青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遠い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

違う~ ~違っ 違っ~ ~違った 違った~ ~遙 遙~ ~遠 遠~ ~遠い
遠い~
~遠く 遠く~ ~遠慮 遠慮~ 遠方~ ~遣 遣~ 遣っ~ ~遣る 遣る~

「遠い~」 6917, 75ppm, 1505位

▼ 遠いところ~ (555, 8.0%)

22 にある 13 にいる 12 へ行っ 9 へ行く 6 ではない, へ, へいっ 5 にゐる, を見, を見つめ, を見る 4 から来た, から遠い, にあった, へ旅行, ほど星

3 [13件] から, からお, からわざわざ, からわたし, から來, ではありません, ではなかっ, にい, に住ん, の事, へ連れ, をよく, を眺める

2 [36件] からきっと, からこっち, からつ, からやって来る, から呼ぶ, から帰っ, から段, から聴く, から見る, ってどこ, で, でなければ, でもない, にあるらしい, において眺め, に在る, に居る, に求める, に立っ, に行く, のこと, のよう, の町, は乗りたい, へいく, へ引っ越し, へ来, へ来た, へ行った, まで出, まで汲み, を, をやってきました, を先生, を思ひ, を見つめる

1 [330件] かえ, からおい, からかつい, からきく, からきた, からくる, からここ, からこの, からごうごうと, からしきりに, からその, からつれ, からでも船, からという声, からといふ声, からどんと, からにげ, からのよう, からの水くみ, からの賞讚, からもやってきました, からも続々, からやって来た, からペタル, からラーンスロット卿, から一度, から与える, から人, から何, から先, から北風, から半紙一帖, から呼びかけた, から呼ん, から商売, から声, から始めて, から家, から山人, から急い, から戻つ, から持っ, から提灯, から来, から来ました, から来る云い知れぬ, から校長室, から歩い, から毛虫, から水, から発し, から白ん, から眺め, から知らぬ, から知れ, から絶えず, から聞え, から落日, から見おろし, から遥々, から部落, から集まっ, から風, さ行く, じゃある, じゃない, じゃなし, だ, だから, だからな, って, であい, であったが, であらし, であります, であるから, でいじめられ, でいろんな, でからから, でしょうから, でしょうが, です, ですから, ですけれども, ですっ, ですね, でで, でなかったから, ではあった, ではある, ではあるまい, ではなく, ではなし, では一様, では北氷洋, では無い, でぼんぼん時計, でもどんなに, でもねえ, でも自転車, でピアノ, で一声, で乳呑児, で僕, で凧, で勤める, で呼ん, で喋っ, で天然, で小さな, で彼, で忙しい, で急, で感じ出した, で時計, で梟, で歔欷, で父, で牛, で知らぬ, で私, で自分, で芸者, で語られ, で誰か, で買う, で送っ, で雨, で鴨, という, というの, どす, なの, なので, ならば, なら私, なん, にありました, にあるでしょう, にいた, にいよう, にいらっしゃる, にいるで, においてみ, においで, にお住い, にかけつ, にがんばっ, にきこえ, にころがされ, にじ, にそっと, にのみ眺め, には心, には飛ん, にばかり眼, にひそか, にゆく, に去っ, に家, に小僧, に巣, に引つ, に慟哭, に懸, に明滅, に来た, に灯っ, に目下, に着眼, に移され, に移した, に箱, に繋ぐ, に置い, に聞い, に聞く, に育った, に自分たち, に荷物, に行っ, に赤い, に遊び, に選びます, に銀色, に離れ, に雲, のどっか, のもの, の人, の人達, の家, の小, の昼, の枝, の水汲場, の火事, の色里, の見当, の親類, の鉦, の隣組, の雲の上, はとても, は自動車, は見えません, へいった, へお越し, へこっち, へそれ, へつれ, へでもしけ込むだろう, へでも深夜, へと勤務, へどんな, へもう, へも届く, へやすやす, へやらされる, へやらなけれ, へゆかなく, へゆく, へよく, へわざわざよく, へドライブ, へピストル, へ何, へ來, へ出かける, へ別々, へ参れ, へ店, へ引きずっ, へ彷徨つて行, へ彼, へ彼等, へ往きたくなった, へ戦争, へ持っ, へ捨て, へ敷地, へ旅, へ旅立ちしなく, へ汲み, へ理想, へ移ろう, へ移転, へ立ち退い, へ立去っ, へ節子, へ継ぎ送っ, へ落ち延び, へ行, へ行かん, へ行き, へ行きたくなっ, へ行きましょう, へ行ったら, へ転任, へ迷っ, へ送りました, へ逃, へ逃げ, へ逃れたかった, へ運転, へ遷された, へ隠し, へ離れ, へ風, へ飛び去つ, へ高飛び, へ魚, ほどあります, ほど光, までしかも, までたびたび, までとても, までひびい, までも響き渡っ, まで反響, まで山椒, まで度々, まで旅, まで来た, まで行っ, まで訪ね, まで遠足, まで響い, まで飛ん, もある, やっと歩い, や或は, や部屋, よ, よりもまた, をいろ, をおも, をき, をここ, をご苦労, をでも見つめる, をと云っ, をながめる, をもまれ, をわざ, をわざわざ, を出掛け, を呼んだら, を呼立て, を夜番, を大した, を容易, を射る, を帰っ, を御, を御苦労, を急い, を択ん, を捜す, を来, を毎日, を毎日ぢ, を済まん, を眺め, を考え出した, を買った, を通っ, を電車, を飛んだ, 御苦勞樣

▼ 遠い~ (369, 5.3%)

49 のこと 10 の人, の夢 8 のよう, の事 6 の物語 5 の出来事, の記憶 4 だ, の日, の話 3 しの, であつ, に漢土, の, の世, の思い出

2 [13件] からいろ, からの長い, から人, である, にさまよい歩いた, になる, に思, に私, に遡っ, のなつかしい, の新婚旅行, の面影, を忘れない

1 [212件] からあの, からかなり, からこの, からそう, からそこ, からその, からちっとも, からの事, からの傾向, からの形態, からの武蔵野, からの節日節供, からの約束, からわり, からアマミ, から一つ, から人間, から伝承, から何艘, から信子, から兄弟, から地球, から崩れた, から我が国, から日本, から東京, から東海, から特別, から禁じられ, から立派, から絶えず, から続い, から自分, から自然, から色, から行なわれ, から軍事, から近い, から長く, から阿佐ヶ谷神楽, が, が背景, しが, そうし, たった一つ, だな, だね, であった, であったと, であるから, です, ではからだ, ではない, ではなかっ, とは感ぜられなかった, に, にあつ, にあの, にいず, においてはすてき, において或, にさかのぼる, にすぎ去, にそういう, にその, にできた, にのこした, にはあり, にはその, には丹前風呂, には望む, には柳川, には龍, にもあった, にゃあ, に一羽, に人手, に人知れず, に会った, に何人, に作られた, に入った, に全滅, に其起原, に出来た, に分れた, に城, に失っ, に妻, に学ん, に完成, に対するあくがれ, に幼年時代, に度々, に当時, に忘れ, に思へた, に情熱, に捨てられ忘れられ, に朝鮮, に桃, に死に絶え, に源, に燒肉, に異朝, に知り合い, に禅宗, に経過, に聞いた, に自分, に見た, に読んだ, に起こった, に跡方, に返つた, に送り届けられた, に逢った, に道, に隣国, に青年時代, に馳せ, に魂, のいろいろ, のお話, のそうした, のまま, のもの, のものがたり, のやう, のゆめ, のイタリア, のナムアミダブツ, の事柄, の五月, の今, の以太利, の例えば, の先祖たち, の別府, の勇士, の北国, の名, の地勢, の大和民族, の女性さ, の姿, の宴会, の家族形態, の封建時代, の川遊び, の巴渦, の平安朝, の幼い, の幾百年, の彼方, の忘れられた, の思い出事, の思い出話, の思い出語り, の思ひ, の恋, の恐ろしい, の恥, の想い出, の我等, の戦勝, の支那, の故郷, の新曲, の春, の朝, の歌人さ, の歴史, の物語りで, の状態, の狐退治, の猫, の移り香, の空想, の自分, の自身, の航海者, の芭蕉, の華やか, の蝙蝠, の襤褸, の言い伝え, の遣唐使, の静けさ, の風俗, はかりに, はやはり, は相州三浦, は知らず, は踊りたい, ばかりでなく, まだ星雲, まで溯っ, や江戸, を, をお, をおも, を忘れ, を思い出し, を想, を想い返, を記念, を語つて, を鮮明, 入りこんだ蒙古人, 我が邦, 遠い国

▼ 遠い~ (290, 4.2%)

6 へ行っ, を見る 5 にある 4 へ逃げ, をよく 3 のもの, のよう, の物, へ水, へ行きたい, を見

2 [27件] からのよう, からわざわざ, から人, から持っ, から来る, から聞え, である, でせう, でもない, と近い, にい, にいる, になつ, にゐる, に住ん, に居, に来た, に注がれ, に立つ, に行く, は, へ, へ消え, も, をお, を見つめ, 高い所

1 [193件] い逃げたん, からけふ, からし, からたとえば, からのみもの, からは手紙, からまで臣民, からみな法王政府, から一斗ダル, から何だか, から來, から俥, から冷やか, から出, から匂っ, から帰っ, から戻つ, から敬, から文字通り, から春, から木の葉, から来, から来た, から珍芸, から透きとおる, から通っ, から金, から青い, から風, がある, がよい, が見える, さ行くだ, じゃなし, じゃア, だったと, でお, でかう, でこの, ですから, ですが, でする, でだれ, でのよう, ではございません, ではなかつた, ではなし, では時計, では東北, でぴかぴか, でもわし, でも見る, でミサ, で一しきり, で五哩, で作らせてる, で同じ, で幾年, で投弾, で極, で砂利, で腹, で誰, で調子, で遠吠え, で錯雑, で震え, と計り思つて, なの, なのね, なら知らずお, に, にあつ, にあり, におりん, になっ, になる, にはいらっしゃらない, には緑, に二度, に僅少, に向っ, に坐っ, に宿, に我々, に据え, に据ゑて, に旅, に木, に木の葉, に根, に波, に浮かん, に火, に田, に眼, に私, に立っ, に線, に置い, に置き放し, に行つて, に赤い, に離れ, に黙然と, のさびしい, のほう, の下屋, の事, の人, の動揺, の声, の存在, の御簾側, の様, の武族, の瓦斯, の美しく, の街灯, の表門, の貝, の音, は他, は廻らず, へこいつ, へつれ, へでも失, へでも往, へでも越す, へわざわざ, へ一しょ, へ丁度水, へ出, へ参ります, へ彷徨い出し, へ心, へ持っ, へ捨てさせました, へ旅行, へ漂わせた, へ独り, へ移さなけれ, へ窮屈, へ節子, へ行かういふ, へ行かせよう, へ行かなけれ, へ行かれる, へ行く, へ行っし, へ行つたの, へ行つて, へ行つてしまつてダンサー, へ行つて皆なに馬鹿, へ談笑, へ豚, へ走り去りたい, へ迷っ, へ追っ払っ, へ逃げ走つ, へ通っ, へ雉子打, へ離し, へ顔, へ飛び去っ, へ高飛びしてしまったにちがいないです, までウカウカ, まで白く寂しく, まで直線, まで私, まで行, まで飛ん, も家, を, をいらした, をじっと, をたいへん, をどうも, をなに, をわざわざ, を手荒, を持っ, を指し, を歩い, を爆弾, を眺め, を見た, を見てる, を見なく, を見渡す, を視つめる, を訪ね, を遮つ

▼ 遠いもの~ (197, 2.8%)

13 である 10 であった 9 であること 6 はない 4 では, は小さく, は橙 3 だから, だった, だと, であ, ですから, になっ, のよう, はなかっ

2 [15件] か, が我々, だ, であつ, であらう, であるか, であるが, であると, でなくて, で文化的教養, となつ, となる, になつ, はありません, を近く

1 [93件] かは今さら, から嫁, があった, があり, がある, があろう, が平生, が想, しか得られませんでした, だったの, だつた, だろうか, だ高い, であったかも, であったけれども, でありおそらく, であります, であり趣味的, であるかを, であるだけは, であるといふ, であるに, であるの, である所, であろうと, でした, です, ですよ, でた, でどうしても, でない, でないこと, でなかったかと, でも眺める, で私, で言, で青白く, としかならぬ, としてそれゆゑ, としてほか, として現れた, として遥か, となっ, となった, とならざる, となり, と二つ, と云わね, と考へ, なの, ならば, にし, にしか考えられない, にしか聞え, にちがい, になり, になるであろう, に対する精神的, に思われ, に感じられる, に憬れる, に至つて, に行われ, に見える, に違い, ね, の支配, の気, はかえって, はたくさん, はなく, は五分, は叙事詩, は斯校長, は益々, は遠い, ほどその, ほど反感, ほど小さく, ほど近い, まで交っ, まで種々, もある, らしい, を取り込む, を探しあてた, を書かない, を最も, を歴史, を眺め, を考える, を見, を試みる

▼ 遠い遠い~ (197, 2.8%)

15 昔の 6 所に 5 海の 4 処へ, 昔に, 沖の 3 ところに, ところへ, 国へ, 所へ, 過去の 2 お国, ところから, 国の, 地の, 小坂の, 少年の, 山の, 所から, 父親を, 空氣を

1 [124件] あちらの, かなたの, ことで, その国, ところで, ところを, と言い, べつの, むかしに, むかしの, メリケンから, 万葉時代の, 不思議な, 世界へ, 事柄に, 人間の, 以前の, 何処かへ, 先の, 冥途からの, 処で, 処に, 処の, 処まで, 前世界, 前進の, 北の, 北の方へ, 印度で, 原始時代に, 反響が, 古事記などの, 向うに, 向うの, 呼び声を, 唐天竺を, 地下の, 地獄の, 地球目がけ, 声が, 外国の, 夢の, 大昔から, 大昔に, 大昔には, 大昔の, 天上から, 奥の, 奥山の, 宇宙の, 實在へ, 實在への, 山巓を, 平安と, 年代や, 彼岸でございます, 彼方の, 彼方迄, 思い出が, 憶い, 所で, 所の, 文化の, 旅で, 旅を, 日厩舎藁の, 昔, 昔だ, 昔です, 昔ばなしの, 昔まだ, 昔入りこんだ蒙, 昔語りと, 星と, 星の, 春の, 昨日から, 月の, 木魂の, 未知不可思議の, 末梢に, 正面には, 歩いては, 気もちが, 気持に, 水上から, 江南の, 沖合いに, 海と, 海原の, 海底へ, 涯てしも, 渓流の, 灰色の, 無限の, 現世の, 疎隔が, 百歳が, 知らない所, 祖先からの, 祖先が, 祖先である, 祖先の, 空に, 空の, 窓の, 窟の, 自由な, 色だ, 草原の, 處から, 街道で, 記憶の, 記憶を, 越の, 路を, 過ぎた日, 過去と, 道でしょ, 道を, 銚子の, 雪の, 靈感の, 風

▼ 遠い~ (156, 2.3%)

13 である 9 です 85 かい, ですか 4 だ, では 3 はぼうっと

2 [14件] かしら, かね, が第, だから, だし, であります, であるが, とで村, と近頃, は, は苦, を取上げた, を思う, を我慢

1 [77件] かえ, かその, かそれとも, かと大きな, かな, かも知れない, か分らない, か外, か大きな, がどことなく, が幾度, が欠点, が毎, が現, が耳, が能呂川, が解る, が麻布, じゃそれで, だけどすぐ, だなと, だよ, であるから, であるにも, であるまいか, であろうか, であろうかと, でございましょう, でした, でしょう, ですから, ですが, ですけれど, ですね, でも, でよく, で困っ, とで顔, とわたし, と熱, と雑音, にゃ驚ろ, に恐入ました, に比し, に驚く, はいい, はぼう, はわし, は一町, は人, は今, は信州, は少し, は明らか, は昔, は春, は時には, は東北, は段々, は越後頸城地方, は驚きません, もあるらしい, もこの, も厭, も知らず, をかまわず, をガラツ八, を不思議, を仮, を前, を嘆かない, を好都合, を笑止, を苦, んか, 口軽と, 聞かなかったの

▼ 遠い~ (142, 2.1%)

5 から来た 3 にある 2 から幽, のよう, へ来, へ行く, へ身, まで一緒

1 [122件] え行くてえ, か, かね, からお出で, からその, からやつ, から何, から呼ん, から大浪, から始めよう, から年, から指, から来る, から私, から聞え初めた, から訪れ, から誰, から遠目金, から降り, があります, が有り, ださ, であろうか, ですか, でなく海, ではねえ, では出羽, でもよろしい, でケタタマシク吹, でゴウゴウ, で僕, で地, で幽, で歌, で蒲公英, で鳥, とお, とは思はない, と許, なの, なン, にお, にぼんやり, にまで行く, にもある, に住まっ, に何となく, に在る, に学校の, に居た, に幽, に影, に散っ, に来, に澎湃, に聞える, に聞き取っ, に行く, に行つて了, に見えました, に赤い, に黄色い, の国, の妓楼, の存在, の宿屋, の山の上, の方, の昼夜, の景色, の血, の質屋, の野原, の鼠, は不便, は九州西国あたり, へお出で, へひ, へまで行つて, へも行けない, へも飛び散っ, へ勤め口, へ向った, へ引っ越す, へ持つ, へ散り薄れかけ, へ消え, へ立去った, へ行, へ行かう, へ行かなく, へ行かん, へ行きたい, へ行っ, へ行つて, へ行つてしま, へ逃げる, へ連れ, へ運び去っ, へ運ん, へ風, へ飛ぶ, までも一ペン, まで一, まで来, まで来た, まで行かず, まで運ん, まで餅菓子, をいらした, をやって来ました, をわざわざ, を大変, を引張っ, を当て, を御, を来た, を能, を見つむる, を見ました, を見る, を見詰め

▼ 遠い~ (129, 1.9%)

5 の方, へ行っ 3 から来た, のこと, へ行く 2 から出, から持っ, から来, には戦, には沢山, に向おう, へ, へと再び, へ行つて, へ飛ん

1 [90件] からきこえ, からきた, からこの, からそこ, からでも渡っ, からでも祈願, からの参詣者, からやって来, から入り込ん, から実は, から帰る, から志, から村, から来た知らない, から来てる, から此国土, から此心, から海, から移住, から綿, から買い, から遙, から遣わされ, から鐘, から集まっ, から高慢げ, ってどちら, であるから, でなど育てられ, で一所, で写した, で別れ, で年, で昔, で聞い, で行, で起っ, などから長く, にある, にいた, にいる, にさすらい, に住ん, に多く, に居る, に旅, に混血児, に漂泊, に行つて, のおもしろい, のお伽噺, のお伽話, のしかも, のでき, のガスコン族, の人, の使, の出来事, の地名, の宮殿, の少年, の思出, の歌, の炭鉱, の熱い, の知らない, の礦山, の臭, の若者, の藍, の蛇, の軍隊勤め, の面白い, へいく, へお, へきた, へでも尋ね, へでも連れ, へゆく, へ帰る, へ帰ろう, へ引っ越し, へ引っ込もう, へ引込んだ, へ旅立つ, へ来, へ流れ着きました, へ立退い, へ連れ去つ, をおも

▼ 遠い~ (100, 1.4%)

5 から帰っ, に出る 4 に出 3 に上った, の空, をつづけ 2 にでも出た, に上っ, に上る, に行く, をさせ

1 [67件] からお, からよく, から帰つた, から帰つて, から年, から抱い, から疲れ, が出来ない, であったが, でそれ, でもねえ, で暮した, で知らぬ, にある, にお, にでも出なけれ, にでも行った, にまで逃れ, にも出た, に上るべき, に出かけよう, に出た, に出たい, に出たせゐ, に出よう, に出掛けた, に暮した, に来, に来た, に立つ, に立つた, に行った, に送つた, に鹿島, のこと, の思立ち, の果, の空想, の記念, の話, の途中, の間, の鞄, は一再, へお出かけ, へでもたっ, へでも出るらしい, へでも行かれる, へねえ, へ出る, へ迷い出る, へ送り出し, までも踉, まで持っ, や都, をかけ, をし, をした, をしました, をする, をつづけなけれ, をほのぼの, を思う, を思ひ立つ, を案じ, を続け, を記念

▼ 遠い過去~ (95, 1.4%)

7 のこと 3 のもの, のやう 2 から目, の人, の生活

1 [76件] からの存在, からの集団, から現在, か未来, が再び, が思ひ出され, であったよう, であるから, であろうと, でないある, ではない, ではなかっ, でもない, としてながめうる, となった, と未來, と遠い, なれど, にさかのぼる, にぞくする, になっ, になった, になる, にねじ向け, にのみ注目, にはあった, には小さな, にまで反映, に帰っ, に持っ, に描い, に於, に求める, に没し去つた, に溯ったら, に焼きつけられた, に置きざり, に読んだ, に追いやられ, のそれ, のよう, のペイジ, の中, の事, の人々, の人物, の人生, の出来事, の夢, の実感, の恋人, の敵意, の時代, の朧ろげ, の果, の民族生活, の気, の水脈, の生前, の生涯, の藝術, の記憶, の話, の過ち, の遺産, の青春, へ押しやられ, へ追いやった, までをふと, や異郷, をのぞき込む, を思え, を思ひ浮べ, を描い, を眺める, を顧

▼ 遠いこと~ (94, 1.4%)

30 では 5 のよう 4 でも 2 だ, や買物, を知った

1 [49件] いちばん複雑, がある, が分っ, が却って, だけは能, だろう, だ三里, でありました, であろう, でございます, でござったろうな, でしたが, でしょう, でせう, でないが, とか或はまた, と思う, なの, なので, なんかある, においては日本一, になる, に気がついた, の自覚, はいう, はすでに, は君, もあり, もありません, もみんな一緒, も苦, や土地, や畳, をしない, をも注意, を彼, を思った, を恐ろしい, を想像, を意味, を感じた, を改めて, を洩らし, を発見, を知る, を突然, を考えだす, を考える, を語っ

▼ 遠いので~ (78, 1.1%)

2 あつた, エレベエタアで, 其処に, 真夏に, 自宅で, 誰も

1 [66件] いくこと, おそらく聞えなかっただろう, このごろは, これも, ござります, さう, しかたが, しっかりとは, その光る, その手, その挨拶, それを, そんな聲, ついたら十時, とても時どきは, なか, ひさしくあの, もうくる, よくわからなかった, よく判らない, よく聞えない, よく聞えません, わたくしは, 一飯を, 三人の, 何だかそこ, 何を, 健は, 八時でも, 凹凸は, 劇しく, 困ると, 夏の, 子供たちは, 小さく動い, 左官屋の, 差向き真, 影響は, 彼は, 彼を, 往かなかった, 意味は, 戸締りや, 手紙で, 曽て, 梯子が, 気がつかないらしく黙って, 確かには, 納得させる, 聞えなかった, 落款を, 行かれなかった, 話し声も, 話も, 詳しいこと, 通学には, 部屋へ, 間の, 雷鳴様の, 雷鳴樣の, 顔に, 顔の, 顔は, 首を, 鳴かん鳥, 鹿島槍ヶ岳の

▼ 遠い~ (76, 1.1%)

5 のかなた 3 から御, に, の星, を眺めた 2 の下, の中, の方, を望む, を見, を見つめ

1 [47件] からさし, からの夕映え, から下り, から伝はつ, から彼, から泣き狂, から漸く, から異様, が影, が見える, でにじみ流れ, では時々, との間, などをながめ, にあっ, には星, には稲妻, には綿, には薄, に捺された, に汽船, に消え, に白山, に素裸体, に聳え, に薄, に見つけた, に走り初めた, に雪, のはて, の一つ, の不可思議, の向, の彼方, の極, の燃える, の雲, の雷鳴, の青, は黄褐色, ばかり気, へ遁げ, をでも, を指さした, を望み凝した, を見たら, を見守った

▼ 遠いよう~ (60, 0.9%)

5 でも, な気 4 だが 3 だ, で近い, な近い, に思われる 2 であるが

1 [32件] だけどな, でありました, である, でございますの, でしかも, です, では, で決して, で近く, なボーッ, な又, な待, な心, な心持, な悲しんで, な感じ, な所, な盛り, な近く, にも聞えるだ, にも見え, に思います, に思うた, に思えました, に思っ, に思われ, に思われた, に思われません, に見え, に近い, に霞む, 小さい字

▼ 遠い~ (60, 0.9%)

4 の頂 3 の中 2 のフクロウ, の影, の間, の雪, を見

1 [43件] からそれ, からは蜩, から吹い, から炭焼小屋, しか見た, だけ白く, である, ですが, と呼ばれ, に歯, に花見, のあたり, のかげ, のかなた, のずつと先, のなか, のほう, の前, の向, の国, の奥, の姿, の峰, の彼方, の方, の温泉場, の田舍, の蔭, の電柱, の魔, の麓, はみな霧, は大方, は白く, は雲母, も嶮, をはじめて, を中心, を望んだ, を見る, を識別, 近い山, 遠い人間

▼ 遠い~ (55, 0.8%)

4 の向う, を越え 3 のはて, の方 2 と空, のあちら, のあなた, のかなた, の上, の彼方, をこえ

1 [27件] から来る, にも持っ, に夕空, に漕ぎ出し, の光, の外, の果, の色, の鰹, へつかわされた, への長旅, へ出, へ急い, へ流れ, までなど運べる, まで泳ぎ, まで行け, よ, をおし縮め, をながめ, をば, をみる, を漕い, を見守っ, を踰, 鳴か山, 鳴の

▼ 遠い親類~ (54, 0.8%)

2 だと, で, に当る, のところ, のよう, の娘, の者

1 [40件] がある, が引, ぐらいの共通点, しか居りませぬ, ださうです, だとか, つづきに, てどこ, でありますが, ですが, で最近孫娘, で良い, で雇人, といふこと, にあずけ, にあたるその, にあたる千葉市, にあたる松川, にさ, に泊つた, に預け, に預けた, に預けつ放し, のやっ, の人, の人たち, の人達, の厄介, の形, の次男, の焼, の男, は田舎, へ歸す外, もある, も近い, や楽壇, や町内, より近い, を相手

▼ 遠い~ (52, 0.8%)

4 いっても 2 いって, 云ふ, 来て

1 [42件] いうから, いうだけ, いうであろうか, いうので, いえば, いったが, いふより, いふよりも, いわなければ, こい出なあかんぜ, こさ, これを, ほいむかし, わしは, 乳屋が, 云うに, 云うの, 云うよう, 云って, 僕は, 定まって, 定まつ, 思うと, 思うね, 思ったの, 思った事, 思って, 思つて安心する, 思はれる, 思はれるが, 思ひました, 想われる中津川, 感じたの, 批評した, 答える, 考えられるスピノザ, 見えて, 見て, 覚しく峰, 覺悟し, 言いながら, 言われるかも

▼ 遠い将来~ (52, 0.8%)

14 のこと 4 ではない 3 の困難 2 ではございますまい, にある, の事

1 [25件] だけで, であるかも, であるかを, であろうが, でなく来るだろう, でなければ, でよろしい, とを同時に, と思われ, においてしか樹立, にこの, には大沼, にまでにはたとえどう, に於, に移す, のいつか, の予想事, の出来事, はいざ, は私, までは生活資料獲得, をかけ, を目指し, を考える, を考へ

▼ 遠い~ (50, 0.7%)

11 ですか 6 ですもの 3 ですから, ですね 2 だから, でしょうか, です, ですなあ

1 [19件] じゃない, だ, だと, だな, だね, だねえ, だよ, だろう, でございますか, でして, でしょうかねえ, ですが, ですがね, ですと, ですの, ですよ, でせう, でね, で驚きました

▼ 遠いから~ (49, 0.7%)

32 何を

1 [44件] いい気味, いくら大声, その合圖, それが, だが, だろうが, ちっともあたらない, である, できるだけローソク, です, では, で高, どうか些, ひと先ず, もう行けない, よくない, わからなかったわけ, わからなかつたわけ, わたしが, 三日經た, 下宿を, 体を, 俗用は, 傍へ, 其の密接切實, 可かった, 大久保あたりか, 弁当を, 滅多な, 無理でしょう, 神田小川町の, 私の, 私は, 私まで, 競争者も, 聞いた事, 行くこと, 赤くも, 路端の, 軽いつづら, 軽い方, 長谷あたりの, 顏までは, 鶏の

▼ 遠い~ (45, 0.7%)

4 を歩い 2 ではない, を歩いた

1 [37件] が彼, が間, だよ, であったこと, でしょ, ではありません, ではなかっ, ではなく, では無く, とキツネうどん, には私達, のはずれ, の轍, の遠かっ, はいつも, をいつさん, をかよっ, をただ, をはるばる, を一刻, を下宿, を学校, を御厨, を歩かなけれ, を歩き, を歩きつ, を疲れ, を行かね, を行っ, を走らせられる, を迂回, を逃げ果せる, を通学, を遠し, を電車, を飛ん, 歩いて

▼ 遠い世界~ (43, 0.6%)

3 の出来事 2 だ, のこと, のはて, の人

1 [32件] からいつ, からおいで, からの不思議, からの愛, からやつ, から帰つて, から故郷, から聞え, にいる, において行われます, につながる, になっ, にわかれ, に住む, に距, に遊ぶ, の, のやう, の娘達, の帽子外套, の果て, の話, の部分, の雲霧, の音, の響き, へ引入れられる, へ押し流され, へ流れ, へ行っ, をながめる, をみた

▼ 遠いむかし~ (40, 0.6%)

3 の人 2 のこと, の事, の夢, の話

1 [29件] からのながいながい, から私め, この辺り, である, には島後, にひき戻された, に与助, に御, に日本, に書いた, に生き, に起った, のよう, の出来事, の友達時代, の名, の悔恨, の日, の熊谷蓮, の粧い, の縁, の考え, の血, の記憶, は丹波山城, は右馬, は大, を思, 初めて殿

▼ 遠い~ (38, 0.5%)

2 手に, 故に美, 花の

1 [32件] いちばん好きである, ええかと, おいらが, おそろしい力, お世辞, それでもここ, 一度活動, 一番やっ, 三階の, 佐渡ヶ島を, 俺の, 元気を, 其の成書, 向こう横町, 唐天竺近う, 商売だ, 四六時中の, 大将が, 安全な, 帝が, 広さ, 感じよし, 手水を, 日の, 曾祖母も, 本郷や, 猫が, 目標は, 行つ, 見てくれは, 赤坂御, 路は

▼ 遠い祖先~ (38, 0.5%)

3 の時代 2 のこと, の事, の本能, の歴史

1 [27件] からの数限り, からの遺伝的記憶, から一本立ち, から伝えられ, から伝った, から受継いだ, が山林, が見たであろう, である微生物, と大陸, と當時, によほど, のもの語り, のスペイン, の収穫, の女, の宇治川先陣, の思想, の慾望, の政略, の文芸思想, の方, の昔, の生活, は既に, は鎌倉時代, をたどる

▼ 遠い以前~ (34, 0.5%)

2 から鈴木家, だが, に掘られた

1 [28件] からのかの, からの歴史, から土着, から特色, から相当, から紛糾, から誓い, から近所, から通用, から関羽, つれあひと, となった, にあっ, にさかのぼっ, にぼく, に云つて, に振り返られた, に斎藤家, に見られる, の, のこと, のそれ, の事ども, の作品, の校番室, の習慣, の記録, の関係

▼ 遠い親戚~ (33, 0.5%)

6 に当る 3 にあたる 2 だという

1 [22件] がある, だらう位, だろう位, であった, である, とか母方, として其, などよりは多少, なの, にあたっ, に引きとられ, に当たる, に当たるエミリー, に当たるピョートル・フォミッチ・カルガーノフ, の一人, の中年, の息子, の節ちやん, の者, の者等, や無尽講, を頼り

▼ 遠い田舎~ (31, 0.4%)

2 の方, の秋

1 [27件] からこんな, である, で細君, と街, にいち早く, にいる, にさすらう, にはまだ, にやられた, のほう, の人, の人となり, の女, の家, の山, の幾年, の昔風, の親戚間, の親類先, へ, へいらっしゃいます, へお移り, へでもいっ, へ伴, へ行く, へ連れ, までも配られ

▼ 遠い~ (29, 0.4%)

8 のこと 5 の方

1 [16件] だし, ではな, ではない, にあった, にはせぬ, の単なる, の幸福, の考え, の血液, の話, の運命, は荒木田氏経, は観, へ行っ, も, を見込んだ

▼ 遠い距離~ (29, 0.4%)

3 がある 2 にある, に伴, に立っ

1 [20件] だ, でありました, ではありません, ではない, ではなし, でも時間, においてある, において明白, に当る, に退いた, の奥, の後側, まで投げ出される, を保ち, を保っ, を意味, を感じる, を置い, を越え, を距

▼ 遠い記憶~ (28, 0.4%)

4 のなか 2 に結びつい, の中

1 [20件] がある, が引き出された, が徐, が甦える, が甦っ, と眼前, に応え, のかすれた, のかなた, のよう, の底, をおぼろげ, をたより, をわし, を呼び起す, を思い出そう, を辿っ, を辿り, を辿る, を追

▼ 遠い~ (26, 0.4%)

2 を歩い, を駈け通し

1 [22件] が苦, だ, ではありません, ではない, には身体, に馴れぬ, のどこ, も思わず, をこれ, をはるばる, をば手繰り, を上がった, を急い, を来, を来る, を此日, を歩, を歩かなくっ, を歩き, を通っ, を運ばれた, を遠く

▼ 遠い~ (25, 0.4%)

2 眼も

1 [23件] お医者さま, お金が, かなり急い, そんなこと, なんの, ひどく寒い, また八王子, 人も, 佐野の, 何ぶん留守を, 何處で, 余計な, 前は, 口が, 境遇も, 年は, 技術の, 来ても, 気がついても, 石の, 舟の, 足は, 身寄りも

▼ 遠い未来~ (25, 0.4%)

4 のこと

1 [21件] があるであろう, であった, でないこと, ではあるまい, ではない, と現在, において始めて, に保存, に出現, に向, に延ばし得る, に延びた, の事, の全体, の希望, の幸福, の真理, は全く, までその, まではわからない, を考へさせ

▼ 遠い~ (25, 0.4%)

4 の方 2 にいる, へいっ, へ使

1 [15件] からはる, から名高い, から朝, で奏で, にお祖母さん, にひとり, のほうこう, の商業学校, の屋根, の市場, の燈火, の空, の製糸工場, の貸本屋, へ遊び

▼ 遠い~ (25, 0.4%)

2 へ行く

1 [23件] から, から旅, だと, でゴウゴウ, とは思はない, と許, に居る, の血, へいらつ, へ何故, へ向つたの, へ散歩, へ職, へ職業, へ行, へ行かう, へ行かん, へ行きたく, へ行つて, を尋ねる, を引張, を見る, を詮索

▼ 遠い~ (24, 0.3%)

2 の島

1 [22件] から近づい, だった, で, で火, ならたぶん, にいる, にぐるり, にばかり遊心, に違い, の井戸, の井戸水, の寄席, の水, の渚, の端, の蓮, の裏階子, は上, は暗く, ばかりを見, へ耳, を眺め

▼ 遠い~ (24, 0.3%)

5 のこと 2 の思い出

1 [17件] からの根元的, があたっ, ではございませぬ, ではない, と覚悟, にうし, に希望, に死に別れ, のみやこ鳥, の予感, の事, の向う, の悔恨, の日, の浪華, をなつかしむ, を夢みる

▼ 遠い先祖~ (23, 0.3%)

2 のこと, の遺族

1 [19件] から伝えられた, から南朝方, から恐らくは, があり, が二本, が生き, が經驗, が起き, となるべき, に遡っ, の世話, の代, の墓, の建立, の祭り, の記念, は六孫王経基, は冬, を記念

▼ 遠い地方~ (23, 0.3%)

1 [23件] から徴用, から来, から東京, ではない, でも知らない, で作, で田舎奉行, との一致, にはいわゆる, にも分散, に多い, に現れた, に飛ん, の事, の人, の新聞社員, へ出張, へ持ち込ん, へ落ちね, へ送り出し, までこの, まで出張ッ, まで旅

▼ 遠い外国~ (23, 0.3%)

2 の旅

1 [21件] しかも日本, で便り, とか交通不便, に東京, に生活, に自分, に行っ, の意外, の方, の楽器, の海, の港街, の西班牙, の質素, へ, へおい, へ帰る, へ往, へ旅立つ, へ行く, を遍歴

▼ 遠い山々~ (23, 0.3%)

2 を望む

1 [21件] からわけ, から琵琶, が見え, にはまだ, にはまだかなり, に隠れ潜ん, のくらく, の一部分, の峰, の彼方, の線, の胸, の雲, の頂, は累, は重く暗い, は隠れ, までもとどろき渡る, まで桔梗色, も容, も見えた

▼ 遠い~ (23, 0.3%)

5 の方 2 のほう, の彼方, の果て

1 [12件] から泳い, から裏, が瑠璃色, で発見, のかなた, の波, の海鳴り, の離れ島, へ流され, へ目, を帆, を走っ

▼ 遠い土地~ (22, 0.3%)

2 の人民

1 [20件] から移植, から集っ, だけに余り世間, でも昔, で暮さなけれ, にたいする怪しい, にばかり友だち, にまで来, に向, の, の荷物, の間, はどこ, へいっ, へも神, へやる, へ息子たち, へ行かう, へ行つて, へ連れ

▼ 遠い~ (20, 0.3%)

7 では 2 で無いと

1 [11件] から今日, がそこはかとなく, であろうと, に思える, のやう, のよう, の様, は爭, を思, を考え, を話し

▼ 遠い彼方~ (20, 0.3%)

2 の別世界

1 [18件] でよい, で入学試験, で捲き上っ, となっ, にある, に住ん, に右, に山々, に幾組, に幾重, に棚引かし, に目, のそれ, のもの, の祭壇, の空, を流れ, 迄遡る

▼ 遠い~ (19, 0.3%)

2 のさま, の姿, の有様

1 [13件] にあっ, のそれから, のつながり, のよう, の何もの, の彼, の思い出, の暮し, の松風, の物語, の話, の雑音, も今

▼ 遠いけれど~ (18, 0.3%)

2 泊めて

1 [16件] お母さんは, どうかと, ふんぱつし, まあ通っ, まだ一里, サナトリウムの, 九州の, 何う, 俺は, 感激は, 灯に, 矢張り此の, 行つて頼んだ, 鎭守の, 鎮守の, 間違が

▼ 遠い~ (18, 0.3%)

2 をおも

1 [16件] だけに迦陵頻伽, だった, だとしか, であつ, と歩い, なら此, になっ, に物, のいたこ, のため, の叫, の常, の音楽, は耳, を佃煮, を迎えた

▼ 遠い他国~ (18, 0.3%)

2 へ出かけ

1 [16件] からも色餓鬼ども, で暮らす, なの, にくる, にまで名, に嫁いだ, に来た, の樹, の若者, へ売り渡す, へ売る, へ流れ, へ流浪, へ行った, へ走る, へ追いやっ

▼ 遠い~ (18, 0.3%)

5 のよう 2 のやう, の中, の国 1 か何, なの, の跡, をでも思い起す, をでも辿る, を武蔵, を見

▼ 遠いやう~ (17, 0.2%)

2 でも, な気

1 [13件] で, で且つ, で心, な感じ, な物, な近い, な關係, にも思はれる, にも聞え, に且つ, に思つて, に思はれ, に思はれる

▼ 遠い~ (17, 0.2%)

5 の国 2 の方, の海 1 の, の八丈島, の土耳古玉, の孤島琉球, の果て, の永久夏, の空, へ旅

▼ 遠い地平線~ (17, 0.2%)

2 のあたり

1 [15件] とは見えなくなる, どころか, には白い, のあちら, のかなた, のほう, の上, の彼方, までも一帯, をうち, をながめました, をもってる, を眺めやった, を眺める, を限る

▼ 遠い~ (17, 0.2%)

2 のところ, は答えました

1 [13件] がさして, が日がさ, が見ちがえる, であったという, はいいました, はびっこの娘, はふるさと, はまた, はみんな, は急, は日がさ, をうらやましく, を村

▼ 遠い~ (17, 0.2%)

1 [17件] から拝み, との文化, にさいた, に住ん, に家, のお宮, の中, の人, の名, の姻戚, の子供, の寺塔, の方, は譬, へ稼ぎ, までご用, まで出かけ

▼ 遠い故郷~ (15, 0.2%)

1 [15件] から兄, から私たち二人, にあこがれる, にある, にただ一人, に帰っ, の, の囲炉裏端, の家, の實状, の父, へ帰っ, へ舌, を思ふ, を眺める

▼ 遠い時代~ (15, 0.2%)

2 ではない

1 [13件] から漠, から遺つ, にその, のこと, のにおい, の人々, の夢, の夢物語, の暴圧, の柱, の現実, は京, へと思い

▼ 遠い~ (15, 0.2%)

2 が聴

1 [13件] がし, が明るい, だったが, だのいかにも, であった, と響, なん, にまじ, もまた, を聞い, を聞く, を聽, を返し

▼ 遠い~ (14, 0.2%)

5 の世界 1 が消える, と話, のやう, の中, の光, の国, の輝き, へまでもと, も自分

▼ 遠い~ (13, 0.2%)

6 近いか 2 近いかの 1 え, わからないから, 事に, 形も, 特に危険

▼ 遠いという~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことが, ことこれが, ことそこに, ことそれゆえどんな, ことは, ことを, たまでの, とっさの, のが, 事も, 人間の, 条件の, 結果を

▼ 遠い~ (13, 0.2%)

3 のこと 2 の世, の事 1 からのこと, でない事, でなくこの, に既に, の唐, 世界の

▼ 遠い~ (13, 0.2%)

2 の国

1 [11件] のおばあさん, のはて, の島国, の沖, の海辺, の空, の窓近く, の雪国, の青い, の青い青い, や東

▼ 遠い向う~ (13, 0.2%)

1 [13件] から小さい, にちょん, には海, に或, に置い, に薄い, のとおちょぼ口, の國, の峠, の木の間, の林, の街, の遠い

▼ 遠い~ (13, 0.2%)

4 の方 2 で考え 1 が見えた, で感じ, で考えてる, にある, の端, へ鳴り続い, を金槌

▼ 遠い~ (13, 0.2%)

4 の中 2 の底 1 から声, で呼ぶ, に一揆, に消え, に聞えた, の裡, を貫い

▼ 遠い~ (12, 0.2%)

3 国へ 2 渡りに 1 もんぱかりをなされていたものではあるまいか, 国で, 国に, 旅をば, 続きとやら, 菊の, 霜婆さんは

▼ 遠いです~ (12, 0.2%)

4321 から漁, ごらんなさい, ねえ

▼ 遠い~ (12, 0.2%)

2 の古, の方 1 からでも光つて來, から旅, から都, の戀, へでも行く, へ來, へ往, へ行く

▼ 遠い山脈~ (12, 0.2%)

1 [12件] からは雲一つ, が襞目, と白い, と遥か, にとりかこまれた, の一端, の姿, の断片, の方, の襞, まで耀き, をうす黒く

▼ 遠い~ (12, 0.2%)

2 へお 1 から急い, から来る, が眺められた, で考へ, にでも流され, にでも流された, にでも集まっ, にもやはり古く, まで帝, もその

▼ 遠い~ (12, 0.2%)

21 と考えられる, と考へられる, のはずれ, のアレクサンドリア図書館, の国, の山, の日本, の果, の空, の都

▼ 遠い~ (12, 0.2%)

3 の灯 1 にいます, にまで其の, に兄, に変, の鐘, の雑閙, へで, へ出ない, を離れた

▼ 遠いため~ (11, 0.2%)

1 [11件] かえって昔, にいよ, にはた, にはっきり, に上述, に單, に泊り, に深夜, に硫黄, に遠, 早く損じ

▼ 遠い古代~ (11, 0.2%)

1 [11件] からすでに, からすでにそう, と最も, に発見, に着眼, のこと, の人, の出発点, の楽器, の遣唐使船, も疑ひ

▼ 遠い思い出~ (11, 0.2%)

2 の奥 1 がある, が擁護, となっ, にすぎなくなった, になりました, にひたる, の故郷, へ運ん, も近い

▼ 遠い~ (11, 0.2%)

2 の中 1 から朝, とが見晴らせた, には夜, に木谺, の上, の方, は麥, を指し, を黒く

▼ 遠い異国~ (11, 0.2%)

1 [11件] からやって来た, から連れ, ではござらぬ, に対する憧憬, に来, に移住, のこと, のはなやか, の亜剌比亜, の方, の歴史

▼ 遠い異郷~ (11, 0.2%)

2 の空 1 から帰っ, で毎朝, に去っ, に赴こう, の客舎, の方, の旅なぞ, へき, へ來

▼ 遠い近い~ (11, 0.2%)

2 山々が 1 いろいろの, の問題, を見わける, 山々, 数限りも, 木立の, 林には, 親戚とか, 親類まで

▼ 遠い郊外~ (11, 0.2%)

1 [11件] とかまったく, に住ん, に出た, の匂い, の引越先, へ出かけた, へ出勤, へ持っ, へ運びだした, までそれ, まで行かなく

▼ 遠い人間~ (10, 0.1%)

1 だつたの, なの, になっ, になる, に比べ, のす, の住ん, の血汐, を私, 遠い出来事

▼ 遠い~ (10, 0.1%)

2 えから 1 からの遺習, の代, の荀子, の話, は山, への空想, よりし, を偲ばし

▼ 遠い~ (10, 0.1%)

1 からの友人, に来, の下, の底, の果, の果て, の陸奥守顕家, へ來, を尋ね, 鳴の

▼ 遠い思ひ~ (10, 0.1%)

3 出に 2 出を 1 がする, をなつかしむ, 出であらふ, 出なぞは, 出の

▼ 遠い~ (10, 0.1%)

21 でも寝られません, の独り子, の過去, の頭, はさしあたり, は詩, をひそか, を窘

▼ 遠い~ (10, 0.1%)

6 の山 1 ぞら, と近い, の夜, をふと

▼ 遠いほど~ (9, 0.1%)

1 お綱, よかった, 兄の, 先の, 増加する, 愉しい天明, 時間を, 風に, 餘計に

▼ 遠い水平線~ (9, 0.1%)

2 の向こう 1 がある, とが交っ, のよう, の向こう側, の方, は黒く, を眺め

▼ 遠い~ (9, 0.1%)

3 の叫喚 2 の上, の音 1 のうねり, は青螺

▼ 遠い~ (9, 0.1%)

1 にある, にいる, に里見十左, のもの, の方, へ引っ越されました, までは見えない, れから, れよの

▼ 遠い西~ (9, 0.1%)

3 の方 2 の国 1 の國, の山々, の空, の端

▼ 遠い郷里~ (9, 0.1%)

1 から私, から身体, のほう, の九州, の実家, の實家, の山, の當, の老

▼ 遠いかなた~ (8, 0.1%)

1 から吹く, で時々, にゆらゆら, に幸福, に遠山, の国, の田野, の空

▼ 遠いその~ (8, 0.1%)

1 三十三年の, 代り果てしの, 国へ, 地の, 果も, 眺望の, 稜線の, 端に

▼ 遠いとこ~ (8, 0.1%)

1 じゃなくっ, で, でも天井板, に行く, へい, へ行きます, まで足, をよう

▼ 遠いのに~ (8, 0.1%)

1 すっかり頭髪, それに, もう白く, 不意に, 弟さんは, 御供の, 気を, 雪が

▼ 遠い九州~ (8, 0.1%)

1 にいた, には菊池, の事, の入口, の炭坑, の生まれ, の野, や東国

▼ 遠い北国~ (8, 0.1%)

1 で一人, で一度, に行った, の城廓, の市街, の敵, の謎, へやる

▼ 遠い国々~ (8, 0.1%)

1 がこの世, でありますから, にある, のにおい, の幻影, の民族, の港みなと, まで深入り

▼ 遠い地平~ (8, 0.1%)

3 へ落ち 2 に一人 1 から山, に夜明け, に得られない

▼ 遠い場所~ (8, 0.1%)

1 から海岸, であるのに, ではなかつた, で自分, に騒い, の時, へ捨て, へ連れ

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

1 が歌っ, だと, だわね, であったが, である, のすこし, のよう, を張りあげ

▼ 遠い廊下~ (8, 0.1%)

2 の端 1 に聞える, のかなた, のつき, の時計, の有明, をぱたぱた馳

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

2 親類の 1 先祖に, 先祖の, 先祖は, 成長を, 本でしたでしょう, 親類から

▼ 遠い想い~ (8, 0.1%)

3 だった 1 で聴い, で聴いた, に胸, に薄らい, のよう

▼ 遠い感じ~ (8, 0.1%)

2 がした, がする 1 がしまし, だから, になっ, をあらわし

▼ 遠い旅行~ (8, 0.1%)

1 から久し振り, だった, である, でもし, などはあまり, に耐, をし, をする

▼ 遠い松林~ (8, 0.1%)

7 の中 1 のかげ

▼ 遠い歴史~ (8, 0.1%)

2 の藤原氏 1 となった, に根ざし, の日, の迂回, を物語, を物語っ

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

4 がする 2 もしなかった 1 がした, のする

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

2 の言 1 である, は姿, まで私, を手, 干から, 干台

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

2 の灯 1 に, に逃げ, のやう, の塵, の子供会, の角

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

1 から草, が少し, が心, の松原, の涯エ, の草, を掩, を焼い

▼ 遠い~ (8, 0.1%)

1 すなわち地平線, でも眺める, の帯, の形, の流れ, の海, は大気, をみ

▼ 遠いけれども~ (7, 0.1%)

1 あなたほんとうに, ここを, その職業, なるほどこれ, コジあけた, 人間として, 追手の

▼ 遠いどこ~ (7, 0.1%)

2 かの国 1 かで樹, かの村里, かの森, かの若隠居, かを見る

▼ 遠い大昔~ (7, 0.1%)

1 からこの, からその, には秦民, に歴史時代, のまだ, の世, の先祖

▼ 遠い太鼓~ (7, 0.1%)

5 の音 1 の余韻, の響

▼ 遠い山奥~ (7, 0.1%)

1 からも見物, だと, に帰る, に棲ん, の妖気, へ連れ込ん, へ飛ん

▼ 遠い思い~ (7, 0.1%)

2 をし 1 から我, だったら私, であった, もよらない, をします

▼ 遠い気持~ (7, 0.1%)

2 がする 1 が激しく, で意識, で窓, で読ん, になる

▼ 遠い~ (7, 0.1%)

1 がかすか, にすかし, に照, に男, のちらりと, の中, の影

▼ 遠い~ (7, 0.1%)

1 がある, がその, だ, といわなけれ, はこれ, は夜, もあれ

▼ 遠いせい~ (6, 0.1%)

1 かただ, か一時, か役者ども, か涼しい, か船, もあっ

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

2 はありません, はない 1 あらう, せう

▼ 遠いとは~ (6, 0.1%)

1 さかさ, ほとんど気づかない, 何を, 共同の, 思はなかつた, 思わなかったん

▼ 遠いにも~ (6, 0.1%)

2 近いにも 1 しろこの, 拘らず皆, 拘らず額面高, 遠い

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

1 で葉, におぼろげ, に眩惑, の空, は消え, を

▼ 遠い原因~ (6, 0.1%)

1 と全体, にもなっ, はお前, は波多野先生, は茲, も亦

▼ 遠い婆さん~ (6, 0.1%)

1 が, がやがて一々, が雇っ, と染吉, にまでいつ, を頼ん

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

2 のこと 1 から晩さん, でもありません, は小, やその

▼ 遠い小山~ (6, 0.1%)

5 は耳無 1 に緑草

▼ 遠い山の端~ (6, 0.1%)

4 に沈む 1 の月, へ消えさっ

▼ 遠い島々~ (6, 0.1%)

2 の住民 1 で戦局, にはまだ, に行っ, の間

▼ 遠い日本~ (6, 0.1%)

1 では少く, の私等, の空, へ旅, まで何物, まで渡っ

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

2 の中 1 に眼, に行き, に遠い, の奥

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

2 の波止場 1 と港, のにおい, の街, へ海

▼ 遠い潮鳴り~ (6, 0.1%)

4 の音 1 のよう, の様

▼ 遠い生活~ (6, 0.1%)

1 から離れ, がぼんやり, である, に憬れ, をし, を書いた

▼ 遠い神代~ (6, 0.1%)

1 のわが, の傳説, の昔, の昔語り, の物, の長い苦しい

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

1 つ, つづきに, つづきの, に向いた, のはずれ, 続である

▼ 遠い~ (6, 0.1%)

2 である 1 だ, だからね, であろう, よりは自分

▼ 遠い長崎~ (6, 0.1%)

1 という土地, に行った, のカヤノ, の家, の果て, や奥州

▼ 遠いあなた~ (5, 0.1%)

1 に向かっ, に認めた, のお, の空, の笛

▼ 遠いこの~ (5, 0.1%)

1 ような, 劇場まで, 婆さんまでが, 島原の, 柱の

▼ 遠いだろう~ (5, 0.1%)

1 か, から, とつけ, な, ね

▼ 遠いといふ~ (5, 0.1%)

2 やうな 1 ことである, 心持ちが, 観察を

▼ 遠いとも~ (5, 0.1%)

1 云って, 思はなかつた, 思わず初め, 聞いて, 近いとも

▼ 遠いむこう~ (5, 0.1%)

1 に湖, の一廓, の屋根, へ押しやっ, 側を

▼ 遠いらしい~ (5, 0.1%)

1 が世阿弥, ずしりと, のでこれ以上都合, 様子です, 老人は

▼ 遠い一つ~ (5, 0.1%)

4 のちり 1 の社会主義的実験国

▼ 遠い上代~ (5, 0.1%)

1 からの, においてすでに, のこと, のもの, の生活

▼ 遠い~ (5, 0.1%)

5 の昔語り

▼ 遠い古里~ (5, 0.1%)

2 に手紙 1 とお母さん, の蒼い, へ舌

▼ 遠い国境~ (5, 0.1%)

1 であります, ではない, の一つ, の山, の山影

▼ 遠い大きな~ (5, 0.1%)

1 まちから, 仕事の, 星かも, 頭痛とに, 魚の

▼ 遠い宇宙~ (5, 0.1%)

2 の極 1 の果, の片隅, へも行く

▼ 遠い~ (5, 0.1%)

1 で行, にある, の塔, の時, の鐘

▼ 遠い少年~ (5, 0.1%)

3 の日 1 のかをり, の夢

▼ 遠い彼岸~ (5, 0.1%)

1 でございます, にある, における心, に実在, の景色

▼ 遠い感情~ (5, 0.1%)

1 この一郎, であった, で眺めた, のよう, を抱い

▼ 遠い旅路~ (5, 0.1%)

1 に出た, に泣き出し, の良人, をさすらっ, をでもし

▼ 遠い~ (5, 0.1%)

2 の午後 1 の出来事, をはるか, を遲緩

▼ 遠い村落~ (5, 0.1%)

2 に湯屋 1 に烟り, も雪, を焼き払っ

▼ 遠い東京~ (5, 0.1%)

1 に去る, の有様, の眞, へつれ, へゆく

▼ 遠い江戸~ (5, 0.1%)

1 からここ, に求めた, のこと, の昔, へ縁付け

▼ 遠い汽笛~ (5, 0.1%)

5 の音

▼ 遠い~ (5, 0.1%)

2 の音, 鳴の 1 鳴り磯

▼ 遠い物音~ (5, 0.1%)

1 が鮮, の感じ, をでもきく, を聞き澄まし, を聞く

▼ 遠い~ (5, 0.1%)

1 のなか, の上, の麥, へはお, や火

▼ 遠い西洋~ (5, 0.1%)

2 まで行かず 1 のこと, の大学者, の未

▼ 遠い電車~ (5, 0.1%)

2 の音, の響 1 を玉川

▼ 遠い高い~ (5, 0.1%)

1 ところへ, 処で, 処空の, 山々には, 山の

▼ 遠いかと~ (4, 0.1%)

1 思う, 思えば, 思って, 聞いたらウン

▼ 遠いこだま~ (4, 0.1%)

1 となる, のよう, を聞く, を聞こう

▼ 遠いさき~ (4, 0.1%)

2 のこと 1 ではない, の政略

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

2 がめだった 1 なぜそんな, ア

▼ 遠いほう~ (4, 0.1%)

1 から眺め, だから, の物, の端

▼ 遠いらしく~ (4, 0.1%)

1 とんちんかんな, 家人の, 腰も, 顔を

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 にもともと, に大, に念, に近所

▼ 遠い上流~ (4, 0.1%)

1 に繋つて, のほう, は知らず, まで熊笹

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 のほう, の方, まで転, 座敷で

▼ 遠い下町~ (4, 0.1%)

1 に行っ, に行つて芸者, に限り, の華やか

▼ 遠い世間~ (4, 0.1%)

1 では立っ, のよう, の不幸, へ

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 の漠然と, の着古し, 人事の, 國へ

▼ 遠い伝統~ (4, 0.1%)

1 が今, と繰り返された, と繰返された, の助け

▼ 遠い四国~ (4, 0.1%)

3 の海辺 1 のこと

▼ 遠い姻戚~ (4, 0.1%)

2 に当る 1 にあたる, になる

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 から女中, だった, で例, に逃げ込ん

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 丘の, 亜細亜の, 佐渡の, 學時代に

▼ 遠い山地~ (4, 0.1%)

1 のほう, の方, へ踏み迷っ, もにわかに

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 に曳き, に灯台, の村, は淡い

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

2 の中 1 は小さく, を振向い

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

2 の郷里 1 の生活気分, の邸

▼ 遠い方角~ (4, 0.1%)

1 が見え, というもの, に空虚, を指し示した

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 でも必一方, と所, のよう, の彼方

▼ 遠い未知~ (4, 0.1%)

2 の世界 1 の境, の怪しい

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 でも, なせかせか, に思つた, に見えます

▼ 遠い田舍~ (4, 0.1%)

2 の自然 1 の方, の陋屋

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

1 であったが, であるに, に見えます, のやう

▼ 遠い眺め~ (4, 0.1%)

2 だった 1 である, の海

▼ 遠い空中~ (4, 0.1%)

1 が覗かれる, にか, に硝子, に立っ

▼ 遠い空間~ (4, 0.1%)

1 に一つ, のほう, へ漂, へ運ん

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

2 はない 1 じゃない, は無い

▼ 遠い結果~ (4, 0.1%)

1 でさえ, を招く, を秤量, を考へます

▼ 遠い街道~ (4, 0.1%)

1 で乞食, に沿つた, の孤独, を通つて

▼ 遠い谷間~ (4, 0.1%)

1 から岩清水, から廻り道, にある, へ水

▼ 遠い道路~ (4, 0.1%)

1 から畑, のちやう, のちょうど, をはしる

▼ 遠い野原~ (4, 0.1%)

1 が眼, で伸子, へ捨て, を隔てた

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

3 の音 1 過ぎゆく小舟

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

2 の音 1 のやう, のよう

▼ 遠い鹿児島~ (4, 0.1%)

1 で死に, で死にました, の父君, へかへる

▼ 遠い~ (4, 0.1%)

2 に谷 1 には荒川, の湯元湖

▼ 遠いあちら~ (3, 0.0%)

1 にあたってカン, のこと, の国

▼ 遠いかすか~ (3, 0.0%)

1 なるとどろき仔細, な記憶, な鈍痛

▼ 遠いかも~ (3, 0.0%)

1 しれぬが, しれませぬが, 知れない

▼ 遠いそして~ (3, 0.0%)

1 古い血, 横濱の, 非常に

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 だがそこ, オ, 間に合えば

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 かかわらず小さい, しろ昨今, 相違ない

▼ 遠いほのか~ (3, 0.0%)

1 な心持, な若い, な記憶

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 だろう, ですが, で大

▼ 遠い一軒家~ (3, 0.0%)

1 であった, である, も同様

▼ 遠い上州~ (3, 0.0%)

1 と越後, にある, の蚕場

▼ 遠い上方~ (3, 0.0%)

1 からあなた様, の戦場, へさすらい

▼ 遠い不思議~ (3, 0.0%)

1 な世界, な国, の奈落

▼ 遠い井戸~ (3, 0.0%)

1 から主人, から雨, に通っ

▼ 遠い京都~ (3, 0.0%)

1 でも祭, に離れ, より求めず

▼ 遠い人々~ (3, 0.0%)

1 の一人, の生活, も思ひ出し

▼ 遠い他人~ (3, 0.0%)

1 にならね, のもの, の手

▼ 遠い停車場~ (3, 0.0%)

1 の一れつ, をめざし, 迄用

▼ 遠い先代~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の主人

▼ 遠い冷たい~ (3, 0.0%)

2 北の方で 1 気持ちで

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

2 の島 1 はよく

▼ 遠い印度~ (3, 0.0%)

1 でお, の国, の聖者

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

2 の中 1 なかで

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 ふから小さい, ふで起つて, 岸に

▼ 遠い国許~ (3, 0.0%)

1 にいる, に居る, まで連れ

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 で騒い, には, を見ず

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 に行っ, の往来, の方

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 宇宙へ, 時計の, 祖は

▼ 遠い大洋~ (3, 0.0%)

1 のなか, のまん中, をへだてた

▼ 遠い太古~ (3, 0.0%)

1 のむかし, の市, の歌

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 であった, の話, は耳

▼ 遠い寒い~ (3, 0.0%)

1 国に, 国へ, 日本の

▼ 遠い山路~ (3, 0.0%)

1 である, を入っ, を濁酒

▼ 遠い山道~ (3, 0.0%)

1 で馬糞, の方, を手

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 までさ, を野ら, を銀色

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 に沈ん, は赤沸石, を覆つ

▼ 遠い川下~ (3, 0.0%)

1 から来, が水明かり, の船宿

▼ 遠い常陸~ (3, 0.0%)

2 の国 1

▼ 遠い平野~ (3, 0.0%)

1 に於, の一部, の中

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 だけがまだ, の国, をいつ

▼ 遠い幽か~ (3, 0.0%)

1 な夢語り, な物, な記憶

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 には風, のほう, へ真逆様

▼ 遠い彼女~ (3, 0.0%)

1 だけが昔, でした, に向かっ

▼ 遠い微か~ (3, 0.0%)

1 な声, な夢, な思い

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 が静か, に捕はれてた, のねがい

▼ 遠い慮り~ (3, 0.0%)

1 であった, では及び, としてベシイ

▼ 遠い方言~ (3, 0.0%)

2 から成り立つ 1 から成り立っ

▼ 遠い旅立~ (3, 0.0%)

1 の支度, らしい思い, を送る

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 から広々, で鳥, までも行った

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 の上, は瑠璃色, は空

▼ 遠い汽車~ (3, 0.0%)

1 の汽笛, の灯, の音

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

2 の音 1 の間

▼ 遠い海上~ (3, 0.0%)

1 で助け, で稲, の悲しみ

▼ 遠い海面~ (3, 0.0%)

1 に放った, の濃い狭い, 迄輝い

▼ 遠い海鳴り~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 のする

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 から流れ, てしもない, に伊賀

▼ 遠い深い~ (3, 0.0%)

1 反響を, 山から, 性の

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 がどこ, の廻り, を失いたくない

▼ 遠い片田舎~ (3, 0.0%)

2 から運ばれた 1 に今

▼ 遠い王朝~ (3, 0.0%)

1 のころ, のむかし, の頃

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 ですから, なん, 御ぢ

▼ 遠い田舎町~ (3, 0.0%)

1 にゐる, の感じ, まで宿場女郎

▼ 遠い甲州~ (3, 0.0%)

1 の奥山, へ追いやられたら, へ追いやられる

▼ 遠い知らない~ (3, 0.0%)

2 熱い南 1 所に

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 である, に, のすくい

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 からの薄暗い, の下, の外

▼ 遠い縁続き~ (3, 0.0%)

1 だったそう, にあたる若い, になる

▼ 遠い美しい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 夢の, 記臆が

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 僧は, 尼は, 禰宜が

▼ 遠い背景~ (3, 0.0%)

1 が控え, として水洗, とをもつた

▼ 遠い航海~ (3, 0.0%)

1 で送る, には近海航路, を試みる

▼ 遠い船出~ (3, 0.0%)

1 からあなた, じゃ程によう気, をし

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

2 のつながり 1 つづき

▼ 遠い血筋~ (3, 0.0%)

1 でこれ, のもの, の一番

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

2 とおし 1 も知らぬ

▼ 遠い見知らない~ (3, 0.0%)

1 ところにのみ, 土地に, 土地にばかり

▼ 遠い視線~ (3, 0.0%)

1 だった, を送っ, を送り

▼ 遠い親類筋~ (3, 0.0%)

1 だで, である別懇, のもの

▼ 遠い辺土~ (3, 0.0%)

1 であったならもとより, に踏みこん, の国境

▼ 遠い近所~ (3, 0.0%)

2 に吹ちょうし 1 に吹ちようし

▼ 遠い追憶~ (3, 0.0%)

1 が漂っ, に途切れ途切れであった, をくりのべる

▼ 遠い連山~ (3, 0.0%)

1 が見え始める, の峰, の間

▼ 遠い道のり~ (3, 0.0%)

1 だったので, でもない, を擔

▼ 遠い部屋~ (3, 0.0%)

1 に退い, の隅, へ抱い

▼ 遠い郷愁~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 を鳴らし

▼ 遠い野面~ (3, 0.0%)

1 から尺八, には霜, に二

▼ 遠い銃声~ (3, 0.0%)

1 の中, らしいもの, を聞き

▼ 遠い関係~ (3, 0.0%)

1 から市内, の薄い, を思わせる

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 には茶堂, のテーブル, の方

▼ 遠い隅っこ~ (3, 0.0%)

1 にある, に腰, へ火鉢

▼ 遠い雪国~ (3, 0.0%)

1 のその, の心, へ舞い戻っ

▼ 遠い雷鳴~ (3, 0.0%)

1 がきこえ, が聞えた, の音

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 の奥, の彼方, を眺める

▼ 遠い青空~ (3, 0.0%)

1 だ, まで伸び, 睨みつつ

▼ 遠い~ (3, 0.0%)

1 がほろ, して, をし

▼ 遠い高原~ (3, 0.0%)

1 がある, に生まれ, へ目

▼ 遠いあずま~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の大金持ち

▼ 遠いあたり~ (2, 0.0%)

1 にただ, の荒涼たる

▼ 遠いあの~ (2, 0.0%)

1 夜の, 朝の

▼ 遠いうしろ~ (2, 0.0%)

1 にし, に自分

▼ 遠いうす~ (2, 0.0%)

2 暗がりの

▼ 遠いお山~ (2, 0.0%)

2

▼ 遠いお母さん~ (2, 0.0%)

1 の事, も同じ

▼ 遠いかなしい~ (2, 0.0%)

1 感じの, 景色です

▼ 遠いからと~ (2, 0.0%)

1 いふので, 断つた

▼ 遠いからばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 遠いくらいは~ (2, 0.0%)

1 我慢し, 無理は

▼ 遠いけど~ (2, 0.0%)

1 人の, 自転車に

▼ 遠いけに~ (2, 0.0%)

1 失礼します, 歩くの

▼ 遠いここ~ (2, 0.0%)

1 で補給, に立て

▼ 遠いここち~ (2, 0.0%)

1 がする, でもあった

▼ 遠いこころ~ (2, 0.0%)

1 になった, にふりしきる

▼ 遠いこの世~ (2, 0.0%)

1 のもの, の果

▼ 遠いさびしい~ (2, 0.0%)

1 大理石の, 村へ

▼ 遠いざわめき~ (2, 0.0%)

1 が聞え, のなか

▼ 遠いしかも~ (2, 0.0%)

2 人生は

▼ 遠いじゃ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ 遠いせゐ~ (2, 0.0%)

1 か清楚, か無口

▼ 遠いそう~ (2, 0.0%)

1 だし, で

▼ 遠いそっち~ (2, 0.0%)

1 の方, を見つめ

▼ 遠いたって~ (2, 0.0%)

1 ここから, まさか越後

▼ 遠いだけ~ (2, 0.0%)

1 それだけ, 寧ろお

▼ 遠いだけに~ (2, 0.0%)

1 まちがいが, 長州よりも

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 遠いつながり~ (2, 0.0%)

1 の處とわ, をわが身

▼ 遠いといった~ (2, 0.0%)

1 ところが, ところで

▼ 遠いとおい~ (2, 0.0%)

1 島の, 昔を

▼ 遠いとか~ (2, 0.0%)

2 何とかいう

▼ 遠いとしても~ (2, 0.0%)

1 利休に, 日前国懸

▼ 遠いとどろき~ (2, 0.0%)

1 が聞こえ, と雪解

▼ 遠いながら~ (2, 0.0%)

1 彼は, 恐ろしく感

▼ 遠いには~ (2, 0.0%)

1 正に遠い, 違ひない

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 それに, まア宜

▼ 遠いはて~ (2, 0.0%)

1 に逶, のない

▼ 遠いはるか~ (2, 0.0%)

1 な手, の部屋

▼ 遠いひと~ (2, 0.0%)

1 だ, びとの

▼ 遠いふるさと~ (2, 0.0%)

1 に呼びかけ, の香

▼ 遠いべつ~ (2, 0.0%)

1 な世, の世界

▼ 遠いもん~ (2, 0.0%)

2 ですからね

▼ 遠いアフリカ~ (2, 0.0%)

1 でこの, ではアラジン

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 たって, て云いました

▼ 遠いパノラマ~ (2, 0.0%)

1 のなか, の郷愁

▼ 遠いフランス~ (2, 0.0%)

1 の村, は巴里

▼ 遠いヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 のライン河畔, 諸國

▼ 遠い三味線~ (2, 0.0%)

1 の音, の響き

▼ 遠い不快~ (2, 0.0%)

1 な記憶, をおぼえたらしく

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 遠い丘陵~ (2, 0.0%)

1 が幾つ, の樹木

▼ 遠い二人~ (2, 0.0%)

1 の仲, の関係

▼ 遠い人声~ (2, 0.0%)

1 に猫, を聞きつけ

▼ 遠い人物~ (2, 0.0%)

1 でそんな, ばかりである

▼ 遠い仏印~ (2, 0.0%)

1 から戻つ, の高原

▼ 遠い代物~ (2, 0.0%)

1 だ, です

▼ 遠い伊賀~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 遠い位置~ (2, 0.0%)

1 にある, に立っ

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 に鑑, はいらない

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 の足跡, を三人

▼ 遠い傾いた~ (2, 0.0%)

2 町な

▼ 遠い僻地~ (2, 0.0%)

1 でありながら, であること

▼ 遠い先きの方~ (2, 0.0%)

1 に尾州, に漁師

▼ 遠い入口~ (2, 0.0%)

1 に待たせ, の処

▼ 遠い公園~ (2, 0.0%)

2 のしづか

▼ 遠い前後~ (2, 0.0%)

1 と広い, や広い

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ 遠い北の方~ (2, 0.0%)

1 の空, へ行く

▼ 遠い北アルプス~ (2, 0.0%)

1 の連嶺, の雪

▼ 遠い北海道~ (2, 0.0%)

1 の果, へ行きます

▼ 遠い医者~ (2, 0.0%)

1 のおらぬ, の薬

▼ 遠い古から~ (2, 0.0%)

1 俊秀の, 存した

▼ 遠い唄声~ (2, 0.0%)

1 が聞え, を

▼ 遠い問題~ (2, 0.0%)

1 の示唆, を離れなかった

▼ 遠い囁き~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかつた, を余

▼ 遠い回顧~ (2, 0.0%)

1 にとらわれた, の跡

▼ 遠い国土~ (2, 0.0%)

1 と日本, について考えね

▼ 遠い地味~ (2, 0.0%)

1 な, な存在

▼ 遠い地点~ (2, 0.0%)

1 にあり, にある

▼ 遠い地球~ (2, 0.0%)

1 の中心, 目がけて

▼ 遠い地角~ (2, 0.0%)

2 のはて

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 遠い墓場~ (2, 0.0%)

1 の中, の草かげ

▼ 遠い夕空~ (2, 0.0%)

1 をバック, を見上げ

▼ 遠い夕闇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 遠い夜道~ (2, 0.0%)

1 はこわい, をする

▼ 遠い大きい~ (2, 0.0%)

1 プライドを, 揺がぬ一点

▼ 遠い大井川~ (2, 0.0%)

2 の奥山

▼ 遠い大学~ (2, 0.0%)

1 から教授, から林町

▼ 遠い天上~ (2, 0.0%)

1 からの神秘的啓示, から銀色

▼ 遠い太平洋~ (2, 0.0%)

1 の親潮, を挟ん

▼ 遠い奥山~ (2, 0.0%)

1 のまた, はもう

▼ 遠い奥州~ (2, 0.0%)

1 から上っ, へ出し

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 にも何, に對

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 で十九, で親類書

▼ 遠い子供~ (2, 0.0%)

1 のころ, のとき

▼ 遠い存在~ (2, 0.0%)

1 であつ, として感じられた

▼ 遠い孤島~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の宿屋

▼ 遠い家々~ (2, 0.0%)

1 の赤い, の黄いろ

▼ 遠い實在~ (2, 0.0%)

1 への涙ぐましい, へ切なく

▼ 遠い対岸~ (2, 0.0%)

1 に冬, の大陸

▼ 遠い將來~ (2, 0.0%)

1 の研究, を慮れ

▼ 遠い小さな~ (2, 0.0%)

1 光を, 離れにでも

▼ 遠い小坂~ (2, 0.0%)

1 の鉱山, の鑛山

▼ 遠い小姓部屋~ (2, 0.0%)

1 の者, へ呶

▼ 遠い山々展けた谷~ (2, 0.0%)

1 見霞むやう, 見霞むよう

▼ 遠い山中~ (2, 0.0%)

1 で掘っ, の窯

▼ 遠い山国~ (2, 0.0%)

1 から出, とはまるで

▼ 遠い山家~ (2, 0.0%)

1 の方, の畠

▼ 遠い山巓~ (2, 0.0%)

1 から漲り落ちる, を眺め

▼ 遠い山林~ (2, 0.0%)

1 の奥, の方

▼ 遠い山腹~ (2, 0.0%)

1 に金色, の痩せ地

▼ 遠い山麓~ (2, 0.0%)

1 に点在, の信夫

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 のよう, の唸り

▼ 遠い工場~ (2, 0.0%)

1 の煙突, の響

▼ 遠い市場~ (2, 0.0%)

1 に切り出した, に送り出される

▼ 遠い年寄~ (2, 0.0%)

1 のわき, を一人使つて

▼ 遠い幸福~ (2, 0.0%)

1 の島, を求むる

▼ 遠い幼い~ (2, 0.0%)

1 ころの, 時の

▼ 遠い座敷~ (2, 0.0%)

1 の真中, へ這入った

▼ 遠い廻り道~ (2, 0.0%)

1 をした, をしなけれ

▼ 遠い後代~ (2, 0.0%)

1 まで行, まで行われたらしい

▼ 遠い從兄妹同士~ (2, 0.0%)

1 だし, ですが

▼ 遠い從弟~ (2, 0.0%)

1 で安, で綾野

▼ 遠い性質~ (2, 0.0%)

1 のよく, の人

▼ 遠い恋人~ (2, 0.0%)

1 であり一つ, を思っ

▼ 遠い恒星~ (2, 0.0%)

1 がやはり, の光

▼ 遠い悲し~ (2, 0.0%)

1 さが, さを

▼ 遠い悲しい~ (2, 0.0%)

1 境へ, 思い出に

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 があった, だった

▼ 遠い憧れ~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に燃えたっ

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 がばたん

▼ 遠い故国~ (2, 0.0%)

1 の母, の風景

▼ 遠い旅先~ (2, 0.0%)

1 でそれ, へてごわい

▼ 遠い旅空~ (2, 0.0%)

1 でたった, にある

▼ 遠い昔語り~ (2, 0.0%)

1 となりました, なの

▼ 遠い時間~ (2, 0.0%)

1 への侘しい, への懐古的郷愁

▼ 遠い景色~ (2, 0.0%)

1 のなか, をながめ

▼ 遠い曠野~ (2, 0.0%)

1 の中, を被う

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 の世界, の出

▼ 遠い有明~ (2, 0.0%)

1 に透した, の灯

▼ 遠い木魂~ (2, 0.0%)

1 か噴上, のよう

▼ 遠い末席~ (2, 0.0%)

1 であった, の空席

▼ 遠い末座~ (2, 0.0%)

1 にただ, の空席

▼ 遠い東国~ (2, 0.0%)

1 の常陸, の蜂起

▼ 遠い極地~ (2, 0.0%)

1 に於, の東西南北

▼ 遠い横浜~ (2, 0.0%)

1 の, の異人屋敷

▼ 遠い樹立~ (2, 0.0%)

1 の蔭, は花

▼ 遠い正面~ (2, 0.0%)

1 には工場, の山ふところ

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 の全, の家

▼ 遠い此処~ (2, 0.0%)

1 までわざわざ, まで私

▼ 遠い氣質~ (2, 0.0%)

2 に屬

▼ 遠い江戸時代~ (2, 0.0%)

1 に遡っ, のこと

▼ 遠い江戸歌舞伎~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ 遠い沖合~ (2, 0.0%)

1 に姿, のほう

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 のよう, の細い

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 にかえる, の閃輝

▼ 遠い洋上~ (2, 0.0%)

1 の幾つ, の白鳥

▼ 遠い浄土~ (2, 0.0%)

2 から時

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 から町, の方

▼ 遠い海原~ (2, 0.0%)

1 の上, の景色

▼ 遠い海嘯~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 遠い海岸~ (2, 0.0%)

1 に, の方

▼ 遠い海洋~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の呟

▼ 遠い海草~ (2, 0.0%)

2 の焚けてる

▼ 遠い淮南~ (2, 0.0%)

1 へむす, へ立っ

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 さの, 宮の

▼ 遠い渓流~ (2, 0.0%)

1 の初秋, の音

▼ 遠い温泉~ (2, 0.0%)

1 の旅籠, の村

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 の一部, の表

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 はある, はこ

▼ 遠い灯り~ (2, 0.0%)

1 がさす, としか見る

▼ 遠い灰色~ (2, 0.0%)

1 の昔, の雲

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 において価格, よりももっと

▼ 遠い焔アンドレイエヒミチ~ (2, 0.0%)

1 はさすが, は有

▼ 遠い無限~ (2, 0.0%)

1 の世界, の未来

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 が眼, が記憶

▼ 遠い熱帯~ (2, 0.0%)

1 の国, の異国

▼ 遠い父親~ (2, 0.0%)

2 を思

▼ 遠い牧場~ (2, 0.0%)

1 では, まで厄介

▼ 遠い田圃~ (2, 0.0%)

1 からは喧しい, を彼

▼ 遠い田荘~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ 遠い田莊~ (2, 0.0%)

2 へ行つて

▼ 遠い異境~ (2, 0.0%)

1 の空, の英雄

▼ 遠い痛み~ (2, 0.0%)

1 が在った, を覚え

▼ 遠い白雲~ (2, 0.0%)

1 の中, を一直線

▼ 遠い目標~ (2, 0.0%)

1 から眼, に眼

▼ 遠い眺望~ (2, 0.0%)

1 への視野, へ向けた

▼ 遠い知行所~ (2, 0.0%)

2 を後廻し

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 は蟹, ばかりの荒野

▼ 遠い砂漠~ (2, 0.0%)

1 のあちら, の果て

▼ 遠い神田~ (2, 0.0%)

2 まで歩い

▼ 遠い神秘~ (2, 0.0%)

1 な夏, の世界

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 となつた, の夕霧

▼ 遠い秩父~ (2, 0.0%)

1 のおく, の山々

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 であった, 快よく

▼ 遠い稲田~ (2, 0.0%)

1 の彼方, の水あか

▼ 遠い空氣~ (2, 0.0%)

2 を吸つた

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 遠い細か~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 をもどかしく, を逆

▼ 遠い縁家~ (2, 0.0%)

1 などをさがし歩い, の留守番

▼ 遠い縁家先~ (2, 0.0%)

1 のある, の者

▼ 遠い縁續~ (2, 0.0%)

1 きださうですけれど, きの

▼ 遠い縁者~ (2, 0.0%)

1 に当っ, に養われる

▼ 遠い老人~ (2, 0.0%)

1 にニーナ, に分らせる

▼ 遠い老母~ (2, 0.0%)

1 に一寸家, はしほ

▼ 遠い考え~ (2, 0.0%)

1 にふけっ, のよう

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

2 よりもたかい

▼ 遠い自分~ (2, 0.0%)

1 であつ, の村

▼ 遠い自由~ (2, 0.0%)

1 な旅, な明るい

▼ 遠い舞台~ (2, 0.0%)

1 を平気, を見る

▼ 遠い茫漠~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 遠い草原~ (2, 0.0%)

1 の上, の彼方

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 によく, の音

▼ 遠い血縁~ (2, 0.0%)

1 のはしッ, をもつ

▼ 遠い行先~ (2, 0.0%)

1 の急がれる, は誰

▼ 遠い西山~ (2, 0.0%)

1 の氷雪, の頂巓

▼ 遠い見透し~ (2, 0.0%)

1 から次郎兵衛, のもと

▼ 遠い谷底~ (2, 0.0%)

1 が見えない, で水

▼ 遠い起源~ (2, 0.0%)

1 が一つ, が伝えられる

▼ 遠い身分~ (2, 0.0%)

1 だが, の連中

▼ 遠い身寄~ (2, 0.0%)

1 と言, は音信不通

▼ 遠い道程~ (2, 0.0%)

1 だ, を態

▼ 遠い部分~ (2, 0.0%)

1 から順々, に大きな

▼ 遠い配所~ (2, 0.0%)

1 の月, へ旅立つ

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 へいき, へ祭礼

▼ 遠い野末~ (2, 0.0%)

1 に行き倒れ, に見ゆる

▼ 遠い鐘楼~ (2, 0.0%)

1 で御告, で時

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 である, の方

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 の方, は言う

▼ 遠い階下~ (2, 0.0%)

1 の一室, の隅

▼ 遠い離島~ (2, 0.0%)

1 に数, の神

▼ 遠い雪山~ (2, 0.0%)

1 が青く, の稜角

▼ 遠い靈感~ (2, 0.0%)

1 の墓場, を獲得

▼ 遠い青味~ (2, 0.0%)

1 を帯びた, を帶びた處

▼ 遠い静か~ (2, 0.0%)

1 な気持ち, な鐘

▼ 遠い音楽~ (2, 0.0%)

1 が壁, の声

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 が私たち, の底唸り

▼ 遠い風景~ (2, 0.0%)

1 のよう, を眺め

▼ 遠い~ (2, 0.0%)

1 の一声二声, の歌

▼1* [1218件]

遠いあこがれの一つ, 遠いあさぎ色の, 遠いあしおとは何処, 遠いあづまの国, 遠いあの世へである, 遠いあまり世間に, 遠いあるひは, 遠いあるいは近い将来, 遠いいがそれや吊し, 遠いいささか薄紫に, 遠いいぜん犬に, 遠いいつかは矛盾, 遠いいなかのほう, 遠いいんだよとっても, 遠いうとうとしいものに, 遠いうろ覚えにすぎなかった, 遠いうわさにそち, 遠いおぼろな鐘, 遠いおぼろげな行く末, 遠いおもかげが, 遠いおもむきのもの, 遠いお伽噺の国, 遠いお前の書簡, 遠いお寺に墓, 遠いお方が何, 遠いかがしみじみと, 遠いかぎりなく正しい, 遠いかすみだった山々, 遠いかずかずの青春, 遠いかって聞きますとね, 遠いかという点, 遠いかの別は, 遠いからという仕方に, 遠いからね君, 遠いからのうなか, 遠いかを気づかないもの, 遠いかんじではある, 遠いきりかと云え, 遠いくにの田舍, 遠いぐらゐなことはあつたかも知れないが, 遠いけちえんの墓石, 遠いこう云う平和, 遠いこころもちがいつも, 遠いことみたいに忘れ, 遠いこと丈は確か, 遠いこと推して知るべしである, 遠いこと空の色, 遠いころの恋人, 遠いこわれた戸の, 遠いごくはるかな, 遠いしんるゐで, 遠いじゃあないか, 遠いがただった, 遠いすねた娘の, 遠いすりばんが冬, 遠いせりふを傾聴, 遠いとの雪景色, 遠いそこだけが何とも, 遠いそらを見, 遠いそらぞらしい空気を, 遠いそれこそまるで, 遠いそれ等のもの, 遠いそんな内輪の, 遠いたいへんに遠い, 遠いため活動的な買手, 遠いが苦しい, 遠いだけでも身を, 遠いだすから, 遠いつてか, 遠いつてのは, 遠いす, 遠いであろうか, 遠いできごとのよう, 遠いでしょうか, 遠いで御座いますから, 遠いとかいふ場合は, 遠いときている, 遠いところ山のあなた, 遠いところ御苦労さまです, 遠いとすればここは, 遠いとのこと, 遠いともだちよ, 遠いとらえどころのなくなった, 遠いつちか, 遠いどころでは, 遠いどすえ, 遠いどよめきがへん, 遠いなぎさの岩石, 遠いなつかしい音を, 遠いなどということで, 遠いなどはいうまい, 遠いなにかの形骸, 遠いなら来なかった来なかったとしきりに, 遠いなんぞも時々は, 遠いのちに江戸幕府, 遠いのびのびとした, 遠い嫁舅の, 遠いはがゆさも, 遠いはしのほう, 遠いはずれになる, 遠いはばかりまで行けやしませんもの, 遠いあやと, 遠いばかりでなく学者, 遠いばかりか脳の, 遠いひどい処だ, 遠いふりをする, 遠いほどに急いで, 遠いほどの道では, 遠いほんとうに遠い, 遠いほんのおまけという, 遠いぼんやりした何とか, 遠いぽつんとした處, 遠いはり道を, 遠いまた杳かな, 遠いまで小さく見える, 遠いままにし, 遠いみちのく辺りでは幕府, 遠いむかしどこかで見た, 遠いむかし戦場で死んだ, 遠いで見よ, 遠い近いも, 遠いもうけっして見つからないところ, 遠いもののごとく一層, 遠いもはや其処にも, 遠い電車でも, 遠いやしの木, 遠いやれフランスでは, 遠いつくり聽, 遠いゆえそうも, 遠いゆかしいような, 遠いゆめの世界, 遠いよその土地, 遠いだちの跡, 遠いわかったようで, 遠いわからんところに, 遠いわが伝六が, 遠いわが家の先祖, 遠いわけでは, 遠いわずかなもの, 遠いわれわれの祖先, 遠いんでここじゃ, 遠いアジアの国境, 遠いアメリカで何, 遠いアメリカあたりの博物館, 遠いイメージが実現, 遠いインドで行われ, 遠いウチユウル河の方, 遠いエデイソンには言葉, 遠いカムサツカでしかも, 遠いギリヤークの電線, 遠いクレーンの頂上, 遠いコースにいたんだ, 遠いシベリアの奥, 遠いズーッと遙, 遠いタダの知人, 遠いチャックです, 遠いチヤツクです, 遠いチヨン髷人時代のロマンチック, 遠いテエブルへ行っ, 遠いテントから常に, 遠いトルコの国, 遠いドイツの町, 遠いドストイェフスキーの享けた, 遠いナポリのほう, 遠いノスタルジアがあった, 遠いハルピンに行け, 遠いハーモニカの音, 遠いバラックに連れ, 遠いパリの夜, 遠いピストルの音, 遠いピラトとその, 遠いフロリダの田舎, 遠いブラジルへ, 遠いブリストルへいった, 遠いボイラーからだ, 遠いポストまで自分, 遠いポプラや白樺, 遠いポプラーその奥, 遠いポリネシヤにもインドネシヤ, 遠いムラのない, 遠いメリケンから海, 遠いモウコと云, 遠いモンゴリヤから沢山, 遠いロオマの道, 遠いロシアの新, 遠い一区劃だった, 遠い一本道を鞭音, 遠い一点にすべっ, 遠い一生のそれら, 遠い一番奥の突当り, 遠い一種の叫喚, 遠い一端と人家, 遠い一線がフリシュモン, 遠い一角より起こっ, 遠い一連の山影, 遠い一門に馬, 遠い一隅にある, 遠いど傳通院, 遠い万葉の昔, 遠い万葉時代の野, 遠い三人をやや, 遠い三日程もある, 遠い三月の雪, 遠い上信界の山, 遠い上古には防人, 遠い上古神功皇后さまの挙, 遠い上層のもの, 遠い上海の空, 遠い上野の森, 遠い上野原というところ, 遠い下座に着い, 遠い下町娘らしい利発者, 遠い世の中なの, 遠い世代の人影みたい, 遠い世渡をし, 遠い世頃後白河法皇, 遠い並木道に秀吉, 遠いでも姉さん, 遠い中世の昔, 遠い中世紀はまだ, 遠い中国へやる, 遠い中央の柱, 遠い中野の奥, 遠いに丁と, 遠い丸の内それでも天気, 遠い丸形のを見た, 遠い九国への旅立, 遠い事例を縷説, 遠い事実から段々, 遠い事柄に注い, 遠い二十幾年も前, 遠い二階の部屋, 遠い云わば国粋的外来思想, 遠い交渉を重ねなけれ, 遠いまできこえる, 遠い亭座敷から笛, 遠い人たちであった, 遠い人同士の結婚, 遠い人影を城太郎, 遠い人待石に, 遠い人氣のない, 遠い人混みの中, 遠い人達の事, 遠い人里と何, 遠い人間生活の視野, 遠い仏蘭西で見るべき, 遠い仏蘭西人とき, 遠い仕事ではない, 遠い他界の人, 遠い他郷に丁稚奉公, 遠い代々木練兵場の方, 遠い以前そなたは, 遠い以前北条泰時さまが本, 遠い以前故郷で一面識, 遠い以前稲葉山の牢, 遠いになっ, 遠い任務を説き, 遠い伊吹山まで見える, 遠い伊庭の事, 遠い伝来のある, 遠い伯父平馬樣といふの, 遠い但馬の国, 遠い低いところ草原の, 遠い佐渡で淋しく, 遠い何処かへ消え, 遠い何物かに, 遠い佗びしい山の手から歴々, 遠い作品だと, 遠い作州から出, 遠い俗人だつた, 遠い保守的なもの, 遠い保津川の川音, 遠い信州でそれ, 遠い傭い婆さんが, 遠い傾斜の上, 遠い僻陬の地, 遠い優しさと, 遠いであるかも, 遠い先々の希望, 遠い先きのことや深い, 遠い先祖たちから現在, 遠い先祖代々の位牌, 遠い光明を放っ, 遠い光景である, 遠い光線からも少し, 遠い入り口までたどりつく, 遠い八ヶ岳は灰色, 遠いかしい事, 遠い兵庫の部屋, 遠い兵馬の喧騒, 遠い其宮殿に待, 遠い内陸地からしかも, 遠い円光の形, 遠いい響き, 遠い冥土から出張, 遠い冥途からの声, 遠いの湖, 遠い冬空の底, 遠いい頼り, 遠い冷めたさが, 遠い凝視をいつ, 遠いに似た, 遠い凸凹道だから, 遠い出口に彼, 遠い出歯の正直, 遠い出納係だの, 遠い出費を悔い始め, 遠い出雲の国, 遠い出雲国の同名, 遠い分校にゆく, 遠い列車のどよみ, 遠いの世界, 遠い別世界の話, 遠い別棟に居り, 遠い別荘の宴会, 遠い前哨への兵, 遠い前庭に雑草, 遠い前線というちがい, 遠い前途の思い, 遠い前進の第一歩, 遠い前面の山々, 遠いの道, 遠い加茂の上流, 遠い動機によつて遂行, 遠い化粧部屋へ退がっ, 遠い北川爺は森本, 遠い北方のアルバン, 遠い北極のレアリズム, 遠い北海道あたりへまで働き, 遠い北見峠の頂, 遠い北辺の胡夷勢, 遠い十万億の仏土, 遠い十万億土ではない, 遠い十字路で二人, 遠い千歳の方, 遠い午前二時ごろであった, 遠い半島でもやはり, 遠い半鐘の二点鐘, 遠いの一番壁, 遠い南佐久の奥, 遠い南国の旅, 遠い南方の空, 遠い南朝の夢, 遠い南海の田舎, 遠い単調な鐘, 遠い危険の香, 遠い却つてばれんなどに, 遠いさで, 遠い原始時代に斯, 遠い原野の彼方, 遠いの匂, 遠い厩戸の皇子さま, 遠いよ, 遠い友人に手紙, 遠い反映に光ってる, 遠い反響が今, 遠い古い時代に, 遠い古事記などの時代, 遠い古人であるが, 遠い古代人の生活, 遠い古風なもの, 遠い台子の間, 遠い台所の側, 遠い右手に一面灰色, 遠い名前です, 遠い向う岸の松山, 遠い向側に進み, 遠い呂宋とか高砂, 遠いをし, 遠い味噌蔵に這っ, 遠い呼び声を聞く, 遠いの時代, 遠い唐天竺を夢見, 遠い唸り聲をたてる, 遠い商売になった, 遠い善良な意志, 遠い喧騒やら炎, 遠いになつ, 遠い囃子を聞い, 遠い四方へ行く, 遠い四谷の端, 遠いをなし, 遠い国元から取り寄せる, 遠い国民はない, 遠い国郡を名乗る, 遠い土塀に簇, 遠い土蔵であること, 遠い土間に立つた, 遠いの者, 遠い在郷かね, 遠い地上の銀河, 遠い地上生活時代の淡い, 遠い地下の世界, 遠い地中海にいる, 遠い地域の大名たち, 遠い地平線上に奇怪, 遠い地方住居の日常, 遠い地獄の底, 遠い地藏堂へと參詣, 遠いの上, 遠い坂道の途中, 遠い城下町の民家, 遠い堤下へ飛ん, 遠い堤防には祭日, 遠い場末の青山辺, 遠いのそ, 遠い境外の西蕃, 遠いり畑, 遠いや塀, 遠い壁ぎわに角テーブルをひっぱっ, 遠い壁際にたたずん, 遠い売場に佇む, 遠い夏向きな用部屋, 遠い夏空に立っ, 遠い夕日の反射, 遠い夕暮の山道, 遠い夕雲と母親, 遠い夕靄のうち, 遠い外國の方, 遠い外地から帰る, 遠いの世界, 遠い夜明けを告げた, 遠い夜目にはさだか, 遠い夜路を二人, 遠い夜雨の声, 遠い夜風のなか, 遠い夢心地を拵え, 遠い夢想がわい, 遠い夢景色だった, 遠い夢物語のよう, 遠い大井川奥の空, 遠い大内氏の時代, 遠い大和路の旅, 遠い大坂あたりから出, 遠い大島雲八にはその, 遠い大正年代初頭の記憶, 遠い大河の末, 遠い大砲の音, 遠い大通りに轟き渡る, 遠い大陸の名, 遠い天井へずしり, 遠い天体の上, 遠い天平の文化, 遠い天心か地軸, 遠い天星の青, 遠い洋を, 遠いを心あて, 遠い奥様ですもの, 遠い奧地へゆく, 遠い女主人と伜, 遠い女友だちの生活, 遠いじゃな, 遠い妙高火山群の雪, 遠い妙高黒姫の連山, 遠いが言, 遠い姻戚関係があった, 遠い娘時代の流行り, 遠いがここ, 遠い婆さん達であるかを, 遠い子どもだったむかし, 遠い子供たちですのよ, 遠い子供ぢみた気持, 遠い子孫を残す, 遠い孔子がすこぶる, 遠いのない, 遠い学校を思った, 遠い學校へ毎日, 遠い宇宙旅行に出かける, 遠い宇治から麿, 遠い安らかな旅, 遠い宋時代の雲, 遠い完全な安息, 遠い完成の希, 遠いの姿, 遠い家並に嵐, 遠い家作りでここら, 遠い家系の血, 遠い家路に向っ, 遠い宿縁だろうな, 遠い寂寞の世, 遠い寂寥の地平線, 遠い寧ろ近いとも, 遠い対馬の阿連村, 遠い将軍家のご, 遠い尊敬と友情, 遠い對岸であるが, 遠い小さい島々の, 遠い小さい美しさに, 遠い小学校の小児, 遠い小座敷に案内, 遠い小銃音がし, 遠い小間で炉, 遠い小鳥の声, 遠い小鴨城へ間道, 遠い少年時代を蘇らせ, 遠い居城には愛妻ジオハラ, 遠い居心地よいとこ, 遠い屋外の白光, 遠い展望のきく, 遠い山なみやが一望, 遠い山の上などに苅り, 遠い山の下からは, 遠い山の手へ行っ, 遠い山入りの辺鄙, 遠い山國で暮らし, 遠い山奧の妖氣, 遠い山崎だったから, 遠い山影を望みます, 遠い山手よりの小さい, 遠い山村水郷は勿論, 遠い山沢で身, 遠い山肌にかッ, 遠い山裾まで続き, 遠い山襞が珍しく, 遠い山野の狩, 遠い山間の渓流, 遠い山陰に夕靄, 遠いのむこう, 遠い岩壁に小さく, 遠い岩本と番傘, 遠い岩蔭に何, 遠いが山国, 遠い峰々は黒い, 遠い峻岳高峰が居並び, 遠い崇高味であつ, 遠いの下, 遠いの涯, 遠い川上の方, 遠い川向うの砂ッ原, 遠い川岸通り容易に姿, 遠い川水は肩, 遠い川音とのほか, 遠い工藝美術即ち見る, 遠いの方, 遠い左手に当っ, 遠い巨木の木立, 遠い巴蜀の地, 遠い巴里と古い, 遠いの花火, 遠い市外端れの, 遠い市村座へゆく, 遠い帆影にももう, 遠い希臘羅馬の神殿, 遠いからそれ, 遠い帰路を急い, 遠い常世の国から貝, 遠い常世国を偲ばしめる, 遠い常吉という奴, 遠い常夜灯のあかり, 遠い幕府の眼, 遠い幕末の夢, 遠い干潟になっ, 遠い平原山地の都会, 遠い平和とに与る, 遠い平安と調和, 遠い平安朝の話, 遠い年代や月日, 遠い幻影をなお, 遠い幻想の国, 遠い幼年の日, 遠い幼年時の窓, 遠い幼年時代の夢, 遠い鬱な, 遠い幾百年かの昔, 遠い広いところへ, 遠い広東省かどこ, 遠い広瀬旧城あたり, 遠い床几と幕, 遠い廊下道や梯子段, 遠い延喜天暦の制, 遠い建物の窓, 遠い建築場の足場, 遠い建築物の屋根, 遠い引掛りなん, 遠い弟子などはもう, 遠い彼方太陽と大海, 遠い往時へお, 遠い往来を荷車, 遠い待つ身の, 遠いの事, 遠い後ろの地平線, 遠い後方になる, 遠い徒弟で小橋屋, 遠い従兄に当る, 遠い従兄妹同士ですが, 遠い從兄ですよ, 遠い從妹のお, 遠い御仁體だ, 遠い御末のひとり, 遠い徳川時代浄瑠璃読本にまでなった, 遠い心内から言う, 遠い心境によつて, 遠い心持だが, 遠い心持ちのする, 遠い心覚えの見当, 遠い必然性がある, 遠い忘れられた記憶は, 遠い怒鳴り声が, 遠い思慮がお, 遠い思案をし, 遠いで寒い, 遠い恋愛の秘術, 遠い恐れをそばめ合った, 遠い悔痕が欲しい, 遠い沢の, 遠い悪事だと, 遠い悪夢のやう, 遠い情愛をもっ, 遠い想い出ばかりが残る, 遠い想ひとなつて, 遠い想念にすぎなかつた, 遠い意志です, 遠い感傷は銃声, 遠い感想がこの, 遠いもなく, 遠い憧憬に似た, 遠いい出, 遠い懐かしさを, 遠い懐かしい昔の, 遠い懐しい海外へ, 遠い懸隔を示し, 遠い我子と我夫, 遠いる高原地方, 遠い戦勝国の前例, 遠い戦場で死ん, 遠い戰國や李唐時代, 遠い戸口を眺めた, 遠い所為であろう, 遠い所産である, 遠い手欄の所, 遠い手段のよう, 遠い久の, 遠い抗議でなかった証拠, 遠い改札口の方, 遠い故一緒に何処, 遠い故国日本の階級的進展, 遠い敗れ去ったドイツから, 遠い教場から美しい, 遠い散歩ではあつ, 遠い数多の存在, 遠い数多くのおぼろ, 遠い文化の未来, 遠い文芸美術劇映画から酒, 遠い料理人はまた, 遠い料理屋へ出かけ, 遠い斯野の村, 遠い領土に, 遠い新しいものを, 遠い新大橋にさえぎられる, 遠い新婚の旅, 遠い新庄から汽車, 遠い新聞が送られ, 遠い新道を迂, 遠い方面をのみ研究, 遠い施療病院の病床, 遠い旅だと反つて都合, 遠い旅支度をも心掛けね, 遠い旅立ちの門, 遠い日光へ出かけ, 遠い日厩舎藁の蒸れる, 遠い日数を曝し, 遠い日本古代の婦人, 遠い旦那ですよ, 遠い明らかな美しい, 遠い明治の春, 遠い明治二十五六年ごろの少年たち, 遠い昔どこかで見た, 遠い昔のかへらぬ, 遠い昔ばなしの事, 遠い昔ギリシヤのこと, 遠い昔ギリシヤ文明の発生期, 遠い昔マルセイユから乘つた, 遠い昔一条大宮と云う, 遠い昔三好家はその, 遠い昔向島の屋敷, 遠い昔彼がわずか, 遠い昔推古朝の世, 遠い昔政治的思想的に紛糾, 遠い昔新聞の遊覽案内, 遠い昔明治三十年五月一日わたしが二十六歳, 遠い昔明治三十年五月一日私が二十六歳, 遠い昔母親がかに, 遠い昔求道の行者, 遠い昔私がまだ, 遠い昔西を追われたらしい, 遠い昔話のよう, 遠い昔野の草, 遠い星あかりのやう, 遠い星空を御覧, 遠い春日のちらちら, 遠い昨日からつづいた, 遠い時代握り飯のこと, 遠い時代離れのした, 遠い時期ではありません, 遠い時美からもまた, 遠い時計の方, 遠い智善さんはまじまじ, 遠い暁月夜で霧, 遠いさの, 遠い暗い旅に, 遠い曲りくねった迂回を, 遠い曲角の方, 遠い書院か何処, 遠い最初の恋, 遠い會津の山奧, 遠い月日ではない, 遠い朋友である, 遠いも近い, 遠い朝日嶽など言う, 遠い朝景色を, 遠い朝鮮へ行く, 遠い朧ろ朧ろしいもの, 遠いに澄み渡っ, 遠い木戸口の獄役人ら, 遠い木村明子のこと, 遠い木隠れに金燈籠, 遠い未來に延ばし得る, 遠い未来夢までを話し話し, 遠い未知不可思議のいかなる, 遠い未開地としか想像, 遠いの日, 遠い末梢に感ぜられる, 遠い本所からわざわざ, 遠い本所くんだりに余り足, 遠いの小, 遠い材料ではない, 遠い村境まで召使, 遠い村方ではこの, 遠い村村の家, 遠い村落のは繁茂, 遠い東北のさびしい, 遠い東國を頭, 遠い東都の文化, 遠いかな夢, 遠い杵屋の薄あかり, 遠い松原の中, 遠い松風のよう, 遠い林間はるかな丘, 遠い果てが海, 遠い枯木立や路ば, 遠い枯淡でもある, 遠い某区ならびに沼津海岸, 遠い校書殿から蔵人たち, 遠い校舎の角, 遠い根元までを想像, 遠い根岸の里, 遠い根源となっ, 遠い桔梗色の空, 遠い桜田門とやらのこわい, 遠い桟敷の嶺, 遠いの梢, 遠い森影に佇ん, 遠い遠い所, 遠い極光地方で, 遠い横手の方, 遠い樹木はぼやけ, 遠いの音, 遠い郎の, 遠い欧羅巴からこの, 遠い歌舞伎劇乃至その, 遠い正直者から嫌, 遠い此村里では水害, 遠い武者声のなか, 遠い武蔵のいた, 遠い武門の祖ども, 遠い歩いてはゆかれない, 遠いは恐ろしく, 遠いんど, 遠い残光をさして, 遠いじゃねえこの, 遠い母国からの供給, 遠い母屋から駆けつけ, 遠い母親のこと, 遠い母親ぢや音吉, 遠い民衆の言葉, 遠い気もちがいたしました, 遠い気配が通じ, 遠い水上から流れ, 遠い水蒸気の群, 遠い水鏡にうつし, 遠い水面らしいの, 遠い水音や葉, 遠いの上, 遠い氷山のよう, 遠い永代橋の橋, 遠い汐鳴りのよう, 遠い江南の大戦, 遠い江場土に小さい, 遠い江戸湾のかなた, 遠い江東区の空, 遠いの上, 遠い沖合いに一風, 遠い沙漠に住ん, 遠い没交渉な関係, 遠いやに大きな, 遠い河内の使い, 遠い河岸には灯, 遠い河岸ぎわのほうへどんどんと歩いて, 遠いのしぶき, 遠い泥濘の真ん中, 遠い洗面所その他はまるで, 遠い津浪の音, 遠いには只, 遠い流心に大きな, 遠い浅草の方, 遠い海中に消え, 遠い海底へ, 遠い海波の威す, 遠い海王星が雲, 遠い海風に吹き渡られ, 遠い涅槃を祈念, 遠い淋しい他人同士に, 遠い深川の果て, 遠い深慮やら眼前, 遠い深海へ生殖, 遠い深窓とまで大家, 遠い淵源と歴史的, 遠い清水からくみとり, 遠い渡殿に敷かれた, 遠い温室のある, 遠い港あたりの上空, 遠いの町, 遠い湯殿の辺り, 遠い満州国へ移住, 遠い満蒙へ兵士, 遠い源さんといふ年寄り, 遠い源平時代以前から, 遠い溪谷にその, 遠い滑るだんだんを, 遠い漂渺とした, 遠い演劇史的事実となった, 遠い演壇からで, 遠い漢代から伝えられ, 遠い漢陽に, 遠い潮騒を聞く, 遠い火の見櫓の上, 遠い火事でも始まった, 遠い火光を受け, 遠い灯台を見出した, 遠い灯火が金色, 遠いに赤く, 遠い炭坑を見学, 遠い炭火にあたる, 遠い烏帽子が嶽, 遠いの音, 遠い焚火に何, 遠い無明に押し流され, 遠い無用の空想, 遠い無縁のもの, 遠い無関係な女, 遠い煙波の彼方, 遠い煙突からは黒い, 遠い煙筒の煙, 遠い煙霞を, 遠い照燈のほう, 遠い熊本の城下, 遠い熱帯国の空, 遠い燈火にきらめい, 遠い爆音があっ, 遠い爺さんの姿, 遠い片隅の一寒村, 遠い牧師の説教, 遠い物何の関係, 遠い物声は, 遠い物置に隠し, 遠い物語の如く, 遠い物質でそれ, 遠いの吠え, 遠い狭霧の中, 遠い猿楽に対立, 遠い玄関までつづい, 遠い現世の出来事, 遠い現実であること, 遠い現実そのものの, 遠い現象的な改革意見, 遠い理性が加わらね, 遠い理想攘夷は当面, 遠い理窟を聞こう, 遠い琉球の昔, 遠い瓦屋根の向う, 遠い甘いやさしい綿々たる, 遠い生まれぬ前の, 遠い生れぬ先に, 遠い生れ付であった, 遠い生活態度と対比, 遠い生理学や心理学, 遠い生駒の山なみ, 遠い生駒山の峰, 遠いの中, 遠い由来を尋ねる, 遠い由比ヶ浜の学校, 遠い甲乙までが自分, 遠い甲信地方は其余波, 遠い甲武信岳や雁坂峠, 遠い男学生で旅, 遠い町はずれにある, 遠い町外れのタンボ, 遠い町家に五日月, 遠い畑地と広い, 遠い留守居のば, 遠い國で, 遠いの上, 遠い疎林の方, 遠い疎隔があった, 遠い疲れと放心, 遠い疼痛のうち, 遠い疾駆の音, 遠い病院の避雷針, 遠い白山の方面, 遠い白山山脈に照り映えた, 遠い白日の墓場, 遠い白樺の林, 遠い白馬朝日雪倉の諸山, 遠い百人町の海光寺, 遠い百合の畑, 遠い百姓家に火, 遠い百歳がもう, 遠い目つきで正面, 遠い目白台の鐘, 遠いに移住, 遠い真似をする, 遠い眺め水の姿, 遠いを見張りました, 遠い眼つきでながめ, 遠い睡つてゐる, 遠いが夜あけ, 遠い知らぬ海の, 遠い知合を辿, 遠い石ころになっ, 遠い石塀のそば, 遠い砂山の上, 遠い砂村までわざわざ, 遠い砂浜を歩い, 遠い研究を指す, 遠いの音, 遠い磯鳴りのよう, 遠い礼拝堂で十五分毎, 遠い祖たちが叡智, 遠い祖先達の苦闘, 遠い祖父かとにかくまるで, 遠い祖神人の踏み, 遠い神主の寓居, 遠い神仏を信心, 遠い神戸の埠頭, 遠い神秘的あるいは夢幻的, 遠い神話の国, 遠い祭りのやう, 遠い祭太鼓の稽古, 遠い禿山の山腹, 遠い秀麿を声限り, 遠い私行上のこと, 遠い秋霧の中, 遠い種類の人間, 遠い稲毛の旅館, 遠いからわずか, 遠い空々しい空氣を, 遠い空野に祭場, 遠いの奥, 遠い窪田に着いた, 遠い立像の傍, 遠い立場に居た, 遠い端々の一致, 遠い笑いを見交わし, 遠い笑い声がかすか, 遠いの音色, 遠い筈ぢやない, 遠い筋素生の悪, 遠い箱根の裾, 遠い範囲に逸出, 遠い米国の加州, 遠いな芸術, 遠い紅海の真ん中, 遠い細い廊下の, 遠いが暗く, 遠い絵巻物をでも見る, 遠い合いに, 遠いの塊, 遠い縁戚であるが, 遠い縁故のもの, 遠い縁續きだつた相で, 遠い繪畫美術わけても建築, 遠い羅馬の人々, 遠い美作の山中, 遠い美濃の平野, 遠い群鳥のよう, 遠い老婆がポカン, 遠いも最も, 遠い耳鳴りを感じました, 遠い聖祖羅馬の王族ピオ様, 遠い職工には本当に, 遠い肉親の記憶, 遠いの底, 遠いの曲がった, 遠い自分たちだと, 遠い自分ひとりの感想, 遠い自動車も聞え, 遠い自宅へ電話, 遠い自邸へ帰つて, 遠い舞伎的要素の過剰, 遠い舞踏会の響き, 遠い船路のマドロス, 遠いだ, 遠い色白の顔, 遠いの霞, 遠い花巻まで歩く, 遠い花火を眺められない, 遠い花見の賑, 遠い芸術感のもの, 遠い若き日の, 遠い英国の靴製造業, 遠い草叢の奥, 遠い草道があっ, 遠い荒波を通り過ぎる, 遠い荒海の上, 遠い荒涼とした知らない, 遠い萬葉の昔, 遠い萬葉時代の古, 遠い著作ではない, 遠い葛飾の江戸川, 遠い蓼科の山々, 遠い蔵王を眺めやった, 遠い蕎麦屋から出前, 遠い雲を, 遠い薄暗がりにじっと, 遠い薩摩の国, 遠い薩長で経済力, 遠い虚しさや, 遠いの声, 遠い蝋燭の光, 遠い蝦夷地ノ乱, 遠い行く手の見定め, 遠い行く末を美しく, 遠い行手を思いだした, 遠い街灯の光, 遠い製菓会社の方, 遠い西国のある, 遠い西国方面の倒幕陰謀, 遠い西方の荘園, 遠い西海の果て, 遠い意と, 遠い見えない彼方に, 遠い見学旅行などによって他, 遠い見知らぬ港へ, 遠い見通しのもと, 遠い視界の山々, 遠い覚えを辿る, 遠い覚束ない旅, 遠い親戚筋の家, 遠い親族関係もなかっ, 遠い親類達も世間, 遠いを呈する, 遠いにも姿, 遠い角笛の音, 遠い言行はいっさい, 遠い計略で今日, 遠い記念の匂い, 遠い記録でそれら, 遠いと哲学, 遠い話しながら歸, 遠い誘惑である, 遠いも二度と, 遠い調和と魂, 遠い調子でそれでも, 遠い請う自愛せよ, 遠い諦めをうつした, 遠い謬見に導き, 遠い證據としてゐる, 遠い谷川のひ, 遠いに, 遠いのちがった, 遠い赤児の頃, 遠い赤石山脈の悪, 遠いの國, 遠い越後の山, 遠い越後界の山山, 遠い足下の岩蔭, 遠い足軽草履取の端, 遠いりにも, 遠い跫音近く床しき衣摺, 遠い路のりを不自由, 遠いだその, 遠い身体の臭う, 遠い身寄りの者, 遠い車輪の音, 遠い軋りの跡, 遠い軍旅に立つ, 遠い軍隊の行進, 遠い輕氣球の方角, 遠い辛抱男で一面主人, 遠い辰巳の海, 遠い農家をながめ, 遠い農村であるだけに, 遠い辺鄙の地, 遠い辺陲の半島, 遠い辻番の蝋燭, 遠い近江の國, 遠い追懐のオルゴール, 遠いにかし, 遠い連中は楽屋, 遠い連嶺の上, 遠い連続した音, 遠い遊びだつたの, 遠い遊園地の方, 遠い遊星であれば, 遠い過ぎた日から, 遠い過ぎ去った日の, 遠い過去のと大, 遠い過去世の物語, 遠い道のはづれ, 遠い道灌山を選ん, 遠い道筋の事, 遠い遠い悲しさが, 遠い遠い細い廊下の, 遠い遠い遠い昔に, 遠い遠い長い道を, 遠い遠く国のどんな, 遠い遥かな夢, 遠い那須高原の山々, 遠い郊外電車の停留場, 遠いに属する, 遠い部落からこの, 遠い部隊へは中軍, 遠い都会の誘惑, 遠い都會の騒々し, 遠い配給所へゆく, 遠い酒場へ酒飲み, 遠い酒店まで出かけた, 遠い野ざらしの場所, 遠い野中の家, 遠い野良の方, 遠い野茨のにほ, 遠い野蛮な生活, 遠い金沢表の援軍, 遠い鈍い底唸りの, 遠い鈍痛のこもってる, 遠い銀座の百貨店, 遠い銀杏の木, 遠い銀色の過去, 遠い銚子の海口, 遠い銭湯へ行っ, 遠い鎌倉の令, 遠い鎮守の鳥居, 遠い鐘音が聞こえる, 遠い鑄掛と跛, 遠い長い道を, 遠い長い長いつめたい道でした, 遠い開きが付く, 遠い閑生涯というべき, 遠いを置い, 遠い間隔のある, 遠い関東平野の中, 遠い関雪氏であつ, 遠い闇底に涙, 遠い關係のもの, 遠い陣地にある, 遠い陸地のなか, 遠い隅々で集団農場組織, 遠い隅ッこで晩, 遠い隔たりがある, 遠い隔りが出来, 遠い隣り村まで, 遠い雑草のある, 遠い離れ島に来, 遠いの音, 遠い雨脚の音, 遠い雪國の其の, 遠い雪路を歩い, 遠い雪道の帰りかけ, 遠い雲間に白山, 遠い雷門を後ろ, 遠い電灯は青白く, 遠い電話口で私, 遠い露路口でかすか, 遠い露領の果, 遠いさの, 遠い青い空に, 遠い青びかりのサンムトリに命令, 遠い青根まで来た, 遠い青森の温泉, 遠い青田に俯, 遠い静寂な土地, 遠い靜けさの中, 遠い人間的空間は, 遠い音波をひびかせ, 遠い音響が自分, 遠いが聞え, 遠い響きが森, 遠い頑固論であり之, 遠い領土を消滅, 遠いの上, 遠い頭上から何, 遠い頭痛を感じ, 遠い頼りない子供, 遠い題目ですが, 遠い願いとして彼ら, 遠い類似を尋ね, 遠い顧客先まわりをし, 遠い風車や波, 遠い風音も常, 遠い飛領などは斬り, 遠い飛鳥時代に四天王寺, 遠い食卓の一端, 遠い食堂へ行き, 遠い飯田の町, 遠い近い餅, 遠い養母と一緒, 遠い馬籠の昔, 遠い駅路の出入境, 遠い高みに建っ, 遠い高嶺と我が, 遠い高松市はもう, 遠いの臭い, 遠い鬼界ヶ島へ流せ, 遠い魏朝にあった, 遠い鳴き声などに交ってる, 遠い鳴物や歌聲, 遠いの滝, 遠い黄泉の国