青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「道場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

過ぎる~ ~過去 過去~ ~過程 過程~ ~道 道~ 道中~ ~道具 道具~
道場~
~道徳 道徳~ 道楽~ ~道理 道理~ ~道路 道路~ 達~ ~達し 達し~

「道場~」 1795, 19ppm, 5922位

▼ 道場~ (509, 28.4%)

6 ほうへ, ような, 中で 5 あるじに, 中へ, 真中に, 門を 4 人たちは, 入口に, 扉を, 方に, 板の間に 3 中は, 中央に, 前に, 床に, 方へ, 歌, 者と

2 [40件] お跡目, ほうから, ほうは, まん中に, やうに, 一隅で, 中に, 中の, 中を, 主に, 主の, 代稽古, 先生の, 入口から, 内に, 内へ, 前へ, 前を, 壁に, 大床, 屋根の, 床へ, 床を, 掟と, 掟は, 方から, 方で, 方も, 正面に, 武者窓から, 玄関に, 生活に, 真ん中に, 真ん中へ, 真中へ, 羽目板を, 者が, 連中は, 間に, 隅に

1 [350件] あるじと, いかめしい構え, いざこざも, お勝手口, お婿さん, お嬢さんへ, お嬢さんを, お嬢様萩乃の, お歴々が, お蓮様, かたく禁ずる, こっちは, ことに, このごろの, しきたりとして, ずっと上手, その秘密, そばまで, ただ一人の, ところへ, はしに, ほうが, ほうで, ほうと, ほうに, ほかにも, まわりを, まんなかで, まんなかに, まん中には, ものどもが, やつらの, ようすを, ようであった, わきに, カラクリ暴き出す, キザハシで, 一つでは, 一人な, 一件か, 一件で, 一同にとっては, 一大事, 一方に, 一段階と, 一派われ関せず, 一郭に, 一郭は, 一門に, 万年門弟たちが, 上に, 上人が, 上席を, 下僕だ, 下男にでも, 不名誉たる, 不知火銭と, 中から, 中と, 中堅どころは, 中央へ, 中央まで, 主が, 主として民間, 主な, 主は, 主人で, 主人でござる, 主人と, 主人の, 主人は, 主人公その, 主大円房覚明, 主覚明, 乗っ取りを, 人々が, 人々とは, 人に, 仁と, 今日このごろの, 伊賀勢その, 会計や, 余徳であります, 使いが, 例として, 供待ち部屋に, 修行や, 儀は, 先生が, 先生にも, 入口で, 入口とは, 入口まで, 内や, 内弟子と, 内部には, 内部の, 内部へ, 内部を, 凍った板の間, 出口入口厳重に, 切り紙は, 別棟へ, 前悪, 前途が, 剣主神保造酒の, 剣法人を, 助手さんたちが, 助手としての, 北の, 千人の, 古い大, 吉岡清十郎な, 同勢だ, 名は, 名折れだ, 名札を, 名残を, 名物の, 向うが, 周囲には, 品評を, 問答, 四天王たる, 四天王の, 土間の, 坊主が, 壁には, 壁板には, 外から, 外で, 外の, 外庭の, 大先生, 大姐, 大将だって, 大広間, 大玄関, 大部屋に, 奥なる, 奥方お, 娘御, 婢どもが, 婿として, 嫉みを, 存在を, 学校に, 客としては, 屋敷内には, 峰丹波および, 峰丹波さまで, 峰丹波と, 峰丹波に, 峰丹波の, 峰丹波は, 峰丹波へ, 左側の, 師範代, 師範代峰丹波, 師範代程度の, 帰り道同門の, 年二回の, 広い庭, 床が, 床の, 庭, 庭の, 庭は, 庭を, 庭仕事に, 建設に, 建設には, 廻し者が, 弟子どもいま手に, 弟子どもが, 弟子どもで, 弟子の, 当主に, 後ろの, 御後室, 御後室様, 御馳走, 急用で, 戒刀金剛杖にも, 戸を, 戸口を, 持ち主で, 持主佐分利流の, 持仏堂の, 持続を, 挨拶である, 掟として, 掟を, 支度が, 支度部屋に, 新年鏡びらきの, 方からは, 方からも, 方でも, 方について, 方には, 方は, 方へと, 日課について, 普請にと, 末座に, 東西に, 板の間の, 板の間へ, 板の間を, 板囲いの, 板塀の, 板敷いっぱいに, 板敷きで, 板敷き正面に, 板面に, 森私は, 概説くだんの, 様子を, 模様次第で, 模範生じゃ, 模範生だ, 模範生だった, 模範生と, 権威が, 横から, 歌を, 歌声は, 正前, 正面には, 正面へ, 武者窓の, 武者窓を, 武骨ものが, 気分に, 水に, 汚名を, 源三郎の, 灯かな, 片すみで, 片隅から, 片隅で, 片隅へ, 物音に, 特殊な, 玄関へ, 理想は, 生徒たちの, 生活に対しても, 生活は, 田舎者, 皆に, 相続に, 看板, 看板だけは, 看板に, 看板門の, 真ン中へ, 真中で, 真中の, 破れ門前に, 破目板, 祝儀に, 禁物であり, 秘密は, 稽古を, 空間へ, 突当りの, 窓の, 窓を, 端に, 端へ, 端板壁へまで, 第一, 維持を, 練習風景とは, 美しい門, 羽目板へ, 習慣だった, 老先生, 者たちです, 者だ, 者ども, 者に, 背後高き, 若い者, 若侍, 若侍たち, 菩提樹下において, 萩乃ああ, 虎を, 衆たちが, 衆たちにも, 衝立の, 表札も, 表玄関から, 裏二階に, 裏口だ, 裏戸から, 裏木戸を, 規則として, 訪問を, 誰やら, 誰れ, 諸兄に, 警板が, 貼出し, 賑わいも, 跡が, 跡だ, 跡は, 跡目に, 辺際より, 近所に, 近所まで, 返書は, 返辞, 通用門から, 連中が, 連中ことに, 連中と, 連中に, 連中も, 連中を, 鉄則であった, 鏡開きで, 門は, 門下生で, 門人だ, 門人衆と, 門前へ, 門外へ, 門弟だ, 門弟仲間と, 門弟方と, 開祖, 陰謀組の, 陰謀組峰丹波の, 隅々を, 隅で, 隅の, 隅へ, 隅を, 隠密つづみの与吉に, 雰囲気が, 電燈が, 面々は, 音無の, 風紀を, 高弟だって

▼ 道場~ (265, 14.8%)

9 開いて 8 出て 6 持って 5 ひらいて, 構えて, 覗いたこと 4 構へて, 設けて 3 ひらく神道一心流, 後に, 預かって

2 [16件] あけて, つくった, 出して, 出る時, 叩いて, 尋ねて, 建て, 建てて, 片っぱしから, 申し受けました, 荒して, 見て, 訪ずれ, 訪れて, 開放し, 飛び出すと

1 [178件] あがると, あとに, いただくという, お出, お前に, お明け渡し, お開き申し, かまえて, ここまで, こしらえて, こちらの, さらに拡大, その宿所, たずねて, つくり天下, とじて, どやどや立ち出, のぞきに, ひらいた, ひらいたが, ひらいたころ, ひらいたの, ひらいた僧正, ひらいた金, ひらきそれ, ふんだこと, ぶんどろうと, ほそぼそと, まかせぬうち, もたない村, もって, もつ柿崎六郎兵衛, ゆずるまいと, わしじゃと, 一つ余さず食べつくした, 一つ殘らず叩き潰す, 世帯と, 中心に, 乗っとろうと, 乗っ取った上, 乗っ取るため, 乗っ取る野心, 乗っ取れよ, 乗っ取ろうと, 任せて, 使ふ, 借りて, 借りる考え, 再興し, 出たとき, 出た時, 出てから, 出で, 出られてから, 出るところ, 出る事, 出れば, 出奔し, 出奔した, 切り廻して, 剖いた, 卒業し, 厭って, 去った, 参観の, 取潰すと, 受け継ぐ, 叩き潰して, 右の, 同じ手, 囲繞し, 外から, 守って, 建てたいと, 建てたところ, 建てても, 建てられた, 建てること, 建てると, 建て江戸中, 建て部落, 張って, 彩り竹刀, 後足に, 御覧に, 御訪問, 微塵に, 忽ち天井, 思わせる広い, 戦陣の, 承け継いで, 拝見させ, 拝見し, 拵える, 拵へ, 拵へか, 持つとは, 捨てて, 捨てなければ, 掛け持ちし主として, 支え一時, 棄てて, 構えさせ怪しき, 構えなすった片町, 構え剣術の, 構え大いに, 構え大名高家, 構え念仏を, 構え星野作左衛門, 横領しよう, 横領する, 武者窓から, 歩いて, 死守する, 汚そうと, 看破った人間, 破ったこと, 破ったとき, 破って, 破りま, 破目板, 空けて, 立ちのくか, 立ち出, 立てて, 立てるには, 筆頭に, 経めぐっ, 継いで, 継ぐこと, 繼が, 繼ぐ筈で, 若い後妻, 荒された恨み, 荒し廻って, 見ると, 見限った恩知らず, 覗きおったな, 訪ねた時, 訪ねて, 訪れ, 訪れ対抗試合, 訪れ申候, 訪問し, 訪問した, 設ける, 設け新, 譲らぬうち, 譲るぞ, 譲ろう, 買い出稽古, 賜わり受禄三百石, 踏ませたかと, 踏み破りみずから役, 造って, 遠まき, 選ばず玄関, 選んで, 邪魔だ, 閉じたからには, 開いたこと, 開いたその, 開いたん, 開いた時, 開きなされても, 開き一派, 開き千葉周作, 開き法, 開くに, 開て, 除くと, 隔てた控え所, 預かり手, 預かるという, 預って, 頼む, 飛び出したが, 駈け出した

▼ 道場~ (198, 11.0%)

7 通って 6 出て 5 来て 4 帰って

2 [11件] いって, かよって, もどって, やって来た, 乗りこんで, 入って, 戻れば, 潜入致し, 行って, 行つ, 連れて

1 [154件] あつまれ, おいでに, おしかけて, お化けが, お帰り, お帰り下さいまし, お立ちよりに, お見え, お詣りし, お越しでござる, お連れ, かえす役目, かえりゃあ, かけもどりまだ, かよい六郎兵衛, かよったもの, こっそり御, これから入門, つづいて, でかけた, でかけたあと, のそのそやって来る, はいって, はいりこんだこの, まぎれこんで, またも何者, みな寄り集まる, むやみに, やって来たの, やって来ないか, ゆきます, よくも一人, アメリカの, 三羽烏の, 住みつく時, 入り婿, 入り込んで, 入れる人工, 入れ一撃, 入門し, 出かけた, 出た, 出たまえ一手指南, 出るよ, 出入りした, 出向いたお, 到着の, 加勢する, 助け太刀, 単身試合に, 去る彼, 参ります, 参れず残念, 叩かれに, 呼び集めた, 報せてやら, 寄った, 小信, 帰ったのね, 帰ったら丹波, 帰ってからは, 帰っても, 帰り着き次第に, 帰り着くが, 帰る, 帰ると, 帰ろうと, 引かれ, 引きあげた当座, 引っ張って, 引っ返して, 引っ返し源三郎, 当りを, 往来し, 後に, 御出張, 忍んで, 戻って, 戻ること, 手合せに, 手紙を, 手繰られるやう, 抛りこんで, 押しかけたが, 押しこめたの, 押しこんで, 持って, 明日の, 来い, 来た, 来た当座, 来た日, 来た武蔵, 来てまで, 来ると, 来る人, 来る日, 来る門人, 案内させ, 案内される, 案内申す, 次の, 歩み入りました, 歸つて何んにも, 毎晩通った, 江戸入りの, 深夜城主の, 溌剌と, 潜入し, 片足を, 着いたの, 着いて, 着くの, 知らせて, 立ち出で, 立ち寄り門弟たち, 立戻っ, 竜之, 納めて, 置いて, 行かなくっちゃ, 行くん, 行こうと, 行った者, 行ってから, 行つてみんなに, 行つて大いに, 視察に, 訪れて, 走りこんだ, 走り込むと, 踏込みませうか, 踏込んだところ, 躍り立った, 迎えて, 近づいて, 近寄って, 追ひ込ん, 逃げ込んだため, 這入るほどの, 通うて, 通うよう, 通された, 通されて, 通して, 通じること, 通り道場, 通れ, 通わなければ, 長庵, 隠密に, 集まる子供たち, 顔出しできる, 駈けぬけさせて

▼ 道場~ (167, 9.3%)

4 通って, 過ぎなかつた 3 於て 2 あって, いて, いるよう, おいでに, がんばって, はいったの, 出よ, 於いて, 残って, 立って

1 [136件] あつまって, あるに, ある間, いすわって, いた宇津木兵馬あたり, いた石川兵庫介, いた祇園藤次, いませ, いらしって, いらっしゃるころ, いると, いるとかいう, いるとかとの, いるので, いる全部, おばけが, おらぬらしいこと, おりさ, お乗り込み, お面, かようお, こもつて, こもるおつもり, して, せよと, そその, どんなカラクリ, なってる, のりこみましたに, ひとり踏みとどまった, まず自分流, まだ暗然, みられる武芸者, やつて, よく似, よろこびでも, わざわざ伊賀, 一夜を, 上り込んで, 与八が, 二人を, 今や血, 住むこと, 使って, 俗人が, 修行する, 充ちて, 入った, 入って, 入り込みそれから, 入る一夕, 入る権利, 入門を, 出て, 出向きました, 励んで, 勝るとも, 召されたの, 吉岡流の, 向ひました, 呉越は, 坐せられた, 大勢が, 姿の, 姿を, 婿入りする, 安置され, 安蔵, 容易ならぬ, 宿りを, 寝泊りし, 居坐り婿, 師範代を, 弟子たち大勢が, 急使を, 掛けた看板, 新吉, 於きましても, 於けるこのごろ, 於ける一羽, 於ける助手たち, 於ける綽名, 於ける評判, 時ならぬ, 普請が, 暗くなる, 暫く足, 暮らして, 来た当初, 来て, 来まして, 根拠を, 槍木剣薙刀が, 武者修行の, 死んで, 残りあと, 泊つてゐた, 泊めて, 泊ること, 満つる人々, 滞留し, 煤ぶっ, 現われたこと, 現われた時, 用が, 着いた, 知れれば, 秋の, 立った時, 立つ, 立合うや, 立寄って, 竹刀を, 納会の, 腰を, 見張りを, 訪ずれ, 試合を, 詰めかけて, 誰が, 赴いて, 起き伏しし, 起居し, 通い神道無念流, 通った, 通つてゐた, 連れて, 過ぎなかった, 遺恨の, 限って, 雄を, 集って, 集まった, 飛び込んで, 首を, 鳴らした神変夢想流

▼ 道場~ (72, 4.0%)

2 稽古を, 試合を

1 [68件] あつた, おれに, お兄様, かの富士裏, げすな, こういきなり大次郎, この小説, ご修行, ざっと眼, したためた, じぶん, ただ一打ち, な, もって, やって, よく顔, ヘエ, ポンポン稽古, 一同が, 一本お, 一松斎の, 乱暴を, 二人の, 免許皆伝だ, 出会ったあの, 十字架祭壇という, 土肥の, 坐禅を, 堀口や, 多四郎を, 夜の, 大勢を, 大変面白い, 女中に, 室町幕府の, 小城氏に, 峰丹波に, 平馬が, 当時ここに, 彫刻を, 彫刻熱心の, 彼と, 御挨拶, 打ちのめされた腰抜け侍, 撃剣を, 朝夕に, 木刀を, 東間陣助と, 流した汗, 玉座を, 理論的に, 相当の, 祝言を, 秋の, 第一次, 約一時間, 聞えた寺, 腕を, 著れ, 行われること, 見たの, 見た時, 訊いたが, 試し斬りが, 費う, 鍛えた腕, 門弟たちが, 門弟食客連が

▼ 道場~ (54, 3.0%)

2 大混乱

1 [52件] あった, いつか知らず, いま安静の, この頃, これか, それに, そんなこと, たんと廻っ, とうの, どこだ, どこまでも, どの村, ない日本, もちろん破門, やって, 一ツ橋門内の, 一変した, 予想よりも, 何の, 何処に, 出稽古が, 北國の, 参会の, 地獄の, 山形県の, 強固に, 恐らく官衙そのもの, 昼間から, 暗いうち, 柔道の, 栄えたの, 森閑と, 正しい若々しい時代, 江戸に, 江戸へ, 淋れ, 燃え落ちた, 留守師範の, 盛んなり, 神聖な, 私の, 稲荷の, 稽古初めを, 空き家だ, 自分の, 要らない筈, 譲れぬよ, 賭場と, 随分天然的, 離散この, 離散吉岡家は, 鬼門に

▼ 道場~ (49, 2.7%)

4 なつて 2 して, なって, 同じよう

1 [39件] あるから, いい得る程, いうほど, いえば, いつた格, かの可憐, さらに絶世, した, した一群, した鳴瀧, しましたが, する, する神主, ちがった一つ, ならんこと, なりいまだに, なりまして, 云う暗い, 云ふ, 云われた修験道場, 住居とは, 双び, 同じです, 名の, 心得仕入れ, 林念寺前の, 洛中の, 浴場の, 牝犬の, 知って, 知ってか, 知っての, 筆太の, 考え病気, 聞くからに, 職場に, 萩乃どのを, 見るから, 覚しき一棟

▼ 道場から~ (41, 2.3%)

2 出て, 破門を

1 [37件] あがった, いつもの, これを, それぞれ自宅へ, 一名の, 一歩も, 一段高い, 一町ほど, 与吉の, 人が, 仰ぐ空, 何気なく帰っ, 借受けた道具, 出して, 出た若い, 出ようと, 助剣, 去るだろうこと, 奥へ, 宇津木文之, 安積玄心斎谷大八などが, 帰り際に, 帰る途中, 引き連れて, 徹宵護衛の, 放たれた一味, 春藤幾久馬遊佐剛七郎鏡丹波の, 木刀を, 来たの, 母屋は, 母屋へ, 牛込の, 用心棒が, 甲源一刀流の, 身を, 追放し, 飛び出したと

▼ 道場~ (39, 2.2%)

8 あって 3 あった

1 [28件] あったもの, あり燭台, ある, あるかと, あるぞ, あるに, あるらしく武者窓, うまくいっ, お宅, お弓町, この, このごろ開けた, せまいので, まだ建てかけで, 一時に, 一軒でも, 並んで, 丹波の, 五台山の, 出来上るという, 創まっ, 十八間四面といふ, 本当に急, 机の, 柳生の, 珍しく今日, 立花伯爵始め有力な, 要る手習学問

▼ 道場では~ (24, 1.3%)

1 [24件] お前を, このごろこそ, このごろ手習に, その連名, たしかにこの, ちょっと見馴れない, どこまでも, まだ当分, 人眼も, 今剣術の, 先にも, 先頃から, 刀を, 古参の, 夜の, 峰丹波から, 弟子に, 抜群の, 挨拶に, 本を, 模範と, 江戸へ, 石渡殿を, 負けぬが

▼ 道場には~ (23, 1.3%)

1 [23件] お化けが, ご舎弟様はじめ, ちょいと, ちょうど好い, べつだん変った, べつだん誰, もう彼一人, アメリカ人の, 一人も, 二つの, 以前清十郎殿との, 先生の, 夜な夜なお化け, 幾人かの, 彼の, 意外な, 未練が, 稚児の, 見られない, 親分の, 豪傑然, 長男の, 黒崎君が

▼ 道場~ (20, 1.1%)

2 あった

1 [18件] あなたの, ある, あれば, この先, この興福寺, ございますが, ざまは, そして剣, また今, また佐助, 変っちゃったなあ, 平穏こんな, 恋も, 横領したい, 現存し, 相かわらず, 自然に, 設備せられ

▼ 道場荒し~ (16, 0.9%)

3 の赤谷伝九郎

1 [13件] が乗込ん, じゃな, では思い, で一時, などをやっ, の仲間, の意気組み, の豪, も刀, をし, をやった, 丹下左膳, 江戸中に

▼ 道場という~ (12, 0.7%)

5 道場を 1 のは, ものの, ものも, やはり麗わし, ような, 奇怪な, 設けは

▼ 道場でも~ (10, 0.6%)

1 あろう, これまで, ござるの, ないん, なければ, 指折りの, 据物斬りで, 評判の, 門人たちに, 開く積り

▼ 道場での~ (9, 0.5%)

2 上目録は 1 お前の, 事件などには, 免許に, 木太刀取りに, 目録に, 自分との, 門倉平

▼ 道場にて~ (9, 0.5%)

1 この者, 不可思議の, 兄の, 我等如き, 撃剣の, 撃劔の, 第一次考査, 見参いたした, 重蔵先生の

▼ 道場まで~ (9, 0.5%)

1 いくらも, おじさんの, かついで, はいり込んで, 出来まして, 往って, 手順を, 抵当に, 舁き出させたこと

▼ 道場として~ (8, 0.4%)

1 おられたが, また文壇, 不断常行念仏を, 完成する, 最難, 残されて, 法幡を, 藥用の

▼ 道場~ (8, 0.4%)

2 の空気 1 では話, の一派, の生活, は何かと, は時, へと入りました

▼ 道場通い~ (7, 0.4%)

1 があて, のころ, の修業中, の途中, を考える, を致した, を致しました

▼ 道場~ (6, 0.3%)

2 のであった 1 のだ, のだらう, のでそこ, んでチベット

▼ 道場へは~ (6, 0.3%)

2 お化けが 1 あまり姿, しばらく顔出し, もう来週, 五年前から

▼ 道場~ (6, 0.3%)

1 ぶりが, ぶりという, 出稽古の, 寺子屋を, 武家屋敷は, 稽古場に

▼ 道場において~ (5, 0.3%)

1 お手合わせ, 偶然彼と, 師範代の, 真剣をもって, 腕に

▼ 道場びらき~ (5, 0.3%)

1 なぞという厳, にいろいろ, に出, に見物, のお

▼ 道場へも~ (5, 0.3%)

1 やはり寒稽古, 出ず竹刀, 寄りつかないで, 就いて, 知らせに

▼ 道場主義~ (5, 0.3%)

1 と云った, に傾い, に太刀打ち, に立っ, は前

▼ 道場であり~ (4, 0.2%)

1 ここに, また鍬, 宿舎でも, 展覧会であり

▼ 道場である~ (4, 0.2%)

1 から当分比所, と信ずる, と観ずれ, 外曲輪の

▼ 道場らしい~ (4, 0.2%)

1 威風が, 建物が, 木の, 武者窓を

▼ 道場洗い~ (4, 0.2%)

1 にしくじった, に取りかかりました, をやりだしました, を始めた

▼ 道場からの~ (3, 0.2%)

1 あなたの, 妾の, 帰りに

▼ 道場~ (3, 0.2%)

1 からである, が, ね

▼ 道場だけ~ (3, 0.2%)

1 では, で実に, で豪農

▼ 道場との~ (3, 0.2%)

1 あいだに, 約束に, 通路の

▼ 道場などに~ (3, 0.2%)

1 いたこと, 出入る僧, 選ばれたわけ

▼ 道場などは~ (3, 0.2%)

1 もしうまく, やめて, 要るまい

▼ 道場なる~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものの, ものを

▼ 道場にも~ (3, 0.2%)

1 いる万年門弟, しばらく居た, 似たあの

▼ 道場~ (3, 0.2%)

1 が続々, の目, 番五郎の

▼ 道場乗っ取り~ (3, 0.2%)

2 の策動 1 の陰謀

▼ 道場全体~ (3, 0.2%)

1 がしんと, が神聖, にひろがり

▼ 道場坊宥覚~ (3, 0.2%)

1 などもお供, のごとき, をひきだし

▼ 道場構え~ (3, 0.2%)

1 にし, の一宇, の広大

▼ 道場~ (3, 0.2%)

2 一等の 1 一の

▼ 道場~ (2, 0.1%)

1 なんか知らん, 浪花節の

▼ 道場たる~ (2, 0.1%)

1 ことに, 江戸へ

▼ 道場だけは~ (2, 0.1%)

1 残って, 物々しかった

▼ 道場ちかく~ (2, 0.1%)

1 の山家, へすらき

▼ 道場であっ~ (2, 0.1%)

1 てその, て業風

▼ 道場とも~ (2, 0.1%)

1 なるに, 考えて

▼ 道場とやらへ~ (2, 0.1%)

1 帰るに, 案内し

▼ 道場とを~ (2, 0.1%)

1 挙げて, 永くう

▼ 道場とんだ~ (2, 0.1%)

2 白鬼を

▼ 道場より~ (2, 0.1%)

1 安積玄心斎殿が, 追放すべし

▼ 道場よりは~ (2, 0.1%)

1 また奥, 幾倍も

▼ 道場をな~ (2, 0.1%)

1 荒くれ男達が, 道場を

▼ 道場をも~ (2, 0.1%)

1 妻をも, 踏んで

▼ 道場一杯~ (2, 0.1%)

1 に充ち, 押し並んで

▼ 道場主釜淵番五郎~ (2, 0.1%)

1 です, のところ

▼ 道場入り~ (2, 0.1%)

1 をさせなけれ, を始め

▼ 道場~ (2, 0.1%)

1 に声, へと飛び出した

▼ 道場横領~ (2, 0.1%)

1 の策謀, の邪魔もの

▼ 道場法師~ (2, 0.1%)

1 の孫, や武蔵坊弁慶

▼ 道場練兵館~ (2, 0.1%)

1 の話, へ押寄せ

▼1* [110件]

道場あることを, 道場いっぱいに騒然と, 道場かと見えるばかり, 道場からなども農作の, 道場からは出して, 道場からも六十余名の, 道場こそは木剣を, 道場じゃないか, 道場たらしむることを期し, 道場だけがいつまで, 道場だけにここには, 道場だったが出す, 道場だって同じこと, 道場ならいしなん, 道場であったような, 道場でござるか, 道場というは四間と, 道場とか剣術ずき, 道場とかへ知らせて, 道場としての芸術, 道場とともにお蓮様, 道場となせる事, 道場とはここの, 道場とやら一刀流と, 道場などでよく教えた, 道場などという名前を, 道場などへ参って, 道場なども流行って, 道場などを背景に, 道場なりと変化さし得, 道場にだってあるよ, 道場にでもしたもの, 道場にや住僧も, 道場によって食べて, 道場のみならず他流, 道場ばかりで試合を, 道場ひとつで衣食, 道場へと進んで, 道場への婿引出は, 道場ほど風雅な, 道場までが亡ぶ家名, 道場までの交通費も, 道場めぐりをし, 道場めぐりで宿賃を, 道場つづいて, 道場わきの支度部屋, 道場をめぐってお歩きなさい, 道場ガ至ッテ義定ガ立ッテイテ, 道場出シテ居タガ, 道場一蓮寺の藪, 道場一軒なりと, 道場不知火組のいすわっ, 道場主三宅三郎もそれ, 道場主弓削法外の贈り物, 道場主義教育に一等, 道場主軍之助, 道場主高野弥兵衛が出た, 道場代りにし, 道場以外は百姓用, 道場供奉の職, 道場の方, 道場附けの, 道場全体夢のよう, 道場全部を通算, 道場出入りの剣士, 道場即ち台所だ, 道場吉崎の港, 道場名代の音無し, 道場地鎮祭にかこつけ, 道場の宥覚, 道場場長田島医学博士その人, 道場壇上の正面, 道場日本国家社会党など, 道場大広間でした, 道場存じておるであろう, 道場兵館へ, 道場屋敷の建っ, 道場峰丹波それらへの興味, 道場でこないだ, 道場控室に参集, 道場掬水園の板, 道場新九郎のよう, 道場とにらみ合い, 道場本堂宏大にし, 道場棟行は十二三間, 道場檜づくりの真新し, 道場の道徳運動, 道場無形一刀流の看板, 道場無形一刀流神保造酒のところ, 道場独得のもの, 道場をもっ, 道場祇園の御, 道場立てこもりの一統, 道場竜華菩提樹下で成道, 道場翌日の朝飯, 道場脇玄関の戸を引きあけ, 道場自在庵を訪, 道場至らざる処なく, 道場荒らしで一時, 道場覗きをし, 道場訪問の儀式作法, 道場試合は巧者, 道場試衛館の若, 道場近くに相手, 道場門人の末席, 道場開きまでそこ, 道場閨房の絨氈, 道場音無の剣術ぶり, 道場音無しの勝負, 道場高く造られある正面