青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「運動~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

遊ぶ~ ~遊ん 遊ん~ 遊戯~ ~運 運~ ~運ぶ ~運ん 運ん~ ~運動
運動~
~運命 運命~ 運転~ 遍~ ~過ぎ 過ぎ~ ~過ぎた 過ぎた~ ~過ぎない 過ぎない~

「運動~」 8852, 96ppm, 1155位

▼ 運動~ (1572, 17.8%)

40 ために 12 中に 11 上に 8 ための, 一つの 7 ような, ように, 先頭に, 時には 6 中には, 初期に, 方向を 5 可能性を

4 [16件] ことを, なかで, なかに, 一翼として, 一部に, 中で, 中心に, 動力を, 後を, 必要を, 指導者であった, 方向は, 歴史の, 盛んな, 目的は, 美しさ

3 [26件] うちに, やうに, 一つが, 一つに, 一環として, 他の, 内に, 初期の, 可能性に, 合成を, 基礎を, 必然性を, 方へ, 方向に, 時に, 法則を, 波が, 波は, 為に, 為めに, 発展の, 目標が, 第一, 精神を, 組織的な, 資金を

2 [104件] おのおのは, さかんな, ためだ, ためでも, つもりで, なかでも, ほか私は, 一つな, 一方便たり, 上では, 不足と, 中では, 事を, 二つの, 側から, 分与と, 分与は, 前には, 効果, 動力が, 動力は, 動機, 原則には, 原則通り左から, 原理たるに, 場合を, 声は, 変化を, 外には, 大精神, 奇形部である, 如きは, 如きも, 妙所は, 姿を, 嫌疑で, 存在を, 完全な, 実践に, 形で, 形を, 形式である, 必然性が, 必然性に, 必然性によって, 必然性の, 必要が, 意味を, 意義と, 意義は, 感情である, 感情では, 感情も, 成果を, 指導に, 指導を, 指導方針の, 指導者に, 新しい形態, 方則の, 方法を, 旺んな, 時の, 時代は, 時間が, 時間には, 本来の, 概念が, 概念は, 概念を, 様相は, 標語は, 歩を, 歴史を, 法則と, 流れを, 消長も, 盛んに, 相対性が, 相対性の, 精神は, 組織問題, 結果なりと, 結果に, 背後に, 背後には, 自由を, 見地から, 語に, 説明に, 課題では, 論理である, 謂であった, 講演会か, 退潮を, 進展に, 道は, 遺算, 重要な, 量の, 量を, 間で, 間に, 首領として

1 [1092件 抜粋] あったころ, あった時, あとの, あること, うちで, うまい動的, お遣, かはり, ことだ, ことなどは, ことは, ことや, この中心的, この性格, ごときみな十目, さきがけを, じっさい, せいばかり, そのよう, それぞれの, ためその, ためだったろう, ためとか, ためにも, ため当分休刊の, ため蕩児の, つく仕事, できないこと, とる方法, なかつた爲め, はじまりから, ほかには, まま捉えよう, もたらした賜, もとに, やりかたや, ようである, イニシアチーヴを, エネルギーでは, エポックメーキングの, クライマックスを, タタリで, トップを, プラスと, メッカ新, モメントは, リイダアの, 一から, 一つである, 一つでしょう, 一例を, 一味に, 一形態であり, 一時的指導, 一環としての, 一瞬間すなわち, 一群の, 一考察, 一部とも, 一部分を, 一面に, 一鬪士であり, 上からも, 下から, 下準備, 不可なる, 不統一性, 世界に, 中での, 中にまで, 中へ, 中心で, 中心として, 中心勢力であった, 中心課題に, 中核が, 中止を, 中軸としての, 主体である, 主体とは, 主体実体である, 主唱者では, 主将であり, 主旨と, 主眼は, 事, 二三に, 交互作用が, 人民戦線は, 仕事の, 仕方に, 代表者ヴォルテールは, 企画と, 会の, 伸張を, 体系であった, 何ものかを, 余波が, 余波を, 作興日本古典の, 価うちと, 停止しか, 傍聽人が, 優れたる性格, 先登に, 先行的任務を, 先駆たる, 光景が, 全く同, 全体性との, 全使命, 全線が, 全貌に関する, 全部が, 全面に, 具体化されつ, 具体的目標は, 内容が, 内部に関する, 再建では, 再興を, 分与が, 分析が, 分類, 切迫した, 初めの, 初期まだ, 制動機とも, 刻々の, 前哨としての, 前線で, 力が, 力も, 力をも, 功勞者として, 功績と, 努力に, 効果であります, 効果に, 勃興を, 勃興期に, 動力, 動力である, 動力の, 動力因子でも, 動機と, 動機によって, 勝利を, 卓抜なる, 印象を, 原動力と, 原因たらざるべから, 原因一つの, 原理による, 友人には, 可能性現実性必然性の, 各々に, 各種の, 合一を, 合成には, 合間に, 名であった, 名の, 名誉ある, 命令を, 唯一つの, 唱道者である, 問題では, 回顧, 困難と, 困難を, 国際的連帯, 圧殺された, 均衡が, 基本, 基礎と, 基礎工事なり, 場合には, 場合の, 境を, 変化は, 変異量と, 外に, 大先輩, 大立物大院君は, 大詰とも, 奏効おぼつかない, 契機によってのみ, 如きもの, 如くに, 妄動に, 妙則だ, 妨げにこそ, 婦人が, 実体として, 実状について, 実行委員から, 実質は, 実践にと, 実際に, 実際を, 実際活動, 実験が, 宣伝ポスターの, 密度が, 將來を, 尖端に, 展開につれ, 展開を, 差の, 幕を, 広場に, 序幕かと, 弁証法が, 弁証法性の, 強い流れ, 強弱は, 当初から, 当時まだ, 形として, 形の, 形式の, 形態が, 形態はとに, 形而上学は, 影響とて, 役に, 律動につれて, 後援を, 従来閑却せられたる, 心算であった, 必然性は, 必要な, 必要について, 志士潘是漢と, 思想が, 急を, 急先鋒であった, 急所を, 性格は, 性質が, 性質なども, 恐ろしい力, 情勢など, 情勢の, 惰性が, 意味だ, 意義が, 意識が, 感情で, 感覚, 感覚を, 成果は, 成行も, 戦列に, 所産を, 手伝いで, 批評が, 把握の, 拡がりと, 持続に, 指導上の, 指導者たちの, 指導者の, 指揮を, 排列が, 提唱を, 擡頭が, 擡頭につれ, 效目を, 数である, 新たな, 新らしい, 新局面, 新段階, 方に, 方は, 方則で, 方向, 方向である, 方向なりに, 方向へ, 方向実践の, 方向転換の, 方法も, 方針が, 方針を, 方面から, 旋律が, 旋律を, 旗を, 早期主唱者であった, 旺盛を, 明確な, 時まで, 時代インテリゲンツィアの, 時僕は, 時間を, 曲線の, 最もはやい, 最も根強い, 最も盛ん, 最初は, 最精鋭政治犯, 末期の, 本源に, 本質と, 本質に, 本部たるや, 枠その, 根拠地たらん, 根本理念は, 條件進路および, 概念へ, 様を, 標語の, 模様も, 機会の, 機運が, 機関を, 機關を, 止まる所, 正体は, 正常なる, 此の, 歴史と, 歴史に, 歴史に対しても, 歴史や, 殊にかの, 段階に, 母体と, 決定的な, 法則に, 法則に関する, 波動に, 活動と, 活動家の, 流れにおいて, 流れの, 浅薄きは, 消失した, 消長と共に, 深い意味, 減少の, 温床で, 潰走期であった, 炬火と, 為かの, 為め黒表に, 烽火が, 無謀さが, 熱を, 爲かの, 爲めに, 物理学的, 特徴は, 特色を, 犠牲者の, 犧牲者として, 状態に, 状態を, 状況を, 献金欄に, 現勢に, 現実性は, 現實, 現象上の, 理解に, 理論的帰結が, 生命は, 用事で, 画面に, 発生し, 発育整頓と, 発足と, 発足に, 発足点と, 目標と, 目標の, 目的と, 目覚ましい機運, 相対性である, 相対性とは, 真ん中に, 真髄を, 矛盾から, 確立の, 神聖を, 積りであった, 窒息させられた, 端を, 第一歩だ, 第一目標, 第二則, 簡単なる, 精神として, 精神の, 組織が, 組織問題再論, 経験で, 経験の, 結果か, 結果だ, 結果を, 結果果して, 絶対に, 絶対的な, 經過と, 継続で, 総体の, 総本山とも, 線とは, 署名だった, 習慣で, 背骨としての, 自然発生的な, 自由さが, 自由の, 自覚を, 芽生えも, 英雄が, 萌芽すら, 行く方, 衝動に, 表面から, 要因として, 見えざる集積, 見るべきもの, 視像, 親小山内薫氏の, 観測から, 解釈に, 計画者は, 記述に, 評議たるや, 話さ, 話を, 説明に関する, 課題と, 諧音です, 諸條件, 諸相, 諸相を通じて, 講演会といふ, 費用に, 資金として, 賜である, 起こるの, 起原については, 起点を, 趣旨及び, 車輪の, 軍資金に, 輪郭的意義については, 退潮は, 退潮期には, 速さ, 速度に, 速度従って, 連続などを, 週刊雑誌, 進んだ道, 進出と, 進展は, 遅速によって, 遊説家, 運動学的規定を, 過度も, 過程な, 過程にも, 道には, 道徳的全貌であっ, 道徳的活動によって, 選手であった, 邪魔に, 重心を, 量とは, 長老である, 開始等明治から, 間ぢう, 関係として, 闘士が, 闘士といふ, 闘士としての, 階級性を, 障害に, 非常な, 面では, 面について, 革命化に, 音頭を, 頭目たる, 頼母しき曙光を, 風潮が, 首領, 騒ぎは, 骨子である, 高揚と, 魂であった

▼ 運動~ (1317, 14.9%)

84 して 24 やって 11 続けて 10 つづけて, 起して 9 する, すること 8 した, 始めた, 開始した 7 するの, 試みて 6 眺めて, 見せる 5 しようと

4 [16件] しながら, しなければ, つづけた, なして, なすと, もって, やつて, やめて, 倶に, 始めるの, 指導する, 見て, 試みようと, 起こして, 起した, 開始し

3 [25件] おこして, したこと, したもの, したり, するん, なすもの, やろうと, やろうという, 停止し, 始めて, 展開し, 展開する, 律動的に, 必要と, 支配する, 現ずるに, 繰り返して, 繰返して, 説明する, 貫いて, 起さなければ, 起すという, 進めて, 開始する, 阻止する

2 [87件] しそして, したという, したの, しても, しないから, しないと, しないという, しはじめた, しろと, するかと, するから, するが, するため, すると, するという, するのに, するやう, するよう, する人, すれば, なすあたわず, やったり, やめれば, やる, やること, やるよう, コックリの, 世界に, 中止し, 今後の, 介して, 代表し, 促進する, 共産主義と, 取り扱う, 吟味する, 吾, 呼び起こすと, 契機と, 妨害せしめ, 始めたの, 守るため, 徹底すれ, 怠らずして, 惹き起すならば, 惹き起すの, 惹起した, 指すの, 支配し, 明治の, 止めて, 止めるの, 注意し, 活溌に, 測定する, 激烈に, 現じ, 現ぜざるに, 目的と, 知らんと, 示すもの, 禁止した, 組織し, 継続し, 続けながら, 縦ままに, 與へ, 要したり, 観察し, 試み居るの, 説明した, 説明しよう, 調節する, 起こすこと, 起したいと, 起すこと, 起すの, 起すよう, 起そうと, 起そうとして, 進める上, 遂行し得る, 遮るあたわざるを, 開始しつ, 開始す, 開始せり, 頑強に

1 [792件 抜粋] いくら論じ, いつまで, いとも正確, うっとりと, えがいて, おこしたくなるの, おこした当時, おこした演出家, おこすか, おこすもの, おこそうとしても, おとりに, かきこなして, かねて, きっかけに, きらふやう, くりかえす, くりかえすの, このむか, これからつとめ, させた, させて, させなかったその, させながら, させること, されること, しあの, したが, したければ, したと, したのに, したわけ, した方, した際, してるの, しないで, しないやう, しない人々, しない人間, しなくては, しに, しめして, しようとか, しよるちゅう話, し一方, し舟, すこしもし, すっかり窒息, するだが, するつもり, するでも, するにあたっては, するもの, する仕掛, する其器械, する勇気, する時間, する物質粒, する者, する装置, せぬ者, せんと, そこに, そのまま延長, その型, その性格, それが, それは, た, たくましゅうすること, たすけるため, たたかって, ただ予告, つ, つかさどるところ, つづけると, つづけるより, とくに本年, とりしまる規則, とりつつ, なさい決して, なさざりしなり, なさしめ獣医, なさったので, なさる, なさんと, なしたと, なしもって, なし今日, なし同時に, なし得るもの, なし得るわけ, なすから, なすこと, なすって, なすと共に, なすの, なす最, なす程, ぬきに, はじめた, はじめたころ, はじめて次に腹, はじめます, はじめ英字新聞も, ひき写し, ひと先づ打切つてアントワヌ座で, ひと眼, ふたたび始め, まきおこしその, まき起させひいては, ますます強め, まったく不可能, みたとき, めざます, もした位, もつて, やったと, やったらどんな, やって来たん, やつた, やめたらこの, やめないと, やめようとは, やめろなどと, やらないより, やられたの, やりたがっても, やります, やり出してから, やるって, やるの, やる一面, やる方, やる連中, やろうでないかという, よくし, よす気, わるく云った, われわれは, イングランドスコットランド及び, グラフに, ノン, リードした, リードする, 一つの, 一切禁ぜられた, 一概に非, 一滴の, 一通り知る, 三四回ながめ, 不思議な, 与うるか, 与うるの, 与えられること, 与えるも, 与えるもの, 与へた, 並列的な, 中止しなけれ, 主張し, 之によって, 予想したる, 二つの, 他の, 仮定する, 企てつつ, 企図される, 休んで, 伝聞し, 伴ふ, 何処かで, 何時迄も, 余所に, 例に, 俊敏に, 個々独立には, 借りた, 全く鈍く, 全然此, 全線の, 再燃させ, 分与される, 分解した, 初めて説明, 別に, 制する種々, 刺戟し, 剣劇の, 力説した, 助けたり, 助けに, 助けまた, 助ける為, 助けんと, 努めて, 動も, 単に一ヶ村, 却って独自, 原則と, 収拾しよう, 取らなかつた前, 取締る, 名づけて, 名として, 否定し, 否定しよう, 含めて, 唯一の, 善くない, 喜ぶよう, 喜んで, 四方に, 固定せしめる, 国内の, 国際的規模において, 地下に, 報告させた, 境として, 変に, 変化する, 多くしたら, 大地の, 好まない時, 如何に, 妙に, 妨げること, 妨害しあう, 妨害する, 始めたがって, 始めたなと, 始めたるが, 始めた管野すが子, 始めようと, 始めるもの, 始める夫, 始め出した, 始め出した出花, 始め真に, 媒介として, 嫌はせよう, 宗教問題から, 実行に, 宣伝する, 封殺し, 少くさせ, 少しも, 展開しなけれ, 属せしめまた, 屬せしめ, 已めて, 巻き起こそうと, 巻き起すため, 庇護助長し, 弁証法的に, 当然起す, 形成する, 待たずに, 後ずさりさせる元, 得た, 思わせた, 怠らず, 性質として, 想像する, 意味する, 感じる, 感ずること, 感知する, 慫慂した, 懸命に, 承認する, 抑圧する, 担う担い手, 担当する, 持たねば, 指して, 指す, 指導し, 指揮し, 振返って, 捲き起した前後, 捲き起すといふ, 掌る, 排する諸声, 描いて, 提唱する, 擁護する, 攪亂する, 支持する, 支配した, 改めず, 政治運動に, 数学的に, 敵の, 断片的な, 施すといふ, 暫く見る, 暴圧する, 最も重大, 有すその, 有するやう, 有せざれば, 有た, 有った二重瞼, 望まないの, 望楼の, 果敢に, 梃子に, 標榜する, 標準として, 止めざる限り, 止めたもの, 止めます, 止めるからには, 止めるなら相当, 止め湖面, 正月早々, 正確に, 水中に, 水筒中に, 注視し, 海辺で, 添へて, 済せて, 減殺され, 為すが, 為す能はず, 為始めた, 無機物を, 熱心に, 爲す, 爲すかと, 現象として, 理解する, 生じたか, 生ずるという, 生ずる内因, 画策してる, 畫かく人に, 発起し, 盆の, 盛り返そうと, 目撃し, 目睹し, 直線と, 真に守ろう, 眺めやること, 眼で, 眼の, 眼前に, 知って, 知らない伸子, 研究し, 破るの, 確証する, 示さ, 示しとび上ったり, 示す, 示すも, 示す映画, 社会的推進力に, 禁じた, 禁圧し, 禁止し, 稱する, 算定する, 簡潔に, 精細に, 純粋な, 純粋に, 終えて, 終ると, 経て, 経験界に, 結果する, 絶えず続け, 続けた, 続けはじめたくらい, 続けられたの, 続けるだけ, 続け出した, 緊急な, 総体的に, 縁側から, 縮みさせ他面, 繰り返しそうして, 繰り返した, 繰り返すの, 續行する, 置こうと, 考えて, 考察するなら, 肯じない, 自由なら, 致して, 興さうと, 興しその, 興そうと, 若干の, 茶化して, 行うと, 行うなり, 行うもの, 行ったから, 行った新, 行なった, 行ふ, 行ふと, 行わせこれら, 表わす便宜的座標, 表象する, 要素としてのみ, 見せて, 見たこと, 見たり, 見つめた, 見よ, 見上げて, 見合わせるという, 見守った, 見物しよう, 見物に, 規定する, 観察する, 観測する, 観覧せしめる, 言つてゐます, 記録した, 許すこと, 評された文中, 試みあらゆる, 試みた, 試みたか, 試みたせゐか, 試みたまでの, 試みたり, 試みた甲斐, 試みなければ, 試みます, 試みようとは, 試みるあたわず, 試みるに, 試みるよう, 試み我々, 試めし, 認めなかつた, 誘導刺戟し得る, 誤解しました, 説明し得る, 調和一致せしめ, 起こしただに, 起こしたの, 起こした農民, 起こすの, 起こすらしい攘夷反対, 起こそうと, 起させひいては, 起させる手段, 起さないので, 起されぬうち, 起しかけたこと, 起したといふ, 起した中心, 起した人, 起してから, 起します, 起し大統領, 起し思ひも, 起す, 起すと, 起すといふ, 起すので, 起すべき好機会, 起すもの, 起す場合, 超越し, 迅速に, 追つて, 退潮せしめた, 通じごく, 進めたの, 進めること, 進めるといふ, 運動一般の, 選擧權擴張の, 避けること, 重んじて, 重んじるとか, 開始しました, 開始せん, 閑卻すれ, 阻害され, 阻拒する, 離れて, 非常に, 面白がり始め, 頼んだ, 顕微鏡下で, 骨ぬきと, 鵜飼と

▼ 運動~ (758, 8.6%)

18 於て 15 参加し, 参加した 13 参加する 12 身を 7 就いて 6 加わって, 於ても, 関係し 5 たずさわって, 寄与する 4 なって, 他ならない, 参加したい, 参加しよう, 就いては, 心を, 携る 3 入って, 出て, 参与する, 反対し, 同情を, 憂身を, 携は, 興味を, 関係する

2 [62件] いたっては, しても, つれて, とりかかる, なったの, なる, なるの, なれば, 一つの, 乗り出して, 人を, 伴ひ, 何の, 共鳴し, 出はじめて, 出るん, 加は, 加わったり, 加担し, 反対した, 各種の, 合して, 外ならぬ, 多少の, 失敗した, 奔走し, 奔走する, 寄与しなけれ, 対抗し, 対立し, 對する, 就いても, 就ては, 帰因する, 従事した, 抵抗する, 携わって, 於いて, 於ける前衛性, 於ける必然性, 於ける第, 於てしか, 歩いて, 相應, 着手し, 着手しつ, 着手する, 終局に, 結びつくべき運命, 芸術運動に, 行くぞ, 行って, 趣味を, 連れて, 違いない, 邁進する, 関係ある, 関係が, 関係の, 限って, 非常な, 非常に

1 [471件] あきた照彦様, あたつ, あたら精力, あっては, あてはめて, あなたが, あの二日間, あまり忠実, あり, ある注目, ある週期性, いくの, いつたとき, うっかり身, おどろいて, お手伝いする, かかって, かかりたいとも, かかわりあったり, からんだ色々, きびしい弾圧, きりかえて, ここへ, この同じ手首, ささげた十年, したがい創作, したがって, して, すいつけられて, すぎない, すぎなかった, すぎぬと, そういう手段, そとへ, その源, ぞくすであろう, たずさわった人たち, たずさわった多く, たずさわること, たずさわる人々, たずさわろうと, ただ, たった, たづさはつた人達, たづさはつてゐる人々, たづさはらなかつた, たづさはり, つかうかと, つかれた身体, つづいて, つとめて, とびこんだ, とりかかった, なったろうが, なつた, ならんから, なりまさ, なりましょう, なります, なりますだ, なるか, なるから, なるまでには, なるもの, なろうと, ふけって, ふけること, ふれたり, まき込まれるにあたって, また宗教運動, また芸術運動, もっとも必要, やつて, よごれきった歪んだ屋根裏, ゐても, キリキリ舞いを, スッカリ身も, ベザイスが, 一つお, 一の, 一種の, 不賛成です, 不足したらしい, 与かる, 世界的な, 之れ, 乗じて, 乗りだすかも, 乗り出すの, 乗り出すもの, 乗り気で, 京都まで, 他ならなかった, 他の, 他人の, 伴う筋肉, 伴つた革命的文書は, 伴なっ, 伴れ, 似たもの, 似た被官廃止, 何かの, 余儀なくされた, 併行し, 使うこと, 使用する, 供せんため自ら室内操櫓器, 依って, 依らしめて, 信頼しなさい, 倣つて日本にも, 停止を, 傾倒し, 働いて, 働きかけたり, 働くロシア婦人, 僕が, 入ったから, 入ったの, 入ってる, 入つた, 入り労働者, 入るきっかけ, 入るべきだという, 入れて, 入ろう, 出かけて, 出かける, 出された禁錮囚, 出す世話, 出た, 出たとき, 出た時, 出でしやまた, 出でやう, 出ない先, 出られたと, 出ると, 出るので, 出れば, 出会うの, 出入りし, 出喰わしたこと, 出掛けた, 出歩いた, 分解し, 利用され, 利用されよう, 利用される, 力を, 加えられた野蛮, 加って, 加つてそれを, 加はつたり, 加わり同年, 加わること, 加わるの, 加わる前, 加入し, 加入した, 努めて, 動員した, 半ば心を, 即するし, 厚さ, 厚意を, 参加させた, 参加しなけれ, 参加せしめる, 参加せる, 参加せん, 参加または, 参画し, 參加し, 及ぶ類い, 及ぼす影響, 反撥する, 取りか, 取りかかりたいと, 取りかかりました株式, 取りかかるという, 取り残されただけ, 口を, 古い歴史, 各職域, 合体した, 同じ人類, 名まえ, 名を, 名前を, 向かって, 吸収された, 吾を, 呼応する, 喜びを, 地所も, 基いて, 基く処, 堰を, 変って, 変わったの, 変化を, 外ならず, 外ならなかった, 外出がちの, 多大の, 大賛成, 失調起り下腹部に, 奔命し, 奔走させ, 奔走した, 好意は, 始まると, 娘が, 婦人が, 婦人の, 寄与すべく行われなけれ, 寧日ない, 対応し, 専心その, 専念し, 對し, 少しの, 就いてばかり, 尽きて, 属して, 属する者, 巻き込まれて, 市中へ, 帰する, 帰らねば, 帰着する, 平行し, 幼児が, 幾倍するであろう, 幾分の, 引いて, 引きあてて, 引きいれねば, 引き入れたの, 強い粘着力, 強くひきつけられた, 当てること, 彼は, 従った人々, 従って, 従わなければ, 従事し, 従事しよう, 従事する, 御熱心, 必要と, 必要な, 忙しいと, 忠実であろう, 快い粘着力, 意外にも, 慣れて, 慧鶴の, 憧れて, 成功し, 成功する, 手を, 批判者として, 投じその, 投じたの, 投じたり, 投じた動機, 投じた者, 投じようと, 投じようとして, 押し出したの, 指導的な, 挺身し, 挺身する, 掛りきり, 援助を, 携って, 携つた痕は, 携つて目玉を, 携らなかっ, 携わったり, 携わつたこと, 携わるの, 政治は, 数えようと, 文化指導の, 新しい発展, 新たな, 於ける一つ, 於ける二つ, 於ける人民戦線, 於ける人民戦線的活動, 於ける何, 於ける公式的政治主義, 於ける存在的矛盾, 於ける彼, 於ける所謂ダラ幹, 於ける文化問題, 於ける本質, 於ける氏, 於ける民衆, 於ける民衆フロント, 於ける自然弁証法, 於ける遊離性, 於てのみ, 朝から, 期待を, 未曾有の, 来たと, 来て, 来るの, 東京は, 東奔西走し, 根拠を, 楔の, 權力關係から, 止めず隣接町村, 歩み出して, 比し戦場, 比例する, 民衆の, 気がつかないか, 気を, 水泳に, 汚点を, 汲々たる, 沿って, 注意すれ, 注目しかかる, 活躍した, 漸く目, 潜入し, 潜入せる, 激しくひかれ, 無関係に, 熟達し, 熱中し, 熱中した, 熱中しだした, 熱心しおる如き, 熱心だつた, 熱心でし, 熱情の, 熱意の, 片足を, 狂奔し, 狂奔する, 狂転し, 献身し, 献身する, 獻身し, 現わる, 現実的に, 理想あれ, 用うる, 男子と, 発展せしめる, 皆目売れ口, 直接する, 直接たずさわる, 直接に, 直接結ばれ, 直面し, 眞實に, 真剣に, 眼を, 着手した, 着手せられた, 磨り耗ら, 社會主義的要求を, 禍いされ, 移し及ぼす, 移ったの, 移る, 移るその, 積極的に, 積極的の, 細かに, 終り社会的, 終局的に, 経験の, 結びついて, 結びついてか, 結びつけた, 結びつけ大法, 絶対的な, 絶望した, 習熟し, 耐えた, 耽るの, 耽る以外, 脅かされて, 腹俄に, 自覚的な, 與る, 良家の, 花々しく活動, 苟くも人間を, 葬られて, 表現される, 見えて, 見る如き副作用, 見切りを, 見惚れたり, 解消させよう, 言及し, 詳しいそして, 誘ひ込まれるだらう, 識覚する, 讓歩し, 貢献し, 資金を, 賛意を, 賛成する, 賞品を, 走って, 走つた雪江, 走つて, 走らず所謂象徴主義, 起こる事実上, 蹉跌を, 軍部の, 軍隊的な, 較べてさえ, 近く暮し, 近づかない自分たち女, 迫られて, 逆行する, 逐われて, 這入ったの, 連れ出すと, 連れ出すとき, 連関し, 進み共同, 逸脱する, 過ぎて, 過ぎないん, 道を, 適したり, 適するよう, 適用される, 長じ, 間に合わない, 関係, 関係しかけた, 関係した, 関係したる, 関係してる, 關係し, 關係したる, 關係する, 限らず今, 限らず合法非合法, 限らない, 限らないという, 限りなく駆ろう, 集中され, 集注, 音楽に, 飛こん, 飛び出さないかと, 飛び込み実際, 養分を, 餘儀なく, 馴らす必要, 馴れるには, 駆けまわってる, 駆る思想, 駆る時代, 骨を

▼ 運動~ (709, 8.0%)

13 起って 7 おこって 5 あつた, ある, 盛んに, 起つて 4 あると, 始まって, 行われて 3 あって, 勃興し, 当時の, 擡頭し, 行われた, 起った

2 [36件] あった, あったこと, あつて, あるの, それの, てら水仙, はじまった, はじまってから, まず下部構造, わかるまで, 不足し, 不足したら, 他の, 出來, 出来るもの, 国際的な, 好きで, 必要だ, 或る, 擡頭した, 文学の, 正しい方向, 活溌に, 生じそこ, 生れて, 発生する, 短歌に, 精神に, 経験の, 試みられて, 起こって, 起されたの, 起りかけて, 起る度, 足ったせい, 非常に

1 [567件 抜粋] あたかも巧妙, あったから, あったが, あったころ, あったにも, あったの, あったので, あったらしいが, あまり思わしくない, あまり邪魔, あらわれたとき, ありますが, あるさ, あるため, あれば, あれほど, あれ丈大きな, あんまり烈しかっ, いかに人工的, いま我々の, いわゆる学者, おくれて, おこされたころ, おこされ日本, おこった, おこったから, おこったとき, おこなわれたの, おこりました, おこり始めた, おこり従来, おこり現実生活, おこるやら, かえって強く, ことごとに, この四年間, この度, これこの, これである, これに, これまで, こんに, さつき波頭の, さわったと, したくなって, して, しやすく, すこし変態性, すむと, そのまま消滅, そのまま翼賛会, その帰結, その本来, その本質, その段階, その背後, それである, そろそろ緒, たいへんのろく, ただちに博愛, ついにもの, つくられたの, つづけられた, てらその, てらの, てらみんな, てら二十點, てら其辺, てら図書館, てら山口, てら散歩, てら水撒, てら街, てら送って, できたため, できないので, できないよう, できる, できるもの, どうあ, どういう風, どううけとられ, どうして起った, どこかの, どこからか, どこに, なくなったから, なく全体的, なし得る最も, なほ多少, はじまったころ, はじまって, はじまりました, はじまる, はじめられたの, はつきりし, ひそかに, ひどい弾圧, ぴったりと, ふだんから, へたで, まったく抑圧, みないので, もうある, もし大衆的, もっと原始的, もつと, やかましくなっ, やっと, やりたくないからさ, やりたくないん, ゆるされた一条, よい子, ようやくアフリカ南端, われわれの, アメリカで, スタートした, ストライキにまで, パリや, ピタリと, ファシズムの, モールス符号を, ユゴォの, 一つの, 一九四九年に, 一寸の, 一層はなやか, 一層注意, 一時の, 一物体から, 一番いい, 一藩の, 一転期に, 三辺繰り反された, 上海に, 不可能である, 不足だ, 不足だった, 不足のせゐ, 世界独特な, 中国人の, 中国人を通じて, 中途半端の, 主として起る, 主唱者の, 之である, 乏しく特に, 乙の, 事実こういう, 二つの, 二十世紀の, 互につながり, 人々の, 今日では, 今日到達した, 他から, 他物体, 件の, 任意の, 休止し, 伝へられわが, 佐野, 何の, 何を, 何等現, 作り出した若い, 作家に, 例を, 優れた戯曲, 元気を, 兇暴な, 先ず先立ち, 全世界, 全体として, 全国に, 全面的に, 其準備を, 具体的なひろがり, 円滑を, 凝固つたやうに, 出来ず仕事, 出来ないの, 出来ぬから, 出来んの, 出版景気の, 分ると, 分与される, 切札に, 前々からも, 劇評界の, 労働大衆としての, 勝を, 十幾年ぶりに, 千殊万差の, 午前と, 単に反射的, 単に政府, 単純に, 只今盛んに, 可能である, 可能と, 右翼作家, 右翼小児病による, 各地に, 合法的擡頭を, 吸収され, 唯一の, 問題と, 問題として, 喧しく喋られた, 因で, 困難である, 固定され, 国家的に, 国際組織に, 圧殺され, 地方青年に, 地球の, 増勢する, 声とも, 外から, 多分複数, 大いに同志, 大きく前進, 大切だ, 大劇場主義, 大変盛んな, 大衆の, 失敗する, 奏功し, 奏効し, 女子を, 好きに, 如何なる問題, 如何に, 始つて以來親日派の, 始まったころ, 始まつて, 始まるの, 始まるや, 始まる瞬間, 始められた, 婦人自身の, 学生の, 実を, 実践的な, 実際に, 実際的, 專制に, 小市民, 少くなった, 少し下火, 就中政治的であった, 常に, 常に最後, 平坦な, 幸いに, 幾分この, 幾遍と, 弁証法的である, 引き続いて, 弾圧されつくし, 弾圧によって, 当時若く, 当然起るべき, 役に, 役に立ったり, 彼の, 彼を, 彼女に, 彼等自身の, 往々芸能, 待遠, 後日物質素量説の, 徐々に勢力, 従来の, 循環であるらしく, 微妙な, 必ずしも相対的, 必然的に, 必要である, 志賀直哉を, 思うよう, 急速に, 怪奇美な, 恐らくは各, 惡い, 愉快に, 憂欝な, 懶くて, 成熟し始めた, 成熟すれ, 成長した, 或は単なる, 抑圧され, 指導方針の, 挫かれ, 排除した, 擡頭する, 支配せらるるなら, 政治上の, 政治活動の, 政治的に, 敏活を, 教育ある, 文学作品の, 文学運動として, 断片的には, 新しい道, 新しい領野, 既成の, 日本にも, 日本の, 日本文学に, 日本文学の, 旺んに, 昂揚し, 時代の, 最大に, 最短線に, 最近の, 有るならもつと, 未だ嘗てその, 末期に, 末期的な, 東京よりも, 果して正しい, 柳の, 槌で, 様々の, 次第に本物, 次第に盛ん, 正しく強く, 歴史の, 歴史的全体の, 歴史的退潮を, 残留し, 母性を, 民主主義文学の, 気に, 沈んで, 沈滞し, 治安維持法によって, 法螺の, 波立ち上り, 活気を, 活発だった, 流行すれ, 消えたこと, 消滅し, 済むと, 減退し, 演劇の, 演技様式発展の, 漸次勢力, 激しくなる, 烈しいので, 烈しく質量, 無くなると, 無効に, 無意味でない, 熱と, 燎原の, 猛烈な, 現われて, 理想として, 理知の, 生々しく瞼, 生じる時間, 産れた, 癩者の, 発生した, 発見された, 發覺した, 盛だ, 盛であった, 盛でありました, 盛と, 盛な, 盛に, 盛んだった, 目標として, 直ちに人々, 相互の, 相対的である, 着手された, 破壊された, 破壊の, 社会と, 社会的な, 社会的組織を, 禁ぜられて, 私が, 私の, 秘密の, 種々行なわれない, 窒息させられた, 端緒的であった, 第一次大戦, 純粋に, 組織された, 結実しなかった, 絶滅させられ, 続々と, 続けられた, 続けられる場合, 続けられる見込, 繰り返されて, 繰返されるの, 聞えは, 肝要な, 育つよう, 腕や, 自ら外部的身体的である, 自分の, 自由を, 自由劇場の, 興るだろう, 芽を, 茲に, 著しく政治的偏向, 行なわれたこと, 行はれる, 衰えたとは, 見えないからかと, 規則正しくなった, 規準である, 解決し, 計画され, 許されて, 説明された, 諸々方々から, 諸部分, 豫め定められた, 貫かれて, 資料を, 起きたり, 起こされイギリス戦線, 起こった, 起こったとしても, 起こりいわゆる, 起こりその, 起こりつつ, 起こり西部, 起こること, 起されたこと, 起されて, 起ったの, 起った時, 起つたの, 起つたもの, 起つたり, 起らず古き, 起らないほど, 起らなかった以前, 起りそれ, 起りつつ, 起りましても, 起り寺院, 起るかも, 起ると, 起るとしても, 起るの, 起る新た, 起る時, 足ったの, 足ったわけ, 足りないから, 足りないで, 足りないよう, 足りないん, 足り且つ, 足るから, 足るよう, 連続的に, 進められて, 進出する, 進展する, 進行するあり, 遅くなる, 運動として, 過ぎて, 過去にも, 過去三十年前に, 鈍くな, 鈍く成つて, 開始されなけれ, 開始されました, 開始せられた, 靜か, 非合法に, 順調に, 頭を, 顕著でない, 顕著な, 高まって, 高まり鮮, 鼻汁が, 齎した諸種, 齎らされた

▼ 運動~ (644, 7.3%)

3 世界の, 他の, 必然的に

2 [24件] この時, そこに, それが, たしかに思惟, つねに同じ, どのよう, もちろん私, 一定の, 一足飛びに, 不可能である, 事実において, 今日の, 少しも, 左から, 常に相対的, 必然的である, 必然的でなけれ, 急速に, 期せずし, 物質という, 矛盾から, 精神に, 絶対に, 自己の

1 [587件 抜粋] あくまでその, あずかりて, あったそれ, あの以前木下杢太郎, あまり民衆, あり得ない, あるが, いかなる種類, いかなる運動, いつでも, いつもそのまま亡ん, いつも個人, いつも効, いろいろの, おはじめ, かつてオックスフォード運動, かならず鬱然, かなりに, かの弁証法, きわめて複雑, けっしてお, こうして破壊, こうだった, こう云う, ここで, ことなき, このいわゆる右翼小児病, このため, このよう, このリビドー, この反射運動, この国辱的公娼, この大会, この極, この真理, この矛盾, この運動, これらの, こんな建物, ごくわずかです, さきごろはっきり, しないで, すぐ代わり, すべて人間には, すべて力を, すべて土民の, そこから, そして政治的, そのあらゆる稚, その内容, その動機, その国, その實踐, その年, その当時野火, その必然性, その志, その意図, その指導者, その文化戦線, その方向, その本質, その本質上, その点, その熱, その第, その至難, その頃, それだけだ, それの, それゆゑ先駆的である, それより, それ以後新しい, それ故, それ自身を, た, たくさんの, ただいくらか, ただ戦争, ただ新, ただ方向, ただ東, ただ言葉, たまたま自然主義的傾向, ちょっと見合せます, つねにその, であるから, できない, とにかく大, どうかと, どうしてもそれから, どうも運動, どこの, どこまでも, どれ程, ない, なくその, なく自然, なく運動, なにから, なんでも, ぴったりと, ほかの, ほんとに地, まこと, まさしくこの, ますますはげしく, まず初め, まず回転, まだ一部, まだ新しい, まだ組織上, まもなく逆転, むしろ民衆, むろん種々, もうそれくら, もうだめ, もうだめぢ, もっとも専門的, もっと広範, もとより諸, もはやここ, やがてこの, やがて東大, やはり個, やるが, よく認識, より広い, わずかに, わたくしたち非, アフガニスタンに, アントロポロギーの, イヤでも, インドに, キリスト教の, コーカサス中央ロシアポーランド等に, ナップ, ニュートンに, バラの, フランスの, ブルジョア文学と, プロレタリア文化運動の, マレルブから, 一つの, 一九三二年ごろまでに, 一九二九年以来急速に, 一切相対的で, 一方この, 一日一度, 一日中の, 一昨年の, 一時多少, 一時殆ど欧洲の, 一般の, 一転し, 一面から, 三民主義や, 上手の, 上田敏博士, 不可能であったろう, 不得意な, 不思議にも, 不用だ, 両物体, 中村武羅夫の, 主として, 之までの, 事実ファシズムと, 事物の, 二つの, 云うまでも, 云わば, 交互的である, 人々の, 人の, 人力では, 今でも, 今や完全, 今や自然, 今や非常, 今より, 今後もっといろいろ, 今日まで, 今日もう, 他からの, 体系概念への, 何の, 何らの, 何を, 併し, 併しただ, 依然解放, 俳諧を, 僕には, 元来不得手, 元来政治経済文化など, 元来欧米の, 元来運動主体の, 充分つきますけれ, 先づ言葉の, 先程申しました, 全くできなくなっ, 全く相互, 全く頓挫, 全国に, 内部的な, 写実的演劇の, 凡てこの, 出來, 出来ない肉体, 分ち得ぬ全, 切花の, 初めから, 別に直ぐさま歴史, 前に, 割にまし, 労働者の, 労働者階級とともに, 労働者階級全体にとっては, 労働運動と, 効き目が, 効を, 勢ひ, 勤労者の, 十九世紀の, 単に一種, 単に可能的, 単に皮相, 単に鉱毒事件, 単純な, 単純に, 即ち革命, 双互, 可能性より, 可能的である, 可能的現実的必然的として, 同時に歴史的, 同時に演劇, 名前を, 吾, 商工省の, 四〇年代に, 四六年一月に, 四六年秋から, 団体運動である, 国民自身の, 地主や, 地方文化とは, 外で, 外部の, 多くは, 多少とも, 多数を, 大体から, 大多數, 大政翼賛運動である, 大部分相, 失敗に, 女子も, 女子を, 如何だ, 如何なる条件, 娘が, 婦人にとっては, 婦選運動をも, 学生が, 完全に, 完成された, 実にこの, 実に是, 実を, 実際ある, 客観的に, 寝言にも, 専制主義の, 小山内薫氏の, 常にその, 常にそれ, 常にそれら, 平時の, 広く知られ, 建て直された, 当初の, 当面の, 彼の, 後から, 後者の, 徐じ, 従って又, 徹底し, 必ずしも政府そのもの, 必ず減衰, 忽ち全欧洲, 思想運動と, 急激に, 性に, 恐らく世界, 恰もこうした, 悉く貴族富豪, 惰性に, 意味が, 意志とは, 愛と, 成り立たない運動, 成功した, 我邦に, 所謂古典語なる, 所謂文化職能人の, 批評の, 折々右, 折れた角, 持続します, 支持者を, 政友会の, 政治上の, 故中島俊子女史, 教師の, 教育上必要な, 数学に, 文学発成の, 新しく生れ出る, 新たな, 新聞の, 既に充分自分, 既に十分自分, 日常生活において, 日本でも, 日本に, 日本の, 日本プロレタリア芸術団体協議会が, 日本人には, 早くも, 明らかに, 昨今非常に, 時としては, 時代への, 時間なくし, 暴力団から, 更に回帰運動, 最後的な, 有効に, 東京の, 東洋思想を, 松滑りである, 果して何, 枝の, 根こそぎに, 極めて稀, 様々な, 次第に自然発生的, 欧洲大戦の, 欲すると, 止まって, 止む, 正しく浪漫派, 正の, 此の, 歩行である, 歴史に, 歴史的運動の, 比較的好き, 永久に, 永続する, 永遠に, 決してドイツ, 決して冷静, 決して四年, 決して摩擦, 決定的だ, 沢山の, 泡の, 活溌に, 浮世の, 浮動と, 深められ促進, 済んで, 澎湃たる, 無い, 無いの, 無意義で, 無意識ながら, 無用の, 無論, 物と, 物の, 物質と, 物質に, 物質の, 特にその, 特に行為, 独り女子のみに, 珍らしかった, 現代に対する, 現在の, 現実であり, 現実的である, 現実的の, 理知の, 理論に, 甲の, 男子も, 男対女の, 男性に対して, 発せないの, 発展につれて, 發足した, 皆首の, 監の, 目に, 目立って, 盲目的な, 直接にも, 直線運動であるであろう, 直線運動でしか, 相互の, 相対的だろう, 相対的である, 相当強い, 相当評価, 真の, 着々歩, 矛盾が, 矢張りゴッホには, 磁針と, 社交の, 社会主義社会に, 社会全体の, 禁じられて, 禁圧された, 私に, 私にとって, 秋立つ, 科学者の, 秒一秒劇しくなった, 空間座標と, 空間関係の, 純粋な, 終局に, 終戰後極端なる, 組合活動から, 結局一歩進む, 絶対運動では, 絶対運動と, 絶対運動として, 繰返されると, 老人の, 脊髄を, 脊髓を, 自分が, 自分たちの, 自然の, 自然的運動である, 自身の, 芸術に, 芸術に関する, 若い人々, 藝術に, 血を, 行くところ, 街へ, 表面商業主義への, 表面的鎮静に, 衰頽の, 西洋の, 要するに中国, 要素的運動である, 見えなかつた, 見て, 見合わせるとして, 親子の, 言う迄も, 許されもすまいから, 試むるがどうも, 誠にその, 誠にもどかしい, 貴族主義に対する, 資本主義制度自身の, 資本主義的文明の, 資本主義社会で, 起らないであろう, 起るので, 軍事目的の, 軍部, 軍部を, 辛うじて母子保護法, 辛じ, 遂に内務省, 遂に天下, 遅々として, 運動する, 運動であり, 過激に, 陰に, 雑誌その他の, 離れ離れであった, 非人民的権力, 非常な, 非常に, 靴の, 頓坐した

▼ 運動~ (488, 5.5%)

24 の隅 14 へ出 8 に出 7 へ出る 6 のやう 5 の周囲 4 で遊ん, になっ, のすみ, のよう, の一隅, の片隅, へ出た 3 になつて, に出る, の中, の方, の正面, の隅っこ

2 [36件] からこの, があっ, が見えた, であった, ですか, でキャッチボール, で売っ, で生徒, で鉄棒, にある, にはいっ, には人影, には今年, には桜, に一蛇, に整列, に運ん, に集っ, のほう, のプラタナス, の一角, の上, の入口, の列, の南, の向う, の真ん中, の砂, の端, の続き, は雨, へかけ, へと行進, へ来, を持たない, を駈け

1 [306件] いつぱい, からその, からは陣取り, からもどっ, から一杯, から二十歩, から帰っ, から発射, から眺め, から石, から聞え, から裏庭, があり, がある, がすぐ, ができたら, がない, が全く, が奇麗, が意外, が見え, が見える, が雪, ぐらいの広, ぐらいの野原, だのいろいろ, だろう, で, であった人, である, であんなに, できい, でこんな, でしたが, です, でそこ, でその, での喧嘩, ではお前, ではね回った, ではボール投, ではマリ, では子供たち, では庭球, では早く, では未だ, では毎日猛烈, でみんな, でも因縁, でも本, でも空, でスポンヂ野球, で上野, で二人出会い, で体操, で兒童等, で入場式, で多勢, で孝吉, で実演, で手, で撮つた, で散歩, で数百, で正三君, で照彦様, で生徒たち, で篝火, で組, で草履, で話した, で足, で遊べぬ, で雪, で雪合戦, で黒こげ, というもの, といふの, となり, なら何, にいた, にいる, において女子, にかける, にしつらえ, にずらりと, にだした, にて落花, にでもあり, にならん, にはどこ, にはまだ, には大きな, には子供, には小さな, には小倉, には店, には新入学, には石灰, には誰, には雪, にひどく, にも桜, に一本, に乗り込んだ, に人, に來, に入っ, に入る, に出ずれ, に出た, に出直し, に埃, に売っ, に女, に寝, に庭球, に引い, に敷く, に暴露, に消防演習, に現われる, に生徒, に立たされた, に置い, に至れ, に艶書, に逃げあがっ, に集まり, に面し, に面した, に飛び出し, に高く, のある, のかたす, のさかい, のところ, のない, のなか, のはて, のま, のまんなか, のまん中, のもち, のやっぱり, のやや, のアカシヤ, のクローバ, のクローバー, のコート, のズット向う, のテニスコート, の一定, の一画, の一部, の下, の両側, の乳牛, の光った, の内側, の同級生たち, の周, の四壁, の垣, の増産畑, の大きな, の大学生, の如く, の屋根, の所, の方向, の方面, の朝, の木柵, の木馬, の枯木, の柵, の横, の火, の片すみ, の界, の畑, の白い, の砂場, の空気, の窓際, の競技, の縁, の芋畑, の芝生, の落ち葉, の見わたせる, の設備, の遊動円木, の闇, の青葉, はいまや, はいらない, はかなり, はからり, はそれ, はどこ, はまるで, はテニスコート, はトタン塀, は代々木, は何間, は修繕, は児童, は処々, は加藤清正, は墜落, は存外, は完全, は家, は寂しい, は悪評, は扇形, は疎林, は落花, は長方形, へで, へのぼり, へのりこみました, へはだし, へは台所口, へバスケツト・ボール, へ出ない, へ出なけれ, へ出られない, へ姿, へ帰りました, へ引返し, へ掲げる, へ直接, へ立たされた, へ行きませう, へ行く, へ行こう, へ行っ, へ行つて, へ行つてテニス, へ行つて練習, へ買い, へ連れ, へ飛び出し, へ飛び込ん, ほどの大き, まで一里足らず, もある, もたちまち, もテニスコート, も狭かっ, も講堂, やを腕, や休息所, や校舎, や湯呑場, らしかった, をつくっ, をとびまわる, をのぞい, をふちどっ, をぶらぶら, をまず, をもう一度, をもっ, をもった, をコンクリート, をスタスタ, を一周, を中, を二度, を人間, を使用, を借り, を出る, を十ぺん, を囲んだ, を寄附, を引上げ, を拔, を捜し廻つた, を放心, を新設, を横ぎって, を横ぎって平一郎, を横切, を横切つ, を歩き廻つ, を消し, を照, を見せ給え, を見た, を見まわし, を見まわした, を見下せる, を見廻し, を走りぬけ, を越え, を通っ, を過ぎ, を隅, を隔て, を馳, を駈け廻りたくなった

▼ 運動~ (275, 3.1%)

8 なって 4 その文学運動, 云っても, 称して 3 それに, なつた, 並行し, 文学者, 静止との

2 [16件] いうより, いえば, なつて, ならねば, 乙の, 云って, 云ふも, 勞働運動, 同じに, 思想界との, 恒久なる, 見做, 變化が, 静止とは, 静止とを, 音とが

1 [208件] いい音響, いうと, いえども, いえよう左手, いっても, いふよりも, おなじこと, お喋り, このよう, この相対空間, さう, されるの, して, するの, そこに, その創造活動, その忍耐, その思想, その活動家全員, その芸術運動, それから末端, それから純, それでは, なし勞働者, なった, なったかを, なったこと, なったり, なったわけ, なりあるいは, なり古典韻文, なり女, なり妙, なり得るで, なり渋沢栄一, なり社会生活, なり言語応対, なり高踏的, なる, なるのに, なるべき性質, なるも, によつて, にらんだ, のみしるされて, よばれるよう, よばれブックマン博士, シェイクスピアの, ブルジョア文学との, プレハーノフ的マルクス主義と, プロレタリア芸術の, 一つには, 一緒に, 一脈相通ずる, 並称すべき, 之に, 云う, 云うの, 云えば, 云ったよう, 云ひ, 云へ, 云へば, 云われ第, 互にかかわりあう, 五人の, 企画とを, 作品についての, 併行し, 個性の, 倫理学, 内閣審議会, 円運動との, 写生文が, 前後し, 労協とが, 労農無産協議会とが, 労農無産協議会の, 動揺とに, 化した, 原始生成との, 又哲学的物質, 又夫, 反対の, 右翼小児病, 号し, 合わされて, 同じよう, 同じ性質, 同志林の, 同時に一部, 同時に均衡再建, 同様に, 同等な, 名が, 名づけられた, 呼ぶの, 呼ぶ他, 商業劇場との, 器械人形の, 国家社会主義, 土地餓鬼の, 地震の, 変化が, 変化とを, 大劇場主義そのもの, 奔走に, 娯楽で, 娯楽の, 安息とを, 完全に, 実務の, 密接に, 対立し, 少しも, 平和と, 平和擁護の, 平行し, 形を, 思えます, 思想, 恋愛との, 感じて, 戦わねば, 接続させられた, 政治運動との, 文化運動との, 文壇の, 文学との, 方向が, 方向の, 日本の, 日米安保条約体制打破の, 日米条約体制打破の, 旧文壇, 曲線の, 曲線運動とに, 本来の, 株の, 死の, 殆ど異, 民衆との, 気疲れで, 汽笛の, 法則とを, 混線し, 無産階級の, 熱い血潮, 物質に, 物質の, 現在の, 田中正造氏の, 略, 発展の, 發展の, 目すべき築地小劇場, 相互の, 短い線, 科学を, 称し稍, 称する, 称するも, 称するもの, 称する分裂運動, 称せられた少数者, 稱し, 空虚な, 窮乏という, 筋肉の, 節酒を, 結びそれ, 結びついて, 結びつき西洋劇全体, 結びつこうと, 結び付けること, 結合し, 結合しよう, 絶対運動との, 綿貫の, 美妙の, 考えられるの, 耳に, 致しましては, 芸術運動との, 英国の, 見せて, 見ても, 見るの, 触覚, 言ふこ, 認めるほか, 質感との, 足並を, 近接の, 連帯関係を, 連絡し, 違いまして, 銘うつた, 鏡の, 関係なく, 防共の, 雖も, 離し難い, 静止と, 静止を, 非常に, 食物の, 駐軍

▼ 運動~ (161, 1.8%)

4 して 3 あった 2 あり得ない, おこって, せずに, 文学運動も, 過激な

1 [144件] あって, ある, あるが, あるの, いいが, いつもと, お金を, かなりやっ, きわめて官製品, こ, これと, これを, ごく穏やか, ささいな, さまざまな, した, したい, したし, しないで, しばらく静穏, し一方, せずただ, せず勉強, せず単調, せず枯坐, その, そのはじめ, その一つ, その中, その主力, その地方, その真, それぞれ或, だから, ついに志賀直哉, できる立場, どうやら行き, ないといふ, なければ, まず子供, またはなやか, また不幸, また勿論あまり, また単に, また弱く, また強き, また従来, また目, みな同一の, やってきた, やつた, やはりその, やり兼ねない連中, やるが, ようやく具体的, よくする, わたくしが, 一日限りで, 一段落を, 不可思議と, 乙の, 予期以上の, 亦すぐそれ, 亦その, 亦三六年度, 亦今年度, 亦後, 亦物質, 亦精神, 今日では, 今日まで, 何でも, 何の, 促進運動も, 全国に, 出来ない所為, 初め戯曲を, 別に, 前途尚, 前進を, 労働争議も, 勿論急務, 十分とは, 同じくコスモポリタン, 啓蒙事業も, 外的原因なく, 実は旗印, 専門家の, 少くとも, 少しも, 従って, 必要に, 忙しく, 思ふに, 成し易い, 或る, 持つこと, 挫かれ, 文化運動自身も, 既に久しき, 日本の, 明治十年代に, 昭和八年末には, 次第に発達, 止まる許, 止めて, 止め全然, 此處までは, 毎日叮寧に, 現われて, 発生し, 発生する, 盛んに, 眼に, 簡単な, 精一杯する, 絶対に, 絶対運動では, 自然的変化も, 自由に, 自由には, 花が, 蛇が, 行われた, 見えなくな, 見える, 見えるけれど, 解釈上の, 試みられません, 起こり得ない筈, 起った, 身体が, 追, 逆に, 遙かに, 遣るだらう, 金壇, 長くやった, 随分変った, 隨分變つた, 風呂も, 首尾よく, 驚くべき勢い, 高まるだけの

▼ 運動~ (149, 1.7%)

32 ている 8 ていた 4 てゐる 3 たるに, て居る, 変化する 2 そして人間, つつある, てくれた, ても当分駄目, ても駄目, てやつ, て来た, て歩いた, て見る

1 [78件] うるさく選挙者, たまへ, たりする, たり労働, たり静止, たるの, てい, ていない, ていなかった, ていらっしゃい, ていらつ, ているらしく, ており, ておる, てくれ, てじ, てそう, てみ, てみる, てむやみ, てもそれ自身, てもらう, てもらっ, てやる, てゆく, てよ, てゐます, て二度, て佐野, て優秀, て元気, て兄, て其の, て吉宗將軍, て呉れ, て外國貿易, て大いに, て官幣大社, て居た, て成ろう, て日本, て止まない, て爾, て置かん, て而, て自分, て行く, て行った, て見, て調査, て貰いたい, て貰う, て貰おう, て養生, ルナアルは, 五分間安樂椅子に, 以て, 余念なく, 作用する, 却って方法, 同じく対象概念, 呼吸も, 変化し, 太陽も, 奔走し, 少なからぬ, 戦闘する, 投票所への, 昨年より, 時々は, 発展し得る, 発展する, 發展する, 相対空間が, 社会の, 衝動と, 集散する, 顕現され

▼ 運動する~ (140, 1.6%)

8 のである 5 ことを 4 と考える 3 ので, のは

2 [13件] からである, ことが, ことたしか, ことに, ことは, ということ, と止まる, に当っ, のだ, んだ, 一人である, 外は, 方に

1 [91件] があなた, がよい, が故に, が為め, こと, ことだ, ことと, ことによってこそ, ことも, それから屋敷, そんなばかげきった, ために, つもりだ, といいまし, という特色, といふ法則, ときは, とすれ, となお, とは同一, とは空間, と云う, と暑く, と考えられる, と表象, と選挙違反, にし, には如何なる, にも詮, に従って特殊, に際して従う, のが, のでなあ, のを, の歴史, は習慣, もの, ものが, ものであっ, ものとして, ものの, ものの感ずる, ものは, ものを, もの生命ある, やうに, や自ら揚言, ような, ように, を得ざる, エレヴェター式の, 一人の, 一物体が, 世界が, 中に, 事ちょうど, 事の, 事も, 事を, 元気の, 光像の, 処の, 力を, 医者も, 国家の, 存在であった, 客の, 所ありし, 時には, 時惰性の, 様子が, 様子主人の, 機会が, 気配を, 決心です, 物体から, 物質部分の, 理由が, 瓜葉蟲は, 生に, 相対空間の, 社会的歴史的存在乃至, 空気の, 空氣の, 習慣を, 者なれ, 自然の, 辯證法は, 速度を, 部分, 際には

▼ 運動~ (73, 0.8%)

11 あつた 2 現わ

1 [60件] あつて, あらしめるもの, ありすぎると, いわゆる部落民, げすか, これと, これは, すらも共産党, ずいぶん疲れ, せウ, そこから, その脚本, それに, だ, つまんだり, なくして, ねうち, はじめて日本, ひどく器量, みんなと, もう浪, もって, もつて, ゆすぶりながら, ピオニェールから, 一緒に, 人間が, 何十年の, 俺だ, 先生は, 公衆の, 在米の, 埋めるつもり, 埋め合わせを, 少し温気, 当時硯友社の, 従って時, 手に, 揉みあ, 日に, 時節柄司法権が, 書かれ言われて, 林内閣を, 様式化し, 殺害され, 私の, 立ち去らせるという, 紛飛する, 組織問題の, 腹の, 膜に, 膝から, 薄く赧らん, 走り廻った, 郷里から, 鍛えた身体, 非常に, 馬鹿と, 馴れるの, 黄いろく揚っ

▼ 運動~ (67, 0.8%)

2 それに, 光の, 変化は

1 [61件] その他が, なんかに, また物体, ストライキを, デパート襲撃等々という, ファシストの, マルクスの, 一斉射撃の, 之に, 入浴の, 全過程, 内燃機関に関する, 内閣組織活動に, 労働組合に対する, 労働運動に, 労働運動の, 労働運動は, 勇ましい武術, 動力を, 動揺の, 卒業生の, 反国民政府運動, 反射作用や, 呪詛が, 呼吸運動に, 国会議事堂落成などが, 場所の, 変形を, 威嚇という, 宣言, 少年禁酒運動や, 廃娼運動以上に, 感覚は, 或いはその, 教練だって, 新生活国民運動, 方々の, 活動に, 湯の, 無神論運動の, 猟官の, 社会政策, 社会運動から, 社会運動に, 社会運動や, 競技や, 経済的職業的利益が, 結合の, 線や, 署名運動で, 色彩をまで, 被害民に対する, 訓練を, 遊戯を, 運動の, 過程の, 過程をさえ, 遠足などと, 遠近を, 静止は, 風向気温の

▼ 運動として~ (61, 0.7%)

2 内容の, 自分の

1 [57件] あらゆる方面, あり得る鍵, こうする, この論理計算, つかんだ時, まとまった形態, ドイツが, 世界に, 世界を, 云えば, 今後の, 全文化大衆, 共同生活を, 初めて意味, 力強い発展, 動き始めたと, 取りあ, 右翼活動に対する, 同情ある, 国民的性格を, 妻や, 官民一体の, 客観的な, 實現される, 展開される, 展開されるであらう, 巨大なる, 形を, 必要な, 感覚された, 手を, 把握され得る, 採り上げら, 政治活動からは, 新劇が, 検討すべき, 欠けたまま, 永続する, 現われる, 理解する, 発生し, 結果し, 統一される, 統一綜合された, 続けて, 考へなければ, 自覚される, 芝居を, 見るならば, 見るべきだろう, 見る時, 解釈された, 輸入された, 述語する, 退潮し, 進められて, 非常に

▼ 運動から~ (58, 0.7%)

3 帰って 2 云って, 全ての, 見ても, 身を, 遠ざかって

1 [45件] この恒星, その名, そらして, はずれて, ひどく人間的, 一つの, 二百一人目の, 何等の, 保身の, 再三脱落, 初めて決定, 初めよう, 劇作家としても, 区別しなけれ, 女の子を, 始めた, 引離して, 彼の, 思想の, 愈々全く無関係, 手を, 暗示を, 来る落ちつかない快感, 歸つて來た, 熱へ, 生まれた多く, 生まれた最も, 生れた子, 用意, 真に演劇, 算定する, 系統を, 繰り返し三十分間, 芽生えた演劇革新, 見れば, 解放する, 計算された, 説き起して, 転向し, 転落し, 遠ざかるなら洋行, 除外する, 隔絶された, 離れ仕事, 離脱する

▼ 運動には~ (57, 0.6%)

2 カブトを, 何の, 参加しなかった, 確かに

1 [49件] いって, おそらくなんらの, おのづか, お出られ, この厳粛, その明確, ちょうど可, つきもの, まだすこしも変わる, もとより色彩, 一番いい, 与つて, 二つの, 余り不, 例の, 依然として反応, 全く無力, 全然無抵抗, 加わらなかった, 加盟し, 同情も, 大本教も, 大賛成, 好いわね, 害こそ, 弥太郎は, 徒歩競走障碍競争跳躍鉄槌投二人三脚その他が, 徹底的に, 必要な, 愛想が, 或る, 指導者が, 是非それ, 極めて宜い, 様々な, 殊に大きな, 民族や, 沼南夫人も, 爽やかな, 直ぐに, 相違ありません, 経験の, 絶対に, 興味が, 興国日本の, 速度が, 銀座の, 階級性が, 馬に

▼ 運動にも~ (56, 0.6%)

2 それが, なる, 出さずに, 出て, 程と

1 [46件] あらわれて, いかなる生活, かかわらずみな一定, かかわらず貿易額, ぐりこむのであつた, その人, その蔭, それと, ぞくするの, なって, ならず舟橋聖一, なるからと, なるが, なるし, なるべく多数共同, まるで理解, や, シンパの, 一定の, 一頓挫を, 二ツの, 似たよう, 何にも, 作業にも, 使って, 例の, 働きひそか, 共産主義の, 出られるやう, 出られるよう, 加はり雑誌, 加わり雑誌, 勉強にも, 十分に, 參加し得ない, 反映した, 各種各様の, 同情する, 大戦後の, 拘らず宇宙, 神話が, 翳は, 興味を, 酒の, 関係し, 馴染の

▼ 運動という~ (55, 0.6%)

8 ような 7 ものが 4 ものは, ものを 3 のは 2 ものの

1 [27件] ことが, ことに, ことについて, ことにも, ことは, ことを, のが, ものには, もの全体の, やつは, スケールでは, 原始的知覚の, 名の, 名前を, 声とともに, 変換に, 変換によって, 形を, 時には, 更に基本的, 条件の, 概念であっ, 概念を, 経験的な, 言葉は, 風な, 風に

▼ 運動~ (53, 0.6%)

2 の中, の連中

1 [49件] があった, がおり, がことごとく, が幅, じゃない, たる資格, だった, だつたの, であった葵原君, であれ頭領, でその, でもない, でベースボール, で男色家, といえ, とし, としての責任, として有名, との話同様, とを出す, と自分, なぞの鼻, などと云う, なの, なん, になる, にも似合わない, に仕立てあげる, に対して同性, に探検家, の姿勢, の晴れやかさ, の活動, の転向現象, の長老, はこれ, はその, はヘツペル先生, は私, も警視庁, らしいキリリ, らしい健一, らしい恰幅, らしい若者, らしくも, らしく発達, らしく肩, を軽蔑, を通して生徒

▼ 運動~ (53, 0.6%)

3 の中 2 の一人, の忍苦

1 [46件] があった, があれ, がかかる, がそこ, がため, がぴし, が今日, が侵略戦争, が出来た, が官憲, が現, が觸, だった彼, であらね, であり得ない, であるからだけ, ですと, でもあり得ない, となった, となり, と呼ばれ, などにばかり逢つて, にお, には既に, には歓ばれ, によつて, に對, に異ならなかった, に遇いたい, のごとき, のよく, の上, の奮闘, の心理, の悉く, の死, の理解, の第, はそれ, は悉く, は皆, は盛, は絶えず, ばかりで, らしい溌溂, をよろこばせた

▼ 運動~ (50, 0.6%)

2 に過ぎない, を使っ

1 [46件] かなんか, がいります, が出, が廻る, が最後, が無い, が要る, だ, だ四十八萬圓, である, である斯樣, でも出, で二十九万二千票, として古河, として少し, として田地, とする, となし, と云, と申, などもよこし, になっ, に何万円, に入れ, に多く, に寄附, に巨額, に投じ, のあて, の二千両, の出場, の後肚, はたった, は出処進退, は財力, は陸奥, や拂, をこの, をウン, を使いたく, を使った, を出させ, を取り寄せる, を調達, を輸送, 夥しい労力

▼ 運動である~ (45, 0.5%)

3 ことが 2 か慥か, ことは, ことを, と云, と云い

1 [32件] か, かとか如何なる, かのよう, かの如く, かも知れない, からです, から三十万人, から如何なる, か講演会, が恰好, が故に, が物質, が骨, けれどもシュライエルマッハー風, ということ, という考え, といふこと, といふ信念, といふ誤つた, としてゐる, としまし, とすれ, と同時に, と断, と解し, ように, 以上は, 意味に, 時それは, 民衆劇運動に, 点に, 限りそこには

▼ 運動神経~ (43, 0.5%)

3 が発達, の鈍 2 が痲痺

1 [35件] がある, がすっかり, が鍛えられ, が鍛えられなけれ, だけ右, で現在成功, と最も, などあらゆる, などと一脈, にも強く, に作用, に故障, に狂い, に相当, のみが重, のみ醒覚, のよ, の作用, の働かせ, の働き, の助け, の敏, の溌溂, の無, の用い, の零, は白金線, まで弛緩, をもつ, を丈夫, を働かせ, を痺らす, を発達, を競い合っ, を管掌

▼ 運動とは~ (42, 0.5%)

1 [42件] いへ, いへまい, おのずから別箇, このよう, すべての, ちがった運動, まことに密接, まったく別箇, まるで違った, リーに, 一定の, 一点に, 之である, 云へ, 何の, 併し, 全く合わない, 別個に, 将来に, 思われなかった, 恰も彼, 意義を, 或る, 斉しく, 断然切り離さね, 明らかに, 決してそんな, 無關係, 物質の, 独立に, 甲と, 異なって, 相対運動と, 絶対空間に, 縁が, 考えられないに, 考へ方, 衰弱者の, 見えないの, 言われません, 運動の, 関係が

▼ 運動によって~ (41, 0.5%)

3 終局的に

1 [38件] すべての, そのこと, たとい此, でも運動, はじめて時間的, 二つの, 人心を, 仕事を, 他の, 他物体, 労働組合を, 又更に極, 困難に, 外から, 官に, 彼の, 得られた均斉, 心理的に, 惹き起こされた特殊, 感覚が, 止揚者へ, 死滅し, 決するの, 決定される, 熱が, 特に筋肉, 知覚を, 結ばれた広介, 肢体全体に, 自分に, 虚偽と, 蝦の, 表現される, 記載しよう, 説明せん, 遽かに, 都下の, 間断なく

▼ 運動不足~ (40, 0.5%)

2 のせい, のため

1 [36件] からくるむ, からつねに, からであろう, から起きる, がすぐ, だから, で, でしかも, で不眠, で困っ, で少し, で筋肉弛緩, で精神過敏, で肥り過ぎた, で胃弱ぞろい, とか消化不良, との爲, と毎日, と贅澤, になっ, になつ, にならない, になる, による衰弱, のせゐか, のせゐに, のため消化不良, の彼, の為, の結果, の職業, の躯, はいかん, やそりゃ, を感じ, を難

▼ 運動~ (36, 0.4%)

2 の問題, 乃至速度

1 [32件] あるいはエネルギー, が弱い, が當面, とを予め, などを適用, に等しい, に素量, に適用, のない, の不滅法則, の數値, の概念, の測定, は, はその, は問題, は大きい, は質量, は量子力學, も同時に, も同様, やエネルギー, をすでに, をもつ, を付与, を借り, を増加, を持った, を數字, を比較的, を測定, を附与

▼ 運動との~ (35, 0.4%)

3 間に

1 [32件] けじめを, ちがいを, つながりにおいて, 三は, 不足な, 不足の, 二つの, 区別は, 区別を, 厳重な, 在り方を, 姿を, 存ずるところ, 対立に, 快楽を, 概念の, 為に, 異る, 発端に, 相互関係が, 相違を, 結合かとも, 統一概念に, 賜物によって, 連想, 連関から, 連関な, 連関の, 連関を, 連関自身と, 関係について, 関連で

▼ 運動~ (32, 0.4%)

2 が, と思ひます, と解し

1 [26件] かお祭り騒ぎ, から, から三四郎, から式, から彼奴, しヘーゲル, つて近くな, という主張, という宣伝, とか自分, とする, とは云った, と云っ, と仰有っ, と信じ, と僕, と思った, と思ふ, と批評, と歟目的法, と気がつい, と称し, と説明, のに没頭, よあまり, 何だ彼

▼ 運動では~ (32, 0.4%)

5 ない 4 なくて

1 [23件] あっても, ありましょうが, あり得ない, ある, あるが, いささか期する, お前は, ないが, ないだろうか, ないので, ない腰部, なかった, なくして, なくって, なく活かされ, シェークスピアは, レコードや, 六百碼の, 女と, 日本の, 無くて, 理論活動が, 著名である

▼ 運動でも~ (32, 0.4%)

3 して 2 ある, 婦人が

1 [25件] あったとともに, あったの, あって, あり又, ある刺激, いわゆる混乱運動, したら暖か, しなさいと, すると, する処, そうである, その本末, ちょっとみた, 仕兼ねまじき權幕, 何でも, 如何なる主義, 始めるかな, 実際の, 少しなさったら, 若し其, 若干の, 表面膜の, 試みた後, 試みようと, 運動である

▼ 運動といふ~ (29, 0.3%)

9 ものが 5 ものは

1 [15件] ことを, のは, ものから, ものに, ものの, やうな, 事が, 事を, 全く違つた形, 名は, 意味に, 感じが, 点に, 点においては, 看板を

▼ 運動に対して~ (25, 0.3%)

1 [25件] いずれに, その反動イデオロギー, その天才主義, それを, ふざけて, 之は, 今日ほど, 偏見を, 傍観的であり, 単純な, 反撥を, 同情的でない, 常に門戸, 必しも, 情熱や, 政府は, 文筆を, 最も有力, 最後の, 本当に弾圧, 殆ん, 特有に, 純文芸, 芸術家は, 警告を

▼ 運動に対する~ (24, 0.3%)

2 一種の, 感想集等の

1 [20件] この援助, 一つの, 先手である, 反動として, 反感として, 合言葉と, 同氏の, 圧迫が, 妥協の, 弾圧が, 批判も, 抵抗でなけれ, 抵抗を, 本当の, 正しい判断, 無理解, 熱情の, 触感と, 防衛説は, 青年各自の

▼ 運動~ (24, 0.3%)

4 をはい

1 [20件] だけが白く, でピチャピチャ, という黒ずくめ, とを, などにし, などを除く, に平常, のよう, の底, の様, の配給, は水, を, をとりあげる, をやったら, を履い, を抱える, を穿く, を買っ, を買つて

▼ 運動した~ (23, 0.3%)

3 のである 2 ことを

1 [18件] がしかし, が軍部, ことも, って六号活字, のでしょう, ので諭旨免官, ばかりで, ものか, ものが, んです, 挙げ句に, 方が, 結果ひとま, 結果二個月ばかり, 結果漸, 者も, 訳で, 距離とか

▼ 運動としての~ (23, 0.3%)

4 形を 2 面と

1 [17件] イデオロギイとを, デカダニスムの, 人民戦線文化擁護運動を, 劇団に, 動きに, 女性の, 密度が, 形態と, 批判主義哲学や, 新しい文化活動, 正統的な, 深度, 特色を, 理論展開は, 目標は, 統一性が, 統一的活動の

▼ 運動なる~ (23, 0.3%)

11 ものは 5 ものが 1 もの, ものと, ものには, ものも, ものを, 変換群に, 者である

▼ 運動時間~ (22, 0.2%)

2 を利用, を待ちかね

1 [18件] がきまっ, が始まった, が始まつた, などはわァ, なども厳格, なども嚴格, にはさんざん, には互, には互いに, に三, に三四人, に道, の運動種目, はほとんど, は一時間ごと, をほとんど, を楽しん, を樂しん

▼ 運動そのもの~ (21, 0.2%)

1 [21件] から自然史的範疇, が一方, が又, が既に, が片手間, が現われない, ではない, に反撥, に水, に過去, のうち, のなか, の実践, の本質, は彼ら, よりその, を意味, を泥, を脳髄, を腦髓, を論ぜずし

▼ 運動に関する~ (20, 0.2%)

2 思惑でも, 記録を

1 [16件] いわゆる特別論, 一つの, 一二の, 一切の, 公開講演を, 判断を, 学説を, 実際の, 実験上の, 決定十六項が, 決議が, 研究に, 考えなどが, 討論の, 論文を, 質問を

▼ 運動について~ (19, 0.2%)

2 及びこれ

1 [17件] ゆけなければ, われわれは, 何らの, 先生の, 南さんは, 各自の, 奔走斡旋した, 小冊子, 彼が, 書かれた部分, 無縁だ, 考へ, 考へて, 言えば, 言つてゐる, 語る場合, 論じようとは

▼ 運動における~ (18, 0.2%)

1 [18件] この地点, その如き, 主事としての, 全く常識的, 右翼日和見主義の, 同伴者性が, 同伴者的作家という, 大局的な, 婦人大衆の, 左傾と, 左翼清算主義, 批評は, 批評または, 指導権を, 政治闘争, 理論的統一の, 階層が, 革命的プロレタリアートの

▼ 運動全体~ (18, 0.2%)

2 が統一的, をその

1 [14件] が非常, としてこの, としての性格, として発展, にもかかわり, に権威, に甚大, の必然的発展, の急, の有機的関係, をより, を発展, を虚妄, を駄目

▼ 運動とを~ (16, 0.2%)

1 [16件] あんなに深刻, それぞれ自記させる, つぶして, 伴うこの, 使用する, 創造した, 同一視しよう, 弾圧し, 担う担い手, 描き現, 止め腐敗, 比べると, 直接に, 秤に, 見比べて, 適当に

▼ 運動への~ (16, 0.2%)

1 [16件] かかる現実的, 協力は, 参加と, 参加などと, 参加は, 参加を, 反撃が, 口實を, 情熱が, 批判個性の, 方向転換の, 激励と, 無理解, 献身文学的精進宗教的奉仕等を, 直接参加を, 連帯とを

▼ 運動シャツ~ (16, 0.2%)

2 を着た

1 [14件] からほそく, が下っ, などを洗濯, などを貰った, など一人一人, なんか無, にちいさい, のやわらかい, の姿, の方, は本, ばかり着, を着てる, 白いパンツ

▼ 運動乃至~ (16, 0.2%)

1 [16件] その指導者, は厚生施策, は文化, 変化は, 実践を, 政党活動に, 文化問題に対して, 無癩県, 物質, 物質の, 絶対静止を, 観念さえが, 運動一般にまで, 静止に関して, 静止は, 静止を

▼ 運動であり~ (15, 0.2%)

1 [15件] それだけに世間, それであれ, また芸術的純化運動, もう一つ, 他の, 共産主義は, 其れ, 同時に頭, 従って両者, 手が, 政治に, 新奇と, 芸術運動である, 進歩は, 道徳的説教も

▼ 運動~ (15, 0.2%)

5 のだ 4 のである 1 のだった, のであります, のです, のに今, んです, んと

▼ 運動競技~ (15, 0.2%)

1 [15件] ができる, で取った, とか音楽, などにはほとんど, における失敗, には自信, に関してはこの, のスタート, の名手, の構, の部門, の類, をやっ, をやった, を教え

▼ 運動において~ (14, 0.2%)

1 [14件] さらにまた, つかむべき当面, 共産黨は, 労働者階級の, 実に類, 当然指導的, 彼らは, 把握する, 最も拙劣, 現わ, 相同じく, 組織および, 絶えず具体的, 自發的發展

▼ 運動~ (14, 0.2%)

2 の一人, を申出た 1 が夫, でもない, で走りまわった, として乗り出し, にかこまれ, に必要, の応接, は全員検挙, は大挙, や子分連中

▼ 運動~ (14, 0.2%)

5 に於 2 の課題 1 が成立, である, には本質的, に就い, に準じ, の運動, 又空間

▼ 運動~ (14, 0.2%)

2 を見

1 [12件] があつ, があり, が毎日, が近づく, ではありますまい, とて水, にはま, に彼, に木やり音頭, のとき何時, のプログラム, の時

▼ 運動法則~ (14, 0.2%)

2 の単位的, の要素 1 だという, というよう, としてのみ辯證法, と云っ, に参画, に従う, に適った, の客観的, を云い表わす, を持つ

▼ 運動し得る~ (13, 0.1%)

2 ものでなけれ, 筈であった 1 か否, が故に, ためには, のである, のでなけれ, ものであった, ものである, ものと, 空間である

▼ 運動及び~ (13, 0.1%)

3 多は 2 場所は, 多の 1 公私団体の, 多が, 政治運動に, 生命性の, 發展の, 變化の

▼ 運動~ (13, 0.1%)

4 の上 1 があからさま, がよく, にも残つて, の一頁, の初, の頁, をも飾る, を土台, を順序

▼ 運動~ (13, 0.1%)

5 をかぶった 2 をかぶっ 1 と運動靴, の下, はド・エスコバアル, をかぶり, を指, を脱ぎ

▼ 運動とか~ (12, 0.1%)

2 云って 1 つまり少女, 乙の, 何だ, 倉田百三氏の, 政黨鬪爭とか, 日本文化新, 本能とかの, 相場の, 精神運動とか, 趣味とかいう

▼ 運動~ (12, 0.1%)

3 の美名 1 からみ, というもの, の文字, の研究, はこれら, は大, は是, も金, 加速運動正弦運動などに

▼ 運動とも~ (11, 0.1%)

2 変化とも 1 いうべき生理的, いうべくこの, なったの, に有せざる, 参りますまいと, 思われない量, 本質的に, 考えられるが, 見做

▼ 運動にまで~ (11, 0.1%)

1 [11件] あふれて, 即ち自然, 展化する, 押し拡め, 来た, 発展させ, 発展し, 突き進み一作毎, 融通される, 転化した, 駆るに

▼ 運動~ (11, 0.1%)

1 [11件] であった, である, であるらしい, には同人, にも予防工事, にも発見, に照り付けられた, に遭遇, の委員四五名, の梁, は特に

▼ 運動感覚~ (11, 0.1%)

2 が変化 1 が必ず, が触感, が触覚, など, に触感, を基礎, を導き入れ, を用い, を用いた

▼ 運動~ (11, 0.1%)

4 を着た 1 に着かえた, のかみさん, のやう, のよう, の上, の女学生, をつけ

▼ 運動状態~ (11, 0.1%)

1 [11件] がそれだけ, が物質, だけが不足, などは知る, に移りゆくべき, の標本, は, を, を撮らなけれ, を見極めなけれ, を變

▼ 運動とが~ (9, 0.1%)

1 はじめられる, ピツタリと, 全国に, 同時に遽, 報道された, 実質的に, 幾度か, 彼女の, 連続し

▼ 運動とに~ (9, 0.1%)

2 依りて 1 あると, つれて, 出来るだけ, 分れる, 於て, 没頭し, 飛び出すこと

▼ 運動形態~ (9, 0.1%)

3 とである 2 に就い 1 とではあり得ない, とを語る, の特色, をヘーゲル弁証法

▼ 運動~ (9, 0.1%)

2 に富み, を欠く 1 とによって特色, と過程, において歴史性, に乏しかっ, に於

▼ 運動時代~ (9, 0.1%)

1 あれりを, からの同志, からの発展, からの知己, における慷慨殺伐, のサークル, の同志, の社会的基盤, の考えかた

▼ 運動選手~ (9, 0.1%)

2 のよう 1 というもの, には限らない, のくせ, の人柄, の合宿鍛錬主義, の如くはしゃい, を好く

▼ 運動~ (9, 0.1%)

1 では妻帯者, のキャプテン, の内情, の室, の組織, の選手, はその, を中心, を訪ね

▼ 運動しよう~ (8, 0.1%)

3 とする 1 というドイツ, として而, と変化, と思へ, 即ち總代

▼ 運動としては~ (8, 0.1%)

1 お粗末, よっぽどその, 一種の, 世間に, 囚徒や, 寧ろ排撃, 微力な, 確かに

▼ 運動などは~ (8, 0.1%)

1 おくびにも, ここでは, この際, しなかった人, それが, ちっとも彼ら, 云うまでも, 親がかりの

▼ 運動については~ (8, 0.1%)

2 後に 1 一エピソオドでも, 何にも, 作品を, 全く興味, 批判を, 次の

▼ 運動につれて~ (8, 0.1%)

1 いろいろに, スースーと, 伸びたり, 口の, 圭さんの, 帽子が, 背中の, 赤兒の

▼ 運動好き~ (8, 0.1%)

1 だ, でお転婆, では, で兼ねて, で快活, の平岡寅之助氏, の快活, の若い

▼ 運動~ (7, 0.1%)

2 時たまの 1 その気, 否か, 深呼吸の, 遊びを, 降伏の

▼ 運動こそ~ (7, 0.1%)

1 まことに新劇, またその, 事物の, 今の, 正に批判的, 自然弁証法の, 音楽乃至

▼ 運動でなけれ~ (7, 0.1%)

4 ばならない 2 ばならぬ 1 ばならなくなっ

▼ 運動など~ (7, 0.1%)

1 いふこと, して, やって, 不用という, 先覚者として, 公吏の, 思想運動として

▼ 運動などを~ (7, 0.1%)

1 する男, やったが, 官僚行政の, 研究し, 社会的と, 致して, 見る場合

▼ 運動についての~ (7, 0.1%)

1 全日本発明家大会の, 報告, 文化的関心も, 文章の, 決議は, 理解も, 詳細な

▼ 運動をも~ (7, 0.1%)

1 その中, どうしても否定, ふくめて, 否定的に, 意味し, 支持した, 行って

▼ 運動を通じて~ (7, 0.1%)

1 つねに自己同一, 二つの, 今日までの, 政治といふ, 栃木県第, 論者は, 農村における

▼ 運動概念~ (7, 0.1%)

1 にし, に就い, に於, は必ずしも, は自然科学的知識, を二重, を考えよ

▼ 運動~ (7, 0.1%)

1 から出来てる, で結ん, とならなけれ, に於, の方, は分量, 反社会主義論

▼ 運動資金~ (7, 0.1%)

1 が必要, として四万円, に使われ, に持ち出した, に費, を費した, を集める

▼ 運動させ~ (6, 0.1%)

1 ていれ, ておかしく, て下さい, て地球, て水, につれ

▼ 運動だの~ (6, 0.1%)

1 さう, そういうもの, やかましい時代, 保甲組織だの, 社会運動だ, 近頃の

▼ 運動です~ (6, 0.1%)

21 か, から生殖, ね, よ女王蜂

▼ 運動とともに~ (6, 0.1%)

1 うちたてられたばかりの, プロレタリア文学も, 体中ぞっと, 始まり武備, 婦人が, 忘れ難い

▼ 運動などの~ (6, 0.1%)

2 直接の 1 ものを, ような, 代表者に, 余り利かない

▼ 運動にとって~ (6, 0.1%)

1 わたしと, 意味深い, 欠くこと, 欠くべからざる演出者, 社大, 記念すべき

▼ 運動によ~ (6, 0.1%)

1 つて一切を, つて媒介される, つて惹き起される, つて捲き起された, つて行は, つて間断なく

▼ 運動に対しては~ (6, 0.1%)

1 一貫し, 当時の, 文学の, 断固毅然たる, 第一, 自分たちの

▼ 運動~ (6, 0.1%)

1 出て, 展開する, 注ぎ込んで, 猛進せね, 移ったよう, 走るほか

▼ 運動らしい~ (6, 0.1%)

2 運動は 1 こと歌なら, んです, 第一, 運動を

▼ 運動をば~ (6, 0.1%)

2 之と 1 その現象, その第, 今指摘, 障碍する

▼ 運動~ (6, 0.1%)

1 ナス時ハ文部省ガ解決スベシ, 以テ先ヅ今, 為サントノ決心ヲ, 血ヲ, 行イ情慾ヲ, 起サシメラレ度幾重ニモ懇願シテ止マザル次第ニ御座候

▼ 運動~ (6, 0.1%)

2 の骨格状態 1 からも把握, には少なから, の意義, はどっち

▼ 運動帽子~ (6, 0.1%)

1 といういで, など, のよう, をかぶる, を被っ, 大きな羊皮外套等

▼ 運動方向~ (6, 0.1%)

1 とゼ号, と同じ, に変化, の, を必然的, を示す

▼ 運動者たち~ (6, 0.1%)

1 の気勢, の珍重, は一部学生, は報国貯金, は理解, までを動員

▼ 運動遊戯~ (6, 0.1%)

2 の交際 1 すれば, ではうしろ向き, と心得, を好まれ

▼ 運動かたがた~ (5, 0.1%)

1 この茶園, 出かけて, 出掛る, 来て, 歩いて

▼ 運動させる~ (5, 0.1%)

1 のを, ように, んだ, 準備を, 訳に

▼ 運動しない~ (5, 0.1%)

1 からである, ために, と毒, わけには, 物質は

▼ 運動しなけれ~ (5, 0.1%)

2 ばならなかった 1 ばこそ自己同一, ばならない, ば北海道

▼ 運動だった~ (5, 0.1%)

1 そうである, というの, とすれ, に相違, のである

▼ 運動であった~ (5, 0.1%)

2 ことを 1 という説, に対して之, 過去の

▼ 運動などに~ (5, 0.1%)

1 分解し, 努力し, 組し, 至っては, 較べるべくも

▼ 運動へと~ (5, 0.1%)

1 戦線統一を, 無窮に, 移った, 走って, 駆り立てる

▼ 運動よりも~ (5, 0.1%)

1 一層大, 一般芸術に, 以下の, 列国の, 直接に

▼ 運動を以て~ (5, 0.1%)

2 置き換えること 1 一藩の, 山から, 手を

▼ 運動シヤツ~ (5, 0.1%)

1 にマーク, の姿, の子供, を着た, を脱ぎ棄て

▼ 運動全般~ (5, 0.1%)

1 から観察, が退潮, との結びつき, との関係, に益々

▼ 運動原因~ (5, 0.1%)

1 とは異, と呼ばれる, と少く, と目的原因, に關

▼ 運動又は~ (5, 0.1%)

1 女性の, 官私立の, 真剣な, 静止に, 静止も

▼ 運動団体~ (5, 0.1%)

2 となる 1 から是非, に対する弾圧, は之

▼ 運動現象~ (5, 0.1%)

1 が行なわれ, だ, に就い, をば, を云い表わす

▼ 運動発展~ (5, 0.1%)

1 に於, の一動機, の一般法則, の方向, の途上

▼ 運動自身~ (5, 0.1%)

1 が之, が起るべき, と静止自身, に於ける, も更に

▼ 運動すなわち~ (4, 0.0%)

1 かかる位置, 政治思想の, 角速度が, 長短の

▼ 運動するで~ (4, 0.0%)

4 もない

▼ 運動せん~ (4, 0.0%)

1 からじゃ, とする, ので, のは

▼ 運動それ自身~ (4, 0.0%)

1 がすでに, によって必然, に参与, の

▼ 運動たる~ (4, 0.0%)

1 この革命, の面子, や一朝一夕, 幸福及び

▼ 運動であっ~ (4, 0.0%)

1 ては生命, ても散歩, て従って, て決して

▼ 運動なども~ (4, 0.0%)

1 できずいつも, 同時に起り, 見られつつは, 起こらなくなる

▼ 運動についても~ (4, 0.0%)

1 これは, しばしば引かれる, まだ調べれ, 正しい理解

▼ 運動にとっては~ (4, 0.0%)

1 人民戦線的に, 労協の, 特別に, 非常に

▼ 運動による~ (4, 0.0%)

1 事が, 方法概念の, 画面的効果の, 領野とを

▼ 運動~ (4, 0.0%)

1 の亜鈴, の店, をおさめる, をさげ

▼ 運動変化~ (4, 0.0%)

1 するもの, の原因, の法則, ははなはだ

▼ 運動家たち~ (4, 0.0%)

1 にしろ, の動き, は努力, は苦い

▼ 運動形式~ (4, 0.0%)

1 である, なの, に対する上部構造, に忠実

▼ 運動~ (4, 0.0%)

1 となる, にも転じ得ず, に到達, に導き

▼ 運動方針~ (4, 0.0%)

1 について教え, を決め, を熟議, を転換

▼ 運動~ (4, 0.0%)

1 な部隊, に, にしゃがん, に前方

▼ 運動~ (4, 0.0%)

1 が又, と靴, によく, の先生

▼ 運動ある~ (3, 0.0%)

2 ゆえんなり 1 微かな

▼ 運動からの~ (3, 0.0%)

1 制約を, 影響も, 脱落敵との

▼ 運動からは~ (3, 0.0%)

1 はっきり区別, 全く離れ, 引かして

▼ 運動してる~ (3, 0.0%)

1 さうだ, といふ情報, ので

▼ 運動せね~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ば可

▼ 運動とでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, いうべきであろうか, 申すべきが

▼ 運動なく~ (3, 0.0%)

1 其挙動は, 其擧動は, 民心離散し

▼ 運動などでは~ (3, 0.0%)

2 なくて 1 あり得ないいつも

▼ 運動なら~ (3, 0.0%)

1 なんでも, 心配は, 運動らしい

▼ 運動なり~ (3, 0.0%)

21 では

▼ 運動なんか~ (3, 0.0%)

1 できないじゃ, やらない方, 出來

▼ 運動においては~ (3, 0.0%)

1 その初め, 寸進尺退, 彼は

▼ 運動に対しても~ (3, 0.0%)

1 共産主義と, 必然な, 決して先生

▼ 運動に関して~ (3, 0.0%)

1 初めから, 真に学ぶべき, 非常に

▼ 運動ぶり~ (3, 0.0%)

1 から推し, がよく, を見まもっ

▼ 運動または~ (3, 0.0%)

1 態度を, 政治運動という, 沐浴の

▼ 運動みたい~ (3, 0.0%)

1 だった, な習性, になっ

▼ 運動一般~ (3, 0.0%)

1 があった, にまで拡張, の特殊

▼ 運動具店~ (3, 0.0%)

1 で貰った, の前, へはひつ

▼ 運動即ち~ (3, 0.0%)

1 反軍隊的言動, 文学運動であり, 自然的運動として

▼ 運動器具~ (3, 0.0%)

1 に乗せ, に戯れた, のやう

▼ 運動~ (3, 0.0%)

1 らしい努力, 宗教の, 生活運動産業協力運動不当利潤制限軍事扶助の

▼ 運動方法~ (3, 0.0%)

1 で治療, といったところ, を命じた

▼ 運動椅子~ (3, 0.0%)

1 から身, に倚, に身

▼ 運動機構~ (3, 0.0%)

1 によってその, に依っ, の反映

▼ 運動特に~ (3, 0.0%)

1 上肢以外の, 手を, 築地小劇場以来の

▼ 運動~ (3, 0.0%)

2 のユダ 1 のゴシツプ

▼ 運動~ (3, 0.0%)

1 一の, 三異なれる, 二同

▼ 運動~ (3, 0.0%)

1 として四時間足らず, と考えられる, の空間

▼ 運動~ (3, 0.0%)

1 としては男性, を利用, を持つ

▼ 運動関係~ (3, 0.0%)

1 には択一的, を最も, を物質

▼ 運動静止~ (3, 0.0%)

1 に就い, の変化, の相対性そのもの

▼ 運動あり~ (2, 0.0%)

1 作用ある, 深夜開議質問も

▼ 運動これ~ (2, 0.0%)

1 は厳密, は私

▼ 運動さえ~ (2, 0.0%)

1 やらなければ, 駐止しうべき

▼ 運動さえも~ (2, 0.0%)

1 思わしくないの, 権力によって

▼ 運動さする~ (2, 0.0%)

2 仕方も

▼ 運動しか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 出来ない無限大

▼ 運動したい~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 運動すらも~ (2, 0.0%)

1 人手が, 監獄法によって

▼ 運動すれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば却って

▼ 運動せし~ (2, 0.0%)

1 むると共に, むるものはただ自然の

▼ 運動せしめられた~ (2, 0.0%)

1 物体の, 物体は

▼ 運動せしめられる~ (2, 0.0%)

1 ことによって, のである

▼ 運動せしめる~ (2, 0.0%)

1 ことが, には外的原因

▼ 運動せず~ (2, 0.0%)

1 にいる, にゐ

▼ 運動せられ~ (2, 0.0%)

2 て然

▼ 運動せる~ (2, 0.0%)

1 物体の, 電気が

▼ 運動その~ (2, 0.0%)

1 文学の, 渦中に

▼ 運動それ~ (2, 0.0%)

1 に何より, に寄与

▼ 運動だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 運動だけに~ (2, 0.0%)

1 すること, 止まつて

▼ 運動だけの~ (2, 0.0%)

1 ためにも, 問題でなく

▼ 運動だって~ (2, 0.0%)

1 信州の, 汗の

▼ 運動だろう~ (2, 0.0%)

1 がその他何事, と何

▼ 運動でしか~ (2, 0.0%)

1 あり得ない, ない

▼ 運動とかいう~ (2, 0.0%)

1 孤立した, 言葉が

▼ 運動と共に~ (2, 0.0%)

1 戯曲だ, 新しい雄弁

▼ 運動なんて~ (2, 0.0%)

1 ことは, 利いた風

▼ 運動にさえ~ (2, 0.0%)

1 あの不吉, 無関係だった

▼ 運動にでも~ (2, 0.0%)

1 お出で留守だ, 出て

▼ 運動にとっての~ (2, 0.0%)

1 事件として, 観念の

▼ 運動により~ (2, 0.0%)

1 体力を, 怖れ

▼ 運動に関しては~ (2, 0.0%)

1 あたかも太陽系圜外, 私よりも

▼ 運動のみ~ (2, 0.0%)

1 ありて, である

▼ 運動までを~ (2, 0.0%)

1 ああいう, やろうという

▼ 運動やら~ (2, 0.0%)

1 てんやわんやで, で猶予

▼ 運動シャツ姿~ (2, 0.0%)

1 の若い, の青年男女

▼ 運動シヤツ一枚~ (2, 0.0%)

1 ですまして, にサルマタ

▼ 運動ズボン~ (2, 0.0%)

1 をはい, を買う

▼ 運動~ (2, 0.0%)

1 失敗ハ凡テ日本ガ日英同盟, 指揮者タリシ以來現代民主國

▼ 運動一つ~ (2, 0.0%)

1 です其の, でその

▼ 運動不足それ~ (2, 0.0%)

1 に伴, に伴う

▼ 運動中の~ (2, 0.0%)

2 かの男

▼ 運動倶楽部~ (2, 0.0%)

1 の秋季会合, を代表

▼ 運動全線~ (2, 0.0%)

1 との関係, の問題

▼ 運動~ (2, 0.0%)

1 にあっ, における女

▼ 運動分与~ (2, 0.0%)

1 の作用, の力

▼ 運動~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 運動反対~ (2, 0.0%)

2 の声明

▼ 運動場いっぱい~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 運動委員~ (2, 0.0%)

2 が選ばれた

▼ 運動学的~ (2, 0.0%)

1 な説明, の世界

▼ 運動~ (2, 0.0%)

1 となつ, 第一

▼ 運動~ (2, 0.0%)

1 は生じない, を与え

▼ 運動或いは~ (2, 0.0%)

1 もっと正しく云う, 静止の

▼ 運動摂生~ (2, 0.0%)

1 が何時, したもの

▼ 運動時間ごと~ (2, 0.0%)

2 に見る

▼ 運動服姿~ (2, 0.0%)

1 と房, の少女

▼ 運動~ (2, 0.0%)

1 の神經, を不思議

▼ 運動自体~ (2, 0.0%)

1 の末梢的輪郭, を推進

▼ 運動記者~ (2, 0.0%)

1 の鉛筆, を欲し

▼ 運動費セシメ~ (2, 0.0%)

1 の魂胆, の魂膽

▼ 運動速度~ (2, 0.0%)

1 に関する器械的ガス体論, の過大

▼ 運動過程~ (2, 0.0%)

1 に就, は進化

▼ 運動雑誌~ (2, 0.0%)

1 の写真部員, や婦人雑誌

▼1* [392件]

運動あって以上, 運動あらゆる結合の, 運動うらで送別会の, 運動なぐさみいちいち, 運動および日本の, 運動かたがたなにそこまでじゃそら, 運動かたがた五六間の廻り縁, 運動かたがた自分で持っ, 運動かと不審を, 運動がいは, 運動がわりに声, 運動ぎらいで運動会の予行演習, 運動くらいの軽い動作, 運動ぐらいでひっくりかえるもん, 運動こそがファシズムの, 運動この三つを, 運動へ一度, 運動さかんにし, 運動させた方が, 運動させたいばかりで, 運動させなくっちゃ不可, 運動させなくつちや不可い, 運動させれば自然, 運動されたんでせう, 運動されることは, 運動しかけたがちと, 運動しすぎて却って, 運動したらよかろう, 運動しとるのだ, 運動しないならば対象, 運動しなかったので彼, 運動しなかつたので, 運動しなくちゃ今時職, 運動しなけりやア, 運動し得ず皮を, 運動し得たかを重ね, 運動し得ない無限の, 運動し得なければならない, 運動なは, 運動すさまじいものに, 運動すべきものだ, 運動すべきやと郁治, 運動ば一日千金, 運動せざることは, 運動せしめた物体に, 運動せよという督促, 運動せりと解し, 運動せんですか, 運動そういうような, 運動それ自体の性格, 運動そんなものが, 運動たらしめるように, 運動だけでも実に無尽, 運動だけは取りあえずやる, 運動だけを除いて, 運動だっても人間の, 運動ゅうのはお得意さんに, 運動ってどんなこと, 運動つまり一人よがりの, 運動てえ事が, 運動でありましたが新, 運動であり成り上ろうとする, 運動であるであろうが全, 運動でない代りに, 運動といったような, 運動といつても単に, 運動とかに専心する, 運動としても有効に, 運動とでリヨウマチも, 運動とによつて食物を, 運動とのみによって偶然的なる, 運動とやらの実行に, 運動と共にと云うよりも, 運動どころじゃない, 運動どころかもっとはげしい速, 運動ながら吉岡の, 運動なしには遂に, 運動などが二三の, 運動などで総辞職, 運動などと言っても, 運動などとはかけかまいなし, 運動などにも關係し, 運動などよりはよほど穏やか, 運動なりが一応耳, 運動なりという原則に, 運動なるべきか, 運動なんかよりもっと大変, 運動なんぞ気楽な, 運動においてのみ形成される, 運動にたいしてはオリヴィエと, 運動にたいする政治的偏向の, 運動についてのみ言われること, 運動にてその思い, 運動にと武男は, 運動にということだけを, 運動にとってもソヴェト同盟によって, 運動にとて電車を, 運動になつて來た, 運動になどあったもの, 運動にばかり夢中に, 運動によっても満足されず, 運動によつて彼, 運動によりて支配せらるる, 運動に対し組合員党員の, 運動に対してさえ良識ある, 運動に対してしか存在しない, 運動に従う実践的変革を, 運動に従って把握する, 運動に関しても何らの, 運動に際して実在が, 運動のせゐだつたで, 運動のねうちが, 運動のみに忙しく暮される, 運動のみにて野に, 運動のみに関するという点に, 運動のみの世界には, 運動はいふまでもなく, 運動はじめたかい, 運動ばかりでなく戦争中, 運動ひいては全太陽系, 運動まったく箒である, 運動まではやって, 運動までが異常に, 運動みたような, 運動めいた柔かな中に, 運動もしくは少數者, 運動もろとも社会主義的リアリズム, 運動やってるじゃない, 運動やんで初めて, 運動ゆえ彼女は満ち足り, 運動より凄いの, 運動よりはよい, 運動をまでも拒絶する, 運動をやむるなり, 運動を通じての活動によって, 運動エネルギーとなるべき, 運動オーイオーイと遠く, 運動ガ不自由ノタメ, 運動ガ不自由サヲ加エ, 運動グラウンドとレーニン記念像, 運動グループを拵えかけ, 運動シャッポをかぶっ, 運動シャツ一つになつて立ち, 運動シャツ学校の教練ズボン, 運動スル如ク構成セラレタルニ対シ本願発明ニ於テハ問題ノ多, 運動ソレから私, 運動て何, 運動ニ讓歩スルトキ成ルベク長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, 運動パンツに跣足, 運動プロレタリアート文学の本道, 運動ムッソリーニのオーストリア, 運動リクリエーション運動などに努力, 運動レッシングからシュライエルマッハー, 運動一つどこの兵営, 運動一定の食事, 運動一種の舞踏, 運動三十余年間の私, 運動三十年の夢, 運動三藥揃うてや, 運動不安が起り, 運動不当利潤制限軍事扶助の徹底, 運動両々相容れず三十年十一月, 運動に多数, 運動並びに静止の, 運動中枢を失った, 運動主体の主観, 運動予算の外, 運動は東京, 運動事務所に学校, 運動事情の根本特色, 運動二万名の請願, 運動ひ方, 運動云々のこと, 運動人間竹内の上申書, 運動付与の力, 運動代りに這入る, 運動以上に緊急, 運動以外のあらゆる, 運動以後大して現れなかつた, 運動以来純正の態度, 運動以来追放されて, 運動のもの, 運動かもの, 運動何ものかに狙い寄る, 運動例えばコンパス及び, 運動係りとしてプロレタリア文化活動, 運動促進会というもの, 運動のスペクトラム, 運動光なほ附け加, 運動體の, 運動具おもちゃの船, 運動具置場になっ, 運動内部においても絶えず, 運動出来たか, 運動制御器をつけ, 運動の四つ, 運動力学の法則, 運動労働問題を教え, 運動労働運動からの影響, 運動労役疲労石曳き不眠, 運動勃興以前の各, 運動動乱にまぎれ, 運動半分に踊, 運動原水爆禁止運動沖縄返還および日中国交回復国民運動, 運動時にはコソ泥式, 運動及兵式訓練ヲ廢止スベシ, 運動反対デモをやった, 運動取締りの四相声明, 運動史上の戸籍, 運動合成をば幾何学的, 運動否定論に対する反駁, 運動器官をもたない, 運動の帝王, 運動困難と苦心, 運動国民運動への献身, 運動をやぶつ, 運動圧伏のため, 運動場ぐらゐの野原がまだ, 運動場じゅうを見まわしました, 運動場つきの小屋, 運動場一面に張り, 運動場七十五年間は草, 運動場全体が大きな, 運動場兼娯楽室とも称すべき, 運動場弓術道場の背後, 運動場裡を退出, 運動場近くにある, 運動に驅, 運動多き生活を, 運動奨励法は校長先生, 運動女学業考えると, 運動如何の問, 運動嫌いですもの, 運動学校でありました, 運動学的要素に一度, 運動学的規定を取り扱う, 運動実行家等の社会的特殊才能, 運動実践の具体的方針, 運動宣言のガリ版刷り, 運動家タイプの立派, 運動家型の青年, 運動家時代のカウツキー, 運動家社会学者の動く, 運動家等は職務, 運動家融和運動家等は職務, 運動家達のやり方, 運動で鷄, 運動屋並びに無, 運動工作の余地, 運動帰りの時, 運動帽二三のネクタイ, 運動帽子みたいな色彩, 運動帽開襟シャツの一見, 運動平和憲法擁護運動原水爆禁止運動沖縄返還および日中国交回復国民運動, 運動広瀬中佐の壮烈, 運動弾圧の記録, 運動径路がきわめてわずか, 運動はまた, 運動従って又, 運動循環する趣, 運動忌避の要因, 運動思想史の裡, 運動性肉体の反応, 運動情勢は取り出されず, 運動態度でなければ, 運動ひは, 運動或は憲法撤廃に対する, 運動を設け, 運動批判ということ, 運動推移それ等の爲, 運動推進員として地方都市, 運動教育などの分野, 運動文化部門のいろ, 運動文学美術に係る, 運動文學美術に係る, 運動方程式が完全, 運動日本の精神界, 運動時代あたりを, 運動時代サークル活動が当時, 運動更に言葉を, 運動會展覽會學藝會校友會雜誌の編輯, 運動會展覽會等一週間に亘つて, 運動會相手の菓子屋, 運動本土決戦の一般宣言, 運動本来の姿, 運動概念発展概念の或, 運動様式を理解, 運動機具のごとき, 運動機械及び之, 運動機関の慣性, 運動機関車の進行, 運動次第でこいつ, 運動正弦運動などに分解, 運動殊に一般の, 運動沖縄返還および日中国交回復国民運動, 運動を實行, 運動海水浴転地療養の歴史, 運動消息をば一々, 運動に而, 運動犠牲者追悼会のため, 運動狂たちといっしょ, 運動現実的運動の一例, 運動理性と自由, 運動産業協力運動不当利潤制限軍事扶助の徹底, 運動のブルーマ, 運動用具を少々, 運動甲斐があっ, 運動的方式を以て毎年, 運動的構成の目的化, 運動的機能の, 運動的知覚がひどく鈍く, 運動的習慣や習俗, 運動的非常には不向き, 運動皆そうだ, 運動看るに足れり, 運動に泊まった, 運動神経たるや怖, 運動神経組織改良と云う, 運動禁止好天気, 運動の食慾, 運動科学の実地, 運動食慾を, 運動種目までを定め, 運動競技中にも拳闘, 運動競技場にふさわしい, 運動競技福引と手, 運動等々の相対性, 運動等何でも少し, 運動範圍は微細, 運動終局の時, 運動組織のよう, 運動継続の精神, 運動総務の一人, 運動美術殊に絵画, 運動習癖から当時, 運動として第, 運動者勞働者關係のインテリゲンチヤ, 運動者大会が争闘, 運動者河上丈太郎松本治一郎河野密西尾末広水谷長三郎氏が集まり, 運動者音楽家など勿論, 運動肌衣の男, 運動の筋肉, 運動自然が人間, 運動自由劇場運動に倣つて日本, 運動艦隊に示し, 運動色光これらの要素, 運動色彩感じというよう, 運動色彩雑沓に遭遇, 運動芸術運動を常に, 運動血液の循環, 運動行なわるることを, 運動衝突と物性, 運動襯衣をつけた, 運動てられへん, 運動の或, 運動記事をまっ先に, 運動記事以外はろくに, 運動は実は, 運動課目の分科, 運動誹謗の種子, 運動形態の, 運動講演会新聞宣伝と呼応, 運動費記念碑建立社会事業満蒙問題なぞあらゆる, 運動費調達ぐらいのこと, 運動赤坂迄引っぱっ, 運動起り十一月二十四日南京に, 運動趣味の紳士, 運動踊りは盆踊り, 運動農民運動と連絡, 運動遅鈍なみみず, 運動過激は則, 運動達成によって達せられる, 運動選手風の大学生, 運動部員としても活躍, 運動部委員長丹波敬三博士の五男, 運動量不滅の法則, 運動量移行の現象, 運動錯覚を起させ, 運動は新井章吾, 運動の休止, 運動障害がある, 運動電光の形状, 運動靜止及び數, 運動もある, 運動靴スルメ三把銀笛アルバム売却できそう, 運動靴洋傘一柄身軽に出かける, 運動靴洋傘一柄身輕に出かける, 運動靴短かく刈り込んだ, 運動靴薄色の粗末, 運動音楽に於ける, 運動坐以後, 運動であった