青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「運ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

遊び~ ~遊ぶ 遊ぶ~ ~遊ん 遊ん~ 遊戯~ ~運 運~ ~運ぶ ~運ん
運ん~
~運動 運動~ ~運命 運命~ 運転~ 遍~ ~過ぎ 過ぎ~ ~過ぎた 過ぎた~

「運ん~」 2720, 29ppm, 3988位

▼ 運ん~ (2582, 94.9%)

187 来た 124 来て 52 きた 48 行った 47 いた 46 来る 45 きて 37 來た 30 来たの, 行く 29 行くの 26 いる 23 行って 21 いった, 行つた 18 くる, 来ました 17 來て 16 來る 15 きたの, くるの, くれた, 行くと 14 ゐた 13 いるの, 来るの, 行きました 11 ゐる, 来たが 10 いたが, いたの, ゆく, ゆくの, 来たので 8 来たり, 来ると, 行ったが, 行ったの 7 いること, くると, くれる, しまった, ゐるの 6 いると, くれて, くれるの, 居た, 来た時, 来た茶 5 いるうち, きながら, もらった, やって, 来たとき, 来たもの, 来た女中, 置いて, 行きます

4 [19件] いって, いました, いるところ, いるもの, いるよう, きたので, きたり, きました, ゆくこと, ゆくと, 持って, 来たん, 来た後, 来ては, 来ながら, 来るという, 来るもの, 来る女中, 行くよう

3 [38件] いく, いて, います, いるん, おいでに, きたもの, きた女中, きても, くる仕組, くれ, くれたが, くれたまえ, くれたり, くれました, こない, しまうと, しまえば, それを, もらって, ゆきました, ゆくところ, 來ました, 冬の, 参ります, 呉れる, 帰って, 来たと, 来たところ, 来た膳, 来ましたが, 来ること, 来るので, 来るよう, 焼いて, 行きますと, 行くやう, 行け, 貰ふ

2 [110件] いいでしょう, いくの, いたから, いたこと, いたのに, いったが, いったの, いっても, いない, いようとは, いるきり, いるとは, いるらしい, いる女, いる最中, いる様子, いる者, おいたの, おいて, おきたいそんな, おけ, おりましたが, きたが, きたん, きた時, くるお, くるもの, くる正, くれい, くれたの, くれた梅ヶ香丸, くれと, くれない, くれば, くれよ, くれるもの, くれる小僧, こなければ, しまいました, しまう, しまうの, しまったから, しまったので, しまって, そこに, それが, まいります, みたところ, みました, もらう, もらうばかり, やった, やりました, やる, やるから, やるよう, やれ, やれば, やろうと, ゆく様子, ゆく過程, ゆけば, ゐたの, ゐます, ゐるやう, ゐる時, 下さったの, 了う, 了つた, 出た, 出る, 参れ, 居た足, 居りました, 居る女, 往って, 机の, 来い, 来そう, 来たばかりの, 来た女, 来た紅茶, 来た者, 来た荷物, 来ます, 来る旅館, 次の, 流し込んだの, 流れの, 皆さんに, 行きながら, 行くから, 行くこと, 行くところ, 行くもの, 行く後, 行く恰好, 行く時, 行く有様, 行く駕籠, 行ったと, 行ったとき, 行ったもの, 行ったよう, 行ったり, 行った覆面, 行つ, 諸家へ, 貰うこと, 首尾よく

1 [1004件 抜粋] あげる役目, あったもの, あの枝, ありましたので, あるくと, いいもの, いきな, いきユーゴー, いくと, いくわけ, いく娘, いく手法, いこうとさえ, いたその, いただいて, いただくの, いたので, いたり, いたん, いた人々, いた光景, いた支那人, いた身体附, いったね, いった六, いつた跡, いつもの, いては, いなかった, いよいよ今夜, いらっしゃる, いられる, いるかと, いるけれども, いるであろう, いるとき, いるのみ, いるわけ, いる二人, いる人夫, いる南, いる外, いる流れ, いる者たち, いる訴訟, いる重吉, いる間, いる雀, いる馬ども, おいたので, おいてね, おきさらに, おく, おくもの, おしまいに, おもてなしを, おりましたので, おる, お六, お礼まいり, お袋と, きそう, きたお, きたかったの, きたたきぎ, きたという, きたら深夜, きた人夫, きた女房, きた幻影, きた後, きた新聞, きた浮木, きた社家, きた膳部, きた茶店, きた足音, きた銀杏, ください, くださる方, くっつけて, くるあいだ, くるか, くるが, くるじゃ, くるという, くるなどという, くるほか, くるよ, くる出がらし, くる塗川, くる手配, くる業者, くる田舎料理, くる石炭, くる近郊, くる青大将, くれそれ, くれたには, くれたらよ, くれた助手, くれた未知, くれた男, くれた荷物, くれた雨戸, くれましたから, くれますか, くれますので, くれると, くれるに, くれるまでは, くれるよう, くれる人, くれる従僕, くれれば, くわしくしらべる, こい, ここで, この塔下, こられた由, こんな毛バ, しまうには, しまったと, しまったらすぐかえって, じっとし, すすめた, すれちがって, そして心, そのひと, その劇評, その小さな花房, その晩, その薬師, それぞれの, そんなこと, ちゃ駄目で, ちようだい, つけて, とうとうネオン横丁, どうにも, ならないこと, のそのそと, ぴんと靜, ぽり, まいりましたので, まいりますだけ, ますて, みせるわ, みたって, みようと, みればど, もしうん, もらい蘆荻, もらうの, もらう手紙, もらえるの, もらわなくちゃ, やがて柳村, やったが, やつたり, やつても, やらなかったので, やり升, やり歩けるよう, やること, やるたび, やる事, やる義理合, ゆかせたかったの, ゆきましたから, ゆきます, ゆき森閑, ゆくあと始末, ゆくかと, ゆくその, ゆくばかり, ゆくもの, ゆくん, ゆく一人, ゆく女, ゆく岬, ゆく歩度, ゆく義男, ゆく薄, ゆく赤帽, ゆく足, ゆく途中, ゆっくりと, ゐたさま, ゐたのに, ゐたら現在, ゐた機關, ゐて, ゐるいとも, ゐるお, ゐるといふ, ゐるに, ゐる五六人, ゐる村, アガサ尊者の, ケロッとした, ピアノの, フランスの, ベッドへ, 一室の, 一行は, 三好長慶の, 上げましょという, 上気した, 下さい, 下さったり, 下女の, 下水の, 下界に, 九時五分前の, 了った, 了つてその, 予定通り納涼季節までに, 二百円悪く, 二階に, 人々の, 今夜は, 今頃は, 仕舞い爾, 仮名で, 何か, 來たさうです, 來なかつた, 來なく, 來られ, 修繕した, 入って, 六十間四方に, 再び家, 冬を, 出た女, 出ました, 刈積んだ, 劉巴の, 十和田の, 卒塔婆新, 厚く葬っ, 参ったので, 参るよう, 取り敢えず壁際, 吹いて, 呉れそして, 呉れた恩人, 地続きに, 城移しの, 売った, 売却する, 多勢の, 大きな波, 大通りへ, 夫人が, 女は, 女中二三人が, 妙な, 婚礼は, 寄る, 小ぢんまりと, 少し手伝おう, 居たの, 居ます, 居りますが, 居る, 居るとやら, 居る処, 届け出たところ, 屋根を, 差上げます, 帰つて来た, 帰宅した, 幹を, 床を, 座にも, 建てなおしたので, 往復する, 忍びやかに, 息を, 戦慄すべき, 手伝いました, 手摺りにも, 投げこみその, 敏捷に, 整理する, 斯う云った, 日蔭に, 暫く押入れ, 朝の, 本土最初の, 来させた折, 来たお茶, 来たか, 来たきり, 来たじゃあ, 来たつきり, 来たといふ, 来たに, 来たまえ, 来たやたら, 来たらしいの, 来たポタージュ, 来たラメセス二世, 来た上り列車, 来た井出夫人, 来た人声, 来た以前, 来た僧, 来た土, 来た大砲, 来た夫人, 来た女性, 来た娘, 来た家政婦, 来た小女中, 来た小間使, 来た岡本, 来た彼, 来た急須, 来た旋回砲, 来た材木切れ, 来た活版刷, 来た渋茶, 来た田氏, 来た番頭, 来た看護婦, 来た種子, 来た篤志家, 来た総て, 来た脚, 来た茂太郎, 来た茶店, 来た荷, 来た蜜, 来た行燈, 来た銚子, 来た静子, 来た飯, 来た養母, 来た麻嚢, 来てから, 来ないの, 来なくちゃ, 来ねば, 来ましたギヤルソン, 来ますから, 来やあ, 来られたので, 来られ看護卒, 来るお, 来るご飯, 来るずんぐり, 来るそれ, 来るでしょう, 来るのに, 来るほどの, 来るまで, 来るらしい, 来るブロンズ, 来る一杯, 来る乗合馬車, 来る人たち, 来る女の子, 来る妻女, 来る小姓, 来る序, 来る彼女, 来る時分, 来る松尾, 来る源さん, 来る砂埃, 来る者, 来る衛生舎, 来る途中, 来る酒, 来る風, 来空地, 棄てる便宜, 楽しさうに, 次に足, 歩いて, 残存者の, 毎晩蚊に, 沈めて, 洪次郎の, 浴室から, 湖岸の, 火を, 無礼の, 片手には, 物が, 男二人の, 番を, 監督は, 砂山の, 神官に, 私の, 移って, 穴を, 箱崎の, 終日かかった, 給仕に, 繰り出して, 置いたらよろしい, 置きそれ, 置くか, 置けば, 聊か得意, 自分は, 舟に, 花から, 英子の, 葡萄酒を, 藤吉は, 行かなければ, 行かれた, 行ききし, 行きそっと, 行きましたし, 行き始めたの, 行き朝, 行くあいだ, 行くこの, 行くじゃ, 行くだけでも, 行くだろうと, 行くっていう, 行くにゃ, 行くばかり, 行くらしかった, 行く一丁場, 行く事, 行く以外, 行く吉左衛門, 行く女, 行く小川, 行く方角, 行く普通, 行く牛乳, 行く男, 行く私, 行く老, 行く誰, 行く連中, 行く間わたし, 行けると, 行こうか, 行こうという, 行ったこと, 行ったに, 行ったん, 行った場合, 行った瑠璃子, 行った花世, 行っても, 行つただけ, 行つたらしい, 行つた自分の, 行つては, 行つて却つて想念が, 表の, 被害者の, 見えたこと, 見せるよ, 見ると, 解剖し, 調べて, 貰いまして, 貰う, 貰う事, 貰えまいか, 貰っても, 貰ひました, 賣り擴め, 越野の, 路を, 車夫が, 近くの, 迚も, 途中哨戒の, 這入って, 通って, 進行し, 遠歩き, 遣つた, 遣ろうと, 遺棄した, 錠を, 長兵衛は, 隠すつもり, 静かに, 面会を, 預けると, 風が, 食べさせて, 食べる, 香湯で, 鴎も

▼ 運んだり~ (86, 3.2%)

7 して 5 した 4 菓子を 3 するの 2 しながらも, 木を, 石を

1 [61件] あるいはただ訪ね, あゝ面倒く, お菓子を, お酌, これを, さげたり, さまざまに, したの, しました, しましても, するただ, するはず, する人足, する姿, する雑役, そのよう, どなられて, また屍体, また持ちかえっ, また荷物, やがて母夫人, サイダーを, 仕事の, 何か, 医者坊主が, 台所を, 右左の, 土を, 土竈の, 変化させ, 屠蘇を, 山へ, 役場の, 恭一と, 担架の, 斡旋し, 梓さんの, 水や, 汐を, 瀕死の, 火を, 炊事の, 産婆の, 畠仕事や, 皿を, 監督の, 砂を, 給金を, 老幼を, 舟へ, 船に, 蜂谷と, 表へ, 譜を, 躑躅を, 遊びに, 部屋の, 重油を, 雛に, 雜煮の, 靴を

▼ 運んでも~ (19, 0.7%)

1 [19件] おそらく埓, お勘定場, かまいません土, その警察, それを, むこうでは, よいさ, ようご, よろしゅうございます, 動くまい人生意気, 取るべき処, 多少不足, 弁護士云々の, 意味が, 母親が, 異教という, 笹の, 絶対に, 跫音は

▼ 運んでは~ (17, 0.6%)

1 [17件] いって, いなかったの, お嬢様に, かみつぶして, しばらく休まない, そこい, だるまを, なりませんよ, ゐない, 他の, 反す, 呉れないの, 洞の, 積み一生懸命, 積み運んでは, 足し洗っては, 食べよ食べよと

▼ 運んでから~ (7, 0.3%)

1 下田行きの, 二人は, 先生の, 再び店, 前の, 組み立てるの, 電話を

▼ 運んでを~ (2, 0.1%)

2 りました

▼1*

運んだりということは, 運んだりなんかして, 運んだりはして, 運んや木戸錢, 運んでずつと前に, 運んででも行くよう, 運んでやらにゃあならんから