青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「過去~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~過ぎ 過ぎ~ ~過ぎた 過ぎた~ ~過ぎない 過ぎない~ ~過ぎなかった ~過ぎる 過ぎる~ ~過去
過去~
~過程 過程~ ~道 道~ 道中~ ~道具 道具~ 道場~ ~道徳 道徳~

「過去~」 6044, 65ppm, 1745位

▼ 過去~ (2730, 45.2%)

37 記憶を 30 ことを 27 生活の 22 御記憶 19 歴史を, 生活を 17 記憶の 16 ものと, 日本の, 歴史に 14 或る 13 ことは, 歴史の, 罪を 11 文学の 10 ことが, 作品を, 時代の, 生活が, 生活に 9 ものを 8 うちに, 中に, 事を, 事実を, 支那の, 歴史が, 生活は, 経験を

7 [12件] ことだ, ことで, ことに, すべての, ものだ, 一切を, 思い出を, 文化の, 秘密を, 自分の, 記憶が, 記憶は

6 ものは, 姿を, 歴史と, 経歴を, 経験から, 経験に

5 ものとして, 一切の, 人に, 思い出に, 文学は, 文学を, 生涯を, 自分を, 記憶から

4 [25件] ある時代, ことである, ために, ものが, 事は, 事実に, 事実の, 人物を, 仕事に, 仕事の, 出来事の, 因縁ほど, 夢と, 夢の, 日本人の, 時代に, 時代には, 時代を, 歴史は, 生涯の, 私の, 経験の, 記念の, 諸革命, 追憶が

3 [57件] あらゆる時代, ことと, ことばかり, すべてに, もので, ものである, ものに, ものの, ものも, やうに, 一時期に, 事に, 事實に, 人であった, 人と, 人を, 人口の, 伝統を, 作品の, 光景が, 又現在, 夢である, 夢に, 夢を, 失態を, 女性の, 姿が, 己れ, 幻の, 影に, 御経歴, 支那に, 文化に, 文化を, 文学が, 文学に, 日本, 日本人が, 歴史や, 物語が, 生活と, 生活に対する, 私が, 私を, 経験が, 罪の, 罪は, 罪業を, 聖降誕祭の, 複写の, 記念物を, 記憶に, 詩形を, 追憶は, 重荷を, 非を, 面影が

2 [183件] あとかたを, ある人事, いきさつを, いつに, いろ, お役, ことこれから, ことにな, ことも, すべてを, それを, ともがらの, なかに, ものであった, ものにな, ブルジョア文学の, モデルそのものの, ロシアの, 一切が, 一切に, 一生に, 一部分勿論, 不幸は, 不幸も, 世の, 世界が, 世界は, 世界を, 世紀の, 予と, 事だった, 事である, 事件を, 事例においても, 事実が, 事実と, 事柄を, 二三の, 二人の, 人々の, 人々を, 人は, 人事に, 人物の, 人間の, 人間を, 人類の, 仕事が, 伝統が, 伝統の, 作を, 作物に, 偉大な, 光栄を, 全景が, 内容は, 出発点から, 分子と, 制度の, 勇敢な, 回想が, 因果で, 国民性もしくは, 在りよう, 地質時代における, 多くの, 大家らの, 守護者に, 巻にのみ, 市政史を, 幻影を, 幽霊の, 廊下には, 形で, 形の, 影から, 影を, 彼に, 彼を, 彼方に, 御自身, 思い出の, 思ひ出, 思出と, 恋人で, 悩ましき恋愛生活, 悪業が, 惨めな, 意味に, 戦争において, 戦争の, 抑圧ある, 支那人の, 政治過去の, 文化と, 文士の, 文学では, 文学と, 文学において, 文学への, 文学的教養の, 文学美術の, 日川邊に, 日本が, 日本文学の, 時代や, 暗い影, 月日の, 朝鮮に対する, 朝鮮を, 東京に, 業績に, 様々な, 様式の, 正宗氏の, 歴史から, 歴史において, 歴史には, 歴史に対する, 歴史以外には, 民族生活を, 氷河の, 源氏の, 演劇, 演劇の, 無知を, 特権を, 特權を, 現実へ, 現実を, 理想を, 生活として, 異常なる, 社会に, 社会の, 社会を, 私は, 秘密に関する, 節穴を, 経歴と, 経歴の, 経済に関する, 経験で, 経験によって, 經驗に, 罪が, 罪と, 罪悪を, 背景が, 自分が, 自分に, 芸術は, 苦い記憶, 苦しい歴史, 苦しい経験, 行為に対して, 行為を, 親密を, 言葉でだけ, 記憶, 記憶と, 記録に, 詩の, 詩を, 話を, 誇りを, 誓約を, 諸制度, 追想の, 追憶と, 追憶を, 運命や, 過ちを, 道だ, 遺物が, 遺物に, 遺産の, 長い繰り返し, 関係だ, 非礼を, 革命について, 革命の, 鶴首の

1 [1522件 抜粋] あたしの, あやまちは, あらゆる回想, あらゆる物語, あらゆる苦しみ, あり来りの, あるとき, ある時を, ある美貌, いかなる時代, いずれの, いろいろの, おかしな場面, お染久松, ことか, ことであり, ことなら, ことに関して, ことまたは, こと将来の, こと第, さまざまの, すぐれた作家, すべてであった, そういう生活, そして今日, その数十篇, それに, ですか, どこかに, どんな不幸, ない時代, においである, ひしめき合う思い出, ままに, ものから, ものであるだろう, ものとは, もの滅び, やむべからざる事情, ゆめと, りっぱな, わが身天皇の, アヤマチを, インディヴィジュアリズムは, キリストの, センチメンタルな, ニホンは, ブルジョア作家連が, プロレタリア, プロレタリア文学は, プロレタリア文学運動に対する, プロレタリア文学運動時代サークル活動が, ミイラが, ヨーロッパの, ロダンさんの, 一つな, 一切は, 一性格で, 一点に, 一部を, 七年我が, 三年間の, 下宿の, 不可思議を, 不幸と, 不明は, 不条理という, 不運が, 世界で, 世界に, 世界へ, 世相であった, 中には, 主従の, 事あしたの, 事といふ, 事のみ, 事件が, 事件としての, 事実であろう, 事実は, 事實を, 事柄も, 事歴は, 事物を, 事跡を, 二元論に, 亡霊, 亡霊の, 人, 人々にたいする, 人たちが, 人でありました, 人では, 人となり国家は, 人とは, 人へ, 人及び, 人文を, 人物は, 人生経験に対する, 人間が, 仕事から, 仕事ぶりを, 任意の, 伝統その, 伝習に対して, 体験と, 何事かを, 作中より, 作品が, 作品として, 作品中に, 作家に, 作家を, 作物を, 例亦, 信仰行事の, 修辞学と, 個人主義的迷妄です, 偉人らの, 健康状態, 傑作を, 傷痕も, 儒的な, 先蹤を, 全生活, 六七年間は, 冥府の, 出來事の, 出来事だ, 出版物を, 判る人, 創作品の, 力をも, 功績に対して, 助動詞は, 労働運動, 動詞を, 勢力とは, 勢力は, 匂い, 区分は, 十五年間の, 半封建的文学, 半生涯, 印象の, 厳粛なる, 友と, 反復をのみ, 反省によって, 古典に, 史学者の, 史家は, 史實を, 名家を, 名曲を, 君主日本とは, 呟きであるが, 哲学的生活の, 啓示に, 噂から, 囘顧は, 回想である, 因を, 因果を, 因縁を, 因習の, 因襲を, 国家の, 土中へ, 地震や, 塵埃の, 壮大と, 外は, 多い女, 夢は, 大きな祕密, 大家を, 大衆文学は, 大阪がか, 天才らの, 夫人たちよりも, 奉仕は, 女, 女に, 如くに, 妖怪に, 婦人作家たちの, 存在で, 存在に, 学生よりも, 学者もしくは, 宗教では, 実例に, 実際的経験, 家庭生活は, 寝言だ, 封建的な, 小さな生活記録, 小説は, 履歴に対して, 山や, 崩壊を, 工藝品が, 差別待遇が, 己に対して, 年代記こそ, 幻も, 幻影が, 幻影の, 幼穉なる, 幽霊も, 幾人かの, 幾百千万の, 形は, 形式論理に, 形見を, 影なり, 影法師が, 御威勢, 微かな, 徳川期だ, 心象の, 忍耐の, 応仁永正の, 思い出と, 思弁生活に, 思想で, 思想を, 思索の, 性質という, 恋の, 恋人の, 恋愛の, 恥こそ, 恥と, 恩人である, 悪夢も, 悪業に, 悲しい夢, 悲しみや, 悲惨であった, 悲惨も, 情事の, 惨めさを, 惰性の, 愉快な, 愚昧を, 愛慾の, 感情の, 態度に対して, 憶い, 成果と, 我々では, 我は, 戒行が, 或日, 戦績これを, 所業に, 所産であっ, 所謂文学趣味に, 技術の, 抑圧を, 支那には, 支那文化に対して, 改造さえ, 放縦不, 敗戦などを, 教養を, 敵意の, 文化も, 文化団体が, 文化的遺産乃至, 文化遺産も, 文士である, 文学に対して, 文学的伝統の, 文学談では, 文明を, 文献を, 断片が, 新劇は, 方が, 旅嚢から, 日には, 日を, 日本は, 日本人は, 日本文学に, 日本歴史から, 日本芸術の, 日記や, 映像が, 時代, 時代において, 時代をのみ, 時間について, 智識に, 暗い秘密, 暗影を, 最も楽しい, 朧ろげなる, 材料より, 東洋文学を, 枷あとは, 根源は, 森, 業因の, 業果と, 業績の, 楽しい恋, 標準で, 権威の, 欧州大戦を, 正法時および, 歴史だけを, 歴史によ, 歴史をも, 歴史小説ある, 歴史的な, 歴史的人物を, 歴史的諸, 死んだ範疇, 殆ど習性, 残滓が, 残骸です, 殘骸死に果てた, 殻にも, 民藝品に, 民衆の, 気まぐれで, 水平運動者の, 求道者達に対して, 汚行や, 治安維持法の, 活動の, 浪漫的演出に, 淡い甘い悲哀, 深いうらみ, 清浄強健な, 滅罪や, 演劇と, 潮では, 灰の, 無を, 父母にて, 物語では, 特殊の, 犯罪に対する, 状態が, 現象の, 理想もしくは, 理想若しくは, 理論の, 甘酸ぱい思出, 生命から, 生存者としての, 生活であり, 生活によって, 生活や, 生活経験観察が, 生涯と, 生涯に対する, 生涯彼の, 産業封建時代の, 画業を, 疑は, 痛手が, 発展の, 白樺派の, 相対価値を, 真実の, 眼は, 知己を, 知識人であった, 石器時代人民の, 碑として, 社会が, 社会制度の, 社会現象に, 社会組織が, 神秘主義的封建的宿命論の, 私たちの, 私小説や, 私未来の, 秘密から, 秘密については, 積弊と, 空間, 節穴から, 範疇は, 精神内容を, 精神病學と, 紀念の, 組合活動が, 経歴が, 経歴や, 経緯や, 経験は, 結果として, 絵は, 經驗と, 經驗を, 総決算, 繰り返しによって, 罪悪に対する, 罪悪後悔してる, 罪業が, 罪過を, 罪障の, 美しい工藝, 美学を, 美術品を, 習慣と, 肉親に対する, 脱衣所あり, 自分は, 自由民権時代の, 臭を, 色事などは, 芸術においても, 芸術上の, 芸術性の, 苦き經驗, 苦労現在の, 苦悶を, 苦痛の, 英雄から, 荊棘を, 著作の, 藝術に, 行いが, 行動を, 行為や, 行跡が, 規定による, 観念に, 言語の, 記念物という, 記念物の, 記憶である, 記憶にすら, 記録によって, 詩についても, 詩的な, 話が, 話は, 誇りの, 語を, 誤りを, 読書の, 諸時代, 讐などを, 負いめ, 貴族文明への, 賀川豊彦君, 趣味は, 身の上に, 輪廓が, 農民文学の, 迷夢から, 追想精神の, 追憶あり, 追憶にばかり, 追究力を, 運動に, 運命については, 過ちでも, 道どり, 道友たちにも, 遠くに, 遺物の, 遺産だけ, 遺産を, 邪推疑念無駄な, 酸苦なある, 重い軛, 重荷から, 野蛮の, 錯乱を, 長い歴史, 間違った差別待遇, 閲歴や, 限界についても, 階級的文学が, 集積が, 霊場より, 青年時代を, 非常に, 面子だ, 面影は, 革命的努力が, 音楽家にまで, 領域に, 風流は, 餘音半ばは, 體驗こそ, 魂に

▼ 過去~ (584, 9.7%)

8 顧みて, 顧る 7 持って 6 振り返って 5 清算し 4 して, もって, 回想し, 忘れて, 現在に, 考えて, 過去として 3 問わぬ, 持つて, 葬らしめよ, 語るの

2 [45件] あなたの, つぐなおうと, ふりかえって, ふり返つて, ふり返れ, みて, 偽って, 克服し, 再びふりかえっ, 再現せしむれ, 分明に, 反省しなけれ, 含み未來, 問題に, 回顧する, 夢見んには, 失って, 寂しく思ひ, 忘れ果て一匹, 思い出して, 思い出すよう, 思って, 投げ捨てて, 振り向いて, 振り返ると, 振返って, 書いて, 洗って, 清算しなけれ, 清算する, 照らす鮮, 眺めて, 知って, 知つた者には, 研究し, 考えると, 聯想する, 語ること, 語る度, 軽蔑し, 追想する, 順次に, 題材と, 顧みると, 顧慮する

1 [420件] あの男, あまりに平坦, あれこれと, いうならば, いちいち拭い消せる, いったところ, いわず安達, うちあけなかったの, うちあけまた, おぼえて, お忍びに, お忘れなく, お顧みさせる, かえりみたとき, かぞえれば, きいたの, きれいに, くだらなく引つかき回す, くやしがる, けっして非, この立退場, さぐれば, さらりと, しきりに聞きたがった, すっかりうち, すっかりカモフラージュ, すっかり忘れ, すっかり忘れさせず, すっかり知りたかった, すつかり清算, すて今日, ずっと見渡し, ずっと見渡した, ずばりと, せめ一喜一憂, その総体, その總體, そんなに激しく, そんな工合, ただ時の, ちらちらさせ, つつもうとも, つつんだ凡て, どうしましょう, なつかしむといふだけの, なつかしむ感情, ぬいだ未来, ぬけ出て, のぞき込むよう, はじめて会うた, ひもどいて, ひらひらと, ふたたび眼, ふりかえった時, ふりかえりそこ, ふりむいて, ふり返っ, ふり返り, ふり返ると, ふり返るの, ほじくつて, ほじくること, ほじり出そうと, みると, めぐる宿命, もしや思い出し, もった人間, もった女, もつかしら, もつた人間, もつて, もつには, もつの, よく当てる, われわれの, フラッシュバックし, 一度に, 一撃の, 一攫に, 一目に, 一瞥の, 一瞬の, 一舐, 一言も, 二人の, 今も, 代表す, 伝うべきため, 偉大なら, 偲び現実, 償うの, 全く今, 全然知らない, 再現し, 再現する, 凡て葬り去っ, 前に, 包みかくさず彼女, 反芻し, 叫ぶ亡霊, 同時にたちまちすっかり忘れ, 含みそしてまた, 呼返す, 哄笑せよ, 問いただされた時, 問うと, 問わずみな元, 問わず大方, 問われず戻って, 善悪ともに, 喚び起すとき, 喚起しよう, 嗅ぎ出そうとして, 囘顧し, 囘顧しなけれ, 四捨五入し, 回想あそばし, 固定した, 埋めた墓, 埋めて, 埋没させ, 埋葬, 夢の, 夢見て, 大して重要視, 天地の, 失った瞬間, 契機として, 媒介と, 嫉妬する, 嫌惡する, 存すること, 安価な, 完全に, 定めるもの, 客観的に, 容し, 容易に, 寂しく思つて, 尊重すべき, 尋ねて, 常に現実化, 幾年と, 彼は, 後悔し, 忘れさせたま, 忘れたという, 忘れた報酬, 忘れた気持, 忘れよ, 忘れようとは, 忘れよ過去, 忘れること, 忘れる事, 忘れる日, 忠実に, 思い, 思いだしても, 思いやった, 思い出させる実験, 思い出させる第, 思い出さないの, 思い出したかい, 思い出した方, 思い出した様, 思い出すべく, 思い出せないの, 思い出そうと, 思い合せ目前, 思い現在, 思い起す程, 思うと, 思う時々, 思えば, 思つては, 思ひだしたの, 思ひ出しては, 思ひ出すからと, 思ひ浮べて, 思ひ起させ地方歴史上, 思ふとしては, 恒雄さんに, 恥じ呪い, 恥ぢるばかり, 悉くあなた, 悔いず未来, 悔やむこと勿, 悔ゆるで, 悔悟し, 悔悟するであろう, 悲しいもの, 悲しげ, 悼むに, 想ひだし, 愛惜し, 感じ馴れて, 慕い思い, 慕ふ, 憂ふるごときもの, 憎みありとある, 憶い出さない, 憶い出し, 憶う, 憶へ, 憶出す, 懺悔し合い, 懺悔せし, 打ち明けました, 払いのけるよう, 押し付けること, 持たない人間, 持たぬ人, 持たぬ男, 持ちそして, 持った私, 持つたもの, 持つらしい妖艶, 持つ光秀, 持つ支那文明, 振りかえって, 振り向くから, 振り起して, 振り返った, 振り返らなければ, 振り返るごと, 振り返るとき, 振り返る必要, 振り顧, 振返った時, 振返る余裕, 振顧, 捏造する, 掘り起して, 探つて, 探らうと, 探り現在, 探ること, 描いた作品, 描いて, 支配する, 改造する, 放下する, 放下せよ, 救おうと, 整理し, 整頓し, 暗くする, 暗澹と, 書いた小説, 書きたいの, 書きつつ, 書く小説, 書こうと, 有して, 有する習慣, 有たぬ, 有った仲間, 有って, 未来に, 果してどう眺め, 棄てよ, 棄てんと, 棄却しなけれ, 植えつける, 歩こうと, 残らずあなた, 水に, 決定せられた, 洗いだ, 消し去る, 淋しく思つて, 清算せよ, 点検し, 物語りたいの, 物語り巡り逢えた幸運, 現在と, 現在格に, 生かし民族精神, 生かす才能, 疑われる種, 目標に, 省みるまで, 眺めるせい, 眺める弱, 矛盾的自己同一的に, 知ったなら断って, 知ってるからね, 知つたから, 知つたら, 知つてから, 知らぬ世代, 知りすぎて, 知ること, 知ると, 知るは, 知るまい, 研究される, 破壊し, 破壊した, 碌で, 神聖そのものの, 私に, 私は, 結び付け得る唯一人, 絵巻物の, 絶対に, 継承し, 綜合し, 総束, 繰り返す丈, 繰返すだけ, 繰返すと, 美しくした, 考えずに, 考えたら遠慮, 考えるよりも, 考えろ, 考え未来, 考へて, 考へぬ人たち, 考へる場合, 聞かされは, 聞くの, 肥料に, 背景に, 背負い未来, 背負うて, 背負った今日, 脱却し, 自分だけは, 自分の, 舞台と, 若い人, 苦に, 荷ってる, 葬って, 葬らしめる, 葬る記, 葬ろう, 蔵って, 表わしたもの, 表わす助動詞, 覆すそういう, 見すぎるぞ, 見ずに, 見せられて, 見ては, 見ること, 見るという, 見直し造り直して, 見直そうと, 覗くよう, 観ずる事, 観るという, 覿面に, 言ふ, 訐い, 許して, 許すこと, 話しながら, 話すでも, 話すの, 誘い出す懐かしい, 語ったと, 語って, 語らなかった, 語らぬこと, 語られて, 語らんと, 語り後輩, 語り流涕, 語り約束, 語り風景, 語る, 語るを, 説くもの, 負い未来, 負うて, 負わされた二人, 貴方に, 買ひ, 蹴散らしたつもり, 辯護し, 追うべきでは, 追つて, 追わず未来, 追想する如き, 追慕する, 追憶した, 追憶したい, 追懐し, 逃が, 逆に, 逆視する, 通って, 遠くから, 遠退けば, 酌量する, 重んぜよ, 針で, 録す書, 閑却し, 除いて, 離れた現在, 離れて, 静かに, 順当に, 題材に, 顧みた, 顧みても, 顧みるとき, 顧みるほどに, 顧みる人, 顧みる涙, 顧みれば, 顧み将来, 食いつくして, 飾って, 飾るに, 飾るよう

▼ 過去~ (569, 9.4%)

64 於て 12 於いて 8 於ては 6 向って 4 なって, なる, 對し, 於る, 比して 3 一つの, 實現せられたる, 對する, 属して, 屬する, 於ても, 発表した

2 [36件] あったの, おけるよりも, さかのぼって, てらして, なしたること, なった, なりつつ, もって, レンズを, 何か, 何の, 何人の, 僕は, 向かって, 向っては, 執着する, 多くの, 就いて, 就いては, 就て, 属するもの, 幾度か, 微笑し, 持って, 於ける, 暗い影, 殺戮した, 求めて, 煩らわ, 父の, 現はれた, 目を, 私は, 經驗した, 過失を, 遡って

1 [366件] あった, あったあらゆる, あったという, あった一条, あつた, あの學校生活, あらゆる任意, あり最初, ある, あるん, ある今, ある偉大, ある旧い, いうべきだという, いちどでも, いったいどの, いろいろと, いろいろの, うけに, おいて, おけるが, おた, かういふ人生, かかわりある, かかわりが, かつて充ち, かりて, かりようと, こだわらず新, この世に, これを, こんな経験, さういふ事實, さかのぼった世界, さかのぼりて, さかのぼること, しかくヨーロッパ思想界, しそこねた結婚, したこと, して, しなければ, すぎない, ずいぶんでたらめ, そういう形勢, そうした途, そのまま起こった, そのよう, そのインテリ, その精神, その経験, それらの, そんな恐ろしい, ぞくする一切, たちかえらんとしても, ちょっとした汚点, つきもどされた, つながって, つながるすべて, つながるもの, つながる豊か, つもるうれし, つらなって, とる方向, どういう関係, どう結び付けられ, どのよう, どんなこと, どんなひどい, どんな不幸, ないこと, なかった, なかったであろう, なかったら, なした偉大, なったいろいろ, なったよう, なった時, なった歴史, なってから, なつた, なつて, なるべきもの, なる追憶, ねじ向けて, のこした仕事, ひたと面, ふりかへ, ふれないこと, ふれること, まだご存じ, まとまった学歴, みて, もとめるよりも, もどり得るもの, よれば, エタと, ベレジナライプチヒおよび, マレンゴーの, ラジオで, 一城の, 一層の, 一度あった, 一日も, 三人の, 下したるの, 人々が, 人類的罪悪を, 伊達一家に対して, 似たらむを, 似ないこと, 住み天使, 何を, 何萬代の, 作り出して, 例の, 依って, 僅かばかり, 働きかけそれを, 入り去る, 入ること, 入ろうと, 全く持たなかった, 全然見られない, 冷淡に, 出した詩集, 出来あがった諸, 別れを, 功労あった, 化して, 化し去る, 十分経験が, 受けた心, 名声を, 向く歴史, 向けた上, 向けられたる希望, 向けられ未来, 向ふ, 味方する, 嘔き, 囘想が, 因縁話を, 固定した, 圧えられ従えさせられ, 在つた, 在るよう, 埋める気, 執する勿, 執着しない, 堆積された, 多少人間, 大人物であった, 大臣であり, 夫を, 失つた所を, 失恋された, 婦人をかへ, 存在しなかった, 宇津といふ, 寂しい生活, 寄食すべきでない, 寛大な, 實現されたる, 対抗する進んだる, 少しも, 属したる, 属しつつも, 属してから, 属し蒼古, 属すと, 属するからのみ, 属する低能者, 属する無能者, 属する私, 属する自分, 属する部分, 屬し, 崇め祭って, 崇め祭つて, 帰して, 帰って, 帰るの, 常識的な, 幾度も, 庶流の, 引き当てて, 引き戻された, 引き返そうと, 彼女を, 徐むろに, 復讐した, 徴し, 心を, 必然の, 忠実であり得ない, 悔恨を, 悪事でも, 悪徳でない, 想いいたらない, 愛したこと, 愛着を, 感情移入として, 成った, 或る, 戦争に, 所謂, 扉を, 打ち克ち得ない状態, 払いに, 投げつける, 投げら, 投げ一体, 投影した, 抱いて, 拘泥しす, 拭いがたい, 持っては, 持つた事, 持つて, 捕はれず健全, 捲き込む端緒, 採り背景, 探り初めて, 探求の, 控えて, 描いて, 攘夷御, 支那から, 於いては, 於けるいろいろ, 於ける主客, 於ける他, 於ける俺, 於ける厳然たる, 於ける同様, 於ける増殖, 於ける幾多, 於ける思いがけない, 於ける文化的思想的内容, 於ける文学, 於ける歴史的展開, 於ける永遠, 於ける特殊民, 於ける賤民, 於ける賤民解放, 於ての, 既に修得, 日本を, 暗い経歴, 最もながく, 有した最大, 有して, 有すること, 有った事実, 材料を, 止めること, 殘した, 母であった, 比べると, 比較し, 民主的な, 求めても, 求めながら, 求めようと, 求められて, 求めるの, 求めるもの, 求めるよう, 求める必要, 没し去つた, 泊って, 泥まず個々, 流れようと, 流れようとして, 流れ込むもの, 流行し, 消え去るべし, 溯ったらどう, 溯って, 溯ぼって, 溯ぼる嫌疑, 溯る, 溯れば, 火が, 無感覚な, 焼きつけられた一点, 煩は, 熟せざりし, 犯した世界平和攪亂, 犯した大罪, 現われたもの, 生きる, 生き得た人, 申し上げたこと, 男を, 痛々しいこと, 知らない満足, 破れず今, 示された我が国, 移したの, 移り変てこそ, 積み重ねられた生活, 立ちか, 立ち返り一八一五年, 第三, 終ったこと, 終るが, 経て, 経過し来れる, 経験した, 経験しなかった, 経験の, 結びつけて, 置きざりに, 美学が, 翳を, 聞かされたり, 自分を, 致命的な, 興味は, 花々しい武勲, 葬ったつもり, 葬られ掛かる, 葬り新しき, 蓄積した, 行なわれて, 見事な, 見立てた洒落, 解決を, 詩を, 誇りを, 認めようと, 読んだ, 責任を, 起ったそれら, 起った或, 身を, 返す意味, 追いつかれた今, 追いやられて, 追い懸けられて, 追われて, 追窮され, 逆行し, 逆行すれ, 連續する, 遡つて, 遡つて日本人, 遡らねば, 遡りまた, 遡り或いは, 遺して, 鑑みて, 鑑み将来, 長く続いた, 開いた道, 関係が, 關する, 院の, 隱れ, 題材を, 類が, 類似する, 類似を, 養われたもの, 黄金時代を

▼ 過去~ (248, 4.1%)

35 未来とが 16 未来との 11 未来とを 9 現在と 8 現在の 7 現在との 6 現在とを 5 將來との, 未来を 4 未来が, 未来とは, 未来に, 未来の 3 なって, なる, 名の, 將來とを, 現在とに

2 [12件] いっても, なった, なった時, 手を, 未來とを, 未来とに, 未来は, 未来への, 現在が, 現在に, 現在を, 縁を

1 [91件] いうよりも, いったって, いひ現在, いふ, いふと, かんずる方角, この事件, その災難, なったこと, なったもの, なった人, なった今, なった生活, なった重要, なつた, ならぬ, ならぬ現在, なり, なりあたらしい, なりきって, なりやっと, なり既知, なり次に, なること, なるべく未来, なるやいなや, なれば, 一緒に, 中世と, 云う怪しき, 云ふ, 云ふこ, 今の, 今後の, 全く同一, 全く相, 全体とが, 全体とは, 同じでない, 同じよう, 同一体, 同様で, 同樣, 呼ばるる大海, 境遇の, 変じた時, 対面する, 対面できる, 将来を, 將來とは, 彼が, 感じ又, 成り果てました, 日本の, 未來とに, 未來とへ, 未來を, 未来, 未来とより, 未来には, 未来夢と, 永遠の, 深い関係, 混同する, 満洲, 漠々たる, 無智, 現代とには, 現在, 現在それに, 現在といふ, 現在とが, 現在とでは, 現在とのみより, 現在とは, 現在即ち, 現在既ち, 称する漠然たる, 称する盲目, 糢糊としての, 結び附け, 総ての, 繋りの, 自分の, 華々しい訣別式, 蘇武の, 見ること, 言へ, 追憶を, 運命を, 遠い将来

▼ 過去~ (225, 3.7%)

4 過去として 3 ない

2 [18件] その人, ともかく未来, どうでも, 今から, 何よりも, 僅, 夢の, 存在の, 思出す, 既に過ぎ去った, 水に, 永久に, 消滅した, 無に, 生きて, 私の, 自己自身を, 転覆し

1 [182件] あなたに, ありゃしません, あるに, あんまりまざまざ顕現, あんまりもう手, いかに楽しく, いかに苦しかっ, いたましい暗い影, いっさい焼き尽くし, いつか彼女の, いつでも, こうして兎, ここでは, この世に, この眠れる, これらの, さらりと, しばしばその, すっかり抛, すつかり, すでに明, すでに過去, すべて美しく愉しく, そんなに意味, そんな勝手, たしか, ただ絶えず, たちきられたもの, ついに私, どうあろう, どういうこと, ないはず, なつかしいあの, はっきりさせる, ふたたび現在, まさしく現代, まず過失, まだそんな, みんな夢で, もう一切合財, もちろん今, もちろん現在, やはり呉一郎, よほど根づよい, よみがえって, わたしの, われに, フランス自身であった, ポケットの, ユダヤ人らにとっては, 一たび去っ, 一の, 一切うそでは, 一切焼き捨てなけれ, 一切空間世界を, 一向に味, 不思議な, 主體, 二十數年にも, 互に助け, 亡夫川上音二郎と共に, 人が, 人と, 人間の, 今に, 他者性の, 何にも, 個人について, 全くもたないらしく, 全く取返, 全く面目, 再び戻り, 切るべき, 前進を, 単なる時間, 単に過ぎ去った, 即ち未来, 同じよう, 吾, 吾人得, 咎めまい, 問わぬそれ, 問わぬ生活, 塾生たちにとって, 夢と, 夢として, 夢同様に, 夢所では, 如何なるもの, 存在せざる, 完全に, 実在しない, 客體的存在を, 寂寥の, 将来への, 將來への, 尊ばるべき, 少しでも, 常に人, 常に將來, 常に未来, 幾十年を, 彼に, 彼船と共に, 後方に, 必ずしも埋没, 忘れましょう, 忘れませう, 忘れるという, 忘れ去られつつ, 怖ろ, 思い出しても, 思い出しますまい, 思ひ出しますまい, 恥多く, 悔ま, 悲惨で, 成立つ, 成立つと, 或る, 既に破り棄てられた, 明治政府に, 晴々と, 暗いもの, 暗く無慈悲, 暗黒だ, 根源的意義においては, 楽しかった, 正しき順序, 歴史では, 歴史でも, 死したる過去, 死に切ったもの, 死に切つたもの, 死んだ過去, 死んで, 汗の, 決して單, 決して空白, 流れた, 滅びて, 無くなること, 焦躁と, 現在に, 現在において, 現在によつ, 現在の, 現在を, 現在以前を, 理智の, 生きてる過去, 略, 眞理である, 真理である, 知らず将来, 知らないが, 確実不変な, 私だけの, 私にと, 第二義的だ, 老耄した, 自然をも, 色褪せた記念碑, 記憶, 質的に, 迷信という, 過ぎ去ったもの, 過ぎ去り未来, 過去, 過去だって, 過去です, 過去でなく, 過去なにも, 過去なり, 過去未来は, 遠ざかって, 遠しと, 醜惡, 鋭い射手, 陰鬱な, 駄目だ, 魚でも

▼ 過去~ (108, 1.8%)

2 ある, われわれの, 悪いのよ, 文学的に, 現在において, 現在の, 自分の

1 [94件] あったから, あつた, あるばかり, あるべき姿, あるらしいし, あるらしいと, あるわけ, あんまり光彩, いつかも, うづたかく堆積, お杉, かえって自分, こうである, すでにさうである, すでに怖, すべてそうであった, ずっと続い, そこにも, そのもっとも, その内容, その最も, ただ死者, だんだんはっきりした, どうしてこの, どうしても, どの程度の, なかつたかの, なつかしかつ, ひし, ほんの若年, または相手, まるで遠い, わるいのよ, われらの, 一つの, 一時に, 不幸であった, 丸で, 他者性の, 余の, 再び蘇つて, 分るはず, 単に後悔, 却つて他者の, 参木の, 受動的である, 否定せられる, 囘想又は, 基と, 多少の, 奏でる一つ, 如何に, 如實に, 始まって, 彼に, 彼の, 念頭に, 思いだせない状態, 思い出された, 思い出されるかも, 思ひ出されそれ, 想像の, 手傷を, 押し寄せて, 指し示す路, 提供する, 支那の, 月の, 未来に, 残りなく, 永久に, 活かされ伝統, 流れ出すの, 浮かび上がって, 深く朝鮮工藝, 深まって, 無く將來, 無造作に, 現在と, 現在を, 生きて, 生み出した思想, 甦って, 白日に, 眞に, 私に, 私を, 絶対現在において, 變つて現在と, 走馬燈の, 過去で, 過去な, 遠慮も, 闖入し

▼ 過去から~ (93, 1.5%)

9 現在に 5 未来へ, 未来へと, 未来へという 4 未来への 3 継承せられた 2 今日に, 存在し, 次第に生長, 永遠の, 現出し, 現在を, 生じた不幸, 目近い

1 [46件] いま, とび出して, みっちり学ん, もち来し, わたしを, 伝えて, 傳へて, 刻みつけられた印象, 反き去る, 受け継いだ一つ, 可憐に, 引き摺って, 得た教訓, 得るインスピレーション, 思えば, 恐ろしい伝統, 持ち越したこういう, 持ち越したこの, 救われると, 斷ち離され, 未来へとして, 来る攻撃, 決定せられる, 注ぎ入れられた生命力, 無限なる, 現代の, 現在にかけての, 現在の, 現在までに, 現在までの, 現在現在から, 生成し, 続いて, 続く催し物, 考えられるもの, 考えること, 脱却しなけれ, 脱却しよう, 自己に, 落ちて, 複雑な, 負うて, 逃れたかった, 過去と, 酬ひられ, 離れて

▼ 過去において~ (84, 1.4%)

2 かくも

1 [82件] いかにその, いわゆるエタ, このよう, これほど, すでに各種動物実験, すでに朝廷本位, その力強い, その自我発展, それぞれの, どうであった, なされた名品, まだ労働階級, われわれは, エタとか, オノレ・ド・バルザックについて, カトリック列車から, バルザックの, 一点の, 一般に, 七五調が, 下した判決, 与えるばかり, 世間が, 予測しなかった, 二国相仇と, 互に相, 何遍と, 働いたの, 優秀な, 十二分に, 千七百十九名の, 受けた取扱い如何, 吸いあげポンプ, 喜びを, 変化を, 外国の, 多くの, 如何なる歴史, 婦人の, 子供の, 官僚系の, 実際逢着, 幾度か, 彼が, 彼を, 愛したすべて, 既に相当, 既に著しく, 日本の, 日本人が, 日本人の, 明らかに, 棄てねば, 正しく踏みえた, 武力運動の, 海外留学の, 海道一の, 率直に, 生活した, 発見する, 相当人に, 真に生き, 知られて, 社会制度は, 私が, 私たちの, 私自身も, 紛れも, 経験した, 自分が, 自分の, 自然主義者から, 誰が, 諸, 貞操が, 長い, 長い長い時間, 間違の, 陥ったインテリゲンツィア, 青木と, 青木は, 黒かった

▼ 過去~ (67, 1.1%)

11 現在も 10 未来も 7 將來も 2 将来も, 新しい

1 [35件] あるもの, おんなじこ, そして現在, どんな履歴, ない, ないこと, ない未來, ない未来, なかった, なかつたやう, まだ聞く, 世は, 伊達さんの, 内容なき, 姿を, 存じません, 持って, 旭川に, 明日も, 書いて, 未來も, 死ぬと, 死んだ過去, 滅ぼされ未来, 現在を, 當來も, 私の, 結局主, 結局空想に, 考へなければ, 自然胸の, 苦痛とは, 解るよう, 連想も, 遠いい過去

▼ 過去~ (64, 1.1%)

43 の一本 2 のこと, の中, を調べた

1 [51件] から, から彼, がある, が残つて, が記載, とでも一緒, とに藉つて, と題し, などもある, などを眺め, なら話, にすら痕, につく, には, には全く, にものっ, にも竹田氏一族五十余名, にも義王義, に写す, に別人, に宮本家, に拠る, に據, に書い, に載せ, のある, の写し, の同列, の展読, の展讀, の方, の空白, は和尚, へ書きこん, または応量器, も分らない, も残らず焼け, も見られない, をあけ, をしらべ, を他, を出し, を持回つた, を検, を皆, を繰っ, を繰りひろげ, を見, を見る, を調べる, 見たいな

▼ 過去にも~ (41, 0.7%)

9 現在にも 8 未来にも 2 そのこと

1 [22件] あった, あつた, ありません, できなかったであろうが, むろんあつ, 一度も, 今と, 実在した如く, 将来にも, 幾人と, 意識は, 有ったかも, 知らなん, 経験した, 考え出される, 菊池寛を, 裁かれて, 見すべしと, 見ること, 見るの, 起こりまた, 還ること

▼ 過去~ (38, 0.6%)

3 過去へと 2 むけられたまさか, 引き戻されて

1 [31件] さかのぼった生態描写, さかのぼって, とびさる, よぎった鳥, 一挙に, 向ふと, 帰らなければ, 帰ろうか, 押しやられ私, 振り捨て去った幼, 歿した, 流れて, 消えて, 溯らんと, 無への, 穿鑿の, 繰越して, 置き去られて, 落ちた, 葬って, 返そうと, 追いやった現代, 退いた自分, 送つて, 逆廻り, 遡って, 陷入れる, 非存在, 順を, 飛び去った, 飛躍し

▼ 過去現在未来~ (38, 0.6%)

2 を考へ

1 [36件] がある, がそこ, が同時存在的, する無数, とも云, と三生, と区別, における一切, にわたっての諸, に属する, に渉, に渡つて泌, のあらゆる, のさまざま, のすべて, の三世, の三道, の喜怒哀楽, の差別, の幽霊, の生きた, の真, の空, の運命, は全, をことごとく, を指し, を比べ, を考慮, を見, を誤り, を貫い, を超えた, を通じて動かない, を通じて子孫, を通ずる

▼ 過去には~ (34, 0.6%)

2 なかった, 離すべからざるわが

1 [30件] あった, ある硬い, おなじよう, こういう正義, ここでは, この二度, こんな人達, こんな姿, それぞれの, どんな食器, 一つも, 一二度ならずある, 一種ロマンスの, 何十年の, 制約せられた, 同じやみ, 名を, 回天の, 小さな氷河, 山と, 持って, 日本の, 正月の, 決算が, 沢山に, 知って, 自分との, 長い歴史, 随分いろいろの, 香しからぬ

▼ 過去への~ (29, 0.5%)

2 全き

1 [27件] あこがれと, 人間万様な, 傷心と, 儚い痴児, 単なる憧憬, 反逆でも, 呪いでも, 執着と, 執著, 屈伏を, 復讐で, 復讐であった, 思慕ここに, 悔なく, 愛は, 方向において, 方向の, 時間は, 正しい愛, 物持ちが, 瞥見, 瞥見が, 絶え間なき, 訣別という, 認識より, 贖罪でも, 關係を

▼ 過去として~ (28, 0.5%)

2 我々の, 直観的に

1 [24件] ながめうるまでに, ながめねば, のみ語つてゐる, 何処までも, 初から, 単に因果的, 反省する, 夢みること, 形成作用的に, 後に葉子, 必然的に, 残さる, 眺めること, 葬って, 葬らしめよ, 葬り不幸, 葬り去る, 葬るが, 見なければ, 見るには, 見る史家, 記憶し, 許す意味, 話して

▼ 過去未来~ (28, 0.5%)

3 のこと, を包む

1 [22件] が思い続けられ, と並べて, にまたとなき, によって私, にわたる全, に亘る, に広く, の縁, の道理, は未来, への問題, を包んだ, を包含, を包括, を失念, を通じてその, を通じての最大, を通じて常に, を通じて最高, を通じて相当, を通ずる, 志す処

▼ 過去~ (26, 0.4%)

32 には

1 [21件] というもの, とを検, に, には一, には独美, にもまた, に云, に従え, に拠る, に拠れ, に誌, に載せ, に遠近, の宗経軒京水瑞英居士, の正確, は奈何, は錦橋, を獲ざる, を獲る, を繕写, を見た

▼ 過去現在~ (26, 0.4%)

2 のあらゆる

1 [24件] といふ文字, について知り得られた, に興味, のいずれ, の境遇, の好い, の小我, の放庵, の日本ブルジョア封建的教育, の状態とも, の状況, の狭められた, の行為, への幾多, また将来, を包容, を通じて, を通じてあなた, を通じて数限り, を通じて最も, を通観, ヲ, 並びに, 及び未來

▼ 過去~ (24, 0.4%)

4 未来を 2 未来にも, 未来の

1 [16件] または歴史上, 切ない現在, 将来に対しては, 思わぬ岐路, 未來の, 未来が, 未来や, 現在が, 現在に対して, 現在の, 現在また, 現在を, 異郷に, 私生活に, 経歴について, 経験に

▼ 過去における~ (22, 0.4%)

1 [22件] ある種類, その多数, それを, ばからしさ, 別の, 大沢小屋こもり, 失敗を, 彼の, 思考様式を, 文学修業の, 水陸分布の, 活動が, 温度の, 特殊民は, 盛況でも, 社会組織の, 美食過剰の, 苦痛と, 落伍者の, 過誤を, 魔境に, 黒死館の

▼ 過去~ (22, 0.4%)

1 [22件] があろう, においてすでに, に人間, に伽, に地上, に多く, に婆羅門, に栄えた, に群鶏林中, のイグアノドン, のピゾノモルファ, のプテロダクチルス, の一切, の事蹟, の因果, の物語, の馬, は知らぬ, もまた, も未, より生みつけられた, 未来世

▼ 過去という~ (19, 0.3%)

3 ものが 2 ものは

1 [14件] ものの, ものを, レースの, 不思議な, 基調によって, 底なし穴に, 忘却の, 暗い大きな, 更になお, 無の, 言葉で, 記念碑への, 過去が, 過去を

▼ 過去からの~ (18, 0.3%)

2 生活の, 解放に

1 [14件] 姿が, 存在であっ, 家族制度に, 尻尾という, 影は, 影響を, 必然として, 時代性を, 歴史的な, 網の, 習俗が, 記憶と, 遺産という, 集団の

▼ 過去一切~ (16, 0.3%)

4 を清算 2 の諸 1 の幻影, の御, の悪業, の文学, の眞, の経験, の董習, の迷夢, は水, を偲ぶ

▼ 過去一年間~ (16, 0.3%)

2 に堆積

1 [14件] にあの, において仕出かした, に五十嵐, に母國, のあまりに, の其処, の大きな, の悪行乱行, の捜索報告, の新, の様々, の製作品, を振返つた, 正しい方針

▼ 過去及び~ (15, 0.2%)

4 現在の

1 [11件] こんに, 将来の, 將來とは, 將來を, 未来の, 現代の, 現在そして, 現在と, 現在のみ, 過去分詞形を, 非存在

▼ 過去である~ (14, 0.2%)

2 といふこと

1 [12件] から古い, がこの, がため, が未來, そして現在, と云, のが, ゆえに, 以外に, 時に, 無論その, 等

▼ 過去へと~ (13, 0.2%)

2 速かに

1 [11件] さそいこみ彼自身, 全く向き返っ, 向ふ, 存在を, 忘れられて, 想像の, 流れ去りました, 深く行き, 現代から, 過ぎ去ること, 馳せて

▼ 過去~ (12, 0.2%)

1 [12件] あつて, すらそう, すら明山, カチ, 何も, 何一つ仕出来した, 何処までが, 川下が, 我々が, 繰り返して, 苦労を, 間接にも

▼ 過去においては~ (12, 0.2%)

1 [12件] なんべ, 代表的な, 何らの, 余り東洋, 信州の, 勿論の, 支那のの, 文化財として, 沢山に, 現在よりも, 長く僭越, 頗る貧弱

▼ 過去との~ (11, 0.2%)

2 間に 1 つながりにおいて, 一つの, 交通方法である, 区別が, 結合を, 繋りよりも, 連関的総和に, 関係が, 関係は

▼ 過去より~ (11, 0.2%)

1 [11件] 來り, 存在を, 將來へ, 將來を通じて, 幾千年の, 成って, 救うもの, 未来まで, 現在に, 現在を, 發し

▼ 過去とは~ (10, 0.2%)

1 いえ死滅, すでに行われたる, どこに, 何の, 如何に, 常に一私人, 愛と, 明に, 畢竟現前, 違って

▼ 過去について~ (10, 0.2%)

1 すっかり説明, それほど知識, ちょっと仄めかした, ほんの少し, われわれは, 円熟した, 完全に, 捜査を, 知つて居たら, 語ろうと

▼ 過去に対する~ (10, 0.2%)

1 先生の, 客観的の, 寛大な, 微かな, 未練や, 潔癖な, 疑惑嫉妬から, 皮肉に, 補償であった, 配慮は

▼ 過去十年~ (10, 0.2%)

2 の間 1 ないし十二年間, に亙っ, の失敗, の成績, の時日, の月日, の自分, ほどの間多く

▼ 過去数年~ (9, 0.1%)

2 の間 1 のあいだ, の戦い, の生活, の経験, の間彼, の間沈滞, はほとんど

▼ 過去においても~ (8, 0.1%)

1 このよう, また現在, 地質学者が, 大塔, 未来においても, 決して支那, 現在においても, 週期的に

▼ 過去をも~ (8, 0.1%)

3 將來をも 2 未来をも 1 含めた今, 恥ずかしく思わせる, 部分的には

▼ 過去~ (8, 0.1%)

4 に向け 2 を通り抜けた 1 に対するもの, を通り拔

▼ 過去十年間~ (7, 0.1%)

1 ぐらいを取っ, に世界, に農村恐慌, のあらゆる, の精神力, または二十年間, を通じて東京

▼ 過去~ (7, 0.1%)

3 世紀に, 世紀の 1 世紀にわたって

▼ 過去では~ (6, 0.1%)

2 ない 1 あつた, なかった, なくして, なく現在

▼ 過去とを~ (6, 0.1%)

1 ごちゃごちゃに, 包括する, 忘れて, 思ひ比べて, 獨り悟る, 現在の

▼ 過去にのみ~ (6, 0.1%)

1 それを, 執着する, 慕は, 憧れんと, 求めること, 注目する

▼ 過去に関する~ (6, 0.1%)

3 御記憶 2 記憶を 1 大きな謎

▼ 過去五年間~ (6, 0.1%)

1 にわたって苦心, に国費, のまるで, の不, の共同生活, の暗中模索

▼ 過去十数年~ (6, 0.1%)

2 の間 1 にわたってわたしたち日本, に亙った, の惨澹, の日本人

▼ 過去帳別本~ (6, 0.1%)

1 に, に徴, に見え, に讀むべからざる, の十代五郎作, の記載

▼ 過去~ (6, 0.1%)

2 は下 1 としては用, に読ませ, は時に, へ第

▼ 過去数年間~ (6, 0.1%)

1 そのため, に於, に日本, の成果, を通じて自分自身, 新しき文学

▼ 過去未來~ (6, 0.1%)

1 における一切, のもの, の因果, の禍, を包む, 志す處

▼ 過去そのもの~ (5, 0.1%)

3 の如く 1 への愛, を色

▼ 過去についても~ (5, 0.1%)

1 これと, ただの, 必ずや何, 病気の, 葵は

▼ 過去にまで~ (5, 0.1%)

2 遡及させる 1 さかのぼった姿, 反映させ, 溯って

▼ 過去よりも~ (5, 0.1%)

1 また強く, 不幸で, 更に長い, 未来いや, 現在が

▼ 過去一年~ (5, 0.1%)

1 あるいは半年, の研究成果, の追憶, の間, をふりかえっ

▼ 過去三十年~ (5, 0.1%)

1 の劇界, の彷徨, の歴史, の運命, の間

▼ 過去三十年間~ (5, 0.1%)

1 くらして, にわが, に欧洲, 屡々国劇, 生き残ったこの

▼ 過去二十年間~ (5, 0.1%)

1 にたった, にどの, の御, の病苦, の経験

▼ 過去及現在~ (5, 0.1%)

1 に於い, に於ける, のみならず, の殆, の生活

▼ 過去帳一本~ (5, 0.1%)

21 の八日, の言, の註

▼ 過去数百年~ (5, 0.1%)

2 にわたる武家 1 の文学的伝統, の長い長い, は白人

▼ 過去現在未來~ (5, 0.1%)

1 なる時間, のこと, の三際, へ降り, をとほし

▼ 過去こそ~ (4, 0.1%)

1 それの, 一切で, 真じゃ, 真だ

▼ 過去でも~ (4, 0.1%)

1 た, ない, よい, 無い信じられる

▼ 過去については~ (4, 0.1%)

1 ほとんど語らなかつた, 何にも, 何一つ纏まった, 只断片的

▼ 過去ばかり~ (4, 0.1%)

1 でなく, でなくわたし, では, 考えたがる

▼ 過去または~ (4, 0.1%)

2 未来に 1 将来の, 現在の

▼ 過去三年~ (4, 0.1%)

3 の間 1 を通じて失楽園

▼ 過去二十年~ (4, 0.1%)

2 の間 1 の全, の記憶

▼ 過去二年間~ (4, 0.1%)

1 しばしばこういう, にわたる血, のソヴェト・プロレタリア作家, の闘争

▼ 過去何年~ (4, 0.1%)

1 かに渉つて蓄積, かの物思い, かの間, か何十年

▼ 過去半年~ (4, 0.1%)

2 に良人 1 の軍部並, の間

▼ 過去半生~ (4, 0.1%)

1 に結びつけ, の事, の来歴, の真

▼ 過去四年間~ (4, 0.1%)

1 た, の, の日本, を自動車

▼ 過去数世紀~ (4, 0.1%)

1 にわたって白人, に亘る, に亙っ, の経過

▼ 過去~ (3, 0.0%)

1 幼稚な, 未来の, 行末か

▼ 過去からも~ (3, 0.0%)

2 未来からも 1 来る訣

▼ 過去つた時代~ (3, 0.0%)

1 には相, の光華, の遺物

▼ 過去であり~ (3, 0.0%)

1 まだきかぬ, 同時に未来, 未来は

▼ 過去といふ~ (3, 0.0%)

1 ものを, わが第, 名義を

▼ 過去とに~ (3, 0.0%)

1 共に存在, 於いて, 落込む

▼ 過去~ (3, 0.0%)

1 のだろう, ので金持, んだ

▼ 過去によ~ (3, 0.0%)

1 つてであり, つてである, つてプルウストは

▼ 過去に対して~ (3, 0.0%)

1 その従順, もつ記憶, 疚しさ

▼ 過去を通じて~ (3, 0.0%)

1 これほど, 我々に, 最も暗く

▼ 過去一ヶ月間~ (3, 0.0%)

2 に於ける 1 の心労

▼ 過去七年間~ (3, 0.0%)

1 この問題, の正直, の生活

▼ 過去三世紀~ (3, 0.0%)

1 には考へる, にもわたっ, にわたる文明

▼ 過去三年間~ (3, 0.0%)

1 になん, の経験, 未嘗て

▼ 過去五十年間~ (3, 0.0%)

1 において二十世紀, に大気中, の研究集大成

▼ 過去五年~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 過去全体~ (3, 0.0%)

2 の総和 1 を一瞬間

▼ 過去十日間~ (3, 0.0%)

2 の兄さん 1 のうち

▼ 過去又は~ (3, 0.0%)

3 未来に

▼ 過去四十年~ (3, 0.0%)

1 の経験, の間, の間一

▼ 過去四十年間~ (3, 0.0%)

1 にこの, に此運動, の舞台的革命

▼ 過去幾千年~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の屈辱

▼ 過去~ (3, 0.0%)

1 で一ぱい, は普通, を担い

▼ 過去百年~ (3, 0.0%)

2 の間 1 のうち

▼ 過去百年間~ (3, 0.0%)

1 に山頂近く, のヨーロッパ, の歴史

▼ 過去~ (3, 0.0%)

2 実人生 1 な階級

▼ 過去~ (3, 0.0%)

1 五六十年の, 十年の, 十年間にわたって

▼ 過去あるいは~ (2, 0.0%)

1 将来に, 現在の

▼ 過去および~ (2, 0.0%)

1 現在にわたって, 現在の

▼ 過去さえ~ (2, 0.0%)

1 すでに白紙, 告白する

▼ 過去しか~ (2, 0.0%)

1 ない, 持って

▼ 過去~ (2, 0.0%)

1 と云った, よ

▼ 過去って~ (2, 0.0%)

1 了いました, 了え

▼ 過去つた~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 過去つた事~ (2, 0.0%)

1 は措きまし, は最早

▼ 過去でなく~ (2, 0.0%)

1 永久の, 現在でない

▼ 過去とか~ (2, 0.0%)

1 未来とかいふ, 未来とかは

▼ 過去とな~ (2, 0.0%)

2 つてし

▼ 過去などは~ (2, 0.0%)

1 どうで, みんな一片の

▼ 過去なりと~ (2, 0.0%)

1 しかつ, 説明した

▼ 過去なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, ナポレオンとに

▼ 過去においてのみ~ (2, 0.0%)

1 では, ならず将来

▼ 過去にな~ (2, 0.0%)

1 つた, つた上その

▼ 過去にばかり~ (2, 0.0%)

1 とかく拘泥, ながめられる歓楽

▼ 過去によって~ (2, 0.0%)

1 つくられて, 与えられた状態

▼ 過去に対しては~ (2, 0.0%)

1 回顧的に, 感情の

▼ 過去に対しても~ (2, 0.0%)

1 叔父に, 将来に

▼ 過去へという~ (2, 0.0%)

1 ことである, 合目的的世界においても

▼ 過去一ヶ年~ (2, 0.0%)

1 の間, ほどどう

▼ 過去一ヶ月~ (2, 0.0%)

2 の餘

▼ 過去一二世紀~ (2, 0.0%)

1 に渡っ, の商業世界

▼ 過去一年余り~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 過去一年有半~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 過去七八年間~ (2, 0.0%)

1 に亙る, の作品

▼ 過去三百年~ (2, 0.0%)

1 の都会, の間

▼ 過去世界~ (2, 0.0%)

1 のある, の存

▼ 過去二三年~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ 過去二十五年間~ (2, 0.0%)

1 に驚くべき, を顧み

▼ 過去二千年~ (2, 0.0%)

1 の積弱累辱此, の間

▼ 過去二年~ (2, 0.0%)

1 の間, の間君

▼ 過去二年間海軍機関学校~ (2, 0.0%)

2 で英語

▼ 過去五十年~ (2, 0.0%)

1 の人生, の歴史

▼ 過去以外~ (2, 0.0%)

1 には何, の何者

▼ 過去何千年~ (2, 0.0%)

1 かの日本, かの間

▼ 過去何百年~ (2, 0.0%)

1 の太平, の山王

▼ 過去六年間~ (2, 0.0%)

1 の家庭, の苦難

▼ 過去十世紀~ (2, 0.0%)

1 の間力, の間汚水溝渠

▼ 過去十二年~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 過去十何年~ (2, 0.0%)

1 の間, もの戦時中

▼ 過去十何年間~ (2, 0.0%)

1 どのとしも, になかっ

▼ 過去十四五年~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 過去十数年間~ (2, 0.0%)

1 その独断, の日本

▼ 過去千幾百年~ (2, 0.0%)

1 に亙つ, の長い

▼ 過去完了~ (2, 0.0%)

1 といろいろ, として既に

▼ 過去幾年~ (2, 0.0%)

1 かの昔, かの間

▼ 過去数十年~ (2, 0.0%)

1 あるいは数百年, の歴史

▼ 過去数十年間~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の努力

▼ 過去数千年~ (2, 0.0%)

1 の人類, の日本民族

▼ 過去数年来~ (2, 0.0%)

1 の刻苦, の日本

▼ 過去數年~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 過去時代~ (2, 0.0%)

1 に属する, の産物

▼ 過去無数劫~ (2, 0.0%)

1 の事, の間不文

▼ 過去現今~ (2, 0.0%)

2 の日本

▼ 過去現在將來~ (2, 0.0%)

1 に對, の別

▼1* [305件]

過去あるがため現在, 過去いっさいのこと, 過去いまではロシア, 過去いろいろの時代, 過去およそ四十年ほど, 過去かつて先生が, 過去かへ遠ざかる時, 過去からということは, 過去からとして要請せられる, 過去さまざまな見聞, 過去方の, 過去しかたをかえりみ, 過去すべて彼女の今, 過去その過去の, 過去そんなものは, 過去だけである, 過去だけを貴重な, 過去だってあなたいつか仰言った, 過去つた三十六年の昔, 過去つた國民の風俗, 過去つた天長節のこと, 過去つた旅の十年間, 過去つた日のこと, 過去つた記憶を辿つ, 過去又十日, 過去であったような, 過去であろうと昨日, 過去でさえそのとおり, 過去でしかないその, 過去でないある時期, 過去でなくってかえって, 過去としてのみ成立つの, 過去としては里から, 過去ともつかず今, 過去どころか現在の, 過去なしと云う, 過去なぞはどうでもよ, 過去など論なく, 過去などと申して, 過去などをいや誰, 過去なにも他人, 過去なら努めて思い出し, 過去なり現在なりを, 過去なれど伊吹, 過去なんかいくら美しかっ, 過去なんぞどうせわし, 過去なんぞは背後へ, 過去にかの男の, 過去にこそ南部の, 過去にたいして窓を, 過去にたいしてばかりだった, 過去にたいする愛惜も, 過去にまでの帰還は, 過去による現在の, 過去にわたってほぼ一貫, 過去に対してと未来に対しては, 過去のみゆうず神, 過去のみが存在すべし, 過去のみといわず現在, 過去のみに偏重し, 過去はたとひ青き, 過去ばかりにある訣, 過去ばかりより考えて, 過去ばかりを回顧しあっ, 過去へまで拡がった, 過去へも未来へも, 過去ほか有しない彼女, 過去また今いつも, 過去まで婦人一般の, 過去までのあらゆる出来事, 過去までをふと思いかえさし, 過去もさうであつ, 過去もしくは未來に, 過去をかへりみると, 過去を通してあの頃, 過去を通じての代表作とも, 過去スペインの愛犬, 過去タレルキンの饒舌, 過去た事, 過去ニ彼女以外ノ種々, 過去ノアラユル隠シ場所, 過去ハスベテ幻影デココニ真実ノ存在ガアリ, 過去ロシアは非常, 過去持ッタ何処カノキャバレノ人ラシイワ, 過去一〇〇〇年の間, 過去一〇年の間, 過去一万年間の記録, 過去一世紀に亙る, 過去一世紀間におけるこれら二国, 過去一二年の生活, 過去一二百年の間, 過去一五〇年に亙る, 過去一年あまりの中, 過去一年半の朝夕, 過去一年来の日本, 過去一年間理論と創作活動, 過去一歳有半の長, 過去一週間夫と自分, 過去七仏や毘婆尸仏, 過去七十余年の明治以来, 過去七十年わが日本, 過去七年間河豚毒の問題, 過去三〇年間その実情, 過去三か月間においてすでに, 過去三ヵ月にわたってあらゆる, 過去三ヶ年半の可, 過去三世紀間の威力, 過去三代の純良, 過去三十年以来欧洲の南北, 過去三十年前に比し, 過去三十年近く日本の全, 過去三十年間われ等はどれ, 過去三四ヵ月の間, 過去三四年の間, 過去三四年来の日本, 過去三変死事件の内容, 過去三年あまりつづいて, 過去三年半のかれ, 過去三年彼女を苦しめつづけ, 過去三年間洗濯の御用, 過去三百年以後には低級, 過去世に盛えた大, 過去世にもまたその, 過去世一黒蛇あり一犢子, 過去世全滅し今, 過去世動物の化石, 過去世婆羅尼斯国の白膠香王隣国王, 過去世期の諸, 過去世雪山下に近く師子王, 過去に現在, 過去久しく一定の, 過去久遠無量無数不可思議阿僧祇劫と念, 過去九十一劫毘婆尸仏の時, 過去二〇年間には金利, 過去二三十年以内のこと, 過去二三年間に商業, 過去二三時間の経過, 過去二世紀の間, 過去二世紀間の徐々, 過去二十一年間に過失, 過去二十余年の貢献, 過去二十六年間この治安維持法, 過去二十年間ひでえめ, 過去二十年間日本の婦人雑誌, 過去二千余年の歴史, 過去二千年間絶えず外國貿易船, 過去二囘の報告, 過去二年あまりの経験, 過去二年九カ月にわたって何とか, 過去二年間慎重熟慮の結果, 過去二年間静かに貯金, 過去二日半をほとんど, 過去二百何十年にもわたっ, 過去二百年有効であったし, 過去二百年間に於ける, 過去五カ年にわたって随分, 過去五ヵ年にわたる北陸攻略, 過去五十六年間ある, 過去五十年以上の生涯, 過去五十年昔まで親, 過去五十年許りの, 過去五日間ニ実ニイロ, 過去人口の見積り, 過去のこと, 過去以来存在して, 過去以来微粒子を放出, 過去体験の苦, 過去何世紀の永い, 過去何十年間かこの, 過去何年もの間自分に向けられ, 過去何百年来歌舞伎や講談, 過去信長の経営下, 過去元始天尊見在, 過去全部に対立, 過去八年間の印度人社會, 過去六シーズンのあいだ, 過去六十九年間の日本, 過去六十年の歴史, 過去六十年間に遡っ, 過去六年の日本, 過去六箇月間に國民, 過去六箇月間爲替相場の上る, 過去分詞の使い方, 過去分詞形を覺, 過去動詞とを用, 過去十一年間質實にし, 過去十万年間に降った, 過去十二三年間の生活, 過去十五年にわたる会員たち, 過去十五年間切っても, 過去十五年間桑港の探偵捜査事務, 過去十余年間の一心, 過去十余年間巨額の資本, 過去十八カ月に渡る, 過去十八世紀の文化, 過去十六七年間に彼, 過去十六年の仇討, 過去十年二十年および現在, 過去十年以上に亘る, 過去十年余の業績, 過去十年間無敵を誇った, 過去十年関家に尽した, 過去十幾年の間, 過去十数ヵ年以来と云っ, 過去十数年富美子というひと, 過去十数年間私はいろいろ, 過去十日間毎朝頭を冷水, 過去十箇年間中三箇年は凶作, 過去千五百年の間, 過去千年以前からの流転, 過去半年あまりの間, 過去即ちすでに有つた, 過去時代の, 過去各種の印, 過去吉原の最大讃美者, 過去同様未来に於, 過去四カ年間ナチス政権は専ら, 過去四ヵ月の間, 過去四五年に亘っ, 過去四五年前には日露戦争, 過去四五年間日本の全て, 過去四十二年間夢にも思わなかった, 過去四十五年間私は古, 過去四十何年間の道徳, 過去四十余年来しばしば繰返し, 過去四十余年間には少から, 過去四十八年間一般世人が三千三百万, 過去四年の間, 過去を調べ, 過去地質期に人間, 過去将来を思い回らせ, 過去少なくとも千数百年の, 過去の幻影, 過去巡礼の咏嘆, 過去帖及二世全安儲蔵の過去帳, 過去帖富士川氏の記載, 過去帖慶応紀元季秋の十七字, 過去帳上の記録, 過去帳中の人, 過去帳五月十日の条, 過去帳原本の載せざる, 過去帳取調候処左之通, 過去帳台とか位牌, 過去幾十年言論文章で奮闘, 過去幾千年間東亞の霸國, 過去幾百年来全然子, 過去は不可得, 過去悲しき過去には, 過去愛してたというの, 過去或は現在の, 過去数万年あるいは数十万年, 過去数億年間に於ける, 過去数十年来あれ程目, 過去数千年来発展し来った進路, 過去数年間文筆家として生活, 過去数百年間仏徒の横肆, 過去數ヶ月間の生活, 過去數世紀の間, 過去數年間得つ, 過去數年間技術の養成, 過去文化は是, 過去文壇最大の詩人, 過去既に之を, 過去世界故国歴史一切の, 過去明日は知られざる, 過去未來億萬年の生命, 過去未来合一的に絶対矛盾的自己同一, 過去未来吉凶禍福種々様々, 過去未来未来完了過去完了といろいろ, 過去未来永久に彼女, 過去未来現在ただこれ一識, 過去歴代の生活改善, 過去永禄以来滔々亡び去って, 過去無量劫中求法華経無有, 過去無限の年月, 過去現世未来に渉, 過去現代と離れない, 過去現在一切無差別に一度, 過去現在将来に人殺し, 過去現在未來三世の蘊, 過去現在未来それが一瞬間, 過去現在未来なんでも聞い, 過去現在未来三世の実相, 過去現在身の行状, 過去生活のいかなる, 過去生譚をも語, 過去百五十年間にフランス, 過去百数十年間にさえ大小二十余隻, 過去的亡者どもである, 過去的理想は到る, 過去社会の遺, 過去積年の圧迫, 過去経験しきたれる事実, 過去經歴の跡ども, 過去といっ, 過去自分の来た, 過去茫々の想い, 過去表現に関しては尚, 過去見究められぬ将来の, 過去りを, 過去資本主義時代のペテルブルグ生活, 過去迦葉仏ノ時ニ於テ, 過去追憶にのみ生きん, 過去遠い歴史と, 過去黒死館に起った