃何か徳蔵おじ, 行項目名のタイトル, 行て遠, 行頻りなりと, 行願讃一冊高野山無量寿院大涅槃経一軸, 行風速を案じ, 行風雅のため, 行飛び越したりし, 行飛んで前, 行食事も畢, 行食慾からの松阪行, 行首一二字を截, 行をする, 行馴れたカッフェーに, 行の二人連, 行駕籠屋の惡漢共, 行を梁, 行を擧げ得る, 行體故素知らぬ面, 行高しとする, 行高柳来ル, 行高柳岡本在り, 行鬼気のある, 行鰺網を見る, 行おどろかし通り, 行1字下げして, 行SS飛行船を場内