青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「道中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

過ぎない~ ~過ぎなかった ~過ぎる 過ぎる~ ~過去 過去~ ~過程 過程~ ~道 道~
道中~
~道具 道具~ 道場~ ~道徳 道徳~ 道楽~ ~道理 道理~ ~道路 道路~

「道中~」 1234, 13ppm, 8300位

▼ 道中~ (212, 17.2%)

5 胡麻の 3 無事を 2 ことを, ほどが, 商売人と, 安全を, 慰みに, 時の, 景色を, 駅

1 [188件] あいだに, あいだ寒, あいだ日の, あとの, あるといふ, いずれかで, いずれにかと, いりよう, おつつがなき, お人, お供の, お差料, お慰みに, お荷物, ことである, ことでございます, ことと, ことに, ことは, ことも, こと笠も, こまごまの, ために, できるわけ, ところどころの, なんじゅうな, ほこりを, ような, ダニと, 一事でも, 一宿駅という, 一部を, 丁数に, 不便が, 不安などは, 不文律に従って, 乗物に, 事で, 事其上金持合不, 事御, 人々に対して, 人目を, 何かの, 何處でも, 使い残し, 供として, 供人は, 便宜を, 保護を, 前の, 前触れに, 労を, 労苦を, 勝手を, 印象として, 危険は, 危険よりは, 危険を, 原作料来る, 名所古蹟なんぞを, 問屋場と, 問屋場には, 図で, 大名が, 大磯から, 女の, 始まる原因, 安宿か, 宿, 宿場の, 宿場問屋に, 山水風物と, 後で, 御本陣, 御警固, 心得なども, 心得に, 心得を, 心配は, 悪い奴, 憶え書き, 或方面, 手形は, 扮装なども, 新版を, 旅びとも少ない, 旅人は, 旅先という, 旅籠までも, 旅籠屋の, 日和は, 日時日程などの, 日東寺の, 日記や, 日記を, 昼食は, 景色であった, 景色などを, 晴の, 暗号だ, 有様を, 木賃の, 本家は, 案内を, 様々な, 様である, 次々には, 歌, 気遣いを, 泊り納めであった, 注意を, 温柔郷なる, 無かつ, 無言の, 特別な, 用心脇差代りに, 疲れも, 真っさき, 眺めの, 突如と, 経済を, 経費その他に, 絵を, 繪に, 群れの, 習慣で, 腕比べという, 艱難を, 花は, 茶屋から, 茶屋旅籠の, 草鞋を, 荷や, 荷厄介にと, 荷厄介を, 蠅みたいな, 行列, 見物は, 記憶は, 詩に, 話しや, 話と, 話などに, 話などを, 話の, 誤ちでお, 誰かの, 費えも, 費用として, 費用なぞ, 費用の, 路用として, 路用の, 路銀と, 踊り即, 辛苦を, 途次湯巻を, 道すがら満月, 道づれでも, 道づれという, 道草の, 道連れの, 邪魔に, 邪魔にも, 都度都度に, 里程を, 錦葉を, 長いの, 長い間, 関, 際は, 難儀かしこに, 難儀を, 難戰, 難易を, 雨露を, 雲助の, 雲助共が, 雲助大井川の, 面白さ, 風情見る如し, 食料を, 食物には, 馬士という, 馬糞掃除とか, 駅逓も, 髪を, 鬱茂した

▼ 道中~ (90, 7.3%)

8 して 3 するには, つづけて 2 なすった後, ば二人一緒に

1 [72件] あの人買, あまりした, いそぐが, お気を, こうして駕籠, させるの, した, したといふ, したら茶代, しては, すませて, するふたり連れ, する者, たった三月, たどるので, つくるとて, つれだって, ともかくも, ともにし, どう廻った, ねらい, ば絶望と, スプリングの, セルゲイと, 一緒に, 上下し, 両国広小路から, 乗物に, 共にする, 内田さんは, 別に, 助けた, 厭なこつた, 大事に, 少々物語っ, 巡視し, 幾度も, 従僕は, 思えば, 急ぎながら, 想像した, 慰めたりなど, 振り返って, 板じんみち石じんみちと, 武者修行を, 歩いて, 歩くこと, 気を, 気遣ったため, 江戸まで, 浮の, 清姫より, 済まし無事, 用事を, 終えて, 絹帽を, 続けたと, 続けた上句, 続けて, 自分の, 致すの, 花やかに, 菊どの, 街上に, 見せる一連, 見に, 見物に, 護送し, 連れ立って, 限り許され, 靴下一枚で, 首へ

▼ 道中~ (84, 6.8%)

2 私は

1 [82件] あのよう, あの通り, ある時, うっかり熊の胆, うっすり埃, うや, おはきください, お会いなされまし, お母様に, かどわかされたという, この乞食, この駅場, ござります, さよう, しかるべき有力, その旦那衆, それについては, はぐれたきり, はなしの, ひょんな気, ふと承った, コロリと, セルゲイが, 万一の, 二度失敗った, 二童子に, 人足を, 他の, 何月何日には, 先月の, 出府いたせ, 切れでも, 勿論歩く, 取り返すから, 召上れ, 商売を, 塩梅が, 大勢の, 大阪へ, 始めて見た, 実見しました, 客が, 封筒の, 幕人の, 年も, 役場や, 彼女が, 待って, 後から, 悪い奴, 悪漢に, 感得した, 旅館に, 晴らさなけりゃあ, 替差し, 椎出から, 江戸へ, 演じながら, 生みつけて, 異な, 疲れたろう, 疲れても, 盗まれたの, 立派に, 笑って, 腹が, 若い男, 虎に, 行き着く, 見かけて, 見た時, 親しくお, 誰と, 變らなけれ, 足の, 路連れに, 路銀を, 逢いましたので, 逢う人間, 遭や, 遭遇した, 食えという

▼ 道中~ (84, 6.8%)

2 かなりに, 別に, 時節柄出入りの, 道草を

1 [76件] いせ限, いまだ八ツ山下, いろいろな, おろかついぞ, お気遣い, かなりながく, けっしてそこ, ことさら気, させませう魂, すべて駕籠に, たとへ, できない, できないと, できなかったの, ともかくも, どうかする, どうだった, どっちみちともにでき, なかなか容易, ながいから, ならない, ならなかった, なるめ, ねえかナ, もう暑かろ, わがもの顔, わしも, 一つに, 一向にはかどらない, 三春白河等皆名立たる, 乗り更え, 乾児共, 人別の, 何の, 何年掛かった, 僅か十分足らず, 出来ねえからな, 初めてだ, 初旅, 別してまた, 加賀の, 危ないところ, 危ね, 却って穏やか, 又新橋, 名に, 困難でも, 大騒ぎ大騒ぎ, 委細道中気分で, 嬢の, 実にくらく, 幅が, 庄吉を, 御岳おろし, 忍び忍んで, 怖いもの, 手拭いで, 捗取らない, 新艘, 既に廃止, 柴田左近松平淡路守の, 楽でした, 汽車も, 無事に, 無暗に, 牛若さまとは, 物騒だ, 痛ましかった, 眼が, 腰の, 誠に結構, 謹慎の, 資朝卿とも, 長物を, 面白そう, 駕籠に

▼ 道中~ (66, 5.3%)

45 の伊兵衛

1 [21件] かといいたげで, が, がやはり, が命からがら, だから, だらう, であるらしく聞えます, でございます旅, です, で通っ, というその, という小, といったよう, としても人間, には利き, の上, の伊兵衛様, の伊豆屋初蔵, の連中, らしい二人, らしい人物

▼ 道中~ (49, 4.0%)

3 於ても 2 ある鮎, 使用する, 彼は

1 [40件] ありました, かかりました, くっついて, させられて, それではまことに, どこぞに, どんな事, よくある, 二十五日を, 二日も, 二百は, 出たわけ, 出た訳, 出で, 勘左衛門などを, 勢力を, 変ったこと, 変事が, 如何なる危險, 山犬が, 持ち歩く人, 散乱し, 散亂, 於ける万一, 於ける夫, 於ての, 狂い出したらば, 知らず知らず全巻, 稀に, 立ちて, 胡麻の, 見せた八文字, 費したもの, 過ぎないが, 醤油樽を, 鎧櫃を, 間に合うよう, 雨風を, 雲助白波の, 餅の

▼ 道中~ (44, 3.6%)

3 なるもの, 心配に 2 どのくらい, 骨身に

1 [34件] あぶない, ありますで, ある, ある筈, あんまり長い, これだ, たいへんな, ちと前後, できたらお慰み, できねえそう, できまする, なかなか億劫, なかなか見物, ならねえそいつ, ひどく狹い, ほんとに思いやられます, よろしいの, ノリシビの, 出来ないの, 危険な, 少し長かっ, 横たわって, 此だ, 気遣われると, 現に刺戟, 監視附き, 終るまでは, 練り出して, 遅くなる, 道中だ, 長いの, 長いので, 長いン, 長うござんした

▼ 道中~ (31, 2.5%)

1 [31件] あのお方, さんざんたずねあぐん, しようで, その年, ただむッつり, できないため, できる趣向, ときどき源次郎, まず無事, また一興, 三日がかりとして, 並んでは, 仁和加も, 余所とは, 全く一人ぼつ, 同道し, 察しられた, 島原が, 幸福に, 彼は, 怏々として, 急いで, 悪くない, 毎晩の, 洒, 無事ここへ, 無事である, 無事に, 物騒でございます, 秀吉は, 難所折所ずいぶん

▼ 道中奉行~ (27, 2.2%)

1 [27件] からのお, からの呼び出し, からの差紙, からの沙汰, から呼び出され, から呼び出されたおり, から呼び出される, から普請鳴り物類一切停止, から東海道, から江戸, が中津川泊まり, に容れられなかったら, に差し出す, に誠意, のお, の一人, の交代, の協議中, の容れる, の意向, の検閲, の耳, の言う, は元治元年, へ屋敷, へ差し出すべきであった, へ相談

▼ 道中~ (23, 1.9%)

3 をふところ 2 にある

1 [18件] でそれ, と首ッ引き, などの半紙綴り, には確松島見物, には肝心, に荒れた, のたより, の挿絵, はなるべく, をながめ, を作り, を出し, を懐, を見, を記, を調べ, を調べる, 取出して

▼ 道中には~ (18, 1.5%)

2 一族の

1 [16件] あるが, いかものが, さして目覚しい, ざっと一週間, ぜひ旅舎, 余り旨い, 供の, 困却した, 悪い車夫, 慣れ切ったもの, 所々に, 片脇に, 狼が, 目洗い地蔵という, 胡麻の, 飯盛だの

▼ 道中姿~ (17, 1.4%)

2 を見る

1 [15件] じゃナ, でその, になっ, になった, に無く, のい, の女, の良い, の華魁, はまず, は珍しい, を三四カット, を多摩川, を見つける, 第一番

▼ 道中では~ (15, 1.2%)

1 [15件] あの大敵, ありません, あんな小, いくたび薄氷, ない, 人並みの, 娘よりも, 彼は, 心得て, 怖い思い, 毎晩よく, 皇子奪回の, 至る所さるすべり, 良いの, 駒井能登守にさえも

▼ 道中する~ (13, 1.1%)

1 [13件] からお, ことも, たびに, とても, なんてお, のも, もののだれ, よう早う, んだ, 事が, 時には, 法天に, 興味である

▼ 道中奉行所~ (13, 1.1%)

2 の役人

1 [11件] から呼び出された, から来た, から渡された, でも木曾十一宿, につぶさに, の代わり, の小笠原美濃守, の方, の管理, へ呼び出される, をはじめ

▼ 道中差し~ (13, 1.1%)

2 を差し, を抜い 1 など私, の日本刀, の短い, はタンス, は鉄砲玉, を取りあげた, を拾, を部屋, を鞘

▼ 道中~ (11, 0.9%)

2 の悪漢 1 から上方, で人々, で盛, で飛ん, のお, の両側, の通行人, の道固め, を横

▼ 道中~ (10, 0.8%)

3 ている 1 てい, ていた, てくれ, て行く, て見, ながら天下, ながら見知った

▼ 道中~ (8, 0.6%)

1 つつが, 使者には, 大事に, 役人だの, 歩きも, 氣を, 預かりの, 髪の

▼ 道中~ (8, 0.6%)

1 から, からその, から知っ, が今日往つて明日金, が街道, と思ってる, と知っ, ものだ

▼ 道中~ (8, 0.6%)

1 なる, なれば, 云うもの, 待遠しさ, 承ったが, 申しても, 苦悶を, 違って

▼ 道中にて~ (8, 0.6%)

2 人々の 1 やっと会得, 凶事の, 悪い物, 胡麻の, 落馬やうやく, 行方無く

▼ 道中~ (8, 0.6%)

1 きげん, つかれの, 健固, 壮栄欣抃吟哦可想, 大切に, 手当金二十八両一分一朱と, 無事で, 賢勝に

▼ 道中合羽~ (7, 0.6%)

1 が出る, に一本, に三度笠, に紺脚絆, の袖, をき, を着た

▼ 道中でも~ (6, 0.5%)

1 再々お, 口を, 折あれ, 本陣に, 横浜と, 気の

▼ 道中なる~ (5, 0.4%)

2 ものか 1 ものかという, ものかといふ, 大石を

▼ 道中にも~ (5, 0.4%)

1 多少の, 寝床にも, 旅店にも, 汽車にも, 片足満足な

▼ 道中稼ぎ~ (5, 0.4%)

1 であろう, なんぞする, の掏児, の浪人者, 掏った

▼ 道中した~ (4, 0.3%)

2 のは 1 などと天明, 頃の

▼ 道中です~ (4, 0.3%)

1 から二人, から勿論, から大, が途中

▼ 道中から~ (3, 0.2%)

1 七日目の, 宿舎まで, 身代りに

▼ 道中という~ (3, 0.2%)

1 のです, ものは, 道中を

▼ 道中どこ~ (3, 0.2%)

1 でもある, へ参りまし, へ行っ

▼ 道中師風~ (3, 0.2%)

3 の若い

▼ 道中~ (3, 0.2%)

3 をつけ

▼ 道中~ (3, 0.2%)

2 の脇差 1 の野太刀一腰

▼ 道中~ (3, 0.2%)

1 の中, も載せられず, を西日

▼ 道中血筆帳~ (3, 0.2%)

1 の一冊, をひもとけ, をふところ

▼ 道中~ (3, 0.2%)

1 の上, は危ない, も立つ

▼ 道中いかなる~ (2, 0.2%)

1 変が, 難儀が

▼ 道中うた~ (2, 0.2%)

1 が伝唱, は本文通り日本橋

▼ 道中お気~ (2, 0.2%)

1 をつけ, をつけなさいませ

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 ムダな, 或いはこの

▼ 道中かせぎ~ (2, 0.2%)

1 の悪者みたい, の町人

▼ 道中ことに~ (2, 0.2%)

1 よると, 胆吹の

▼ 道中この~ (2, 0.2%)

1 はりつけ柱, 茶碗を

▼ 道中じみた~ (2, 0.2%)

2 し雨乞

▼ 道中じゃ~ (2, 0.2%)

1 アあんまり, 弥次郎兵衛も

▼ 道中だけは~ (2, 0.2%)

1 平服も, 拙者が

▼ 道中だけを~ (2, 0.2%)

1 ねらう, 特に変装

▼ 道中での~ (2, 0.2%)

1 いろいろの, 思わせぶりは

▼ 道中といふ~ (2, 0.2%)

1 ことを, ものが

▼ 道中とは~ (2, 0.2%)

1 一向に心得ざった, 太夫が

▼ 道中どんな~ (2, 0.2%)

1 悪者や, 穢れに

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 のであった, のでどう

▼ 道中なら~ (2, 0.2%)

1 よいのに, 坂本から

▼ 道中ぶり~ (2, 0.2%)

1 で人足ども, に眼

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 弱, 荷を

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 旅人の, 温泉場などで

▼ 道中下方掛り~ (2, 0.2%)

2 の役人ら

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 を汚された, を目ざし

▼ 道中半ば~ (2, 0.2%)

1 に無心, に駕籠

▼ 道中半合羽~ (2, 0.2%)

2 を脱ぎ

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 なら関, には先づ江戸

▼ 道中唯一~ (2, 0.2%)

1 の旅行券, の異例

▼ 道中安全~ (2, 0.2%)

1 と頭陀袋, を観音

▼ 道中宰領~ (2, 0.2%)

1 として今江戸, の柳生流師範代

▼ 道中師伊兵衛~ (2, 0.2%)

1 がそんな, と馬春堂

▼ 道中師戸隠~ (2, 0.2%)

2 の伊兵衛

▼ 道中掛り~ (2, 0.2%)

1 の田村宇之助, はその

▼ 道中日記~ (2, 0.2%)

1 の一頁, を主役

▼ 道中気分~ (2, 0.2%)

1 で我, の与

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 は一切, を飲む

▼ 道中着物~ (2, 0.2%)

1 は, ほどき

▼ 道中神妙番付面~ (2, 0.2%)

1 では一番末, に於

▼ 道中~ (2, 0.2%)

2 一の

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 の通り, を描く

▼ 道中胡麻~ (2, 0.2%)

1 の蝿, の蠅

▼ 道中膝栗毛~ (2, 0.2%)

1 だから, を枕

▼ 道中自慢~ (2, 0.2%)

2 であつ

▼ 道中致す~ (2, 0.2%)

1 場合右長沢家に対して, 諸大名共

▼ 道中行列~ (2, 0.2%)

1 が近づい, にならい

▼ 道中警備~ (2, 0.2%)

1 の手はず, の打ちあわせ

▼ 道中~ (2, 0.2%)

1 が出来た, に糸目

▼ 道中馬の背~ (2, 0.2%)

1 から跳んだ, に横乗り

▼ 道中駕籠~ (2, 0.2%)

1 の中, を宿つぎ人足

▼1* [217件]

道中あまりにも構想, 道中いささかたりとも御, 道中いずれかに油断, 道中いそいだので老, 道中いたそうかな, 道中いたってのご, 道中いろいろ面白い仏教, 道中うた作者の勝, 道中おかあさんのお世話, 道中おとなしく坐つて, 道中おれに対してこんな, 道中お抱えだったので, 道中かかることの, 道中かつぎ廻ってここ, 道中かと言われたり, 道中かんがえて来た, 道中こっちの方, 道中これまで護っ, 道中させたと聞かれ, 道中さんざ悩まされた血筆帳, 道中ざし陣太刀侍の, 道中しばしば形と, 道中ずいぶん忠義を, 道中ずっと彼は, 道中ずれのした, 道中げんみたいな, 道中それとなく尾い, 道中たった一つの, 道中たびたびでありましたから, 道中だけ辛抱し, 道中だったときである, 道中だってなか, 道中ちっと聞き込んだもの, 道中つかひ古しの, 道中つきものの駕屋, 道中つつがのうございまして, 道中つつがなく帰府の, 道中つつがなく安奉線, 道中づれの女, 道中てくてく歩きで, 道中であったか江州水口, 道中でありながら本陣, 道中であるから銘々, 道中であるらしく主人の, 道中であれ程出血する, 道中できねんでごぜ, 道中とか旅とか, 道中とかく馬鹿に, 道中とて御不安, 道中どうかすると, 道中どれほど小石先生, 道中などでもふたりが, 道中などにても聞き及びました, 道中などをする者, 道中なんの障もなく, 道中なんぞ冬枯ながら, 道中なんぞも従者の, 道中においてやはり後, 道中においてはしばしば早馬, 道中におきまして毎日日課として, 道中ツかり, 道中ばかりして, 道中また浅草の, 道中みだりに人と, 道中やたらに停っ, 道中ゆえ宜しゅうございましょう, 道中よけいな心配, 道中らしい蒲団飯釜行李子供そして, 道中をてくって, 道中シローテは牢輿, 道中スルカラ二階ヨリ見セタラ, 道中て船, 道中一回や二回, 道中一本筋で何, 道中一行の呆れ返らざる, 道中七日の馳走歓待, 道中三日を費やし, 道中下路も旅行, 道中世相人相いろ, 道中に在勤中家来, 道中予定の佇止, 道中も起こらず, 道中事なきように守っ, 道中二人の鶉師, 道中二十日の予定, 道中五分の隙もない, 道中人呉為元至, 道中人夫は薩摩, 道中人家は一軒, 道中人足の荒ッ, 道中人足錆刀や息杖, 道中かの計画, 道中何ぞ買物でも, 道中何となく気がかりで相成らぬ, 道中六波羅からは追, 道中助けつ助けられつしてここ, 道中十七駅の元締, 道中十六日の間, 道中千浪の美しい, 道中及び向島の, 道中取締役各宿日, 道中合羽わらじ脚絆という扮装, 道中合羽脚絆草鞋に身, 道中同じ江戸っ, 道中はいくらでも, 道中喜捨はすべて貧民, 道中を蹈, 道中土産の竹細工屋, 道中堅固にな国元, 道中は早く, 道中もかけ, 道中大枚の金, 道中太夫が館, 道中奉行都筑駿河の役宅, 道中奉行都筑駿河守が役宅, 道中の小智, 道中安全出荷というはがき, 道中宮社祠のある, 道中宰領安積玄心斎が江戸屋敷, 道中宿屋で置き, 道中りとして, 道中師屋胡麻の蠅屋, 道中常に六七十人の, 道中無滞, 道中往復に困難, 道中必ず気を, 道中急ぎまするゆえ, 道中なく坐, 道中にかどわかされ, 道中愛器を駕籠, 道中慣れがし, 道中懐宝図鑑という小形, 道中手形を納める, 道中のよう, 道中探題方の眼, 道中損ずる事承合です, 道中ご免を, 道中におそわれなかった, 道中をし, 道中既ニ火ヲ発セル家, 道中日記注け終, 道中早次の駕二つ, 道中最も古株の, 道中最大なる孝道, 道中が揃え, 道中格別ならざる輿, 道中を絵, 道中武士の風上, 道中をつけ, 道中水当り悪人足, 道中渋皮のむけた, 道中御替奉, 道中無事に, 道中無事小金井橋の近所, 道中無滞今に, 道中山越の, 道中熟練せしめられて, 道中の死, 道中用心のため, 道中は大方, 道中画譜をそのまま, 道中そうな, 道中登って来た, 道中の手巾, 道中盲目の分際, 道中相当にかくし了せ, 道中と脚絆, 道中短きものは, 道中神妙番付と名づけ, 道中種々珍事可有之奉, 道中空前の大, 道中と申す, 道中を出した, 道中細見あるいは御, 道中細見手帳守り札着換えという, 道中細見記をたどれ, 道中に飽いた, 道中肩つぎなしなるべく, 道中に落ちぬ, 道中に揺られ, 道中草鞋の切れた, 道中草食ふ, 道中荒らしの鼠賊, 道中が重く, 道中そんな物, 道中衣裳の費用, 道中要害の地, 道中記みたいにど, 道中記夏の道中記, 道中記昨夜十一時頃からつひ, 道中記等を開け, 道中がどんな, 道中諸処に何, 道中警衛の大将佐々木道誉, 道中はよそながら, 道中迷惑に御座候間, 道中送迎の酒宴, 道中通し駕籠または, 道中遊ばします筈に, 道中道すがら参詣した, 道中道庵は道庵, 道中野垂れ死にの憂き目, 道中銀ハ一文も用意, 道中長々と花川戸, 道中のセメ, 道中を窺う, 道中雑用拝借いたす, 道中雙六をし, 道中雪山を見なけれ, 道中をば捻, 道中馴れたお角, 道中馴れないから, 道中駅路駅路で庶民, 道中をかつい, 道中駕かきや人足, 道中駕三挺に背丈, 道中騙りか美人局