青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「道~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~過ぎない 過ぎない~ ~過ぎなかった ~過ぎる 過ぎる~ ~過去 過去~ ~過程 過程~ ~道
道~
道中~ ~道具 道具~ 道場~ ~道徳 道徳~ 道楽~ ~道理 道理~ ~道路

「道~」 34095, 368ppm, 264位

▼ 道~ (8891, 26.1%)

318 歩いて 82 通って 57 急いで 56 踏んで 46 歩きながら 44 求めて 41 かえて, して 40 教えて, 開いて 37 たどって, 進んで 35 辿って 28 走って 27 歩いた 26 あけて, 急いだ 25 知って 24 歩くの 23 横切って, 選んで 22 とって 20 あるいて, 塞いで, 帰って 19 取って, 登って 17 避けて 16 ふさいで, 左へ, 歩くこと 15 つけて, 左に, 歩んで, 行くと, 行けば 14 とおって, ひらいて, もって, 下って, 変えて, 行って, 開いた, 間違えて 13 失って, 急ぎました, 逆に, 隔てて 12 枉げて 11 迷って, 進むこと 10 あけた, いそいで, はさんで, 自分の, 行く, 行った, 迂回し, 通る人, 遠しと

9 [14件] どこまでも, まっすぐに, 右に, 尋ねて, 心得て, 教へて, 歩いても, 求める人, 照らして, 行くこと, 行くの, 説いて, 進んだ, 静かに

8 [13件] 一散に, 下りて, 右へ, 廻って, 戻って, 歩いたこと, 発見する, 真直ぐに, 聞いて, 行く人, 西へ, 転じて, 述べんと

7 [30件] さえぎって, とつて, のぼって, ひらいた, まちが, もどって, 先へ, 塞がれて, 引返して, 往復し, 急いだの, 折れて, 拓いて, 教へ, 有た, 歩く, 歩くと, 歩む, 知らない, 示して, 私は, 経て, 行こうと, 見て, 見出そうと, 辿つて, 通るの, 開けて, 開拓し, 飛んで

6 [28件] おしえて, たずねた, とった, へだてて, 切り開いて, 引き返して, 引っ返して, 彼は, 得て, 探して, 教へる, 明らかに, 曲って, 横に, 歩かなければ, 歩き出した, 歩く時, 照し, 発見し, 肩を, 自動車は, 誤って, 説くこと, 講じて, 通ること, 進もうと, 阻めて, 降りて

5 [39件] さがして, しても, しなければ, それて, まげて, 上って, 二人の, 何処までも, 先師に, 切り拓い, 北に, 取った, 守って, 忘れて, 挟んで, 捜して, 探って, 曲った, 歩いたの, 歩かねば, 歩くにも, 歩こうと, 歩むこと, 聞くと, 聞くの, 行くに, 行くん, 行く時, 見出すこと, 覚えて, 説いたもの, 走つて, 越えて, 踏もうと, 迷うこと, 進む, 遮断し, 開く, 離れて

4 [77件] あけるため, いそいだ, いそぐ, うねりながら, えらんで, きいて, きくと, こちらに, すたすたと, たどった, つくって, まちがえたの, まつすぐ, 北へ, 取つて, 取る, 問ふ, 山の, 引っかえし, 引つ返した, 急ぎます, 急ぐの, 持って, 振り返って, 掃いて, 教えたり, 斜に, 明かに, 東へ, 案内し, 楽しんで, 歩く人, 歩けば, 歩む人, 歩もうと, 求めた, 求めなければ, 発見した, 眞直ぐに, 真っ直ぐに, 立てて, 考えねば, 聞かば, 聞きて, 聞きながら, 自転車で, 行くが, 行く者, 見つけて, 見れば, 見出して, 訊いて, 説く君, 講じなければ, 譲って, 變へて, 距てて, 踏んだ, 辿りながら, 辿るの, 辿れば, 通り抜けて, 通る, 進め, 違えて, 選ばなければ, 選べば, 避けた, 開いたの, 開きて, 開拓する, 間違えたの, 間違へ, 間違へて, 青山三丁目の, 馬車で, 駈けて

3 [172件] あけると, あけろッ, あるいた, あるきながら, あるくとき, うずめて, えらびました, おぼえて, かえた, ここまで, こしらえて, さへ, したもの, すすんで, たずねて, たどりしも, たどりて, たどりながら, たどる, たどれば, てく, とぼとぼ歩い, とらねば, どこへ, ながめて, ぬけて, はばんで, ひとりで, ふさいだ, ふさぐ, ぶらぶら歩い, ゆくと, ゆけば, ズン, バスが, 上へ, 下った, 下へ, 与えて, 今度は, 伝わって, 体現する, 作った, 作って, 例の, 俥に, 修めて, 備ふる, 先に, 出て, 切りひらい, 勇敢に, 十町ばかり, 取らなければ, 取ること, 取れば, 取ろうと, 地に, 埋めて, 変えた, 大急ぎで, 学んで, 尋ねた, 尋ねると, 小走りに, 峠の, 平気で, 引きも, 引き返した, 引返した, 彼の, 往復する, 得ること, 急いだが, 急がせた, 急がなければ, 急ぎに, 急ぐこと, 急に, 戻つて, 戻るの, 抜けて, 指した, 指し示して, 捨てて, 揺られて, 散歩し, 明確に, 暫く行く, 曲げて, 更えて, 来て, 東の, 横ぎった, 歩いたので, 歩いた人, 歩かうと, 歩きつ, 歩きつづけて, 歩きました, 歩まねば, 歩みつ, 歩みながら, 歩むもの, 残さない, 求むる人, 求めながら, 求める者, 用意し, 発見したい, 登れば, 知つてゐる, 知らざる者, 知らずして, 知らないの, 示されて, 精進する, 縫って, 考えて, 考へて, 考へると, 聞けば, 自分で, 自分も, 自動車が, 若い男, 行かなければ, 行きつつ, 行くもの, 行ったか, 行は, 裸足で, 見た, 見ると, 見出すの, 訊ねて, 説く, 講ぜねば, 譲らねば, 譲りながら, 譲るの, 走った, 走らせた, 踏まない約束, 踏まなければ, 踏まねば, 辿った, 辿る, 辿るに, 迂回する, 逃げて, 通ったの, 通つ, 通る時, 通ろうと, 通過し, 過ぎて, 過ったもの, 遮って, 選ぶの, 選んだ, 選んだの, 選んでも, 開きました, 開け, 開拓しよう, 間違えたもの, 馬で, 馬車に, 馬車は, 馳け, 駆けて

2 [470件] あきらかに, あけな, あける, あけろ, あとへ, あと戻りし, あやまって, あゆみしも, あゆむに, あるきぬ, あるく, いそぎながら, えらんだ, おとりに, おのが, おろそかに, お通り, かたよけて, きききき歩いて, きくの, きり開く, こ, ご案内, さえぎった, さがす振を, さまよって, したり, しては, しばらく行く, しるべにて, し賢い, するから, する気, せつせと, それらの, そんな風, たしなみて, ただして, たどらなければ, たどらねば, たどるの, ちがえて, つくさ, つけたの, つける, てくてくと, てくてく歩い, とおらずに, とったの, とった方, とらずに, とりそして, とる, とること, とるの, どことも, なして, ねりあるき六十秒, はじめから, はなれて, ばいかに, ひきかえして, ひたすらに, ひた走りに, ひらきその, ひらく, ひらく危険, ひらけ, ふさがれて, ふたりの, ふみわけて, ふらふらと, ふんで, ぶらぶらと, ほかに, ぼんやり眺め, まがると, また戻りはじめました, まちがえたかな, まちがえたわけ, まちがえて, まっしぐらに, まッ, もう大股, もどりました, もどること, やって来たの, やって来たもの, ゆくとき, ゆずって, ゆずろうと, ゆられて, よく知っ, わけて, スタスタと, トボトボと, ネパールに, バスに, 一つの, 一つも, 一人で, 一日に, 一気に二十間, 一目散に, 一直線に, 一里ばかり, 一隊の, 上った, 下宿の, 与えられて, 主たる彼, 二人で, 二十町も, 二度も, 二町ばかり, 二頭立の, 人々が, 人に, 人の, 伐り拓こうとして, 伝って, 低徊した, 作つて, 來る, 俺は, 借せと, 停車場の, 傳ふる, 僕達は, 入って, 共にし, 出ると, 分けて, 切ったよう, 切開いて, 初めて歩く, 初枝と, 別な, 別失八里, 前に, 南に, 南へ, 参って, 取らないで, 取りに, 取るか, 取るに, 向うから, 向うの, 向うへ, 唯だ, 唱へ, 問う, 問わんが, 固執する, 土手へ, 埋みて, 城下へ, 堕ちきること, 塞ごうと, 外して, 夢中で, 失つた, 失ひ止むなく九月, 失る, 奥の, 奥へ, 妨げること, 子供の, 学ぶが, 学ぶと, 守らしむる事, 守りて, 守る義務, 安心し, 実行する, 家の, 家へ, 対岸の, 尊んで, 尊重した, 尋ねな, 展く, 展け, 山や, 川に, 左右に, 市九郎は, 帰つて行つた, 帰りました, 帰る, 帰ること, 平次と, 平民道に, 幾度も, 底倉から, 廻転した, 弁へて, 引返すという, 引返そうと, 当てど, 当ても, 往っ, 往来する, 後に, 徒歩で, 得たれば, 復興する, 忘れては, 急いだため, 急がねば, 急ぎだした, 急ぐ, 急ぐと, 恋人の, 息を, 把握する, 押して, 拓いた, 拓くこと, 拓くの, 拓こうと, 拵えて, 拾った, 指さして, 指しました, 指示する, 挾んで, 掘って, 採るの, 探しながら, 掻き分けて, 換えて, 揺られながら, 摘むこと, 教えた, 教えたこと, 教えたの, 教えられて, 教わって, 散歩する, 断たれて, 断って, 明けて, 明に, 暗示する, 曲がって, 曲ると, 更え, 村へ, 来たの, 枉げたの, 染めて, 桂川の, 棄てて, 森へ, 楯に, 楽み, 楽む, 楽んで, 横切つて, 正直に, 歩いたか, 歩いたとき, 歩いたに, 歩いた後, 歩きたい, 歩きだした, 歩きつつ, 歩きながらの, 歩きながらも, 歩き始めた, 歩き通した人, 歩くという, 歩くとき, 歩くには, 歩くので, 歩くやう, 歩くよう, 歩くよりは, 歩みつつ, 歩みて, 歩むの, 歩め, 歩んだという, 毎日の, 求むる者, 求めざるべからず, 求めずには, 求めたが, 求めないで, 求めるでも, 求めるの, 求める事, 求めんと, 江戸へ, 江戸城へ, 流れて, 淨めよ, 混がらが, 滑走し, 無事に, 無理に, 照し乍ら, 照す, 照らしながら, 爽に, 現は, 生きて, 町の, 町まで, 異にしたる, 發見する, 眞直に, 真直に, 眺めて, 眺めると, 知らざるの, 知らず, 知らないと, 知らない偉大, 知らなかった, 知らなかった人, 知らぬ, 知らぬの, 知りたり, 知りませんから, 知ること, 知るの, 研究し, 示すこと, 示すの, 祖述する, 私に, 積極的に, 立て, 立てなければ, 築港まで, 続けた, 続けて, 美の, 考えても, 聞いた, 聞くこと, 聞くという, 聞くに, 聞くには, 聞て, 茅葺屋根の, 蔑しようと, 蜿蜒と, 行いて, 行うの, 行かしめる外, 行かねば, 行き, 行きつくすと, 行きて, 行き尽して, 行くなり, 行くも, 行くより, 行こう, 行ったもの, 行ったらいい, 行ひ, 行ふ, 行わんと, 見おろして, 見つけた, 見つけたよう, 見つけること, 見ては, 見ても, 見上げて, 見出さうと, 見出したの, 見失, 見失って, 訊いても, 訊ねた, 説いても, 説きながら, 説くなかれ, 説く何と, 講じた, 講じたこと, 講じたり, 講じたるは, 講ずるため, 講ずるの, 講ずるもの, 講ぜずんば, 走りその, 走ると, 走るよう, 足を, 足早に, 距て, 距てた, 跡を, 踏みたいと, 踏みはずして, 踏み出したの, 踏むか, 踏むという, 踏めば, 車に, 車は, 転げて, 辿ったこと, 辿つた, 辿らざるを, 辿らねば, 辿りつつ, 辿りながらも, 辿りました, 辿るよう, 述べたもの, 迷ったの, 迷は, 送って, 通った, 通ったこと, 通ったに, 通つた, 通らう, 通りながら, 通りました, 通りも, 通り掛かりに, 通るにも, 通るもの, 通るん, 通る個性, 通る女, 通る者, 速力を, 造つた所を, 進まなければ, 進みだした, 進むより, 進む時, 進めて, 遮られて, 選って, 選ばねば, 選びそれ, 選ぶとも, 鎖された時, 長い材木, 開いたという, 開いたもの, 開いては, 開かねば, 開かんと, 開くか, 開くこと, 開けた, 開けようと, 開ける, 開こうと, 間違えたらしい, 降つて, 除けて, 離れず, 馬に, 馬上で, 驀地に, 黙って

1 [4700件 抜粋] あえぎあえぎ車, あけようと, あたま, あなた様の, あやまるよう, あるいた人, あるく習い, いくつか, いさましくかえって, いそぎ行く傍, いっしょに, いつさんに, いろいろに, うづみて, えらばれるか, えらぶべくも, おあけなさい, おつぎさん, おふくろと, お嗜みなされ, お示し下さる, かえして, かえ佐竹ケ原, かけあがって, かの一群, きいたあの, きく煩い, きり拓い, くだり, こうし, こしらえた, このほう, これから歩もう, ごまかして, さえぎること, さがすべきだと, さして, さまよい歩きながら, した, しないこと, し車上, すすむが, すでに飛騨, すゝみ, そういうの, そのまま習慣, そらすの, たいそうよろこばれた, たずねたいの, たずね身, たづねた, たといそれ, たどつた, たどりオルム川岸, たどるとは, たのしく帰っ, ちゃんと描い, つき切って, つくりここ二星霜, つけるなら家, つづけるらしい, です, とったに, とめたといふだけ, とりますこと, とるか, どうして毛虫共, どこへか, どんどん飛ばした, なさらないと, のぞきながら, のぼりつくしたころ, はかどること, はずれる, はやく病院, ひき返して, ひつきりなしに, ひらいたの, ひらく事, ふさいだの, ふさぐか, ふみち, ふんだ俳優養成, ほのかに, また, また關, まちがえ方角, まようと, むしろ早足, もう何, もつて, もどり出した, やって来る, ゆきたいわ, ゆくにも, ゆく馬, ゆずるから, ゆづるのもゐた, よくおぼえ, よこぎるや, わき眼, われに, オンドリと, グングンとか, スースーと, テクテク歩い, ドンドン歩い, ピリツ, マントを, 一さんに, 一人てくてく, 一寸も, 一本の, 一気に突破, 一飛びに, 三人の, 三町ばかり, 上りだした, 下つた, 下りる傍ら, 下山日和田から, 世界に, 中腰を, 乗手も, 二丁前後させ, 二台の, 二時間許り登る, 云はず後を, 京の, 仕組んだので, 代えて, 伝うべき唯一, 伝えること, 伝へたといふ, 体を, 何十度も, 何里か, 作るにも, 信じきってるよう, 修めついで, 修め鬼魅に, 倦まず歩むもの, 傳へ, 光太郎さんが, 全部踏み分け終っ, 八百メートルばかり, 再び子供, 出かけると, 出来るだけ, 切って, 切り拓く覚悟, 切り開くべく努力, 別れ別れに, 創始した, 動いて, 北の, 医師が, 千駄の, 南の, 原始林の, 参ります, 取ったの, 取らせたい, 取りて, 取り幸福, 取るの, 受くる, 右左へ, 向かい側へ, 告げるの, 唱えた秋田, 問うたそう, 問わんと, 嗅ぎ附けて, 回って, 固執するなら, 埋めた枯枝, 堰かれた波, 塞き居れば, 塞ぐべからず, 墳墓街と, 変えること, 変更したる, 外れたる禽獣行, 夢中で走りだした, 大廻りし, 失いあと, 失うて, 失ったらしかった, 失ふた旅人, 奔らば, 好まず稚き, 妨げないの, 姉の, 孝助に, 学びつつ, 学ぶ学徒, 学んだ者, 學んだところ, 守り俗, 守る人生, 実現せん, 家路へ, 寒風が, 射て, 尋ねたく思わば, 尋ね研究, 小川の, 小鬼, 尽しその, 展かう, 山越しで, 工夫しよう, 市内電車で, 帰りは, 帰るわけ, 平らに, 広む, 廻つて君子危きに, 引いて, 引き返す, 引手の, 引返し湖岸, 弱いたどたどしい二人, 彼れ, 往くが, 往来した, 後戻りする, 得せしめて, 得ねば, 徘徊する, 徳本峠に, 志すに, 忘れるもの, 思って, 急いだ呼吸, 急ぎながら, 急ぎ国神村, 急ぐので, 急行軍, 悪用し, 慕うが, 戰場ヶ原を, 手に, 批評した, 折れ坂, 抱いて, 拓いたり, 拓くべきであると, 拾う, 持つ大軍, 指で, 挽き悩んで, 捜し道, 掃いその, 採ったのに, 探した, 探そう, 探求する, 揺り上げ揺り上げ駆けて, 撰んだ二つ, 攀じ藤づる, 教えたお蔭, 教えます, 教えるの, 教ゆべき, 整然と舟, 新しくし, 旅行し, 日本銀行から, 明るい気もち, 暗い道, 曲がりかけた, 曲つて大学教授たちの, 曲ろうと, 月寒の, 本格的に, 来たもん, 東北にとり, 枉げ過, 桃色の, 極めてあやまらなかった, 楽しみ富んでも, 楽に, 横ぎらうとするところへまご, 横の, 横切りて, 横断って, 歐洲へ, 武士道と, 歩いたろうか, 歩いては, 歩かせられた, 歩かれても, 歩きつづけに, 歩きはじめました, 歩き出した婦人作家, 歩き歩き詠んだ歌二三首, 歩くこと自体, 歩く勇気, 歩く足音, 歩ましめる動力, 歩みルナアル, 歩み続けて, 歩む力, 歩める他界, 歴記し然して, 毎夜参ります, 水平線に, 求むる念, 求めない小人, 求める, 求める思い, 求め或いは, 決めるため, 河の, 泳ぐよう, 海ぎはへ, 清掃する, 源吉は, 漫遊しました, 炭荷と, 無駄足し, 照す時, 片側によ, 犯すと, 狭ば, 理解しよう, 産土八幡の, 留められたそれ, 疲れた馬, 発見しました, 登りだした, 白せり, 盛んに, 盲目に, 真っつぐ行ったらしい, 真面目に, 眼で, 知らしむる, 知らず識ら, 知らないもの, 知らなければ, 知らんの, 知り抜いて, 知る人, 石田という, 磨くため, 示し塗炭, 示せるのみ, 神田川の, 稍東の, 穿鑿しなけれ, 突切り田の, 立てそして, 立てる必要, 笠を, 紊だす, 経ないで, 絶ちもって, 続々と, 縮める水, 習え自分, 考えますわれわれ, 考へなければ, 聞いたという, 聞き取りまた, 聞く位, 聴き夕, 聽い, 脱させる力, 自動車と, 興さんとして, 苦と, 萎薇させ, 蔽ふそ, 蜿蜒五十万の, 行うを, 行かんが, 行き南五條, 行くあいだ, 行くなら大道, 行く人々, 行く時みたい, 行く身, 行こうまた, 行ったら在るの, 行つて好え, 行進し, 西から, 見いだし新しい, 見つけたか, 見まいと, 見付け出さないでは, 見出し得ずかえって, 見出せなかったと, 見廻して, 覓めて, 角で, 訊いたの, 訊き直したため, 訊ねた時, 試みるより, 語らず精神革命, 誤った, 誤らなかったと, 誤れば, 説かぬ時代, 説き血, 説く必要, 論ずるには, 講じ今や漸次再び, 講ずること, 講ずる事, 講釈し, 譲り人, 譲ろうとも, 豆ほどの, 赤い鼻緒, 走らねば, 走り白き, 走るん, 越した通り, 跣足の, 踏みて, 踏み出さずには, 踏み外したくないという, 踏み迷うに, 踏み違えたらしく鬱蒼, 踏むばかりに, 踏んだ陸軍技術将校, 踏査し, 蹴立てる靴音, 転ぜねば, 辱か, 辿っても, 辿りここ, 辿ります, 辿り訳者, 辿るべきでなく, 迂回って, 迷い歩いた足, 迷った人たち, 迷ひ, 追いかけました, 追尋, 逃げ果せる事, 這つてゐた, 通すこと, 通った事, 通つた折棕梠の, 通つて來た, 通つて河内に, 通らなくなれば, 通ります, 通り過ぎた, 通るらしい車, 通れないよう, 造ったに, 進まないでも, 進みたま, 進み大通り, 進む為, 進んだと, 過ぎ再び, 道草も, 遠まわり, 遮り給うぞ, 選つて歩きます, 選びは, 選ぶよう, 選んだが, 選んだ自分, 避けようとして, 邪魔するなっ, 金沢の, 長浜街道の, 開いた新, 開かむとする要求, 開きまた, 開くだけの, 開けい, 開け給, 間違いました, 間違えたらしかったが, 間違えないよう, 間違え青山斎場, 阻む野武士, 降りろ, 除雪し, 雁股まで, 離れ低い, 非常に, 頭に, 顧み心, 馬の, 駅に, 駈けつけて, 駕に, 鳴らしまた

▼ 道~ (3610, 10.6%)

118 上に 47 方へ 45 両側に 43 上を 33 ために 29 真中に 27 両側には 24 まん中に 21 上で, 上には, 上へ 20 ように, 傍に 15 まんなかに 14 両側は 13 ない所, ほうへ, ほとりに 11 ないこと, 上の, 両側の 10 ためには, 傍の, 左右に, 方を, 片側に, 真中で, 途中で 9 方から, 端に 8 ような, 上から, 上にも, 兩側に, 長さ 7 うえに, かたわらに, 中に, 傍らに, 片側には, 片側を, 真ん中に, 草, 辻に 6 やうに, わきに, 右側に, 方が, 方に, 曲り角で, 真中へ

5 [19件] あること, ことを, ついて, ところどころに, ない山, はずれに, 両が, 中で, 中ほどに, 人の, 側に, 傍には, 入口に, 左右は, 扉を, 手, 暗さ, 者たちが, 諸教

4 [35件] あるところ, ついでに, ないところ, ほかに, まんなかを, まん中で, 一方は, 上では, 上まで, 上までも, 下の, 両側から, 中へ, 中を, 中央に, 人に, 人は, 入口の, 向こうの, 小石を, 左右の, 曲がり角に, 曲り角に, 海岸に, 為に, 為めに, 片側は, 真ん中へ, 砂を, 神の, 端へ, 角に, 記, 途中に, 遠さ

3 [83件] ある所, うちで, ことも, そばには, そばの, ない事, はたに, はてなる, はてに, ほうが, ほうへと, ほとり, ほとりで, ほとりには, まん中へ, わきへ, わるさ, 一つの, 一方に, 一方の, 上, 上にまで, 下に, 両わき, 両側が, 両側へ, 両側を, 並木の, 中ほどを, 中央で, 五六町も, 他の, 傍なる, 傍らから, 入口, 兩側には, 前に, 前途を, 勾の, 右側の, 右側は, 右手に, 向うから, 向う側から, 向う側の, 向ふ, 外に, 奥の, 奧の, 岐れる, 島の, 嶮し, 左には, 左へ, 左側に, 彼方に, 後に, 悪さ, 方で, 方へと, 曲角まで, 案内を, 生活に, 眞ん中に, 眞中に, 真ん中で, 真中を, 知らなく, 程を, 端の, 端を, 続きを, 者なる, 臣の, 苦しみは, 行手に, 辻や, 辻堂の, 通りがかりに, 道と, 邊に, 邊の, 飯も

2 [216件] あいだを, あたりを, あゆみは, いかなるもの, うちに, うちの, お祖師様, かたへの, かなたに, けどほさ, ことで, そばに, ためとか, ための, つ, つきるところ, てい大凡分る, ところで, ところまで, どこからか, ないよう, ない森, ない硝子戸, ない野原, ない頃, のぼりおり松の木, はたの, はたへ, はてよりも, はるけさ, ほかには, ほかは, ほとりを, まがり角にて, まつすぐ, まんなかで, まン中, むこうに, ゆくてに, ゆくてを, ゆく手, ようだ, 一つなり, 一なる, 一方には, 一端に, 一里半も, 下を, 中から, 中が, 中では, 中ほどまで, 中央が, 中央を, 中程に, 中興の, 中途から, 中途で, 中途まで, 二股に, 人と, 人を, 仕事を, 他に, 代りに, 代表者を, 作り方の, 作法では, 修まらないの, 傍で, 傍にも, 傍へ, 傍らには, 先の, 先へ, 光すが, 入口が, 入口を, 兩側の, 内側の, 冒頭に, 処弁かで, 前後を, 北に, 半ばからは, 口と, 向うに, 向ひ, 因業オヤジと, 土の, 土橋を, 地響なり, 埃が, 埃踏み, 外には, 外へ, 大君大, 天分以外は, 奥, 奥と, 奥に, 奥深く青い若葉, 如きも, 如きもの, 如何に, 始まって, 威力を, 実現は, 実行実践に, 家に, 小石に, 尻岐閇の, 岐れ, 川瀬の, 左の, 左側には, 左側にも, 左右から, 左手に, 布設と, 師なり, 幅俯居る, 店, 延長に, 形は, 彼方から, 後, 後を, 急な, 悟や, 意に, 成功の, 戦争だ, 手が, 手に, 技術家だ, 折めを, 教を, 方向を, 方式などは, 旗や, 春の, 曲がり角まで, 曲り角を, 本に, 本体を, 本統である, 朽葉下凍みかそけ, 杉の, 東西をも, 枕もとに, 果てなる, 果てまで, 梅の, 極意を, 正面に, 此原の, 此方から, 深さ, 無いところ, 照りかえし, 片が, 片側が, 狭いところ, 用を, 町に, 盡きる, 眞ン中に, 真中の, 真中は, 石ころを, 石だたみ子と, 神が, 程八町ばかり, 穗の, 端まで, 第一, 第一人者で, 粗末な, 精神と, 細工だ, 細工を, 続いて, 續き, 茶店の, 草に, 菩提樹の, 行くが, 行手は, 行者, 衰へ, 角, 角へ, 角を, 話から, 赤土の, 踏切である, 辻を, 迷と, 途中の, 途中を, 進歩発達を, 道に, 遠きに, 都合で, 鋪石が, 長乳齒, 長路を, 開けて, 間には, 間を, 間隔は, 隅に, 障りに, 露芝曲水の, 順序を

1 [1891件 抜粋] あくの, あちこちを, あなたこなた, あの箇所, あらわれであります, あるかぎり, あるりっぱ, ある尾根, ある近代, いう通り, いずれをも, いとまなみ, いよいよ遠い, うしろから, うちを, うち最も, おぼえが, お歴々が, かたがわ, かどの, くぼみに, くろに, こと, ことである, ことやらも, こわれかかったところ, さびしさを, さまも, すじも, そこまでは, その時代, そばへ, たむけの, ためな, ため捨てる, たんぽぽさいた, ついでだ, つきる所, つづいた向う, つづくに, でこぼこで, ところから, ところを, どこかに, どこへ, ないこんな, ない二人, ない声, ない山ふところ, ない山奥, ない方法, ない水際, ない絵, ない草むら, ない雨水, なからの, なつかしや, ぬかるみを, はかどること, はじの, はづれ, はるかに, ひどいぬかるみ, ふた側に, ぶつかるところ, ほうから, ほうばかり, ほかにも, ほこりを, ほとり団子坂の, ほど五里あまり武生の, まことを, まんなかへ, むかうがはから, むすめ, ものなほ財宝に, やみの, ようであった, ようには, わからないの, わかれ道で, わきの, ガードの, ジュナップの, ステーシヨンを, ナガチハの, ベーコンが, 一だ, 一つを, 一先人, 一寸高い, 一流は, 一端が, 一角から, 一隅に, 七曲りに, 三分一位を, 三方を, 三軍一せいに, 上こそ, 上でも, 上にしか, 上や, 上再び, 下まで, 下畑を, 世界を, 両側ところどころ, 両端に, 中にて, 中ほどへ, 中枢と, 乞巧奠の, 事も, 二三町も, 二道が, 亡者という, 亭主に, 人たちに, 人びとの, 人情とやら, 人間なら, 仕切りと, 付いて, 伏勢が, 佐久間町の, 何たるかを, 何れかを, 使徒として, 信者を, 修業時代も, 修煉を, 修行によって, 偉大なる, 停車場前を, 傍から, 傍らの, 傾いた父, 優雅な, 先も, 先導者は, 先輩子供らしく, 先駆者と, 入口だ, 入口として, 全部の, 兩側は, 兵士達は, 円タクの, 凍てるの, 出入り口, 出口へ, 分かりの, 分れぎわ, 分れた所, 初まり, 別れ目まで, 前方数十町の, 功労者として, 動物である, 勢力が, 北側に, 半ばに, 半を, 南に, 危険を, 友なり, 反対側で, 取引だ, 口が, 口伝なき, 可恐, 右は, 右側モスク, 右手には, 合い言葉に, 名人, 名人に, 名外交官扱い, 名誉牧仲太郎の, 向うを, 向こうに, 向こう側の, 向側は, 問題は, 器用あり, 四は, 四角へ, 因縁多し, 国, 土堤へ, 土色は, 埀に, 埃道を, 基調を, 場合に, 声が, 夏, 外側, 多くは, 夜店の, 大の, 大君, 大家は, 大恥辱, 大本然して, 大綱で, 大道に, 天才が, 奥からは, 奥義を, 奨励宣伝講習の, 如くに, 妙技を, 妙訣を, 妨害に, 姿は, 子供七ツ八ツの, 存する所, 學者にと, 完璧, 官庁に, 実現の, 客が, 家から, 寂しさ, 實踐者たる, 封鎖や, 専門家を, 導くまま, 小さな黄いろ, 尽きるところ, 屈原の, 山せばま, 山深き, 岐に, 島々, 島々並びに, 崩れたの, 工事で, 工合は, 左か, 左側を, 左右を, 市街交通等を, 師範であった, 幅いとど, 幅一杯に, 広いところ, 床しさ, 廃りを, 延長, 弧を, 形に, 役員だ, 彼方を, 後方, 御井の, 復活を, 心得などを, 必須の, 思想が, 性根を, 悪いこと, 悪い処, 悪しさ, 意で, 意気地よく, 感化でも, 慈悲では, 懷しい, 戦史よりも, 才を, 技量敏感で, 掃除まで, 接骨木の, 支線の, 教えに, 教へに, 散歩甚興あり, 敵斉彬は, 断橋を, 方にも, 方へは, 方向が, 方面へも, 日の, 日本への, 星まつりの, 晩秋の, 暗いこと, 曲がり角などに, 曲がり角曲がり角には, 曲り行くに, 曲れる, 書の, 最も重要, 有る事, 木の根に, 木蔭に, 本であり, 本分を, 本山が, 李斯王安石と, 東側のみを, 枕辺に, 枕邊を, 果て見れ, 枯草に, 根本は, 案内に, 桜の, 検事判事警察署長その他の, 極意でない, 極致である還, 楽しみを, 様子を, 標柱である, 権威とか, 横丁へ, 橋でも, 權威と, 正しきに, 此部分で, 歩みのろしも, 殊に地方, 気持から, 汗を, 泥に, 洞の, 浴びて, 涯, 深淵を, 源氏を, 為, 無い山, 熟達者である, 片側だけは, 片口に, 片蔭, 狭いこと, 玄人が, 現れて, 理想を, 生との, 用ゐ, 申し立てたところ, 畔に, 疲れも, 発見, 登りに, 發車點へ, 白さ, 監察御, 盲人には, 相反する, 相談じゃろ, 真っ白な, 真ツ先きの崖, 真中まで, 真盛り, 真髄であり, 瞽官を, 石の, 研究を, 研究者の, 礼儀を, 祖述漢印の, 神である, 神は, 神髓である, 秘伝以上の, 秘法を, 程をば, 種と, 稻麻竹葦に, 空まで, 窪に, 立つよう, 端っこに, 端は, 競争に, 第一義, 策略をも, 籬の, 精神に, 精華也, 糞蠅の, 紀伊は, 純熱, 終點嬬戀驛に, 絵図を, 線路を, 縁を, 美しい花, 義理市井の, 習慣として, 者, 職人的手腕に対する, 背景を, 脇は, 臣に, 自然を, 至公と, 色が, 芸の, 若い人, 苦労人では, 草むらに, 草露は, 落葉, 蓋である, 藪や, 行きずりに, 行くては, 行く手に, 行はる, 行儀作法で, 行手のみ, 行者仲間には, 街道である, 表面が, 西部を, 要義に, 規範として, 覚悟は, 角の, 言ふ, 記いづれ, 記に, 記念に, 話に, 語りつたえ, 論を, 證を, 警察裁判所に, 谷まで, 象徴かも, 赤土が, 起りは, 距て, 跡方も, 踏切近く, 軍は, 農村から, 辺りを, 辻堂で御座ろう, 近いの, 近くの, 迷い方, 退屈さに, 途中なる, 途次立ち寄つ, 通の, 通人が, 通路舟帆駄馬の, 進歩の, 道しるべを, 道具屋に, 達人だ, 達人は, 違いは, 遠くし, 遵奉者であった, 邪げと, 邸を, 里で, 金ボタンを, 錯誤を, 鐵橋では, 長安縣である, 長道は, 開かれる一つ, 開けるまで, 開路者です, 開通を, 関係も, 防空壕に, 陳述は, 隆盛期を, 隈囘も, 障礙と, 雑人やら, 難所へ, 難行によるに, 雪の, 雪降る, 霞光が, 露は, 面を, 頂上, 順序に, 類であろう, 風光の, 食堂車で, 馬糞を, 骨子であり, 魏軍に, 麓に, 鼓吹者は

▼ 道~ (3063, 9.0%)

112 ない 50 ないの 38 ないと 19 なかった 13 ありません 12 ただ一つ 9 二つに, 遠い 8 ないから, ないであろう, 暗い 7 あるまい, すぐに, ないもの, ないよう, 山の, 急に, 白, 蛇で

6 [11件] あるまいと, そこで, ないかと, ないこと, ないぞ, ないん, 二つしか, 無い, 自然に, 蛇だ, 非常に

5 いくらも, どこまでも

4 [16件] ある, ここに, これより, それに, た, たった一つ, どこに, ない筈ぢ, 二つある, 人の, 前に, 暗かった, 無いと, 無いの, 私の, 蛇の

3 [31件] ありますまい, あるが, あるの, ここから, ございません, ただこの, ちがうが, ないが, ないので, ないはず, なかつた, なくなって, まっ暗だった, 一つしか, 一つだ, 少しずつ, 山に, 山を, 崖の, 弁証法の, 拓けて, 昔の, 林の, 歩いて, 殆ん, 無限の, 狭くて, 白く乾い, 絶えて, 続く, 闇の

2 [170件] あった, あなたの, ありけり, ありませぬ, ありませんね, あるそう, あるはず, あるまいよ, いきなりずり落ちた, いくつも, いくらでも, いつも茨, いよ, うねうねと, おのづか, かくの, くらきを, ここで, これで, それぞれ職ある, ただ一, たびたび歩いた, だん, ついて, つきて, つくと, とろとろ溶け, どうした, どこにも, どこへ, ないだろうかと, ないでしょう, ないよ, ないわけ, なか, なかろう, なさそう, なんでも, はじめてです, ひらかれ, ますます嶮, また平坦, また格別, また蜿, まっすぐに, もう夫, もう我慢, もつとよ, やっぱりこれ, よい道, わからぬの, アスフアルトの, テーバイの, デウベン城の, ローマへ, 一すじ, 一つ, 一つも, 一つより, 一と, 一度も, 一本しか, 一本も, 一軒の, 上昇の, 下り坂に, 両側とも, 之を, 二つの, 二つより, 二筋に, 云った, 人が, 今でも, 今僅, 何か, 何と, 何心なく, 全く杜絶, 分かれる, 前後に, 可なり, 右に, 君が, 吾が, 唯一つ, 唯詩的, 困難である, 地に, 堤を, 多いされど, 天に, 夫の, 実に曲折, 容易に, 實に, 小なる, 少しも, 少し北, 山も, 岩片の, 嶮しい, 川に, 左手に, 常に愉快, 平凡で, 広くて, 弁証法を, 弓形に, 強情に, 彼らに, 彼等に, 心得て, 急な, 悪いし, 悲しく見つめた, 所詮一つ, 捗どって, 日に, 早い, 暗くなった, 暗けど, 暗緑色, 本舞台, 武蔵野の, 歩けないさあ, 死を, 気を, 水に, 決して不埒, 消えて, 溪に, 無限に, 狭かった, 登り一方, 白なり, 知らず我, 私には, 立派に, 第一, 絶対に, 續く, 自分の, 色を, 花道から, 草の, 落葉に, 蒼い顔, 薄らに, 蛇です, 蛇という, 蛇火花を, 西南の, 赤谷川に, 近きに, 道教と, 遙に, 遠いが, 遠いの, 遠かった, 遠きに, 遠し心, 遮断され, 邇き, 長え, 開かれて, 険しかった, 雪で, 雪の, 馬道の

1 [2148件 抜粋] あたりまえの, あべこべで, あらぬを, あります, ありますよ, ありませんか, ありませんどうぞ, あるであろうがと, あるなと, あるめ, あろうもの, いかなる条件, いくつか, いずこ, いちばん人通りが, いつか終わり, いつしか老, いつのまにか黒い, いつも第二義, いよいよせまく, いよいよ迂回, うずまりとうてい, うるさくって, おのずから大丈夫, おびえた心持, おわかりでしよう, お爺さんが, かう言つて, かならずしも常に坦々, からかった, きょう御, けわしいもの, こちらの, こねかへ, このまま美衣美食, この二者, この月, この秘書, この逆巻く, この頃, これか, これであろう, これ一つしか, こんな話, さして骨, さながら鬼女, さらに広い, しだいに山, じめじめし, すこしも, すっかり石, すでに先生, すでに相国寺, すべて大, ずっと国道, そういうよう, そこ一筋と, そのへん, その三島, その他の, その海岸, その結果, その路傍, それが, それと, それまでの, ぞっとし, たえだえ, ただそれだけ, ただ一つきり, ただ一途, ただ栗, ただ飛びおりる, たつた一つ, たるい阪道, だね, だんだんに, だんだん爪先上り, ちっとばかり, ちょうど太陽, つくという, つとめて, てっぺんで, ときどき梢, ともに宗教, どうしても妹たち, どこである, どっちへ, どの辺, どんなところ, ないさ, ないだろうか, ないという, ないゆえ, ないネ, ない武士, ない特別, なお遠く, なかつたらうと, なかろうかと, なくなった, なくなるの, なく思う, なく釈迦岳, なるべく嶮, なんといっ, ぬかるみの, のぼり一方, はかどりは, はじめから, ばの, ひとすじ, ひとつでは, ひどいでこぼこ, ひらけて, ふたたび平地, ふた筋に, へびとやら, ほかに, ほとんどなくなっ, まがうかた, ますます楽, まず絶望, またひろい, また庚申講, また樹林, また細く, まだのぼり, まだ十分, まだ衰えぬ, まったくうんざりします, まっ直ぐ, まともで, まるで糠味噌, むずかしい, もうとうに, もう一方, もう濁水, もう雪, もとより馬丁義作, やがてカント哲学そのもの, やっぱり白く, ややこしい, やや広い, よいと, ようやく一日, ようやく沼, よく分かっ, よく知っ, よく覚え, よろし山道, わかりきって, わが生, わずかに, わだ, キヤツと, サハラ沙漠まで, ドレだ, ハタと, ヘビって, ライヒスアウトバーンに, 一すじに, 一つでございます, 一まず, 一人一人の, 一度通つた, 一昨日の, 一本である, 一条美しく, 一筋だ, 一筋道だ, 一苑を, 一里ちかく, 万人の, 三四町ある, 三筋に, 上つ, 上り下り人は, 下りと, 不意に, 両つ, 並大抵の, 主上としての, 乾き切って, 二つである, 二本ある, 云々この, 五十里川の, 人に, 人性や, 人間が, 今までの, 今宿より, 今日御, 仏法を, 伊賀越と, 何かの, 何びとも, 何処にでも, 何時も, 余り近い, 例えばフェノメノロギー, 信濃富士の, 俺自身の, 備わって, 先づ西洋近代劇の, 先秦古典の, 全くない, 全て難民が, 八丁あまり, 八方ふさがり, 公理を, 其下を, 其道の, 再び密林, 凍り馬, 出来て, 分つて, 切りひらくという, 判断の, 別にあらう, 前を, 加賀へ, 勾配に, 半ばに, 南北に, 単に行力, 即ちこれ下山, 却って道, 又あやめ, 又別, 古い水戸街道, 只一方, 只裸, 右岸を, 同志の, 吾, 唯この, 唯京師, 喪中の, 四十年代の, 困難を, 土崩の, 地下室から, 地球儀の, 堯舜禹湯文武の, 墓地の, 声を, 夕霧を, 夜の, 大きすぎます, 大分に, 大尉の, 大畝, 天下へ, 失われるであろう, 女だ, 好し樹木, 始めての, 子光栄に, 孝悌である, 学問手習は, 宗助に, 実に恐るべき, 容易の, 対岸の, 尊ばれたやう, 小さな流れ, 小暗い谿襞, 少しずつの, 少し変, 尺を以て, 尾根の, 履歴書の, 山之内村の, 山坂だ, 山稜の, 山道を, 岩根こご, 崖際を, 嶮岨だ, 工夫せらるべきである, 左の沢に, 左岸伝いに, 師匠に, 平, 平坦だ, 平易く, 幸福の, 幾多も, 広い, 広く遠い, 廃り武士道, 当山及び, 彼に, 彼らの, 後る, 御存じです, 心を, 必ずしも無益, 必らずしも, 忠の, 忽ち静, 思ったより, 急落し, 恰かも, 悪くなり, 悪しまたもや, 悲運の, 想像以上な, 憶えて, 成り立ちません, 我國の, 折れた, 拓けたであろう, 捗る, 提灯を, 播磨に, 政府の, 文豪芥川龍之介が, 断念出来ません, 新しい雪, 既に両側, 日が, 日本專有の, 旧中仙道, 早くから藤村, 明るいぞ, 是で, 昼より, 暗々として, 暗い山, 暗かつ, 暗く細くけわしく石, 暴力の, 曲ッて, 最も奥, 最短距離の, 朝倉先生の, 未だ暗かっ, 村の, 東から, 東南に, 松の, 柔和忍辱盲従に, 案外平坦, 極めて安全, 横に, 次の, 次第に急, 次第に隔, 正しいに, 正面に, 此処に, 武士の, 歩き難い, 歩は, 殆ど先蹤, 殊更歩く, 段々賑やか, 気が, 水平で, 永遠だ, 決して一切, 決して気味, 沖縄の, 河の, 泥に, 泥濘の, 消え失せそれ, 深い渓, 清潔だ, 湖の, 満盈, 漢の, 漸く急, 灌木の, 無いかっ, 無いので, 無しさ, 無理であった, 熱砂の, 爪先き, 片側が, 狭い揺らめく, 狭くなっ, 狭まるばかり, 現代の, 理念が, 甚だ簡明直截, 生涯も, 甲武信の, 畠よりも, 異なるとも, 登りと, 白く光つて, 皆一つだ, 目的の, 直ちに鬱蒼, 相寄る二つ, 真二つ, 眼の, 矢張り実際, 知に, 知らない方, 知れて, 石屋の, 破壞, 社会百般の, 禅宗で, 秋草の, 稲荷橋まで, 突き当った, 窘めるが, 立つの, 竹林を, 簡単だ, 素人には, 細くほこりつ, 細く橋, 結局彼らの, 緩やかに, 繁昌しねえ, 考える, 聲を, 臆測よりは, 自ら明確である, 自分勝手の, 自動車の, 自然の, 至善に, 色褪せかけた黄昏, 苔むして, 若い時, 苦しかつ, 茨じゃよ, 草叢に, 荻野君の, 蔓の, 薙刀の, 藪の, 蛇である, 蛇ヶ谷を, 螺線状に, 行きつくるなし, 行留りぢやあない, 被服に, 西北しか, 見つかるん, 親が, 解決を, 誠を, 誰に, 變つて來た, 貴公らの, 起伏凹凸が, 跡方も, 踏むまいと, 軌道に, 辛うじて先導, 辿りにくい, 近いまた, 迷ひさう, 逆には, 通らぬ梅, 通行禁止じゃ, 進むの, 道であっ, 道を, 道灌山そのものの, 違うが, 遠いさびしい村, 遠からねど, 遠くない, 遠く寂しく険しくとも, 遠く遠く, 遠山三之, 遼遠だ, 醍醐の, 長い, 長期の, 開かるる, 開けしなり, 開けないと, 開眼を, 闇然, 陸橋の, 隅田川の, 随分歩いた, 難なく通った, 雨の, 雲仙から, 霜どけに, 非凡を, 面白いの, 顔や, 馬でなく, 駈けだして, 高い柱, 黒岩尾根の

▼ 道~ (2497, 7.3%)

56 迷って 35 なって 22 出て 19 沿うて 18 於て 17 立って 14 まよって, 出た, 沿って 12 して 10 落ちて, 迷うて 9 心を, 精進する, 非ず 8 出ると 7 あらず, さしか, 入って, 精進し, 迷うこと, 迷ったの 6 なった, 外れて, 於ては, 迷った, 迷ひ

5 [11件] あるもの, かなって, なるの, はずれて, 出で, 向って, 沿ひ, 身を, 迷ったよう, 迷ったり, 通じて

4 [18件] いそしんで, かかると, ついて, なる, はずれたこと, まよふ, 出たの, 当って, 志して, 添うて, 添って, 溢れて, 相違ない, 迷ったと, 迷ったん, 迷つ, 這入って, 進んで

3 [30件] あらずと, かないなば, さしかかって, さしかかると, すぎない, ついた, 似て, 入った, 入ること, 入るは, 出ること, 反かず, 手を, 於ても, 死ねよとは, 落として, 見た当麻, 足を, 迷う心配, 迷ったもの, 迷っては, 迷っても, 迷つた, 迷ふ, 進ませて, 進むこと, 遊んで, 達して, 達すること, 面して

2 [145件] あがった時, あらずして, ある, あること, ある防寨, いるの, おとした, おとして, おはいり, おりたちて, おりて, かかって, さしかかりました, しても, しや, すると, そむかないと, そむくと, ただ一つ, たましい, でると, なっても, なると, はずれた仕打ち, ひかりて, まいて, まよ, まよわせて, よらで尽さば, ステッキを, 一つの, 一軒の, 乗った, 乘換へて, 二つは, 人喰虎が, 依って, 依り伊藤侯, 倒れて, 入つて, 入るの, 入れば, 出たとき, 出でたり, 出でて, 出ないの, 出る, 分れ道, 到達せず, 合して, 合する, 同じゅう, 向かって, 向つて, 向は, 因んで, 困る, 変りは, 夏枯れの, 外れたこと, 姿を, 尋常ならぬ思ひ, 工藝の, 帰して, 平伏して, 平行した, 待ち伏せて, 待って, 心得が, 志すもの, 思いを, 悖り候事, 悩みながら, 戸を, 掛けては, 擁して, 散る雨, 數へ, 斃れ, 日が, 明らかな, 横た, 歩きだした, 毘陵を, 沿うた公園, 流れて, 添ふ, 澤山生え, 烈しく叱られ, 由つて邪道に, 異ならず, 疎遠な, 目が, 相当する, 相違ありません, 突き進むこと, 突進し, 立たむ事, 立ちどまつて, 立ち出, 立った, 立つて, 立つもの, 網を, 背くと, 腰を, 萩さけど, 落して, 行き交う人々, 見た當麻, 親しむ青年武士, 親密な, 言はずも, 踏み迷うて, 躓いて, 近い, 近いと, 迷いこの, 迷いでも, 迷う, 迷うかも, 迷うた者, 迷うと, 迷うなんて, 迷うの, 迷う筈, 迷ったとき, 迷った人, 迷った子供, 迷った旅, 迷った時, 迷つてし, 迷つても, 迷は, 逢ひ, 進まねば, 遊ぶと, 運んだであろう, 違はじと, 遣し, 適って, 長けて, 間違いは, 非ざる, 面した町

1 [1642件 抜粋] あたって, あった, あふや, あらざるべし, あらずといった, あらず候, あり, ありと, あるだけ, ある木曾十一宿, ある魏延, いざない奉りご, いそしむ, いそしむ人間, いそしんだ著者, いちどは, いで立つを, いり其上是非, うしろから, うつすらと, うひうひしい, おいて, おき印刷工場, おちた芋, おとしおとしして, おもむくとて, お会い申す, お迷い, かえそう, かかったあの, かかる, かぎらず何ら, かけたらどんな, かなえりとは, かなひ, かなりな, かなわぬもの, きれ込むと, くるいは, このよう, こぼれたる団栗, ころがって, さえ差支, さしかかる, さし出た松, さらして, したが, しては, しようと, すぎないで, すさむ嵐, すべった, ずいぶん深く, そう云う, その数, そむいた生活, そむき給うな, それが, それて, たえるため, たずさわったものの, たずさわること, たづさわつてはいけないものだ, たむけする所, ちがいない, ついて行きました, つきるもの, つづいた, つとめて, どんなに困難, ながれおちた土, なしえた努力, なつて, なりつぎ, なります, なり道ぞい, なる反橋, のっとり皇国, はいった, はいりこの, はい出してる蚯蚓, はげまん, はずれた人, はずれる, はだかって, はまり来れり, ひきとめそれ, ひたむきな, ひびいて, ふった, まことの, まっしぐらと, まどはば, まようこと, まよったと, まよってね, みちびいて, もう夜, もどりました, ゆく心, よこたわる死体, よりても, わが影, わざと落し, エンゴンという, クルリと, ゴロゴロいる, バーニと, ボーイが, 一ぱいだ, 一尾ひろ子が, 一番大切な, 上った, 上り祗候, 下って, 両股, 乏しからざる, 乘つて終點奧山村に, 九つの, 五六人の, 交叉し, 仕える沙門, 任せて, 会して, 会ふこ, 伸びて, 佇む, 何の, 余念の, 依つたから, 依り同じく, 倒れた悪病, 倒れる人足, 倦んで, 充ち溢れた見知らぬ, 入った人たち, 入ってこそ, 入つたこと, 入らしむる, 入らせようと, 入りし上, 入りその後代々信仰, 入りたもう, 入りましてから, 入り墨染, 入り玉, 入り難き, 入るなり, 入る人, 入れなければ, 全く暗い, 再び上った, 出たそして, 出たので, 出づるためにはそれは, 出でないという, 出ましたとき, 出られた, 出るの, 出るや, 出戸の, 出迎えた, 出遇いかねる淋し, 出遊, 切り通しを, 到るべきこと, 前進させ, 功労ある, 努めよ, 励んだ, 労れ, 勤めないうち, 協いさえ, 原因し, 参進する, 反かざる, 反して, 反抗事件が, 古い長靴, 古靴, 叶うと, 合う, 名案も, 向かった, 向けること, 君が, 咲く紫色, 喧嘩口論を, 困って, 坐って, 埃を, 堕ちたよう, 墜ちるもの, 変って, 外づれてゐると云つた, 外れたといふ, 外れてるから, 外れますから, 外れる不思議, 大きな陥没, 大水が, 太閣の, 奉じ玲瓏, 女房車を, 如何なる, 委しからず, 学ぶため, 宥わられる, 寢食を, 對し, 導き入れて, 導くよき, 小さな陥穽, 小菅大, 就いては, 就かむ, 就き阿彌陀, 就て, 展き, 山賊あり, 巌角ほどの, 巧者な, 差支は, 帰らせて, 干渉する, 幾人も, 引きかえして, 引き込まうと, 引っ張られて, 引入れて, 引卸す, 弟と, 当たったの, 当る日本武尊, 彷徨い出た, 彼等の, 待たしめ曹操, 待ち伏せたうへ, 従うこと, 従うより, 従ふも, 得つる奇しき, 御入り, 徹しきって, 徹底したい, 心掛けまして, 忌避回避は, 志したかい, 志した巽斎, 志すほどの, 志す君子, 志す者, 忠実なる, 思い悩んで, 急ぐの, 悖る所業, 悩んだ, 情熱を, 惑はず, 想到した, 憧憬の, 成田まうで, 戻つて小涌谷, 手間どりました, 打ちあげられた石, 払底した, 拝跪し, 拡げたというも, 捧げたの, 捨てました, 接した一軒家, 携わりたい, 散ったと, 敷かれたまん中, 敷石が, 斃死し, 於きては, 於てのみは, 日光が, 日本精神を, 明るいとか, 明るい知人, 昧けれ, 暗いから, 書物の, 有力者の, 服從する, 来ても, 果てなき, 棄つるを, 棒を, 横たはる如く, 横たわり死骸, 横はる, 横わるすべての, 機敏で, 欠けたるを, 欠けねえ行い, 正しく踏み入る, 歩きながら, 歩み返したまひ, 死したる友人, 殉し, 殉ずると, 殉ずる誠意, 民庶も, 水溜りが, 江川村と, 沢山の, 沿うた湖畔, 沿う道ばた, 沿った小, 沿ってさえ, 沿つて建てられ, 泪を, 流し流し行き交うて, 深い体験, 深くつきさし, 深入りし, 添う植込, 添つて歩いた, 満ち散って, 溢れんと, 滾れて, 漂って, 照らしては, 熟達し, 熱心に従い, 狐が, 現れる魚類, 生きた永平道元, 生きようとして, 生きる心, 生れるか, 由つて逃げなく, 由る世の中, 畑や, 疎きこと, 疲れて, 発とうと, 白い花, 白く続いた, 白雲荘を, 盤屈し群小蛇これを, 目覚め各人各様, 直角に, 石あり, 秀でお, 私の, 種々の, 積んで, 突進した, 立ちかの, 立ちはだかった, 立ち何, 立ち帰り他, 立ったの, 立っては, 立つと, 竹ヶ崎と, 篤いけれども, 精しく非凡, 精魂を, 紛れこんだ, 終始したる, 結びつけた昔, 絹の, 練達し, 續けり, 置き放した商売道具, 聞かれて, 背いた事, 背きましょう, 背くこと, 腕を, 自ら茨を, 至りては, 至るには, 興味の, 苦しみ拔い, 苦しんだ人, 落した帽子, 落ちたの, 落ちた紙屑, 落ちてるゴミ一本, 落ち散って, 蒼古に, 蛇が, 蠅の, 行きなやみ夜, 行くゆく草, 裏と, 見えて, 見はり, 見ると, 見出そうと, 見慣れなく新, 誘って, 誰そかく, 變化が, 負ふところ, 賢き笑い様, 走って, 赴かしむるよう, 起き臥して, 足音が, 踏みこんで, 踏み出すこと, 踏み込んだか, 踏み迷いかく, 踏み迷い難渋, 踏み迷うよう, 踏み迷つた女, 踏入つた事實は, 車輪の, 轢かれて, 辿りついたのみ, 近いやう, 近づく機会, 迷いここ, 迷いながら, 迷いました, 迷いましてからに, 迷いやすい, 迷い務め, 迷い日, 迷うが, 迷うた暫らく休息, 迷う危険, 迷う樣, 迷ぐれ, 迷ったって, 迷ったに, 迷ったら跼んで見ろという, 迷った旅人, 迷っちまったそう, 迷ってる五六人, 迷つたらしい, 迷つてかへ, 迷つて困りはてました, 迷つて来た, 迷つて逃げ出す, 迷ひ入らん, 迷わずに, 迷わないとも, 迷わぬよう, 迷われた由, 迷われ難渋, 送りて, 逆らは, 這入る處, 通じる頭, 通なる, 連なって, 進まうと, 進ませましたなら, 進むが, 進むに, 進むもの, 進む可, 進めます, 進んだ幾多, 遁れ去る, 遊び居, 遊ぶ者, 過ぎぬ旧, 道を, 達した天皇, 達す, 達する事, 違うてえ訳, 違って, 違ひ, 違るなり, 遠ざかるを, 遣して, 遺を, 酔ひ流車を, 針葉樹の, 錠を, 長けたる上, 關係の, 降りそ, 降りた夜露, 限らず功, 陥ったばかりに, 陸橋の, 集注した, 雪踏を, 青柳の, 面した商い舗, 響いて, 頬を, 飛び出した, 食いこんで, 飾りつけて, 香華を, 馬車を, 駈けだして, 黒い洋服

▼ 道~ (2293, 6.7%)

61 ない 55 ある 30 あるの 28 ついて 27 なかった 20 開けて 19 ないと 18 通じて 17 ないの 16 あった 15 二つに 14 あって, あると, 行われて 12 付いて 11 あるん 10 あります 9 ないよう 8 あれば, 急に 7 ありません, あるから, あるが, つづいて 6 あったの, あること, できて, ないから, まつすぐ, 出来て

5 [12件] ありそう, あるもの, ないこと, ないという, なかつた, 分れて, 嶮しい, 残されて, 無いの, 通って, 遠くて, 開かれた

4 [23件] あつた, ありました, あるだろう, あるはず, あるよう, ちがって, ないじゃ, ないでも, ないので, なくなって, なければ, ひらけて, わかって, わかれて, 二筋に, 出來, 尽きて, 山の, 悪くて, 無いと, 続いて, 遠い, 開けは

3 [36件] あつて, ありますが, あるか, あるという, あるに, あるので, あるのに, いきなり草, ないであろう, ないもの, わからなくて, 一つある, 二股に, 分らなくなり道, 唯一の, 必要な, 悪いので, 暗いので, 曲がって, 曲って, 森の, 横に, 残って, 無い, 無かった, 狭くて, 白い, 真直に, 縦横に, 行われなければ, 見えた, 許されて, 遠いので, 遠かった, 開いて, 開けたの

2 [130件] あいて, あったこと, あっただけ, あったと, あったに, あなた様の, あらわれて, あり, ありは, ありますから, あるし, あるだけ, あるとは, あるのみ, あるばかり, あろう, あろうか, あろうとは, あんまり遠い, お悪う, お春, ございません, その里川, それだ, ちがいますよ, ちがう, つ, どこに, ないかと, ないだろう, ないといふ, ないやう, ないん, ない限り, なかろう, なくとも, なくなり落葉, なくなれば, ねえん, はやると, はるかに, ひどい, ひらかれたから, ひらかれた時, ひらけるに, ふさがったの, ふさがって, ふたつに, ふた筋, ほかに, まがって, また馬鹿, ゆるく長く波形, よい建物, よくわかる, わからないと, わからないの, わからなかった, わからなかったので, わからなくなって, 一つも, 一直線に, 一筋電柱の, 万民にも, 三つに, 二町許り, 今は, 入り組んで, 出来た, 出来るの, 分岐し, 別れる, 動くの, 右に, 命令けしを, 塀に, 塞がつて, 大きくカーヴ, 大変だ, 天国に, 岐れる, 工藝の, 左の, 左右に, 彼の, 悪い, 悪うございます, 悪かった, 悪くって, 悪くなっ, 拓けて, 明らかに, 暗い, 曲つてゐた, 曲線を, 最後の, 有る, 流れて, 消えて, 漸く人一人, 無かつ, 狭いので, 現れて, 目前に, 示されて, 私に, 空から, 立たんと, 絶えますと, 自然に, 融けましたね, 見出せないとも, 誤って, 説かれて, 貸本屋, 走って, 運動の, 違いは, 違います, 違う, 違うの, 違ひます, 違や, 遠いの, 酷うございます, 開かれて, 開けます, 開けるかも, 間違って, 難渋なにつけ

1 [1303件 抜粋] あいたから, あけて, あったかと, あったため楽, あったという, あったはず, あっちこっち散歩する, あっても, あの質屋, あぶないと, あまり露骨, あらうとも, ありうる時代, ありさうな, ありその, ありひねくれた枝ぶり, ありますか, ありますがね, ありますよ, ありませんもの, あり人家, あり末, あり議論, あり高燥, あるかも, あるじゃ, あるでしょう, あるでは, あるとしても, あるならあの, あるなら救うて, あるほか, あるらしいという, ある実は, ある枝, ある程度で, あろうと, いい, いかに美くし, いけないかの, いたんで, いつもの, うね, うねり光, おもむろに急, お勝手口, お盛ん, かかるとき, かなりあっ, きまった, きまったの, くしを, ぐっとまがっ, ぐるぐるまわっ, こつち側, ことなりますので, この山陰, これまでとは, こわれたため, ございましょうと, ござらば, さびしくなり, しぐれて, しまいになる, しんぱいです, すが, すぐれて, すこし登り, すたれては, すたれるの, すっかり分らなくなった, すべるから, ずっとつづい, ずっと通っ, そうした努力, そうな, そこにしか, そつくり戦国どころか, その中, その極致, その野中, たえたと, ただそれだけ, たっぷり一刻, だんだん太く, だんだん郊外, ちがいは, ちと不案内, ついたが, つきあたって, つきました, つきるの, つく, つくづく間違っ, つくんぢ, つこう, つづきその, できあがって, できたのに, でこぼこ, とおりまた, とだえて, とても悪く, とまって, どうもいつか, どこかで, どこまでも, どれである, どんなにか, どんなに過渡的, ないからこそ, ないごとく, ないところ, ないどうぞ, ないはず, ない境遇, ない秀子, なかったろうね, なくて, なくな, なくなったの, なくなりました, なくなるの, なく従って, なく死骸, なぜ祝言, なったら第, なんだか見, にぎやかに, ぬかるみで, ねえだろう, ねえので, はかどらなかった, はかどらねば, はげしく泥, はっきりし, ひじょうにせまく, ひと筋と, ひどくぬ, ひらかれ特に, ひらけたの, ひらけはじめた, ひらけるという, ひろくて, ひろげられた, へし折られたよう, ほとんどない, ほんた, ぼろの, まがるに, また云っ, また緩い, また辻, まだまだ遠い, まっすぐ伸び, まるで河, みつかるよ, もうすこしちやん, もう途絶える, もとに, やわらかい秋, よいか, よきに, よくわかった, よく分る, よほど応えた, わかったから, わからない, わからないでは, わからない石仏, わからなくなった, わからなくなるから, わからぬため, わかりましたね, わかるかしら, わかるので, わかれてるでね, わかればい, わかんね, わるい, わるいとか, わるうございます, わるく屋敷町, カン, グッと, コンクリートか, セメントで, ドロア・ムュール街の, プロレタリア芸術の, 一すじ縫う, 一つの, 一坂小だかく, 一挙に, 一本線路の, 一条つい, 一条人がね, 一番好きです, 一目に, 一筋で, 一筋通じ, 一里塚行く, 丁度花祭り, 三つしか, 三ツ股に, 三峰図幅の, 三輪の, 上中下三段ぐらいに, 下りて, 不可能なる, 与えられた工藝, 世の中を, 両壁, 丸く刳, 乏しく文人, 乾いた, 事実上同じ, 二つ有る, 二条ある, 二條出來ます, 亡びても, 交錯してる, 人物の, 今トゥウェルスカヤと, 今度は, 仏教以前の, 付くの, 何だ, 何処迄も, 何處迄も, 作る黒い, 併行的に, 俄かに, 僅かに, 元は, 先だ, 先日, 入って, 全盛を, 兩掌を, 六尺ほどの, 具は, 凸凹し, 出て, 出来たという, 分からないという, 分からなくなって, 分かれても, 分つたやう, 分らないで, 分らなくなる, 分らぬから, 分らんで, 分れるポスト, 切り開かれなくては, 切立てで, 判るの, 前方に, 動いて, 北側から, 十文字に, 南北へ, 危ない, 厄介物だ, 又六十里, 合理視され, 名残りを, 和歌や, 四方へ, 困りますなあ, 困難で, 坂に, 城下町まで, 塞がると, 塞がれるという, 壊れずに, 変化した, 夕陽に, 外来の, 夜の, 大そう, 大成した, 失はれ信じよう, 好かった, 好きであった, 妾を, 孔子の, 学校体育に, 実に明瞭, 実際は, 家族生活における, 寧ろこれから拓ける, 将来した, 小さかった, 少しずつ, 少しも, 少し平になる, 尾根の, 山下にか, 山陰に, 岬の, 巖の, 州または, 左岸を, 平だ, 平行に, 幾つか, 広い, 廃る, 強いられたの, 当なく, 彼女らに, 往還を, 後藤農相の, 御相談, 忠三郎を, 息が, 悪いやう, 悪かつ, 惡いせゐ, 愉しめ, 我々の, 折れた, 折れ曲つて, 拓けた, 指導する, 捗どるといつて息, 改修され, 教えられると, 文明の, 断たれない限り, 方法である, 日本画を, 明らかと, 昔から, 星明りにも, 時代の, 暑くて, 暗くつて, 曲つ, 曲りながら, 最も栄えた, 有るに, 有るらしく少し, 来て, 東から, 林の, 果して個性, 果して美, 梅園への, 極って, 樟の, 橋向まで, 次第に平になっ, 正しい当然, 此旅の, 歩けない文字, 歩けるし, 歩けるもの, 殆どふさがっ, 段々山里, 水戸街道と, 永田町二丁目だつた, 決定せられた, 沢山ある, 泣きながら, 泥だらけに, 泥濘ん, 海底を, 淋しくって, 渓流を, 濘る, 無いので, 無い事, 無くなると, 無限だ, 爪先き, 犬上郡へ, 狭いため, 狭かった, 狭く石畳, 玄関へ, 理解され, 田圃に, 異ってる, 発見され, 白い薄明, 白く続い, 白んで, 盛んに, 目に, 目の, 相立たん, 真正直に, 真西, 知りたくなって, 砂だらけに, 砂丘へか, 確立した, 示された, 神によって, 神道を, 稲田の, 突然二人, 竈の, 立たぬか, 立たんから, 立ちませぬ, 立った以上左様, 立つて, 立つといふ, 立つまい, 立てられたと, 竜王の, 竹林に, 紊れ, 純な, 細くな, 終始一貫, 終極において, 絶えたここ, 絶えて, 絶え窮, 縱横に, 美しい森林, 自分で, 自在に, 興るの, 若しあり, 草が, 蕪雑に, 薄暗くて, 行きどまりに, 行けないため, 行われないからと, 行われるし, 衰退に, 西の, 見えて, 見える, 見つからないという, 見つかりっこないから, 見て, 見出せると, 見失われて, 覚悟の, 解らないの, 記して, 説きだされたり, 講ぜられる期待, 谷へ, 跫跡に, 踏み固められて, 辛いかも, 近いと, 逃げるな, 途中まで, 通じること, 通ずる, 通つてゐる, 通ふ, 通り太郎丸, 通れなくなったらしいので, 進みまして, 違うぞ, 違うという, 違って, 違は, 違ふんぢや, 遠いこと, 遠いと, 遠うございます, 遠くって, 遠過ぎ, 鋭角を, 長いので, 長く続い, 開いたよう, 開かれたの, 開かれるにつれて, 開かれるやう, 開けたと, 開けたよう, 開けないからな, 開けませんつい, 開けりゃ自動車, 開けると, 開けるわけ, 開け中流, 間に, 阿母さん, 険阻だ, 隱し持つた, 難いでねえ, 電光の, 青々と, 頭の, 飛んで, 餡この, 高くなりだし, 黒く柔らか

▼ 道~ (1233, 3.6%)

13 と米友, の方 12 がまた 10 が米友 98 はその, は道庵 7 はそれ 6 が, がこの, の眼, はしきりに, もまた 5 が言いました, に向っ, の前, の匙, の右, の屋敷, の耳, の頭, はいよいよ, はまた

4 [13件] がここ, ともあるべき, に言わせる, のため, の人気, の家, の手, の身, の面, はこの, はそこ, も少し, をし

3 [19件] がお, が額, だ, とは道庵, のあと, のお, の上, の向う, の姿, の暴言, の背中, の胸倉, の脱線ぶり, の許, はいい, はここ, はほとんど, を突き飛ばし, を見る

2 [71件] がいちいち, がお雪ちゃん, がしきりに, がその, がまだ, がヒドク, が一方ならず, が両手, が全く, が少し, が無い, が突然, が自分, が言う, が違う, が酒, が長者町, だと, だよ, というもの, というよう, という剽軽, といえ, といっ, と与八, にこの, に於, のほか, の力, の匙加減, の奴, の子分, の子分たち, の寝, の心, の慈姑頭, の昂奮, の気性, の脱線, の行方, の言う, の話, の身の上, はお, はこう, はさすが, はそこで, はまず, はやっぱり, は今, は仰山, は何, は俺, は全く, は大, は思わず, は感心, は手錠, は眼, は米友, は護送, は額, は首, もいよいよ, もこいつ, もこの, もそれ, もちょっと, も米友, を引張り込もう, を退治

1 [822件 抜粋] ある間, お得意先, からいえ, から絞り出そう, か道庵, がああ, がいい, がいささか, がいよいよ, がうめき出した, がうん, がかく, がくすぐったい, がけたたましく, がこう, がこんな, がさては, がしゃれ, がすっと, がする, がそう, がそれ, がそんな, がためつすがめつ眺め, がちがいます, がつまらない, がどうしてこう, がどっかり, がなり出し, がはじめて, がばか, がほとんど, がまず, がまたも, がやって来た, がよけい, がわざとらしく, がガラ, がギュウ, がフト, が一, が一僕, が一刻, が不審, が不思議, が乗り気, が二人, が二度目, が今度, が今時分, が今晩, が仔細, が仰天, が保証, が入るなら, が公衆, が出, が出向い, が出来上っ, が力みました, が力み返り, が助け, が単に, が即ち, が双手, が周章狼狽, が命, が喋々, が声, が変, が多少ともに, が大将気取り, が容, が寝床, が師匠, が帰っ, が待ち望ん, が心得顔, が必死, が思い出した, が悲鳴, が感じない, が慰め, が成敗, が戸惑い, が扇子, が手, が指, が振りむく, が排斥, が改めて, が書かない, が最後, が来た, が枇杷島橋, が柄, が歸つて來, が気がつきました, が津田生, が潮吹, が無性に, が熱心, が生活, が甲陽軍鑑, が癪, が眠り, が示し, が空虚, が笑う, が第, が聞く, が膝元, が至極, が見, が見届けた, が言います, が訝しい, が説明, が足もと, が迎, が述べ, が進入, が門口, が附けのぼせ, が預かっ, が頼みきったる, が首実検, が驚嘆, が鰡八, その祭文語り, だか, だが, だけの器量, だずいぶん, だってこれ, だって考える, だ奮発, だ胆吹山, つくづくと, である財閥, でげす, でなければ, ではありませんでした, ではない, でよろしい, で先生, という先生, といふその, といふの, とが飛行機, としてはせめて, としてはまことに, としては全く初めて, としては確か, としてもこいつ, としても歯切れ, として合点, として米友, とちんちくりん, とても好ん, とほぼ, とも話, とを振替え, と別れ, と握手, と昔話, と申しまし, と行動, などが比較, ならば, なら任せても, なるもの, なんぞはそれ, なんぞは大した, にいわれ, にたわごと, につづい, にとっては全く, にとっては重い, にとって一方, にはこの, には奇妙, にめで, にも相当, によって風雲, に一月, に似通った, に何, に口, に対してこの, に対して申しわけ, に対し今日, に左様, に心服, に念, に感心, に懐かない, に抱えられ, に武勇, に比べりゃ, に聞かねえ, に自信, に見せる, に解ききれない, に逢つて, に重し, に頼まない, に飛びかかっ, のあたり近所, のいわゆる, のおっ, のする, のとりなし, のもてあました, の一命, の一徳, の一面, の両, の介抱, の伜綾之助, の催し, の凜, の勢い, の十八文, の口, の名誉, の土左衛門, の声, の売れ, の如き, の威力, の子分連中, の密告, の尻抜け, の差出口, の差図, の庭, の心中, の心持, の意気, の愚劣, の感触, の扱いぶり, の承認, の押売, の揮毫, の文字, の旅行, の日頃尊敬, の書いた, の来訪, の極力, の横面, の次, の武者修行熱, の死體, の気紛れ, の流儀, の淡々, の為す, の熱, の生命, の相棒, の真似, の知らない, の筆蹟, の罪, の翼, の股肱, の胆吹入り, の腰, の荷物, の蒙る, の行動, の行手, の西上, の見取圖, の親切, の言いつけ, の註文, の詩作, の講演, の足もと, の足許, の身体, の退却, の逢つたの, の針, の門, の面倒, の顏, の風上, の馬鹿囃子, の髪の毛, の魂, の鼻, はあぶない, はあぶなく, はあわて, はいかに, はいちだんと, はいつぞや, はいつも, はお仕着せ, はお湯, はお通夜, はかねて, はこうして, はこのごろ鰡八, はこれから, はこんな, はすっかり, はすました, はちょっと, はついに, はともかく, はどこ, はなんとなく, はめで, はもう, はやはり, はようやく, はよく, はグッ, はスラスラ, はズンズン, はフラフラ, は一, は一休, は一時, は三村道益, は上り口, は与八, は事, は人, は仔細, は例, は八枚肩, は冷静, は凱旋将軍, は十八文, は取る, は古事記, は名, は問題, は善光寺, は墨痕あざやか, は声, は好ん, は婉曲, は家, は密告, は屍骸, は峠, は当り, は得, は得意, は必死, は恐る, は恐縮, は悠々, は意地, は我, は手のうち, は手負, は折々, は早蕨, は月, は杯, は気, は気焔, は洗足, は物珍し, は狼, は瓢箪, は用心棒, は痛く, は相, は相手, は知らない, は突然, は窓, は立っ, は笑っ, は群がる, は聞きとがめ, は膝, は自分, は自身, は興ざめ, は舌打ち, は若気, は苦, は荒っぽく, は蕎麦, は衣裳, は見物席, は調子, は貧窮組, は身の毛, は遠慮, は適役, は酔眼, は酬恩庵, は金十郎, は長沼流, は面白, は頼まれ, は馬, へ行っ, ほどの者, までがその, までがつい, まで尋ね, もあまり, もいくら, もうれし, もお松, もお雪ちゃん, もこの世, もたいてい, もひょいと, もデモ倉, も一休禅師, も人, も仔細, も倒れ, も十八文, も可愛, も名古屋城頭, も喋りくたびれ, も多年苦心, も実は, も引き, も張合い, も日頃, も有志家連, も本業, も江戸市中, も無論, も考え, も降参, も駈けつけ, も鷹揚, や蔵園三四郎, よく參つた, よりお, よりは三文安, より上手, より少し, らしくも, らしく問い, をいたく, をお雪ちゃん, をかく, をそれ, をはじめ, をわざ, を一晩, を乘, を今日, を信じ, を全く, を刺す, を北国街道, を取っ, を取逃し, を呼びかけます, を呼び起しました, を呼んだ, を圧倒, を子, を庵室, を引張っ, を引張り, を待, を慰める, を手錠町内預け, を招請, を挟撃, を揉みくちゃ, を演壇, を産む, を知った, を米友, を胆吹山, を自滅, を虐待, を裸松, を見た, を訪れよう, を認め, を護つて, を買いかぶりました, を迎える, を連れ込んだ, ノ十罪, 外して, 来ると, 来れりという

▼ 道~ (926, 2.7%)

8 の姿, の方, は, もまた 7 が, の顔 6 の名 5 が何, はその, は自分, は言った 4 がその, のこと, のごとき, の言, はこの, はまた, はもう

3 [13件] であった, である, といえ, にすれ, のそば, の命, はここ, はさっそく, はすぐ, はそれ, はちょっと, は彼, もそれ

2 [54件] か, が自分, が都, が馬上, が高氏, だ, だった, っ, という男, という者, とおなじ, と左近, なる者, の, のあと, のいう, の人数, の兵, の列, の前, の声, の家来たち, の戦功, の招き, の無, の画像, の私邸, の耳, の胸, の降参, の領下, の頬, の馬前, はさらに, はすでに, はそう, はそこ, はなお, はなぜ, はなに, はなにか, はなん, は列, は急, は胸, は顔, は高氏, へ, へ言った, もこの, や左近ら, をし, を先頭, を名

1 [679件 抜粋] うらやましくない, おなじく秀綱, かさも, から, からじかに, からふい, から儂, から時信, から親しく, から訊きとる, があなた, がいぜん, がいまさら, がお, がお迎え, がかたる, がそこ, がそっと, がそも, がつねに, がてい, がどんな, がなにか, がの, がまた, がまだ, がみずから顔, がよい, がわざわざ, がホクソ, が二階堂, が伊吹, が使い, が備前, が先, が兵五千, が兼好, が出, が加盟, が告げた, が味方, が客, が尊氏, が屋敷跡, が幕府, が彼, が思う, が文使い, が日ごろ, が晩年, が柏原, が止めた, が炯眼, が犬追物, が獄, が真に, が笑っ, が約, が藤夜叉, が見え, が言った, が護送, が身, が近江, が近江佐々木, が返した, が途中, が道誉一流, が選ばれ, が鎌倉, が陰, が顔, こそは油断, すらもだ, すらもです, ただいま下向, ただちに対戦, だからの, だが, だけははしゃぎ, だったの, だと, だの上杉憲房, であったかも, であったこと, であったの, でさえも, でさえ日頃, ですら何, ではある, でもない, という, という人物, という人間, という法名, という資格, という魔, としては御, としてよほど, とすれ, とて好き心, とて妄念, とて往還, とて足利, とて鎌倉, とならん, とのはなし, とのふしぎ, との対決, との男同士, との関係, とはつきぬ, とはまだ, とは十年, とは宗家, とは昵懇, とは鎌倉, ともいわれる, とも申しはかっ, と争いたくなかった, と仰せられます, と会わず, と再三, と冥途, と別れた, と即日, と名, と土岐左近, と帝, と忠顕, と来, と清高, と秀綱, と話し合わん, と語りあった, と闘っ, などの顔ぶれ, なの, なる人物, にあらずん, にけがされた, にそれ, にたいして高氏, にちかい, にとっては後日, にとってもここ, にとり, にはそう, にはその, にはそれ, にはまんざら, にはみな, にはもちろん, には一貫, には妙, には存分, にまいれ, にむかっ, にも今, にも会わさず, にも会わぬ, にも義理, に一つ, に一言, に何, に先, に変り, に彼, に所望, に洩らした, に犯された, に申しつくる, に耳, に耳打ち, ぬけぬけと, のあ, のあの, のいたした, のうえ, のうしろ, のうまい, のおすすめ, のおも, のこころざし, のご, のさしがね, のため, のつら, のぬけぬけ, のぼだい寺, のまたぞろ, のみちびく, のよう, のデザイン, の一家臣, の一群, の一軍, の不審, の予見, の二タ股, の人柄, の仕方, の仰せ, の伝え聞き, の佐々木支族, の侍女たち, の催促, の分別, の助け舟, の口上, の口真似, の国元, の城府, の場面, の婆娑羅, の子, の客, の家来ども, の家来民谷玄蕃, の家臣, の寝, の寝所, の屋敷うち, の平服, の底意, の影, の心, の心入れ, の悪質, の意, の意志, の手, の手勢二, の手紙, の扱い方, の承認, の挑み, の暗示的, の書いた, の機嫌, の欲情, の沽券, の留守中, の留守城, の真意, の眼, の眼さき, の矢立, の称, の積良, の笑い黒子, の筆蹟, の答え, の聞え, の肖像画, の背, の船手, の蔭, の裏切り, の言い開き, の計, の許, の話し, の誘い, の調べ振り, の豹変, の責任, の途中, の還暦, の邸内, の野獣, の鉢金, の長い, の面, の領内, の館, の馬上, の馳走, の騎馬, の魔手, の黄母衣組, はあくまで, はあたり, はあっさり, はあの, はあらたまった, はいい, はいった, はいなかった, はいま, はおどろいた, はかろくさえぎっ, はけらけら, はこんど, はさ, はじっと, はすすめた, はすべて, はそらうそぶい, はただ, はだいぶ, はついに, はつつしん, はつまり, はつれ, はとうてい, はとめる, はとらえた, はどう, はどっち, はなおのこと, はなぐさめた, はにやにや, はねばねば, はのみこん, はぴらと頭, はふと, はべつ, はまだ, はやや, はゆずっ, はゆるやか, はわざと, はクツクツ内心, はドキ, は一同, は今朝, は仔細, は仰天, は何, は侍者たち, は元来, は先帝, は兼好, は制した, は刺された, は加えられ, は千種, は半身, は去った, は右馬介, は同族, は告げ終る, は唯々, は喧嘩, は坐った, は執り, は執権, は大, は大いに, は大庭, は始終, は宗家佐々木, は宮一党, は家臣一統, は容易, は宿場, は対, は屋形船, は席, は庭むしろ, は待たせ, は応酬, は忠顕, は思い, は懐紙, は懸命, は手, は早, は早く, は早耳, は時々, は杯, は次の間, は正面, は残り, は気負う, は水, は決して, は深更, は湯上がり姿, は激, は生駒山, は直義, は相好, は眼, は私, は立上がっ, は笑っ, は笑った, は純, は総, は羅刹谷, は腹いせ, は腹心, は腹心たち, は自室, は自身, は茶店, は観る, は言, は言い放っ, は言外, は誘った, は警固, は身, は軍目付, は近頃, は途上, は途中, は都ずれ, は釜, は閉口, は隠岐, は離さない, は面白, は鞍, は頬, は館, は馬, は駒, は高い, は高時, は黄, へその, への不審, への恨み, へは, へもそれ, へ依頼, へ告げたい, へ報じ終っ, へ数日前, へ渡せ, へ畏き, へ身, までが, までがたれ, まで報ら, もあまりいつも, もいつのまにか, もお, もおなじ, もお迎え, もかなわなかった, もすぐ, もです, もはや起き出し, もべつに, もやむをえず, もニガ笑い, も一切, も先帝, も兼好坊主, も加勢, も坐っ, も外, も左近, も彼, も忠誠, も急, も拙者, も探題仲時, も死, も疑うまい, も知り, も秀朝, も蔭, も諫止, も起った, も重, も高時, も高氏, も麾下, よく近江, らしいわ, をあまく, をうつろ, をお, をかばい抜いた, をしたたか, をひどくニガ, を中心, を乗せ, を以て当らしめれ, を呼び, を嬲った, を恨むだろう, を憎ん, を攻める, を数日前, を眼, を知る, を複雑, を見くらべ, を見たい, を訪う, を訪ね, を鵺, 忘れ難い

▼ 道~ (687, 2.0%)

7 ないところ 6 ある 5 あるが 4 ない, ない森 3 ついて, ないから, ない草むら, なかつたかの, なし, 狭に, 知って, 開かれて

2 [43件] あったもの, あつた, ありその, ありません, あるし, あると, あろうと, えらまず, おのづか, たどたどし夜霧たち, ないこと, ないの, ないので, ないのに, ないよう, ない山, ない崖, ない所, なき山路, なにも, また, よくなりました, ろとも, 一つに, 一様に, 不安と, 人が, 今は, 何も, 修行し, 同じだ, 家も, 文子に, 明らかに, 水に, 泥濘の, 眼に, 碌々に, 立派に, 胸底に, 遠いから, 開けて, 閑け

1 [551件 抜粋] あった, あったでしょうが, あって, あの中, あの人たち, あらざれば, あらじ, ありそれ, ありなむ, ありなん, ありましょう, ありますけれども, ありませんから, ありませんが, ありませんでした, あり夏, あり谷, あるあんな, あること, あるこんな, あるでしょうが, あるといふ, あるともかく, あるの, あるべき, あるまいに, ある人間, あれば, あろうに, いいし, いくらも, いちど通った, いったり, いつしか血脈相承, いつた, いまにも, いよいよはっきりし, えっちらおっちらです, えらばず闇, えらばず駈けあがって, おいそれとは, おざりませぬ, おなじこつな, おもしろかつ, お子, かえて, かかると, かなうまい, かなりに, かなりの, からからに, けだしここ, けだしこの, こ, このあたり, これ以上には, ございますが, さして遠く, さすがに, さすがは, さて行っ, しぶ, じぶ, すたれたもの, すべてが, せに, せの, そう遠く, そこが, そのあたり, そのほか, その到達, その真髄, それに, そろ, そんなに険しく, そんな意識, たいがいゆるやかな, たうとう, たくさんに, ただ尽天地これ俳句, ただ白かっ, たつた一本, たとうゆえ, ついもうそこ, つき同じ, とうとう決心, とざされて, とどこうという, どっかに, どぶ, ないあたり, ないかい, ないこの, ないただ家, ないで, ないという, ないとおもつ, ないまっ暗, ない世界, ない和気郷, ない山里, ない山間, ない峰, ない沢, ない為, ない甲州路, ない畑, ない真, ない竹籔, ない芦川原, ない草, ない裏山, ない谷間, ない迄に, ない道, ない闇, ない険岨, ない雑木帯, なお降っ, なかった, なかなか遠く, なきを, なき裏山伝い, なき高山, なくかえって, なくついに, なくつもれる, なくて, なくわれわれ, なく厚かましくも, なく扉, なく智, なく水, なく深き蓬, なく芝生, なく蔦葛, なく隠るべき場所, なければ, なさそう, なしと, なし三輪, のびやかに, はっきりしない, ほとんど同じ, ほとんど平ら, ほとんど登り切っ, ほろぼされようと, まがれば, またそう, またそれ, またもの, また一面, また世, また取広げられ, また名人, また屈曲窮まり, また新た, また狭い, また道得, まだまだ愚老, まだ武蔵野, まぶしくて, まよ, まるで泥海, むつまじくつと, もう此辺, もう決心, もとより悪い, もはや遠く, やがて乾いた, やはりそうした, ややひろく, やや平坦, ゆるやかだ, ようやく山道, ようやく嶮, よくなり, よく設備, よし便利, よし毎度馬, ろくにない, わからずそれ, わからないで, わからない位, わからない藪畳, わからなくて, わからなくなりましたから, わかりますまい, わざと北, わずかだった, アスファルトで, ジメジメした, ヘッセの, 一つであり, 一つである, 一帯に, 一年や, 一時は, 一条の, 一筋ある, 上ったり, 世を, 乾いて, 二つござる, 五時間前後の, 亦この, 亦取広げられ, 亦同情, 亦徳川時代, 亦祇園, 仄白く, 今よりは, 今日は, 仕込まれた, 何ちゆう, 何にも, 何んと, 余程有る, 作るなと, 修め得ぬ心地, 優しい心, 充分には, 全うする, 其通り十年も, 出て, 出来て, 分からないでは, 分らんから, 分りませんで, 初めの, 到底行われ, 剣の, 創作の, 区別が, 十分以上に, 千里潜行とも, 半ばできかけ, 半ば神道の, 半丁先, 単純でありません, 危ない, 厭はず好奇心で, 同じくその, 同じこと, 同じやう, 同じよう, 同じ六波羅, 同じ音, 問題に, 四通八達し, 困難じゃ, 地図に, 坂も, 坦々として, 垣も, 埋れるばかり, 堤から, 塞がれて, 塞ぐばかり, 多すぎる, 夜が, 夜を, 夜更け, 大きな穴, 大きに捗取っ, 大きに捗取つ, 大きに楽, 大に, 大事だ, 大分で, 大抵乾い, 失ったよう, 奥州街道から, 好きだ, 妨げて, 孝悌仁義より, 学んで, 学者の, 宗助も, 容易に, 少しずつ, 尽き土人, 尽さずして, 屋根も, 展い, 展けて, 岩膚も, 嶮しくなる, 嶮峻巍峨たる, 左へ, 己だに, 平凡である, 平次には, 幾十里か, 広く下り坂, 庭も, 当り前の, 当然新た, 往来を, 得て, 心得ては, 心得ぬいて, 心細いが, 忍びやかに, 忘れと, 忘れ時間, 思うまま, 思う存分飛ん, 急に, 恍惚たる, 悟れず技, 悪いが, 悪うござん, 悪くて, 悪くない, 悪し板鼻, 惡く, 慈悲も, 我を, 手を, 拓ける, 捗取らず野州路, 捗取りませんので, 探れませんから, 改修され, 教えも, 文学の, 断絶したる, 早いが, 明き細いながら, 明くむかし, 明るいに, 明るかった, 明るくなっ, 明るく家々, 明るく展, 昔の, 暗い, 最早絶え果てた, 有平糖細工の, 服丹餌丹の, 杖も, 来たと, 来ないうち, 果取, 案じられるので, 案外よく, 案外乾き, 楽に, 欠けぬと, 次第に盛, 止りますが, 此等の, 武士の, 歩いて, 歸る, 殆ど無意識の, 母性愛も, 気持ちよく捗っ, 水の上も, 水底に, 求めねば, 決して一通り, 決して楽, 汽車も, 沢山あります, 河も, 治国の, 波の, 泣き叫び乍ら, 洗われ上, 洪水の, 流石に, 浪の, 湖も, 溝も, 溯って, 漸く覚束, 激流と, 灯も, 灰色を, 無い林間叢裏, 無くな, 無気味でした, 牛の, 狭くなっ, 狭く前途, 狹に, 玉を, 生きる道, 申したごとく敵, 町人道も, 登りへ, 白く乾い, 白み渡って, 百姓道も, 盡き, 真っ赤に, 知らず, 知らぬ術, 知らん, 知れないから, 礼も, 神々しさ, 神主たちには, 神仙道も, 空も, 窮まったかと, 窮達の, 立ちます事, 立てと, 第一, 管である, 築かれて, 細い杣道, 終いに, 終りかと, 絶えたる, 絶えな, 絶え果てかりそめ, 絶え果てて, 続いて, 群集が, 能く, 腹だ, 舗装された, 花ふぶきが, 苦に, 草も, 荒廃し, 落ち合って, 藪も, 行かなくちゃ, 行き眠らずにも, 表へ, 衰えたの, 西へ, 要するに儒仏以外, 見えずしげりて, 見えないくらい, 見えない心地, 見えなくなった, 見えなくなって, 見えなくなるまで, 見える, 見つからないだろうという, 見出しうべくも, 見出しにくい, 見分の, 覚えて, 覺え, 誤たず珠, 諦めて, 諦らめて, 謂は, 辨へ, 辿らねば, 辿りつづけて, 近いさ, 迷うよう, 迷わず漸く, 追ひ剥ぎ, 逍遙子が, 通うて, 通じたので, 通つた, 通れぬほど, 造られつつ, 進化しなけれ, 運動に, 道, 道楽も, 遠いし, 遠くなし, 遠しと, 選べる, 金次第なり, 長いし, 閉鎖され, 開かれた, 開かれない, 開き得る, 開けぬ時代, 開ける, 開けるだろう, 開けるの, 開け若君謙之進, 開らけて, 随分ある, 離れて, 難渋と, 難渋なり, 難路だ, 雪解けに, 電氣も, 風雅に, 香薬師も, 骨が, 鬼の

▼ 道庵先生~ (677, 2.0%)

10 のため 8 はこの 7 が, であります 6 のお, の方 5 が急, です, の如き 4 がこの, がまた, のこと, のところ, の屋敷, はそれ 3 が何, その人, でありました, の声, の家, はいよいよ, はお, は自分, ほどのもの, もこの

2 [49件] からお, がここ, がすっかり, がどうして, がハイキング, がハタ, が少しく, が御, が知っ, が米友, が舌, だと, でしたから, ともあろう, と仙公, と米友, にお詫び, に向っ, に親炙, のハイキングコース, の一行, の世話, の人格, の力, の古屋敷, の姿, の寝, の挙動, の評判, の身辺, の近況, の門, の隣, はいい, はここ, はこんな, はその, はちょっと, はもう, は今, は何, は本来, は相, は親方, もその, もまた, も一時, をし, を訪れました

1 [466件] いかに博学, いかに神医, いかめしい咳払い, いささか得意, かと思っ, からであります, から一伍一什, から小, から当家様, から教訓, か知ら, がいい, がいかなる, がいたずら者, がいちいち, がいよいよ, がお, がおもむろに, がお湯, がかねて, ががんりき, がこうして, がこっち, がことごとく, がこのごろ, がしかつめらしく, がしゃしゃり出, がすでに, がたずねます, がちょっと, がつれ, がどんな, がひょっとこ面, がふい, がふらりふらり, がもう少し, がやかましく, がよせ, がソクラテス, がドンキホーテ, がノコノコ, がバネ, がファッショイ共, がムッ, がムラムラ, がヤレ, が一転, が一途, が不憫, が乗っ, が今, が今晩, が全く, が出現, が初, が初めて, が十八文十八文, が名古屋, が呼びかける, が呼び止めました, が呼ぶ, が嘲笑った, が囃す, が壁, が夢心地, が大, が大喝一声, が大声, が大工, が好き, が寝ぼけ, が居合わせなかった, が居眠り, が屋台, が引張り出した, が思案, が憤慨, が投げた, が控え, が握り締める, が日蓮上人, が早く, が東, が気がつきました, が特別, が生活, が立ち上った, が答えました, が縁側, が縦, が聞く, が至って, が芝居小屋, が苦心惨憺, が茅町, が被害者, が見, が見かけ, が言いました, が言下, が足, が躍り上りました, が通過, が酒, が酔眼, が野郎, が関ヶ原, が頑として, が頬ぺた, が飛び上っ, が首, が馬, が馬上, が鰡八大尽, こうして首尾, こそはまさしく, こそは実に, この型, しきりに強がり, しきりに胴, じゃございません, その鈴木千七郎殿, たるべき身, だからとて, だけがこの, だけが急, だって, だって責任, だという, だな, だの中川, であったという, でありましたから, でありましたの, である, であるべきはず, でさえが友さん, でさえハイキング, でせっかく, でなくって, でね, ではある, ではない, ではなかっ, ではなく, でも居合わ, でも踏ん, で本業, で通っ, という, というところ, といえ, とおっつかっつ, とお雪ちゃん, とか盲法師, とが表, としてはそれ, としては平常, としては詰らない, としても米友, とだけで, とても必ずしも脱線, とても行, とは別, とは熟知, とは至極, とは違い, ともあるべき, と僧形, と全く, と受取られる, と同じ, と心得, と期せずし, と申される, と相対, と米友公, と聞い, と聞け, と離れ, などの近寄るべき, などもそれ, なの, なら心配, なりとはいえ, なるもの, なん, にきまっ, にこの, にしろだ, にその, にとっては今, にとっては誂向き, にどんなに, には敵, にも一目, にも解せなかった, に会っ, に傾倒, に先, に対して特に, に対するとは打っ, に対する興味, に引添, に手, に持たせる, に敬意, に於, に期待, に相違, に縁, に薬礼, に見せ, に見届け, に見破られた, に言葉, に診, に話, に語っ, に語る, に誡め, に説い, に調合, に限る, に頼まれた, に頼め, の, のあと, のおかげ, のお供兼用心棒, のお節介, のこれぞ, のさらわれた, のすぐ, のとも, のほか, のまじめ, のみは相, のよう, のウトウト, のハイキング, の上, の不在, の両, の主義主張, の九死一生, の人徳, の余憤, の働きぶり, の先, の処方箋, の出る, の勘, の危ない, の危急, の受けた, の合の手, の命, の大, の大御所, の大音, の宗五郎気取り, の宿元, の席, の庭, の後ろ, の従者, の得意, の御見舞, の意気揚々, の手錠, の持て, の指, の揮毫, の旗風, の来り, の枕許, の横っ面, の武勇, の気象, の潮吹, の為す, の百両, の目, の真骨頂, の筆, の絶体絶命, の羽織一枚, の腕, の自己感激, の舞台, の芝居なんざあ, の行動, の許, の説, の謦咳, の跡, の踊りぶり, の身の上, の身代り, の身体, の身寄り, の返答, の酔い, の野上, の野郎, の閲覧, の隣席, の雲助, の露骨, の面, の面目, の頭, の駄々, は, はああ, はあわただしく, はいずれ, はお松, はこう, はこうして, はこれ, はこんなに, はそのまま, はそれでも, はそんな, はちっとも, はどう, はどうして, はどうも, はどこ, はぬからぬ, はぬきさし, はまた, はまだ, はやや, はよけい, はわざと, はダンジリ, はニヤリ, はハタ, はフラリフラリ, はプンプン, は一, は一足お先, は丁寧親切, は不日, は両国, は事実, は仙公, は例, は健斎老, は八畳, は別, は友達気取り, は囃子方, は大, は太平楽, は子供たち, は宵, は宿, は宿屋, は小男, は帰っ, は幽霊, は店先, は座敷, は悠然, は慈姑頭, は戸惑い, は折れた, は抜からぬ, は故, は昌平橋, は有名, は柔術, は柳橋, は正式, は気取った, は江戸ッ子, は泰然自若, は火, は玉屋, は百蔵, は福島, は立ち, は笑っ, は米友, は羽織, は老い, は能登守, は腹の中, は臥薪嘗胆, は薬草, は裸体, は起き, は躍り上っ, は軍医正, は軽井沢, は途中, は門前, は雲助, ばかりであります, へお話, への義理, への薬礼, へ武者振り, ほどにそれ, までお, までが急, まで行っ, もいい, もいささか, もここ, もそれ, もやっぱり, も与八, も人間, も危急, も少しく, も情, も決して, も直ぐ, も退, も面, よりもう少し, をお雪ちゃん, をこうして, をつかまえ, をとりなし, をとりまい, をなやませました, をまた, をテコ, を主賓, を困らせ, を困らせる, を座敷, を引き上げ, を引っぱっ, を待, を待合せ, を得, を手放したくない, を扱い, を敵, を文字通り, を木曾川, を桝形, を程よい, を見, を見出しました, を見失い, を訪れ, を買いかぶっ, を金持, を頼っ, を頼む, を頼ん, を首肯, 久しくお, 多少名古屋, 少々おとなげ, 御推賞, 抜からずこんど, 見上げると

▼ 道~ (621, 1.8%)

30 あつた 7 あつて 6 あらう, 逢っても 4 遊んで 3 ござります, ござりまする, 一人は, 出会って, 同じやう

2 [35件] あらうと, いえば, お心, そして私, みんなに, 一人の, 一緒に, 今の, 会えば, 会ったが, 会って, 会っても, 会わねば, 何度も, 俺の, 僕が, 先生に, 出逢うと, 出遇, 子供たちが, 左手の, 年頃の, 彼は, 教えるよう, 日が, 私の, 納豆売の, 臥れ, 落して, 見た二三本, 見て, 訊問を, 逢ったとき, 逢って, 逢つても

1 [483件] あいつが, あうたび, あちこちで, あつたの, あつた語學教師, あつて孔子, あなたに, あらうが, あらうとも, あんなに駈けさせる, いう一間, いきなり肩, いっしょに, いつもと, いやな, いや一向, いろいろと, おじいさんは, おっかねえと, おまんま, お拾い, お母さんの, お目にかかったじゃ, お逢いし, お連れの, お雪, けがを, こ, こっちを, この前後, この機会, この足袋, この馬車, これも, これを, ころんで, こんがらかる, ござえますから, ござりましょう, ござりますれ, さかなの, さみしい, さア, しかたが, しかも砂氣, しくじる危険, しろつぽい, じりじりと, すぐ目, すれちが, すれちがう誰彼, すれちがったとき, すれちがった唯一, すれちがっても, すれちご, すれ違, すれ違つた, せう, そこは, そのギザギザ, その一人, その先, それから桑畑, それに, それを, そんな事, たおれたん, だれが, つき当たったの, つまずいて, でも, ところどころ風, とても危ない, どう云う, どれほど色んな, どんなに多く, なし我, はござりませぬ, はじめさんは, はっきり記憶, ひとりの, ひどい災難, ひどく困らされ, ひよつくり出, ひろったという, ふつうの, ふとある, ふと気, ふと目, ぶつかった, へて, まき狂ふ, また耶蘇孔子以後, また葬式, まわり道を, みがいたん, むしろ今, もし出合頭, もっとも古くから, やっとめぐり逢った, やはり手錠, ゆきあふ人々, ゆくしか, よいの, よい道, よく見かけられた, よく逢います, わたくしに, わたくしの, わたしたちはさえ, アスピリンを, アルコールの, シュッシュッと, シロを, スレ違いさま, トラックは, ナイトキャップの, バタリと, パッタリ行き逢った, パリイの, ビールを, プレーバックの, ホラびっこを引いた, ボールを, モモンガに, ルーズリーフの, 一しょに, 一太の, 七八十尺切立て, 三島の, 三道の, 下栗まで, 不意と, 与茂七さん, 丘の, 両岸, 主人に, 争って, 二上山の, 二本差した, 二童子に, 二郎が, 互に頼り, 五六歩行く, 五時半に, 京都に, 京都へ, 人に, 人は, 人手に, 人生を, 人通りは, 人通りも, 人間らしい, 仁科六郎に, 仲間の, 会いました, 会いましたところ, 会うた男, 会った, 会ったこと, 会ったり, 会った人, 会つ, 伸子は, 何か, 何処へも, 何物にも, 作られて, 信州の, 借金取りにでも, 偶然に, 僅かに, 働いて, 光一に, 六時少し, 冒険を, 冬子に, 出あうと, 出あうという, 出あったきたない, 出あった村, 出あふ人, 出くわしたらどう, 出くわした野獣, 出会い頭に, 出会う島民, 出会ったという, 出会った乞食少年, 出会った人, 出会わさ, 出會, 出逢, 出逢った, 出逢った喜美子, 出逢った彼, 出逢つた孃子, 別にまた, 別れる時, 別懇に, 割合に, 助けられた其の, 化されたの, 卓一に, 又悪者, 双方は, 口を, 叩きあげた玄人, 叩き上げた女, 右側は, 右門も, 名を, 名高い泰澄, 向の, 吹雪に, 吾妻川辺に, 吾家が, 呉服屋も, 周囲には, 四万へ, 四五回も, 土人どもに, 地面は, 垂, 多勢の, 夜が, 大型ジープでも, 大池の, 夫婦で, 女どもの, 好いので, 好意的に, 妙な, 妻と, 姿を, 娘を, 孤軒老師に, 学校の, 宇都宮, 実は福慈岳, 実戦に, 寄って, 寺の, 専門家という, 尋常六年生くらいの, 小さい子, 小林さんと, 小諸町へ, 尚ぶところ, 山から, 左右が, 左右は, 左様じゃ, 帝釈さまの, 帰えれる, 幾らも, 幾度も, 度々出遇っ, 彼女に, 往きあった時, 待ち受けたわい, 待つこと, 後を, 得ためずらしい, 御贔屓, 忘れて, 急勾配, 悪い胡麻, 愛だった, 我らを, 我を, 戦うの, 手を, 手間取って, 打ちひしいで, 折衝してる, 抜けて, 拾ったという, 拾ったとも, 拾った酒菰, 拾った針金, 拾って, 拾ふと, 挨拶を, 探すとき, 撮る, 擦れちがったこと, 擦れ違, 改造社の, 攻めるに, 故郷の, 数カット, 敵手を, 斃れ, 文吾は, 文房堂により, 日ごろの, 日や, 日本の, 日本海に, 是非なき, 是非彼処, 暇に, 暮して, 曲ると, 曲折の, 會つ, 有るまい若し, 朝九時に, 朝陽出ぬ, 木の根が, 松林伯知先生の, 柿は, 楊州唯一の, 榛門の, 樹の, 此は, 死んでしまつ, 殺されかけたの, 毎朝納豆売の, 永い歳月, 汗が, 汽船に, 沼津の, 洋車は, 活かすべきでは, 滑り転ん, 漢口まで, 漸くそこ, 灸の, 災難に, 無いこと, 煮豆やへ, 熱心に, 父親は, 爽やかな, 片側に, 物に, 特別の, 犬を, 王仁に, 生きるは, 生れたと, 生家の, 田地は, 申せば, 男女の, 異相の, 白い浴衣, 相當名, 相通じ, 真先に, 真正面に, 真犯人が, 知人に, 石ころの, 石を, 社会に, 神山東洋に, 福島の, 私は, 立ち止つて他, 立ち話を, 立つこと, 立つつもり, 立つて, 立つ家, 米汁の, 網を, 義貞は, 考えました, 聞いたが, 聞いても, 聞きますと, 聞き塗, 脱皮し, 自分に, 自動車が, 自動車と, 自動車に, 自殺を, 自滅する, 自転車と, 芭蕉でも, 苗木栽培地の, 若いおかみさん, 苦労し, 苦労した, 苦労の, 苦勞し, 草の, 落した覚え, 落としたの, 落としたん, 落栗を, 藤堂さんの, 蠢いて, 行きあうよう, 行きあったので, 行きあった紳士, 行き会った, 行き合った, 行き合ったらそれ, 行き合っても, 行き會, 行き逢うこと, 行き逢う人, 行き遇うと, 行く先に, 行く手に, 行客を, 行逢う, 行違った, 裸の, 襟治により, 西側には, 見かけた犬, 見かけるが, 見たスタイル, 見れば, 親は, 誰かが, 誰が, 警察の, 谷中から, 貴方に, 貴族の, 赤いポスト, 赤泊より, 足跡は, 身を, 身知らぬ, 車が, 車の, 車を, 轢死人でも, 農園を, 迎え克服, 返す方法, 追剥に, 途中から, 途中に, 通例曲折の, 逢うただけの, 逢うた百姓, 逢うても, 逢ったところが, 逢つたら, 逢つた学校子供は, 逢つてお, 逢ふて, 連れの, 遇つた友人に, 遇つても, 遊で, 道幅も, 道路工事を, 道連の, 遠大な, 遭おうとも, 邂逅った, 郵便配る, 酒を, 里の, 銭を, 錢形平次は, 長い間隧道内, 長篠驛下車驚くべし, 青草束を, 非常な, 非常に, 音次に, 頭上に, 食べ食べ来, 飯を, 馬の, 馬を, 馬車は, 髪は, 鳴り出すそれ, 鳶にでも, 鹵簿の, S子の

▼ 道~ (540, 1.6%)

26 出て 21 出た 11 出ると 7 向って 5 入って 3 それて, 帰って, 消えて, 走って, 進んで

2 [39件] いそいだ, お帰らせなさる, かかって, かかる, かかると, さしかかった, すすんで, でると, はいって, 來かかれ, 入った, 入りました, 入りました処, 出たん, 出た時, 出ない, 出ようと, 出るとき, 出る事, 出ろ, 取って返して, 向けて, 姿を, 小戻り, 平次は, 引き返しました, 引返した, 急いで, 戻って, 捨てて, 来か, 歩いて, 自分達は, 自動車を, 落として, 行った, 行って, 道から, 駆け出そうとして

1 [377件] あけるので, いざなって, いそしむにも, いって, いやおうなしにぐんぐんと, いれて, おっぽ, おはいり, おみちびきくださいまし, おもむかしめない絆, お帰り, お這入りなされ, お集り, かえたもの, かえって来た, かえって行かれる, かかった, かかったか, かかったとき, かかったら馬, かかっては, かかろうと, かけこみました, かけだそうと, かけちゃ, きた時, ぐれて, このまま, さしかかって, さしかかりました, さして, さっさと歩き出しました, しづかに, しばし別離, すなわち呉, そのほか, その子, その藪, それず山科, それぞれ備えを, それた, たとえば西行, たとへば西行, つながって, でた, でたところ, でて, でましたね, とびあがったとたん, とびだした, とびだしてから, とびだすと, とび出したとき, ながれ出した, のたり, のぼったほう, のぼった方, のぼって, のめったり, はいったという, はいっても, はいりかけると, はいりこんで, はいりました, はいると, はしりかけた, ひたぶる目ざす, ひっかえして, ひっかえす気分, ひッ, ぽつぽつ落ち, ぽんと, まがったらぼくら, まがりこんで, ましぐら, まっしぐらに, まわって, むかって, やって, ゆく私, わかれて, わざわざ師匠取り, われ知らず足を, ジコー様へ, ステッキを, トボトボと, バッタリ死体を, ペタルを, ポツリ人影, ムリに, 一里半行け, 上った, 下りそこ, 下りにか, 乗りかえましょう, 乗り出して, 二人の, 二十二町黒薙温泉へ, 五分貴女と, 人々を, 來て, 倒れて, 先廻りを, 入つて行, 入つて行つた, 入られた, 入られるには, 入りかけて, 入り発見, 入り込んで, 入ると, 兵糧を, 出か, 出かけたの, 出ずに, 出たと, 出たので, 出たら林道, 出たトタン, 出た五助, 出た方, 出た気, 出ても, 出ないでございますいっそ, 出なすったので, 出は, 出ました, 出ようとして, 出られれば, 出る, 出るか, 出るが, 出ること, 出るつもり, 出るところ, 出るので, 出るまでの, 出るまでは, 出る暁闇, 出る積, 出る積り, 出る角, 出る近道, 出れば, 出掛けた, 出発しました, 出発しよう, 出遇うまでの, 切れて, 別れて, 別れると, 別荘とかを, 動いて, 匍い出した, 匍い込んだら, 去りぬ, 去る, 去れば, 取って返しました, 取って返そうと, 各地の, 向い出して, 向うと, 向えば, 向かう, 向かった, 向き直り杖, 向った, 向ったが, 向つたが, 向ふ, 向わせあと, 味方の, 呼び戻す, 堕さうと, 堕ちて, 外れたの, 外れて, 外れるところ, 外れる曲り角, 外れ込んだ, 大幅に, 子だ, 導くこと, 導くの, 小さくなっ, 小さくは, 小犬の, 小走りに, 少し入り, 岐れた, 差しかかろうと, 差し出て, 帰るが, 帰ると, 帰るの, 帰ろうと, 平氣, 廻ったという, 廻国の, 引きこんで, 引き戻されて, 引き戻して, 引き込んで, 引き返した, 引き返して, 引き返しに, 引き返すよう, 引き返そうと, 引っぱり出すだけの, 引っ返しこれ, 引っ返した, 引っ返したが, 引っ返した様子, 引っ返すこと, 引つ返して, 引ッぱり出した, 引上げる, 引返して, 強い真理, 後戻りを, 志したといふ, 忙が, 忽ち伝騎, 急がせ後, 急ぎ出した, 急ぐと, 懸る, 戻りかけた, 戻ろうと, 手を, 打つけた, 折れくねくね, 折れたもの, 押しこんで, 押し返されて, 持ち出さないよう, 捨てなさい, 探偵団の, 散って, 方向をと, 日本左衛門を, 曲った角, 曲った頃, 曲りこんだ, 曳いて, 来たとき, 来たの, 来たわけ, 来ると, 横たわり行く, 横に, 歩きこんでから, 歩き出しながら, 歩き出すこと, 歩みかけた, 歩みを, 歩み入った, 歩んで, 波を, 注意を, 深く入れよう, 狂奔に, 現れブナ林, 現われた, 生暖, 登った, 目を, 真っ直ぐに, 着いた彼, 移った, 移つて行く, 突き出して, 突っかける, 立たせて, 立ちふさがった, 立って, 立つて, 第二, 精進の, 繰りだす明方, 續いた, 置きに, 聞えて, 落したの, 落ちずに, 落ちたもの, 落ちようと, 行く, 行くと, 行くところ, 行こうお前, 行ったの, 見送った, 誘惑される, 誰か, 走らせた, 走らせること, 走りだした, 走り去りました, 走り込んだが, 走ろうと, 赴かせられるの, 足を, 跳ね戻り犬, 踏みこんだの, 踏みこんだ奥山恩, 踏み出した, 踏み出す決意, 踏み込もうと, 踏み込んだら最後, 踏込むで, 蹌, 蹲居った, 躍り出た, 身も, 身を, 転換させよう, 返して, 返って, 迷れ出た, 追いやったの, 退却し, 送り帰らせ, 逃げて, 逃げるん, 逃げ出した, 逃げ出したが, 這入った, 這入って, 這入らうといふ, 這入るよう, 這入ろうという, 通じて, 通じる松原, 通ずる路, 通って, 連れて, 進ませたの, 進ませた結果, 進みたいと, 進みたがるので, 進み行かせるの, 進むとして, 進めようと, 進んでること, 進発した, 逸れて, 逼ひ, 遁れた, 遁れ出, 運ばせて, 道へと, 還ると, 釘を, 降りた, 降りると, 階級的立場を, 雪の, 雪崩れかかりました, 飛び出して, 飛び込んだわけ, 飛んで, 飛上る, 飛出して, 飛込んで, 馬を, 馳せ下って, 馳せ向った, 駆け出そうと, 駆りやる喇叭, 駈けて, 駈け出します, 駈け去ったの, 駈出すまでに, 駒の, 駒を

▼ 道~ (449, 1.3%)

6 云ふ 4 すべきは, 云えば, 心得て, 考へて 3 いうと, いって, するところ, なった, なる, なるの, 呼んで, 岐れ, 法とに

2 [33件] いう, いえば, いっても, いつて, いへば, する, なせば, なって, なつた, なりあるいは, なりどくだみ, ほりたり, ヤブの, 云うの, 云ふも, 信じて, 山陰道との, 心的な, 思って, 書いた布, 書いて, 知れ, 称して, 空との, 考えるの, 船喰虫, 芝生の, 行く道, 見えて, 見し川, 言ふ, 通じて, 離れて

1 [334件] あきらめて, ある, ある方, ある石標二つ三つ, ある藤, いい得ないであろうか, いい骨折りと, いうでも, いうので, いうものの, いうより, いうよりも, いかにも, いつたの, いふを, いま自分の, いわず畑, いわず石, いわれる所以, おってぬけ, おのが, おぼしき大道, おりこの, おりと, お杉, お近, かの平民毛谷村六助, こころえて, さうし, さとり並居たるを, さへ, さらりと, された, し, した, して, しるせる碑, し大, し彼, じいさんの, じっと時雨, す, すかも, すぐそこ, すすき原とを, すべきこと, するならその道, するに, する一種, する事, する兵法, する商人, する所, する身, する道, すれ, すれば, せんこと, そうしてのがれ, そうでない, そこの, その姿, その精神, それに, それほどちがった, それらの, ちがって, ちょうど合う, てない裏山裏谷, であった, どういう必然的, どうして逃げた, どこに, どちらが, なすこと, なすに, なってる所, なつて, なり, なりそういう, なりたれば, なりて, なりは, なり四道五道, なり奕, なり延々十数里, なり朕, なり河沿い, なり西, なるが, なるであらう, なる訳, なんだ, にしき絵の, はなしに, ひくい白い家, ぴったり来, ほぼ一致, ほりけり, また山上, やまとだましい, やや類似, よく似, わかれて, オデンヤぐらゐのものではないか, カンチェンジュンガの, カーチェハカンへ, キツネうどんを, キリスト教, サンチヤゴへ, スキーの, ナンギイコル, ニヴェルの, パロアスの, プルーストの, 一しょに, 一つの, 一ツに, 一時に, 一脈相通じた, 三つが, 三ツ並べた, 三味線や, 世間一部の, 両立しない, 並べたら更に, 並行し, 並行に, 丹道とは, 事々しく云, 二なき, 云い得ないであろうか, 云う, 云う号, 云う小さな, 云う海岸町, 云えるであろう, 云ても, 云ひます, 云ふと, 交つてダラ, 交つて直ちに, 人間の, 仏教とが, 仕事の, 仲の, 何の, 何等かの, 佛とを, 侠客肌を, 信じささやか, 備中高松からの, 入口へ, 分れるところ, 分れ左, 別れこの, 別れて, 別れ向岳寺の前, 力は, 北から, 千住から, 古風な, 各図書, 合してから, 合し橋際に, 合する, 合するらしく, 同じくナイト, 同じく南方シナ精神, 同じこと, 同じだった, 同じである, 同じよう, 同種の, 名づく, 名づくる, 名付ける間, 呼ばれた地方, 呼びます, 命名を, 嘆かれる, 器とが, 器との, 四国を, 地道との, 坂ばかり, 変らない様, 変わらない嶮, 外面的には, 大きい建物, 大時計, 太一遁甲の, 女としての, 好まない道, 妄愛の, 存ずる, 學との, 宗助は, 宗教, 実生活の, 家と, 山へ, 山林に, 山陰道を, 嶮峻な, 川と, 川波の, 平安のと, 平湯に, 平行した, 彼は, 彼方此方で, 御諦, 徳とを, 心得また, 心得られて, 心掛けること, 思い誤られやすい, 思う, 思うの, 思うよう, 思えば, 思われますが, 恋との, 恋愛と, 愛との, 感じそれ, 我とを, 折れた草, 救ひ, 教えられて, 新たな, 方法とを, 易道と, 時刻の, 書いた傍示杭, 書いた杭, 書かれて, 有名な, 有明の, 梓山道との, 棧橋の, 楓の, 武士の, 毎日まわっ, 河との, 河の, 油田を, 為すべき事, 爲した, 爲す, 物が, 田の, 申して, 申します, 申しますの, 申すもの, 申すもの両刀, 異なった一つ, 異なって, 百姓道, 目標とが, 直角に, 相映じ, 相矛盾, 相談し, 真赤に, 眷族の, 知られた, 知りながら, 知るほどの, 祝言も, 神の, 私の, 秘密の, 称するは, 称する彼等, 稱し, 空地と, 結び合って, 考えて, 考えては, 考えられて, 考えること, 考えるので, 考へられた, 聞いて, 職業を以て, 自分とを, 良く調和, 藤川の, 號した, 西保道と, 見えましてね, 解する若い, 言うの, 言うべ, 言えば, 言っても, 言ふべき, 言われないこれ, 記されて, 記せり内, 訳しては, 読むの, 謂つた様な, 謂ひ, 謂ふも, 趙州和尚は, 軒の, 較べて, 辿って, 逃げ方, 逆行する, 通ずる点, 連れだって, 運河の, 過去の, 道でない, 道との, 道とは, 道を, 道教とは, 道泰とが, 違って, 遠い人里, 選って, 部面とにおいて, 長瀬越え, 關り, 限定され, 限度は, 題して, 黒い嵐雲

▼ 道から~ (276, 0.8%)

5 道へ 3 云えば, 横へ

2 [11件] いえば, これも, それて, 一台の, 出て, 外れると, 崖の, 帰って, 折れた山の根がた, 見て, 顔色を

1 [243件] おまわり, お帰国, かえろうと, きた道徳, きて, こう行かなけれ, ここへ, この夢窓国師, この大津, これくらゐ, こんな形, さらに凹んだ, しだいに遠のい, して, すこしく高い, そこを, それた蘆, それを, そッち, ちょいと, ちょっとはいった, ちらちらと, つけろか, であった, である, ながめられた, はずして, はや, ひびいて, ぴょいと小川を, ふたりは, ふと向う, ほやほや湯気が, やってくる内海, やってくる畳屋, やって来たかに, よく見える, わかれて, わたしの, わりに深い, アネサの, キリスト教に, サッポロに, サヤサヤと, ハネカーの, ポンポンと, 一メートル以上も, 一人離れ, 一挙都を, 一段低い, 一町ばかり, 三四歩燒跡に, 三町位は, 上げたとき, 上って, 不意に, 両側に, 二里ほど, 云うと, 云う時, 云ったって, 云へば, 人の, 來る, 俊秀を, 停車場に, 先まわりを, 先廻りし, 先廻りを, 入ったか, 入ったの, 全く見えない, 六百尺へ, 共産主義に, 共通な, 内海を, 再び外, 出たの, 出る方法, 出発し, 出羽津輕及び, 初めて木曾福島, 別たれる, 剣を, 十メートルばかり, 南の, 印度総督邸の, 参りましたの, 参ること, 又もどった, 取り上げて, 右に, 右へ, 吾妻山脈を, 呉へ, 呼びかける, 問題の, 四五間南に, 土手に, 土手の, 埃っぽい, 堕落しない, 場へ, 境の, 声を, 外れそう, 外れた者, 外れて, 夜な, 大悟し, 大量殺人を, 奥の, 奥へは, 女らしい白い影, 姿を, 宮裏の, 家の, 寺へ, 寺までの, 少しは, 少し入, 少し離れ, 少し離れた, 山の上へ, 山内と, 山深く, 崖下へ, 左に, 左手に, 巧みに, 巨き, 市街地に, 帰りの, 帰れないの, 幼い子供ら, 廻って, 引っこん, 彼女を, 往還へ, 急いで, 急角度, 慰みに, 戻って, 折れて, 抜け出ること, 拒む貧困, 拵えて, 救われるべき, 散歩の, 斜面に, 春照からの, 時計屋敷の, 望み見るが, 杉坂を, 村の, 来た山内, 来るお, 来るか, 林の, 森に, 森の, 森を, 正しい方, 永遠の, 江戸へ, 江戸橋へ, 湖の, 潮の, 無想の, 物ずき, 狭い道, 現れる姿, 生じると, 生命を, 申しますと, 男山へ, 町へ, 畑道へ, 眺めたよりも, 眺めた風景, 石見川ぞいに, 研究を, 碓氷を, 神戸に, 立ち去って, 管理人が, 篠や, 経済的に, 緋おどし, 習熟せられ, 聞いた, 脱する力, 脱れてる, 自分は, 自動車の, 若い男女, 葉巻の, 行くの, 行って, 行つたなら, 行つても, 街道へ, 西塔講堂を, 見える寺, 見たの, 見出して, 解放された, 言っても, 評論の, 話の, 誰か, 足音かるく, 跳ね飛んで, 込み入って, 近くの, 追ッ, 逃げだして, 逃げようと, 逃げ出すよう, 這い出して, 進められ旗鼓雲, 逸れて, 逸れはじめた, 遊び人ふうの, 道を, 遠くまで, 遠く離れ, 遠すぎる, 重戦車, 鎌倉奪回に, 門まで, 閉め出し経験, 降りて, 離れた別, 離れた田, 離れて, 離れると, 露出した, 静かな, 響くカチューシャ, 馬車の, 高浜までの, 魏へ

▼ 道では~ (253, 0.7%)

39 ない 17 なかった 12 ないか 8 ありません, ないの 7 あるが 6 あるまいか, なくて 5 ありませんが, ないが 4 ありますまいか, ないかと, ないでしょうか 3 ありませんか, なかろうか 2 あったが, ありますが, あるけれど, あるまいかと, ないかね, ないと, ないのに, 備後に, 苦労し

1 [104件] あった, あったけれど, あっても, ありこうして, ありませんよ, あり原, あり得ない, あり得なかつた, あるけれども, あるし, あるまい, あるまいかといった, いわれて, おどろくべく古い, お榮, かれが, こういう別離, ございますが, ございません, ございませんか, ござるまい誰, さうし, そうは, とてもおぼつかない, どうしてもゼーロン, どうしよう, ないかいな, ないかしら, ないかとも, ないさぞ, ないだけの, ないだらうか, ないだろう, ないで, ないという, ないので, ないらしい, ないん, ないカンブーロン, ない初め, ない悪魔, ない真直ぐ, ない自ら, なかつたの, なかつた筈, なかなかの, なからう, なくただ, なくむしろ最も, なく一般世人, なく不平, なく簡單, なく自ら, なささうだ, よほど難渋, スピードが, 不義は, 丹波は, 伯父甥に, 但馬にも, 何うにも, 何と, 偶数の, 傷に, 別に小, 劇という, 史記漢書後, 同時に汞, 名和長年が, 囚人と, 大体に, 大切な, 女郎屋商売も, 子規門下である, 帳場はじめ朋輩へ, 強力な, 息が, 折々避難者, 捉まる, 救いが, 新らしく, 日本一の, 日蓮宗は, 油断を, 無いち, 無いと, 無く簡単, 無頼漢が, 知った人, 知られて, 知り合いでも, 紀伊并びに四國の, 素人の, 職神, 自分たちの, 艷やかな, 若い紳士, 誰でも, 足は, 躓いて, 車は, 逢う誰彼, 随分自分, 鼓草を

▼ 道には~ (222, 0.7%)

6 いって 3 人の 2 あらず, いると, どうしてもその, 一人の, 協ひ, 爭ひなし, 自動車の, 蛇が

1 [197件] あのスパルタ, いうかい, いくつも, いつくばりました, いつもの, いつ死ん, いま秋草が, いらうか, いられる様, いること, いるため, おのおのの, おぼろげながら, くたびれが, こういう痛切, この二重, こりこりしました, さる所, しばらく人影, すっかり雪, そういう目, そここ, そのよう, それきり出た, だしと, ちらほら梅, づれたことをしたり行きすぎを, とうてい熊, どうしても出られず, どんな災難, ない, なかった, ならないので, ならぬ, なるが, なるまいという, はいらなかった, ほかに, ほの暗い小さな, ますます難, まだ朝, まったく素人, むろんいろいろあります, もうたんと咲い, もう弥次馬, もう西, ゆとりの, よらず散文, わしの, タルチェン・ターサムという, パンパンが, 一つの, 一人で, 一定の, 一間幅に, 七組か, 三つの, 上下の, 丸太ころばす, 乾き勝ちの, 二三人しか, 二十五万人総計四十五万人近くの, 人影が, 人気も, 以前の, 僕が, 入らせたまひ, 入用が, 全く素人, 八紘為宇の, 八紘爲宇の, 円タクの, 出勤を, 到り得ない, 参下向の, 反かえった, 古い穀倉, 古風な, 向わないで, 命さえ, 四方に, 団栗や, 執心と, 執著, 夏の, 夏草が, 外れぬ, 大きい四足, 大分雪が, 大名笹で, 大穴を, 女が, 客人たちが, 屋台の, 川砂を, 常に一つ, 幾多の, 影を, 往来の, 心掛ありし, 必ず火攻め, 必ず病監, 思わぬ流れ, 思返し, 拙ない, 携わらなかったのに, 政府から, 整理が, 旅人の, 日蓮宗は, 日頃うとく, 早咲, 明かった, 春を, 暗い人間, 暗い影, 暗い陰, 書肆あり, 曹洞が, 木の葉が, 朽ち葉, 果てが, 栗の, 樹林を, 橇跡, 死の, 殆ど人通りは, 毛頭悔い, 深い関心, 深い雪, 漢学風の, 灰の, 無関係に, 焦げるよう, 燐光を, 白, 皆一人か, 真弓の, 真紅の, 真青な, 眠たげなる, 着飾つた女, 石坂洋次郎として, 砂を, 破朽ちた柵, 祝いの, 私達の, 秘伝は, 立って, 紅梅の, 素人の, 紫雲英の, 経験多き, 翻, 老坂, 背いた行為, 脆い, 腕関節から, 自信は, 草の, 莚を, 薄が, 血行を, 西園寺公望東北には, 見覚え等も, 規則正しい間隔, 誰も, 賢いかも, 賢い樣子, 踏み込まざりし私母子, 踏み迷った一人, 蹈み込まぬ, 轍の, 近代的感覚が, 迷います, 迷うその, 迷わぬ地侍, 逃れがたい, 道端の, 違いない, 違ひない, 野菊蔓竜胆など, 長けたはず, 長けて, 陸遜, 随分淋しい, 雲が, 霜柱が, 青草と, 頂上という, 馬の, 馬糞の, 高低いろいろの, 鷲と, 麦を, 黄ろい, 黒ずんだ落葉

▼ 道~ (205, 0.6%)

98 と思う 7 ということ 4 と思っ, と思った, ね 3 からね, が, と私

2 [15件] からである, か谷, そうだ, ぞ, というの, といっ, といふ, と云, と云つて, と思つて, と考え, と考えた, と見, と言った, のと

1 [130件] かどう, からあやまりつこない, からこそここ, からこれから, からそれ, からだ, からです, からとてそんなに, からとはいへ, からと言っ, からもうしばらく, からよく, から一人, から三時間, から二ツ返事, から何, から余, から心配, から必ず, から忽, から捉, から楽, から歩, から歩い, から直ぐ, から私, から自分, から言う, から道, から遠慮, から随分, がおれ, がすぐ, がヴォージラール街, が仁, が加茂川, が濡れた, が越中, けれども場末, けれども実に, けれども慾, けれど加奈江さん, この道, しかるに今, し一人, し急い, し自, そうで, そうです, だから私, だが私, つた, つたかつ, つたこんやの, つたで, つたのである, つたのです, つた山村の, つてことが, つてさ, つて弁へて, という, という信念, といわれ, とおっしゃるでしょう, とおもう, とかいう語り伝え, とか信じ, としたら, とします, とする, とそう, とは思っ, とは聞いた, とばかりで, と云う, と仰, と仰し, と何かしら, と信じ, と信じきっ, と信じた, と兼, と出た, と彼, と思いの外, と思いまし, と思いました, と思つたの, と思つて歸つて來, と思ひ立つ, と思ふ, と思へ, と知った, と知らね, と考えない, と考えなけれ, と考えました, と考える, と萩乃, と言, と言い出す, と誤信, と賞讃, な, なあこの間, なんて教, のう, のに, ものです, やらただ, よこっち, よそれでは, わ, アね, 一度は, 予期した, 今度の, 十年前迄, 句を, 大平神社の, 天候は, 妻という, 始終夜更け, 或は寂しい, 拙者共の, 殊に尾根, 蛙が, 遊びに, 道だ

▼ 道~ (195, 0.6%)

5 が強く, に學問, の爲 4 に身 3 がひどい, が嵩じ, である, を覺

2 [12件] があつ, がひどく, が過ぎ, が過ぎる, だ, で集めた, なり何, にも困つた, のない, のやう, の味, をしよう

1 [140件] から書畫道樂普請道樂, か本, がある, がし, が内, が始まり, が始まる, が嫌ひなら妙, が昂じ, が止まない, が祟つて, が過ぎた, が過ぎまし, が高じ, さ, だけはこの, だつたの, だな, だネ, で, でごわす, でした師匠, でせう, では出, でほか, でもした, でもない, でやつ, でわけ, で出, で勘當, で家, で御, で手, で書く, で殺せる, で潰し, で灘, で煮直した, で私, で給金, で貧乏, で費, で金山, で面目次第, といふ, とかで, とのみ考へ, とは言つて, と之, と勝負事, と洒落つ, と稍關聯, と縁, と評, と金もうけ, なりけり到底, にし, にした, に凝, に呆れる, に喩, に尺八, に愛想, に機械, に死ぬ, に浮身, に等しい, に非ずし, の修業, の冬, の外, の強, の指南, の末, の植木, の激, の爲め, の皇帝, の自分, の芝居, の馬鹿, はあつ, はない, はなかつた, はひどい, は大, は少, は強い, は恐ろしい, は次男三男, は止まない, は漸く, は烟草丈, は無, は相, は言, は釣, は隱, は頗る, もあった, もある, もすべて慰戲, もする, も伯次さん, も外, も無い, も知らない, も程々, や勝負事, や洒落ぢ, や贅澤, よ, らしいこと, をし, をしなかつた, をしなけれ, をするならするで, をせう, を叩き直し, を奬勵, を始め, を始めた, を始め年上, を少し, を持つ, を教, を數, を最も, を棚, を白状, を目的, を看板, を苦, 強いと, 強い方, 強い若旦那, 強くて, 強く借金だらけ, 過ぎたの

▼ 道~ (169, 0.5%)

6 のところ 43 が可愛, のこと, の事, をお 2 が私, と呉葉, にお, の車, はさも, を伴, を呼び, を相手

1 [131件] があそん, があの, がある, がこんど, がしきりに, がそうして, がどう, がまだ, がやがて, がやつ, がゆうべ, がようやく, が何, が何やら, が出, が出仕, が可哀そう, が殿, が気づかわし, が片言, が狩衣姿, が窕子, が童殿上, が言ひつ, が話した, だけがその, だけがただ, だけがただ一人ぎり頼り, だけが戻っ, だけときどき, だつて, とかをる, とがその, とが小声, とが東三條殿, とを伴, と一つ車, と二人, と同車, と自分, などが行つて, などのこと, などは可愛い, に, にその, には叔父, にも少から, にも飮, にやつ, に取り次がせ, に向, に向っ, に味, に持たせ, に無理, に知れぬ, の上, の元服, の口, の子, の存在, の手前, の扮裝, の機嫌, の母, の泣聲, の蒼ざめ, の許, は, はいかにも, はいきなり, はいつの間にか, はこの, はしかも, はしばらく, はしまいに, はじつと, はずつと向う, はそれ, はそれでも, はそんな, はまだ, はもう, はもはや, はやっと, はやつ, は一人, は今年數, は内裏, は出かけ, は別に, は又, は可愛く, は左, は帰っ, は往来, は後悔, は心もち, は急, は急い, は怪訝, は打ち, は拳, は挨拶, は私, は自分, は行く行く, は路傍, は遠く, は鈴蟲, までが, も大きく, も嬉しい, も殆ど, も気, も漸く, も退屈, をお側, をかたく, をその, をなだめた, を仲, を側, を再び, を去らせた, を慰め, を抱き上げ, を抱き取つた, を押, を生んだ, を立たせ

▼ 道~ (146, 0.4%)

3 はその

2 [15件] に渡した, の前, の家, はここ, はこの, はそう, はそれ, はそんな, はやがて, は下, は子供, は少し, は湯, は辰之助, を見

1 [113件] がきいた, がやや, がわざと, が一両日前, が十三四, が小さい, が思った, が時々, が甥, が辰之助, が間もなく, が高い, とそして, と同じ, と向かいあっ, にすれ, には珍, に尋ね, に皆, に繋っ, に見せ, に言っ, に頷かせた, のうとうと, の兄, の妻, の姉, の姉たち, の姪, の家族, の旧知, の目, の祖父, の第, の見た, の部屋, の陣取っ, の頭脳, の食物, はあの, はいたる, はお, はおせっかい, はおぼつかない, はお客用, はからかう, はことに, はしばしば, はすっかり, はそこ, はそれでも, はちょっと, はという, はにわかに, はひどく, はまた, はやっと, は一つ, は一反, は一度, は九官鳥, は二三日前, は今朝辰之助, は何, は何だかいっぱい, は初め隣, は別に, は加わらない, は呟いた, は声, は妙, は嫂たち, は宿命的, は少年, は座敷, は応じない, は急い, は手廻り, は指名, は掃除, は暇つぶし, は朝, は来た, は東京, は格別, は楊枝, は浅黒い, は温泉, は父親, は立ちがけ, は笑い, は笑っ, は自分, は苦笑, は茶, は茶碗, は裏, は言いだした, は言った, は話しだした, は路次, は途中, は長火鉢, は離れ, は風呂場, も女連, も子供, も年, も聞い, や辰之助, を促したてた, を引きつけ, を懐かし

▼ 道~ (145, 0.4%)

4 の居室 3 と千代松, の家, はお, は京子, は千代松 2 がお, の手, はポン, は盃, は直ぐ, もこの, も千代松

1 [112件] が, がまだ, が三十三, が其の, が大手, が息, が拜殿, が朝, が網島, が自分, が風呂, ちふ名, とお時, とが居室, とそれ, と定吉, と改め, にはこんな, に嫁, に渡さう, に言, に進めた, に默つて, の一行, の側, の咳, の外出, の好物, の妻, の姿, の居間, の席, の座蒲團, の後姿, の持つ, の方, の晩酌, の枕元, の盃, の眞, の眼, の背中, の袴, の道, の酒, の頭, の顏, は, はかう, はざぶ, はそれ, はだいぶ, はプツ, はマッチ, は不思議, は二人, は二度目, は先づ東, は其の, は冷, は出立, は到頭, は動, は右, は吸, は周章てふためい, は四疊半, は大きな, は嬉し, は小, は岩, は差し俯, は恐ろしい, は慄然, は暗い, は朝飯, は溢れる, は燗冷まし, は物靜, は當惑, は病室, は神殿, は稍どぎまぎ, は突然, は細い, は繰り返し, は考へ, は考へた, は腰, は臺所, は袴, は赤い, は起き, は足音, は躍り, は醉つた顏, は雪洞, は青い, は頻りに, は風呂, は首, は默つて盃, は鼻, もお, もまだ, も昔, も此頃, も菊石, を冷かした, を尻目, を相手, を見下げた

▼ 道である~ (144, 0.4%)

4 ということ 3 がその, ことは, という事, のを

2 [18件] か, からだ, からである, から当然, から然, から選ばれた, が如く, が故に, ことが, ことの, ことも, ことを, と信ずる, と考えた, のかも, のだ, ように, 自己破壊通用の

1 [92件] かという点, かのよう, からで, からと教え諭した, からまあ, から一旦, から其の, から思う, から提灯, から途中, から雜草, かを痛切, かを知る, か否, か行, がこの, がそれ, が上市, が兎, が大漁, が極めて, が私, が馬上, ことぐらい, ことだ, ことに, こと等劇団としての, し小さい, し文学, そして板橋一つ, それで或は将門, それは, ぞ, ためより, というなら, というふう, という意見, という気, という硬派, といったよう, といふこと, といふもの, とか或, としても, として論談, とすら考えられる, とする, とするなら, とせられ, とともにまた, と云, と云わなけれ, と信じます, と占つて, と和泉式部, と固く, と彼女, と彼等, と思, と思う, と思える, と思っ, と思われる, と機嫌, と気付い, と知らなけれ, と考えるなら, と考へ, と薫, と覚る, と言, と論難, にし, のだろう, のでありました, のである, のでわき目, のにいま荊州, のに道, のは, はるかな, まど口, やうに, 事を, 今日は, 以上は, 以上聖賢の, 個を, 其處へ, 冷たい道, 早くこの, 道徳である

▼ 道~ (131, 0.4%)

6 に立っ 3 のウカル樹, の崖, の石 2 から雉子, でひろった, に腰, の柳, の水溜, の芝生

1 [104件] から引抜い, で, であった, でこんな, で不安そう, で凝固, で商, で書かれ, で漁師たち, で物, で生れた, で舟底, に, にあっ, にあり合わした, にいつも, にえんこ, にたった, には大きな, には清らか, には盗ん, には農家, にやう, にゴロリ, に一人, に並ぶ, に二, に佇ん, に何, に古い, に坐っ, に多し, に始まった, に建てられた, に捨て, に植ゑた中山越, に榛の木, に標的, に盛上がっ, に石, に石地蔵, に積んだ, に立, に立ちます, に立つ, に竦み, に芽ぐん, に落ち, に設け, に跼み始めた, に蹴り棄て, に身体, に避ける, に雜草, の, の万屋, の並木, の亜灌木, の人, の仮, の到る, の地藏樣, の塚, の家, の小家, の小河, の店先, の林, の枯松葉, の枯芝堤, の樹, の氷店, の海岸側, の濁つた, の畑, の知らない, の石ころ, の石地蔵, の石地蔵尊, の立木, の糞溜, の羊歯, の老母, の茶店, の草むら, の草原, の草場, の虫けら, の豆, の電柱, の青, へ, へ寄りかけた, へ投げとばし, へ提灯, へ板, へ立ち退いた, へ置く, へ軒下, へ転げ落ちた, や畑, や空地, をゆっくり, 過ぐる者行人

▼ 道でも~ (115, 0.3%)

7 ある 3 ないところ, なければ 2 あった, ない, ないの, なかった, 歩いて, 間違えたの

1 [90件] あったという, あつた, ありました, ありません, ありまた, あり又, あり目的地, あるが, あるくよう, あるし, あると, あるまいもの, あるらしい, あるん, ある私, ある程度以上, いざと, おざりませぬ, お互, お参りする, かならずわかる, して, そうである, そのほか, たずねて, どこか, ないだ, ないと, ないのに, ないよりは, ないん, ない他人, ない寺院, ない次, ない由, なく固有名詞, なく旅, なく言っ, のんきに, ふみちがえて, まず人家, また何, よく目, よほど楽, パンクしない, 一番は, 三人いちように, 二人そろっ, 備前備中の, 僕は, 優秀な, 励んで, 子の, 密輸の, 尋ねること, 少しも, 屈指な, 巳之助は, 広くした, 度を, 廊下でも, 悟りの, 悪いの, 拓かれたよう, 景子は, 有名な, 村を, 歌の, 歩くと, 畑でも, 相当確実, 知ってるから, 第二, 絵なんぞ, 聞こうと, 聴くか, 自動車の, 苦しいの, 走破し, 躓くこと, 通る思い, 進行し得ぬ, 違つて先へ, 開いて, 附いて, 雪が, 非常に, 飽きるという, 駅員や, 高く止つて

▼ 道という~ (112, 0.3%)

22 ものは 12 のは 7 ものを 4 ような, 道を 3 ことは, ものの, ものも 2 のが, のを, ものが, 細君も, 言葉は, 道が, 道は

1 [40件] ことあるべき, ことに, ことについて, ことを, ことをも, しかもこの, のだ, のも, ものだろ, ものに対しても, ものへの, ように, ディレンマを, 人が, 人と, 十五六の, 坊さんは, 坊主を, 大きな立札, 奴だ, 建制順序に, 意味, 意味では, 感が, 所から, 方の, 書に, 最もあやまれる, 様な, 武骨千万な, 異国の, 神秘的な, 程の, 術語は, 裸の, 観念で, 言挙げさえも, 言葉の, 足どりは, 道に

▼ 道にも~ (85, 0.2%)

2 あらず, ところどころに, 三熱の, 別を, 相当に, 達して

1 [73件] いきなり足もと, いろ, およばないかも, お詳しく, かなって, すぐれたもの, ずうっと, それが, それぞれに, それのみ, だれも, なるし, なるん, はいること, はずれて, やはり三重, わかれを, わたった, エスプリ, 万が一の, 三界唯一心心外無, 仏教, 伯林の, 余弊の, 出た, 出られないこと, 劣らぬ複雑, 匹敵する, 協ひ, 危険な, 厳しい静寂, 叶ふだらう, 名水と, 墓参りの, 大分二一天作の, 如来は, 就かず己, 師弟の, 徹底出来ない, 心得が, 惑ひもと, 才の, 文句を, 明るい日脚, 明るくかず, 明るく養子, 普通の, 朝から, 深く泥濘, 特別の, 疲れたから, 相違が, 知名の, 秀で, 精粗の, 聞いた例, 背くもの, 苦しい瀬戸, 苦みは, 行き悩む, 見ること, 足を, 近くし, 近ごろは, 迷う気, 通じて, 通ずる, 通ずるはず, 長けて, 関係が, 関係し, 飛躍的に, 驚くべき仕事

▼ 道とは~ (79, 0.2%)

2 ちがって, ならぬ, 反対の, 死ぬこと, 言いながら

1 [69件] いえないが, いえもう少し, いひながら, いへ, おもって, お見上げ申されぬ, かかる曠野, きめて, こうも, ここで, これも, さらにお, その人, ちがった流れ, で宿とりたま, どういうもの, どうしても思えぬ, どんなところ, なりませぬ, まず, まったく別箇, まるで西, もちろん大いに違, もともと縁, やや異なる, 一致しない, 今日も, 今述べ, 伯仲の, 何か, 何ぞや, 何である, 何でせう, 儒教でも, 全く別, 全く別に寧ろ単なる, 全然別個, 全然違っ, 兼て, 別にかかる, 別の, 反対な, 反対に, 反對, 合致しない, 同時に世の中, 名のみ, 大きな而, 字音學である, 必ずしも方向, 思えないが, 本来は, 根本的に, 根柢から, 法律學で, 申しながら, 異って, 相失う, 聞いたが, 芸術と, 著しい差, 言い難い, 言えない, 近辺に, 逆な, 道という, 違った興, 違ふ, 違ツて

▼ 道~ (78, 0.2%)

17 のだ 10 のである 7 んだ, んです 6 のです 3 のでしょう 2 のか, のであります

1 [24件] けむ, ことは, ことを, とわけて, なだらかな, のさ, のだろう, のであった, のであらう, のであり, のでいつも, のでその, ので其代り, ので右, ので地の利, ので女たち, ので従って, ので近道, ので長靴, のにその, んだろう, んで人事, 事を, 交渉を

▼ 道なき~ (76, 0.2%)

12 道を 5 所を 3 森に 2 ところを, 世にも出, 今の, 山の, 山を, 山道を, 野を

1 [42件] かと思われる, こそ遺憾, ことを, しげみへ, と同, に似, に失望, に道, は明らか, もの, ものと, や久し, をいかんせん, を哀しみつ, を感じ, を熟知, を進み疲れはて, 世とは, 世にも, 処に, 処を, 奥まで, 山に, 山野を, 岩道を, 所に, 方へ, 殺人の, 絶処虎狼の, 絶峰いずれを, 自分の, 荒野や, 處を, 處をや, 裏に, 裏山の, 通の, 道である, 道に, 道へ, 道も, 野末へ

▼ 道~ (76, 0.2%)

2 すべて太陽に, 当帰畠, 朝は, 森の, 行く人

1 [66件] ある, いただき近う, うねり道, その他の, ないの, ぬかるみの, また部落, まどはん, もん, わざわざ廻り道, ベンチなぞが, 不備や, 五輪書を, 何かが, 何に, 入洛し, 其の教, 危い, 原理にも, 原理は, 四国, 坂や, 城の, 堀の, 報徳講や, 大手の, 子供の, 屋根を, 山道に, 川の, 川原へ, 広い蕁麻, 心そろ, 忙しげ, 悪者に, 教えを, 枯草藁積などには, 梯子段を, 森や, 横なぐり, 横の, 橋は, 河川工事に, 法であっ, 淑女道が, 焼場へは, 田の, 畑いちめんに, 畑を, 畠は, 真理を, 石段や, 禅学で, 禅学の, 空一面に, 細い小路, 絢爛な, 葵かたむく, 街頭の, 通商が, 道に対する, 間近かで, 間道が, 降誕祭の, 電信銀版寫眞ペークザン式大砲汽船についても, 鹿ヶ谷から

▼ 道さん~ (75, 0.2%)

2 の前

1 [73件] お返事, か, かい, から父, がさんばら髪, がその, がひっ, がやつ, が下りました, が主人, が何, が何時, が可, が帰りがけ, が手, が手拭, が押, が相談, が笠, が行つたあと, が言う, が銀杏, が鍵, だけ, だのそれから, だの問屋, では, で無く, とおっしゃる, とが夫婦, とは道九郎さん, とを邪魔, と一緒, と不都合, と言う, に, にも此, に向い, に聞い, に見られた, の, のお, のだす, の一件, の口, の声, の妻, の御, の心持, の方, の著, は, はお, はわけ, は半襟, は昔, は来ない, は死ぬ, は沈ん, は百壽園, は着物持ち, へ宛て, まで知らぬ顔, やお, を引, を押, を産んだ, を確, を私, を迷わせた, 汚れるぞ, 美しい姉さん, 見て

▼ 道~ (74, 0.2%)

4 のなか 3 と見 2 が功夫, である, の活動, の見解, の語, の開展, を内, を弁肯

1 [51件] あり, あり心のち, がかく, がすでに, がそのまま, がそれ自身, がイデー, が内, が千差万別, が右, が呼び出した, が自ら開展し, した場合, した時, せらる, ていささか, であるが, でない, でない限り, ではない, ではなくし, とかのとき, となる, とは, と呼ぶ, と呼んだ, なかるべしと, なり, にとって必須, にほかならない, に内, に右, に導かれ, の一語, の働き, の内, の現出, の語義, はかの, はそれ自身独立, はまず, は一切, は何人, は目ざした, は起こり得ない, への努力, や葛藤, をかく, をそれ自身, を得る, を純

▼ 道~ (67, 0.2%)

11 れに 4 になっ, れと 3 れだ, れは, れを 2 ができた, でありながら, として遺言, れにな

1 [31件] があっ, が見付, だ, だと, であ, であって, で護謨靴, となつ, なき世, になった, になつた人, になつて, になる, に言, ほど殺風景, れ, れが, れだったの, れであ, れでありたい, れである, れという, れとして, れとともに, れの, れまで, れも, れ三人, をする, を得た, を見付け

▼ 道~ (59, 0.2%)

13 の小平 4 になる 3 になった 2 が立場, になつ, の親切

1 [33件] があった, が斉, だ, だぞ, でそいつ, でないと, ではあった, ではあつ, としてせっせと, と綽号, になっ, になり, になりたる, には吉さん, には墨染, には若い, に加えた, に成つた, に成りました, のない, の女, の小, の男, の者ども, の肉眼, の話, は二人旅行道具, は可笑し, は堺屋傳吉, は私, は難, をくれた, を伴

▼ 道として~ (56, 0.2%)

1 [56件] あること, おいでに, お選び, けなした日本画, そこに, その可能性, その怒り, ではご, はびこる刺, ゐる, 一切方便は, 一応は, 一身を, 三つの, 与えられて, 二つの, 云えば, 人が, 人の, 使ったの, 信ぜられて, 全意志, 其神儒佛の, 受流しつつ, 四つの, 大切に, 奴隷的な, 守る可, 幼少から, 当然の, 彼女に, 必要な, 恋愛を, 悟得した, 敢て, 最も健全, 構へながら, 歩いた, 歩いたうち, 母子心中を, 民主なる, 私たちの, 置いて, 考えられて, 自分自身の, 行として, 説いた議論, 論ずべき一箇條, 踏みしめて, 軍国日本に, 進むこと, 進むべき第一歩, 選ぶに, 選んだの, 開かれたもの, 静に

▼ 道~ (56, 0.2%)

5 は秋田 2 の目印, を切られ

1 [47件] あるいは餌, から竿先, が再び, が切れ, が張った, と鈎, につけ, には水鳥, に一分玉, に対する水, に張り, に水鳥, に結んだ, に送り, に麻糸, の先, の囮鮎, の細い, の緊張, の途中, の長, は五十尋糸巻, は人造テグス, は僅か, は潮, は竿, は竿一杯, は複雑, は馬尾糸, をきられた, をこしらえ, をそろそろ, をたぐりあげ, をつかまえ, をつけ, を上げ下げ, を下流, を使う, を垂直, を手繰り寄せ, を振り込ん, を流し, を流れ, を瀬, を竿丈, を繰り出し, を見つめる

▼ 道~ (56, 0.2%)

3 の言 2 の卓敬, は僧

1 [49件] あり, ありて, が, が一語, が天, が嵩山寺, が相, が英雄豪傑, が詩, とは本, と宋濂, と建文帝, と故, と燕王, と識, にし, の, の一家言, の一生, の人となり, の伝, の姉, の少き, の峻機険鋒, の年, の張, の忌む, の性, の扇, の方正学, の為, の燕, の瓜甲, の秉忠, の筆舌, の請, は北平, は如何, は是, は死生禍福, は王, は豪傑, や筆, を召し, を帷幄, を薄, 少きより, 蓋し知る, 騒がず殿下

▼ 道樂者~ (55, 0.2%)

2 だと, によく

1 [51件] がいくら, だ, だとは, であつ, です, ですが, ですよ, でた, で二三日前, で叶屋, で始末, で小, で小娘, で昨夜, で父親, で粹, で精力的, で給金, で若い, で若旦那, で蛸市, で親, で諸方, で通人, で配偶, と主人萬兵衞, な上, にならない, になる, には飛んだ, に成つて仕舞, に限る, のお先棒, のくせ, のところ, の主人貫三郎, の半次郎, の喜三郎, の物好き, の癖, の石卷左陣, の自分, の若, の若旦那, の茂七, の金之助, は退い, らしいちよい, らしい木戸番, らしい肌合, らしく晝寢

▼ 道ならぬ~ (54, 0.2%)

6 恋の 4 恋を 3 ことを, 恋に 2 忌わしい事, 手段を

1 [34件] ことが, の不義の, ものを, やうにて, 不義に, 不義は, 不義を, 不虔, 事を, 交際の, 仕打ちを, 仲に, 契を, 奥様の, 媒介横笛迷惑の, 心を, 恋, 恋は, 恋も, 恋愛を, 戀の, 戀ベルナルドオの, 栄耀を, 欲に, 死に, 無理な, 然し懸命, 艶事ある, 行いを, 褄を, 遊戯の, 道, 関係でも, 関係の

▼ 道まで~ (50, 0.1%)

5 出て 2 出た, 来た, 来た時, 来ると

1 [37件] さして, して, たどりついた, ついて, つつがなく送り出し, まいりましたのに, 乗りました汽船, 出たので, 出ると, 出掛けて, 変えて, 変へて, 寄せて, 心配し, 教えて, 来たとき, 来ても, 来らす爺, 歩いた, 歩いたらおかしい, 決つて居る, 滲み溢れた鉱泉, 真っ赤だ, 苦労し, 行って, 詳しく存じ, 赤くし, 走りぬけると, 躍り出たか, 辿り着きました, 迎へて, 送って, 逃げのびたと, 連れ戻しそのままそろそろ, 進もうとは, 頼朝が, 飛び下りて

▼ 道です~ (48, 0.1%)

75 から 32 ねあなた

1 [31件] からいい, からこの, からすぐ, からそれ, からときどき, からね, からね私, から人力車, から何, から僕, から当然, から途中, から驚きました, が, があれ, がこの, がこれ, がそういう, がね洲崎, が八五郎, が前, が斯, が狐, し安全, ぜヴァシーリイ・セルゲーイチ, って, なあといつた, なこれ, ね, わ, 歩き易い

▼ 道より~ (47, 0.1%)

2 外に, 外へは

1 [43件] いっそう淋しい, さびしき一, す, する東征軍, する東征軍進発, する長州方, ずっと手前, ちょっと南, ほかには, ほかはござりませぬ, ゃあ人間道だ, 一段低く, 下の, 他は, 低いというによって, 低い家, 低き, 信濃路を, 側面牽制の, 出発する, 力を, 南の, 外未知る, 大和に, 将に, 少し右寄り, 山を, 岐分派出し, 工藝の, 徐州へ, 押しのけ勇, 方々に, 来れお知らせ, 狂ひ躍り, 發する, 見れば, 起りて, 辛かった, 近江に, 進んだ, 遠ざかり父祖伝来, 雪も, 黒土の

▼ 道了塚~ (45, 0.1%)

9 の方 2 で決闘, の秘密, の頂き

1 [30件] で, での無慈悲, で二人, で勘兵衛, で息, で汝, とその, のほとり, の上, の下, の林, の濫觴, の穴倉, の縁起, の背後, はいわば広々, はその, は罪悪, は陸, へ参り, へ来, へ着いた, へ行か, へ行っ, まで辿っ, まで辿りつい, まで辿りついたなら, も過去, を巡っ, を附近

▼ 道~ (45, 0.1%)

1 [45件] から一万円, が他日再会, が隠さね, こそは勘当, と常友, と幸平, と自ら白状, なら一天俄, にはこんな, には全て, には目, に向っ, に渡した, のハラワタ, の云いつけ, の出店, の外, の孫弟子なにがし, の家, の小屋前, の持参, の昔, の木陰, の浪宅, の講釈, はこう, はこの, はその, はひ, は三名, は二十, は何, は命, は己, は幸平, は待望, は油, は父, は隆々, も常友, も正司, も頓挫, や常友, をし, を疑

▼ 道~ (44, 0.1%)

2 に向っ

1 [42件] が子ら, だ, とも今, と信秀, と称した, と聟, と鷺山, にし, についてはこういう, にとっては義龍, に会っ, に挨拶, に袋, に退治, のこと, のやらない, の一族, の側衆たち, の出陣, の奇襲, の娘, の家老堀田道空, の心, の愛嬢濃姫, の手中, の援軍, の気, の眉, の筆, の美顔, の臣, の首, はその, ばかりじゃなかった, もそれ, もたんと, もだ, も知っ, も知らん, も討たれた, らしい考え, を憎む

▼ 道ゆく~ (41, 0.1%)

8 人の 3 人が, 人も 2 な, 人に, 惡太郎の

1 [21件] と読む, にも眼, ひとに, まち子の, を出であう, 人々が, 人々に, 人々の, 人々は, 人たちは, 人は, 人を, 城下の, 女の, 悪太郎の, 旅客らは, 犬も, 百姓の, 者が, 車の, 駒は

▼ 道といふ~ (40, 0.1%)

6 ものは 4 のは 2 ことを, ものを, 道が

1 [24件] ことが, ことです, ことは, ことも, とある其道, のである, のも, ものが, ものも, やうな, やうに, やつが, 一すじにのみ, 僧も, 女の, 娘でした, 娘一人です, 自然の, 言挙げも, 言葉には, 言葉も, 道の, 道は, 道窓といふ

▼ 道~ (40, 0.1%)

3 の本営 2 のため, の一行, の執事, を迎える

1 [29件] からはあの, から言え, が岩倉公子, が木曾街道, が見える, が通過, として制札, と共に率先, と称し, と行動, なぞはどうしてなかなか, なるもの, に一番, のうわさ, の七千, の先鋒隊, の先駆, の同勢, の消息, の総督, の軍規, はこれ, はすでに, は勝沼, は馬籠峠, や北海道軍, を待ち受けた, を待ち受ける, 御本陣

▼ 道らしい~ (37, 0.1%)

8 ものは 6 道も 5 道が 3 道は 2 道に

1 [13件] が吾, ところに, ところを, ものが, ものに, 前程を, 場所に, 川を, 舖裝された, 跡が, 道, 道などは, 道へ

▼ 道~ (37, 0.1%)

2 はその, は主婦

1 [33件] が手, という者, と申します, に寄り掛かっ, の事情, の傍, の手, の相手, の言葉, はうっとり, はきまり, はそうした, はまた, はまぶしい, はもうすっかり, はやっと, は初め, は地べた, は女, は家来, は息詰る, は漂泊, は王妃, は石, は礼, は秦, は親類, は遠く, は酒, は金, は青い, は驚い, を

▼ 道なら~ (34, 0.1%)

4 ば今頃

1 [30件] お前に, この夏, そして自分, ともかくでこぼこ, どんなにゆっくり歩い, なくに, ばそれ, ば仕方, ば僧正, ば剣, ば取れ, ば子供, ば孝行, ば家相家自ら己, ば栃本, ば自己, む, ものの, 三町ばかり, 何処にも, 俥は, 僕だ, 大丈夫だ, 大学赤門前から, 整理の, 有馬へ, 波でも, 私にも, 私らは, 身を

▼ 道をも~ (31, 0.1%)

3 私は 2 歩いて, 絶ち身, 遠しと

1 [22件] この虫ら, ころがりはじめた, どつて行, ゆくやう, ようせず, よく知つて, わざわざこれ, ツとも, 全うし, 妨ぐる人の, 学んだと, 弁へ, 強くし, 心得て, 断たれて, 極わめ, 楽しんで, 示したの, 行って, 踏み間違えるという, 辿って, 顧る

▼ 道によって~ (30, 0.1%)

2 かしこし, 吾, 進むか, 革命を

1 [22件] である, であろうか, 人は, 人類を, 何か, 個人的にも, 地獄に, 天地宇宙の, 家庭の, 強烈な, 敏感である, 正しき工藝, 治安維持法の, 浴衣に, 獲得され, 神は, 突き進んで, 自らの, 賢しさ, 進んだならば, 長く伝えられるだろう, 養われて

▼ 道へと~ (29, 0.1%)

2 歩いて

1 [27件] いうだけで, すべり込む多数, どうにかこうにか, むりやりに, 事情を, 入って, 出た, 出たの, 出るであろう, 左近の, 彼らは, 急ぐ, 折れるか, 押し流れて, 消えて, 狹い, 突き出した, 自分の, 見送ったが, 足を, 踏み出そうと, 迂回し, 逃げ出した, 遠ざかって, 鞭振りあげ, 馬車は, 黒い風

▼ 道あり~ (28, 0.1%)

2 と也, 力あり

1 [24件] これすなわち, そこに, それを, てその, て世, て所謂ダンジョン, て馬, といふのみにし, とも覺, と思ひ定め, や, や否や, 万の, 之を, 兄弟に, 国境線に, 妾が, 本道を, 東亜我あり, 水の, 男湯孤ならず, 稚き時, 蛇も, 道ある

▼ 道との~ (28, 0.1%)

2 交叉点に, 区別が, 外は

1 [22件] あいだに, あいだの, いずれへ, しるべの, 三つでござる, 三角葛藤は, 交差点である, 分かれるところ, 分れる, 勘の, 国から, 山脈間の, 岐れ, 岐路の, 左右に, 教は, 混乱に, 脊椎に, 辻に, 間に, 間を, 関係を

▼ 道しか~ (27, 0.1%)

7 ない 2 ないの, ない春, なかった

1 [14件] ありません, ないけ, ないだろう, ないと, ないもの, ないわけ, ない小島, 攻め口は, 歩かない人, 残されて, 無かった, 生きなかったよう, 考えられないん, 見えなかったこと

▼ 道を以て~ (27, 0.1%)

2 これを, すれば, せずして, 人間を

1 [19件] あれを, して, する者, せなければ, せるも, 一般国民道徳の, 君に, 實際的に, 得るところこれ, 得る所之, 正を, 民を, 立って, 立つ者, 自ら蛇に, 自負す, 諸民, 貫くべきもの, 道と

▼ 道であり~ (26, 0.1%)

2 そのこと, 長屋であり

1 [22件] あるところ, けちな, こ, これに, ながらこし, ながら伊津子, 両方を, 他の, 右の, 向上させ, 善であり, 善人なお, 善人なほもて, 堯帝, 岩石が, 常に勝負, 日本人は, 殊に日本, 真に邪道, 私自身恋愛の, 科学者の, 自分も

▼ 道について~ (26, 0.1%)

2 その心, 常磐の

1 [22件] いろいろと, いろいろ注意, ききたいもの, しばらく歩きました, その本質, たずねた, まちまちで, 丸い石門, 何の, 南へと, 多少考え, 彼の, 斜に, 深く思ひ, 深く考えさせる, 禅師に, 考えて, 考えるとき, 訊ねた時, 話して, 語ること, 走ると

▼ 道~ (25, 0.1%)

2 て遊ん

1 [23件] たりする, てあるく, てここ, てもぶらりぶらりと, て一間, て上, て古着屋, て大通り, て居た, て往復七日がかり, て断崖, て日頃懇意, て日高支庁管内, て此處, て立ち寄った, て行こう, て見よう, て見物, て誘い, て追って, やの姿, 低きに, 関家に

▼ 道~ (25, 0.1%)

2 の興立, の蛙

1 [21件] であったから, であり逸勢, とやらに教えよう, と並び称せられた, に至つて, に言, の御, の書風, の見た, の雨蛙, は, はすっかり, は宇内, は書家, は立て, は紀貫之, もいる, をしたひそ, を去る, を感化, を興した

▼ 道~ (24, 0.1%)

2 に立っ

1 [22件] にさし出た, に倒れ, に大きな, に屋台, に待受け, に法被, に立て, に立てる, に黒麪包, のカフェー, の並木, の原, の桜樹, の生垣, の矮, の石, の芝, の草むら, の草中, の虎, の雑草, の雜木

▼ 道~ (24, 0.1%)

2 の役人

1 [22件] からも別に, から受け取る分から出る, が一たび, が懸賞, で可也, などが尤も, にでもかけ, に勤め, の人, の人來, の學務課, の官吏, の小役人, の技師, の技手, の構内, の赤煉瓦, の青年官吏, は日本流, へ行きました, や人, を初め

▼ 道~ (24, 0.1%)

3 の温泉 2 の湯

1 [19件] が奇麗, ならお前, にいいかわした, にもゆきたい, に一泊, に名物, に行っ, の, のいで, の八幡宮, の公園, の女, の方面, の温泉近く, の船屋別館, の鮒屋, は大, も騒いだ, を思う

▼ 道において~ (23, 0.1%)

1 [23件] あの和尚, きわめて鋭敏, すでにはるか, すべての, その本質, であって, まづ大事, 和尚と, 導き可, 御前細工に, 成功する, 昔の, 書かれて, 最も健全, 果そうとしては, 殆ん, 物自, 私たち東洋人全部が, 織田父子も, 美を, 談話演説の, 貧弱な, 闕くる

▼ 道にて~ (23, 0.1%)

2 跌き倒れし

1 [21件] お蔦, それらを, なかなかよし, 一匹の, 乘り, 備後箱の, 名高き由, 図らず戸川秋骨君, 子思, 庭作の, 悟入せし, 拾いし礫, 敵の, 時あり, 曹操の, 無礼を, 犬に, 花束つくりし, 行き会うとは, 逢ふとき, 頭を

▼ 道じゃ~ (22, 0.1%)

4 ないか 2 ろか

1 [16件] ありませんか, うまくあんな, ござんせん, ないかと, ないぜ, ないぞ, ないね, ないの, わしには, ア, アございません, アない, アねえか, ア何うも, 宜しい許す, 然う

▼ 道でない~ (22, 0.1%)

2 ことを, 道を

1 [18件] か, ことが, ことも, というの, ところの, ところを, として前代祭祀, とすれ, となし, と信じます, と思った, のでほんとう, のぶな, ような, 所へ, 所以を, 砂丘へ, 道が

▼ 道とも~ (22, 0.1%)

1 [22件] いへぬ道, つかない小逕, なく踏み, にうごい, にせいぜい, に撃ち破られまし, 云うべきの, 判らぬ程, 別称される, 同じだ, 名づくべき, 呼びました, 思はれるの, 思へない草藪, 思われない, 思われません, 突きやぶられ, 見えぬよう, 解せられた, 言い木曾街道六十九次, 認められるので, 譯せらる

▼ 道への~ (22, 0.1%)

2 可能性

1 [20件] さまたげとは, つそり匍匐つて, はらだちだけが, ひたむきな, スタートは, 人間としての, 出軍令は, 復帰の, 恢復の, 悪口雑言などと, 情熱に, 指示である, 曲り角に, 盲信を, 節操, 精進が, 精進も, 諸君の, 関心, 関心の

▼ 道よりも~ (22, 0.1%)

2 あれば, 一段低い

1 [18件] この道, むしろ尾根づたいに, もっと自由, ズーと, 一層さびしく, 一層暑い, 今日の, 価値が, 寧ろ坂道, 平民道を, 広々と, 時代の, 案外短距離, 楽であります, 気の, 絢の, 自分に, 響き方

▼ 道~ (22, 0.1%)

1 [22件] があるで, が悍馬, っ無用, ならそれ, にこう, の兵, の時代, の言, の軍, はあきらめない, はそれ, はついに, は何とも, は味方, は大, は張飛, は自信満々, は追いかけた, は馬, を先陣, を呼びとめた, を放し

▼ 道灌山~ (22, 0.1%)

2 といい, に近く

1 [18件] が矢, が野毛山, に植, のすぐ, のなか, のわき, の一図, の出来事, の婆, の聴音隊, は静か, へ出よう, へ夏目先生, へ大徳屋徳兵衞, へ行つて, まで遊び, を選ん, を飛鳥山

▼ 道~ (22, 0.1%)

2 の名, を識

1 [18件] から見れ, が抽斎, という名, と抽斎, には娘, の事, の号, の子, の子孫, の跡, は本所, は経史子集, また子, を以て通称, 其字也, 家来竹内玄同徳川賢吉家来伊東貫斎が, 敬啓, 諱全

▼ 道~ (22, 0.1%)

2 が奧, は不審, は本堂, は蛛, は身, は閭 1 が呼びかけた, が呼び掛けた, が答, が答えた, という僧, と云, に言, に言った, は眞蒼, は真

▼ 道こそ~ (21, 0.1%)

2 異なれ同じ

1 [19件] かわれ, この人, 上る道, 下る道, 仏教の, 冐險の, 冒険の, 剣山へ, 唯一の, 国の, 彼の, 拙者にとっては, 無礙の, 疑わしい, 真実である, 私の, 終生如何あろう, 罪人われらに, 違え吟味詮議

▼ 道だった~ (21, 0.1%)

3 のである

1 [18件] からである, から久しぶり, がしばらく, がどうせ, が三カ月以前, が五助, が構内, ことは, と言えるだろう, のか, のだ, のだろう, ので, のでございます, のです, ので博士, もの, んだ

▼ 道のべの~ (21, 0.1%)

42 のどの, 車前草硬く

1 [13件] あの草, いつしば原の, 大石の, 小石を, 岩に, 延命地蔵古稀の, 憩ひ, 清水流るる, 荊の, 車前草の, 道陸神よ, 雑草を, 馬糞ひろひもあかあか

▼ 道ばかりは~ (21, 0.1%)

2 全く油断, 御存じが

1 [17件] どうも別, まるで見, 何とやら, 何十年かかっ, 分らないさね, 別だ, 別でございます, 別と, 別とは, 別な, 別や, 古いが, 昔から, 枯野も, 親分も, 評判や, 錢形の

▼ 道~ (21, 0.1%)

2 に就

1 [19件] だといふ, であつ, にとりいつた, によせる, に天皇, に媚び, に対する御, に心, に思ひこませ, に憤り, に懇願, に身, に限っ, のこと, のみが枕頭, の貶せられた, を天子, を煽動, を誑かす

▼ 道であった~ (20, 0.1%)

1 [20件] か, かも知れない, が何処, が後世, ことも, ことを, そうな, ぞ, という, とは決して, と思います, に違い, のか, のだ, のだろう, のであろう, 染之, 色の, 道が, 音曲や

▼ 道ゆき~ (20, 0.1%)

2 に於, のさざめき

1 [16件] からもまだ, がある, がのんびり, が生じた, で吸いとられ, とをもつ, にどの, の定義, は注目, を性格, を経, を自分, を辿ろう, を追究, 振が, 知らじまひ

▼ 道ちゃん~ (19, 0.1%)

1 [19件] がなかなか, が来る, が洋傘, が送っ, に, に似, に変わっ, に尋ねたら, の披露, の挨拶, の結婚祝, の話, は又, は自分, は輝かしい, をお, をやる, を中村家, を大巻

▼ 道~ (19, 0.1%)

2 が建立

1 [17件] から見れ, がそこ, が島原, が村民, だから, とか斎部道足, と名乗っ, と呼んだ, と懇意, のこと, のこの, の作った, の形見, は重い, をはじめ先代吉左衛門, を斬った, を殺した

▼ 道ある~ (18, 0.1%)

2 ことを

1 [16件] のみである, のみゆえ, の私ちっとも, はなし, ように, を問わず, を朱雀, を知らず, 世ぞと, 世とは, 人を, 原中で, 方に, 方を, 時思さるる, 間に

▼ 道など~ (18, 0.1%)

1 [18件] いう地名, いずれを, いふ所謂文明の, いふ語は, したので, して, まようもの, よくう, 一本も, 何が, 先ずめッ, 教えそう, 教えて, 突破した, 行くにも, 言ふ, 訊いては, 迷われぬが

▼ 道なく~ (17, 0.0%)

1 [17件] これに, さればとて, して, ついに迷信, なかなか困難, まことに残念, やがてはみ, 六年の, 喜兵衛と, 大事の, 大川に, 或は水, 段々右, 生きて, 生活の, 罪なき, 自ら妻子を

▼ 道なし~ (17, 0.0%)

2 と信ずる

1 [15件] この道, との事, と思い, と思込, と決断, と翌日, と考え, と観念, と言, と言う, の種, 快樂, 故に事物, 汝等是を, 輝武の

▼ 道なる~ (17, 0.0%)

4 ものは 3 ものを 2 が故に 1 がため, けにや後, により当時, ものが, をもつ, を思へるなり, 石に, 者は

▼ 道陸神~ (17, 0.0%)

2 の唄, の子供達, よ, を用心 1 がのそのそ, ならん, なんぞ珍, なんぞ珍しく, のあと, のよう, の傍, の首, よあかあか

▼ 道~ (16, 0.0%)

2 に落合峠

1 [14件] で山, なども未, のお礼, の特別, の紀行, の茶壺駕籠, の鶴川, までしなけれ, をし, をつづけました, をやっ, をわざわざ, を書きやす, を飛ぶ

▼ 道~ (16, 0.0%)

2 はかう

1 [14件] がいろんな, ではなかつた, になつ, になる, によって先生, によって読経, の, はそれ, はどかり, はにやにや, は医者, は大本教, は急, は気

▼ 道庵主従~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこうして, が東, が目指す, に於, の不意, の旅程, はこの, はその, は永らく, も浅間, も騒ぎ出し, をあと, をし, をその, を案内, を送り込んだ

▼ 道~ (15, 0.0%)

6 ぢを 2 ぢの 1 ぢが, ぢである, ぢに, ぢによ, ぢは, ぢも, なは

▼ 道そのもの~ (15, 0.0%)

2 は何ぞ

1 [13件] が消え, ではなく, における勝利, になっ, になつ, に落ちつい, の代表者, はどうせ, はもとより, は決して, を楽む心, を踏み誤る, を非

▼ 道~ (15, 0.0%)

63 やありません, やない 1 やから, やすた, や廻れやしない

▼ 道とか~ (15, 0.0%)

2 正々堂々とかの, 武士道とかにおいて

1 [11件] あるいは尚武剛気, やまふの, 一ノ谷合戦の, 何尺の, 口癖の, 宗教とか, 宗教とかいう, 或る, 木の, 聖人の, 香を

▼ 道なり~ (15, 0.0%)

1 [15件] ければ, ようやく小日向, 一は, 一人の, 世界の, 云云, 他に, 原理なりが, 君子の, 嬉しくもう, 故に彼, 教なりが, 生命なり, 薄暗き町, 途中迷う

▼ 道にかけては~ (15, 0.0%)

2 全くの

1 [13件] ずぶの, たいして資格, なかなか鋭敏, まるつ, 一騎当千の, 人に, 先生にも, 千里を, 御尋ね, 日本一の, 油断の, 素早や, 餘程鈍い

▼ 道みち~ (15, 0.0%)

1 [15件] いろんな用, おひとり, かくしの, こう話しました, ささやきながら, に無尽蔵, の町, もやりかけた, もわたし, も思っ, 教えて, 歩きながらも, 通って, 通る町ごと, 集められるだけの

▼ 道~ (15, 0.0%)

2 を水鏡先生

1 [13件] が註し, である, であるの, として豊洲, と名乗, に蘭, は烏角先生, は鳳雛, を以て通称, を夢梅, を求め, を臥龍先生, を鳳雛先生

▼ 道~ (15, 0.0%)

2 の終り

1 [13件] が内輪, が召集, が始まつ, が招集, が開ら, ではない, で多, にあらはれる, に幅, に於ける, のご, の議長つき書記, は一週間

▼ 道~ (15, 0.0%)

2 は釈尊, を捨て

1 [11件] と易行門, と浄土門, においては, に帰, の佛教, の修業, の修行, の自力教, はなかなか, は修業的, は深い

▼ 道~ (15, 0.0%)

2 を呼べ

1 [13件] か, がまず, が不参, が口, が見えぬ, さまで脆く, その戦い, と号, にたずねよう, のいう, の陣前, はどう, や原隼人

▼ 道さえ~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありません, どこまで, よくし, わかりません, わかれば, 寂びれた町, 崩れ落ち, 教えて, 歩くに, 瑪瑙の, 真直に, 知らず君, 立てば, 脇目も

▼ 道でございます~ (14, 0.0%)

3

1 [11件] からその, から何程, から其処, から遠慮, がお嬢様, が三年以上, が只今, が恐い, その正しい, ね誰, わ

▼ 道のべ~ (14, 0.0%)

1 [14件] にさう, にし, に清水, に立たし, に立たしめ, に立ち, に赤楝蛇, に身, に阿波, に雉子あら, は人, も元日, 潺湲の, 裏戸近くに

▼ 道ばかり~ (14, 0.0%)

3 歩いて 2 では 1 あるいて, だった, だとしても, でございます, でなく一部, でなく時代, なので, 凝視し, 白く乾い

▼ 道をば~ (14, 0.0%)

2 創められし, 自分ばかりは, 説かしゃれた 1 おぼつかなくも, 厭は, 夕ぐれに, 容赦も, 尋ねずてを, 心得て, 決して教え, 脇目も

▼ 道~ (14, 0.0%)

1 [14件] カネテ夜半ニ此前ヲ, 借リテ草, 再ビ南滿鐵道ニ學バシムルコトアラバ國民ニ鬪志ナキコト明白ナリ, 取ルベシ, 取得シテ極, 少シ知ッタラ, 悪クシテイルノデス, 清メ, 知ラザルコト匹婦ヨリモ甚シ, 空ト見, 繼承シ更ニ布設經營ノ, 趨リ, 通ル旅, 避ケテ通レル事何カノ川柳ニ見

▼ 道~ (14, 0.0%)

2 での決闘, で決闘 1 がある, での斬り合い, で来栖勘兵衛, で立ち合い, と猿山, の, の塚, の森, へ連れ, 大薩

▼ 道了様~ (14, 0.0%)

2 そっくりの, の塚, へお, を屋敷内 1 と思い, と思われ, なの, へ, へは行かね, まで参りまし

▼ 道~ (14, 0.0%)

2 は利章

1 [12件] がすわる, が暫く, が知らぬ, と名, の嫡子, の申立, は, は一座, は役人, は重ね, も内, を連れ

▼ 道~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことごとく備わった, とは聖, とは謂, に非, の宗主, の曙光, の深遠, は知らない, や精神, を劃出, を奉ず, を弁ぜざる, を捨てずし, を隠微

▼ 道であろう~ (13, 0.0%)

3 と思った 2 と思う 1 か, かともあれ, か何, がそれ, が大, とそれ, と信ずる, と思います

▼ 道などは~ (13, 0.0%)

2 ない

1 [11件] ありは, なかった, まったくない, ものの, 一言だ, 好きで, 後の, 捩じり切って, 物の数では, 特にひどく, 職掌柄たしかな

▼ 道なれ~ (13, 0.0%)

31 ども釈迦仏, ど今, はや暁, ばこそで, ばその, ばにや思はぬ, ば之, ば今頃, ば仕事, ば道

▼ 道によ~ (13, 0.0%)

1 [13件] つてのみ, つて余を, つて信者が, つて俺の, つて堅実な, つて師團裏なる, つて教育された, つて現代日本の, つて神は, つて神学化し, つて諸君に, つて賢く, つて賢し

▼ 道をよけて~ (13, 0.0%)

1 [13件] いる, いると, いるのに, お辞儀を, とおくから, 一斉に, 丁寧に, 並木の, 佇んで, 行く, 通しました, 通りながら, 通るといふ

▼ 道三秀龍~ (13, 0.0%)

1 [13件] が云い出した, が蜂須賀邑, だけに後, という肚ぐろいのが舅殿, とがそんな, に属し, の側衆たち, の居城鷺山, の耳, は前, は喉, は多年, は駕籠

▼ 道~ (13, 0.0%)

2 の一人

1 [11件] がいる, であったという, です, とか莫逆, となら, とはいかなる, にとっても彼, に暇, のあたたか, の冥福, や知己

▼ 道~ (13, 0.0%)

1 [13件] が住所, が法華, が法華経, が眼, だつて男, といふ名高い, はあらゆる, はお, は一寸後, は前, は和泉式部, は無, も名僧

▼ 道學先生~ (13, 0.0%)

2 の説く

1 [11件] が卓上, との信條, にはし, のそれ, の云爲, の如き, の窺知, の見地, の説教, めきました, を憎む

▼ 道~ (13, 0.0%)

1 [13件] のす, の嫁, の帰った, の新妻, はあわただしく, は十坪, は振り向い, は新, は笑った, は足, は跛足, も思わず, 已に之

▼ 道~ (13, 0.0%)

2 な精神

1 [11件] で権力感的, なもの, な先住民, な性格, な襟度, な誓約, な質樸, に葉隠れ的, に諦観, の性格, また蜂須賀家

▼ 道精神~ (13, 0.0%)

2 に基く

1 [11件] が之, だったの, と一致, なん, の宣布, の涵養, の発露, の衰退, の顕現, をいくぶん, を世界

▼ 道それ~ (12, 0.0%)

2 が工藝 1 から王臣, が学問, が岡野, によって空間, はもう, は今, は何, は時々, もこの, を女

▼ 道とを~ (12, 0.0%)

1 [12件] おかん, 兼ね行, 区切って, 合して, 対立させる, 尊ま, 忘れぬ樣, 所謂心も, 照した, 私するもの, 見て, 踏ませて

▼ 道などを~ (12, 0.0%)

1 [12件] うつとり, ひとりで, 信じて, 問題と, 得た, 散歩し, 歩いて, 真剣に, 言い立てて, 言って, 註解した, 鳥や

▼ 道へは~ (12, 0.0%)

2 出ないで 1 いったんでございます, どういう過程, ひるには, やがて故国, 出られなくつて, 堕ちず死出の山, 始めて, 紅白金銀さまざまの, 逃げ落ちて, 進まないで

▼ 道をと~ (12, 0.0%)

2 歌姫越え 1 それぞれ周孔以外の, なり村, ほつて, ほり峠, ぼつい, ぼとぼと歩かなけれ, ろうにも, 思いつめた結果, 選って, 音無川の

▼ 道九郎~ (12, 0.0%)

3 と云う 1 か今, か何より, だ, です, の妻, ばかりは全く, 其の方, 兼ねて, 宜い

▼ 道庵さん~ (12, 0.0%)

1 [12件] が敵, が逆, に診, に話し, に釣られたい, の方, は大した, は始終, へ行っ, まで迎え, やわたしたち, や親方

▼ 道會議員~ (12, 0.0%)

1 [12件] から出させ, から少し, でも目, として道會, にもなつて, に打つ, のこと, の松本雄次郎, の機關, の遠藤長之助君, は既に, を初め

▼ 道線路~ (12, 0.0%)

2 を踏切つて 1 が南, と大, にのぼる, にも急行列車, に添つて, のつめたい, の傍, の落ち合, の踏切, の轢死人

▼ 道いっぱい~ (11, 0.0%)

2 にひろがっ 1 にひろがり, にふさがっ, にふりまかれ, に広がる, に拡, に流れ, に響き渡った, の幅, の穴

▼ 道~ (11, 0.0%)

4 さを 2 さでも 1 さ, さにも, さは, さばかり, さも

▼ 道この~ (11, 0.0%)

2 道, 道と, 道を 1 おそらくはむだ, ふたりの, 上言ひ, 真直な, 道は

▼ 道した~ (11, 0.0%)

2 きり音信不通だ 1 がそれ, けれども寒岩, のが, ので, ものか, バチェラー博士の, 私という, 聖一國師の, 隆寛

▼ 道~ (11, 0.0%)

8 ちゃん 1 ちゃんと二時頃, ちゃんと直之, ちゃんと種々

▼ 道であっ~ (11, 0.0%)

1 [11件] たり徳川期, てかならず, てかねて, てそれ, ても炭屋, ても肉交, てよく, て人家, て他人, て神, て道

▼ 道でなく~ (11, 0.0%)

2 てはならぬ, て何 1 あっちの, てこの, ても心得, とも他, ば倖い, 自然に, 自然の

▼ 道としての~ (11, 0.0%)

1 [11件] また別, 俳句に, 句作についても, 句作の, 哲学, 学問は, 恋愛, 政治文学の, 文学とか, 考へ, 表現の

▼ 道一つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が残され, せず主人, だ, へだてた中学校, へだてた向側, 見えないの, 越して, 隔てた本家, 隔てた組合礼拝堂, 隔てた苔香園, 隔てて

▼ 道~ (11, 0.0%)

6 貴の 1 にうながされ, におす, の娘, の娘五人, の系統

▼ 道方面~ (11, 0.0%)

2 の諸 1 ではその, にい, に向かう, の庄屋本陣問屋仲間, の海岸, の要地, ばかりでない, へ逃げ降った, を徒渉

▼ 道~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 から聴きまし, が何, が揶揄半分, が晩餐, に尋ね, の妻君銀子, の言葉, は是, も何

▼ 道~ (11, 0.0%)

1 [11件] が進ん, の壁, の生涯, の知人, の警策, はそち一身, もここ, もまずは, も一朝, を若木, 猶つたなけれ

▼ 道~ (11, 0.0%)

2 が連れ, も為右衛門様, も爲右衞門様 1 と書い, にいう, にいふ, にも為右衛門様, にも爲右衞門様

▼ 道~ (11, 0.0%)

3 の弟僧了普 2 が帰りし 1 が集めた, という饒舌坊主遊び, といふ饒舌坊主遊び, と称した, の自筆本, の遺物

▼ 道~ (11, 0.0%)

1 [11件] がきれ, で括り, には麻糸, の呼称, の尖端, は二厘五毛, を下す, を引き込ん, を持った, を捌く, を鈎

▼ 道誉さま~ (11, 0.0%)

2 のお 1 がああ, です, とは御所, なども古く, に申した, のおや, の御, は伊吹, もご存知

▼ 道誉どの~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がおい, が八方, じつに恐ろしい, ちょっと代っ, でございまする, のよう, の名代, の御, の無, は如何

▼ 道だけ~ (10, 0.0%)

1 あって, これは, だ, であったよう, ムダでした, 心得て, 残されたもの, 細かいちりめん波, 聞けば, 開いて

▼ 道だけは~ (10, 0.0%)

1 あすこへ, ただ一人, どうか, どうにもままならずで, ふませたいと, 一筋くろく, 不思議に, 思の, 泥濘を, 相手が

▼ 道なんか~ (10, 0.0%)

2 して 1 あるもん, いくら嶮, どこまででも, 上手に, 先に, 判る道理, 迷うほど, 通って

▼ 道に対する~ (10, 0.0%)

1 偏見である, 創始者の, 孔子の, 情熱などに関しては, 所信によ, 義憤な, 考察を, 躓石なら, 迷いが, 面当てである

▼ 道同じ~ (10, 0.0%)

3 事だ, 事を 1 からざれば, からずして, 方向に, 甲斐の

▼ 道尊坊~ (10, 0.0%)

1 が來, が土地, が材木, だ, に頼みました, は獄門, は護摩, は默つて首, を引出し, を頼ん

▼ 道教徒~ (10, 0.0%)

1 と禅, のこういう, のこの, の愛する, の物語, の言う, はいう, は不死, は主張, は社会

▼ 道~ (10, 0.0%)

1 がその後, が乙子, の七十, の娘, の子, の孫道栄, の返辞, は適斎, は霞亭, を責め

▼ 道~ (10, 0.0%)

1 その兄, に, に永山氏, の思ひ, の治療, の診, は, は名古屋, は私, は老人

▼ 道~ (10, 0.0%)

2 は信長 1 から後で, が, が信長, が出, が館, にて候, の給仕, も春日丹後

▼ 道~ (10, 0.0%)

1 が上杉勢, が火定, が短気, とで, と荘介, に迫った, の人間味, の寂寞道人肩柳, も宝刀, を除い

▼ 道~ (10, 0.0%)

1 が, がその, だった, などはみな北条歴々, などもうすうす, の荷駄隊, の顔, はとどまる, は席次, 老いたりと

▼ 道~ (10, 0.0%)

1 から戻っ, では, でも半分, にありまし, にいらっしゃる, にこもっ, にこもり, に於ける, の方, の神詣で

▼ 道~ (10, 0.0%)

1 が蜀, が蟒, といつた, によって初めて, に授けた, に現, の道教, や于吉, や葛仙翁, よりも四百年

▼ 道~ (9, 0.0%)

1 ういふところ, ういふ道, それてる, へあれ, へつけれ, へ極, へ發着, へ終れ, アどう

▼ 道だけに~ (9, 0.0%)

2 見えるとしても 1 かえって興味, そんななか, 實に, 石段を, 見えると, 見えるという, 関所を

▼ 道ゆきぶり~ (9, 0.0%)

3 が引い 1 と赤水, には松, の文, の語, を引い, を引く

▼ 道~ (9, 0.0%)

1 が坂, とおのおの, として平民, として政府, と通り, にし, の大, の険路, は涅槃

▼ 道~ (9, 0.0%)

1 き, きて, き道別, はにこ, は佐々木作樂氏, は去る, は糞風, は詩, 忽ち裏

▼ 道庵自身~ (9, 0.0%)

1 がそれ, がまかり出, が果して, すらが全く, にいわせる, にとって見れ, は相当, もさき, もその

▼ 道馬車~ (9, 0.0%)

1 がある, で出かける, に乘, に乘つて, のレール, の喇叭, の繪, の軌道, をば大月

▼ 道~ (8, 0.0%)

1 ある, あるいは武蔵野, お光, 何か, 外の, 新堀の, 見下げ果てた奴, 遊びに

▼ 道その~ (8, 0.0%)

1 くらいは知っ, やりかた, 南に, 宜しきを, 暗黒の, 温泉の, 物とは, 辛い長い道

▼ 道だけを~ (8, 0.0%)

2 知って 1 その姿, 忘れない, 教えて, 歩いて, 自由に, 連れて

▼ 道どり~ (8, 0.0%)

1 に引き入れられ, の心一致, は山, は現実, やそこ, を取っ, を取った, を私達

▼ 道はよ~ (8, 0.0%)

8 かつた

▼ 道わき~ (8, 0.0%)

1 にともされた, によせ, の低い, の石垣, の落ち葉, の農家, へはいっ, へ置き

▼ 道サン~ (8, 0.0%)

2 の声 1 が其唄, といふの, の唄, の喋舌つた事, の筬, もなか

▼ 道一杯~ (8, 0.0%)

2 になっ 1 にゆれる, に並ん, に日覆い, に真黒, に饐えた, を挟ん

▼ 道上人~ (8, 0.0%)

1 が湖上, のおかげ, の所持, は山, は日光, は男体山, は男体登山, も亦そう

▼ 道以外~ (8, 0.0%)

1 なつよ, にはあり, にはな, に出られない, に好, の事, の道, は残され

▼ 道~ (8, 0.0%)

1 が毒, といい, という者, と其子三人, に舟, のこと, のむす, を殺させた

▼ 道十郎~ (8, 0.0%)

2 の傘 1 が下手人, である, には嬉しかっ, の雨傘, はムッ, は暗然

▼ 道~ (8, 0.0%)

2 の寺 1 に結縁, の地内, の方, の眞, へ来, を駈下りる

▼ 道寄り~ (8, 0.0%)

2 をし 1 して, とおっしゃります, はせん, をいたしました, をした, をせなかった

▼ 道~ (8, 0.0%)

2 の民, の民ッ 1 というところ, には矮民, に徙, を治め

▼ 道~ (8, 0.0%)

1 かねて, をば見, 斎が, 斎という, 斎は, 殿の, 殿は, 殿へ

▼ 道~ (8, 0.0%)

3 一の 2 十號と 1 一主義の, 三, 十號に

▼ 道~ (8, 0.0%)

1 に見え, の目録, の説く, は悉く, を七志, を出版, を焚いた, を積み

▼ 道~ (8, 0.0%)

1 とは其記者, と帶方, なり, に求むる, に關, の記載, を一萬二千餘里, を考

▼ 道あれ~ (7, 0.0%)

2 ば易筮 1 ども履む, ども賓, ど詳, ば忠, バ三大夫及君立の

▼ 道い得る~ (7, 0.0%)

3 ことである 1 ことすなわち, こと一般, ということ, 道得では

▼ 道~ (7, 0.0%)

1 かねという, さしつかえなくば, 急ぎ度御, 急ぎ申四日朝関ニ参申候何レ近日拝顔の, 杉, 淋しそう, 草臥れで

▼ 道かと~ (7, 0.0%)

1 思うと, 思ふ, 思われる木曾, 思われる遠く, 私考えます, 考える, 言えば

▼ 道する~ (7, 0.0%)

1 か, ことである, って云わなかった, を先務, 国家的自由なる, 必要は, 鬪士を

▼ 道だろう~ (7, 0.0%)

2 と思う 1 か, かとお, から下人, から辛抱, か地獄

▼ 道ちやん~ (7, 0.0%)

1 から見たら, など其処, なんかに, に同情, に話した, は早く, も今

▼ 道であります~ (7, 0.0%)

1 からこれ, からみなさん, からもう一度, が実は, しまた, それに, 故に

▼ 道でなけれ~ (7, 0.0%)

4 ばならない 1 ばならぬ, ばなりません, ば葭

▼ 道とが~ (7, 0.0%)

1 あるが, みだれた頭, むることはあるまい, 完全に, 立派に, 結び付いて, 自ら示される

▼ 道とて~ (7, 0.0%)

1 曲がりくねって, 法を, 直に其宿, 致方が, 遠慮なく今, 郷里の, 鴉啼く

▼ 道のみ~ (7, 0.0%)

2 である 1 それと, では, ならず亦, ならず陸羽, 急いで

▼ 道べり~ (7, 0.0%)

1 にはあざみ, に咲きつ, の二三本, の倉庫, の花, の蓼紅葉, へもう

▼ 道をよけ~ (7, 0.0%)

1 た, たすきに, たもの, ないもの, ない動物, ました, ようとは

▼ 道主義~ (7, 0.0%)

1 こそだ, というもの, とか純正日本主義, に要約, の多少, の狂信的, を経

▼ 道了さま~ (7, 0.0%)

3 のお 2 より遠く 1 と塩竈さま, のお山

▼ 道~ (7, 0.0%)

1 から起つた, の中葉以降, の中葉頃, の初頃, の変乱, の末, の間以来

▼ 道或は~ (7, 0.0%)

1 並行の, 仏教の, 先導者の, 句の, 四国九州を, 対蹠を, 山陰道或は

▼ 道樂息子~ (7, 0.0%)

1 が一人, で八五郎, には通じなかつた, の方, も眼, や嫁, や身投げ女

▼ 道通り~ (7, 0.0%)

1 しか登れない, だろうか, に登り, の人, の民家, へかけ, 進んで

▼ 道~ (7, 0.0%)

1 が島原, と名, と懇意, の作つた, は重い, を斬, を殺した

▼ 道からは~ (6, 0.0%)

1 すっかり群舞, ずっと横, 塵埃と, 煙の, 行けません, 黄包車の

▼ 道すがら~ (6, 0.0%)

2 に朱 1 にもいろ, にも随所, に足, も怠り

▼ 道たる~ (6, 0.0%)

1 ことは, に敬伏, や一, や恨み, を思は, 政治界から

▼ 道だけが~ (6, 0.0%)

2 天国に, 残される 1 白く浮き上っ, 足もとに

▼ 道などが~ (6, 0.0%)

1 ある, のさばり出すかも, 古代の, 有る事, 若い人々, 説いて

▼ 道なりと~ (6, 0.0%)

1 いいこれ, 信じて, 信じまた, 教えるの, 知る可, 聞きまた

▼ 道にな~ (6, 0.0%)

2 つて來た 1 つてし, つてその, つてゐ, つて近年亡くな

▼ 道に従って~ (6, 0.0%)

1 人生を, 受降城に, 四方八面に, 御進みあら, 生きようと, 転化し

▼ 道をよ~ (6, 0.0%)

2 ける 1 けるが, けると, けるほど, けろ

▼ 道を通して~ (6, 0.0%)

2 内から, 衆生にも 1 である, 通わんとこそ

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 勾之岡ノ上ニアリ, 國有タルベキ者ト民有タルベキ者ト亦, 國有ナルガ故, 富貴ハ内地トソノ隆ヲ, 富貴内地トソノ隆ヲ, 左右ヲ

▼ 道九郎さん~ (6, 0.0%)

1 がお出で, が居なく, ですか, の事, の前, の妻

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 という団体, に幅, の理由, もまた, も全く, や新

▼ 道友会~ (6, 0.0%)

1 とは何ん, なればこそ, に於, は心, へ出席, へ行く

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 お道坊, が根岸, が飛び込ん, と親し, は唯, は良い

▼ 道将軍~ (6, 0.0%)

1 のよう, の一人, の地方巡察, の派遣, をおいた, を派遣

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 である, でした, といふ程拙劣, に俗惡, の妙趣, の誤あり

▼ 道歩い~ (6, 0.0%)

3 てわたくしたち親子三人 2 て岸和田 1 てエ

▼ 道無き~ (6, 0.0%)

1 が故に, に困, を道, 世なれ, 時も, 道の

▼ 道珍和上~ (6, 0.0%)

1 とも知合, に娶はせよう, の一週忌, の奥方, は能登国, への手向

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 であ, に比すれ, の一般農家建築, の上表, の節, ノ統一

▼ 道~ (6, 0.0%)

2 や善導 1 によれ, の, は, は右

▼ 道総督執事~ (6, 0.0%)

2 の名 1 からの布告, から沿道, が地方人民, が発した

▼ 道薫坊~ (6, 0.0%)

1 であるとも, とは, と云, と百太夫, などともっとも, の徒

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 がやがて, と申さるる, にもこれ, にも座, の口吻, は

▼ 道貞殿~ (6, 0.0%)

1 との別離, には吾, の和泉, の問題, を思ひ切つ, を戀

▼ 道~ (6, 0.0%)

1 に心から, に食, の上, の言, の説, を却って

▼ 道陸神十三夜~ (6, 0.0%)

5 のぼた餅 1 の牡丹餅

▼ 道かも~ (5, 0.0%)

1 かく今日, しれないその, 知れない, 知れないが, 知れないとも

▼ 道これ~ (5, 0.0%)

1 が工藝, で宜, はいかさま, は食本能, を生じ

▼ 道~ (5, 0.0%)

2 ひの 1 凡ろかに, 出て, 悲しき

▼ 道だの~ (5, 0.0%)

2 耐乏の 1 危ない橋, 忠節だ, 釘づけ

▼ 道でした~ (5, 0.0%)

1 から並木, がこの, がその, が平次, けれどオウム

▼ 道とても~ (5, 0.0%)

1 この麓, ない溝鼠, また同じ, 一足おくれれ, 変りは

▼ 道においては~ (5, 0.0%)

1 ないはず, 互角だ, 人並み以上なりという, 年は, 正確な

▼ 道における~ (5, 0.0%)

1 クラルテ, 労働者階級の, 勇敢は, 嗜好は, 蹉跌の

▼ 道にかけて~ (5, 0.0%)

1 かかる絵, 布教した, 探すと, 浮身を, 熟練の

▼ 道については~ (5, 0.0%)

1 たしかに普通人, みのるに, 又問, 心得が, 階級的婦人人民的な

▼ 道に対して~ (5, 0.0%)

2 でありこの 1 すまないよう, 悔悟しなけりや, 西海道とも

▼ 道ひと~ (5, 0.0%)

4 すぢ 1 すちに

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 さやう, ただにと, 云うて, 椎の, 踏むに

▼ 道よりは~ (5, 0.0%)

1 やや広く, 少し陰気, 畜生の, 自分の, 近きに

▼ 道一筋~ (5, 0.0%)

1 の隣, むこうに, をへだて, 越した他, 重い足

▼ 道三山城守~ (5, 0.0%)

1 が自分, に扈従, の最期, は彼, を弑したる

▼ 道以上~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 であること, の不思議, の精華

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 だよ, とわかつ, の作, の名前, 憎さ

▼ 道切り~ (5, 0.0%)

1 と云う, に用いる尖り, の事, をされた, を忌む

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 であった, というよう, と申すべき, に近い, はない

▼ 道即ち~ (5, 0.0%)

1 之を, 君子の, 渡場の, 王道東方道義に, 黄道が

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 に為右衛門左, に爲右衞門左, の荒い, は溜池, へ廻り

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 がああ, である高, といふもの, に遇, は乃ち元始天尊

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 に開け, 地震等で, 將軍, 至急願ひたい, 輻湊の

▼ 道~ (5, 0.0%)

3 の臣 2 の白言

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 して, もしない, も遣らかす, をしたです, をしよう

▼ 道寿真~ (5, 0.0%)

1 から修真, はそれ, はにっと, は軽く, もまた

▼ 道~ (5, 0.0%)

1 が取りひろげられなかつた, のところ, の広い, は狭い, は狹

▼ 道庵先生自身~ (5, 0.0%)

1 がどう, が雲助君, の頭, はそれほど, はエライ奴

▼ 道庵大御所~ (5, 0.0%)

1 の姿, の指, の旗本, の本陣, の陣羽織

▼ 道庵流~ (5, 0.0%)

1 に暮らし, に皮肉, の出任せ, の模擬戦, を発揮

▼ 道往く~ (5, 0.0%)

2 人の 1 人々に, 人に, 者を

▼ 道樂強~ (5, 0.0%)

2 さうですが 1 いうへ, かつた, さうな金次

▼ 道益先生~ (5, 0.0%)

1 がこう, が考える, の親切, は山, を師

▼ 道総督~ (5, 0.0%)

2 の執事 1 として初陣, の一行, を案内

▼ 道自殺~ (5, 0.0%)

1 で葛卷, も僕, をした, を遂げた, を遂げました

▼ 道~ (5, 0.0%)

2 らしいもの 1 が判然, になっ, は泥

▼ 道軒ムラクモ~ (5, 0.0%)

1 が女房子供, であろう, というその道, と号, の少年時代

▼ 道遠し~ (5, 0.0%)

1 だ, と思っ, と意馬, の事, 腰は

▼ 道~ (5, 0.0%)

2 の峯 1 が来あわせ, の峰, もお

▼ 道鬼殿~ (5, 0.0%)

1 のその, はお, はかよう申されました, は一心, は参りますまい

▼ 道あたり~ (4, 0.0%)

2 を何 1 の低地, へかけ

▼ 道いまだ~ (4, 0.0%)

1 成らざるに, 遠し, 遠しな, 長からぬ

▼ 道い得べき~ (4, 0.0%)

2 事である, 事は

▼ 道からも~ (4, 0.0%)

1 ちらほら寄っ, 数名が, 時時見えた, 行ける

▼ 道こそは~ (4, 0.0%)

1 両岸, 協力一つ, 幸先の, 魔都

▼ 道すなわち~ (4, 0.0%)

1 剣閣道から, 学生道である, 精神の, 道徳は

▼ 道ぞい~ (4, 0.0%)

1 に掘, に探し, に石, の流れ

▼ 道ちゃんと~ (4, 0.0%)

1 が通りすがり, よんだその, 玲子に, 行く

▼ 道つあん~ (4, 0.0%)

1 お道, どしようぞい, 寢と, 後から

▼ 道での~ (4, 0.0%)

1 所謂よい, 手並みにも, 松江に, 豪の

▼ 道としては~ (4, 0.0%)

1 この上, イーゼル・ピクチュアよりも, 七尾へ, 消滅し

▼ 道などの~ (4, 0.0%)

1 おりは, 三ツの, 境遇の, 扮装が

▼ 道なりに~ (4, 0.0%)

2 長々と 1 倒れて, 少し畝

▼ 道なんて~ (4, 0.0%)

1 ことも, ものは, 決して偉大, 申しまして

▼ 道においても~ (4, 0.0%)

1 かくの, 人の, 相当の, 附句の

▼ 道にでも~ (4, 0.0%)

1 なるわけ, 寄つて見よう, 迷ったん, 進みたかったもの

▼ 道のみが~ (4, 0.0%)

1 どうして危うい, 残されて, 線路を, 道でない

▼ 道ばかりを~ (4, 0.0%)

1 きたの, ただ急げ, 行くのに, 通って

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 に値せざる, に足る, 太陽の, 所の

▼ 道ほど~ (4, 0.0%)

1 どの横町, 來た, 川沿の, 興味ある

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 て, 取リテハ口惜キコトナラズヤ, 非サルナリ, 非ズ

▼ 道三方~ (4, 0.0%)

1 の与党, の家臣, の早馬, の落武者

▼ 道三橋~ (4, 0.0%)

1 から竜, の方, の近辺, も一つ先

▼ 道中筋~ (4, 0.0%)

1 でこの, の松並木, の賃銀, をちっと

▼ 道主王~ (4, 0.0%)

2 の女, は稚

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 あり, なるべからず公家, に小, は桂車

▼ 道二教~ (4, 0.0%)

1 の一敵國, の境界, の爭, の祖師

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 の子, の方, は, は界隈

▼ 道修業~ (4, 0.0%)

1 に心願, の成就, の為, は難しい

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 きは, に裸馬, の万一, の先

▼ 道入明~ (4, 0.0%)

1 など, に応じなけれ, を強要, 即ち明征伐

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 というの, に対しても子分, に引渡し, や

▼ 道六神~ (4, 0.0%)

1 の石塔, の石標, の鬼火石, や兄い

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 した調子, した顔, して, せざるを

▼ 道十郎めっかち~ (4, 0.0%)

1 がつい, でなん, というの, を思いださせる

▼ 道固め~ (4, 0.0%)

1 というふう, として本山, の尾州, をする

▼ 道~ (4, 0.0%)

2 があった 1 のふかい, 浅からぬ

▼ 道~ (4, 0.0%)

21 が作つた集古今佛道論衡實録, や懷素等

▼ 道尊さん~ (4, 0.0%)

1 にお, の調伏, は居るだらう, は早速

▼ 道庵並み~ (4, 0.0%)

1 にシミッタレ, に神, に軽い, に返り

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 が尽く, というもの, と申しまし, を送っ

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 に取られ, のところ, を七八丁飯田町, を歩い

▼ 道日本~ (4, 0.0%)

1 だと, の一行, の教育, は皇室中心

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 とは当時, に至つて宇津, を泰昌, 常善

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 に見えぬ, も仏書, を授ける, 即ち老

▼ 道~ (4, 0.0%)

2 ぬるもの 1 ぬるが, を懼

▼ 道漸く~ (4, 0.0%)

1 くだれり, くれたり, たかし崖下, 衰へて

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 から始まつ, が入唐, が出掛け, によって始まった

▼ 道眞公~ (4, 0.0%)

1 だから, の和歌, の御家來白太夫樣, の臣

▼ 道~ (4, 0.0%)

1 にある, の中, の部立, は多く

▼ 道~ (4, 0.0%)

2 でグルグル 1 にこの, に二抱え

▼ 道~ (4, 0.0%)

2 ふと曰 1 の二字, ふを以て

▼ 道誉ら~ (4, 0.0%)

1 の先鋒, の兵, の列, もつづい

▼ 道誉自身~ (4, 0.0%)

1 が自賛, だけで, でこれ, は一歩

▼ 道饗祭~ (4, 0.0%)

1 の分, の思想, の様式, の祝詞

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 ねえ, よしたと, チツトばかり

▼ 道あるい~ (3, 0.0%)

2 て六貫村 1 ている

▼ 道かの~ (3, 0.0%)

2 道という 1 湯気の

▼ 道ぐらい~ (3, 0.0%)

1 何でも, 作っても, 知ってるかも

▼ 道ぐらいは~ (3, 0.0%)

1 心得て, 知って, 自分で

▼ 道すら~ (3, 0.0%)

1 怠られて, 見失うもの, 譲れん意地張り

▼ 道すらも~ (3, 0.0%)

1 いまだにない, ない, ない置き残された

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 づたづし, づたづし月待ち, ど

▼ 道だけでも~ (3, 0.0%)

1 何十台という, 四十幾種類の, 覚えようと

▼ 道であれ~ (3, 0.0%)

1 ば僕, ば結構, 刀鍛冶であれ

▼ 道とかいう~ (3, 0.0%)

1 女中が, 特別欄が, 鎖国時代の

▼ 道とともに~ (3, 0.0%)

1 今は, 日本魂の, 私の

▼ 道とに~ (3, 0.0%)

1 さまざま彩られ, 就いては, 遺されて

▼ 道ながら~ (3, 0.0%)

1 ともかくも, 往來の, 手より

▼ 道なぞは~ (3, 0.0%)

1 心得て, 月夜の, 無論無い

▼ 道なぞを~ (3, 0.0%)

1 択んで, 通つた, 量つてゐる

▼ 道などで~ (3, 0.0%)

1 凡そ名ある, 近きが, 顔を

▼ 道ならね~ (3, 0.0%)

1 どこれ, どとがめえられぬ, どよくよく

▼ 道にか~ (3, 0.0%)

1 かつてゐた, へれ, 高き御名

▼ 道にこそ~ (3, 0.0%)

1 向へ, 自由の, 詳しいが

▼ 道についても~ (3, 0.0%)

2 凡庸ならぬ 1 お考

▼ 道にと~ (3, 0.0%)

1 そうお願い, つては, 外らしめ

▼ 道にのみ~ (3, 0.0%)

1 入つて, 向かって, 闇が

▼ 道にまで~ (3, 0.0%)

1 あるの, 日本の, 至る異色

▼ 道により~ (3, 0.0%)

1 世に, 敢て, 私が

▼ 道による~ (3, 0.0%)

2 外は 1 んじゃ

▼ 道のみは~ (3, 0.0%)

1 人並外れ, 容易に, 選ばない

▼ 道はと~ (3, 0.0%)

1 つぶやいて, 何か, 夜もすがら筆

▼ 道はん~ (3, 0.0%)

1 だすがな, に限つてそ, も一寸

▼ 道へも~ (3, 0.0%)

2 その朗 1 すぐ手配

▼ 道べの~ (3, 0.0%)

2 粗朶に 1 草に

▼ 道また~ (3, 0.0%)

1 北の方は, 獣の, 遙かなり

▼ 道やら~ (3, 0.0%)

1 わからなくなりだんだん, わらじやら, 瓢箪なりの

▼ 道わる~ (3, 0.0%)

2 を自動車 1 で無理

▼ 道をかへて~ (3, 0.0%)

2 うきよを 1 知らない街

▼ 道をずつと~ (3, 0.0%)

1 先き, 眺めて, 行くと

▼ 道を通じて~ (3, 0.0%)

1 この過程, 後ようやく, 汽車から

▼ 道一面~ (3, 0.0%)

1 に散りしい, の木賊, を埋めつくし

▼ 道三様~ (3, 0.0%)

1 と義龍様, の兵, の思い立ち

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 の, は迷はじ六, まで歩いた

▼ 道仙寺~ (3, 0.0%)

1 と歩いた, と言う, の頂上

▼ 道会議員~ (3, 0.0%)

1 なる老巧, にもなつて, の機関

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 に離れたる, ひである, ひに

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 うしても, かなつかしく, ほどの事

▼ 道余録~ (3, 0.0%)

2 を著し 1 は乃ち程氏遺書

▼ 道供養~ (3, 0.0%)

1 にし, はこの, もひと

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 の楽, 精舎に, 霞微

▼ 道~ (3, 0.0%)

3 の家人

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 主上の, 異端の, 道教道教即

▼ 道~ (3, 0.0%)

2 の大神 1

▼ 道各地~ (3, 0.0%)

1 から優秀, に, の書店

▼ 道向う~ (3, 0.0%)

1 にきこえそめしせ, の一軒, の生垣

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 の墓, の甫庵太閤記, の笹ちまき

▼ 道~ (3, 0.0%)

2 に飢凍 1 に行吟

▼ 道~ (3, 0.0%)

2 破りめ 1 の東塔

▼ 道好き~ (3, 0.0%)

2 な道 1

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 だって鎌足, で藤原, とある

▼ 道将軍時代~ (3, 0.0%)

1 の古墳群, の絵, を思わせる

▼ 道將軍~ (3, 0.0%)

1 の出征, の派遣, を四方

▼ 道工夫~ (3, 0.0%)

1 するにも, の青服, 半未全

▼ 道庵ひとり~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, をうっかり, を探す

▼ 道庵風情~ (3, 0.0%)

1 に, に大阪, を相手

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 というもの, にて怪しき, のウジ

▼ 道得おの~ (3, 0.0%)

2 づから三年八年三十年四十年 1 づから功夫

▼ 道得自身~ (3, 0.0%)

1 の内, の自己道得, の開展

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 巡幸の, 教訓として, 通行の

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 が大安寺, が建てた, の時

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 に馬, を好漢, 元無特操

▼ 道或いは~ (3, 0.0%)

1 山陽道と, 理念の, 除けて

▼ 道~ (3, 0.0%)

2 より二里半 1 より四里二十町

▼ 道時さん~ (3, 0.0%)

1 が不品行, に何, を愛し

▼ 道~ (3, 0.0%)

2 がへり 1 に晩

▼ 道来い~ (3, 0.0%)

3 との笛

▼ 道樂氣~ (3, 0.0%)

1 が拔, の多い, はこれん

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 の修繕, の見分, を見分

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 には母, の情, の道

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 ですね, の主, の二派

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 といっ, などの色めいた, の子

▼ 道用心集~ (3, 0.0%)

1 第五, 第六, 第四

▼ 道眞傳~ (3, 0.0%)

1 と云, なりを讀ん, の智

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 の届かぬ, の観識, を開かれた

▼ 道碌神~ (3, 0.0%)

1 の前, の祭り, は道祖神

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 などもそれ, の道, の馬術

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 に, の茶店いたずら, の落葉

▼ 道自力~ (3, 0.0%)

2 の教 1 の教え

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 が可能, せるいまだ, 現成す

▼ 道蔵本~ (3, 0.0%)

1 と道蔵本, に変改, は即ち

▼ 道西入道~ (3, 0.0%)

1 はいんぎん, は汗, もおぞ

▼ 道誉め~ (3, 0.0%)

1 の告げ口, の布陣, は初め

▼ 道誉一存~ (3, 0.0%)

1 にてご, にても何, になる

▼ 道誉好み~ (3, 0.0%)

1 な彼, の, の茶

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 と別れ, には新しい, に對

▼ 道越え~ (3, 0.0%)

1 て, てまだ, て北浜

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 が腫れ上っ, で行進, とか村田春汀

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 で出会った, なれば, にある

▼ 道近道ぢ~ (3, 0.0%)

3

▼ 道造り~ (3, 0.0%)

1 が付け, に大石, の見分

▼ 道遠から~ (3, 0.0%)

21

▼ 道遠く~ (3, 0.0%)

2 其期する 1 それに

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 だか, のうち, の三教

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 だのまた, を主力, 少弐頼

▼ 道~ (3, 0.0%)

1 の血, を何ん, 押えられたまま

▼ 道○○○○○○○~ (2, 0.0%)

2 続きけり

▼ 道あの~ (2, 0.0%)

1 峻嶮を, 言葉なぜ

▼ 道あらし~ (2, 0.0%)

2 思はぬに

▼ 道ありき~ (2, 0.0%)

2 古も

▼ 道あるいは~ (2, 0.0%)

1 凍り道, 広くあるいは

▼ 道あんな~ (2, 0.0%)

1 いに, いを

▼ 道いかばかり~ (2, 0.0%)

2 なりけむ

▼ 道いつか南~ (2, 0.0%)

2 へ下りぬらし

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 のであろう, 休れ

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 天地と, 道え

▼ 道おそく~ (2, 0.0%)

1 とは足, 行き果つまじき

▼ 道おなじ~ (2, 0.0%)

1 こと何も, 樹立に

▼ 道おのずから~ (2, 0.0%)

1 正しからざる, 開けこ

▼ 道からの~ (2, 0.0%)

1 こなたの, 想像とは

▼ 道がち~ (2, 0.0%)

1 がやしない, がやア

▼ 道くさ~ (2, 0.0%)

1 すると黒玉, 紀行に

▼ 道くだり~ (2, 0.0%)

2 てのぼる

▼ 道ぐさ食~ (2, 0.0%)

1 ひながら, ひの

▼ 道ここ~ (2, 0.0%)

1 の木原, まで差しかかる

▼ 道さえも~ (2, 0.0%)

1 その両側, 和げました

▼ 道さん貴方~ (2, 0.0%)

1 の尊う, は此の方

▼ 道しろし~ (2, 0.0%)

2 おのづか

▼ 道だけで~ (2, 0.0%)

1 山踏み, 許される事がら

▼ 道だって~ (2, 0.0%)

1 あのな, 大抵じゃ

▼ 道だつた~ (2, 0.0%)

1 のでひどく, ので町

▼ 道だらう~ (2, 0.0%)

1 が少し, に

▼ 道ちがえ~ (2, 0.0%)

1 に持ち行き, の叢

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 端に, 端の

▼ 道つけ~ (2, 0.0%)

2 て薄ら水

▼ 道つづき~ (2, 0.0%)

1 で, や里芋

▼ 道づれになつて貰ひたい気持ち~ (2, 0.0%)

1 だつた, になつて

▼ 道であったろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 道であるなら~ (2, 0.0%)

2 この望み

▼ 道でございましょう~ (2, 0.0%)

1 ましてこの, わたしその

▼ 道でござん~ (2, 0.0%)

1 すか, すぞ

▼ 道ででも~ (2, 0.0%)

1 会って, 何処ででも

▼ 道でなかった~ (2, 0.0%)

1 か, ことは

▼ 道といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 体に

▼ 道とかが~ (2, 0.0%)

1 あつた, 末技的に

▼ 道とかにおいて~ (2, 0.0%)

1 名誉心が, 名譽心

▼ 道とかの~ (2, 0.0%)

1 主要な, 文字は

▼ 道とかを~ (2, 0.0%)

1 描くそれ, 通る

▼ 道とこそ~ (2, 0.0%)

2 なれ

▼ 道とては~ (2, 0.0%)

1 あらざりしなり, ない所

▼ 道とでも~ (2, 0.0%)

1 いうべきもの, 鑿りつけ

▼ 道とにも~ (2, 0.0%)

2 あらざりしかど

▼ 道どこ~ (2, 0.0%)

1 にありや, までつづく

▼ 道ない~ (2, 0.0%)

1 いうて, ほど不健全

▼ 道なから~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ 道などでは~ (2, 0.0%)

1 どういう言葉, なくて

▼ 道などと~ (2, 0.0%)

1 口やさしく, 言われるもの

▼ 道ならん~ (2, 0.0%)

1 こと十年五載す, 事で

▼ 道なりの~ (2, 0.0%)

2 後へ

▼ 道なんぞ~ (2, 0.0%)

1 有るよう, 聞いて

▼ 道にあたって~ (2, 0.0%)

1 十数頭の, 死を

▼ 道にあたり~ (2, 0.0%)

1 まつりごと私に, 原信好の

▼ 道にかけても~ (2, 0.0%)

1 かなり評判, 六韜の

▼ 道にさえ~ (2, 0.0%)

1 その無, ついて行けば

▼ 道にたいする~ (2, 0.0%)

1 懐疑から, 清盛の

▼ 道につき~ (2, 0.0%)

1 到り尽しての, 進もうそして

▼ 道にては~ (2, 0.0%)

1 我はと, 第一

▼ 道にや~ (2, 0.0%)

1 はらかい, 積らんことに

▼ 道によってか~ (2, 0.0%)

2 それとも能動的

▼ 道によってかは~ (2, 0.0%)

2 勿論一部分理想

▼ 道によってしか~ (2, 0.0%)

1 合理化され得ない, 生きる心

▼ 道にわたって~ (2, 0.0%)

1 漂うの, 諸部隊

▼ 道に関する~ (2, 0.0%)

1 先生の, 罪責の

▼ 道のみを~ (2, 0.0%)

1 歩む人, 残して

▼ 道はじめ一山~ (2, 0.0%)

2 の僧徒

▼ 道ふみた~ (2, 0.0%)

2 がへ

▼ 道ふも~ (2, 0.0%)

1 のあら, のなし

▼ 道ぶし~ (2, 0.0%)

1 んで歩き, んを

▼ 道へま~ (2, 0.0%)

1 がつて, がつて山王

▼ 道ほそし~ (2, 0.0%)

1 人よみ手なる, 林檎の

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 がふ, よひ行く

▼ 道または~ (2, 0.0%)

1 うまや, 波うち際

▼ 道までの~ (2, 0.0%)

1 してな, 車窓の

▼ 道までも~ (2, 0.0%)

1 その荒い, 聞こえて

▼ 道もがなと~ (2, 0.0%)

2 千々に

▼ 道もや~ (2, 0.0%)

1 むにやまれぬものじゃろう, むにやまれぬものなら八十三郎の

▼ 道やや~ (2, 0.0%)

1 に咲きつぐ, 西方に

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 かむ身, 別れかねつる

▼ 道ようやく~ (2, 0.0%)

1 海岸に, 盛に

▼ 道をか~ (2, 0.0%)

1 ぎまわつてゐるところ怒, へりながら

▼ 道をこそ~ (2, 0.0%)

1 歩かせたがった, 言え

▼ 道をさえ~ (2, 0.0%)

1 歩いて, 間違えて

▼ 道をの~ (2, 0.0%)

2 ぼつて

▼ 道をのみ~ (2, 0.0%)

2 走りし知識

▼ 道をもって~ (2, 0.0%)

1 為ない, 陶冶する

▼ 道ッ端~ (2, 0.0%)

1 ではお, で展げたとこ

▼ 道ナルガ~ (2, 0.0%)

1 故ニ, 故ニ山間僻村

▼ 道ノリ~ (2, 0.0%)

1 のある, をはい

▼ 道一以~ (2, 0.0%)

2 て之

▼ 道一方~ (2, 0.0%)

1 しか逃げ場, は真直畑

▼ 道一般~ (2, 0.0%)

1 についての研究, に興味

▼ 道三山城守様~ (2, 0.0%)

1 の滅亡, をば前

▼ 道三秀龍様~ (2, 0.0%)

1 からは多年, の幕下

▼ 道三郎博士~ (2, 0.0%)

1 かつて, かの説

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 取締の, 窮

▼ 道不徳~ (2, 0.0%)

1 の小人バラ, は日本人一般

▼ 道中の間~ (2, 0.0%)

1 で駒井能登守, に用向き

▼ 道中松並木~ (2, 0.0%)

2 で出来た

▼ 道中気~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ 道中道ゆきぶり~ (2, 0.0%)

2 は追

▼ 道九郎君~ (2, 0.0%)

1 が何れ, は嬢

▼ 道了山~ (2, 0.0%)

1 の方, をはじめ

▼ 道事業~ (2, 0.0%)

1 にヤマ氣, に心

▼ 道二つ~ (2, 0.0%)

1 あり其一, に岐

▼ 道二ツ~ (2, 0.0%)

2 の理解

▼ 道二天一流~ (2, 0.0%)

2 と号し

▼ 道人間~ (2, 0.0%)

1 の出来, の本能

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 になき, に無し

▼ 道伝い~ (2, 0.0%)

1 に杉木立, に近衛通

▼ 道伴侶~ (2, 0.0%)

1 で決して, にする

▼ 道~ (2, 0.0%)

2 その人

▼ 道作樣~ (2, 0.0%)

1 の駕籠, は歩い

▼ 道先鋒兼鎮撫総督~ (2, 0.0%)

1 の一行, の先駆

▼ 道全体~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 道其の~ (2, 0.0%)

1 や, 樣な

▼ 道其半~ (2, 0.0%)

2 ば位

▼ 道冥官天~ (2, 0.0%)

2 の神地

▼ 道分ってん~ (2, 0.0%)

2 のかとの

▼ 道別桃葉~ (2, 0.0%)

1 の二人, を待ちかね

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の小滝, もいろいろ

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の手, も来

▼ 道友たち~ (2, 0.0%)

1 にも恐らく, は各

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 とを容易, を中核

▼ 道取する~ (2, 0.0%)

1 力量ある, 力量あれ

▼ 道取り~ (2, 0.0%)

1 がその, て進めり

▼ 道句風~ (2, 0.0%)

2 をまねた

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 さえも捨てた, の行列

▼ 道同様~ (2, 0.0%)

1 になっ, の運命

▼ 道向こう~ (2, 0.0%)

1 のあの, のそれ

▼ 道君經義~ (2, 0.0%)

2 を演説

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 全国にわたって, 進み来つた道

▼ 道~ (2, 0.0%)

2 を酌ん

▼ 道命阿闍梨~ (2, 0.0%)

1 はひとりそっと, は不機嫌

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の家族, の許諾

▼ 道哲論~ (2, 0.0%)

1 の中, 第二十七册以下

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 ひぬ, へば

▼ 道四通~ (2, 0.0%)

1 する所, の中心

▼ 道國有法案~ (2, 0.0%)

1 が中ごろ同一事情, を提議

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 は笑っ, をなでる

▼ 道埃しろじろ~ (2, 0.0%)

2 立てて

▼ 道夕日さし入り~ (2, 0.0%)

2 流れたり

▼ 道多く~ (2, 0.0%)

1 て自分, は平

▼ 道太自身~ (2, 0.0%)

1 にももっと, も姉

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 として生きぬく, の運命

▼ 道姉さん~ (2, 0.0%)

1 が心入れ, の手

▼ 道~ (2, 0.0%)

2 は士道

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の先生ぢ, の御

▼ 道守るなら~ (2, 0.0%)

2

▼ 道実践~ (2, 0.0%)

1 といふこと, とかいふこと

▼ 道寸父子~ (2, 0.0%)

1 の墓石, の沈没船

▼ 道尉陳宮~ (2, 0.0%)

1 という者, は部下

▼ 道少し~ (2, 0.0%)

2 ばかり菜種

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 が引けない, に於ける

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 と水, と海

▼ 道工事~ (2, 0.0%)

1 のため, 並びに新

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 に半日無駄話, に時々

▼ 道庵そのもの~ (2, 0.0%)

1 の生地, を一

▼ 道庵の~ (2, 0.0%)

1 はあんまり, は杖槍

▼ 道庵め~ (2, 0.0%)

1 の眼, はしゃあしゃあ

▼ 道庵一流~ (2, 0.0%)

1 のヨタ, の論法

▼ 道庵先生あたり~ (2, 0.0%)

1 が飛び出し, こそ怖い

▼ 道庵先生の~ (2, 0.0%)

1 は世間, は酒

▼ 道庵式~ (2, 0.0%)

1 の一種, の形容

▼ 道庵扱い~ (2, 0.0%)

1 には慣れ, に馴れ

▼ 道庵樣~ (2, 0.0%)

1 が, が行方

▼ 道庵米友~ (2, 0.0%)

1 の二人, は米友

▼ 道引違~ (2, 0.0%)

2 へて我が家

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 さんが, 君を

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 があった, も前段小

▼ 道得する~ (2, 0.0%)

1 のである, 者

▼ 道心頭~ (2, 0.0%)

1 をも顧みず, を頭巾

▼ 道必ずしも~ (2, 0.0%)

1 安心で, 鳥跡では

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 を使, を案内

▼ 道悪し~ (2, 0.0%)

2 道玄坂は

▼ 道~ (2, 0.0%)

2 を得た

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 を山羊, を縫つて

▼ 道払沢~ (2, 0.0%)

2 の口

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の大神, の為

▼ 道文学~ (2, 0.0%)

1 の享, までの最も

▼ 道暗い~ (2, 0.0%)

1 道と, 道を

▼ 道會社~ (2, 0.0%)

1 の經營, の舊慣調査

▼ 道木々~ (2, 0.0%)

1 に倚, を根

▼ 道未だ~ (2, 0.0%)

1 全からず, 開けず

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 にこう, を想像

▼ 道柏一成~ (2, 0.0%)

2 内藏允

▼ 道柏卜庵~ (2, 0.0%)

1 の二人, はすぐ

▼ 道極り~ (2, 0.0%)

1 て親房准后, なく百千年

▼ 道様為右衛門様~ (2, 0.0%)

1 から五重塔, の御

▼ 道様爲右衞門様~ (2, 0.0%)

1 から五重塔, の御

▼ 道樂ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, や三年

▼ 道樂もの~ (2, 0.0%)

2 とは名

▼ 道樂指南番~ (2, 0.0%)

1 で七平, もやる

▼ 道次第に~ (2, 0.0%)

1 熟習し, 習熟し

▼ 道武士~ (2, 0.0%)

1 の精神, の道

▼ 道歩く~ (2, 0.0%)

1 なんて意地, のが

▼ 道汽車~ (2, 0.0%)

1 すべる, は日夜

▼ 道沿線~ (2, 0.0%)

1 に添つて, の光景

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 がそれ, とが以前

▼ 道浄土~ (2, 0.0%)

1 の二門, の議論

▼ 道滅尽せん~ (2, 0.0%)

2 にわれ慈悲哀愍

▼ 道灌山待乳山~ (2, 0.0%)

2 なぞと呼ばれ

▼ 道為右衛門~ (2, 0.0%)

1 せっかくわずかに, にこの

▼ 道熱心~ (2, 0.0%)

1 に精進, の微衷

▼ 道爲右衞門~ (2, 0.0%)

1 に此, 折角僅

▼ 道特に~ (2, 0.0%)

1 悪し本, 畑の

▼ 道琳法師~ (2, 0.0%)

1 の傳, の項

▼ 道由子~ (2, 0.0%)

1 だった, は葉子

▼ 道異なる~ (2, 0.0%)

1 かかへり, かかへり来ぬ

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の主張, の生命

▼ 道破る~ (2, 0.0%)

1 だけの考, 丈の

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 といった, の末期養子

▼ 道秀富穀~ (2, 0.0%)

1 が子, は四十八歳

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 と云, をやる

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 郎子が, 郎子と

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 は東京市, は母

▼ 道~ (2, 0.0%)

2

▼ 道経済~ (2, 0.0%)

1 に立脚, の名

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 ゆるところ, ゆる事数週

▼ 道絶え~ (2, 0.0%)

1 鹽は, 鹽全く

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 が行き, はこれら

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の下, はさらに

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 などは前の, をである

▼ 道美しく~ (2, 0.0%)

2 切株残れる

▼ 道聽塗説~ (2, 0.0%)

1 に見え, の越後

▼ 道聽途説~ (2, 0.0%)

1 に由つて, は林若樹さん

▼ 道臣下~ (2, 0.0%)

1 が君主, には臣下

▼ 道臣命~ (2, 0.0%)

1 と大久米命, の合図

▼ 道臣等~ (2, 0.0%)

1 の親子三人, は初めそれ

▼ 道芋坂~ (2, 0.0%)

2 の場

▼ 道蜂道~ (2, 0.0%)

1 がほとんど, にかなっ

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 だけがいつ, を着

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 という人, の実弟

▼ 道西~ (2, 0.0%)

1 とわかる, はここ

▼ 道覚一流~ (2, 0.0%)

1 の格調, の玄妙

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 があつ, を創建

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 が起り, に釋藏

▼ 道言葉おごそか~ (2, 0.0%)

1 にこの, に此度建立

▼ 道誉の~ (2, 0.0%)

1 でなく心から, はわけ

▼ 道誉一人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の存否

▼ 道誉一流~ (2, 0.0%)

1 のヘン, の偽装

▼ 道説教~ (2, 0.0%)

1 に右, を始めた

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 として毎月五圓宛, とを加え

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 ひけむ, ふわれは

▼ 道通る~ (2, 0.0%)

2 人に

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 かりいづこ, みかも

▼ 道遠けれ~ (2, 0.0%)

1 ば是非, ば祭

▼ 道鎮撫使~ (2, 0.0%)

1 に従つて, を罷め

▼ 道長き~ (2, 0.0%)

2 右左石燈籠と

▼ 道開き~ (2, 0.0%)

1 をする, 或いは熊

▼ 道開け~ (2, 0.0%)

1 たりと雖ども, わが宮中

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 で食いとめられ, は通れぬ

▼ 道~ (2, 0.0%)

2 かれし手置帆負

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 である, は剃髪

▼ 道~ (2, 0.0%)

1 の掘った, の運河開鑿等

▼ 道鬼入道~ (2, 0.0%)

1 のからだ, を初め

▼1* [1402件]

あきらかな態度, 道あけあんどうという, 道あすこのカマド, 道あせる事無用と, 道あって始め, 道あなたはあなた, 道あまりの事, 道あゆみ行く二人なり, 道あらむかな, 道あらゆる道は, 道ありしを忘, 道ありで自ずからいかにすべき, 道あり統べて一, 道あるごとく商人にも, 道あるまじいでや者輩, 道悪いから, 道いそぎつつ, 道いそぎつつこよひごろ蛍を買, 道いたらざるところなく, 道いつぱいすれすれに部落の, 道いつしかも日, 道いと細う暗きに, 道いま盛なり, 道いよいよ枝葉の, 道いろは歌だの当時, 道いわば平凡に, 道い得て佳, 道い破ってくれる, 道うちひらくと, 道うつくしきかな, 道うなりと云い, 道おうしない若き男, 道おくれたる婦女共なれ, 道おのづから, 道おのおの霊魂不滅説を, 道およびわが国固有の, 道お上の手, 道お伴れ申せ, 道お前の荷物, 道かいなと袂, 道かかわり合ってはおられぬ, 道かぎりなければ, 道かく速かに開くべからず, 道かけたこの看板, 道かてよろしお, 道かどや軒近くへ, 道かなと夫人笑みつ, 道かならずよる茶屋, 道かなんぞも分からなくなりすこし, 道かに仕よう, 道かね道や, 道かように時, 道からわづかに, 道かれの毎日, 道がよひの, 道がわりに長かっ, 道きたろうかと尋ねる, 道きよめの雪, 道きりでは困るで, 道くさしてこないだみたい, 道くさすなよ, 道くらいなもの, 道くらいを除いただけ, 道くれの道, 道ぐさに行きはぐれた, 道ぐさしているのかも知れぬ, 道ぐさを食ひながら, 道ぐらいということに, 道こっちの道, 道この間になんら, 道この間四時間でやった, 道さえの, 道さして引き退いた, 道さぞお運び, 道されたのでも, 道されましてからキリスト教, 道さんいまにお前さん, 道さんのと重ね, 道さんイヤ丸部さん何にも要らぬ, 道さんイヤ丸部さん私は少し, 道さん何うぞ, 道さん四十里も故, 道さん夜逃げよりも朝逃げ, 道さん此の女, 道さん毒を毒, 道さん短銃をそちら, 道さん私と一緒, 道さん達の仲間入, 道さ迷ったら教えて進ぜ, 道しきやなかつた, 道しくじる稻垣致し方は, 道したるは按, 道しばの葉, 道しめつた空気そして, 道しゃの姿, 道しらば摘み, 道やない, 道じゃあない, 道じゃから手を, 道じゃが疲れるのう, 道じゃったから参謀本部, 道じゅう蹴りけりここ, 道じゅんをくわしく, 道すうどんを, 道すぎると思われる, 道すこぶる険悪なり, 道すたれ果て, 道すたれ果て名を, 道すでに開けたること, 道すべてに通じ得る, 道すゝまず, 道ずれでも何, 道せなければならぬ, 道ぜひに及ばぬ, 道ぜんたいが野分, 道そいの畑, 道そこで馬場を, 道そこらの河, 道そしてそれは, 道そぞろあふ人皆, 道そっくりだった, 道その道を行き交う, 道それから通りへ, 道それぞれな所, 道それでも罪は, 道そんなりにしとかれしません, 道ぞかびろけれ並らび駈けあがる, 道ただ一つこをおき, 道たどたどし月待ち, 道たのみ参らすにつけお, 道だが絶縁状を, 道だけしか残されては, 道だすさかいな何演つた, 道だったり界隈, 道だつしやろ, 道だにお前さん何処まで, 道だにもなし, 道ちゃんいつでも帰っ, 道ちゃんおいでよ, 道ちゃんさっきからのこと, 道ちゃん三月に結婚, 道ちゃん大瀧一家やけ出されて, 道ちゃん生国魂さんの獅子舞, 道ちやん許し, 道ちょっと背後の, 道ぢやつたから, 道ってやれば, 道っていうものは, 道つきたれば, 道つくりびとすがすがし蕗と, 道つまり線の, 道づけた理論, 道づたいに二十五里も馬車, 道づたひに歩いて, 道づたひ歸り來, 道づれであつたが別れて, 道づれとなつたこの人を, 道づれになつたのが私の落度, 道づれになつた二人の青年, 道づれになつて來た友人, 道づれになつて親分の氣, 道づれのたぐひにて帰国すれば, 道づれもあつた十一時頃小倉に入, 道のは, 道であったならいかに呪わしき, 道でありのがれ出た地獄に, 道でありましてこの, 道であるべきものが, 道である歩いてゐる, 道である踏みつけられて土, 道でございましてまして, 道でございましたがそれでも, 道でござる理でございます, 道でして相川, 道でしかない, 道でしょうあんな変, 道でなど出遇つて, 道ではといふん, 道でもねえところ, 道で御座ろうか, 道で無い花, 道といつても佐賀, 道とかにしばられて, 道ときたら殆ど一歩も, 道ときつると妙, 道ときますかさとします, 道とぎれて, 道とく国のボーダ, 道とでこの二条, 道とでは多少道路, 道となつたのも, 道とについて太田は, 道とには電車が, 道とによって支えられて, 道とに対する興味は, 道とばかり考えて, 道とへばつん, 道とやらが立ちますならば, 道どうして素通りできる, 道どちらからおいで, 道どりでもある, 道どんこういう訳, 道どんお前の前, 道どん御苦労だね, 道なお遠し勤, 道なかりしかば義侠, 道なかりしなりプラトーの, 道なき低き林の, 道なくなりつ又ふた, 道なければ本年厄落し, 道なぜこの加賀田, 道なぞにいそしみ通せるもの, 道などから善光寺方面へ, 道などでもその友達, 道などというものを, 道などとは反対に, 道などになると, 道などにまで下落し, 道などへ出そう, 道などもして, 道なほ遥々たり, 道ならあるが散歩, 道ならざる道へと, 道ならず我が后, 道ならないことだ, 道ならぬ戯れなせど, 道ならましぐらにその道をこそ, 道なりといふことを, 道なりとの確信の, 道なりませぬ目上の, 道なれどけふぞまことに, 道なんかに寝て, 道なんぞと外人達が, 道においてのみ交渉を, 道にかけての陛下の, 道にかけましては堅気な, 道にかもあらむ, 道にぞありける, 道についての定説の, 道にても茶器の, 道にとってかならず奔亡, 道にとっては夫も, 道によってのみ保持せらる, 道によってはあのくらい, 道によるか三間幅の, 道によるも要するに芸術, 道にわびしげなわくら葉を, 道にわたり平氏と, 道に対してもあまりに軽卒, 道に従い絶望の, 道に従うの心易き, 道あすこを, 道のうへをその遠く, 道のねえ所, 道のべまで一面に, 道のべゆけば株, 道のほど一町ばかり, 道のみの字でも, 道のむこうには, 道はから松積み二輪馬車がと, 道はくはしく, 道はくづれたまゝ通る人, 道はずッと出, 道はぞつとして, 道はちゃあんと, 道はちよつと縁, 道はないつもこの, 道はなはだ便ならざれ, 道はへびだあな, 道はほどばしりを, 道はや平生から, 道はるかなりとも, 道はん熱は熱, 道ばかりにて非常に, 道來れ, 道ひととおりの痩我慢, 道ひと筋で三年前, 道ひと通りに達し, 道ひどく女の, 道ひま取りければ, 道ひ得たのであらう, 道ひ得るのである, 道ひ放したものである, 道びき大み慈悲, 道びらきして, 道ふさぎの柵, 道ぶしんでもする, 道へか行らっしゃっ, 道へかと問う必要, 道へでも堕ちたか, 道へという差し詰まった, 道へにはかに曲つた, 道へびでも恐れいる, 道へまでも行きつけるだろうか, 道へるの句, 道べり腰をおろし, 道ほか一道の三ツ, 道ほの暗うなりぬ, 道まだまだ遠しと, 道まつすぐ, 道までが新らしく感じられた, 道まではまだ二三町, 道までをきわめたもの, 道まもなく胆吹の, 道まわり道しない道, 道みちのくの末, 道みちリーズのいる, 道みち主な町, 道みち親方はわたし, 道みち頭をなん度, 道みち食べ物を買う, 道みち駕籠を拾っ, 道みな紊るとき, 道みんなで掃く, 道みんな不作だ, 道が, 道めいた幼ない, 道もう敵の, 道もがなかたみにふかき, 道もござりませぬ唯此, 道もっとも繁昌したる, 道もつと, 道もて奔走する, 道もどるわが家を, 道もよかつた, 道ゃなんとやらですっかりかぎ出しちまった, 道ゃ蛇さ, 道やを何となし, 道ゆかばふるさと, 道ゆきずりの少女, 道ゆきぶり厳島詣の, 道ゆけばゆく, 道よく道標あり, 道よごしの骨頂, 道よし有明温泉を, 道よしっわしが, 道よりをして, 道の口供, 道らくな道, 道らしきものが, 道らしく西に, 道らしくあっても帰, 道らしく思われるが越後方面, 道らしく考へないではない, 道て釐夫人, 道なければ, 道をかへゆけど, 道をすら観じたこと, 道をぞ来たり, 道をなこう行く, 道をばかり通らせて, 道をよけても今の, 道を通じての海岸の, 道知ってるから, 道カン山下で降り, 道ガ南北ニ分割サレテ列車ヲ直通スル能ハズ, 道ガ富豪ニ壟斷サルルノ不義ト危險トハ鑛業省ノ註ニ述ベタルガ如シ, 道キリスト教王などのこと, 道スカイラインがじりじり, 道ソウラ出た, 道タリ朝鮮人ガ日本人ト大差ナキ民族タル理由ニヨリテ日本國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 道ツ傍にぺたりと, 道ツ端に立つ, 道トシ道ヲ空ト, 道ドラマはGHQ, 道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人ヲ指サズ我ヨリ先ニ, 道ナリコレヲ誠ニスルハ人ノ道ナリ, 道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, 道ナル所以ヲ明, 道ニカヽリ七日七夜ヲ歴, 道ニテ病犬ニ出合ッテキン玉ヲ喰ワレタガ, 道ニハ今マデ手, 道ニ他流ヘ行キテツカイツツ行ッタガ, 道ニ喧嘩口論ヲ挑ム者アリ, 道ニ從事スベキヤト云フニ余ガ見ル所ニテハ, 道ニ行合幸御一家, 道ノシリキベの國, 道之ヲ私人經營ニ開放スベシ, 道ハ別トハヨウイウタモノ金五郎サンハ前カラ, 道ハ戦するものハ, 道バタへおい, 道バタ赤クツイタ柿ニ歩イタ等の僕, 道ブシンがはじまっ, 道プレイバックでタラヒ登城, 道出タル処ニ, 道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, 道マリ子はたいへん, 道ヲ論ズ之ヲ三公ト言イ, 道ヴェネチアの古りし, 道一々その分限, 道一すじ隔てて, 道一ぱいに汚, 道一乗寺山のふもと, 道一以貫之, 道一円のおもしろから, 道一時間ばかり時間, 道一本の外, 道一生涯の華, 道一筋十和田に通, 道一般世間人の道, 道一身の鬼神, 道一重向隣の綽名, 道七年縉雲の陳由義, 道三はかぶりを振っ, 道三入道殿の修羅, 道三手にわかれ, 道三日の月夜, 道三昧なすがた, 道三父子にはどっち, 道三玄淵に学び, 道三秀龍様方の御, 道三笠山へ出る, 道三軍の編制, 道三郎菊池武夫栗塚省吾木下広次土方寧の諸君, 道において何, 道からスウッ, 道下してゐる, 道下り奥入りに揃え, 道下り奧入りに揃, 道不良のため同地, 道の二名, 道且ツハ君父ヘ仕, 道世々の道, 道達の, 道に中国, 道中の間艶種の一つ, 道中切角御自愛専一, 道中心の生活, 道中筋駅馬などを残らず, 道中陣十郎を見, 道中駒井能登守の一行, 道丸の内ビルディングの中, 道主以下大勢して, 道主義的労働組合設立振りと云い, 道主義者などが今日子供, 道主義軍国主義の合理化的宣伝, 道乗合馬車の中, 道乘換の地, 道九州の自然, 道九州その他海に近い, 道九郎それに就い, 道九郎君嬢は全く, 道九郎茲へ秀子, 道乱れて黒白, 道了塚近くの林, 道了塚附近の林, 道了山中で狸, 道了樣の御利益, 道了権現の向い側, 道了講の宿屋, 道二八四地区に分けられた, 道二十一章の眞價, 道二十億の多数, 道二十六丁中の茶屋, 道二十六卷があつ, 道二十四號に出, 道二年放翁四十二歳, 道二部か三部, 道二里は山道, 道二里あまりを命からがら, 道云々よ, 道五倫の教え, 道五十年の経験, 道五宿の, 道五斗米道は前述, 道五道となり, 道亡びたりそんな, 道交通の要衝, 道逢春, 道人事石川五右衛門であった, 道人心似鐵, 道人情両是非, 道人生成りゆきにまかせましょう, 道人跡を絶つ, 道人間一度はきつ, 道より云え, 道を学ぶ, 道仙台に板垣退助, 道以下のもの, 道以佗日郵致越戊寅春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 道以外出世の蔓, 道会その他のハッキリ, 道位自動車で馳, 道の云々, 道住請呼此童子住於解脱道者, 道余録自序に曰く, 道作りなど十五日, 道作等卅余人を捕ふ, 道例へば俳優, 道供養のれんどお, 道便りをする, 道便利あるのみ, 道に衰え, 道といふ者, 道保護の必要, 道の神, 道修するにはかかる, 道修まらざれば父父, 道修繕橋普請といつた, 道修羅地獄さ, 道個性の道, 道停車場に急ぐ, 道偽善的なもったい振り好んで, 道傍槐樹を見る, 道傍清泉所々に湧く, 道傍溝の畔, 道へまた, 道傾斜ならずば, 道の一文, 道儒教が互いに, 道儒教仏教多趣多様, 道元年に於, 道先生などを引く, 道先鋒は関東, 道先鋒総督と改めた, 道光二十六年版の, 道光以後は公羊學, 道光八年に僅か, 道光咸豐同治, 道光年間に至る, 道光時代の末, 道光武廟を経, 道光琳の絵, 道光頃からし, 道全部である, 道兩岸に相, 道八しるこ屋へ入る, 道八畳敷きくらいの, 道八通の利, 道六年閏五月十八日から十月二十七日, 道六道七道等のもの, 道兵法の道, 道兵馬のあと, 道其石段まで爪さき, 道兼十世の孫景綱, 道冥官司令司録等の許し, 道して, 道冷笑した道, 道凍り道等の, 道凹凸のはげしい, 道出雲地方等日本海岸に最も, 道刀槍の術, 道てありけり, 道分ってるの, 道切り注連繩張りなどの防衛策, 道初予自臨川歸鍾陵李徳遠范周士, 道別之に和, 道別余を戒め, 道別來たる, 道別傍らより然し, 道別先づ眠る, 道別意外なる顏付, 道別歸らむといふに留めもせず, 道別笑ふ, 道別飄然として來, 道それから豊周, 道利七も助かる, 道は, 道割合に分り, 道まっての, 道としか書い, 道劉道泰謝稚堅, 道力堅固を以て知られ, 道力自然に表, 道勘塩田陸奥守らの副将たち, 道は新, 道医薬の技, 道十一里だけれども, 道十九ヵ条なども彼, 道十年五載無, 道十郎めっかち氏が浮気, 道十餘丁此間盛んに護衞, 道またすなわち怪鼠病, 道南滿鐵道等ノ統一, 道南無仏南無, 道南鼠死行一篇を賦, 道単独で戻った, 道博君京都柳原の明石民造君, 道博小峰新八郎の両, 道博覧会と別に, 道を両手, 道印刷會社からその, 道印刷會社ガンブル商會を紹介, 道去り敢えぬ, 道難い哉, 道及きの大神とも申す, 道及び奥羽二州を, 道及ぼさんとす, 道友がたのお, 道友園原小源太, 道友父に訓, 道友諸君に申, 道取せざるべきにはあらず, 道取聞取これ作仏の, 道古りぬ首洗ひたる, 道古来唯従ふの, 道句読算術師のほか, 道可考道有皆隠医, 道台衙門のある, 道史上有名なる天主教, 道右桂谷道と道程標, 道右衞門等の門人, 道五疋と, 道也, 道向かいには長屋門, 道君今は京都, 道君父の恩, 道君經を序す, 道君靈寳天尊の言也, 道吾人の前, 道告ぐる時海の波, 道味聴聞の結果, 道命令されるやう, 道和尚は今一休, 道唐辛子赤く掛け干し, 道呪是親淨於那爛陀亦, 道唯一絶対の規約, 道問うた其れ, 道問題にも常に, 道喜作新道の岐, 道喜正元居士, 道四時間あれば, 道回りの鎮撫総督, 道図式西洋薬品記録仕上入倉簿, 道である日本, 道国民に物, 道國有ニ過キズ, 道國民の海事思想, 道圖欲見呑, 道土藏に續, 道地獄の境界, 道地蔵の腹, 道の隙, 道堪能の達者, 道より墓地, 道へ出, 道塞ぎ寝る, 道塲佛國風範亦復如是, 道塲復毎七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 道塲破りをやつ, 道を斬りすて, 道がめざましい, 道境三昧の廬, 道外れでもけた, 道多うして, 道多子なしただ, 道多年の習慣, 道の明け, 道夜ふけの風, 道大寿真と呼ばれる, 道大川端水にうつってる, 道大廻りは百, 道の理, 道太たちが長火鉢, 道太田駅からおよそ, 道奈良村へ出る, 道奧州街道の如き, 道女連れの旅, 道如きは既くに, 道如上座は官人宰相, 道如何が今や, 道如砥とかや言, 道妙寺の餅, 道始めて行われたる, 道は重, 道が宿直室, 道婆アさんに手傳, 道がそれぞれ軍, 道孝公が家扶, 道孝弟而已矣と稱, 道学士に補せられた, 道學也から有, 道學校の生徒, 道學根性から目かけ, 道學者の淵藪, 道學者的なここ, 道守りますけどそれ, 道守護の務, 道安が一応人々, 道安昔西方に至り, 道宋人なり, 道の物語, 道官吏の加藤, 道宜しきを得た, 道実は雷と, 道実地の修業, 道宣律師も器, 道となった, 道宮地線の坊中驛又, 道に行われ, 道家の子として兵道, 道家二階遂には, 道家屋建物を破, 道家来青木春岱に奥医師, 道の息, 道寿真に面会, 道さに, 道の庵室, 道尊坊さんには置床, 道導べに柱, 道小松をわけ, 道小林君が毎日, 道小笹が上, 道小説を書い, 道少しく登るところ陸橋, 道になる, 道尽きて松明, 道尽き心安んぜば, 道居士と法諡, 道というそば, 道屋外空居士か, 道屋海運業者も皆伯, 道屠所にひかれる, 道山片附けば, 道の群, 道と大書, 道島見たまはむとす, 道州任土貢といいました, 道州民が救われた, 道工事中の鉄道幹線建設, 道工廠の住宅地域, 道工業が世界一, 道巫覡の徒, 道差切新道と石, 道巴蜀へ通ずる, 道布設ガ阻害セラルルハ第一國民, 道師秀という者, 道帰りながら, 道帰る旅人を, 道帰農商の道, 道済大師曰く逢茶喫茶逢飯食飯親に, 道幕内では, 道平が本家の孫息子, 道平安分手時不期生前首, 道平田一門の前途, 道幹線の計画, 道広い道真直な, 道広くなり, 道庭木草川人間犬電信柱なん, 道庵お立ちの声, 道庵かくて一わたり, 道庵こちらからも道庵, 道庵それ自身は思った, 道庵ひとたび出づれば大抵は茶, 道庵もろともに楽屋, 道庵シドロモドロでその, 道庵ソックリの筆蹟, 道庵一人を目, 道庵一個の私事, 道庵不在を好機, 道庵主催前代未聞の関ヶ原, 道庵主従いつか知らず海道方面, 道庵先生そのものがふざけきっ, 道庵先生ズッと気象, 道庵先生一流の処方箋, 道庵先生下谷の長者町, 道庵先生健在なりやと, 道庵先生先生こんなところ, 道庵先生木曾街道の印象, 道庵先生洒落どころでは, 道庵先生道庵先生で通っ, 道庵先生長者町といえ, 道庵先生雲助に共鳴, 道庵十八文の如き, 道庵十八番の啖呵, 道庵君であること, 道庵宅を辞し, 道庵屋敷を落ちのびた, 道庵征伐の戦略, 道庵方の伏勢, 道庵旗を巻く, 道庵此處まで來, 道庵牽制運動のため, 道庵現在の時, 道庵眼をさまし, 道庵老でござるげ, 道庵胆吹山へと道, 道庵腮を撫で, 道庵膺懲のため, 道庵西上ということ, 道庵軍は充分, 道庵返事は何と, 道庵返辞は, 道庵退治のため, 道庵道庵が即ち, 道庵風采は来た, 道廃り平民の, 道廣くして車, 道廳のへツ, 道廳古株の高等官, 道廳構内の白楊樹下, 道廻りて永き, 道をつくっ, 道のもの, 道引かへて百花園, 道之丞, 道強迫観念にかかっ, 道の道, 道彼女は低めた, 道往生をでもした, 道待合の茶店, 道後以来三年間も不可解, 道後四代初代は石川県人, 道後左衛門の乗馬, 道徐々として登る, 道得ることなし, 道御名譽の方, 道復興だの西洋劍術, 道と云う, 道徹方へ吉左右, 道徹氏および山名, 道の苦, 道心事いまだ人, 道必ず正直なる, 道忠孝大慈悲, 道思ひ出の, 道思ひよる心なし, 道思想に捕われ, 道怡派の六派, 道も海陸軍ふた手, 道恩和尚の手, 道情良寛に劣らず, 道惟禹皐陶見而知, 道愛好者は宜しく, 道慈律師が奈良, 道慾望道の大, 道戀愛に對, 道程仰, 道成徳の人, 道時思さる, 道折節父の家, 道拓きに従っ, 道持つては帰られぬ, 道振いなどという当て字, 道の道, 道掃いたり片, 道掃除などし, 道揚権解老喩老の諸, 道擁護のため, 道政府といふやう, 道雨が, 道故御老人を, 道教習を事, 道教育を打ちこん, 道数里にし, 道數重なる告發, 道斎銘のを探し出し, 道斯く通達する, 道斯願不満足, 道新吉さん仕方がない, 道新緑である, 道斷ぢやと, 道斷希代なり, 道方角を選ん, 道旅行をする, 道日本人の一行, 道明らかならず迷い山, 道明りとはゆかない, 道明法道算道書道音道等であ, 道明白如朝霽捨之不知用甘為西洋隷, 道是安楽道と信じ, 道是星祠祈雨来, 道是清浄道是安楽道と信じ, 道是無上道是清浄道是安楽道と信じ, 道昼夜精進して, 道時代の余習, 道晩秋のうそ寒い, 道普しんし, 道普譜が出来, 道の女, 道暑き空より, 道暑し絮しろき, 道暗夜悪路をもの, 道曰くコン助曰くピヱロこれも庵中無聊, 道曲りくねった道が, 道書道のこと, 道書道音道等であ, 道最も自ら小に, 道會ぐらゐに出るつもり, 道會議員遠藤長之助は北見, 道會議員遠藤長之助氏の, 道會議長某會社, 道有って理, 道有り作法有り, 道有る時も, 道有れば水, 道有皆隠医, 道服すがたで, 道という医者, 道の方, 道木曾路と徒歩旅行, 道木節と病床, 道沾唇, 道本堂まで厨, 道本然への道, 道見付けて, 道村山口の所在地, 道来ましてしょう, 道来る人の, 道杭縣即ち唐時代, 道松島へ来, 道をうる, 道柏利安の卜庵, 道柳子の語る, 道柳子図して, 道柴垣樫垣要垣, 道栄さんお達者, 道栄宅へ手, 道根柢精神もまだ, 道椰子の林, 道まつたの, 道極まりのない, 道榮華の中, 道構内の線路, 道様式を採り容れた, 道樂さへ内輪, 道樂どころでは, 道樂もんでしてね, 道樂仲間を招ん, 道樂商賣は, 道樂息子達に誘はれ, 道樂或は裝飾, 道樂揚弓から雜俳, 道樂稼業を見習, 道樂者大通で金持, 道樂者茂七を置い, 道樂話迄が始まる, 道樂階級を網羅, 道横須賀道となん, 道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 道橋奉行の組, 道橋梁も下り, 道も知っ, 道次郎というもの, 道次郎らが出入り, 道歌道物語の傳授, 道の上, 道此処は自腹, 道武士道などを問題, 道武道の奥義, 道で行進, 道歩いてても僕, 道歩きなは, 道歩み給ふさまなる, 道殆ど喋りつづけ, 道には子供, 道殊にくは, 道氏伊井蓉峰氏田村とし子氏土岐善麿氏太田孝之博士がある, 道氏山脇女学校教師竹田菊子氏警視庁保安課長国監氏等の意見, 道民藝の帰趣, 道を伏せ心, 道水の手の落口, 道水道橋から来た, 道消潦, 道江戸橋から曾, 道没我の道, 道沿ひにでも, 道沿いの電車, 道沿道の藩民, 道法凡そ三百余里と云, 道法成就ということ, 道泰謝稚堅, 道として今日, 道浄土のかはりめ, 道浄土仏教の一切, 道浅い谷その, 道に濡れた, 道ひに, 道の儀, 道清く掃ひ, 道渡世の法, 道測量師の一隊, 道湖西抵越前角鹿津, 道の気, 道も乾き, 道滅多に人, 道滅多に通るはず, 道滝さんが怪我, 道がどの, 道灌山あたりの阻台, 道灌山以来どうする, 道灌山裏の森, 道火山觀測所旅館の設備完全, 道火薬で削り取った, 道為右衛門二人が計, 道無おもいしはさて, 道無ければ身, 道無事に助からない, 道無心の道, 道無用の悪評, 道無難趙州和尚の唇皮禅, 道煙草は不調法ぢ, 道照入唐して, 道照和尚によって始めて, 道照和尚栗原の火葬, 道照和尚遷化して, 道照火葬の翌年, 道照荼毘の後二十年, 道照遷化火葬あり, 道熱心家であった, 道のほのか, 道爲右衞門二人が計ら, 道物忌鬼霊占筮など多様, 道特有の廻り神, 道犬等浅野長晟の兵, 道ばめ, 道狭く繁き木立に, 道の辺, 道玄太郎とかいう者, 道玄船橋宗禎坂尚安多紀安琢であつ, 道珍様が御, 道理想への道, 道理解の道, 道琢名は某, 道琢武田叔安であつ, 道の傳, 道と称し, 道瑛令図が猶, 道長し, 道くべき生き方, 道生活の路, 道を為す, 道田井さんと三人づれで, 道由良の伝吉, 道畑山ぞひ, 道畜生道を通り越した, 道それだけな, 道にし, 道發達せず貯藏, 道までが, 道百綱を虹, 道百里を無人, 道的崇拝に似た, 道的形式に従う, 道的性格が躍如, 道的教練も中世フランス式教練, 道的理想は此, 道的異彩を放った, 道的道徳と浪華節以上, 道海に, 道益様のなす, 道益祖道可考道有皆隠医, 道と号, 道盛んに流行, 道盛信全, 道盛信崇であつ, 道盛徳至善民之不能忘也, 道くる所, 道温の, 道直に公あり, 道相手が佐藤, 道でも畫家, 道眞傳佛失を糺す, 道眞傳卷首に聖人自然, 道真ン中で, 道真直な道, 道つとるよ, 道知らずがお前, 道知る術の, 道知るべが書い, 道知れる人の, 道知んねえだな, 道知辺す, 道短歌の中, 道石ころ暑し赤き角, 道に嫁, 道とかの石碑, 道神僊の術, 道神社といふもの, 道神道だ, 道禅弟子として鞍鐙, 道禪師并びに南山士雲, 道は出家, 道私丈になっ, 道私利私慾とは自ら, 道秋草しげき田舎道, 道科之は今日日本, 道移住の道, 道空丹後の二家老, 道突きあたる奴を, 道突破はむなしい, 道い道, 道といふ窓, 道の兎天下, 道りなく, 道窮まるに至る, 道窮廢するを, 道立たじ幸ひ, 道立図書館まえの, 道立水産試験場でまる, 道立白老土人病院は閉鎖, 道立白老病院の院長, 道等使に立つた, 道が日本, 道算道書道音道等であ, 道節孔明や関羽, 道簡単な法, 道精進の覚悟, 道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, 道糸道糸から竿先, 道の卜部, 道れて, 道納所は善達, 道純さんの娘さん, 道紙芝居屋が自転車, 道になかだち, 道経めいた文句を, 道経世の道, 道経済学的一途と審美的一途, 道経由で木曾, 道絶えしより松, 道続きが大, 道綱どのに逢, 道綱一人を頼み, 道綽善導は一向に, 道綽善導懐感少康, 道綽善導日本の源信, 道綽善導源信源空の七祖, 道綽禅師が聖道浄土, 道総督一行のあと, 道総督岩倉少将はようやく, 道総督軍によつて, 道および尾張線, 道が垂直, 道續きが大畝, 道ふかきこと, 道罪深き事なれ, 道美来訪おとなしい話ぶり, 道義務は義務, 道の, 道老師在院お目, 道耶囘の四教師, 道聞多との会話, 道聴途説の陋, 道職業の道, 道肥後は熊本, 道は, 道を冷した, 道胤頼などの子息たち, 道能宇斯王の子, 道能惑衆年已長大無夫壻, 道能惑衆年已長大無夫壻, 道に覚え, 道臣さんかいなあの人, 道臣命勅を奉じ, 道臨津江の江口, 道轉車を, 道自ら開くべし, 道自体が岩, 道自分のもの, 道自分自身の天皇, 道自動車の止った, 道自然と弁え, 道自由ナル故八月上州厩橋城主北条安芸守, 道興廃のわかれる, 道舟橋伏原二家の明經家, 道船舶などの交通機關, 道芸能である, 道の女, 道茶店が時々, 道草臥れし時杖を, 道荒野となっ, 道荷車各種の煙突, 道莊列の書, 道華やかだつた時代, 道落葉が下, 道の花, 道の紅い, 道蕩焉として日, 道薛季宣等の説, 道藏外の墨子, 道蘊ほか十二大将が一つ陣幕, 道蘊みずからも全, 道の道, 道のごとく, 道の骸, 道蜂道等に比すれ, 道蜿々として足下, 道の殻, 道て来る, 道行なわれずんば桴, 道行われざれば去る, 道衍これを郊, 道衍又嘗て道士席応真, 道衍少しも驚かず, 道衍己の偉功, 道衍惘然たりと, 道衍抑又何, 道衍既に七十八歳, 道衍晩に道余録, 道衍曰く両日は昌也, 道衍曰く師は行い, 道衍書を馳せ, 道衍永楽十六年死す, 道衍燕邸に至る, 道衍白す虎, 道衍秉忠の流, 道衍自伝として看る, 道衍豈孝孺が濂, 道衍躬ずから, 道衍量何ぞ隘, 道衍金忠の輩, 道へたる, 道衰え両親此世を, 道衰微の原因, 道に三角, 道ならずされば, 道西の京のあたり, 道西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 道西国府尉右衛門などである, 道西洋の方, 道西瓜皮から続きけり, 道西神保若狭同八郎右衛門, 道ヘズヤウ, 道見えて, 道見たやうな, 道見ゆあまつ日, 道見ゆるかな, 道見返りがちなる大菩薩峠, 道規凡四十里許り北の方, 道視察といふ名目, 道観山を隔てる, 道観恋愛観はある, 道観音寺の参詣人, 道角家の磨きあげた, 道触らぬ神に, 道言訳がねえ, 道或いは壁書, 道りでなく芸道万般みな, 道を立ていで, 道証得の道, 道詩人無艶分, 道詮律師の室, 道詮徳明劉府君之墓, 道誉がきッとよい, 道誉そちの優しい, 道誉それには答えず, 道誉はつぎの路次, 道誉ほか百名余の盛宴, 道誉みずから参上するところ, 道誉みずから筆をとった, 道誉一代のほ, 道誉以下は元, 道誉以下これを見とどけた, 道誉以下土岐左近らもとにかく, 道誉以下武士どもはかえってよけい, 道誉以下輦輿をまもる, 道誉千葉ノ介, 道誉召喚の議, 道誉同様に何, 道誉土岐頼遠高, 道誉寺だ, 道誉斯波高経らがあと, 道誉望みの件, 道誉氏は微笑, 道誉流で通せましょう, 道誉秀綱の父子, 道誉笠だ, 道誉等大小の侯伯, 道誉自体の二, 道誉自信をもっ, 道誉藤夜叉高時ほか傍系の人物, 道誉貴公はまずい, 道誉身分は月, 道誉道誉と再三, 道誉酒としよう, 道誉降参の一件, 道誤りの道, 道を割り出し, 道説く浴衣かな, 道諏訪道などから善光寺方面, 道論衡實録の乙卷, 道とは, 道県下を, 道謙佐竹義敦ほか三浦石堂仁木畠山などから老臣今川範国, 道謹厳を貴ぶ, 道だ, 道谷間の細道, 道貞時よろこんで, 道しからず, 道貧且賤焉耻也とあり, 道責むる道を講じなけれ, 道賃銀の特異, 道賑やかなこと, 道の句, 道という難所, 道越後直江津まで汽船便, 道越町魚屋万蔵の家, 道越町魚屋万蔵方まで罷, 道踏みやぶる間道を, 道踏む音の, 道なしと, 道上千本松日岡やがて, 道の, 道軍最初の一戦, 道軍本営の執事, 道軍通過以来の山村氏, 道軒一人のよう, 道軒円玉はまた, 道軒常友がうなずく, 道軒常友正司幸平ならびに久吉, 道軒正司幸平常友のところ, 道いこツちや, 道辷りしあとや, 道返しの大神, 道迷いは重く, 道追討の宣旨, 道逃げる横道も, 道ふ見ゆ, 道通ぜなんだ, 道通行は助, 道連たるを失はない, 道連れて行く, 道連世は情, 道進むべき無慙の, 道進歩したる, 道を通じて法然, 道遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 道行けば, 道も往来, 道遙百濟裝治船舫而句驪無道圖欲見呑, 道けく, 道邃法師所栽の菩提樹枝, 道に立つ, 道郵便電信學術的結社等の萬國的聯合, 道酒沐浴この三ツ, 道醇らの書, 道釈人物に津々と, 道釈人物幽霊鶴亀竜の類, 道釈人物画にある, 道釈人物竹石支那楼閣山水のみ描い, 道釈人物花鳥を能くす, 道釈人物花鳥動物雲鶴竜蔬菜図等が描かれ, 道釈人物雲鶴等が描かれ, 道釈画か十二神将, 道を加, 道里数はあまり, 道里明白ならば, 道をゆく, 道に縁, 道金銭道慾望道の大, 道銀之助は右, 道銭租金税金から, 道鎮撫総督として高倉永, 道鑑どののお, 道鑑大隅忠能そのほか河田, 道鑑大隅忠能中原貞元らの兵, 道からその, 道長上に対するの礼, 道開かぬことあり, 道開成永続せんを要するなり, 道開業の祝ひ, 道間違へちや駄目, 道関組織の綿密, 道關東を見た, 道努は, 道院ニ代ヘ朝鮮鐵道南滿鐵道等, 道などの風, 道陵漢末瘧を丘社, 道陸神湯槽から出, 道新縣, 道隣り村より, 道などといった顔ぶれ, 道雇いという軽い, 道がり西域, 道なしただ, 道雪派花翁派雪荷派本心派道怡派の六派, 道電信全世界各地, 道の命, 道青山翁などは純, 道非常にむつかしい, 道非道に通達, 道革進の第, 道に十七日, 道頼もしさうなのは, 道などの名匠, 道顕僧都真賢阿闍梨, 道風あたりまでをやり, 道風さんにはすまない, 道の祭, 道も駕籠, 道馴れない者には, 道りつつ, 道高く山深く, 道高低す, 道高崎屋の方, 道高氏正面の安楽椅子, 道鬼そちの所存, 道鬼勇武絶倫の馬場, 道鬼奴偉いこと, 道鬼小笠原若狭などの名だたる, 道鬼山本勘助様ああいう, 道鬼山本勘助殿もさよう, 道鬼様かよう, 道鬼様道鬼山本勘助様ああいう, 道鬼様道鬼様道鬼山本勘助様ああいう, 道の道, 道鶯坂といつ, 道黄楊樹柏柊水松の古, 道黄道赤暑高低, 道鼓吹者には女客, 道齋銘のを探し出し