青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「過ぎた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

運ん~ ~運動 運動~ ~運命 運命~ 運転~ 遍~ ~過ぎ 過ぎ~ ~過ぎた
過ぎた~
~過ぎない 過ぎない~ ~過ぎなかった ~過ぎる 過ぎる~ ~過去 過去~ ~過程 過程~ ~道

「過ぎた~」 2189, 24ppm, 4919位

▼ 過ぎた~ (209, 9.5%)

21 である 1816 です 5 であった, では 4 かも知れない, だった, であろう, でしょう 3 かな, がいけなかった, が悪かっ, であったが, であります

2 [13件] が原因, だが, だそう, だと, だよ, であるから, であるが, でございまする, でしょうか, でも, に気づい, も知らなかった, 脛が

1 [87件] か, かけば, かしら伊那丸さま, かという人, かと思ひました, かと揺り起され, かなと思う, かもしれない, かもわかりません, かも知れません, かを記憶, か信じ足りなかった, か色, か花, か陰鬱, がいい, がムッ, が居る, が怪し, が飛んだ, さ, さえ忘れ, じゃ肥前唐津, だから, だし, だったが, だらう, だらうツ, だろうもう, でありますが, でありませう, であろうか, でございましょう, でございます, でしょう今, ですが, ですね, ですよ, でない, とあの, とあまりに, とで暗い, とで殺された, ともう, と一, と一つ, と一緒, と六郎兵衛, と同様, と外出, と學問, と時間, には多分, に心づい, に恥ぢ, は, は三年前, は享和二年, は惜し, は感心, は知らなかった, へお湯, もそういう, もほんの, も困る, も承知, も知らず, も管はず, や, を, をあと, をはつきり, を奈良時代, を後悔, を心, を悔いた, を樹, を知らせる, を覚えた, を醒す, を驚い, サ, サ彼女でも, トお, ホ, ホホ遊ぶ, 原因で

▼ 過ぎた~ (127, 5.8%)

6 思って, 思つた 5 思ふと, 見えて 4 云ふ, 此れ

2 [12件] いうよりも, いって, いっても, 思います, 思うと, 思った, 思ったか, 思ったの, 思ふ頃, 思われるころ, 気が, 気がついた

1 [73件] いうから, いうが, いうので, いうのに, いふと, いふよりは, いふ感が, かえって女, せよ, そう岸本, むす子, 云いたいよう, 云う事, 云う様, 云った方, 云っても, 云つて謝絶した, 云われて, 人々は, 僕は, 半蔵が, 哀れを, 察せられる, 後悔を, 心付き急いで, 心付き狼狽えて, 思いました, 思いますわ, 思う, 思うくらいに, 思うこと, 思うころ, 思うに, 思う時分, 思う頃, 思えば, 思ったから, 思ったらしく, 思ったらしくお, 思ったら上, 思つて少し, 思て, 思ふ, 思ふが, 思ふの, 思ふ時分, 思わせる書きぶり, 思わないでは, 思われるよう, 思われるオトー・ポントス, 思われる長身, 思召されい, 感じ彼, 折れて, 枝の, 気づいた, 気づいたの, 申すの, 矢代は, 答えたが, 自分も, 自分自身に, 自白しました, 自覚した, 見えとうとう, 見えまして, 見える, 覚って, 言い旧, 言うん, 言えるかも, 言ふ, 記して

▼ 過ぎた~ (100, 4.6%)

17 であった 6 である 5 であつ 3 のこと 2 だつた, であったが, であろう, なので, になる, に明月

1 [57件] お蘭, お雪, かと思う, から停電, から出し, から天地, から客車, から竜土, じゃろうが, その頃, だそう, だった, だったが, だった今, であったろう, であったろうか, であると, であろうか, であろう障子, でございましたか, でしたが, で勿論, で十月, で尖った, で暗い, にここ, にこの, にそこ, になっ, にはこれら, にはもう, には訳語, には顔, にふたり, に一茶, に亭主, に再び, に出, に出す, に奥州街道, に帰った, に常磐津, に思いがけない, に梢, に母, に玄白, に第, に草野, に被害者, に髮, は夕暮れ, もう日暮れ近く空合, らしい, 売りに, 大絶壁, 或る, 突然外

▼ 過ぎた~ (97, 4.4%)

2 あくる十四年, そのあと, フト首を, 痴川は, 私は

1 [87件] お身, この樹, こよい, これ等の, さう, しかも夢, そう言え, そのあいだ一度, その一つ, その上端, その人, その時, その花時, その間に, その間ジャン・ヴァルジャンは, その間馬の, それだけにうらぶれた, それでもまだ, それで外側, それらしい, だれか, なか, なかなか羆料理, なかなか骨, ほくは, まさかその, まだいい, まだ夜, まだ歸ら, まだ近, もう今年, やがてうまい, やはり附, 不思議と, 事件は, 五日目ぐらいに, 五郎の, 今と, 今は, 今日こそ, 住職は, 何の, 何分にも, 俺は, 先き, 其間馬の, 前の, 危険の, 四日目の, 夜ごと月が, 富岡は, 少こし, 御面会, 心に, 或る, 握つた心地, 故に厳しい, 故に彼, 時計屋の, 暇も, 最初は, 次郎兵衛は, 此は, 港の, 漁火は, 濃い透明, 為に, 無理な, 生れつき嫉妬が, 真に当時, 磯五は, 私も, 糸取りには, 茫として二十年一ト夢, 葭簾の, 車中で, 連れも, 進潮までは, 遂に消息, 遂に誰, 遊び足りない, 適当な, 金五郎は, 首きり沈ん, 首を, 駅の, 鳴海屋の

▼ 過ぎたこと~ (76, 3.5%)

6 に氣 3 である 2 がある, であります, です, ですから, は仕方

1 [57件] からこうした, が, があつ, がわかれ, が原因, が妙, これからの, じゃない, だし, だと, だろう, であなた, であるから, であると, であろう, でしょう, でしょうね, でも, で四方, で申譯, で私自身, と日頃, と見え, にならない, になり, には必然的, に気が付いた, に気づい, に気づく, に窒息, に自分乍ら氣, の云, はすべて, はみな, はもう, は慥か, は決して, は為, も大船, も知らなかつた, や将門等, をいそい, をそんなにくよくよ, を何かと, を多少, を恥じる, を悲しんだ, を発見, を省みる, を知, を知らせる, を知らない, を祝福, を私, を自分, を花, を語っ

▼ 過ぎたので~ (61, 2.8%)

3 私は 2 あらう, せう, 眼が

1 [52件] あつた, いきなり手, おまえは, その場合, その御, その自動車, その血, それは, とうとう足, なかなか売り切れない, ひょっとしたらこれ, ふところが, イヤと, スッカリ気力を, 一ま, 一寸今, 一時は, 三月も, 何となく憂欝, 信長が, 出された, 分けて, 別に親しく, 却つて喜三郎の, 地面に, 外界の, 少し塩辛い, 岸本は, 床屋の, 彼も, 後で疲れ, 思いがけない俄雨, 晏子は, 柳の, 残暑の, 殘暑の, 毒害した, 父の, 犯人めたまらなく, 異な, 痛むと, 相手に, 知合で, 知合であった, 耳が, 自分は, 自宅へ, 象山は, 車を, 鈍色を, 駅の, 鬼小島弥太郎に

▼ 過ぎたよう~ (58, 2.6%)

112 だね, であります, です, ですが, な

1 [37件] じゃ, じゃな, だった, だったから, だわい, であまり, である, であるが, でございますから, ですとうとう, ですね, でも, で妙, で差出た, なけだる, なこと, なのに, なもの, な変てこ, な早い, な時刻, な気, な考案, な詩人, な静か, にきっと, にこの, にちょっと, に思います, に思える, に思った, に思われる, に感ぜられる, に見えた, に見える, ね, 存じまして

▼ 過ぎたもの~ (54, 2.5%)

5 だから 2 があった, があろう, だ, であります, である, と私, に違い

1 [35件] あるを, があっ, が覚えられた, だおれ, だつた, だ何, であった, でありますあるいは, でその, でてんで, でない, とあきらめた, とし, としてある, と思われる, と感服, と断定, と考えられる, と考へね, と見るべきで, と言, な, にかよう, になっ, に味, のよう, はない, は欄干, は風味, ばかりがいや, を乗りこなす, を今, を借り, を正視, 即ち泥棒

▼ 過ぎたから~ (42, 1.9%)

3 です 2 である, では

1 [35件] あんなこと, ここん, こんな悪戯, すぐしたく, その分, その十六日, それでおまわりさん, それでこんな, それで彼様, そろ, だ, だと, だらう, ちょっと公園, であった, であらう, なんです, もう帰っ, もう程よく, 人と, 今日は, 俺は, 先生玄石は, 危なくツルツル, 君が, 好かった, 已めに, 応酬接見数回を, 普通の, 無理も, 私は, 茂太郎が, 草臥れた, 要も, 誰にも

▼ 過ぎた~ (41, 1.9%)

3 で罌粟, のこと 2 であった, であつ, に松島さん, に江戸, のよう

1 [25件] その親戚, であったので, ではまた, でパリー, で一雨, で大きな, で氣, なら, なら思わず, にその, になぜ突然, にはしばらく, には残る, に北, に延びた, に舟びとらはたちまち喜び, に誰, に重太郎, のやう, の切口, の同じ, の町, の空虚, まだ七つ, 再び山地

▼ 過ぎた~ (37, 1.7%)

4 が彼等 2 が急, は仕方

1 [29件] がある, が有りまし, だあきらめ, だから, である, であるし, でもつと, で馬鹿, なん, にはまるで, には囚われまい, に就い, に気がついた, に気付いた, に気附, に氣, はもう, は今更, は何, は皆, もあり, もし, も彼等, をいつた, をし, を心から, を言つたの, を語つて, を近頃少し

▼ 過ぎたため~ (35, 1.6%)

2 の頭痛

1 [33件] かえって裏切られた, かれは, か妙, ついぞ露わし, であったかも, である, ではなく, でもあった, におぞましく, にからだ, にこの, にその, にもろもろ, にコンナ, に丹尾, に二人, に今, に弟子, に急, に手抜かり, に新聞, に無残, に相手, に県, に羚羊, に若き, に逃げ過ぎました, に風邪, の不慮, の不覚, の慾, もうウォトカ, 却って盛らない

▼ 過ぎたかも~ (33, 1.5%)

7 知れない 4 しれません 3 知れないが, 知れぬが, 知れません 2 しれない, 知れぬ 1 しれないでも, しれぬ, 知らず議会, 知れないけれど, 知れないよ, 知れなかったが, 知れぬて, 知れませんが, 知れんが

▼ 過ぎたころ~ (29, 1.3%)

5 だった

1 [24件] からやたら, そのあたり一面, その町, だ, だったろう, であった, であったと, でしたかな, で市ヶ谷八幡, で栄子, で狭い, で道, と思います, にお, にはこれら, には緑, にひとり, にまとめた, にドクトル・ヘザーレッグ, に大工, に起こった, に隙, に静岡, 気がついて

▼ 過ぎたばかり~ (27, 1.2%)

5 なので 3 であった, なのに 2 である

1 [14件] だった, だったが, だと, だという, であったが, であるから, であるし, であるのに, で五時, で時には, で湖水, で遅く, 秋の, 骨細で

▼ 過ぎた~ (27, 1.2%)

3 のこと, の様々 2 の事, の樣

1 [17件] からその, だ, だけが記憶, に素晴, に見た, のさざめく, のすべて, のアジヤ主義者, の光, の思ひ, の歎, の紀介様, の責め, の追想, を思わず, を想い出し, を散歩

▼ 過ぎた~ (26, 1.2%)

43 だよ, だろう 2 です

1 [14件] じゃありません, じゃない, だか, だからな, だし, だなど, だね, だナ, だ可哀想, でございましょうお父さん, でしょう, ですから, ですね, ですイヤ失礼

▼ 過ぎたやう~ (20, 0.9%)

6

1 [14件] だ酒, で, です, な反省, な大, な氣, に, に思, に思はれ, に思はれた, に思はれる, に思ふ, に急, に私

▼ 過ぎた~ (19, 0.9%)

2 湯が

1 [17件] あの娘, するので, それに, だいたい此地方, また一人, 一人は, 一度は, 主人の, 刄物が, 完固, 庇の, 懐中も, 手も, 杉の, 相模言葉も, 雨戸は, 馬車で

▼ 過ぎたせい~ (19, 0.9%)

2 だろう, だろうと

1 [15件] かしら, かその, かそれとも, かとも思う, かも知れない, か今朝, か昨日, か母, か私, だった, だったかも, だとも, でしょう, でのどか, に相違

▼ 過ぎた今日~ (17, 0.8%)

2 である, となっ, になっ, もとより遊人 1 けたたましい爆竹, この頃, では八十助, では女給, では彼女, では活動, でもその, に至る, 改めて民間

▼ 過ぎた~ (17, 0.8%)

1 [17件] であつ, である, でございましょうか, で女, にはこの, には田舎, には稀, にもプラトン, にも彼ら, に土人, の感動, の所感, は小憎らしい, まだ, ようやく多, 軽い音, 迂濶

▼ 過ぎたある~ (15, 0.7%)

4 日の

1 [11件] 夜私は, 小雨の, 日事務所に, 日宇津は, 日煙草屋の, 日薄暗, 日親類へ, 日青葉に, 春の, 晩の, 朝兇行の

▼ 過ぎた~ (15, 0.7%)

5 る日 3 る夏 2 る晩, 日独逸の 1 る夕暮, る夜, 夜夫は

▼ 過ぎたという~ (13, 0.6%)

2 片輪車

1 [11件] ことを, もので, ような, わけで, 後悔が, 感じだけは, 点は, 程で, 罪を, 表情で, 非難が

▼ 過ぎたのに~ (13, 0.6%)

1 [13件] おげん, お豊, 太陽は, 女子が, 妙な, 妻の, 松虫草と, 武蔵は, 気が, 氣が, 耻じ入った, 阿新, 頑として船

▼ 過ぎたばかりの~ (13, 0.6%)

2 処女, 婦人科医で 1 女の, 屠蘇の, 彼は, 時刻だった, 氣の, 洋装の, 白河で, 色の, 頃に

▼ 過ぎた時分~ (13, 0.6%)

1 [13件] かへん, じゃなかっ, で一時間, で午前中, で宴, にこの, にはつい, にはやっと, に女子衆, に妙子, に腹痛, らしく一人, 突然茶室

▼ 過ぎた~ (12, 0.5%)

1 [12件] して, それとも十二時頃, ふと良寛さん, 一人位息ある, 分らない, 夜も, 或いは本来彼等, 知らない, 知らないが, 知らんと, 知れぬ, 覚際か

▼ 過ぎたかと~ (12, 0.5%)

1 [12件] 思うころ, 思うと, 思うのに, 思った, 思つたのに, 思ふと, 思われるころ, 思われるのに, 思われるよう, 思われる頃, 考えましたが, 自ら思う

▼ 過ぎた結果~ (12, 0.5%)

1 [12件] からそういう, ついに頭蓋骨, であったと, でありましょう, である, であると, でしょう, としてその, とまどって, なの, の無, 飛んでも

▼ 過ぎたところ~ (11, 0.5%)

1 [11件] が多い, です, で国, で東, にためといた, に焼酎屋, のある, の自由, の通り道, は常陸さん, へ父

▼ 過ぎた~ (10, 0.5%)

2 濠端の 1 厚情, 取り立ての, 婆とな, 師匠樣こんどは, 心添えに, 情け深いお, 旗本だ, 長屋の

▼ 過ぎた~ (10, 0.5%)

1 である, です, ではない, に, に不, に当時, に自分, に見様, の悲劇, めか眠れない

▼ 過ぎたあと~ (9, 0.4%)

1 では, で宮, で至, には歴史家, のよう, の夕方, の夜, は往来, は糞

▼ 過ぎた~ (9, 0.4%)

1 だから, でもはつきり心, でも私, となっ, なお残っ, になっ, のナオミ, の葬儀, もう熱心

▼ 過ぎた~ (9, 0.4%)

1 があなた, であった, である, とで, と見られるであろう, に渡した, の胸, の血気, をお爺さん

▼ 過ぎた~ (8, 0.4%)

3 がある 1 である, となっ, になっ, もない, を有つて

▼ 過ぎた~ (7, 0.3%)

1 だと, で理智, なるが, によく, のやう, のよう, もあった

▼ 過ぎた~ (7, 0.3%)

1 だと, だとは, であったが, であるこのごろ鏡, のとろんと, のよう, の髪

▼ 過ぎた~ (6, 0.3%)

2 かしらん, であるが 1 ですよ, な人々

▼ 過ぎた~ (6, 0.3%)

51 はなつかしい

▼ 過ぎた~ (6, 0.3%)

1 があります, だ, の中, の記念, は平民, よりもはるか

▼ 過ぎたこの~ (5, 0.2%)

1 人たちは, 夜更に, 家も, 衣服を, 頭脳を

▼ 過ぎたその~ (5, 0.2%)

2 あとの 1 ころから, 人も, 少女の

▼ 過ぎたとか~ (5, 0.2%)

1 何とかだ, 小言を, 汁が, 溜漬が, 甘味が

▼ 過ぎたとき~ (5, 0.2%)

1 さあこの, たしなめて, には二の腕, に仏, 何やらパット彼

▼ 過ぎたとも~ (5, 0.2%)

1 思いますが, 思ったが, 思って, 思はない, 思ふ

▼ 過ぎたなと~ (5, 0.2%)

1 いふ感じ, 勘づいたが, 思って, 思つた, 思つてゐた

▼ 過ぎた~ (5, 0.2%)

1 がある, が食べ頃, に以前, に蒔け, は大層

▼ 過ぎた~ (5, 0.2%)

1 が出来損じ, が大丈夫, が良い, だと, なのに

▼ 過ぎた言葉~ (5, 0.2%)

2 である 1 でした, や態度, を掛け

▼ 過ぎたかの~ (4, 0.2%)

1 ような, ように, 不安を, 頃に

▼ 過ぎたきらい~ (4, 0.2%)

2 がある 1 がない, もある

▼ 過ぎたくらいの~ (4, 0.2%)

1 仕事であった, 男の, 若い先生, 賢夫人であった

▼ 過ぎたけれども~ (4, 0.2%)

1 万象は, 家に, 小屋の, 賊は

▼ 過ぎたといふ~ (4, 0.2%)

1 た, より唯馴れ, 廉を以て, 気が

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

1 ちがいない, 相違なかつた, 違いない, 違ひない

▼ 過ぎたもん~ (4, 0.2%)

1 だから, だで, ですから, でそれで

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

1 悪漢には, 星の, 洗つたばかり, 黒旋風は

▼ 過ぎた仕事~ (4, 0.2%)

1 だそいつ, だと, であったため, も本当

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

2 ひが 1 がある, ひは

▼ 過ぎた嫌い~ (4, 0.2%)

2 がある 1 がない, もある

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

1 下命と, 推測でございます, 祝儀を, 迷惑を

▼ 過ぎた時代~ (4, 0.2%)

1 の事, の絵画, の風俗, への理解

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

1 です, なけだる, な好意, な気

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

1 にさ, のやう, は私自身, は立

▼ 過ぎた~ (4, 0.2%)

31 を瞼

▼ 過ぎたあたり~ (3, 0.1%)

1 から往来, で二百余名, までくる

▼ 過ぎたかなと~ (3, 0.1%)

1 いふ気, 彼は, 思ったが

▼ 過ぎたとは~ (3, 0.1%)

1 いえ脂ぎって, 考えられない, 見えぬうら若い

▼ 過ぎたほどの~ (3, 0.1%)

1 人で, 思いつきだ, 性質の

▼ 過ぎたわけ~ (3, 0.1%)

1 さ, だった, ですが

▼ 過ぎた埋葬~ (3, 0.1%)

1 に遇っ, のため, のスリル

▼ 過ぎた太陽~ (3, 0.1%)

1 の光, は屍体, は幸福さうに輝

▼ 過ぎた女房~ (3, 0.1%)

1 ぞ, だ, であったが

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 の中, を眺めた, を馬鹿

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 ではありません, の厄払い, の話

▼ 過ぎた年月~ (3, 0.1%)

1 があまりに, のこと, を思う

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 がある, がし, がする

▼ 過ぎた感じ~ (3, 0.1%)

1 で寧ろ, に堕ちる, のみすぼらし

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 から始める, が一か所, をあなた

▼ 過ぎた日曜~ (3, 0.1%)

2 だつた 1 のある

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 に両国橋, の九時頃, 同じよう

▼ 過ぎた漁夫~ (3, 0.1%)

1 がいた, が唾, は働かされる

▼ 過ぎた為め~ (3, 0.1%)

1 あまりに小さな, に従つて中途半端, に飛んだ

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 であつ, であらう, に當時

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

2 だぜ 1 である

▼ 過ぎた老人~ (3, 0.1%)

1 で弾丸, によって為された, によつて

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 から拾っ, でそこ, へかけ付け

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 と色, の為, の臭ひも

▼ 過ぎた~ (3, 0.1%)

1 の惡さ, の芯, の重み

▼ 過ぎたあんばい~ (2, 0.1%)

1 である, です

▼ 過ぎたかたち~ (2, 0.1%)

1 だ余り, であるが

▼ 過ぎただけ~ (2, 0.1%)

1 だよ, でもう

▼ 過ぎただけの~ (2, 0.1%)

1 ことであった, 事で

▼ 過ぎたって~ (2, 0.1%)

1 仕方が, 誰も

▼ 過ぎたなど~ (2, 0.1%)

1 私の, 考へ

▼ 過ぎたなんて~ (2, 0.1%)

1 つまらないこと, つまらない事

▼ 過ぎたのち~ (2, 0.1%)

1 に彼, のこと

▼ 過ぎたほど~ (2, 0.1%)

1 型通りの, 眼付の

▼ 過ぎたほどに~ (2, 0.1%)

1 あつた, おめかしを

▼ 過ぎたものの~ (2, 0.1%)

1 御衣の, 覚一は

▼ 過ぎたんで~ (2, 0.1%)

1 たとえ兄貴, 胸が

▼ 過ぎたスパイ~ (2, 0.1%)

1 の神経戦, の神經戰

▼ 過ぎた一夜~ (2, 0.1%)

1 の事, の様子

▼ 過ぎた一日~ (2, 0.1%)

1 が, のこと

▼ 過ぎた世帯~ (2, 0.1%)

2 くづし

▼ 過ぎた主人~ (2, 0.1%)

1 に御, の沙汰

▼ 過ぎた人生~ (2, 0.1%)

1 の街道, を鉄

▼ 過ぎた傾向~ (2, 0.1%)

1 がある, は万葉集

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 の日, 置を

▼ 過ぎた勉学~ (2, 0.1%)

1 のため, の為

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 のあの, の夢

▼ 過ぎた夜中~ (2, 0.1%)

2 の二時

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 作家が, 年増

▼ 過ぎた大任~ (2, 0.1%)

1 ですが, を果たして

▼ 過ぎた山国~ (2, 0.1%)

2 の首都

▼ 過ぎた山國~ (2, 0.1%)

2 の首都

▼ 過ぎた幼時~ (2, 0.1%)

1 の心, の生活

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 の右, を悔いました

▼ 過ぎた想像~ (2, 0.1%)

1 ではある, もしくは神経過敏

▼ 過ぎた態度~ (2, 0.1%)

1 には面, に出る

▼ 過ぎた推測~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, で恐縮

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 だ, でつい

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 の事, の親

▼ 過ぎた時刻~ (2, 0.1%)

1 で中庭, を計らっ

▼ 過ぎた時畑~ (2, 0.1%)

2 に耕す

▼ 過ぎた時私~ (2, 0.1%)

1 はまた, はニューイングランド

▼ 過ぎた時間~ (2, 0.1%)

1 だったと, だつた筈

▼ 過ぎた月日~ (2, 0.1%)

1 の物思い, の長く

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 が夕暮, もここ

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 と福壽草, の花

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 なけだる, な寒

▼ 過ぎた次第に~ (2, 0.1%)

2 場末町端れ

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 である, は少い

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

2 だが

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 がし, がした

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 のすべて, のよう

▼ 過ぎた相手~ (2, 0.1%)

1 であるし, ととつおいつ

▼ 過ぎた社会意識~ (2, 0.1%)

1 は一種, も亦

▼ 過ぎた立派~ (2, 0.1%)

1 な口髭, な方

▼ 過ぎた紅葉~ (2, 0.1%)

2 の時節

▼ 過ぎた結果精神~ (2, 0.1%)

1 に尋常, に異状

▼ 過ぎた老体~ (2, 0.1%)

2 を以てまだ

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 から下, が砕け

▼ 過ぎた自分~ (2, 0.1%)

1 が口惜しくっ, はああ

▼ 過ぎた花瓶~ (2, 0.1%)

2 や松

▼ 過ぎた華奢~ (2, 0.1%)

2 を欲

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 に病氣, をいくら

▼ 過ぎた行い~ (2, 0.1%)

1 であろう, はありませぬ

▼ 過ぎた表現~ (2, 0.1%)

1 とも思われ, を求める

▼ 過ぎた見方~ (2, 0.1%)

1 だとは, で凡そ性論

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 があっ, がある

▼ 過ぎた言い分~ (2, 0.1%)

1 だ, を除去

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 過ぎた議論~ (2, 0.1%)

1 であるので, にまではいつた

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 の果報, の発奮

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 はすでに, りが

▼ 過ぎた頃一行~ (2, 0.1%)

2 は小川家

▼ 過ぎた頃彼~ (2, 0.1%)

1 はそれ等, はとうとう

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

2 を冷水

▼ 過ぎた~ (2, 0.1%)

1 ですよ, で唐松

▼1* [479件]

過ぎたあと土塀際の引込んだ, 過ぎたあと空は恐ろしい, 過ぎたあんまり悟りすぎた, 過ぎたいきさつを言い争っ, 過ぎたいたずらについて説明, 過ぎたいままで客, 過ぎたいまごろに, 過ぎたいま昭和二十七年である, 過ぎたうとう七月は, 過ぎたうどんだ, 過ぎたうらみがない, 過ぎたおのれを歯がゆく, 過ぎたお客のよう, 過ぎたお尋ねのな, 過ぎたお蔭で銅像, 過ぎたかとも思って, 過ぎたかね村瀬さん, 過ぎたからかいつもは, 過ぎたからというので, 過ぎたからに相違ない, 過ぎたかを弁えず月夜, 過ぎたきょう郵便局に行っ, 過ぎたくらいであろうと, 過ぎたくらいにしか思わず彼, 過ぎたふからは, 過ぎたけれど屋根, 過ぎたここ五年間は大石先生, 過ぎたこと姉の親切, 過ぎたこと生活は違った, 過ぎたころ岡田君も一緒, 過ぎたころ明智探偵が捜査課, 過ぎたころ私はひとり, 過ぎたころ耕平は進行中, 過ぎたころ見物に出かけた, 過ぎたころ黄昏には間, 過ぎたしかし騒がしいその, 過ぎたすしを食った, 過ぎたそこでの自分, 過ぎたそして饒舌り過ぎた, 過ぎたそれというの, 過ぎたそんな役廻りは, 過ぎたウーン, 過ぎたためほかの曲輪, 過ぎたため外国文章の句法辞法, 過ぎたため渓流の護岸工事, 過ぎたため胃のぐあいが, 過ぎたため身をひるがえす, 過ぎたため隠密組の法規通り, 過ぎたちょっと良い男, 過ぎたちょぼくれおやじにそ, 過ぎたつて腹の立つ, 過ぎたあらう, 過ぎたとき彼らの不安, 過ぎたとき誰かの足音, 過ぎたとたんに八五郎, 過ぎたどうして酒の, 過ぎたなという心持で, 過ぎたなとの自省も, 過ぎたなどと今でも, 過ぎたにと仰せられたので, 過ぎたにもかかわらずとうとう, 過ぎた早くいっ, 過ぎたのにと言ふ, 過ぎたはず故いま右下, 過ぎたばかしだと, 過ぎたばかりぐらいの時刻だった, 過ぎたばかりといふのに, 過ぎたばかりとしか思われない, 過ぎたばかりにスッカラカンで, 過ぎたひとだそう, 過ぎたまた明くる, 過ぎたまでなの, 過ぎたまやかし声が起った, 過ぎたむら気で無分別, 過ぎたやがて三更, 過ぎたりき他人の詞, 過ぎたわいと少し引き返し, 過ぎたわが小半生の, 過ぎたカルモチンに酔, 過ぎたコイルと同様, 過ぎたタバコのヤニ, 過ぎたチャイコフスキーは校長さん, 過ぎたペン書きでおばあさん, 過ぎたボートとしてはかなり, 過ぎたモテナシでありますブルプロ, 過ぎたヨハネのやう, 過ぎたラムプの芯, 過ぎたロココの優雅さ, 過ぎただから, 過ぎた一カ年で充分, 過ぎた一ヶ月程の後, 過ぎた一人のまえ, 過ぎた一人前の男, 過ぎた一夏ではあった, 過ぎた一寸良い男, 過ぎた七年は夢, 過ぎたに人, 過ぎた上方者のねっちり, 過ぎた下半身とは反対, 過ぎた主婦が片手, 過ぎた主婦さんにまるで, 過ぎた九月の初, 過ぎた了見じゃ是非, 過ぎた了見ぢや是非, 過ぎた二つの幻, 過ぎた二人の性格, 過ぎた二十幾日に薫, 過ぎた二十歳それにも拘らず, 過ぎた五月のウィーン, 過ぎた五郎時致でありました, 過ぎた亜米利加の女, 過ぎた京染だの堺, 過ぎた亭主もよしあし, 過ぎた人生観と生活様式, 過ぎた人達であろう, 過ぎた今日甚吉がどうしても, 過ぎた今日盗賊はもちろん, 過ぎた介抱がわし, 過ぎた仕業の一つ, 過ぎた代り浮氣過ぎましたね, 過ぎた仲秋の頃, 過ぎた伎芸の女, 過ぎた伝馬の船頭, 過ぎた余りに無人格的, 過ぎたであって, 過ぎた作品を殘, 過ぎた作者を見た, 過ぎた佳麗な人, 過ぎた俗人の詠歎, 過ぎた信念が常に, 過ぎた傾きがない, 過ぎた僅かばかりの思想, 過ぎた働きがだ, 過ぎたの年少時代, 過ぎたが家中, 過ぎた八日の朝, 過ぎた処置であった, 過ぎた出世をする, 過ぎただ, 過ぎた分別のある, 過ぎた分別盛りらしいの, 過ぎた力量のある, 過ぎた勘次の注意, 過ぎた勘次四五軒向うの八里半丸焼き, 過ぎたで後の, 過ぎた十七日には朝, 過ぎた十二年の夏, 過ぎた十二月のはじめ, 過ぎた十二月一日の午後, 過ぎた十兵衛めが処置, 過ぎた十兵衞めが処置, 過ぎた十月のなかば, 過ぎた午前一時ごろ其処を辞した, 過ぎた午後の太陽, 過ぎた半分でやめれ, 過ぎた占いかただけれども, 過ぎた去年の三月, 過ぎた遠過, 過ぎた反動で實際以上, 過ぎた老婆が, 過ぎた古いものな, 過ぎた古木の梅, 過ぎた古疵が再発, 過ぎた同じ公園の, 過ぎた同情も自ら, 過ぎたをたくさん, 過ぎた名優振りには流石, 過ぎた名誉はない, 過ぎた品物は四面, 過ぎた問題でした, 過ぎた四五カ月の間, 過ぎた四十日過ぎたと, 過ぎた四時頃でもあつ, 過ぎた土地だ, 過ぎた報ひで僕は忽ち, 過ぎた場処の選択, 過ぎた場合無意識に自己, 過ぎた夏花のしらべ, 過ぎた夜具敷蒲団畳んだまま裾, 過ぎた大きな邸で, 過ぎた大人と発達盛り, 過ぎた大役です, 過ぎた大役父子共々力, 過ぎた大望かも知れない, 過ぎた大金に思え, 過ぎたの恩寵, 過ぎた天堂の言い分, 過ぎた夫婦を見い, 過ぎた奥座敷には両親, 過ぎた女中頭に小言, 過ぎた女房姿ですが, 過ぎた女盛りのむっちり, 過ぎたでさえこれ, 過ぎた好意をこう, 過ぎただった, 過ぎたではある, 過ぎた姫君であったの, 過ぎた婿だと, 過ぎた子供から盲, 過ぎた学士様じゃ, 過ぎた学才のある, 過ぎた学者らしい人物, 過ぎた官報局時代であって, 過ぎた官能の愛着, 過ぎたが来られた, 過ぎた宵の口仙公は低い, 過ぎたは夫, 過ぎた宿のおばあさん, 過ぎた寄進かと存じまする, 過ぎた寡婦である, 過ぎた寸行の記事, 過ぎたの門, 過ぎた屋根越に向う角, 過ぎたで一番, 過ぎたを後, 過ぎた平和な日, 過ぎた年ごろになっ, 過ぎた年増でしたが, 過ぎた年寄りであると, 過ぎた幸福の日々, 過ぎた座談とばかり思う, 過ぎた弥生半ばのこと, 過ぎた強い愛情の, 過ぎた当然のよう, 過ぎたの形相, 過ぎた待遇を許された, 過ぎた律儀な丸田, 過ぎた後ひとりの法師, 過ぎた後フト胸のダイヤ, 過ぎた後下向して, 過ぎた後下谷の方角, 過ぎた後失神した彼, 過ぎた後子供らしい曲がりくねった大きな, 過ぎた後床の上, 過ぎた後戦争が始まつた, 過ぎた後戸の向う, 過ぎた後援をし, 過ぎた後新次郎が土蔵, 過ぎた後方で戻り合う, 過ぎた後霽れわたる空, 過ぎた後駕籠の止まった, 過ぎた徴候である, 過ぎた心付を彼女, 過ぎた心境の余波, 過ぎた心持でい, 過ぎた心持ちで往来, 過ぎた性質から夫, 過ぎたでした, 過ぎた恨みがあっ, 過ぎた悪い品を, 過ぎた感想ではある, 過ぎた感謝があろう, 過ぎた慈悲善根を施, 過ぎた憂愁の快, 過ぎたはある, 過ぎた懺悔ばなしです, 過ぎた我等の不見識, 過ぎた戦乱の日, 過ぎた扱いをいたしまする, 過ぎた扶持方だと, 過ぎた技倆私も嬉しく頼もしく, 過ぎた挨拶ぶりであった, 過ぎた推論である, 過ぎた散歩であったが, 過ぎた数日前の夜, 過ぎた文化の下, 過ぎた文面かと復一, 過ぎた料理だった, 過ぎた新居においで, 過ぎた新聞記者も全島, 過ぎた既に自殺した, 過ぎた日本の風景, 過ぎた日記帳を二つ, 過ぎた明治四十二年の秋, 過ぎた昔私はこの, 過ぎたを回顧, 過ぎた是りや梅子飛んだ勉強, 過ぎた時うかつにその, 過ぎた時リイケはひどく苦しく, 過ぎた時一人の女, 過ぎた時丘のふもと, 過ぎた時二人はその, 過ぎた時分半紙を一枚手, 過ぎた時分大概は中, 過ぎた時大根卸しを, 過ぎた時尿意を催した, 過ぎた時敷石を踏む, 過ぎた時母親は七カ月目, 過ぎた時聖徳太子の由緒, 過ぎた時自分は後, 過ぎた時連れを先, 過ぎた晩過労の夜, 過ぎた暇潰ですて, 過ぎた暑い部屋で, 過ぎた暴れの余波, 過ぎたかという, 過ぎた月明りの裏打, 過ぎた服装はし, 過ぎた朝顏の鉢, 過ぎた木造家屋は殆, 過ぎた未亡人椿正枝の感傷, 過ぎた未婚の婦人, 過ぎた机代のもの, 過ぎた東京の夢, 過ぎたはあと, 過ぎた樣子です, 過ぎた正月をし直したい, 過ぎた此頃恩師を唯一人, 過ぎた武者ぶるい, 過ぎたの影, 過ぎたへの同情振り, 過ぎた母親左側には六十, 過ぎたのいい, 過ぎた気分も倦怠, 過ぎた気味はある, 過ぎた江戸の町, 過ぎた注文で否, 過ぎた洗い方だとしか, 過ぎた津田の心, 過ぎた深夜重い車, 過ぎた清らかさに照り輝く, 過ぎた温泉場は湯治客, 過ぎた潔癖症の果て, 過ぎた無口何をきい, 過ぎた熊本の城下, 過ぎた爲め却つて缺點を擧げる, 過ぎた父親の方, 過ぎた牡丹のやう, 過ぎた物の本に吸, 過ぎた物堅い職人で, 過ぎた狩猟の日, 過ぎた現代的の心, 過ぎた現在では対等, 過ぎた理知そのもののよう, 過ぎた理髪のやう, 過ぎた生涯の午後, 過ぎた生瀬の停車場, 過ぎた男女の間, 過ぎたの幸福, 過ぎた畢竟擬宝玉を, 過ぎた病身の女らしい, 過ぎた白人は實際以上, 過ぎた白梅が風, 過ぎた直し酒にスッカリ, 過ぎたのはなやか, 過ぎた真夜中の二時頃, 過ぎた着物を娘, 過ぎた短い文章に, 過ぎた社会的待遇を受け, 過ぎた祝意を寄せられ, 過ぎたとしての彼, 過ぎた程度で頂, 過ぎた程敬虔であつ, 過ぎた程立派な二つ, 過ぎたを波立て, 過ぎた稽古のため, 過ぎたを埋める, 過ぎた穿鑿と思はれ, 過ぎた結果この世にない, 過ぎた結果扇一本舌三寸が絶対金科玉条, 過ぎた結果軍そのものの本質, 過ぎた結果農家に金, 過ぎた結果鼠薬を舐めさせられ, 過ぎた線路に遠慮なく, 過ぎた縁談なども持ちこまれ, 過ぎたのない, 過ぎた美貌でしかも, 過ぎた羽目をはずしすぎた, 過ぎた二十三日の, 過ぎた翌日の朝, 過ぎた婦人で, 過ぎた老母足の悪い, 過ぎた考えのある, 過ぎたのはずれ, 過ぎたの高い, 過ぎた臆説であるかも, 過ぎた自然を殺す, 過ぎたと無口, 過ぎたにその, 過ぎたを一人, 過ぎた良人だからなあ, 過ぎた艶姿だ, 過ぎた芋俵は彼, 過ぎたの根もと, 過ぎた芝居のよう, 過ぎたの香り, 過ぎた花嫁のよう, 過ぎた苦痛を味わう, 過ぎたを呑気そう, 過ぎた菜の花畑とげんげ畑, 過ぎた落付きを持っ, 過ぎた虚偽の技法, 過ぎた蜜柑山で村, 過ぎた蝶散らしの染浴衣, 過ぎた血色のいい, 過ぎた複雑な装飾, 過ぎた見舞を下, 過ぎた見舞いの品々, 過ぎた見解で芭蕉, 過ぎたの愛, 過ぎた親父の源太郎, 過ぎた観察とでも申しましょう, 過ぎた解釈で甚だ, 過ぎたりである, 過ぎた試験だ, 過ぎただとして, 過ぎた説明としか思われない, 過ぎた説相を採っ, 過ぎた読書力を持っ, 過ぎただか, 過ぎた請求であつ, 過ぎたである, 過ぎた謙抑は取り返し, 過ぎた警部によって私たち, 過ぎた負債も世間, 過ぎた貧弱過ぎた, 過ぎた賤民である, 過ぎた贅沢をせん, 過ぎた踊子が私, 過ぎた身の上にさせ, 過ぎた身上を近頃, 過ぎた身體と大, 過ぎた轢殺車がお前, 過ぎた途端名前を呼ばれた, 過ぎた連句は結局一句, 過ぎた運命よ, 過ぎた過去の人, 過ぎた過去明日は知られざる, 過ぎた選択が行, 過ぎた部分へまた, 過ぎた部屋はと言, 過ぎた酒屋の角, 過ぎた金助で金助, 過ぎたがお, 過ぎた鋭さ余る性質, 過ぎた錯覚を抱かれ, 過ぎた長巻刀を把, 過ぎたに亀, 過ぎた間もなく山岳会が, 過ぎた間拍子のキチン, 過ぎた間違つた事をした, 過ぎた附近で日本軍, 過ぎた霊場へすらすら, 過ぎた科学的な, 過ぎた非常であります, 過ぎた面目でございます, 過ぎた面長の顔, 過ぎた頃一呼吸吐かせて, 過ぎた頃一緒に戻つ, 過ぎた頃一通の郵便, 過ぎた頃丑松は振返つ, 過ぎた頃前面を瞰, 過ぎた頃宗近君, 過ぎた頃家の燈, 過ぎた頃岸本は復, 過ぎた頃急にその, 過ぎた頃成瀬の病気, 過ぎた頃比叡の頂上, 過ぎた頃火の粉が, 過ぎた頃相手の答, 過ぎた頃真正面には鶴見, 過ぎた頃筆者はたまたま, 過ぎた頃諏訪湖で尺鮒, 過ぎた頃防寨の丸木櫓, 過ぎた頃飛騨の高原, 過ぎた頃高瀬の谷, 過ぎたも鴾色, 過ぎたいろを, 過ぎた風情であった, 過ぎた風貌に見える, 過ぎた驟雨がまた, 過ぎた高原地帯の波形, 過ぎた高頭君以下もやがて, 過ぎたの削り, 過ぎたを売っ, 過ぎたは最早, 過ぎた鹹酸の味, 過ぎた麦秀の候, 過ぎた黄昏の鴉