青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遠~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

違い~ ~違う 違う~ ~違っ 違っ~ ~違った 違った~ ~遙 遙~ ~遠
遠~
~遠い 遠い~ ~遠く 遠く~ ~遠慮 遠慮~ 遠方~ ~遣 遣~ 遣っ~

「遠~」 2256, 24ppm, 4782位

▼ 遠~ (152, 6.7%)

298 の感情 4 までございました, までした 3 にある 2 が欲しい, にいつも, は何キロ, や近, よ, を味, を感じさせる, んどした

1 [88件] うだし, うだす, からで, かる連れ, が, があった, がありました, がよく, が分る, が指摘, が甚だ, が薄く, が返, だったこと, だったと, だつた, だつたが, であった, であつ, であり海, であり私, である, であろうと, で自分, といひ, とがある, としてより, とその, となる, とを尋ねた, と思う, と考えあわせ, なぞに竦み上がる, なの, にあきれ, になっ, にまず, に聴き取れ, に見える, に誘はれる, に過ぎない, のなか, のみが感じられた, の中, の少し, の海, の無限, の魔力, はどこ, は丁度, は平気, は曲がりくねった, へ連れ, へ運ばれた, まさあ行き, またんと, まで, までございます, までござん, までごぜ, まではとどくまい, まで行かない, まで行く, ま一つ, ま今日, ま毎度, ま発車, もそこ, も他, も分りません, よりももつ, を, をたいした, をまた, をもつ, を一緒, を取り除く, を心, を忘れ, を思いくらべ, を感じない, を感じないであろう, を考へ, を見る, を覚えた, を足, ん, 攻め取ること

▼ 遠~ (146, 6.5%)

5 の或 2 のよう, の正太, の者, はその

1 [133件] からお茶, から土佐, から這入る, がまだ, が二百五十年前, が作った, が建築指揮, が流行りまする, が豊太閤, だっていちいち, だってみな人, だの, であった, であつ, である, でささやか, ですよ, では仲人, で仲人, で前, で有名, といへ, とかいうよう, ともいう, と比べられる, などと言え, にひっこん, に入り, に比べ, に目標, に相談, に興りました, に関する話, のした, の七窯, の三浜, の井伊城, の人貫名五郎重実, の今, の使者, の創意, の北部, の大きな, の大兵, の天竜川, の奥, の奥西渡, の好み, の如き, の孫, の寒村狩宿, の山, の山奥, の山奥辺, の巻, の平野, の庭園術, の御前崎, の懸河, の掛川地方, の方, の方面, の有玉郷, の気, の浜松, の浜松附近, の海, の海辺寄り, の灘, の独創的, の産, の磐田郡, の秋葉, の秋葉街道, の箱書, の細心, の織物, の考案, の肥沃, の舞阪, の親族, の言葉, の設計, の足洗, の造庭, の陰陽博士, の顔, の飯尾家, の高林, の鰮屋問答, の鶏足山正法寺, はかう, はかつて, はすぐ, はふと, はみずから大名, はもどかし, はゆくりなく, は一, は二人, は京, は古瀬戸, は呆気, は庭径, は徳川家, は桂, は歎, は池田, は男, は自分, は茶器, は言葉, は間もなく, は雲山, へは信濃, へ上る, へ向け, へ微行, ほどの名人, までほんとう, もありゃしない, や三州, や不, や夢窓国師, や雪舟, をし, を冒し, を常々, を引き合い, を掠取らん, を訪問, 旧奥山村, 被仰

▼ 遠退い~ (82, 3.6%)

14 て行く 9 ていた 4 ている 3 て行っ 2 ていった, てしまっ, てゆく, てブチ, て居た, て居ります, て段々, て眺め, て行った

1 [34件] たりした, たりする, てお, てかえって, てからのお, てしまい, てしまった, てしまふ, てしまわれる, てふた, てほどなく, てほれぼれ, てもい, てやがて, てゐた, てゐる, て以来, て僕, て常に, て従って, て戸口, て挨拶, て来た, て次, て気, て江戸, て浪花節, て湖心, て灯, て腕, て若菜家, て行き, て西, て見

▼ 遠~ (79, 3.5%)

5 宮廷領を 3 燈火の 2 すゑ黒線と, ながめ, ほうは, 昔に, 砂山崩れ

1 [61件] ことで, たずさえて, と山, むかしに, めづらの, 一行を, 一部をも, 二国を, 二州の, 今川でも, 住居へ, 兄頼清へ, 前に, 前部は, 包囲攻撃の, 句は, 地まで, 地景を, 堺に, 妹である, 妹の, 妹は, 妹を, 妻王氏は, 子だ, 家へ, 宿所に, 対幅が, 山々おしなべて, 山地を, 山境を, 山川, 平野に, 御朝廷, 念に, 所へ, 方から, 方で, 日影は, 時代に, 朝廷に, 村里, 柴山かけ, 武田信虎に, 水音も, 海原, 渚は, 献じたもの, 発砲によって, 白波, 空は, 船さながら, 術気を, 記念塔が, 諸国王が, 軸物砧青磁の, 邸の, 里人いかなら, 雲ゐ, 靄より, 首を

▼ 遠~ (52, 2.3%)

5 祖あめの 4 祖中 3 飛鳥の 2 世の, 昔の, 浪辺に, 海や, 神が, 神我大君の, 風吹き

1 [26件] あふみ大河, あふみ大河流, あふみ浜名, 世を, 人, 人吉野の, 代に, 代の, 代よりの, 島辺の, 御世には, 御祖, 祖どもが, 祖どもの, 祖は, 祖サモスなる, 祖中臣の, 祖先は, 神, 神代は, 神祖の, 走りし, 野の, 飛鳥, 飛鳥と, 飛鳥に

▼ 遠~ (48, 2.1%)

3 のよう 2 が泥棒, である, をり

1 [39件] がします, がそんなに, がはたと, が次第に, が物淋しく, が聞えた, が聞える, するの, だと, だよ, ですよ, でよく, で御座います, で悪かっ, で惡, と婆さん, なら我慢, にけんめい, の声, の如く, の犬, の稽古, は御前一人, は聞え, または何物, もせず, もへん, や惡戯, ゆる狼, をきい, をきき, をきく, をした, をする, をやり出した, を引き去る, を聞いた, を苦, 見たいな

▼ 遠かつ~ (41, 1.8%)

174 たの 2 たかを, たけれど, たので, た今

1 [12件] たから, たが, たぐつすり, たし前, たとう, たに, たもう, たやう, たら半年, たんだ, た夫たち, た萩

▼ 遠州屋~ (39, 1.7%)

4 のお 3 の主人

1 [32件] いい問屋, から退, だけは強情, ですよ, でもすぐ, という外療道具商, という道具屋さん, といつ, にいる, には惡, に奉公, の上下, の主, の仁助, の前, の奉公さき, の奴め, の死んだ, の空氣, の者, の裏口, の財産, はなんだか, は四十, は大分限, へたずね, へやつ, へ乗り込む, へ引, へ行つて, を御存じ, 好い問屋

▼ 遠泉君~ (36, 1.6%)

3 は言った 2 の一行, はすぐ, は訊いた

1 [27件] として置く, と本多, のところ, の註, はあ, はかれ, はなんだか, はひと, はまた, は一種, は傍, は八月中旬, は冷やか, は実際, は思っ, は手, は早々, は更に, は海岸, は漁師, は無用, は田宮, は考えた, は自分, は薄ら寒い, も一緒, も本多

▼ 遠~ (31, 1.4%)

7 して

1 [24件] あれば, たそがれつ, ちらばる星, なりました, 下馬せよ, 來て, 南アルプスと, 堪えぬと, 夕暮ちかい, 夜半を, 射渡るを, 思うであろうと, 思ったか, 感知される, 撰集の, 歸りぬ, 泡立つ, 浦づたひして, 海鳥, 漕ぐ船, 迫りかかる, 通ずる生命, 開け, 雲ぞ

▼ 遠~ (28, 1.2%)

2 若葉かがやく

1 [26件] しりも, しりを, その奴僕, その從僕, それを, どこに, なかなか出, もう馬, 五十歳で, 信長の, 勇猛な聞え, 名に, 実に木曾, 山木家の, 左翼来, 早速竹枝, 昨夜国司の, 更らに, 横ぶとり, 笑って, 肩書に, 腹を, 負傷し, 軍兵を, 近の, 頑としてきき入れません

▼ 遠退く~ (22, 1.0%)

3 ように 2 のを

1 [17件] が如く近寄る, ことに, だけで, と正面, と部屋, につれて原生樹林, につれて深林, に従ってすう, に従って余, に従つて, に從つて, のは, んで, 声, 算段ばかり, 跫音へ, 遠退く

▼ 遠まき~ (21, 0.9%)

11 にし 1 して, にいたし, にこれ, にセブリ, に取り, に囲ん, に見まもられ, に豚, に野荒し, に黒馬旅館

▼ 遠~ (21, 0.9%)

3 の旅 2 の山

1 [16件] からも仰がれ, すぎる, などへ布教, に住め, に居る, に突, に罷, に美田, に賣られる, のもの, の者, の蒼渺, へおいで, へでも行かれる, へでも走り, を指す

▼ 遠ざく~ (20, 0.9%)

3 るの 2 るを, る算段

1 [13件] で下女, とあっ, と言います, と言ったで, なり, べきである, べき大いなる, る, るとかや, るに, るべきもの, る所, れば

▼ 遠すぎる~ (20, 0.9%)

1 [20件] あなたの, いろいろの, からだ, が事, が揚子江, ことだらう, し, しさっき達, しそれ, し何, し土, し場所, という理由, ところへ, と思った, ものだ, ような, ように, んです, 少なくもここ五

▼ 遠~ (20, 0.9%)

2 あつた, たまりません, ならない, ならぬ

1 [12件] ござりました, ござりましょう, ござりませう, ならないん, 卯平は, 口腔の, 堪りきれぬほんとに, 待ち遠, 最後の, 有ったろう, 朝の, 跳ねて

▼ 遠駆け~ (20, 0.9%)

2 一番, 試合の

1 [16件] などの試合, にいくら, にえらばれた, におくれ, には相手方, に馬, に騎馬, のおり, のとち, の一番試合, の勝敗, の勝負, の試合, は勝負, を勝敗, 試合は

▼ 遠~ (19, 0.8%)

11 はしに 4 はりし 2 はしの 1 はりの, はりを

▼ 遠~ (19, 0.8%)

10 にし 2 に巻い 1 にいたす, にした, にする, になつて, に焚木, に見, の顔

▼ 遠まわり~ (17, 0.8%)

7 をし 4 して 1 しても, する必要, の別, をしまし, をする, をすれ

▼ 遠~ (17, 0.8%)

1 [17件] かこみ無性に, して, 出せ, 刺し殺しその, 刺し殺したの, 変じて, 定む, 崇び楊貴妃の, 殺め仇敵, 腥坊主, 行く, 見ずや, 討ちとめた佐々木定綱, 討ち取ったっ, 謀るは, 近と, 願奉るべし

▼ 遠~ (16, 0.7%)

2 にのこる

1 [14件] なり, にか, にかかる, に光る, のかげ, のただ, の上, の暮れ, の空, の背, の赤, の雨, は遂に, は金

▼ 遠~ (15, 0.7%)

2 であった

1 [13件] のほか, はあくまでも, はもう, は主人, は会釈, は烏帽子, は牛車, は苦い, は説明, は頼長, も息, も自分, を見識

▼ 遠~ (14, 0.6%)

1 [14件] いたすから, で大層, という, などに出た, に誘われる, の二字, の途中, の道すがら, もやる, や桜, をし, をしよう, をなさいましょう, をもって細君

▼ 遠かる~ (13, 0.6%)

1 [13件] が故に, にあらずや, に引き, べし, べしと, まじと, やうに, を憂ふる, 可藤筈, 時を, 樣な, 汽車には, 者も

▼ 遠~ (13, 0.6%)

1 [13件] ある, いったの, くれ, しきりに三名, すな, すみに, その死骸, つたほど, 二夫人を, 何も, 医種子中に, 焼けるぞ, 符を

▼ 遠~ (13, 0.6%)

5 りの 2 りが, りに 1 の歸路, りして, りには, りらしい若

▼ 遠~ (12, 0.5%)

4 ろき, ろく 2 ろくう, ろし

▼ 遠めがね~ (12, 0.5%)

2 を出し 1 でで, で覗かせたい, のやう, のよう, も何, をそれ, をとっ, をもつ, を入れ, を貸す

▼ 遠~ (12, 0.5%)

2 のよう 1 が寄せ, が耳, にしき, のごとき, のやう, の寄, の落ちた, の間違, の響き, を正し

▼ 遠退いた~ (12, 0.5%)

1 [12件] がその後, が雨, しこの, と思う, のは, 上主人の, 座を, 時でも, 時に, 時の, 樣子二人の, 足が

▼ 遠~ (11, 0.5%)

6 りき 1 あない, ないね, みなり, りつ黒く, アありません

▼ 遠~ (11, 0.5%)

1 [11件] しめたるなり, て暗黒, て自分, ぬ, やう為に, んが, 其全権公使に, 其全權公使に, 去るが, 松本に, 終に全く之

▼ 遠~ (11, 0.5%)

3 にし 2 に見 1 にした, にグルリ, に卷い, に寶屋, に通り過ぎ, に鐵檻

▼ 遠州流~ (11, 0.5%)

2 の生花 1 でも古流, とかそういった, とそれぞれ, と呼ばれる, などの流派, のもの, の前栽, の活花, はどうもちっと

▼ 遠~ (11, 0.5%)

4 におびかれ出る 1 にある, にって深雪さん, にでも出る, の印象, を来た, を来る, 多般疾是

▼ 遠~ (11, 0.5%)

1 [11件] だけの關係, で開い, など云, なれば, な砂濱, にし, になつ, の海, の海岸, の砂, は暗黒

▼ 遠すぎ~ (10, 0.4%)

1 たりし, てせっかく, てとても, てね, てまだ, てよしや, て何, て縁, て警察, て飛ん

▼ 遠~ (10, 0.4%)

2 の友 1 と群行, のお, のまれびと, の客, の少い, の援軍ら, の舊友, の馬見たい

▼ 遠~ (10, 0.4%)

6 の鐘 1 に打ちたる, のかね, のとき, の晩鐘

▼ 遠州相良~ (10, 0.4%)

2 の城主, の空 1 の城, の城下, の祖父江出羽, の者, へ帰っ, へ歸

▼ 遠~ (10, 0.4%)

2 あを 1 にかすむ, にたった, に兆せ, に描い, に色付きはじめた, に連, の中, の星

▼ 遠退き~ (10, 0.4%)

1 こちらからも, しばらく顔, ついに全く聞こえなくなった, つつあった, てわが, ふっつり音信, 幽かとは, 遠退き, 間もなく闇, 闇へ

▼ 遠~ (10, 0.4%)

1 けて批評, ける祈祷, する, ってから私達, に住, に専ら, の感, の液, りて, り行く都城

▼ 遠そう~ (9, 0.4%)

1 だった, だね, だ近い, である, な信仰, な場所, な老婆, な英語, な青年

▼ 遠~ (9, 0.4%)

1 し小, その随員, その随員たち, 云ひ, 云ふ, 台所へ, 洒落しめたる経済学, 見て, 話しこんで

▼ 遠~ (9, 0.4%)

3 えを 2 えが 1 えする, えに, えの, えも

▼ 遠~ (9, 0.4%)

3 かも 2 絶間なく 1 かしこみ, かつ近, かも月読, 小野の

▼ 遠~ (9, 0.4%)

2 かり労 1 かつた, かつて, かり結局私, かること五十歩, かるため, かるまで, かる跫音

▼ 遠過ぎる~ (9, 0.4%)

2 ぜあの 1 ことに, ぢや, のを, もう少し近い, やうだ, わい, 事を

▼ 遠いい~ (8, 0.4%)

4 空で 1 幽かな, 物音が, 過去は, 過去も

▼ 遠~ (8, 0.4%)

1 ある, この裏通り, ま明し, ま西, わ, 一月ばかりを, 此処から, 此處から

▼ 遠~ (8, 0.4%)

3 の大軍 1 だけの義元, の三ヵ国, の境山, の大, の領主

▼ 遠~ (8, 0.4%)

1 に伺候, に至る, のあなた, のいる, の控え, の間, や召次, らしいところ

▼ 遠照り~ (8, 0.4%)

2 の空 1 がここ, と月, などとはいわれない, の光, はここ, を縫っ

▼ 遠~ (8, 0.4%)

7 の命 1 の命答

▼ 遠走り~ (8, 0.4%)

1 した様子, した樣子ぢ, に遊び歩い, はできません, をし, をした, をしない, をやり過ぎ

▼ 遠かり~ (7, 0.3%)

1 そうな, てせめて, て自ら其天寿, 來て, 俗音を, 候後は, 博文館に

▼ 遠~ (7, 0.3%)

2 がきょう 1 があ, がとくい, である, のあ, の鑑識眼

▼ 遠~ (7, 0.3%)

2 かって行った, かるに従って 1 かって入湯, かって槍持, かるの

▼ 遠去かっ~ (7, 0.3%)

2 ていく, ていった 1 ていた, ていっ, て行く

▼ 遠浦帰帆~ (7, 0.3%)

3 之図 1 など持っ, の紙中, もともに, を持っ

▼ 遠理命~ (7, 0.3%)

1 が海, というお, と浦島子, はこれ, はまたの名, をお, 亦の

▼ 遠過ぎ~ (7, 0.3%)

2 もせず 1 て何分, て学校, て平次, て直接, て頼み

▼ 遠離し~ (7, 0.3%)

1 てから私, てこの, て東方, て深く, て真如界, て究竟涅槃, て行った

▼ 遠~ (7, 0.3%)

2 や君, 潮の 1 が響い, のやう, のよう

▼ 遠かた~ (6, 0.3%)

1 に星, に響く, の松ふく風, の波かげ, の跡, の辺

▼ 遠~ (6, 0.3%)

1 に封ぜられた, の大, の大兵, の故, の諸, の間

▼ 遠州縞~ (6, 0.3%)

2 のお仕着せ 1 のお仕着せ姿, の單衣, の湯上り, の袷

▼ 遠捲き~ (6, 0.3%)

5 に人 1 にし

▼ 遠~ (6, 0.3%)

1 それでは出かけましょう, で, でございました, でした, と持込んだ, と来た

▼ 遠歩き~ (6, 0.3%)

2 を致す 1 が怪しい, するところ, する鼠, をし

▼ 遠~ (6, 0.3%)

3 において 1 で交わる, というよう, なる概念

▼ 遠~ (6, 0.3%)

2 から破約攘夷 1 の到底, の説, は一さい不要, は実に

▼ 遠~ (5, 0.2%)

2 を倚安 1 を愛し, を懷柔, 或は久しぶり

▼ 遠~ (5, 0.2%)

1 の, のやう, のよう, の崩れる, の音

▼ 遠~ (5, 0.2%)

5 の術

▼ 遠~ (5, 0.2%)

41 は紀州

▼ 遠過ぎます~ (5, 0.2%)

1 いかにムク, が丁度, ね, よ, よ白金二丁目

▼ 遠~ (5, 0.2%)

1 と申す, に, の果, の淡い, をはなれ

▼ 遠~ (5, 0.2%)

2 の如き 1 に見, のところ, は出来る

▼ 遠さま~ (4, 0.2%)

1 とあつ, と彼, と微笑ん, の挨拶

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 つたので, というふう, といかぬ, んべ

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 こって, 多一さん, 眺めを, 農村の

▼ 遠ながら~ (4, 0.2%)

1 よろしく御, 御出, 御足, 目礼し

▼ 遠なる~ (4, 0.2%)

1 ところに, 景を, 沼沢地域に, 里なれ

▼ 遠のけ~ (4, 0.2%)

1 ておいた, ておく, て天井裏, て油断

▼ 遠のける~ (4, 0.2%)

1 こんなもの, とそれ, とまた, ように

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 のがれ難き, ぼんやりした, また急, 実は竜

▼ 遠呂智~ (4, 0.2%)

1 とは俗, のうねり, は, または稲羽

▼ 遠寄せ~ (4, 0.2%)

1 かそれとも, に怖, に押し寄せ, に来る

▼ 遠州好み~ (4, 0.2%)

1 といわれる, に由来, の床飾り, の茶庭

▼ 遠州屋さん~ (4, 0.2%)

1 てどちら, でいらっしゃいます, のそう, を

▼ 遠州御前崎~ (4, 0.2%)

1 に塩田, の今, の浜, の灘

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 でむらむら, にちらりと, に透せ, の目

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 が, が見えた, でさながら, は山々谷

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 して, せず凶事, 之由, 之趣

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 ちょっと底, なく逢紀, にちがいありません, はさらに

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 される場所, し且つ, せられ数年, の地

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 せられ涙, にあう, に遭い, を喜べり

▼ 遠~ (4, 0.2%)

1 の志, の途, もまた, を計画

▼ 遠鎮遠~ (4, 0.2%)

1 のいずれ, はまっ先に, を撃たん, を残し

▼ 遠長き~ (4, 0.2%)

2 並木路 1 すそばかり, 世に

▼ 遠~ (4, 0.2%)

2 を着 1 で天守, で露店

▼ 遠がる~ (3, 0.1%)

1 ほど三度三度の, ものも, 子供の

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 きに, きぬ, ける如

▼ 遠~ (3, 0.1%)

3 遠シ

▼ 遠ッ走り~ (3, 0.1%)

1 をし, をした, をする

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 となりぬ, なる暮色, の裏うち透かし吾

▼ 遠値賀島~ (3, 0.1%)

1 から東北風, に到着, に歸着

▼ 遠去け~ (3, 0.1%)

1 てあった, て喋り始めた, て好き

▼ 遠吼え~ (3, 0.1%)

1 のよう, はこの, はやや

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 て聴受, 空翠, 西周之後何爲殿彼不

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 だけが聞えます, ではある, をおくった

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 になる, の太鼓, を打込みし

▼ 遠州地方~ (3, 0.1%)

1 には, のみにはまだ幾分, の習慣

▼ 遠州屋才兵衛~ (3, 0.1%)

1 であった, という道具屋, を殺した

▼ 遠州掛川~ (3, 0.1%)

1 と近江大原村, の声聞師, の奥

▼ 遠州見附~ (3, 0.1%)

1 の人身御供問題, の北, の相撲

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 丙鎮東鎮南及び, 乙と, 甲済遠

▼ 遠感的~ (3, 0.1%)

1 な性能, な錯視, に動いた

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 で正, の幽, 近落

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 の口, はお, 及びぼく

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 から前日, に行っ, の話

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 が薄く, と称し, 詳しくは

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 という奴, にきこえ, になつて

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 南嶋中, 心を, 西方來遊上國宣六根之

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 がきこえる, がやはり, の音

▼ 遠観術~ (3, 0.1%)

2 を験し 1 すなわちクレボヤン

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 と硬, ならしめたるか, を生ず

▼ 遠過ぎた~ (3, 0.1%)

1 かもしれません, から無理, ので相手

▼ 遠~ (3, 0.1%)

1 であり父祖, と称し, なり

▼ 遠院宮~ (3, 0.1%)

1 でも同様, と地続き, は文亀四年

▼ 遠雷鳴~ (3, 0.1%)

1 がいよいよ, のよう, はゴロゴロ

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 さま, 遠おとな

▼ 遠かつて~ (2, 0.1%)

1 行く, 行つて折角の

▼ 遠からむ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 者は

▼ 遠かりし~ (2, 0.1%)

1 が只何となく, ことよ

▼ 遠がっ~ (2, 0.1%)

1 たり食べたがっ, て居る

▼ 遠けども~ (2, 0.1%)

1 おもかげ, 面影に

▼ 遠ございます~ (2, 0.1%)

1 から, な

▼ 遠ざかつてゐた私~ (2, 0.1%)

1 はそれほど, をし

▼ 遠ざかつてゐるやうに~ (2, 0.1%)

1 努めた, 思はれます

▼ 遠すぎた~ (2, 0.1%)

1 のである, ようです

▼ 遠だろう~ (2, 0.1%)

1 から直ちに, が少し

▼ 遠つぐ~ (2, 0.1%)

2 に無言

▼ 遠であったろう~ (2, 0.1%)

1 な今, の

▼ 遠でした~ (2, 0.1%)

1 さあ, と云わせたい

▼ 遠でも~ (2, 0.1%)

2 あり心配

▼ 遠とは~ (2, 0.1%)

1 宿命的に, 少し離れた

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 おしく感ぜられ, ほし緬羊

▼ 遠どの~ (2, 0.1%)

1 の話でも, は汝ら

▼ 遠ながめ~ (2, 0.1%)

2 鉾杉の

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 働きかける関門, 領土を

▼ 遠みいた~ (2, 0.1%)

1 づらに, も寂し

▼ 遠みち~ (2, 0.1%)

1 とでへとへと, をしよう

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の向う, の黒樫

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の地, の荒地

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の水, の神

▼ 遠卷き~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 遠去かった~ (2, 0.1%)

1 ことに, 山の

▼ 遠去かり~ (2, 0.1%)

1 別世界の, 追

▼ 遠参三ヶ国~ (2, 0.1%)

1 の大名, を擁し

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 にあり, に波及

▼ 遠夏珪~ (2, 0.1%)

1 が如き, の宣和画院系

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 に光る, の空

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 に雷雲, の

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 であること, もあるべし

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 が来た, を慰め

▼ 遠州井伊谷~ (2, 0.1%)

1 の井伊兵部直政, へ微行

▼ 遠州勢~ (2, 0.1%)

1 と二手の内何方, を防ぎ

▼ 遠州所持~ (2, 0.1%)

1 でございまして, の南蛮砂張

▼ 遠州洋~ (2, 0.1%)

1 において難船, の深き

▼ 遠州濱松~ (2, 0.1%)

1 で, の生れ

▼ 遠州秋葉~ (2, 0.1%)

1 の一修験者, の山奥

▼ 遠州程度~ (2, 0.1%)

1 では全く, に私

▼ 遠州系~ (2, 0.1%)

1 の庭, の池泉廻遊式

▼ 遠州見付~ (2, 0.1%)

1 の夜啼婆, の大

▼ 遠州路~ (2, 0.1%)

1 から山坂, の方

▼ 遠州金谷~ (2, 0.1%)

2 の鍛冶屋

▼ 遠州風~ (2, 0.1%)

1 の濡れ石, の石組

▼ 遠廻わし~ (2, 0.1%)

1 に云っ, に反撥

▼ 遠廻わり~ (2, 0.1%)

1 に廻わり, をし

▼ 遠当て~ (2, 0.1%)

1 でそこ, 程よく腕

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の三人, の事

▼ 遠日射~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の岡, の岡ノ上

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 でした私, とも言はず

▼ 遠~ (2, 0.1%)

2 に相

▼ 遠~ (2, 0.1%)

2 の臣

▼ 遠津山岬多良斯~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 遠津年魚目目~ (2, 0.1%)

2 微比

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の案, は野洲川

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の帰帆, の波

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の首長, より突如

▼ 遠牧渓~ (2, 0.1%)

2 それからこの

▼ 遠~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 遠稲妻~ (2, 0.1%)

1 そらの, に虫

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の代, は陽成

▼ 遠絶不可得詳~ (2, 0.1%)

2 次有斯馬國

▼ 遠耳秘法~ (2, 0.1%)

1 には一つ未熟, を講じ

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 の途, をやってた

▼ 遠良天釜~ (2, 0.1%)

1 があった, と伊勢物語

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 だの俣野景久, の軍勢

▼ 遠荒磯~ (2, 0.1%)

2

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 にても顯はる, の精靈

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 になやまされ, の印

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 には羅爾美都, に嘉慶帝

▼ 遠走っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てしまえ

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 に囲んだ, に沿う

▼ 遠退かせ~ (2, 0.1%)

2 て向う

▼ 遠退きました~ (2, 0.1%)

1 が, が鼻

▼ 遠退きゆけ~ (2, 0.1%)

2 ば雀

▼ 遠遊び~ (2, 0.1%)

1 に出た, をした

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 ぎることになつてしまつた, ギマスシ黒谷ニシタッテワザ

▼ 遠避けよう~ (2, 0.1%)

1 とする, と血気

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 あること, に喧鞠

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 で地, 恐有

▼ 遠~ (2, 0.1%)

2

▼ 遠~ (2, 0.1%)

1 がくれ, の遠き

▼ 遠馭長駕~ (2, 0.1%)

1 の機, を事

▼1* [426件]

あかねの美し, 遠あかり其も夢, 遠あかり車夫部屋の例, 遠あたりが切, 遠あらしのごとし, 遠いったってどこ, 遠や, 遠おとなされた方, 遠かすむ森, 遠かども寝もとか, 遠かりいづこを, 遠かりければ誤り, 遠がけの馬, 遠きくにべを, 遠くずれおちた絵そら, 遠の方, 遠けたりしなり, 遠けどあらたまの, 遠けらるるが, 遠けられ今日では, 遠けられたるか, 遠けりや, 遠けることを, 遠けれど大音, 遠に此方彼方, 遠ござるがそっと, 遠ごぜえます, 遠さけんとする, 遠さこの世の有様, 遠さんで御座いました, 遠さ未熟さが自分, 遠さ現在の境遇, 遠ざかつたうへに病気を得, 遠ざかつたかと云へばそれ, 遠ざかつたたをやめぶりを発生させたの, 遠ざかつたのであると斯う説明, 遠ざかつた一予備兵としてのそして, 遠ざかつた事もある, 遠ざかつた道楽に類する, 遠ざかつてからもまだ竹竿ばかりは屋根, 遠ざかつてしまつた方がいい, 遠ざかつてしまつて更に幾つ, 遠ざかつてしまつてゐるのを感じる, 遠ざかつてしまふでせうそして根本的, 遠ざかつてはゐるがその思ひ, 遠ざかつてましたけどその間一日として研究, 遠ざかつてゆかねばならぬ事になる, 遠ざかつてゆくのだと云ふ意識, 遠ざかつてゆく足音をきき, 遠ざかつてゐたいと思ふ, 遠ざかつてゐたからで中也とのん, 遠ざかつてゐたことであるしその後のこと, 遠ざかつてゐたこともあるがやはりそれ, 遠ざかつてゐたといふことが彼女を姉たち, 遠ざかつてゐた昔馴染の客, 遠ざかつてゐた母から許容, 遠ざかつてゐた洋酒に私, 遠ざかつてゐた茶屋這入りが, 遠ざかつてゐないやうな心を返り見, 遠ざかつてゐながら時々俳壇, 遠ざかつてゐられる訳である, 遠ざかつてゐるうちに夏は過ぎた, 遠ざかつてゐることを認めて, 遠ざかつてゐると近頃はまた, 遠ざかつてゐるので意氣好みの女, 遠ざかつてゐるのにさつきその中, 遠ざかつてゐるやうにとの遠慮が私, 遠ざかつてゐる明子には想像, 遠ざかつてゐる間に生ずる, 遠ざかつてゐる頼母しい観客層, 遠ざからなくちやならない事になる, 遠ざからむと勤めしより, 遠ざかることとなつて志と違つて, 遠ざかるにしたがってしだいに弱くなり, 遠ざけてござりますゆえお心, 遠ざりゆくテンツルツンテンツンテンツンテンの, 遠ざることが, 遠すぎず熱しすぎず冷淡過ぎず, 遠すぎましたよ, 遠すぎますよ, 遠ちかたに, 遠っておるかと, 遠つて男ははで, 遠つみ祖である処, 遠であったな, 遠であろうと思う, 遠でござんしたの, 遠ですな, 遠という男が, 遠ながき笛の, 遠ながく見て, 遠などの百数十家所領の, 遠なりましてなも, 遠にて毎日ひ, 遠のみかどと在り通, 遠のりした, 遠ひた寂しかも, 遠ひないがあつ, 遠びとよ死ねやと, 遠点, 遠べにも観音さまの, 遠ほからずして癒ゆ, 遠また火災に, 遠まつたりし, 遠まわりしなければ帰れなかった, 遠まわりな道を, 遠み来じとは知れる, 遠の利く, 遠が賊軍, 遠りたれば餘, 遠り往く虻の, 遠を以てしぬ, 遠イノデ辿リ着クマデニ, 遠イ昔ハ江州商人ノ出, 遠カラズシテ数十万無告, 遠カル正ナレバ, 遠キコトハ○○○○○ノ調査徴集, 遠キニ至リ牧童鞭ヲ加, 遠キハ招クガ如ク近キハ語ラントス, 遠キモノノ如ク現今却テ之レヲ用ウルコト, 遠キヲ慮リテ, 遠過ギテキタ己タチ, 遠クカラ拝見シテイルトイウヨウナコトデコレデ無難ニ飯ガクエレバコンナラクナ事ハアリマセヌ慾ニハ私モ東京ニイテ文芸倶楽部ノ末, 遠クカラ操作スルノデ一ミリ違ッテモ工合ガ悪ク, 遠クテ切先デ背, 遠クデ笑ヒナガラ見テヰル河井ノオヂサンニハ, 遠クナイ所デドコカナイデショウカト木村サンガ云ウカラ, 遠クニ見ユル村, 遠クノ日本便所ヘ通ウ, 遠クハ南洋諸島ヲ蹂躪シ一度八幡武神, 遠クルノ必要ヲ見, 遠ク大坂ト海ヲ隔ツト雖モ, 遠ク払ヘバ暗ニ香気馥郁タリ宛モ, 遠ク海外ニ渡航シ数年間妻子ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, 遠ク漢中ニ在ルノ虚, 遠ク煙ハ暮雲ヲ逐ツテ飛ブ, 遠ク胡地ニ沈淪シテ死スルニ至テハ誰カ之ガ為メニ暗涙滴, 遠ク遊ビ茫トシテ其往ク所ヲ知ラズ, 遠ク都塵ヲ避ケ, 遠ク青塚ヲ望ン, 遠ケレバ自ラ韻アリ, 遠でもない, 遠ッ処に御苦労さま, 遠・三の国境地方, 遠い処ぢ, 遠一人だに出, 遠三信の四ヵ国, 遠三味線の音, 遠三国の界, 遠膝下辞, 遠世浪に揺られ, 遠久保田米仙二家の談話, 遠乗協会の会員章, 遠乘りや夜の集まり, 遠二ヵ国の主将, 遠二州の山間, 遠人亡とある, 遠人目なしの, 遠爾可可, 遠ニ赴カシメ自, 遠の訛, 遠のヌツカ, 遠作藩于外自昔祖禰, 遠侍九間の渡廊, 遠に封ぜられ, 遠侯柳升をし, 遠値賀島那留浦を發船, 遠先生は語る, 遠礼帖, 遠入道西忍が館, 遠内事件指起可申詰りの, 遠内敷香などの町, 遠処養天真先生学徳共無比我称泰西第一人, 遠千世丸等があり, 遠去かりゆく猿田の, 遠去かり行くなつかしい地球, 遠去かる三つの, 遠去らない範圍の, 遠去りさうし, 遠去るとき, 遠及びつつ寒し, 遠より小林定次郎宛, 遠吉伯の手, 遠を悲しむ, 遠は用, 遠吠えるときっと暫く, 遠吠みたいな声, 遠吠我はお, 遠吠按摩の笛, 遠吠有明ちかい兵庫屋, 遠のやう, 遠吼えしている, 遠呼びに手, 遠の, 遠で実景, 遠囃子を引っ立て, 遠四ヵ国の大敵, 遠回わりに向こう側, 遠囲みの陣形, 遠國者は思ひ, 遠地方にては蛇, 遠から榛の木, 遠太鼓がしきりに, 遠奥深き暗き統一の, 遠察可被下候, 遠寺晩鐘の間, 遠寺晩鐘図の襖, 遠尋遺跡入蘭東, 遠濃の, 遠岳朝雲隠, 遠州あたりから茶道, 遠州お前崎から働きもの, 遠州なんかという強い, 遠州のはむしろ, 遠州はちよつと笑, 遠州一の難所, 遠州三州の北部, 遠州中泉で次ぎ, 遠州今切の渡し昔, 遠州今切港や清水港, 遠州佐久間将監等が著名, 遠州侯の忘れ, 遠州刈屋の水野忠重, 遠州刺史すなわち遠江守貫名重実, 遠州北部の山村, 遠州国安村の石地蔵, 遠州境へ近く, 遠州天龍沿ひの, 遠州奥山の京丸, 遠州奥山郷の久良幾山, 遠州奥山郷白鞍山は浦川, 遠州家の造庭家, 遠州屋あとで愚痴, 遠州屋太右衛門である, 遠州屋玉吉様二升お貸し, 遠州屋甚七というの, 遠州島田の大祭, 遠州平田寺に詣で, 遠州形は笠, 遠州掛川在ですから, 遠州掛川宿へ積み送る, 遠州敷知郡地方のエタ, 遠州新居の筒山船, 遠州朝日奈村の地主, 遠州某氏の報知, 遠州樣には先々代樣, 遠州横須賀の徒士, 遠州池田の庄官, 遠州洋杳として天, 遠州流これは古流, 遠州流奧傳の秘書, 遠州流祕傳書と東照公, 遠州片桐石州らは新た, 遠州相良五万七千石の所領, 遠州相良在の農家, 遠州相良邊の崖, 遠州秋葉山に入っ, 遠州秋葉山の下で見た, 遠州組の三人, 遠州組三人土佐組一人大阪組八人日向組四人合せて, 遠州美濃までも兵火, 遠州船の三人, 遠州街道が埃, 遠州雨の宮, 遠州駿河沖あたりに遊弋, 遠干潟でありました, 遠平になった半ちゃん, 遠に持続, 遠廻はしに模倣癖, 遠廻リシテ市ヶ谷見附カラ九段ヲ経, 遠之倭, 遠のあなた, 遠するは, 遠頼申上候, 遠徳州の裨将葛進, 遠恥名は恭, 遠恥東帰開業授徒享和癸亥七月病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 遠感術は可能, 遠の一行, 遠或いは紀州から, 遠の距離, 遠掛けのよう, 遠撃ちをしません, 遠撃ちでは一発, 遠攻めをやってる, 遠放しもきくし馴れぬい, 遠又ハ慈善家, 遠明りが闇, 遠明り夕沼とわたる, 遠春留波構はぬ, 遠し唯一, 遠暴風のご, 遠木立そこにか母, 遠村近郊をあかく, 遠村近郊小丘樹林を隈, 遠松原のほのぼの, 遠が従来三回, 遠林烟に分れ, 遠の枝, 遠樓上に登臨, 遠気当て身の秘術, 遠江守信順と越前国鯖江, 遠江守政一樣以來茶道の御, 遠江守時政北条郡に於, 遠治三君と互に, 遠泉君たちはなんだか, 遠泉君らが出発, 遠津山岬帶の神, 遠津待根の神に娶ひ, 遠津海原ほしとびわたる, 遠浦歸帆山中晴嵐江天暮雪洞庭秋月瀟湘夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 遠なる形而上学, 遠帆三伏風, 遠漕中の失策, 遠の音, 遠灘七十三里は一夢, 遠灯りにすかし, 遠灯畦行く小, 遠灯眺むるもなかなか味変りじゃ, 遠を縫っ, 遠のほ, 遠を貴ぶ, 遠狼煙の法, 遠に率由, 遠甫樣その他十六人の方々, 遠甲信に跨がる, 遠甲相四ヵ国の山猟師, 遠の在郷唄, 遠無路, 遠皇祖の種族展覧, 遠皎潔なる高調, 遠眺めに目, 遠生於度量, 遠神清浄なる心境, 遠稻妻が一, 遠竄せしを主人持氏, 遠篠塚伊賀守川波新左, 遠細川頼春などが数万, 遠にし, 遠にかける, 遠せしこと, 遠耳術遠観術, 遠を観る, 遠遠広, 遠航専門の甲板部, 遠航船員の常, 遠艦首の砲台, 遠花火を眺め, 遠范周士送別于西津是日宿戰平風雨終夕今自臨川, 遠蒼茫たる地面, 遠藤盛近は濃, 遠でござい, 遠處新來の神, 遠に孔子, 遠蛙ほのかなり, 遠行中の多量, 遠術日月の争い, 遠を流す, 遠衛公爵の三男坊, 遠要素を付加, 遠観術震天術クレボヤンス式のこれら, 遠訪于哲孟雄金剛宝土, 遠宜甄, 遠に当る, 遠諱記念の式場, 遠謫配流さる, 遠にのみ力, 遠走りしないのは, 遠走り説をうち, 遠勇揚威は, 遠退かうとする, 遠退きたいと心中, 遠退き残ったは阿諛, 遠退こうとし, 遠の旅客, 遠過ぎたら途中で, 遠過ぎましたよ, 遠過ぎやしないか, 遠過ぎるですな, 遠過しに背中, 遠道路勤勞今以難升米爲率善中郎將, 遠に, 遠遠しくなつて, 遠避けてある, 遠避けなければならない, 遠福山, 遠郷近国からもあらゆる, 遠都神祖乃其名乎婆大来目主登於比母知弖, 遠に在, 遠酋俘囚の上頭, 遠に金子五十円, 遠鎮遠以下数艦はわがその, 遠鎮遠相連んで中軍, 遠鐘半夜に来り, 遠長く紆り, 遠をとる, 遠の腹, 遠院宮北は新, 遠の兵士, 遠離けしを憾, 遠離せんとする, 遠離ればまた, 遠離功徳分にあるごとく, 遠霞む山の, 遠霞んだ城の, 遠霞村の児, 遠霞水郷である本所あたり, 遠霞海辺の佳景, 遠のなか, 遠遠超, 遠ははや, 遠のいまだ, 遠風圧片帆遒海水平如砥, 遠飛鳥という村, 遠飛鳥宮へお移り, 遠馬麟などを輩出, 遠馭長駕江河の堤, 遠馭長駕経略の猛, 遠試合一番にて, 遠駆ける馬, 遠平賊, 遠駿の自, 遠駿信四州の兵, 遠鳴きする, 遠鳴聞こゆ, 遠黛城背に連続