青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~視 視~ ~視線 視線~ ~覗い 覗い~ ~覗き 覗き~ ~覗く 覗く~
覚~
~覚え 覚え~ ~覚えた ~覚悟 覚悟~ ~親 親~ ~親しい 親しい~ ~親しく

「覚~」 2434, 24ppm, 4814位

▼ 覚~ (683, 28.1%)

74 ない 38 ないと 25 なくも 16 ないもの 14 なかった, なげに 13 ないの, ないよう 12 ないこと 11 ないが 8 ない手つき, なさ 7 ない光 6 ないながらも, ない足どり, なかろう, なし 5 ないという, ない気, なしと, なそう 4 ないかも, ないとは, ないので, ない事, ない心持, ない日本語, ない足, なくて, なくなる, ねえ

3 [12件] ないから, ないこの, ないであろう, ないながら, ない有様, ない様子, ない英語, ない路, なくなった, なげな, なさそう, のう

2 [38件] かない, な, ないかと, ないぞ, ないです, ないところ, ないな, ないのみ, ないやう, ないフランス語, ない命, ない声, ない影, ない彼, ない手付, ない手探り, ない手真似, ない明り, ない炎, ない生活, ない私, ない薄, ない蝋燭, ない足許, ない限り, なかつた, ながって, なきなり, なき事, なき有様, なき筆, なくなっ, なくは, なく候, なく存じ, なく瑠璃子, なく笑った, なしなど

1 [234件] ないあかり, ないいずれ, ないうち, ないうろ, ないか, ないからナ, ないぐずぐず, ないそれ, ないだから, ないちらつく, ないで, ないどうやら, ないなりの, ないなれ, ないなんぞという, ないのに, ないほど, ないま, ないもちろん, ないもん, ないようす, ないらしい, ないステップ, ないナニ余, ないペン, ない不言, ない世の中, ない事情, ない二人, ない人形, ない光り, ない初太刀, ない助ける, ない努力, ない動作, ない又聞き, ない反問, ない口, ない口吻, ない口振り, ない口碑, ない命脈, ない和製アメリカ, ない困た, ない国家, ない場合, ない外国語, ない娘, ない存在, ない寝覚め, ない平生名利, ない廻れ, ない弱い光り, ない形勢, ない御返事, ない意識, ない所, ない手, ない手付き, ない手付き乍ら, ない手伝い, ない手振り, ない抗, ない指, ない指さき, ない挨拶, ない支那語, ない故, ない敵状資料, ない文字, ない旅, ない智的, ない智識, ない月, ない極めて, ない様, ない次第, ない歩み, ない母, ない火, ない灯, ない照明, ない物, ない状況, ない独乙語教師, ない独逸語, ない眼, ない眼つき, ない知識, ない程, ない空模様, ない筆, ない筆蹟, ない箸, ない節, ない結局, ない羅馬文字, ない老母, ない者, ない舌, ない芸, ない薄ら寒い心持ち, ない薄手, ない薬, ない行燈, ない見よう, ない視線, ない計画, ない記憶, ない話, ない足もと, ない足取り, ない足捜, ない身, ない車夫, ない辺, ない近眼, ない返事, ない遺言, ない酔っぱらい, ない重傷, ない音楽, ない音締, ない頸, ない顔, ない風, ない飜訳, ない馬, ない騒, なかったでしょう, なかったら, なかる, ながる, なきこと, なきそらあ, なきの, なきは, なきまま, なきもの, なきやう, なきを, なき余, なき光, なき勘当せん, なき因縁, なき平手, なき形, なき恋, なき旅, なき時代, なき歩調, なき礼教, なき記憶, なき語句, なき賃仕事, なき足, なき農民, なき運命, なき針, なき間, なき限り, なくぐらつい, なくここ, なくさえ, なくその, なくとも, なくなりかけた心, なくなりました, なくなり茅, なくまた, なくトルストイ, なく三ツ, なく云う, なく作文, なく候え, なく働い, なく光っ, なく出, なく危険, なく命, なく四方, なく塞外, なく存ぜられ, なく存ぜられます, なく存候ところ, なく宇宙, なく幾度, なく心, なく思い, なく思える, なく思へ, なく思わる, なく思われた, なく思われる, なく思召, なく感じた, なく手慰み, なく拾い, なく攪, なく書い, なく林, なく棹さす, なく毬, なく気, なく目印, なく相槌, なく私, なく終, なく考え, なく考へ, なく考へる, なく膝, なく草鞋, なく落ち始めた, なく見えた, なく見える, なく話しました, なく認め, なく辿っ, なく響い, なさうな, なしとて, なし余, なし妾夜叉神, なし本堂さ, なし確, なし誰, な此処, な音, な鳥羽, のうて, のうは思え, 奉存候, 奉存候間

▼ 覚~ (180, 7.4%)

13 床の 7 床を 4 里の 3 床で

2 [13件] あるよう, ある様, ある蝋細工, 体なる, 声が, 床, 床は, 床へ, 慰安を, 方へ, 耳へ, 里, 里に

1 [127件] ありませぬこと, ある, あるかの, あるその, あるひたひ, ある二枚折, ある例, ある刑事, ある名刺, ある声, ある家, ある張鎰, ある悪夢, ある朧気, ある狩人, ある綺麗, ある繿縷錦, ある苗場山, ある裏山, いらいらした, ため書きつけ置く, ついた時分, つれづれに, どよめきを, ないその, ない事, ない彼, ない彼女, ない男, ない私, ない筆跡, ままに, むなしさ, やった所業, よい水音, ような, ように, よくなかった, わるい事, 一人をめぐって, 一院では, 位を, 体は, 例は, 修繕にか, 充実し, 前へ, 千鳥に, 声であった, 夕立の, 大きな体, 大衆は, 女年十六が, 奴だけは, 好いこと, 好い話, 如来である, 妹姫が, 妾牧は, 姿が, 姿と, 実にかぶらせたるなり, 家々ぞ, 尋ねて, 山門は, 床が, 床という, 床などを, 床に, 床岩其上の, 床探勝の, 床淋しく, 床臨川寺からの, 庵の, 弟子で, 後え, 思いの, 悪いこと, 悪い事, 感じなく眼, 手を, 手紙には, 方を, 枕を, 柔道で, 欲求の, 気味, 水が, 水らしく, 水飲む如く, 洗練された, 瀑の, 瀑は, 無い事, 状態で, 眼を, 窓を, 端へ, 義は, 老嫗後, 耳には, 耳元へ, 興奮し, 舌の, 蕎麦屋あたりも, 蕎麦屋であった, 蛇の, 行が, 見を, 解剖的基礎に, 言葉に, 言葉へ, 言葉へは, 農民を, 道は, 里すなわち, 里では, 里とでも, 里なり, 里は, 里も, 里を, 門人で, 際には, 顔は, 顔を, 鬼警部だ

▼ 覚ゆる~ (175, 7.2%)

8 なり 7 ぞ, のである 4 ことが, ぞかし, なりき, のは 3 のが

2 [17件] がしきりに, ことなく, ことは, に, のだ, のだった, のであった, のみである, は, やうに, ような, ように, 事巴山吹の, 暮れて, 程の, 者に, 蘆の

1 [100件] ことあり, ことで, ことです, ことならん, ことに, ことも, こと切なり, これ現, ころ高岡より, さへ, ぞッ, ぞ汝等こ, だけの方便, ところに, と同時に, なりけり, にガラス, に再び, に到った, に早く, に至った, に行く, に違, のだつた, のであります, のです, のみならず, のみにてかみ, のみにて誠に, のを, の情, の精神, は即ち, は彼, は生理上, は虔, は論, ばかり, ばかりだつた, ばかりで, ばかりである, ばかりです, ばかりなる, ばかり口熱, ほどでございます, ほどの割合, までに呆れ, ままに, ものから, ものが, ものです, ものなり, ものなれ, ものに, ものにて, も少し, も朝夕, やうな, や間もなく, を, をばさながら, を耐忍せり, ピグマリオニストなんて, 一刹那より, 一団の, 九月に, 也, 事数, 人と, 位である, 位ゐ, 卒塔婆は, 声の, 大鼓, 好感は, 宮が, 悲哀である, 悲哀は, 折しも, 故にて, 方面に, 日が, 時に, 時われ年, 時仏国の, 時期である, 時男の, 時考えは, 構へ, 水の, 点で, 物鋤にあたり, 甲斐な, 程盛ん, 者ならん, 胸の, 腹痛, 花の, 道士, 頃まで

▼ 覚~ (157, 6.5%)

4 ない, 云った, 無い 3 廊下を, 首を 2 ある, ございませんと, ないから, ないが, なかった, 俺を, 怒鳴った, 歌子の, 立ち上がった, 金剛杖を

1 [119件] あっちへ, ありません, ありませんか, あるでしょうよ, あるやう, いかにも得意そう, いぬか, いまだかつてなかっ, いよいよめでたく, こう云う, この時, ございませんから, さう, さびしいしかし, さらさらなかっ, そう思い, そう思った, そこで杭, そのま, その後から, その心, たしかにあった, どうしてこんな, ないと, ないに, ないはず, ないよ, ないよう, ないん, ない人違, なおさらない, ねえだが, ひどくテレ, まず唸り, またも, また喋舌, まだない, やがて云った, よろめいて, ゾッと身顫い, ヒョイと, ヒョイとう, 一向暢気, 一方の, 一足さがった, 京都の, 今は, 仏前に, 以前どおりに, 俗間に, 入道少納言通憲の, 冷笑し, 出口の, 利口ぶっ, 勢至丸の, 十数間ひた走り, 吃驚した, 吼えた, 吼え出した, 呻いた, 呻くよう, 喋舌り続けた, 喜んで, 嗄れた声, 嘗てあるまい, 執念深く左, 夢中で, 大瀑なれど, 天台五派の, 奥へ, 威猛高に, 屏風から, 庭へ, 怒って, 思わず叫んだ, 恐怖を, 愉快そうに, 感激しない, 振り返ったが, 旅の, 昏に, 最初の, 林の, 槻の, 檀下に, 歩き出した, 毛頭ない, 浮藻の, 無いぞ, 無いと, 無いの, 無いよ, 無し兄貴, 無し又, 無し是, 狂気じみた, 生け捕った, 眼で, 矢の, 突いて, 笑い出した, 答え, 背後を, 腕に, 興ざめたよう, 融通の, 袈裟太郎だ, 視聴の, 足を, 足踏みを, 違うまい, 部屋部屋の, 重手に, 金剛杖で, 長崎に, 闇の, 頓に気抜け, 驚きと, 鹿車に

▼ 覚~ (126, 5.2%)

14 ある 7 なかった 3 あるが, あるん, ないと 2 あった, あって, あるぞ, ない, ないので, ないん, なかつた, 云った, 姿を, 無いと

1 [76件] あったところ, あつて, あらうそれおれ, あります, ありますか, ありますがね, ありますわ, ありませぬ, あるから, あるくら, あるだろう, あると, あるとしても, あるの, あるので, あるわ, あるわなんて, いいそして, いるから, いるよ, ございません, した, ただ一遍ある, つづいて, ないじゃ, ないぢ, ないに, ないの, ないのに, なかったです, なくても, なければ, まだ有る, やつと, よくねえ, よろめき出た, わるい, わるいね, わるおます, わるくない, 丁とある, 上がったので, 今の, 伏見街道の, 何気ない風, 全くなかっ, 多少如来, 大音, 好いだか, 御座ります, 悪い, 悪いため, 悪いよう, 悪い娘, 悪か, 悪くって, 悪くつ, 悪くッ, 日頃の, 早いもの, 有りまするから, 有ると, 杖を, 横口を, 深編笠を, 無いじゃあ, 現われて, 申すとおり木屑, 真っ先に, 私の, 続いて, 遺言し, 酔いの, 鈴の, 闇の, 頭巾を

▼ 覚~ (65, 2.7%)

2 でござる, の娘, の道場, を初め

1 [57件] からの報告, から二間, がお祈り, がここ, が前, が呻く, が奪い, が帰った, が背後, が許さない, が訳, が長髪, であった, である, で杖, という, という叔父, という者, とのお, と申し, と申す, と約束, と見えた, と郷民達, に果し状, の喚く, の報告, の姿, の屋敷, の後ろ, の方, の甥, の答え, の腕, の血, の足もと, の風采, はまた, は例, は叫んだ, は容易, は常住, は延暦寺, は彼, は御方, は慌て, は旅装, は木曾殿, は無反, は老人, みるみる怒気心頭, や郷民達, をはじめ浪江, を使者, を斬っ, を見詰め, を訪れ

▼ 覚兵衛~ (58, 2.4%)

4 の一味 3 であった 2 と勘兵衛, の眼, はそう

1 [45件] がいるで, がこんな, が先ず, が屋内, が心, が横, が狼狽, が眼, が誓っ, が追従笑い, じゃがこれ, だった, だな, という家来, と宣り, と絞殺, と頼母, には譲るまい, に対しては感じ, に手, に襲われ, の一味達, の声, の影, の方, の言葉, はお, はその, はひどく, はもちろん, は例, は子, は断念, は星, は本能的, は注意, は烈しい, は無言, もい, も勘兵衛, も江戸, や勘兵衛, や勘兵衛たち, より耳, を追う

▼ 覚~ (53, 2.2%)

144 たので 2 ました, ます

1 [31件] あるやう, ある人, ある梅さ, こよなき清新, さすばかり, させた, させたの, させない寧ろ, させるところ, さへ, しむることはない所, ずには, ず杖, その上私, たい希望を, たが, たこと, たての, たの, たみつ子, ていらつ, ないなど, ないらし, ない親愛, なかつた代り, ましたが, ませんでしたので, 云った, 云って, 愉しさ, 男はず

▼ 覚~ (40, 1.6%)

3 迷わしたか 2 して, 動す力が, 目のあたりに

1 [31件] いうの, さんざんもち運ばされる, つける様, はじめと, ふせぐため, よくも汝, 主と, 亡うた者が, 併せて, 召して, 召し出して, 善く遊ばせよ, 喜ぶ様, 失おうもの, 得たまえる仏たち, 思ひやり高楼, 感じて, 感じ矢代, 持つた語, 持つ語, 探し廻って, 放さなければ, 照す窓, 睨んだ, 立って, 舞う時, 迷わせて, 迷わせろ, 通りか, 重じた, 開くの徒

▼ 覚~ (29, 1.2%)

1 [29件] か, がきっと, が作る, で叫んでる, と善兵衛, にはやはり, のさしいれ, の一件, の老, の腕, の薄幸, はいった, はかく, はこう, はぼくら, はもう, はらっぱ, は一切拒絶, は人々, は元来金持ち, は大きな, は早く, は猛, は町, は監獄, は突然, よりはすべて, を扇動, を見た

▼ 覚~ (24, 1.0%)

4 であった 2 いて

1 [18件] いえる占い者, いった, 云つた人である, 云占者あり, 大弥太, 子と, 排列とによ, 書いた石垣, 書け, 浮藻と, 申して, 申す, 菩薩と, 見るかは, 観察との, 言ふです, 連れ立ち六波羅探題, 連れ立って

▼ 覚へて~ (24, 1.0%)

5 ゐる 2 ゐた, ゐろ

1 [15件] しまつ, ならなかつた, や, ゐて, ゐない, ゐるし, ゐるの, ゐる位ひなの, 久しぶりで, 何に, 力一杯つかん, 村の, 来て, 私は, 貰ふからね

▼ 覚~ (23, 0.9%)

4 の善 2 であります, であること

1 [15件] が出, が明らか, であった釈迦, です, でないから, という意味, としての普遍性, になる, にはそう, に帰せよ, に成り終らない, の宣示, の意志, の義, を嘲る

▼ 覚~ (22, 0.9%)

2 ある, なければ, 群集たちも

1 [16件] あった, あらうし, あります, あるおれ, ないです, ないよう, ポカンとして, 共に瘧病, 同じ病, 好といふ, 業師飛ん, 無いです, 無かった, 盲人も, 笑うより, 荘重味を

▼ 覚~ (22, 0.9%)

1 [22件] されたの, しあるいは, したる観念, して, し世人, し反省自重, し得て, すべき参考資料, すると, するところ, するまでに, せしめたり, せしめ彼ら, せられたるもの, せられること, と誤認, の体, の光明, の境遇, の限, を絶する, を説く

▼ 覚~ (19, 0.8%)

2 到らざるが

1 [17件] あるいは現に, けり, つけた日記, なりましたほどの, また糠雨, 七たび八たびおなじ, 充ちた美し, 入るもの, 婆さん連中の, 対したやう, 強い刺戟, 時雨を, 着いて, 至っては, 落葉を, 識し, 送ろうとして

▼ 覚つかない~ (16, 0.7%)

2 手附で

1 [14件] ことじゃろう, ことだ, ことであります, ことに, といっ, とみなけれ, と思ひます, と自覚, のである, ふしぶし, ものと, 圓朝が, 日本語で, 百姓出を

▼ 覚明殿~ (16, 0.7%)

1 [16件] が, がだ, が許され, と約束, にはおいそれと, にも打ち明け, に依頼, に対してどう, に見抜かれた, に話し込み, に談じ込んだ, の一人, の一人娘, の甥, は俺, 仰せられて

▼ 覚ゆれ~ (14, 0.6%)

2

1 [12件] どともすれば, どもあたかも, ども若, ども雲, ど予, ど今, ど余り, ど例, ど意義稍, ど而, ど風説, 共後は

▼ 覚官的~ (14, 0.6%)

1 [14件] であり常に, である, であるが, でも, で旨い, にいいあらわし, にし, になっ, にやはり, に人麿, に切実, に直接, に身体的, のもの

▼ 覚王院~ (14, 0.6%)

3 の義観 2 や竜王院 1 とは異, とやらの坊主一人, に会おう, に於, に面会, の威望, の義観僧都, も竜王院, をたずね

▼ 覚~ (13, 0.5%)

2 いました

1 [11件] いた, いた畑柳家, いて, いても, いないかも, いらっしゃる, いる, 不死の, 衛生上に, 面白からず, 馬鹿気たる

▼ 覚~ (13, 0.5%)

5 丞は 2 丞の 1 丞, 丞が, 丞だった, 丞と, 丞どのから, 丞ほど

▼ 覚~ (13, 0.5%)

2 と手

1 [11件] というの, という相手, という若い, という青坊主, に一切, に逢っ, のこと, のところ, は係り合い, も一旦, も顔

▼ 覚心坊~ (12, 0.5%)

2 のからだ 1 がおどり出します, だけ, のやぐらにからみつき, のよう, の注文, はとる, はジュズ, は一ぺん, は壇, は天魔太郎

▼ 覚むれ~ (11, 0.5%)

21 ばすぐ, ば即ち, ば庭, ば思ひ, ば日既に, ば暁, ば有明, ば桃, ば船は

▼ 覚~ (11, 0.5%)

2 べし 1 ある日看守, しかも先, と云, なれ, ばかりなりき, や, 両腋習, 睡り少う, 要するに古藤庵

▼ 覚~ (10, 0.4%)

2 ちょっと来, どこに, 帰って 1 ありゃア小次郎, どうする, どこへ, 安心し

▼ 覚さん~ (8, 0.3%)

1 が追って, そんな物アこっち, では, とご, とし, なん, はお前さん, はかつて

▼ 覚~ (8, 0.3%)

1 が武州公, と云う, の筆, の臆測, の説, は武州公, は直接此, も云う

▼ 覚つて~ (7, 0.3%)

2 居るらしいの 1 か密, そのため, も描写追求性, 居ながら, 遂に秀吉

▼ 覚とは~ (7, 0.3%)

1 不敵にも, 大弥太, 定遍の, 小乗菩薩と, 小次郎と, 自ら飛花落葉を, 陳べられて

▼ 覚~ (7, 0.3%)

1 がある, じゃない, だから, なん, にかなっ, に叶うた, もよく

▼ 覚念坊~ (7, 0.3%)

1 というの, というやつ, の法衣, の蛇除, の言う, は, をひっぱりこんだ

▼ 覚~ (7, 0.3%)

1 ですか, という者, に道場, の主, の細横町, の老師, へ詣る

▼ 覚~ (6, 0.2%)

1 その二人, はあった, は宿場茶屋, もある, 昼とは, 行きあいましたっけ

▼ 覚という~ (6, 0.2%)

1 人である, 人を, 人間は, 坊さんが, 者である, 者を

▼ 覚明行者~ (6, 0.2%)

1 が御岳, が藪原, が黒沢口, のよう, の生れ故郷, や普寛行者

▼ 覚時計~ (6, 0.2%)

1 だが, に螺旋, の代り, の方, を据え, を直す

▼ 覚法印~ (6, 0.2%)

1 に筆, の処, の墓, を呼び招く, を導師, 我が心

▼ 覚~ (6, 0.2%)

1 かも知れない, では, な境地, にそう, にはもう, のそれ

▼ 覚~ (5, 0.2%)

31 と思う, 振りす

▼ 覚なき~ (5, 0.2%)

1 の観察, はおの, 後の, 異な, 程に

▼ 覚むべ~ (5, 0.2%)

2 き雨後 1 し, しと, しとも

▼ 覚~ (5, 0.2%)

2 せねば 1 の前, をした, を懐

▼ 覚殿~ (5, 0.2%)

1 にも手, に至急, のお, もそう, もそこ

▼ 覚海尼公~ (5, 0.2%)

1 が子, と法弟, の心配, もそういう, も後見

▼ 覚~ (5, 0.2%)

1 か蒼白い, にひょっと, にフト刺戟, に耳, の合歓

▼ 覚がち~ (4, 0.2%)

2 の私 1 だつた, の夜

▼ 覚へながら~ (4, 0.2%)

1 コツコツと, 呟いだ, 最も健全, 長い田圃道

▼ 覚へる~ (4, 0.2%)

1 がこれ, だけだつた, ので, ばかりでなく

▼ 覚~ (4, 0.2%)

2 にまで発展 1 です, のある

▼ 覚信尼~ (4, 0.2%)

1 といい, に書い, の孫, は創業

▼ 覚~ (4, 0.2%)

1 だから, な夜, の手勢七十余人, もおなじ

▼ 覚寿~ (4, 0.2%)

1 その外, と梅王, は菅丞相, や微妙

▼ 覚明様~ (4, 0.2%)

1 その心意, にはここ四, は一面霊人, を見届け

▼ 覚海伝~ (4, 0.2%)

1 には此, に拠れ, の一節, の賛

▼ 覚海夫人~ (4, 0.2%)

1 がやっと, の許, は母, は高時

▼ 覚禅師~ (4, 0.2%)

1 が, という人, の電光, は今

▼ 覚から~ (3, 0.1%)

1 つけて, 杳かに, 駒ヶ岳に

▼ 覚する~ (3, 0.1%)

1 を得る, 時贏ち得る, 素質を

▼ 覚つたの~ (3, 0.1%)

3 である

▼ 覚~ (3, 0.1%)

1 のだ, 時代認識とか, 虫類

▼ 覚なんか~ (3, 0.1%)

1 ありゃしないわ, ありゃしませんよ, ないわ

▼ 覚~ (3, 0.1%)

1 えてゐろ, しき洞窟の, しき薄髭の

▼ 覚むる~ (3, 0.1%)

2 は霊 1 を得ざるなりき

▼ 覚メテ~ (3, 0.1%)

1 一旦書斎, 見タラ汗ヲビッショリ掻イテイル, 見ルト

▼ 覚左衛門~ (3, 0.1%)

1 が狂歌, はいずれ, 行き暮れた女

▼ 覚平が~ (3, 0.1%)

3 いった

▼ 覚~ (3, 0.1%)

1 ざまに, になし, をした

▼ 覚得業~ (3, 0.1%)

1 という人, の手紙, も弟子

▼ 覚法師~ (3, 0.1%)

1 のその, は偶然, は合戦以外

▼ 覚知性~ (3, 0.1%)

1 の潜伏, を具有, を有する

▼ 覚禅房胤栄~ (3, 0.1%)

1 という人, という先代, は小柳

▼ 覚~ (3, 0.1%)

3 要鈔

▼ 覚蔵方~ (3, 0.1%)

2 に滞在 1 で貝十郎

▼ 覚~ (3, 0.1%)

1 して, なり, にて

▼ 覚ある~ (2, 0.1%)

1 お艶, 蒲田が

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 狐子に, 首尾は

▼ 覚からも~ (2, 0.1%)

1 登れるよう, 駒ヶ岳へ

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 方に, 花の

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 甚だ忙し, 面も

▼ 覚ても~ (2, 0.1%)

1 お前さんの, 夢に

▼ 覚といふ~ (2, 0.1%)

1 事は, 悟入の

▼ 覚とが~ (2, 0.1%)

1 知らず識ら, 黙然として

▼ 覚との~ (2, 0.1%)

1 出現によって, 物の怪じみた

▼ 覚ながら~ (2, 0.1%)

1 その十一枚, なおもその

▼ 覚にも~ (2, 0.1%)

1 忘れがた, 苦むところなれば娘の

▼ 覚へが~ (2, 0.1%)

1 あるだらふ, あろうと

▼ 覚へた~ (2, 0.1%)

1 と云つて, 程山村

▼ 覚へたり~ (2, 0.1%)

1 したの, 堪らない疳癪

▼ 覚へは~ (2, 0.1%)

1 ないが, 無いの

▼ 覚むる様~ (2, 0.1%)

1 なその, な色

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 触覚や, 関節感覚それに

▼ 覚ゆこれ角~ (2, 0.1%)

2 がまされる

▼ 覚ゆ糸声~ (2, 0.1%)

2 の波

▼ 覚より~ (2, 0.1%)

1 劣等だ, 起こる夢

▼ 覚われ~ (2, 0.1%)

1 て捕え, て獄中

▼ 覚一流~ (2, 0.1%)

1 の格調, の玄妙

▼ 覚兵衛たち~ (2, 0.1%)

1 が隙, に襲われ

▼ 覚右衛門~ (2, 0.1%)

1 とかいう捕鯨, と云

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 の代, の作

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 で切腹, にある

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 が煙, を用意

▼ 覚平さん~ (2, 0.1%)

1 だったね, のさしいれ

▼ 覚御坊~ (2, 0.1%)

1 について学問, につきました

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 である, も当然

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 の弟子達, の智

▼ 覚房幸西~ (2, 0.1%)

1 といった, は共に

▼ 覚書き~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ 覚本来~ (2, 0.1%)

1 の真心, 之真心

▼ 覚束ねえ~ (2, 0.1%)

1 こと, ぞ弱った

▼ 覚法親王~ (2, 0.1%)

1 といったよう, の仰せ

▼ 覚海上人~ (2, 0.1%)

1 が天狗, のこと

▼ 覚~ (2, 0.1%)

2 御房

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 が映画監督, も蕪村

▼ 覚王院義観~ (2, 0.1%)

1 というの, に参らされ

▼ 覚王院義観僧都~ (2, 0.1%)

1 あるのみ, がある

▼ 覚禅房~ (2, 0.1%)

1 は出家, は刀槍

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 が鎌倉, にかえって

▼ 覚羅氏~ (2, 0.1%)

1 が絶漠, が起った

▼ 覚~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 あり他, は絶息

▼ 覚速善居士~ (2, 0.1%)

2 の額

▼ 覚~ (2, 0.1%)

1 と申し上げる, 成人の

▼ 覚音寺~ (2, 0.1%)

1 に詣でた, は五百

▼1* [259件]

あしく遂に夜, 覚あそばしながら, 覚あってチャン, 覚あれば相応, 覚て最も, 覚うつしみの空, 覚えござりませぬ, 覚助けは, 覚おいで何をし, 覚および外覚より, 覚お小休み三留野, 覚くもわが胸, 覚ことごとく参って, 覚のよし, 覚さえあったの, 覚さば本陣へ参っ, 覚さん疲労れたの, 覚ざらまじを大原, 覚しかった三味線の, 覚しき室の前, 覚しき書入がある, 覚しめやかな声, 覚じゃあり寒, 覚ような, 覚たるがごとくおきあがり, 覚だけが後に, 覚ついてもつかなく, 覚つかなくなっていたらしい, 覚つかなげな様子だった, 覚つたらしくなんど, 覚つた忍従のかたち, 覚つた補祭がその, 覚つつしめ口が, 覚つて先づ潤一郎が体力, 覚つて貞盛に兎角, 覚てやがれ, 覚であったがもう, 覚であるが玉置, 覚でもあった, 覚とでも名づくべき, 覚とに別れを, 覚とを相手に, 覚ない故万感交, 覚なしと称し, 覚などもっとも多額, 覚などと明らかに, 覚にあたる地名は, 覚についてはすがた, 覚にはならぬやう, 覚によつて惹起する, 覚に関する問題は, 覚はさもさも, 覚へた身を炉端, 覚へてよりはともすれば我が, 覚への極めて怪しげ, 覚えて, 覚ぼしきものが, 覚ぼしく烱然たる, 覚まさしく秋雨で, 覚まで行くと, 覚むなと蝶のささやきし, 覚むべくもない奇仙泰軒, 覚むやと, 覚むることのなんぞ遅きやと, 覚むることもあるけれどそれは瞬時, 覚むるばかりに紅葉した楓, 覚むるやうな唐織錦の裲襠, 覚むるような唐織錦の裲襠, 覚むる吾子が声, 覚むる外なき思ひ, 覚むる折など町中, 覚むる日向の国, 覚むる浅緑の此上, 覚むる生命惜しめり, 覚むる許り鮮, 覚ゆそのかみのこと, 覚ゆるからである, 覚ゆるがよし, 覚ゆるし祖国を, 覚ゆるなるに我牢室, 覚ゆるなれわれは, 覚ゆる淋しさである, 覚ゆわが歌, 覚ゆ乳房いだけば, 覚ゆ云々と記し, 覚ゆ十にやはた, 覚ゆ妾も東上, 覚ゆ彼の有名, 覚ゆ御岳の頂上, 覚ゆ松下某といふ人やまと新聞社, 覚ゆ芒鞋の着処, 覚ゆ蒼茫万古の意, 覚ゆ蓋原文は言語, 覚ゆ鴎外漁史より草花, 覚よき石川伯耆守に, 覚よりは菩薩迥かに, 覚よりも鮮明直接な, 覚らしい一言だろう, 覚れるも多く, 覚わしの仲間, 覚申候, 覚をば疑ひ懼, 覚をも雑え, 覚やら観世系図, 覚エガアルガ主人桑造ノ死後遺族ガコヽニ移ッテカラハメッタニ訪ネナイヨウニナッタ, 覚エシガ敵ヲ突キ留メタルナリ, 覚エテナインダケレド鉾田トハ仕事ノ関係カラ近頃懇意ニオナリニナッテ, 覚エノ悪イノハ, 覚エハ無ク, 覚エブランデートイウ妙薬ヲ見, 覚シキモノヨリ発シタル無線電信ヲ受信シタリ, 覚スル所ニ非ズ, 覚ズ君ガ家ニ到ル, 覚た, 覚ハダカ持って, 覚マサセルノモ可哀ソウダナ, 覚来レバ一元ニ帰ス, 覚メタケレドモ事ノ意外ニ驚キ呆レ, 覚メテイナイヨウニ見エタ, 覚メマダボンヤリトベッドノ中デ眼, 覚メルコトモタマニハアルガ大概半分ハ寝惚ケテイテ, 覚メ耐エ難イノデ佐々木, 覚ルベキ秋デアルト, 覚一生懸命考え込んだが, 覚三氏木場貞長氏沢柳政太郎氏渡辺董之助氏などである, 覚上人は岩井松之助, 覚人君嚮導の下, 覚人東道沙翁の誕生地ストラツトフオード, 覚人格完成に結びつけ, 覚人槙原覚河西満薫有吉義弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎, 覚以外のどの, 覚成に, 覚伝導の法則, 覚とは言, 覚光さんといいます, 覚兵衛呶鳴れ呶, 覚兵衛此処におる, 覚兵衛殿あんたが真先, 覚兵衛殿覚兵衛殿あんたが真先, 覚兵衛館の戸, 覚兼阿闍梨重円大徳, 覚円峯のよう, 覚円峰などは天竜峡, 覚知入, 覚初めたるがため, 覚と云う, 覚十郎成瀬国助側ニ在ル, 覚召された事でしょう, 覚召して, 覚坊さまがそう, 覚夢一如生死貫洞の境界, 覚なの, 覚大夫号凹巷で著者校者並, 覚大師と称す, 覚太夫がその, 覚如来煩悩業苦の三道, 覚始覚の義, 覚にも負けない, 覚官的語気が伴う, 覚寿氏黒田真洞氏, 覚居候由此事限り無御座候此金高三千二百両, 覚山臨川寺の境内, 覚平が出獄するという, 覚平が助役をなぐっ, 覚平が父猛太, 覚平によく似たやつ, 覚建長寺などへは五山, 覚の役, 覚不生心, 覚心坊や猫間犬丸というの, 覚心禅童女の法諡, 覚もなく, 覚恵那の諸, 覚悟ったって何, 覚感受度の問題, 覚控えている, 覚明房長西は法然, 覚明普寛一心一山なぞの行者ら, 覚明様妾でご, 覚明殿殺生はお, 覚明行者寛政四年に王滝口, 覚の遺精, 覚普門開放万, 覚曰く当国, 覚更めて念仏, 覚有情とは覚れる, 覚期して居る, 覚期すれば飯, 覚束ねえやこうして吉原, 覚束ねえ目だけれどよ, 覚束ナク又, 覚束儀も見分, 覚帰一元, 覚果てぬ暁の, 覚がこの, 覚次郎君は内弟子, 覚次郎桑田熊蔵などという人, 覚殿贄あげました, 覚は本書, 覚河西満薫有吉義弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎, 覚法印三井の大納言僧都, 覚法印二尊院の正, 覚法橋の弟, 覚法華華厳等の経, 覚海伝上人自筆の消息文等, 覚海尼のこと, 覚海未亡人であったよう, 覚海検校深重, 覚淵どのにお, 覚湧きて泉, 覚キガ如シ, 覚無しと言, 覚眼ざめ御, 覚猷蕪村大雅巣兆等の豪放洒落, 覚王院一人に逢った, 覚王院礼讃はいいかげん, 覚申すよう伐る, 覚申候がしかと, 覚のひろ, 覚的浅薄の意味, 覚的美感を求めよう, 覚出たき由消息有, 覚政達居士の, 覚の別, 覚知体となる, 覚知認識する所, 覚禅房法印胤栄と申し, 覚禅房胤栄どのが耄碌, 覚禅房限りで表面, 覚禅法師胤栄の槍, 覚範覚行って, 覚羅朝である, 覚者たちの尊い, 覚者仏陀としてまさしく, 覚者思弥遠矣, 覚者救済者阿弥陀仏に帰し, 覚苑寺功山寺忌宮等々のあたり, 覚葷羶非, 覚蔵家の前庭, 覚蔵方内土蔵の中, 覚融僧正臨終の時, 覚融勝画の条, 覚行って見よう, 覚の世界, 覚のハダカ, 覚贄釜なんどに入れられよう, 覚路夢中行と道元禅師, 覚込む方法によって, 覚など言, 覚道氏は名古屋, 覚醒めて来た, 覚醒めたように, 覚の, 覚阿弥陀仏等月輪殿の子息, 覚院これも真言宗, 覚院宝性寺安穏寺北のは, 覚院町の石, 覚際胸あしく日, 覚雄氏によって