青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「達し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

道場~ ~道徳 道徳~ 道楽~ ~道理 道理~ ~道路 道路~ 達~ ~達し
達し~
~達した ~達する 達する~ 達者~ ~違 違~ ~違い 違い~ ~違う 違う~

「達し~」 1621, 18ppm, 6516位

▼ 達し~ (1014, 62.6%)

88 いた 69 いる 30 いるの 20 いない 17 ゐた 15 いて 14 いると 13 いること 11 いたの, いないの 10 いなかった, ゐる 9 ゐない 8 いるので 7 いたが, ゐるの 6 いたという 5 いたと, います, いるが, いるという, いるもの, いるよう 4 いるから, きた, ゐたの, ゐると, 居る 3 いたから, いたので, いないと, いる事, それが, みると, ゐないこと, 居ります

2 [45件] いたもの, いたらしい, いても, いないこと, いないもの, いないん, いなければ, いますが, いるらしくしかも, いるわけ, いる人, いる所, いる点, いれば, おいた, おります, おりますが, おる, おれば, くれるの, しまいました, しまった, しまって, しまつ, しまふと, やること, ゐたが, ゐて, ゐないの, ゐます, ゐるか, ゐるにも, ゐるのに, ゐる点, 一も, 一種の, 何, 始めて, 居た, 居たと, 居て, 居るので, 得意に, 悟りを, 親孝行で

1 [505件 抜粋] あった筈, あらゆる分派, あらゆる力, ありますから, あるいは謝罪広告, あるしな, あるそう, あるの, あるはず, いさぎよく官, いたかを, いたけれど, いたけれども, いたこと, いたため, いたであろう, いたでは, いたとき, いたところ, いたならば, いたのに, いたはず, いたよう, いたろう, いたわれわれ, いたフロレンス, いた人, いた婆さん, いた家内, いた彼, いた所, いた時代ヒンドスタン, いた時分, いた貴族政治, いた陶弘景, いた頃, いないから, いないからに, いないが, いないという, いないならば, いないのみか, いない事, いない壁, いない年頃, いない教育予算, いない時, いない証拠, いない読者, いない諸, いなかったため, いなかったの, いなかった妹たち, いは, いまこそ, いました, いまして, いまだ, いやしくも絞り取りうる, いよいよ曠, いよう, いられた, いるうち, いるか, いるかという, いるかの, いるかを, いるくせ, いるぜ, いるその当の, いるそれ, いるだけ, いるつまり, いるであろうと, いるでしょう, いるところ, いるとは, いるとも, いるには, いるにも, いるに対し, いるのに, いるのみ, いるのみに, いるばかりか, いるものの, いるや, いるらしい, いるらしく見えた, いるりっぱ, いる上, いる事態, いる二人, いる人びと, いる人間, いる何, いる創底, いる国, いる字体等, いる宍戸梅軒, いる小さい, いる年長者, いる彼, いる彼ら, いる支那, いる政治家, いる文明, いる方, いる最中, いる淑女, いる理論的, いる男, いる知識人, いる程, いる筈, いる者, いる賢人, いる道庵, いる黒い, おいたほう, おいた従って, おいた松寿丸, おいて, おいで, おきますが, おく, おく事, おけ, おこう, おったの, およろこび, おらな, おらぬの, おられて, おられないこと, おられます, おられますあなた様, おられますので, おられるお方, おられるが, おられるという, おらんから, おらんです, おりしたがって, おりすなわち, おりその, おりました, おりまして, おりますの, おりません, おりワイズミュラー, おるから, おると, かえって内, かつは, きたと, きたという, きたとき, きたところ, きた圓朝, きます, ぎらぎら光る, くり返しくり返し執拗, くれた, くれたの, くれて, くれば, くれる, くれる小間使い, ここに, こなかった, この上, この型, この高尚, これよりは, これ以上には, ございと, さぞ満足, さっさと次, さらに三河国奥山明神, さらに驚きぬ, しかもいまだ, しまう, しまうと, しまうの, しまえば, しまおうかと, しまった余, しまふの, すぐ歸, そこで初めて, そこの, そして私, そして通り越し, そのため, その思想, その早熟, その本, その範囲, それから, それらが, それらの, それを, それ以上に, ただちに, なお自ら識覚, なお足りない, なかなか江戸, のちの, のれん分けを, はいますが, ひとまず完結, まいりますから, まず平均, また二階, また農家, まるで私刑, みて, めでたく調印, もうこうなったら, もしどうかし, もらいたい君, やって, やっと法律上, やつた, やるの, ゆくの, より道, ゐたので, ゐたらうと, ゐたらしい, ゐた事, ゐた人, ゐた圭一郎, ゐた所, ゐた様, ゐた筈, ゐた頃, ゐた養子追放, ゐないうち, ゐないけれど, ゐないと, ゐないやう, ゐない程, ゐない証拠, ゐなかつた, ゐなかつたので, ゐながら, ゐますかな, ゐるかの, ゐるからと, ゐるし, ゐるため, ゐるといふ, ゐるといふだけ, ゐるとは, ゐるに, ゐるもの, ゐるやう, ゐるらしい, ゐるフランス文学者, ゐる人達, ゐる唯一, ゐる大人, ゐる姿, ゐる必要, ゐる最中, ゐる相, ゐる自分, ゐる若者, ゴロンと, スワと, スールー海に, セイバン先生の, 一度などは, 一望する, 一般の, 一言の, 一路信念の, 三十の, 三日程の, 下さい, 世の中へ, 世継ぎの, 久しく水底, 久里浜行の, 九州へ, 了った, 了ふ, 二人は, 亡くなられたが, 亡者に, 人間の, 今やわが, 今年の, 今度こそ, 今日では, 今頃は, 仕舞った, 仕舞つた, 仕舞は, 仮令表, 休憩, 会津を, 体の, 何を, 何十羽施術し, 何時橄欖島に, 來た, 來ました, 停止に, 傾きはじめたが, 其儘石楠の, 其思想が, 其處に, 再び日本, 再三, 出るまでは, 出仕の, 初めて花, 別れた, 別れて, 加うる, 努力する, 北ドイツ平原に, 博士が, 印度へ, 双眼鏡を, 召し還された上, 同時に幾家, 吹きまくって, 吾, 呉れ, 喜びましたが, 四方を, 四方見晴らしの, 城中の, 壁の, 壮年者の, 多くの, 多景島から, 夢中に, 大和と, 大鼾, 天人に, 天子と, 如実に, 妻に, 妻の, 始めて腰, 学問修業と, 完了する, 室戸岬測候所の, 宮城の, 宿りぬ, 小樅, 少年時代の, 尚も雪, 尾根の, 居たといふ, 居たの, 居たので, 居つた, 居つたが, 居つたこと, 居つたので, 居つて, 居ない, 居なかつたから, 居なかつた其の, 居ました, 居らない, 居らぬ, 居らぬから, 居らぬの, 居りながらも, 居ります社殿, 居り從來, 居り留まつ, 居るが, 居ると, 居るとか, 居るの, 居る事, 居る人々, 居る娘, 居る時, 居る椰子林, 居る歳, 居る男子, 居る相, 居る者, 居る而, 島の, 川上機関大尉と, 左に, 差しつかえなきはず, 帰って, 帰れば, 帰宅し, 干城に対し, 幹が, 彼の, 彼女は, 彼等の, 後には, 御製と, 徳川慶喜は, 忽ち一ツ, 恐縮の, 恥を, 悧巧過ぎ, 意気未だ毫も, 意氣未だ, 感じたものの, 戻って, 戻りかけると, 手を, 手段そのものから, 指図の, 振り返れば, 放火攪乱殺戮の, 日本人自ら内部の, 早く済みましたら, 暖かい日, 暫く立っ, 月桂冠を, 来た時, 来て, 来ると, 来訪せられし, 東都医学館の, 森可, 止め度も, 武家の, 歸つてし, 死んだ, 殆ん, 殊にお茶, 比較する, 気持ちが, 水に, 渡邊さまから, 滞在数月帰航の, 濠を, 瀬や, 犯人が, 独立の, 猪の, 画学音楽唱歌体操等を, 白痴でなく, 直ちに筆, 石に, 破ること, 破裂し, 社會の, 社會上の, 神と, 神を, 禄十九石を, 私達二人は, 秋暑, 秘密の, 積雪と, 竹川町西裏町に, 終りかける時, 終る, 罪の, 而も, 脚どり, 脳が, 自分よりも, 自分一人で, 自由意志を, 茶を, 衰減状態である, 西村旅館に, 見えなくなった, 見ると, 見れば, 詩が, 警視庁と, 譲つてや, 踊る様, 躍り狂う人, 退職し, 通風窓から, 遂にかくされ, 運動が, 道が, 道を, 道樂が, 部屋の, 金の, 鍾馗の, 隣同士の, 雪の, 静かに, 非常に, 鼾き

▼ 達しよう~ (43, 2.7%)

21 とする 8 とした 5 とし 1 が天, というの, という策動, としてゐる, として争うなら, として努力, として十, として夕日, とするなら

▼ 達しその~ (22, 1.4%)

1 [22件] ような, 上に, 上には, 中央は, 十二宮の, 大きさ, 実体いかんを, 寡婦火の, 年代古き, 広さ, 時左に, 梯子を, 父を, 直立せる, 祈祷が, 筋の, 結構の, 色緑と, 葉には, 葉を, 門閾の, 餘澤は

▼ 達しても~ (22, 1.4%)

1 [22件] いた, その習慣がさ, その見解, なお労働問題, ばさばさした, またはいかほど, わりあ, 作家としての, 依然発育, 動いて, 容易に, 小学校へ, 心して人間的, 服さないの, 消えなかつた, 父母在す, 男子は, 空気が, 精神とは, 雨天に, 頂上までは, 駅へは

▼ 達し~ (18, 1.1%)

3 あった 2 あつた

1 [13件] あったから, あったので, あって, ありめでたく, あり田丸, やかましい, 俄かに, 出た, 届いて, 明け方まで, 来たが, 来て, 私の

▼ 達し~ (16, 1.0%)

1 [16件] やって来た万事, 依つて, 入った, 参りました, 参りますゆえ, 外へ, 後架へ, 来た者, 歩いて, 相成候由, 立って, 行く, 行くの, 行こうと, 行った, 行って

▼ 達しながら~ (11, 0.7%)

2 百人長の 1 まだあの老, 今の, 僕は, 唯見ます, 子という, 小窓, 或る, 碌々として, 而かも

▼ 達しこれ~ (8, 0.5%)

2 を発行 1 ではならぬ, を代々子孫, を貴国王, を赤十字社, を踏む, を防衛

▼ 達したり~ (7, 0.4%)

32 とせむ而も 1 とせむ事頗危險なる, 降り坂

▼ 達してから~ (7, 0.4%)

1 である, ですくなくとも, 一匹が, 上の, 出て, 手を, 英介の

▼ 達しまた~ (7, 0.4%)

2 東西には 1 使いも, 分析する, 命令する, 旧日, 自身の

▼ 達しては~ (6, 0.4%)

1 いかに猛勢, いけないなどという, いない肺病, 何を, 居ないけれども, 技を

▼ 達しがたい~ (5, 0.3%)

1 ことも, この現実, しかも外見, と思はれる, 境地の

▼ 達ししかも~ (5, 0.3%)

1 その原因, 全身電波の, 少年期の, 彼らの, 普国の

▼ 達しそこ~ (5, 0.3%)

2 において精神 1 から西ノ沢, で止まった, に至る

▼ 達しそれ~ (5, 0.3%)

1 から三万メートル, から徳川期, が更に, が然るべき, よりし

▼ 達しつつ~ (5, 0.3%)

1 あつた, あるでは, あると, あるという, ある事

▼ 達してを~ (5, 0.3%)

2 ります 1 らぬ, りません, る時ぢ

▼ 達し~ (5, 0.3%)

1 しもこの, では我國, にし, の職務, ははや

▼ 達し得ら~ (5, 0.3%)

1 るべきはず, るべく豫想, るるであろう, るるでしょう, るる道筋

▼ 達しこの~ (4, 0.2%)

1 一年間だけで, 属の, 形式は, 自由を

▼ 達しさらに~ (4, 0.2%)

1 かしこくも, 椽を, 渓間を, 進みて

▼ 達しそれから~ (4, 0.2%)

2 勾配の 1 ゴブランの, 卵子が

▼ 達しない~ (4, 0.2%)

3 深みにおいて 1 境に

▼ 達し~ (4, 0.2%)

1 あつた, ありし時, あるまで, ことが

▼ 達し難き~ (4, 0.2%)

1 ものに, ものは, を観る, 感情の

▼ 達しがたく~ (3, 0.2%)

1 単に額, 思われたが, 測知

▼ 達しそう~ (3, 0.2%)

1 だ, だった, になかっ

▼ 達したる~ (3, 0.2%)

1 を彼, を真, を見

▼ 達し~ (3, 0.2%)

1 あつた, ござりまし, 書き出されたの

▼ 達し~ (3, 0.2%)

1 しないけれど, しまいと, 内管領ひとり

▼ 達し~ (3, 0.2%)

1 ですこし, 総督府からの, 総督府参謀からの

▼ 達し~ (3, 0.2%)

2 の梯 1 は理想

▼ 達し再び~ (3, 0.2%)

1 但ある, 太平洋岸に, 零に

▼ 達し同時に~ (3, 0.2%)

1 漱石の, 特別の, 英幕講和が

▼ 達し~ (3, 0.2%)

1 はもう, を下げ, を回し

▼ 達しかく~ (2, 0.1%)

1 て其火, 汝の

▼ 達しここ~ (2, 0.1%)

1 ににわかに, に暫く

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 うもなく十五六, してやること

▼ 達しすぐ~ (2, 0.1%)

1 その刀, 実施した

▼ 達しそこで~ (2, 0.1%)

1 初めて山梨県, 明白な

▼ 達したりと~ (2, 0.1%)

1 称せらる, 雖なほ各種の

▼ 達してからの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 君の

▼ 達してこそ~ (2, 0.1%)

1 われ, 真の

▼ 達しでも~ (2, 0.1%)

1 しそう, 門外へ

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 ので吾, んでおまけ

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 せずと, せぬ捜査官

▼ 達しベアトリーチェ~ (2, 0.1%)

1 の己, まづダンテ

▼ 達し一方~ (2, 0.1%)

1 は山陰, は西海岸

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 届に, 覊独立もっ

▼ 達し俳句~ (2, 0.1%)

1 が再び, を学べ

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 て妙解院殿, へと仰せられ

▼ 達し其の~ (2, 0.1%)

1 実力及び, 實力及び

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 此地ニ公儀御, 画流を

▼ 達し同族中公~ (2, 0.1%)

2 の言動

▼ 達し平和~ (2, 0.1%)

2 を愛し

▼ 達し彫心鏤骨~ (2, 0.1%)

1 の技巧, の技巧實

▼ 達し後者~ (2, 0.1%)

1 はなほ, も亦

▼ 達し得可~ (2, 0.1%)

2 しと

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 を遂げる, 昂り砂漠

▼ 達し~ (2, 0.1%)

2 の空

▼ 達し易い~ (2, 0.1%)

1 かまた, 此頃の

▼ 達し~ (2, 0.1%)

2 の高踏派

▼ 達し次に~ (2, 0.1%)

1 グラシエールの, ベアトリーチェの

▼ 達し猛然~ (2, 0.1%)

1 たる勇気, たる勇氣

▼ 達し破竹~ (2, 0.1%)

2 の勢い

▼ 達し~ (2, 0.1%)

1 に復讐, の使者達昇降

▼ 達し遂に~ (2, 0.1%)

1 勅裁をもって, 同年十月を以て

▼ 達し道路~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ 達し難い~ (2, 0.1%)

1 ことだけは, のでザクセン方向

▼1* [278件]

達しあたかも棒の, 達しいざ建塔といふ, 達しいにしえの蕭何, 達しいまお話ししなければ, 達しうるかということ, 達しがたい高い芸術的な, 達しけむ頃吹き下す天風, 達しこれから下り坂, 達しこんなものは, 達しさうだつた, 達しさうになつたので, 達しさえすれば, 達しさまざまに形, 達しじっと息を, 達しすることが, 達しそしてチベットの, 達しその他これに伯仲, 達しそんな時は, 達したまへるありがたき, 達しということ, 達しついには人丈, 達してからは性器を, 達してさえいれば, 達してという八日か, 達しではその藩, 達しとりわけ剣術は, 達しと共に一戸から, 達しどこで終る, 達しながらも最後には, 達しなくって了, 達しなほ遠くは琵琶溜, 達しなまじ好い加減な, 達しなんとかして, 達しにくくなるの, 達しまず御判物, 達しまであった, 達しもとのソケット, 達しもはや打開の, 達しやうとして十, 達しやがて衰微すべき, 達しゆっくり冷えて, 達しようやくそのカタストローフ, 達しよう筈はない, 達しした, 達しアジア大陸の東端, 達しカタストロフィに落ち, 達しガンジスインダス河より北インド, 達しゴルフリンクの見晴, 達しサーベルの平打, 達しニイチェの高, 達しフランス銀行やプティー・ペール兵営, 達しフリードリヒ大王は正しく, 達しベッサラビヤクリミアその他の蒙, 達しポイントバローを廻っ, 達しマッセナに命令, 達しミネソタ州においては巡回書庫, 達し一々それを, 達し一夜に医療費, 達し一日に一億万円前後, 達し一旦神田上水の, 達し一脈の詩味, 達し七人を召さる, 達し万吉郎はいよいよ, 達しも伸び肉, 達し三時入港す, 達し三百の諸侯, 達し上層で出来た, 達し且水勢が強い, 達し両親と叔父叔母, 達しには極めて, 達し中央天文台から全, 達し事實上大唐天子, 達し互いにその幸い, 達し五十億もの償金, 達し五十句に達し, 達しに物, 達し人民溝壑に轉ずる時, 達し人間の言葉, 達し今にも陥没する, 達し今や盛に, 達し他者を所有, 達し仙台河岸へ船, 達し住民らと手眞, 達しの天主台の下, 達し候ことをしらせぬ, 達し候わば五十艘, 達し候事と存じ, 達し候後同志より未だなんとも, 達し候得共是れ皆, 達しは一命, 達しづこれなら世間, 達し先づ誕生寺に詣, 達し全員を以て山全体, 達し八年にし, 達し八時に梓山, 達し八月の半頃, 達し八百フィートくらいまではほぼ, 達し公的生活によりて私情私慾, 達し其上厚さ, 達し其乘員の舷門, 達し其処から尾根, 達し其城主等が心, 達し其處で電光艇, 達し其門前にて余等二人, 達し内容のない, 達しむるであらう, 達し利根川の本流, 達し前途暗澹たるうち, 達し前途殆んど, 達し力衆に超え, 達しはベーリング海峽, 達し北上して, 達し十一日に裁可, 達し十五代将軍となる, 達し十幾はいか, 達し千番に一番, 達し千辛万苦の末二十七日, 達し南西の方向, 達し博士にお, 達し又は權勢を, 達し及ぶ所広く, 達し受信器に感じ, 達し可立帰若又, 達し台所で料理用, 達しして, 達し同じく死と, 達し同所を発する, 達し名誉に飽き, 達しの一編, 達し和歌所において九十賀, 達し善後の処置, 達し困難な問題, 達し国民は相次い, 達し土地の者, 達し地方人の都下, 達し堪えがたいまでに募った, 達しのそ, 達し変化の術, 達し夜々の痛苦, 達し爆撃を, 達し大祭の提灯行列, 達しより戸倉, 達し奇特に思召, 達し奥仙丈山の最高点, 達し奥女中を経, 達し妖僧護持院隆光の言語道断, 達し実隆の耳, 達し家格にもよる, 達し容貌もいい, 達し富田三秘の剣, 達し将軍家斉は源頼朝, 達し小憩して, 達し小田原は町, 達し少し上って, 達しお下る, 達し屹度おとがめ, 達し崩壊の危機, 達しの口一ぱい, 達し布教どころでは, 達し幾度も上下, 達し庭木は形, 達し康有為氏に会し, 達し延徳二年以前の分, 達しの恵, 達し当面の判断, 達し彼等は三度目, 達し往事を追憶, 達し従四位下少将まで進んだ, 達しはしない, 達し得がたかったとは, 達し從つて定價, 達した犬, 達し安んず, 達し悲しみをあらわす, 達し成年服を着くる, 達しひは, 達し或いは底を, 達しする人物, 達し技術も完成, 達し拝殿にも上らず, 達し拝謁するとき, 達し捕虜を解放, 達し支配人に発見, 達し改革の余地, 達し文化以後に及び, 達し新富市村千歳の三座かけ持ち, 達し日光方面に至る, 達し明応七年十一月には禁裏, 達し易きジエノワを, 達し昔日の不興, 達し更に三十分の後ロアルと, 達して底止, 達し朝夕は馬, 達しに向っ, 達し東峰を後, 達し極地にすえられた, 達し構内をあふれ, 達し機関の馬力, 達し正宗菊松をつれだし, 達し此慾の為, 達し此旅行も恙, 達し歳末や四月, 達し殆ど四倍強の多き, 達しを打った, 達し江戸一の大富限者, 達し法律慣習が大いに, 達し法華経に従ってその, 達し浅草十二階の三倍, 達し浦島子の船, 達し海路一文字に伏木, 達しをしぼらね, 達し涼風をはらみ, 達し淀屋の独楽, 達し満悦不過之候決而, 達し漸く頭を, 達しを放つ, 達し熟練を極め, 達しは両方, 達しに大, 達しに食われた, 達し猫又川を下り, 達し生前の好意, 達し生活に安んぜざる, 達し甲板上に横臥, 達し畿内を経, 達し登山者のみならず, 達し百句に達する, 達し相当のところ, 達し看病薬湯の霊効, 達し着彈距離を測る, 達し石舟斎が研鑽, 達し礼拝所にはいり, 達し社會が自然, 達しの唇, 達しにかけては甲府城, 達し竜バミ谷を甲州方面, 達し九輯巻二十一の, 達し三千台の, 達しの如く分れ, 達し終に全ヨオロッパ, 達しを引きおろし, 達し置度事も在, 達し翌朝は一同, 達し聖福寺の東瀛禅師, 達しはざる, 達し脩徳開智鄙吝の, 達し自然と人間, 達し自由自在互いに人, 達し著述中には見るべき, 達しの衣裳, 達し藤堂隊を迎え, 達し衷心より出, 達し観賞品愛玩品を製作, 達し越軍の最右翼新発田隊, 達し足軽を出し, 達し輝きの自体, 達し辱くも御上より御, 達し進取の気風, 達しかにソコトラ島, 達し醍醐山科比叡山雲母坂より大石, 達し陳留王を立て, 達し難く左り, 達し難し大腸に, 達しの連山, 達し電子の大き, 達し青蒼の林, 達し慮し, 達し面目この上, 達し音楽も愛し, 達し順序よく昇進を, 達し顕然たるべし然, 達しのたてがみ, 達しを破つ, 達しに武者振り, 達しの長, 達し魚函のなか, 達し黒部源流に下り, 達しの口評定所