青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遠く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

違っ~ ~違った 違った~ ~遙 遙~ ~遠 遠~ ~遠い 遠い~ ~遠く
遠く~
~遠慮 遠慮~ 遠方~ ~遣 遣~ 遣っ~ ~遣る 遣る~ ~遥か 遥か~

「遠く~」 12295, 133ppm, 803位

▼ 遠く~ (1436, 11.7%)

148 方で 129 方から 63 方に 53 方へ 37 ほうから 36 方を 21 遠くの 18 方の 17 方まで, 空を 16 ほうで 14 ほうに 12 空に 10 ほうへ, 山の 8 海の, 空の, 街灯の 7 方は, 森の 6 ほうを 5 空から, 部屋で, 風の 4 ほうまで, ものを, 山々が, 山は, 林の, 瀬の, 空で, 遠くから

3 [26件] ものが, ものに, ように, 人の, 人を, 向うに, 国に, 寺の, 山も, 山脈が, 廊下に, 方からは, 方には, 沖を, 灯を, 物を, 畠を, 空が, 空には, 親類より, 部屋から, 野原の, 闇の, 闇を, 雲が, 青いそら

2 [70件] ほうは, ものは, 人は, 列車の, 国へ, 国まで, 夢の, 太鼓の, 娘さんに, 家で, 家の, 寺で, 小石川の, 屋根の, 山々や, 山が, 山へ, 山まで, 山を, 岸の, 川に, 店まで, 或る, 方でし, 木の葉でも, 村, 村まで, 東の, 林は, 林まで, 桑の, 森が, 森に, 森や, 沖には, 沖の, 波の, 洋館に, 海に, 海へ, 温泉へ, 潮騒の, 火事を, 物音に, 猿の, 町に, 町の, 畠の, 監房の, 砲声銃声, 空へ, 窓から, 緑青い, 者は, 草の, 街燈の, 街道から, 谷の, 道を, 遠くで, 遠くに, 遠くのもや, 遣戸の, 銃声, 雑木林が, 雪の, 雲を, 電燈の, 騒ぎ唄富貴の, 麓の

1 [526件 抜粋] あくびの, あたりからは, あっちこっちの, あの城, ある森, うす墨, うたの, お山から, お方らしく見える, お社, が, くらいところ, ことが, ことである, ことでも, ことを, すきと, すきとおったつめたい, すみずみ, その日向, そらで, そらでは, そらを, そんな家, でこぼこした, にぎやかな, はうまで, ひかりを, ふすま, まちへ, まっしろな, みんなの, もと来た, もので, ものまで, ものまでが, やうです, やぐら, やつは, やみの, ようで, チョビ安の, テーブルに, パラソルを, フィルムでも, ブランコに, ボーを, ラジオに, ランチを, 一条の, 三味を, 上野公園あたりに, 下の, 不思議な, 世界からの, 丘に, 丘や, 丘を, 丘陵を, 中央アルプスらしい, 乗換え場所, 事だ, 井戸から, 交叉路には, 交易市場の, 交番まで, 人が, 人たちまで, 人まで, 人までが, 人や, 人声ものの, 人聲の, 仕事場へ, 位牌堂の, 低い丘陵, 低い山脈, 何かを, 何ものかを, 何一つ本当の, 先に, 先は, 光を, 公園の, 公衆電話から, 六波羅の, 兵たちにも, 分は, 別な, 別の, 別路ゆく, 動かぬ貨車, 半鐘が, 原っぱの, 友には, 友の, 叔母に, 叢の, 合歓の, 名医博士よりも, 向うで, 向うを, 向こうに, 向ふ, 味方を, 喊声と, 四隅に, 困難が, 国々を, 国から, 国の, 國外へ, 土地において, 土地の, 土地へ, 土地までを, 土地を, 地上に, 地区を, 地平とか, 地平線に, 地平線には, 地平線を, 地平線高く, 地方に, 地表から, 坂下から, 場所に, 壁に, 壁際の, 声がわ, 声だけしか, 外苑の, 夜空が, 大きな町, 大きな銀行ビルディング, 大島が, 大浪の, 大路小路に, 天の, 奥の, 女の, 女中の, 娘に, 子供たちは, 安全燈の, 客座敷の, 室から, 家々に, 家からの, 宿場へ, 富士と, 寺からでも, 小さい生徒たち, 小さな物, 小使室で, 小利根, 小道を, 屋で, 屋に, 屋根へ, 山々には, 山々の, 山々は, 山の上から, 山へでも, 山より, 山ツイ其処に, 山ツイ其處に, 山下が, 山並は, 山中で, 山奥に, 山火事を, 山脈, 山脈には, 山脈の, 山脈までが, 山裾に, 山裾の, 山襞に, 峠の, 峰に, 島々は, 島から, 島で, 島でなく, 島と, 島へ, 崩れる風, 川を, 川原で, 工場から, 工場の, 巷は, 席から, 常夜燈, 底に, 底の, 庭隅廊下の, 廊下から, 廊下の, 廓へ, 形勢も, 彼の, 彼女と, 彼方から, 彼方に, 彼方へ, 往來や, 往来を, 後の, 後方へ, 御殿で, 愛宕から, 感に, 懐中電灯の, 戦でも, 房に, 房の, 持仏堂から, 掛軸を, 方々が, 方か, 方からも, 方が, 方ぢや, 方であった, 方であれ, 方できれ, 方でした, 方です, 方での, 方でばかり, 方で怒鳴つ, 方で見よう, 方などは, 方にかの, 方にも, 方ばかし, 方へと, 方をば, 方又, 方角で, 旅さきの, 旅行は, 日溜りからは, 明るみの, 昔に, 星の, 暑い田の面, 暗い海, 暗い闇, 暗闇の, 曲り角へ, 月の, 木の, 木へ, 木枯の, 木立ちは, 杉の, 村や, 村祭の, 東京の, 東条石川の, 松原が, 板囲から, 枝にも, 柿の木を, 桑畑に, 桜の, 梯子段の, 森で, 森では, 森は, 森を, 楊の, 楊柳の, 構内で, 樹に, 樹へ, 樹木大根畑や, 橋の, 橋を, 櫻の, 欅の, 歐米の, 正面に, 死骸の, 民家に, 水では, 水の上を, 水を, 水平線は, 氷の, 氷屋へ, 汽車の, 沖から, 沖合の, 洗面所の, 洛邑の, 浅瀬に, 海, 海は, 海を, 海上に, 海上の, 海上を, 海岸に, 海岸を, 海面が, 海面を, 深い空, 渡り廊下を, 湊に, 湖水から, 溪の, 澄んだ空, 濱邊を, 火口を, 火山から, 火葬場まで, 火鉢へ, 灯が, 灯は, 灯りが, 灰皿で, 炎に, 燭を, 父母や, 物で, 物の, 物売の, 物干, 物音が, 物音などを, 物音を, 獲物を, 玉乗りの, 玉蜀黍も, 琵琶へ, 生垣が, 田へ, 田圃に, 田舎で, 田舎の, 田螺の, 男の子は, 町から, 町が, 町で, 町まで, 町を, 町筋を, 町角に, 畑に, 留守宅に, 異変も, 異樣, 病棟の, 病舎の, 病院へ, 白い冠, 白樺の木の, 眉程, 眉程の, 眠つてし, 眺望から, 眼の, 知らない国, 知らぬ世界, 石垣島を, 砂を, 砂丘で, 砕け波, 祭壇の, 禿山に, 稲の, 稲積の, 空しか, 空にあたって, 空は, 空も, 空気ばかり, 空間を, 窓に, 窪地に, 端に, 竹林の, 終点には, 線路の, 線路を, 縮れた雲, 美しい景色, 群の, 肉桂の, 自動車練習場の, 舗道に, 舟に, 船からは, 船舶の, 芝草へ, 花柳界からも, 草を, 草原を, 荒れた茫々, 荒物屋へ, 葦の, 蓄音機の, 薄暮の, 虫を, 蛙の, 血は, 街から, 街を, 街灯を, 街角を, 街路に, 袋小路で, 西の, 西山の, 見える丘, 見える処, 見はらしは, 見知らぬ者たち, 親族までには, 親類が, 親類よりは, 親類近くの, 角で, 話では, 警固の, 谷で, 赤い火, 足音にも, 距離に, 跫音まで, 車窓から, 軒灯の, 農家へ, 辻の, 遊郭の, 運動場の, 過去を, 道から, 道の, 道へ, 遠くへ, 遠くを, 部屋からも, 都まで, 野々宮を, 野にも, 野は, 野や, 野らへ, 野を, 野原へまで, 野外音楽が, 鉱山に, 銃声に, 錺屋に, 鎮守の, 鏡台に, 鐘陰々と, 門前の, 闇へ, 陣ばかりか, 陣幕の, 隅の, 雑木林の, 雑木林や, 離家に, 雲の, 雷鳴の, 電信柱の, 電燈, 露路の, 青いお, 青い島, 青い雲切れ, 音の, 音を, 音楽に, 音楽を, 音楽隊の, 領下まで, 風の音か, 風呂へ, 飛んでも, 饗宴の, 騒擾の, 高いところ, 高い屋根, 高欄を, 魚群を, 鶏鳴と, 麻の葉叢の, 黄塵を, 鼓が

▼ 遠くから~ (1368, 11.1%)

65 見ると 51 見て 23 眺めて 15 それを, ながめて 13 でも 12 声を, 来て 10 聞えて, 響いて 9 彼を 7 望むと, 眺めると 6 私の, 聞こえて, 見れば 5 近くへ

4 [12件] かすかに, きて, その様子, つめたいそら, ですね, 来るよう, 自分の, 見えた, 見えて, 見たの, 見ても, 見まもって

3 [24件] きこえて, ながめると, 二人の, 來た, 僕を, 出て, 吹いて, 姿を, 彼女を, 思いを, 手を, 新しい土, 様子を, 次第に近く, 渡って, 犬の, 私を, 見ただけ, 見ただけで, 見たん, 見物し, 覗いて, 風に, 黙って

2 [62件] あのブルカニロ博士, いった, お出やし, お話を, きたの, これに, すきと, それと, それとなく気, つくづくと, では, とりまく山脈, なが, みな感心し, みると, みれば, ザワザワと, チラリと, 人の, 來る, 入り乱れて, 別な, 包まれて, 叫んだ, 呼んだ, 声が, 客の, 寄せて, 幽かに, 持って, 指さした, 指を, 掘って, 望んでも, 機の, 気を, 水を, 瘠犬の, 発見し, 相当の, 眺めた, 笑って, 聞えた, 聲を, 蛍の, 見ただけの, 見たらやっぱり, 見た時, 見た目に, 見つけて, 見ながら, 見られて, 見るの, 見るよう, 見物に, 路を, 軍歌の, 近くから, 響いたので, 響く太鼓, 頭を, 飛んで

1 [852件 抜粋] あけたり, あたしたちだ, あなたの, あの金槌, あんたは, いかにも不思議そう, いかに慕い合っ, いじけるよう, いつた, いつまでも, いらっしゃったの, うす桃, うって, うつろな, おづおづと感心, おばさまの, おれたちの, おろおろとして, お姿, お眼, お辞儀を, かけて, かちんかちん, きいた声, ききなれない楽隊, きたものの, くる, くる釣り人, ぐいと女, こう尋ね, こちらへ, こちらを, ことばの, このようす, この三つ, この二人, この奥殿, この様子, この紫色, この群集, この附近, これへ, ころがして, こわごわ眺め, ごむ輪, さあさあ水音, ざあっと云う, しげしげと茂太郎, した, じっとこの, じろじろ見, すきとおった何, すぐ分った, そこから, そっと二人, そっと真白, そのほう, そのガラス箱, その二人, その全体, その動静, その声, その家, その恰好, その方, その書きかけ, その板戸, その橇, その男, その立札, その結構, その蜘蛛, その馬車, それが, そろそろそこ, たくさんの, ただはらはら, たった今駆けつけ, だんだんこちら, だんだん明るく, ちょいちょい人, ちょっと腰, ついて行った, つける, つぶやいて, でさえ, で彼, で能, ときどき吹き送られる, とりまいて, どこの, どんな弟子, ながめたわが, ながめた地位, ながめても, ながめました, ながめるの, ながめる夏, なら隣人, にぎやかな, にらめて, はっきりとは, はつきり見える, はるこう, はるばる泊まりがけ, ひきつれて, ひょっこりたずね, ふりむいて, ほほ笑みかけて, ぼんやりと, まじまじと, また尻尾, また歩み寄せ, みて, みんなの, もぐらの, やきつくよう, やったん, やって来たこの, やって来て, やって来るよう, やっと届いた, ゆっくりその, よく見ます, わかるの, わかるよう, わたくしを, アレヨアレヨと, カラ, ガスパールを, ガラスの, キッコを, ケタタマしく, ゾロゾロと, チクチク胸, チラチラと, トップを, トラックや, ハッキリと, フィーユ・デュ・カルヴェール街を, ポッツリ人の, ポンポンと, 一つ共鳴し得る, 一二怒声に, 一寸見た, 一生懸命に, 一礼し, 一艘の, 三宝の, 不思議さうに眺め, 両手を, 主人の, 二階の, 交叉點を, 人が, 人を, 人間だ, 仕えて, 他の, 伝えて, 伝わり流れて, 伝わる荷車, 佩剣を, 來て, 健三を, 働きかけて, 兄を, 入って, 入口の, 兵馬を, 其姿を, 其青草へ, 内儀さんが, 冷やかに, 冷静に, 出掛けて, 切りに, 劉子の, 助手の, 勝家が, 勢いよく投げかけ, 匂って, 匂わせるだけ, 半円を, 南へ, 又帰っ, 及び腰に, 取り囲みいざ, 取り圍, 叫んで, 吠えて, 吠えながら, 吹きよせて, 吹く風, 呶鳴つた, 呶鳴りつけた, 呼ばれた時, 呼びかけるよう, 呼びとめられた, 呼びますのに, 呼び起す彼女, 呼んだその, 呼んだ者, 命じて, 喋って, 囁いて, 固唾をの, 地響きし, 堀って, 外套を, 外観を, 夜明けの, 夢の, 大切に, 大河の, 夫人の, 女性二部合唱, 妙な, 姉は, 婆さんの, 子守唄が, 学校の, 孫の, 実験した, 家内が, 寂滅の, 射し透って, 導火線で, 小屋を, 小野, 少年少女の, 山岡達の, 崇敬する, 帰って, 常に見, 帽子を, 幽かな, 廻って, 弁護し, 弓か, 引移って, 影を, 彼の, 彼方の, 律儀な, 微かな, 微笑みかけて, 徳次を, 心配し, 怒鳴り立てて, 思った, 恐々らしく, 想ふべき, 愛するの, 感心し, 慇懃に, 或る, 戻つて, 手にも, 手まねきし, 手招ぎをしながら白隱を, 打て, 批判出来ました, 押し流されて, 拝観が, 持ちはこぶので, 持つて, 指して, 挨拶する, 挨拶を, 振り返つて, 掘つて, 掛聲ばかり, 探るよう, 援護し, 攻めて, 故国の, 敵勢の, 新聞を通じて, 旅し, 早瀬の, 時々視線, 暗に健三, 暗やみの, 望むよう, 望めば, 望んだ景色, 望んだ通り, 望見した, 机の, 来たに, 来たもの, 来たらしい一人, 来たん, 来た旅人, 来た神, 来た者, 来られたお客, 来るかと, 来るまれびと, 来るん, 案じて, 梵鐘が, 棒で, 機織る, 歌声が, 歌聲が, 此島を, 此方へ, 歩いて, 死んだよう, 段々距離, 母親が, 気の毒そうに, 汲んで, 沢庵が, 河の, 波の, 注意した, 注目しだした, 泳いで, 津田を, 浅草の, 海を, 涌き起る洞ろ, 清盛という, 港の, 湖面を, 潮の, 烱, 無表情に, 爆発の, 片輪, 狙いを, 狙撃でも, 由次が, 町の, 畏る, 皮肉の, 皺嗄れた, 目あてに, 目に, 目撃した, 相見る, 眺むる手法の, 眺めたまま, 眺めながら, 眺めるだけで, 眺める風景, 眺め渡し, 眼で, 眼前に, 睥みつけ, 睨みつけて, 睨んで, 瞶めて, 知って, 石を, 研究的に, 祈って, 祈る気持, 祖父の, 神田濠の, 移住し, 空襲警報の, 窺って, 竿を, 笑いながら, 笑み交わし, 糸を, 組んでも, 網を, 締めたの, 罵った, 罵るもの, 美しい母, 羽衣の, 老人の, 聞いて, 聞えました, 聞える, 聞えること, 聞え出した, 聞き付けて, 聞き慣れない声, 聞こえだすと, 聞こえる, 聞こえる祈祷, 聴いて, 肉眼でも, 脅して, 腰を, 自分を, 興行先き, 船頭が, 茅野雄を, 草笛の, 荷車の, 葉子の, 蓙掛けの, 虫を, 蚊が, 街あかりの, 見えた番小屋, 見える, 見えるよう, 見える効果, 見え出すと, 見かけたばかり, 見かけて, 見せようもの, 見た, 見たせつな, 見たと, 見たとき, 見たならば, 見たらこれ, 見たら二人, 見たら余り眼, 見た位, 見た瞬間, 見た私, 見つめた, 見てさえ, 見てさえも, 見てる方, 見られませんが, 見るだけ, 見るなら別段, 見る幸田ゆき子, 見る西洋人, 見ろ, 見下して, 見分けて, 見守って, 見定めようと, 見直して, 見通して, 視め, 覗き込む, 覗込みました, 観ても, 言い叫びました, 訪れて, 話しかける, 話相手と, 認めた時, 認めて, 認め合ったり, 誘ひを, 誘惑される, 誰かが, 警戒警報の, 谷の, 赤いフラフ, 走って, 走つて來, 足の, 足音が, 跫音を, 軽蔑し, 近くからけむ, 近づく, 逃げ立ったもの, 透かして, 透かし見た, 透し見ること, 通って, 遁げさう, 運んで, 金色に, 鈍く脅, 鈴の, 鏡を, 鐘を, 鑑定し, 長廊下, 陽子に, 離れ家を, 雲の, 電燈の, 静かな, 静かに, 靨を, 音楽が, 響くやう, 響く丈, 頼んで, 風の, 風力計の, 飾りの, 首を, 馬上の, 駆け寄せて, 高く答え, 高安平野秋篠, 魔術の, 鳴りとどろい, 黒山の, 黙々と一廻り

▼ 遠く~ (857, 7.0%)

31 離れて 15 いて 9 いても 8 あるもの 7 来て, 聞えて, 見えた, 見えて, 見て 6 ある, 見える 5 あって, 居る父, 眼を, 聞えた, 行って, 退いて 4 あること, いるの, 去って, 消えて, 置いて, 聞こえた, 見えるきれい, 響いて

3 [13件] あった, あるよう, いるん, かすんで, ひかえて, ひざまずいて, 住んで, 出て, 平伏して, 聞える, 見た, 逃げて, 離して

2 [46件] あった事柄, ありて, あるので, あるやう, ある母, いた, いたが, いる父, かがやいて, なって, ぽつりと, やって, ゐて, ゐても, 他の, 何か, 冬の, 去った初恋, 在って, 坐って, 売りあるく鍋焼饂飩, 大きな樹, 存在し, 小さな赤い, 居て, 工場の, 帆が, 感じられた, 歩いて, 流れて, 海が, 犬の, 町が, 眺めた, 立って, 置き忘れて, 聞いて, 聞えそれ, 聞えるよう, 聞えるよと, 自動車の, 見える筑波山, 走りすぎて, 身を, 輪を, 離れては

1 [554件 抜粋] あこがれて, あたつ, あったの, あったり, あっては, あらゆる山の上, ありほとんど, ありまた, あり今日, あり兵, あり数個, あり海図, あるあの, あるいは少し, あるおしろい, あるし, あるとか, あるなに, あるの, あるほか, あるもう, あるらしい, あるん, ある一高地, ある何, ある大軍, ある徳川どの, ある恒星, ある或, ある星, ある洋館, ある父親, ある物, ある目標, ある立樹, ある電灯, ある非常, いきは, いたこと, いたしあたり, いたの, いたので, いた人, いた道誉, いてさえ, いなかった, いながら, いましたし, いようとも, いられます, いるあなた, いるけれど, いるため, いるもん, いるよう, いるハンス, いる三好, いる人たち, いる僕, いる商人, いる四歳, いる息子, いる母, いる秋本, いる筒井, いる素子, いる者, いる車, うずくまり合って, うね, おいて, おきやられたが, おき残して, おくの, おとなしく控え, おられます, おりて, おるぞ, お出, お百姓, お葉, お身, お開きなさい, かいま見つ, かがよ, かしこまって, かすかな, かすかに, かれの, きこえたり, きこえて, きこえるよう, きこえる物音, ぐるりと, この街, これを, したと, して, そして恐ろしく, そっとふす, そっと坐っ, その三つ, その姿, ただよって, ちらちら光る, ちらちら隠見, ちらつく燈火, ちりぢ, どかと, ながめながら, なすっては, なったり, なった硝子工場, なりました, なるだけ, なるでしょう, なる果て, なれば, はためき逆巻いて, はなして, ひざまずいた, ひざまずき, ひびいて, ひるがえるそれ, ひろが, ほうりなげろ, ほのぼのと, ぼんやり望まれる, ぽっかりと, また何, また橋, みえる秩父, やすんだ, やり茵, ゆくまで, ゐますが, ゐるか, ゐると, ゐるとき, ゐるの, ゐるのに, ゐる人, ゐる方, ゐる牛, アカシヤの, アルバート街の, アルプス続きの, アンチーブと, キャリフォルニアンの, キラキラと, シグナルの, ノートルダームの, フッ飛ばし, ポーンと, 一つ二つ灯火が, 一人きりで, 一人の, 一人兎の, 一条の, 一点の, 一筋の, 一線の, 一際高く, 両国橋を, 並んで, 中華そばやの, 久世山の, 乗り出たと, 二階家を, 五月が, 人と, 人家が, 休んで, 伝わって, 佇んで, 位置する, 低い人声, 住みまたは, 住んでる人, 何とも言えない, 働らい, 入相の鐘が, 冴え冴え, 出歩, 分れて, 分離し, 前の, 勝利とを, 去ったらしかった, 又近く, 向けた, 向つて, 唾棄し, 啼く声, 在るの, 在るもの, 在る人々, 坐った, 坐つて, 坐らまた, 墨絵の, 外らせたまま斯ん, 多人数の, 夜汽車の, 夜釣りの, 夢の, 夢を, 大海が, 大空が, 太鼓の, 姿を, 娘の, 学校の, 富士が, 富士や, 寺院の, 対岸の, 小さくなっ, 小さく光っ, 小さく壞, 小さく正方形, 小さく見えた, 小さく見える, 小さなイルミネーション, 小さな電灯, 小使が, 小屋の, 小石川台の, 居り然, 居るので, 居る家主, 居る小舟, 居る犯人, 屈まって, 届かないよう, 展開さした, 展開する, 山の, 山内の, 島が, 師と, 帯の, 平伏した, 幸福栄耀なる, 幻が, 引き吊る紐, 急げ, 想像した, 感ずるだけ, 懸けて, 手放すの, 投げそれ, 投げて, 押しのけて, 探し求める習慣, 搬び去り, 搬び行き流る, 放して, 放たれた, 放ッ, 散在し, 斧の, 日の丸の, 日本海が, 望むと, 望んだ, 望んで, 期して, 木の実を, 木を, 杉や, 来たわけ, 来た心持, 松平肥後守様の, 棚びいて, 森が, 森の, 森林が, 様子を, 歩く自分, 殆ん, 水の, 水面に, 永田家の, 求めて, 求めなければ, 池が, 汽笛が, 汽笛の, 汽車の, 沢山の, 泉でも, 注ぐと, 泳いで, 浮き出してる白い, 浮んで, 浮出して, 海を, 消えかかって, 消えること, 消え去って, 消え去るの, 消え果ててから, 溪流の, 溪谷を, 漁火が, 漂って, 濠の, 瀬音が, 火事が, 火花が, 点々と, 煙るよう, 煙草化粧品の, 燃えたてる日, 燈火が, 牛の, 牛乳車の, 犬が, 犬吠え, 獲物が, 現われて, 町村野更に, 画いて, 畏まって, 畑を, 白い家, 白い手, 白い頭, 白く輝く, 白山山脈の, 目を, 相距, 省線の, 眺めて, 眺めながら, 眺めなければ, 眺めれば, 碧い, 祭の, 私が, 私は, 秩父の, 移つて見た, 移るわけ, 稲光り, 稲妻と, 空を, 立ち止まった, 立ち退いて, 立つて, 立て衝突, 競争者が, 竹島硫黄島黒島が, 筑波山が, 紅葉の, 納骨堂の, 置かれて, 置くの, 耳に, 聞え, 聞えたり, 聞えたん, 聞えだして, 聞えもの悲しい, 聞えるらしいね, 聞きなされる電車, 聞き矢代, 聞くならば, 聞くやう, 聞くよう, 聞こえて, 聞こえる, 聞こえるばかり, 聞こえる彼, 聞ゆる, 腰を, 自分の, 自分を, 菱の, 薬師寺の, 蛍火の, 行々子が, 行きは, 行くでねえぞ, 行くに従って, 行くまで, 行くん, 行こうと, 行った鶴たち, 行っちゃ, 行っちゃったと, 行ってるだろう, 行ってるはず, 行つた父の, 行つた父親を, 行つてゐる, 行つて越し, 街灯が, 街路の, 見えず枝, 見えたし, 見えたどこ, 見えたん, 見えた放水路, 見えなくなるまで, 見えるけれども, 見えること, 見えると, 見えるピムキン, 見える人, 見える低い, 見える公園, 見える客室, 見える屋根瓦, 見える川, 見える晩, 見える杉森, 見える東野, 見える桃畑, 見える狗留孫山, 見える畠中, 見える船, 見え出して, 見え始める, 見かけると, 見た靈仙山, 見つけそれ, 見つけたとき, 見ながら, 見なければ, 見ゆる伽藍, 見ると, 見下せる白, 見出す時, 視線を, 誘う, 誘ひ出して, 谷水の, 豆粒ほどの, 赤い火, 赤い鉄脚, 赤白縞の, 赤船が, 走せて, 走って, 走つて, 足音が, 路は, 蹄の, 輝き出して, 辷って, 近くにも, 追い退けて, 追ひ退け, 逃げちゃうん, 逃げのびてから, 逃げ去るもの, 逃げ失せた, 運ばれて, 運ぶほどの, 運河の, 達して, 達すること, 遷り, 部原の, 釘の, 銃聲などを, 長屋の, 隔たって, 隔って, 隠れて, 離れた遙, 離れ合つて仕舞つた友達, 離れ茫然, 離れ退いて, 雲は, 電気燈でも, 霞む加, 霞む椅子, 霞んだかと, 霞んで, 青いスパーク, 青い縁, 青ぐろくまるい天は, 靜かに, 響く, 飛ばなかった, 飛びある, 飛び去った, 飛び散ると, 飛んで, 飛行し, 馬の背しか, 馬の足音が, 馬車の, 駕籠を, 鳴くの, 鳴く小鳥, 黒い島

▼ 遠く~ (688, 5.6%)

27 行って 11 いって 10 去って, 逃げて 9 消えて, 退いて, 離れて 6 行くの, 走って 5 持って, 飛んで 4 出て, 投げて, 眼を, 落ちて, 逃げのびて, 連れて, 遠くへ

3 [17件] ゆくと, 出かけて, 投げた, 持つて, 行かねば, 行くこと, 行くん, 行った, 行ったこと, 行ったよう, 行つ, 行つてし, 身を, 遊びに, 運んで, 飛び去って, 馬を

2 [34件] いくはず, いくん, いっては, いっても, いつて, つれて, でかけて, はこぶこと, 出かけようと, 出ない, 向かって, 売られるの, 失ったという, 展開し, 旅行する, 来たよう, 来て, 目を, 耳を, 薄らいで, 行かないで, 行くかも, 行くと, 行く人, 行く筈, 行けば, 行っちゃったのよ, 行つた, 逃げること, 逃げ去り音, 進んで, 遁げて, 避けて, 飄として

1 [434件] いかずにね, いかれること, いき, いくこと, いくなどという, いくの, いく汽船, いけないから, いけない人, いけば, いこうと, いったもの, いっちゃうん, いってから, いってろ怪我, いつまでも, いらしつて, いらつしつちや, おいでなさいます, お立ち退き, かけて, かけての, かすんで, きかない等, きく遠く, きたと, きたらしいの, けし飛んだの, けとばして, この樽ロケット, ころがって, さがって, さけて, さる, すてに, すなわち民衆, そそがれたまま足もと, そちを, その鍵, だたれる, だつて一人, だんだん姿, つかいに, つき放して, でんと, とどきます, とべば, とんだ, どかせた上, にげて, にげられたの, のいて, のがれるため, のびた道, のりだしてから, はこんだ, はこんで, はとばない, はなした, はなして, はね飛ばして, はやらなかったの, ひざまずき, ひっぱって, ひとりで, ふらついて, ほうり投げました, ほうり投げると, ぼかして, ぼやけて, まいりましたもの, まいりませんから, やって, やってるよう, やって来た, やつて, やられたよう, やられるとか, やりたくない, やると, やるに, やるより, ゆかぬよう, ゆきますから, ゆくの, ゆく時, ゆけば, 一人で, 人の, 人を, 伴れ, 使いに, 使いを, 偵察を, 八五郎を, 出かけたり, 出かけねば, 出かけること, 出たいよう, 出るに, 出るの, 出來, 出口の, 出掛けると, 出掛けるの, 出歩くなどは, 出稼ぎを, 出給うな, 刎ね, 勢ひ, 単独で, 即ち民衆, 去った男, 去つて, 去りつつ, 去る迄, 去んでも, 参るほど, 叫んで, 名前も, 向かわなかった, 吹きつらぬいて, 吹きとばされやがて, 吹き去られこわされて, 吹き送る鐘, 吹き飛ばして, 呼びたて, 外出したくなかった, 奔りたい, 奔る, 嫁づい, 存在を, 寝床を, 射込める庇, 将士を, 尋ねて, 小ッ, 小手を, 届かす働く姿, 届く, 山へ, 己を, 席を, 帰って, 帰つ, 帰つて了ふんだ, 引きずつて, 引き上げました, 引き離された, 引き離された感じ, 引越して, 引退がらせ, 引離されて, 引離して, 影を, 彼の, 彼は, 彼等を, 往くから, 往くめ, 往く気, 往っちまった, 征くべきでありません, 待たして, 徒った, 忘れて, 手を, 手放しなさる親御, 投げすて, 投げすてた, 投げたつもり, 投げるの, 投げ出すころ, 投擲する, 抛る, 抛ると, 抜け出て, 押しやり主, 押しやるに, 押し流して, 振って, 捨てさせよう店, 捨てた, 捨てて, 捲き飛ばされた諏訪栄三郎, 掛けさせ女房たち, 探求させよう, 搬ばれる, 擲つた, 散らかす, 散らばって, 散る足, 散れ, 散歩する, 旅した, 旅する, 旅を, 旅立たなければ, 旅立つのに, 旅立でも, 旅行しました, 木霊し, 来たと, 来たもの, 来たわね, 来てまで, 横ッ跳び, 次第に幽か, 歩いたおぼえは, 残して, 水を, 没し去った, 没落の, 泥棒に, 流されたが, 流されたもの, 流されて, 流して, 流れ出した, 流れ動いて, 流竄の, 消えたとき, 消える, 消え去って, 消え去ると, 消え去るの, 渡す糸, 渡って, 漕ぎよせ, 物詣り, 疾走し, 祈りの, 神秘な, 私から, 移動するらしい, 移転し, 突き放すよう, 突き離された気, 突っ走りませんよう, 立ちさって, 立ち去って, 立ち去ること, 立ち退くにつれて, 立って, 立ってからは, 立つという, 策に, 素早く飛ぶ, 続いて, 置いて, 置き忘れて, 自分が, 自分の, 自動車で, 自転車乗り, 荷負われ, 萎んで, 落ちた, 落ちのびるところ, 蓙ばかり, 行かう, 行かうと, 行かずとも, 行かずやっぱり, 行かつせるな, 行かない, 行かないうち, 行かないであろうから, 行かないはず, 行かないやう, 行かなくっても, 行かなくとも, 行かなければ, 行かぬよう, 行かねえん, 行かれるもの, 行きたい, 行きたいと, 行きたい行きたいと, 行きたがらず近く, 行き多く, 行き過ぎて, 行く, 行くからさ, 行くなと, 行くなんて, 行くには, 行くまで, 行くもの, 行くよう, 行くらしい音, 行く仁右衛門親仁, 行く気, 行く鈍い, 行け, 行こう, 行こうという, 行こうとは, 行っしゃったの, 行ったと, 行ったとも, 行ったの, 行ったやう, 行ったらしい, 行ったらしかった, 行ったり, 行った形跡, 行った筈, 行った細作, 行っちまう, 行っちゃ, 行ってるはず, 行ってる心, 行つたとも, 行つたの, 行つたのだ, 行つたらう, 行つた男と, 行つち, 行つちまつた, 行つておし, 行つてながめ, 行つては, 行つてゐなかつた, 行つてゐる, 行つて一生この, 行つて了つた, 行つて居る, 行つて稼い, 行て, 裾拡がりに, 見送るのに, 誘って, 質子として, 走つて行, 走らせて, 走らせると, 走り去った, 走るよう, 赴任し, 越して, 越す訳, 距って, 跳ね飛ばされたり, 踏ん出すんぢ, 転さなく, 迷い込むよりは, 追いはらう必要, 追いやられた, 追いやられる, 追い払って, 追放する, 退がれ, 退げ, 退げろ, 退こう, 退れっ, 送らせようと, 送られて, 送るなどという, 送る力, 送る必要, 逃がして, 逃げさって, 逃げたと, 逃げたとは, 逃げちゃ, 逃げどこ, 逃げなかったん, 逃げなければ, 逃げのびたの, 逃げも, 逃げようと, 逃げられるはず, 逃げられる道理, 逃げるという, 逃げる隙, 逃げろ, 逃げ出したかも, 逃げ出して, 逃げ出すの, 逃げ去ること, 逃げ退きその, 逐電したら, 逐電しちまう, 這入つた処, 通ずるもの, 連れ去られるの, 連出して, 進みわれわれ, 遁が, 遁げる, 運ばれたの, 運ばれる其, 運びだすこと, 運び去った, 運んだかという, 遠くから, 遠くへと, 遠ざかって, 遡って, 遮二無二鞭, 避難し, 都落ちする, 釣りに, 長いわらじ, 離して, 離しては, 離すより, 離れちまったねえ, 離れようと, 離れること, 離れ勝敗, 離れ去って, 離れ無いで, 離脱するこうじつ, 離隔し, 面を, 響き去る, 飛ばされて, 飛ばして, 飛ばすこと, 飛ばすの, 飛びさった, 飛び出る様, 飛び去ったみたい, 飛び去る, 飛び易かっ, 飛ぶの, 飛ぶ工夫, 飛んだ, 飛出し叢, 餌を, 高くへ

▼ 遠く~ (412, 3.4%)

10 見て 6 微かに 5 犬の, 見ると, 鶏の 4 雷が, 鳴り丘 3 太鼓の, 幽かに, 汽笛が, 犬が, 眺めて, 自分の, 銃声が, 雷の

2 [33件] いな, かすかに, ほかの, まるで天, ダダーンダダーンダダーンと, ドドドと, 何かが, 吠える犬, 多人数の, 大勢の, 大砲の, 居ても, 山鳩の, 救世軍の, 梟が, 法螺貝の, 焔の, 聞いて, 聞いても, 聞えた, 聞える, 聞くも, 自分を, 自動車の, 花を, 若者が, 電車の, 青空を, 風の音か, 餅を, 馬の, 騎兵の, 鳥も

1 [283件] あつた, いつもする, うける老い, うなずいた, お寺の, お祈り申しあげ, かすかな, かすかながら, かみなりが, からすの, がらんが, きくと, きく海, けたたましい犬, こう言う, ころがすよう, さかんな, さかんに, さら, して, すきとおった口笛, すぐ返辞, する, するの, するよう, する蝉, する銃声, その音, それに, ときたまかすか, どさっと, どーん, ながめて, ならす朝夕, ならば, はござりませぬ, はしけの, ひろ子の, へっぴり腰を, へんな, ほえる犬, ぼんやり数え, ぼんやり聞えた, ぽつりと, みた森, むかむかする, めら, ものを, やまばとが, やや激しい, ゆれて, よんで, わからなかったその, わかるか, アウンスされる, オーイと, ガヤガヤと, ガラス戸の, キッキッと, キラリと, ゴロ, サアチライトが, ダダーンと, チャルメラの, ピアノを, ピストルの, フクロウの, ホテル行きの, ボーッと, ポンポンポンと, 一しきり鳴き, 一つか, 一発の, 万歳といふ, 三味の, 三四人の, 下ろされる, 不覚な, 二つバンが, 二三度角の, 二三発の, 五六発の, 人が, 人を, 人影も, 何か, 何も, 併し, 俺を, 停車場の, 働いて, 内井戸, 凄まじく犬, 刀鍛冶の, 列車の, 初蛙, 別な, 刻を, 刻んでる平和, 劇しく撃ちあう, 劍術を, 千鳥らしい, 又八, 叫んだ, 吠えて, 吠えてたけれど, 吠え立てて, 吹くらしい口笛, 呻吟を, 呼んで, 咳払いが, 咽ぶやう, 啼いたと, 啼いて, 喚声が, 喬之, 営まれて, 多摩川電車の, 夜汽車の, 夜空を, 夜鴨が, 女の, 子供達の, 家族らしい, 小使たちの, 小兒, 山彦が, 山鳩が, 川が, 工場の, 市内電車の, 幾度か, 弾けて, 彼を, 待つて, 応対する, 悦子の, 悲しく光つて, 手を, 打って, 抗弁の, 拍手の, 拾った自動車, 支那ソバの, 敵意を, 方角が, 日光に, 早い一番鶏, 時々稲, 時子を, 時計が, 暫時休息し, 柏が, 柱時計が, 柴小屋の, 桜の, 楽の, 樹陰から, 橋の, 母が, 汽笛の, 汽船の, 汽車の, 洗濯ものが, 消滅する, 涯しなく, 湯の, 激しい銃声, 燃え上った焚火, 爆弾の, 片手と, 牛が, 狼が, 獣物の, 町の, 異様な, 白い火, 盲人が, 眠さ, 眺めたの, 砧が, 破壊の, 確かには, 確と, 神楽の, 祭りの, 私が, 私の, 私を, 稲妻の, 空襲の, 突然怒った, 笑いながら, 笛が, 答えた, 簡単な, 粘りっこい笑い方, 細部は, 経を, 罵られるため, 義貞は, 聞えた丘, 聞えなかったが, 聞えるよう, 聞くと, 聞こえる, 聴いてても, 聴え, 聴える, 聴くよう, 花火の, 蒸汽の, 蚊の, 街の, 見えるか, 見たとき, 見たの, 見たん, 見た通り, 見つけた木虱, 見る山, 角笛の, 言って, 言葉の, 話を, 誦経の, 誰だ, 豆を, 買ったの, 起った, 起る砲銃声, 車を, 轟くよう, 近くで, 返辭, 追分が, 進軍喇叭の, 遅い柳絮, 遊んで, 野生の, 鈴が, 鉄砲の, 錚, 長い返事, 雀が, 雨戸を, 雪の, 雷鳴が, 霧笛を, 静けさを, 非常警笛の, 面ア見, 音も, 音節の, 順々に, 顔を, 風でも, 風の, 食用蛙の, 馬を, 馬方の, 馬橇の, 馬鈴薯を, 騒がしく起った, 高らかに, 鯨波を, 鳴いて, 鳴った, 鳴って, 鳴り出した貝, 鳴り出して, 鳴り響いて, 鳴るの, 鳴る修道院, 鳴る汽笛, 鳴物の, 鴎の, 鵯の, 鶏が, 鶏鳥が, 鷄が, 鷄の, 鼓が

▼ 遠く~ (397, 3.2%)

56 なれて 26 ない 12 あるまい 9 なかった, 行くまい 6 ありません, ないと 4 あるまいと, ないの 3 ないが, ないよう, なかろう, なれては, 行くめ

2 [20件] あっても, あるが, ないし, ないその, ないぞ, ないな, ないので, なれたところ, なれた山奥, なれた心, 君に, 敵の, 行かない筈, 行かぬ様, 行かぬ樣, 行かね声, 見えない, 越後の, 離れて, 飛騨の

1 [210件] あの書物, あらざる處, あらぬあたり, ありますまい, ありませんから, ありませんが, ありませんもの, ありませんよ, ありません当家, あり得ないの, あるし, あるま, あるまいが, あるまい井上, あるまい日本アルプス, あるまじ, あるめ, いうまでも, こびゆく, こんもりと, ござらぬ, すべてが, その以前, その祖先, ないあたり, ないうち, ないから, ないこと, ないこの, ないだらう, ないだらうか, ないだろう, ないで, ないでしょう, ないですよ, ないという, ないなと, ないのに, ないはず, ないもの, ない上, ない地点, ない山手, ない所, ない母, ない浦, ない筈, なくわずか, なく桜木町, なって, なりますし, なれこれから, なれたこと, なれたこの, なれたため, なれたところ多摩墓地, なれたクラマール, なれたソファ, なれた出発線, なれた北方, なれた同志, なれた国, なれた地獄, なれた子供, なれた存在, なれた川沿散歩道, なれた広い, なれた明治, なれた木, なれた机, なれた松林, なれた生国魂神社, なれた部屋, なれてない空間漂流者たち, なれても, なれば, なれると, なれ少年, ねえの, ぼかして, ぼんやりとして, ぼーっとかすん, ぼーっとし, もう茫, アリストファネスから, オランダまで, スコラからさえの, デカメロンあたりから, ハルピン, ホーマーや, 七切通し谷, 上世の, 上州三国の, 中央アジア, 中山の, 丹波あたりまで, 乗り物近くは, 亡家斎藤時代の, 元窯, 八ヶ岳近くは, 八王子青梅などに, 八王寺の, 六朝時代より, 其の砂, 出なかつたやう, 函根足柄を, 別れ来, 北の方飛騨山脈や, 北国西国の, 北辺の, 南洋の, 南部の, 博多の, 印度まで, 去らぬぞ, 史記, 名古屋で, 呂宋天竺あたりまでへも, 周の, 四五町も, 四国中国からも, 四国西国から, 坂本城に, 城下を, 夏侯氏の, 多くの, 大和の, 大連にまで, 天武天皇三年, 天草乱時代に, 奥南蛮から, 奥州あるいは, 富士の, 寛永頃まで, 山裾に, 峨々たる, 布哇朝鮮満州などの, 志貴葛城の, 想いを, 房総から, 摂河泉, 故郷の, 新田氏の, 日光足尾越後境の, 日高見の, 昔神代より, 春秋戦国に, 木曾信濃の, 木曾殿の, 本居, 本邦古, 枝振りの, 武州と, 水神の, 水神近くは, 永代新大橋隅田川の, 治承, 法相の, 海を, 無かつ, 無かろうと, 煙霞の, 煙霧に, 物々し大軍, 琵琶溜より, 相州小田原の, 福島県の, 立去らなかった, 箱根大森の, 紀州と, 紫色にも, 英國が, 荒川国府台筑波山まで, 菱川師宣の, 薩摩日向から, 行かない, 行かぬそれ誰々, 行かねえんで, 行くまいどうか, 行けないので, 裏飛騨の, 西南の, 西国から, 西国の, 西方の, 西行や, 見えじ, 見えず, 見えないが, 見えないさ, 見晴らせない, 言わずもがな足許, 豊臣の, 走れまい, 足利と, 距ちますまい, 近江の, 逃げて, 逃げられないこと, 逗子鎌倉より, 過ぎるまじく再会, 重い匂い, 金剛智三藏や, 金剛智三藏不, 阿寒山を, 飛騨境の, 飯篠長威斎中古は, 高麗百済の, 麓の, 黯く

▼ 遠くない~ (344, 2.8%)

39 ところに 23 所に 12 ところで 10 ことを 4 ところの 3 うちに, ところから, のだ, やうな, ような, 処で, 処に, 場所に, 所で

2 [11件] ことは, ところです, ところを, のです, ものである, ように, んだ, 別寮, 将来に, 小山の, 距離に

1 [207件] あたりまで, ある家, ある教会, ある海岸, ある町, うちだろう, おそらく二マイル, お寺で, お屋敷町の, お樂, かもしれません, からだ, からひとつ行つて御覧, から往復, から歩かう, が毘沙門樣, ことである, ことな, ことも, ことよ, こと曰くなかなか, この原, この春, この能登守様, し, しぼく, し俺, し太守劉表, し急ぎ, し槍法, せいぜい四十露里, ぞ, ためか, とある街, という事実, といっ, といった, といふこと, ところさしずめ, ところじゃ, ところだ, ところと, ところとも, ところへ, ところ四五ヶ所を, として攘夷, とのこと, と存じ, と聞い, と聞かされ, な部落内, にした, のでお, ので時折拝観, ので身, ので長い, のを, もう一息, ものだ, もので, ものであった, ものであったろう, ものと, やうです, やうに, やはり同じ, よ, ようだ, んだってね, アンタン街で, グルストン街の, ゴブランの, ツローニックの, トロカデロ宮裏の, ブラウスキ街十二番地に, ホテルへ, メシナといふ, モンルージュの, 七月の, 万歳館へ, 三五沢まで, 上に, 上高地温泉の, 下野の, 中国街道の, 五島の, 井戸から, 京都から, 以前アメリカに, 住宅地の, 住居の, 修道院から, 偃ひ, 元鳥越, 八丁堀組屋敷へ, 処と, 処へ, 前に, 割に, 割合に, 加茂村の, 千屋村あたりの, 半月湾国道の, 半郊外, 印度洋中で, 印旛沼周辺の, 原宿, 同じ年, 向ふ, 四五十里だ, 四条坊門に, 四條通りを, 四谷北伊賀町に, 四谷生れの, 土地の, 地点から, 地点であった, 地点に, 場所な, 場末の, 墨屋敷の, 大木戸内, 天平時代の, 太田医院に, 寺町の, 小諸藩の, 小高い所, 山や, 左内坂の, 店の, 府下, 彼らが, 後方で, 心地が, 感情の, 所から, 所だ, 所でございます, 所の, 所へ, 昔すべての, 昔に, 時代だった, 時代に, 時期に, 最近に, 本郷台に, 村に, 東海坊の, 松原の, 枝に, 柳澤氏の, 根岸に, 植物で, 楢崎佐保子の, 横町に, 横町の, 武家の, 気が, 池上大森品川の, 沖で, 沖合で, 浜松の, 海岸へ, 清水町と, 港へ, 湖水地方へ, 滝の川の, 片すみに, 町に, 町へ, 白金の, 百姓家に, 直覚も, 砂地へ, 秋の, 第六天町, 筈な, 等々力村の, 縣の, 花川戸の, 葦の, 蘆の, 裏店に, 裏通りを, 西多摩の, 西岬という, 見当には, 見附に, 記憶を, 誰でも, 近所に, 返事を, 過去において, 過去資本主義時代の, 郡で, 金鍍金で, 門前町の, 阿蘇, 雑木林が, 露路の, 青山の, 静かな, 面が, 首里の, 馬込の, 鳳來山に

▼ 遠く離れ~ (290, 2.4%)

27 ている 14 てい 13 ていた, てしまった 8 てゐる 6 てゐた 4 ていない, てしまっ, てゆく 3 てゐ, て居た, て居る, て行く, て見る 2 て, ていまし, ています, てお, てしまい, て全く, て居, て来た, て眺め, て青い

1 [162件] たり, てあちら, てあと, てある, ていっ, ていっそう, ていなかった, ていなけれ, ていやがる, ていよう, ていらっしゃるで, ておりまし, ております, ておる, てかなり, てからというもの, てきちんと, てくれれ, てし, てしかも, てしっかり, てしまう, てしまつ, てじっと, てすわっ, てそのまま, てそれ, てたたずん, てでも来た, てなぜ, ての矢合せ, てはいた, てはいない, てはいないらしい, てはいなかった, てはさすが, てはや, ては九州, てみる, てもいない, てもっぱら, てやって来た, てゐます, てゐるであらう, てをり, てアレナ, てグルグル, てトントントントン, てヨーロッパ, て一人, て一日, て不憫, て両親, て中腰, て二, て人声, て今, て今度, て他国, て仙吉ひとり, て住む, て住ん, て住んだ, て何事, て來, て円形, て出で, て別々, て双子, て向い側, て向う側, て君, て嗅ぎつけた, て坐, て塀, て大, て尾張, て居っ, て居ります, て居れ, て山伏姿, て彼, て彼ら, て御簾越し, て心, て心細く, て心配, て思ひやる, て怠り私威, て拝まなく, て拝む, て振りかぶっ, て旅, て日ごと, て日本, て昔, て暮さなけり, て望んだ, て木, て村, て来, て棧敷, て森, て槍, て歩く, て歸途, て泣き伏し, て浮ん, て深い, て清浄妙法, て滋賀県, て漁師, て物, て生活, て画, て白沙涯, て眠っ, て眺める, て睨み合っ, て立っ, て立った, て節子, て精神, て紫色, て経験, て縮み上っ, て置き棄てられ, て而, て聞い, て聞こえなくなり, て聴かなけれ, て胡坐, て腰, て膝, て蒲生, て行かせる, て行くであろう, て見, て見える, て見失わじ, て見渡す, て見物, て赤褐色, て近から, て遊ぶ, て陸前, て面影, て食べる, て鳥, て鷹巣山あたり, て鹿児島県, ウイスバアデンあたりの, 且つ横向, 兵営の, 土地を, 寂しい片すみ, 帽子を, 数々の, 暴戻から, 永遠の, 第一月, 雪の

▼ 遠くなる~ (287, 2.3%)

53 ような 18 のを 14 ように 8 やうな 4 ばかりです 3 ようだった

2 [14件] につれ, のじゃ, ばかり, ばかりでした, ほどだった, ほど干され, ほど泣い, まで見送っ, まで見送り, やうに, ようだ, 様に, 程に, 程の

1 [159件] かと思う, かもしれない, かも知れない, かも知れません, から, から重力, がよかろ, くらいに驚かされました, くらい寂しかっ, くらい甘く, くらい重けれ, けれどもあの, ことだ, ことも, ことを, これでこそ, し曇っ, し来る, それで麓, だけ夏霞, ということ, というの, とお, とかいうけれど, とこの, ところだった, とその, とともにまた, とともに涙, とはこれ, ともう, と上, と二分, と云う, と同時に, と大声, と引力, と東北, と終に, と遂に, と鈴, どころかじりじり, などは私, なんて, につれてだんだん, につれて混合, に従, に従う, に従ってわたし, に從つて自分, に連れ, に随, に随つて, のだ, のであった, のであつ, のである, のに, のに従って, のは, のも, ばかりだ, ばかりであった, ばかりである, ばかりでなく, ばかりな, ばかりに退屈, ばかりのよう, ばかり驚いた, ほどさらっ, ほどなぎ, ほどに大, ほどに驚いた, ほどに驚かされた, ほどのこわ, ほどの強い, ほどの苦悩, ほどびっくり, ほど古く, ほど呆れ返っ, ほど夜, ほど小さく, ほど広く, ほど思いなやん, ほど悲しかっ, ほど歎, ほど水, ほど溢れた, ほど無限, ほど疲れ, ほど細く, ほど美和子, ほど臭い, ほど苦しい, ほど螺旋状星雲, ほど鍵, ほど青い, ほど頭, ほど駭, ま, までいかにも, までこ, までここ, まで切れた, まで前, まで寂寞, まで岸, まで桂木, まで独り, まで眺めました, まで私, みたい, みたいに, もの, ものを, やうじゃ, やうだ, やうで, やうな思ひ, ようで, ようであった, ようにと, よく岩礁, わけである, を腹立つなりけり, んだ, 下駄の, 事などは, 事も, 位の, 其が, 前の, 南無阿弥陀仏コハ堪らじ, 幸いな, 心地で, 思いなり, 想いが, 想いで, 日の, 未だ後, 根仕事で, 様子です, 樣な, 気が, 程で, 程であった, 程ギラギラピカピカ, 程バラック気分を, 程其色に, 程叩き付けた, 程安心する, 程怖かっ, 程欲し, 空は, 耳の, 船を, 訳で, 附添婦が, 領巾の

▼ 遠くまで~ (282, 2.3%)

5 歩いて, 続いて 4 見えた 3 行くの, 行くん, 運んで, 響いた

2 [21件] いくの, いって, ついて, つづきその, ひろがって, 並んで, 光って, 出掛けました, 持って, 採集し, 探しに, 散歩に, 流れて, 行かなければ, 行って, 見えるの, 見えるよう, 逃げること, 連って, 霞んで, 飛んで

1 [214件] いけますの, いらっしゃるの, うちひらけてる, おいでなさる, お出かけなさいまし, お出でに, お越しに, お魚, きく彼, きこえるの, きたもの, きて, ずんずんあるい, たなびき渡して, ちらばり怒濤, つ, つづいた, つづいて, つづくからっぽさ, つづく高原, てんぼうの, とどかないので, とどくの, とんで, なげとばすこと, ならび美しい, にげて, にげのびたの, のびて, はこばれた後, ひ, ひびいたの, ひびいて, ひろが, ひろがりみなさん, ぼんやりと, もとの, やって, やって来たん, やって来て, やられたわけ, ゆくん, ゆく旅行者, よく晴れ, よく見える, わりにはっきりと, ピリーニの, 一様に, 不思議に, 並び立った稲, 中心地を, 乗って, 事ある, 人を, 伝は, 伝わって, 光る川, 其の外套, 出かけて, 出かけても, 出かけられるよう, 出かける必要, 出かけ曳網, 出て, 出ねば, 出向いて, 出張に, 去って, 及んで, 吾, 品物は, 夜おそく, 尺とり蟲を, 届く, 届くもの, 展開され, 干潟に, 広く開い, 引張り出して, 往診し, 打ち続いて, 投げたとか, 投げ出し空, 押し上げて, 拡げました, 捜しに, 採りに, 摘み草に, 撃退した, 散歩し, 散歩した, 散歩を, 新らしい, 旅し, 旅出を, 旅行しなけれ, 昼の, 曇つて, 月に, 朝ねえ, 来すぎて, 来たじゃ, 来たん, 来て, 来過ぎて, 榎町の, 歩いたからよ, 歩き出し苛ら苛, 歩き廻った, 歩き廻りくたびれると, 歩き廻ること, 歩くと, 水を, 洞見する, 流木を, 海鳴りが, 湛へて, 溪流伝いに, 漁に, 漁業に, 潮は, 猟に, 畠や, 目の, 真直に, 眺めわたしたが, 石を, 私について, 種子を, 続いたその, 続いた街, 続く木立, 繊細に, 續い, 考えながら, 耕耘され, 耳を, 聞えたの, 聞えて, 聞えるよう, 聞こえた, 聞こえてると, 自分の, 芝草の, 行きかけたの, 行きたる, 行くには, 行くので, 行くはず, 行く其意気, 行けるもん, 行けるん, 行ったの, 行つたつ, 行つてし, 行つても, 行つて來なけ, 行つて来な, 見えて, 見えます, 見えますか, 見えるん, 見とおされて, 見とおす具体的, 見られた, 見晴らしの, 見晴らせた, 見晴らせたり, 見渡された, 見渡される, 見渡して, 見渡せました, 見渡せます, 見透かされる, 見透せる印象派, 見通して, 見通せる焼け跡, 診に, 走って, 起伏し, 足を, 踏み出す気, 輪郭を, 迯げのびた, 追いかけて, 追っ掛けて, 退いて, 送り届けてすら, 逃げた第, 逃げて, 逃げのびて, 逃げのびてから, 逃げるの, 逃げ終せたうれし, 逃げ落ちて, 透けて, 透し見られた, 這入つて, 連続し, 運河の, 達する, 遠ざけて, 遠征する, 重なり合って, 野の, 銀いろ, 響いて, 響きました, 響きわたった, 響き鼈甲屋さん, 響く声, 食物を, 駈けなくても, 高くまで

▼ 遠くなっ~ (264, 2.1%)

27 てしまった 16 ていた 12 てしまいました 11 ている, てゆく 10 たり近く, て行く 7 ていった, て行った 5 て来た 4 てしまう, てしまっ 3 ていく 2 たりし, たりしました, ていきました, てお, てただ, て倒れた, て寝台, て来, て私, て見える

1 [117件] たりすぐ, たりな近く, たりまた, たり仮死, たり東, たり鳴っ, て, てあと, てあの, てい, ていい, ていき, ていきます, ていっ, ていまにも, ていらっしゃいます, ておそろしい, ておりました, ております, てからこの, てからとても, てからふたり, てから深山, てがっくり, てきた, てきました, てくる, てぐったり, てこちら, てしばらく, てしまい, てしまうであろう, てしまったでしょう, てしまひ, てその, てそのまま, てたまに, てとうとう, てどこ, てはいない, ては始終, てひたと, てふら, てまた, てまめ, てもいけない, てもう本当に, てもなるべく, ても町, ても腕, ても自転車, てやっと, てゆき, てゆくらしかった, てガックリ, てグッタリ, てフラフラ, てヘタヘタ, てボーッ, て不自由, て世界, て了, て二度と, て今にも, て何, て何だか, て何事, て倒れかかる, て倒れる, て冷, て困る, て室蘭, て屋根, て床, て引っ, て後, て感じ, て感情表現, て成っ, て手, て手持無沙汰, て打ち倒れた, て提燈, て故郷, て時々, て来し方, て死ん, て死んだ, て死人, て気絶, て消えた, て淋し, て溝板, て照明, て畢, て目, て直次, て真夏, て筆記, て紙上, て続い, て総べて, て聞えた, て船客, て茫然, て草, て行き, て行きます, て表, て見えた, て見えなくなった, て訪ねませんで, て野原, て闇中, て青い青い, て頭, て風

▼ 遠く~ (164, 1.3%)

21 見て 7 見ると 6 眺めて, 見ながら 5 見るよう 4 見つめて, 見つめるよう, 飛んで 3 みて, 指して, 歩いて, 見る眼付き 2 はしり, 廻って, 眺めました, 見渡して, 離れて, 駈けて

1 [83件] あこがれたこと, うつとり, うろついた, すたすた歩い, とりかこんだ大軍, とんで, ながめた, ひるまの, ふり返れ, ぼんやり眺め, みる時, みる目つき, めぐりながら, りから, サッと一廻り, ジイッと, 乞食の, 予期する, 人が, 伸び上がり伸び上がりしながら, 侵し南, 列車の, 夢みて, 廻った, 廻らう, 廻りなに, 心ざせ, 指さしますそして, 捕えようと, 攻めると, 望み, 望みながら, 望み得る力, 望み見て, 望めば, 望んで, 歩いたお方, 毎日見, 水雷戦隊が, 流るる谷川, 流れて, 渡つてゐた, 煙りを, 眺めた, 眺めたり, 眺めながら, 眺めるだけの, 眺めると, 眺めるといった, 眺めるの, 眺める眼付き, 睥睨し, 聞き入りながら, 聴く顔, 自転車で, 行き永く, 見, 見ずに, 見た時, 見つめた惑わしい眼付, 見つめてるよう, 見つめます, 見やった, 見ること, 見るの, 見るまでも, 見る回顧的, 見る必要, 見る眼, 見凝め, 見守る心地, 見晴らすとき, 見渡すこと, 視つめて, 観て, 走って, 走らせて, 走る電車, 通った, 通って, 通る人, 通れ, 過ぐる時

▼ 遠く~ (144, 1.2%)

8 来つるもの 7 ないところ 6 ない 3 ないの, ない所 2 あらぬ旅, あるまいと, ないから, ないし, ない昔, ない麹町山元町, なかった

1 [103件] あったので, あらず, あらず横町, あらぬお, あらぬところ, あらぬを, あらぬローストン, あらぬ東京, あらぬ青山, ありませんから, ありませんがね, あり差支え, あり父, あるし, あるまい, あるまじ次, あるめエ, ある処, ある自分たち二人, ございませぬ, ございませんので, ござらぬ新橋駅, ないうち, ないからと, ないこんな, ないごくごく, ないしかも, ないだろう, ないと, ないとある, ないといふ, ないので, ないのに, ないよう, ないらしい, ないわずか, ないん, ない下宿, ない下谷御徒町, ない以前, ない先, ない先祖たち, ない八幡, ない処, ない城ヶ沼, ない堀田原, ない墓, ない天神下, ない宿場, ない岐阜城, ない市川, ない御殿, ない新月楼, ない柳原堤, ない槐, ない水分, ない水門尻, ない河岸ぷちの, ない海, ない狭山, ない田舎, ない裏通り, ない諸, ない鉄砲町, ない鐘, ない隣り, ない青楼, なくさりとて, なく且つ, なく榛の木, なく近く, なし田端, ならずじつに, ならなければ, なるべきお, ねえお, ねえから, ねえところ, ねえのに, ねえ道, ほかを, 広くも, 思わねば, 有りません御徒町松山園, 来なん, 来に, 無い寺参, 無さそう, 瞽女町へ, 行かずどこ, 行かずに, 行かず有明, 行かないうち, 行かぬうち, 見え物, 見たで, 見れば, 走らず取って返し裏手, 辿って, 近くも, 隔たって, 離れぬサン・ジェルマン, 離れませんから

▼ 遠く離れた~ (136, 1.1%)

3 時は 2 その物音, ところで, ところに, 地方に, 山の, 所で, 田舎の, 町へ, 眼に

1 [115件] あなたの, あの山の上, うっとりした, おばあさんの, けわしい道, ここから, ことを, この世界, しかし日本, ため今まで, という感じ, ところでござれ, ところまで, と思われる, のちに, まま一人ぽっちで, まま立っ, ものでない, ものに, ものに関しては, アマゾンの, キン玉を, ジャングルである, テンディドスに, ビクトル, 一角であった, 世界である, 世界の, 丘の, 並行線の, 二地点から, 京都の, 任地での, 何とも, 処に, 勝手に, 南米へでも, 友から, 周さんを, 国中の, 国民学校の, 土地の, 土地へ, 地位に, 場所に, 場所の, 壁際に, 多くの, 大地に, 大陸や, 天空に, 太平洋上の, 女の, 安心を, 宿場をも, 寂寞たる, 富山県などと, 寺からは, 小都会, 山口大分の, 山奥の, 峠の, 島々までも, 島国であり, 往来を, 愛兒の, 愛知県の, 或る, 戦場で, 所だった, 所であっ, 所において, 所も, 昔の, 時はずれの, 景色である, 森陰の, 此処に, 母の, 浅草は, 海ぞいの, 海岸で, 海際まで, 淋しい海岸, 深山に, 無人の, 物体は, 物體は, 現在の, 田居ばかり, 町にまで, 町はずれが, 県庁の, 碁盤の, 私たちの, 私には, 私の, 絶海中の, 線路の, 美しい自然, 者が, 肥前西彼杵の, 草原へ, 被治者に, 裏庭の, 谿河の, 辺りへ, 遊星よりも, 部屋の, 鎮守の, 陸中の, 隅の, 静かな, 静かな悩める, 馬籠峠の

▼ 遠く~ (112, 0.9%)

6 よくは 3 不便である 2 しかもあわただしい, しかもつねに, しかも近い, まるで見えなくなる, 同時につねに近い, 月の, 長くなる

1 [89件] いかなる物質的, いかに聞き耳, いかれません, いくこと, いくら歩い, いけねえ, いらしたん, いろいろはっきりしなかった, お江戸, かけ離れて, こまりそう, こんで, そのう, その男, それは, ただ思いがけなく, たよりも, つかまへられさ, なおよい, またその, もう何年, ゆくの, よくか, イツまでも, チェルマーシニャは, 一二年前近くは, 一番近い, 不便な, 不自由だろう, 人が, 人に, 人の, 傷ついた身, 北胡の, 十間から, 呼んでも, 困るから, 困ると, 困るという, 地理的に, 坂の, 夕さり寒し, 外神田の, 家と, 小さく見える, 少しくら, 弾丸は, 当るかい, 心細くなる, 手真似でなけれ, 教会が, 昔の, 普通の, 暖炉に, 気の, 気の毒だ, 注文先からの, 滅多に, 無趣味である, 物の, 特別室を, 田んぼと, 甲州東部の, 石を, 石徑斜なりといふ, 細かい楽音, 美しかった, 聞えないので, 聞こえなかった, 要領を, 見えないでしょうが, 見えぬ, 見えぬけれど, 見えぬところ, 解から, 賓娘に, 近きは, 近く聞える, 通いが, 通われないと, 遠いが, 長い昼, 長女の, 険しいかも, 階段は, 駄目だつた, 骨が, 高いお, 鳥の

▼ 遠くなり~ (111, 0.9%)

10 近くなり 8 そうだった 6 そうだ, そうな 4 そうに, 電しん 3 さうだつた, 近くなる 2 あるいは近く, そうで, そうであった, そうでした, 近くなっ, 近くなるみの

1 [55件] いつまでも, けれども絶えず, さうな顔, さうになつた, そうである, そうです, そこらが, それでいて神経, だが益, つつある, つつ長き, ての後, ながらお, ながらも甚だ, ながらも頻, ながら身, ぬらん日月, はしまい, ふと気がついた, もう眼, やがて根戸川, よろよろとして, わたくしは, グッタリ地上へ, 世界が, 世間からは, 人通りも, 今は, 候覧と, 勝ちです, 咽喉は, 小さくなり, 彼の, 方でございました, 暗い追分, 杳かに, 桜井先生も, 森の, 樹の, 男が, 石は, 硝煙に, 笹原づたいに峯の, 行くにぞ, 豪雨の, 貧乏教会の, 身体の, 近く, 近くな, 遥に, 鉄砲を, 間もなく店, 雌雄を, 雨も, 高い声

▼ 遠くなった~ (73, 0.6%)

6 ように 5 ような 3 のだ, のを 2 のです, 耳を

1 [52件] え, おふくろは, か, から, からなあ, が一時間, が他, が雨, けれども食事, ことからも, ことも, その間を, ぞさすが, だけのこと, ということ, というの, という人, と思う, と思ったら, と泣く, ね, のか, のかも, ので, のでありました, のでございましょう, のでやっと, ので一丁先, ので医者さん, ので自然足, ほどだった, ほどである, ままで, みたいよ, ものの, ようだ, んだ, んで, んです, ダッタン人が, 位何でも, 宮染さんと, 彼等は, 日本から, 時に, 時の, 時はっと, 様に, 眼を, 老人は, 耳に, 顔付し

▼ 遠く~ (69, 0.6%)

4 つた眼を, つてゐた 3 つて行く 2 だれる灰, つただけ, つたのを, つて死ぬ, ツて

1 [48件] がむる風情, さそうに, だれる灰光, つたと, つた仁左衞門の, つた修道院の, つた孫王の, つた栄浜の, つた榛の木の, つた耳で, つた自分の, つた頃低い, つてう, つてさながら, つてし, つてしまつてゐた, つてすぐ, つてたまに, つてつひ, つてゐます, つてゐる, つてを, つて三聲鳴いた, つて了つたのだらう, つて仕舞つて従姉妹は, つて倒れ, つて其時不思議な, つて唄を, つて土手の, つて外れ, つて居ります, つて居る, つて来た, つて此処では, つて消え, つて畢ふ, つて病院の, つて益々, つて目を, つて終に, つて茂つた葦が, つて行つた, つて錢湯で, つて風が, のでとうてい, ので音, ものの, んだ

▼ 遠く~ (64, 0.5%)

63 てその 2 てしまった, て木の芽

1 [51件] その上親戚, その間の, てい, ていた, ている, ておる, てしまいたい, てしまう, てしまつ, てしまッ, てたおれ, ては粕壁在, てわ, てビクビク, て一望, て一目, て中, て中京, て去く, て又, て呼び声, て官事, て平生他, て幽か, て政治家, て日, て日用, て来, て歩く, て河水, て深い, て漢土, て瀬, て獨, て男峯, て発兌, て而, て見えざりし, て見えず, て見えね, て見せた, て近き, て近く, て遠い, て遠く, て野田, て雪, て音, て高, て高き, 色彩の

▼ 遠く遠く~ (60, 0.5%)

4 なって 2 離れて

1 [54件] いって, からカラ, さびしい悲しい野山, そのすぐ, ただよい去りつつ, つづいて, とひろがる, と去りゆく, と水平線, なつて風, なりつつ, なるまで, に小さな, の人, の方, の海岸, の都, はてしない, はなれ, はなれた, また遠く, やがて白むであろう, ボヘミヤンの, 光って, 前途を, 南の, 及ばず自分, 及ばないに, 吹き飛ばされて, 夜道を, 小さくなっ, 少し水蒸気, 幽ん, 彼方の, 新しい浜辺, 来たという, 歩いて, 歩きました, 沖の, 流れゆく灯影, 消えて, 漂い去りつつ, 突き出た岬, 羊を, 見て, 見失いかねませぬほど, 見送って, 誘うて, 連って, 遠く彼方, 離れるかと, 雲層の, 霞んだよう, 鳥渡る

▼ 遠くへは~ (59, 0.5%)

4 行かなかった, 行くまい 2 行かないよう, 行くまいと, 行くめ, 行って

1 [43件] いかずに, いかないだろう, いくまいから, いらっしゃらないで, どうにも行けなかった, なれつつ, なれば, へだたるまい, 使いを, 冒険に, 出すなと, 出ずに, 出られますまい, 出られませぬ, 去らずいつも, 去らずどこ, 参るまい, 往って, 得も, 暫しも, 突っ走るめ, 立退かず人間, 落ちのびまい, 落ちまい, 落ちられないわけ, 行かずいよ, 行かずに, 行かないだろう, 行かないで, 行かないの, 行かない筈, 行かぬはず, 行かんぞ, 行きません, 行くまい縄付, 行けず家, 行けない, 行けないしかし, 行けやしないわ, 走って, 逃げて, 運び出したとは, 離れて

▼ 遠くには~ (54, 0.4%)

4 なれて 2 去らずいつも

1 [48件] あっちこっちに, ありません, お城, つきり, なれるの, はや灯, ひろがって, まだ極光, インドネシア種族の, クラリネットの, 一小隊の, 函館へ, 別府の, 参って, 和太郎さんの, 地平の, 夕陽に, 大勢の, 小川の, 屠殺されてる, 巌に, 時々汽車, 来ないであろう一戸, 森が, 武者の, 気味の, 海が, 海の, 湯の, 火の, 瓦斯タンクが, 町の, 知られなかつた, 船が, 街路で, 見ゆ, 警鐘の, 退いて, 退かず, 逃げて, 金剛や, 陽炎が, 雑然とちらばった, 青い海, 駿河信濃國境に, 高い塔, 鹿児島湾の, 鼻声めいた

▼ 遠くより~ (45, 0.4%)

2 して, 見れば, 音し

1 [39件] おくやみ, きこゆる, しも, する杭, ちらとぞ, また近く, アカイア勢と, 來る, 取り囲みて, 吹きよせる風, 吹く木枯し, 喇叭聞ゆ, 声を, 妙音振ひ, 寄する, 屏風の, 或は汝近く, 戦を, 戦闘を, 揃うて, 望み見て, 望んだよりは, 木炭を, 来たまれびと神, 来り臨む神, 来り臨んだ邑落時代, 来る, 来る哀悠, 来会する, 次第に近く, 渠を, 笛の, 素通りしつ, 聞え来るもの, 聞ゆれ, 聲を, 見るやう, 見る人, 近づき来て

▼ 遠く近く~ (44, 0.4%)

3 きこえるばかり 2 で戸, 聞えて

1 [37件] あれ, いかにも非情, から疎, ききながら, きこえて, きこえる, ちらついて, で唸り, で打出す, で時々, ところどころに, とびまわって, とりかえされて, に呼びかわす, に浮ぶ, の反映, の魂, ひびいた, わびしい民家, をいろんな, をゆきかえりし, 吠えつつは, 咲く花, 夢みるごとく人, 望む山々, 無何有, 聞えだして, 聞える, 聞きつける鶏, 聞こえて, 見渡される麦畠, 重なり合った姿, 閃き動くさま, 集って, 響き渡る, 鳴いて, 鳴りつづけて

▼ 遠く~ (40, 0.3%)

6 の方 2 のほう, の向う, を渡り

1 [28件] から山越え, が白く, が見えた, と空, に去っ, に尚, に眼, に突きだした, のあなた, のなか, のむこう, のよう, の上, の中, の彼方, の色, の面, へ投げる, へ撒かれ, も時化, をこえ, を描き, を望む, を染め分け, を渡つて, を見, を見渡す, を隔てた

▼ 遠くからでも~ (36, 0.3%)

2 眺めて, 襲撃を

1 [32件] すぐそれ, すぐに, そう見えた, その動き, その姿, 一緒に, 伸子の, 匕首を, 塔は, 彼の, 明らかに, 灯が, 無理にも, 眺められる, 眺めること, 芋掘, 芋掘りの, 見えた, 見えたら頼むよ, 見えるよう, 見える十九世紀型, 見つけて, 見られた, 見れば, 見わけられますもの, 見分けられるの, 見分けられるほどの, 見張って, 試合の, 近頃の, 通ずるの, 鷭だけは

▼ 遠くでは~ (28, 0.2%)

4 ない 2 あったが, ありますが, あるが

1 [18件] ありませんでした, あり狩り立てるの, ないらしい, なく帆, またべつ, トロッコの, 叫んで, 寺の, 無い, 犬が, 見分けられは, 規則正しく鼻, 賑かな, 赤い鳥, 雷鳴の, 馬追蟲の, 鶏が, 鷹が

▼ 遠くからは~ (25, 0.2%)

1 [25件] すごくさえ, その見分け, それが, どれが, はいり込む隙間, まるで海, 何うも, 円いもの, 圓いものと, 大きな白雲, 小高い岡, 嵐に, 望遠鏡でなけれ, 朱い, 気が, 聖人像を, 藍色を, 蝉の, 見えがたい, 見えないけれども, 見えないと, 見えないよう, 見える, 見え難い, 青空に

▼ 遠く~ (25, 0.2%)

3 ている, ゆ 2 ていた, はるかす

1 [15件] て, ておりました, てさえ目, てステーション, て一斉, て今朝こまか, て居た, て居り, て泡, て路傍, て雲, て默つて, ながらこんど, ながら廻廊, ながら駈け出した

▼ 遠く行く~ (23, 0.2%)

2 なと注意

1 [21件] かお前, こと能わざる, だけ紀念, とも君, ほどのもの, やうに, 一群の, 事能わず, 力が, 叔父さんを, 君が, 大久保の, 弟の, 情人の, 旅の, 時には, 牛の, 積りで, 節子を, 者は, 雁

▼ 遠くかすか~ (20, 0.2%)

3 になる 2 になっ, になり

1 [13件] にさ, にどよめい, にまったく, に伝わっ, に低く, に光っ, に瞬い, に聞え, に聞こえ, に近江, に食堂, に鳴き, に鳴っ

▼ 遠く~ (20, 0.2%)

9 っている

1 [11件] った, ったよう, ったカーヴ, った処, った地球上, った所, った時期, った都会, ってしまった, ってもいない, つた

▼ 遠くその~ (19, 0.2%)

1 [19件] すぐわき, 上を, 代表者と, 光景を, 半ばが, 場所からは, 家に, 尾根を, 心情を, 想いを, 愛兒送らん, 故郷へ, 残影を, 源を, 源流を, 火光の, 額を, 高原を, 髣髴を

▼ 遠くても~ (19, 0.2%)

2 里に

1 [17件] いくらけわしく, この上, そいつが, それで, よい, 向い合って, 向い合つて坐つた, 和太郎さんには, 地下電車で, 寒気が, 引力は, 構わない, 深草へ, 神経質に, 近くても, 電車で, 風呂は

▼ 遠く及ばない~ (19, 0.2%)

2 のである

1 [17件] ぐらいの知識, けれどその, ことを, というの, にし, のであります, ものと, ものの, ようだ, ジヤアナリスト・クリストである, 上に, 事が, 事実を, 價を, 創造の, 子である, 程で

▼ 遠く及ぶ~ (19, 0.2%)

4 ところでない, ところでは, ところに 2 処でない 1 ことが, ものは, 処では, 所では, 所に

▼ 遠く~ (19, 0.2%)

4 によつて 2 を越え

1 [13件] と山, と水, にとっては外国, によって立っ, に登る, の奥, の方, の間, は近く, また山, を海, を見る, を隔てた

▼ 遠く消え~ (18, 0.1%)

4 て行く 2 てしまう, てしまつた, てゆく 1 ていった, ている, てしまった, てその後, て蟲, て行った, て行つて, て見送り

▼ 遠くからの~ (17, 0.1%)

4 ように

1 [13件] あかりで, かけ合い話, しかし鋭い, とき海が, アセチレン燈の, 呼び声で, 咳払いで, 子守唄を, 様に, 物音も, 目印に, 目標に, 評判だけ

▼ 遠くとも~ (17, 0.1%)

1 [17件] いそげ大, おめ, かえってあたたか, この点, すべて自分に, そぞろ歩きにも, またどの, 安全な, 彼女の, 彼方の, 従兄弟同士ぐらい, 心に, 必ずともに素足, 朝の, 来るの, 瀬田廻りを, 面影に

▼ 遠くなつ~ (17, 0.1%)

4 てしまひました 3 たり近くなつ 2 てゆく 1 たりする, たり東, ていつた, てしまひ, てしまふ, てひたと, て暫く, て行く

▼ 遠く離れる~ (17, 0.1%)

1 [17件] かと思った, か神殿, ことが, ことさえが, ことさへが, ことによ, ということ, としだいに, と立派, と離れる, にあたってどんな, に及ばない, のが, のを, ほど好い, ような, 筈は

▼ 遠くからも~ (16, 0.1%)

5 聞えた 3 近くからも 1 におう芳香, 招いた, 望まれる土手, 舊の, 見えなかったの, 見え渡る扮装, 註文を, 買いに

▼ 遠く~ (16, 0.1%)

2 見えて

1 [14件] い, いいね, よくみえません, 大へん, 知りたくなって, 見えない, 見えないため, 見えないので, 見えなかった, 見えなくては, 見えぬの, 見えるりくつ, 見すかせぬ, 霞んで

▼ 遠くまでは~ (16, 0.1%)

2 飛べません

1 [14件] いけませんよ, きかないが, とどいて, とどきません, わかりませんが, 行かなかった, 行かれぬ運命, 行かれません, 行きません, 行けない, 行けないわし, 見わけ, 見通しが, 飛べませんが

▼ 遠く~ (16, 0.1%)

1 [16件] づる事は, ていない, てゆく, て中原, て戦う, て来た, て江上山野, て行く, て行っ, て迎え, て遊ばない, て都市, でなかった百姓, で給, 遊する, 釣する

▼ 遠く去っ~ (16, 0.1%)

4 てしまった 2 ている, てしまう, てゆく 1 てその, て今, て土地, て行きます, て行く, て行った

▼ 遠く小さく~ (16, 0.1%)

3 なって, 絵の 1 おなじく帰路, すがた, その相, なつて行, なる, 描き出せしもの, 映えて, 映るの, 繪の, 見えて

▼ 遠く~ (16, 0.1%)

5 して

1 [11件] したこと, するため, にあり, に出掛け, に病む, に行く, をし, をする, 出して, 来しこと, 行く人達

▼ 遠く来た~ (16, 0.1%)

3 ような, 旅を 2 ことを, もんだ 1 からって泣く, ことも, という旅情, のか, 兵馬であり, 甲斐が

▼ 遠く聞え~ (16, 0.1%)

3 ていた, ている 2 て何となく, て来る 1 てきた, てくる, て来たろう, て消滅, て秋たけ, て遥

▼ 遠く眺め~ (15, 0.1%)

2 てあれ誰, ていた, ている 1 ておりました, てみたい, ても可也, てよき, て居る, て早く, て歯ぎしり, て芳江, て路地

▼ 遠く見える~ (15, 0.1%)

1 [15件] が矢ツ, という, ところまで, のが, のである, のは, ばかりか尋常, ように, 丘の, 山々も, 幾つもの, 明神さまの, 空の, 街の, 部屋の

▼ 遠くこの~ (14, 0.1%)

2 光景を

1 [12件] 一筋に, 北越の, 国を, 地上を, 妙なる, 少女に, 時に, 村からは, 村を, 植物の, 気味の, 風の

▼ 遠く~ (14, 0.1%)

1 [14件] あつた, いへば, おって, ひろがる田舎, ほり過ぎて, 云うの, 去りゆくの, 思えば, 水平線を, 結び近く, 結んで, 近くと, 逃げ惑ううち, 遠くで

▼ 遠く西~ (14, 0.1%)

4 の空 2 の方 1 に六甲あたり, に行きた, に走らせ, に離れ, の方水平線, へと通り過ぎた, へも東, より東方

▼ 遠く~ (14, 0.1%)

3 れて 2 っている 1 たっても, ったこと, った所, ってしまった, てている, ててしまった, るほど, るもの, れ魚類

▼ 遠くなく~ (13, 0.1%)

1 [13件] しかも極東, しかも艦隊, てしかし, もっとも義太夫節, ブールゴーニュ街や, ロジェエ夫人の, 一層高められた, 充分地の, 割合に, 珈琲を, 甘酒屋まで, 能褒野の, 蜂共に

▼ 遠くまた~ (13, 0.1%)

1 [13件] あまりに酷う, そのほとんど, 一望の, 久しくちょうど, 地勢の, 大きくいつ, 如何に, 断続し, 近く夏の, 近く映る, 近く聽く, 遠く, 隅田川の

▼ 遠く望む~ (13, 0.1%)

1 [13件] かな, と水, と見渡す, と請負師, も果て, 事が, 人々の, 仙倉山と, 可くし, 噴火山の, 時には, 谷川岳や, 高嶺の

▼ 遠く望め~ (13, 0.1%)

2 ばブランデンブルク門, ば只, ば雪 1 ばかれ, ばカムパニア, ば山, ば桐, ば混然湧, ば美人, ば霊芝

▼ 遠く深く~ (13, 0.1%)

1 [13件] なるでせう, 主観の, 何やら果て, 入りこんで, 及ぶもの, 國を, 広がって, 海を, 漂う歴史, 潜む谷, 烟るやう, 紅を, 進められなければ

▼ 遠く高く~ (13, 0.1%)

2 肩を

1 [11件] とあこがれる, 光の, 地から, 容を, 微笑むやう, 立ち去って, 聳える全, 見えて, 轟きわたるの, 進んで, 風の

▼ 遠く~ (12, 0.1%)

3 の方 2 の方信夫郡 1 に去っ, に延び, に至る, に遜り, の国, の方澎湖島占領, の海

▼ 遠く~ (12, 0.1%)

3 ている 2 てこの, てしまった 1 てひで, て今日, て我, て熊岳河, にけり

▼ 遠く聞える~ (12, 0.1%)

2 機械鍛冶の 1 ことが, のが, のだ, のでした, のは, ばかりで, ばかりであった, ようで, 夏の, 行徳がよ

▼ 遠く見え~ (12, 0.1%)

2 て私 1 たり真直ぐ, ている, てきた, てぼう, て右往左往, て海, 其爲に, 前の, 庭先には, 渡る

▼ 遠く見る~ (12, 0.1%)

5 とその 1 ことです, と何, と初めて, と匂い, と枯れ枯れ, には笹子峠, 影も

▼ 遠く~ (11, 0.1%)

3 にある, の方 1 にかすむ, に向, に攫い出され, の白浪, 見る

▼ 遠く~ (11, 0.1%)

1 [11件] が見える, に憧れ, のむこう, の中, の外, の夜空, の家並み, の方, の燈火, の空, まで引い

▼ 遠く~ (11, 0.1%)

1 [11件] がかすむ, にうつる, にも見えず, の届く, もかすん, を南方, を微, を放つ, を注い, を空, を見張った

▼ 遠くこれ~ (10, 0.1%)

1 には及ばない, には及ぶまい, を北方, を囲み, を後世子孫, を拝見, を望む, を望見, を板橋, を第

▼ 遠くなります~ (10, 0.1%)

1 お助け下さい, からすべて, から福島, が, がこっち, しそれ, とすう, よ, よ淺野屋, 山の上を

▼ 遠く彼方~ (10, 0.1%)

1 からひた, にある, には彼, にチラチラ, に広大, に浩渺, に続い, に解除, の地平線, の果て

▼ 遠く流れ~ (10, 0.1%)

1 が深い, ている, てくる, てゆきし, てゐた, て太平洋, て来, て来た, て行く, て行った

▼ 遠く~ (10, 0.1%)

2 並んで, 離れて 1 引かしむる, 映じて, 連なる, 隔たつて了つた, 隔りたる, 離つてゐる

▼ 遠く離れてる~ (10, 0.1%)

2 心地が, 気が 1 ことでしょう, ために, ときには, わけだ, 人々や, 心地を

▼ 遠く~ (9, 0.1%)

4 からいま 1 が死ぬ, そうでございます, と兄ちゃん, と落胆, なという予感

▼ 遠くはるか~ (9, 0.1%)

2 に筑波神社 1 なる外国, な恋, な風景, になっ, に眺められ, に連なる, に遠く

▼ 遠く~ (9, 0.1%)

1 に走っ, に遜る, に離れ, に離れた, の内地, の国, は奥羽, は源氏山, へ進ん

▼ 遠く~ (9, 0.1%)

2 に及ばざる 1 から離れ, のひとみ, の來, の射し, の眼, を慕った, を離

▼ 遠く走る~ (9, 0.1%)

2 島の, 帆船を 1 ことならず, ことは, 彼の, 電車の, 音し

▼ 遠く~ (9, 0.1%)

3 の中 1 に誘う, に響き, の末, の果, の果て, へ降り

▼ 遠く開け~ (9, 0.1%)

2 て行く 1 そのはて, てそうして, てはいい, て木曾川, て水勢, て眺望, 山並が

▼ 遠く~ (8, 0.1%)

1 ききに, なんなすった, もひ, 不自由でございましょう, 台所より, 姿を, 思われに, 顧客の

▼ 遠く地平線~ (8, 0.1%)

1 がひらけ, にまでつづく, に接する, に辿りつく, のかなた, のすみ, の上, の道

▼ 遠く後方~ (8, 0.1%)

1 からのぞんだ, から声援, から来る, になった, に立つ, に遅れ, の森, へ放り出された

▼ 遠く~ (8, 0.1%)

5 を受け 1 に相, の光, は暮れ

▼ 遠く~ (8, 0.1%)

4 の方 1 に入り, に入る, に迂廻し, の海

▼ 遠く海外~ (8, 0.1%)

2 の社交界 1 から眺め, にも拡げました, に振ひ, に輸出, の影響, を遍歴

▼ 遠く続い~ (8, 0.1%)

3 ている 2 ていた 1 てゆるやか, てゐる, て菜の花

▼ 遠く退い~ (8, 0.1%)

2 てしまった 1 ておびただしい, てそれぞれ高地, てもまだ, て入念, て後, て木の間木の間

▼ 遠くきこ~ (7, 0.1%)

7

▼ 遠くでし~ (7, 0.1%)

3 ていた 2 ている 1 きりに, てゐた

▼ 遠くでも~ (7, 0.1%)

1 あられては, かまわずのばせるだけ, ハッキリ見えた, ベルの, 一度吠える, 光って, 絶えずどよめき

▼ 遠くどこ~ (7, 0.1%)

2 か未来 1 かへいっ, の町, へやら担ぎあげ, までも続い, まで響いたろう

▼ 遠くなりかけ~ (7, 0.1%)

1 たり口, ていた, ている, てはっと, てシイ, て医者, て来た

▼ 遠くなれ~ (7, 0.1%)

4 ばなる 1 ば労役者, ば改めて, ば筵

▼ 遠くにも~ (7, 0.1%)

3 近くにも 1 いなかったと, やつた, 行かれずただ, 身近にも

▼ 遠く~ (7, 0.1%)

3 の方 2 に見 1 にし, に上方

▼ 遠く~ (7, 0.1%)

2 つた 1 つたしかし, つたのか, つても, つて寺で, つて行つた

▼ 遠く去る~ (7, 0.1%)

1 とも人, と柵, にかも似ん, に及び, のを, ほどな, ものである

▼ 遠く~ (7, 0.1%)

3 の方 1 から出掛け, のどんな, を目ざし, を離れ

▼ 遠く太平洋~ (7, 0.1%)

2 の方 1 の呟き, の水, の沖合はるか, の海底, の西

▼ 遠く故郷~ (7, 0.1%)

2 の空, を離れ 1 の空気, の美しい, をはなれき

▼ 遠く~ (7, 0.1%)

1 に洗われ, の上, の彼方, の流れ, の流れる, を隔たった, 清く

▼ 遠く江戸~ (7, 0.1%)

1 から横須賀辺, から焼け出され, に居る, の方, へ離れ, をずらかりたかった, を離れた

▼ 遠く眺める~ (7, 0.1%)

2 とさながら 1 と一直線, と季節, と彼方, と西, 明星ヶ岳や

▼ 遠く落ち~ (7, 0.1%)

2 て行った 1 てくる, てただ, てゆく, て庭, 掛けた日

▼ 遠く西方~ (7, 0.1%)

1 から迂回, に旅, に蛇行, に黒い, の国の, の山, を見渡す

▼ 遠く見渡す~ (7, 0.1%)

2 ことも 1 ことの, と白ぢ, のである, ような, 岸の

▼ 遠く走っ~ (7, 0.1%)

2 ていく 1 ている, てしまった, て来た, て行く, て那須野

▼ 遠く~ (7, 0.1%)

3 っている 1 いた山々, っていた, りその, り隠れ森

▼ 遠く響い~ (7, 0.1%)

2 て来た 1 てどこ, て來, て廓, て押, て来る

▼ 遠くかすん~ (6, 0.0%)

1 でいました, でいる, でおりまする, でみえる, で消え去ろう, で行った

▼ 遠くかなた~ (6, 0.0%)

1 にあり, には島, に消えた, に見ゆる, まで続い, より馬

▼ 遠くそれ~ (6, 0.0%)

2 を羨ん 1 ている, に思った, に非常, を認めた

▼ 遠くながめ~ (6, 0.0%)

3 ていた 1 て, ながら森垣さん, 龍野街道へ

▼ 遠くへと~ (6, 0.0%)

1 いって, つとと, 思ったのに, 曲つて行つた事が, 行く信吉, 飛んで

▼ 遠くへも~ (6, 0.0%)

1 ひろがる, 草鞋は, 行かず賀奈女, 行きました, 行くめ, 走るめ

▼ 遠くまでも~ (6, 0.0%)

2 行ったの 1 見えて, 走り廻っ, 追って, 配達網を

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

51 て果て

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

1 か千鶴子, か言い, という楽しく, にか言, の設備, を言つて

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

2 の上 1 に印されぬ, に拝伏, は険, も遠く

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

1 坂に, 紀山脈を, 都の, 霞を, 鼓と, 鼓の

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

1 いあたり, がつて, くかすみ網, く其の, く展開, く深き

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

1 たらんもの, に劇藥, をつかえた, を伸ばさう, を英国, を英國

▼ 遠く歩い~ (6, 0.0%)

2 て行 1 ている, てきました, て去った, て来た

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

3 の音 2 の上 1 を見せ

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

3 の声 2 の吠える 1 の聲

▼ 遠く白い~ (6, 0.0%)

1 ものが, 夏雲を, 山々を, 浪の, 煙に, 砂地の

▼ 遠く白く~ (6, 0.0%)

1 か, 光つてゐる, 光るもの, 奔って, 眺めて, 闇の

▼ 遠く迂回~ (6, 0.0%)

3 して 1 しまず, し敵, し敵主力

▼ 遠く隔て~ (6, 0.0%)

2 て夜 1 ている, て貴国, て雪, にし

▼ 遠く~ (6, 0.0%)

1 がくれ, となつ, に入, は流れ, をつい, 分けて

▼ 遠く響く~ (6, 0.0%)

1 のみである, ような, 砲声, 稀に, 轍の, 音

▼ 遠く飛ん~ (6, 0.0%)

1 でいた, ではいきません, で岩木山, で行, で行きます, で行った

▼ 遠くある~ (5, 0.0%)

1 ことによって, にはあった, を, 人, 関羽の

▼ 遠くきこえる~ (5, 0.0%)

1 とうしろ, のか, のだつた, のも, 狼の

▼ 遠くては~ (5, 0.0%)

1 人には, 判らない, 持って, 話が, 響かぬらしい

▼ 遠くなつた~ (5, 0.0%)

1 が十年前, が狐, ところで, やうな思ひ, やうに

▼ 遠くなりました~ (5, 0.0%)

1 から, から大次郎, それまで, んだ, 外眼も

▼ 遠くにまで~ (5, 0.0%)

2 とどいた 1 持って, 漂って, 潮の

▼ 遠くねえ~ (5, 0.0%)

1 し屋形船, とみえる, ようだ, 所に, 鼠屋横丁へ

▼ 遠くへまで~ (5, 0.0%)

1 上って, 将門を, 片づけに, 置きっぱなし, 連れて

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

1 ごゑ, のこ, の気配, の跟, の踏む

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

1 にあっ, に荷車, へ出過ぎた, へ駈け去っ, を見ん

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

2 つた, の波 1 のなか

▼ 遠く別れ~ (5, 0.0%)

1 てかぞふれ, てから手紙, ても友情, て相, て行く

▼ 遠く及ばざる~ (5, 0.0%)

2 ところなり 1 ところだ, どん底の, 所如來身體の

▼ 遠く及び~ (5, 0.0%)

1 がたい城壁, て高原, はしない, 永い一生, 難くこれ

▼ 遠く向う~ (5, 0.0%)

1 からその, にはお, の山, の海岸, を指し

▼ 遠く富士~ (5, 0.0%)

1 が頂き, とその, も見えた, も見えるでしょう, を望む

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

1 だのに, なやう, に聞え, に見渡される, んだ

▼ 遠く幽か~ (5, 0.0%)

1 なる空色, にけれども, に耳, に聞え, に見えた

▼ 遠く延び~ (5, 0.0%)

2 て行く 1 ていた, ていっ, て兵庫御嶽

▼ 遠く建つ~ (5, 0.0%)

4 て居た 1 て右手

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

2 にし 1 にはだんだん, に見捨てた, を見返れ

▼ 遠く微か~ (5, 0.0%)

1 な稲妻, にしか聞こえず, に沒, に消え, に船

▼ 遠く日本~ (5, 0.0%)

1 の国, の太平洋沿岸, をはなれ, を出, を慕っ

▼ 遠く望ん~ (5, 0.0%)

1 でいた, で之, で総懸り, で美人, で見る

▼ 遠く水平線~ (5, 0.0%)

1 に退い, のあたり, の外, の彼方, まで見え

▼ 遠く海上~ (5, 0.0%)

1 から樺太廳, へも響き渡れ, よりこの, を旅, を望む

▼ 遠く深い~ (5, 0.0%)

1 ところには, 伝統の, 歴史を, 溜息の, 谷の

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

1 に入る, の中, もよく, も眩まん, を放つ

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

4 を曳い 1 を曳く

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

1 から来た, の長安, へ使いし, をはなれる, を離れ

▼ 遠く鎌倉~ (5, 0.0%)

1 に, にも響い, の世, や逗子あたり, を迂回

▼ 遠く隔たった~ (5, 0.0%)

1 ままで, 二つの, 場所に, 席から, 時期の

▼ 遠く~ (5, 0.0%)

1 に覆われた, のみへし, の中, をかぶった, を戴いた

▼ 遠く霞ん~ (5, 0.0%)

1 でい, でいる, でから張飛, で居る, で窓

▼ 遠く高い~ (5, 0.0%)

1 ところから, 山並みや, 岸の, 藤原期に, 青空それらが

▼ 遠くあるいは~ (4, 0.0%)

1 事の, 島嶼にまで, 幽くあるいは, 近く山に

▼ 遠くかつ~ (4, 0.0%)

1 その遊ぶ, はるかな, 懐しく語り得, 自由な

▼ 遠くきこえ~ (4, 0.0%)

1 たりした, たりする, てくる, て盆燈籠

▼ 遠くしかも~ (4, 0.0%)

1 少なくとも中原一帯, 文学上には, 聯絡を, 非常に

▼ 遠くした~ (4, 0.0%)

2 のである 1 のを, 縁側の

▼ 遠くなかった~ (4, 0.0%)

1 がエミイ, のでそれで, ので支倉, ので私達

▼ 遠くなりかけた~ (4, 0.0%)

1 ところへ, ね, ようよ, 少年は

▼ 遠くなりに~ (4, 0.0%)

2 けり 1 けりきのふ, けるかも

▼ 遠くへでも~ (4, 0.0%)

1 いく人の, 歩いて, 行く心, 行つた

▼ 遠くアフリカ~ (4, 0.0%)

1 から奴隷同様, の方, の東海岸, へまで旅立つ

▼ 遠くギリシャ~ (4, 0.0%)

2 に於 1 に発見, の哲学

▼ 遠く上野~ (4, 0.0%)

2 の電気燈 1 とか芝公園, の電気灯

▼ 遠く九州~ (4, 0.0%)

1 にも運ばれます, の平戸, の海岸防禦, へ追

▼ 遠く信州~ (4, 0.0%)

1 から直江津, の南, の浅間, を猿飛様

▼ 遠く入る~ (4, 0.0%)

4 日を

▼ 遠く出る~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことは, 事に, 者が

▼ 遠く南洋~ (4, 0.0%)

2 まで航海 1 の島々, の方

▼ 遠く去つ~ (4, 0.0%)

1 ていつしか, てゆく, て周庵, て行く

▼ 遠く去り~ (4, 0.0%)

1 て, て今や, 獨り行き, 近く来たる

▼ 遠く外洋~ (4, 0.0%)

2 の方 1 へ出でよう, まで荒し

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 の土手, の流れ, の辺, を離れたる

▼ 遠く広く~ (4, 0.0%)

1 やや粗雑, 天の, 灰色に, 眼の

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 他出など, 出陣あそばし, 援軍を, 里を

▼ 遠く思われる~ (4, 0.0%)

1 ことは, のであった, のでした, 所に

▼ 遠く懸け離れ~ (4, 0.0%)

1 てい, ている, て生き, また或

▼ 遠く晴れ~ (4, 0.0%)

1 て片雲, 夕日波上に, 月高く, 毎夜月高く

▼ 遠く木立~ (4, 0.0%)

2 の空 1 の中, の枝

▼ 遠く東京~ (4, 0.0%)

1 に去った, の, へ携帯, へ送られる

▼ 遠く沖合~ (4, 0.0%)

1 に荒波, に進み出た, の空, まで帆走

▼ 遠く溯っ~ (4, 0.0%)

1 て反正, て文, て行った, て陸口

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 から, に沈ん, の下, を仰ぐ

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

2 いた輝く大 1 いて, けてゐる

▼ 遠く聞こえる~ (4, 0.0%)

1 だけであった, ものであります, 犬や, 関の

▼ 遠く自分~ (4, 0.0%)

1 から投げ棄てる, から離れ, の住ん, の生れた

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 で運ん, を近く彳, を追う, を進めよ

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 の声, の鳴き, の鳴く, 啼く

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 が鳴いた, が鳴く, のうた, の沈む

▼ 遠く退いた~ (4, 0.0%)

1 のう, のは, 後孔明は, 領民たちは

▼ 遠く連なり~ (4, 0.0%)

1 その中程あたり, て山田, て画く, 地平に

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 かに起因, かに過ぎ去っ, に隅田川, に響け

▼ 遠く遥か~ (4, 0.0%)

1 なという, な海, に続い, の彼方

▼ 遠く郷里~ (4, 0.0%)

1 の山, の山村, の方, を離れ

▼ 遠く長崎~ (4, 0.0%)

1 の方, の果, の港, の訳官

▼ 遠く隔てた~ (4, 0.0%)

1 この二陣, 南北の, 廊へでも, 離座敷らしい

▼ 遠く隔絶~ (4, 0.0%)

1 された, した世界, した激情, せられた世界

▼ 遠く離し~ (4, 0.0%)

1 たり近く, ておいた, て伊藤, て置い

▼ 遠く静か~ (4, 0.0%)

1 なる山林, な家庭, な海, に低い

▼ 遠く~ (4, 0.0%)

1 になびい, に送られ, の力, も強く

▼ 遠く黒く~ (4, 0.0%)

2 ひろがった野原 1 ひろが, 見えまする

▼ 遠くあなた~ (3, 0.0%)

1 に搬, に湧く如く, の沓音

▼ 遠くうかがっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てつまらない

▼ 遠くうしろ~ (3, 0.0%)

1 になつて, に捨て, に退きとっ

▼ 遠くかけ離れ~ (3, 0.0%)

2 て温泉 1 てゐない

▼ 遠くからに~ (3, 0.0%)

2 ほひはじめた 1 こと笑った

▼ 遠くここ~ (3, 0.0%)

1 に来っ, に薫る, まで空中輸送

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 うある, やらねえで森山, 行って

▼ 遠くそして~ (3, 0.0%)

1 その得よう, 待ちくたびれて, 時々自動車

▼ 遠くつづい~ (3, 0.0%)

1 て, ていました, てゐる

▼ 遠くなかつた~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ので彼ら, やうである

▼ 遠くにばかり~ (3, 0.0%)

1 灯させたの, 聽えて, 道が

▼ 遠くへだたっ~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, ているかれ

▼ 遠くぼやけ~ (3, 0.0%)

1 そのぼやけた, ていった, て聴

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 でも望む, の間, を越え

▼ 遠く伝わっ~ (3, 0.0%)

2 てくる 1 て来た

▼ 遠く低く~ (3, 0.0%)

1 丹波連峰の, 平地へ, 松など

▼ 遠く住む~ (3, 0.0%)

1 とも老, 子等にも, 者の

▼ 遠く使い~ (3, 0.0%)

2 を派し 1 して

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

3 にゆすられ

▼ 遠く其の~ (3, 0.0%)

1 光が, 寂しい状, 系統を

▼ 遠く北の方~ (3, 0.0%)

1 に樽前山, の村落, の海

▼ 遠く北方~ (3, 0.0%)

1 に走っ, の雪, へ聳え立つ

▼ 遠く北海道~ (3, 0.0%)

1 から樺太, にまで船, の方

▼ 遠く千住~ (3, 0.0%)

2 の方 1 なり亀井戸

▼ 遠く南方~ (3, 0.0%)

1 に陸地, の天, の山中

▼ 遠く南海~ (3, 0.0%)

1 から渡った, の底, の浜

▼ 遠く去れ~ (3, 0.0%)

2 ばまた 1 ば利根

▼ 遠く及ばぬ~ (3, 0.0%)

1 力を, 所で, 気魄が

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

2 はさみし 1 がすみ

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 に向っ, の事, へ出

▼ 遠く大きな~ (3, 0.0%)

1 スケールで, 声を, 聲を

▼ 遠く大和国中~ (3, 0.0%)

3 の何処

▼ 遠く姿~ (3, 0.0%)

1 ははっきり, をあらはせる, を現

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 をはなれた, を離れた, を離れてる

▼ 遠く寄せ~ (3, 0.0%)

1 て来, て来る, て碧香新た

▼ 遠く小石川~ (3, 0.0%)

1 の高台, や雑司ヶ谷あたり, を見晴

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 けている, けてくる, けて收

▼ 遠く山間~ (3, 0.0%)

1 に流れ去る, に発し, に蔭

▼ 遠く川上~ (3, 0.0%)

1 の北側, の平, の方

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

2 の方 1 のほう

▼ 遠く市街~ (3, 0.0%)

3 を離れた

▼ 遠く帰っ~ (3, 0.0%)

2 て行く 1 て来た

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 のほう, の彼方, の緑

▼ 遠く彼女~ (3, 0.0%)

2 の居間 1 が伯母

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 のあや, の一隅, また遠

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 にとらはる, を水西荘, を馳せ

▼ 遠く想像~ (3, 0.0%)

1 させるやう, して, の外

▼ 遠く感じる~ (3, 0.0%)

2 ものである 1 思いが

▼ 遠く或は~ (3, 0.0%)

1 近くピューンピューンと, 近く傍らの, 近く大なる

▼ 遠く戦地~ (3, 0.0%)

1 から離れた, へ出征, を

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 嘉坡や, 羅にわたって, 羅三郎義光より

▼ 遠く旅行~ (3, 0.0%)

2 して 1 するの

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 には珍, の陽炎, をもとめ

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 の光, はいよいよ, を指さし

▼ 遠く望まれる~ (3, 0.0%)

1 がそういう, ような, 恵那山の

▼ 遠く望んだ~ (3, 0.0%)

1 だけで, ときに, 人たちの

▼ 遠く来し~ (3, 0.0%)

2 旅にも 1 西洋人も

▼ 遠く東国~ (3, 0.0%)

1 から離れ, に出陣, の常陸

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 のうしろ, の間, や丘

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 から眺める, はつて, わって

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

2 のはな 1 の土手

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 に行く, の歌, を望み見

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 の中程, の端根津方面, を越し

▼ 遠く琥珀~ (3, 0.0%)

3 のいろ

▼ 遠く眺めた~ (3, 0.0%)

1 だけでも文吾, 二つの, 蘆の

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 の思想的エネルギー, の耳, の魂

▼ 遠く秩父~ (3, 0.0%)

1 の山々, の渓間, の群山

▼ 遠く筑波~ (3, 0.0%)

1 の方, の煙, を望むべく

▼ 遠く細く~ (3, 0.0%)

1 なつて, 消えて, 走って

▼ 遠く続いた輝く~ (3, 0.0%)

3 大佩帯

▼ 遠く続く~ (3, 0.0%)

1 ぞ, というまばら, 花の

▼ 遠く聞い~ (3, 0.0%)

1 てふるえ, て思はず起上る, て要

▼ 遠く脚下~ (3, 0.0%)

1 に征服, に横眼, に見

▼ 遠く花見~ (3, 0.0%)

2 の憂鬱 1 のさわぎ

▼ 遠く英国~ (3, 0.0%)

1 からたずね, に居る, の山々

▼ 遠く行き~ (3, 0.0%)

1 なお高く, 疲る, 経は

▼ 遠く行こう~ (3, 0.0%)

2 とする 1 とさえ思え

▼ 遠く街道~ (3, 0.0%)

1 から指された, の上, の向う

▼ 遠く見れ~ (3, 0.0%)

1 ども近く, ば水戸様, ば浅間

▼ 遠く谷底~ (3, 0.0%)

2 の方 1 を流れ

▼ 遠く越後~ (3, 0.0%)

1 の方, の春日山, までも行った

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 聞えた, 行かなければ, 行ったの

▼ 遠く退き~ (3, 0.0%)

1 人々の, 搏戦を, 鐘が

▼ 遠く退け~ (3, 0.0%)

1 てしまった, て室外, て近侍

▼ 遠く退っ~ (3, 0.0%)

1 てあらためて, てもなお, て平伏した

▼ 遠く逃げ~ (3, 0.0%)

1 てしまいました, てしまった, てしまわれたら

▼ 遠く逃げた~ (3, 0.0%)

1 ところで, のである, まひき

▼ 遠く逃げよう~ (3, 0.0%)

2 とし 1 はない

▼ 遠く連山~ (3, 0.0%)

1 につながる, の向, の起伏

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

1 がれた, た, れけり

▼ 遠く過ぎ去った~ (3, 0.0%)

1 小学校時代を, 旧い愛, 時代な

▼ 遠く過去~ (3, 0.0%)

1 になった, に溯る, に遡つ

▼ 遠く都会~ (3, 0.0%)

1 のかなた, の眼覚, へ修業

▼ 遠く長く~ (3, 0.0%)

1 彼方の, 続いて, 走りて

▼ 遠く~ (3, 0.0%)

2 を退い 1 を張れる

▼ 遠く隔たっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てゆく

▼ 遠く隔離~ (3, 0.0%)

1 されさ, された孤島, されて

▼ 遠く離れない~ (3, 0.0%)

1 ところに, と同様, ように

▼ 遠く霞んだ~ (3, 0.0%)

1 ように, 中空に, 薄紫の

▼ 遠く飛ぶ~ (3, 0.0%)

1 ためには, まで畷, 其距離ほどに

▼ 遠くあちら~ (2, 0.0%)

1 できこえました, となっ

▼ 遠くあっ~ (2, 0.0%)

1 てはならない, て実際

▼ 遠くあの~ (2, 0.0%)

1 ヨーロッパから, 鎧櫃を

▼ 遠くあら~ (2, 0.0%)

2 はに落葉

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 遠くい行きたい, 遠くい飛んだ

▼ 遠くいたる~ (2, 0.0%)

1 ところは, 時は

▼ 遠くおかれ~ (2, 0.0%)

1 ている, て過され

▼ 遠くおよばない~ (2, 0.0%)

1 そうである, ものが

▼ 遠くかくれ~ (2, 0.0%)

1 がを求め, てしまった

▼ 遠くかすむ~ (2, 0.0%)

1 のは, 湾

▼ 遠くかの~ (2, 0.0%)

1 地より, 壮佼を

▼ 遠くからい~ (2, 0.0%)

2 らした方

▼ 遠くからといふ~ (2, 0.0%)

1 やうに, 風に

▼ 遠くきく~ (2, 0.0%)

1 太鼓は, 電車の

▼ 遠くこちら~ (2, 0.0%)

1 の一行, を窺っ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 ーっと, 辺の

▼ 遠くさかのぼれ~ (2, 0.0%)

1 ば昔慧, ば長い

▼ 遠くさらに~ (2, 0.0%)

1 尚無限, 遠く引きもがれゆく

▼ 遠くさんざめく~ (2, 0.0%)

2 物声にも

▼ 遠くじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, 話が

▼ 遠くただ~ (2, 0.0%)

1 年幾らの, 暗い処

▼ 遠くだった~ (2, 0.0%)

1 からなんにも, がとつぜん

▼ 遠くでございます~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ 遠くでした~ (2, 0.0%)

1 のだ, ようにも

▼ 遠くながら~ (2, 0.0%)

1 聞えて, 鳴って

▼ 遠くなったらしい~ (2, 0.0%)

2 様子で

▼ 遠くなら~ (2, 0.0%)

1 んでゐる, んばかりに

▼ 遠くなりゆく~ (2, 0.0%)

1 ま, 声の

▼ 遠くにおいて~ (2, 0.0%)

1 今まで, 感じてさえ

▼ 遠くにしか~ (2, 0.0%)

1 見えませんが, 見られなかったが

▼ 遠くにでも~ (2, 0.0%)

1 居ること, 見つけたら最後

▼ 遠くのもや~ (2, 0.0%)

1 のも, の中

▼ 遠くはぐれ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 遠くはなし~ (2, 0.0%)

1 て木, て漢文

▼ 遠くはるばる~ (2, 0.0%)

1 とハラワタ, と霞んだ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 夜の, 鼻で

▼ 遠くひかえ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 遠くひびい~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 遠くひらい~ (2, 0.0%)

2

▼ 遠くひらけ~ (2, 0.0%)

1 てゐ, て際

▼ 遠くひろく~ (2, 0.0%)

1 三韓の, 際限の

▼ 遠くひろびろ~ (2, 0.0%)

1 としてまた, と笑

▼ 遠くへだたる~ (2, 0.0%)

2 ほど美しい

▼ 遠くぼろ~ (2, 0.0%)

2 をつくねた

▼ 遠くぼんやり~ (2, 0.0%)

1 としてる, と霞ん

▼ 遠くまでが~ (2, 0.0%)

1 見えて, 見渡される

▼ 遠くまでの~ (2, 0.0%)

1 展望は, 防衛線が

▼ 遠くもう~ (2, 0.0%)

1 歩いても, 頼むべき人

▼ 遠くゆく~ (2, 0.0%)

1 船が, 船の

▼ 遠くよりしも~ (2, 0.0%)

1 光を, 疾行す

▼ 遠くよりより~ (2, 0.0%)

2 来る船

▼ 遠くわが~ (2, 0.0%)

1 帽子の, 目の

▼ 遠くをばかり~ (2, 0.0%)

1 眺めて, 見つめて

▼ 遠くアメリカ~ (2, 0.0%)

1 で笑つて, に渡り

▼ 遠くイリオン~ (2, 0.0%)

1 に伴, の

▼ 遠くインド~ (2, 0.0%)

1 や極東, をはじめ

▼ 遠くエッフェル塔~ (2, 0.0%)

1 が見え, をたて

▼ 遠くシベリヤ~ (2, 0.0%)

1 のイルクーツク, 満洲方面

▼ 遠くヒロ~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ 遠くフランス画壇~ (2, 0.0%)

2 の意向

▼ 遠くベルリン~ (2, 0.0%)

1 でサモア, やローマ

▼ 遠くヤソ教~ (2, 0.0%)

1 に勝れり, の上

▼ 遠くロンドン~ (2, 0.0%)

1 から飛び去る, でも正月中

▼ 遠くン処~ (2, 0.0%)

2 で聞い

▼ 遠く万里~ (2, 0.0%)

1 の孤客, を隔てた

▼ 遠く上流~ (2, 0.0%)

2 へ溯

▼ 遠く下町~ (2, 0.0%)

1 から杖, の方

▼ 遠く下総国~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 遠く且つ~ (2, 0.0%)

1 気の, 難し

▼ 遠く且遙~ (2, 0.0%)

1 な闇, に響く

▼ 遠く世界~ (2, 0.0%)

1 の涯, の端々

▼ 遠く主人~ (2, 0.0%)

1 の室, の背なか

▼ 遠く二人~ (2, 0.0%)

1 は抱き合い, を隔て

▼ 遠く亡靈~ (2, 0.0%)

2 のゐる

▼ 遠く京都~ (2, 0.0%)

1 は静か, まで三度

▼ 遠く人煙~ (2, 0.0%)

2 を離れた

▼ 遠く人里~ (2, 0.0%)

1 から離れ, をはなれた

▼ 遠く他国~ (2, 0.0%)

1 の深山, へ行く

▼ 遠く仰ぐべき~ (2, 0.0%)

2 ものであろう

▼ 遠く伊藤井上~ (2, 0.0%)

2 の二者

▼ 遠く何処~ (2, 0.0%)

1 ともなく, へか立去った

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 た, てゐれ

▼ 遠く信長~ (2, 0.0%)

1 の失敗, は地の利

▼ 遠く光つて~ (2, 0.0%)

2 ゐる

▼ 遠く光る~ (2, 0.0%)

1 星も, 王滝川を

▼ 遠く兵馬~ (2, 0.0%)

1 のいななき, のさし

▼ 遠く其期~ (2, 0.0%)

2 する所

▼ 遠く出かけ~ (2, 0.0%)

1 てしかも, て行っ

▼ 遠く別れた~ (2, 0.0%)

1 同性の, 悲しさ

▼ 遠く前途~ (2, 0.0%)

1 を示す, を見つ

▼ 遠く加賀~ (2, 0.0%)

1 の白山, の白山山脈

▼ 遠く動い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て行

▼ 遠く北鮮~ (2, 0.0%)

1 からの小舟, の高句麗

▼ 遠く十年以前~ (2, 0.0%)

2 全く細微

▼ 遠く南亜弗利加~ (2, 0.0%)

1 の果, まで送る

▼ 遠く原因~ (2, 0.0%)

2 に溯上る

▼ 遠く去った~ (2, 0.0%)

1 けれども隧道, 芸術論は

▼ 遠く去つた~ (2, 0.0%)

1 あとの, 木山に

▼ 遠く及ばず~ (2, 0.0%)

1 同じ蕪村, 自分は

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 えに, の希臘羅馬

▼ 遠く古い~ (2, 0.0%)

1 一人の, 石塔の

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 がいまさば有, をしぬ

▼ 遠く吹き飛ばされ~ (2, 0.0%)

1 そうに, てしまいました

▼ 遠く喜望峰~ (2, 0.0%)

1 を経由, を迂

▼ 遠く四方~ (2, 0.0%)

1 は漫漫, を照せり

▼ 遠く囲繞~ (2, 0.0%)

1 して, し茅葺小屋

▼ 遠く土庄町~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 遠く地中海~ (2, 0.0%)

1 にまで出動, のあたたか

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 わるに, を占めた

▼ 遠く夕日~ (2, 0.0%)

1 が沈ん, の西

▼ 遠く外れ~ (2, 0.0%)

1 て惻々, て雨

▼ 遠く外国~ (2, 0.0%)

1 にい, に渡りたる

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 の街, は更け

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 のやう, を隔てた

▼ 遠く大和~ (2, 0.0%)

1 の方, まで求め

▼ 遠く大和國中~ (2, 0.0%)

2 の何處

▼ 遠く大洋~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を越え

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 に接す, に連なつ

▼ 遠く天下~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の大

▼ 遠く天涯~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の旅

▼ 遠く太宰府~ (2, 0.0%)

1 に赴任, の背後

▼ 遠く失われ~ (2, 0.0%)

1 ている, 一方に

▼ 遠く奥上州~ (2, 0.0%)

1 の白根あたり, の群山

▼ 遠く奥州~ (2, 0.0%)

1 の北上川流域, の雪

▼ 遠く奥州路~ (2, 0.0%)

1 から無事, へと伸ばした

▼ 遠く嫁い~ (2, 0.0%)

1 て来た, で母

▼ 遠く富士山~ (2, 0.0%)

1 の姿, を望み得た

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 くなり, 工場の

▼ 遠く小川流~ (2, 0.0%)

2 るる谷間

▼ 遠く展望~ (2, 0.0%)

1 したに, をひらいた

▼ 遠く山々~ (2, 0.0%)

1 の頂, を望んだ

▼ 遠く山中~ (2, 0.0%)

1 にある, に分け入る

▼ 遠く山陰~ (2, 0.0%)

1 に入り, の沿海

▼ 遠く岩手姫神南昌~ (2, 0.0%)

2 早池峰

▼ 遠く左手~ (2, 0.0%)

1 のほう, の狭い

▼ 遠く巨巌~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 遠く巴里~ (2, 0.0%)

1 の下宿, までも追って

▼ 遠く市中~ (2, 0.0%)

1 の灯火, を離れた

▼ 遠く平伏した~ (2, 0.0%)

1 きりだった, まま恐懼し

▼ 遠く平野~ (2, 0.0%)

1 が目, のうち

▼ 遠く幾山河~ (2, 0.0%)

2 を越え

▼ 遠く広がった~ (2, 0.0%)

1 すそ野に, 稀薄な

▼ 遠く廊下~ (2, 0.0%)

1 に操る, に響く

▼ 遠く建国~ (2, 0.0%)

1 のむかし, の創業

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 を巧み, を振っ

▼ 遠く御幣~ (2, 0.0%)

1 ははるか, は遙

▼ 遠く御身~ (2, 0.0%)

2 の御座

▼ 遠く思いやる~ (2, 0.0%)

1 か夕星, ような

▼ 遠く思え~ (2, 0.0%)

1 ば人類, 欧洲は

▼ 遠く思われ~ (2, 0.0%)

1 て世界, 考えも

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 はれたが, ひを

▼ 遠く感じ~ (2, 0.0%)

2 ながらこの

▼ 遠く感ずる~ (2, 0.0%)

1 のである, 習性は

▼ 遠く成った~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 遠く成つて~ (2, 0.0%)

1 居たが, 来たから

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ 遠く押し流され~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ 遠く持ち運ぶ~ (2, 0.0%)

1 などという技術, などといふ技術

▼ 遠く支那~ (2, 0.0%)

1 からも遠く, に勝る

▼ 遠く放れ~ (2, 0.0%)

1 ていよう, て曠野

▼ 遠く故国~ (2, 0.0%)

1 に自分, を離れ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 つて行つたのだ, 亂せしめる

▼ 遠く散っ~ (2, 0.0%)

1 てい, てしまった

▼ 遠く散在~ (2, 0.0%)

1 して, する粟畑玉蜀黍畑

▼ 遠く新しい~ (2, 0.0%)

1 武器なども, 浜辺を

▼ 遠く旅立っ~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てしまおう

▼ 遠く旅立つ~ (2, 0.0%)

1 て行つた父親, 時ステーションに

▼ 遠く明るい~ (2, 0.0%)

1 廓の, 見晴らしを

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 は郊外, へ返つ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 には必ず, を望め

▼ 遠く暮色~ (2, 0.0%)

1 に包まれ, に雑

▼ 遠く望みし~ (2, 0.0%)

2 馬上の

▼ 遠く望見~ (2, 0.0%)

1 される, して

▼ 遠く未来~ (2, 0.0%)

1 に淋しい, に飛躍

▼ 遠く本堂~ (2, 0.0%)

1 のほう, の方

▼ 遠く本宿~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ 遠く来り~ (2, 0.0%)

1 てあはれあはれ鴛鴦, て賽

▼ 遠く来過ぎた~ (2, 0.0%)

2 事が

▼ 遠く東北~ (2, 0.0%)

1 の端, や山陰

▼ 遠く東洋~ (2, 0.0%)

1 のカルチェエ・ラタン, の空

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 の幹

▼ 遠く極東~ (2, 0.0%)

1 の地, へとこころざし

▼ 遠く此郷~ (2, 0.0%)

1 にアカイア軍, に空しく

▼ 遠く武蔵野~ (2, 0.0%)

1 につ, の平野

▼ 遠く歩み出し~ (2, 0.0%)

1 て来, て行った

▼ 遠く歴史~ (2, 0.0%)

1 の彼方, の過去

▼ 遠く母屋~ (2, 0.0%)

1 の一部, の騷ぎ

▼ 遠く水田~ (2, 0.0%)

1 が連, の中

▼ 遠く江戸時代~ (2, 0.0%)

1 から時世諷刺, の俳人蕪村

▼ 遠く沈んだ~ (2, 0.0%)

1 のである, 緑色の

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 の上, の中

▼ 遠く河下~ (2, 0.0%)

1 の方, へ消え

▼ 遠く河北~ (2, 0.0%)

1 の地, まで玄徳

▼ 遠く波濤~ (2, 0.0%)

1 とたたかっ, にけむる

▼ 遠く流され~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て朱崖

▼ 遠く流浪~ (2, 0.0%)

1 する人, の旅

▼ 遠く浅間~ (2, 0.0%)

1 の全容, の麓

▼ 遠く海岸~ (2, 0.0%)

1 に沿っ, の上

▼ 遠く消え去った~ (2, 0.0%)

1 その方角, 文覚の

▼ 遠く消え失せ~ (2, 0.0%)

1 ている, 残つた

▼ 遠く渡つ~ (2, 0.0%)

1 てくる, てゆく

▼ 遠く港外~ (2, 0.0%)

1 にゐた, に漂つて

▼ 遠く湧きくる~ (2, 0.0%)

2 海の

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 洲の

▼ 遠く満州~ (2, 0.0%)

2 の果て

▼ 遠く満州事変~ (2, 0.0%)

2 や上海事変

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 ふごとくなるや, へるを

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 つけて, の散った

▼ 遠く無い~ (2, 0.0%)

1 あちこち樹立ちの, が

▼ 遠く無限~ (2, 0.0%)

1 に遐, に高く

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 のよう, を吐い

▼ 遠く牧場~ (2, 0.0%)

1 の中, の方

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 ごゑ, をみる

▼ 遠く生れ故郷~ (2, 0.0%)

2 から消え去っ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 に出, の夕

▼ 遠く白根~ (2, 0.0%)

1 の山, の山ふところ

▼ 遠く白砂~ (2, 0.0%)

1 が続い, の海岸

▼ 遠く真白~ (2, 0.0%)

1 な中, な煙

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 のどよみ, の方

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 の日, はあるなり

▼ 遠く筑紫~ (2, 0.0%)

1 の果, へ落ちのび

▼ 遠く続いた~ (2, 0.0%)

1 のは, 石炭の

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 り緑樹宇, る富士

▼ 遠く美濃~ (2, 0.0%)

1 の國, の平野

▼ 遠く義雄~ (2, 0.0%)

1 の妻, の視線

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 ゆるが, ゆるけれど

▼ 遠く聞く~ (2, 0.0%)

1 たび秀吉方の, 時は

▼ 遠く聞こえた~ (2, 0.0%)

1 ものらしい, 時は

▼ 遠く自動車~ (2, 0.0%)

1 で送っ, も滅多

▼ 遠く舞台~ (2, 0.0%)

1 の彼女, を目がけ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 に及ばない, の上

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 を分け, 霞みの

▼ 遠く薄く~ (2, 0.0%)

2 射すよう

▼ 遠く藤原氏~ (2, 0.0%)

1 の凋落期, の時代

▼ 遠く行く手~ (2, 0.0%)

1 に当, の古河

▼ 遠く行つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, 居た

▼ 遠く裾野~ (2, 0.0%)

1 には稻田, を引き

▼ 遠く西域~ (2, 0.0%)

1 に在り, 諸國

▼ 遠く西日~ (2, 0.0%)

1 のさす, の中

▼ 遠く西洋~ (2, 0.0%)

1 に及ばぬ, に遊んだ

▼ 遠く見あげる~ (2, 0.0%)

2 とその

▼ 遠く見た~ (2, 0.0%)

1 ものの一人, 姿には

▼ 遠く見送~ (2, 0.0%)

2 つてゐた

▼ 遠く見送る~ (2, 0.0%)

1 かのよう, やうに

▼ 遠く視め~ (2, 0.0%)

1 られました城, られる

▼ 遠く視野~ (2, 0.0%)

1 をかすめた, を連

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 を隔て, 深ければ

▼ 遠く走らん~ (2, 0.0%)

1 とす, とする

▼ 遠く越前~ (2, 0.0%)

1 にあっ, をさえ一気に

▼ 遠く足もと~ (2, 0.0%)

1 へも及ばん, へ及ばない

▼ 遠く距つて~ (2, 0.0%)

1 ゐそこ, 緩傾斜

▼ 遠く距離~ (2, 0.0%)

1 を放し, を置い

▼ 遠く輝い~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ 遠く辺陬~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 遠く近く一むら~ (2, 0.0%)

2 の樹立

▼ 遠く近く瓏銀~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 遠く退却~ (2, 0.0%)

1 いたしたよう, して

▼ 遠く逃げ出し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 遠く逃げ延び~ (2, 0.0%)

1 て隠れれ, もしまい

▼ 遠く連れ~ (2, 0.0%)

1 てまたたく, て行く

▼ 遠く逸し~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまった

▼ 遠く遊ばず~ (2, 0.0%)

1 という観念, といっ

▼ 遠く遠く御身~ (2, 0.0%)

2 の御座

▼ 遠く遡る~ (2, 0.0%)

1 ことは, 必要は

▼ 遠く遼東~ (2, 0.0%)

1 にあり, に向かわん

▼ 遠く郊外~ (2, 0.0%)

1 に馳せ, の方

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 を汲み

▼ 遠く釈迦~ (2, 0.0%)

1 が悟り, や基督

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 をはなれた, を離れ

▼ 遠く野外~ (2, 0.0%)

1 にまで聞えた, に出

▼ 遠く鈴川~ (2, 0.0%)

2 の屋敷

▼ 遠く鍬すゝぐ水~ (2, 0.0%)

2 のうねり

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 の音, 鳴りて

▼ 遠く開けた~ (2, 0.0%)

1 両岸, 田甫へ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 をおい, を隔て

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 遠く隔つて~ (2, 0.0%)

2 ゐる部分

▼ 遠く隔り~ (2, 0.0%)

1 たらば, て梢

▼ 遠く障子~ (2, 0.0%)

1 に映る, の桟

▼ 遠く隠れ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, 対岸の

▼ 遠く離れたる~ (2, 0.0%)

1 ところに, 彼の

▼ 遠く離れよう~ (2, 0.0%)

1 とし, とはしなかった

▼ 遠く雲井~ (2, 0.0%)

1 に鳴交わし, の空

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 するけは, の音

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 の下, の中

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 遠く青い~ (2, 0.0%)

1 山が, 麥の

▼ 遠く青く~ (2, 0.0%)

1 ひろがって, 光った

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 に眺め渡す, に聞えた

▼ 遠く響き~ (2, 0.0%)

1 て月, 渡るの

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 のすみ, の白い

▼ 遠く頼みける~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 遠く飛び去った~ (2, 0.0%)

1 のであります, 時の

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 す, するところ

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 のわたりゆく, 渡る山山

▼ 遠く鳴る~ (2, 0.0%)

1 を聞く如く, 木枯の

▼ 遠く~ (2, 0.0%)

1 が鳴いた, の声

▼ 遠く黒板~ (2, 0.0%)

2 に呼吸

▼1* [1986件]

遠くかねさして, 遠くあおぎ見れば悠久, 遠くあった勤労階級や, 遠くあてもなく, 遠くあてなくながめていられました, 遠くあでやかなる人, 遠くあまりに陰鬱でしめり, 遠くあらゆるものから, 遠くありませんからガラ, 遠くあるいて来ました, 遠くいう奴は, 遠くいくつとなく, 遠くいけばお母さん, 遠くいずこへと, 遠くいってしまいました, 遠くいつまでもいつ, 遠くいでてこし, 遠くいなかへ出れ, 遠くいぶかしく思われて, 遠くいまやかえってかれ自身, 遠くいよいよ遠く故郷, 遠くいわば一軒家と, 遠くい行くのを, 遠くい飛んだ鴎よ, 遠くうすれて行く, 遠くうす黒き烟の, 遠くうなって来る, 遠くうねうねと流れ, 遠くうねり尖らして, 遠くおいであるなど, 遠くおきざりを食, 遠くおくれ道に, 遠くおなりになりました, 遠くおのれを去った, 遠くおばあさんの立姿, 遠くおぼろげになっ, 遠くおやぢの, 遠くおよばぬ抱負經綸を, 遠くおるに過ぎません, 遠くお伽噺の人物, 遠くお力が植甚, 遠くお勝手のお, 遠くお迎えすること, 遠く近くか, 遠くかきさらわれて行く, 遠くかけ隔つてゐる, 遠くかけはなれている, 遠くかけはなれた若い女, 遠くかけはなれるもので, 遠くかけ放れた不純な, 遠くかけ離れた異種民族の, 遠くかげなき麓を, 遠くかさなり合つてうす, 遠くかすみ渡っている, 遠くかすめて響かせる, 遠くかすんだ山々です, 遠くかたまって光る, 遠くかへつてくる, 遠くかみ手の, 遠くからか或は近く, 遠くからかう呼ぶのが, 遠くからけぶつて, 遠くからさえこの夜, 遠くからだけでは, 遠くからと云ふ, 遠くからというように, 遠くからまで買いに, 遠くからみたらさだめしうらやましい, 遠くかれを導く, 遠くかをる床しさ, 遠くきこえたのを, 遠くきた旅を, 遠くぎらぎら輝いて, 遠くくだりて晝, 遠くくんできた, 遠くけたたましい車輪の, 遠くこえた源氏の, 遠くここらの小山小山, 遠くこし方の, 遠くこだまして, 遠くこちら側にもありあり, 遠くこっちの後ろ, 遠くこなたの渚, 遠くころがし, 遠くこんな所までも, 遠くごく遠く波, 遠くさかのぼりて道具, 遠くさきへいっ, 遠くさし出して塀, 遠くさすらって他, 遠くさせて, 遠くさせるやうな, 遠くさびしい悲しい野山の, 遠くさびしき国に, 遠くざわりざわりとしぶくような響きをつたえ, 遠くしあれど桐, 遠くしずかにわたし, 遠くしだいに濃かに, 遠くしづかに蝉, 遠くしようとし, 遠くしりぞけられて居る, 遠くじゃあばッたんば, 遠くすべっておののき, 遠くするね, 遠くすればその, 遠くすわっていた, 遠くすんだ御料林に, 遠くすゝみゆき弩と, 遠くずつと手を, 遠くせがれに先立たれた, 遠くせしに引きかえ, 遠くせまい威力の, 遠くそこにある, 遠くそっちの方, 遠くその間を流れる, 遠くそびえるあの大, 遠くやすく伝わり, 遠くたしかにきこえた, 遠くたたかって伝令, 遠くただよい去りつつあった, 遠くたつて行かう, 遠くたまたまあっても, 遠くたゆたふに, 遠くたよりなくて, 遠くだけを見るよう, 遠くちいさく日を, 遠くちらちらとある紅, 遠くちらつくと稀, 遠くついて彼, 遠くつたわってき, 遠くつつみ去ッた, 遠くつづいた堤の, 遠くつづき農地は, 遠くつづくわが家の, 遠くつづける高塀, 遠くつてもお金, 遠くつながり伸びて, 遠くつらなり望めども茫々, 遠くであっても洩らす, 遠くでありますから, 遠くでからまつの, 遠くできこへ, 遠くですからな, 遠くででも自分の, 遠くでどどど, 遠くでない去迚近くでも, 遠くというあたりいじらしい, 遠くとおく流れて, 遠くとてもその一端, 遠くとどかない永遠の, 遠くとは云え此の世, 遠くとばして大地, 遠くとびさってしまった, 遠くとびまわらないということ, 遠くとんでいく, 遠くどうどうと鳴っ, 遠くどちらかと言, 遠くないだらうな, 遠くなかろうと思っ, 遠くながめる時に, 遠くなく仰ぐことが, 遠くなければ歩い, 遠くなさるのじゃ, 遠くなだらかな丘, 遠くなっちまうでしょうよ, 遠くなっちまったんです, 遠くなっちゃった位な, 遠くなってたことだろう, 遠くなってることぞ, 遠くなつたこほろぎを外にかつぎ出し, 遠くなびいていた, 遠くなまめきて, 遠くならないように, 遠くなりつ前後も, 遠くなりはじめたのか, 遠くなりほめことばを, 遠くなりまして宝石, 遠くなり恐しくなり出し, 遠くなり生れて初めてよたよた, 遠くなり聞えなくなる迄足踏み, 遠くなり行く師の, 遠くなるけれ共若君は, 遠くなるだろうと思われる, 遠くなるひずめの音, 遠くなるほどなお高く, 遠くなるほどお姉さんの, 遠くなるほど無關心である, 遠くなる思ひがする, 遠くなれるをそしる, 遠くにか近くにか, 遠くにて再び夕やけ, 遠くにとは言っても, 遠くになつて居た, 遠くによけさせる恐ろしい長い, 遠くにわたって水寨を, 遠くねしづまつて, 遠くねずみ色に低い, 遠くのぞみ北は, 遠くのぞむのも, 遠くはかへつて, 遠くはずれた街, 遠くはせて木ノ芽峠, 遠くはたき落して, 遠くはてしない道, 遠くはねえと思ふよ, 遠くばかり見て, 遠くばら色の未明, 遠くひいていた, 遠くひえびえとした, 遠くひき離すためにも, 遠くひざまずいて, 遠くひっぱればひっぱる, 遠くひとり歩いたの, 遠くひと世へだてて, 遠くひびくように, 遠くひろがっている, 遠くひろがる道路, 遠くびゅーんと音, 遠くふかみどりの空, 遠くふり返ると, 遠くへいらしたのでわたしたち, 遠くへきらと光り, 遠くへさえ行かなければ, 遠くへだたった九州の, 遠くへな私を, 遠くへなどおまえを, 遠くへなどはこの夜, 遠くへの旅行は, 遠くへまでも歩かなくては, 遠くべしと謂, 遠くと, 遠くほえるようない, 遠くほとんど消え消えに, 遠くほのかに, 遠くほのぼのし馬酔木, 遠くぼやけた空の, 遠くッつりと, 遠くまことに不思議な, 遠くまして黄昏時な, 遠くましますが故に, 遠くまでを問題に, 遠くまわったり雨, 遠くみえたので持場, 遠くみえる城の, 遠くみるあられ松原人麥を, 遠くむこうの濁った, 遠くむすばれていた, 遠くむせぶ水の, 遠くもうろくのせい, 遠くもしまた神, 遠くもちろん玄関や, 遠くもはやハンガリヤに, 遠く近くの, 遠くやがて白むであろう東, 遠くやってきた孤独な, 遠くやって来たことを, 遠くやって来る旅人を, 遠くやみの中, 遠くややありて, 遠くゆかざるさきに, 遠くゆきかひ, 遠くよばひき, 遠くたりけりセイロン, 遠くわかれてい, 遠くわけへだつ, 遠くわけて土民は, 遠くわたるもので, 遠くわだかまり伸び上り, 遠くわれ後を顧みれ, 遠くアツシリアの昔, 遠くアナポリスから極東, 遠くアリアン族の移住, 遠くアルゴスの民, 遠くアンジアンの方面, 遠くイギリスと日英同盟, 遠くエストゥレルの群峰, 遠くエストゥレル山塊の気まぐれ, 遠くエヂプト文明の啓蒙期, 遠くエッチの谷, 遠くオランダの海, 遠くカナダやハワイ, 遠くカプリ島の優雅, 遠くキュウシュウ方面と交通, 遠くケージから離れ, 遠くサクレ・カアルの高, 遠くサラミスの海, 遠くザバイガル州と呼倫湖, 遠くシナの天台山, 遠くシューマンを悼み, 遠くシヨウペンハウエルに迄影響, 遠くシンシンとして私, 遠くジャムスに女, 遠くセイヌ河の対岸, 遠くチチハル満洲里, 遠くチロール山中に撃退, 遠くツグミの群, 遠くテスピスの車, 遠くテラにも, 遠くドイツイタリアと軍事同盟, 遠くノルムに及ばぬ, 遠くバビロンやアッシリヤ, 遠くパラグアイまで幸福, 遠くパリの街, 遠くパースペクチブになつて, 遠くヒマラヤの雪巓, 遠くフィジートンガ諸島あたり迄喧伝, 遠くフィリッピンあたりまで行くらしい, 遠くフュラケーの郷, 遠くフランス国境まで見渡せる, 遠くヘツは海邊, 遠くヘラクレイトスにまで溯る, 遠くヘルモン山の片影, 遠くベアトリーチェマルゲリータの上, 遠くペテルブルグにあっ, 遠くペリリュウ島に至る, 遠くペルシア方面まで發揚, 遠くペルシア灣より嶺南, 遠くペルシャやアルメニヤ, 遠くペンテリコスの山, 遠くホーン岬を迂回, 遠くボカされて, 遠くボヘミヤンのやう, 遠くポッツリと浮ん, 遠くムク犬の雄姿, 遠くメーンマストの上, 遠くモルツカの, 遠くモンマルトルの頂上, 遠くモン・マルトルの方面, 遠くヨーロッパのドイツ, 遠くラヂオがうたひだ, 遠くルネサンスにまで辿る, 遠くルネサンス期に於ける, 遠くレームノス聖なる郷, 遠くロスアンゼルスに在り, 遠くロダンの出現, 遠くローマンスの戦国時代, 遠くローンの渓谷, 遠く一すじ青し, 遠く一つにうす, 遠く一ノ谷の断崖, 遠く一七五七年まで遡り, 遠く一二点かいつぶりの姿, 遠く一人小山の裾, 遠く一団の砂煙, 遠く一塊の白い, 遠く一望するも, 遠く一様に眸, 遠く一点の火光, 遠く一直線にのび, 遠く一碧の水天, 遠く一礼して, 遠く一筋に鈍く, 遠く一艘の学校, 遠く一葉しに, 遠く一軒の茶店, 遠く一里も二里, 遠く一里下の人里, 遠く一間ばかり飛びのいた, 遠く一面に拡がっ, 遠く七つの村, 遠く万葉の昔, 遠く三保羅に遊歴, 遠く三十里の平原, 遠く三四の凧, 遠く三四人の人, 遠く三四郎と真向かい, 遠く三国時代に訳された, 遠く三方に分れ, 遠く三春の山, 遠く三池の石炭, 遠く三浦三崎の灯台, 遠く三浦半島の山々, 遠く三組町の路地裏, 遠く三角に時々, 遠く三里もありまし, 遠くは北京人類, 遠く上りてまた, 遠く上るをうるべけれ, 遠く上州の蒼, 遠く上州境の山, 遠く上方に離れゐたる, 遠く上杉謙信と或, 遠く上海にいる, 遠く上総の洲崎, 遠く上野信濃越後越中能登加賀越前を風靡, 遠く下ればなり, 遠く下京の本能寺, 遠く下宿の本棚, 遠く下流にまでやって来る, 遠く下田に続く, 遠く忍の, 遠く不二の高根, 遠く不便なところ, 遠く不自由な旅, 遠く且つあまりにも滑らか, 遠くと離れた, 遠く世外に超脱, 遠く岸の, 遠く両国のやぐら, 遠く並んで行く, 遠く中原の空, 遠く中国筋の或, 遠く中央から隔たった, 遠く中宮へお, 遠く中山道を御代田, 遠く中東にまで戦禍, 遠く中津川まで送り届ける, 遠く中野の奥, 遠く丸く月の, 遠く丹波までまた, 遠く丹波境の山波, 遠く主人萬兵衞の死體, 遠く主君や客, 遠く久しかったこと, 遠く久世山あたりまで一眸, 遠く久米島等へ行っ, 遠くを望め, 遠く乗り出している, 遠く乗り放し矢合わせを, 遠く乗り越して対馬, 遠く九州くんだりまで飛ん, 遠く九州辺りから私, 遠く亀戸方面を見渡し, 遠く亀有に達し, 遠くを置い, 遠く事実が詳しく, 遠く二ツばかり眉, 遠く二宮の海岸, 遠く二見ヶ浦には近い, 遠く二間か三間, 遠く二階から梯子段, 遠くはば彼女, 遠く互いに淫楽の, 遠く五里の山奥, 遠くの小楊枝, 遠く亜弗利加のベンゲーラ海流, 遠く亡霊のよう, 遠く円錐形の, 遠く京師を離れ, 遠く人々の頭, 遠く人口の多き, 遠く人垣の外, 遠く人家が立並ん, 遠く人寰を離れ, 遠く人情に疎き, 遠く人生の墓場, 遠く人生行路の図, 遠く人間知に始まっ, 遠く人馬の騒擾, 遠く今昔物語詣鳥部寺女, 遠く今浜の方, 遠く仏教の空観, 遠く他郷へ出, 遠く仙台の伊達, 遠く以上のよう, 遠く仰ぎながら心, 遠く仰拝する室と, 遠く仰望した男體山, 遠くに赴く, 遠く伊豆の岬角, 遠く伊豆七島や関東, 遠く伏し拜んで, 遠く伏見の稲荷山, 遠く会議の席, 遠くはつて行, 遠く伝わるものの, 遠く伝法院の木々, 遠く伯耆の大山, 遠く伸び本社との, 遠く低い木の, 遠く低地を見下される, 遠く住める神, 遠く佐世保にやり, 遠く佐渡の島影, 遠く佐渡ヶ島へ流された, 遠く何かしら私には腕, 遠く何事かを想いやっ, 遠く何日をへ, 遠く何時かの前, 遠く何處からか歌加留多, 遠く余韻をひい, 遠く作家のか, 遠く作戦を為す, 遠く使いせしめるに至った, 遠く來つて入學, 遠く俗塵を離れ, 遠く俗界と絶ち, 遠く信書を伝えられ, 遠く信濃路の山, 遠く信玄のいる, 遠く信者の多い, 遠く修業に出した, 遠く俯瞰して, 遠く健三を離れ, 遠くはれば, 遠く傾いて行く, 遠く働くことが, 遠く僕そこに美しき, 遠く僧都を尋ね, 遠くかつた, 遠く優ることであろう, 遠く元弘三年の昔, 遠く兄たち二人の声色, 遠く兆して居た, 遠く先んじてゐた, 遠く光って行く, 遠く光彩を沈めけり, 遠く入江を包んだ, 遠く山に, 遠く全く活版植字者泣かせ, 遠く全体にわたって拡がっ, 遠く全然別に, 遠く八五郎の方, 遠く共に海を, 遠く其処彼処でこうした, 遠く其姿を認めた, 遠く其方面に眼, 遠く其日本村へ渡つた人々, 遠く其源を探っ, 遠く兼松は小金, 遠く冀州の地, 遠く内地に入り, 遠く内地海岸の無線局, 遠く内海の方, 遠く円かなる大空, 遠く冴えてきこえる, 遠く凍っている, 遠く出して始終, 遠く出たのを, 遠く出はずれた渋江村の, 遠く出られぬうちともあれ, 遠く出られる日より, 遠く出奔したの, 遠く出島のよう, 遠く出撃して, 遠く出歩くことは, 遠く出稼ぎに出, 遠く出過ぎてゐた, 遠く出陣の金鼓, 遠くの時代, 遠く分けて進む, 遠く切支丹の本国, 遠く切離された世界に, 遠く列車の止ってる, 遠く別れあって流離艱難, 遠く別棟の食堂, 遠く利根川の工事, 遠く利根川水源地の山々, 遠くき消されて, 遠くにははて, 遠く前々代五代将軍の綱吉, 遠く前橋市より来り, 遠く前進して, 遠く加古川の川口, 遠く勝れて居る, 遠く北アルプスの諸, 遠く北信の平野, 遠く北国の高い, 遠く北國の方, 遠く北支那を壓, 遠く北条武田に呼びかけ, 遠く北満では, 遠く十数年以前からものの見事, 遠く十間の余, 遠く千哩以上も離れ, 遠く千曲川の水音, 遠く千本濱の方, 遠く千町ヶ峯やスキー, 遠く円形に, 遠く南フランスに最近新築, 遠く南九州の空, 遠く南北アメリカまでも廣, 遠く南品川の沖, 遠く南国よりもたらせし, 遠く南征の途, 遠く南方小森に於, 遠く南極洋へ彷徨い出た, 遠く南欧の地中海地方, 遠く南溟の天, 遠く南粤の地, 遠く南蛮から援軍, 遠く南蛮国へ密簡, 遠く南部の地, 遠く南鄭の辺り, 遠く単に吾, 遠く博多から携え, 遠く卯平の側, 遠く印度にまで溯るでしょう, 遠く印度洋の此孤島, 遠く印度洋大西洋上に出動, 遠く去ったらしい洞の, 遠く去らず中空に, 遠く去り来つ正しとも, 遠く去来して, 遠く近く終夜聞え, 遠く及ばざる見上げた風格に, 遠く及ばなかったことである, 遠く及ばねど諸, 遠く及ばん人材である, 遠く及ぶべからずされど其, 遠く及んでゐた, 遠く双眼鏡裡を逸し, 遠く反対の区, 遠く反射からも遠い, 遠く反響を起し, 遠く叔父の船, 遠く取り巻いている, 遠く取伝えようとする, 遠く取入れた話を, 遠く叡山や奈良等, 遠くの切れた, 遠く口笛の音, 遠く古事記等にも見える如く, 遠く古人に求むる, 遠く古来の人情, 遠く眞白である, 遠く叫んだ声が, 遠く台所のほう, 遠く台湾くんだりへ往, 遠く史上の古人, 遠く号外の鈴, 遠く吉野山谷あたりから来る, 遠くのみ聞い, 遠く名倉の家, 遠くふに, 遠く向い合う位置に, 遠く吹き拔ける, 遠く吹きおくる凉しい, 遠く吹きつける土砂が, 遠く吹きよこす風にも, 遠く吾妻山が望まれ, 遠くの柴桑山, 遠くの時代, 遠く呼ぶ声が, 遠く和歌山の方, 遠く和歌童蒙抄の説, 遠く哨兵を立たせ, 遠く哲孟雄金剛宝土, 遠くに行っ, 遠く唐様の分子, 遠く唸るばかり夜, 遠くひに, 遠く啼いています, 遠く啼く声が, 遠く善光寺まで見通し, 遠く喚ぶやうで, 遠く喜憂の目的, 遠く嘉永のむかし, 遠くがしい, 遠く噴火湾を望み得た, 遠く四ツ岳の方, 遠く四十年前にあった, 遠く四国に分れた, 遠く四境を照せり, 遠く四大洲の外, 遠く四辺は曠野, 遠く囲まれながら茫然, 遠く囲んでいる, 遠く国境にあっ, 遠く国外に去っ, 遠く国富論派の正系, 遠く国府を去り, 遠く国技館の空, 遠く国許に居りまし, 遠く土圭が鳴っ, 遠く土橋迄すし食, 遠く在原業平の昔, 遠く在所在所には桜, 遠く地上はとつぷり暮れ, 遠く地動のよう, 遠く地平にはパンテオン, 遠く地平線上に大きな, 遠く地平線下に隠れ, 遠く地底に眺める, 遠く坐りて, 遠く埋めて途, 遠くの狭間, 遠く城下町のほう, 遠く城山の石垣, 遠くの方, 遠くより持ち来りくれ, 遠く塵寰を脱し, 遠く塵界を離れた, 遠く墺軍を支え, 遠く士気を添え, 遠く変化すると, 遠く夏山のはるか下, 遠く越えて, 遠く夕立の響, 遠く夕陽を帯び, 遠く外国船がかかっ, 遠く外國からくる, 遠く外地の山林, 遠く多少の似た, 遠く多島海諸島に移住, 遠く多鶴子のこと, 遠く夜道を行く, 遠く夢想の国, 遠く大きい見と, 遠く大きく見えはじめたその, 遠く大和地方から落ち, 遠く大和河内の山脈, 遠く大小二島の邊, 遠く大川の中, 遠く大手の七曲り口, 遠く大日教の教義, 遠く大津朝廷の故事, 遠く大海を望む, 遠く大無間山黒法師岳の連脈, 遠く大理石のオベリスク, 遠く大砲の音, 遠く大空のかなた, 遠く大西洋上に派遣, 遠く大西洋方面からも大, 遠く大連にいた, 遠く大都市の中, 遠く大陸に開拓, 遠く大食を始め, 遠く天児屋根の命, 遠く天外を望んだ, 遠く天慶年代から柳生, 遠く天涯万里に向かっ, 遠く天王寺公園に当, 遠く天草島に遊ぶ, 遠く天際に揺曳, 遠く太陽をまとも, 遠くを離れ, 遠く夫君の胸, 遠く失はれてゐる, 遠く失敗した人, 遠く奈良朝の昔, 遠く奉公に出, 遠くったらしい, 遠く奔馬のよう, 遠くのほう, 遠く奥州北上川の片岸, 遠く奥州方面へ向っ, 遠く奥日光の男体山, 遠く奥深く物寂しく見えたの, 遠く奥羽地方のそれ, 遠く奧州の地, 遠く好い欅の, 遠くの家, 遠く姨捨山を眺め, 遠く威力の及ぶ, 遠く嫁ぐとも, 遠く嫌疑の外, 遠く子供を養う, 遠く存じ上げ参らせ候, 遠く学びに行く, 遠く学問の方, 遠く孫権の本陣, 遠く南シャムルソンマラッカフィリッピンにまで, 遠く安達太郎連山が見え, 遠く宗祇に溯る, 遠く宗谷海峡を廻る, 遠くに眼, 遠く宝暦年間にあり, 遠く宝玉も及ばない, 遠く実在の原始, 遠く客席から眺める, 遠く家々から立, 遠く家並を越え, 遠く家並みをはずれ, 遠く家康が入国, 遠く家業たる医学, 遠く容易に達し, 遠く容易く成就すべからず, 遠く宿を離れ, 遠く寂けさの中, 遠く寂しく地響の, 遠く寂しく険しい上に, 遠く寂しく険しくともそれ, 遠く寄せつけている, 遠く富士及赤石山脈の諸山, 遠く富豪の軒, 遠く峻な, 遠く寒く三時前までに, 遠く寛永時代における徳川将軍, 遠く察することも, 遠く対岸にペテロパウロフスク要塞, 遠く小さい円い月と, 遠く小さく小さく消えて, 遠く小ぢんまりした高踏, 遠く小林清親が水彩画, 遠く小波をた, 遠く小田原あたりへまでもドライブ, 遠く小諸の方, 遠く小高い崖の, 遠く少し水蒸気の, 遠く少し離れた, 遠くをひき消え, 遠くても互にこんなに, 遠く居留地の方, 遠く届かぬ人に, 遠く届く者を, 遠く展けた外洋である, 遠く山の上から都会, 遠く山の下から聞え, 遠く山上の敵塁, 遠く山吹の里, 遠く山国に来, 遠く山巓に湧き出した, 遠く山彦する, 遠く山東の空, 遠く山県大弐竹内式部らの勤王論, 遠く山腹を這, 遠く山襞に隠れ, 遠く山路を来ました, 遠く山遙に仙境, 遠く山野へ逃げ去っ, 遠く山野広原の地方, 遠く山間僻地へ追いやられ, 遠く山陰道方面の海岸, 遠く山鳩の声, 遠く山麓に向っ, 遠く岐阜の神戸殿, 遠くの上, 遠く岩山のあたり, 遠く岩崎山のほう, 遠く岳川岳まで岩石, 遠くにも聞えたる, 遠く岸上をのぞみ, 遠く島国日本の客観情勢, 遠く崖下から眺める, 遠くははげしく, 遠く嵐山の櫻, 遠く川中島方面に銃声, 遠く巣鴨の辺僻, 遠く左寄りに眞城, 遠く左方を見上げ, 遠く左遷せられる憂目, 遠く巴蜀の地, 遠くをあげ, 遠く帆掛船が, 遠く師走の月あかり, 遠く帰らねばならない, 遠く帰ることすら, 遠く帰るべき告げ人に, 遠く帰北し佐久間, 遠く常陸のふるさと, 遠く幕末の頃, 遠く幡谷の方, 遠くけて遠山之, 遠く平安の世, 遠く平将門を祖, 遠く平貞盛からの末裔, 遠く幻影の世界, 遠く幼い日の, 遠く幼子の影, 遠く幽明境を異に, 遠く幾つかの壁, 遠く幾千カイリこの無人, 遠く幾千里ひとしく此船, 遠く幾千里頓て芙蓉, 遠く宗, 遠く広い草原が, 遠く広がってゆく, 遠く広がつた農園の, 遠く広がる国々の, 遠く広がれる地の, 遠く広小路の方, 遠く広瀬のあたり, 遠く店寄りの女中部屋, 遠く廃きよのよう, 遠く延すと光る, 遠く延ばしてこれ, 遠く延びゆきさきに, 遠く建って居た, 遠く廻り道をし, 遠く揚げて, 遠く引きさりしあと, 遠く引きもがれゆく時の, 遠く引き上げられて砂上, 遠く引き分れているらしく, 遠く引き退きほっと一息, 遠く引く按摩の, 遠く引込んでしまつて一人, 遠く引離して置け, 遠く引離すものは, 遠く弘仁時代にその, 遠くの声, 遠く彎曲を描かね, 遠く形式配置ともに土地ごと, 遠く彦根の城, 遠くの中, 遠く彼基督紀元七十九年の前, 遠くったの, 遠く往つて再び支那, 遠くきよく, 遠く征韓論の決裂, 遠く徃診しかぬる, 遠く後れて見えなくなっ, 遠く後ろにし, 遠く後世を考えるなら, 遠く後退すると, 遠く後陣にあろう, 遠く徒らに五里霧中, 遠く從つて淡路には古く, 遠く御岳の頂上, 遠く御礼のみを申し上げ, 遠く志したものに, 遠くられて, 遠く忘れかけていた, 遠く応え合う反響そして, 遠く思うあまりに春さん, 遠く思える心持も, 遠く思はるる日, 遠く思はれたのだらう, 遠く思ひかへしぬ, 遠く思ひだす心で, 遠く思ひやるやうな, 遠く思へて仕方, 遠く急いでゆく, 遠く恋愛に甚だ, 遠く恩愛の妻子, 遠く息づいてゐる, 遠く息苦しい空気の, 遠く恵那山にいたる, 遠く悠々と満ち広がった, 遠く悲しげに, 遠く悲雷の響, 遠く想いやることも, 遠く意地悪く手軽, 遠く感ぜられ無始, 遠く感ぜられたのであらう, 遠く感ぜられるのに背, 遠く慮かり遠大なる, 遠く慮り姦を, 遠く慮り給ひて, 遠く慮れば勝乃ち必す可, 遠く慶長ごろの織物, 遠く慶長享保年代からの御, 遠く懸け放れている, 遠く懸け離れたことをも, 遠く懸っていた, 遠く懸りて, 遠く成って来た, 遠く成り気性までが, 遠く成るまで聞いた, 遠く成願寺のあたり, 遠くを越す, 遠く我が館の, 遠く我が国までも伝わり, 遠く我が家の町, 遠く我等を離れ, 遠く我邦に及び, 遠く戦うなよ, 遠く戦乱の世, 遠く戦勝の凱歌, 遠く戦国のむかし, 遠く戦国時代に発芽, 遠く戦場の外, 遠く戦陣の轟き, 遠く戸外に出, 遠く房州の方, 遠く手紙さえ書けず, 遠く打ちあげる高射砲の, 遠く打続いた麦畑の, 遠く打込み海底で, 遠く投げておぼろ, 遠く投げすて数正の, 遠く投げるのを, 遠く投げ出すのだった, 遠く投げ棄ててお, 遠く投捨てられてしまう, 遠くからの曇った, 遠く抛り出されて官軍, 遠く押しよせてくるひびき, 遠く押し流されないように, 遠く拉し去ったとまあ, 遠く拓植大学卒業生などに及ばない, 遠く招かれても働き, 遠くった有明, 遠く拡がっている, 遠く拡がる街, 遠く去られたもの, 遠く持ちだすことを, 遠く指す花盛じゃ, 遠く指ケ谷の方, 遠くってゆく, 遠く振鈴がひびいた, 遠く捧げそしてやにわに, 遠く排列して, 遠く掛けはなれた, 遠く掛け離れてし, 遠く探してゐた, 遠く接近したもの, 遠く控えておれ, 遠く推古帝の御宇, 遠く掻きむしるように, 遠く提燈の灯, 遠く州の, 遠く撃ち交わす小銃の, 遠く撃退すること, 遠くがつて, 遠くふ時, 遠く攻鼓のよう, 遠く放ちやつて, 遠く放って俗歌, 遠く放つ者, 遠く放りながら云った, 遠く放れないやうに, 遠く放心したよう, 遠く政友会の上, 遠く政友會の上, 遠く政秀寺の方, 遠く國を, 遠く故郷ボヘミアを偲ん, 遠く敗れて帰路, 遠く教会堂の尖塔, 遠く数百年にさかのぼり得る, 遠くを追っかけ出した, 遠く敵地に侵入, 遠く敵塞の後方, 遠く文献を溯っ, 遠くの飯山, 遠く新西蘭に航, 遠く新酒を寄す, 遠く旅情を送った, 遠く旅立ち長兄の, 遠く既に三代以後其の, 遠く日光筑波の山々, 遠く日向の尾鈴山, 遠く日本古来の兵制, 遠く日本建国の創業, 遠く日本海の西, 遠く日本画発達の淵源, 遠く日本銀行かなんかの建物, 遠く日露戦争の昔, 遠く早川の鮎, 遠く明るき草の, 遠く明治の昔, 遠く明治七年の河原崎座, 遠く明治二十九年まで溯る, 遠く明治初年に於ける, 遠く明治維新に由来, 遠く明滅する青森港, 遠く明神の裏, 遠く明神ヶ岳に溪, 遠くがきらめい, 遠く春琴に及ばず, 遠く春秋戦国の時代, 遠く時に近より, 遠く時には數里も, 遠く時後れの鶏, 遠く時間がかかりすぎ, 遠く普通の徑, 遠く晴れた空を, 遠く晴れわたり茫々無一物の, 遠く欝な, 遠く暗い大空を, 遠く暗く小さく拝まれた, 遠く暮している, 遠く暮れにける, 遠く暮れ残りの明るい, 遠く暮靄の彼方, 遠く曇つて拡がつて, 遠くをわが, 遠くは近く, 遠く月日がたった, 遠く有名な喇嘛塔, 遠く有明山屏風岳槍ヶ岳常念ヶ岳, 遠く有磯海の方, 遠く望まれ二三千の, 遠く望まれたものと, 遠く望みて走り去るべき, 遠く望み見るをえざりしか, 遠く朝夕の峰, 遠く朝日に輝く, 遠く朝鮮琉球まで押し渡っ, 遠く木の間から眺められる, 遠く木曾谷の西, 遠く木立ちの中に物, 遠く木魂にし, 遠く末広がりに開い, 遠く本城を出, 遠く本船をはなれ, 遠くの魚, 遠くの端々, 遠く村落の鐘楼, 遠く村雀稻の穗ふみ, 遠く来し方を顧みる, 遠く来つ友も, 遠く来ぬ越の, 遠く来る所を, 遠く来れるが遽, 遠く東京郊外の温泉地, 遠く東人を派し, 遠く東南に棚引, 遠く東南四五里の果て, 遠く東支那海へと列なっ, 遠く東方に退却, 遠く東日本の鹿島, 遠く東春日井平野の一端, 遠く東海の徳川家康, 遠く東海道の某, 遠くかにどよめく, 遠くの茂み, 遠く松の木に鳴く, 遠く松原の向う, 遠く松島湾の方, 遠く松本市より高橋希人君, 遠く松林草原が断続, 遠く松柏の森, 遠く板橋回りで木曾街道, 遠くの小, 遠く枚方の堤, 遠く柏軒の来る, 遠くに聞え, 遠く栄誉と闘争, 遠くを伸し, 遠く桃源の里, 遠く梅若塚のあたり, 遠く梓川は, 遠く曳く, 遠く棚引くのを, 遠くみぬ, 遠く榛名の西, 遠く榾あかりで透かし, 遠く様子を見, 遠く樣子を見, 遠く横たわっていた, 遠く横切つて, 遠く横切って専ら, 遠く横浜の港, 遠く横浜警察の署長, 遠く樹木の間にこの, 遠く樹立が見える, 遠く橋掛の方, 遠く機械のうなる, 遠く機関車の前部, 遠く機關車の前部, 遠くをとばし, 遠くの巨樹, 遠く次室で平伏すべき, 遠く欧州に走ら, 遠く欧米二大陸を繋ぐ, 遠く欧羅巴の十七世紀文化, 遠く歐米諸國, 遠く正反対の空, 遠く正徳の昔山車, 遠く此所まで來, 遠く此方側へまた, 遠く此處では, 遠く此間に奪, 遠く武器も戦法, 遠く武家争覇の頃, 遠く武徳殿の建物, 遠く武蔵一国が我が, 遠く武藏の海, 遠く歩かねばならない, 遠く歩きまわったりし, 遠く歩くことが, 遠く歩行も独り, 遠く歯車のよう, 遠く歴史的には近い, 遠く歸つて行くの, 遠く歸路に向, 遠く死にに連れ, 遠く死者から吹きのぼっ, 遠くんど, 遠く残されてゆく, 遠く残してゆく, 遠く段々見えなくなる光景, 遠く殷々たる砲声, 遠く母親の方, 遠く比叡の山腹, 遠く民家の焼ける, 遠く民族の分離以前, 遠く気の毒にながめ, 遠く気味悪いほど冴え返っ, 遠く水の上へ突き出, 遠く水上には秩父, 遠く水力電気発電所がみえる, 遠く水天宮に及ばなかった, 遠く水寨のあたり, 遠く水平線上に相模, 遠く水戸の海, 遠く水煙が卷い, 遠く永田町に建っ, 遠く永遠であり日, 遠く求め或いは測らず, 遠く求めなければならなかつた, 遠くを凌ぎ得, 遠くを南, 遠く江刺の郡, 遠く江夏の任地, 遠く江戸城の方, 遠く汲んでその, 遠く汽笛の音, 遠く汽笛貨物列車の音, 遠く汽船の青い, 遠く汽車のすぎる, 遠く込む明, 遠く沁むとも, 遠く河すそをな, 遠く河上の方, 遠く河南の曲陽, 遠く河原の上, 遠く河口から上流, 遠く河向うの工場地帶, 遠く河心に止まっ, 遠く沼津の町, 遠く泉太や繁, 遠く波蘭を横ぎり, 遠く波路を渡り, 遠くの中, 遠く泥舟を作り, 遠く注がれながら足, 遠く泳がせて本隊, 遠く泳ぎ去り平然, 遠く洋上の赤道, 遠く洛陽の王府, 遠く津軽藩祖為信の遺業, 遠く洲崎の遊廓, 遠くして, 遠く流れゆく灯影の, 遠く流れる水蒸気の, 遠く流れ来つるものかなと, 遠く流域が長い, 遠く流沙の西, 遠く浅草の先, 遠く浅葱に日, 遠く浅間一帯の山々, 遠くからかすか, 遠く浦塩へ通ずる, 遠く浪漫主義発生前派の者, 遠く浮いてゐた, 遠く浮かんで饗庭, 遠く浮きたる葉一つ, 遠く浮き出でたり, 遠く浮んだのは, 遠く浮世を望め, 遠く浮出していた, 遠く海中に突入, 遠く海洋の沖中, 遠く海草の香, 遠く海風を帆, 遠く魂しく, 遠く消えゆくオルガンの, 遠く消え去つた彼の, 遠く消え去せた時寂然として, 遠く消え去って行く, 遠く消え去らんとする如く, 遠く消え去り取り残されたように, 遠く消息の断, 遠く消散する, 遠く涙ぐましくくぎって, 遠くも知らない, 遠く淀橋の方, 遠く淋しいほど面白い, 遠く淙々と耳, 遠くれて, 遠く淡路の島影, 遠く深夜の街, 遠く深川へかけ, 遠く深淵の隙間, 遠く淵源はここ, 遠く清見寺見ゆ, 遠く渋谷へ飛ぶ, 遠くをすぎゆきけり, 遠く渡って来た, 遠く渡るのに五時間, 遠く渥美半島が見えた, 遠く渭水の南, 遠く港町のよう, 遠く湖北省の高地, 遠く湖面を帆, 遠くへ, 遠く湯川となっ, 遠く湾口を去り, 遠く源平時代より其証左, 遠くの川原, 遠く溯るものでなかったろう, 遠く溯れば先祖, 遠く溯江し上陸, 遠く滑ってゆきました, 遠く漂い去りつつあった, 遠く漂うて来た, 遠く漂つて唯クラリモンド, 遠く漂泊し去つたというのみで, 遠く漂流して, 遠く演奏旅行に上っ, 遠く演説に及ばず, 遠く漕ぎ離る, 遠く漕ぎだしていたら, 遠く漕ぎ出す必要が, 遠く漕ぎ行く跡には, 遠くの引いた, 遠く潮路の不自由, 遠く潮騒に似た, 遠く潮鳴りの音, 遠く潰乱しつづけて, 遠く澄み駒ヶ岳の, 遠く澄んだ空へ, 遠く濁つて低い, 遠く濃い色を, 遠く濠洲南亜から呼ばれ, 遠く濡れた鳥が, 遠くけ, 遠くの発見, 遠く炭坑町らしい物音, 遠く炭焼の烟, 遠くのよう, 遠く点々とした, 遠く点在する人家, 遠く烟り月は, 遠く烟突の煙, 遠く烟籠めて月影, 遠く何有の, 遠く無しといふ骸骨, 遠く無人処に著く, 遠く無産階級文学運動については作品, 遠く煙つてゐる, 遠く照す方に向けなけれ, 遠く照りつつ, 遠く熊笹のない, 遠く熱帯の地, 遠く燃えながら走る, 遠く燃えつづけるまちの, 遠くまで馬, 遠く靡きに, 遠く牛込の揚場, 遠く牡鹿山の奥御殿, 遠く物置の方, 遠く物蔭にうかがっ, 遠く物見に下江, 遠く物語の時代, 遠く物静かに響きわたる, 遠く牽制して, 遠く狂者と離れた, 遠く猪苗代の湖, 遠く猫属すなわち猫, 遠く獨逸の方, 遠く玄関のほう, 遠く玉子ばかりのに及びません, 遠く現われてくる, 遠く現われる東上総の, 遠く現代から吉野時代, 遠く琉球にまで存在, 遠く瓦屋根の上, 遠く甘くゆすぶって, 遠く生え続いてをる, 遠く生家の方, 遠く生木でこしらえた, 遠く田代も眸, 遠く田圃向うの畑, 遠く田舍のさびしさ, 遠く田舎へド, 遠く田野至て濶, 遠く甲信小田原の人々, 遠く甲州境まで一族, 遠く甲府で盗み, 遠く甲板上から遠望, 遠く町はずれへ消え去っ, 遠く町家の灯, 遠く畑打を望み, 遠くの方, 遠く番台まで見透せる, 遠く異郷に在る, 遠く疎くいぶかしげに, 遠く疲れて帰っ, 遠くを養い, 遠く白き日の, 遠く白堊の城, 遠く白壁の土塀, 遠く白山が桔梗色, 遠く白山坂上からも見えました, 遠く白木の家, 遠く白欧より杖, 遠く白河関の図, 遠く白波の立つ, 遠く白銀色の光茫, 遠く白雪を望んだ, 遠く白雪皚々たる白馬, 遠く白頭山の西麓, 遠く白馬ヶ岳まで一筋, 遠く百五十里を隔て, 遠く百年に及ぶ, 遠く百海里を照らす, 遠く百里のかなた, 遠く皇孫を愛する, 遠く皇居を拝, 遠く益々高く谷, 遠く盛岡時代に金田一君たち, 遠く監視員の警報伝達, 遠く目ざして行った, 遠く目路がひらけた, 遠く直径にし, 遠く直接外來の刺戟, 遠く相国曹参が末孫, 遠く相成り京軍勝利の, 遠く相模川の川面, 遠く相模湾の方, 遠く相模灘を眺め, 遠く省線電車の通る, 遠く眞木の島, 遠く真っ直ぐに野, 遠く真直ぐに立, 遠くむれば, 遠く眺めうる形勢の, 遠く眺めやっている, 遠く眺めやりかついろいろ, 遠く眺めやりし彼の, 遠く眺めやるクロニオーンを, 遠く眺めらる, 遠く眺められていた, 遠く眺められるばかりである, 遠く眺め渡すために, 遠く眼前の以外, 遠く瞰下して, 遠くを放ち, 遠くを射る, 遠く矢ツ張り同じ, 遠くの巻, 遠く石見の國, 遠くの上, 遠く砂丘が連続, 遠く砂浜を歩い, 遠く砂濱を打つ, 遠く研究し残して, 遠く砕ける白波は, 遠く碧天に接し, 遠く碧水いよいよ急, 遠くをたたく, 遠く社会を離れ, 遠く祖先に溯っ, 遠く祖国を離れ, 遠く祝女殿内からは近い, 遠く神武の帝, 遠く神田上水源の方, 遠く神田京橋日本橋へ出なく, 遠く福山より来, 遠く福島県会津の農村, 遠く福慈岳が翁, 遠く秀衡にまで院宣, 遠く秋田南部のお, 遠く移されてこ, 遠く移つて来た人達, 遠く移り過ぎて行きました, 遠く移住せんと, 遠くに及ばじ, 遠く稲葉山の居城, 遠く稲葉山城の搦手, 遠く稽古三味線の音, 遠く穂蓼の隙間, 遠く空ざまに伸し, 遠く空のはづれ, 遠く空一帯を彩どっ, 遠く空気は澄みきっ, 遠く突き入った, 遠く突き出ている, 遠く突き出た岬の, 遠く突き放してゐる, 遠く突き離されたような, 遠く突進しあるいは, 遠く窓外の白雲, 遠く窪地の水車小屋, 遠く続いて, 遠く立たせ嫡男以下の, 遠く立ちて今, 遠く立ち並んでいる, 遠く立ち去って行く, 遠く立ち去った気配を, 遠く立って待っ, 遠く立て片足を, 遠く立去ったのか, 遠く竜バミ山までも含ん, 遠く竹林の方, 遠く竹楯や土塁, 遠く笠ヶ岳の頭, 遠く筍山に連なっ, 遠く筑州の野間, 遠く筑摩川を挾んだ, 遠く筑波山の麓, 遠く答えてくる, 遠くし陸路, 遠く箱根の圓, 遠く箱根山脈の麓, 遠く土に, 遠く築地の梅水, 遠くもったもの, 遠く籠ッて聞こえる, 遠く米国ありて, 遠く米国本土にまでお返し, 遠く米山が見える, 遠く粕壁に赴け, 遠く精霊界に連れ去られ, 遠く糢糊として表, 遠く紀伊境の真土宿, 遠く紀元前数世紀に遡る, 遠く紀州あたりの山, 遠くの海邊, 遠く紙上で吹聴, 遠く紫ばんで見え, 遠く紫色を帶びた星上山, 遠く細く美しかつた, 遠く細徑の蛇行, 遠く終わった相手の, 遠くて来た, 遠くのよう, 遠く続いてる傾斜の, 遠く続きて, 遠く綿亘するを, 遠くに引込ん, 遠く縹渺と吹き捲る, 遠く置いておいた, 遠く羅馬時代から相当, 遠くを追う, 遠く美しく火が, 遠く美濃尾張あたりまでの聯珠界, 遠くるの, 遠く翔りて夕陽, 遠く微に, 遠く耀きて, 遠くにし, 遠く聞いたのでわれ, 遠く聞えた尺八の, 遠く聞えなくなるまで何時, 遠く聞えましたがお松, 遠く聞え出したがする, 遠く聞かせたり人声, 遠く聞かなかったなつかしい声, 遠く聞かれたのであった, 遠く聞きながら無難, 遠く聞き付けて後, 遠く聞き伝えてあちこち, 遠く聞けば可憐, 遠く聞こゆ, 遠く聞こえてくる, 遠く聯携して, 遠く聯隊の消, 遠く聳えた鋭い山, 遠く聳えるウェストミンスタア寺院の, 遠くえた, 遠くえる氣, 遠く背いて来た, 遠く背後の平地, 遠く背馳するの, 遠く胡弓をこする, 遠く能勢から蹲躅, 遠く能登の奥深い, 遠く能登守の馬上姿, 遠く自ら参で来つ, 遠く自在に山, 遠く自然主義時代に客観描写, 遠く自由に見る, 遠く至り及ばぬ高所に, 遠くへれども, 遠くをあやつっ, 遠く船出をする, 遠く船橋邊までつ, 遠く花やかに太神楽, 遠く花外に超, 遠く花火の上る, 遠く芸州吉田の毛利, 遠く芸術を離れた, 遠く若松の都, 遠く若王子の山, 遠く茫々のヘラス, 遠く荒天にそびえる, 遠く荒川より出, 遠く荒涼として拡がっ, 遠く荒涼たる谷間の, 遠く荒煙落日の間, 遠く荘厳な天, 遠くの如き, 遠く落ちのびて行った, 遠く落ち延びるとか或いは, 遠く落行けば, 遠くのない, 遠く疆に, 遠く蒙塵する事, 遠く蒼茫たり, 遠く蒼茫潤沢の気, 遠く蓮葉娘が甘やかしはう, 遠くるまで, 遠く薄れている, 遠く薄れてる記憶の, 遠く薄れゆく雲を, 遠く薄墨の遠近, 遠く薄暗い空に, 遠く薄暗がりの中, 遠く藤原氏時代の木彫, 遠く藤原氏時代以来の朝野, 遠く藤原鎌足からその, 遠く藤吉郎のす, 遠く藩地の外, 遠く藻巖圓山天狗手稻の諸山, 遠くが靡け, 遠く蘇州杭州あたりから来た, 遠く蘇州美人の面影, 遠く蘭書以外の洋書, 遠くが通る, 遠く蛮地の南, 遠くの軍勢, 遠くの声さ, 遠く蝦夷の方, 遠くまり伸び上り, 遠く行かしめず又テヱエル, 遠く行かないように, 遠く行かれないような, 遠く行かんとする, 遠く行き去った愛惜物が, 遠く行き過ぎてしまった, 遠く行けば行く, 遠く行けましたのに, 遠く行っている, 遠く行ってることと, 遠くがかくれた, 遠く街路樹のうち, 遠く街道端れの, 遠く衣紋坂あたりを一つ, 遠く表徴樹の優雅, 遠く袁紹の使い, 遠く被衣や打掛け, 遠く裏庭のほう, 遠く裏通りを選つて, 遠く西北方の空, 遠く西國の旅, 遠く西域地方へ出掛けた, 遠く西山公以来の遺志, 遠く西日本の各地, 遠く西洋諸国のその, 遠く西海の果て, 遠く西空の観覧車, 遠く西紀前五百年老子の思想, 遠く西郊に移りし, 遠く見えない彼方の, 遠く見えます蒼空の, 遠く見ず近く観察し, 遠く見せている, 遠く見つけると浪人, 遠く見とおすだけの真面目さ, 遠く見とおせるところへ, 遠く見まもりながら彼, 遠く見まわすような, 遠く見ゆる紅梅の, 遠く見失いかねませぬほど隔たっ, 遠く見守って毛穴, 遠く見晴す丘, 遠く見渡してまた, 遠く見渡したが何やら, 遠く見渡せば丘, 遠く見物して, 遠く見送っておりました, 遠く見透すと印度藍, 遠く覓むるも等類なしと, 遠く視るに山木一空, 遠く親子の人情, 遠く観れば合成, 遠く記憶に溯る, 遠く訪ねてきた, 遠く訪れたまう神が, 遠く訪問者の上, 遠く詠むれば見ゆる, 遠く話しあっている, 遠く誘うて行く, 遠く警笛の音, 遠く警鐘の物すごき, 遠く護良親王や近く中山忠光卿, 遠く護送使の列, 遠くして, 遠くのやう, 遠く豺狼の地, 遠く買物という事柄, 遠く赤き旗見ゆ, 遠く赤城の森, 遠く赤石山系は鼠, 遠く赤馬関に不, 遠く赤黒く夜空を, 遠く走せていた, 遠く走った様子だ, 遠く走つて居る, 遠く走り農家に, 遠く走り行きたればその, 遠く走り過ぎる心配は, 遠く起つたかと, 遠く起居して, 遠く超えて生, 遠く越中加賀あたりへかけ, 遠く越中路へ歩き, 遠く越後路から廻っ, 遠くを運ばず, 遠く足りないもので, 遠く足利付近の連山, 遠く跫音を送り, 遠く躍るような, 遠く身辺を離れ得なかった, 遠く転轍の音, 遠くやく灯, 遠く輝ける人々は, 遠く農園のあたり, 遠く農家の屋根, 遠く農村へまで行った, 遠く辿って行くだろう, 遠く辿り着いたような, 遠く迂廻して畑地, 遠く迄は走って, 遠く迄も響くまいと, 遠く衞公に, 遠く近く一羽だか, 遠く近く与惣次を取り巻いた, 遠く近く人穴城の真上, 遠く近く半鐘が鳴っ, 遠く近く垣の様, 遠く近く姿をあらわし, 遠く近く家々の窓, 遠く近く屯ろする軍馬, 遠く近く座を取り替えた, 遠く近く形をかえ, 遠く近く彼方からも此方, 遠く近く扉の音, 遠く近く救いを求める, 遠く近く断続して, 遠く近く明滅して, 遠く近く櫓拍子の音, 遠く近く欅の木立, 遠く近く波音のしぐれ, 遠く近く落葉松の木立ち, 遠く近く蜩の聲, 遠く近く輝き渡る大山岳, 遠く近く重畳する間, 遠く近く雷鳴も伴っ, 遠く近く鳴きかわす山鳩, 遠く近在に多く, 遠く近衛公に及ばざる, 遠く返辞が聞え, 遠くひて, 遠く迷ってくる, 遠くひ拂, 遠く追いついて蔡夫人, 遠く追い越されて平和, 遠く追って完全なる, 遠く追わずに直に, 遠く追分節が聞え出した, 遠く追悼の句, 遠く退つて銘々の, 遠く退がって, 遠く退去し恩, 遠く退陣して, 遠く逃げおちることも, 遠く逃げないうちに, 遠く逃げのびて遥, 遠く逃げられました故深見新, 遠く逃げんうちに, 遠く逃げ出したときに, 遠く逃げ去つてし, 遠く逃げ去って再び, 遠く逃げ去るひまも, 遠く逃げ退いて見, 遠く逃した邪道の, 遠く逃れて逐, 遠く逃れる領域において, 遠く逐うたのです, 遠く途中まで見送っ, 遠く途切れ途切れながら一声, 遠く通ずるにそれ四海, 遠く通って来る, 遠く通過して, 遠く逝く他人を, 遠く逢坂に及ばない, 遠く連つた山々の頂巓, 遠く連なってい, 遠く連なりたれど, 遠く連なる一列の, 遠く連ねて欅, 遠く連れる高輪白金の, 遠く連峯には雪, 遠く進まざるまに, 遠く進み更に更に高く, 遠く進みし時わが, 遠く進むの要は, 遠く進むべく余儀なくされた, 遠く進んでみね, 遠く進軍喇叭の音, 遠く逸れてしまひました, 遠く遁逃し去る, 遠く遅れている, 遠く遊ばず遊ぶに必ず, 遠く遊びにき, 遠く遊びし昔かなし, 遠く遊んで悪い, 遠く遊離した世界, 遠く運ばれてくる, 遠く運ばれたらしい豊後の, 遠く運んで来る, 遠く遍歴し謳, 遠く過ぎて来, 遠く過ぎた夢は, 遠く過ぎ去つてし, 遠く過ぎ去っている, 遠く過ぎ去つてゐる, 遠く過ぎ去つた昔の, 遠く過去つた日のこと, 遠く過去つた記憶を辿つ, 遠くを迂回, 遠く道灌山の杉, 遠く道程艱しまた, 遠く道路から遠く, 遠く違うがその, 遠く遠いかと思え, 遠く遠くポッツリと浮ん, 遠く遠く世界の涯, 遠く遠く千哩以上も離れ, 遠く遠く小さくなって, 遠く遠く小さく小さく消えて, 遠く遠く数百年にさかのぼり得る, 遠く遠く薄を分け, 遠く遠く遠くなりつつ, 遠く遠く長く長く響いて, 遠く遠く隔った, 遠く遠雷のやう, 遠く遡らなくても桃山以後, 遠く遥々と果し, 遠く遺跡をたずね, 遠く避けたれど月, 遠く還して離れ, 遠く那須野の茫々, 遠く部屋の隅, 遠く郵便脚夫疲れくる見ゆ, 遠く郷土を望景, 遠く醫者の手當, 遠く釈尊成道の地, 遠く重なりあひて其の, 遠く野口五郎南沢岳などが見え, 遠く野山の多い, 遠く野良につたわっ, 遠く野蛮未開の国土, 遠くには成る, 遠く金城の地, 遠く金字形の峰頭, 遠く金色の靄, 遠くのよう, 遠く釣りに及ばぬ, 遠く鉄砲の音, 遠く銀座にまで進出, 遠く銀杏のかげ, 遠く鎌倉幕府のはじめ, 遠くや手斧, 遠く長い目で, 遠く長く長く響いて, 遠く長天の勢, 遠く長屋の入口, 遠く長江を下った, 遠く長篠の城, 遠く長良の大河, 遠く長谷の山の口, 遠く関ヶ原へつ, 遠く関東震火災の時, 遠く関門海峡の彦島, 遠く阿蘇がまとも, 遠く降ってゆく, 遠く降りて行った, 遠く陣地を退, 遠く陰りゆく日を, 遠く陵墓の守戸, 遠くに燈火, 遠く陸地とは絶縁, 遠く陸奧の十和田湖, 遠く険しく淋しいところに, 遠くを離れ, 遠く隔たったらいつまた会える, 遠く隔たること, 遠く隔つた世の響, 遠く隔つた畿内地方との交通, 遠く隔つてそれがぐつたりと, 遠く隔てる本質的な, 遠く隔り状況遥に異, 遠く隔ツてゐる, 遠く隠れたので, 遠く隣村から通っ, 遠く隱岐の方, 遠く隴西地方を望ん, 遠く隴頭の雲, 遠く雑木林の果, 遠くる, 遠く離さんとし, 遠く離した広さ, 遠く離すという奇妙, 遠く離れあなどりいかりて身, 遠く離れしめしは, 遠く離れすぎてゐる, 遠く離れたくない気が, 遠く離れたれば今目, 遠く離れちまっちゃあまた, 遠く離れぬやうに, 遠く離れ住んだ奴隷村な, 遠く離れ去ったばかりでなく, 遠く離れ去らなければならない, 遠く離れ合っている, 遠く離れ離れにおなり, 遠くを避け, 遠く雨脚のなか, 遠く雪峰に映じ, 遠く雪雲を冠, 遠く雲上に隔, 遠く雲層の彼方, 遠く雲烟の間, 遠く雲煙漂渺の境, 遠く雲煙縹渺の間, 遠く雲際に飛び去った, 遠く雲雀の声, 遠く雲霧のうち, 遠く雷門からこれ, 遠く雷鳴がし, 遠く電車通りのところ, 遠くにひ, 遠く霞む自分の, 遠く霞んでる沖合まで, 遠くの中, 遠くはれて, 遠く露都に訪わん, 遠く露領の果, 遠く青山の方, 遠く青森県の北端, 遠く青白く流れて, 遠く青空を支, 遠くかに大, 遠く靜かになつた人, 遠くを引く, 遠くあり, 遠く音楽のよう, 遠く響きわたりて既に, 遠く頭腦が殊に, 遠く飛ばないでここら, 遠く飛ばんとする, 遠く飛び去つて翼, 遠く飛び廻り足の, 遠く飛び行けば, 遠く飛び離れて肥前, 遠く飛散した, 遠く飛翔し去つて, 遠く飛行機の爆音, 遠く飛騨の連峯, 遠く飛騨国内に達し, 遠く飛鳥の世, 遠く飯豊妙高北アルプスをも一眸, 遠くを逐う能わざる, 遠くをはこぶ, 遠くの脊, 遠く馬車を駆っ, 遠く馳けちらし, 遠く駅前通りの方, 遠く駆けまはる, 遠く駆け去ってしまった, 遠く駆逐して, 遠く駈けて来た, 遠く駈け去ってしまった, 遠く駈け抜けたところで少し, 遠く駒ヶ岳の尾, 遠く駛つてゐた, 遠くり出づべし, 遠く騎兵の一隊, 遠くけ出す, 遠く柱の, 遠く高き峰の, 遠く高原の靄, 遠く高天原から青い, 遠く高知にまで送られる, 遠く高輪の方, 遠く高麗朝から用いられ, 遠く魅力ある連峰, 遠く魏蜀の大勢, 遠くが潮, 遠く鳥海山の裾, 遠く鳩羽毛に霞んだ, 遠く鳳輦がふもと, 遠くつて來る, 遠く鳴く声が, 遠く鶏鳴が聞えた, 遠くが鳴き, 遠くの聲, 遠く鹿児島や朝鮮, 遠く麦畑の続いた, 遠く麻布の台町, 遠くに輝く, 遠く黄色がかった葡萄畑, 遠く黒い岩浜が, 遠く黒ずんでおり, 遠く黒潮に乗りだし, 遠く黒部の三角洲, 遠く鼻ぷんでおまけに頭, 遠く齎したと聞かせられた, 遠く龜戸方面を見渡し