青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「過ぎ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~運ぶ ~運ん 運ん~ ~運動 運動~ ~運命 運命~ 運転~ 遍~ ~過ぎ
過ぎ~
~過ぎた 過ぎた~ ~過ぎない 過ぎない~ ~過ぎなかった ~過ぎる 過ぎる~ ~過去 過去~ ~過程

「過ぎ~」 7561, 82ppm, 1364位

▼ 過ぎ~ (4154, 54.9%)

173 いた 109 いる 56 ゐた 47 行った 46 しまった 39 ゐる, 行く 37 いて 34 いった 25 いたの, いるの 24 いるので 22 行つた 20 いること, ゆく 19 いたので, いるよう 17 ゐるの 16 いると, 居た 15 いたが, いました 14 しまって 13 ゐると 12 います, しまいました, 居る 11 行きました, 行くの 9 いるのに, しまったの, ゐて, ゐるので, 行くばかり 8 いるが, いるし, ゆきました, ゐたが, ゐるやう, 今は, 来た, 来て, 行きます 7 いるから, しまう, ゐるから, 来たの, 自分の 6 いたから, いたよう, いるという, ゆくの, 來た, 家に, 居ると, 或る, 行くと

5 [18件] いたため, いたと, いるかも, いるじゃ, いるん, しまうと, しまえば, ゐたの, ゐます, ゐるのに, 其に, 困るん, 夜の, 桜の, 次の, 気が, 白い雲, 行って

4 [24件] いけない, いたこと, いったが, いるでは, おります, きた, それが, また後夜, 了つた, 冬の, 困つて, 困る位, 夏に, 夏来に, 夏来るらし, 学校が, 春も, 来に, 私の, 秋の, 行くとき, 行ったが, 赤蜻蛉田圃に, 間も

3 [49件] いく, いたかも, いたせい, いって, いるうち, いるくらい, いるため, いるところ, いるとは, いるもの, おる, こ, しまいそう, しまうの, しまひました, しまへば, たよりない, ゆくうち, ようように, ゐたので, ゐたらう, ゐました, ゐること, ゐるし, 九月の, 了ふ, 何か, 何の, 困る, 困るの, 坂を, 失敗した, 娘の, 実行の, 居ります, 居るから, 居るやう, 帰ること, 幾夜か, 早く精気, 本當, 東京の, 櫻の, 氣の, 私は, 翌年の, 行くうち, 行くもの, 話の

2 [196件] いかん, いけません, いたけれども, いたのに, いたらしい, いた頃, いつた, いつの間にか向う岸, いないの, いは, いましたが, いますよ, いま凉道蓮台の, いやだ, いるだけに, いるであろう, いるほど, いるほどに, いるらしかった, いる事実, いる今, いる為, おせき, おりました, お前の, きびしとも, きょうは, こちらの, さきの, さすや, さらさらに, しばらく行く, しまいます, しまうこと, しまうまで, しまうもの, しまう方, しまったので, しまったのに, しまった後, しまふと, その年, それに, そんなに晩, とても掃除, なほも, ならず固, はては尋ね行き, ほんとになつかしく, また小用, まだ間, まるでお, みると, ゆくと, ゆくよう, よめる歌并短歌, ゐたから, ゐたとは, ゐながら, ゐるとか, ツイ舅の, 一種の, 七月の, 不便な, 世間に, 中川に, 九月はじめの, 了いました, 了うた, 了った, 了ツた, 事実に, 二十日と, 些かだに, 人を, 今の, 今年も, 今年正に, 今日一日の, 仕舞った, 他の, 仙郷に, 仲店へ, 俥が, 先の, 八月の, 到底犯し得ぬ, 北に, 北へ, 千束稲荷の, 又話, 右に, 嘖ば, 四辻へ, 団体間の, 困るよ, 困るよう, 困る学校, 堀端へ, 夏の, 夕かけ, 多きを, 大沼公園に, 女を, 始めて, 威勢が, 実感が, 富山七之助が, 小や, 居たかも, 居たが, 居たやう, 居たよ, 居て, 居るでは, 居るの, 居る様, 巴里へ, 市中は, 帰って, 平地に, 幾日まだ, 広い部分, 廊下の, 当時の, 彼は, 後, 怖いこと, 悲しみの, 愛嬌が, 手に, 手の, 日かげの, 日の目も, 早く精氣, 暗くなっ, 暗討, 月明らけし高槻が, 来た方, 来た画因, 来ました, 東練兵場の, 梅が, 楼上に, 横川に, 歸る, 母親の, 水を, 汝は, 江戸の, 江戸は, 汽車は, 消えゆく日, 清吉は, 滑稽な, 熱さ, 猶目, 申の, 男の, 目が, 秋も, 空文を, 緑の, 翌日の, 肥料つけの, 胃を, 胃腸病を, 腹を, 腹痛みなど, 自分に, 至当とは, 船橋の, 行くこと, 行くよ, 行く時, 行ったあと, 行ったこと, 行つた幾百年幾万の, 行つた幾百年幾萬の, 見晴らし山という, 親子の, 解らず私, 誰やら, 變だ, 足が, 路は, 近頃自分, 道の, 郊外へ, 障るもの, 雪が, 電車の, 面白くない, 風が, 魔が, 鶴飼橋の

1 [2305件 抜粋] ああ過ぎ, あたたかくなりました, あぶなく殺す, あまりに何, ありますので, あれや, いきましたとき, いく夜か, いずこか遠い, いたかという, いただけに, いたろう, いた事に, いた首脳者, いってからは, いつか秋風が, いつもなら, いと, いまいか, いましたと, いますからネ, いませんか, いやしない, いよいよ年の瀬, いよいよ深川, いられたの, いるからね, いるそれ, いるどう, いるはず, いるよ, いる上座, いる位, いる勿体ない, いる嫌い, いる手腕, いる片意地, いる顔, いろんなこと, うれたけれども, おかしなくらい, おっとせい, おりますから, おり明, おれは, お児, お前さんを, お怪我, お竹蔵, お菓子屋へ, かえって効果, かえって増長, かえって能率, かなたの, きたわけ, くすぐったいけれども, ここらの, この句, この私, これで, こんなに秋, ござる, さながら猛き, しっかりとは, しまいましたよ, しまうよう, しまう短, しまったある, しまったため, しまったら動き, しまった不覚, しまった甲府, しまひ, しまふの, しまわなかった頃, すでに受胎, そこの, そのままで, その儘, その外国人, その本人, その汽車, その身, それから夜中, それも, ただねじれた, ただ見, だんだんと, っから, ついに赤旗事件, つぎの, である, とうとう嫂, とかく一人, とても寄りつけぬ, どうしても本当, どの男, なお三四十年, なにかにつけ, ならず弱, なんでも, のどかな, ばからしくて, ふら, ほんの一二秒, まさに絶頂期, またはれ, また同じ, また思ひ, また静, まのあたり艶異, むしろ繊細, もう一刻, もう夜明け, やがては, やがて涼気, やせて, やや平らか, ゆきます, ゆき昔生存, ゆくこの, ゆくん, ゆく想念, ゆく景色, ゆく生活風景, ゆく而, ゆく雲, ようよう仙台, よく睡る, わからないため, わが丸の内, わたくしたちは, ゐたそれら, ゐたやう, ゐた置手紙二つ, ゐは, ゐようとも, ゐるため, ゐるよ, ゐる俺, ゐる年配, ゐる爲, んです, アドリアティコ海に, ガタンと, スカイアイ, チト變ぢや, パリには, ベルと, ポローニヤスが, ミランに, 一つ二銭の, 一九一八年三月頃までの, 一反の, 一夜吹き荒れた, 一広, 一時に, 一橋あり, 一緒に, 七日の, 三の, 三日の, 三月の, 三福田京守木宗光寺畷南条, 上界に, 下手人は, 下痢患者が, 不敵な, 且つは, 丘に, 中に, 中毒を, 九時頃武生に, 了つた後悔と, 了へば, 二つ三つと, 二十代で, 二度目の, 二股から, 五百歩ほどの, 人に, 人物が, 今に, 今市に, 今日は, 仕舞えば, 他方百姓が, 会員を, 何うし, 何とも云, 何度も, 余すところ, 余計な, 來ぬ, 俊夫君は, 俵屋から, 傍から, 元気お, 光が, 全体として, 八五郎の, 八瀬を, 六日の, 其あくる日より, 其家を, 兼吉は, 再び山, 冬らし, 出た芽, 出納係の, 初めて戯曲, 判読出来ない, 利根の, 刺戟に, 勝負にも, 勿論信憑, 北浦春日明神の, 十六に, 十月の, 午の, 卑屈に, 南へ, 南郊の, 危ふく救ひ, 却って張り合い, 却つて吐い, 却つて面白, 厭は, 又課業, 反つて尻尾, 取りかかっても, 古代文献学の, 各専門, 吉野の, 君の, 吻ツと, 呉服屋へ, 唖に, 商賣, 四五日たつた, 四時変らぬ, 困った, 困つたもの, 困りましたよ, 困るくら, 困るだろうという, 困るので, 困る自分, 国務大臣フォン・ファブリイス伯の, 坐れねえ, 堀留に, 堪らないやう, 変形した, 夏草の, 外山井上兩博士は, 夜後に, 夢の, 大きな声, 大分読者に, 大宮から, 大曲り, 大納言師道が, 天も, 太鼓中途で, 失望した, 好きな, 妹を, 始めて鷄鳴, 婀娜めくばかり, 子供は, 学校へ, 孫十郎は, 定めて, 室内に, 宵から, 宿酲未ださめやらぬ, 寄りつきにくい, 寝ようと, 寢心地が, 小一町, 小規模の, 少しく下り, 少し向う, 少し行く, 尖った神経, 居たといふ, 居た為, 居られるため, 居るおり, 居るぜ, 居るもの, 居る為, 届いた手札形, 山の, 山杜鵑啼き渡る, 岸本は, 工事中の, 差し向, 帰らないほど, 幅四里の, 平次は, 幼稚な, 幾年に, 広い道, 庭づたいに小歌が, 弱い体質, 当然せね, 彼の, 往つた, 待つほう, 後は, 後当時の, 後秀勝を, 御幼稚, 心の, 心持が, 思い出した時分, 思案が, 恐しいみたい, 息子ふと, 悩ましい後園, 悪魔か, 意味が, 憎いじゃ, 我は, 我母の, 手段の, 持て余しの, 換衣室の, 散りがて, 文化どころの, 斟酌すべき, 新宿に, 旅情とみに, 日常の, 旦那の, 早まったという, 明日にでも, 春が, 昨夜そのまま, 昭和十九年六月疎開の, 時間表の, 暫く山中, 更に二七日, 會員を, 木々の, 本來, 村落から, 来たので, 来たシベリヤ, 来た帰らぬ昨日, 来た跡, 来られたの, 東京深川の, 枕に, 根本中堂の, 椿, 楽しみに, 標本箱には, 檸檬橄欖の, 次第に日光, 止って, 此世を, 武夫たちの, 歯が, 死の, 死んでは, 段々その, 母上は, 気持が, 水族館の, 汗も, 決断なく, 法性寺の, 泳ぐやう, 海が, 海津城に, 淡い緑色, 湯上りの, 滑ったり, 漸くあたり, 激しく逐, 灯を, 照らす日, 熊谷という, 物を, 狹苦しい, 玉川上水の, 瓦塔口の, 生命を, 田圃間の, 町の, 畑なども, 疎林を, 疲労し, 病気にな, 白須賀の, 百物語の, 盆芝居の, 目ざす隣村, 直ぐその, 相模の, 真に興味, 眠るので, 知らなかったよ, 破れるとは, 神社合併が, 神聖月曜日が, 私達は, 秋に, 秋風の, 空も, 窒息せし, 竹藪ばかりの, 笹子川の, 精神異状にまで, 索遜, 結局又, 緩和圏に, 罅が, 翻訳し過ぎた, 聖の, 肩が, 能く, 腹の虫が, 膨らまないの, 自動車は, 興尚, 船橋に, 芝居見たいだ, 花弁も, 苦しいからとて, 苦痛に, 荻の, 葉子は, 蔵前通りを, 薦枕, 蝶の, 行かれました, 行き庭, 行くけれど, 行くところ, 行くらむ, 行く多勢, 行く日, 行く石, 行く葛城, 行く陣痛, 行けば, 行った幾百年, 行った赤い, 行つた一夏日比野皆, 行動の, 表現せん, 西方の, 見える槍, 見ゆ, 親しく今, 親切な, 言憎い, 詠んだもの, 詰らなかった, 誰かが, 謝つた, 貧民窟の, 走った, 越中飛騨の, 跡取, 身の, 身寄りとは, 轟然千曲の, 近江の, 追分の, 途方に, 通俗に, 進行変化が, 遊人と, 遠からず, 邪魔な, 都門に, 金が, 鉄仮面の, 閉門した, 間もなく下ノ島, 間違ひ, 除服を, 随分迷惑, 離すと, 雪は, 静では, 頭が, 額ぎわのさびしい古, 風を, 飛んだり, 食傷した, 駅の, 驅け, 髪の毛一本一本が, 鰹の, 麓の

▼ 過ぎ~ (573, 7.6%)

39 なって 33 なると 13 けり 9 帰って 5 なっても, 寺を 4 家を, 氣が, 眼を 3 ける, し子等, なった, 私は

2 [33件] けりわれ, けり梧桐, けり雨, けるかも, し人, し方, し日, し春, なってから, なつた, ならなければ, なるん, ぼんやり宅, やつと, 來た, 俺が, 出て, 到着し, 家へ, 帰宅した, 幸次郎が, 廊下に, 彼は, 殺されたの, 母が, 眼が, 着いて, 私が, 自分の, 起きた, 起きて, 霽つた, 飯を

1 [379件] あったかも, あの手紙, ある家, おそい通行人, お一人, お作, お元, お卒去, お国, お夜食, お宅, お小用, お常, お庄, お才, お津賀, お玉を, お篠さん, お見え, お里が, お銀たち, お關母子, き, ぐでんぐでんに, けり万燈, けり二列縦隊, けり帰り来, けり鮮, ける今, ここを, こちらに, この家, この部屋, しが, して, しゃがんで, し世さ, し事, し剣刃上, し君, し妹, し山, し岡傍, し年, し恋, し恨み, し旅行, し榮, し武州御岳山, し片お, し秋, し花, そこを, そつと, その旦那, その青年, それと, たつた一人, ちらし髪, ついた, なってからの, ならないと, なりました, なりまして, なります, なりますかしら, なりますが, なりますやろな, なる, なるだらうが, なるのに, なるまで, なるまでは, なる位, なれば, はじめてパン, はじめて約束, はもうよほど, ぴかりと眼, ほかなりません, まさかねえ, またオパール色, また同じく, みさ, むしろを, むすこが, もう一度来, もう内中, もう灯, やっとうとうと眠っ, やっとお, やっとそこ, やっと動きだした, やっと寝つい, やっと書き終え, やっと河岸, やつて, やんだ筈, ようやくおさまった, ようやく家, ようやく止んだ, ようよう日野, わしの, わたくし共に, わたしたちは, アタフタと, カルちやんに, シャツ一枚で, ストロンボリの, フラリと, ブ師と共に, マダムの, 一つの, 一人の, 一同は, 一同を, 一同無事に, 一度, 一度どっと大降り, 一度帰っ, 上がるはず, 上市の, 上程の, 上野駅で, 不思議な, 不意に, 中宮が, 亀吉と, 二度目の, 二階へ, 井上といふ, 亡くなって, 人の, 仙台を, 会場の, 会社から, 伜が, 來いと, 來て, 來る, 修理は, 僕等は, 先ず紋作, 先生の, 入らっしゃい, 六条院へ, 六間堀に, 兵部卿の, 出かけたの, 出かける, 出なおして, 出ると, 出帆する, 別れた, 到着いたしました, 十四ぐらゐを頭に, 千兩箱が, 半七, 半分ほど, 半日読んだ, 半蔵らは, 原宿の, 又此處, 及び朝, 叔父さんに, 受持の, 古川郁郎の, 叩きおこすよう, 右大臣は, 吉良と, 向島の, 吾が室, 呉淞を, 喰って, 喰つてか, 堀井, 塒に, 塩山に, 外へ, 多吉が, 夜食が, 大勢の, 大塚仲町辺の, 大宮町に, 大川橋から, 大連から, 天窓を, 天野は, 奥の, 奥山という, 女郎屋の, 妹を, 始めて, 学校を, 宇治から, 安成が, 宜いか, 室を, 寅子の, 密ッと, 寝るの, 寝台の, 小さな氷河, 小屋を, 小田さんから, 小田家を, 小野の, 小雨が, 少し寝入った, 尿意を, 居合せた家族, 屋敷を, 山の神主が, 山口村の, 岸本は, 工場の, 工藤が, 巴屋から, 市中に, 席が, 帰ったって, 帰つて来, 帰つて来た, 帰りましたよ, 帰宅し, 帰宅つて見た, 平福, 床に, 床を, 店の, 店を, 式が, 引返したの, 役所から, 御光来, 御外出, 御小用, 御新造さんの, 御自分, 御門番詰所, 忠通は, 急に, 成って, 戻って, 手代の, 手水に, 散會, 敵味方の, 新宿から, 新宿の, 日本から, 旦那は, 早や, 時報受信の, 曽根の, 最う客, 木村が, 木村さんが, 本田から, 机竜之, 村へ, 来たの, 来て, 東京へ, 東京牛込区市ヶ谷の, 東町奉行稲垣をも, 東町奉行稻垣をも, 松島から, 松崎といふ, 林之助は, 柳原の, 根岸の, 案内せられる, 極ってる, 此家の, 武家の, 歸って, 死骸を, 母の, 母親は, 気が付いたの, 氣違ひ, 江戸へ, 汽車が, 泉屋へ, 津の, 海岸へ, 海水服着, 清三が, 清五郎という, 湖水に, 湯から, 湯に, 湯屋へ, 湯島の, 源次郎が, 漸, 瀬川が, 父が, 状態が, 玄関の, 玉藻は, 現われる, 生まれた女の子, 田熊丹後樣, 申込者は, 番傘を, 番頭の, 百穂画伯岩波茂雄さんと, 直した, 着いた, 着きたり, 着くべき筈, 着くん, 着く二時間, 神田の, 福次郎と, 私の, 秋子さんが, 突然爆発, 立って, 第七号室, 約束通りの, 緑町へ, 臥みました, 自動車で, 至れる, 船は, 芙佐子は, 若い娘, 茶屋へ, 蔵前で, 行けば, 行って, 行つて近頃は, 表戸, 裏手の, 西那須發車夕暮上野着この, 見えて, 見えました, 見える, 見附や, 覗いて, 谷中まで, 谷間田探偵入来り, 豐津着其處に, 赤ん坊が, 赤提灯の, 走りこんで, 起き上りました私, 起き出して, 起つたこと, 起床し, 近所まで, 送り出した, 通ると, 通る者, 通行し, 通過する, 速達郵便が, 逢おうと, 連れ合いし, 運び去る, 遠い山, 酒に, 釈放された, 金峰を, 釜屋を, 長三郎は, 長兄は, 開成山から, 隱居の, 雅子は, 離屋へ, 電話の, 青山の, 青年団が, 香蔵は, 高輪の

▼ 過ぎ~ (276, 3.7%)

5 ことだった, 女 3 ことで, 出戻りで, 年寄だ, 日影が, 江戸の, 男が, 男の, 男は

2 [23件] ある日, お着き, ことであった, ことである, ことでした, やうに, 夜の, 太陽が, 女が, 女で, 工事場に, 平常なら, 微風に, 日光が, 日光を, 月は, 男で, 痩せた老, 百姓の, 終列車で, 街を, 陽が, 雲

1 [196件] いつも地味, いや五十, うそ寒さ, うららかに, お喋舌, お爺さんで, こと, ことでございます, ことです, こと浪士らの, こと級長が, このごろに, こぼれを, これは, ころから, しんと, その夜, ちよいと, できごと, まだ日, まぶしい町, ものであります, やうだ, ように, よく晴れた, カフェーの, シャンゼリゼエを, ドーヴィル賭博場内だ, ノロさんが, ビリケン頭を, モンマルトルへ, 三四日の, 三時頃には, 下つ, 下僚を, 不満な, 丑刻近い, 世帯疲れの, 中婆さんだ, 中老人です, 中老組か, 九つ半に, 九ツ半, 乳母が, 事だった, 二時か, 交替時間に, 人みたいに, 人故, 人物が, 今時分まで, 仕舞湯へ, 俳人が, 俳諧師が, 先妻の, 光線を, 八ツで, 冷水浴は, 分別も, 分別盛りだ, 分別者の, 初秋の, 劇しい, 午前二時半に, 半日も, 召使が, 同じく商人體, 四時頃に, 多かつ, 夜半の, 夢を, 大きい親爺, 大の, 大川へ, 大通りを, 太陽に, 女だ, 女といふ, 女に, 女は, 女も, 女らしい激しい憎惡, 婆と, 婦人である, 婦人の, 客を, 小半日を, 年配じゃ, 年配ぢや, 店中は, 座敷などは, 廓は, 廣い, 強い日, 強き日光すこぶる, 強烈な, 彼女と, 往來は, 往来で, 御夫婦, 心の, 思い切って, 情夫の, 情夫を, 愁いの, 意かも, 或る, 或夕方, 放け火, 新宿発の, 日ざし, 日の, 日も, 日光と, 日本人が, 日焦けの, 明神下の, 春の, 時であった, 時刻を, 晩に, 暑いさかり, 月の, 月下の, 有徳人で, 有明月, 朝島吉は, 柳原なんか, 梅の, 歎に, 歩行は, 母いずれは, 気の, 江戸は, 江戸はめつ, 汽車で, 汽車に, 汽車の, 河原町の, 涼しい静謐, 温気に, 渾沌と, 漁夫だった, 激しさ, 為病気を, 独身の, 独身生活は, 獨身の, 生活の, 男であった, 男とが, 男を, 疱瘡で, 痛々しい事件, 癖を, 真昼よりも, 神楽坂は, 秋の, 空が, 空地などへ, 立ち役で, 立派な, 笑顔の, 紳士が, 紳士と, 罰は, 羊羹色の, 老人で, 芝居の, 薄汚い婆さん, 街衢が, 親爺さんだ, 赤児ながら, 越前屋周左衞門が, 越後, 身装の, 通りには, 逞ましい, 達者さうな, 部屋に, 郵便屋, 酒を, 陰気に, 陽の, 陽を, 電車だ, 靄山に, 青年紳士に, 静かな, 静けさ, 静けさが, 頃で, 頃でした, 頃はじめて, 頃までは, 頃岸本は

▼ 過ぎても~ (198, 2.6%)

4 いけないし 3 何の

2 [11件] いけません, いたので, ならずちょうど, まだお, まだ滞納, よくない, 味が, 帰って, 彼女は, 私は, 音沙汰が

1 [169件] あくまで見つけ出し, あなたの, いかんただ, いけない, いけないが, いけないと, いけないまだ, いたの, いなかった, いなかったであろうか, いるし, おそ過ぎ, お出でに, お嫁, お帰り, かれの, かれは, その機會, その消息, それを, たえなかった, どうでしょう, なお提灯, なお陽, なかなかに, なかなか晴れ, ならずまた, ならず古, ならず少食, ならず放任, ならず焼け過ぎないでも, ならず物, ならず肉食, ならず遅, ならない, ならんの, なんの, ぼんやり何, まだやって来ない, まだランプ, まだ中百舌鳥村, まだ主人, まだ夫, まだ女達, まだ嫁, まだ暑かっ, まだ歯, まだ生き, まだ童子髪, まだ絶えない, まだ講堂, まとまらなかった, もう駄目, やはりしがない, やはり効験, やはり郷里, ゆくか, ゆくが, わたしどもとは, ゐたし, メリヤスシヤツなく, ワラタ号は, 一, 一向に志丈, 一向に鶴, 一向戦意, 一日延ばし, 三年が, 上京せず, 不快は, 不破夫妻は, 両人の, 二人は, 二度と現れ, 亭主の, 今夜は, 他の, 伊四郎は, 何人にも, 何処へも, 六時を, 其人は, 冷凍船虎丸の, 凡そ夜, 出よとは, 分らないかも, 初夏の, 力も, 却って当人, 及ばざること, 吸血児は, 四月が, 困るが, 困るけれど, 困ると, 困るという, 困るの, 土門は, 墨江は, 夏らしい, 奥様や, 女には, 容易に, 寿司は, 小さ過ぎ, 少しも, 尚人通り, 山田は, 帰らない, 帰らないから, 帰らないので, 帰りません, 平一郎は, 年号を, 庄太は, 彼の, 御前に, 御金, 慢性にな, 戻って, 戻つて, 放任に, 敏子の, 明使が, 朝の, 村には, 森本の, 段々蛋白質, 汗ばむほどの, 涸れないで, 減らなかった, 潰れやすく, 猶消, 猶行くべき, 男相手に, 疑われる, 眠られないで, 眠れずに, 矢張り懐胎の, 私と, 私の, 結局曲者の, 織田軍には, 者に, 聟には, 肉が, 腐らんと, 良く光らない, 色々の, 荒漠たる, 薄化粧し, 衰えは, 記憶に, 誰と, 誰も, 諸方から, 返さなかった, 進んで, 遊ばさるる, 醉ひしれ, 雨は, 霧は, 青扇から, 青葉に, 面ざし, 顔を, 高きに, 鷄の, 默つてゐる

▼ 過ぎまで~ (138, 1.8%)

5 起きて 3 話して

2 [12件] 一緒に, 何彼と介抱, 寝て, 寝床の, 帰らなかった, 帳場に, 待ちました, 机に, 立続け, 続いた, 花弄を, 語り合って

1 [106件] あっちこっちと, ある家, お客様と, お庄, お粥, お茶を, かかる夜業, かず枝, しゃべって, その面, ひきつづけること, ふたりは, ゐた, ゐたと, ニキビを, パチパチやつ, 一仕事を, 三ヶ月近い, 下の, 井汲清治和木清三郎勝本清一郎達と, 人質です, 仕事を, 他愛も, 何の, 何んの, 八圈戰を, 其処で, 取つ組合, 噛み合つて, 四五十駄の, 夜食にも, 奉公し, 奥山あたりを, 好い心持, 好意と, 安眠した, 寝込んで, 寮に, 居りましたから, 居りましたが, 帰らなかつた, 常どん, 店を, 店中の, 延長した, 引いて, 引きずられたの, 引っかえし, 引つ切なし, 待ち呆け, 待った, 待って, 御勉強, 慎一も, 断食を, 旧い家庭, 此家に, 気付かなかった, 海門の, 滞在し, 滞在する, 灯が, 無事だつたさうです, 無意味な, 無駄話を, 焼けつづき炭町, 熟睡し, 獨りで通した, 登りますと, 登る斯, 百合ちやんの, 目ざめぬ人, 相手に, 私の, 私は, 約二百餘年, 結びごんにゃくをこしらえていた, 継続せられた, 織りつ, 續いた, 聞え申し候, 行乞する, 行乞キス一杯の, 行乞街は, 話を, 語り合つて, 謹聴した, 讀書, 起きるでも, 躊躇した, 追ひつ, 遊び暮らし, 遊んて, 遊んで, 銀座の, 隠居所に, 雑談に, 雷門の, 震えながら, 頑張り店番, 頭に, 飮み, 飲みだみ声, 飲み歩くよう, 飲み続けたの, 飲む

▼ 過ぎてから~ (125, 1.7%)

3 であった, でなくては, 私は 2 だった, アテネ, 二人は, 各自の, 店の, 所用の, 裁縫の

1 [102件] あるいは一年, いつも大好き, いよいよ勇敢, お米, お腹を, お雪, このお, この破片岩, そこを, その事, だったが, だつた, だと, であったらしい, である, である日本人, でした, でなければ, でも, とった鹿, ふたたび兵糧, ふらりと, べつな, また外房州, また振返っ, みんなそろそろ, もう夕方, ようやく人々, クララ・ザルトリウスと, トラックを, ヱレン氏夫婦と, 一時演奏を, 一行が, 三段にな, 中町行乞二時間それから, 主税が, 事務所へ, 五社連盟の, 人の, 仁右衛門は, 今度は, 何方かが, 保さんは, 兄の, 先生の, 入って, 六十や, 円タクの, 再びこの, 再び尊敬, 冷静な, 出前を, 出掛けた, 出発する, 十日ばかり, 却て, 又子供, 又蒲団, 合羽を, 四五人連立っ, 外を, 始めて, 娶つた後添, 家は, 対岸で, 尾根に, 山の, 幾度催促を, 彼処へ, 思わぬきつい, 急に, 我々は, 振り返って, 旗岡巡査は, 村の, 梅雨雲が, 榎本君が, 武家に, 殿は, 法師丸が, 爺さんは, 牝は, 畑のみか, 確か八月末頃, 立ちどまった, 精米所も, 舞台顔が, 蕎麥の, 蕎麦の, 薫が, 西岸の, 覚えた道楽, 親類共が, 起きても, 足利末期より, 車室に, 送りの, 通るの, 進みは, 門を, 雨合羽を, 風は

▼ 過ぎたり~ (105, 1.4%)

8 して 6 するの 5 すると 2 しに, 一方ばかり, 下へ, 画面の, 矣, 竪に

1 [74件] あまり高尚, いかにし, お互いに, ければ, こわがり過ぎたり, しが, しその, したこと, したせい, したと, しながら, し也, する, すること, するため, するもの, する現象, それに, で考思, とも, または崩れ, また風景, エッフェルが, 三の, 不謙譲, 不順な, 世の, 五町十町と, 今の, 仕事を, 令嬢らし過ぎ, 凡人業じゃ, 又はそれ, 又は智慧, 又風景, 右と, 夜も, 太過ぎたり, 女学生じみ過ぎ, 妥協が, 小さ過ぎ, 届かなかったり, 廻りくどい, 思い違いで, 怪しいこと, 我らを, 我等を, 指が, 新し過ぎ, 日本橋にも, 早く発表, 旱天が, 昂奮し, 書き過ぎたり, 服薬の, 材料の, 概して弱く, 此の, 気が, 洗ふこ, 浅過ぎ, 理詰めの, 発熱し, 白萩の, 笑ひ, 縁日にでも, 菖蒲の, 足りなかったり, 遊ばせ過ぎたり, 遠ざかり過ぎて, 重く考え過ぎ, 長時間枕頭に, 間が, 離れ過ぎたり

▼ 過ぎ~ (97, 1.3%)

20 しないか 12 しないかと 7 しませんか 3 しないだろうか, しなかつたか 2 しない, しないかな, しないだらうか, しないで, しないの, しまいかと, せぬかと, ただ閑かなり

1 [36件] あったよう, いたしませんか, いたしませんでしょうか, しないかしら, しないかといふ, しないかをさえ, しないだらうね, しないであろうか, しないと, しない二〇歳, しない小さな, しなかった, しなかったか, しなかったであろうか, しなかつたかと, しなくて, しまいか, しますまいか, すまいか, するが, めったに通る, 何にも, 商売を, 城内は, 宿場ながらに, 山の神出で, 彼にも, 戸を, 眠りかけて, 眠る人, 禁物であります, 致しますまいか, 辰藏一人にな, 階下に, 雨かなとも, 雨が

▼ 過ぎから~ (83, 1.1%)

4 亥刻 2 俄に, 床を, 空模様が, 花壇の

1 [71件] ある事, うと, うとうとと, お忙しかっ, きまって風, さわいで, せッ, その隠居所, である, で午, で日暮れ, で第, どこかへ, また, みんなで, わずかな, グッスリ, シトシトと, 一時ほどの, 一時までの, 一時過ぎに, 三味線を, 三時頃まで, 乞います, 二月頃までの, 今まで, 出かけた, 出かけると, 出て, 出掛けた事, 出陣を, 又悪く, 同じ場所, 和辻君の, 四時過ぎごろまでの, 夕方まで, 外へ, 夜具を, 夢心地の, 大夕立, 始められるの, 娘の, 家を, 寒さ, 寺に, 帰るつもり, 店を, 店員総掛りで, 度々眼, 御越, 急に, 戌刻, 戌刻過ぎまで, 暮六つまでに, 来て, 烈風が, 眼を, 細かい雪, 行くつもり, 行くと, 見る事, 解け出して, 起るという, 通い女中が, 酒が, 開場した, 集まつた, 離屋へ, 雪の, 風も, 高声で

▼ 過ぎては~ (80, 1.1%)

2 いたが, いるけれども, 月に, 色々の

1 [72件] あるいはすべて, いかぬ, いけない, いけません, いけませんよ, いけません少し, いけません拙者, いた, いっそ調わぬ, いない, いないだろうか, いなかった, いなかったか, いなかったが, いまい, いるよう, お前たちの, その發光力, それこそ, どうせろくな, ならず弱, ならない, ならないね, ならんと, なりません, よくない, ゐたため, ゐない, ゐないか, ゐないこと, ゐない筈, ゐなかつた, ゐなかつたか, ゐるやう, 一命に, 不可, 不可ません, 乾くやう, 休養どころか, 体に, 却って有害, 却って自分, 口の, 名石, 味が, 味も, 四辺に, 四邊に, 困るという, 困るなあ, 困れど, 外へ, 娘の, 尋ね入るべき道, 少しも, 干渉と, 往来も, 後に, 料理の, 暖に, 来る, 東北郊に, 模樣は, 殆どダメ, 温泉場の, 狸寝入りを, 自分の, 船の, 色も, 走りが, 追写真, 面白い事

▼ 過ぎには~ (58, 0.8%)

2 品川で, 見付けられる

1 [54件] お偉い, お酒, ここまで, この小門, すでに敵, とうに雨戸, また小鷹狩り, もう客足, もう明神下, もう蕎麦, もう起きてる, もはやルイザ, アパートに, 一切の, 一緒に, 中座に, 丸々と, 何も, 入港する, 全く何, 十五マイルも, 半蔵は, 又もやロ兵二名, 各国公使は, 和田の, 大阪の, 宿に, 少し暇, 岸本は, 師匠の, 延岡着郵便局へ, 彼は, 息を, 戻つて參, 料理屋も, 普段通りの, 木更津の, 歸つた, 江戸へ, 消して, 清三は, 皆やる, 皆様に, 皆樣に, 私が, 続いて, 腹に, 行かねば, 表の, 起きて, 関羽の, 霧が, 馬の, 駅へ

▼ 過ぎ~ (53, 0.7%)

12 あつた

1 [41件] あらうが, いつもは, うちの, お絹, こちらへ, ことしの, しかもベロベロ, そこらの, どこでも, はある, はなかっ, は茄子, まばらに, 上天気で, 二時頃であった, 二階へ, 会式桜も, 函館までは, 初めは, 半分ほど, 嘉七は, 夜は, 宗兵衛は, 寒い風, 日の, 昏倒でも, 春日町へ, 栄之, 死んだこと, 浦近く, 無拘束, 無論人, 百貨店には, 聖天の, 腹を, 自分が, 苧殻が, 裏手の, 見物が, 贅沢な, 野辺の

▼ 過ぎ~ (39, 0.5%)

64 という 3 つたと 2 とする

1 [24件] お前でも, からもう, から人違い, から学校, がまだ, が鎌倉特有, し容貌, ぜどこ, ぜもう, そうです, ぞ, つたかも, つたこ, つたそして, つた深江といふ, つた途中少し, つて, といふ, と思います, と母様, と言った, よ, 戯談じ, 若い娘

▼ 過ぎての~ (27, 0.4%)

2 ことである

1 [25件] ことであった, ことです, ことなら, 事, 事である, 事なり, 今迎え始めた, 代りに, 会葬を, 初婚の, 勘当受け, 厚化粧三昧だ, 反動かも, 後に, 棒ちぎりで, 棒ちぎりに, 棒ちぎりの, 歌の, 火の, 物ずきなるべし, 真夜中に, 神迎え, 老脚, 蹉跌を, 非時に

▼ 過ぎ~ (22, 0.3%)

2 云ふ

1 [20件] いふと, いへば, すると, なった, なり皆, なる, 云ふと, 仰有, 学校が, 寝不足とで, 思う時分, 思う頃, 思ひますが, 思われるが, 思われるころ, 推定された, 日が, 決められた, 申すで, 衰弱とから

▼ 過ぎ~ (21, 0.3%)

2 が来, が過ぎた, に入る

1 [15件] がきた, が暮れ, が深く, が逝き, となっ, になっ, もたけ, も半ば, も去っ, も去り, も暮れ, も来, も過ぎ, も過ぎました, 逝きて

▼ 過ぎ~ (18, 0.2%)

3 して 2 り, 示して

1 [11件] お客樣の, だて, まったく自分, 取り繕いつつ, 天道樣が, 後悔し, 後悔した, 忌むの, 揺, 謝した, 迎えた

▼ 過ぎ~ (16, 0.2%)

2 忘れて

1 [14件] かね, しないよう, しない位置, しない塩ッ, しなかった, し隔たり過ぎても, せず, せずまた, せず勿論, せず少な, せず自分, せず近, ゆく, 時折ごうんごうんと

▼ 過ぎです~ (14, 0.2%)

42 から 1 か, かと尋ね, からやがて, から今夜一晩ここ, から早目, が, ぜ戯談ぢ, なゴーッ

▼ 過ぎ~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] のか, のである, のです, のですぐ, のでどこ, ので前兆, ので電車, のに多く, ば君, ば悔, んだ

▼ 過ぎ~ (13, 0.2%)

1 [13件] がジュネーヴ, が上京, が帰っ, の住居, の家, は, は二階, は公園, は惡, は残骸, は目, は窓, は老境

▼ 過ぎだった~ (12, 0.2%)

4 と思います 3 そうです 1 し短慮, と云う, ので御殿, よどうして, 急に

▼ 過ぎでした~ (12, 0.2%)

42 か妙 1 がいつ, が北マラアストランド街, が町内, けれどいきなり, の, 草鞋の

▼ 過ぎまでも~ (12, 0.2%)

2 酒を 1 なお全く, 二階の, 小児等と, 小兒等, 愚圖, 明るい欧洲, 社員が, 続いた, 起きて, 近所が

▼ 過ぎたりと~ (11, 0.1%)

2 非難せられたりき 1 いうべし, いえども, 云って, 人皆の, 心許し, 思うにつけ, 見ゆる節, 言は, 謂ふべし

▼ 過ぎたる~ (11, 0.1%)

1 [11件] はなお, 判断である, 四人づれ, 夕暮なりけむ, 大将である, 夫の, 時に, 行いなる, 陽の, 髪結の, 鼻の

▼ 過ぎてからの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことで, ことです, 事, 事であった, 事でございました, 何とも, 座敷じゃ, 祭で, 話である, 謂わば, 道樂者で

▼ 過ぎてからは~ (11, 0.1%)

4 筆も 2 その噂 1 もう人家, 一人で, 北の, 殆ど盃を, 目に

▼ 過ぎからは~ (10, 0.1%)

1 いとど中天, いよいよ混雑, 人が, 全くの, 家中大酒盛を, 專ら江戸中から, 幾たびも, 引潮で, 明るくなる, 風が

▼ 過ぎその~ (10, 0.1%)

2 しろが 1 先を, 姿で, 年も, 癖染井吉野を, 細密い, 辺で, 頃にな, 頃の

▼ 過ぎながら~ (10, 0.1%)

1 ふと思いついた, ふと見かえる, マニーロフの, 体を, 前川は, 十一月二十五日の, 小遣ひ, 峠には, 竹の, 笑って

▼ 過ぎやがて~ (10, 0.1%)

1 両国に, 八刻半, 利根川に, 四月には, 夜も, 春とは, 本野上に, 白樺の, 行手に, 鳥飼を

▼ 過ぎである~ (9, 0.1%)

2 ことを 1 からまだ, から多く, が水上, が私, ことは, と云, のを

▼ 過ぎでも~ (9, 0.1%)

1 あっただろう, あったでしょうか, あるよう, あろう, あろうか, あろう中津屋敷, あッただろう, ございましょうか, まつ暗

▼ 過ぎにも~ (9, 0.1%)

1 その婆さん, なった, なる, なると, 再び隣り, 客が, 登つたのである, 見えますが, 見える醜い

▼ 過ぎまた~ (9, 0.1%)

1 この国, その臆測, ぶらぶらと, 一週間ばかりに, 不必要, 二日は, 喜び過ぎたよう, 大利根, 春が

▼ 過ぎまでは~ (9, 0.1%)

1 ぜったいに博士邸, 二千三千という, 仕事に, 何の, 何も, 何事も, 大通りに, 平気で, 食事も

▼ 過ぎ~ (9, 0.1%)

1 から病室, になる, に女子衆, に貞之助, のこと, の汽車, までに纏めたい, まで待っ, まで談話

▼ 過ぎかも~ (8, 0.1%)

2 知れない, 知れないが 1 しれないが, しれませんが, 知れませぬけれども, 知れませんが

▼ 過ぎこの~ (8, 0.1%)

1 あたりで, 二町ばかり, 問題に, 寮の, 料亭で, 時分には, 月こそと, 邊は

▼ 過ぎ~ (8, 0.1%)

2 しないか 1 しないかと, ないかいな, のにまだ, わ, アしません, 遊び過ぎに

▼ 過ぎ~ (8, 0.1%)

1 がおとずれ, がさ, がまた, が過ぎ, もくる, もゆき, も近い, 来ると

▼ 過ぎそれから~ (7, 0.1%)

4 硫黄の 1 ある別れ道, 掃除が, 朝へ

▼ 過ぎつつ~ (7, 0.1%)

1 あつた, ある, あるこの, あるといふ, あるの, あれから, この夕

▼ 過ぎであった~ (7, 0.1%)

1 かと思う, がこのごろ, が室内, が日, が昼, が重吉, と思う

▼ 過ぎ~ (7, 0.1%)

3 し方 1 し樣, し片, りし, れば

▼ 過ぎ来し方~ (7, 0.1%)

1 がそのままはっきり, とに大体, の事々, は蹉跌, ゆく末, を偲び, を顧みれ

▼ 過ぎ~ (7, 0.1%)

2 だと 1 かも知れない, だ, の女, の教授, の物

▼ 過ぎでなけれ~ (6, 0.1%)

2 ば学校, ば帰っ 1 ば帰るまい, ば床

▼ 過ぎまでの~ (6, 0.1%)

1 べつに, 出来事です, 戦争でした, 間に, 間の, 間は

▼ 過ぎあまりに~ (5, 0.1%)

1 一人よがり, 人間の, 意地っ張り過ぎ, 文芸的であった, 重みが

▼ 過ぎそれ~ (5, 0.1%)

1 から寺本さん, から川俣, から関山越え, がどうやら, に身體

▼ 過ぎもう~ (5, 0.1%)

1 ここは, 一つ北の峰まで, 二時間に, 卒業も, 夏と

▼ 過ぎ三月~ (5, 0.1%)

2 も過ぎ 1 と過ぎ, に入, に入っ

▼ 過ぎ六月~ (5, 0.1%)

2 が来, が来た 1 が過ぎた

▼ 過ぎ~ (5, 0.1%)

1 になった, は再び, も越し, も過ぎ, 来り候

▼ 過ぎ十日~ (5, 0.1%)

1 と経っ, と過ぎ, は過ぎた, を過ぎる, 過ぎるよう

▼ 過ぎ~ (5, 0.1%)

1 に帰りける, に帰れ, の中, の者, へ着いた

▼ 過ぎ小さな~ (5, 0.1%)

4 停車場に 1

▼ 過ぎ~ (5, 0.1%)

1 がおとずれ, が過ぎ, が過ぎた, になり, も過ぎ

▼ 過ぎ~ (5, 0.1%)

2 しかたに 1 しかたの, つるは, つるを

▼ 過ぎ~ (5, 0.1%)

2 にただ 1 が飲みたくなっ, の澄み, を隔て

▼ 過ぎ~ (4, 0.1%)

1 廊下を, 牧が, 邸に, 類が

▼ 過ぎ~ (4, 0.1%)

1 あったらほんとう, あつた, たく見えつる, 何故か懐かしい

▼ 過ぎさる~ (4, 0.1%)

2 夏を 1 のを, 生活の

▼ 過ぎしかば~ (4, 0.1%)

1 いまか, うるほへる杉生, 市の, 棕櫚の

▼ 過ぎちゃ~ (4, 0.1%)

1 いないですか, なら無えと, 男が, 這入れないと

▼ 過ぎてかへ~ (4, 0.1%)

1 つて当を, つて悪き, つて誤謬を, つて趣味を

▼ 過ぎてからも~ (4, 0.1%)

1 ガソリン・カアは, 上り下りが, 大阪の, 振り返った

▼ 過ぎにな~ (4, 0.1%)

1 つてから, つて歸つた, つて錢形の, ツて

▼ 過ぎまでに~ (4, 0.1%)

2 大抵は 1 ぎわえり, 八里余り進んだ

▼ 過ぎやっと~ (4, 0.1%)

1 お開きに, 客が, 田端まで, 近江の

▼ 過ぎ~ (4, 0.1%)

1 では五十歳, の十二時過ぎ, は大正十年三月, 右の

▼ 過ぎ~ (4, 0.1%)

2 のもの 1 である, 見るからに

▼ 過ぎ~ (4, 0.1%)

1 に, に曲る, の小径, の食堂

▼ 過ぎ~ (4, 0.1%)

1 だ, だが, だよ, なん

▼ 過ぎあるいは~ (3, 0.0%)

1 その事, 人体写生において, 及ばぬかという

▼ 過ぎこれ~ (3, 0.0%)

1 は皺だらけ, また敵, より東

▼ 過ぎごろ~ (3, 0.0%)

1 に二条, に蒲団, までの間

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 は夢, 所の, 所寒村の

▼ 過ぎしか~ (3, 0.0%)

1 それとも一週間以上, 一日過ぎしか, 今は

▼ 過ぎじゃ~ (3, 0.0%)

2 ないかな 1 ないか

▼ 過ぎてか~ (3, 0.0%)

1 何処へ, 或晩, 自分の

▼ 過ぎでない~ (3, 0.0%)

1 と來, と思はれた, と来

▼ 過ぎという~ (3, 0.0%)

1 その時分, ものは, もんです

▼ 過ぎといふ~ (3, 0.0%)

2 のに 1 通知や

▼ 過ぎとは~ (3, 0.0%)

1 いえ新秋, いえ月, 思えない

▼ 過ぎどうか~ (3, 0.0%)

1 したら子刻, したら暁方, すると

▼ 過ぎにしも~ (3, 0.0%)

2 過ぎせぬ過ぎしひと時 1 今日別るる

▼ 過ぎにと~ (3, 0.0%)

2 先方へ 1 ほる

▼ 過ぎもの~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, です

▼ 過ぎより~ (3, 0.0%)

1 こども時分に, しんとして, 帰途を

▼ 過ぎ一時~ (3, 0.0%)

1 となり, になつて, もすぎ

▼ 過ぎ三日~ (3, 0.0%)

1 と過ぎぬ, も過ぎた, を過ぎ

▼ 過ぎ二日~ (3, 0.0%)

1 と経っ, 過ぎた, 過ぎぬ

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 の打擲

▼ 過ぎ八五郎~ (3, 0.0%)

1 が暴れ馬, の, は氣

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

2 の戸 1 を出で

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 を越, を越え, を踰

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 には長屋越, に日本武尊, りへ

▼ 過ぎ平次~ (3, 0.0%)

1 が向島, はいきなり, は約束通り

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 は過ぎ, 移る間, 経つほどに

▼ 過ぎ我が~ (3, 0.0%)

2 モンビシユウ街の 1 見が

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 は逝き, は過ぎ, は過ぎた

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 には川, に向います, の空

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 には微塵, のどこ, は高い

▼ 過ぎ迄も~ (3, 0.0%)

2 待ちあぐませること 1 話し込み早く

▼ 過ぎ~ (3, 0.0%)

1 が出, なぎて, 落ちし跡

▼ 過ぎあの~ (2, 0.0%)

2 夫婦に

▼ 過ぎいくら~ (2, 0.0%)

1 経たぬを, 經たぬ

▼ 過ぎいや~ (2, 0.0%)

1 ヘタを, 亥刻時分かな

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 四時近くには, 明朝に

▼ 過ぎくらい~ (2, 0.0%)

1 では, なもん

▼ 過ぎくれ~ (2, 0.0%)

1 ば霧, ば麥づくり鎌

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

2 ふと暮れ

▼ 過ぎころ~ (2, 0.0%)

1 に富士裏, より入り来る

▼ 過ぎさえ~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 過ぎしけふ~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 過ぎすぐ~ (2, 0.0%)

1 左から, 頭の

▼ 過ぎそして~ (2, 0.0%)

1 国境に, 美し過ぎた

▼ 過ぎそろそろ~ (2, 0.0%)

1 蝉が, 青森を

▼ 過ぎだつた~ (2, 0.0%)

1 が, けれども私

▼ 過ぎだらう~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, な

▼ 過ぎつい~ (2, 0.0%)

1 ちろちろと, 外の

▼ 過ぎてかの~ (2, 0.0%)

1 女を, 高山の

▼ 過ぎてからと~ (2, 0.0%)

1 なって, 仰つし

▼ 過ぎてからに~ (2, 0.0%)

1 した方, する

▼ 過ぎてまでも~ (2, 0.0%)

1 なかなか絶え, プラトニックな

▼ 過ぎてや~ (2, 0.0%)

1 しない, しないの

▼ 過ぎてを~ (2, 0.0%)

2 かし

▼ 過ぎであろう~ (2, 0.0%)

1 か, にきょう

▼ 過ぎでしょう~ (2, 0.0%)

1 がしもた, 雪模様の

▼ 過ぎとか~ (2, 0.0%)

1 いって, であって

▼ 過ぎとも~ (2, 0.0%)

1 なると, みえた

▼ 過ぎどうやら~ (2, 0.0%)

1 これは, 移動が

▼ 過ぎなど~ (2, 0.0%)

2 近所の

▼ 過ぎにかの~ (2, 0.0%)

1 式部が, 木挽の

▼ 過ぎにでも~ (2, 0.0%)

1 なったら主人, また来ましょう

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 過ぐべき遠山, 青葉が

▼ 過ぎやう~ (2, 0.0%)

1 とする, やく小

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

2 郷を

▼ 過ぎ一条路~ (2, 0.0%)

2 を保叔塔

▼ 過ぎ両側~ (2, 0.0%)

1 に葉, は煙る

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

2 れを

▼ 過ぎ二人~ (2, 0.0%)

1 はようやく, は私

▼ 過ぎ二岐~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ 過ぎ五日~ (2, 0.0%)

1 を送っ, を送った

▼ 過ぎ五月~ (2, 0.0%)

1 になっ, の風

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 に委せ過ぎた, は老いた

▼ 過ぎ今日~ (2, 0.0%)

1 と暮し, 迄すまし

▼ 過ぎ伸子~ (2, 0.0%)

1 はサロン, は記憶

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 は三階, は今

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 とも一, ふに

▼ 過ぎ再び~ (2, 0.0%)

1 ある入口, 螺旋の

▼ 過ぎ出立~ (2, 0.0%)

1 する呼子町, 行くこと二里

▼ 過ぎ北の方~ (2, 0.0%)

1 へ歩い, へ行けり

▼ 過ぎ北上山地~ (2, 0.0%)

2 を横

▼ 過ぎ十一時~ (2, 0.0%)

1 になっ, を過ぎ

▼ 過ぎ十二時~ (2, 0.0%)

2 を過ぎ

▼ 過ぎ十分~ (2, 0.0%)

1 と過ぎた, を経

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 もさっき, 入神状態に

▼ 過ぎ又は~ (2, 0.0%)

1 庭前の, 突飛な

▼ 過ぎ大いに~ (2, 0.0%)

2 時事を

▼ 過ぎ大きな~ (2, 0.0%)

1 塔の, 海狸の

▼ 過ぎ姿~ (2, 0.0%)

1 をあらわす, を見せ

▼ 過ぎ寒い~ (2, 0.0%)

1 十二月も, 思ひを

▼ 過ぎ小山~ (2, 0.0%)

1 の深い, の間

▼ 過ぎ少し~ (2, 0.0%)

1 かみ手, 醉つてを

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の岸

▼ 過ぎ恐らく~ (2, 0.0%)

2 十一時過ぎ迄も

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 ひは, る時

▼ 過ぎ最後~ (2, 0.0%)

1 に沢, に短い

▼ 過ぎ流石~ (2, 0.0%)

2 さびしく人訪

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 かつた, 暗に生命

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 かもその, も神

▼ 過ぎ現在~ (2, 0.0%)

1 の終点駅名寄着, の終點驛名寄着

▼ 過ぎ的場~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

2 うごかす廂合

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 ひしかど, ふ神

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 の盛り, も散っ

▼ 過ぎ詩人~ (2, 0.0%)

1 にし, 過ぎて

▼ 過ぎ赤き~ (2, 0.0%)

2 氈を

▼ 過ぎ起き~ (2, 0.0%)

1 て外, 雨や

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

1 交り, 消えなかったん

▼ 過ぎ遂に~ (2, 0.0%)

1 ミハイルアウエリヤヌイチと共に, ミハイルアウエリヤヌヰチと共に

▼ 過ぎ~ (2, 0.0%)

2 を往き

▼ 過ぎ青草~ (2, 0.0%)

2 が美しく

▼ 過ぎ黒木長者~ (2, 0.0%)

1 の厳しい, の嚴

▼1* [806件]

過ぎあざ山中のオホナイ, 過ぎあたかも娼妓の, 過ぎあたりに土地不案内, 過ぎあつしは其處, 過ぎあとに弛緩状態, 過ぎあれからかけ, 過ぎいくつかの美しい, 過ぎいつか五年六年目となった, 過ぎいつか高度二万メートルを突破, 過ぎいつしかカッシノに, 過ぎいつぞや中江川平太夫が, 過ぎうき今朝の, 過ぎおそい月が, 過ぎおそらく五時には, 過ぎお前は誰, 過ぎお嬢さんがお出かけ, 過ぎお昼の少し, 過ぎお祭り騒ぎであり一般国民, 過ぎお開きとなった, 過ぎかえって他の, 過ぎかたく門扉を, 過ぎかつ物価の, 過ぎかな窓から, 過ぎかねて聞く狂人, 過ぎかのことを, 過ぎからがいいと, 過ぎからとでも思ったか, 過ぎからにしてと, 過ぎかれこれ十一時に, 過ぎがさつで粗, 過ぎがたの四月, 過ぎくらいには出るのよ, 過ぎくらいの頃でございましたでしょう, 過ぎぐらいではなかった, 過ぎぐらいの紳士で, 過ぎぐらゐが却つていいの, 過ぎけれども中川は, 過ぎここを出発, 過ぎこし方の, 過ぎこどもはまた, 過ぎこれから又盃, 過ぎさった後なぞに御所, 過ぎさった日となった, 過ぎさった青春が湯水, 過ぎさつた日がどう, 過ぎさらに一條の, 過ぎさりし名將軍, 過ぎしかも彼等は, 過ぎしも夢なりや, 過ぎしわが黒髪, 過ぎなり思はざる, 過ぎすべてが平静, 過ぎずして而, 過ぎそうになっ, 過ぎそこを護れる, 過ぎそれらの野生, 過ぎそれ以上のこと, 過ぎうとう一月近くなつ, 過ぎたまへ, 過ぎたらし篁の, 過ぎたりかとおもうと, 過ぎたりというまた以, 過ぎたりとも及ばざるの, 過ぎたれば, 過ぎだろうという事, 過ぎだんだん腹も, 過ぎだ出掛けるのも, 過ぎちゃあ遣り切れねえ, 過ぎちや駄目だぜ, 過ぎちょうど三年目の, 過ぎや御座いません, 過ぎつばめ太夫が傷つい, 過ぎつまごもる, 過ぎつるを本人, 過ぎてからだけそのこと, 過ぎてからであらう, 過ぎてからとか嫁入の, 過ぎてからほどもなく木部, 過ぎてさえいないかという, 過ぎてでもゐるので, 過ぎてとするか, 過ぎてひどいだるさを, 過ぎてネ遂, 過ぎでございましたか旦那様, 過ぎでございましょうよ, 過ぎでしたろうか官邸, 過ぎで引越して來, 過ぎで御座いましたか旦那樣, 過ぎで御座いましたでしょうか, 過ぎで無ければ帰らない, 過ぎで疑ひやうは, 過ぎといった時刻の, 過ぎとが確かに, 過ぎときにはいこぢ, 過ぎとしか見えない無精男, 過ぎどうじゃ諸君, 過ぎどうしても土用に, 過ぎどこへ行っ, 過ぎどんな情誼を, 過ぎなかツた, 過ぎなぞ参詣戻りの, 過ぎならでは見る, 過ぎなりしかと覚えし頃, 過ぎにしかばやうやうま, 過ぎはる子等は急, 過ぎはんがりや, 過ぎひそかに訪問, 過ぎひと月と過ぎ, 過ぎひよこりと, 過ぎふたたび夜の, 過ぎまことの死者, 過ぎまさあそれに, 過ぎましてこの辺, 過ぎますると寛政四壬子年麻布大火, 過ぎまたぞろ夏が, 過ぎまたは緩慢に, 過ぎまたもや張昭顧雍張紘歩隲などの, 過ぎまともに彼, 過ぎみずから朽邁して, 過ぎみたいに見える, 過ぎや, 過ぎもうかれこれ十五分を, 過ぎもんだぞ, 過ぎやがてだんだん遠くなっ, 過ぎやすきを恐る, 過ぎやすく及びやすし, 過ぎやや日蔭の, 過ぎやれ粥を, 過ぎゆきて近づく, 過ぎよく晴れた暖かい, 過ぎらしい雨が, 過ぎらしく外から, 過ぎらしく肥えた髯だらけの, 過ぎらア行燈へ何, 過ぎわれをし, 過ぎアラビヤ半島の突角, 過ぎアリストテレスの街, 過ぎアルマ・グルツク女史は好き, 過ぎガリシヤとハンガリヤ, 過ぎコマンドル川の上流, 過ぎゴスリーを過ぎ, 過ぎサーヴィスが有り過ぎる, 過ぎシャン・ゼリゼーとルイ十五世広場, 過ぎシャールロアを過ぎ, 過ぎヂュウス黄金の秤, 過ぎテュアンを過ぎ, 過ぎトロトロとした, 過ぎトンネルを潜り, 過ぎヌイイー・スュール・マルヌを過ぎた, 過ぎネープルに向った, 過ぎノウォロシースク着馬車でハト場, 過ぎパラパラ墓と, 過ぎビーストンは高踏的, 過ぎフラーヌを過ぎ, 過ぎボウム駅の手前, 過ぎミッテンワルドの国境, 過ぎミハイルアウエリヤヌイチは帰らん, 過ぎミハイルアウエリヤヌヰチは歸らん, 過ぎミュンヘンの客舎, 過ぎモンテ・カルロで受けた, 過ぎラヂオ的イメージ稀薄なり, 過ぎラブラドルール沖にかかる, 過ぎリオンに立ち, 過ぎレ・カトル・ブラを過ぎ, 過ぎヴィポリの町, 過ぎだん, 過ぎ一つは愛, 過ぎ一人ぼんやりと座敷, 過ぎ一先ず熊毛村役場に, 過ぎ一年経った, 過ぎ一應の檢死, 過ぎ一方からいえ, 過ぎ一日二日一行は松篁はじめ数人, 過ぎ一時間過ぎた, 過ぎ一時頃にわたし, 過ぎ一望平遠なる, 過ぎ一藩かぎりの制度, 過ぎ一郎はた, 過ぎ一里の道, 過ぎ丁度夕飯の, 過ぎ七ヵ月ともなれ, 過ぎ七八町も行く, 過ぎ七日過ぎても, 過ぎ三々五々たる人影, 過ぎ三十二名の警官, 過ぎ三味線などをひい, 過ぎ三四月頃までこの, 過ぎ三日四日と経つ, 過ぎ三日目も過ぎた, 過ぎ三日過ぎなば, 過ぎ三時下りの西日, 過ぎ三条の大河, 過ぎ三留野まで帰っ, 過ぎ三線はその, 過ぎ三週間過ぎたうとう, 過ぎ三里ばかり糸滿, 過ぎ上影森村という, 過ぎ上手過ぎて, 過ぎ上野まではバス, 過ぎ上野着四時十八分發の汽車, 過ぎの人, 過ぎ下りの汽車, 過ぎ下女が便所, 過ぎ下総国海上郡に出た, 過ぎ申健かなる, 過ぎ不人情の仕打ち, 過ぎ丑刻近い時分, 過ぎ且つ制限に, 過ぎを寄切り, 過ぎ中仙道を熊谷, 過ぎ中国筋を飛び, 過ぎ中山峠を踰, 過ぎ丸山に接する, 過ぎ主人の孫右衛門殿, 過ぎく已に, 過ぎ九時にもなった, 過ぎ九月も半ば頃, 過ぎ乳守の古代古戦場, 過ぎ予定と狂う, 過ぎを視る, 過ぎた月, 過ぎ二タ月過ても, 過ぎ二世を経る, 過ぎ二十分で坊主小屋, 過ぎ二十年と重った, 過ぎ二十日は過ぎ, 過ぎ二年を過ぎ, 過ぎ二日ぶりに電車, 過ぎ二日三日とたつ, 過ぎ二時近くでございました, 過ぎ二時間を過ぎ, 過ぎ二時頃イボギンヌの叔母様, 過ぎ二月も過ぎ, 過ぎ二月下旬に駒込, 過ぎ二週間と過ぎた, 過ぎ二里行き三里行き四里行つても相, 過ぎ二階の二人, 過ぎ云々と云っ, 過ぎ五十の坂, 過ぎ五十石の小身, 過ぎ五時にもなる, 過ぎ人家つ, 過ぎ人目を忍び, 過ぎ人通りのハタ, 過ぎ今夜のうち, 過ぎ今度は栄介, 過ぎ今更に, 過ぎ今沢石見の家, 過ぎ仕舞には何, 過ぎ他所から帰っ, 過ぎ代官町の入り口, 過ぎ伊万里町を貫き, 過ぎ伊東さんが約, 過ぎ会津田島の駅前, 過ぎ会読終る, 過ぎ何となく夜の, 過ぎ何ら新たな, 過ぎ何時しか秋風の, 過ぎ何者とも知れぬ, 過ぎ何處へ行, 過ぎ余病も癒, 過ぎ來つるを見す, 過ぎ疑ともに, 過ぎ信濃へ入った, 過ぎ候えば一信これ, 過ぎ候ところふと担架, 過ぎ候三条通にて山の内餅, 過ぎ候段平に御, 過ぎ倫理的だと, 過ぎの棚, 過ぎ僅かにきば, 過ぎはさも, 過ぎ僕たちは宿, 過ぎ優し過ぎそして, 過ぎ優しければ遠慮, 過ぎ先生お一人, 過ぎ光三が光丸, 過ぎが根もと, 過ぎ入谷の寮, 過ぎ兩國の見世物, 過ぎ八月の末, 過ぎ八百億円の金, 過ぎ八軒屋に出た, 過ぎ八重桜の最中, 過ぎ六条院の春, 過ぎ共に混じるを, 過ぎ其の口気甚だ, 過ぎ其出方にもわざとらし, 過ぎ其左に現, 過ぎ其鼻長きに, 過ぎ氣過ぎ, 過ぎ内湾の岩づたいに, 過ぎ冗長の嫌, 過ぎ冬桜で世, 過ぎ冷たい大地の, 過ぎ冷やかな傍観者, 過ぎ冷飯を掻きこん, 過ぎ出刃庖丁を携え, 過ぎ出方にもわざとらし, 過ぎ出発する二日二夜, 過ぎ出発浜坂に流れ, 過ぎ列車が丁度, 過ぎ利助の子分, 過ぎ利根の渡, 過ぎ利根川本来の姿, 過ぎ到頭大雷雨, 過ぎ前庭に旭光, 過ぎ前身に唯, 過ぎ北四川路の新, 過ぎ北嵯峨の松尾神社, 過ぎ北方の気, 過ぎ北浜に著く, 過ぎ北辻橋南にてかの隅田川, 過ぎ十一時前後全病院, 過ぎ十一月になつ, 過ぎ十三年の秋尾瀬沼, 過ぎ十二月二十七日ギャトーに着いた, 過ぎ十五分過ぎぬ, 過ぎ十八日下田に達し, 過ぎ十分過ぎもうかれこれ十五分, 過ぎが過ぎ, 過ぎ半年と過ぎ, 過ぎ半月過ぎても, 過ぎに向かっ, 過ぎ厚い大地の, 過ぎ去る沿線の, 過ぎ友人に頼まれた, 過ぎつて断煙を, 過ぎの混堂, 過ぎ古河の母, 過ぎ古稀をも過ぎた, 過ぎ台所で手, 過ぎ右手に海, 過ぎ吉原堤にかかります, 過ぎ同じような, 過ぎ柳原の, 過ぎ呑込みが好, 過ぎ周代を経, 過ぎで覚めた, 過ぎ四ツ谷見附にさしかかる, 過ぎ四日と経つ, 過ぎ四時ちかくなっ, 過ぎ四時頃まで附近行乞, 過ぎに誘はれた, 過ぎ困つたことに, 過ぎまた圈, 過ぎ土用の丑の日, 過ぎ地獄を見物せり, 過ぎ垂楊の列, 過ぎ堀留から大, 過ぎ夏秋が過ぎた, 過ぎ夕方から吹き始めた, 過ぎ夕暮の影, 過ぎ夕烏の声遠近, 過ぎ外夷拒絶談判の期限等, 過ぎ多彩の筆路, 過ぎ多摩川の下流六郷川, 過ぎも過ぎた, 過ぎ夜更け疲れたれば, 過ぎ川沿ひ, 過ぎ大井町を通っ, 過ぎ大利根川の鷺石鉄橋, 過ぎ大原満と小山夫婦, 過ぎ大堰川の邊, 過ぎ大橋を渡っ, 過ぎ大正九年も過ぎ, 過ぎ大町通って, 過ぎ大磯の宿, 過ぎ大網を本納, 過ぎ大通りの柳, 過ぎ大阪の圖書館, 過ぎ大雪になつて, 過ぎ天大に過ぎ, 過ぎ天守下の坂, 過ぎ天気がからり, 過ぎ天空としては星, 過ぎ太平洋を過ぎ, 過ぎ太閤さんと大塩平八郎, 過ぎ夫人が三十歳, 過ぎ夾雑物がな, 過ぎへ奥, 過ぎ奥住の家, 過ぎ如何にも此處へ, 過ぎを病的, 過ぎの住居, 過ぎ刻近, 過ぎ字山中のオホナイ, 過ぎ學校から戻つた, 過ぎ安平早來, 過ぎ宗次郎が歸つた後, 過ぎ官人が喪服, 過ぎ宛がら竜に異ならず, 過ぎ実際に価値, 過ぎ客車が掠め, 過ぎを通り, 過ぎ家宅捜索など受ける, 過ぎ宿へ泊る, 過ぎ富小路を二三軒西, 過ぎ寛保に及ぶ, 過ぎ寺沢氏に呼ばれ, 過ぎ広き寝室, 過ぎ小前田という, 過ぎ小春凪でちと, 過ぎ小橋を渡る, 過ぎ小浜信造はやって来た, 過ぎ小金井の村ざかいの, 過ぎ少しく待ちあぐんで, 過ぎ尚も疾走を, 過ぎ山そのものが色絵錦, 過ぎ山卯の若い衆, 過ぎ山王山不動堂の境内, 過ぎ山門の鋪石道, 過ぎ山陽道へはいっ, 過ぎを越え, 過ぎ峻酷に過ぎる, 過ぎ崩れか, 過ぎ烈しく雪, 過ぎ嵯峨沢の橋, 過ぎ川一つ距てた組屋敷, 過ぎ川俣温泉へ辿りつけ, 過ぎ左折して, 過ぎ市内や近郊, 過ぎを裂く, 過ぎの間, 過ぎ帰りがけに貴方, 過ぎ帰宅したと, 過ぎ干潟を過ぎ, 過ぎ平一郎とお, 過ぎ平井の里, 過ぎ平凡に過ぎる, 過ぎ平和な落着, 過ぎ年子で三人目, 過ぎ過ぎ纏まりが, 過ぎ広い波打ちぎわまで, 過ぎ広岡氏が宅, 過ぎ庄内村を通り, 過ぎ庄司の家, 過ぎの内, 過ぎの者, 過ぎ庫裏と人家, 過ぎ康子はやつ, 過ぎ廣瀬川今も白く, 過ぎ建築に取り掛かろう, 過ぎ続いて, 過ぎ過ぎた, 過ぎ当時の知人朋友, 過ぎ彦七の家, 過ぎ役人は歸つて, 過ぎはほとんど, 過ぎ彼等の經濟組織, 過ぎ往いたものの形骸, 過ぎ待ち焦れて, 過ぎ後始末して, 過ぎ従って潮の, 過ぎ自分の, 過ぎ御代田に来れ, 過ぎ御厩小路へ来た, 過ぎ微妙な色, 過ぎ必然の結果, 過ぎ快い秋とも, 過ぎ忽ち三四年経つ, 過ぎ思想は代り風俗, 過ぎに思ひ立つ, 過ぎ悪意がこめられ過ぎ, 過ぎ情味が乏しい, 過ぎの情, 過ぎ感情の潮, 過ぎを除き, 過ぎ憂苦も憂苦, 過ぎさう, 過ぎ或は終りに, 過ぎ戯談にし, 過ぎ戸塚の宿, 過ぎ手擲弾に中った, 過ぎ手術は終った, 過ぎ手長足長血のめぐり, 過ぎ押しつけがましくなったよう, 過ぎ拿破崙の凱旋塔, 過ぎ插秧のをはつ, 過ぎ政治家の手中, 過ぎ散会した, 過ぎの大軍, 過ぎ文政に入り, 過ぎ聞來る, 過ぎ新しい好意を, 過ぎ新堀割の口, 過ぎの浜木綿, 過ぎ既に春琴も, 過ぎは暮れ, 過ぎ日一日と暖か, 過ぎ日本橋を出, 過ぎ日比谷の四辻近く, 過ぎ日蓮宗の儀式, 過ぎ街道湯本の, 過ぎ早くもポツダム, 過ぎ明るすぎ正面祭壇, 過ぎ明治に入る, 過ぎ明治二十一年に至っ, 過ぎ明神下の平次, 過ぎ明神山から屏風山, 過ぎ易いものだ, 過ぎ易き者なり, 過ぎは妖女, 過ぎ春一がひょろひょろ, 過ぎ春日の, 過ぎが非, 過ぎ時間がかかり過ぎ, 過ぎ時鳥にも耳, 過ぎ晩鴉虚空を渡り, 過ぎ普軍は全く, 過ぎ暑くて暑く, 過ぎ暗くなりて, 過ぎの上, 過ぎ暫く耳を, 過ぎ暮れ近いあわ, 過ぎ暮色蒼茫と云う, 過ぎ更け沈んだ離室の, 過ぎ替御, 過ぎ書斎に入, 過ぎ最初の学年試験, 過ぎ月日は徒ら, 過ぎ朝子の方, 過ぎの形, 過ぎ木の下に紫紅色, 過ぎ木戸を閉める, 過ぎ木挽町に入らん, 過ぎ木曽の天地, 過ぎ木立を抜け出る, 過ぎ未亡人の操行, 過ぎ街道を, 過ぎ本栖を発足, 過ぎ朱房の源吉, 過ぎを騒がし, 過ぎ村人の代, 過ぎ来し白雲の, 過ぎ来し方さへ失ふ, 過ぎ来りし江東梅園前に, 過ぎ東京という人口過多, 過ぎ東京駅前に行った, 過ぎ東支鉄道の終端駅, 過ぎ東淀川の駅, 過ぎ東能代駅で下車, 過ぎ東足洗から忍阪, 過ぎ東長崎驛を右手, 過ぎ松ずしは他, 過ぎ松本の宿, 過ぎ柔軟に過ぎた, 過ぎ尖の, 過ぎ柳橋より車, 過ぎ根岸を歩行き, 過ぎ桑港も近く, 過ぎ植物園に沿, 過ぎ業平にて相, 過ぎ業平橋の下, 過ぎ槍沢の小屋, 過ぎと思う, 過ぎ模範的過ぎて, 過ぎ之助, 過ぎ檢屍は濟, 過ぎ檢見川を過ぎ, 過ぎも散り, 過ぎの時代, 過ぎ次第に野原を, 過ぎ願寺附近まで, 過ぎ正保元年頃, 過ぎ正月も過ぎ, 過ぎ此の間外國人の手, 過ぎ歩一歩に力, 過ぎる, 過ぎ殊に女の子達は, 過ぎ残雪を踏み, 過ぎより一足さき, 過ぎがつく, 過ぎ氷水売は七十軒, 過ぎ永代のあたり, 過ぎ江戸の夜, 過ぎをめぐって馴染, 過ぎ池鯉府に行っ, 過ぎ汽車に乗る, 過ぎ河原に出, 過ぎ河沿ひの, 過ぎ泥水中に朽木, 過ぎ泰造の手紙, 過ぎ洗馬本山から贄川, 過ぎ浅薄に過ぎ, 過ぎに出で, 過ぎ浜離宮脇より澪, 過ぎ浦河に着した, 過ぎ海拔三千五百尺あたりのところ, 過ぎ涼しい風が, 過ぎ深夜となっ, 過ぎ深谷へと心, 過ぎ清くあり過ぎます, 過ぎ温泉へ出掛けた, 過ぎに行く, 過ぎ湯檜曾橋を渡り, 過ぎに沿う, 過ぎ演劇同盟の沢村貞子, 過ぎっと春, 過ぎ濱町の大黒屋, 過ぎ灌木地帯を過ぎる, 過ぎ火の番の拍子木, 過ぎ火事場歸りの, 過ぎ烏川をも渡った, 過ぎ無闇に雜誌, 過ぎ片羽通りを通り, 過ぎ物さはに, 過ぎが数頭, 過ぎ狩野氏はその, 過ぎ玄界灘より東シナ海, 過ぎ玩具のやう, 過ぎとする, 過ぎ珍しく一合付けさし, 過ぎ田原町の電車停留場, 過ぎ田圃みちを越え, 過ぎ申刻近く参る筈, 過ぎ申訳も無, 過ぎ町はずれの彼, 過ぎ町内の夜講歸, 過ぎの麦, 過ぎ疊紙に入れた, 過ぎ白子より坂石, 過ぎ白木の位牌, 過ぎ白絣に夏羽織, 過ぎ百ヵ日が過ぎ, 過ぎして, 過ぎは今, 過ぎをさます, 過ぎ直治が三宅さま, 過ぎも変わらず肥え, 過ぎ省線電車の線路, 過ぎ真夏のころ, 過ぎ真暗な夜中, 過ぎ睡眠とおんな, 過ぎ矢壺の座頭, 過ぎ矢差の浦, 過ぎ短い村落の, 過ぎ石炭の需要, 過ぎ石炭坑數箇處この附近, 過ぎ硫黄岳へ登っ, 過ぎ神戸発新橋行の急行列車, 過ぎ秀吉は猿ヶ馬場, 過ぎ私一人が起き, 過ぎ秋草の花, 過ぎ科學的な文化, 過ぎ秩祿をやり過ぎました, 過ぎ積荷が終る, 過ぎ空うち晴れぬ朝戸, 過ぎ空気は次第に, 過ぎ立石で辨当行李, 過ぎ端正に過ぎ, 過ぎ簡単であり陽気, 過ぎ紹介所からの帰り, 過ぎ結構な短, 過ぎ維新前馬関砲撃, 過ぎがきつ, 過ぎ美々津町行乞或る, 過ぎ美濃岐阜へ出る, 過ぎ義助から早打ち, 過ぎ羽田沖である, 過ぎ翌年それこそほんとに, 過ぎが遠く, 過ぎ聖書会社へ迷惑, 過ぎ肥馬天に嘶く, 過ぎ胆量才に劣り, 過ぎの辺, 過ぎく臨機応変, 過ぎが凄く, 過ぎ自分の方, 過ぎ自動車で此處, 過ぎ自然を安く, 過ぎ至つて平凡な, 過ぎ臺南丸に乘, 過ぎ舌足らずの効果, 過ぎ舞子の海辺, 過ぎ舞踏に誘ふ, 過ぎを漕いだ, 過ぎ船橋へあらわれ, 過ぎの大鐘, 過ぎ芦野公園といふ踏切番, 過ぎ芭蕉の辻, 過ぎ過ぎ強, 過ぎ若竹が終, 過ぎ若葉の風, 過ぎ茂左衛門地蔵の月夜野, 過ぎ茅場町お旅所, 過ぎの周四五寸, 過ぎ茶の間にはいっ, 過ぎ荒川を渡る, 過ぎ荒物屋に一通, 過ぎ菊川で良, 過ぎ菜畑を過ぎ, 過ぎ蔵開きの十一日, 過ぎ薄暗い町を, 過ぎが強, 過ぎ蘇武に同情, 過ぎのよう, 過ぎはいつのまにか, 過ぎ蛸薬師あたりで見失っ, 過ぎの羽鳴り, 過ぎ行様まで横, 過ぎ表裏官体と稼ぎ過ぎる, 過ぎ表通の八百屋, 過ぎの襞, 過ぎ複雑すぎるため, 過ぎに語る, 過ぎ西にむかひ, 過ぎ西谷は迎帆楼, 過ぎの番屋, 過ぎ角座の横, 過ぎ言句が多, 過ぎ言葉の體, 過ぎ記憶も漸く, 過ぎりして, 過ぎ読者の好奇心, 過ぎの鬼神等皆頤指, 過ぎ議論の多い, 過ぎ谷中へまわっ, 過ぎ豹一はひきずる, 過ぎ資生堂の前, 過ぎこ過ぎ, 過ぎ起きたすぐ温泉, 過ぎ越えてトロイア軍, 過ぎ越しも行く末, 過ぎ越し方の愚痴, 過ぎ越久保に着く, 過ぎ越前屋の手代二三人, 過ぎ越後に到り, 過ぎ身体は疲労, 過ぎ車力を返し, 過ぎ車坂に現れ, 過ぎ軍船は入江, 過ぎは胸, 過ぎ近くに拉し, 過ぎ近ごろは誰一人訪, 過ぎ近江屋の大, 過ぎ追分に到る, 過ぎ退出時刻が近く, 過ぎ通りへ出た, 過ぎ通る処は, 過ぎは過ぎ, 過ぎ遅々たる春の, 過ぎ運河の遊覧船, 過ぎ過多に走る, 過ぎを山国川, 過ぎ郊外にて用, 過ぎ郵便が來, 過ぎ酒宴遊興女色美食すべて過ぎぬこと, 過ぎ酔ひ痴れて, 過ぎ酷毒に過ぎる, 過ぎ野原へ出る, 過ぎも五十兩, 過ぎ金貸のお, 過ぎ鈴鹿峠にさしかかった, 過ぎ鉄橋を渡り, 過ぎ銘々の部屋, 過ぎ錢形平次は改めて, 過ぎ鐵橋を渡つて日下驛, 過ぎ鐵砲を撃たれ, 過ぎ長き煉瓦の, 過ぎ長久保城に入っ, 過ぎ長崎屋の身上, 過ぎ長次郎谷を送り, 過ぎ関本駅で下り, 過ぎ閻魔の傍, 過ぎ關本驛で下り, 過ぎ陰気な林, 過ぎ陸地を渡り, 過ぎ陸路襄陽に至り, 過ぎが高く, 過ぎ階段を後, 過ぎ障子のあんまり, 過ぎ去って, 過ぎ難い世を, 過ぎ難解に感じられる, 過ぎを冒し, 過ぎ雨戸を開け, 過ぎ雪まみれになった, 過ぎ雲津を過ぎた, 過ぎ雷鳴電光沛然と降雨, 過ぎ電車に乗り, 過ぎ青木湯に向っ, 過ぎ音羽の滝, 過ぎ頃千世子はたまらなく, 過ぎ頃家族一同集まって, 過ぎ頃庸介の父, 過ぎ頼みにし, 過ぎて明治前後日本, 過ぎ飄然やって来て, 過ぎ食はず飮まずで見張, 過ぎ飯岡の町, 過ぎ飯田橋手前にて西北, 過ぎ饒舌り過, 過ぎ駆逐艦がやって来た, 過ぎ高原のうえ, 過ぎ高手の村, 過ぎ高橋お伝の生まれた, 過ぎ鬢髪には白い, 過ぎの甘露煮, 過ぎ鳥居先生は考古学, 過ぎ鳥居峠を越え, 過ぎ鶴見に出, 過ぎ鹹澤の方, 過ぎ麥畑を過ぎ, 過ぎ黒岳の岩場, 過ぎ龜戸より左折