青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「違い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

達~ ~達し 達し~ ~達した ~達する 達する~ 達者~ ~違 違~ ~違い
違い~
~違う 違う~ ~違っ 違っ~ ~違った 違った~ ~遙 遙~ ~遠 遠~

「違い~」 5693, 62ppm, 1865位

▼ 違いない~ (2722, 47.8%)

182 のだ 97 のです 87 と思う, と思った 63 のである 59 と思っ 48 んだ 3828 ということ, んです 27 がその 26 と思われる 2321 と思いました, よ 20 と思います 17 から 16 からである, がそれ 15 と云う, と考えた 14 がしかし, ことは, と私 13 ことを 12 と思われた, ような 10 がこの, ことが, という事, と信じ, のであった 9 と思い, 事が 8 と, という気, と想像, と考え, のん, 事を 7 がそれにしても, さ, のだった

6 [11件] か, からだ, けれど, ぞ, と彼, と言う, な, ね, のでした, のよ, ように

5 があの, がね, が今, という, とこう, と僕, と判断, のであります

4 [22件] からそれ, がそれでも, がまた, が僕, が彼, が自分, けれどもその, というよう, とお, ときめ, と思いまし, と思い込ん, と感じた, と源氏, と見た, のであり, のでございます, のに, もの, や, わい, わよ

3 [41件] がここ, がそれだけ, がどうも, が何, が併, が同時に, が私, けれどもしかし, こと, これは, じゃない, というの, という結論, といっ, ところの, とする, とそう, とは思いました, とは思っ, と主張, と余, と信ずる, と思いこん, と思ったら, と思われ, と斯, と気, と睨んだ, と確信, と考える, のさ, のじゃ, のは, のを, わね, 事は, 併し, 思て, 此の, 自分の, 違いない

2 [99件] お前の, お前は, からその, から余, がいったい, がおれ, がお前, がこれ, がさて, がそんな, がなお, がまだ, がやはり, が一つ, が世界, が両者, が他, が先, が大勢, が実は, が実物, が少々, が時, が然し, が誰, けれどあんな, けれども私, けれどわたし, これらの, しそう, しまた, しもし, じゃありません, ぜ, そうだろう, それを, って, て, ではない, というもの, という推測, という見込み, とこんな, とそれ, とね, とは思う, とは思った, と予期, と云い出した, と云っ, と云われ, と人々, と信じた, と俺, と君子, と察し, と彼女, と思い思い, と思い詰めました, と思い込んだ, と思えた, と思われました, と思われます, と悟った, と推察, と期待, と気が付きました, と決め, と決定, と申しました, と申す, と皆, と睨ん, と結論, と考えられた, と自分, と見, と言っ, と言った, と誰, と鑑定, なあ, なぜなら, のが, のでしょう, のに何, はずだ, ようでした, んだろう, ヨ, 何か, 余は, 彼は, 様にも, 気が, 秀子が, 私の, 私は, 私も

1 [1057件 抜粋] あたりを, あのおばさん, あの女, あの幸福, あの美しい, あれあれあの, いいえわたし, いくら米友さん, いまの, いま物音を, おとなどもは, お浦, お美夜ちゃん, お顔, かと問う, かまたは, からお, からお上, からこの, からそれで, からであります, からと言っ, からなあ, からの, からもすこし, からよこし, から一緒, から事実通り, から何, から何とか, から僕, から助け, から姓名, から安心, から彼女, から御, から数, から時, から気丈夫, から潜り, から第, から誘きだせるだろう, から豪族, から迷い, から騒がず, か何, があれ, がいったん, がいわば, がかかる, がこうして, がこっち, がさっぱり, がじつに, がそのうち, がその後日光, がそん, がたまたま, がちょうど, がでも, がともう一度, がと思っ, がどんな, がなぜ, がなにか, がなるほど, がひどく, がぼく, がまさか, がもう, がもっと, がもはや, がイギリス人, がドコ, が一度, が中, が交誼, が人, が人間, が他方労働, が何ゆえ, が侍, が先ず, が先方, が前述, が動き, が千里, が右, が向, が嘉兵衛, が城介, が大きく, が太田道灌はじめ東国, が妙, が子供, が実に, が家筋, が将来, が小さな, が少なくとも, が居る, が巴里, が年歯, が彼女, が息, が愛さん, が或は, が戦場, が打たれた, が折, が新造, が日頃, が是非, が本名, が東北方, が案外, が機会, が此処, が武蔵, が毎日, が水面, が深い, が無心, が照日前, が現実的, が生れつき容姿端麗, が生活, が発願, が米公使, が絶えず, が美声, が脇差, が興味一方, が若い衆, が茲, が荒木田様, が藩制改革, が表面, が要するに, が訪問, が賞め, が車, が近頃, が野人ブラームス, が関八州, が青い, が髪, がPW, けだしこの, けどそん, けれどお, けれどお前, けれどただ, けれども, けれどもあんなに, けれどもこれ, けれどもしかして, けれどもそれでは, けれどもという, けれどもどう, けれどもわたし, けれども刑法, けれども幾通り, けれども此, けれども老齢者, けれども葉子, けれども非常, けれど亦, けれど何, けれど明日子, けれど笠, けエ, ことだった, ことで, この御, この神尾主膳, さてはあの, しある, しかし川長, しこの間, しそれからまた, しと, し僕, し同, し父親, し自分, し遭難者, すなわち夢中, そういう痕跡, そうすると僕, そうでなけれ, そう思う, そこを, そして場合, そして有意義, そして自分, そのため, その中, その役人, その意味, その最後, それだ, それなれ, それにしてもこの, そんな事, ぞ薩長, たぶん犯人, だけじゃあ漠然たる, っていうのよ, ってミンナ, って何遍, って母, てっきりそうに, でさ, とあっ, といい張った, という不安, という人, という保証, という具合, という妙, という思惑, という意, という感じ, という時, という欣, という点, という確信, という自信, という評判, といった, といった散々, といつも, とうっちゃっ, とおもい, とお父さん, とこの, ところが君, とご, とさえ思った, として, としてもさらに, としばしば, とすっかり, とそれから, とちゃんと, ととんでも, となる, との希望, とは云え, とは誰, とほっと, とまでは信じ, とも, とも云った, とも思いめぐらし, とも思う, とも思った, とも言った, とセエラ, とパーシウス, とメルキオル, と一言, と三四郎, と下, と中宮, と事情, と云いよる, と今, と保証, と信じ切っ, と信ぜざる, と先ず, と兵馬, と判じさせる, と判事, と北川氏, と受け取った, と大いに, と大将, と奇妙, と子路, と存じます, と家人, と察した, と尊氏, と幼い, と幾分, と強く, と微笑み, と心臓, と心配, と思いかけ, と思い始めました, と思うた, と思え, と思ってる, と思ひ, と思召, と悟浄, と惧, と感じました, と感心, と押し戻し, と推断, と教えた, と最初, と林, と権柄ずく, と歎息, と決めた, と注意, と烏山, と狙い, と田島自身, と申し出た, と皇帝, と直ぐ, と確実, と答え, と籠勝, と考えざる, と考えます, と考えるべきである, と自然, と見抜い, と言い出しました, と言い張った, と言い言いした, と証明, と説, と請け合った, と赤瀬, と辰代, と連想, と野村, と附け加えた, と頼もし, どうも此, どんなにすれ, なぜ第, などと, などという彼女, などと想像, なら右, なんてまじめ, にかかわらず, ねえ, ねんもん, のか, ので, のであの, のでそこ, のでまた, ので一方, ので吾人, ので私, のと, のにこの, のにそう, のにどこ, のに改めて, のよわたし, ほどたっぷり, ほど美くし, またおじさん以外, また七百人, また他, もし自分, ものだった, ものな, ものを, ようである, ようにも, よってに, よっぽどしっかりした, わあんな, わけである, わしは, わたしが, わ皆, んでしょう, キリスト様でなく, ナ, ネーそうでしょう, パイプを, ポチが, 一升瓶を, 七兵衛おじさんが, 不埓至極, 不思議な, 中の, 中間的な, 事の, 人生に, 人間業で, 今度アブレたら, 今我国, 以上同じ, 何うかし, 何んな, 何日に, 例の, 俄かに, 俺に, 僕は, 先方の, 其のマア女, 写真だった, 列車は, 制度を, 前生の, 劇場関係の, 勿論アノ時, 危い, 只の, 右の, 周知の, 唯一度余に, 地方教区で, 城太郎さんが, 場合な, 場所, 塔の, 夥しい馬追いも, 天誠を, 夫も, 夫程, 女性の, 婚礼する, 宜しい其の, 実は是, 宿場が, 小夜子であった, 己が, 幽霊でも, 彼も, 彼奴が, 心に, 忌々しい事, 愈々内, 成長すれ, 或はその, 戸には, 扨は, 数人の, 斯う, 新子に, 既に之, 日用品を, 早くさ, 早く逃げよ, 是だ, 時の, 最早楽しみ, 本そのもの, 本館が, 様子だ, 武蔵は, 母体に, 気イする, 洋学者として, 洲崎は, 源助どんお前から, 無闇に, 然しそれ, 煎餅の, 父上母上の, 爾すれ, 爾なく, 猫か, 珍しく忠実, 生憎其方, 男と, 真に秀子, 眼の, 私自身を, 第五斥候隊, 経験と, 老兵が, 者の, 自分が, 自分も, 自慢を, 自身も, 芸者姿の, 茶の, 裏門の, 誰かの, 負傷者の, 赤を, 足元を, 返辞だ, 道理で, 邪魔な, 野呂間弁護士, 関心で, 随分苦しい, 面影の, 鬼が

▼ 違い~ (279, 4.9%)

33 ない 17 なかった 13 ないが 11 ありません 10 ないの 4 あるまい, しませんか, ないと 3 あっても, あるが, しない, しないかと, ないけれど, ないので, ないん

2 [13件] ありますが, ありませんが, あるに, あるの, あるまいな, ございますまい, しないか, しません, せぬか, ないもの, ないよう, 出て, 判る程度

1 [136件] あったが, あったものの, あつて, ありますけれども, ありませんか, ありませんから, ありませんがね, ありませんさ, ありませんでした, ありませんねエ, ありませんよ, ありません何でも, ありゃしない, ある, あるから, あるけれど, あるだろうが, あるとしても, あろうが, おそろしいと, おどろくばかり, お金持, この三人, ございますが, ございません, ございませんが, ございませんけれど, しないかという, しないだろうね, しないと, しないん, しない方, しなかった, しなかったが, しまいと, せぬので, その人, それだけ, ただそれ, ただ単に, ただ彼等, ちょっと興味, どうだ, どうでしょう, どうにも, どうやら朱文, どこから, どこで, どこに, ないか, ないかと, ないけれども, ないじ, ないという, ないなん, ないね, ないはず, ないんで, ない一旦, ない孝助, ない少し, ない様, ない程度, ない筈, なかつたけれど, なかろう, なかろうと, なかろう見物, なくお, なくまさか, なく世間, なく正当, なく金吾, ましな, まず支那, またいずれ, まったく関係, やはり韻, よくある, ニュートンの, ピアノそのものの, ヘーゲルの, 一方が, 一般には, 五十音図における, 些細な, 今や二つ, 仕方が, 低くごろごろ, 何よりも, 個人, 債券に, 兄弟が, 全く歴史的相異, 判然し, 労りが, 単にその, 単に気候風土, 只年代, 土地開発に, 型に, 堪忍し, 多くの, 多分偶然, 大きな違い, 実際上いろいろ, 微妙ね, 意味を, 承知の, 推理の, 支那字音においては, 最初の, 有っても, 有ません, 歴史的に, 洋服を, 無いか, 無いかの, 無かった, 無く毎月二つ, 無意味で, 無数の, 現在僕は, 現実上には, 男と, 確かに, 結局お前達は, 致しませぬかな, 莫大な, 言葉の, 誰にも, 起こらないの, 農業と, 通商統制にも, 韻の, 骨肉に

▼ 違い~ (235, 4.1%)

25 ある 10 あります, あるの 6 あること, あると 5 あった, あるかも, あるだけ, あるばかり, ない 4 出来て 3 ないが

2 [14件] あって, ありますが, ありません, ありませんが, あるから, あるが, あるという, あるので, あるよう, あろう, して, ないと, わかる, 出て

1 [118件] あったこと, あっただけで, あったと, あったら直しても, あったら直します, あったろうと, あらあ, ありその後, ありました, ありましょうから, ありましょうけれども, ありますから, ありますけれども, ありますね, ありませんでした, ありまた, ありゃア, ありオ段, あり服装, あるか, あるかしら, あるかね, あること丈, あるそう, あるでしょう, あるのみの, あるもの, あるよ, あるらしいの, あるわけ, あるん, いつでも, おのずから語っ, おりおりございますので, かの女, ここに, この二つ, この男, この錯綜, こまるの, ございましょうか, ございます, ござるよう, してしもて, すぐ出, すなわち音, するよう, つまり心の, できて, できるので, どれだけ, ないから, ないの, ないわけ, なかった, なくなる事, なくまた, なく大浪, はげしい, ひどいよう, まざまざと, みな部下の, やはり音, よく解る, わからぬ, 一瞬の, 三四ヶ所あるでしょう, 何だかみな, 出来た, 出来ます, 出来るところ, 初めから, 判るの, 又ハッと, 同じ行, 在るん, 城の, 多いの, 多くて, 存在し, 彼と, 彼に, 恐ろしいもの, 改めて判る, 教祖の, 文字の, 明かに, 有りますか, 残る位い, 無い筈, 現われて, 甚しいし, 生じたこと, 生じたの, 生じつまるところ, 生じるの, 生じる主, 生ずること, 目に, 眼に, 穴にでも, 興深く, 見えて, 見られる, 見られるの, 見逃されると, 解るの, 証明できる, 語の, 起きたの, 起った, 起ったの, 起りつつ, 起るかを, 起るが, 起るだろう, 際立って, 面白く感じられました

▼ 違い~ (233, 4.1%)

15 なって 6 出て 3 なった, 一人の, 入って

2 [13件] ござります, して, なったか, なったと, なったの, なったん, なる, なるかも, なるん, 人が, 意外にも, 来て, 腹を

1 [177件] あがって, あたるもの, あった, あなたの, あるの, いま問題に, おせい様, おどろかされて, お妙, お鈴, かかわらずケーテ, かかわらず同じ, かみしめて, くの, ここから, この家, この宿, この部屋, この都屋, この隠れ場所, すぐれた頭, すぐ気がついた, その五倍子染, ついたの, どやどやと, なったもの, なったよう, なったらしい, なったらしいが, なったらしいもしか, なつて, ならねえで, なられたか, なりお, なりっこ, なりながら, なりましたね, なりませんよう, なり上総, なるから, なる事, なる訳, なる迄の, なろうし, なろう筈, のせた寛いだ姿態, はっとして, ぶっつけ合って, ぽんと, またひとり, もう一人, やはり女, よごれた朝鮮服, ガラッと, スウと, セカセカ入っ, ドッと, ブラ下っ, マーシェンカが, 一台下から, 一緒に, 一致する, 上京した, 下る藪垣, 下女が, 下手八畳の, 並んで, 中から, 主人が, 今度は, 今輔, 住職が, 依って, 俺アくやしくっ, 倉地は, 候妻の, 先の, 先程の, 切って, 初老の, 到着し, 前へ, 化学を, 原因し, 反対の, 向い合った沓脱, 向うから, 団扇を, 圓生は, 城門より, 基づくもの, 境界の, 女中が, 姿を, 子路は, 宋秀陳が, 家内は, 尋ねて, 小さな三級品程度, 小戻り, 小母さんが, 居間へ, 届いたんで, 左手に, 平野屋茂吉が, 床の間を, 廻るので, 引被り, 当ります, 当るの, 当惑いた, 彼の, 後を, 御すみさん来, 忠清監司閔致痒が, 快活な, 恥じたり, 慌てて, 成りましたねえ, 戻って, 所轄署から, 新聞社の, 於て, 日本の, 旦那と, 月影に, 木戸口へ, 村人勘五郎慌しく, 来たの, 歩く, 死に訣れて, 毒気を, 洋燈棚へ, 無言で, 燕が, 片倉老人は, 現れたの, 生れて, 甥の, 由るの, 痛快がられ, 登って, 相当する, 着きまして, 稚児僧が, 糶出すん, 紙の, 綱次は, 置かれた几帳, 耳の, 背中合わせの, 花々しい流行児, 若いお, 落ちて, 行違い追い掛け, 見える娘, 見ちがえて, 誤解され, 越後の, 足を, 転がり出した, 過ぎない, 過ぎないもの, 部屋へ, 重い足音, 野だ, 鏡の, 長襦袢の, 門を, 門前で, 陥りますよ, 陥る虞, 頭を, 飛び出した造酒, 飛んで, 飜, 鳥の

▼ 違い~ (231, 4.1%)

4 ように 3 あるもの, ために, ないこと, ようだ, 女を

2 [11件] あること, あるの, ことを, 上に, 十八で, 十八厄前に, 挨拶を, 方面へ, 時間は, 義姉が, 義弟と

1 [190件] あまりに大き, あられよう訳, あるわけ, あるノラ, ある点, ある筈, ある距離, おまけに, お姉さん, お寺で, お方なら, が特色, ことだけは, ことだろう, こんこんちきだ, せいか, ためしばしば, ところへ, と喚き立て, ないよう, ない低能, ない無矛盾, はずの, はなはだしさ, ひどかった, ほかに, ものだ, もので, ものであった, ものに, やつさ, ようで, ような, ロクでもね, ヴォルテエルや, 三十四に, 上の, 不肖の, 世界へ, 事, 二人は, 二十三, 二十三で, 二十四でした, 二番目の, 五十二七年前に, 人間で, 人類愛的精神状態に, 侮辱も, 便船に, 僕の, 儀は, 兄さんなら, 兄さんの, 兄の, 兄は, 兄妹とも, 兄弟とは, 兄弟な, 写真屋論を, 勘五郎ぞな, 勘五郎である, 北の, 医療器械を, 十七だった, 十八歳姉に, 厩河岸ぎわですがねその, 友達を, 反駁や, 名を, 和歌の, 嘲笑を, 土地の, 地方官の, 場合も, 場所へ, 大さ, 大雪が, 大高値, 奇声を, 女であった, 女へ, 女一人の, 女子の, 女子を, 妹たちも, 妹だった, 姉であります, 姉の, 娘でござる, 娘と, 定紋を, 宝庫が, 家と, 寺社奉行所から, 小言を, 山に, 市子も, 年上だ, 廿三であった, 形で, 従姉妹同士, 微かである, 心がけが, 思い込みでなく, 思惑ずくめで, 怪談ばなしが, 怪談話を, 恋と, 恨みを, 感が, 感違い, 我らの, 戸を, 所に, 批評と, 批評などを, 持って, 文学に, 方々が, 方から, 方に, 方を, 旗も, 易いは, 時は, 最大な, 根本原因は, 様子も, 標識に, 武州くんだりまでも, 河原者しかも, 流血沙汰だった, 無い二人, 無い若さ, 玉川の, 現在の, 甚だしさ, 生じたこと, 生徒では, 男の, 畑へ, 異母兄が, 異母姉さんも, 癇癪を, 発想を, 真ン中だろう, 矢を, 私では, 紋が, 紋と, 紋の, 紋服の, 紋様を, 結果に, 繁昌でした, 者が, 者な, 者なぞ, 肋の, 色恋は, 芸術批評などを, 若い博物, 藻と, 蛆虫同様幕府の, 蜘蛛の, 装束を, 見立と, 観察とも, 解釈は, 言語で, 話であった, 説明に, 警戒筋違いの, 質問を, 起る隙間, 身で, 車夫に, 返辞な, 逮捕を, 道を, 遺産に, 部落の, 金魚が, 鐘楼を, 難題と, 非常識人である, 面も, 面倒が, 骨頂な

▼ 違い~ (156, 2.7%)

38 して 10 したの 3 したという, すること 2 した日, しちゃ, しては, やって, 致したの

1 [92件] いたすな, おっしゃるの, この実戦, させたわけ, される度び, しがち, した, したかしらと, したこと, したため, したと, したもん, したろうと, したろうという, したん, した事, した訳, しちまったぜ, してるな, しないで, しなくても, し先方, し急, する, するはず, するもの, するよう, する事, する筈, せぬよう, つけ事務以外, なすって, まだまだ悟りきれなかった, もっただけの, よく見分け, ハッキリさせる, ハッキリと, ファンティーヌに, 云われて, 今始め, 今日の, 何と思ったろう, 何故か急, 其のまま, 咎めずして, 商売の, 妙に, 忘れない召使, 忘れる時, 思い較べて, 思うと, 惹き起こす危険, 意識しない, 感じないの, 感じ受けとるの, 慮って, 抽象的に, 持ったもの, 持って, 明かに, 来して, 来たして, 来たすもの, 正して, 残らず頭, 火に, 現す不自然さ, 生じたり, 生じて, 生ずべき懸念, 生ずる懸念, 生ずる源, 発見し, 知った場合, 知って, 知る機会, 示す以外, 突きつめて, 聞くと, 表わして, 表示した, 見せつけられた金太, 見出しは, 見分けること, 見落さないこと, 計りながら, 話し先祖, 説明する, 諷て, 越えて, 陳謝し, 非常に

▼ 違い~ (118, 2.1%)

4 ござります

1 [114件] あつた, いずれも, いよいよ後廻し, おいでなさる, おせんの, お福, かさみに, げす, ことし二十歳に, ことによる, この通り命, さすがに, すごい御馳走, すでに弘前, すり抜けて, そういう話, そして私, その死体, その諫言, それは, それや, たち帰ったあと, どうにもならぬ, ね, はっきりと, ほかの, またわからなくなる, まだ何処, むこうは, もう半月, もう観測, もったいなく思われる, やはり南フランス, アッハッハッ, ジャズは, トムは, 一度は, 一緒に, 一面の, 七時半の, 三味線堀の, 上下の, 上等な, 両翁, 事は, 五右衞門は, 井戸に, 仕方が, 何の, 兄弟とも, 出し抜かれて, 別に御, 前者は, 勝ち目を, 只今の, 同情は, 君に, 君忘れ, 多智多策, 威圧された, 実収入額, 密閉された, 密閉を, 専助は, 尋ねて, 師の, 床に, 彼は, 徒士町から, 思が, 惜しいこと, 意外にも, 或は遂に, 挿絵の, 教師と, 旦那が, 有罪と, 本町の, 横道へ, 死の, 死んでも, 死骸に, 気が, 気の毒がった, 永久に, 混線し, 清吉も, 温厚な, 無事に, 煎じ詰むれば, 熊の, 犯人は, 現在の, 町並も, 皮相な, 祖父ちゃんは, 神棚などは, 私のが, 築地の, 組頭はに, 花も, 若い者, 貴方を, 車が, 通子と, 邸の, 金も, 間に合いませんでした, 間に合わず残念, 間に合わなかった, 間違います, 雪が, 飛んでも, 骨を

▼ 違いありません~ (109, 1.9%)

18134 がその, ね 2 から, が, がそれ, わね

1 [62件] あなたが, おやめ, かね, からお, からこれ, からそれら, からね, から一見, から動かぬ, から少し, から渡邊さま, から聞える, か太, があっし, がかく, がこの, がこれ, がしかし仮り, がそこ, がそんな, がね先生, がもう, が世界, が夢, が我儘一パイ, が時枝, が殿様, が決して, が私, が貴方, が贈答, けどねその, けれども心理学, けれども良人, この点, しそれから, しもう, し一度一寸, ぜ, そうと, それを, たとえば故郷, だからネネ, ですからわたし, とも, と云った, どうかお, どうかしたら, な, なア, ねえお比奈さん, よきっと, よしかし, よ利口, わあなた, わい, モリイシャしかし, ヨ, 一号と, 七景は, 嘘だ, 親分

▼ 違いなかった~ (80, 1.4%)

8 のだ 5 のである 4 のです 3 から, が 2 からである, がしかし, がその, のであった

1 [49件] か, からいずれ, がある, がいくら, がかの, がさっぱり, がそれでも, がとても, がどういう, がダイヤ, が一方, が世の中, が人工的, が今や, が何となく, が作品, が全く, が初, が名誉, が地球上, が庸三, が彼等二人, が気味, が然し, が現在, が親, けれど, けれどその, けれども道夫, けれど二階, ことには, しそして, し俺, でもあろう, と思い返した, の, のだろう, ので, ので彼女, ので私, のに, のに江戸, のねえ, ものを, ものをと, ようです, わけです, んです, 三四人の

▼ 違い~ (75, 1.3%)

13432 から, と思います, ッた, ッて

1 [47件] お気の毒, からおかしい, からな, から二十歳, から今年, から何, から勘弁, から油断, から鹿笛, がそう, が因縁, ことに近頃, しそれ, ぜ, それからゴカイ類, ぞと言うた, て, という, ということ, という推理, という点, といくら, とか云う, とか年, とか文芸, とか軍隊, とすれ, とも思われない, と一人, と分った, と思う, と思えた, と私, と言い立てた, などと冗談, なにそれを, なの上, な君, な残らず, ね, よすこし, よ君, わね, 叔父は, 彼様な, 私は, 面白くもねえ

▼ 違い~ (60, 1.1%)

7 なかった 5 ない 3 ないこと 2 ありません, あろうし, ないの

1 [39件] あったよう, ありました, ありましょうが, ありませんが, ありまた, あり人目, あると, あるの, あるべきが, あれど, あれば, いいかげんに, いい加減, これらと, ござらぬ, しようが, でも尋常小学校, ないに, ないらしい, ない事実, ない共通, ない男, ない血, なく全く, なく全員, なく反復, なければ, なさ過ぎたこと, へんだ, またはなはだしき, やって, 互に認めあっ, 分明すぎる, 同じ違い, 大きなお, 感じなかったの, 方面違いの, 甚しく, 目きき違いも

▼ 違い~ (58, 1.0%)

6 んだ 3 のだ, のである, んです 2 ことを

1 [41件] お客が, けれどどうも, けれど変, ことは, この圭子, ところが, ところだ, ところへ, のか, のでしょう, ので離れる, のに, のも, ほうへ, また新吉, もので, バカ学者, ホシとも, 世界常識に, 事である, 仕方で, 作品を, 出発であった, 問題である, 土蔵の, 大騒ぎを, 奴で, 当て推量を, 怒りを, 方で, 殊勝な, 深入りを, 満足を, 溜桶を, 溜飲を, 率爾であったら, 結果を, 興味が, 藪にらみな, 見かた, 誤解や

▼ 違いなかろ~ (58, 1.0%)

2217 うが 8 うと 3 うけれども 2 うとは 1 うからな, うきまり切った話, うし, うじゃ, うで, うナア

▼ 違い無い~ (58, 1.0%)

7 のです 6 のだ 3 と思っ 2 と思われた, と思われる, のであった, 事が

1 [34件] からとお, からシテそれ, がけれども, がここ, がしかし, が其鋭, が氏郷, が白骨許, が肩, けれど秀子, さ, ってこれ, って書い, と, と云う, と思われます, と独断, と目, なんて, のよ, んだ, 今夜こそは, 余, 其所だ, 前の, 左すれ, 従ッて, 斯く段々推し, 本統に, 果して, 様に, 現在僕は, 真逆, 私が

▼ 違いなく~ (50, 0.9%)

3 それを

1 [47件] あれを, ここでは, この島, この書, したがっておそらく, そうすれ, そこで私, そこに, そっくりに, その地下室, その眼, その証拠, それで彼, それと共に, それに, たとえばその, ても主人, てよ, どんなに愛された, ぼくの, またはせいぜい, または産みうる, 両手に, 向後大きな, 声々に, 夜分に, 女学校では, 如何にも大雪, 居延までは, 弟子に対して, 彼の, 従っていかなる, 未練げなし, 歯の, 然も, 町の, 私どもにとって, 私憤だけ, 筆も, 継続し, 自分は, 足も, 酒の, 金色を, 関ヶ原の, 雪が, 魏延は

▼ 違い~ (33, 0.6%)

4 ていた, ている 2 て, ていろいろ

1 [21件] たりする, ちゃいけ, ちゃいけない, ていらっしゃる, てさっき, てしまった, てせっせと, てその, てだいぶ, てはいけない, てもお前さん, てシネマギンザ, て何, て戻っ, て早速, て現れた, て見, て部屋, て顔, 意外らしく, 皆自分を

▼ 違い~ (32, 0.6%)

2 いえば, なって, 云う事

1 [26件] あっては, いわれるか, それほど大事, なったので, なると, 二つの, 云うこと, 云うよりも, 云う感じ, 云ったよう, 仰せで, 存じましたこれ, 安易な, 思い違いに, 思われます, 思われる, 愛嬌が, 申し候, 申すもの, 申そうか, 考えられます, 考えること, 見え二三枚, 言えば, 言った手軽, 言っちゃ

▼ 違いあるまい~ (30, 0.5%)

3 と思った 2

1 [25件] かと疑った, からその, が, がおよそ, がね, が一方, が其困難, が眠っ, が頭, さどうだ, て年寄り, と, とは思い, と彼女, と待ち設け, と思う, と思われた, と思われる, と聯想, と見込み, よ, 女でも, 密偵だろう, 男の子に, 隣の

▼ 違いでは~ (25, 0.4%)

2 ありません, ない, ないかしら, ないと

1 [17件] ありませんか, ありませんね, あるまい, あるまいか, あるまいかと, ございますまいこう, ございませぬか, ないか, ないかと, ないかという, ないらしい, なかった, なかったろうか, なかッた, なくして, 有るまいか, 決してない

▼ 違いございません~ (24, 0.4%)

2 から

1 [22件] いまお知らせ申そう, からお, からさしあたつ, があいつ, がこれ, がそれ, がときには, がどなた, が不快, が少々, が父, けれどもその, けれども突然, し, な, ね, もの, よ, わ, 何蕨でも, 色と, 駕籠が

▼ 違いである~ (21, 0.4%)

4 ことを 2 ということ

1 [15件] かも分らない, から伊藤先生, がこれ, ことが, ためである, だけに最初, としたなら, と申す, と言う, にかかわらず, にし, ばかりで, 事が, 姉弟の, 関ヶ原合戦に

▼ 違いという~ (21, 0.4%)

4 ような 3 ことも, ものだ 2 ことは, ものが 1 ことが, のなら, のを, ものと, ものは, やつかね, 意味は

▼ 違いから~ (20, 0.4%)

2 来て

1 [18件] かえって地方色, きたの, この矛盾, して, 來る, 出立し, 唯一の, 思惟の, 推断し, 更に犯罪, 来たもの, 来る不, 波を, 見一無法, 起ったこと, 起る戦争, 都甲金平に, 駄目な

▼ 違いじゃ~ (19, 0.3%)

5 ないか 2 あるまいね, ない, ないよ 1 ありませんか, ありませんこと, あるまい確かめるつもり, あるめ, ないかしら, ないと, ないの, ないん

▼ 違いそう~ (18, 0.3%)

3 です 2

1 [13件] じゃがな, だから, であった, である, ですから, な孤独, に, になっ, になり, になりました, に思われる, に見えます, もありません

▼ 違いだった~ (17, 0.3%)

2 事や

1 [15件] かも知れぬ, が, だけのこと, っけがと, ということ, とでもいう, となる, のか, のかも, のでございます, のです, ので一しきり, のを, よ, んだ

▼ 違いです~ (15, 0.3%)

51 から一々, がなん, って, ね, ね家の, もの, よって私, よ舞台, 真に愛想, 私は

▼ 違いでも~ (15, 0.3%)

2 したかの

1 [13件] あります, あり無慈悲, あり薄給, ある, あろう苦言, したの, したら取り返し, しますかしら, 伏見屋の, 入牢でも, 大変な, 急所を, 波が

▼ 違いねえ~ (14, 0.2%)

2 んだ

1 [12件] あれだけ, いかにもおれ, というもの, とも, と五十軒, と疑心, な, のさ, のだ, ので, ようで, んです

▼ 違いかも~ (13, 0.2%)

3 知れないが 1 知れない, 知れないと, 知れないの, 知れなかった, 知れぬ, 知れぬが, 知れねえが, 知れません, 知れませんが, 知れんから

▼ 違いした~ (13, 0.2%)

5 のか 1 か, かもう, ことに, とでも思った, のだ, のだろう, ものか, 母親に対して

▼ 違いであった~ (10, 0.2%)

2 ことが 1 とは残念, と云う, と思います, と思っ, のかしら, のに反し, も知れない, 事を

▼ 違いないです~ (10, 0.2%)

3 な, よ 1 からなあ, がよく, しまた, ね

▼ 違いないだろう~ (9, 0.2%)

2 と思う 1 がしかし, が小説的作り話, けれどしかし, けれども人間, しかし何, ということ, という気

▼ 違いこの~ (8, 0.1%)

1 上も, 二つの, 人が, 千鶴子は, 川の, 私は, 辺は, 還りの

▼ 違いだろう~ (8, 0.1%)

1 か, とこの, とだけ想像, と云いなさる, と思う, と思っ, と笑われ, もう一人

▼ 違いであろう~ (8, 0.1%)

1 か, か昔, と今さら, と感慨, と考えられます, と訝かり, と頭, 人々が

▼ 違いながら~ (8, 0.1%)

1 まず形, 人の, 同じよう, 実は同じ, 座って, 立ち働く兵士たち, 親身の, 長い階段

▼ 違いまた~ (8, 0.1%)

2 外国貿易が 1 その多い, 別な, 彼女の, 我々が, 料理によって, 言葉遣いも

▼ 違い~ (8, 0.1%)

1 が考え, ましてや時代, または歴史的, わ, 仮名違いが, 共通の, 煩わしさ, 男ぶりなどは

▼ 違い~ (8, 0.1%)

1 が生涯, だろう, だろうと, にある, のはなはだしい, はまた, もいつも, 塞がりを

▼ 違いこそ~ (7, 0.1%)

2 あれ同じ 1 あるが, あれこれ, あれまるで, あれ驚き, すれ愛惜

▼ 違いとは~ (7, 0.1%)

2 どうしても思われぬ 1 これは, さてはこの, 何かという, 存じながら, 恐れ入りました失礼

▼ 違いないでしょう~ (7, 0.1%)

2 それが 1 いくら貴夫, けど, けれどもお, ね, わたしと

▼ 違いによって~ (7, 0.1%)

1 バカの, 一様で, 一箇ずつ, 示すこと, 等位を, 違って, 類が

▼ 違い~ (7, 0.1%)

2 んねん, ッし 1 んのか, ス, ッか

▼ 違いません~ (7, 0.1%)

1 かね, か成, ちっとも違いません, とも, な, わたしが, 違いません

▼ 違い~ (6, 0.1%)

1 さもなければ等位, それとも曲, 弟子の, 然ら, 知らん, 知りませんが

▼ 違いここ~ (6, 0.1%)

1 には天下選抜き, は一瞥, は古風, は師走, は明るい, へ来

▼ 違い~ (6, 0.1%)

1 そぞろに, もとより母, 僕婢は, 夏の, 昔に, 道は

▼ 違いであっ~ (6, 0.1%)

1 てあたかも, てその, てその間, てもこいつ, て余, て量

▼ 違いないであろう~ (6, 0.1%)

1 と思う, ね, ウイスキー入りの, モウ一つの, 事を, 吾輩と

▼ 違いなかったであろう~ (6, 0.1%)

1 がそれでも, がもう, ことを, と思う, にその, 私は

▼ 違い~ (5, 0.1%)

1 手少, 粂ばかりじゃ, 経が, 菊の, 酌だけ

▼ 違いかと~ (5, 0.1%)

2 思って 1 存じます, 思い直して, 思ってたん

▼ 違いその~ (5, 0.1%)

1 わずかの, 僧は, 境涯に, 時々の, 葉叢生し

▼ 違いだけ~ (5, 0.1%)

21 です, で同様, なら誰

▼ 違いでない~ (5, 0.1%)

1 かと思われる, たしかにあの, とする, にし, 判断が

▼ 違いでなく~ (5, 0.1%)

1 その次, てはならぬ, 世には, 段の, 無知文盲なる

▼ 違いないけれ~ (5, 0.1%)

1 共いつでも, 共この, 共アア私は, 共フトその, 共斯うし

▼ 違い申す~ (5, 0.1%)

1 な, ように, わ, わいそれにしても, んだ

▼ 違いあそばす~ (4, 0.1%)

4 んだ

▼ 違いありませんでした~ (4, 0.1%)

1 か, からおとうさん, から今度の, し既に

▼ 違いこれ~ (4, 0.1%)

1 などは紛れ, はとんでも, は掌, までなかっ

▼ 違いなかったろう~ (4, 0.1%)

1 かと彼, が, が父, に

▼ 違いなし~ (4, 0.1%)

1 あの下女, お旗本, そのとき一せい, とやり過し

▼ 違いなら~ (4, 0.1%)

1 ば当然, 何とかなるだろう, 或る, 野蛮人にだって

▼ 違いには~ (4, 0.1%)

2 いって, 相違ない

▼ 違いまさあ~ (4, 0.1%)

1 ね, ね油, 昔から, 船が

▼ 違いまする~ (4, 0.1%)

21 で, 違いまする

▼ 違いありますまい~ (3, 0.1%)

1 が暗い, 一個の, 大旦那様

▼ 違いありませぬ~ (3, 0.1%)

1 がここ, がしかし, 事を

▼ 違いある~ (3, 0.1%)

2 めえ 1 かに承わりました

▼ 違いあれ~ (3, 0.1%)

3 しません

▼ 違い~ (3, 0.1%)

1 ざりますまい, ざりませぬ, んすまい

▼ 違いしてる~ (3, 0.1%)

1 のだろう, のでしょう, んです

▼ 違いでした~ (3, 0.1%)

1 からひと, ね, よ

▼ 違いなき~ (3, 0.1%)

1 ことは, も矯, も言論理窟

▼ 違いより~ (3, 0.1%)

1 幾らかひどく, 翻然と, 起こりたる奇談

▼ 違い~ (3, 0.1%)

1 にも爪弾き, によって違い, を殺す

▼ 違い~ (3, 0.1%)

1 へんやつれ, 違い, 部分は

▼ 違い~ (3, 0.1%)

1 だという, の頃, をとっ

▼ 違い性格~ (3, 0.1%)

2 の違い 1 が違います

▼ 違い無く~ (3, 0.1%)

1 匡衡の, 宋史の, 浪人共を

▼ 違い自分~ (3, 0.1%)

1 としての一家一室, の皮膚, の眼

▼ 違いあるいは~ (2, 0.0%)

1 朝廷の, 枝葉末梢であっ

▼ 違いいくら~ (2, 0.0%)

1 かでも彼, 待っても

▼ 違いかた~ (2, 0.0%)

1 だった, 同時にそこ

▼ 違いさえ~ (2, 0.0%)

1 したらしく見えた, しなければ

▼ 違いざま~ (2, 0.0%)

1 なにげなくバッテーラ, に肩口

▼ 違いじゃと~ (2, 0.0%)

1 申したぞ, 申すか

▼ 違いする~ (2, 0.0%)

1 なよ, のね

▼ 違いそれ~ (2, 0.0%)

1 も健康, よりも前

▼ 違いただ~ (2, 0.0%)

1 踏板を, 飄々と

▼ 違いたる~ (2, 0.0%)

1 を知るべし, 句

▼ 違いであり~ (2, 0.0%)

1 年齢の, 更にまた

▼ 違いでございます~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ぞ泥坊

▼ 違いでなかった~ (2, 0.0%)

1 ばかりか今度, 証拠には

▼ 違いどこ~ (2, 0.0%)

1 から集っ, までも大きく

▼ 違いないいう~ (2, 0.0%)

1 て来た, のん

▼ 違いないらしい~ (2, 0.0%)

1 が酔っ, 気持が

▼ 違いなかつた~ (2, 0.0%)

2

▼ 違いなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばどう, ば安心

▼ 違いによる~ (2, 0.0%)

1 ことも, ものと

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 例の, 踏み込んで

▼ 違いまだ~ (2, 0.0%)

1 御造営, 醒めぬ興奮

▼ 違いまっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 違いよう~ (2, 0.0%)

1 が複雑変幻, です

▼ 違いよほど~ (2, 0.0%)

1 苦辛を, 踏み応え

▼ 違いカヤ方~ (2, 0.0%)

2 の仕事師

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 は友達同志, は如何

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 なもん, は知っ

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 うも, か押し

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 と, は天

▼ 違い全く~ (2, 0.0%)

1 ものやわらかに, 私が

▼ 違い単に~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 将校対兵隊の

▼ 違い即ち~ (2, 0.0%)

1 海に, 神は

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 喫った, 国語と

▼ 違い境遇~ (2, 0.0%)

1 が違え, も違い

▼ 違い子供~ (2, 0.0%)

1 のよう, を持つ

▼ 違い実は~ (2, 0.0%)

1 新しいコロンブス, 皆従来は

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 も楕円形, も違い匂

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 が御嶽, は手

▼ 違い御座いません~ (2, 0.0%)

1 のでステトスコープ, わ

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 の小, へゆわえつけ

▼ 違い教養~ (2, 0.0%)

2 が違い

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 ますまい倉, ません私

▼ 違い有りません~ (2, 0.0%)

1 が, 既に昨年

▼ 違い有れ~ (2, 0.0%)

1 ど引, ば稍隔靴掻痒

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 を犯した, を犯す

▼ 違い田舎~ (2, 0.0%)

1 のダンスホール, の或

▼ 違い~ (2, 0.0%)

1 だ, な恋愛闘争

▼ 違い~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 違い矢代~ (2, 0.0%)

1 の信仰, は気まり

▼ 違い考え~ (2, 0.0%)

1 の方法, を進め

▼ 違い見附~ (2, 0.0%)

1 の向う, まであの

▼ 違い言葉~ (2, 0.0%)

1 が違う, の通じない

▼ 違い非常~ (2, 0.0%)

1 に神経, に複雑

▼1* [451件]

違いあたしゃ数あるお客, 違いあの方は, 違いありまん, 違いありませんですから, 違いあんめいからそりゃ, 違いいかにも神田らしい, 違いいつもの安眠, 違いいやしくも江戸城の, 違いおまはんの, 違いお寺の構造, 違いかとも思えるけれど, 違いからとか周囲の, 違いからばかりでは, 違いからも随分無理, 違いくさるかと三亀雄, 違いくらいは住民たちには, 違いぐらいで御座いましょうか, 違いぐらいでお静, 違いぐらいにお年寄, 違いこそはあるが, 違いこちらの待合室, 違いこなたに落ち合い, 違いござんせん, 違いア事だ, 違いさまに向う, 違いされては困る, 違いされるのだ, 違いざま正三君の帽子, 違いしかありやしないもの, 違いしかつめらしいいでたち, 違いしたらしく微かに, 違いしないように, 違いしみじみ御意を, 違いじみて気, 違いじみた樣子を, 違いじゃあないか, 違いな, 違いすこぶる荒業でござる, 違いすでに中津川の, 違いすべてが複雑, 違いすべて木造であり雄大, 違いずいぶん世話場も, 違いそこにはちゃんと, 違いそのものを決定的, 違いそれぞれの社会, 違いたりとせん, 違いだけのことで, 違いだけは書いて, 違いだけを見ても, 違いだすわ, 違いだんだん日本の, 違いちまつたよ一人, 違いつかまつりいかんとも, 違いであります源次郎は, 違いでございまして従妹同士, 違いでございましょうと, 違いでござるが少々, 違いでござろう毛頭覚え, 違いでござんしたね, 違いでさえヨーロッパの, 違いでしかない, 違いでしょうか, 違いでなければたしか, 違いでねえ君残念な, 違いで御座るぞ, 違いで無いか, 違いとか差という, 違いとして嘲り笑って, 違いとしてもその前路, 違いとも覚しい場所, 違いともかく十名の, 違いとんでもない間違, 違いどうせしこと, 違いどの顔も, 違いないだのに無意味, 違いないついてゆかね, 違いないやろいうのんで, 違いないやろ思いまっさ, 違いない依て今, 違いない分けても彼, 違いない受取りを出された, 違いない喰い度い, 違いない思いましたらそいからはこう, 違いない思いますねん, 違いない思うててん, 違いない恨まれるのは, 違いない拡がった着物の, 違いない改まってそう, 違いない来ればその, 違いない消えそうな, 違いない生きていた, 違いない登ろうとまた, 違いない着せて置い, 違いない肥っちょの, 違いない行ったらよい仕事, 違いない見間違いとして, 違いない言い難い声, 違いない追いつけば米友さん, 違いない逃げたに違い, 違いない開いていた, 違いなかったけれ共一方, 違いなかんべい, 違いなけりゃどうせば, 違いなされたか知らぬ, 違いなどいう百両, 違いなどからその短い, 違いなども本当に女, 違いなどをする事, 違いなにか得体の, 違いなにしろ命旦夕に, 違いなり一手の, 違いなんの技能, 違いなんか無頓着だった, 違いなんだか肉体的な, 違いなんてないん, 違いなんとなく娑婆に, 違いにからだから, 違いについて思いかえして, 違いについてもあんまり多く, 違いにて捕縛せられし, 違いにでもなりや, 違いにも門違いでない, 違いねいと思っ, 違いねえだよ, 違いばかりでは, 違いばかりじゃあねえなんでも, 違いひそかに期する, 違いひっそりした内密, 違いぶつかり合って堤防, 違いまず体の, 違いまんまと敵に, 違いみたいに働い, 違いむしろ朱子の, 違いもう三十五にも, 違いもっと明るくおおっぴら, 違いもと挽子として出入り, 違いものといふこと, 違いもはや御一新の, 違いやや急転し, 違いよぼよぼのお婆さん, 違いエタに類する, 違いカッとのぼせ上っ, 違いカフェの中, 違いスッカリ腕まで包む, 違いソヴェート・ロシアの民衆, 違いタチツケあるいは略し, 違いドコにそんな, 違いペスタロッチやルソー, 違いラサ府及びその, 違い一つ上亡くなったの, 違い一大帝国を建て, 違い一方の満潮, 違い一日のうち, 違い一発で撃った, 違い一瞬間の違い, 違い一種の武器, 違い一銭もかけず, 違い七兵衛のよう, 違い三つ番でも鳴る, 違い上京中で家, 違いは幕府, 違い世の中を海, 違い房の, 違い主としてテクニック上より, 違い久しい孤独を, 違いに慣れた, 違い事情が事情, 違い事柄も違っ, 違い二百両という大金, 違いの切り込み, 違い五つ六つの叔父甥, 違い交通もなく, 違い交際も多く, 違い人柄も違っ, 違い人狐に近い, 違い人生の必要, 違い人間は幼い, 違い今度はこんな, 違い以上に根, 違い伊之助はなんと, 違い伊達者の好み, 違い体格能力が違い, 違い何ともない, 違い何より保守を, 違い何分にも旨く, 違い余り小説じみた事, 違い侯爵は無表情, 違い修養によって違います, 違いは文士, 違い儀式が違い, 違いの武士, 違い元気で愉快, 違いの永い, 違い先生の家, 違い入り乱れつつ相, 違い八千円をもってお, 違い八重子の様子, 違い其筋でも手古摺る, 違いというもの, 違いに吹きさらされた, 違いの柄, 違い切なく眼に, 違い則重の本陣近く, 違いに訴え, 違い労賃もまるで, 違い勘違いでした, 違いも違います, 違い化粧や愛情, 違い半ば散歩のよう, 違い半面火傷の傷, 違い古典には全く, 違い機の, 違い各自独立した故郷, 違い各自自爆のよう, 違い同じ牛乳でも, 違い味方は山崎, 違い呼笛鳴り信号手, 違い和服姿で降り, 違い喧嘩家族騒動盗難人事雑多な問題, 違い四方が明け開き, 違い四通八達の小田原城下, 違い因縁果の違い, 違い国民全体の生活そのもの, 違い国籍が異なっ, 違い土地の人気, 違い地理的条件が違い, 違い堅実一方で臆病, 違い場所も違い, 違い場末のこの辺, 違い士族屋敷ですから, 違い外部から自由, 違い多くの僞, 違い多く虚偽を加, 違い大体骨組を小説, 違い大学を出, 違い大層苦労を, 違い天才は芸術的価値, 違い天気が違い, 違い天罰を補う, 違い女のは粟穂違い, 違い女らしい人である, 違いの気風, 違い存外に気, 違い学校の寮, 違い宗家のため, 違い世間的な, 違い実にアリフレた, 違い客室があり, 違い室内は一層, 違いの中, 違い寂しい極東の, 違い将軍家御指南の宗家, 違い小金で芸子, 違い少なくとも人間そのものが, 違い少年の勝利, 違い尤も客も, 違い屋根は黄色く, 違いまた山, 違い山口屋善右衞門さんという立派, 違いの一方, 違い右衛門など, 違い平素から節子, 違い年頃が年頃, 違い年齢が違い, 違い幾分が都風, 違い広闊なる心臓形, 違い弁舌も好く, 違い当家伝来の御, 違い彼らは官命, 違い徐々に産を, 違い従って雪の, 違い御座いませぬことが, 違い御座んせぬがそれ, 違い薄く多年世情, 違いでは思い, 違いに微笑, 違い性情の違い, 違い性濶達でありその, 違い性質教養も違う, 違い怨嗟の府, 違い恐ろしく悪智悪才, 違い悲しい犠牲者と, 違い意気揚々と玄関, 違い感じが荒っぽく, 違い感情もちがう, 違い感覚の行き, 違い慎ましやかに前, 違い慚恚以て屠腹, 違い手の平で鼻, 違い手入れ一つで斯, 違い折かさなる人混雑の, 違い押問答をし, 違い持物も違います, 違い指導次第では理解, 違い探偵ほど間違い, 違い探偵吏は多く, 違い仕方なし, 違い数度もて精しく, 違い日本の古代, 違い日本小麦の持つ, 違い日頃から余り信仰, 違い早く開ける人, 違い映画女優なんかをこの, 違いとともにまた, 違い時々不審など, 違い普通と変らぬ, 違い普通人に理解, 違い景気附け一方, 違い晴れ晴れしく室内, 違い暗闇で仲, 違い書いている, 違い書き違いがある, 違い曹操が華容道, 違いと風雅, 違い最初から関係, 違い朝廷におかれ, 違い東野にだけは自分, 違いの細い, 違いが興行師, 違い桂子の物欲, 違い森林の中, 違い極めて嶮しい, 違い楽々と大阪天王寺, 違いで有ったろう, 違い様々の造作, 違い様余は警察医, 違い権利のある, 違い歓喜と希望, 違い正月はお忙しい, 違い武士であった, 違い歯跡がまばら, 違いぬれば, 違い殊に親類中一番年長の, 違い残念にもお, 違い気分屋とも違う, 違い水墨の妙味, 違い決して包鞘手術などを, 違い沢山捕獲して, 違い注意のズレ, 違い活発にはなられました, 違い浪人のこと, 違いの趣, 違い海辺の国, 違い海風に吹かれる, 違い深く進んだと, 違い清艶な感じ, 違い源十郎を法網, 違い漢学の応用, 違い無いであろう事を, 違い無い逃げ去る恐れは, 違い無かろうがただ, 違いも上首尾, 違い物々しい飾りを, 違い特長のある, 違い独自の文化, 違い現在においても葉色, 違い生物進化の事実, 違い申して往来, 違いなる所, 違い発作が止ん, 違い白山へ行く, 違い皇子は祖母, 違い皮膚の色, 違いは鋭い, 違い直線で囲まれた, 違い着物が違う, 違いでも一つ, 違い社会的立場も異なっ, 違い神前のかざり付け, 違いの代, 違い程の感じが, 違いの色, 違い立場が異, 違い立派な旅, 違いも合羽, 違い一今日は, 違いも充分, 違いの揃った, 違い糸子の部屋, 違い紅い花は, 違い紋十郎さんは好かぬ, 違い細かいことは, 違い絶対的愛絶対的他力の宗教, 違いで捕った, 違い緊張した弾力, 違い翰墨を楽しむ, 違い老人を縁, 違いも違う, 違い聡明であって, 違い肉体の違い, 違い脇目もふらず, 違い自分たちの姿, 違い自分変だった, 違い自分達の祖先, 違い自然に備わる, 違いは動く, 違い船尾が四角, 違い花火の風船玉, 違い花見の群衆, 違い若い婦人は, 違い落着いたもの, 違いの葉, 違い薄い板屋根だ, 違い藤さんも今ここ, 違い蘆荻の繁茂, 違い蜂須賀家の祖, 違い蜥蜴のよう, 違い行き違い切り仆す, 違い衝突すること, 違いや袈裟, 違いの下, 違い袴腰がもっと, 違い西に向っ, 違い見附下の活動写真館, 違い視界を妨げる, 違いから仕送り, 違い親王夫人の入, 違い解決は明日, 違い言語までその, 違い貴方を入れない, 違い起すとほんとに, 違い起居もしとやか, 違い趣味が違い, 違い足もとから火, 違い身分も違う, 違い軽佻浮薄な都会色, 違い近頃は文三, 違い退いては法令, 違い進行する動作, 違い遊ばして, 違い遊ばしますねエ奥様, 違いぎてるぢやないか, 違い過ぎはしない, 違いを飲ん, 違い醜い所も, 違い重要な書類, 違い金兵衛の方, 違いさ二フィート高, 違いを入ろう, 違い関ヶ原に於い, 違い陽気は極々, 違い階級にも斯く, 違い隣家の半蔵, 違い雑人門のくぐり, 違いはやっぱり, 違い雷鳴り雲も見えませぬ, 違い面白いと思った, 違い頭山満を初め後年, 違いの輪廓, 違い黒き天鵞絨の, 違い黒雲と銀鼠色