青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見られ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見ました~ ~見ます 見ます~ ~見ゆる 見ゆる~ ~見よ 見よ~ ~見よう 見よう~ ~見られ
見られ~
~見られた ~見られない ~見られる 見られる~ ~見る 見る~ ~見れ 見れ~ ~見ろ ~見上げ

「見られ~」 1325, 13ppm, 8394位

▼ 見られ~ (768, 58.0%)

45 いる 38 いるの 36 いた 23 いること 19 いたの 13 いるが 12 いると 11 いるよう 9 ゐるの 8 いるという, ゐる 7 ゐたの, ゐること 6 いたが, いて, いるん, ゐた, ゐるが 5 いる人, おん子を, しまう, しまった, ゐると, 居る, 来た 4 いたもの, いるか, ゐるやう, 居ります 3 いたこと, いないと, いました, いるとも, いるらしい, しまったん, しまって, よい

2 [37件] いたかという, いたし, いたので, いた人, いても, いない, いないから, いないという, いなかった, います, いるかという, いるし, いるだろうか, いるとは, いるもの, いるものの, いるわけ, いる中, いる者, しまうから, しまうところ, しまっては, しまつ, しまつて, そのみずみずしい, それだけに使い, そんな事, ゐたこと, ゐますが, ゐるのに, 居た, 居ること, 恐る, 来て, 私は, 自分では, 行かなければ

1 [353件] あなやの, あの伝説的流説, あるという, あるもの, あわてて, いいの, いい図, いたかと, いたかも, いたから, いたかを, いたであろう, いたと, いたという, いたとは, いたに, いたのに, いたばかり, いたほど, いたまま, いたよう, いたらしい, いたん, いたプロレタリア作家, いた事は, いた余, いた夢, いた小, いた小杉卓二, いた岡田首相, いた恥辱, いた教育総監, いた数百人, いた森鴎外, いた江戸時代, いた由紀子夫人, いた自分, いた表現, いた長閑斎, いた関係, いた頃, いないかという, いないこと, いないに, いないので, いない地方, いない片, いなかったでしょう, いなかったの, いながら, いなくて, いは, いますため, いやしない, いるかと, いるから, いるこの, いるこれ, いるそして, いるため, いるだろう, いるちゅう訳, いるなと, いるに, いるのに, いるほか, いるよりも, いるらしいなんて, いるらしいの, いるらしい僕, いるわが, いるユダヤ人, いるン, いる久木男爵, いる事実, いる人たち, いる人物, いる勤労婦人, いる医学博士, いる又, いる大衆, いる奈良, いる女らし, いる女二, いる岩松, いる恐怖, いる戦場, いる敵, いる時, いる普通, いる母親, いる気, いる点等, いる現在, いる生命, いる男, いる直義, いる程, いる筈, いる美的方面, いる職工, いる能, いる若い, いる諦観, うちの, うれしいだろう, うれしいの, おいでに, おしまいに, おふたかた, おらず或, おりうしろ, おりました, おります, おり男, おり耳, おる, おるもの, おろうとも, お前の, かえって人, かれは, くる, これは, これらが, さぞかしお, されるまま, しまいこの, しまいました, しまい後, しまうでしょう, しまうもの, しまうわけ, しまうん, しまったから, しまったと, しまったの, しまったのよ, しまったらしい, しまったわい, しまったんで, しまってさ, しまひこれ, しまふ, すぐにも, すまし難く, そこは, そして秘密, そのほとんど, その主観的, その奥, その家, それを, ぞっとした, たいそう恥ずかしい, たまらない, ために, とてもきまり, とても恥しい, どうしてもこの, どこからとも, ならなかった, なりません, はじめて顔, まずい事, まずかった, まぶしいよう, みんごと糞リアリズム, やがては, よいだけの, よいで, よい家, よかった, わたしは, わるいやう, ゐその, ゐたかも, ゐたが, ゐただけ, ゐたもの, ゐたや, ゐた傾き, ゐた寺田, ゐた為, ゐた田能村竹田, ゐた關係, ゐないと, ゐながら, ゐます, ゐやしなかつたかと, ゐるから, ゐるといふ, ゐるので, ゐるん, ゐるン, ゐる事, ゐる人々, ゐる無, ゐる羽左衛門, ゐる者, ゐる自分自身, ゐる部屋, コリヤ九郎兵衞只今其方へ, ハイカラさんだ, ミサ子は, 一人で, 万事休矣という, 久しく客, 五千円位の, 今さらの, 今にお, 以来マンが, 企らみ, 佐藤は, 佐野は, 体よく, 何が, 何を, 來た, 其の位, 其方夫三五郎は, 其身は, 分類の, 別段の, 剣術よりは, 劍術よりは, 又もや筆誅, 反って, 取り囲まれ主従ここ, 可笑しい点, 同時にまた, 咲いて, 哀願された, 困る, 土田麦僊さんが, 土蔵の, 太閤記の, 失敗った, 奪られ, 奴は, 好い事, 娘は, 嬉しいついで, 宮の, 寧ろ気の毒, 対馬守は, 小芳, 少しきまり, 少しくさとらる, 居たから, 居たの, 居たので, 居た樣, 居つたらしいの, 居りました, 居るさ, 居るぜ, 居るので, 居るやう, 居るよう, 居る事, 居る商品切手, 居る岩松, 居る點, 居れば, 山窩達ブルブル, 弱る者, 影の, 役人と, 彼女は, 必死に, 忌な, 怪談さえ, 恐る恐る門, 恥かしくない, 恥ずかしいと, 恥ずかしいよう, 恥ずかしい姿, 恥とも, 恥の, 悔しいと, 悪いほど, 悪い事, 悪い所, 悪い様, 悪るく, 感傷的な, 態と面, 憂鬱に, 成程, 戰爭を, 抗議を, 持仏の, 捕へられ三宅島, 捕縛されちまった, 文学が, 文学的な, 旅する, 昔は, 朝鮮人に, 来たの, 来たので, 来た元康, 来た和事, 来た習慣, 来ました, 来る, 来ると, 枯れて, 極りが, 楽しみであった, 次々と, 此手紙は, 殺されること, 汝ぢは, 満足に, 潮風に, 澄子と, 煙たいよう, 物思いに, 犯人に, 独で, 珍らしい, 監視され, 真赤に, 結局印材が, 羞しい, 羨やましがられ, 自分でも, 船が, 良人は, 行く傾き, 行つた, 見苦しい様, 言いつけられた, 話を, 證し, 軍中央部から, 軽ん, 辰代は, 近代の, 逃げられて, 都合好し, 長大複雜であり, 隆景様や, 青年は, 非常に, 領地の, 顔を, 駿介を, 高く売りつけられる, 高谷君は, 魂は

▼ 見られては~ (80, 6.0%)

4 大変と 2 いけない, ならないと, ならぬ知られては, ならんと, 困るもの, 悪いもの, 成らぬと

1 [62件] あたいの, あの仲間, いかんと, いけないと, いけないの, いけなかった, いけぬ人, いない, いるが, うるさい, これまでの, しないかを, しようがない, すまいか, それまで, たいへんだ, たまらない, たまりません, ちと都合, どうかと, どうでしょう, ならないの, ならないもの, ならないよう, ならぬと, ならぬ事, ならぬ品, もう隠しだて, よくないでしょう, ブチ壊し, ヨシ俺もという, 一大事と, 一揆または, 下らないと, 不可とも, 何事も, 困ります帰って, 困る, 困るから, 困ると, 困るという, 困るので, 困るんぢ, 困る何物, 困る値うち, 堪らない, 堪らん堪らん, 大変だ, 大変な, 失礼だ, 宜からぬ如き, 居なかつた, 工合が, 当人納まらないだろう, 忌々しいもの, 恥辱, 悪いと, 疑はれは, 相成らぬと, 迷惑である, 面倒だ, 駒井が

▼ 見られても~ (69, 5.2%)

6 仕方が 3 少しも 2 いる, しかたが, 止むを

1 [54件] いい, いいから, いいであろう, いいという, いいの, お前にだけは, かまや, かまわず野ばら, かまわないか, かまわないけれど, このくやし, それに, ただ日にあたり, つまらねえ, どこに, なほ美を, なるまい, よかった, 仕方あるまい, 仕方の, 別に羞ら, 可, 否やは, 工合が, 巧く, 差し支えない事, 干物しか, 平気で, 役に立つの, 彼に, 彼処まで, 御本人, 心ゆたかであった, 恥かしい, 恥かしくない, 恥かしくも, 恥しからぬ, 惡いし親に, 感付かれ, 文句の, 本来の, 格別これ以上, 母に, 気遣いは, 照りつける烈しい, 狂言の, 男の, 私は, 私や, 耳を, 自分の, 致し方が, 解るその, 誰も

▼ 見られ~ (31, 2.3%)

5 しないかと 3 しない, すまいかと 2 しないかといふ, しなかったかと, しまいかと, せぬか

1 [12件] しないだろうか, しないでしょうか, しないの, しなかったか, しなかったかという, しなかったろうか, しなかつたかと, しまい, しまいか, しますが, せぬかと, せんの

▼ 見られたり~ (28, 2.1%)

2 して, すると, するの, 今朝なんかは

1 [20件] した, しながら, すること, するやう, する目的, そうかと, それから寫眞, また近, わざと無, デュパンの, 事毎に, 何か, 余計な, 再び屋宅, 口を, 変な, 妨害され, 脱走と, 薩長の, 言葉を

▼ 見られそう~ (12, 0.9%)

4 もない 1 でためらって, でなかなか, な気, な風采, になる, にもなくなっ, もありません, 見て

▼ 見られ~ (12, 0.9%)

1 [12件] した, したい果敢ない, したの, しないよう, しなかった, しよう, する, せずまた, せず然, せず草鞋, せず音, せんと

▼ 見られちゃ~ (11, 0.8%)

1 [11件] これからさき, ならない, ならねえよ, アとにかく, 三空曹の, 困るからね, 大変だ, 少し体面, 悪いの, 悪かろう, 面白くねえ

▼ 見られながら~ (10, 0.8%)

2 待って 1 ずッ, なお前, またあのお, テーブルの, 倫敦の, 出て, 室の, 恥か

▼ 見られがち~ (7, 0.5%)

1 であった, であつ, です, でつい, な点, になっ, に帰っ

▼ 見られ~ (7, 0.5%)

1 ういふ子, うだ, うだが, うぢ, うで, うも, ほ子

▼ 見られその~ (7, 0.5%)

1 ために, ところだけ, どれもが, はっきりし, 上ほんものの, 筆の, 見られたもの

▼ 見られでも~ (7, 0.5%)

2 して 1 したらと, したらといふ, しようもの, するかの, するよう

▼ 見られまた~ (7, 0.5%)

1 ザボンの, 外国人が, 大和路などにも, 安土桃山文化などの, 燈籠の, 若干は, 野草の

▼ 見られ易い~ (6, 0.5%)

2 ものである 1 が如き, ならはし, のです, 霜柱の

▼ 見られ~ (5, 0.4%)

1 として人, とて人, なら声, は口惜し, を恥じ

▼ 見られさえ~ (4, 0.3%)

2 しなければ, すれば

▼ 見られそれ~ (4, 0.3%)

1 が現代人, は多分, は穢い, を氷河

▼ 見られ~ (4, 0.3%)

1 き, けり, 行かない, 行くの

▼ 見られやすい~ (4, 0.3%)

1 から行動, がこの, ところに, のである

▼ 見られそして~ (3, 0.2%)

1 その不健全性, その起伏, みつばちやちょうが

▼ 見られちや惡~ (3, 0.2%)

1 いとか, いの, からう

▼ 見られ~ (3, 0.2%)

2 んなあ 1 へんどす

▼ 見られよう~ (3, 0.2%)

1 な悲しみ, もなかっ, 見られようと

▼ 見られ~ (3, 0.2%)

2 は上古 1 によつて産

▼ 見られ其方~ (3, 0.2%)

1 は何時改名, は嫁秀, 知らざる事

▼ 見られ~ (3, 0.2%)

1 あの一聯, 最蒙り, 読めるという

▼ 見られ~ (3, 0.2%)

1 がる嗜好, くない, くなかつた

▼ 見られ特別~ (3, 0.2%)

1 なもの, な取扱, な取扱い

▼ 見られこれ~ (2, 0.2%)

1 が, を八重天蓋

▼ 見られさうな~ (2, 0.2%)

1 のに, 小さな焼

▼ 見られさうに~ (2, 0.2%)

1 ない, なつた

▼ 見られしか~ (2, 0.2%)

1 暫時控へよと, 見られしに

▼ 見られちゃあ~ (2, 0.2%)

1 いけねえからだ, 困ると

▼ 見られ~ (2, 0.2%)

1 え, えから

▼ 見られ乍ら~ (2, 0.2%)

1 もガラツ八, も足

▼ 見られ~ (2, 0.2%)

1 でもその, でも道普請

▼ 見られ佐渡屋~ (2, 0.2%)

2 の裏

▼ 見られ如何~ (2, 0.2%)

1 に久八五十兩, に長

▼ 見られ日本人~ (2, 0.2%)

2 は美術観念

▼ 見られ~ (2, 0.2%)

1 は何, へ

▼ 見られ理想~ (2, 0.2%)

2 を実行

▼ 見られ神社~ (2, 0.2%)

1 の杜, の藪

▼ 見られ~ (2, 0.2%)

2 に美花

▼1* [185件]

見られあの懐しい人たち, 見られあまり野生とは, 見られある夜の, 見られあるいは不徹底と, 見られいきなり判決を, 見られすぐもり, 見られかくて常に, 見られかたが感じられた, 見られかつその花, 見られさらに進んで, 見られ悲しさ, 見られしまいには自分自身, 見られずっと多くの, 見られせめて子爵でなく, 見られそうこうするうち, 見られそこにだれ, 見られその他海胆の卵, 見られそれ以上故なく, 見られたりと心着かしめ, 見られたりはしますが, 見られたるやという, 見られちやならねえよ, 見られちやつていやだなあ, 見られちや極りが惡い, 見られちや極り惡いものばかりです, 見られつつ現実には, 見られつつはあるが, 見られてからなお顔, 見られてさえ一大事である, 見られてしもてて, 見られてしもてましたの, 見られてでもゐるかの, 見られとうとう巡査が, 見られとかく戦場に, 見られどうも佐藤信淵あたりの, 見られどことなくゆかしい人柄, 見られども絶えて, 見られどんな種類の, 見られなお咽喉に, 見られながらもガラッ八, 見られなんだが, 見られはては山人である, 見られひどく不潔な, 見られまさに公然反逆すべき, 見られと堪えずうつむきぬ, 見られむかしを知っ, 見られもし又御, 見られやあしない, 見られやがて葛尾の, 見られよい批評も, 見られよかったが, 見られわけて生母には, 見られコリヤ九郎兵衞今大源が申, 見られコリヤ了源寺の所化, 見られコリヤ浪人文右衞門其方が申立, 見られコリヤ願山其平左衞門には外, 見られコレ城富幸手の實母, 見られトーキー映画に於, 見られボロクソにやられ, 見られ一方からは又, 見られ一種のけもののよう, 見られ一部では城壁, 見られ三千年の媚, 見られ三枚とも見られる, 見られで必要, 見られ下谷山崎町家持五兵衞召仕ひ久兵衞其方生國, 見られ下谷山崎町家持五兵衞悴五郎藏其方年は何歳, 見られ且つ銀子の, 見られ世間一般からも甚だしく, 見られ乗鞍権現もある, 見られ二年とも見られる, 見られ二間柄から三間柄, 見られ亡き母君の, 見られ今日其方店先に金子, 見られ粧坂の, 見られ何十回となく, 見られひけん, 見られ候方々借財等のため自殺候様, 見られ傳吉は其頃一兩年村内, 見られ優に一家を, 見られ八女津媛は単に, 見られは国境, 見られ其方事去る十月二十八日夜兩替町島屋治兵衞方, 見られ其方儀去十二月二十七日, 見られ其方儀今日三五郎妻文と對決申付, 見られ其方儀帶刀をも致す, 見られ其方共身分は何, 見られ其方手元に之, 見られ其方願書の趣き, 見られ凡そ紅粉と, 見られの二つ, 見られ前立腺のマッサージ, 見られ勝ちです, 見られは七島, 見られ又は片歌, 見られ只今差出しの, 見られ只今憑司が申所, 見られ哀い, 見られ呼リン一つで用, 見られ品川の海, 見られ喝采され雷同, 見られ土塀の裾, 見られが聞かれる, 見られの宵, 見られ外側は黒く, 見られ大きな星の, 見られ大岡殿イヤハヤ意氣地のなき, 見られ始めはこれ, 見られ実行されて, 見られ実際に於, 見られの後方二間, 見られ家持五兵衞其方は質屋渡世, 見られ寝台の置い, 見られまざる貴重扱い, 見られ小夜衣其方事も久八, 見られ居候處玉稿に依り, 見られ巨大な石塊, 見られ度いがためになされた, 見られ庶民の間, 見られ当の早坂勇は, 見られに最初, 見られ彼女の有名, 見られ彼等は皮革, 見られ後世に誤られる, 見られ従って市中どこにでも, 見られに此奴, 見られ怖いほど髪, 見られ或は源之, 見られに触れる, 見られになる, 見られ敢えて珍らしい, 見られ方便の教, 見られ日本的な多く, 見られかつた, 見られ昨夜菊事其方が家, 見られ昨日相尋ねし, 見られとする, 見られ晩年の書, 見られ暖炉の前, 見られ曹将軍には心から, 見られ有望な新, 見られ木曾路の青葉, 見られには妙高火山群, 見られ檐端はずれに枝, 見られを謝らし, 見られ此願書の趣き, 見られ歩道の区画, 見られ汝先年日野家に於, 見られ河開きにはポンポン, 見られ火の玉が空中, 見られ無人の孤島, 見られらば, 見られ物質的素材によって製作, 見られ現代の中国, 見られ皇室は本来, 見られ直接の揶揄, 見られは自身, 見られ秩父や箱根, 見られ怨めしげ, 見られ三期には, 見られ紫色をした, 見られにとげとげしい, 見られ胸部レントゲン写真では心臓肥大, 見られは裂け, 見られ自らもいたずら, 見られ自然として取扱われる, 見られ草むらに落ち, 見られ蓋し晶子歌中の, 見られ表現派以前である鏡花氏, 見られ賢明に芸術, 見られ越前守殿心中に何程佞奸無類, 見られの縮む, 見られ農民の暮し, 見られ連絡船の影, 見られ遂に権兵衛は, 見られの女, 見られ部落の人々, 見られはどこ, 見られ願人憑司同人妻早相手傳吉, 見られ飛鳥彫刻の圏外, 見られ馬喰町二丁目武藏屋長兵衞並に前, 見られ怖による, 見られ高名な錢形, 見られの軽重, 見られであしらわれた