青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「豹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

豆~ 豆腐~ 豊~ ~豊か 豊か~ ~豊富 豊富~ 豚~ 象~ 象徴~
豹~
貝~ 貞~ ~負け 負け~ 負傷~ 財布~ ~財産 財産~ 貧しい~ ~貧乏

「豹~」 2498, 26ppm, 4502位

▼ 豹~ (1314, 52.6%)

2422 の心, の顔 16 の眼 15 は自分 13 はその, はふと 12 はもう 11 はそんな 10 はそれ, は多鶴子, は思った 9 の自尊心, は思わず 8 は土門 7 に, の傍, の方, はいきなり, はすっかり, ははっと, はわざと 6 が自分, のこと, の姿, ははじめて, は赧, を見 5 が言う, はあわて, はむっと, は一層, は友子

4 [18件] がそんな, がふと, が多鶴子, と一緒, のところ, の車, はさすが, はちょっと, はまるで, は何, は再び, は周章て, は咄嗟, は眼, は紀代子, は赤井, は黙っ, を連れ

3 [34件] が誰, と多鶴子, にはそんな, に言った, のため, のもの, のよう, の声, の学資, の真, の答案, の表情, の言葉, の魅力, はいちばん後, はただ, はだしぬけ, はつまらなく, はなぜ, はふっと, はやっと, はわれ, は側, は安二郎, は幼心, は眩暈, は簡単, は返事, は顔, も金助, らしい姿, を好い, を嫌い, を見る

2 [84件] がそう, がキャラメル, が出社, が土門, が学校, が家出, が小学校, が帰っ, が病気, が紀代子, が訊く, とお, と三十八歳, と名付けられた, にすっかり, には人, には嬉しい, に一匹, に同情, に尾行, に弱点, に払わせる, に済まない, に聴かせた, に送った, のテーブル, の体, の優等免状, の原稿, の子供, の存在, の気持, の病気, の看病, の真赤, の耳, の肩, の胸, の膝, の興奮, の頭, はあの, はお, はこれ, はこんな, はごろりと, はしょんぼり, はじっと, はすかされた, はそう, はそわそわ, はどう, はぱっと, はほっと, はますます, はみるみる, はもはや, は一里以上, は亀, は二人, は二月, は二階, は今夜, は到頭, は南座, は呟いた, は困った, は妓, は嬉しかっ, は怖い, は思っ, は早生れ, は未だ, は村口多鶴子, は毎朝新聞, は立たされ, は約束, は腹, は誰, は辛くも, は返答, は退屈, を好き, を見た

1 [658件 抜粋] から下宿代, から受け取った, から貰いたかった, から離れ, から電話, があっけ, があまり, がい, がいなかった, がいま, がお, がおそれ, がしっかり, がそこ, がその, がはいる, がびくびく, がびっくり, がやっと, がやや, が中学校, が二三日顔, が今, が何故, が六つ, が出された, が半月家, が喫茶店, が塾, が子供, が定刻, が就職, が席, が帯封, が待っ, が忘れ, が息子, が慰めた, が手, が掟, が新しく, が日本橋筋一丁目, が月給, が毎年木犀, が注意, が物, が珈琲, が答えぬ, が考え, が自嘲的, が見る, が言いかける, が言い出す, が負け, が財布, が赧, が逃げ出した, が選ばれた, が鎰屋, が降りる, が頭, が高等学校, こそこれ, だ, だから, だけだった, だけを乗せ, だと, です, とあれ, というあまり男, という名刺, としてははなはだ, とその, との恋以外, と並ん, と会わず, と名づけられた, と水原紀代子, と疲労, と芝居, と赤井, などとは段違い, など明らか, なら多鶴子, なら持って, にあくどい, にお, にきかせた, にきこえる, にそう, にそれ以上, にた, にとってはいわば, にとってはどんな, にとっては女, にとっては嬉しかっ, にとっては気の毒, にとっては苦々しい, にとっては随分, にはききとれなかった, にはそこ, にはそれ, にはちょっと, にはついぞ, にはどう, にははっきり, にはわからなかった, には事情, には些か, には坐るべき, には多鶴子, には思われ, には目, には紀代子, には羨, には記憶, には身, には長い, にふくませ, にふしぎ, にふと, にもその, にももともと, にも想像, にも感傷, にも順番, に乱暴, に会う, に口, に合図, に向けた, に囁いた, に囁く, に多鶴子, に対してなんらかの, に対しても何, に対する批評, に小遣, に小遣い, に市電, に心, に恋, に手紙, に教え, に横顔, に注いだ, に注目, に激しく, に礼, に算盤, に見, に言わせる, に訊いた, に送っ, に送る, に連, に頭髪, のうしろ, のこと以外, のその, のそんな, のはにかみ屋, のオーバー, のクラス, のグラス, の三高, の不, の五人掛り, の仕草, の出し, の出世, の前, の厄介, の友達, の口, の向い側, の変挺, の外観, の子供だてら, の寒, の少女, の帰り, の帰る, の影, の後姿, の感情, の感覚, の慎重さ, の成長, の所, の手, の手前ひそか, の批評, の掟, の机, の気性, の汗, の流儀, の浅, の点, の独壇場, の申出で, の痩せた, の着流し姿, の社, の社内, の笑, の美しい, の考え, の考え方, の腕, の若い, の蒼白い, の行動, の言い分, の質問, の身の上, の返事, の連れ, の頭髪, の顔色, はあきれ, はあっと, はあれ, はいくらか, はいっぺんに, はいつも, はいま, はいや, はうかうか, はうっとり, はうんざり, はおずおず, はおどろい, はおやっ, はからかわれ, はがっかり, はぎくりと, はこ, はこいつ, はここ, はこそこそ, はこの, はざま, はしかし, はじろりと, はすすめられる, はすれ, はすれ違う, はそういう, はそのまま, はその後妓, はそれとなく, はそれに, はぞっと, はたしかに, はたまり切れず, はついぞ, はなおも, はなにか, はなんだか, ははげしく, はひきかえし, はひきずる, はひと, はひとり, はひどく, はふたたび, はふとそう, はぶらりと, はべつに, はぼ, はまる, はもっと, はもっとも, はやがて, はろくろく, はわざとらしく, はわざわざ, はわりに, はキャラメル, はキラキラ, はクラス, はテーブル, はドア, はポン, は一人, は一足先, は一週間, は三本目, は三高, は上衣, は不安, は不審, は不審ん, は不意打, は中学校, は二ヵ月, は二十分, は些かうんざり, は今, は仕事, は伝票, は何度, は何気なく, は余りに, は僅か, は充分, は入口, は全然, は八つ, は切符, は初めて, は前後, は動こう, は動物的, は勝手, は北寮, は半分逃足, は危く, は原稿, は口, は吉田神社, は同級生, は呆気, は告白, は周章てた, は唄わなかった, は唇, は喜ん, は四十男, は園井, は坐っ, は声, は夜通し, は大声, は女, は妙, は学校, は完膚, は寄宿舎, は寒, は寒い, は尾行記, は居残っ, は平気, は弥生座, は彼等, は待たね, は微笑んだ, は心, は思い, は思わずにやりと, は急, は恋文, は悲痛, は想い出し, は感心, は慰めた, は我が, は我慢, は手, は握りしめた, は放浪, は教師, は断り切れなかった, は新, は新築校舎, は新聞記者, は晩春, は暑い, は書きかけ, は最も, は朝, は林檎ひとつよう, は柄, は案外, は桑部, は止め, は正直, は此, は毎朝新聞社, は比較的, は気, は沼井, は泡, は泣きたい, は洗面所, は活気づく, は涙, は滑稽, は漸く, は火事場, は照れかくし, は父親, は物, は狸寝入り, は町, は異, は畳み掛け, は直感, は相手, は真, は真赤, は瞬間, は瞬間緊張, は神楽坂, は突然, は窓側, は立っ, は答えられなかった, は答える, は編輯長室, は翌年, は背中, は胸, は臆病, は自ら, は自嘲, は自然胸, は興奮, は船員たち, は苦々しかっ, は苦しい, は莫迦, は薄暗い, は虚勢, は見, は見習記者, は訳, は諦め, は身, は身動き, は軽率, は近く, は逃げだした, は逃げ出したくなった, は途端, は遠く, は醜態, は重い, は重苦しい, は野崎, は量, は降りざる, は隅々, は電話, は頼みたかった, は顔色, は顫, は駈寄っ, は驚い, は魂, は鼻糞, もいま, もうしろから, もかり出され, もこだわっ, もさすが, もその, もやらされ, も元来, も多鶴子, も母親, も満足, も笑い, よりいくら, よりもお, よりも六つ, らしい, を, をうっとり, をさげすむ, をすっかり, をそこ, をただお君, をなめ, をひっ張っ, をドア, を品子, を多鶴子, を好いてる, を引き揚げ, を引き止めた, を引止めた, を怒らせ, を抱きあげた, を抱きかかえ, を持ち出した, を指した, を相手, を看病, を背負っ, を見並べ, を見送っ, を訪ね, を負債者, を迎え, を預ける

▼ 豹~ (328, 13.1%)

32 ような 31 ように, 皮を 11 皮の 9 おきもの, すがた 5 やうに, 眼の, 頭が 4 やうな, 如き肉体, 皮は 3 吠え声, 毛が

2 [12件] あとを, からだを, 前の, 子に, 子の, 子は, 恐ろしいす, 様な, 毛皮を, 皮が, 顔が, 顔は

1 [148件] あとから, いるところ, いる所, うしろから, お化けだった, かくれそう, かたちが, からだが, からだは, からだまで, ことを, ごとき狭い, ごとき男女, ごとく, ごとくおどりだして, ごとくその, ごとく智, ごとく木蔭, ごとく洞窟, ごとく躍っては, ごとく身, ごとく飛びかかった, ごとく飛びこんだの, ごとく飛びついて, ごと燃え, しっぽに, しっぽは, ぜんしんが, ために, ぬけだしたところ, ほうから, ほうへ, ゆくえ, ゆくえを, レスリングです, 一種, 上半身が, 中には, 二つの, 仕業, 仕業だ, 仕業だろう, 仲間でない, 信任は, 児の, 入れて, 凄美, 刺青が, 勇に, 口から, 呻き月影, 喉もとから, 嘯きを, 四肢の, 声藪で, 声遠, 外套は, 如くその, 如く女, 如く虎之助, 如く覗, 如く躍りかかッ, 如く追っかけ, 姿だけ, 姿に, 姿の, 媚, 子が, 子どもでは, 子には, 子みたいで, 子を, 子父曹操の, 宝物を, 彫刻が, 心は, 快い弾力, 怒つたやう, 怪事件は, 怪物です, 怪自動車は, 手足は, 斑おせし, 斑に, 斑の, 斑をこそ, 早さ, 暴びも, 檻一滴の, 歩いて, 毛も, 毛皮, 毛皮が, 毛皮に, 気が, 爪を, 爪猩々の, 爪翡翠の, 生皮を, 皮その他の, 皮として, 皮とを, 皮に, 皮や, 皮上に, 皮二枚これを, 目が, 目に, 目の, 目は, 目を, 眼だ, 眼に, 瞳子の, 秘密が, 箱の, 箱を, 精悍な, 絵です, 絵ばかり, 絵ばかりが, 絵や, 絵を, 群あり, 群に, 肩, 背中を, 血, 観世物を, 足の, 足よりも, 足跡だった, 車が, 通りすぎるの, 部下に, 鋭敏な, 闘法は, 雅號については, 難草原へ, 頭から, 頭を, 頭鯊の, 額の, 顔を, 類の, 髪を, 鳴き声でも, 鳴聲

▼ 豹~ (231, 9.2%)

5 の頭, はふと, はペッ 3 の顔, はそう, はその

2 [22件] が言う, だ, だった, の声, の居所, の心, の掟, の言葉, は, はあっけ, はいきなり, はきっと, はじっと, はちら, はどきんと, はやがて, は呟いた, は急, は言った, は雪子, へ, を兄貴

1 [163件] お加代, があれ, がぎょっと, がこんなに, が南海通, が単身, が悪, が椎名咲松, が見た, が雪子, こんな奴おれ, だけは癖, だったが, だな, である, でもさすが, という人間, とお, とつけよう, ともあろう, ならそんなに, なんぞにこんなに, にいいつけられ, にだめ, にとってこれ, にとっては実行, にとっては辛かっ, にとってますます, には小沢, には弟, にもう, に出会った, に川, に泛, に突き当り, に自首, に見せた, に言った, に雪子, に食べさせ, の, のこと, のまずい, のやつ, の上衣, の人恋しい, の何, の信条, の傍, の口, の大股, の姿, の少女, の性質, の想い, の愛称, の持論, の最後, の癖, の眼, の頬, はいかにも, はいつも, はいらいら, はうそぶいた, はかけ出そう, はきい, はききかけ, はぐるり, はこんど, はしばらく, はすさんだ, はすっかり, はそれ, はちょっと, はどこ, はどなりつけた, はにこり, はにやりと, ははっ, ははっと, はぱっと, はひそか, はふっと, はぺっと唾, はますます, はまたもや, はまるで, はもう少し, はやられた, はわざと, はわずか, はカッ, はハナヤ, は一寸口, は上衣, は不気味, は両, は亀吉, は亀吉たち, は二人, は何だか, は例, は再び, は利い, は十時, は叫ん, は向うみずで, は唸っ, は固い, は大阪, は少年, は店, は微笑, は思っ, は思わず, は思わずぎょっと, は思わずにやりと, は悠然と, は拍子抜け, は昂然, は昼間靴みがき, は煙草, は玄関, は登っ, は知らなかった, は石段, は立ち停ろう, は笑った, は素早く, は肚, は背中, は脛, は腕時計, は自分, は警官, は豹, は豹吉, は軽い, は釈然, は靴磨き, は顔, は風, は驚かなかった, は黙々, へあてた, もぎょっと, もさすが, も単身, も暫らく, やお, やその, よう来た, より四つ歳上, らしいやり甲斐, らしくないこと, を取り巻い, を大将, を失望, を射つなら, を指した, を狼狽, を追いくたびれ

▼ 豹~ (149, 6.0%)

3 うずくまって, 歩いて

2 [11件] あと足で, あらわれたの, うちの, その本性, とびかかって, とびこんで, またし, 人間の, 列車の, 彼等の, 銀座の

1 [121件] あらわれた, あらわれたこと, あらわれたでは, あらわれたらその, あらわれるまえに, あらわれ小林君, いきなりとびかかっ, いた, いないこと, いまあっちへ, いる, いること, いるなんて, いるん, いれば, うしろから, うなるはず, うまいと, うめきました, おきなおったの, おたく, おりて, かくれて, かげも, きたこと, ここへ, こしかけて, こちらへ, じぶんたち, すがた, すきな, すぐうしろ, するすると, その弦音, その穴, それを, たべたたくさん, できあがって, とっ組みあって, とびおりたので, とびおりた場所, とびこんだまま, とぶよう, とんで, どういうしかけ, どうして消えた, どちらへ, ぬけだしたの, のそのそと, のそのそ歩い, はいって, ふしぎな, またここ, まだ若かっ, まるで小犬, みょうな, もぞもぞと, やってきたん, ゆうゆうと, ガラス, ニューッと, ブルッと, 一太刀受け, 一生けんめいに, 二十五頭その, 二階にかけ, 人目に, 入れられた, 出たッ, 前足を, 助造じいさん, 動いたよ, 動いて, 口に, 守備兵を, 安楽イスに, 完全な, 小屋の, 尾ける, 屋上に, 屋根を, 岩の, 庭へ, 彼を, 応接室を, 怒る友軍, 恐ろしいいきおい, 書斎まで, 木を, 東京の, 東海道線の, 林沢に, 武夫君の, 死んで, 殺された時, 消えうせるたび, 消えた町, 消えた秘密, 獣を, 獲物を, 生きて, 町なかへ, 町に, 立ちはだかって, 綱に, 自動車に, 落ちたようす, 見事に, 足音を, 跳ぶよう, 車から, 近づいて, 追っかけて, 逃げたと, 進むにつれて, 道の, 邸内に, 隠れ, 集って, 飛び掛かって, 駅の

▼ 豹~ (124, 5.0%)

7 どこにも 2 どこへ, 宝石を, 屋根から, 影も, 煙突の, 金色を

1 [105件] あなたを, あの戸, あらわれて, あれっきりす, いつのまにかこんな, いつのまにか銀座, いまにも, うち殺された, ぐったりと, ぐるぐると, ここに, こちらの, このじい, さっき宝石を, そういっ, そうして町, そこに, そこを, そのレンガ塀, その窓, その部屋, その金庫室, その開いた, それから, それっきりゆくえ不明に, それを, たおれて, たしかにぬけだした, たちもと, とどまって, となりの, とびかかって, どうして煙, なにを, はるか下の, びっくりした, ふしぎな, ふたりの, べつにと, またし, またむこう, まだちゃんとここ, まだ町, まっ赤, まるで大きな, まるで生き, みごとな, みんなに, むろんきみ, もう一つ, もう三メートル, もう屋根, もう煙突, やっぱりあと足, やはり仲壬, ゆうべこの, ドアの, ヒョイと, 一度も, 一段一段ふたりの, 両方から, 二階の, 人間の, 今夜あたり金庫や, 今夜十時に, 列車の, 前方より, 動いて, 千年の, 外皮やら, 大金庫, 家族を, 小刀と, 岩蔭で, 廊下を, 彼等の, 急な, 恐れて, 恐ろしい声, 手洗所の, 日本橋の, 月の, 木に, 本当に逃げた, 武夫君が, 死して, 消えて, 燐の, 猿を, 獣の, 町かどを, 眠って, 窓わくから, 第一曲, 築地の, 耳も, 自由が, 西洋館の, 警官に, 警官よりも, 逃げて, 銀行の, 門の, 電灯の, 餓えて

▼ 豹~ (40, 1.6%)

3 かわって 2 なって, 似た海綿, 化けて

1 [31件] おどされる, しても, たとえられよう, ちがいありません, ちがいない, とってを, なったの, なつて, にらまれると, ばけた怪人, やられるらしい小野豚, よくに, 乗り来り, 似る豹, 出あったとき, 出逢い生命, 勝つべき望み, 化けたばかり, 化けるん, 哺まれて, 啖い殺された, 啖われ, 啖われた, 喰われないよう, 尋ねると, 早がわりし, 気を, 牽かせて, 聞いたという, 追われて, 関係の

▼ 豹~ (33, 1.3%)

1 [33件] いれないよう, うち殺す, かって, この部屋, さがしたの, とらへんと, とり逃がしたふたり, ふせいで, みると, よく見, 中つ, 争って, 使うたの, 使う豹使い, 偲ばせる嫋, 君子豺狼を, 射ちその, 尊ぶ事無類, 怪獣が, 愛す, 柵へ, 檻から, 殺した者, 消したきみ, 発見する, 盗みださないもの, 盗みだそうという, 見た, 見たもの, 見つけること, 見るやう, 追っかけて, 駆使する

▼ 豹~ (21, 0.8%)

1 [21件] いずれも, かさうい, そっくりの, それを, どういう関係, アフリカ守備兵の, 一つ穴に, 一心同体の, 云い出したわけ, 力を, 化して, 名づけられて, 呼んで, 怪老人とを, 梟が, 狼と, 聞いて, 見ると, 関係あり, 関係が, 闘わせようと

▼ 豹~ (17, 0.7%)

32

1 [12件] あ, か獅子, か虎, ぞッ, とかそういう, とか虎, なぞと云う, なと思いました, のが, のと, のの, 一太刀受け

▼ 豹子頭~ (17, 0.7%)

8 の林冲 41 といい, のその, の前, の影, 会うたび顔

▼ 豹子頭林冲~ (15, 0.6%)

2 が風雪

1 [13件] がむじつの罪, であった, と, というの, といっ, とはあんた, とよぶ, と申す, などという談, なるもの, の運命, また呼延灼, をわしたち

▼ 豹~ (11, 0.4%)

2 狼も 1 かないっこありません, ごろりと横, 一千万円の, 來て, 出るかも, 同じよう, 恐ろしいもの, 来て, 遠く及ばぬ

▼ 豹~ (8, 0.3%)

4 の楊林 1 か, という鍛冶屋さん, の湯隆, は本名

▼ 豹~ (6, 0.2%)

1 し逆, するもの, する人, たりし, といふ辭, の倏忽

▼ 豹ぼん~ (5, 0.2%)

21 が可哀そう, のため, の為

▼ 豹~ (5, 0.2%)

1 が風, くるりッ, の気, の美丈夫, 低く短

▼ 豹~ (4, 0.2%)

2 何かの 1 何かを, 虎かを

▼ 豹だった~ (4, 0.2%)

2 のです 1 のでしょう, よ

▼ 豹なんて~ (4, 0.2%)

1 いかにもきみ, かげも, どこにも, 聞いたこと

▼ 豹~ (4, 0.2%)

1 大蛇を, 狐や, 駱駝や, 鳥の

▼ 豹~ (4, 0.2%)

1 などその, などの猛獣, などをもその, の如く

▼ 豹~ (4, 0.2%)

1 の胸甲, を王, を留む, 着る其肩

▼ 豹~ (4, 0.2%)

1 がふもと, でも一切, のごとく, の革

▼ 豹という~ (3, 0.1%)

2 のは 1 思いきった手段

▼ 豹~ (3, 0.1%)

2 のです 1 のでしょう

▼ 豹には~ (3, 0.1%)

1 この犬, 中み, 何一つ不自由

▼ 豹一自身~ (3, 0.1%)

1 いまいましいこと, にも意外, 気がついて

▼ 豹~ (3, 0.1%)

1 がよほど, に會見, を置い

▼ 豹~ (3, 0.1%)

1 のよう, を撒いた, を散らし

▼ 豹から~ (2, 0.1%)

1 思いついて, 訳を

▼ 豹~ (2, 0.1%)

1 アメリカで, 実に恐ろしい

▼ 豹です~ (2, 0.1%)

2 って

▼ 豹では~ (2, 0.1%)

1 なかった, なくて

▼ 豹でも~ (2, 0.1%)

1 あるいたらしい泥濘, なかった

▼ 豹とか~ (2, 0.1%)

1 山犬という, 署名し

▼ 豹など~ (2, 0.1%)

1 どこにも, もつれて

▼ 豹などの~ (2, 0.1%)

1 猛獣が, 猛獣群を

▼ 豹などを~ (2, 0.1%)

1 とりあつかうの, 入れたこと

▼ 豹なんか~ (2, 0.1%)

1 いるもん, くるはず

▼ 豹一ひとり~ (2, 0.1%)

1 だったから, 知らず知らずそんな

▼ 豹一的~ (2, 0.1%)

1 でつまり, な限界

▼ 豹一赤井野崎~ (2, 0.1%)

2 の三人

▼ 豹~ (2, 0.1%)

1 が一撃, のこと

▼ 豹吉たち~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 豹太沙朗八万~ (2, 0.1%)

1 に命じ, の五名

▼ 豹獅子狼~ (2, 0.1%)

1 の出, は肉慾

▼ 豹鶴鷺~ (2, 0.1%)

2 と勝

▼1* [92件]

あって上らん, 豹あらはる輕くし, 豹いまだ独り身なら, 豹かもしれない, 豹くろき爪を, 豹その幽を, 豹そのままな腰, 豹だけは仙人達に, 豹だってはいれないこと, 豹だの茶袋だ, 豹だろうといういや, 豹でございまではよかつ, 豹でしたよ, 豹でしょうか, 豹でなく人間の, 豹といふ雅號を, 豹とがまたたく間に, 豹とともに朱沙鼠を, 豹どうしたいいかげん, 豹どももたちまち, 豹なく羊は, 豹ならそんな知恵, 豹についてのロマンティックな, 豹にも足りない, 豹のうしろすがた, 豹はのそりの, 豹向って, 豹ぼん何か賭けん, 豹までも走り出して, 豹みたいにかがまっ, 豹らしいものが, 豹一おまえは可哀そう, 豹一のはいる, 豹一はかなり幸福, 豹一はじーんと気, 豹一はだし抜けに, 豹一らの分, 豹一殿と殿, 豹一自身われながら満足, 豹使いのじいさん, 豹別弁人狸別狸変ずれば, 豹を率い, 豹吉たち青蛇団を見送った, 豹吉はじめ青蛇団, 豹吉らの刺青, 豹吉亀吉兵古帯のお, 豹吉流に解釈, 豹の李, 豹変ずればすなわち, 豹鱶のぞき, 豹太郎が死んだ, 豹子湯隆もまた, 豹子頭林沖は勇ましい, 豹尾神の八神, 豹尾虎歯にし, 豹に託っ, 豹或は豺狼の, 豹殺し命のまにまに, 豹殺し対う, 豹殺し腰抜かすばかり, 豹毒蛇悪蝎, 豹の面, 豹治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 豹の話なぞ, 豹に比べた, 豹獅子馬駱駝象の大きな, 豹獅米獅等の輩, 豹目がけて襲いかかれ, 豹は彼本来, 豹眉犬牙の荒武者, 豹も住民, 豹羊鵲なし, 豹羊鵲兵用矛楯木弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 豹胎鯉尾龍肝鳳髓鶚炙酥酪蝉, 豹舞畢演戯一折然後啓霊, 豹蛟竜銅鉄を食う, 豹変ずれば, 豹豺狼毒蛇悪蝎, 豹豺羆の脂, 豹の気負い, 豹及び滝氏ら, 豹軒等の諸氏, 豹頭炬眼その虎髯, 豹頭猿臂まことに稀代, 豹頭環眼張飛がそう, 豹頭虎眉の猛者, 豹にするどい, 豹額虎躰猛気凛々たる者, 豹を布, 豹とみんな医学者, 豹駝獅子は同じ, 豹駝鹿牛羊駱駝豚河馬等これに属す