青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「達~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~道具 道具~ 道場~ ~道徳 道徳~ 道楽~ ~道理 道理~ ~道路 道路~
達~
~達し 達し~ ~達した ~達する 達する~ 達者~ ~違 違~ ~違い 違い~

「達~」 29386, 317ppm, 304位

▼ 達~ (8261, 28.1%)

55 それを 37 自分の 26 私の 20 顔を 19 私が 18 一斉に 17 何か, 何を 16 声を, 彼の 15 自分達の, 黙って 14 お互に, 私を 13 急に 12 それに, 手を, 此の, 私達の 11 ここで, これを, それから, 口々に, 非常に 10 いずれも, 何も, 口を, 皆な, 驚いて 9 いつまでも, それが, 之を, 家の, 彼等の, 目を 8 そこで, そんなこと, 一緒に, 眼を, 長い間 7 さう, そこから, そこに, 一様に, 今まで, 彼女の, 自分で, 誰も

6 [14件] こ, すぐに, そんな事, どこへ, 一つの, 今度は, 何が, 何の, 夫, 妙に, 少しも, 彼に, 急いで, 自分が

5 [27件] お互, お前の, きつと, これらの, こんなこと, しばらくその, すつかり, その夜, それで, そんな風, どれも, どんなこと, ほんとうに, 二人の, 二階の, 今日の, 例の, 先生の, 各々の, 奥の, 彼が, 彼を, 或る, 手に, 父の, 生きて, 誰を

4 [57件] この, そのま, その家, その日, その辺, それぞれの, それらの, それ等の, どうする, どうなる, びっくりし, みんな, もつと, 丘の, 二つの, 人の, 今度の, 今日は, 何でも, 何時迄も, 何者だ, 俺を, 俺達の, 出来るだけ, 外へ, 大喜び, 大急ぎで, 子供の, 家に, 家へ, 寺の, 山の, 庭の, 彼等が, 後から, 息を, 手分けを, 旅の, 日本の, 死んで, 殆ん, 母の, 湖水の, 無言で, 直ぐに, 知って, 胸を, 自分を, 自動車で, 良寛さんを, 花の, 足を, 逃げて, 部屋の, 酒を, 顏を, 食事を

3 [108件] おまへの, このよう, この時, この点, これに, じっと眼, すぐお, そういうこと, そうし, そこの, そこへ, その, その中, その前, その時, その男, その翌日, その間に, それに対して, どこから, どんなにか, なんの, もうこの, よくそれでも, ホテルの, 一も, 一人のこらず, 一人も, 一時に, 並んで, 主張する, 二人で, 二階へ, 云った, 云って, 云つた, 互いに顔, 人間の, 他の, 仰天し, 仲, 何よりも, 何時でも, 何處に, 切符を, 別れた, 別れなければ, 力が, 力を, 右に, 各自に, 同じよう, 吾, 喜んで, 塔の, 女の, 始めて, 学校に, 宿の, 山を, 席を, 帰途に, 当が, 彼女が, 彼等を, 後の, 怖ろ, 思って, 悲鳴を, 愉快に, 懸命に, 我々が, 我々の, 揃って, 明日の, 昔の, 暫く黙っ, 朝の, 民藝の, 民衆を, 気が, 永久に, 永遠に, 汽車を, 煙草を, 熱心に, 父さんの, 狂人の, 盛んに, 目の, 真暗な, 磯の, 私に, 窓に, 答えました, 肩を, 腰を, 船に, 蟻の, 行列を, 親の, 誰の, 身に, 遠慮し, 雪の, 静かに, 非常な, 頭を

2 [512件 抜粋] あなたが, あなたの, あの山, あの時, あまりに乞食ら, あまりの, あらゆるもの, ある地方, ある岡, いきなりそこ, いきり立ちました, いつでも, いつまで, いつもそんな, いは, いよ, いろいろな, おどろいて, お前が, お前達の, お麗さん, ここから, ここに, ここを, こそこそと, この上, この先, この勤労生活, この年, この意味, この河原, この男, この辺, この頃, これで, これまでは, こんな話, さすがに, さっきから, しばらくは, しばらく無言, しるまい, そちらへ, そのこと, そのよう, その下, その内, その化け方, その場, その娘, その山, その感覚, その憂鬱, その方, その旗, その朝, その村, その瞬間, その穴, その美しい, その良人, その話, その音, それだ, それについて, それによって, それの, それまで, そんな本, そんな話, だまって, だれでも, だん, だんだんと, つと右, とりとめも, どういう身分, どうかする, どうした, どうしたろう, どうしていい, どう思う, どこかの, どこに, どこの, どこへでも, どこまでも, どちらから, どちらからとも, どちらも, どっちの, どんなに狼狽, なにほど, なまじ古典, ほかの, ほっとした, まあどんなに自分, まさしく無垢, ますます強く, またも, まだ何, まるで蓮, みな眼を, みんなあの, めい, もう皆, もう自分, もっと痩せなけれ, やっぱり風景, やつと, やや失望, ゆつくり, よく私, アスパラガスの, アトリヱを, イエスを, イエスを以て, キャラメルを, セエラを, ドッと, バラバラと, ホッと, マーガレットの, モオパッサンの, リストの, ロングビイチの, 一ぺんに, 一人として, 一人の, 一体何, 一刻も, 一勢に, 一度に, 一時間に, 一晩の, 一生懸命で, 一齊に, 万一を, 三人の, 三日も, 下の, 不思議な, 不思議に, 不自由な, 世間の, 丘を, 中国国民そのものとは, 中軍の, 主人の, 久し振りに, 久光を, 乗客の, 争って, 事件の, 事毎に, 二人きりで, 二人を, 二階に, 互いに眼, 互ひ, 人に, 今その, 今の, 今日を, 今迄, 何うし, 何かの, 何し, 何だって, 何と, 何と云, 何にも, 何もかもが, 何故に, 何故裸体, 何等の, 侯爵の, 俄かに, 俺の, 停車場へ, 僅かに, 僅に, 僕を, 元々私, 元気よく, 兄を, 先き, 先へ, 兎に, 全力を, 全部奥の, 全部書類を, 其の時, 其処で, 其方に, 内心驚いた, 内蒙, 冬の, 出た, 出て, 初の, 初めから, 勢よく, 南に, 去勢された, 又, 又暫く, 口が, 口ぐちに, 同じく同じ, 向うの, 向うへ, 呆れて, 呆気に, 呑気な, 命の, 命を, 哲学を, 喜んだ, 喫茶店を, 噴水の, 四人で, 土地の, 地球の, 堯の, 場所柄の, 外の, 外国の, 多くの, 夜の, 夜汽車で, 夢の, 大いに喜ん, 大きな声, 大声を, 大抵の, 大真面目, 天下の, 失望し, 奇声を, 奇妙な, 如何に, 妹や, 妻の, 嬉しそう, 子を, 子供を, 学ぶこと, 学校の, 学校へ, 安らかな, 安心し, 定めしこの, 実際美しい, 容易に, 寝坊を, 小さな筏, 小屋の, 少しあわて, 居るの, 工場を, 工藝の, 己斐に, 帰って, 平和な, 平常文字, 幸福だ, 幸福です, 幾度か, 幾度も, 床板に, 店先に, 庭に, 庸之, 廣い, 弁当を, 弟の, 当惑した, 彼女と, 彼女達の, 彼方此方に, 待って, 心から吉野, 心を, 必要に, 思ひ, 情熱の, 愉快だ, 意外な, 愕然として, 愛の, 感心し, 感心した, 慌ただしく渺々, 慌てて, 憎みは, 我先にと, 折に, 政府の, 救はれた, 文章を, 斯う, 斯の, 斯んな, 新しい住職, 日暮に, 日本に, 早くも, 明るい街, 昨夜の, 是れ, 昼すぎまで, 暗然と, 最後まで, 月に, 朝から, 朝早く, 朝早くから, 朝鮮から, 期せずして, 本當, 村の, 村長の, 来て, 東京の, 東門の, 林の, 楽しそう, 次々に, 次第にこの, 歓声を, 此処から, 此処で, 歩いて, 死ぬの, 母屋の, 母親の, 母親を, 毎日の, 水を, 水族館の, 水族館を, 水瓜を, 永い間盲目, 江戸の, 決して今, 河野の, 泣き叫ぶ邪鬼, 泥棒だ, 流言浮説を, 海岸へ, 涙の, 渦巻の, 湖の, 焚火を, 無理に, 無言の, 煙草屋の, 父と, 牛の, 牧夫に, 牧夫の, 物も, 物置の, 猿の, 珍らしく, 現代が, 現在の, 生意気だ, 生活の, 甲州の, 町の, 異様な, 病的に, 皆, 皆じいっと, 皆その, 皆で, 皆んな知つて居ます, 皆ゴロゴロ, 皆一様に, 皆巧みに, 皆死んだ, 皆疲れ, 皆目を, 皆私を, 皆笑つた, 皆集まっ, 盛に, 相変らず, 相当の, 相手に, 相談し, 真白な, 眠りこけてでも, 着物の, 知った, 知つた, 知つてゐる, 知らないの, 確かに, 確に, 私と, 私達で, 秋まで, 種々な, 窓の, 立ちあがるや, 立ち上った, 立派な, 立派に, 笑いながら, 笑ふ, 純ちやん, 結婚したい, 結婚後三年の, 結論しなけれ, 絵に, 絶えず人生, 美奈子の, 翌二日, 老人の, 考えて, 考える, 肩身が, 腹を, 膝の, 膝を, 自から, 自分達を, 自動車の, 自由に, 舟の, 舟へ, 船の, 色々な, 芝居を, 花市君の, 茫然と, 茶を, 茶祖が, 虫を, 行つた, 街道の, 衝立の, 裸で, 複雑な, 見た, 見て, 言い合って, 言葉を, 訝しいぜ, 豪華な, 負けた, 貧民にでも, 起きて, 足掛け八日旅行した, 足音を, 躊躇した, 車を, 辰夫の, 近づいて, 返答の, 退って, 退屈し, 這入り込んだ, 連立つて, 進んで, 道を, 道端の, 道路の, 遠くから, 選りに, 郊外に, 部屋に, 酒など, 野に, 釣竿を, 銘, 鋭くも, 雨の, 雪を, 雲の, 電車に, 靜かに, 面会の, 面白そう, 靴音を, 顔色を, 風に, 飛んでも, 食えぬの, 餅を, 馬を, 駅の, 騒ぎ立った, 騒擾を, 驚きの, 鶏卵の, 龕を

1 [5851件 抜粋] ああいう, あたかも蜜月, あとかたも, あの人達, あの蜘蛛, あまり私, あらゆる派手, ある種, あんな無分別, いうまでも, いささか勇気, いつかどこかで, いつどこから, いつもうまい, いつも束縛, いま寂しい, うしろも, うれしがっ, おさえること, おどろかしたこと, おろおろし, お前達が, お爺さんを, お蔭で, かうして, かしこい, かれの, きたなくも, きゅうに, けさここらへ, こうも, こころからこの, このまま火葬場, この人生, この土地, この子持ち乞食, この店, この明るい, この欠陥, この番人, この素晴, この通り, この馬車, これから憩う, これらを, こんなに言っ, こんな立派, さっさと向う, さんしょの, しばらくそうした, じろ, すこしも怠けず, すっかり目, すばしこく逃げた, せわしい中, そうしたまま, そう呼ん, そこらに, そのまま坐っ, そのレコオド, その他の, その出, その土手, その子弟, その後から, その掘割, その月末, その死骸, その眼, その自然, その遊び, その飛ん, それさえ, それでも男, それより, そんなに疲れき, そんな悲しみ, たいてい若い, ただ人々, ただ相手, たとえたった一つ, だんだん寄りつかなくなっ, ちょっとも, つい見慣れぬ, とうとう臨港線, とっくに見え, ともかく愉快, どうかした, どうしてりゃ, どうだ, どこまで, どよめきました, どんなに悦ん, なかつた, なほ得意でした, にわかにモジモジやり出した, はじめてこの, ばらばらと, ひとりも, びしびしと, ぶつかる, ほんとにおもしろい, まご, また, また争い, また山, また私達, まだどんな, まだ小さく, まだ老いん, まったく駈け, まるで夢遊病者, みじめだ, みな垢を, みんなお, みんな下がっ, みんな台所で, みんな影が, みんな目を, みんな黄ろい, めったに引っかかる, もうすっかり察し, もう一度コンニチハ, もう休ん, もう大きく, もう時代, もう立派, もっと早く, もと道徳の, やさしい波, やはり不, やや暫くの, ゆめを, よくから, よく助かっ, よく流産, よその, わしと, アダによって, ウヌの, オムスクで, キャツキャツと, コペンハアゲンで, シャアトルに, スッカリ仕事を, タラップの, トランプを, ネーアン州の, バスの, ヒョロヒョロした, プロレタリアートの, ホールを, マルクス主義を, モン・ブランなんて, ロシアの, 一つ一つ見, 一人一人俯向い, 一体ローラ, 一向はずまない, 一寸軽い, 一度セエヌ, 一日中ごろごろし, 一段々, 一盆の, 一軒の, 七時に, 三カ月毎日曜日つづけた, 三十がらまりであった, 三里の, 上海の, 下宿人等と, 不快さうな, 世間話など, 中禅寺, 主張するだろう, 乗った, 乾ききつ, 事件当日首相官邸で, 二三十分な, 二人切りに, 二時間余りを, 云うまでも, 互に向う, 五十人ずつの, 五階か, 人々に, 人目に, 人間を, 今なるべく, 今丁度, 今年限りで, 今更とりみだした, 今面白い, 他から, 以前には, 伊代の, 会社の, 佐世保へを, 何だか意味, 何と容易, 何事だ, 何処までも, 何時か, 何處へ, 作らされて, 侵入軍の, 借りること, 偶然此処に, 僕なんぞを, 兄妹でござん, 先づ満, 光遠, 全く唖然, 全部漁夫の, 六人絵巻も, 其の仕事, 其処では, 再び丸善薬品本店, 再会を, 凄愴, 出兵請求の, 刈られた牧, 初め宮崎と, 別に広汎, 前の, 力強くなった, 労働する, 勝手口の, 勿論甲冑, 十一時でなく, 十年二十年の, 午後の, 南伊太利の, 即座に, 厄介に, 又かという, 又気味が悪い, 反対に, 口先では, 只婚礼, 可哀想な, 各々ゴンドラ, 合図を, 同一の, 名高い, 吹けば, 呼ばれた, 咽喉を, 善い先生, 喧嘩ばかり, 囁き合った, 四方の, 国から, 土塊を, 地図に, 均しく感動, 執拗な, 墨西哥へも, 夏の, 外套も, 多分仏蘭西語, 夢中でした, 大きな眼, 大人も, 大分酔ひが, 大学を, 大抵歸, 大森林, 大部分政治的活動分子, 太い枝, 失くし, 女らしさ, 女郎蜘蛛の, 妹に, 姫から, 嬉し気, 学生時代に, 官職を, 室内の, 宿で, 寒くないだろう, 対等に, 小さな死, 小屋に, 小気味よく知つて, 少しずつ, 尚侯爵, 屋根の, 山小屋に, 岩美行の, 川の, 工藝美の, 市から, 席に, 帰るに, 幅の, 年少の, 幾人おった, 度を, 廣や, 弟達で, 当然だ, 彼女に, 往生だ, 後備少佐ゴルドンという, 御厚意, 心の, 必ずや衷心, 快楽に, 怒りながら, 思い思いの, 思わず固唾, 怨めしげ, 恐ければ, 恨んだ, 悉く放たれた, 悪夢から, 惜しがりました, 意識を, 感謝を, 憎んだ, 我国の, 戦線に, 手口は, 承知し, 抱き合つて笑, 拳を, 掛聲から, 提灯を, 改心せよ, 教科書の, 敵の, 文語と, 斯くし, 旅らしい, 既に彼等, 日の出前に, 日本人を, 早くキマリ, 早變, 昂昂渓から, 星田さんを, 昨年以来たえず, 時々そっち, 時を, 晴れた日, 暫くいつもの, 更に何, 最もその, 最早一人殘ら, 朗らかな, 木陰に, 本多翁をも, 李の, 来合せた洋吉氏, 枕頭に, 栓を, 棒と, 楽園への, 横町に, 次の間へ, 歓迎し, 此処には, 此晩村を, 歯を, 死の, 殆ど夜, 母さん達を, 毎日隱れん坊を, 気づかなかつたけれど, 気持ちよく死ねなかつた, 氷柱の, 決してそれ, 汽車の, 油の, 泣き止んだ, 流石男, 海を, 涼しい樹蔭, 渇に, 満たされぬ思い, 滿足し, 激しい作品, 灯台の, 無理強ひ, 然しその, 熱と, 爺やに, 物靜か, 狭い列車, 玄関の, 珍らしい, 甘鯛を, 生活を, 甲板で, 町, 異人さんの, 疲労と, 發狂の, 百姓が, 皆それ等の, 皆んな揃つて磔刑臺の, 皆上機嫌で, 皆好く, 皆機嫌が, 皆自分を, 盃を, 監視って, 直ぐ親しく, 相場を, 看護婦の, 眠って, 着剣した, 知らない, 知るまいが, 石倉屋の, 碧瑠璃海岸の, 神奈川を, 祭りの, 私等二人を, 稀に, 空気を, 立ち上って, 競って, 笑ってる, 節ちゃんが, 紅提灯を, 紫塚造船所に, 結婚しない, 綺麗じゃ, 線路で, 羊の, 羚羊と, 考えるの, 聞いても, 肉体的にのみ, 背後に, 膽を, 自分達が, 自然動物人間それぞれなりの, 舟を, 船體の, 芭蕉翁の, 若い勢, 茅ヶ崎へ, 荒男の, 萎縮し, 蔭口に, 藤屋氏の, 蜜柑問屋から, 行儀を, 袖へ, 西沢金山から, 見受ける所, 親兄弟, 言い合したよう, 討ち果そうとして, 話も, 誰から, 諏訪筑摩伊那佐久など, 谷底に, 貧乏から, 貴方を, 赤や, 足の, 身を, 転向しない, 辨當を, 追撃を, 逃げ出したが, 通りへ, 遊びを, 違うぞという, 遺書を, 都会における, 酒盛の, 野心の, 銃殺を, 鑑賞を, 長尻で困る, 開いた口, 関帝廟の, 降りた, 随分真剣, 集まって, 雪が, 青い眼, 面白がっ, 順々に, 頻りに鉱石, 風呂敷に, 食べる問題, 食物不良の, 飽る, 馬鹿に, 騒々しくは, 驛から, 魏にとっては, 鵜師の, 黙つてトンネル

▼ 達~ (7334, 25.0%)

81 間に 53 ために 52 前に 51 方を 47 ことを 41 ような, 生活を, 顔を 35 方へ 34 心を, 生活の 33 間には 31 ように 29 中には 26 やうな, 中に, 眼に 25 やうに 24 手で 23 方が 21 上に, 眼の, 間を 20 話を 19 中で, 前で, 姿が 18 姿を, 眼を 16 ところへ 15 姿は, 生活は, 頭の 14 心は, 持って, 方で, 生活に, 立って 13 前には, 家に, 後を, 間で 12 住んで, 前を, 後から, 手に, 部屋の 11 仲間に, 前へ, 家の, 為に, 目に, 眼には, 耳に, 話は 10 事を, 傍に, 口から, 方に, 様子を, 胸に, 部屋に 9 世話を, 中から, 多くは, 学校の, 手を, 生活が, 目を, 胸を, 部屋へ, 間では 8 ことは, 一行は, 仕事を, 心に, 心の, 手によって, 方は, 目の, 眼は, 眼前に

7 [17件] うちに, ことも, 一人が, 仲間で, 側に, 出て, 周囲に, 声が, 子供の, 家は, 所へ, 方から, 話に, 身の, 間の, 顏を, 顔に

6 [21件] ことに, すること, ものに, 云うこと, 先に, 力で, 幸福を, 心が, 心には, 注意を, 為めに, 眼から, 背後に, 荷物を, 部屋は, 部屋を, 酒倉は, 間にも, 間は, 顔から, 顔が

5 [37件] あひだ, うちには, うちの, して, ところに, なかに, 中にも, 中の, 乗って, 仲間が, 仲間の, 会話は, 側へ, 外に, 大部分, 家を, 幸福の, 恋は, 恋愛は, 感情を, 手から, 最後の, 様に, 母は, 眼が, 知ったこと, 胸は, 自動車は, 血と, 見て, 言葉を, 身体を, 面倒を, 頭は, 頭上に, 顔には, 魂が

4 [63件] あとを, うえに, そばに, なかには, まはり, ものとして, ものを, 一団が, 中へ, 事が, 代りに, 仲間では, 会話が, 住居を, 側には, 側を, 先祖は, 力は, 口に, 呼ばい声鈴の, 唄, 国の, 夢を, 好きな, 姿も, 家へ, 寝て, 居るところ, 山の, 心も, 愛は, 或る, 方の, 本当の, 様な, 横を, 機嫌を, 爲に, 生の, 生命は, 生活と, 着物を, 知つてゐる, 結婚を, 群から, 群に, 群の, 肩を, 胃の腑の, 背後から, 船は, 足音を, 車の, 運命が, 部屋が, 部屋で, 間から, 面目が, 頭に, 頭上を, 顔にも, 顔も, 馬車が

3 [138件] あいだには, ある者, うしろに, うちで, うちでも, ことが, ことだ, それに, ためだ, ための, ところから, まぼろし, ものだ, やり口が, 一家が, 一行に, 不幸は, 不幸を, 世界には, 世界は, 中でも, 乗った自動車, 云ふ, 仕事は, 仲間には, 仲間は, 住む世界, 住居の, 体を, 兄弟は, 先祖が, 内に, 前まで, 力を, 努力が, 反感を, 口には, 口を, 叫び声や, 合唱, 周囲には, 周囲は, 噂も, 国では, 国は, 国土は, 執拗な, 士の, 声に, 声は, 外には, 多くの, 夢の, 奇麗な, 女主人, 姿に, 姿の, 子だ, 子供に, 学校を, 希望を, 影を, 後に, 後の, 心臓に, 思いも, 性格が, 恋が, 悲鳴が, 惨めな, 愛の, 手には, 手の, 政治の, 方こそ, 方も, 旅の, 時代には, 暮しの, 最初の, 朝飯の, 本を, 村が, 村に, 村の, 来るの, 歌声が, 歩いて, 気を, 泊まって, 活動を, 無事な, 生きて, 生活から, 生活も, 相手に, 眼にも, 祖先が, 祖父さんの, 立つて, 笑い声が, 笑ふ, 粗末な, 組合は, 結婚に, 群が, 考えを, 考へて, 耳を, 聲で, 胸の, 船が, 若さ, 表情の, 親父と, 言うこと, 言は, 話が, 話声が, 話題は, 誰よりも, 賑やかな, 足の, 身体に, 遊んで, 運命は, 運命を, 道を, 邪魔を, 部屋より, 面を, 面前に, 面前へ, 頭を, 顔は, 食卓に, 首は, 魂は

2 [427件] あいだに, いたずらだ, いるこの, いるところ, いる室, うちから, おかげで, おしゃべりは, おぼろげな, お郷里ぢ, こ, ことである, ことと, ことな, ことについて, ことばかり, さ, ざわめきが, した事, しば, すぐ側, するよう, そばへ, それで, それと, それとは, ためには, ためにも, つくって, つながりの, ところだ, ところへも, なかで, ほうが, ほうで, ほうを, ぼろぼろの, まえに, まん中に, みじめさは, めざましい肉慾, ものと, やったこと, やって, やつて, グループの, ケテイを, 一人は, 一人を, 一家の, 一家は, 一番大切に, 一群が, 一行が, 一行を, 上で, 下宿の, 下駄を, 不和の, 不和も, 不注意から, 世界が, 世界の, 世界へ, 世界を, 世話に, 中心に, 主人の, 主催にか, 事も, 二人が, 云うの, 云ふこ, 云わば, 互に与え合っ, 今の, 今日の, 介抱に, 仕事, 仕事に, 仲間から, 仲間だ, 仲間を, 仲間入りを, 休んで, 会話を, 住居は, 住居へ, 体が, 例の, 信仰を, 信用を, 傍を, 全生活, 共同の, 内で, 内には, 写真が, 写真を, 冬着の, 分を, 列が, 列の, 利益に, 前の, 前方に, 前方には, 前途を, 力だ, 力では, 力に, 労力の, 勝手で, 勢ひとては, 十人ばかり, 卓の, 占めた一室, 原稿は, 参考に, 友人であった, 友人は, 友人よ, 口からは, 口の, 叫び声が, 叫び声は, 可愛らしい肉体, 合奏を, 同類に, 名で, 名と, 名は, 名も, 名を, 周囲から, 周囲を, 周圍の, 周圍を, 呼ばい声が, 唄を, 唯一の, 商売も, 喜びは, 噂が, 噂だ, 場合に, 場合にも, 場所を, 境遇に, 声と, 声を, 声微かに, 多くが, 多くゐる, 大半は, 失意は, 好奇心を, 姦しい声, 子どもの, 子や, 子供を, 存在が, 存在を, 学校が, 学校で, 学校は, 実も, 実力を, 実生活と, 室に, 家では, 家庭に, 宿の, 宿へ, 寝転んで, 将来を, 對話は, 小さな個々, 小屋へ, 局の, 居る所, 居る部屋, 居並ぶ席, 居並ぶ祭壇, 居処を, 巣を, 席より, 席を, 帰って, 帰りを, 年頃の, 後ろから, 後姿を, 御馳走を, 心へ, 心像に, 心持に, 心持は, 心持を, 必死の, 怒声が, 恋を, 恋愛が, 息が, 悲劇的な, 意志と, 意志の, 意志は, 意見が, 意見は, 愛が, 愛する者, 愛でした, 愛を, 愛情は, 愛情を, 態度が, 態度に, 態度には, 憂欝, 憂鬱と, 所に, 所有に, 手では, 手や, 手紙を, 手足を, 持ちもの, 持つて, 持物を, 指, 挨拶が, 探検隊に, 教会, 数が, 敵では, 敵は, 方には, 方にも, 方へは, 日常に, 日常生活の, 曲芸団は, 書くもの, 服装も, 望んで, 末も, 村は, 来たの, 東京行きに, 枕を, 枕元に, 案内で, 桜の, 歩く道, 歯は, 歴史の, 殘した, 毛虱の, 気が, 気の, 気持に, 気持を, 汽車は, 注意が, 消息や, 涙を, 深い怨み, 演説が, 火の手, 為の, 為めの, 為ること, 爲めに, 父親が, 玩具に, 理想に, 生命も, 生命を, 生活, 生活だ, 生活について, 生活には, 町の, 留守の, 番の, 番を, 疲れたところ, 白衣を, 目には, 目前に, 目的は, 真の, 眼前を, 着物は, 知らぬ困苦, 知らぬ間, 研究が, 硬い性質, 社交上の, 祖先の, 神経は, 税との, 窮状を, 立場が, 立場を, 笑う声, 笑ひ, 笑声が, 笑顔を, 答として, 結婚の, 絵の, 網に, 罪を, 群へ, 習慣に, 考えが, 考えでは, 耳にも, 耳へ, 肉と, 肉体に, 肉体も, 胃袋は, 背後で, 背後を, 背景として, 腕前を, 腹が, 腹を, 自動車が, 興味を, 舟は, 舟を, 良心の, 良心は, 芸術家としての, 若い時, 若い時代, 若かった, 華やかな, 蠢めく, 血の, 血は, 血を, 行く道, 行列が, 行手には, 行方は, 行末が, 行末を, 術語として, 衣服を, 複雑な, 要求し, 要求は, 見えない日, 視線に, 視線を, 言ふ, 言葉, 言葉が, 言葉に, 言葉の, 計画な, 計画の, 計画的な, 訪問客は, 許に, 証言に, 評判は, 話して, 話の, 話題に, 誰もが, 讃辞を, 貧乏を, 足を, 足音, 足音に, 跡を, 路を, 踏んで, 身に, 身の上に, 身の上を, 身は, 身体が, 身許を, 迎へが, 追憶談に, 通って, 連れて, 進んで, 遊戯を, 運動が, 運動は, 過の, 過去を, 避暑地生活は, 部屋では, 部落が, 酒倉では, 酒倉へ, 間でも, 間へ, 間代を, 間借りの, 関係が, 関係は, 隠家, 隣の, 集って, 靴下の, 頭から, 頭へ, 額は, 食事を, 首を, 馬車は, 騒ぐ声, 骨まで, 髪を, 魂ごいの, 魂を, 鳴声

1 [3884件 抜粋] あいてに, あの敵, あんなに幸福そう, いからした肩, いのちを, いるアパリ, いる方, うしろについて, おしゃべりに, おやつ, お先に, お客を, お父さんである, お祖父さん, かおは, からかいの, きれぎれ, こしら, ことでした, ことば警察へ, こと迄が, この年齢, この贈物, ご両親, さわぐ声, すこし風変り, する芝居, そのままの, それは, ただの, ためを, つい傍, でたらめで, とんでもなくまちがった, どんな申出, なじみを, ぬくもった利害, はいるの, は勿論, ひいきで, ぺこぺこお辞儀の, ぼうぼうに, まん中で, ものさ, やうだつた, やることツ, ようにも, よろこびよう, ゐるところ, ゐる背後, イデオロギーの, オヤジ日本共産党万歳を, ガン張りが, クルウでも, コーバ, スキーの, ダンスは, ネタを, フランス語の, ホテルへ, メーデーである, 一々の, 一人に, 一団に, 一層が, 一枚上を, 一番恐れ, 一般の, 一連の, 三つである, 上にばかり, 上陸行列だ, 下足を, 不注意の, 不調和な, 世界では, 世話にな, 両側に, 中にかの, 丸髷姿が, 主張ならびに, 乗った汽車, 乘つてゐる, 乳呑時代に, 予想とは, 事だ, 事より, 二人でした, 二月の, 云いなりほうだい, 云った通り, 亡くなつた母, 人であるなら, 人気も, 人集りが, 今後の, 仕事ぶりの, 仕業であろう, 代にな, 仮りの, 仲間からの, 仲間入りが, 企みで, 会合の, 伝説を, 住み馴れた生家, 住む街, 住居でございます, 体の, 何う, 何んで, 作った雑誌, 作品の, 使う道具, 依田学海翁が, 信ずるマホメット教中, 信頼する, 個人的な, 値うちを, 健気な, 傍へは, 働いて, 優しい思い出, 元氣, 先輩である, 入浴する, 公約, 兼, 内正確に, 再生だ, 冷かな, 凧揚を, 出来ること, 出迎へを, 初めの, 利益を, 前も, 力さ, 助けを, 努力活動は, 勉強を, 勝利を, 勤めを, 区別も, 半分は, 卒業は, 危惧と, 及ぶところ, 反心, 取った手段, 叛逆を, 叫び聲が, 各々は, 合宿所に, 同情に, 名演技を, 吹矢八丁礫の, 周囲って, 味方です, 呼吸が, 命限りに, 唄は, 唯一人の, 問題として, 喚き罵って, 喜を, 嘲笑を, 囀りや, 四囲の, 団結の, 国学的社会説の, 團結力を, 地方, 場合は, 墓の, 声さへが, 声鈴の, 外見を, 夢は, 大会は, 大多數, 大理石の, 太股ぐらい, 失われた愛, 奔走に, 好い案内者, 好奇心も, 如きに, 妹や, 委員で, 姿思ひ, 娯楽し, 嬉しげ, 字の, 学年は, 学説の, 安否を, 宝である, 室の, 家からも, 家みた, 家族だけ, 容子を, 宿舎に, 寄席熱を, 寝る二階, 寝間から, 實際生活に, 将来について, 尊敬する, 小さな竜巻村, 小屋を, 就職という, 居る室, 居室に, 居眠りふさぎ, 山に, 工場へ, 希望から, 席に, 常識から, 平凡な, 幸福が, 幼時には, 廻りに, 弱点を, 影で, 往訪を, 後ろに, 御境遇, 心さえ, 心もとなさ, 心理には, 心身を, 忘れられない年, 忠義や, 思い上った, 思ひも, 思考力の, 性質の, 恐ろしい境遇, 息抜きクラブである, 悪さ, 悪鬼じみた, 情人も, 想像と, 意志とが, 愚かさの, 愛情とか, 感動に, 感情の, 態度の, 憤りを, 懸念とは, 戦力の, 所へさえ, 手, 手作りの, 手工の, 手荒い取調べ, 手際では, 技を, 拠り所と, 持つ針, 指圖だつたさうで御座います, 振り照す夥しい, 掘った山芋, 揃って, 摸写よりも, 政府とを, 教員室の, 教育法が, 敵でございます, 文学サークルの, 新しいフランス人民, 新居を, 方ばかりが, 日, 日当だけ, 日本髷を, 明かに, 時分とは, 智と, 書いたもの, 最も慎, 月並な, 服装は, 望遠鏡にも, 末期の, 本質と, 村会議員の, 来る頃, 果樹園で, 栽培した, 検査が, 楽しみに, 様子は, 樣子が, 機智を, 歓迎で, 正義潔癖の, 歩く道さ, 歩道に, 死んだと, 死骸, 母の, 比較に, 気に, 気分とは, 気持ちが, 気楽な, 水汲み, 求めて, 汚れ物の, 泊った宿屋, 法服が, 泳いで, 流行といふ, 深夜の, 溌剌さは, 激しい日夜, 為めばかり, 無器用さと, 無責任, 熱心な, 父兄や, 物でない, 犠牲に, 独り身で, 獰猛な, 玩弄にしか, 球も, 環中に, 生き生きと, 生命である, 生活についての, 生活経験に, 生生した, 用も, 申し出は, 画像の, 異口同音の, 病室の, 発した言葉, 登竜門が, 盆の, 監視の, 目にも, 直ぐ傍, 相談に, 真似し, 眷族に, 眼前へ, 着て, 睦まじがる, 矢場の, 知つ, 知らない時, 知り合った始まり, 知識社会学が, 破婚を, 社会常識を, 祖先は, 祝いに, 神経へ, 私語する, 空想だ, 立てこもる場所, 笑い声も, 笑聲の, 筍を, 米を, 納むる税金で, 素振りを, 細工で, 組合へ, 経験を, 結婚第, 絶息を, 練習は, 繰り言を, 美, 美的感覚に, 群れの, 翳ざす, 考える, 考へでは, 耳朶に, 職分を, 肉体にまで, 肖像画に, 胃腸を, 胸まで, 脚を, 腕前だけには, 自決を, 臭い息, 航海が, 色々の, 芋を, 芸術だ, 若作りな, 苦悩と, 英国式かかとをも, 荷物などを, 落合つた時には, 薄着の, 蛙の, 血肉が, 行く劇場, 行列会議だけの, 行方さえも, 衣の, 表面を, 裡の, 見たとき, 見誤り, 視野からは, 親しくし, 親友河崎夏子さんの, 親類に, 言いつけに従って, 言立ては, 計画は, 訪ねて, 証言だ, 詩と, 詩的興味を, 話しを, 話です, 話声に, 誇りを, 説く利害, 読本朗読の, 課題と, 諸形式, 議を, 豐かな, 貧乏世帯の, 買いためるレコード, 賞美を, 足が, 足元から, 足音そうした, 踊靴が, 身には, 身体には, 身寄の, 身辺を, 車室へ, 転向イデオロギーに, 農村離脱を, 近付く跫音, 追討を, 通り路を, 連れ立つて, 遅いの, 遊び場所でした, 運も, 運命にたいして, 過ごして, 道徳性を, 選挙した, 邂逅に, 部屋とを, 郷へ, 酔の, 重立った者, 金庫を, 鎖を, 長襦袢や, 間でさえも, 闘争の, 陣営を, 隠して, 隣國の, 集まりな, 集りの, 雑誌の, 雰囲気が, 青春が, 非凡を, 面皮を, 音楽を, 頭, 頭上から, 額の, 顏見知りの, 顔までが, 顔面の, 風姿容貌態度が, 食べ余した物, 食卓において, 食糧を, 飽くなき, 首が, 馬鹿な, 騙されて, 驚く様, 魂の

▼ 達~ (3908, 13.3%)

18 それを 12 集まって 11 出て 10 住んで, 私の, 自分の, 集って 9 手を, 来て 8 何か, 入って 7 して, 私に 6 それに, 子供の, 急に

5 [12件] そこに, 一斉に, 何を, 口を, 如何に, 幾人も, 歩いて, 生きて, 立って, 自分達の, 遊んで, 頭を

4 [28件] あった, ある, いる, いるの, いろ, これを, そうし, ぞろぞろと, ゐる, 一つの, 並んで, 勝手に, 坐って, 姿を, 彼の, 彼女の, 手に, 持って, 揃って, 最初に, 現われた, 相手に, 眼を, 自分を, 見て, 赤い旗, 金を, 首を

3 [50件] いずれも, こ, この世を, それと, そんなこと, はいって, やって来た, ゐた, ゐて, ドッと, 不思議な, 争って, 云ふ, 仕事を, 先に, 入つて, 出かけて, 口々に, 声を, 壺を, 大ぜ, 女を, 嬉々として, 学校の, 寄って, 居た, 帰って, 彼に, 彼等の, 手伝って, 新らしい, 来ると, 東京に, 東京へ, 此の, 着いたと, 私達の, 窓から, 笑いながら, 群れて, 聞いて, 自分が, 自動車に, 街を, 見えなくな, 見たと, 訪ねて, 部屋を, 集まつて, 顔を

2 [231件] ああ云う, あたしの, あつた, いかにも異様, いって, いつまで, いま見, うしろから, おれの, お互に, お見え, ここに, この上, この種類, これ等の, さまざまの, しづと, すぐに, する体験, そうであった, そちらへ, そのこと, その中, その前, その女, その方, その部屋, それまで, そんな子供, そんな風, ぞろぞろ表, どのよう, どんなに仲, ひそかに, ふさふさの, ふっと羨ましく, みんなで, よく知つて, ガラス窓を, スケート遊びを, スリッパを, タタラを, ラジオに, 一ぺんに, 一人も, 一人残らず, 一度に, 一日に, 一様に, 一泊の, 一生懸命に, 一番好い, 三十人も, 不用な, 両手を, 之は, 之を, 乗って, 乗り込んで, 二人の, 二人まで, 二言三言話し合った, 云って, 人を, 今日は, 他の, 付いて, 以前に, 何んの, 何ヶ月もか, 何故に, 何時の間にか自分, 何等かの, 作って, 信じて, 偶, 傍で, 働いて, 僕に, 全く彼女, 再び暖炉, 出入し, 分けて, 到着した, 協力し, 去ったあと, 去年の, 取囲んで, 叱られるもの, 各, 命を, 喜んで, 四郎を, 困つて, 外から, 多かつ, 多くの, 多勢集まっ, 夜の, 大人の, 大勢で, 太陽の, 姉の, 娘の, 子供と, 学校へ, 守護する, 家庭には, 寝て, 小さな店, 小田の, 左右から, 幼い折, 弁当を, 弾雨の, 彼が, 彼を, 彼女に, 待つて, 後から, 得物を, 御自慢, 心配する, 忘れて, 急いで, 悪かった, 或る, 扉を, 探して, 控えて, 教えて, 数十人生活を, 新聞を, 日常使用し, 昔から, 時を, 晩餐が, 暖かくなる, 朝の, 木の, 本国から, 本当の, 来る, 来るし, 東京から, 東京を, 桃色の, 森の, 橋の, 欧洲の, 正直で, 此処へ, 此處へ, 死んで, 殆ん, 段々近づい, 気の, 池に, 清水の, 無理に, 煙草を, 熱心に, 物に, 物を, 犬や, 狂気の, 猫を, 瑠璃子夫人の, 甲板を, 異国人の, 発見した, 皆どこへ, 皆及第, 皆私の, 盛んに, 目を, 直ぐに, 真先に, 着飾つて路, 知って, 知つてゐる, 私生児を, 突然親しく, 竿を, 答へ, 繋がって, 聞込まないまでも, 肉体に, 腰を, 自分自身の, 船から, 若い男, 草鞋を, 行き過ぎるの, 行くと, 行こうと, 行って, 袖を, 裸を, 見えなくなると, 見送って, 言つてゐた, 詮議を, 谷を, 貴女を, 賑やかに, 跡を, 路で, 踊るもん, 辿って, 追っかけて, 逃げて, 道に, 道の, 銘々いろ, 降りて, 雪を, 青木の, 静かに, 非常に, 風呂に, 飛出して, 食べものの, 餌を, 首に, 駆けつけて, 駈けて, 騒いで, 鵜の, 黒いあし, 齢と共に

1 [2977件 抜粋] あいつと, あそこに, あつまると, あの三吉, あまりに騒々しくはしたない, あらわれぬ宴会, あるひ, あんなに呼ん, い, いうところ, いかに優れた, いくらドヂ, いずれに, いたと, いったし, いつの間にか大きく, いないあいだ, いばりさえ, いらっしゃいます, いる茶の間, うす暗い廊下, えらいもの, おどろいて, おりて, お伺い, お台所, お日様の, お糸, かうして, かたまつて煙草, かれこれ申, きて, くれぐれも警戒, こうした境遇, こうして生き, こないだ長野の, このセニョラ, この国, この家屋, この数年来, この試験地獄, これから訪れよう, これまでより, こんなに心配, こんに, さうだつ, さっき開けた, ざわめいて, しなければ, しゃべりあって, ずっと後, せがむので, そうやっ, そこでは, そっと枕辺, そのよう, その傍, その巣, その持ち前, その栄光, その痘痕, そばで, それだけの, それらの, そんな場合, た, たくさんゐる, たとえ一時的, だんだん心細く, ついたの, つくつて, つまらない恐怖, ときどきそこ, どうしてこの, どうもする, どっとふきだした, どんなところ, どんなに喜, どんなに親切, なおその, なにし, なんのかんのと, はいつて行, はずんで, ばたばたと, ひとまず三四郎, ひな子の, ふと, へまを, ぼく等の, またそれぞれ, まだまだどん底, まだ眼, ままごと狂女達を, みな寄りあつまっ, みんな一人一人きびしい, みんな薄命な, めいめいの, もうじき食べ物, もしその, やうやく, やけに, やって来て, やらかしましょうぜ, やんやといふ, よくかけこん, よく見え, よって, わいわい言い, わしの, ゐなくな, アメを, カフェーの, ギッシリ詰っ, サクサク雪, シローテの, ゼスチャア遊びを, チヤンと, ドカドカと, ドヤドヤ楼梯を, バルタザル・アルドラミンを, ピンと, ベイ獨樂か, ポウカアに, モンテ・カルロに, ワイワイと, 一から, 一体千鳥川で, 一國にな, 一層みすぼらしい, 一揆を, 一番仁田四郎よりも, 一番頼りだ, 一般的な, 丁度夫, 丈夫に, 三十人余りも, 三階の, 下りて, 不平たら, 世話に, 中学校や, 丹精し, 主人を, 乗込んで, 事実上又, 二三人嚴重に, 二三匹集つて臆病さうに吠えた, 二人とも, 二階から, 云った, 互いの, 五六人居る, 交る, 人並に, 今どんな, 今度選ばれた, 介抱いたします, 仕事中の, 代官所の, 仲間を, 会合し, 伯父の, 体を, 何かに, 何にか, 何人か, 何故去年, 何様扱われる, 作つた歌そんな, 使って, 信じるよりも, 偃松に, 偽名し, 働きに, 元気よく, 先を, 先生達ばかりを, 入つてしまつた後, 入れ代わり立ち代り来ましたが, 全てそうであった, 公共教育の, 其を, 再びわ, 凶作地方の, 出入りしましょう, 出来たが, 切り崩し出しそこ, 初めて所帯, 到る所, 前掛, 劇団を, 功徳での, 動員され, 勢い立つ, 半分想像まじりで話した, 博士の, 即ち力之助, 去った後, 参りますから, 反対する, 受け持った仕事, 古い陶器, 召集令を, 叱責された, 各所の, 合唱を, 同じもの, 名を, 向は, 吹聴した, 味方を, 咲かした花, 唄ふ, 喋舌っても, 喞った, 嘗つて人間を, 四五人つい, 四五人朝早く, 四年級に, 困りますからさ, 国民に対して, 土地馴れたら, 地物から, 坐りこむと, 堂々と, 声々に, 夕食の, 多勢ぞ, 多少神経衰弱, 夜私達を, 大きくでも, 大きなボロボロ, 大きに迷った, 大人にな, 大勢し, 大坂の, 大抵頸, 大騒ぎを, 奇てれつ, 奥山跋渉の, 好いなら, 好く指摘, 如何に物凄い, 子どもの, 学ばなければ, 守って, 実際に, 家を, 寄りつかないから, 寄稿した, 寒く冷たくても, 寝よる位置, 寺詣の, 小さな可愛いい, 小石川に, 少しの, 少量に, 居なくなると, 居るん, 展覽會で, 岩壁の, 崩れ出した, 川端田圃の, 差し出るにゃ, 帰った時, 帰つて行く, 帰り支度を, 常吉を, 幸福である, 広い構内, 廃れた皮膚, 引張らせて, 強くつたつ, 当時の, 彼方此方の, 待ちきれなくなって, 御つき申し, 復讐の, 心配し, 忍んで, 怒つて, 思い込んで, 思ひ思ひの, 怪奇的色彩を, 息拔き, 悪いのよ, 悲し味, 意に, 愛の, 慣れた道路, 懐中電灯を, 或は足袋, 戻ると, 扇を, 手持ぶさただつた, 批判的に, 押し出して, 拝殿に, 持つて, 挙行し, 掃除し始めた, 掘り返して, 揃いの, 擇んだ, 支那語を, 放っ, 教師の, 数年の, 文法をね, 新らしく出る, 旗挙げしたら, 日本の, 日頃の, 早く走れ, 明日ホノルルに, 星の, 是方を, 時には女性, 暮せるなら, 書き表しにくい, 最早その, 有って, 木曾で, 本の, 本書の, 村を, 来ますと, 杵築に, 果して同等, 校門を, 植木鉢みたいに, 楽しさうに唄つて, 樺山参謀を, 檢擧し, 次の, 歎息する, 正当な, 此国に, 武器を, 死ぬか, 死んだ人, 残念に, 殺到した, 毛沼博士の, 気が付いたの, 気分を, 水精の, 江戸の, 汽車の, 沢山上人, 河原で, 泊つた宿の, 法律家で, 泣くからね, 洗湯を, 活溌に, 浪に, 深谷氏の, 湯に, 滞在し, 澄み切った真夏, 火鉢の, 無智, 然し僕, 燃料の, 牛や, 犇, 独楽戦の, 珍しいので, 現われました, 環さんは, 生垣の, 田圃から, 甲高い笑い声, 男子と, 留守に, 発って, 白いエプロン, 皆てれ, 皆保守主義, 皆早死, 皆起き出し, 盲が, 真心を, 真黒に, 眼顔し, 着物を, 知つ, 知るか, 砂地を, 社長令嬢美奈子に, 祝賀運動會の, 祟って, 私達に, 秩父連山を, 稲を, 空つ, 立たなければ, 立てるの, 競争し, 笑声を, 簑笠で, 約一箇月, 素直に, 結婚し, 結論し, 続々と, 編物を, 缶詰の, 群を, 羽子を, 考えの, 聞いたら一口, 肥後の, 胴乗り遊び, 膳を, 自分じ, 自分等で, 自然を, 舞臺一パイに, 色々の, 花束を, 若い親, 若し狼, 茅野雄を, 荒々しくなる, 落ちつくところ, 虐げられて, 行きつけた呉服屋その他, 行く京都, 行つたの, 街道から, 装束を, 襲いかかる睡魔, 要塞地だ, 見つけて, 見物に, 見透した如く私, 親切である, 解放され, 言ひ出し, 訊きに, 評價し, 話しかけるのに, 誇らしげに, 説教に, 諸国各地の, 譲歩しなけれ, 象や, 赤前垂れで, 起き出, 足早に, 踊ったり, 身を, 軍法に, 迂闊に, 近づいても, 近習の, 逃げる間此処, 逆に, 通りすぎる凡て, 造り上げた技術, 進んで, 遊び戯れ, 運動に, 道端へ, 遣って, 選んだ美しい, 邪魔なら, 部落別に, 都會へ, 酔っぱらっても, 野原の, 鍬の, 長い間, 門内へ, 阪井を, 陰で, 隠見し, 集つてさかんに, 集まつて來, 雑誌なんて, 雪崩れ込ん, 非常な, 革命勃発と, 預って, 頻りに大声, 風景に, 飛び出して, 飛田遊廓の, 飢え死にする, 首の, 馳け, 駆け付ける暇, 騒がない内, 驚いた眼付, 骨董談に, 魏へ, 麻雀を

▼ 達~ (1714, 5.8%)

18 向って 13 話して 8 とつて, 取っては 7 それを, 教へて, 私は 6 しても 5 任せて, 何か, 何の, 何を, 依って, 取つて, 向つて, 自分の 4 くれて, よると, よれば, 命じて, 手を, 混って, 礼を, 見せて, 逢って

3 [32件] かこまれて, して, まじって, もつと, やんやと, 云わせると, 会いに, 何が, 分けて, 向かって, 声を, 多くの, 守られて, 對し, 對する, 就いて, 就いての, 挨拶し, 挨拶を, 教えた, 教へ, 比べて, 比べると, 相談し, 聞いて, 見送られて, 託して, 話した事, 連れられて, 頼んで, 騒がれるの, 騷が

2 [95件] あてこすること, いつて, いびられて, いわせると, お目, くるりと, こんな目, したの, その存在, その話, そんな噂, ついて, できそう, なけ無し, なり代って, なると, よくし, わかるもん, 云った, 介抱され, 会って, 伝えて, 伝へて, 俺の, 働きかけて, 出した, 出す葉書, 列席の, 別れて, 包囲され, 反感を, 取りまかれて, 合図を, 同伴する, 同情し, 唯一人の, 囲まれて, 圍まれて, 執っては, 報告する, 少しでも, 引かれて, 引きずられながら, 強請まれて, 彼等の, 心の, 心を, 心配を, 想像も, 手紙を, 描いて, 教えて, 敬礼を, 断言した, 果して, 次の, 比べれば, 気を, 気付かれは, 牛も, 牛飼の, 目を, 知らせた, 示しながら, 笑いかけながら, 絹の, 続いて, 聞かして, 茶を, 菓子を, 見えた, 見せる事, 見付けられようが, 見守られながら, 言いつけて, 言うの, 訊いて, 話しかけて, 話した, 話す事, 話を, 語って, 説明した, 護られて, 質ねた, 較べると, 近づいて, 近寄って, 逢いに, 逢うこと, 進呈せず, 運が, 都合の, 食物を, 黙って

1 [1278件 抜粋] ああいふ, あてが, あとあとまで, あの彫り, あらがって, あること, あれこれ服装の, あ秘し, いいつけられて, いちばん必要な, いつた, いりめし, いろいろ芸当, いわれたこと, うるさがられて, おつき合で, お会い申す, お引き合せ致します, お茶屋の, お貸し下さいません, お逢, お頼み, かうした題材, かかって, かこまれた母, からかわれて, きいた, きかせる親, くっついて, くばるの, くれた, くれるといった, こうしてお目にかかろう, ことの, この奇怪, この形式, この珍名, これだけの, ご迷惑, さしむけるの, した, しろ, しろこの, しろ同じ, じろりとにらまれましたら, すっかり名誉, そういう危険, そう云っ, そこを, そつと, その事, その捜査, その物語, その菓子, その趣, それが, それぞれ階級的所属を, そんなもの, そんな悪戯, た, たずねたの, たのめば, ちょっと印, つかまったの, つけた方, ときどきその, とどまると, とりかこませさ, どうして美, どうぞ仕合せ, どのやう, どんなに非難, なかつた, なって, なぶられて, なるん, なんの, はしゃぎ唇, はっきり分かっ, ひとりも, ぴったりと, ふさわしい青年達, ふり向かれたり, ほこった, まかせて, まくしたてるの, まずまず及ん, また国王, みな平等に, むざむざこの, もう逢いたく, もすつかり馬鹿, もっと十分, ゃあ目の, や, やったり, ゆき合つたら, ゆるされたこと, よくわかつた, よく見える, わからないもの, わかるやう, アイスクリームを, カンバスの, サイン責めと, スタア意識が, パンと, ピカリピカリと, ボクシングの, ヤング氏が, ヴォトカを, 一つずつ, 一つ秘策を, 一人一人質問した, 一切の, 一寸云, 一年後れ, 一時間五十コペエケンで, 一番人氣の, 一礼し, 一緒に, 一荷の, 丁寧に, 三面を, 不動の, 不意に, 不足し, 与えたもの, 与えて, 与えると, 与える一つ, 与つて了, 与へた打撃, 与へるであらう, 乗り移る, 亀戸の, 事更に, 云いつけた, 云いましたので, 云うの, 云ふと, 交つて, 交付しました, 京都の, 人気の, 今も, 今日東京へ, 他ならなかった, 付き添われて, 代った多数, 任して, 会いましたけれども, 会ひたいと, 会ふと何となく, 会見を, 会釈の, 伝って, 伴れられ, 似寄つた事, 何かの, 何となく有難がられる, 何ら心, 余りにも, 作らせて, 使徒の, 供養した, 依頼した, 個性が, 倚子でも, 優しくし, 先ず叱られ, 先に, 入場を, 全然か, 共通した, 其のま, 出来たら乃公, 出来るで, 刀や, 分らない時, 分るかな, 分るやう, 切って, 別れた, 別れてからという, 別れを, 前後を, 加えられた嘲笑, 加はつて, 加奈江の, 励まされてとにも, 包まれて, 十分の食事が, 半ば奪い取った, 危害を, 却て, 参政権を, 取って, 取つちや, 取りかこまれて, 取り卷かれて, 取り巻かれ切り立てられて, 取合いません, 取押えられて, 口を, 可愛がられる方, 叱られながら, 号令し, 向き直った, 向つてさ, 向ひ, 吠える, 吹き込もうと, 呉れて, 呼びかけた詩集, 命じ上庸, 唆か, 啓示し, 喜ばれたが, 嗤われ, 嘘を, 固有の, 在る可, 報謝する, 売り小さな, 夕食を, 夜警の, 大いに働い, 大きな絵日傘, 大切な, 大聖人, 大騷ぎをされてゐる, 好かれて, 如何にも毛唐, 妙な, 姿を, 嫉妬や, 子供を, 孝經や, 安い小間物, 安全を, 宣言した, 家庭が, 寄せて, 対って, 対抗し, 小さな旅, 小突きまわされて, 就いては, 就てばかり, 屡々聞きとられ, 差上げられないけれどもと, 己が, 常に見る, 広く修養, 引き受けさせますから, 引き止められたにもか, 引合せ又, 引率され, 強ふる, 当てつけて, 当然だ, 後で話, 後れない樣, 得意然, 御用でも, 御飯が, 御馳走する, 心から愛され, 忘れること, 応接する, 怖じ恐れて, 思はれて, 思想上の, 恃み, 恐れられ赤格子, 恩にでも, 悩まされ大, 惜しまれながら, 意外な, 愛で, 愛誦される, 感謝し, 態度を, 憎がられは, 成って, 或いは幾分, 所謂, 手が, 手荒らな, 打ち込まれないの, 承認される, 投げつけて, 披露した, 抵抗する, 担がれて, 招かれ午後, 持ち運ばれるやう, 指一本指させ, 指摘し, 捕まる, 掛り合, 掠奪を, 接して, 接吻し, 掻附く, 揶揄はれた, 支払い新しい, 放つた窺察, 教えなど, 教えるばかり, 敬礼した, 断じてそんな, 於ては, 旅裳束を, 日本の, 昔の, 昨日の, 暑気を, 最も厳粛, 木の実を, 本当の, 来るもの, 栗島という, 梯子を, 極端で, 構はずに, 欠けた幸福, 次ぎの, 止められまた, 正直に, 殃を, 残された唯一, 残される, 殺して, 毎月二回に, 比しては, 比較し, 気が, 気づかれないよう, 氣の, 求めること, 油断を, 注意を, 浅ましい心持, 浴びせかけた, 清浄の, 渡して, 満足が, 点けて, 無礼講を, 煙草の, 燐寸を, 狙われて, 珍らしい, 生きた手, 用事か, 由って, 画を, 異様な, 皆食べられ, 監視される, 盲目的な, 看とられて, 看護られ, 睡気, 知らせました, 知らせる積り, 知られないよう, 知事は, 確かめさせる心算, 示されるので, 示すこと, 祟るん, 穢い物, 立てられて, 笑われたり, 答えるの, 約束した, 純粋に, 紹介し, 絵を, 絶対的な, 縁起が, 罪が, 義理も, 習へ, 聞いたと, 聞かれること, 聞こえたの, 肖せて, 肥料の, 背負は, 臨みました, 自分のうでの, 至っては, 與へ, 苦しかろう, 苦痛を, 著るしく, 蕎麥を, 蜜を, 衛られ, 襲われて, 見せこの, 見せたいの, 見せつけたい気, 見せても, 見せびらかして, 見せびらかすため, 見せると, 見つけられて, 見られて, 見付かつ, 見咎められずに, 見習って, 規則正しく送, 親しんだ, 親切である, 覺られぬ, 触れたもの, 言い残して, 言ってるらしい声, 言はれなく, 言ふ, 言わすれば, 訊いたが, 訊ねても, 許された道, 訳して, 詩を, 話さなくちや, 話しかけた老人, 話したね, 話した蜂, 話しました, 話す, 話すなんて, 話す処, 詳しく見せ, 誘はれても, 語つた, 説教し, 読まれるか, 調べさ, 譲つて行つた親戚の, 譲り自分, 負ける男, 責め問われて, 買って, 貸すわい, 質ねさえ, 超えて, 路を, 踏んづけられ虫の息, 身近く, 迎へ, 近くお, 近附い, 返して, 迷惑の, 迷惑は, 追いついて, 追い纏われながら, 追ひす, 送られて, 通じた樣子, 逢っても, 逢つて見よう, 逢ひたいと, 連られ, 違いあるまい, 違ひ, 遠巻きに, 適当な, 配って, 酒を, 金の, 鍋の, 長く足, 附いて, 附添はれ, 限って, 隱さう, 雑って, 離れて, 雷が, 青年たちに, 面目なき思ひ, 頼まれいでも, 頼みました, 頼んだのさ, 顏向も, 顕微鏡を, 食べさせたいば, 食べさせたいもの, 食事を, 飲物を, 騙されるのに, 麻川氏は

▼ 達~ (1570, 5.3%)

28 見て 24 相手に 22 連れて 12 して 9 呼んで, 待って, 見ると, 集めて 8 つれて, 待つて, 案内し 6 呼んだ, 育てて, 靜かに 5 迎へて

4 [15件] 伴れ, 促して, 前に, 助けて, 包んで, 取り巻いて, 招待し, 残して, 笑は, 見た, 見ながら, 見廻した, 認めると, 迎えに, 馬鹿に

3 [16件] そこに, 中心に, 乗せて, 介抱し, 代表し, 信じて, 出して, 呼び集めて, 守って, 従えて, 招いて, 眺めて, 自分の, 見つめた, 見ても, 迎えた

2 [103件] うるさがっ, おびやかすよう, お預り, かばいつつ, すぐに, どうし, どこかへ, なやませた, みんな連れ, もとの, ウンと, キツスする, 一人も, 一時間も, 一目見る, 三十人も, 中門の, 乗せた汽車, 乘せ, 交互に, 何時までも, 侮辱し, 信用し, 側へ, 入れて, 写生した, 助けると, 励まして, 叱って, 呪つて居ます, 喜ばせいたはつ, 喜ばせた, 喜ばせて, 嚇か, 外に, 家へ, 對手に, 尻目に, 尻眼に, 帰して, 常連と, 幾人か, 引いて, 引張って, 待ち受けて, 待つよう, 待受けて, 後に, 御覧なさい, 愛して, 慰めようと, 抱く, 押しのけて, 招んだ, 指して, 指揮し, 振り返った, 探しに, 救って, 歓迎し, 生み出した大, 発見した, 目がけて, 眺めた, 知って, 私は, 突きのけて, 笑わせた, 羨むよう, 肺病患みと呼ん, 脅かして, 自分と, 自己の, 苦しめて, 苦しめるの, 裸に, 見おろし一体どう, 見つめて, 見に, 見ま, 見ること, 見出す謎, 見廻わ, 見舞って, 見送って, 解放し, 討って, 訪れた, 訪れて, 誘って, 迎えて, 迎へに, 追い散らした, 追うて, 追ひ越し, 運んで, 遠ざけた, 避けて, 部屋へ, 除外する, 靜かにう, 養って, 驚かした

1 [1087件 抜粋] あとに, あらためてながめ廻す, ある洋食屋, いきなり雪, いちいち憎ん, いつしか自分, いつまで, いぶかりながら, いまは, うち殺す, うらやましがる, うるさ, うるさがり, おちやらかす積り, おどかして, おッ, お助け, お客さまに, お称, かきます, かついだあの, からかったり, ぎっしり満載, こういう言葉, ここに, ここまで, この上, こんなに立派, こんな所, こんな羽目, ご存知無い, さきに, さそつて, しかねなかったので, しばって, しめて来た, じっと見詰め, じろじろ眺め, そこへ, そとへ, その家, その左右, その深い, それぞれ各自の, ぞろぞろ水際, たよって, だまして, ちょっと見, つかまえては, つれながら, とらえたの, どうした, どう解放, どだい人間, どんなに勇氣, なんとも思つて, ねぎらいながら, はげまして, はじめ多くの, ひきつれて, ひどく苦しめ悩ました, ふり動かす, ぼんやりさせ, まるで恋人同士, めちゃ, もっと深み, もつと, やがて直ちに完全, やり過して, よく指導監督, よく覺, よび立てようと, よろこばせそう, よろこばせたらしかった, よろこんで, わざわざ没落, カッターに, キャッキャッと, シベリアへ, ズツと, ヂリヂリさせる, ネグレクトされる, モデルに, ワッワッと, 一とわたり, 一人, 一人づつ静かに, 一人一人見舞う, 一人残らず, 一巡訊い, 一渡り見廻した, 一貧家に, 上陸させ, 不仕合わせ, 不思議そうに, 世話し, 並べて, 中心と, 主体に, 乘せた, 二人そろっ, 交へ, 亨樂の, 今日始め, 他人と, 以前から, 休ませ眠らせて, 何と思つて居, 何も, 何十人と, 何者と, 使ひこ, 促すやう, 倦きさせる, 側に, 先き, 兎か, 全く有害, 其処に, 冷かに, 凝視めた, 出迎, 分裂対立させ, 別荘に, 刺戟し, 刺激した, 助ける, 助ける神様, 励ますやう, 勇気づける, 動かしたの, 勘定に, 包む大, 包んだ, 区別する, 十重二十重に, 叔父さんの, 取り卷いた, 受けました, 叩き起したと, 召集し, 叱, 叱りつける訳, 叱り退けられお, 吃驚さした, 名指しで, 向うへ, 吾, 呆れて, 呑気に, 呼び, 呼びに, 呼び出したの, 呼び起したくなるやう, 呼ぶ, 呼ぶ習, 呼んだの, 咎めて, 喚んで, 喜ばせた代り, 喜ばせるだろうと, 喜ばせる為, 喰うところ, 嗅ぎま, 嚮導する, 困らせたが, 困らせたん, 囲んで, 国際的に, 土と, 圧倒し, 地下室へ, 埋葬し, 売り飛ばした社会民主主義者, 夢中に, 大切に, 天人と, 失った残滓, 奔らする, 奥へ, 奪ひかねない, 好んで, 始め両, 始め皆は, 威した, 威すの, 威圧しよう, 嫉ましく思ったの, 子ども扱いに, 存分に, 学校へ, 守らねば, 守るため, 安心させたい, 安穩, 実の, 宿屋に, 富岡は, 寝かすと, 導くとき, 小馬鹿には, 就職の, 屋上の, 屋敷の, 山門の, 帰した後, 幸福に, 庸之, 引きしめた, 引き合いに, 引張り上げた長次郎, 引連れまして, 彼等よりも, 待ちうけて, 待つた, 待受けた, 得意に, 御飯に, 心から可愛, 心から感激, 心配し, 必要と, 怒鳴りつけたん, 怖がらない, 思い出しある, 思ひ浮べた, 思ふ時, 怨むなよ, 怪むように, 恐るるかの, 恐れて, 恨んぢ, 悒鬱に, 悦ばせるよう, 悦楽の, 悩ますなと, 悩殺する, 悪党として, 惑わし自分, 想い心, 愈狂気, 愛した, 愛し続けた, 愛称し, 感心し, 慰めて, 慰問し, 憎らしく思, 憐れむという, 成功謝礼附き, 戒めて, 戒めるため, 戦火の, 手一杯に, 手足の, 打殺せ, 批判する, 承知の, 投ずるが, 抱いて, 抱き込む, 押えた, 担で, 招き寄せること, 招くこと, 拝み倒して, 持ち上げようと, 指圖し, 指差し, 指斥し, 振り返つて, 捉えて, 捕まえて, 捜し出して, 捜すほか, 捲き込んで, 掌どる, 探しながら, 探そうと, 掻き分けて, 揶揄する, 揺り弄ぶ波, 揺り起して, 搖る, 撃退し, 收容せられ, 放り込んだ人間以外, 救い出す余裕, 救わなければ, 教えて, 教育しよう, 敵よりも, 斯ん, 日本料理屋に, 早く追いつい, 暫し離し, 書斎から, 朝な夕な眩惑した, 木屋の, 材料として, 東京に, 東西の, 案内させ, 棺に, 極悪の, 横柄に, 機智と, 次々に, 歓待せられた, 正視する, 正餐に, 死ぬほどの, 殺さなければ, 殺して, 殺そうと, 殺つつけて, 比較的困難, 気づかないで, 永遠に, 決して追わない, 沈黙させる, 河の, 波に, 泥沼の, 海や, 深く感動, 満足させる, 満載し, 無愛想に, 無視した, 照した, 父母と, 牛馬の, 牽制しつ, 狙ったの, 玄関まで, 珍らし, 生み出したの, 生物でない, 産み育てて, 甲府市の, 疑うもの, 皆んな上役人に, 皆木の, 皷舞する, 盗み出して, 監視っ, 目の, 相手と, 看視, 眩惑する, 眺めました, 眺め行けと, 眼の, 睨みながら, 睨み据えました, 睨み返して, 睨めまわして, 瞠目させる, 示して, 私かに, 私の, 空から, 突き飛, 窮屈がらせる, 笑うよう, 笑せた, 笑わせて, 笑倒させ, 納得させ, 紹介する, 絞罪, 総動員する, 縛らせ朝廷, 置いて, 罵つた, 罵る, 羨ませ自分, 老人は, 聘って, 聯想せしめる, 職業紹介する, 肩に, 脅かし鱶, 脅すやう, 膝に, 自由に, 至急本国, 舟に, 船乘場まで, 芋の, 苦しめたの, 苦しめるもの, 苦めます, 蔭から, 虐殺した, 衝くだろう, 襲つた時の, 見たが, 見たり, 見た時, 見つけたの, 見つけました, 見まわした, 見まわしながら, 見よ, 見るが, 見るので, 見る度, 見る楽しみ, 見る毎, 見上げ莞爾, 見下ろして, 見世物に, 見入った, 見守って, 見廻して, 見張らせた, 見据えた, 見物し, 見舞つ, 見詰めて, 見送った, 見送ろうとして, 見附けるや, 親友みた, 観察し始めた, 解放する, 言いようも, 記憶に, 訴へ, 試みる, 認めた, 認めても, 誘き寄せるよう, 誘ふの, 誘拐した, 説いたそう, 誰彼と, 謀るに, 警戒する, 讃美し, 負かしたとき, 買被, 走らす, 起こした, 身共共, 軽いユーモア, 軽蔑した, 辛い立場, 迎えたであろうか, 迎えました, 迎え玄関, 迎へる, 近くお呼びに, 迷は, 追い出して, 追おうとは, 追っ払って, 追つかけ, 追ひ出し, 追求した, 退けて, 送りながら, 送り迎えて, 送出した, 逃がしたらあなた, 途中で, 連れ出さうと, 進めねば, 遊ばす戯れに, 遊んで, 遠くの, 酷使し, 鏖殺し, 防ぐか, 除けば, 陸軍病院に, 集めたの, 集めての, 離れて, 電話で, 鞭で, 頼みに, 飛び越えいきなり, 飢え死にさせる, 養つて居る, 馬小屋の, 駆りあつめて, 騙す所存, 驚かされるので, 驚かしたこと, 驚かし又, 驚かす, 驚かすだらう, 驚かせて, 驚ろかした, 驚駭させた, 魅了した, 鴨に

▼ 達~ (1173, 4.0%)

7 それを 6 それに 5 知って, 黙って 4 これで, 帰って, 彼の, 手を, 私の, 自分の

3 [11件] さすがに, それぞれの, 一緒に, 今は, 他の, 出て, 口を, 色を, 街の, 近所の, 降りて

2 [55件] あった, いつまでも, いるし, おなじもの, お坐んなさい, この人, さう, その後に, それ以上の, だまって, どんな巻き添え, ほんとうに, もうそれ, 一様に, 不思議に, 今までの, 仕事しなく, 例の, 先刻踊りが, 口々に, 同じこと, 声を, 夫婦連も, 好きに, 子供の, 学校から, 学者や, 安心し, 安心した, 容赦し, 少しは, 彼に, 手が, 手の, 殺されるかも, 気が, 水に, 流石に, 生きて, 皆な, 皆んな次の間へ, 知つてゐる, 私に, 聞いての, 舌を, 茲に, 薄々知っ, 行くの, 見えて, 遠慮を, 銀行や, 非常に, 頻りに夫人, 顔を, 驚いて

1 [983件 抜粋] あああれ, あたりめえ, あったと, あの岩, あまりに不意, あるよし, あれでも, あゝいふ, いかんともし, いたん, いつかは, いつの間にか伊庭, いなかった, います, いらっしゃいな, いるしかし, いるカフエ, いろいろお世話, うっちゃって, おちぶれて, おもねつた, お咲, お気を, お目, お神さん, お詣りし, かう語り合, かなり遠く, かれが, きつと, くづれかかつた丸髪, ここまでは, こっちへ, この上なく満足, この儘, この家, この思ひ, この日, この時, この点, この街, この足音, この頃, これほど, これを, これ以上この, こんな所, ございますまいほどに, さう不幸, さてはと, しない, すくなからず, すっかり手こずっ, すべての, すべて総立ちに, ずいぶん気持, せっかちに, ぜひ知りたがっ, そうでした, そうなった, そうゴテゴテ, そう思っ, そう言い出し, そこで急ぐ, そこには, そのつもり, そのまま云い倣っ, その人, その力, その後から, その息子, その晩, その林, その直径二尺, その義理立て, その裏, その貸本屋, その通り, それぞれお祭の, それぞれ彼等の, それについて, それまで, そろそろ帰ろうで, たえず駕籠乗物, ただおろおろ, ただ疲れる, ちょっとやっ, ちょっと驚いた, ちりぢ, ついて, ついにこの, つい口癖, つまりは, とてもその, どうなつ, どうやら斯, どこから, どんなに小さな, どんなに心配, どんな仕置き, なかった, なんにもいわず, はあ何とか, はにかまずスエ子, ひたすら畏れ, ひろく天下, ふん, ほしがった, ほとほと感, まあちっとで, まじえて, まず安心, またうつ, またその, また別々, また坑内, また思わず, また海, また直ぐ, また美, まだこの, まねを, みえのすわ, みずから張, みな寄り集つてかなしん, みな手綱を, みな起き, みました, みんないい, みんなのぞき込む, みんな美緒先生, めいめいに, もうじき, もうそれでも, もう諦め, もとより孔明, もんの, やって来た, やっと無条件, やはりその, やはり行儀, ようやく兵, よくは, よく知つて, よく聞い, ろとも, わいわい燥, わたくしも, ゐた, ウカと, コソコソと, トッパーに, フランス人です, ヘタに, モジモジし, レスタウランを, ワイルドも, 一つの, 一人去り, 一寸感染した, 一層本気, 一所に, 一挙に, 一時に, 一時手を, 一生懸命働い, 一種特殊な, 一緒にな, 丁度あの, 三〇年間も, 上がって, 不思議さうに眺めた, 不賛成を, 世話の, 世間の, 主人を, 久政に, 之を, 乞食が, 乳母も, 二三日し, 二人の, 二目も, 亦この, 亦常に, 人の, 人倫的には, 今いつです, 今では, 今に酷い, 今まで, 今帰つて, 今日は, 今更見棄てる, 仕事は, 仮面でも, 休み中なるべく, 伴れ, 何から, 何となくよそよそしい, 何んだ, 何処へという, 余程困りました, 作戦計画を, 信者に, 俸給全額を, 僕より, 先の, 入つて, 兩手を, 共に今夜, 共に喜んだ, 其の後, 其様な, 其足跡に, 内儀までも, 出帆に際し, 出掛けるん, 出遇, 別に大した, 別れること, 別室で, 剣を, 加わって, 励まされて, 動けるん, 午後中何処へも, 博士の, 危ない機微, 参るでしょうが, 及ばざること, 反技術主義, 叔母も, 可いが, 各, 吉公と, 同じよう, 同じ方角, 向う側に, 君を, 吾劣らじ, 呆氣に, 呼応した, 啓吉の, 喫った, 嘘を, 困たと, 困つて, 堪まる, 夏と, 外を, 多いとやら, 多かつ, 多く彼等, 夜分は, 大いに満足, 大きくなつたら, 大凡何様な, 大勢の, 大変たのもしく, 大学へ, 大層偉い, 大昔は, 奥に, 好きで, 好感こそ, 妙に, 始は, 娘達も, 子供らしい, 孔子だけは, 安くは, 定刻前に, 客観的公正を, 家康の, 寄り合, 寝たの, 寝て, 寝静まった様子, 小さな穴, 小六, 小林少年さえも, 少いもの, 少くないでしょう, 少し心配, 少し酔つて, 少なくなかつた, 居ず我が, 居なかった, 屈託という, 崇拝し, 左う, 帯を, 平素厳めしい, 幸福だった, 幾十日ぶりか, 座席を, 引きつけられたやう, 引合された, 引続き取調べられた, 彼には, 彼を, 往く処, 往生したい, 待つて, 後れては, 後生大事と, 従来の, 御着, 御迷惑, 復活し, 心得居ろうに, 怖かつ, 思うまま, 思わずハッと, 思わず前, 思わず顔, 恟々として, 悉く鳴り, 惚れ込まずには, 感心した, 成田街道で, 或は河内, 戻つたらしく, 戻れ, 手洗所の, 打解けて, 招かれた, 拝め拝め, 持つて, 振り返つた, 探して, 提灯を, 改まった装, 文学研究会では, 新しい仕, 方言と, 旅館へ, 早々に, 早く人間, 早く飛出し, 明るく元気, 昔であれ, 春は, 時々おいしい, 時々思い出し, 時々見物, 暗かつ, 暫く墓地, 更生した, 最初の, 最早余程行った, 月夜の, 有りふれた事, 有難く心得ろ, 朝早く, 木ツ端微塵だ, 朽ち果てて, 村の, 来たところ, 来るだらう, 東京駅を, 枕が, 案外眼, 業を, 楽な, 樂ぢや, 次第に学士, 次第次第に, 此の, 此処に, 此菜の, 歸る, 死んで, 殊には, 母の, 気の毒だ, 氣を, 水守の, 沢山居, 海岸へ, 深入りし, 滅多に, 火燵の, 無事で帰る, 無理に, 父の, 特に音楽, 狩場に, 玄王が, 王様の, 生きながらの, 田舎よりは, 男達も, 留守である, 白木警部と, 百も, 百合の, 皆々様お, 皆そういう, 皆それを, 皆んなお, 皆上品に, 皆同じ, 皆腰の, 皆顔色, 盆地の, 相当つかれる, 相当期間交際, 真似し, 眼が, 眼頭が, 瞋恚の, 知ってるだろう, 知つてる, 知つて居ました, 知らないん, 知らなかったわ, 知らねえ顔, 知ること, 砂利場へ, 神父に, 秘密を, 穿入する, 立ちすくんで, 立ち上つて, 立派な, 笑い出し, 笑って, 笑わずには, 米炊ぎ, 粗食を, 結ひ, 羨ましいだろう, 老年に, 聞いたろう, 腹が, 自分から, 自分達の, 自慢に, 自覚しない, 至極尤も, 船員も, 若い者, 苦しまなければ, 血を, 行く所, 襟を, 見せられたり, 見もし, 覚悟を, 親類方も, 言いました, 認めてを, 調べて, 談笑の, 諦められないところ, 警察の, 賊を, 越前の, 跡から, 踊りたいばかりに, 身寄りの, 辭退しかねた, 近いうち, 追っかけて, 逞しいもの, 遂に彼, 過って, 遠いところ, 遠く退い, 都市対農村などという, 醉つた時の, 釣り込まれて, 銃声を, 鏡台から, 長の, 附属地へ, 隅田川での, 随って, 随分ぢ, 隨分多く, 集まって, 離しやしません, 難儀だろう, 面白がっ, 革命思想は, 頭から, 顎の, 風雨に, 飛び廻つて, 食事を, 飯島の, 首を, 馬車さ乗つてつたら, 馬鹿に, 騒ぎを, 驚いた, 驚かされたといふ, 鳥達も

▼ 達~ (748, 2.5%)

140 一緒に 13 同じよう 8 一しよ, 一処に 7 同じやう 6 一しょに, 遊んで 5 同様に 4 並んで, 別れて, 同じ様, 懇意に, 枕を, 肩を, 話して, 違って, 顔を 3 いっしょに, すれば, 一緒にな, 三人で, 話を, 逃げたランチ

2 [29件] いっそ行商, いつしよ, この屋敷内, ちがって, どこで, ふざけて, 一所に, 交際し, 何か, 例の, 全真, 共々に, 別れる時, 友達みたいに, 友達を, 同じ女工上り, 喧嘩を, 子供等前に, 弟子は, 弥造が, 彼の, 往来し, 手を, 皆で, 私とは, 結ぶこと, 結託し, 遊んだ, 食事を

1 [443件] あそぶよう, あまり親しく, あるよ, ある友人, いえども, いえば, いずれが, いっしょにいらしてくださいませんか, いって, いよいよ訣れる, いろんな話, おない, おなじよう, おはじきしてた, おはじきを, おみつ, お別れ, お山へ, お過ごしを, お邪魔, お附合, かち合い冬, ぐるに, この世の, この先, この河畔, こんな風, ご一緒, すれちがって, すんで, そこを, そしてそれ, そして自分, そっくりだ, そのよう, その二人, その偉大, その各々, その哲学, その大, その感動, その次官, それからダネイ, それが, それぞれ同乗し, である, とても同日, なぐり合, はつきりと, ぱったり一緒, まだ賑やか, もっと恋, やって, よくそんな, ろう人形の, ろくろく口, わかると, わが國, わらびを, われわれ三人はちよつと, インテリゲンチャとが, インペリアル・シアタに, カチュウシャごっこや, ゲームを, サクラ子は, ゾックリ背中を, テニスを, デレンコフとの, ナオミ, フザけられる, モンテ・カアロとを, 一しょでなかった, 一つ大釜から, 一処にな, 一口に, 一小児と, 一席を, 一日遊ん, 一杯飲まず, 一組の, 一緒で, 一緒でした, 一緒ではと, 一緒にかな, 一緒には, 一緒にゃ, 三の, 三人が, 三人枕を, 三方に, 不遠慮, 世話人數名と, 久しぶりで, 了現とは, 争って, 二三の, 二人の, 二臺の, 云うの, 云う名, 云う忰, 云つた, 云ひ, 云ふ, 五十男の, 五目並べなぞ, 交えて, 交って, 交つて客の, 交代し, 交際が, 他所他所し, 令嬢と, 仲が, 仲よくな, 仲好く, 仲良しに, 伊豆七島の, 会いました, 会うこと, 会ったり, 会って, 会合しあっ, 会談し, 伯仲, 伴れ立つ, 似合いの, 何っ, 何の, 何んの, 何処で, 何方が, 何時でも, 余程離れた, 保守主義者達とが, 信念寺男は, 俺達の, 健康な, 入れ代り, 全く同じ, 八五郎が, 八助を, 共々此処, 共同の, 共謀し, 其処で, 其処に, 内殿に, 出歩く, 別れると, 別世帶に, 前の, 前後し, 劇場へ, 劉封だった, 力を, 勝彌の, 十七の, 卒業論文の, 又特に妻君, 友達と, 友達に, 反対の, 台場の, 合奏し, 同じく姑息, 同じく彼, 同じく日, 同じく華族, 同じこと, 同じだ, 同じだつた, 同じで, 同じである, 同じに, 同じもの, 同じ人間, 同じ仲間, 同じ女, 同じ女性, 同じ小さい, 同じ屋根, 同じ廣間, 同じ弱者, 同じ心, 同じ悪, 同じ気持, 同じ病, 同じ系統, 同じ背丈, 同じ芋小屋, 同じ部屋, 同じ頃, 同じ黒飯, 同列の, 同席は, 同程度, 同等に, 同道しよう, 同道で, 向きあふ, 向ひ, 喧嘩した, 喧嘩する, 噂し, 噂を, 四十がらみの, 因人馬車に, 壮太郎は, 変化とは, 夐然隔絶し, 夕方まで, 大変似, 大差が, 女中きりな, 女中と, 女生徒達の, 妹とが, 姉妹の, 始めて同人雑誌, 子ども等と, 子供の, 子供等の, 子供達の, 子弟の, 寢起きし, 寮歌を, 将棋を, 将軍家の, 小さい方, 小児と, 小説や, 少しは, 少し離れ, 山の手の, 島の, 巳之, 幾度か, 広場の, 座談を, 引越しを, 弟の, 弥次馬とは, 当り前の, 当時の, 彼との, 彼に, 彼等とを, 彼等の, 彼等は, 往来する, 往生の, 御一緒, 御座近き, 御通夜, 心ゆくばかり, 心中を, 心安くなろう, 恰も別れ, 悪態の, 悲しい最後, 愉快に, 愚かな, 慣れ, 懇意な, 成つたは, 我とは, 戸外へ, 手毬を, 押し合いへ, 押し合って, 押し問答を, 接触し, 接触する, 控室で, 握手し, 教課目の, 数回やっ, 文学運動を, 旅行し, 旅行を, 日夜取組む, 日本の, 昔話でも, 時代を, 時以礼の, 晩餐を, 暫くあわず, 暮して, 暮しながら, 更に太い, 書いて, 最も冷酷, 未感染兒童, 本気で, 来た日, 東京へ, 格闘が, 横浜の, 歌を, 歡談した, 此処に, 殆ど友達, 殺された板倉屋, 母との, 母親は, 母親達とが, 比べて, 水盃を, 決して別, 決して同じ, 清とを, 済んだ後, 源さんきりであった, 源さんと, 烈しく衝突, 烏賊釣りに, 無関係な, 無駄話を, 熱心な, 父の, 特別に, 献身的に, 獄内の, 獰猛な, 生活を, 申し十六才, 申す納所坊主, 申す者, 男とが, 男女の, 百句の, 益満と, 盛んに, 目された, 相手選ばず, 相計つて愚か, 相談し, 相談する, 相違し, 真赤に, 睨み合って, 知り合いその, 知り合いに, 知る機会, 知合に, 石油箱に, 石田と, 石蹴り, 砂の, 祝ふ, 私が, 私の, 種々の, 立ち上って, 競合いながら, 等しく只, 箱根見物に, 納所の, 縄飛びに, 縄飛びを, 老人達に, 胡月の, 腺病質な, 自分たちとは, 自分との, 自分の, 興福寺の, 花の, 花見の, 若い講師, 草の, 草津の, 葬儀の, 蘭軒とは, 虫あわせ, 見境ひ, 見物した, 親しき友人, 親しくしない, 親しみませんでした, 角力を, 詩材の, 話したり, 話し込んで, 話す暇, 話に, 話は, 語られたので, 讃歌を, 變つた, 貧しい食事, 足を, 踊って, 近い関係, 近所の, 迚も, 途中別れ, 逢った時, 逢わなかったの, 遊ばれました, 遊びに, 遊びましょうね, 遊び笑い興じます, 遊ぶこと, 道連れに, 違う世界, 違ったこと, 違ったもの, 違った父親, 違つて何でも, 違つて常, 違つて悧口だ, 違つて眼の, 違ひまし, 遠ざかつて行つて, 郊外を, 都会人との, 酒を, 酒宴を, 野に, 附き合, 陽気な, 隠れん坊を, 集ったとき, 集って, 集ること, 雜談に, 離れた處, 離れまた, 離れ行く淋し, 雪の, 青年達は, 面白そう, 頬を, 頼んで, 顔なじみに, 類の, 食卓を, 飲み合う時, 飲み面白かっ, 飲んで, 馴れ親しむといふ

▼ 達には~ (387, 1.3%)

3 薬かも

2 [15件] さう, その光, それが, それは, そんな事, 何にも, 何も, 俺達しか, 判断が, 取れませんよ, 少しも, 想像する, 最後の, 気の毒だ, 約婚時代

1 [354件] あたらなくても, あつた, あなたが, あの境, あの心持, あまりながく, あまりにも, あまり楽, あんな物, あんまり短, いろんな事, うつて, おいしい肉, おかしな事, おれが, お前の, お友達, お気の毒, お糸さん, かなり有名, ことに同情, このクリスト, この平易, この言葉, これが, これに, こんな山, ご恩人, さういふ風, さうでないこと, しゃべってるん, しようがない, すぐわし, すぐ仲良くなり, すこしばかり, すでに美しい, すまなく感じうち, そう見えた, その問題, その気持, それだけの, それを, そんなこと, そんな外来者, たとえどれ, たまらない魅力, たまらなくうれしい事, だからしろうと筋, ちょっと魔法使い, てんで見当, とても持ち上げられやしなく, とても簡単, とても解り, どうしていい, どうにも見当, ないのね, なお解せない, なぶり物, なれた事, なんでも, なんの, はなむけ, ひどく毛嫌い, ほんとに恐し, まあ相当, まさかあの, また面白い, まだわかっ, まだ六, めずらしい, めずらしくも, めづらしかつ, もうあげた, もうちゃんとわかっ, もう加勢, もちろんの, もっと女, もつと, やはり旧, ゆるされず, よくよく沸, よく知られた, よく解らなかつた, わからないけど, わからないところ, わからないわ, わからなかつた, わかりませんで御座います, わざとらしいよう, ケンケンし, フレンドシップが, 一々手相, 一つの, 一人の, 一向わからない, 一向奇, 一番かなしい, 一番読ん, 一種異様に, 一等の, 三人に, 上って, 事件の, 云い知れず頼もしく, 人に, 人気が, 人氣の, 人生五十年という, 人間よりも, 今それが, 今でも, 今も, 仮の, 休戦が, 会は, 会わないし, 住みい, 何が, 何と見ゆる, 何に, 何の, 何らの, 何んといふ, 何処と, 何処に, 何等の, 余り面白く, 余程御礼, 余程浅ましく, 余程面白い, 俄に, 信じ兼, 優しいが, 全く普通, 全たく信ぜられなかった, 全宇宙, 公儀だけ, 公民権が, 其の言葉, 其処に, 其頃読ん, 冬が, 出ず入らずで, 出来て, 分かった, 分って, 分らない, 分らないが, 分らないだろうと, 分らないの, 分らなかった, 分らなかったが, 分ら無いもの, 分りませんけれど, 分るまいがね, 分るもの, 初耳であった, 判って, 判らない, 判らないいろんな, 判らないが, 判らないの, 別に怪しい, 別に異存, 到底分らない, 勿論の, 勿論持合せ, 十分な, 十時三十五分頃と, 協団の, 南国の, 単に沙門, 却って理解, 叔母迎え, 可笑しいので, 向かないよ, 品物を, 図書館が, 図書館は, 國土二千六百餘年の, 変に, 外国旅行の, 多分途中, 大いに助け, 大厦高楼, 大層骨の, 天使も, 女性的な, 妙に, 姿は, 嫉みも, 嬉しい冬, 子供が, 実験室で, 容れられぬもの, 寄っても, 寛厚で, 少し難しい, 帰って, 常に騎士, 年老, 座持ちの, 彼の, 後で水, 心当りが, 怖くも, 思いも, 思い出の, 思はれたが, 思ひの, 恰度程よい寂し, 意外な, 感じられた, 感激も, 手のと, 手向ひ, 打明けられないよう, 指導者が, 採って, 收入が, 攻撃の, 政治の, 政界教育界宗教界などよりも, 日本の, 早くからそれぞれ自活, 昼寝の, 時々吃驚, 書物が, 木の, 未だ御飯, 未だ這入れない, 本当の, 来ること, 東京に, 東京の, 東京随一と, 林の, 果さんとして, 横顔を, 欠けては, 次の, 此上も, 歩行も, 歯痒いの, 殆ど無, 殆ど見えない, 母が, 母さんが, 母さんは, 毛嫌いする, 気がつかないよう, 気がつかなかったの, 永年馴染の, 決して具体, 浦崎さんが, 演奏台の, 漠然としか, 無く足袋はだし, 焼けて, 物足りない, 特典が, 玄八の, 現在花だって, 用が, 発意が, 発見出来ない, 皆相当, 皮華科の, 目も, 直ちに他, 相場の, 相応わ, 看護婦や, 眞似, 真似が, 真似も, 真似られそう, 眼に, 眼の, 矢張りそれが, 知られて, 知らん顔で, 知れて, 知識が, 短かつ, 社交界も, 神棚が, 私の, 稍薄ら寒, 立派に, 答えられる, 素より何, 経典の, 結婚という, 統制と, 絶えず其事, 絶対に, 罪は, 罪穢が, 聞かせない方, 聞こえぬと, 能く, 腕を, 自分が, 自分の, 良寛さんの, 色々お話, 色々の, 藪椿しか, 蜂の, 行儀よく, 要りません, 見えないだろう, 見えまい, 見たこと, 見つけ出すこと, 見られないよう, 親しめなかったけれど, 親の, 解らぬ, 解らんの, 解りきれぬもの, 許されて, 説明の, 謎だ, 變な, 貼り紙おばの, 起らなかった, 身體つきで, 辛くとも, 追いすがる余地, 送って, 逃げられて, 遊びに, 適切な, 部署が, 鉄也の, 長い間, 関係は, 陶器磁器貨幣刀剣カケモノ, 隨分いろんな, 難解の, 青天の霹靂であった, 非常に, 面白いの, 風間の, 食物が, 馬も, 馬宿の, 馳走なぞし, 駄目な, 騙されないぞ, 騷が, 麗人の

▼ 達ちゃん~ (254, 0.9%)

6 のお 4 と正ちゃん, のこと, の御 3 が召集, の話

2 [19件] から航空便, がいいました, がいろいろ, がかえる, が出, が出る, と私, に, にしろ, にもう, に会い, のところ, の出征, の嫁さん, の手紙, の様子, の顔, への手紙, や隆ちゃん

1 [192件] いよいよ五月, かえって来, かえれるという, かねて, からお母さん, から又, から手紙, から消息, から返事, か誰, があなた, がいいます, がいなくなれ, がお母さん宛, がお父さん, がききました, がこれ, がこんど, がすき, がすこし, がそれ前, がどんな, がのりこんだ, がアグラ, がピアノ, が二年出征, が二階, が出た, が出迎え, が友, が売れ, が女, が家, が思い出し, が戻れ, が手紙, が早く, が秋, が答えました, が結婚, が行っ, が頭, きっと兄さん, ごく丈夫そう, しッ, すっかり大人, それから伴, そろそろ落, そんなこと, たらね, だから, といっしょ, としての生活, とはちがっ, と並ん, と二つ下, と同じ, と同時に, と夏休み, と富ちゃん, と寿江子, と隆ちゃん, どうだったでしょう, にいつ, にいつも, にした, にでも広島, にとっても自分, には会える, には本, には立派, には赤い, には近日慰問袋, にまかせ, にも口, にも意外, に会いたい, に会え, に軟かい, に送る, のかみ, のとき, のどういう, のもの, のよう, のマドンナ, の世話, の今, の仕事, の代り, の代理, の健康, の入営, の写真, の名, の大, の好きそう, の嫁とり条件, の安否, の実感, の家, の形容, の折, の教育, の方, の本, の盲腸, の組, の結婚, の結婚式, の自動車, の舞踊, の船, の送別, の食べる, はあっち, はあの, はいいました, はいつ, はいろんな, はおどす, はかえって, はこれ, はだめ, はどう, はなんとも, ははにかみ, はひと, はまだ, はパナマ, は一寸手, は不利, は不平, は二十九日, は伍長, は修理, は元気, は先, は先生, は出征軍人, は千世子, は却って, は口, は夕飯, は大した, は学校, は常識, は手当, は本院, は気, は流汗淋漓, は無事, は片手, は真面目, は石津隊, は秀公, は耳, は自分, は輝, は雑誌, は面白い, ばかりでありません, へのもの, への伝言, への速達, へはしゃれた, へは先, もいい, もいろいろ, もう帰りましょう, もお, も同意, も御, も思いがけない, も様々, も涼しく, も無事, も結構, も落付, やあや子さん, や他, より頭脳, をたしなめなさいました, をにらみました, を見上げました, ポロポロ汗, 出かけるかも, 大満足, 申して, 行くこと, 黒い紋服袴, 黒い衣類

▼ 達二人~ (171, 0.6%)

5 の間 3 のこと, の者 2 とはその, のうち一人, の外, の散歩, の生活, はその, は俺, は長い, をその, を睨み付けた

1 [140件] からとしたら, が, がこれ, がまた, が仲, が何, が入っ, が其処, が愧, が拙者, が揃っ, が斯ん, が気紛れ, が江戸, が真っ先, が知っ, が縮こまつ, が貰われる, が貴様, が透明, こうし, そして機上, だけだろう, だけの夜, だけ残つて, でお送り, でさえ, です, でないと, でダージリン, で仲直り, で過ごし, とその, ともいま, とも殺し, とも誘惑, と一緒, と老人, などは急い, になつ, に倍, に恨み, に情死, に調べ, のいる, のほう, のもの, の一生, の与らぬ, の他, の仲, の仲裁者, の墓, の女, の子供, の孤児, の容姿, の影, の心, の心づかい, の心持ち, の恋, の旅, の楽しみ, の特権, の約束, の素姓, の結婚, の血, の親密, の身の上, の都合, の馴合仕事, はいい, はお互い, はそば, はどう, はどんなに, はまったく, はまつたく, はスウィートポテトー, はホッ, は一生, は京都, は伯母さん, は何と, は全然, は兩國橋, は同じ, は夢中, は大急ぎ, は宝泉坊, は寒, は寝, は小学校時代, は屋上, は帯, は平和, は店, は徒歩, は性情, は日本左衛門, は普通, は極, は此方側, は殆ど, は沼, は湖岸, は湖水, は煙たがられ, は玄竜, は的, は真夜中, は磔刑柱, は覗い, は許婚, は誠に, は連れ立つ, は鴉片, ばかりだ, もほか, より余程, を, をお, を中心, を仕事場, を助けた, を同じ, を声援, を忘れかね, を結びつける, を聴衆, を若い, を見, を見た, を見る, を見出す, を遠ざけ, を駕籠, 頑張つて

▼ 達から~ (162, 0.6%)

3 見れば 2 聞いて, 見ると, 離れて, 離れる機会

1 [151件] あまり遠く, いい気持, いろ, いろいろな, いろいろの, いろいろ話, おもしろい話, お手紙, からかわれたもの, きいての, きた勧降, この点, こんな処, こんな風, して, しぼり取って, ずっと離れた, ずんずん離れ, そう云われる, それぞれ九太の, それでは可, それは, だん, だんだん遠, です, とう, どんなに笑, なら何ん, なる, なんの, はじまった, ひきはなそうと, ひそかに, また貰, みれは, もすつかり置き忘れられて, ハイドンに, 一々御祝い, 一時別居させ, 一通りの, 二三卓を, 二十年後の, 二川の, 云う時, 云えば, 何ん, 使丁に, 先の, 先生への, 冷かしも, 前途を, 卑怯な, 双生児という, 受けたちぐはぐ, 受けた感化, 受取った切符, 嘲笑された, 大変に, 大変詳しく, 夫, 失われて, 奥住女史に, 女工さんと, 好意を, 始めて, 威勢の, 完全な, 実行し始めなけれ, 宮廷の, 家を, 家族たちまで, 寧ろ排斥, 尊ばれ拝まれて, 引き出されて, 影響された, 往々に, 心意上の, 怒鳴られるよう, 怨まれたらこの, 悪罵を, 愚痴ッぽかっ, 愛せられ敬, 愛想を, 感じたの, 成る一つ, 成る芸文会, 成れる二つ, 打合せの, 批判を, 救い出して, 敬し, 新しい日本, 新築の, 日頃憎悪の, 旦那を通して, 最も不名誉, 欲しいん, 毎日の, 沢山税金, 注意され, 注視され, 浮き上って, 無視され, 特に帝, 猥な, 甘い点, 當らず, 相当コッピドク敢行, 睨まれるの, 絶大な, 聞いたもの, 聞いた猿爺さん, 聞かされて, 聞き出すこと, 聞き出せるに, 聞く話, 聽いた, 自転車を, 菓子折が, 蔑まれるに, 衣類を, 見えなくなり妙高, 見えるところ, 見たら私, 見て, 親しまれて, 言やあ, 許されようとは, 話して, 話を, 貰ったよう, 貰って, 贈られた供餅, 贈られた野生, 軌道外の, 返礼を, 逃げ廻つてゐる, 進んで, 遐く, 遠ざかることとなつて志, 遠ざけられて, 遠のき鳴り, 遠去け, 邪魔に, 開放された, 隠居を, 離して, 青い蜜柑, 非常に, 馬を, 騷が

▼ 達~ (160, 0.5%)

16 あつた 2 ござります, さへ, な, 本当に何

1 [136件] あつたらしい, あつて, あと半分は, あの崖, あらう, あらう白無垢, いずれも, お尻, お話に, こいつはの, こういう問題, ござりました, さうし, さへも, しきりに話, しめっちまいやしょう, すっかり一纏め, すべすべの, すらそう, するからナ, せう, そこへ, その悪魔, その数年前, その数総勢, それぞれ実に, はない, ひきうけるからと, まさに重, また大人, みな自由に, みんな式服を, もって, やって, やはりその, やりたい通り, やる筈, よくある, キヤンプ料理を, ソヴェトで, チャセゴに, ハムレットは, ワッという, 一つの, 一杯つまっ, 三人四人と, 二人は, 二人共出鱈目を, 作った火曜会, 作つた自分達の, 保護を, 修学旅行にでも, 俳句や, 充ち三味線, 共にウプサラ, 其の人達, 再び万物, 出かけて, 判断し, 創り育て守り高め, 十五マイルの, 厳しい武家奉公, 呑気そうに, 喰べも, 固まって, 地方に, 埋まつて, 夕方からずつと, 外ならぬ, 大いに富裕, 大人ばかり, 女などを, 女は, 姉妹仲間に, 娘と, 婦人は, 学校を, 宥めて, 少しの, 屡々彼等, 市中は, 弾くの, 彼らは, 彼等が, 後に, 心靈研究會へ, 恐れを, 或はよき, 文字通り覆われ, 文辞には, 旦那に, 映画の, 月を, 有る, 有ると, 歌会とは, 歌會とは, 武器さえ, 気を, 決して疲れた, 無役, 片づけるが, 狂暴な, 獵と, 生み附けとい, 目撃しなかった, 直すと, 相談最中なさうです, 石川君達は, 研究する, 絵に, 美和子の, 自主的に, 自分の, 自分達の, 船を, 血色も, 見られるじゃ, 見物し, 角力大会を, 解剖台の, 計企, 話して, 話すの, 豪毅な, 足繁く, 身動きも, 車輪の, 鈴なりである, 錢形平次の, 長いか, 雑誌を, 雜誌を, 音楽好きで, 風呂場から, 食べも

▼ 達にも~ (157, 0.5%)

2 一と, 遠くに, 金不足の

1 [151件] あまりいじらせず, あまり似, いざと, いろいろ苦労, うまく取り入り, おいしいごはん, お目, かうかういふ事情, くれぐれ口外, このいきさつ, ごく自然, させられぬ私, した, すぐ分った, そのよう, その理屈, それが, それぞれ衣裳を, それと, それを, それ程公然, そんな神楽, たいへん有益, たやすく出来る, たやすく想像, だまって, ちつと, つけて, つつけんどん, どんなめいわく, ない何, なおべつに, はつきりと, はつきり認められる, ひとつ宛持たせ, ひどい苦労, ひらかれると, またサーシャ, まだよく解つて, まるきり責任, まるでもうごぶさただらけ, みんな配りました, めっきり優しく, やっと事, よくわかりませんでした, よく判っ, よく解る, わかりませんでございます, 一人, 一度も, 一日の, 一歩も, 不敗の, 云って, 亦さ, 仲, 伊達の, 会われないな, 何んの, 信じられるだらう, 傍で, 僕はた, 先生という, 分るだらうが, 分るでしょう, 判った, 判らないが, 判らなかった様子, 又と, 可愛がられないで, 名人の, 名誉と, 命じながら, 哀憐の, 固くいっ, 国境の, 土蔵は, 大半逃げられ, 容易に, 寄つて休ん, 山の, 山中歴日無しといふ, 屹度読ませ, 彼の, 彼女らが, 後には, 御奉公, 心配させる, 心配を, 恩賞を, 悉く注意, 悪い人, 愛想が, 手伝わせず素描, 捕われも, 推察された, 教え自分, 春を, 有りうるだらう, 本当にその, 正成と, 毛糸を, 気が, 沢山意見, 無いとは, 猜疑の, 理解されなかった, 申し訳ねえ, 盃を, 目こぼし, 目を, 相談が, 真面目に, 眼を, 私は, 秋子の, 細君が, 聞えずや, 聞かせた, 聞こえ合つて, 自分の, 舎中の, 芸術は, 褒められたので, 褒美を, 見せたいもの, 見せて, 見知らせて, 見送られ妻, 見送られ巌流, 解せて, 解るもの, 解る日本の, 評判だ, 話さなければ, 話しかける時, 認められて, 誰が, 談し, 負けぬりりしさ, 貧乏な, 逢いたいと, 逢いました, 逢えないかも, 逢つて見ました, 逢わせたい, 酬うべき, 防寒の, 降ったの, 餞別を, 饗宴だ

▼ 達~ (123, 0.4%)

4 近所の 2 下女を, 光琳の, 妹は, 姉達の, 展覧会への

1 [109件] あたしに, あの果物籠, うり取い, おべっか使いの, お内儀さん達, お店者などの, かてまだ, かみて, がそこここ, この事業, そのほかたくさん, その親達, その食い終った, それからまたその, たまに里, である, とても一生, またその, またその後, やくざぢや, やたらに, アいまでこそ, シバの, シヤルル・マーニユの, シヤル・マーニユの, シヽリイ生れの, ロジェル・エ・ギャレと, 一言に, 下婢に, 中に, 主だった, 二三の, 令嬢達も, 伊三郎の, 会衆の, 俺達の, 兄君は, 入院し, 出迎えに, 南瓜み, 図案家名家の, 大きな金剛石, 夫だって, 夫の, 女どもにとっては, 女中までから, 女中共が, 女婿を, 女房方を, 娘さん達は, 子供は, 子供達が, 孫弟子達では, 孫達や, 宗榮や, 家の, 寺男の, 小さい童, 小さな子供, 小僧が, 幾百と, 店の, 彼女を, 後輩の, 従兄従妹などという, 支配人の, 敵対者さえの, 新しい形式論理学者達, 新進の, 旦那衆が, 横柄に, 正直な, 母親などと, 河や, 河原の, 清が, 滝川教授罷免の, 父兄達は, 物好きさうな, 犬共が, 王様女王様美しい, 田舎芸術家達の, 男の子の, 男達の, 白手袋に, 看護人達や, 看護婦達に, 石切り山の, 社員の, 祖母上等来られ, 神学者達によって, 私共, 稲垣の, 空しく帰っ, 縁者の, 胸に, 花簪を, 若いもの, 若い女達, 若者を, 警官達の, 買いたかろ, 買物に, 農夫達は, 遊里に, 避難民や, 陰口の, 雛妓等の, 飼いもの

▼ 達夫婦~ (80, 0.3%)

3 の間, はこの 2 にとつて, に子供, の, の仲, の分身, の間柄, は, はどんなに

1 [58件] からお願い, から割り出し, が, がこうして, がそう, がはじめて, が別々, が新婚旅行, が浜田氏, が生き, が肥料, が金銭, が飯, であつ, と一緒, と同棲, にはこの, に向っ, に呉れた, に旅行, のこと, のさっぱり, のそうした, のところ, のもの, のやう, の事情, の会合, の六人, の口, の子供, の孝, の手, の籍, の葬式, はどんな, はまだ, は事実上, は人人, は何事, は其処, は分れ分れ, は別に, は古澤先生, は和田英作, は左団扇, は御, は最初, は無理矢理, は紹介, は行けない, は飽くまで, もだんだん, も助かります, も昭和三年, よりもさき, をつれ, を見たい

▼ 達~ (70, 0.2%)

2 云った

1 [68件] お託, お説教, お酌, お飯ア, くれて, けしかけるよう, こちらから, すすめた, そういっ, そっと喋る, その道順, わけて, ジリジリと, ユーモアを, 丁寧な, 上がれとも, 与える書簡, 主人かの, 云いながら, 余り親しみを, 作品からは, 光をを, 出迎えさせ定宿明石屋, 切って, 剣術を, 動物的な, 召状を, 向い, 向って, 呉れやがる, 命ずるの, 報じて, 報らせ, 声を, 對し, 広くお, 延寿酒を, 引渡し候処実証なり, 彼女らは, 後の, 復讐しはじめた, 挨拶した, 挨拶なぞも, 振り撒いた, 支払う公金, 敢然と, 早く来い, 次々に, 殺到した, 気がねが, 氣の, 沢山与えた, 申し入れる, 申し渡し出来るだけ, 真の, 知らせようもの, 紹介した, 給料を, 見せびらかしに, 譲るもの, 足が, 送った意見書, 送らせるの, 金も, 面会を, 飛付いた時, 飛躍し得た, 黙って

▼ 達とは~ (69, 0.2%)

3 比べものに, 違ふ 2 全く類

1 [61件] このシャドウ川, しばらくの, ちがうん, なんとなく打ち解けない, もう村, テムペラメントも, 一生懸命に, 一足遅れ, 了見が, 享和三年二月二十九日に, 人種が, 仲が, 似ても, 何となく違, 何処へ, 余り口も, 倦まずに, 全く出, 全く違つた, 別な, 別の, 又違つた, 収容所で, 喧騒き, 大分違っ, 大變, 大違い, 天狗か, 太く趣, 宿屋の, 少し異, 帰って, 急な, 日ごろ顔見知り, 日頃から, 朝日を, 森の, 樣子が, 此市の, 殆ど口を, 段が, 煖炉の, 異つて, 競べものには, 自らその, 自然と, 落ち合った, 血の, 親と, 誰にも, 違った慈愛, 違って, 違つた外の, 違つた道を, 違つて残さう, 違ひ, 遠縁に, 随分異, 際立つて, 隨分した, 顏馴染で

▼ 達三人~ (67, 0.2%)

2 の生活, は小石川, は皆んな莫迦者, は馬車

1 [59件] がフーフー, が丹生川平, が窺いよっ, が臆病, が転ん, が運, そんな事, だけでも, であの, でお, でこの, でその, で送っ, というの, と他, と共に両国, に悪い, の兄弟, の少年, の意見, の所, の気持, の為め, の結論, の落ちついた, の間, はうしろ, はおのおの, はすばやく, はその, はそれ, はつい, はぼんやり, はやつぱり温泉, はスパルタ, は三木君, は借手, は坂, は川手さん, は御, は恐竜, は或, は早見さち子, は滑る, は直方, は立ち竦んだ, は立山本山, は銀座, は露店, は黙然, また検事さん, を, をも喜ばせる, を一緒, を幽霊, を敬っ, を訊問, 打ちそろって, 立上がって

▼ 達まで~ (50, 0.2%)

2 あいつは, 川へ, 殺す動機, 氣も

1 [42件] いつの間にか闇, この新しい, そのため, その口真似, その音, そんな悲しい, とりとりの, なんべん, のこして, まるで自分, ベソを, 一丸と, 一人として, 一同の, 世間に, 何だか知らん, 出て, 加は, 卷添へに, 口癖の, 多勢波止場に, 大勢馳け, 居合せたの, 巻添えに, 巻添えを, 彼女を, 心の, 思うか, 急に, 怯やかし, 拾って, 明日は, 村重と共に, 此の, 殆どイベットに, 滅入り込ませるの, 現れて, 皆で, 皆桜井, 肩身が, 自暴自棄と, 集つて来

▼ 達より~ (48, 0.2%)

2 わるいん, 一足先に, 先に

1 [42件] いつも末席, ずっといい, ずーっとカン, どうともし, はるかに, ほとんど二十間, よっぽど太い, よほど自由, 一と, 一刻半ばかり, 一寸大きい, 一歩先に, 一足早く, 一足遅く, 三四日後れ, 下は, 五日前に, 他に, 優れた所, 凡そ二三段下つてる, 前に, 勝れてるわけ, 十倍も, 四半刻は, 四半刻も, 外に, 小林の, 少し先, 少し前, 少し立ち勝つた, 幼い癖, 早い, 早くは, 早く起き, 殺された半, 深くスバー, 生じて, 生活の, 目下の, 良い着物, 遅く東京, 長く世の中

▼ 達~ (46, 0.2%)

32 からである, と分る, と思う, な, ね

1 [33件] からこそこうした, からだ, から大きく, から踊り, から迷惑, が比較的, その背骨, つた若者が, つてどんな, つてまた, つて息を, つて橋田といふ, つて滅多に, つて癪にも, つて矢張坂を, つて私を, つて自分の, つて要するに, といいました, というわけ, という毅然たる, という考え方, とこの, とてぼく, との事, と告げた, と思った, と思つて, と思はれ, と覚っ, なと彼, なと思ひました, のが

▼ 達によって~ (41, 0.1%)

1 [41件] かくも, しばしば行なわれ, はじめて歌われ出した, もう充分, ブルジョア社会に, 一蹴され, 丁寧な, 与えられて, 与えられるの, 世間は, 之まで, 今現在未, 伝えられて, 唯一の, 問題の, 喧しく提案, 四方に, 回避された, 実演された, 往々神経質, 御馳走が, 掻き乱されて, 提唱され, 支倉は, 更に近世, 歓迎され, 流された血, 熱心に, 知らされて, 短歌会が, 示されなければ, 組織された, 繰かえされるの, 舞踊会は, 行なわれるべき学者, 表面上は, 言われて, 設けられたそう, 試みられたこと, 運命は, 順調に

▼ 達~ (40, 0.1%)

6 のだ, のである 2 んだ, んです

1 [24件] からめ, の, のか, のだらう, のだろう, のであろう, のでござる, のです, ので喜ん, のにこの間, のよ, のを, ダンスを, ンだ, 微笑を, 手腕を, 理智の, 笑いに, 筆致で, 説教師は, 連中な, 青年武士で, 風を, 風格でした

▼ 達にとっては~ (40, 0.1%)

2 非常に

1 [38件] ある年齢, いかにも道理至極, こうした科学, これを, その昼, それにも, どこを, なんでも, 一つの, 一大事それを, 一大事に, 仇敵の, 併し, 俗物さ自身の, 個性が, 全くこれ, 却って当然な, 命と, 国家や, 多難な, 大きに危懼, 引っ切り無し, 必ずしもそうで, 恐らくその, 救いであった, 正に青天の霹靂, 此宮廷を, 死んだ周公, 狩猟と, 現在は, 異性は, 直ぐ靡く, 科学を, 罪悪という, 謂わば, 讐敵にあたる, 部屋が, 風紀警察位い

▼ 達自身~ (40, 0.1%)

2 がその

1 [38件] が不満, が何等, が綿々, さえが止む, で判断, で歩く, で決めた, にすら眺め得られないだろう, にとって明晰判明, には大して, にも一向, にも判らない, に判る, に向っ, に必要, に責任, の, のこうした, のインテリジェンス, の意図, の意識, の慘めさ, の手, の生活, の経験, の顔, は政治, までがその, もその, も大いに, も考える, も集団的, を, をおいてけぼり, を変らせ, を幸福, を欣, を造り出す

▼ 達よりも~ (39, 0.1%)

1 [39件] ずっと痩せこけ, ずっと遅れ, もっともっと社会的, もっと夜目, もっと荒仕事, もてなし振りが, わたしは, モダンの, 一層無, 一船前に, 一足先に, 上手の, 不憫が, 二ツ三ツ年長だつた, 何か, 先に, 厳しい訓練, 又大, 句仏氏の, 喋舌った, 多くの, 大きいの, 如何に奇麗, 如何に容易, 彼に, 悧口なぬ, 新子の, 本当の, 水際立って, 白痴の, 目立って, 確かに, 美しい自分, 美服した, 自分が, 自分等の, 親しみ易, 近所の, 遙かに

▼ 達ばかり~ (36, 0.1%)

6 では 52 だと, なの

1 [21件] だから, だつた, だつたので, で, であつ, である, でした, です, ですよ, でないと, でなかった, でなく大人, でなく肉親, でなく肉身, でやつ, で民, なので, スカートを, 他には, 眠さ, 草履取りや

▼ 達との~ (33, 0.1%)

4 間に 2 問答録と

1 [27件] いきさつが, ことは, つきあいも, 世話とで, 交友と, 交友に, 初めの, 勝負で, 壮行会や, 大いなる母, 対照は, 対照も, 差が, 徴號の, 思春の, 新たな, 直接の, 親しき関聯, 話から, 話で, 距離は, 間には, 間を, 関係は, 雑魚寝の, 雑魚寝は, 食べ物は

▼ 達である~ (31, 0.1%)

2 が実は, ことを

1 [27件] か, かを感じるだろう, かを知ろう, が今, が角蔵, ことだ, ことの, ことは, ことやを, こと幸と, この己達, だけにそれから, といふ事, とし, と同時にやや, と知る, と説明, のとで, のに年, のに髮, やうに, わよ, 仏独支那の, 労働者の, 将兵諸氏が, 彼等は, 政府を

▼ 達にとって~ (31, 0.1%)

1 [31件] いつもほど, きのうの, この現象, こんな心, それは, ほんとに力, リストほど, 一つの, 一と, 何よりも, 俺達の, 全くゆがめられた, 国に, 大変面白く, 好もしいもの, 如何なるもの, 学校は, 寝て, 彼ほど, 心に, 快いこと, 思うこと, 文字どおりドリイミング・コオスといった, 有害である, 殆ん, 決して自然, 生みの, 禁を, 絵の, 耕作価値など, 見ればなあ

▼ 達だって~ (30, 0.1%)

1 [30件] い, いいかげんな, これぐらいは, そうでしてよ, ついには, みんな平気で, もう信用, パパと, 一つ穴だ, 三年兵にも, 以前は, 助かりよう, 助かるじゃ, 口じゃあ, 困らア, 奴に, 好きでない, 常識と, 徴用令を, 心の, 折が, 掴んで, 新らしい, 皆私の, 私の, 腹の, 赤児で, 関合い, 食い酔, 黙っちゃ

▼ 達~ (30, 0.1%)

32 きみらは

1 [25件] いいじゃ, いつまでも, お前達は, それは, どうぞ悪から, わが延若, ビルデングを, 一人残らず起っ, 一勢に, 一斉に, 人の, 人間達よ, 可愛い俺, 喜ぶが, 大きくなれ, 左様なら, 成るべくなら君達, 政治運動を, 汝等の, 眉を, 神平安を, 神秘と, 私の, 草の, 願わく

▼ 達兄弟~ (28, 0.1%)

2 の少年, の怨み, を愛し

1 [22件] が予想, が極めて, とは血, と幼い, と村童達, には甥, のこと, のたれ, の事, の勉強部屋, の腕, はお互い, はその, はちょうど, はちりぢ, はタッタ一眼, は今更, は何, は天涯, は学校, は祖母, は間もなく

▼ 達~ (28, 0.1%)

1 [28件] が小舟, が少し, が素早く, だが, であつ, である私, と名づけた, と私, の利益, の合作, の外, の對照, の怖い, の繪, の蒐集家, の赤地, は面壁九年, は高知丈, もわたし, も作りたい, をかき, をもつ, を作り, を描いた, を殺す, を置い, を見る, 未だ西

▼ 達という~ (26, 0.1%)

5 のは 2 ものが, ものは, 一大家族の

1 [15件] のが, のでしょう, やつは, ような, 事なかりし, 人は, 和尚さまが, 和尚さんが, 弟子坊主が, 御出家, 様な, 稀代な, 者は, 装飾画家の, 複数の

▼ 達と共に~ (26, 0.1%)

2 坐ると, 泊りに

1 [22件] おほいな, この言葉, その生き方, ただ酒席, わが諸, 丞相府の, 之を, 事変後の, 云って, 十歳前後で, 同じ狂乱, 坐りこんで, 暮して, 狭い船室, 田中翁を, 留守を, 百姓でも, 立ち働いて, 谷間へ, 追い求めるべきである, 遊びたくても, 駈け下りて

▼ 達にと~ (24, 0.1%)

17 つては 1 つてだけ, つて一寸意外な, つて余りに, つて尊重せられるべき, つて忘れ, つて面白い, 神の

▼ 達四人~ (24, 0.1%)

1 [24件] があれ, が一度, が憎く, と云, と外, と清月, に鋭く, の交友, の他, の元勲, の兄弟, の家族, の怨み, の汽車, の者, の茶代, はすぐ, は客堂, は幸福, は昨日, は自動車, は荷, は鷹匠, を供

▼ 達だけ~ (23, 0.1%)

4 では 2

1 [17件] さつさと, だと, だらうと, ぢや, で変, で氣, やって来て, らしいぞ, 先に, 光琳の, 助かるつもり, 山へ, 残されて, 立派に, 笑つてゐる, 話を, 食事を

▼ 達への~ (23, 0.1%)

1 [23件] あたりも, お説教, みせしめも, 侮蔑に, 僅かな, 回避の, 土産に, 土産の, 思い遣りも, 手前にも, 温かい感謝, 激励鞭撻と, 狂暴は, 見栄や, 贈呈式が, 軽侮は, 軽蔑を, 返事を, 道だ, 遠慮の, 遠慮のみ, 闘いであり, 非難は

▼ 達こそ~ (21, 0.1%)

2 いい面

1 [19件] この屋敷, これから依子, その漁場, どうしてこんな, 丹生川平の, 会いてえ人, 俺達を, 判らないと, 同情され, 帰りや, 日本の, 村瀬さんの, 気狂いだ, 泥棒を, 無知だった, 男と, 祭典の, 臆病な, 進歩的だ

▼ 達~ (20, 0.1%)

3 なかった, ぬ 2 ぬ室, 捕方で 1 こッそりと, ず中, なかつた, ぬの, ぬもの, ぬテーブル, またうめ, 何か, 然し狼, 鉄砲を

▼ 達でも~ (20, 0.1%)

1 [20件] あるまいじゃ, お交際, ない, ないと, なかった, なかなかこの, もう四, 一見血気, 二十歳前に, 今度という, 出て, 帰つて来たら, 往來の, 星を, 水の, 現れぬ限り口, 衝突した, 通ったらと, 醜い茶器, 革命の

▼ 達に対して~ (20, 0.1%)

1 [20件] あんな悪, いろんなこと, おしや, そんな途方, どうしても打ち解けきれぬ, みっともないねえ, サーヴィスする, 妻同志女の, 御承知, 抱かれる次, 抱く怒り, 持たないであろうか, 教えて, 文句を, 斯ん, 気が, 深く深くおわび, 講義は, 身も, 鼻を

▼ 達~ (20, 0.1%)

3 にまくし立てます 2 にまくし立てる

1 [15件] でした, でまくし立てる, で大した, で大男, で戰鬪的, で要領, で説明, な口上, に續, に辯, の持主, の爲め, はさすが, は驚くべき, を封じました

▼ 達とも~ (19, 0.1%)

2 じき仲よく

1 [17件] あるもの, しきりに往来, 交際が, 交際を, 口を, 墾意だ, 懇意に, 申します, 相談し, 相談した, 相談したら, 笑い興ずる, 親しい間柄, 親しく行き来, 逢うだろう, 顏を, 馴染んで

▼ 達親子~ (19, 0.1%)

2 のもの, のよう, の者

1 [13件] で官舎, の一手, の上, の居る, の着いた, の苦しみ, の間, はどんなに, はペスト, は東京, をダシ, を不快視, を跟

▼ 達に対する~ (18, 0.1%)

1 [18件] 世間の, 判決云い, 国民精神教育の, 圧倒的な, 婦人たちの, 彼の, 心持を, 愛情の, 愛憎の, 態度は, 態度も, 教育と, 正義の, 穀価を, 言葉は, 論告が, 迫害は, 頂門の

▼ 達までが~ (18, 0.1%)

2 牡丹餅判を

1 [16件] もそもそと, ハチ公などに, ビレラフォンを, 如何にも旨, 寺子屋通い致す, 少しの, 彼を, 手に, 手を, 拍手を, 捕物帖を, 武者振い, 迎うべき, 重詰などを, 飯を, 鳥籠を

▼ 達~ (16, 0.1%)

1 [16件] あなのよ, おまえの, しるめ, みんな働きすぎた, もうかなわねえ, やつぱり百姓の, 人間の, 仕様が, 何も, 止しやしねえぜ, 歯くいしばっ, 畳を, 美しい楽しいかけ, 腑抜けかね, 許婚な, 食うため

▼ 達だけで~ (15, 0.1%)

1 [15件] あつた, すること, それが, ぶつ始めりや, もって, 一日中さがし, 作って, 小旗, 心配し, 文学の, 来たん, 秘密に, 能を, 長い線路, 飼いましょうよ

▼ 達~ (15, 0.1%)

1 [15件] 取らなければ, 問返さん様子, 嚥みたかつたら, 妻にと, 娘を, 居て, 引きから, 推問わんとも, 止めだてを, 無垢不, 留め立を, 罰金を, 近眼を, 顔を, 饗ば

▼ 達では~ (15, 0.1%)

3 ない

1 [12件] あるが, あるまいか, ございませぬか, どうする, ないか, ないかと, ないと, なくて, 不思議に, 公共な, 無くして, 長子の

▼ 達~ (15, 0.1%)

3 すると 2 して 1 した氣持, してを, し聊草茅, すること, する者, となす者, と人生, と稱, もある, を示す

▼ 達をも~ (14, 0.0%)

1 [14件] おなじやう, さまざまの, それぞれに, どんなにか, 含めて, 悦ばせようと, 様々の, 漸く目, 熱狂させ, 社会的な, 私は, 美に, 見受けた, 陸をも

▼ 達~ (13, 0.0%)

3 さう 2 さうなところ, そうな 1 さうに高く, そうも, て, もしよう, やうが, 他の

▼ 達なら~ (13, 0.0%)

2 ば蚤

1 [11件] この釜無, すぐ病気, それで, とうの, ば相, ば色々, 一目に, 三十人おろう, 何と, 宣傳效果の, 東京の

▼ 達姉妹~ (13, 0.0%)

2 が食事

1 [11件] が借りた, が大好き, のこと, の中, の色白, の行末, はすじ, は何, は祖母, をもう, をコキ使つて

▼ 達~ (12, 0.0%)

1 [12件] かぎりは, かどうか, とこの, と雄二, ばかりに近づき, ほど近く, やうに, ように, 位立っ, 処に, 手を, 限りそこに

▼ 達といふ~ (12, 0.0%)

5 のは, ものは 1 ものが, 人は

▼ 達とが~ (12, 0.0%)

1 [12件] かれら, ごちゃ, ただ本質上数学的, 並んで, 出迎, 堂々と, 居た, 彼女の, 採用した, 石段の, 総がかりで, 見物し

▼ 達一家~ (12, 0.0%)

1 [12件] となん, とは軽井沢, の宿命, の尊敬, の者, は割合, は四条, は実に, は小石川, は東京, は麻川荘, を引っ掴ん

▼ 達からは~ (11, 0.0%)

1 [11件] いろんな事, さう, まるで異なっ, 人望が, 出来るだけ, 宝物の, 恐れられ幹部連中, 校長を, 百円ともかく, 自然の, 認められても

▼ 達さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいい, が帰る, ごめんなさいまし, ですか, というアンチモニー, と云う, の事, までも悪, も誰, を殺すなら殺す, 何とかてい

▼ 達だけが~ (11, 0.0%)

1 [11件] そこに, その隧道, ほんとうの, よく知っ, 仕合せに, 兵隊に, 助かって, 口に, 名前を, 向うから, 殺気だって

▼ 達だけの~ (11, 0.0%)

1 [11件] もので, ものを, 力では, 口を, 安息場所を, 家庭では, 専売じゃ, 材料によって, 生活の, 芸術だ, 身を

▼ 達だけは~ (11, 0.0%)

1 [11件] こっそり妥協, もう小判, ヲダハラにと, 先に, 子の, 小高い丘, 戦争責任は, 無事だった, 知り抜いて, 自分の, 関は

▼ 達でさえ~ (11, 0.0%)

1 [11件] すでにこれ, そんなひどい, よほど彼, ゾッと襟元, 些か色情的, 反感を, 恐れてるくらい, 服の, 来て, 歯痒くなる, 這入れないん

▼ 達一同~ (11, 0.0%)

2 は五月 1 がわし, が以前, が寄ん, た, の視線, は手前達, は表, を召し寄せ, を咀

▼ 達子供~ (11, 0.0%)

1 [11件] が成長, の時分, の責任, の頃, は, はおとなしく, はまだ, は不思議, は家産, は神様, は面

▼ 達さえ~ (10, 0.0%)

1 よければ, 別に恐い, 動じずに, 叱り飛ばして, 未だお, 校長室に, 気の, 立派だ, 苦しい暮し, 言うの

▼ 達にまで~ (10, 0.0%)

1 世話を, 伝わって, 可笑しがられ, 変な, 好意を, 嬲られながらの, 影響し, 心配させ, 無害な, 辛く當

▼ 達人間~ (10, 0.0%)

1 だと, にはその, のもの, の生き, の生命, の生活, の金子, は人生五十年, は友人, は考えつく

▼ 達仲間~ (10, 0.0%)

1 じゃプリムロウズ, ではよく, では言つて, で人数, のつきあい, の事情通, の位置, の嫉妬心, の意気地, の掟通り

▼ 達夫妻~ (10, 0.0%)

2 の願い 1 だけであつ, であるが, に対し国, の合奏, の跡, はどんな, は忌わしい, を促し

▼ 達母子~ (10, 0.0%)

1 が予て, が死ぬ, でグル, と全く, のこと, の境遇, の為す, の生活, ははなれる, は夫

▼ 達からの~ (9, 0.0%)

1 これ以上の, 依頼に, 又聞きだ, 山の, 引用によって, 手紙が, 知らせなどに, 評判は, 香奠などを

▼ 達です~ (9, 0.0%)

1 か, から贔屓, が, が劇団, って, と云おう, ね, もの誰だって, よ

▼ 達~ (9, 0.0%)

1 しめたもの, ずと, ずとは, ないの, ないので, のようす, は, はかつて, も怖がっ

▼ 達親子三人~ (9, 0.0%)

2 が東京行き 1 が最後, が最近, の世界, の恋人, の放浪者, の生命, の関係

▼ 達この~ (8, 0.0%)

1 あたり立廻り相ならぬ, お方はな, ような, 上雪に, 中の, 人は, 全部の, 長崎屋を

▼ 達じゃ~ (8, 0.0%)

4 ないか 1 ありません, お山の, ねえか, まだ足りない

▼ 達その~ (8, 0.0%)

2 中でも 1 うちに, 中から, 中に, 用意を, 行方を, 首を

▼ 達でした~ (8, 0.0%)

1 からこの, からまだ, が他, そして婆さん鶏, ので物, よ, よ一人, 戦争で

▼ 達にとっても~ (8, 0.0%)

1 そういう厄介, リストほど, 一口に, 事実上この, 人間は, 又この, 楽しかろう, 確かに

▼ 達~ (8, 0.0%)

1 でいる, できこえ, でゐる, で内実, で名うて, で居, で舞台, の餓鬼大将

▼ 達職業婦人~ (8, 0.0%)

1 が真面目, のグループ, の多数, はどこ, は決して, は舞台化粧以上, は雑誌, を包んだ

▼ 達からも~ (7, 0.0%)

1 いろ, 使いが, 可愛がられ自分, 妙な, 正当な, 無論音沙汰, 自分の

▼ 達それ~ (7, 0.0%)

1 から滝本, と浅間, に用, に青侍, をほじくり出し, を其の, を追って

▼ 達って~ (7, 0.0%)

1 あんなに馬鹿, お留め成, 御地へ, 抵抗し, 止めて, 田舎に, 諌めて

▼ 達であった~ (7, 0.0%)

1 から, がその, が頭, ことからも, と云っ, と言われ, のだ

▼ 達とを~ (7, 0.0%)

1 へだてて, 並べて, 奪って, 抱いて, 結びつけた, 脅かした, 連れて

▼ 達などは~ (7, 0.0%)

1 すべてこの, なぜか, ま言っ, 伝平を, 啓蒙期という, 無限に, 生牡蠣

▼ 達について~ (7, 0.0%)

1 いろんなこと, きた, もっと熱心, 是非何, 海岸の, 色々の, 表へ

▼ 達~ (7, 0.0%)

4 がっ 2 がッ 1 きっといろ

▼ 達一族~ (7, 0.0%)

2 の味方, の者 1 のこの, は我々, は苦境

▼ 達~ (7, 0.0%)

1 かミステーク, か不満, が何やら, して, もいわず, も大して, も言わず

▼ 達兄妹~ (7, 0.0%)

1 の生活, はただ, は世間, は御, は救われた, は畳, を助け

▼ 達全部~ (7, 0.0%)

1 が帰っ, が證言, そうして全部, に適当, は全部, を同一, を引き渡し

▼ 達天皇~ (7, 0.0%)

1 のとき, の御代, の朝, の条, の皇女, の裔, の頃

▼ 達~ (7, 0.0%)

1 が一體, なを, の心持, を一つ, を眺め, 畏き境界, 眠れり

▼ 達~ (6, 0.0%)

1 に打ち込ん, はあります, へいと, へ注意, やうなら, を消した

▼ 達せる~ (6, 0.0%)

1 ことから, ことを, ときそれを, ものにて, 今日食ふこ, 時適当なる

▼ 達ちゃんたち~ (6, 0.0%)

1 にもお話, にやき, のお, のこと, の写真, へ送る

▼ 達どの~ (6, 0.0%)

2 同じく春勝 1 も元, をうらやましい, をお, 同じく春勝どの

▼ 達に対しては~ (6, 0.0%)

1 まるでお, 又熱心, 反抗し, 極めて気分, 親切だ, 言葉つきも

▼ 達ばかりが~ (6, 0.0%)

1 偉さうに振舞, 取り残され又, 矢面の, 私の, 行く方, 高等人種で

▼ 達までも~ (6, 0.0%)

1 やはり夫婦合体, 一杯食わせよう, 坊主の, 浮れた, 火を, 皆殺させた

▼ 達~ (6, 0.0%)

1 から校長, が教頭席, といふ上席教師, は大男, は嬉し, は教頭

▼ 達~ (6, 0.0%)

1 で歌う, という小唄, にも, の流れ, の考証, を唄っ

▼ 達これ~ (5, 0.0%)

1 あり奇怪, かれ三十人餘, だけが全, で一役, に比する

▼ 達だの~ (5, 0.0%)

1 安間了現なども, 杖を, 町奴だ, 病棟の, 高級の

▼ 達~ (5, 0.0%)

5 ちゃん

▼ 達つて~ (5, 0.0%)

1 この戦争, との御意, 居るの, 戻つて, 行く処

▼ 達によ~ (5, 0.0%)

1 つて取り調べられた, つて取脱された, つて書かれた, つて組織され, つて農村の

▼ 達に対しても~ (5, 0.0%)

1 ひどく無口, ぼくの, まず第, よくこんな, 彼は

▼ 達ばかりを~ (5, 0.0%)

1 やった日, 構っては, 男と, 自分の, 集めて

▼ 達みんな~ (5, 0.0%)

1 からまで噛みつかれ, が取り合おう, で山, にとってまったく, の中

▼ 達もう~ (5, 0.0%)

1 そんな話, 一杯, 小十年, 死んだわね, 落米を

▼ 達よりは~ (5, 0.0%)

1 ずっとおくれ, 二つも, 大いに結構, 段違いの, 確かに

▼ 達~ (5, 0.0%)

1 一行モ菊太郎モ参加シテ晩餐ヲ, 学校モ始マルノデ豫定ヲ, 敵デワ, 爲メニ必然的ニ經由シツツアル過程ナリ, 生命ヲモ財産ヲモ保護シテハイナイノデアル

▼ 達~ (5, 0.0%)

2 を苦しめる 1 が歩い, で占領, は疑

▼ 達五人~ (5, 0.0%)

1 がいち時, とボルネオ, に托する, の者, ばかりと廣島

▼ 達光琳~ (5, 0.0%)

2 の絵 1 などにいたる, などの作品, のもの

▼ 達~ (5, 0.0%)

1 とおかあさん, のやん, は半年, へお, を私

▼ 達~ (5, 0.0%)

1 なんぞ人間, の為す, も往々, を俟, を煩

▼ 達~ (5, 0.0%)

1 に自分, の前身, を祖, を罵りし, 善知識故と

▼ 達父娘~ (5, 0.0%)

2 もある 1 のもの, の身, への義理

▼ 達~ (5, 0.0%)

1 だ, の士, は達眼, をもっ, を知る

▼ 達~ (5, 0.0%)

1 が立ち並ん, の子, の孫, の色彩絢爛, の面影

▼ 達若い~ (5, 0.0%)

2 者は 1 ものだ, ものは, 青年は

▼ 達~ (5, 0.0%)

21 に入る, の悪, の窟

▼ 達いた~ (4, 0.0%)

2 父の 1 と思う, 自分は

▼ 達~ (4, 0.0%)

1 つ母さん, 互ひ, 家賃は, 芝居を

▼ 達すべて~ (4, 0.0%)

1 の人民, の仲間, の意見, 働く婦人

▼ 達それから~ (4, 0.0%)

1 この四月, 今の, 自分の, 親族の

▼ 達だけに~ (4, 0.0%)

1 こうなる, なって, ひどくくだけ, 留保した

▼ 達だった~ (4, 0.0%)

1 ということ, とする, のだ, 一番先き

▼ 達だろう~ (4, 0.0%)

1 と思う, よ, 何が, 見物人は

▼ 達であろう~ (4, 0.0%)

1 がそれら, と思っ, 白無垢を, 筒袖を

▼ 達とか~ (4, 0.0%)

1 侠客とか, 女役者とか, 町奴とか, 雪舟とか

▼ 達としては~ (4, 0.0%)

1 何とも言, 何も, 勉強上大切です, 取消に

▼ 達どう~ (4, 0.0%)

1 しましょう, しましょう姉妹達, なるの, なるん

▼ 達にとり~ (4, 0.0%)

1 囲まれたまま, 囲れ, 巻かれて, 特に父

▼ 達にゃ~ (4, 0.0%)

1 それで, もう要らねえ, 一文だって, 軍運は

▼ 達のみ~ (4, 0.0%)

1 さあらぬ, づみづしい顔を, ならず周囲, なりに対する

▼ 達へも~ (4, 0.0%)

1 呼びかけた, 孫殿へも, 愛情らしい, 手紙を

▼ 達みたい~ (4, 0.0%)

1 な町人根性, な襤褸船, に小径, に若い

▼ 達~ (4, 0.0%)

1 ところでモローゾフ, ところに, ところには, ところにも

▼ 達~ (4, 0.0%)

1 あの赤鬼, 為ってるん, 白テロ白テロって, 黙っとれ伍長ッ貴様アさっき避難民

▼ 達一行~ (4, 0.0%)

1 に打つかる, の出発, はソレ, は和歌

▼ 達~ (4, 0.0%)

1 三名に, 名が, 名で, 名は

▼ 達二三人~ (4, 0.0%)

1 と垣根, に逢つて, も求められ, を相手

▼ 達二人きり~ (4, 0.0%)

1 じゃ余り, ですよ, で作った, で薄暗い

▼ 達人民~ (4, 0.0%)

1 が置かれた, にゃホント, の自由, は当時

▼ 達及び~ (4, 0.0%)

1 一般読者に, 他の, 刑務所長ウルムブラント氏と共に, 彼等と

▼ 達和尚~ (4, 0.0%)

1 お竹, が向, が常に, を突

▼ 達四五人~ (4, 0.0%)

1 いれば, でお前, の日本人, 集って

▼ 達~ (4, 0.0%)

1 夫婦が, 招待します, 秘蔵の, 聴御満足思召候段奉蒙

▼ 達摩さん~ (4, 0.0%)

1 が飛び出します, だ, だ達摩さん, も忠義

▼ 達日本~ (4, 0.0%)

1 の人民, の健気, の少女, の男子

▼ 達皆んな~ (4, 0.0%)

1 がやるだらう, にかかる, に見える, に逢いたくなった

▼ 達~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て色

▼ 達いずれ~ (3, 0.0%)

1 もその, も四十以上, も存じおる如く

▼ 達じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ございませんか, なかった, 判らねえ

▼ 達すら~ (3, 0.0%)

2 史料の 1 学生向きに

▼ 達せらるる~ (3, 0.0%)

1 かのご, 何等の, 兆か

▼ 達たち~ (3, 0.0%)

1 から, のすすめ, の多く

▼ 達だけを~ (3, 0.0%)

1 こき使う司令官, そっくり完全, 明るく照

▼ 達だつ~ (3, 0.0%)

1 てきつ, てやはり, て今にも

▼ 達ちゃん達~ (3, 0.0%)

1 がその, は後まわし, もこれ

▼ 達ちゃん隆ちゃん~ (3, 0.0%)

1 にはもう, には二三日, には荷造り

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 やが, や無, や物

▼ 達ての~ (3, 0.0%)

1 御希望, 頼みだ, 頼みである

▼ 達でない~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 ことも

▼ 達でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ば読ん

▼ 達など~ (3, 0.0%)

1 なの, 一人として, 俗に

▼ 達などの~ (3, 0.0%)

1 あの空想的, ご処分, 類とは

▼ 達なども~ (3, 0.0%)

2 いろいろの 1 場所へ

▼ 達なる~ (3, 0.0%)

2 ものと 1 ものは

▼ 達なんて~ (3, 0.0%)

1 あるもの, それは, 爆弾が

▼ 達にさえ~ (3, 0.0%)

1 お分り, そう見えた, 索漠として

▼ 達にでも~ (3, 0.0%)

1 ああしろかうしろツ, 心から子, 逢つ

▼ 達にとっての~ (3, 0.0%)

1 六十一は, 福音はね, 金科玉条である

▼ 達による~ (3, 0.0%)

1 不安の, 例の, 政治

▼ 達に対し~ (3, 0.0%)

1 彼らによって, 最も十分, 物凄い脅迫

▼ 達はずつと~ (3, 0.0%)

1 小さい時, 此方に, 表まで

▼ 達はな~ (3, 0.0%)

2 そら俺 1 関白殿と

▼ 達ふたり~ (3, 0.0%)

1 が飲んだる, では寂しくっ, に預ける

▼ 達ぶし~ (3, 0.0%)

1 だの上方唄, の唱歌, の声

▼ 達~ (3, 0.0%)

3 てえ

▼ 達みな~ (3, 0.0%)

1 が関係, の者, 思わずひれ伏す

▼ 達らしい~ (3, 0.0%)

1 のが, わ, 者が

▼ 達わし~ (3, 0.0%)

1 が廟堂, のため, の心

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 南禅寺ヘ, 犠牲ニシテモ彼女ノ, 連レテ来

▼ 達一度~ (3, 0.0%)

1 が末代, に大声, に繰り出し

▼ 達一緒~ (3, 0.0%)

1 にお参り, になれない, に行っ

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 にも勝れ, にも日, 仕切りの

▼ 達~ (3, 0.0%)

2 衢に 1 に和す

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 こそ南洋, の作家, はそれ

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 づこれを, へ入るなら入る, へ出

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 と諡, と霊廟, の手

▼ 達六人~ (3, 0.0%)

1 にあやつられ, にこれ, もの証人

▼ 達其の~ (3, 0.0%)

1 他であっ, 他の, 周圍に

▼ 達同士~ (3, 0.0%)

1 でロスアンゼルス, の, の組

▼ 達同志~ (3, 0.0%)

1 の一人, の取引, の間

▼ 達同様~ (3, 0.0%)

1 この朗らか, のただ, 草臥れて

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 の手, の気持, も何

▼ 達女性~ (3, 0.0%)

2 を追う 1 が愛

▼ 達婦人~ (3, 0.0%)

1 が当時, の一票, ばかりの舫

▼ 達学生席~ (3, 0.0%)

2 の方 1 からは荒い

▼ 達少年~ (3, 0.0%)

1 の双肩, の心, の肉

▼ 達摩后~ (3, 0.0%)

1 に后, は女子, を擁護

▼ 達~ (3, 0.0%)

1 にはわからない, ばかりがざつと十人, まじりワンさ

▼ 達百姓~ (3, 0.0%)

1 がどれほど, のこと, の手

▼ 達相手~ (3, 0.0%)

1 に暮し, に遊ん, の遊び

▼ 達着る~ (3, 0.0%)

3 物の

▼ 達船乘~ (3, 0.0%)

2 りの 1 りには

▼ 達~ (3, 0.0%)

2 り詰らないやね 1 りの

▼ 達~ (3, 0.0%)

2 を思っ 1 が監督

▼ 達あなた~ (2, 0.0%)

1 が玄関, とわたし丈

▼ 達あんまり~ (2, 0.0%)

1 気が, 騒がないで

▼ 達いったい~ (2, 0.0%)

1 何者じゃの, 何者な

▼ 達かも~ (2, 0.0%)

1 う事ア, わかりませんが

▼ 達がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ひる前

▼ 達きそう~ (2, 0.0%)

1 になっ, にもなかっ

▼ 達くずし~ (2, 0.0%)

1 がしんしん, でもあるまい

▼ 達けて~ (2, 0.0%)

1 あげますよ, やったと

▼ 達こんな~ (2, 0.0%)

1 ものを, 所へ

▼ 達さえも~ (2, 0.0%)

1 いつも問題, 存じなかった

▼ 達しか~ (2, 0.0%)

2 味方が

▼ 達しも~ (2, 0.0%)

1 じもに, じもの者

▼ 達する~ (2, 0.0%)

1 に適したる, に適する

▼ 達そう~ (2, 0.0%)

1 では, 云ったのよ

▼ 達そこ~ (2, 0.0%)

1 まで迎え, を出

▼ 達そして~ (2, 0.0%)

1 それから, わたしは

▼ 達そんな~ (2, 0.0%)

1 ところから, 話も

▼ 達だっ~ (2, 0.0%)

1 たりした, ぺい

▼ 達だったら~ (2, 0.0%)

1 きっといろ, 決して決して見逃し

▼ 達だつた~ (2, 0.0%)

1 がお, が慰藉料

▼ 達だらう~ (2, 0.0%)

1 彼等は, 御免だ

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 は何, は感じる

▼ 達ちの学生時代~ (2, 0.0%)

1 からたった, は自分等

▼ 達ちゃん一人~ (2, 0.0%)

1 では, の折

▼ 達ちゃん手紙~ (2, 0.0%)

1 よこして, よこしましたか

▼ 達つまり~ (2, 0.0%)

2 姪達が

▼ 達であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て人間

▼ 達であり~ (2, 0.0%)

1 ある意味, 文壇小説家としては

▼ 達でございます~ (2, 0.0%)

1 か他, よ

▼ 達としても~ (2, 0.0%)

1 出まかせを, 済まないじゃ

▼ 達とて~ (2, 0.0%)

1 いつも斯, 矢張り御

▼ 達とても~ (2, 0.0%)

1 内心は, 安穏で

▼ 達とともに~ (2, 0.0%)

1 我こ, 藥草の

▼ 達とに~ (2, 0.0%)

1 のこして, よれば

▼ 達にだって~ (2, 0.0%)

1 売って, 子供が

▼ 達のせゐ~ (2, 0.0%)

2 ぢや

▼ 達はきゃ~ (2, 0.0%)

1 っきゃ云っ, ッきゃ

▼ 達はじつ~ (2, 0.0%)

1 としてゐる, とその

▼ 達はよ~ (2, 0.0%)

1 くさう云った, つぽ

▼ 達はを~ (2, 0.0%)

1 しまずに, り

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 つかりぢ, 守って

▼ 達ばかりとは~ (2, 0.0%)

2 いへまい男達

▼ 達ばかりの~ (2, 0.0%)

1 ような, 食堂で

▼ 達ばっかり~ (2, 0.0%)

1 でした, コンナに

▼ 達へと~ (2, 0.0%)

1 いつて, 同様に

▼ 達へは~ (2, 0.0%)

1 わが家の, 良くなさいます

▼ 達まあ~ (2, 0.0%)

2 遠い所

▼ 達また~ (2, 0.0%)

1 往還の, 石を

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 その金, 濡れて

▼ 達ゃ三畳~ (2, 0.0%)

2 でよ

▼ 達ゃ機械~ (2, 0.0%)

2 じゃねえんだよっ

▼ 達よりか~ (2, 0.0%)

1 それを, 先き

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 の客, ば町

▼ 達わけても~ (2, 0.0%)

1 現金を, 私の

▼ 達をば~ (2, 0.0%)

1 摘むで, 非道い

▼ 達セシトコロ~ (2, 0.0%)

2 突然轟音トトモニハゲシキ震動

▼ 達セルトヲ~ (2, 0.0%)

1 見テ, 見テ憂悶手足

▼ 達セルモ敵機~ (2, 0.0%)

2 ヲ発見スルニ至ラズ

▼ 達一人~ (2, 0.0%)

1 としてその, を捕かむ

▼ 達一派~ (2, 0.0%)

1 の哲学術語, の理想家

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 の失敗, の話

▼ 達三四人~ (2, 0.0%)

1 と山車, は其處

▼ 達上り~ (2, 0.0%)

1 がまち, がりまち

▼ 達~ (2, 0.0%)

2 のお母さん

▼ 達二ぁ居~ (2, 0.0%)

2

▼ 達二はし~ (2, 0.0%)

2 がみ付きました

▼ 達二親~ (2, 0.0%)

1 に分れ, の生活

▼ 達仙太~ (2, 0.0%)

2 の血相

▼ 達以外~ (2, 0.0%)

1 にここ, の者

▼ 達個々~ (2, 0.0%)

1 の背負つて, の良心

▼ 達僕等~ (2, 0.0%)

1 に敵意, の仲間

▼ 達兄さん~ (2, 0.0%)

1 にねいつ, はああ

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 人民は, 真と

▼ 達六名~ (2, 0.0%)

2 は暮した

▼ 達判官三郎~ (2, 0.0%)

1 が穴, をなぜ

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 である, であるという

▼ 達即ち~ (2, 0.0%)

1 ブルジョア階級が, 代議士達が

▼ 達友人~ (2, 0.0%)

1 のひとしき, の間

▼ 達可被~ (2, 0.0%)

2 下候以上

▼ 達同胞~ (2, 0.0%)

1 は運, もいけなかった

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 が保証, に其の

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 ならん, を親む

▼ 達国民~ (2, 0.0%)

1 の全部, の味方

▼ 達多勢~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ 達大勢~ (2, 0.0%)

1 が面白, に取り巻かれ

▼ 達奉公人~ (2, 0.0%)

1 いづれも, でも氣

▼ 達奉公人達~ (2, 0.0%)

2 まで殺す

▼ 達姉弟~ (2, 0.0%)

1 にくらべ, は境内

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 は伯盈, を子慶

▼ 達安心~ (2, 0.0%)

1 したし, して

▼ 達室内電線~ (2, 0.0%)

2 を修繕

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 で御馳走, の者

▼ 達家族~ (2, 0.0%)

1 の間, はどうして

▼ 達工場~ (2, 0.0%)

1 の内部的觀察, の婦人デー

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 と言う, の指紋

▼ 達市君~ (2, 0.0%)

1 は当然, は文字通り天国

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 との御事ナリ, をもっ

▼ 達引き~ (2, 0.0%)

1 そうな, のない

▼ 達引く~ (2, 0.0%)

1 ぜ, 時な

▼ 達怒声~ (2, 0.0%)

2 を発し

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 で自由, にこんな

▼ 達摩西来~ (2, 0.0%)

1 は魏伯陽, より数百年

▼ 達日本人~ (2, 0.0%)

1 が四人, のすべて

▼ 達曾部~ (2, 0.0%)

1 との間, の一町十ヶ村

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 て一緒, やはつ

▼ 達松風~ (2, 0.0%)

2 をもて送らん

▼ 達殊に~ (2, 0.0%)

1 ちびの, アウグスティヌスが

▼ 達特に~ (2, 0.0%)

1 息子達は, 若い望月辛吉君

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 の家内, を何

▼ 達立派~ (2, 0.0%)

2 な男子二人

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 帖睦邇が, 帖睦邇の

▼ 達膩伽尊者~ (2, 0.0%)

2 の噂

▼ 達若者~ (2, 0.0%)

1 にはこの, は言ってるです

▼ 達觀者~ (2, 0.0%)

1 ではない, は必ずしも

▼ 達貧乏人~ (2, 0.0%)

1 にとっては灰, の闘士

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 のこの, の先鋒

▼ 達軽輩~ (2, 0.0%)

1 でお前達, の身軽さ

▼ 達遊び仲間~ (2, 0.0%)

1 ではふだん, の連中

▼ 達遠い~ (2, 0.0%)

1 のよ, 地方から

▼ 達霍峻~ (2, 0.0%)

1 の両, は年老いた

▼ 達頼喇嘛~ (2, 0.0%)

1 のよう, を笑い得る

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 を信じ, 之通

▼ 達~ (2, 0.0%)

1 から特に, に青砥伊織

▼1* [847件]

負けるべくして, 達ぁ先に立ったら, 達ぁ尻に帆, 達ああ云う生活, 達あいつも不自由だらけ, 達あなうぬ, 達あなた方を招待, 達あなた様によくよく, 達あな時のま, 達あの人々が, 達あらかた留守に, 達ありましたのね, 達あることを, 達いたしましてご, 達いつでも右左, 達いつも電車で, 達いと多かりき宿に, 達いないですけれどおそらく, 達いぶすのは, 達いますが, 達いや俺は, 達よ, 達おふくろが有るだらう, 達およそ二十人あまり, 達お互いがよく, 達お前達よ, 達お山警備の同心衆, 達かうとする, 達かつて酔って, 達かなだ, 達かねえと愚痴, 達かまわずあがっていらし, 達からさえ用心深い眼, 達からもをがまれた, 達かれもいつ, 達かんとす, 達がいくらいつて, 達がけえ, 達がにやり目, 達きかねるやうな, 達きませんわ, 達きませんでしたが, 達くに違いない, 達くまでに枝, 達ぐらいでお前様, 達てないの, 達げすの考える, 達ここに沢山, 達こちたく塗れるおしろい, 達こちらへ参った, 達こどもは逃げた, 達これからどこへ, 達これから本当に生きられるだけ, 達さえが之を, 達さきに行っ, 達さすがに手, 達さんあなたは怪しから, 達さんお礼のことば, 達さん一寸聞きねえ, 達さん何の御用, 達さん冗談じゃねえおいお, 達しばらく見て, 達しようとする, 達すぎる草書の, 達すてられた魂のうへに, 達すなわち男の, 達せずには置かない, 達せぬ暗黒な, 達せらるべき道得を, 達せらるべく候ふ, 達せり更に何, 達せり殆んど, 達せり而して, 達せんとする, 達せんぐり着物からおこし, 達と息嘘, 達そういうもので, 達そのままでい, 達そりゃあ淋しく暮し, 達それでも男かっ, 達だけじゃないよ, 達だけと一定の, 達だけにでも空襲の, 達だけには古くから, 達だつたら何も, 達だ苦しめた奴を, 達ちっとも知らなかったわねえ, 達ちつとも知らなかつた, 達ちの内見を, 達ちの工場と考え, 達ちの時代よりもっともっと, 達ちの絵に対してさえも厳しい, 達ちゃんあっせんして, 達ちゃんいかがでしょう本当にどう, 達ちゃんおまえくりねずみといったの, 達ちゃんお母さんのお, 達ちゃんかげんして, 達ちゃんたち組合と近所, 達ちゃんたち閉口すると, 達ちゃんと相談し, 達ちゃんボートこぎに遊び, 達ちゃん上京するなら家, 達ちゃん二階へゆく, 達ちゃん五月にかえり, 達ちゃん伍長になる, 達ちゃん兄弟を誘い, 達ちゃん入隊したわけ, 達ちゃん宛におかき, 達ちゃん明日あたり島田でしょう, 達ちゃん歯医者だの挨拶, 達ちゃん消防の服装, 達ちゃん私山崎の小父さま, 達ちゃん経過は最良, 達ちゃん隆ちゃんうちは皆男の子たち, 達ちゃん隆ちゃんたちへの慰問袋, 達ちゃん隆ちゃん富ちゃんにはバンド, 達ちゃん食事等なかなか厳格, 達ちゃん鷹なんていやしません, 達ちょっとうかがいますが, 達ってと云えば, 達っての所望だ, 達つかわれたような, 達つてぜいたくね, 達つて僕自身だけの考, 達つて所望いたすすぐ, 達てとは云わねえそう, 達ても行くと, 達てるより他, 達でありましょう次々と, 達でうづまってゐる, 達でさえの気を, 達でさえも最も簡単, 達でしかあるまい, 達でなかつたらこの事実, 達でなくなつた, 達でもよくさうする, 達といらしつたぢ, 達といった次第である, 達とがをれば, 達とさえアグネスは, 達として暴れまわった, 達としての生活が, 達としましても欣快此の, 達とだって自分は, 達とで分担すべき, 達とばかりだそれ, 達どうしたって今, 達どこへも持っ, 達どもに奪われ, 達どんも一緒, 達どんな取引き, 達どんなに苦労してる, 達なしめったな, 達なぞ心しても, 達なぞは一太刀浴びたらしい, 達などからは一般に, 達などがおります, 達などに比べると, 達などに対しては寧ろ一種, 達なら知っているだろう, 達なり政に, 達なりと害意を, 達なんかが見物に, 達なんかはどうでも, 達なんぞのお先棒に, 達においては家を, 達においても私の, 達における鎧冑すなわち, 達にかはいがられて, 達にからかつたり, 達にからかはれたもん, 達にしか通じない言葉, 達にすら瀬戸君以外には, 達にだけ分ける, 達にだけはお見せ下さらなかった, 達についての物語は, 達についてはもともと母, 達につきあふよ, 達にとってさえも我国の, 達にとりましては貴女方お, 達にのみ關はるを, 達にばかり働かせやが, 達にやとてもそんな, 達によってのみ得られる, 達によってはこのよう, 達に対しての自分の, 達に対するので何かに, 達に従っても成程, 達に迄少からぬ, 達に関しての秘密でも, 達に関する兎角の, 達会社の, 達のうへにのしかかり, 達のきました次の, 達のけふの感情, 達のでもなかつたこと, 達のなまの, 達のみで三十年以前から, 達のみな己と, 達のみの夢想にも, 達はけふ出かけるつもりな, 達はさかいと言ふ, 達はしふとしふと, 達はじめ学生諸君までも非常, 達はじめ当年の政友, 達はずつぷり水浸しにな, 達はずろすの掛け換, 達はずんで餞別, 達はと見ると, 達はにはかに, 達はねずっと前, 達はのべつに, 達はぶなの, 達はべんがら染の, 達はもうちやんと, 達はやく引き揚げたほう, 達はんが来ました, 達ばかりじゃない, 達ばかりじゃあなくたいてい, 達ばかりに任した方, 達に色眼鏡, 達ひそかに喜び, 達びつくりしたわ, 達ふたおやは, 達へえてんでに眉, 達ほうびはたんと, 達ほど独天下な, 達まことに悠々たるもの, 達まさか抜道まで, 達までを魅了し, 達みえて修治さん, 達みたいぢやない, 達みられるのかしら, 達みんなぐるになっ, 達みんな順繰りに調べられた, 達もけふは, 達もしくは道徳家達は, 達もちよつと, 達もっと石ころを, 達もつれてヲダハラ, 達ゃあ大欣びで, 達ゃなんだね, 達ゃア林の間, 達ゃ今日取られて, 達やのやうな, 達ゆえ出かける時, 達よう精出して, 達よすがを得ん, 達よそのいと, 達よりずつと強いよ, 達よりもずつと家柄が, 達よりもずつとずつと麻雀を, 達らもとやこう, 達足を, 達り行くことあるごとく, 達れる者少し, 達わかれた後忘れ, 達わりあひ, 達をのみ希へる, 達をめぐって家庭的な, 達をわあーと, 達を通して浄瑠璃を, 達アそいつに肉, 達アリ生活それだけ楽, 達ア悪事をやってる, 達ア此山に居, 達ア道具の無い, 達ア馬鹿に, 達インテリはどっち, 達カントレッシングロッツェ等において見る, 達ガコレマデズイブンボクヲ愛シテクレマシタヨ, 達ガ来ルトウルサクナリマスカラ早イ方ガヨゴザンスヨ, 達ガ軽井沢カラ帰ッテ来タ明クル日ノ晩, 達ガ長イコト御厄介ニナリマシテ, 達グルだな, 達シタル後ハ此限ニ在ラス, 達シタ経験ヲ過去ニ数回持ッテイル予ハ, 達シ魚族斃死シ田園荒廃シ数十万ノ人民産, 達スルタメニハ如何ナル犠牲ヲモ辞スルナ, 達スルマデソノ間ニハ女児ヲ一人分娩シナガラヨクモソノ皮膚ニ, 達スルマデハ肛門周囲炎ノ手術, 達スル爆弾ヲ装填シアルモノニシテ, 達スル者ニ非ザルナリ, 達し人, 達セザル國民權ヲ此, 達セザル者ト雖モ此ノ新, 達セズ将渇, 達タストやセガラ, 達タフト先生に用事, 達チビはまた, 達チョット困らあ, 達仲良クスルノヲ, 達トットットッと走り出した, 達トルストイドストエフスキイイプセン等々の文芸, 達ト一時間ホド雑談ヲ交エル, 達ト一緒ニ近々軽井沢ニ行ク豫定, 達ト力ヲ結合セヨ, 達ト手ヲ握, 達ドオリス族の海少女, 達ドッと喜び, 達グズグズ言ワセテハ, 達ニキーチナさんを愛し, 達ニソウ呼バセルノハドウデショウカネ中ヲ取, 達ニ意地悪ヲスレバスルホド彼女ニ魅セラレル, 達ノイル前デ使ッテ, 達実際ニハ善良, 達ハ思イノ外早ク九時前ニ戻ッテ, 達ハ東京ニ置イトカレルト骨ニナッテカラモ始終アッチコッチヘ逃ゲ回ラナケレバナラナイ, 達ハ済ンデイルト云ウノデ三人デテーブルニ就ク, 達ボオトの場景, 達大層元気ラシカッタネ, 達モグリだな, 達モ菊太郎モ来テイナイ, 達ヨリモ彼女ノ方, 達ヨリ結果セル利益ヲ單ナル占有者ニ, 達リンゴの花, 達レーニングラードからかえって, 達ヶ関の時代前後八年間, 達ヶ関時代に大阪, 達ヶ関森右衛門と呼ぶ, 達一丸となっ, 達一人一人にかずける, 達一人前になる, 達一人殘らず當つて, 達一億のもの, 達一切への戦士, 達一同打ち揃って, 達一座を率, 達一斉に陣十郎, 達一時間ばかり前, 達一目見れば, 達一睡の後, 達一箇にあった, 達一統の頭領, 達一般の風俗, 達一般人の人生, 達一里駆ッこ, 達一隊は二十人三十人, 達一面には明教館, 達七八人いづれも, 達七八人吹上の梅林, 達七千人の内, 達丈夫でいるの, 達三下の知, 達三人枕を並べ, 達三人立上って仕度, 達三人翌朝は早い, 達三十余名が大八車, 達三名が親, 達三四人団結して, 達三年生が五人, 達三月にフランス, 達三百名が内務省, 達三高卒業生の據つて, 達上出来であったな, 達上流社会の有閑紳士, 達下々の者, 達下りて来る, 達丞相は参政周伯埼, 達両人の足跡, 達に御, 達並びに四川, 達乱暴なる有志, 達二人ステーションまで行っ, 達二人一生懸命働いたなら暮らして, 達二人一緒になっ, 達二人丈けを取り残し, 達二人下女のお, 達二人二人の願, 達二人二十一二の男, 達二人以外にない, 達二人十二人の陪審官, 達二匹の狼, 達二十人位は楽, 達二度とあんな仏印, 達云々と云っ, 達互にそまつに, 達反百姓, 達五六人のなか, 達五十人百人集まりますよりも, 達五十嵐伊東望月の訊問, 達の洋服, 達人なみの飯, 達人民一般はさせられた, 達人相書にてらし, 達人種の伝統, 達今夜の宴会, 達今宵ばかりはキャッと, 達今日は特別, 達今朝っから, 達候よ, 達仕舞いだッ, 達の者, 達以上にその, 達以下魏軍の馳, 達以来夢にのみ情熱的, 達仰せ合わされ拙者代り, 達伯元と出水中山津守宅訪, 達位仲が好かつたら, 達何だか落着いちや, 達何んじゃ, 達余程知恵が, 達で郭公一題二百句, 達例えばトルストイロダンロマン, 達信士という卒塔婆, 達俳優が, 達個人の運勢, 達御趣旨, 達候処勝手次第と被, 達候間御覧に入, 達に引き換え, 達働いて居る, 達働く者の, 達が分らない, 達優しい天の, 達兄妹二人で父, 達兄弟三人を並べ, 達兄弟五人は皆, 達兄貴とて夜なべ, 達先刻まで居られました, 達光琳乾山と燦爛, 達とか毎日, 達全く会社の, 達全体の社会, 達全校の学生, 達六七人の男女, 達の歯, 達共同で出, 達兵主神のある, 達兵卒のやらされ, 達其他多くの人人, 達其等が棺, 達其角去来丈艸などの心持, 達ばかりの, 達再びがやがやと私語, 達の灯, 達凡ての翹望, 達凡下の衆, 達凡人は詩人, 達凶年に甘草, 達でよ, 達出入の者, 達出来るだけくわしく, 達に二三度, 達剣茨右近だ, 達を合わせ, 達かつた, 達助けに来た, 達労働者の力, 達医者のいい悪い, 達十一人ももしか, 達十三人の姿, 達十五六人平次と八五郎, 達十人ばかりで, 達十人衆等々という名称家格, 達十年紀に見え, 達卿等の敵, 達原稿用紙の束, 達参観者は忽ち, 達その啓示, 達又は知人達の, 達友人仲間ではお, 達取り巻きまつり, 達叛意の兆し, 達叡聞云々院中上下消魂云々, 達申候, 達各位のため, 達各自の手, 達吉田焼打の悲愁嗚咽, 達同人は新しい, 達向う側を傘, 達周囲のもの, 達も身分, 達をうたい始める, 達唯一の愛讀雜誌, 達商売人にとってあまりに, 達喜びの余り老若七十余人華, 達喧嘩口論して, 達として存在, 達器械だがな, 達四方よりこの, 達四階に越し, 達困ってるんです, 達固唾を呑ん, 達在世の御, 達垂涎三千丈だな, 達堂鉉とに与, 達士世を観ずる, 達士桃青翁を除く, 達多くの者, 達多品第十二, 達を見, 達大した金の, 達の声等, 達天明道純誠, 達天皇十二年の条, 達天皇紀十年閏二月蝦夷綾糟等の盟, 達夫等は嘗て, 達失恋の人達, 達失業者街にうろつく, 達奉公人いずれも疑わしい, 達女づれは大, 達女子選手をいかにも, 達女車掌の仲間, 達女達銘々に石, 達如き民百姓の, 達なこと, 達妬ける位だ, 達始めっから, 達始め土人達は湖水, 達始め学生諸君までも非常, 達委員の間, 達であった, 達姫君若様ズラリと, 達娘達が嬉々, 達婆式結婚法に相, 達婆提多の罰くら, 達婦人連が果たして, 達媒妁夫妻も署名, 達子供らとの生活, 達子供達も老人達, 達孟買在住の日本人, 達学生も旗, 達孫たちが多く, 達御家人や, 達安間了現ら二十余名, 達でも親, 達の兄, 達家族三人は主食配給, 達寄るとさわる, 達寡兵の手, 達寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 達市民連の, 達小唄や平, 達少しは持ってるだろう, 達少年少女としての朧ろ, 達居れなくなつて, 達居士の法諡, 達山頂疎松参差点綴其間, 達岐路縦横再び人里, 達島村先生の周囲, 達は雲鎭む, 達嶺下の鉄道線路, 達工夫をする, 達左右に延び, 達左翼の思想運動, 達の世嗣, 達という村, 達の行宮趾, 達常習飲酒者は誰, 達常識人からみる, 達平次の顏, 達年寄が悪い, 達年配の男, 達幸七の右隣, 達幹部みたいに警察さ引ツ, 達幾千人の踊る, 達広き海原と, 達府湾のほとり, 達府湾頭十万家愛州又見, 達と印刷, 達形勢非なり, 達彼処此処に鳶色, 達彼奴等を相手, 達徒党の三四十人, 達御覧の通り, 達心当りはない, 達必ずしも神妙に, 達思わずタジタジと, 達急いで出, 達悉く賛同し奉つた, 達患者達の顔, 達悪い事は, 達悪党も三舎, 達想像して, 達慥かな口, 達あらばこそ, 達或は若き空, 達戦争中まるで神がかり, 達戸外に這い出す, 達所司代詰の役人共, 達所有の畑物, 達所氏はいけない, 達手伝ってくれ, 達手前はな, 達手巻ばかり引, 達手足まといの, 達打連れて踊りぬ, 達拍手喝采大喜び, 達拝見仕候, 達摩后姙娠中の子, 達摩大師は, 達摩笈多も續高僧傳, 達摩返しと云う, 達摩雑司ヶ谷の薄, 達摩鳩のたぐい, 達故郷が恋しく, 達散り散りばらばらに消え, 達散歩して, 達知れぬ父, 達数人が臨席, 達数十人が室, 達数名の教室員, 達うした, 達詩社の, 達於海岸自竹斯國以東, 達の男女, 達旅人もちょうど, 達旅芸人の一行, 達既婚者を苦しめ, 達日本主義者はどういう, 達日本犬の手際, 達昇降すまた, 達明日の米, 達の四門, 達智門に譲る, 達なとき, 達書到来に付, 達曾部川の鉄橋, 達最後に若, 達月番へ差出す, 達本当の神, 達本当に殺されるよ, 達本郷座のわりびき, 達来られ道子来り, 達来るんでしよ, 達東洋人の特性, 達案外皆強情だ, 達桟敷の二, 達の由兵衛古主, 達森林官は軍, 達楊洪あたりの人々, 達極東の漫遊者, 達で見, 達横著者奴は遠い, 達次第なの, 達歌合に, 達正面の敵, 達此人を切支丹, 達武人にとってはあんな, 達武侯の営址, 達武士にお, 達死ねばよかつ, 達死んでからも碌, 達残らずの指紋, 達母娘は流石, 達毎日寝そべつて, 達毎日ダイス振るでせう, 達比丘尼天明七年丁未八月十一日, 達毛布にくるまっ, 達民衆の仲間, 達民間探偵にご, 達にかけない, 達水夫二人つきの美事, 達水練には巧者, 達江戸の教養, 達決闘をやっ, 達沢君もー, 達油ゑのぐをいぢるものはもでる, 達が負傷, 達法律家から見, 達海岸を歩い, 達清夫博士が十三日, 達漁村に先生達, 達暗とある, 達無産者の景福, 達無益な争, 達然して自らは, 達煙管くはへ, 達に致, 達父子は支局, 達爾罕王旗下に属し, 達を言う, 達特有の毒悪, 達特殊部落の者, 達犬社会では毛唐種, 達このまず, 達現れ高く天使, 達理才の相, 達理月沙という者, 達生きてはいられません, 達生まれて第, 達生れてからこんな, 達用人の内儀, 達用明にいたつ, 達用明崇峻推古の諸, 達田蓑の島, 達申度何時ニてもよろしく, 達男四人が一夜炉端, 達へ行くだ, 達町人の世の中, 達町人共がうち, 達町奴の家業, 達などの琳派, 達画風のああ, 達畑違ひの, 達番頭サーシャの靴, 達樣な, 達発立花貞二郎などという名, 達白山から歩い, 達白系露西亜人の生活, 達百姓町人猟師がみんなそう, 達皆幼時からそれぞれ寺, 達皆無事のよし, 達皆素性が悪, 達皆船を雇, 達直にその文, 達相續きて, 達を吊りあげ, 達看護婦達患者達の顔, 達の無産者, 達知らんか, 達知れりや, 達知識人の助け, 達し妄愛, 達祖国を愛する, 達神保簡受遺言尽返之各, 達神宮寺正師などの, 達禿鷹が一番, 達私達と書い, 達此の, 達種族に他, 達空伊勢国一身田の人, 達一小作だ, 達第三者が想像, 達等便ち舎利, 達納所は全, 達紫派の諸, 達続いて御, 達総がかりでやっ, 達の糸織, 達美しきものを, 達美しく華やかな, 達美人がみんな, 達羽布団のよう, 達夫婦は, 達者そうなの, 達りかねて, 達聰明な先生, 達を聞きたい, 達聴者の顔, 達の画人, 達を抱え, 達臨時に御用済み, 達自らを男性化, 達自動車工業に携つて, 達自然の教徒, 達自身実行して, 達舎山は円丘, 達が廻廊, 達良民の期待, 達御祖母様, 達をきそっ, 達芸術座のマーラヤ・スチェナー, 達若き同胞の, 達英語出来ないん, 達菩薩達の行, 達藤沢から湯河原, 達の威, 達虎豹鶴鷺と勝, 達虚妄にとりつかれた, 達虫けらの虫, 達の衰亡, 達蟒さんはひく, 達て置く, 達見えはつて, 達見かけなかッたか, 達見たか, 達見苦しいところを, 達見附の間, 達覚えの悪い, 達親分溝口屋鐘五郎が紅, 達親娘三人は戦争, 達親子六人なんで食べ, 達親心の所有者達, 達えは, 達觀シ日本ト結ビテ獨立ヲ企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ, 達言葉を換, 達試験所の当直, 達読めもしない, 達もついて行かなかつた, 達誰一人憎い可愛いと, 達諫めんかとこう, 達諸共に, 達まって, 達豊かになろう, 達豪放の宗春, 達豪放英雄の素質, 達貧乏書生もちょっとした, 達貴族と自称, 達買いものに出た, 達資本家共の方, 達入する, 達距離は凡そ十里, 達軍兵済々として前後, 達軍医の第, 達軽輩二十人で天下, 達農家に生れた, 達つまらない姿, 達迄も落ぶれさせ, 達近ごろ曹操の側臣中, 達途中でやめれる, 達途法もねえ, 達速歩で進む, 達逢わなかったかな, 達遊びたいから遊んでる, 達の幇間, 達遥かに藪, 達遺族の無念, 達避けでは, 達邪魔が入った, 達部落の人達, 達郵便が玄関, 達ばかり飲まず, 達から歸つて來, 達金色の太鼓, 達釣人の目, 達釣鐘庄兵衛の鋭い, 達の門, 達銘々に石, 達の間, 達鑑定人として農科大学教授横井時敬, 達長崎以来の一味徒党, 達陰気な円, 達隆二人は虹ヶ浜, 達階廊昇りつめると, 達随分派手な, 達雄弁であるため, 達雑煮でも祝つて, 達霊どもと同じ, 達青年がシャン, 達青年達の手, 達なんてはい, 達音楽家と舞踊家, 達頼罕王の王府, 達の運筆, 達食うか食えない, 達飢え寒さ, 達飲仲間からはす, 達馬青砥伊織の三人, 達馬青砥伊織青木三左衛門の三人, 達馬鹿にのんき, 達駄菓子だが, 達騒動を傍, 達驚き体が, 達麿忌である廓, 達黙っている