青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「遇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

進化~ ~進歩 進歩~ ~進行 進行~ 遁~ ~遂に 遂に~ ~遅く 遅く~
遇~
~遊び 遊び~ ~遊ぶ 遊ぶ~ ~遊ん 遊ん~ 遊戯~ ~運 運~ ~運ぶ

「遇~」 1054, 11ppm, 9575位

▼ 遇~ (85, 8.1%)

4 ことを 3 毎に 2 のを, 人, 度に, 時は, 様な

1 [68件] あの面会, あらゆる出来事, ことが, ことの, ごとに, その人々, たびに, だけで, にも拘らず, に相違, に至る, のかと, のださうである, のだらう, のぢ, のであつ, のである, ので知り, のに, のに何, の記, の記等々, は槍, ほどやがて, やうに, やも知れぬ, や孃子, や屡, や柳因, を以て偶然, 事が, 事なり, 事の, 事は, 事も, 人は, 人を, 人及び, 人毎に, 人達は, 以前に, 以外の, 兵士の, 場合が, 多少の, 夢の, 天そ, 家を, 小さき兵隊バンド, 或は可也, 所の, 時だけ, 時には, 曰く, 會計係の, 様に, 樣に, 生徒なども, 程彼女, 程煽りたてられ, 程燃えさかる, 縦隊のに, 縱隊のに, 者の, 者我を, 能はずンば, 身なる, 軽便鉄道は

▼ 遇~ (74, 7.0%)

6 なかつた 4 なければ 3 して, ない 2 ざれば, ないの

1 [54件] いささか足下, いよいよ厚く, されたといふ, されたの, されて, されるか, されると, ざりけり, ざりし心, ざりし瀧口, ざるか, ざるに, しし女, しし孃子, した, したか, した世間, してやらうと, じ, すなど, せず惡, せたん, せなかつた, せましたと, で終に, どこの, ないから, ないで, ないよ, ないん, なかつたか, なかつたが, なかつたで, なかつたならば, なかつたので, なかつたばかしで, なかつたら, なかつたらう, なかつたら何時, なくな, ぬ, ぬとも, ぬもの, ぬ浮世, ぬ父母, ねば, ばやとこそ, むとはしたる, るる手代風情, れんと, わが主人, 却っていたみいります, 成るへ, 随分悲惨

▼ 遇つた~ (71, 6.7%)

5 ことが 4 ことは, ことを, と云 2 からである, からでございまする, といふこと, やうな, よ

1 [44件] あのモノクル, かずかずの, かのやう, か知れぬ, がいつも, が冬, が男, が警部, けれどその, ことだらう, ことに, ことの, ことばかり, ことも, だけで個人的, といふやう, といふ凄い, ときだ, ときの, ところの, としたら, としても私, とする, とは云, ならば, ねハヽヽヽ, のかね, のであつ, ので余, ので彼, ものは, んだ, んだらう, んです, 以来もう, 場合は, 如く気, 嶺太郎の, 昔の, 時だけは, 時など, 為に, 藤井と, 頃樽野は

▼ 遇~ (55, 5.2%)

2 になつ, になつて, に來

1 [49件] あの辺, がたきもの, さへ, さまざまの, て, ては乱糸, ては余ら, て之, て忽ち, て此經, て殆, て紅茶, ながらも飽かず, ながら今日, ながら先づ相摸, にけり, にたり, になりません, に来, に来とる, 不惜福者, 九仭の, 其自働車に, 幌の, 彩牋堂より, 彼処に, 忙しさうに, 忽ち何, 悪徒, 手捫し, 文芸首都に, 方向を, 江戸に, 無福, 独り間庭を, 相離る, 秘かに, 種々支那, 脳漿散乱し, 至治を以て, 舟皆損破する, 話次文湖州の, 長持の, 難きもの, 難きを, 難き仏, 難くし, 難し, 馬の

▼ 遇つて~ (54, 5.1%)

2 は敵, 居る風, 長く歎息

1 [48件] いろいろ眼, この堕気, しまつ, その企図, その附近, はカラ笑, は内心, もあの, もこれ, もさ, もまつたく, も余, も其処, も十年後, も大きな, も夫人, も屈する, も忽ち, も挨拶, も気づき, も直ぐ, も顔, も驚かない, やれ空気, よ, ゐたわけ, ゐても, ゐるうち, ゐるぢ, ゐるの, ゐるのよ, 何ぞ滅跡亡影, 大議論, 好結果, 少しも, 居ります, 居るの, 思はず, 来て, 漸く多く, 皆爭つて, 知らず識ら, 色々と, 見たいと, 見たいといふ, 見たいわ, 酷い疳癪, 長い立話

▼ 遇~ (52, 4.9%)

8 ていた 6 てくれた 4 ている 3 てゐた, てゐる 2 てくれる, 給ふさま, 讀者の

1 [22件] ただちに北方, たり, てい, ていたらしい, てそして, ては呉れなかつた, ても謀叛, てやってる, てゐたらしい, て何事, て営業, て安心, て来た, て貰いたかった, また演劇自ら, 共に事, 我らを, 柔和な, 毫もわたくし共, 甚だしきは, 而し, 詩人が

▼ 遇する~ (45, 4.3%)

2 ことが

1 [43件] か, かのやう, から大抵, かを考えなけれ, か心, が如き, が如く, ことに, ことは, ために, といふ先生, にどういう, にひところ, にズバリ, に以前, に先輩, に全力, に別に, に夷俘, に手, に掌上, に於, に最敬礼, に狡猾, に疇昔, に精一杯, に至るなら, に違い, に鞭, のじゃ, のである, の無礼, やまるで, や厚く, や奴婢, ように, よう知事に, 上に, 所か, 故に, 訳には, 道が, 道を

▼ 遇~ (42, 4.0%)

2 うけて, もって

1 [38件] うけても, うけられたが, えられないに, お取り返し, ここで, たまわりて, 一身に, 与えると, 争は, 享く, 享けたと, 代ふれ, 受く, 受け, 受けしを, 受けその, 受けた, 受けた其恩, 受けた術士高僧, 受けてから, 受けないの, 受けるという, 受けるの, 受け二年前, 嫉み同類遊戯, 寄ると, 得た君臣, 忻び尽瘁純, 感ずる事, 持ちそれ, 替え其身, 爭は, 蒙った歌仲間, 蒙る僕, 蒙る若者, 變し, 賜わりながら, 辞し官爵

▼ 遇ふと~ (41, 3.9%)

2 己れ

1 [39件] あの無数, あり勘文, すつかり, その悪, その馬, それを, は実に, は恨, は限るまい, ひそかなる, も驚かず, わたしは, 二人とも, 云ふこ, 何う, 何と, 何んな, 俺の, 僕は, 先づ道を, 其の女, 労働者の, 困る, 国民の, 大概の, 大概向方から, 屹度あの, 彼は, 彼女は, 斯ん, 気も, 盗心を, 相手の, 神経的な, 禅超は, 胸を, 苦も, 誰も, 都の

▼ 遇~ (33, 3.1%)

1 [33件] が作品, が俺達, その場, とか日常性, な機会, にもそこ, にもその, にも並つた初段級, にも斯ん, にも蜂の巣, に何時何処, に知らされた, に見た, に銀座, に階下, の, のやう, の事, の悦び, の敗北, の起った, の起る, の過失, はたちまち, は偶然, ぼくは, もある, トルコ人六人とも, 一緒に, 二三日ま, 其処に, 周子の, 途中で

▼ 遇つたの~ (22, 2.1%)

2 である, は初めて

1 [18件] かと思, か出なかつた, ださうだが, ださうであるが, でした, ですが, に泣い, はこれ, はその, は一年, は兄, は始め, は幸先, は張金吾, は此老人, もやはり, も其森, を思ひだした

▼ 遇~ (18, 1.7%)

52 なかつたこと

1 [11件] たの, ないまでも, なかつた, なんだ, なんだの, ば出遇ふ, ば如何なる, ば微笑を, ば笑ひ, ば附上る言分最早, らく念へば

▼ 遇~ (17, 1.6%)

1 [17件] おこたえし, 与りながら, 処せしむる, 努めた, 堪えて, 安んずること, 差異が, 年の, 從つて適應する, 恵まれたよう, 慣れたれば, 掘立小屋, 狎れすぎて, 甘んじ今度, 神妙に, 苦しみて, 謝し

▼ 遇した~ (16, 1.5%)

2 ように, 主なる

1 [12件] かは言うまでもない, からさらぬだに, からである, と云, ので, のである, ので保, のは, もうたの, ものだった, 事を, 当時の

▼ 遇つた時~ (14, 1.3%)

1 [14件] かねて, から不意, こそ彼, である, にその, には吾等, には時, に取り交す, に妻, に彼, の何気ない, の彼, の記憶, ふとある

▼ 遇~ (13, 1.2%)

1 [13件] この曲, ために, 一族は, 噂を, 大臣に, 好機にあたり, 故に却つて自己, 機会で, 此月此日此時自分の, 深まること, 縁で, 象徴として, 跡を

▼ 遇され~ (12, 1.1%)

4 てゐる 3 ていた 2 ている 1 て居ります, 畏敬され, 若い文士

▼ 遇~ (12, 1.1%)

1 [12件] イヤ誠に, 一寸挨拶した, 云うには, 仮初にも, 大変騒々しい, 失望する, 居ると, 後に, 生育つ, 見たいと, 路人の, 那の

▼ 遇つたら~ (11, 1.0%)

1 [11件] ついさつき, ばね, よくよく, わたしが, 丁寧に, 事務所が, 今の, 何んな, 敵は, 臆せず, 自分は

▼ 遇ふこ~ (11, 1.0%)

1 [11件] とになりました, との極めて, とは到底, とは少く, とは無き, ともある, ともあれ, とも無い, とも誰, と人, と無し

▼ 遇へば~ (11, 1.0%)

1 [11件] につこり致し, 則ち, 即ち脱, 各, 嬉しい, 屹度飛びあがる, 淡々で, 皆是新, 私の, 絶えず詩, 膨張する

▼ 遇ふも~ (9, 0.9%)

2 のは 1 の, のが, のだ, のであり, の出, 如何なる賞讃, 彼は

▼ 遇~ (8, 0.8%)

1 いいましょうか, いおうか, によつて, 云おうか, 全く平行, 幸運に, 歓待に, 申すべきであらう

▼ 遇~ (7, 0.7%)

1 たりすれ, たり或は, たり追, ちやつたな, ちやつたなど, ちやつた山の, てみる

▼ 遇へる~ (7, 0.7%)

1 かなと絶, が如く, ことは, その憤懣, 天の, 時まで, 白き牛

▼ 遇~ (7, 0.7%)

2 た, たの 1 たならば, た人, た時

▼ 遇された~ (6, 0.6%)

1 に違い, のである, ので多少, やうに, 久木男爵との, 点が

▼ 遇つた事~ (6, 0.6%)

2 はついぞ又 1 がなかつた, はありません, もなし, を覚え

▼ 遇はず~ (6, 0.6%)

1 じまひ, すやすやと, とも済んだ, にし, に死んだ, に行く

▼ 遇える~ (5, 0.5%)

1 かどう, という指方立相, と思っ, ような, 時が

▼ 遇~ (5, 0.5%)

1 土着し, 宣武の, 最貴い, 来たのに, 預かって

▼ 遇はせ~ (5, 0.5%)

1 て, てきた, てくれる, て下さい, て追っ返し

▼ 遇ひたる~ (5, 0.5%)

1 が如く, といふ余, 如くに, 樹間より, 眩ゆ

▼ 遇ふか~ (5, 0.5%)

5 も知れない

▼ 遇ふた~ (5, 0.5%)

2 私の 1 かまた, かを詳しく, 程世の中

▼ 遇~ (5, 0.5%)

1 うすくなかった, ですか, 厚く恩, 女ながらに, 彼に

▼ 遇される~ (4, 0.4%)

1 けれども精力消耗, ことを, ように, よりも僕

▼ 遇ひし~ (4, 0.4%)

1 こそ息, 御法の, 所に, 時又は

▼ 遇ふて~ (4, 0.4%)

2 国務を, 國務を

▼ 遇せず~ (3, 0.3%)

1 にはゐられなかつた, 悪より, 言葉も

▼ 遇~ (3, 0.3%)

1 そして女, 末今は, 潮を

▼ 遇~ (3, 0.3%)

1 か何, ぞ, と解釈

▼ 遇つた人~ (3, 0.3%)

1 の印象, の歌, の話

▼ 遇はん~ (3, 0.3%)

1 とて二日余り, とは, とは申す

▼ 遇ひた~ (3, 0.3%)

1 うとうあと戻り, まひき, まひたるを

▼ 遇~ (3, 0.3%)

1 が無, すること, は玉

▼ 遇せし~ (2, 0.2%)

1 ぞと, なり

▼ 遇せらるる~ (2, 0.2%)

1 かいわゆる, ごとに

▼ 遇つたお~ (2, 0.2%)

1 化けに, 客は

▼ 遇つた女~ (2, 0.2%)

1 にはみな, の事

▼ 遇つた習慣~ (2, 0.2%)

2 といふもの

▼ 遇つて感~ (2, 0.2%)

2 極まつ

▼ 遇には~ (2, 0.2%)

1 不足を, 独り身の

▼ 遇によつ~ (2, 0.2%)

2 て結びつけられた

▼ 遇はう~ (2, 0.2%)

1 とは少し, とも私

▼ 遇はむ~ (2, 0.2%)

2 ため

▼ 遇はれ~ (2, 0.2%)

1 ながらなほ, 手代と

▼ 遇はれる~ (2, 0.2%)

1 かなあ, と思ひ

▼ 遇ひさう~ (2, 0.2%)

1 なものぢ, になる

▼ 遇ひしが~ (2, 0.2%)

1 去るに, 為めに

▼ 遇ひたい~ (2, 0.2%)

1 が恐るべき, ところだ

▼ 遇ひで~ (2, 0.2%)

2 もする

▼ 遇ひな~ (2, 0.2%)

1 された折り一時, ば

▼ 遇ひました~ (2, 0.2%)

1 ね, わねあの

▼ 遇ふとい~ (2, 0.2%)

1 ふんだ, へどもその

▼ 遇ふべくし~ (2, 0.2%)

2 て従

▼ 遇~ (2, 0.2%)

1 一世に, 我人民より

▼ 遇~ (2, 0.2%)

1 っていた, ふ樣

▼ 遇~ (2, 0.2%)

1 たこと, たし

▼ 遇~ (2, 0.2%)

1 渥, 猶不

▼ 遇何ぞ~ (2, 0.2%)

2 太だ

▼1* [171件]

いその者を屠っ, 遇いなされたお子達, 遇いなされた折り一時は, 遇いなされるのも, 遇いなされ殺されたうえに, 遇うた人の中, 遇うた場所と趣, 遇えないものかと, 遇えり彼は, 遇えりし滝の, 遇から吉凶を, 遇この機を, 遇さないわけには, 遇されず増さんとの結婚, 遇されない事は, 遇したる平氏は, 遇しようという国, 遇し奉りその力, 遇し奉ること其憚有り, 遇すこぶる鄭重であった, 遇すべき道を以て, 遇すべしとて学識, 遇せらるべき人々であった, 遇せんも断じて, 遇つたさうだな, 遇つたためしがありません, 遇つたつてそり, 遇つたつけが貴, 遇つたときお糸さんが羽田, 遇つたわたしは一體, 遇つた一事を思ひ出さず, 遇つた丘です, 遇つた事々をも誌, 遇つた二人が夢, 遇つた人間に少し, 遇つた作家のもの, 遇つた例は稀, 遇つた儘何の手入れ, 遇つた光景を, 遇つた友人に何と, 遇つた友達はそれ, 遇つた呉夫人を聯想, 遇つた呑気な人達, 遇つた姉と鶴吉, 遇つた彼女を見る, 遇つた後は普請, 遇つた心地がした, 遇つた所を思ひ出した, 遇つた文政十年の後三年, 遇つた日本人の若い, 遇つた時彼は僕, 遇つた木偶といぢけさせました, 遇つた様々な事件, 遇つた樣な喜び, 遇つた洋服の紳士, 遇つた筆者はさぞかし, 遇つた紳士淑女にいち, 遇つた者もあり, 遇つた谷はムツ, 遇つた酒場に赴い, 遇つた露西亞人の或, 遇つた頃のま, 遇つた験もなく, 遇つた驗もなく, 遇つた鴎丸だつたので, 遇つた龍子が何一つ, 遇つていろいろに分れ働く, 遇つてお前に來, 遇つてそれを知る, 遇つてやつとのこと, 遇つてバラやイチゴ, 遇つて三人が五人, 遇つて何か慌て, 遇つて僅に消え, 遇つて兩君の行, 遇つて唖然とした, 遇つて喋舌る折, 遇つて奇異な一流, 遇つて姑く足, 遇つて彼れは, 遇つて後に事, 遇つて挨拶をします, 遇つて斯んな嬉しい, 遇つて枯死に垂ん, 遇つて様子が見たかつた, 遇つて此事を聞かしたい, 遇つて氷となつ, 遇つて無言で通り過ぎた, 遇つて目を丸く, 遇つて眼醒めるとか, 遇つて種々な研究, 遇つて自己を失つたの, 遇つて莞爾して, 遇つて贋鼎を出し, 遇つて辟易したり, 遇ではないか, 遇という爻の, 遇とは其慾を, 遇ないのである, 遇にて此處で, 遇にも拘らずその, 遇に対して彼が, 遇はずして先, 遇はずんば, 遇はず世を楽しく, 遇はず丹をも得, 遇はず他に急ぐ, 遇はず砲弾のうなり, 遇はず而して, 遇はせるにやあ, 遇はれないだらうなと, 遇はんこともない, 遇ざりしを, 遇ひありしにも似ぬ, 遇ひしと言ひ, 遇ひするが早い, 遇ひたくはなかっ, 遇ひたりと言, 遇ひつる心地し, 遇ひなりはしませんでした, 遇ひぬなど長く, 遇ひまゐら, 遇ひましてナー, 遇ひますし蝙蝠傘屋, 遇ひませんでしたかいね何処, 遇ひ居る由, 遇ふからである, 遇ふから何でも寄らず触らず, 遇ふか解つたものぢ, 遇ふさ離るさの, 遇ふその女, 遇ふためにこの, 遇ふたものだから, 遇ふだらうと云, 遇ふとついこの間までは, 遇ふと一応はウンウン, 遇ふと何故か冷酷な, 遇ふと全く何う, 遇ふべきか, 遇ふべく不死致すべき, 遇ふべくあるは青菜, 遇ふまでは半日, 遇ふる景姿の, 遇ふんです, 遇へて好かつたあの, 遇へり青き膏, 遇もうけたためしは, 遇わしやがった, 遇をも甘んじて, 遇ヒ難キノ密法ニ逢ヒタル乎ト五体ヲ地ニ擲チ, 遇フコトヲ得ルノミ採芝図所載, 遇ヘバ即チ土, 遇ヘバ則チ開ク宜シク, 遇蹴落スコトガ出来ルカ, 遇不遇ということ, 遇に倍, 遇及後奉命留学荷蘭瘴烟万里, 遇国家存亡の時, 遇不, 遇寒食城外醉吟に好, 遇うと, 遇羅刹, 遇所ロシアは三田, 遇日本井上甫水兄亦自, 遇有り偶然に, 遇歳元海風送暖曙光喧, 遇の古, 遇相識問欧天不異故郷天, 遇へる時, 遇説話即ちタンホイゼル説話, 遇歎相遇遅