青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「質~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

賑~ 賑やか~ ~賛成 賛成~ 賞~ 賢~ ~賣 賣~ 賤~ ~質
質~
~質問 質問~ 贅沢~ ~赤 赤~ ~赤い 赤い~ ~赤く 赤く~ 赤ん坊~

「質~」 3307, 34ppm, 3423位

▼ 質~ (825, 24.9%)

14 よくない 9 もので 6 ものを, 土地が, 惡い 5 い, よくねえ, 上の, 低さ, 土地に, 変化を, 異った 4 よさ, 人物である, 相異

3 [22件] いいの, いいもの, ものが, ものに, 中に, 人です, 人間です, 値が, 問題が, 土地を, 女だ, 女で, 女です, 好くない, 悪い女, 方は, 正直なる, 点で, 男では, 異る, 色反, 読者である

2 [55件] いい仕事, いい方, ちがいが, ちがうもの, ちがったもの, ちごう, ものか, ものです, わるいの, 上に, 人であった, 人でありました, 人では, 人造肉とで, 人間だ, 人間では, 低下が, 佳い水, 値を, 凝灰岩, 問題に, 問題は, 土地から, 土地は, 場合には, 増加を, 女でした, 奴で, 如何に, 島嶼の, 弱い人, 思想が, 悪い大人達, 意味で, 方が, 泥岩が, 流れだ, 海底に, 男で, 男です, 種類によ, 立派な, 緻密な, 良さ, 落ちたもの, 財貨の, 転換を, 違ひ, 野原の, 食物とは, 食肉に対する, 餌の, 餌ばかりを, 餌を, 高さ

1 [561件 抜粋] ある所以, いいはがねは, いいダイヤ, いい古い唐紙, いい奴, いい小粒, いい御飯, いい生ゴム, いい白金, いい真鍮, いい硫黄, いい米, いい絹, いい鮒, いい鳥, いかんには, いかんを, いれかへも, お玉には, かたい地面, ことは, こと何と, この所有者, この温泉, こまかいため, こまかい悩ましさ, こまかい滋味, こまかな, これは, しら露の, すぐれたもの, すこし櫟, すりか, たまらぬ音, たまり水, ために, ちがいそこ, ちがいについて, ちがう文学, ちがったいわば, ちがったさびし, ちがった二つ, ちがった新しい, ちがった苦笑, ちがった高貴, ちゃんとした, と, ところを, ながれに, なめらかな, ひとしからざる, ひとだった, ひとであった, ひょろひょろの, ほとんど壁, まったくちがった, もっとも優等, ものあり, ものだ, ものだった, ものであった, ものであろう, ものなら, ものなれ, ものには, ものは, ものもしくは, もろい土質, やや粘った, よいこと, よいもの, よいダイヤ, よい人, よい品, よい方, よい永続的, よい熟練工, よい生紙, よい磁土, よい織物, よい若いプロレタリアート, よい言わば, よい貝殼, ような, よき方, よくない遣り, よしあしなどを, よし悪し, より優良, わるいやり方, わるいエゴイズム, わるい女, わるい奴, わるい安, わるい幽霊, わるい方, わるい毒気, わるい油断, わるい腫物, を使つて, アルカロイドが, カタマリから, ゴムの, 一部その, 上から, 上からの, 上からも, 上で, 上では, 上でも, 上等な, 中なる, 中果皮と, 乏しかつ, 事を, 人が, 人たちで, 人だ, 人だった, 人であります, 人である, 人であろう, 人でした, 人とは, 人は, 人も, 人や, 人物で, 人間だった, 人間な, 代から, 代價, 仲間が, 似たもの, 似た曾我廼家五郎, 似て, 低下その他から, 低下と, 低下という, 低下とは, 低下に, 低下の, 低下を, 体中には, 使笊で, 信長は, 個人的な, 値も, 側から, 優れた事, 優れた刃物, 優れた材料, 充実しない, 充実を, 全く違う, 全然違う, 其音, 内からこそ, 凝結が, 凝結で, 出し入れに, 出入れ, 分厚な, 分解作用によって, 分解作用を, 初の, 利あげ, 利子も, 利息払いの, 労働の, 勝れて, 匂ひ, 化学作用で, 厚い筒, 原料にて, 又八であった, 又八である, 古具足, 可い, 各殻片, 合成にも, 合金を, 同じもの, 同じ意義, 向上です, 向上の, 向上を, 味しか, 品物類は, 問題だ, 問題であった, 問題でありまし, 問題では, 問題として, 問題も, 問題よりも, 問題見る, 善く緻密, 善悪にまで, 善悪は, 善良さが, 団塊は, 固形体に, 固形物自身が, 土が, 土地, 土地すなわち, 土地では, 土地とから, 土地において, 土塊や, 土壁に, 土壌には, 地面で, 地面に, 地面を, 坂路の, 均衡した, 堅い黄味, 堅さ, 塊まりの, 壤土は, 変ったもの, 変って, 変つたより, 変換を, 多いほど, 多い肉, 多おいの, 大半を, 大小とは, 大山岳, 大山嶺, 大根は, 太都夫よりは, 女が, 女であった, 女であったらしい, 女である, 女であるらしい, 女は, 好い使用人, 好い紅葉, 好い鰹, 如何とによって, 妻山本氏が, 娘です, 娘では, 婦人, 子が, 子でした, 子供だ, 子供に, 字と, 字は, 存在する, 宇宙の, 官兵衛も, 実に用い, 対立を, 小徑, 小麦の, 少女でした, 層が, 山が, 山と, 山の, 岩盤を, 岩石でも, 岸に, 岸の, 巌石で, 差が, 差の, 差を, 幌を, 庄五郎が, 底の, 庭土は, 弁証法なども, 強い猪, 役者が, 彼女の, 性質が, 性質を, 悪いその, 悪いの, 悪いもの, 悪い他人, 悪い分け前, 悪い加賀, 悪い外国人, 悪い奴, 悪い婦人関係, 悪い婦女, 悪い密旨, 悪い御家人ども, 悪い感冒, 悪い旗本, 悪い朱, 悪い盗人, 悪い私たち, 悪い罪, 悪い者, 悪い肉, 悪い腫物, 悪い認識不足, 悪い酔っ払い, 悪い難解さ, 悪い風邪, 悪かった, 悪くない, 悪さ, 悪化を, 或部分, 持主これらを, 探求や, 推移という, 推移も, 文醜, 斧柄も, 断崖が, 新しい土地, 明かに, 時代と, 時代世話を, 智慧の, 暗い陰氣, 更によい, 最良な, 服装では, 木で, 枠内での, 柔軟かな, 柱が, 検査を, 榮養價を, 権利で, 樹の, 母である, 母は, 水母, 氷であっ, 氷に, 池な, 河は, 泥と, 泥は, 流れかも, 流を, 海底と, 消化が, 液体を, 涼風と, 漢字を, 点から, 点においても, 爲に, 父春庵根一が, 物で, 物と, 物に, 物の, 物は, 物を, 玉直径四寸ほど, 珍らしい, 現れて, 生命とは, 生徒で, 生成に, 田圃の, 田圃は, 男だ, 男だった, 男であった, 男の, 異つたもの, 異なった切り組み細工, 異なつ, 異なる日本料理, 異なる点, 異常に, 白い土, 白い天花粉, 白い膚, 白味の, 直で, 相違である, 相違によ, 相違恋愛の, 県道を, 真価という, 真像なる, 石が, 石の, 石灰岩質の, 砂で御座います, 砂浜に, 研きに, 研究には, 研究の, 研究を, 砕けるとき, 硬い果皮, 私が, 竈肌は, 立方体だけが, 粒の, 粗では, 粗なる, 粗密によって, 粗悪と, 粗末さを, 糞は, 納れた, 細い声, 細かな, 細面の, 紳士と, 結晶充滿す, 繊維や, 罅隙を, 耀きによつて, 者である, 者に, 肉が, 肉部すなわち, 肥満した, 臣塩田氏の, 良いという, 良い珊瑚, 良い盗人, 良い練達, 良い貴族, 良い革, 良くない, 良人を, 良否は, 色白い, 花床, 苦しい過程, 落ちた悪貨, 著しい低下, 藤吉郎も, 融通無礙な, 血を, 視力を, 説明が, 読者として, 読者に, 豊満な, 豊滿な, 赤土地帯で, 赧ら顔は, 足りない組合わせ, 軟硬やら, 近接を, 通知を, 連中か, 遊も, 道を, 違いが, 違いそれも, 違いであっ, 違いという, 違ったまろみの, 違った人間, 違った優良, 違った印象, 違った口調, 違った精神, 違つた自由奔放な, 違わぬもの, 選択に, 部のみ, 部分なり, 配列によって, 量などを, 量化の, 鉱山が, 鎔岩に, 間に, 関係に, 関係も, 闇に, 陥没湖じゃ, 霜は, 青年であった, 顔を, 飛躍を, 食品に, 食料が, 食物が, 食物炭素質の, 食物鉱物質の, 飢渇, 骨組が, 高低を, 高音を

▼ 質~ (339, 10.3%)

43 入れて 22 於て 9 して, 置いて 7 入れたり 6 置いても 5 於ては, 於ても 4 入れても 3 ある, なって, 入れたこと, 入れたの, 入れると, 置くこと

2 [19件] あるの, 入って, 入つて, 入れ, 入れたくらい, 入れたと, 入れたん, 入れた田地, 入れるか, 入れること, 入れるよう, 包まれて, 取った品, 取って, 含まれて, 応じて, 置いたり, 近かき, 飢えて

1 [173件] あっては, あるし, いれたり, いれて, おいたお金, おいたという, おきに, おきますの, おき廻って, おき蚊, おき近在近郷, おくから, おくフリ, おく事, おこうか, おはし, お島, しても, しろその, し骨肉猜忌, そちらへ, ぞくし此, とられた案山子, とられようが, とりましたぞ, なつて, なんざ, ふれたでしょう, もっと人間, よりて, 乗じて, 今も, 付いても, 伊賀屋から, 似ず余, 似ず越中国立山, 似て, 何か, 依存するであろう, 入えてた, 入て, 入ると, 入れさせた, 入れさせなかつた品, 入れたため, 入れただから, 入れたつい, 入れたという, 入れたなどと, 入れたもの, 入れた事, 入れた嚊, 入れた当時, 入れた着物, 入れた自分, 入れた邸, 入れた顛末, 入れちゃって, 入れてまで, 入れなお, 入れなど, 入れました, 入れますか, 入れようと, 入れられたもの, 入れるとか, 入れるなら解つて, 入れるなんて, 入れるに, 入れるの, 入れるもの, 入れる事さ, 入れんと, 入れ器物類, 入れ年取つた母一人, 入れ更に, 入れ様, 入れ第, 入れ謎, 共通した, 出さねば, 出来て, 制約され, 加えて, 劣れり, 勝つて, 包まれた結核菌, 参ったの, 取ったもの, 取った両刀, 取つたが, 取つたといふ, 取らされ町人, 取られたまま, 取られた人, 取られた田地, 取られる, 取られる事, 取りおる, 取り逃げ腰, 叩き込んで, 合って, 合ふと, 吸収され, 因るもの, 基いて, 基く平均性, 変化が, 変化の, 多少嶮, 大関係, 好配し, 存するの, 宿した獅子, 富んで, 就いて, 強弱の, 影響が, 応じるもの, 持って, 捨て去るも, 於いては, 於ける相違, 時代物の, 比べれば, 沿うて, 活きること, 深く食い込む, 添って, 渡す, 物質から, 甘んぜずに, 生まれついて, 生れながら, 生れ合わせて, 発したの, 相應, 真の, 眼を, 結びつけること, 置いた, 置いたの, 置いたら何両, 置いたカリガリ博士, 置いた田地, 置き掛地, 置き水街道, 置くか, 置くと, 置くとか, 置くにも, 置くべき好意, 置くもの, 置くよう, 置くわけ, 置く事, 置けば, 置こうし, 置た, 置て, 置炬燵かかろう, 至っては, 良否の, 踏み入, 軽い脂肪, 近代的ノンシャランスの, 這入って, 這入つて, 遣つて買, 重きを, 關係する, 限らず植物性, 非れ

▼ 質~ (293, 8.9%)

5 ちがう, 違って 4 変って, 落ちて 3 ちがって, 惡い, 異る, 違う, 違ふ, 違ふて

2 [15件] エーテルに, ルンペン性を通じて, 一部見られる, 低下した, 劣って, 向上する, 工藝の, 急に, 推移し, 明らかに, 松茸の, 異って, 腐敗し, 良いと, 落ちる

1 [227件] あった, あったそう, ありますので, ある, あると, あるという, あるのみか, あれば, いいぞ, いいと, いいばっかりに, いい上, いままでとは, うすくて, かかる心, こうの, この場合個性的, こまかく豆, しゃんとし, じょうぶで, すっかり刀色, それほど劣悪, そんな条理, ちがいます, ちがってる, ちがわなくなって, ちごう, つまり細胞, とても硬く, どこだって, どんどん変っ, ない, ないといふ, ないやう, もたらされて, よいこと, よい味, よくても, よくない, よくなかった, よくなっ, よく少々利用, より以上, わからないので, わるい, わるいと, わるいよう, わるくけち, わるければ, アルコール分を, ドラマの, ハコベ属すなわち, ラジオに, ワルい, 七%澱粉及纎維が, 上等で, 上等である, 下った下ったと, 下落する, 中国に, 丸で, 乾燥し, 二つの, 二二パアセント脂肪が, 二月二十四日に, 交替せざる, 人の, 今は, 伴い何, 低いため, 低くなっ, 低下し, 体じゅうから, 何ほど, 余り硬く, 充実され, 入れて, 全く変っ, 分解されない, 分解し, 分解作用を, 初て, 前二回, 剛く, 勢力源と, 半年の, 却, 厚く白緑色, 合成される, 同じで, 問題と, 問題に, 固く冷, 圧迫される, 堅くかつ, 堅牢だ, 場合によ, 変化されます, 変化した, 外の, 多い, 多うございます, 多くありません, 多くって, 多様な, 多種多様で, 多量に, 大人に, 大変気に入りました, 大変深く, 天然うなぎから, 太くなる, 好いよう, 好くて, 好くない, 好ささうだ, 子の, 山を, 平均せざる, 幼時から, 弱々しすぎる, 強いそう, 強く来, 後の, 悪い, 悪いかも, 悪いため, 悪いです, 悪いと, 悪いとか, 悪いよう, 悪い第三者, 悪き故, 悪くいかん, 悪くて, 悪くては, 悪くなかった, 悪くなった, 悪く毎度こちら, 悪く絶えず, 惡いから, 惡く, 惡過ぎる, 手仕事に, 押しひろがって, 持つ高度, 支那朝鮮日本同じ, 文学的に, 既に違, 昇汞で, 晩成する, 更に脆弱, 有つ, 柔らかかつ, 柔らかく元来, 根本から, 次第に悪く, 残る程度, 段々底, 段々悪く, 決定される, 流れて, 淡くって, 深くそして, 湿って, 父帝に, 物の, 現われません, 生きて, 生じて, 番医師に, 異う, 異なって, 真の, 石炭ともなり, 硬いから, 硬くその, 硬くて, 秀れ, 私よりも, 第一, 粉雪と, 粗悪に, 粗雑に, 粘着性を, 細かい, 緻密であるなら, 緻密に, 美しいので, 良いから, 良いという, 良いの, 良かった, 良くそれ, 色情に関しては, 茸類の, 落ちたもの, 落ちると, 落ちるばかり, 薄い上, 薄く貝, 蛇や, 軟かくて, 近かつ, 違いますから, 違うかの, 違うと, 違うもの, 違うよう, 違う例, 違つてい, 違つてゐた, 違つてを, 違つて居た, 違わあ, 量に, 鈍厚で, 隷属状態に, 雑ぜ, 非常に, 面白くない, 餘り, 高められて, 高められなければ, 高められようと, 鬼に, 鮎の

▼ 質~ (260, 7.9%)

7 取って, 異にする 6 持って 5 異にし, 置きに 3 もって, 変えて, 有ち, 異にした 2 おいて, おきに, また安定, 受けて, 受け出して, 有た, 消化する, 消耗せしめ, 置くとか, 論じて

1 [198件] あとに, いはむには, うけだしたの, うけ出すなんて, うっかり誤認, えらばなくては, おいてでも, おいても, おくほど, かえて, こまかくする, ごまかして, さ, さし出した者, しらべたり, するもの, たしかめてからに, たべないという, ためす為め, どの程度更, なした皮, なすと, のけた材料, ばらばらに, また一つ, もちながら, もつ一群, より近代的, わけて, ギンミし, 一人は, 一枚一枚吟味し, 世に挙げられ給う, 主材に, 二君に, 云えば, 他の, 伝う, 伴わなければ, 低めて, 低め低められて, 低下させられる, 低下させる, 何匁とか, 作ったので, 依然として変えない, 価値あらしめる, 保って, 保存し, 修めたらすなわち, 備えたもの, 備えた昆虫, 備えて, 充たすもの, 入れて, 全く変え, 八において, 具えて, 具へ, 加へたり, 助け二女, 勝久に, 厳禁すれ, 取りけるよと, 口から, 可惜盲愛, 同うす, 吟味すべきだ, 吟味する, 含むもの, 含んで, 呈しその, 和らげて, 善く叙述, 善悪に, 固有に, 変えず格別, 変えました, 変じ, 変じその, 変じて, 変ずるの, 変ふる, 変化させ, 多量に, 失い美, 失ひ懺悔, 失わで, 存せん, 守つ, 実にあらわし, 実に多く, 巧みに, 帯びた閃光, 帶びるものを, 弁えぬも, 引き上げること, 彼は, 得るに, 忘れること, 忘れる傾き, 性質を, 悪くし, 悪くした, 愛されて, 感じた, 持たなかつたもの, 持ちそれから, 持ちながら, 持ち込んで, 持った者, 持つたもの, 持つた種子, 持ていて, 摂取する, 擧げると, 攫み得ないもの, 替ふるに, 有し且つ一層, 有する也, 有ちまたは, 有ったもの, 有って, 段々よく, 求めること, 汚さないで, 決定する, 沢山喰, 消化させる, 深く持つた, 深めて, 特色づける, 生かして, 生じますから, 異にせね, 異にせる, 痛めたか, 発展させた, 目に, 直感した, 省みない, 知らざりき, 知ること, 知るため, 究理する, 立派に, 精選し, 縦にも, 織り込んでも, 置いたって, 置いてでも, 置いてまで, 考へるには, 落さずに, 落とさす恐るべき, 落とす事, 表すもの, 表わして, 表わすもの, 表現する, 要す, 見ず, 見ずたまたま, 見たもの, 見ると, 見る目, 見わける力, 見損ねたの, 規定する, 言って, 評したの, 認めねば, 語ること, 語るの, 説明なし, 調べること, 請けたがり, 論じる数学, 豊かな, 賜うて, 賞めながら, 賦與され, 退転させた, 逍遙が, 違えて, 選ぶの, 遺して, 重加, 量の, 量化した, 鋳成, 養う血管, 高めて, 高められたもの, 高めること, 高めるもの, 高める方向, 齎すの

▼ 質~ (144, 4.4%)

5 とし 4 となっ, の松千代, の身 3 として今川家, を送っ 2 として養われ, にとられ, の千寿王

1 [115件] か, から送り帰された, が幾人, が脱, が養われ, すなわち松千代, たる子, である聟殿, でも誓紙, で無事, という隷属的, とした, として, としてある, としてここ, としてご, としてさし, としてさしあげ, としてそれ, として他国, として使者, として信長, として去る, として同家, として在る, として大, として大坂, として家康, として差出し, として引渡さね, として御, として毛利家, として渡された, として留まります, として秀吉, として筒井家, として織田家, として貴家, として足止め, として送られた, として送り, として連れ, として遠い, として預ける, として駿府, となし, となり, とはいえ, とはいわぬ, とはなっ, とはなった, と召され, と少数, と思う, ながら新, なりと思ひ, について人知れず, にやる, に上, に取られ, に虐待, に送り, に連れ, のこと, の件, の処分, の分, の取り戻し, の於松, の松平元康, の目附兼傅役, の若殿, の行列, の足利千寿王, の身上, の首, はかわり, はまた, はみな, は出奔, は自分, まで殺された, も出さなかった, も送らず, や誓紙, よりもこれら, をかく早速, をこれ, をさし出し, をたずさえ, をとっ, をにわかに, を伴っ, を入れよ, を入れられよ, を出す, を向けた, を安土, を当, を打っ, を拒め, を求め, を求められ, を竹中半兵衛, を見た, を見殺し, を送られれ, を送り, を送る, を送るべきで, を連れ, を首, ヲ送, 送るべからず, 送るべし

▼ 質~ (143, 4.3%)

2 なかつた, 明らかに, 格段に, 理想的の, 空気と, 自然からの, 自然が, 軽からざるべからず

1 [127件] いいの, いつの間にか夕日, およそ軽快, かなり実, これに, すぐれて, すこぶる悪い, すでに曙空, ずっと低下, その文, その芽, その酔わせる, それぞれ異って, ちがうが, ちがって, ちょうど豆腐, ともかくせめて量目, どうで, まことに優秀, ますます複雑多様, もちろん色, よいと, よいの, よいらしい, よくその, よく我国, よほど訓練, わるくなる, アルンハイムとの, デオライトという, ビクターの, ムスカリンと, リューマチを, 一定し居らざる, 一般化し得ない, 上等で, 上等とは, 下って, 久慈川ほどの, 乾いて, 人によって, 人の, 他の, 低下し, 低下した, 体中に, 何であった, 何であつ, 何である, 何です, 依然として変わらない, 俄然一変, 個人が, 全然違う, 其名称より, 剛く, 十五秒ごとに, 十八ポイント五パアセント脂肪は, 取りませんから, 各違っ, 同じこと, 同じだ, 同じよう, 固く陰干し, 国家社会の, 大いに違つて, 大きく統制主義, 失われて, 失われ姿, 安山岩なる, 少し佳い, 少し少く, 悪い方, 悪くは, 慓悍なる, 既に作者, 既に決定, 明かに, 春庵根一の, 本当な, 本然に, 松原真つ, 極く少い, 極めて黒く, 此年二十一歳で, 決して菊之丞, 清らかな, 漸次に, 潮に, 熱に, 理性にて, 生産地を, 申しぶん, 申し分ない, 申分ない, 畢に, 相違し, 秀吉も, 窒素を, 純粋蛋白という, 細胞が, 統制主義國家に, 羅紗の, 胃に, 至つてよろしく, 落ちたらしいね, 落ちて, 落ちるが, 薄弱に, 蘭軒と, 蝋に, 蝮蛇の, 血であろう, 裏に, 誤解せられ, 變つて單なる, 豊富に, 貯蓄の, 賢いが, 軟らかくて, 違うが, 違っても, 違つても, 重く感じる, 高いもの, 鮎の, 鹽類泉に

▼ 質~ (100, 3.0%)

3 なって, 量とが, 量との, 量とは 2 す, 澱粉と, 程度を, 脂肪と, 詩人の

1 [78件] いうよりも, いえば, いひいづれも, いひ絶對, いひ絶對我, いわれ宮中, この成分, されて, して, するとかいう, するとは, するに, せんには, その色彩紋様, である, なしその, なし一方, なし仁, なし即刻, なつてる, なり殊に, なるやう, まぎらわせなければ, みえて, みえまして, 一九四〇年代この, 一所に, 一致する, 云ふ, 価値とは, 共に並ぶ, 力と, 力とを, 化合し, 同じからず, 同じよう, 品等とを, 国力の, 威とを, 形との, 思うて, 数であった, 時にも, 東洋的の, 水準とに, 為し五年, 申人の, 男の, 相応し, 睨めッくら, 知りながら, 種類とを, 範囲に, 結びつけて, 置き換えて, 聞いても, 聞くが, 肉の, 肉類の, 脂肪とについて, 脂肪の, 脂肪は, 脂肪炭水化合物及び, 自然な, 行為の, 表現とを, 見えて, 見え直ちに, 通ずる故, 重みでは, 量, 量それを, 量と, 量とにおいて, 量とを, 長谷川氏と, 隱約の, 類似し

▼ 質~ (89, 2.7%)

7 あつた 2 今でも, 時々間違つた事

1 [78件] あたかも銃剣, あらうかと, あらねば, いつも籠っ, おられますが, けっして生, この間の, これを, ごくごく怠惰, その持ち味, それを, たまの, できた歯, どう口当り, なくして, にこやかな, ね, ふとっては, ほんのちょっとした交際, むやみに, やっぱりおまえ, らっしゃるから, エポックを, 一も, 丁度幕末, 三十九歳まで, 上げ下げが, 不屈な, 且つ宗教的, 二人の, 五十残の, 五歳六歳に, 以て, 何かと言, 八幡様寄の, 冬に, 冬は, 分散させ, 力業には, 又儀礼, 只みたいに, 商売柄にも, 四ツか, 子供の, 子供時分から, 学校へ, 尊大で, 年も, 彫刻の, 惚れて, 憂鬱を, 排水が, 様子振り悩まし, 沢山な, 泣かないが, 海水に, 滑か, 甚だ面倒, 田町の, 眼が, 社の, 神經質な, 私の, 細毛が, 自然一椀の, 舟の, 蒼ざめ怒り, 蒼白い額, 見るからに, 話の, 賑かなと, 赤座の, 身なり髪かたちも, 近所の, 随分敵, 隨つて封建時代の, 餅などに, 黒ずんだ醜い

▼ 質~ (59, 1.8%)

4 量も 2 良く水

1 [53件] あらくそれ, おいおいたかめられ, こういう刻々, さう言, すべて純粋な, そうだった, たいていは, たしかに野々宮君, なければ, やや脆く, よかった, よくその, よくて, よくまた, ナンバンカンゾウの, 一致し, 上等です, 他の, 凡庸で, 判らないまでに, 剛くそ, 同じで, 向上し, 吟味された, 堅く新しい手拭, 変わったの, 変化し, 変化する, 存じませんが, 害毒性も, 密度も, 悪くなりました, 惡く, 扱つてゐる, 極上ものでございます, 歴史とともに, 殆ん, 無いこと, 焼も, 立場も, 箱根の, 細かい砂, 結束も, 置けば, 美も, 色も, 装備も, 見えて, 豊富に, 軟で, 違うけれど, 違って, 野に

▼ 質~ (47, 1.4%)

3 のもの 2 である, であるか, なもの, に変化, に異

1 [34件] か量的, でありもし, であり計量, であるので, では, で次に, と呼ばれる, などの性質, な内容, にいつしか, にすぐれ, にすでに, にもう, に一致, に傾かざる, に分て, に大きい, に対立, に小説そのもの, に差, に新しい, に見, に適用, に間違った, のね, のインテンシチイ, のオルターネティヴ, のバーター, の容易, の差別, の思いつき, の点, の発展, の研究

▼ 質~ (37, 1.1%)

3 のだ 2 のだらう

1 [32件] がれの, ことが, のが, のだろう, ので, のでその, のでない, のでひ, のでぼんやり, ので承知, ので甲種合格, ので疲れた, ので近頃, ので間もなく, もので, んだ, んだろう, んでございます, んでしょう, んです, 剣法に, 声で, 女から, 岩に, 岩には, 照明まで, 皮膚には, 笑い方は, 笑ひ, 緑葉が, 部面に, 顔色の

▼ 質~ (36, 1.1%)

3 し何れ 2 がこの

1 [31件] から, からすぐ, からなる, からね, から今, から今頃, から生命, から目下, から美濃勢, から食える, が, が二重瞼, が働く, が朝廷, が柔弱, し住居, つたから, つたそして, ということ, というの, という話, とか蛋白質, とこう, としても發光, とみえ, と思いこん, と見へ, と赤髯, のに今, 恐らくは怪美人, 病身な

▼ 質では~ (31, 0.9%)

3 ない, ないが, なくして 2 あるまいに, なかった

1 [18件] あったけれど, ありますまい, ありませんでした, あるが, ご新姐, ないこと, ないその, ないので, ないわ, ない三次, ない彼, ない徳ちやん, なかつたから, なく阿修羅, 日本一と, 有るが, 無く其の, 紀元二千六百年の

▼ 質において~ (31, 0.9%)

1 [31件] この間に, ちが, まことに深刻, またいまだかつて, もっともっとどっさりの, やって, 一致し, 二三日し, 人絹が, 低下し, 優れたもの, 博奕を, 悪人ならぬ, 感謝すべき, 携ふ, 料理屋さ, 果して今日豊饒, 洗練しよう, 異うという, 異った, 異って, 百の, 真の, 社会主義的に, 種において, 米を, 総体的に, 色において, 進んで, 遙に, 高めねば

▼ 質として~ (27, 0.8%)

1 [27件] うそぶく, おる真田源次郎, お手, この城内, とりこめられて, はじめから, わしを, 人手には, 伊勢の, 余りに果敢ない, 信雄の, 全く同じこの, 勝家の, 収めて, 召捕って, 唐の, 差しよこす, 我らに, 既にその, 来て, 東下二諸, 残して, 直ちに徳川家, 禁錮し, 純粋でなく, 足を, 鎌倉へ

▼ 質である~ (23, 0.7%)

1 [23件] からすぐ, からそれ, からであろう, か等々, がこういう, が未だ, ことが, ことである, ことは, だけに母, だけ一層, のであまり, ので主人, ので二十三, ので今, ので叔母, ので近所, ので針仕事, のと, のにこの, ばかりでなく, 上に, 彼は

▼ 質~ (23, 0.7%)

1 [23件] が執念, が惱, であんな, でなくて, ではない, でも患つて, で左, とか神経痛, なの, にあらず, にあらぬ, には余程, に惱, に罹つた, に罹り, の婆さん, の疼痛, は病氣, は素より, も全快, を恐れ, を煩, 病みを

▼ 質~ (22, 0.7%)

8 して 3 しても 21 が老母, した, したが, しただ, しないで, しながら, し又, するやう, する時計ちく

▼ 質から~ (21, 0.6%)

1 [21件] いつても, きたもの, くる関係, して, 之に, 云ってさえ, 云っても, 云へば, 出したい着物, 出したところ, 区別され, 引かれて, 成って, 成る, 来る気分的, 綿入出し, 自分の, 草地の, 見ると, 見れば, 麦が

▼ 質~ (17, 0.5%)

2 荷重などとの

1 [15件] さかえ, その構造, ビタミンの, 両替の, 優雅な, 品第, 強弱や, 意味までを, 水分供給の, 温度その他の, 発露に, 脂肪や, 芸境を, 身体異常者, 量などに

▼ 質だった~ (14, 0.4%)

2 のです

1 [12件] から敢, から角兵衛, にもせよ, に相違, の, のであろう, のでご, のですぐ, のでなるべく, ので宿将幕官, ので恐ろしい, んだ

▼ 質とは~ (10, 0.3%)

1 いえないけれど, いちじるしい對照, まったく別, 何な, 大衆そのものの, 手にも, 手附金見本の, 新なる, 榮養上に, 相反する

▼ 質とを~ (10, 0.3%)

1 すべてとらへ, もって, 兼備する, 分離する, 失ったこと, 必要量とれ, 持つて, 知るには, 簡単に, 賦与され

▼ 質においても~ (10, 0.3%)

2 量においても 1 はなはだ非凡, まさにコナン, 他に, 多くの, 奉納の, 容易には, 必ずしも一致, 雛段を

▼ 質~ (10, 0.3%)

3 てみた 1 させたが, てしまった, て見た, て見る, よるの, 事が, 最後の

▼ 質です~ (9, 0.3%)

2 から 1 からひとつそれ, から水, から私, から雷見舞, がこいつ, が寿江子, けれども尊い

▼ 質でも~ (9, 0.3%)

2 なかった 1 ありました, ない, ないの, ないのに, なければ, なし散歩, 藩屏の

▼ 質なれ~ (9, 0.3%)

3 ば我が, ば長吉 2 ば御前 1 ば得意

▼ 質には~ (9, 0.3%)

1 いろいろある, そんなに差, よき吟味, 何等の, 入れん, 栄養価は, 深い関係, 贊し, 進入し

▼ 質的幾何学~ (9, 0.3%)

1 がある, が固有, との間, と空間, と考えた, は射影幾何学, は普通, を利用, を考察

▼ 質であった~ (8, 0.2%)

1 から母親, が次第に段々, それが, ために, とはいえ, と思い給え, のが, ので生れ落て

▼ 質について~ (8, 0.2%)

1 これ迄よりも, 屡々説, 沈思し, 考えました, 若干の, 複雑な, 語ろうと, 述べた事

▼ 質によって~ (8, 0.2%)

1 どちらかに, 味と, 大層味が, 柿の, 決るよう, 種類を, 結果される, 説明する

▼ 質ねた~ (8, 0.2%)

2 ものである, 方がい 1 そこで礦夫達, ときそれに対して, ところがそれ, ところが全国

▼ 質よりも~ (8, 0.2%)

1 まず量, むしろ量に, ダンテの, 分りよい, 文が, 見かけに, 量, 量でしょう

▼ 質~ (8, 0.2%)

1 からも甚だ, の自殺, の進歩, はさうでない, まさに妻女共有制, よりは觀念的存在者, 果して官府, 美しい草原

▼ 質~ (8, 0.2%)

1 たる御, として行っ, の子, の紀伊守之助, もお, をお返し, を召され, を無断

▼ 質撓拗~ (8, 0.2%)

31 という興味, 性そっくり, 性みたいな, 症, 症を

▼ 質~ (8, 0.2%)

2 意柔軟 1 でい, なる性質眉目, な陳述, 不文の, 意柔, 意柔軟一心欲見

▼ 質とが~ (7, 0.2%)

2 あって 1 あるの, しっかり一つ, どうも男, 増産されれ, 必ずしも同一

▼ 質との~ (7, 0.2%)

1 増産に, 懸隔は, 撞着が, 相互関係, 相異, 矛盾が, 観察によ

▼ 質~ (7, 0.2%)

2 が出来ない, して 1 ができない, が出来ず, をいそがない

▼ 質であり~ (6, 0.2%)

1 かつそこ, かつ地代, ながら金, また質, 先天性の, 稀に

▼ 質ねたら~ (6, 0.2%)

1 それは, もうこの, 彼も, 彼女は, 矢田部教授は, 返事は

▼ 質ねる~ (6, 0.2%)

21 とカオル, と出来る, 人が, 義務を

▼ 質兩替~ (6, 0.2%)

1 といふ商, の番頭, の組頭, は中屋, をやつ, を手廣

▼ 質~ (6, 0.2%)

3 にし 1 な口, を以てす, を尚

▼ 質~ (5, 0.2%)

4 て見た 1 てみた

▼ 質~ (5, 0.2%)

1 なれない質, 植物質かさえも, 考究の, 見て, 量かの

▼ 質にでも~ (5, 0.2%)

1 入れたいよう, 入れたんで, 入れて, 入れようかと, 預けて

▼ 質にまで~ (5, 0.2%)

2 変りが 1 あんまり八釜, そだって, 掘り下げ同時に

▼ 質への~ (5, 0.2%)

1 吟味や, 転化と, 転化及び, 転換だ, 飛躍は

▼ 質より~ (5, 0.2%)

2 見れば 1 いへば, 人氣で, 墨色や

▼ 質~ (5, 0.2%)

1 から形成, となり, となるであろう, の中心, は当然甚だ

▼ 質的変化~ (5, 0.2%)

1 という現実, との対立, を可能, を経, を遂げた

▼ 質的相違~ (5, 0.2%)

1 がある, が横たわる, と相互, なの, を無視

▼ 質あり~ (4, 0.1%)

1 この二質, とし, 翁独り高挙超脱夐然として, 翁獨り

▼ 質ある~ (4, 0.1%)

2 成功を 1 とに依り, 糧に

▼ 質さえ~ (4, 0.1%)

1 たしかなら構わない, まだよく知っ, 吟味すれ, 知れば

▼ 質でない~ (4, 0.1%)

1 ことは, ことを, とか言つて, 者が

▼ 質とか~ (4, 0.1%)

1 平常の, 種類を, 絞とかいふ, 肉の

▼ 質においては~ (4, 0.1%)

1 まさに大臣級, 一層深化, 全く一, 雲泥の差が

▼ 質にも~ (4, 0.1%)

1 かなりサビ, 入れずに, 富んで, 糊精という

▼ 質によ~ (4, 0.1%)

2 つてその 1 つて各, つて舞台の

▼ 質~ (4, 0.1%)

1 ぶちこんで, 入って, 入れて, 持って

▼ 質までが~ (4, 0.1%)

1 あながち同一, まことによく似た, 白光を, 都の

▼ 質子構え~ (4, 0.1%)

1 と称, におる, になんか来, の墻

▼ 質的向上~ (4, 0.1%)

1 と客観的, は一見批評性, は望ん, をもつ

▼ 質という~ (3, 0.1%)

1 かたの, のは, 言葉が

▼ 質としての~ (3, 0.1%)

1 ファンを, 色反, 評論を

▼ 質としては~ (3, 0.1%)

1 さう, 上々の, 素直で

▼ 質とに~ (3, 0.1%)

1 プライドを, 於て, 見られる必然的

▼ 質とも~ (3, 0.1%)

1 なす覚悟で, に無関心, に粗末

▼ 質にて~ (3, 0.1%)

1 テキパキ物事の, 好む唐辛子, 秋の

▼ 質に関して~ (3, 0.1%)

1 まことにわかり, 全く没交渉, 穀類中まことに

▼ 質らしい~ (3, 0.1%)

1 所が, 敷石はずれの, 色艶や

▼ 質両替屋~ (3, 0.1%)

1 です, とかへ縁, の若旦那

▼ 質~ (3, 0.1%)

2 に含まれた 1 に自ずと

▼ 質~ (3, 0.1%)

1 されれば, の方向, への方向

▼ 質即ち~ (3, 0.1%)

1 不純物を, 放縱, 腦神經等其物の

▼ 質受けし~ (3, 0.1%)

2 たり十余年 1

▼ 質壌土~ (3, 0.1%)

1 ではあり, の田圃, は荒壁

▼ 質月球~ (3, 0.1%)

2 を貫通 1 を貫かず

▼ 質~ (3, 0.1%)

1 といっ, は一年位, は益々

▼ 質的飛躍~ (3, 0.1%)

1 が含まれ, として之, の第一歩

▼ 質~ (3, 0.1%)

1 が如何なる, が操られ, を加

▼ 質あれ~ (2, 0.1%)

1 こそ曙覧, ども感動

▼ 質ぐさ~ (2, 0.1%)

1 に入れたなら, を抱え

▼ 質その~ (2, 0.1%)

1 日の, 純粋さから

▼ 質そのもの~ (2, 0.1%)

1 だけの持つ, も変っ

▼ 質だけに~ (2, 0.1%)

1 女の, 泣くだけしか

▼ 質だけは~ (2, 0.1%)

1 常に最上, 聞いて

▼ 質だつた~ (2, 0.1%)

1 がドリアン, が斯ん

▼ 質であっ~ (2, 0.1%)

1 て今, て宗教

▼ 質でした~ (2, 0.1%)

1 からかまわず, からただ量

▼ 質とで~ (2, 0.1%)

1 一貫され, 測定する

▼ 質とにおいて~ (2, 0.1%)

1 より貴重, 優りしこと

▼ 質なき~ (2, 0.1%)

1 こと是なり, 夢の

▼ 質などを~ (2, 0.1%)

1 溶かして, 研究する

▼ 質なりと~ (2, 0.1%)

1 いうべし, 説明せる

▼ 質についての~ (2, 0.1%)

1 報告批判が, 研究が

▼ 質については~ (2, 0.1%)

1 一言も, 西洋の

▼ 質にとって~ (2, 0.1%)

1 その交換条件, 内地へ

▼ 質になんぞ~ (2, 0.1%)

1 とっては, 置くもの

▼ 質まで~ (2, 0.1%)

1 さがります, 置いたと

▼ 質らしく~ (2, 0.1%)

2 近所の

▼ 質をば~ (2, 0.1%)

1 われその, 少しく分解

▼ 質をも~ (2, 0.1%)

1 粗悪粗忽に, 考え自分

▼ 質を以て~ (2, 0.1%)

1 生れたる元素, 親しく政

▼ 質一杯~ (2, 0.1%)

2 の酒

▼ 質両替油渡世~ (2, 0.1%)

1 のほう, をし

▼ 質~ (2, 0.1%)

1 君達, 踈者也

▼ 質入等~ (2, 0.1%)

1 に関するもの, の契約

▼ 質~ (2, 0.1%)

1 置いて, 置いてでも

▼ 質~ (2, 0.1%)

1 に昔, に歐洲文明

▼ 質厚く~ (2, 0.1%)

1 極めて柔軟, 緑色で

▼ 質及び~ (2, 0.1%)

1 その生産物量, それへの

▼ 質受け~ (2, 0.1%)

1 もしくは病気等, を頼んだ

▼ 質同じ~ (2, 0.1%)

2 からざるありと

▼ 質~ (2, 0.1%)

1 であったこと, になつて

▼ 質~ (2, 0.1%)

1 の方則, を非

▼ 質的内容~ (2, 0.1%)

1 をもった, を檢討

▼ 質的改善~ (2, 0.1%)

1 と基礎的教育, は俳優

▼ 質的整理~ (2, 0.1%)

1 から量的決算, と統制

▼ 質的昂揚~ (2, 0.1%)

1 がある, のある

▼ 質的発展~ (2, 0.1%)

1 の上, をとげ

▼ 質的発見~ (2, 0.1%)

1 はもはや, は一度

▼ 質的発達~ (2, 0.1%)

1 と共にその, はかく

▼ 質的直線~ (2, 0.1%)

1 とが区別, によって現

▼ 質的研究~ (2, 0.1%)

1 は必ずしも, をし

▼ 質的規定~ (2, 0.1%)

1 にまで既に, を有った

▼ 質的量的~ (2, 0.1%)

1 ということ, な貧弱さ

▼ 質確か~ (2, 0.1%)

2 なる形

▼ 質磐層~ (2, 0.1%)

1 というもの, といふもの

▼ 質脂肪含水炭素~ (2, 0.1%)

1 の三成分, の可

▼ 質請け~ (2, 0.1%)

1 の時計, をした

▼ 質軟弱~ (2, 0.1%)

2 にあり

▼ 質~ (2, 0.1%)

1 するの, と哀願

▼1* [267件]

あばたあり右, 質あるいは膜質を, 質いたしおいたところけさほど, 質いたすときて, 質かい姉さん, 質かさえもわからないの, 質かと鼻にて, 質かとも疑われる, 質かも知れない, 質からも素晴らしいもの, 質がちがつて, 質がよかつた, 質くどくて面倒臭い, 質さばやと思ふなり, 質さんという女, 質しあった儀について, 質しなく唯家中, 質じゃないが, 質じゃあないかい, 質すでに壊れば, 質する気力が, 質その他の相違点, 質それだけで, 質たるや, 質だけの生物が, 質だけを表わす言語, 質だったらしく兄や, 質だって支那出来の, 質やありません, 質っていうんです, 質づけられて居る, 質行かうか, 質でありまして医師, 質でありますから生活そのもの, 質であるならば昇汞, 質でいらっしゃるんです, 質でございましたが加減, 質でござる故その, 質でして連, 質でなけりゃなれないかもしれない, 質でなければ時候, 質といった方が, 質といふものは, 質とから大体四つの, 質とこそ思へ, 質とではやはり干潮, 質とでもいいましょうか, 質とによって推測する, 質とられて梓弓, 質など云同心也, 質ならば直ちに, 質なり彼は, 質なりとして評論する, 質なる文辭で, 質においてもというほどの, 質における大きな弱点, 質にさえ見えた悒鬱, 質についても千差万別である, 質にても動物の, 質にばかりよらないの, 質によっては真綿の, 質により気候の, 質によるものな, 質に関する問題で, 質ぬる声が, 質ねさえして, 質ねたい心持に, 質ねた後さてそれ, 質ねた所が彼等, 質ねた結果彼にとっては我々, 質ねの御意中, 質ねましたがまったく, 質ねましたらば子守, 質ねられて素直, 質ねるべきだと思う, 質のちがふも, 質のみが滲透的に, 質ほどたいがいかう, 質づしい行く手の, 質または利便の, 質もみぢめなもの, 質やの暖簾の, 質ゆえ気を鎮め, 質ゆえ親も及ばぬ, 質よく大魏, 質よりは先祖代々の, 質らしく見えるが信長, 質をまで兼備し, 質インクをつらね, 質前註説明, 質サンガ為メコヽニ会同シテ州内良民ノ名, 質シエクスピイヤが詩人, 質ノヨウニ痛ムノハ前カラノコトデレスリーノセイデハナイ, 質一人は甚だ, 質一割六分脂肪三割余鉱物質一分三厘水分五割二分から成り立っ, 質一字は学古, 質一層自然に, 質一文なしで, 質けで, 質上大に爲, 質上現在の社會, 質上高度や地形, 質世に充盈せりと, 質両替をやっ, 質両替商で四十一歳, 質両替屋近江屋治兵衛は観音堂, 質両替渡世伊勢屋に忍び入り, 質両替渡世近江屋治兵衛娘雛当年十八歳右尋ね当て, 質並びに量において, 質と申者御座候, 質乃至色調の, 質乍ら子は優良, 質二割余鉱物質一分六厘水分七割八分余から成立っ, 質二十匁脂肪九匁含水炭素八十匁位が適当, 質二界に棲む, 質互に融通する, 質以上に虚名, 質以上買ひかぶつて, 質以外の外, 質使をする, 質入土地境界婚姻損害賠償等の規定, 質兩替屋渡世伊勢屋に忍び入り, 質兩替金貸しなどは現金, 質八・六〇とあるは, 質内容の詮議, 質凝灰岩とかいふもの, 質出しの件, 質分子の構造, 質あり土形, 質剥蝕シ古色最モ愛ス可シ, 質合戦の心得, 質同一である, 質名玉山海を照らせる, 質商伊勢屋長兵衛方へ奉公, 質善良なるを以て, 質器具は食物其他, 質器具考説を見よ, 質を保つ, 質の発達, 質土壌の色, 質土壤の地, 質土質に従っていろいろ, 質堅牢にし, 質変化とかいう化学的根拠, 質居士は, 質ニ異, 質如何によるもの, 質子いま筑前の手許, 質子ひとりの処分, 質子不知哉丸を証, 質子授受の公式的, 質子松千代の首, 質子松千代様のお, 質子松寿丸をすぐ, 質子目付の眼, 質子邸は府中, 質は孺礼, 質学派とは人間, 質室専寿院から, 質で色, 質岩崎長世原信好か, 質帝隷居士百味の食, 質を開い, 質弱く分薄き, 質弱しと雖, 質微弱にし, 質少徴, 質心せきたるさまし, 質でそれ, 質性モシクハ神経痛ノ如キモノニ変化シテイル證拠, 質が能, 質慓悍で上長, 質憂鬱質神經質多血質の人間, 質所謂治世の好, 質にし, 質撲なるものに, 質斯性睾丸炎の夢, 質替えいたしましてご, 質體の, 質本位に考えるなら, 質柔肌態媚容冶常倫を絶し観る, 質植物質脂肪蛋白澱粉甘酸辛鹹という風, 質検査法を施し, 質じゃない, 質楽屋では可, 質概して狷介に, 質でその, 質の目的物, 質殊に味との, 質が入っ, 質気力亦頗る, 質氣力亦頗る, 質水晶の縄, 質氷河の性質等, 質になった, 質にし, 質物産屋の招児, 質特殊の生れつき, 質といふ, 質百十八瓦即ちおよそ, 質的レコードは破れない, 質的事実を掘り出し, 質的人口諸関係, 質的低下を示し, 質的個別に対しては歴史科学, 質的個別性とを区別, 質的前進に対応, 質的変換をなす, 質的展開の可能, 質的差異に関する判断, 質的平面性とこの, 質的幾何学射影幾何学と位置解析, 質的施爲を取る, 質的無限性とが結び付く, 質的特有性を引き出せるだろう, 質的特色を有った, 質的現象の周到, 質的転化というもの, 質的進歩と系統的発達, 質的高揚と転化, 質相反する様, 質よりも軽く, 質硝子ででき, 質硬く平滑で, 質神經質多血質の人間, 質によつて, 質ト武朴ヲ, 質粘板岩や角岩及硅岩, 質なり, 質美麗製作緻密實用に供する, 質肥大のよう, 質脂肪含水炭素繊維鉱物質の六者, 質脂肪炭水化合物これにカルシウム, 質脂肪蛋白澱粉甘酸辛鹹という風, 質脂酸のごとき, 質ク破損シ易イ, 質脆くして, 質芦洲芦総芦寿賀らが残っ, 質花崗岩より片, 質芸量のさ, 質莫尼が出る, 質も類焼, 質で薄弱, 質虎皮は恥也, 質衆牛にぬきんで, 質のスフィンクス, 質製法形状紋樣等を對照, 質見えざるが故に, 質見世伊勢新の番頭, 質請するとか, 質力の, 質足袋何文顔うす黒い質, 質転換の弁証法的連関, 質近松が詩人, 質遺伝の問題, 質がすでに, 質郎居で雑草句会, 質は食用, 質酵素単糖類脂肪, 質重罪の行い, 質さ高, 質集塊岩の美事, 質の形, 質験するなし, 質骨化に伴う, 質黒条の虎, 質黒章鋸牙鉤爪鬚健にし