青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覚え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~視線 視線~ ~覗い 覗い~ ~覗き 覗き~ ~覗く 覗く~ 覚~ ~覚え
覚え~
~覚えた ~覚悟 覚悟~ ~親 親~ ~親しい 親しい~ ~親しく 親しく~ ~親しみ

「覚え~」 9052, 90ppm, 1236位

▼ 覚え~ (5824, 64.3%)

824 いる 226 ゐる 177 いて 170 います 169 いない 162 いた 130 いるの 116 いるが 76 いないが 63 居る 47 いるだろう 46 いたの 45 ゐて 41 ゐた, ゐない 38 おります 37 いますが 34 おいて, おいで, 居ります 33 いないの, いらっしゃるかしら 32 いますか, いらっしゃるでしょう 29 いません, いろ, ゐるが, 来た 2625 いなかった, いませんが, いるか, きた 24 いること 23 いたが, おいでに 21 ゐるの 20 いますよ 19 いるから, 居て 18 いました, いらっしゃるでしょうか 17 いると, ゐます 16 いるもの, 来るの 14 いらして, いるかい, いる人, おこう, しまった, 居ます 13 いらっしゃいますか, いらっしゃる, おくが, おけ, おれ, ゐないが, 置いて 12 いるよ, いる者, おる, 居りません, 来たの, 来て 11 いたもの, おりません, しまつ, 居るが 10 いないけれど, いないよう, いらっしゃい, いるだけ, いるでしょう, いるよう, しまったの, ゐるだらう, 居た 9 いても, いないし, いますの, おりますが, おりまする

8 [11件] いたから, いたので, いないと, いないん, いやがれ, いらつし, いるかも, いるん, しまって, ゐないの, ゐると

7 いますとも, いるだろうね, いるという, いるので, いるわ, いろよ, ますか, ゐたの, ゐません, 置くが

6 [16件] いたか, いるかと, いるだろうが, いるだろうな, いるであろう, いるとも, おいででしょう, おきなよ, おらん, おるが, お置き, きたの, きて, ゐました, 彼は, 置け

5 [14件] いないかね, いますわ, いるかね, いるね, いるはず, いろと, おいでですか, おらぬ, きました, ゐるか, ゐるん, 居りますが, 居るか, 来る

4 [38件] いたこと, いたと, いたに, いたり, いないか, いないけれども, いなければ, いましたが, いらっしゃいませんか, いるし, いるそれ, いるだけの, いるところ, いるな, いる事, いる限り, おいでか, おいでだろう, おおきなさい, おくん, おけよ, おりませんが, おるか, しまいました, しまう, それを, ます, ますよ, らっしゃい, らッし, ろッ, ゐたが, ゐるだけ, ゐるとも, ゐるやう, 居ても, 居りませんが, 置けよ

3 [59件] いたん, いないこと, いない様子, いない程, いながら, いますね, いませんか, いませんでした, いらっしゃいよ, いらっしゃって, いらっしゃること, いられるもの, いるくらい, いるけれども, いるそう, いるその, いるとは, いるに, いるほど, いるらしかった, いるわけ, いる程度, いる筈, いろッ, おかなければ, おかねば, おきな, おきなさい, おくこと, おくと, おくの, おく必要, おらぬが, おるの, おれよ, お出でなさい, くる, ますわ, ゐますか, ゐますよ, ゐるかと, ゐるから, ゐること, ゐる人, ゐろよ, 人の, 居たの, 居ない, 居ないが, 居ませんが, 居や, 居り升, 居る筈, 帰って, 来たもの, 目を, 眼を, 置かなければ, 置けと

2 [142件] いたかい, いたけれど, いたって, いたところ, いたらしいの, いた場所, いた戦国時代, いた私, いないという, いない生, いなかったが, いなかったと, いまい, いましょう, いますから, いますけれども, いますと, います私, いませんけれど, いませんし, いやがれそんな, いよ, いようはず, いらしたのね, いらしって, いらっしゃいましょう, いらっしゃらないかしら, いらっしゃらないでしょうね, いらっしゃるか, いらっしゃるわね, いらっしゃれば, いられるだろう, いるかしら, いるからね, いるけれど, いるぞ, いるだろうよ, いるつもり, いるなんて, いるねえ, いるのね, いるよりも, いるらしく, いる所, いる方, いる父, いる訳, いれば, いろ今, おいでの, おいでよ, おきましょう, おく, おくため, おくとい, おけっ, おけば, おらず, おられた, おられますか, おられるか, おりました, おるよ, おる覚えて, おれと, おろう, くると, くるの, こころとも, しばしまた, しまうと, しまえば, しまったん, しまつて, しまひそんな, しまふの, ねえだよ, はおりませんが, ますけど, ゆくとか, られるか, ゐさうな, ゐたね, ゐたので, ゐても, ゐないから, ゐないといふ, ゐなかつた, ゐなければ, ゐますとも, ゐら, ゐるあの, ゐるかい, ゐるだらうか, ゐるで, ゐるであらうさ, ゐるね, ゐるので, ゐるもの, ゐるよ, ゐる事, ゐろ, エしまへんで, エへん, シマッタと, 中の, 仕舞った, 居たが, 居ぬが, 居ますから, 居ますよ, 居らっしゃるの, 居らぬ, 居らぬが, 居りまして, 居りまする, 居りますわ, 居りませぬが, 居ること, 居るだろうけれど, 居るの, 居るん, 居れ, 居ろ, 後には, 御出, 朝夜の, 来たと, 来たらしい, 来ては, 来ます, 来ると, 置くの, 置こうと, 耳を, 自分でも, 自分の, 行った, 言伝を, 訳なく, 足が, 身の

1 [1328件 抜粋] あった東京弁, ありがたがるほどの, いかにせまし, いそう, いたかについて, いたくらい, いたため, いたっけか, いたであろうし, いたところが, いたのに, いたばかり, いたぼく, いたらしくあります, いたらしくちら, いたろうな, いた久米八, いた叔父, いた女中, いた幾つ, いた注意, いた灯影, いた猩々, いた覚えて, いた赤く丸い, いった, いつもの, いてね, いてよ, いないかと, いないくらい, いないこの, いないそれ, いないでも, いないね, いないほう, いないもの, いないよ, いない位, いない子供等, いない相手, いない金三郎, いなかったならば, いなかったのに, いなくちゃ, いなくては, いなさるだろうが, いなされや, いにくい, いねえの, いまいテ, いましたね, いましたよ, いまして, いましょうね, いますし, いますのに, います位, いませんけれども, いませんの, いませんよ, いやあがる, いやい, いやがれその, いやがれタダ, いやがれ畜生, いやすははは, いようと, いよこの, いらあ, いらしつて, いらっしゃいいけないと, いらっしゃいという, いらっしゃいましょうね, いらっしゃいますわね, いらっしゃい私, いらっしゃらないん, いらっしゃるでしょうが, いらっしゃるでしょうね, いらっしゃるの, いらっしゃるよう, いらっしゃろう, いられたもの, いられない程, いられましょうね, いられるか, いられるかぎり, いられるならば, いらッ, いるうち, いるかっ, いるきり, いるけど, いるごとく梯子段, いるそこ, いるそれから, いるだけで, いるだろうお前, いるだろうから, いるだろう伸ちゃん, いるであろうか, いるであろうな, いるでしょうね, いるとしても, いるのに, いるほどの, いるらしい男達, いるわね, いる一生, いる人間, いる代り, いる係官, いる俺, いる六年前, いる古い, いる城壁, いる大火, いる子供, いる小気味, いる小路, いる幼顔, いる彼女, いる文学者仲間, いる時分, いる柳, いる母, いる然し, いる特権, いる癖, いる私, いる腰掛, いる藤夜叉, いる詩篇, いる谷, いる限り念, いる風体, いろここ, いろ厭, いろ益満, いわばその, うか, おいたので, おいても, おいででしたね, おいでなさりますかな, おいでますかに, おおきなさる方, おかっしゃ, おきたいから, おきたいの, おきなさいと, おきなせえ, おきますわ, おくから, おくべきだ, おくよう, おく方, おけといふ, おけ書き込んで, おけ鷺坂, おこうと, おったの, おはせ, おらぬそんな, おらぬ者, おられたか, おられるが, おられるでしょう, おられるの, おりそれ, おりましたところ, おりましたの, おりますけれど, おりますこと, おりまするくらい, おります外国, おります覚えて, おりませんけれど, おりやす, おること, おる粉雪, おれッ, おれ俺は, おれ鳥居前は, お出なさいます, お居, お父さんの, お置きなさい, かく引上げ, がたがたぶるぶると, きたとおり, きたよう, きたらしく膝, きた学者犬, きた通り, くるでは, くるまでは, くれたならそれ丈, くれましょう, こ, この以上, これに, ござりませ, さっさと口笛, しまいしかも, しまいましたよ, しまい友だち, しまうという, しまうもの, しまったと, しまったよう, しまっても, しまひ自分, しまふ位, しまわなくっちゃ, すたすたと, するどく呼びとめました, そ, そして自然, そのま, そのままの, その伝, その後は, その手, その美し, その誰, それから, それにしても怪し, たまらない, ちょっと一休み横, ついぞねえ, ていざと, てね, とかく沈みがち, とろとろと, どうと, どうも食, どんなに泣い, なくちゃ, ならない, にっと微笑, のちには, はおらぬか, はおらぬと, はおりませんけれど, はりますか, ふと威儀, ぶッ仆, ほとんど吐き気, ほとんど眠られなかった, まさあ, ますし, ませんと, また指, みる事, めらめらと, もどって, やがてうら, やしませんでした, ゆく, ゆく一群, よしなき事, より工場, らい, らしって, らっしゃいよ, らっしゃるかしら, らッしゃいましたら, ろよくも, わざと後れ, ゐたから, ゐたとお, ゐたもの, ゐたら又, ゐた世の中, ゐた田丸, ゐないかねえ, ゐないけれども, ゐないただ, ゐないのよ, ゐないわ, ゐないヤケ, ゐない昔, ゐなくとも, ゐますが, ゐますもの, ゐませんが, ゐやがれと, ゐるかの, ゐるさ, ゐるぞ, ゐるであらう, ゐるに, ゐるのよ, ゐるものぢ, ゐる一こま, ゐる位, ゐる強い, ゐる昨今, ゐる柳, ゐる田, ゐる者, ゐろ長吉め, クラクラした, ファニーを, ヤッと, 一つは, 一時を, 七千円の, 上野の, 下すった, 且つ元気, 中, 之を, 了う, 事ごとに, 二千円の, 人を, 今では, 今の, 今までの, 今宵は, 今日まで, 仕方が, 他の, 以来ずっと, 以来良人の, 体中の, 何かしら切ない, 何も, 使いの, 使ふ, 俯向いた, 候へば, 儀右衛門は, 凡ての, 分ってから, 切りに, 勉強し, 千鶴子の, 危なく振り, 双方で, 反省と, 古い浪花, 合唱しはじめた, 名状すべからざる, 呉れ, 呼びよく, 喘ぐよう, 境目の, 変な, 外套の, 夢の, 天幕の, 妙な, 始めて, 子が, 安き心, 寝床に, 寧ろ不興気, 少しは, 居ず其, 居たので, 居た所, 居っても, 居ないと, 居なかつた, 居ま, 居ました, 居ます私, 居よ此, 居らっしゃれば, 居られたかも, 居られる地点, 居りますそれ, 居りますな, 居ります其の, 居ります限り, 居りませんホン, 居るけど, 居るこの, 居るだろうお, 居るだろう是, 居るでは, 居るべきだ, 居るサロメ, 居る彼, 居る種痘, 居る身, 居ろうの, 山の, 嵐の, 帰つてきた, 帰りけるに, 帰るお辞儀, 幾つも, 底なき, 底知れぬ, 引く方, 影が, 彼女に, 後母に, 御呉れやはれ, 心も, 応援の, 忽ち吹雪, 思わずきゃ, 思わず悲鳴, 思わず眼, 思わず腰, 恢復の, 悲壮に, 意地悪を, 慎しみを, 戸棚から, 手が, 承知し, 散菜, 斯う云い出した, 日頃鍛練の, 暇を, 書き留めといて, 朝から, 来いと, 来たが, 来たばかり, 来たゆえ, 来た唯一, 来た弁士, 来た連中, 来なさいや, 来るから, 来るん, 来る畑打ち, 梶は, 欧米人の, 止みません, 此奴めが, 歩は, 水の, 泣きたい気, 流るる血, 淡く寒く欠けたる, 源氏は, 無念の, 熟読した, 独りで, 生きた人間, 用心の, 病人を, 直ぐ忘れ, 眉の, 眠くなります, 瞬間気怯れ, 私は, 稽古した, 立戻, 箏という, 終ひ, 縁側へ, 置いた女, 置いても, 置きたかったので, 置き便りはつ, 置くこと, 置く必要, 置けば, 置け五郎入道寳龍齋正宗, 老子経を, 胸の, 腹が, 膝の, 舟に, 色青ざめゆく, 苦痛に, 蒲団引被り臥し居り, 薄暗い土堤, 行う其生田さん, 行った程度, 行つた, 襟を, 観察を, 言った, 詰るやう, 読んで, 誰も, 起居動作の, 足高盥を, 身が, 身動ぐとともに, 返事する, 還りそれ, 酒を, 野鼠の, 間もなくその, 静かな, 音声だけ, 頬の, 飽きるを, 香頻りに

▼ 覚え~ (847, 9.4%)

125 ある 60 ない 29 あるの 27 あります 24 ないと 22 あった, なかった 21 ないの 18 あるが 17 あろう 14 ありません 11 あるか, あるから, あるよう, あるん 10 あると, ないが 8 あつた, あるだろう, ないん 7 ないから, ないという, なければ 6 ありますか, ありますから 5 ありますが, あるはず 4 あるでしょう, あるので, あるよ, ある筈, ございませんの, ないので, ないのに 3 ありますよ, あるけれども, あるもの, いい, ござります, ないよう

2 [41件] あったから, あったので, あっても, あつて, あらあ, ありそう, ありましょう, ありますけれど, ありませんが, ありませんねえ, あるくせ, あること, あるし, あるでしょ, あるとは, あるに, あれば, あろうと, おありなさるでしょう, おあんな, ございます, ござろう, ないくらい, ないし, ないそんな, ないで, ないでな, ないとは, ないな, ないほど, ない何, なかつた, なきゃア, なくて, なくなって, 悪い, 有るから, 有るよ, 無いと, 生れて, 自ら常に

1 [209件] あっただけ, あって, あらう, あらうが, あらっせまい, ありさらう方, ありました, ありましたっけ, ありましょうが, ありますからね, ありますけども, ありますし, ありますたしか, ありますと, ありまする, ありませぬ, ありませんか, ありませんけど, ありませんのよ, ありませんよ, ありません江戸, ありやしない, あり今夜, あり胸, あり過ぎるため, あるあの, あるかと, あるかな, あるかねえ, あるからこそ, あるからさ, あるからね, あるけど, あるこっちゃろうがい, あるじゃ, あるぜ, あるぞね, あるため, あるだけ, あるだろうえらい, あるだろうから, あるだろうが, あるつもり, あるでお, あるでしょう生れた所, あるでせう, あるでせうね, あるという, あるというくらいの, あるといふ, あるとか, あるとて, あるとの, あるな, あるならあれ, あるならそこで, あるならば, あるなら何, あるなら呼出状, あるなら無論, あるによって, あるばかり, あるもん, あるらしい, あるわ, あるわかった真っ赤, あるわけ, ある仏蘭西, ある伊勢, ある内職, ある十二三, ある唯一時, ある学校, ある暴風, ある癖, ある隼人, あればこそ, あればと, あろうあの, あろうが, あろうし, あろうむっつり, あろう不忠不義者, いいだろう, いいな, いいのね, いともめでたい, おありでした, おありでしょう, お有り, ございますもの, ございますよ, ございまする, ございますんで, ございませぬ, ございません, ございませんでした, ございませんはい, ございませんもの, ございません死ねと, ござろうな, ござろう同輩, ござんしょうね, する, できたけれども, ないかと, ないかね, ないかも, ないからね, ないがと, ないけど, ないこと, ないそれ, ないそれでは, ないだけに, ないって, ないです, ないなら泣かなく, ないに, ないね, ないのよ, ないひもじい時, ないまして, ないもの, ないもん, ないやう, ないよ, ないわけ, ない丹那トンネル, ない事, ない恐らく, ない毎度, ない状態, ない程, ない誰, なかったであろう, なかろう, なくおまけ, なくその, なくだれ, なくって, なくては, なくても, なくとも, なくなった, なくなる, なくも, なく事, なく人, なく当惑, なく朦朧, なく第, なく金三郎, なけりゃあの, ねえが, ねえな, ねえの, ねえのに, ねえよう, ねえん, めでたいよう, めでたく幸運, めでて, よいから, よいといふ, よくて, よくても, よくなりました, よくなりやがった, よくなる, 一向にない, 七八回ある, 二度や, 出ない, 大分悪く, 好い, 御座いますが, 微に, 急に, 悪いか, 悪いんで, 悪うござんし, 悪うなってな, 悪かろう, 悪くて, 早かった, 有りますので, 有りやす恟, 有るかと, 有るが, 有るでせう誰, 有るまいテ, 有るもの, 残って, 決してあやまちでない, 無い, 無いでも, 無いとは, 無いなら, 無いの, 無かった, 無くて, 無くても, 無と, 無ん, 目出たい, 興に, 芽出度く, 身に

▼ 覚え~ (626, 6.9%)

125 ない 37 ないと 30 ないが 27 ありません 23 ございません 20 ないの 16 なかった 15 ないか 13 ないん 12 あるが 8 ないのに, ないよ 7 ないぞ 6 ある, ないから, ねえか 5 ありませんよ 4 あっても, ありませんか, ございませぬ, ないので, ねえが, 無い

3 [11件] ありませぬ, ありませんが, ないし, ないわ, ないッ, なかつた, ねえよ, 少しも, 殆ん, 無いよ, 確かに

2 [25件] ありませんね, ありませんわ, あるもの, がんせん, さら, さらさらない, しない, ないがと, ないけれど, ないだろうか, ないつもり, ないという, ないのよ, ないはず, ないみんな嘘, なくとも, なし, ねえ, ねえの, ねえん, 断じてない, 更にない, 毛頭ない, 無いと, 絶対に

1 [155件] あったに, あなたに, あらうから, あらうが, ありましねえだよ, ありませぬか, ありませんから, ありませんけれども, ありませんし, ありませんそれ, ありませんそれに, ありませんでした, ありませんどんな, ありませんの, ありませんのに, ありませんへい, ありませんまだ, ありませんもし仮に, ありませんワ, ありません神, ありア, あるかな, あるから, あるだろう, あるの, あるまい, あるまいけれども, あるよう, あるん, あるン, ある刀, あれど, いいん, いささかも, いたしませんけれども, おざら, おぼろである, ございますめえが, ございませぬが, ございませんおいしい, ございませんか, ございませんから, ございませんが, ございませんちゃんと一々, ございませんどんな, ございませんねえ, ございませんのに, ございませんもの, ございませんよ, ございません伯爵, ございません何, ござらぬ, ござらぬか, ござらぬと, ござらぬわ, ござりませぬ, ごわせんぜ, さらさらござんせぬ, さらさらなく, したが, したけれど, たいへんいい, ただの, たったひとつ, たびたびあります, どうもない, どうもなかっ, どう考え, ないお前, ないかな, ないけれども, ないさ, ないじゃ, ないぜ, ないそう, ないそんな, ないって, ないで, ないであろう, ないです, ないといつて返却, ないとのみ, ないとも, ないな, ないなんて, ないよう, ないわっ, ないんで, ないカーテン, ない下がれ, ない五, ない同類, ない喜七なぞ, ない誰, ない迷惑, ない風, なかつたが, なかつたので, なかろうが, なくてよ, なく人力車, なし人, なし自慢, ねえから, ねえからな, ねえすっ込んで, ねえぜ, ねえだ, ねえや, ねえ側, ねえ岡, ねえ飛んでも, ひとつも, ほんとにねえ, もうない, もとよりない, 一切ない, 一向にありません, 一度だって, 二度か, 何も, 何処までも, 全然ない, 勿論風邪薬, 十分ある, 在りません, 宜く, 尚お, 御座いません原口作左衛門, 数えきれないほど, 更に私, 曽て, 有りませんか, 有りませんが, 有りませんと, 有りません博奕, 村の, 残って, 残ってない, 毛頭, 毛頭ご, 決してない, 無いあれ, 無いかね, 無いがね, 無いで, 無いの, 無え, 無えんだ, 皆無の, 私には, 算え, 肝に, 身に, 露さらある

▼ 覚え~ (468, 5.2%)

38 ないこと 22 あること 18 ない事 11 ある者 7 ある声 6 あるもの, ないもの, ない罪 5 あるよう, ある人, ある女, ねえこと 4 あるところ, ある顔, ないの, ない者 3 ある, あるお, ある人間, ある奴, ないほど

2 [17件] あるあの, あるこの, あるの, ある新九郎, ある方, ある猟師, ある石段, ある筈, ある若い, ある落書き, ある親和力, ある言葉, ないその, ない寂寥, 無い事, 者は, 色だけを

1 [269件] あの青まゆ, あらざる旨, ありそう, あり過ぎる道庵自身, あるあらゆる, あるおきぬの, あるお話し, あるこったあんまり, あるこったもちろん, あるそして, あるその, あると, あるという, あるなつかしい, あるはず, あるべきのみ, あるわが家, あるアンニャ, あるプルーヴェール, あるロダン, ある一つ, ある七兵衛, ある三本, ある不安, ある世界, ある事, ある二ツ, ある井戸, ある人影, ある人物, ある侍, ある値段書, ある傘はり, ある出目洞白, ある刀, ある刑事, ある初期, ある北白川宮, ある医者, ある十郎左, ある叔父, ある司法主任, ある同年輩, ある唄い声, ある喜連格子, ある場所, ある塀, ある大将, ある大広間, ある大胆さ, ある太い, ある女の子たち, ある妙齢, ある姓, ある姫路城, ある姿, ある家財道具, ある小さな, ある尺八, ある屈強, ある山岡家, ある弥生どの, ある悲しみ, ある捕手, ある捕方, ある数字, ある新顔, ある木, ある杉ばやし, ある柿の木, ある桜井, ある槍, ある樹, ある武蔵太郎安国, ある歯科医, ある母, ある気, ある江戸中, ある沢子, ある海蛇, ある源十郎, ある澄んだ唄声, ある物, ある物怪, ある男, ある町外れ, ある痛手, ある皺, ある米搗, ある罪, ある肌, ある胸, ある腕, ある自動車, ある芸, ある葛子, ある裏長屋, ある訣, ある証拠, ある足, ある路, ある車, ある道, ある郊外方面, ある野沢, ある野火止, ある関係, ある限り, ある雷門, ある電車, ある音色, ある馬鹿者, あろうはず, あろう筈, いいこと, いいの, お孝, お方は, ことも, する彼自身, どこまで, ない, ないあたし, ないあの, ないお, ないお母さん, ないところ, ないとは, ないのに, ないほどの, ないもん, ないわけ, ないジャン・ヴァルジャン, ないマッチ, ない三十・四十, ない不義, ない中敷, ない丸い硝子玉, ない丸山勇仙, ない人, ない位, ない儀, ない先生, ない兵馬, ない冤罪, ない冷えた, ない出来事, ない口舌法, ない名, ない土地, ない夢, ない奇妙, ない妊娠, ない妹, ない娘, ない嫌疑者, ない宝蔵院, ない小さな, ない市十郎, ない彼, ない彼みずから一時, ない心, ない怖ろ, ない恨み, ない悪臭, ない悲しさ, ない意力, ない感情, ない新九郎, ない方, ない明国, ない時分, ない暖かさ, ない殺人罪, ない母親, ない濡れ衣, ない濡衣, ない爽, ない男, ない病い, ない盗賊, ない私, ない程, ない筈, ない罪悪, ない自分, ない興味, ない芳子さん, ない苦しい快い感覚, ない苦痛, ない言いがかり, ない話, ない身, ない輩, ない迎い, ない部分, ない鋭さ, ない顔, ない魚則, なかった, なくなった手足, なくなるまでも, ねえもの, ねえ事, ほどを見せ, めでたいこと, めでたさ, よい小心, よい梶原景季, 一刀を, 一太刀に, 人も, 兵等の, 勇士の, 土地である, 場所の, 声, 小田巻直次郎, 居合い手品を, 山崎譲も, 弓太く逞しい, 念仏を, 怪し気な, 悪いには, 悪いまたは, 悪いやつ, 悪いわたし, 悪い日, 悪い畜生, 手代たちが, 政談演説に, 教訓に, 方々に, 日本語で, 更にない, 有る奴, 有る者, 杉戸, 杉戸は, 歌の, 流行唄では, 浪人者など, 浪士が, 無い男, 無え事, 無き事, 無くて, 特技によって, 狙撃で, 由良の, 皆さんに, 程シカと, 竹刀で, 者たちであった, 腕で, 腕に, 腕は, 腕を, 腕前返す, 舞の, 色音を, 記憶だけ, 謡曲一節うたい, 連中が, 連中は, 進化論なぞを, 面々人甲斐も, 顔に, 骨で

▼ 覚え~ (188, 2.1%)

24 ない 10 ありません 6 ないし, なかった 5 ある 4 ないこと 3 ありませんが, ないが, ないの, ないのに, なければ 2 あるまい, ございませんし, ないよう, なけれや, よいし

1 [108件] あざやかに, あつた, ありなんと, あり今さら, あり菊池寛さん, あるいはさんざん, あるから, あるが, あるし, あるので, あるまいが, あるめ, ある心配, ある様子, ある荒川放水路, あれば, あろう, いとめでたい, いとめでたく, おざら, かつてない, ございましょうが, ございません, ございませんが, した, しない, しなかったが, しなかったですが, しなかった一つ, しなかつた, し教え, する, するが, せずそのまま, ないくせ, ないけれどな, ないで, ないと, ないほど, ないほどに, ないもの, ないよ, ない半蔵, ない奴, ない嫌疑, ない正直, ない石壇, ない罪, ない者, ない言いがかり, ない香, なおさらない, なかつた, なかりし, なかろう, なきか, なく, なくさりとて, なくその, なく人, なく彼, なく従つて, なく息, なく漫然と, なく相, なく翌日, なく金, なし, なしまた, なし主従, なし内, なし探偵, なし日頃, なし病気, ねえか, ねえ事, まずよい, まだ消えぬ, めでたいこと, めでたくこの, めでたくなくなる, よいと, よかった, よくて, よくまた, よろしいが, 倅を, 御座いません, 悪くすこし, 早く子役, 次第によく, 殊にめでたかつた, 殊の, 残って, 無いが, 無いくらいの, 無いこれ面, 無いどうやら, 無き事, 無し敵, 父母か, 皆無である, 目出たい, 目出たく, 目出度いと, 目出度くどんどん, 結構な, 至極よい

▼ 覚えながら~ (100, 1.1%)

3 彼は

1 [97件] あらん限り, いそいそとして, いった, かれは, こう考えた, この小説, この部屋, しかし心, じっと耳, じつと, その広場, その方, それでもここ, それでも喬介, それでも夢中, それを, とにかく書きました, どっちへも, なんとはなし, また自分, まだ電車, ゼーロンに, タッジオの, フレンチは, 一同と共に, 一点疚しい, 一種の, 下って, 不図不眠症, 中尉に, 二人の, 他人に, 何故か独り, 内ぶところ, 再びもの, 却つて自分を, 同時に呪はず, 同時に呪わず, 同時に意外, 大いに笑った, 女に対する, 女は, 宇津が, 寝台を, 小屋の, 少年が, 岸に, 幾度も, 彼の, 彼も, 後姿を, 心の, 思はず笑ひだ, 息を, 息苦しい鉄管, 憑かれたよう, 懸物, 扉を, 手早く封, 押し止めました, 旅人を, 昔は, 暫くその小さな, 書類袋を, 椅子に, 此方こそ, 水面に, 源氏は, 滅びて, 無暗に, 熱心に, 片手を, 発作の, 着々と, 着替えも, 私も, 突っ立った, 窓を, 節々の, 純造, 縁側に, 老女に, 自分の, 葉子は, 表面は, 言った, 読んで, 赤門前から, 足ばやに, 車が, 遂, 銀行を, 鍛冶屋はさうし, 面には, 頼母は, 飲込みも, 馬鹿馬鹿しい日

▼ 覚え~ (62, 0.7%)

13 なった 8 なって 5 なるの 3 なれば 2 なりながら

1 [31件] ある, あること, ある井戸清, いった, なったが, なったし, なったの, なった白ソース, なった黒ソース, ならぬでは, なりましたか, なりましたな, なりましたね, なりますだけの, なり宮, なり思いやり, なるでしょう, なるはず, なるよう, なるらしい, なるらしく常に, なる帝, なれるわねえ, 慣れて, 母が, 練習した, 考えると, 覚えこんだと, 覚えて, 記憶し, 記憶は

▼ 覚えては~ (59, 0.7%)

7 いなかった 5 いない 4 いないが, いませんが 3 いないけれど, いません, いるが, ゐない 2 いられなかったから, ゐなかつた

1 [23件] いかん, いたの, いないかと, いないので, いないん, いは, いませんし, いらっしゃらないそう, いられない, いる, いるだろうな, しなかった, しません, なからう, ならぬ, もう武蔵, ゐないか, ゐないが, ゐないもの, ゐられない, 居ず椽先, 居ないが, 居りません

▼ 覚えたり~ (54, 0.6%)

6 した 4 して 2 すること, するので, ランニングに, 此の

1 [36件] ああいふ, いざいざ書い, さては疲れ果て, したが, したこと, してると, しながらも, しますね, し貫一, すると, するの, する子供, それできれい, どうしても会, なにかした, また鷹野, もう四五十里, われは, 一分の猶予も, 一通り気象学を, 上べだけ, 世間真面目の, 勿論いまだ眼, 半分は, 反感を, 喚きたくなったり, 喚きたくなつ, 喧嘩を, 坂東太郎は, 夢裏の, 子供たちの, 学友間で, 意識し, 旦那とか, 時としては, 水雷艇や

▼ 覚えてから~ (39, 0.4%)

2 絶えず本所

1 [37件] いまだ母, かなり人家, このかた, であった, ないね, なかった, にわかに頭髪, ムク犬は, 一年か, 一日も, 二十五の, 仕た事, 出直すなら出直して, 初めてだ, 十八までの, 十年あまりの, 可懐しい, 咄を, 大きな御, 奥羽の, 姉に, 始めてで, 後に, 急に, 時々起きる, 此時ほど, 段々料理法, 湯殿も, 滅多に, 父親が, 町によ, 私の, 私は, 経た年月, 職工に, 足掛五年の, 音楽も

▼ 覚え~ (38, 0.4%)

2 のまま発表, らしいもの

1 [34件] したり, そうしたつまらない, だと, だの細川頼之, であつ, である, で万々一新聞, で見た, という記事, と古手紙, なり, にかい, にし, によって講演, による, に過ぎない, の一帖, の内容, の結び, の類, ぼろぼろの, も四月七日, やいろんな, や研究, を作りましょう, を出し, を受け取った, を提出, を書こう, を覚え, を読み, を読み合せ, を送る, 斯くの

▼ 覚えてや~ (28, 0.3%)

17 がれ 2 あがれ, しない 1 がれこのごろ来た, がれといった, がれツ, がれ御, がれ畜生ッ, しないよ, しないわよ

▼ 覚えても~ (25, 0.3%)

4 いないが 3 いない

1 [18件] いずもちろん, いなかったが, いなかったの, いまいし想い出せ, いますよ, おらず何かと, かめへんぞ, よいという, 二年の, 居ない位, 居りませぬが, 氷塊を, 用ひ過ぎ, 置かなかつたが, 良人や, 餅つきの, 駄目で, 鶏を

▼ 覚えてを~ (22, 0.2%)

6 ります 3 らぬ

1 [13件] かしかつ, きたいと, つた, つたもの, られますね, りそれ, りましたから, りましたところ, りまする, りません, りませんが, る, れ

▼ 覚え~ (18, 0.2%)

3 して 2 り候

1 [13件] うけた東宮, こめて, まざと, めでたくし, よろいの, りし, 取り出して, 思い返した, 恃み, 書き留める程度, 繰るたび眉, 語りだす情熱, 辿るよう

▼ 覚えちゃ~ (17, 0.2%)

2 いませんがね

1 [15件] いない, いないか, いないじゃ, いねえか, いねえが, いねえの, いねえん, いません, いませんぜ, いませんよ, いませんわ, いらっしゃらないでしょう, いられねえ, おりません, 居ません

▼ 覚えにくい~ (12, 0.1%)

2 名前が 1 からと云つて画集, らしいから, らしく何, わ, 名で, 名を, 名前だ, 定跡は, 言葉に, 迫という

▼ 覚え~ (11, 0.1%)

1 [11件] お情け, が義塾, ぞ一休み, のみにて今, は式場, ひて, ふ, ふと, ふ胸, へ共, 程にいつ

▼ 覚えつつ~ (10, 0.1%)

1 あわれ世, さて今, ゆるんで, よろこびに, 公判も, 帰り来に, 彼は, 注意し, 畔柳が, 陽子は

▼ 覚えながらも~ (10, 0.1%)

1 しいて筑波, また幾らか, やはり最初, 今ほど, 使いを, 吾人は, 大臣は, 己れ, 蔵人は, 静かな

▼ 覚えなどは~ (10, 0.1%)

3 ない 1 ありません, ないぞ, ないと, 全然ない, 更に無い, 毛頭ござらぬ, 生れてから

▼ 覚えまた~ (9, 0.1%)

1 これを, それが, 仏壇の, 千鶴子の, 照れ気味にも, 語についても, 買いかぶって, 週刊朝日を通じて, 遠くから

▼ 覚え~ (9, 0.1%)

1 がある, が紛失, だ, というかその, に名前, の中, を取った, を盗んだ, を見

▼ 覚え自分~ (9, 0.1%)

1 でも命ぜられる, でも脚本, で形, と同じ, の全身, の肋骨, はふい, も母, も泣い

▼ 覚えその~ (8, 0.1%)

1 器具調度の, 宗門を, 御一家, 支那の, 方法が, 業に, 熨斗袋を, 絵を

▼ 覚え~ (8, 0.1%)

1 いらっしゃいましょう, ござりましょう, ホールへ, 居たまま, 彼等の, 浮世を, 覚え九ツ, 頓ては

▼ 覚えなし~ (8, 0.1%)

1 という, とか, とは云, とは卑怯, とは白々しい, と言い張る, に下, 隗生自分の

▼ 覚えめでたく~ (8, 0.1%)

1 お側去らず, たっぷりと, なくなり田沼, 天下の, 富裕で, 甲源一刀流の, 相模入道高時の, 追

▼ 覚え違い~ (8, 0.1%)

2 がある 1 がどれ, だろう, であるかも, で私の, と見え, をし

▼ 覚えこの~ (7, 0.1%)

1 ま, ままもう二度と, まま自分は, 先読み続ける, 本性も, 種の, 頃で

▼ 覚えてからは~ (7, 0.1%)

1 この特殊, その勝れた, とてもそれ, 十四の, 宗教的に, 市川の, 秋祭りには

▼ 覚えなんか~ (7, 0.1%)

2 ありませんもの 1 あって, ありませんよ, ございません, ないの, 無いじゃ

▼ 覚えやすい~ (7, 0.1%)

1 です, のは, やつは, 形を, 性格であった, 新名を, 船室番号じゃわい

▼ 覚えちがい~ (6, 0.1%)

1 かもしれない, じゃない, だったかも, であったかしら, であるかも, でしょう

▼ 覚えそれ~ (5, 0.1%)

1 がいつか火, だけが生きるた, も止め候う, より自ら一流, を取出し

▼ 覚えある~ (4, 0.0%)

2 日は 1 場合には, 男の

▼ 覚えいい~ (4, 0.0%)

2 お経 1 だろう, でしょう忘れないで

▼ 覚え~ (4, 0.0%)

1 したと, せまいと, せらるるとき, へすれ

▼ 覚えさえ~ (4, 0.0%)

1 あった, したらよい, すれば, よければ

▼ 覚えそう~ (4, 0.0%)

1 だと, ですから, なここち, もない

▼ 覚えちゃあ~ (4, 0.0%)

1 いないが, いねえし, いねえよ, いねえ今日

▼ 覚えてからも~ (4, 0.0%)

2 一度誰 1 むかし道中の, 一つございました

▼ 覚えめでたい~ (4, 0.0%)

1 子分だ, 権右衛門が, 鍾愛の, 長庵

▼ 覚えやすく~ (4, 0.0%)

1 て口調, なる, また学び, 口で

▼ 覚えよく~ (4, 0.0%)

1 すぐ入った, ていい, なるは, 謡いやすい

▼ 覚え易い~ (4, 0.0%)

1 でしょう, のかも, ように, 日附である

▼ 覚えから~ (3, 0.0%)

1 一時代書人を, 云った, 思ひ合せて

▼ 覚えそして~ (3, 0.0%)

1 外国人の, 恐怖を, 運動員として

▼ 覚えたて~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, の知識, の隠語

▼ 覚えでは~ (3, 0.0%)

1 からりと, やつぱり外面は, 役に立たず種々

▼ 覚えでも~ (3, 0.0%)

1 あるの, あるん, 書いて

▼ 覚え~ (3, 0.0%)

2 アしねえ 1 がれ

▼ 覚え乍ら~ (3, 0.0%)

1 それで手紙, も心, 其の場

▼ 覚え初めて~ (3, 0.0%)

1 いるの, ゐる, 実は物

▼ 覚え~ (3, 0.0%)

1 から忽ち, のよう, の超

▼ 覚え思わず~ (3, 0.0%)

1 溜息を, 胴ぶる, 良人の

▼ 覚え書き~ (3, 0.0%)

1 にし, にした, のし

▼ 覚え~ (3, 0.0%)

2 をぢ 1 にはなお

▼ 覚え~ (3, 0.0%)

1 がグラグラ, で覚え, は急

▼ 覚えいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な技術, の問題

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 馴染の, 龍を

▼ 覚えがち~ (2, 0.0%)

1 だが, になった

▼ 覚えこそ~ (2, 0.0%)

1 あれ刃物三昧, すれ何

▼ 覚えこれ~ (2, 0.0%)

1 はいつか, はてっきり

▼ 覚えさらに~ (2, 0.0%)

1 なしと, 兵法武術をも

▼ 覚えざらん~ (2, 0.0%)

1 とす, とする

▼ 覚えたりは~ (2, 0.0%)

1 しなかった, しません

▼ 覚えだけは~ (2, 0.0%)

1 極めて健全, 正しく自分達

▼ 覚えちや~ (2, 0.0%)

1 ふで, ふのよ

▼ 覚えつつも~ (2, 0.0%)

1 単身, 抱かずには

▼ 覚えてか~ (2, 0.0%)

1 いつの, きみさまの

▼ 覚えてからでも~ (2, 0.0%)

1 あの家, あの親玉

▼ 覚えてなんか~ (2, 0.0%)

1 いないわ, いられやしませんよ

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 申すほどの, 警戒が

▼ 覚えという~ (2, 0.0%)

1 のが, 役に立つだけ

▼ 覚えなぞ~ (2, 0.0%)

1 今までに, 毛頭ござんせん

▼ 覚えなぞは~ (2, 0.0%)

1 ないと, 毛頭ございません

▼ 覚えやがて~ (2, 0.0%)

1 寝付くべきか, 寺を

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 申と, 退の

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 の前, の肩

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

2 へ語りつい

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 か大いに, をまかせ

▼ 覚え何かしら自信~ (2, 0.0%)

2 に胸

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 小僧さんも, 小商人

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 と矢立, へ筆記

▼ 覚え強い~ (2, 0.0%)

2 執着を

▼ 覚え彼ら~ (2, 0.0%)

1 の母親, の階級

▼ 覚え彼女~ (2, 0.0%)

1 がその, の幸福

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 が愉快, また其

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 ざなく, 奉公の

▼ 覚え思うさま~ (2, 0.0%)

1 山川雲を, 男を

▼ 覚え文法~ (2, 0.0%)

1 をそらんじ, を覚えなけれ

▼ 覚え早く~ (2, 0.0%)

1 この不安, 寝に

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 からし, からしむる

▼ 覚え易く~ (2, 0.0%)

1 便利に, 又教え

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 覚え殊に~ (2, 0.0%)

1 多くの, 歩行は

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

2 へ蹲

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

2 を通る

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 出たいに, 出たかるべしと

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

2 も茶色

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 にこる, には熱

▼ 覚え間もなく~ (2, 0.0%)

1 手間賃を, 石の

▼ 覚え~ (2, 0.0%)

1 も覚える, を挙げる

▼1* [305件]

覚えあくる日四丁目の編輯局, 覚えあたかも彼の, 覚えあたかも実際に死んだ, 覚えあたりがぼっと, 覚えあの段ものの, 覚えあらゆる天の, 覚えいささかかたくなった, 覚えいつかぼくも機会, 覚えいつのまにか彼も, 覚えおできでふくれた, 覚えおのづから口, 覚えお茶を飲んだ, 覚えかえってものやさしく, 覚えかの地から, 覚えがねえとは云わせねえ, 覚えめ, 覚えけむ筑波町は, 覚えけり米と白菜, 覚えこいつをひとつ, 覚えこっち側からのぞい, 覚えこの間からの色々, 覚えこれからは身代潰し, 覚えこれから更に不便な, 覚えざりませぬ, 覚えさうに顔を顰めた, 覚えさし覗く顔, 覚えさすか職人にでもした, 覚えざらしめたり, 覚えしかなかった, 覚えしかも節まわしが, 覚えしも思い出だ, 覚えすぐゆったりと足, 覚えすこしばかり自分, 覚えすこぶる筆硯に, 覚えすらないアラビヤン・ナイト, 覚えそうした心を, 覚えそうして眺めた星, 覚えそこで暫く身動き, 覚えそしてまた興味を, 覚えそのわが命を, 覚えそれからもう九年, 覚えたりもするので, 覚えだけがあった, 覚えだの自誡, 覚えちょるとは, 覚えついに飽くこと, 覚えてかと言へば, 覚えてからの市村座は, 覚えてけつかれ, 覚えてしもうたのだ, 覚えてだけおいでに, 覚えてでも随分, 覚えてと仰しゃるは, 覚えてなはれ, 覚えてなぞお在, 覚えてね歌ふ, 覚えての上手だった, 覚えてはをりません, 覚えてわたいわたい, 覚えであるが私, 覚えでございましたかな, 覚えでございましたでしょうか, 覚えでございますな, 覚えでぞ行く, 覚えとうとう学校を, 覚えときやがれ, 覚えとてもござりませず, 覚え仲間に, 覚えない歌詞までも, 覚えなおもとくとこの大, 覚えなかなか放れること, 覚えなどが幾らかある, 覚えなんぞ無えこと, 覚えなんぞはございません餅, 覚えにくくて困る, 覚えにと思って, 覚えになつたのでございませう, 覚えにもない大, 覚えのねえぬれぎぬをきせられて, 覚えのみを気がねし, 覚えはっとして, 覚えはねえと云われても, 覚え上総の, 覚えひもじさを, 覚えへえいろいろと, 覚えほとんど呼吸さえも, 覚えほとんどうつらうつらとし, 覚えぼっと暖く, 覚えみんなに倣っ, 覚えむしょうに水が, 覚えでたかりし, 覚えめでたかった筈, 覚えめでたき出頭人, 覚えもしも余生が, 覚えやすかったの, 覚えやむを得ず又人力車, 覚えよいような, 覚えよう云う気イ, 覚えよかったもん, 覚えよかれと苦心, 覚えよき寿王とかいう, 覚えよし痛い目, 覚えるるなり, 覚えわが日本の, 覚えわれに負, 覚えインスパイアされる, 覚えエンジンの分解, 覚えオフェリヤを猿真似, 覚えカネロニーやその他フランス料理, 覚えキュラソオペパミントポオトワインなどのグラス, 覚えコツコツと咲きいる, 覚えタイルを見詰め, 覚えハシにも棒, 覚えプレスコする, 覚えプーシュキンディッケンズスコットなどを愛読, 覚えマタイ伝を全部暗記, 覚えモンジヤキとか犬, 覚えヤッコとなじんだ, 覚えも二, 覚え一人前になった, 覚え一体この男, 覚え一合位は傾ける, 覚え一方にはまた, 覚え一軍を率いる, 覚え三十五歳の今日, 覚え三十時代には十年, 覚え三日も四日, 覚え世間体を恥じる, 覚え久しぶり若若しい青年, 覚え乍ら二度三度呼鈴を押しました, 覚え乍ら他方出来る丈苛酷, 覚え乍ら彼に正面, 覚え乍ら硬直した半身, 覚え乍ら電車の通らない, 覚え九ツの時, 覚え井口の手紙, 覚え草に, 覚え今に謝恩の, 覚え以上の腕, 覚え何んと男女, 覚え保久呂湯で下駄, 覚え候まま一筆残しあげ参らせ候, 覚え候如何の訳, 覚え候昨日はまた, 覚え候還御は思い, 覚え元気になる, 覚え先ずどの墓, 覚えめしが, 覚え刺繍の稽古, 覚え前方の山麓, 覚え十五の夏, 覚え十分ござる, 覚え半ば笑いながら, 覚え却って落ちつき払った, 覚え反撥して, 覚え同じ旅の, 覚え同情はいだい, 覚え同感の奥深く, 覚え同時に浅草は, 覚え名前の面白, 覚え吐気を催し, 覚え咽喉がかわき, 覚え哀れも感じ, 覚えかす様, 覚え四季の釣暦, 覚え土地の言葉, 覚え坑夫に金, 覚え塾生たちといっしょ, 覚え夕方の雨, 覚えは冷たい, 覚え夢見心地でやっと, 覚え大きな呼吸を, 覚え天下第一, 覚えの教, 覚え学校を卒業, 覚え完全に一滴, 覚え実際兄の, 覚えにある, 覚え家相を見る, 覚えからざる, 覚え少しは剣術, 覚え少将といった人, 覚え岡先生の家, 覚えの林, 覚え己みずからその心, 覚え帰来寄宿舎で顔, 覚え幾度となく, 覚えいと申し, 覚えのほう, 覚えひて, 覚え当日会の催される, 覚え後者では微分方程式, 覚え御座なくなに者, 覚え極まりなし, 覚え忽ち忘れ何, 覚え怒りにわななき, 覚え性欲を覚える, 覚えじけ, 覚え憎いので今日, 覚え懐中に潜めた, 覚え或いは好奇心を, 覚え或は聴かなければ, 覚え戦場の中, 覚え戦後は逆, 覚え手分けをし, 覚え手持ち無沙汰な顔つき, 覚えもおのずから, 覚え技巧的な文章, 覚え抑制すること, 覚え握りッ拳で毎日幾金, 覚え握手しながら, 覚え政治的大冒険, 覚え故意と主人, 覚え文芸に興味, 覚え新子が限り, 覚え新聞の運動記事, 覚え早速その合唱, 覚え昭和五年の春, 覚え時には想念の, 覚え晩食の飯粒, 覚え書一通お書きとり願っ, 覚え最高の女体鑑賞家, 覚え之候あいだ, 覚えの陽, 覚え来年は暖簾, 覚え枯松葉を焚く, 覚え梅軒も急, 覚え楽天観を助長, 覚えになった, 覚え歓喜の最中夢中独待, 覚えの愉快, 覚えがかち, 覚え殆ど飛游し, 覚えなりしかば洋行, 覚え毎日会堂の門, 覚えある所, 覚え汽車が開通, 覚え浮腫知らず識らず減退, 覚え海岸の防波堤, 覚え霧に, 覚えが来る, 覚え漸く遅き青春, 覚え無しに畑, 覚え父親が姉さん云々駄目, 覚え独言のやう, 覚え理学初歩かまたは, 覚えの憂愁, 覚え生活力も身, 覚え申候目出度き歳旦, 覚え皆ばかな奴ら, 覚え監禁室の中, 覚え目出度かったの, 覚え目当もなく, 覚えを見はった, 覚え知識的興味は多様, 覚え神気陶然としてくる, 覚えは立, 覚えの果て, 覚え空廊に響く, 覚え立ての小笠原流, 覚え一この, 覚え紐育北郊外ハドソン河の傍ら, 覚えが隙間, 覚え結びかけて, 覚えを描く, 覚えを張る, 覚え背中に熱気, 覚え胸中深く自由民権, 覚えはぬ, 覚えに力, 覚え腹立たしさを, 覚えの首都, 覚えになつ, 覚えも端折っ, 覚えでわれら, 覚えなる地蔵尊者, 覚えにせまりよっ, 覚え身体が温まらなかった, 覚え軽蔑して, 覚え込みの悪い, 覚えも生涯世, 覚え遂に渇を, 覚え運動場で実演, 覚えへでないなら, 覚え違ひで無駄をした, 覚え遠く神の, 覚えに知己, 覚えの味, 覚え重い大理石の, 覚え鉄槌の下る, 覚え開化は宜, 覚えをも忘れる, 覚え陸地の世界, 覚え階段にかかっ, 覚え随意に火, 覚え障子の隙間, 覚え踏社時代の, 覚え頗るめでたく名声, 覚え顰蹙なされて, 覚え慣れたと, 覚えを急がせ, 覚えも自分, 覚え黒黒とした, 覚えから息, 覚え鼻唄まじりに