青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遍~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~運 運~ ~運ぶ ~運ん 運ん~ ~運動 運動~ ~運命 運命~ 運転~
遍~
~過ぎ 過ぎ~ ~過ぎた 過ぎた~ ~過ぎない 過ぎない~ ~過ぎなかった ~過ぎる 過ぎる~ ~過去

「遍~」 1775, 19ppm, 5983位

▼ 遍~ (409, 23.0%)

48 何遍も 7 繰り返した 6 くり返して 5 三遍も 4 お辞儀を, くりかえして, それを, 繰り返して, 繰返して 3 ある, 出て, 口の, 同じ事, 四遍も, 頭を

2 [19件] ございましたらうか, その前, その手帳, なん遍も, やる, 云うが, 六遍も, 往復し, 心の, 接吻を, 書く, 消しては, 素通りする, 繰り返したと, 繰返した, 聞いて, 自分の, 言って, 顔を

1 [267件] あげて, あった, あったと, あったわ, あつた, あなたの, あの辺, あります, いいなさいます, いっその, いって, いわれて, おなじこと, おんなじこと, お目にかかつた, お辞儀しいしい, かけ直しては, かたく噛んだ, ききあきた言葉, くどいよう, くりかえしては, くり返さした, くり返さして, くり返されました, くり返しくり返し思った, くり返した, くり返じ赤面, くり返すそう, くり返すばかり, こうくり, こうやっ, こすって, こすりやっと, こっくりし, こっちへは, この同じ問, この大, この返事, こんなこと, こんな事, しつこく聞い, して, しゃべる不, ずぶりずぶり突く, せんならん, その仕種, その字画, その画家, そわそわ川, たたかれたかと, ないわよ, なかった, なく輝い, ひつくり返して, ふつた, みた, もとへ, やったです, やったもん, やつてる, やらせられた, やりたがるので, やり直して, やり返しかなり, やるに, ココアを, 一つ事を, 丁寧に, 下女の, 二人で, 云い合いました, 云うの, 云つた, 云つてやらう, 云つてゐた, 云へる, 云われましたから, 五遍も, 交代する, 人に, 人間の, 仰云, 会わんならんねん, 何百回も, 何遍もさうし, 作りかえて, 便所へ, 先生といったよ, 入れ替えては, 八遍も, 出えしまへん, 出しそこ, 出して, 出してない, 出ましたろう, 十遍も, 卒倒した, 叩頭し, 合点合点し, 同じこと, 同じ歌, 同じ言葉, 否である, 味わって, 咀嚼し, 咳が, 咳入った, 唱へ, 喰ってるじゃ, 嗅ぎ廻して, 嚊煙草の, 回向しない, 国で, 圓盤投げ, 塾生に, 声を, 変るの, 外出しない, 外国へ, 大声で, 大聲, 奢つて, 女王様の, 好きだ, 宗教の, 家から, 寝返りうつ, 小初, 崑崙茶を, 店を, 廻った, 廻って, 廻れば, 引き留めまして, 引つくり返し, 強調し, 後ろを, 念押した, 愚かにも, 成功する, 手合せを, 打ち崩された, 打った, 打つた, 折り重ねて, 抜いたり, 抱え上げかけては, 拝した, 拭きながら, 拳固で, 捕るの, 掃除し, 探偵が, 揉めたなあ, 描くので, 撫で, 改正が, 教は, 書いて, 書かせられると, 朗讀する, 根本的に, 歌は, 此大問題を, 歩いて, 歩くと, 母の, 浅ましい手, 浴びせられた, 焼いて, 燃え上, 牢の, 珠数の, 理窟っぽい話, 申す通り, 申上げました, 男爵に, 百遍も, 知らんの, 石を, 研ぎ直さねば, 破壊されるであらう, 礼ばかり, 礼を, 礼拝を, 社会主義的意図を, 称げて, 稱へて, 空しい用意, 立ったと, 立て続けに, 立留まつて, 端渓がる, 素描を, 素読を, 細工人の, 経験が, 繰りかえした, 繰りかえして, 繰りかえし起されるであろう, 繰り返したらしい親仁, 繰り返す, 繰り返すので, 繰返したもの, 繰返しつ, 繰返すうち, 繰返す癖, 美智子は, 耳を, 聞いたそう, 聞いたよう, 聞きました, 聴いたよ, 聴くうち, 自分で, 自分に, 自分へ, 自殺し損ね, 自覚しない, 船が, 船長の, 良正は, 落ちて, 蓋を, 藤太に, 行ったり, 行った事, 衝突し, 見たこと, 見て, 見るじゃ, 見ると, 見比べた, 触れたこと, 言われたが, 言訳を, 訊かれたのよ, 読みかえして, 読み返した作品, 読み過して, 読むの, 読んで, 誰が, 調整を, 讀み返した, 買って, 買つてゐた, 跳ねるつもり, 身代限りを, 迎えに, 迎に, 追い回したが, 追い返された, 通して, 通行人に, 逢わない, 遊んで, 違った色, 遣直させられたと, 鏡を, 閣下に, 雌雄相通ずる, 電話が, 額を, 駄目を, 駈けまわって, 骨を

▼ 遍~ (133, 7.5%)

6 念仏を 3 挨拶では 2 ように, 声が, 念仏は, 数珠を, 礼拝を

1 [114件] おかみさん, お世辞, お客さ, お客として, お寺の, お礼を, ことで, こも, ない灯火, ない男, ない神経, ままで, ものだ, ものだった, ものである, ものです, ものと, ものとは, ものにては, ものばかり, ものより, やうに, やり方で, エピソードじゃ, ビイルや, 世辞なりし, 世辞を, 世間話を, 主の, 人じゃと, 人類に, 仲な, 会釈を, 内に, 冷やかな, 出来事だった, 刑事問題として, 勇士の, 区長の, 回向も, 回向を, 墻を, 声, 声全く, 大衆作家で, 女の, 好意では, 学生の, 安穏さを, 客でない, 客では, 客とも, 弁当は, 弟子たる, 弟子の, 形容詞では, 念仏などは, 念仏より, 念仏会を, 念珠五百羅漢弘法大師の, 感動に, 感嘆の, 挨拶なら, 挨拶より, 数取りの, 数遍怠りなかっ, 文言だけ, 方式では, 景物じゃ, 有象無象が, 歓迎の, 死亡検案書が, 気持で, 浅い関係, 理屈じゃ, 理窟や, 生一本な, 目礼だけしか, 知り合いだ, 知り合いである, 知人である, 知識でなく, 礼状を, 祝詞を, 称名を, 称名怠る, 簡単な, 美しい言葉, 義侠心が, 色恋よりは, 色版を, 苦行を, 行者である, 表情で, 見物だけでも, 親切だ, 観覧者の, 解釈であります, 訪問に, 話で, 調子では, 講中が, 賞讃の, 質問を, 迷い言何の, 遊び女に, 遊覧者で, 道理にて, 道義の, 鉦らしい, 闇の, 震動を, 面識者ばかりじゃ, 頭領では

▼ 遍~ (90, 5.1%)

3 なく, なく同じ, なく繰返し, なく頭 2 なくリボン, なく決定, なく見た, なく読み返した, なく警官, 繰返してるうち

1 [66件] いふので, なくお, なくおじいさん, なくこう, なくこの, なくしたが, なくずぶ, なくそうして, なくその, なくそれ, なくやって来た, なくやりなおした, なくサシ, なく何十遍, なく何百遍, なく便所, なく僧, なく其処, なく取り換わされた, なく口, なく唱え, なく変った, なく外, なく富士, なく屈曲, なく巡, なく常, なく廻つて, なく引ずり廻され, なく弱らされた, なく彼, なく往復, なく往来, なく思ひ出した, なく扱所, なく時計, なく時鳥, なく書き更め, なく梯子段, なく浄書, なく無, なく生, なく繰り返された, なく繰り返される, なく繰返され, なく繰返される, なく繰返した, なく繰返し繰返し肚裡, なく聞かせられ, なく蘇らせた, なく街頭, なく誰彼, なく足, なく間違え, なく験し, なった, わたるが, わたるとが, わたるは, 何でも, 加治わたる, 叫んだ, 右へ, 望むも, 辞儀を, 際限も

▼ 遍~ (83, 4.7%)

3 して 2 参って, 泣くとも

1 [76件] あの砲台, がた落ちを, すっ飛んで, すらすらと, そこへ, ちょん切れ, とび上る事, どこかへ, なげやりに, なった, なっちまって, なってから, なる, なるといふ, はたき落す, わかるつて, ガラリ変っ, ガラ落ちよ, ギャフンと, 一度位実行の, 与えるだけ, 世間を, 之に, 來た, 傾くが, 元気に, 全部的に, 冷汗三斗の, 凝り固まって, 出席した, 出揃うという, 出来たなどと, 判って, 判ると, 十匹ほどずつ, 南の, 及び自宗他宗, 友達に, 吐き出した血, 吹っ飛んで, 咲きやしたぜ, 喰っても, 四合六勺あまりは, 引き揚げたの, 当面の, 教わり過ぎて, 文化が, 新設官庁の, 普及し, 有名に, 朝日さす, 気が, 気分が, 沢山貼り出されたです, 流れて, 流感に, 溢れわいた思慕, 火點けたんだ, 現象する, 生じたの, 白状し, 精出したらしんど, 而も, 見せられたよう, 讀むの, 這入るもの, 過ぎない, 過ぎなかった, 酔いが, 開き切って, 青い顔, 青ぞ, 顏ぢゆう, 食つち, 食つて仕舞つた所が, 髪の毛の

▼ 遍なく~ (70, 3.9%)

2 方々へ

1 [68件] あるき目差す敵, おしろいを, お座敷が, お部屋, その光, つかわれるところ, て何, はびこって, ふり撒い, よく観, シャンパンの, ページ全体を, 一座を, 二三寸も, 云い切れないという, 働かせ得るやう, 刺されると, 力を, 動かし針, 取り捲いて, 口の, 地上の, 塾生全部に, 奉仕し, 安井の, 展びて来た, 左右の, 己が, 愛撫の, 押し拡げると, 挨拶を, 捲き込まれて, 探して, 掻きたくなる, 握手を, 撒き注がれた, 擦り切れて, 數へ, 明快であろう, 映じて, 歩き廻って, 求められると, 汚して, 注いで, 済んだなと, 湧いて, 現すため, 発達させる, 皆んなが, 真丸に, 秋波を, 立ち働かせるやう, 経めぐっ, 統一調和され, 綿密に, 聞き取らせようと, 自然に, 興味を, 色の, 行き渡って, 行渡った編輯上, 見上げたり, 誰彼と, 部屋の, 降り灑, 顔へ, 食卓の, 驅け

▼ 遍でも~ (57, 3.2%)

2 いいから, 繰返して

1 [53件] あなたの, ありますけど, あるはず, い, いうとも, いふよ, くり返すらしいが, この保護観察, そういうこと, やって来るわ, やり直しが, やり直して, やるさ, 二十遍でも, 云うが, 云つてやらう, 今一番と, 仕代えさせられるので, 何百遍でも, 何遍でも, 余計お, 僕の, 勝手に, 千遍でも, 取り換えた方, 同じ事, 喉元へ, 引立てられて, 彼の, 心任せに, 念押す, 手紙差し上げた, 扱は, 水の, 湧き上って, 百遍でも, 私は, 突っ返します, 窓下を, 繰り返して, 繰り返すが, 聞いたもの, 聞かされたおかげ, 行ったり, 装置を, 見て, 言ひます, 訊いて, 話します, 読んで, 遣りなおしです, 電話かかっ, 面白さうに耳

▼ 遍~ (46, 2.6%)

1 [46件] ありました, お辭誼, これを, つるりと滑った, わからない, チベットの, 上げたり, 二週に, 二遍忍ん, 五遍しくじった, 何百遍か, 倒れたに, 催されたが, 前へ, 同じこと, 同じよう, 同氏を, 咲いた, 問い合せましたが, 四季交換の, 夫に, 宗助に, 少し年, 崩折れ, 己は, 思わず笑い出し, 思想が, 撫でまわして, 施したです, 来たこと, 毒を, 泣いたこと, 相模屋へ, 立ちかけました, 繰り返しつ, 繰返したくらい, 繰返して, 蔵の, 言う, 言淀んだ, 述べた, 述べたこと, 述べ立てて, 通った三河屋, 降りました, 驚ろかされた

▼ 遍~ (26, 1.5%)

2 愈新聞

1 [24件] ああ云う, あそこを, いる, きっとそれ, どうか來, なして, パンに, 休みに, 会わずに, 危いとこらしい, 彼女の, 戻つて來, 旦那様に, 本願を, 池の, 無益である, 真面目くさり絵筆, 行ったかしら, 見せる美, 見廻ること, 語りけれど, 讀み返して, 途中から, 酔ぱらって夜中に

▼ 遍~ (19, 1.1%)

3 唱えて

1 [16件] どうで, ならべたてたので, やって, やつて, 並べる, 加えて, 唱えました, 尻眼にかけて, 尽して, 持込みましたろう, 気に, 稱へて, 繰返したもの, 繰返すこと, 聞かされた, 越えた時

▼ 遍ずつ~ (16, 0.9%)

1 [16件] くれたでは, だよ, やって, やるの, モンラムの, 唱えて, 学録を, 市ヶ谷に, 必ずやって来る, 息を, 礼拝するです, 紅雀の, 蠣殼町の, 行って, 見まわり, 覗かせるの

▼ 遍~ (16, 0.9%)

1 [16件] いい, いいこと, その後は, はあらう, はとても, は云う, 嘘だ, 尻まで, 律しようと, 律すること, 明白に, 浅ましく貧しくそして, 眞に, 鑑賞すべき, 電車を, 飛び出しました

▼ 遍~ (14, 0.8%)

2 には平岡, は寧ろ 1 だか, だから, ですが, と続い, になる, に届け出る, に王城, の事故, の犠牲者, を回した

▼ 遍~ (12, 0.7%)

2 く探, く栗 1 き光, くこれ, く其名, く天下, く洋書, く經, く聞こえ, く訪ね

▼ 遍ぐらい~ (11, 0.6%)

2 急に 1 お辞儀を, こっちに, こんなこと, であったが, どうだって, トンボ返り, 会わないと, 姉の, 少しずつ

▼ 遍~ (10, 0.6%)

2 て貰っ 1 てくる, てちょうだい, ても聞い, て居る, に來, に来ます, に行きたい, 周りて

▼ 遍だけ~ (9, 0.5%)

1 お蒲団, ぐるりと, して, そこを, ちらっと私, であったか, ですよ, 僕に, 私は

▼ 遍やっ~ (9, 0.5%)

1 てみ, てみよう, てもおっこちる, てもらう, ても栄螺, て見せる, て見たまえ, て見る, て鬼ども

▼ 遍一律~ (9, 0.5%)

1 である, で要するに, なの, に流れ, に酒, の如く説い, の建築, の物, の身の上ばなし

▼ 遍~ (9, 0.5%)

1 は上げ, は大, は必, は通し, までの死, も往復, 廻ろうという, 繰返すやう, 見るだらう

▼ 遍繰返し~ (9, 0.5%)

1 て, てから体, てみた, ても気絶, ても飽きない, てやる, て考え, て言った, て讀んだ

▼ 遍ばかり~ (7, 0.4%)

1 お會, ちんちんちんと叩きつづける, まわって, 廻りました, 深呼吸を, 逢うぜ, 遣り直させられて

▼ 遍僧都~ (7, 0.4%)

1 がここ, に見せた, に見せよう, はさし, はそのまま, は少納言通憲, は深く

▼ 遍繰り返し~ (7, 0.4%)

1 ておきたい, てもよい, ても同じ, ても好い, てソロドフニコフ, て読む, ながらこれ

▼ 遍~ (6, 0.3%)

2 一遍に 1 あって, それとなく様子, 始まると, 濟んで

▼ 遍だって~ (6, 0.3%)

1 ない, 出すだけは, 始末よく, 普通だ, 滅ぶの, 高輪の

▼ 遍同じ~ (6, 0.3%)

2 やうな, 方向に 1 事が, 事を

▼ 遍行っ~ (6, 0.3%)

1 てごらん, てそれ, てみ, ても女, て回送, て貰い

▼ 遍この~ (5, 0.3%)

1 ポオカアの, 古い毛衣, 海の, 男の, 頭を

▼ 遍その~ (5, 0.3%)

1 くらいのところ, 写真を, 白毛の, 豆の, 顏を

▼ 遍それ~ (5, 0.3%)

1 を一ぱい, を怺, を繰り, を繰返すだろう, を見る

▼ 遍~ (5, 0.3%)

1 つて御覧な, 二度ならだ, 二遍なら, 幼遊びの, 賑やかな

▼ 遍以上~ (5, 0.3%)

1 ここん処, となえたこと, も啼いた, も振り向かざる, も醜い

▼ 遍~ (5, 0.3%)

2 へつづけ 1 へける, へた, へ候事

▼ 遍~ (5, 0.3%)

1 の三更, の住職, の初夜, の方, の本堂

▼ 遍聞い~ (5, 0.3%)

1 てい, てもすぐ, ても分り, ても忘れ, て見よう

▼ 遍見た~ (5, 0.3%)

2 事が 1 がけっして, ことが, つて

▼ 遍いっ~ (4, 0.2%)

2 てみろ 1 てみ, て雪岡さん

▼ 遍お辞儀~ (4, 0.2%)

3 をし 1 の願い

▼ 遍くらい~ (4, 0.2%)

1 くるに, したって, ちょっとした吹雪, なら構わないわ

▼ 遍ぐらいは~ (4, 0.2%)

1 きっと光子さん, 出て, 牛込の, 買うの

▼ 遍しか~ (4, 0.2%)

1 ない, ない命, 会って, 家へ

▼ 遍する~ (4, 0.2%)

1 と荷, も決して, 本有の, 白象の

▼ 遍~ (4, 0.2%)

1 か知れない, がこれから, つてその, つて云つてやる

▼ 遍上人~ (4, 0.2%)

1 が工夫, が親ら奧州, に訴えた, の此巡錫

▼ 遍云っ~ (4, 0.2%)

1 たっておんなじ, ておきたい, ても云い足りない, て聞かせ

▼ 遍立寺~ (4, 0.2%)

1 から出立, に往, に葬られた, を旅支度

▼ 遍~ (4, 0.2%)

2 に汗 1 の汗, 赤黒ニシテ毛髪銅針ニ類セン

▼ 遍雲文寺~ (4, 0.2%)

2 のかた, をはじめ

▼ 遍ある~ (3, 0.2%)

1 か分らない, こうじゃ, んだ

▼ 遍あんな~ (3, 0.2%)

1 気持に, 真似を, 逞しい体格

▼ 遍~ (3, 0.2%)

1 内儀さんに, 帰りに, 辭儀を

▼ 遍から~ (3, 0.2%)

1 たのみしまいに, 二十二三遍位繰返す, 来た名

▼ 遍きい~ (3, 0.2%)

1 てもうまい, てホテル, て来ましょう

▼ 遍くりかえし~ (3, 0.2%)

1 ても俺, ても足りない, て見

▼ 遍そんな~ (3, 0.2%)

1 ことあったら, ことが, ことを

▼ 遍~ (3, 0.2%)

1 んだ, 消息を, 考えでしたなら

▼ 遍ほど~ (3, 0.2%)

1 お詫, 毒の, 片足で

▼ 遍やる~ (3, 0.2%)

1 か分らない, ことに, ともう

▼ 遍よんだ~ (3, 0.2%)

1 だけで, とき読めなかった, 手紙を

▼ 遍云つて~ (3, 0.2%)

2 見ろ 1 見ろ俺

▼ 遍勇さん~ (3, 0.2%)

3 に逢

▼ 遍~ (3, 0.2%)

2 の方面 1 でお

▼ 遍帰っ~ (3, 0.2%)

1 てからさそい, てもろ, て十一時

▼ 遍~ (3, 0.2%)

1 ってその, って云い直し, って様子

▼ 遍~ (3, 0.2%)

1 であるに, とかの色表紙, の美くし

▼ 遍礼拝~ (3, 0.2%)

2 して 1 しました

▼ 遍続け~ (3, 0.2%)

1 さまに, て欠伸, て裏

▼ 遍考え直し~ (3, 0.2%)

1 てくれる, て御覧, て見なけれ

▼ 遍逢っ~ (3, 0.2%)

1 ていた, てからでもいい, て御覧

▼ 遍あの~ (2, 0.1%)

1 人に, 光景を

▼ 遍うるさく~ (2, 0.1%)

2 干渉し

▼ 遍かい~ (2, 0.1%)

1 てもすこしも, て見ます

▼ 遍くらいは~ (2, 0.1%)

1 きっと廻っ, 七十の

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 て, ながら

▼ 遍ずつは~ (2, 0.1%)

1 起るの, 顔を

▼ 遍そこ~ (2, 0.1%)

1 から川, をのぞき

▼ 遍だけは~ (2, 0.1%)

1 きっと自分, 適当であろう

▼ 遍だらう~ (2, 0.1%)

1 が二遍, が些

▼ 遍だろう~ (2, 0.1%)

1 が二遍, が些

▼ 遍~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 遍まで~ (2, 0.1%)

1 切られるほど, 娘は

▼ 遍まわっ~ (2, 0.1%)

1 ておじぎ, てワン

▼ 遍よく~ (2, 0.1%)

1 手帳を, 診察し直せ

▼ 遍よみかえし~ (2, 0.1%)

1 て見, 検討し

▼ 遍らしい~ (2, 0.1%)

2 事を

▼ 遍二十遍~ (2, 0.1%)

2 と繰返してる

▼ 遍何百遍~ (2, 0.1%)

1 かになっ, となく

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 とくな, とくれやす

▼ 遍其思想~ (2, 0.1%)

1 や穏健, や穩健

▼ 遍出直し~ (2, 0.1%)

2 て平岡

▼ 遍取った~ (2, 0.1%)

1 とかいうよう, とか四遍

▼ 遍叫ん~ (2, 0.1%)

1 でみましょう, でみませう

▼ 遍唱え~ (2, 0.1%)

1 て掲諦掲諦, 言を

▼ 遍回っ~ (2, 0.1%)

2 て煙草

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 にある, の痩土

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 をかけ, を立て

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 ぐるぐる回った, ぐるぐる廻つた

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 へ去んで, を見

▼ 遍小野~ (2, 0.1%)

1 に話し, に話しましょう

▼ 遍巡り~ (2, 0.1%)

1 巡って, 歩いた

▼ 遍廻った~ (2, 0.1%)

1 という今, ものは

▼ 遍弾き~ (2, 0.1%)

1 ということ, といっ

▼ 遍思い出し~ (2, 0.1%)

2 て見る

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 をせず, をふきかけ

▼ 遍打付けた~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 をし, 誦して

▼ 遍断っ~ (2, 0.1%)

1 たってつまり, ておきたい

▼ 遍書き~ (2, 0.1%)

1 うつすか, 終って

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 てくれ, て下さい

▼ 遍死ん~ (2, 0.1%)

1 で亦, で又

▼ 遍決心~ (2, 0.1%)

1 しかけたか, したか

▼ 遍済んだ~ (2, 0.1%)

1 よ, 以上は

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 からおろし, は浴びた

▼ 遍確かめ~ (2, 0.1%)

2 さした

▼ 遍~ (2, 0.1%)

2 極めて単簡

▼ 遍結婚~ (2, 0.1%)

2 を勧められた

▼ 遍繰り返した~ (2, 0.1%)

1 のを, 事を

▼ 遍考え~ (2, 0.1%)

1 てみましょう, て見

▼ 遍聞かされた~ (2, 0.1%)

2 か知れない

▼ 遍聞かない~ (2, 0.1%)

2 うちは

▼ 遍自分~ (2, 0.1%)

1 で書い, に云っ

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 つたきり, つたり

▼ 遍見せ~ (2, 0.1%)

1 てそれ, て貰い

▼ 遍言っ~ (2, 0.1%)

1 てきかせ, てみろ

▼ 遍読む~ (2, 0.1%)

2 んだ

▼ 遍読ん~ (2, 0.1%)

1 でも分らぬ, でも駄目

▼ 遍調べ~ (2, 0.1%)

1 てみ, 間違が

▼ 遍~ (2, 0.1%)

1 の中, を下げ

▼1* [399件]

あがき廻った後で, 遍あたりを見廻したい, 遍あったにかかわらず, 遍あつたとしても, 遍あまり読み返して, 遍あるいたことが, 遍いたしましても同じ, 遍いふても取, 遍うむ, 遍うたいすましたんで人々, 遍うたっただけで覚え, 遍うなずいてその, 遍うんとやっつけて, 遍おき上って来たそう, 遍おっしゃるの, 遍おろしたのを, 遍お待ちやす, 遍かかったって五円, 遍かけ合ってみる, 遍かになって, 遍かの女は, 遍かりしもの奚ぞ, 遍きこえたらと四辺, 遍くり返したこと, 遍くりかえしたところで, 遍くり返しいうとき, 遍ぐらいしか会わないでも, 遍ぐらいの割で, 遍ぐらゐは出て, 遍ぐるぐるとまわりました, 遍こういうことが, 遍こしらえ直して植えました, 遍さえ止みますれば, 遍さらっておい, 遍しくじった後に, 遍しけあ階子段, 遍した限な, 遍しわん棒と, 遍庭の, 遍すらんやうに, 遍すんでも又, 遍ずつしか開けられない, 遍ずつでも主の, 遍ば両行, 遍それとなく注意した, 遍たべてご覧, 遍たる不徳行為に, 遍だけで可い, 遍つっかかって行こう, 遍つづいて表, 遍つづけざまに, 遍つぶさに見たるもの, 遍づつそれを撒きます, 遍という名刹が, 遍とか日を, 遍となつたのは, 遍とは芝居へ, 遍どのの代表, 遍ない友情が, 遍なき理解を, 遍なくしたがたれ, 遍なくぽちん, 遍なく包まれた暗黒の, 遍なく取つて居る, 遍なく立ち働かせるやうに, 遍なすったことを, 遍なで廻わした, 遍ならとにかくもう五遍, 遍なるべく上等の, 遍にとまつた, 遍にのみ受取ったから, 遍にはその全貌, 遍にもなつたらう, 遍のみの彼義仲は, 遍はきおとすまねを, 遍ばかりも雇われたという, 遍ひっくりかえしにし, 遍ふりかへつて, 遍ほぐしてただ, 遍はって, 遍まわるそのうち, 遍まァわって, 遍もさうした, 遍もしもしと呼ん, 遍もち上って, 遍もらうことが, 遍やったよ, 遍やりかけてやり, 遍やり直しても同じ, 遍やり直しますよ, 遍つくり讀み返した位, 遍ゆさぶって置い, 遍よう乾かして, 遍よってくれません, 遍よみやけどの, 遍よみてのるべし, 遍よみ直すお約束, 遍りし家も, 遍に堪へざる思は, 遍れる御燈, 遍わたるの両人, 遍を通じて法然の, 遍グルグルと撫で回した, 遍旧山川, 遍ダケ奇怪ナ経験ヲシタコトガアル, 遍チベットに行きたい, 遍ニ頭ニ騰ッテ, 遍ビュービューと唸らせた, 遍ロザリーはこの, 遍一つこと云うてるの, 遍一人は三百遍書き, 遍一目瞭然の表現, 遍七遍の色版, 遍三学三乗に通じ, 遍三百遍と際限, 遍三遍と何, 遍上人智真である, 遍へ行っ, 遍の時参, 遍並み見渡しながら, 遍乃至万遍は, 遍事実を確め, 遍二百遍三百遍と際限, 遍云われた事でしょう, 遍今度の私, 遍仕官の口, 遍会うたことが, 遍会って病気, 遍会ったぎりで他の, 遍佐治君と往復, 遍体汗流れて, 遍体黒白虎斑の馬, 遍何千遍も浴びせられた, 遍使やつてみたら, 遍の手, 遍先程述べた社会的機能, 遍入りそうも, 遍入れるか少し, 遍體を, 遍全体を読ん, 遍全く同じその, 遍共調査なさった結果, 遍凡ての貸借, 遍出なおして来よう, 遍切りで逃げ, 遍初さんに聞こう, 遍別荘の前, 遍剃ったんです, 遍のところ, 遍を入れ, 遍動いたと見る, 遍動かしおまけに, 遍包んでくれ, 遍十五遍と叫んだ, 遍十銭の焼酎, 遍半夜に床, 遍半歩いちや大概, 遍な蜜柑畑, 遍卓子を囲ん, 遍南無阿彌陀仏を称えず, 遍厳かにゆらい, 遍参詣したいと, 遍反覆して, 遍取って来, 遍取り次いでくれ, 遍受けてみ, 遍をあけ, 遍驚霜雪満, 遍叱られたかわからぬ, 遍方面代表者を, 遍同一点でぐるぐる, 遍吹いたので霜, 遍呼び寄せてとくと, 遍唱うべしとなり, 遍唱うれば蛇, 遍唱えたところで, 遍唱えれば山幸, 遍問答を繰返し, 遍喜んだ礼状を, 遍噛んだという如く, 遍回つて煙草にしよ, 遍因数分解を工夫, 遍多いのと, 遍多数くなれ, 遍に見た, 遍床に, 遍大循環をやって来る, 遍大徳衲の袖, 遍失敗って覚え込む, 遍の方, 遍の所, 遍好奇心ヲ満足サセタヾケデ, 遍の家, 遍はこの, 遍宮崎龍介の母, 遍したけれど, 遍尋ねた覚えが, 遍尋ねられただけである, 遍悟その, 遍小便しに, 遍少いのと, 遍屈めてそのまま, 遍崩れ立った人垣は, 遍巻いてある, 遍帰ったと云う, 遍帰ったらとぽつぽつ, 遍帰る心算でも, 遍な個所, 遍床屋へゆく, 遍廻して引き上げる, 遍廻ってパタリ, 遍廻つたか知りません, 遍廻つてワンと言, 遍廻つて本堂に入る, 遍廻らせられると言つた形, 遍引き返して新, 遍引っ掻きまわしていた, 遍引っ繰り返ったことの, 遍往復して, 遍律抄を講ずる, 遍振りなさいまし, 遍の中, 遍忍んで逢い, 遍忠義一途に世の中, 遍思うたか知れん, 遍思ひ立つてその, 遍怠りなかった, 遍と同一, 遍えっ, 遍を叩い, 遍投げて見る, 遍拝聴したよ, 遍挨拶をする, 遍振ると隠すべき, 遍捕へてひどい, 遍捜してみよう, 遍搖れて小屋, 遍つても, 遍擦っても世界, 遍教えてくれた, 遍をへらし, 遍数減らし候様に皆, 遍断つたつて詰り, 遍春風料峭昼猶寒, 遍昨日のよう, 遍智恩寺境内に在り, 遍曲ると一つ, 遍書いたものは, 遍書き直して見い, 遍本人を越しやす, 遍札の辻あたりでも, 遍来たいと思った, 遍根締を見よう, 遍で打っ, 遍の中, 遍極まるところも, 遍横まわりをした, 遍の畔, 遍欠伸をし, 遍歌ってやる, 遍此処へ悦子, 遍歯がゆい不快に, 遍死なうと思, 遍死生の境, 遍殺されてゐる, 遍に土瓶, 遍を浴びる, 遍汚れた以上は, 遍注射針ヲ局部ニ, 遍泳いで来よう, 遍浅草橋界隈を歩い, 遍深く深く噛み直して, 遍滿して, 遍片足を膝頭, 遍特に観る可, 遍狂者であるかという, 遍現れたが最後, 遍生きて下さい, 遍生き延びてはるか, 遍生れて来る, 遍を見廻っ, 遍田口に会う, 遍田家猶未, 遍申せばそれで, 遍白状しようと, 遍百代子から彼, 遍百姓一揆が起きた, 遍目千遍目と続い, 遍直さしても直らない, 遍直されたか分らない, 遍真言宗の東寺, 遍を閉じ, 遍し重, 遍知らずに食ったら, 遍知恩寺にある, 遍を信ずる, 遍禅定に入る, 遍うべし, 遍称えて美事, 遍立ち帰ったかどう, 遍立ち帰らざるを得ない, 遍立て続けに下げた, 遍に一辞, 遍紅雀の毛, 遍リ返, 遍繰りかえしてそれ, 遍繰り反されてゐる, 遍繰り返されたかを知らぬ, 遍繰返したあとで, 遍繰返し繰返し観ても, 遍けて言う, 遍羯磨疏を講ずる, 遍考えかけたとき明は, 遍考へて見ませう, 遍考へ直してともかく, 遍ヲ澄マス, 遍聞いたって同じ, 遍聞きたいものだ, 遍くよ, 遍で突いた, 遍自身は磐城岩代, 遍致して見ました, 遍舎一九の書いた, 遍舎利無二斎, 遍苦い顔を, 遍落第したかね, 遍虚空の鬼刹, 遍融無碍の流動在, 遍の雨, 遍血のりの滴, 遍行きたい気が, 遍行きましたよ, 遍行っただけでその後, 遍行われなければならない, 遍見たいのや, 遍見つけると決して, 遍見なおしながら云った, 遍見やしたが忌, 遍見りや澤山, 遍見わたすこと, 遍見廻した後やっと, 遍見込んだが最後, 遍覗いて見たい, 遍覧亭あたりの今, 遍言うてもあの, 遍言おう性格は, 遍訊いてみたい, 遍試しに望, 遍をし, 遍話して下さい, 遍話したんです, 遍説いたにせよ, 遍読みかえしたりした, 遍読みなおすとすぐ, 遍読み直して差し上げたい, 遍読み返した時に, 遍読んだか解らない, 遍読過したそう, 遍調べることにな, 遍赤糸をからめ, 遍を通わせる, 遍足立さんに願っ, 遍踊って来る, 遍軍部大臣が交替, 遍軽重義を講ずる, 遍迄の舗道には, 遍追跡しても, 遍するの, 遍通り抜けて二度, 遍通自在の簡単さ, 遍せて, 遍逢うかな, 遍逢ったぎりであったが妙, 遍逢つた限であつ, 遍逢つてゐた, 遍連れて来, 遍遇ってお話, 遍遣っておくれ, 遍でインド王国, 遍都合がよけれ, 遍の中, 遍を叩い, 遍開けて見る, 遍開けようと思った, 遍閻浮提を行ず, 遍の上, 遍頓宮兵衛入道西仏等の面々今, 遍を下げた, 遍を見た, 遍願つても出, 遍飛び込んでもやっぱり, 遍食いに来た, 遍駈け廻つたやうな, 遍験しても平脈, 遍高島屋からもの, 遍魚スープをこさえた, 遍黒谷永観堂辺ニ杖ヲ曳イテ, 遍の頭, 遍8形に回っ