青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

違~ ~違い 違い~ ~違う 違う~ ~違っ 違っ~ ~違った 違った~ ~遙
遙~
~遠 遠~ ~遠い 遠い~ ~遠く 遠く~ ~遠慮 遠慮~ 遠方~ ~遣

「遙~」 1847, 20ppm, 5760位

▼ 遙かに~ (786, 42.6%)

9 遙かに 6 多くの 5 離れて 3 低い, 優れて, 困難である, 見て, 面白い

2 [40件] これを, すぐれて, 偉大な, 偉大なる, 傑れた, 勝って, 南へ, 地球の, 外れて, 大きいもの, 大きかった, 大なる, 完全に, 小さく蹙, 強かつた, 故國, 故園, 東京の, 東北の, 決定的な, 男の, 短縮され, 立派な, 筑紫の, 緊張した, 美男らしい, 自然の, 興味が, 良い, 複雑である, 見えて, 進歩し, 進歩した, 遠いもの, 遠くの, 遲れ, 開けて, 面白かった, 飛ぶ時, 高尚な

1 [671件 抜粋] いい, いいけれども, いや強し, うまい, うまくやり, きつい三号含有物, くわしく知っ, こしかた, さかんだ, さきの, して, しばしば指示, その方, その趣き, それより, それ以上で, それ以下である, たなびく雲, つ, つよい程度, どこまでも, どっさりの, なりまた, のり越えて, はずれた所, ふけて, ぼやかされて, ぼんやりと, まさつて, ましだ, まして, ましで, もっと広範, よい, よかった, よく出, よく出来上っ, よく自, よく語, よく語った, らくだ, アルプスの, コロラド大, ソコトラ島を, ラサを, ロマンティックな, 一層善い, 一層困難, 一層大きな, 一層眞, 一層確實, 一抹の, 一種の, 一窟あり, 一艘の, 三拝九拝し, 上って, 上に, 上廻るの, 上手だ, 上等である, 下から, 下つた, 下るが, 下回って, 下方に, 不得手であります, 世俗的で, 世故に, 中和的な, 中門を, 主観的で, 乏しい才能, 事かは, 二人を, 人家の, 人影を, 人気が, 仰ぎ見る如き額づいた心, 仰ぐ遠い, 伊太利の, 低い候補者, 便利で, 便宜が, 値が, 値打が, 値打の, 健全だろう, 健康なられた, 僅少の, 優つた, 優つてゐる, 優つてゐるであらう, 優りたる大, 優るべし, 優る恥, 優れたるもの, 優れりと, 優秀である, 先き, 先輩に, 光つて見える, 光るもの, 光る西湖, 其到着する, 具体的に, 典雅です, 円き丘, 冷静です, 凄愴, 出漁し, 函館海峡を, 分離され, 判明に, 前二者, 前進し, 劣つてゐる, 劣らずや, 劣り小, 効果的だろう, 勝さり, 勝れたる理解力, 勝れて, 北の, 北を, 卒業済みであり, 原則的であり, 原則的に, 参らずには, 及ばないかも, 双の, 古い文化, 古く, 古るいこと, 合理的だ, 合理的な, 君の, 吹き荒ぶ嵐, 哲学的術語に, 善かりし, 善かるべし, 善人に, 地平線まで, 外交的政治的従って, 外国語に, 多いこと, 多いと, 多いという, 多かつ, 多くその, 多くなっ, 多く個性, 多く別種, 多く勝っ, 多く学生, 多く官製, 多く山間, 多く日本, 多く生, 多く落第, 多く道理, 多く駕籠, 多数いた, 多数であり, 多量を, 夜鴉の, 大きい, 大きいと, 大きい人, 大きい体, 大きい馬蠅, 大きくて, 大きく小大, 大きく新しいワラタ号, 大きな吾妻川, 大きな雲, 大きな音, 大人びて, 大切な, 大空を, 大菩薩峠の, 大衆の, 大規模, 太く二人, 太陽の, 奥多摩の, 好きだった, 好きであった, 好ましい場合, 好適であった, 孔子の, 安いという, 安全である, 安心し, 完成されたる, 宜かりし, 客観的な, 家根よりも, 容体づい, 容體づい, 富士をか, 射て, 將來力を, 尋常を, 小さい, 小さいが, 小さい森, 小さく脚, 小さく見えた, 小さく鼠色, 小説に, 小降りにな, 少く完全, 少ないの, 少ないので, 少なかった, 少額であった, 尤もらしい, 峨々たる, 島數多かりし, 嶮しく, 川下の, 左手の, 巧みに, 巨大です, 巨大な, 巻きあげられた, 常識に, 常識を, 平明で, 年上である, 幸福である, 広いもの, 廣く, 強いという, 強いといふ, 強ければ, 強力な, 影響範囲の, 役者が, 彼女の, 後れてしか, 後戻りを, 後輩の, 御墓, 心強いわけ, 心細く思はれた, 必要である, 悪逆な, 惡い, 意味の, 意味を, 意慾的な, 意氣地が, 愛の, 愛相が, 我々以上に, 我が国の, 我等の, 戸締りの, 打続いて, 批判的な, 投げ飛ばしたりと, 抜いて, 持續的な, 接近し, 揺曳し, 政宗の, 敏い瞳, 教育の, 散漫な, 敦子と, 敬意を, 數千石取, 新しい時代, 新しくもつ, 旅程の, 日本の, 日本より, 日本アルプスの, 早く第, 明治維新を, 易しい, 有効な, 有害な, 有效, 望んだ時, 望見し, 朝鮮の, 東海岸を, 柔ぞ, 楽で, 榛名の, 此中央の, 歪められず自由, 歳下の, 比較を, 水を, 汝に, 汝より, 沢山注いだ, 法王の, 流れわたるの, 海が, 海上を, 淡く浮き出た, 深いもの, 深い幻滅, 深く遙, 深刻だった, 深遠に, 清冽な, 減ずるであらう, 温度が, 温柔で, 湛えられて, 漕ぎ出した, 激しく行動, 無知識, 無難な, 熱帯的である, 父衞公の, 牧野さんらしい, 物哀し, 犬猫に, 狡猾で, 狭く限定, 狹隘な, 猫の, 率直です, 現実的な, 用途も, 画品の, 画壇人の, 白い国境, 相勝る, 相対し, 相対す, 眞率に, 真心の, 真理が, 眺めると, 眺めるわれ等, 睨みが, 知性の, 短い一月, 短い観察, 砂漠の, 碧い, 社会的には, 私の, 秋雲の, 科学の, 稲田や, 積極的でなく, 穏やかな, 突出し, 立派だ, 立派である, 精彩ある, 精彩乏しく, 精悍でありました, 細くすらり, 結構な, 絵に, 継承した, 続いて, 緊張し, 線香でも, 縁の, 繊細な, 美しい, 美しいこと, 美しく若々しくさ, 美しく見えます, 美質を, 肉體的な, 背が, 背の, 能率高き, 脅迫的な, 脱して, 自殺其の, 自然的で, 自由な, 興味を, 舞う鷲, 花の, 若い男, 若くそして, 若く体格, 華街の, 落ちついた口振り, 落ちるだろう, 蒼茫と, 薄かった, 複雑であり, 西北の, 西方信州境の, 見える, 見えるの, 見える丘陵, 見える大勢, 見える山, 見える新張炭坑, 見え出した, 見ゆる島々, 見分けにくい, 覗き上げて, 親しい意味, 親しみが, 豊かな, 豊かに, 豐かに, 貧しく遙, 貴族感的で, 賢明であり, 超越する, 超過した, 越えて, 越した老人, 趣きが, 足尾の, 距離を, 身近い, 軽い法案, 辛酸な, 追い抜き軈, 退歩し, 透し門, 透明で, 進んだ段階, 遅い, 遅れて, 過ぎて, 過して, 遠い, 遠いあなた, 遠いポリネシヤ, 遠い北海道あたり, 遠い想い出, 遠い遠い昨日, 遠き事物, 遠くすんだ, 遠くな, 遠くアルゴス, 遠く霞ん, 遠ざかった多く, 遠ざかつてゐる, 重大な, 重大なる, 重要である, 銀白色の, 鋭い, 鎌倉時代に, 長かった, 長かったらしい, 開展して, 關東殊に, 除夜の鐘が, 陵を, 隋書の, 隔たった九州, 隔たった路傍, 隔って, 隔つた自分の, 隔つてわからぬ, 隔てて, 離れた山谷, 難事業, 雲間に, 雲際に, 霞む末席, 青い海, 青春の, 面白い猿, 革新的で, 鞠唄は, 音楽堂より, 頤の, 飛ばす君, 養老の, 餘情に, 駈抜いて, 高い, 高いくらい, 高いところ, 高い能率, 高い高いの, 高かった, 高く太陽, 高く聳え, 高く自然哲学一般, 高尚で, 高尚純潔なる, 高度の, 魂が, 魅力的である, 鮮麗だ, 點滅し

▼ 遙~ (383, 20.7%)

3 高尚な 2 一帶の, 優つて居る, 劣等だ, 富士を, 後れて, 立派な, 複雑な, 遠き

1 [364件] い, いい設備, お眺め, この, この大, しっかりした, すぐれた新鮮さ, せんと, その噂, それ以上と, それ以前と, ちやるめら, ちら, つまらなかった, ぬいた御, ぬきんでて, ぽつり, まさります, まさる自他とも, ましな, また煙突, みて, むずかしいのよ, よい成績, よい社会的地位, よい結果, ようございます, よきもの, よし, よろし, わかさぎ船, アホられ, ポン, リアルな, ヱズヰオの, ヴィヴィッドである, 上です, 上の, 上位に, 下つたお次, 下に, 下るもの, 下町の, 不利益な, 不思議に, 且つ明, 世に, 中城などを, 之を, 九州から, 予が, 二三百里隔て, 互に近く, 亙れるを, 交通が, 交通上便利な, 京へ, 人の, 人後に, 人煙が, 人間として, 人間らしさ, 人間を, 今日の, 今日実際, 仕合せに, 他の, 他動物, 仙境の, 以前から, 仰いだと, 低い生計, 低く垂れ, 低く見える, 低く闇, 低下した, 何かの, 僞善者の, 優って, 優つて居つた, 優れた処, 優れども, 先き, 先だち死, 先に, 先の, 其の雲, 其れ, 具体的で, 内容に, 内容豐富とも, 初対面, 前に, 劣つてゐる, 劣り候, 劣弱な, 劣等な, 勝つて, 勝れて, 勝れる所以, 北に, 北支那に, 北朝の, 卑近なる, 南支那を, 及ばざるほど, 及ばぬほど, 古いもの, 右方の, 向ふ, 君凌ぐ, 命永く, 品下れ, 品下れり, 善いよ, 善か, 四方に, 土手の, 地平線に, 外國の, 多いが, 多い危険, 多くの, 多くを, 多く出版, 多く又, 多大である, 多様で, 大いなる力, 大きい人, 大きなこと, 大である, 大地的であり, 大學, 天上を, 奥山家の, 女性の, 安いの, 実際において, 実際的, 容易に, 實際に, 将門謀反之, 尊いもの, 尊敬に, 小さいが, 小爆布, 小石川の, 少ない, 居心, 山の, 山嶽に, 山見ゆ, 山野林泉の, 崖に, 川下の, 左方對岸に, 師翁の, 席を, 年の, 幸なる, 幸福である, 広くなった, 強かつた, 強かりしならん, 強く人間, 彼方に, 彼男の, 後の, 後へ, 後世まで, 後輩なる, 從來の, 微細な, 応援を, 思つたのとは, 思ふ, 急進的で, 悠長に, 慰む可, 憐れな, 成熟した, 我と違ふところ, 拍子木の, 振り向いて, 敬愛を, 敵勢を, 斗満, 新しく濁り, 新鮮な, 日本などに, 日本より, 昼の, 書を, 有利なる, 有利に, 望け, 望けて, 望み, 望んだ時, 木隠, 李勣の, 村から, 来りて, 来りぬ, 東京の, 東洋の, 森の, 樂翁公の, 模糊と, 歌人中河幹子氏の, 此書を, 残酷でない, 残酷な, 江戸に, 洋笛の, 津軽の, 津輕の, 浮びたり, 海津城を, 淡かった, 深いと, 深いもの, 深い含蓄, 深く強く而, 深みの, 渡る尾長鳥, 港内が, 湖の, 満洲, 溯っては, 潮來の, 激烈であらう, 火立ち騰らひ, 炭を, 焔を, 煌めく日, 煙突の, 照し, 熱心に, 物売りの, 猛烈に, 獨創的智識を, 現実の, 生活の, 画らしくなる, 留むるを, 異った, 痛快です, 目くばせしつ, 目科より, 目送し, 相川の, 相答, 看る瀑布, 眺て, 眺めやった, 眼下に, 社会性が, 神経が, 立ちまさり居候, 立ち騰らうとして, 立つて, 立てる雲, 立勝つ, 立派なる, 笑ひき, 筋肉の, 簡に, 精神的に, 純一性を, 素戔嗚へ, 續い, 罪軽かるべきです, 美しく池, 美しく緑青, 考えるの, 聞えて, 聞えるそれ, 聲, 聲が, 聳やぎ立つ, 肥えた今, 背が, 能生を, 能登半島の, 船醉を, 色の, 落付いた, 虚空から, 衰えて, 複雑である, 見える其梢, 見える国, 見ゆ, 見よ此処, 見られた, 見る, 見入りたり, 見渡された, 見送って, 親しいもの, 語って, 諸君と, 谷から, 谷を, 豊富な, 豪奢な, 貴いと, 超えた所以, 越えて, 距って, 軽くおかれ, 輕いです, 迅速で, 近い, 迦南を, 送迎しつ, 連り, 連る, 進んだシステム, 進んで, 道徳的で, 遙に, 遠いお, 遠い九州, 遠い青空, 遠き未來, 遠くその, 遠くな, 遠くひつ, 遠く展けて, 遲れる, 那須山の, 重く他人, 重んぜられた, 重畳の, 野性的である, 鈴見の, 錯綜した, 鐘の, 長い年月, 闇い, 隅田川を, 隔つた村落の, 隔つた真暗な, 隔りたるべし, 雄雉, 雄鷄, 雑俗の, 離れて, 離宮の, 電燈の, 面白い, 面白くも, 響いて, 響けと, 頼もしい気, 飛んだ椋鳥, 馴れて, 駈けて, 高く發達, 鮮明に, 黒くしかも

▼ 遙~ (369, 20.0%)

22 下の 16 向うに 13 彼方の 12 向うの, 彼方に 6 下に 5 向こうの, 向ふ, 遙か 4 なるもの, 後の 3 上に, 下方に, 彼方を, 後方に, 西の

2 [30件] あなたに, かなたに, さきの, なる彼方, なる旅, 下界から, 下界を, 以前に, 先に, 先の, 前の, 前方に, 北方の, 十町ばかり, 南の, 向うから, 向こうから, 地平線の, 奥の, 彼方へ, 末座の, 目の下に, 眞下に, 西方に, 遠くに, 遠くには, 遠くの, 離れて, 頭上に, 高いところ

1 [190件] あなたから, あなたには, あなたの, おくれたドイツ, かなたの, かなた夕映の, ぐるりの, さきに, して, しながら, その以前, だつた, でありこの, なりき, なる, なるエレクトラ, なる傾斜, なる地, なる地平, なる地球, なる埠頭, なる山山, なる岩, なる影, なる後, なる心, なる憧れ, なる憧れの, なる抗, なる未来世界, なる水平線, なる波打際, なる海上, なる海岸線, なる理想, なる過去, なる高所, なれ, イシカリ川の, 一髪の, 上の, 上方に, 下から, 下なる, 下へ, 下を, 下位に, 下手の, 下方から, 下方きらり, 下流に, 下界に, 下色とりどりな, 中空に, 也, 京都の, 以上に, 以前から, 以前で, 以前において, 以南なる, 優しだ, 優つて居ります, 優るらめ, 優れたる, 利方と, 前方を, 前進し, 前面に, 北の, 北の方から, 北方に, 半町も, 南は, 南を, 南方に, 右上方に, 右側の, 右方の, 右端の, 向うで, 向うには, 向うへ, 向うまで, 向う岸には, 向の, 向ふから蜒々, 品川の, 地平線下に, 坂下の, 外れじゃ, 天井より, 奥に, 奥地の, 奧の, 室の, 容易に, 対岸の, 對屋に, 山の下の, 山伏山の, 峠裏に, 嶺の, 川下の, 左舷に, 常識家で, 年長の, 底に, 底の, 廊下の, 彼方, 彼方から, 彼方で, 彼方まで, 彼方云々は, 彼方地平の, 後から, 後まで, 後ろの, 後ろへ, 後世から, 後世に, 後世の, 後代まで, 後回しとして, 後方の, 手前に, 数千米西の, 昔に, 東南に, 林の, 栄光に, 河下に, 泛びては, 深い場所, 溢れて, 熊本の, 町の, 直接的に, 県城の, 眞先に, 眼の, 眼下に, 眼下の, 社会より, 窓の, 窓外の, 立派に, 竹屋の, 素直に, 絶壁の, 続くの, 背ろに, 芝浦の, 行く手に, 行く手の, 西南の, 見わたせた, 越えて, 通りの, 遙かの, 遠い所, 遠い質, 遠き未來, 遠き未来, 遠くから, 遠くで, 遠くであった, 遠くにしか, 遠くへ, 遠くまで, 遠くを, 遠く人家, 遠方から, 遠方で, 遠方に, 野の, 隔たつた, 離れた南方, 離れた往来, 離れた所, 離れた海上, 離れた経蔵, 離れ強き, 面白いと, 高く南國, 高みの, 高位に, 高所に, 黄浦江の

▼ 遙かの~ (97, 5.3%)

3 方に, 沖に 2 さきは, 下に, 下の, 南国の, 向うの, 山すその, 方から, 空に, 空を, 行く手に

1 [71件] かなたに, さきへ, 上流である, 上空まで, 下を, 下手へ, 丘に, 丘の, 以前から, 先き, 先に, 先まで, 前に, 前方で, 双子山の, 向うに, 向こうに, 地下へ, 地平線には, 塵芥の, 声が, 夕焼雲の, 夜空に, 太古である, 奥に, 山々には, 山に, 山の, 山腹に, 岡の, 彼方から, 彼方で, 彼方に, 彼方には, 彼方を, 往來へ, 後において, 後の, 後ろに, 後方に, 方角から, 昔に, 末に, 東北に, 林の, 樹立の, 沖から, 沖へ, 沖を, 沖合に, 波打際まで, 海上に, 溪間には, 町の, 白帆は, 磯から, 船からは, 薄暗くなった, 谷に, 谿川の, 遙かの, 遠い処, 遠くから, 遠くで, 遠くにな, 遠方に, 野の, 闇の, 雲の, 青空からでも, 頭の

▼ 遙かな~ (69, 3.7%)

2 世界を, 山の, 白塔に, 遙かな

1 [61件] あなたから, しみじみと, ために, ところでお前, ところで幸福, どこか, もので, ものである, 下方から, 世界に, 世離れた處, 中央の, 人を, 向うには, 國で, 地平が, 地平に, 地平の, 地平線に, 坂で, 場所, 夢とが, 夢の, 天城山の, 奧の, 寂しい思ひ, 山頂の, 岸を, 川向うを, 底の, 建物を, 往還に, 想像すべから, 愛を, 昔から, 景色を, 暁空を, 暗い海, 曖昧模糊と, 未来の, 本丸二の丸の, 東京の, 母屋の, 気持が, 気持に, 水の上に, 水平線ばかりを, 海を, 海上の, 相違が, 空に, 空には, 窓に, 翠巒の, 能登半島の, 草山の, 谿, 谿川を, 道には, 道の, 黄泉の

▼ 遙~ (24, 1.3%)

2 ほくに, 劣つてゐた, 劣つてゐる, 南の, 常識的な, 美え, 若く見える, 遠いところ, 遠方で 1 後ろに, 昔の, 稚なかつた, 背後に, 隔つた処に, 隔つた處に

▼ 遙~ (18, 1.0%)

2 き国, き國, き徒然, き森陰 1 きかもよ, きな, きは, きも, き青, くおも, くなれの死, く限り, く隔, く青く庭

▼ 遙~ (17, 0.9%)

1 [17件] 上席に, 上流である, 下に, 下の, 下を, 大都会, 好地と, 字より, 字を, 山陰に, 底の, 彼方に, 末席に, 沖に, 海上に, 真下に, 遠くに

▼ 遙かなと~ (10, 0.5%)

3 ころから, ころへ 2 ころまで 1 ころばかり, ころを

▼ 遙なる~ (9, 0.5%)

2 山を 1 に禿げたる, カムパニアの, 後には, 沖に, 海原の, 視野, 遠奥深き暗き統一

▼ 遙かで~ (5, 0.3%)

2 幽かである 1 到底声, 神秘で, 赤船の

▼ 遙かす~ (3, 0.2%)

1 のである, 山なみもよ, 景勝台に

▼ 遙かには~ (3, 0.2%)

2 轟々の 1 奥日光の

▼ 遙けさ~ (3, 0.2%)

1 が旅, が見え, の前

▼ 遙~ (3, 0.2%)

1 土地と, 東路へと, 青空の

▼ 遙かう~ (2, 0.1%)

2 しろ

▼ 遙かに後~ (2, 0.1%)

1 で最後, になつて

▼ 遙~ (2, 0.1%)

1 記者を, 記者をも

▼ 遙ばる~ (2, 0.1%)

1 と出, 船から

▼ 遙~ (2, 0.1%)

1 かにまし, かに近代的

▼ 遙向う~ (2, 0.1%)

1 の峠, の青山街道

▼1* [36件]

かさ壮大さから, 遙かすニースまではまだこれから, 遙かす眺望は気, 遙かす防府はだいぶ, 遙かなり焚き棄てし落葉, 遙かなり松がさ, 遙かな後までほんとう, 遙かな方にようやく, 遙かな末に例, 遙かにも我来つる, 遙かに先へ行っ, 遙かに卒直大胆, 遙かに名も恐ろしき, 遙かに帯を曳いた, 遙かに数の多かっ, 遙かに日之本, 遙かに書を寄せ, 遙かに流の源, 遙かに目に止め, 遙かに群を抜い, 遙かに高かつた, 遙かはなれて, 遙かへだった所, 遙かむこうに, 遙か迄見と, 遙けしと, 遙けし三熊野や, 遙けし射水河朝漕ぎしつつ, 遙なる子ープルスで今, 遙には暗雲の, 遙によかつた, 遙により尠く, 遙ニ以前此レヲ以テ國際語トセント決議セシ, 遙ルカナ雲ヲ測, 遙劣りて身, 遙百濟裝治船舫而句驪無道圖欲見呑