青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「豊か~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

讃~ ~變 變~ ~谷 谷~ 谷間~ 豆~ 豆腐~ 豊~ ~豊か
豊か~
~豊富 豊富~ 豚~ 象~ 象徴~ 豹~ 貝~ 貞~ ~負け 負け~

「豊か~」 1778, 18ppm, 6217位

▼ 豊か~ (903, 50.8%)

11 生活を 7 頬を 6 頬と 5 ものが, ものと, 微笑を, 美しさ, 自然の, 頬に 4 ことは, もので, ものに, 感じの, 質は, 頬の

3 [20件] ものだ, ものである, ものの, ものを, 人が, 人生を, 家に, 幸福を, 心持ちが, 水の, 生計を, 経験を, 美を, 肉づき, 肉付の, 頬には, 騒ぎが, 髪の毛を, 髪を, 黒髪を

2 [69件] くせに, くらしの, こと, ことが, ことを, そして肉, ところが, パーマネントの, 乳房が, 人で, 人では, 人の, 人間愛と, 伝説と, 信仰や, 力強い文化, 双頬, 変化を, 天分を, 姿が, 姿を, 家の, 愛情と, 感じが, 感性の, 感情の, 才能の, 才能を, 挨拶が, 教養から, 文化を, 方で, 春を, 暮しを, 朝鮮民族への, 果樹園を, 民が, 気持ちで, 水が, 波を, 点で, 理由も, 生活が, 生活の, 男である, 白い頬, 眼を, 私の, 種類と, 精神を, 線を, 美が, 耕地に, 肉が, 肉体が, 肉体を, 肢体を, 肩が, 肩の, 胸に, 胸の, 臀部など, 色彩と, 金色の, 雅致は, 頃を, 頤を, 顎を, 顔を

1 [627件 抜粋] あなた方は, あの男, いい匂い, いかにも生理的, うちに, おん横顔や, お国風雑煮, からだ, こころで, ことである, こと乳の, このターザン映画, この地, この夜, そして平和, そのからだ, だけに早く, ちっとも俗人, ところがすなわち山陽, ところリリシズムの, と云う, ぬくもりも, のだ, のでその, ので嫡子, ので誰か, のにも似ず, のに吾, のに較べる, のに近来ヒド, ほどいい, まるで角力取, ものじゃ, ものであった, ものです, ものなれ, ものは, もの色彩に, よい心持, ように, ろくろ首の, わが国において, スンダ諸島の, ソファに, デリケエトな, ノスタルヂヤの, ポケット, モンペ二着を, ヨーロッパ人でござい, ロシヤの, 一見し, 上に, 上演目録で, 世界の, 中肉の, 丸顔な, 乳が, 乳房の, 予期が, 事は, 二の腕が, 二重瞼の, 人々が, 人々の, 人であった, 人は, 人生体験と, 人生味が, 人生設計を, 人間であった, 人間性を, 人間的魅力といふか, 人領を, 以前の, 伝統と, 伝統を, 住居街で, 何か, 何とも憎たらしい, 余生を, 作品が, 作物を, 供給が, 俗謡, 俳優が, 優しい声, 優人で, 優美さを, 元気な, 光には, 光の, 光を, 光線が, 公卿という, 共存を, 内容と, 冴えを, 処女地処女地に, 創作力と, 力が, 力で, 力の, 力強い清澄, 加藤式部少, 動きを, 北上平野を, 南アメリカなんか, 南国だ, 印象とを, 友情に, 収穫が, 口の, 古澤氏の, 吉良領の, 同情に, 名刹として, 呑気な, 味の, 呼吸を, 品々が, 品の, 唯物主義の, 唱歌形式の, 喋舌家である, 喜びが, 喜びを, 喜悦を, 四季の, 国において, 国の, 国を, 国民は, 土の, 土地であっ, 土地であった, 土地であり, 土地という, 土地の, 土地は, 土地を, 地と, 地に, 均衡を, 垂れ頬ひきしまった, 境遇や, 墾田と, 声ながら, 声を, 変革であった, 外光に, 夢を, 夢をも, 大きい調子, 大きな顔, 大たぶ, 大和平原を, 大樹と, 大腿との, 大雨が, 天分才能を, 太陽よ, 夫人たちの, 女が, 女で, 女性であっただろう, 女性と, 女等は, 威容は, 娘の, 娘姿で, 婦人作家の, 字彙に, 安息時を, 安楽椅子が, 完璧な, 官能とを, 実りを, 実を, 家庭でも, 家柄では, 寂光土に, 尊敬すべき, 小さい口, 小径だつた, 山に, 山幸を, 山東地方を, 島だ, 平明な, 平野の, 平野は, 年は, 年増の, 幸福感に, 広い畑, 形な, 彩衣を, 影に, 得意さうな, 御方で, 循環を, 微笑が, 微笑の, 心で, 心である, 心も, 心を, 心情を, 心持を, 快い夜昼, 恰幅の, 情愛とは, 情熱を, 情緒と, 情緒とを, 想い出だ, 意義と, 愛や, 愛を, 愛情を, 感じであった, 感じに, 感じは, 感受性の, 感情とを, 感激と, 感覚を, 所が, 所は, 手に, 手紙だった, 才気と, 才能が, 才量を, 抑揚で, 抱擁力を, 支援を, 教養, 教養と, 文章は, 方が, 方でない, 方として, 旗下であった, 日を, 日光は, 日光を, 明るい顔, 明朗な, 明色の, 昔ながらの, 春の, 春外套を, 時でさえ, 時代と, 景色の, 景観を, 暮しむきで, 暮らし方を, 曲だ, 曲である, 更に偉大, 月夜で, 有為の, 朝餐な, 期待である, 木馬にも, 未来を, 村, 束髪や, 果実を, 果樹園とに, 架空日誌を, 柔かさ, 森を, 様だ, 様や, 模様健実な, 次中音, 歌で, 歌人であった, 此辺は, 毛並を, 民でのう, 気もちに, 気分で, 気持ちと, 気持ちの, 気持である, 気持に, 気配が, 水, 水に, 水分が, 氾濫光と, 沃土を, 波紋を, 洗練された, 活力と, 活計チャチャン・ペンマで, 流れ, 淀みなき, 湯の, 漢文で, 激しい火, 灯が, 点に, 点において, 点や, 為政者の, 物への, 物産に, 物質に, 状態に, 玉川の, 理念が, 理想に, 甘さ, 甘美な, 生の, 生命の, 生活だけが, 生活に, 生活は, 生活力を, 生活資料の, 生産地を, 生産村, 生計の, 田園の, 甲州勢と, 男だった, 男の, 町, 町人の, 白い肌, 白い脂肉, 皺が, 直感として, 相を, 相形, 相貌を, 眉毛と, 真理が, 眺めだった, 眼の, 知恵を, 知識が, 知識と, 社会的地盤を, 祝福を, 福相に, 秋の, 稀れ, 稔りの, 稔りを, 穀作に, 立派な, 笑みが, 笑顔の, 精兵だった, 精神生活を, 純な, 素質を, 経済の, 結実を, 絵は, 緑の, 縁取りに, 繁茂の, 羨望したい, 者であれ, 者でなけれ, 者ほど, 者力強い, 而も, 耕地の, 耕地も, 耳と, 聖容を, 肉づけ, 肉と, 肉に, 肉も, 肉付きは, 肉体と, 肉体には, 肉体の, 肉体も, 肉体桜の, 肉線の, 肉附き, 肌は, 肩へ, 肩も, 肩胛骨, 胴へ, 胸も, 胸声に, 胸声は, 腕の, 腕を, 腰を, 腹部が, 自然に, 興味は, 色彩を, 色彩感が, 芍薬の, 花園の, 花房の, 若々しくも, 若者では, 若者なら, 荒法師玄長坊でした, 菜園を, 装備や, 装身具を, 装飾の, 襞を, 見本であっ, 親父の, 解除手段も, 触感が, 詩趣と, 語彙を, 調和そのものである, 谷と, 象徴として, 象徴的表現を, 貴女らしさ, 貴婦人である, 資源が, 資源と, 資源を, 贅沢品を, 赤みの, 趣を, 足を, 身体つきを, 身分であった, 輪廓を, 農村の, 農耕地を, 通つた鼻筋も, 運命を, 遺産を, 酒肴が, 金文字を, 金色を, 金髪, 金髪を, 鋭い感性, 鋭敏な, 長吏, 陰鬱な, 隈取りの, 階級に, 雨や, 雪国の, 霊能が, 青年で, 面を, 面長の, 音楽だった, 音楽修業の, 領域が, 頬かすかに, 頬から, 頬からは, 頬が, 頬にも, 頬は, 頬肉厚の, 頬辺を, 額厚い, 顎に, 顏を, 顔から, 顔だ, 顔だち, 顔の, 風情を, 風流人かと, 風趣を, 香料を, 骨組みを, 髪が, 髪だった, 髪で, 髪と, 髪は, 鬢の, 魂と, 鮎を, 鶴岡藩であった, 麦畠である, 黒いしっかと, 黒い髪, 黒髪やや

▼ 豊か~ (435, 24.5%)

18 して 10 暮して 8 すること 6 なった 5 するため 4 なって 3 されて, するもの, なると, もつて, 幸福に, 持って, 煙の

2 [21件] させて, したもの, しなければ, しようと, するよう, する事, なつた, なるの, のびのびと, ひろくそして, もって, 動く, 射し始めた中, 暮らして, 正しき労働, 流れて, 生活し, 発達し, 神崎を, 蓄えた人間的経験, 見えるの

1 [321件] あつた, あふれ出る有様, あらは, あること, あると, あるの, ある室内, あろう, かけて, かつ鮮明, こゑ給へば, させること, さへ, されたといふ, されたの, された巣, された心, された情熱, された精神, されるだけの, され又, され成熟, され自分, しそれ, したいもの, したかは, したという, した密貿易, した故に, した記憶, しっかりした, しつまり神, しないので, しまた, し且つ, し人, し刺激, し力づけ磨き清めるため, し得る面, し明日, し根柢, し特に, し純粋, し色々, し表情, すべきである, するが, するその, するだけの, するという, するといふ, するの, する役, する為め, する目的以外, する途, すれば, せんこと, そして悠々, その盛りあがり, それ以後に, たたえて, たのしく生活, たれた直衣, とって, どちらを, なうて, なったから, なったこと, なったころ, なったとか, なったので, なったわけ, なびかせた, ならず文化的, ならないと, ならぬよう, なりたい者, なりながら, なりまさっ, なり仏印, なり体質, なり和やか, なり救, なり私, なり貧乏, なる, なるだろう, なるといふ, なるばかりに, なるよう, なる事, なる道理, なれば, なれるわけ, なろうと, なろうなんて, ぬること, のびて, ふくらんだ, ほっこりするでしょうのにね, みのった二つ, みのって, みのれる石狩, めぐまれて, もちつ, もち上つた緑, ガラッ八, ガラツ八を, 下らんこと, 下るの, 与えぬ, 与えよ権利, 与えられて, 丸々と, 丸く折れ, 丸っこい娘さん, 人生の, 伝わる土地, 伸び育ち押し, 住む人, 何の, 供給せられる, 倚る, 健かに, 健全ならしむる, 備わった女, 備わって, 元気に, 光を, 具へて, 円な, 円熟する, 冷, 処置し得る, 出かけて, 出て, 出来て, 出来る事, 力が, 加へ, 動かさないの, 勾配が, 包まれて, 匿れ, 受けて, 名声も, 吸うた境内, 喰べたり, 坐った黒羽二重, 垂れか, 垂れかかる片肌, 垂れた金髪, 垂れ下げ輪廓, 妻を, 実らす土地, 実れ, 家に, 山村の, 巻いて, 弛んで, 張った双, 弾んで, 彩ること, 律を, 思う, 思われた, 急速に, 息づいて, 息づきぬ, 恵んで, 感じさせる為, 感じられるよ, 懐に, 手を, 拡がって, 括つた朱, 持たせたもの, 持ちすぎて, 持ち殊に, 持つ, 持つたもの, 指摘し, 描いて, 描かれた大作, 描かれて, 敷衍し, 新しい希望, 日を, 日光に, 明るかった, 暖かな, 暮すが, 暮すこと, 暮すであろう, 暮せる, 暮らしてる姉, 暮らしました, 暮らせますよう, 暮らせる, 松林伏し, 柔らかい唐式, 栄え溢, 極めたる富人, 歩いて, 歴史的意識を, 残されて, 残して, 残って, 民藝品に, 汲みあげて, 波だつ麦畑, 注ぎ込まれてるわれわれ, 洩れ込みて, 流れる, 流麗な, 浅黒いその, 浴びて, 浴びてさ, 海原の, 湧き上がる思い, 満ちあふれて, 満ちて, 溜りそして, 溢れる, 溶け合いいわば, 漂うの, 潤いて, 潤沢な, 濯いで, 煙を, 照らされて, 熟したこの, 熟れた, 物を, 物腰衣裳つきよく, 猟犬の, 獲得し, 現れて, 現われて, 生い繁った, 生い茂り緻密, 生きること, 生命を, 生彩あらしめ, 生活する, 産した結果, 白の, 盈ち溢れて, 目を, 直接に, 相見え候, 着こなした明石, 着せられて, 示されて, 示すこと, 示す此系統, 秩序だつた, 稔る楽土, 穏やかに, 穣れり, 立ち騰つて翠巒, 立派に, 築きあげて, 籠って, 細緻に, 結ばれた唇, 維持する, 繁った, 美が, 美しいと, 考へて, 肥えた肩, 肥え上眼瞼, 肥え労, 育ち生計, 育て次第に, 胸を, 脇息を, 脹れ上って, 膝まで, 至ってしとやか, 舞台の, 色が, 茂らせないで, 草木の, 華美に, 落ちついた声, 落ちつきを, 落ついた静か, 蔵され, 蔵し, 表面は, 覚えられるお, 試みられふるぼけた古物, 賞せられた話, 身に, 身安らかに, 送りながら, 遂げられて, 道義も, 違いない, 酒をば, 里人を, 長命を, 開いた木蘭, 開く, 降り注ぎ何, 降り濺, 露出され, 青々と, 靡く黒髪, 頤の, 頬張って, 食った鮎, 飾られて, 飾りつけられた大きな, 馬を, 高きその, 黄に, 黄ばんで

▼ 豊か~ (92, 5.2%)

2 からいろんな, と幸福感, に於

1 [86件] から幽か, があっ, がこ, が与えられるだろう, が増し, が実物, が知らず, が羨ましく, が見えます, が頷けた, するどさ, そのままの, であります, でおし, というもの, という性格, といふもの, とが, とが寛大, とが此所, として実っ, とにおいて決して, とはもつともよく, とをもっ, とを保ちつ, とを必要, と内部, と弾みみたい, と気品, と表現力, にほ, によりこの, に徴, に感心, に満足, に私, に追, のよう, の中, の可能, の感じられる, はありません, はいささか, はじつに, はどこ, はなかつた, は一般, は二倍, は子路, は最高, は興国塾, は豊か, は青磁色, もいい, や美し, をのみ現, をひびかせ, を与える, を以つて, を以てし, を住宅自体, を余り, を偲ぶ, を増し, を増す, を失った, を好み, を少し, を思わせる, を感じさせ, を持ち合わさない, を持ち扱いかね, を持つ, を残り, を求める, を紺飛白, を見のがし, を評価, を語っ, を語る, を述べ, を飽くまでも, を驚き, 明るさ爽やかさ, 正しく生きる, 話しの

▼ 豊か~ (84, 4.7%)

5 はない 3 あつた 2 そのスリル, はありませんでした, はある, もない

1 [68件] あつて, うす濁り, おあり, こんなに人, ござりやす, しかも他人, そして何, その妻, たいへん美し, ただ大いに, ちっとや, どんな物事, はあっ, はあった, はなかっ, はなかつた, はなやかでした, まるで茶人達, もつとも愉し, もなかろう, よい女房, よく事情, よろしいもの, ジョヴァンニは, ポリドールの, 中学卒業後法律を, 住民も, 健全な, 健康らしく思われた, 充実してる, 先ず可, 全ての, 冬に, 刺身よかれ, 同時に鋭敏, 含蓄的で, 天産物が, 奇体に, 子供は, 平和で, 底に, 強い内容, 後年写真版で, 放逸で, 曹操に, 比較的素直, 気まぐれな, 洗練され, 清らかで, 温乎として, 潤いが, 独自な, 甚だおいしかっ, 範囲も, 素直な, 緊密な, 総じて体, 肥満した, 膝から, 膩か, 自分勝手に, 舞台が, 荘厳な, 虫の, 諸芸, 贅沢に, 鋭くその, 顎も

▼ 豊かなる~ (43, 2.4%)

1 [43件] かも春かけ, ことに, この海, に到っ, ものとしては, ものは, 不二の, 世相描写を, 伊勢情調が, 俳優は, 児童が, 双頬, 国より, 大きな島, 好事家が, 季節に, 学識を, 宝は, 御方を, 心ばえや, 想像の, 愛, 愛情を, 描写力を, 柳かげ葦笛吹き, 民謡の, 水と, 河馬神アピトエリス, 泉に, 清風明月が, 源泉であり, 滋養が, 滝の, 生活描写が, 畑つ, 自然, 襞を, 貌山のみね, 関東の, 階級に, 頬に, 香は, 騎手達です

▼ 豊か~ (38, 2.1%)

2 大男だ, 長身を, 髯面の

1 [32件] 与九郎, 体格で, 体格に, 偉丈夫, 偉大な, 偉躯, 兵隊さんだ, 兵隊さんとは, 図体で, 坊主首級が, 壮漢が, 壮漢は, 大きくて, 大入道, 大入道の, 大兵漢です, 大山伏, 大柄な, 大漢子, 大男が, 大男と, 巨躯と, 歩兵さんでござんす, 歩兵さんとは, 筋骨逞しい, 豪傑が, 赧顔の, 身体は, 逞しき荒法師, 頬二重に, 顔唇など, 高さ

▼ 豊かである~ (20, 1.1%)

2 ということ

1 [18件] から後妻, がた, が顔色, ことが, ことに, ことは, ために, だけそれ, といふこと, と昔, のを, ように, ようにと, 上に, 事は, 代りに, 様にと, 筈である

▼ 豊かでない~ (20, 1.1%)

1 [20件] から多額, せいも, という場合, ね, のが, のである, のにその, のに僕, 上に, 人達の, 伯母の, 場合は, 家の, 小説家である, 時な, 生活が, 研究所や, 腹を, 財嚢から, 頬を

▼ 豊か~ (13, 0.7%)

1 [13件] から, がういういしい, が大将, し客足, し椰子, し青い, し顔, そうでございます, つた持統天皇は, つた頬の, という, ということ, 浴し

▼ 豊かであった~ (9, 0.5%)

1 がともに, ことが, この声量, という理由, と見え, 一人の, 上に, 少数の, 日本では

▼ 豊か~ (8, 0.4%)

1 いうほど, いえば, なったから, 安心を, 差覗きたる, 推察された, 見えなかなか, 見えるな

▼ 豊かでも~ (5, 0.3%)

1 あった, ないこの, なさそう, 自分は, 飢に

▼ 豊かそう~ (4, 0.2%)

1 な家, な町, に人, に見えた

▼ 豊かだった~ (4, 0.2%)

1 がしかし, ことは, と思われる, 中流層の

▼ 豊かであっ~ (4, 0.2%)

1 てクリストフ, て倉入り千俵, て恐らく, て時流

▼ 豊かであり~ (4, 0.2%)

1 ことに身分, しめじは, 気候温暖人種は, 皮層は

▼ 豊かでなく~ (4, 0.2%)

1 それを, てはならない, アッシジの, 近所の

▼ 豊かでなけれ~ (4, 0.2%)

1 ばならない, ばなりません, ば結局狭隘, ば自由

▼ 豊かでなかった~ (3, 0.2%)

1 ためでも, ため亡父の, にしろ

▼ 豊かならしめる~ (3, 0.2%)

1 ことを, 傾向が, 精神力の

▼ 豊かなり~ (3, 0.2%)

1 と思われた, 乏しとも, 芬華の

▼ 豊かなるべき~ (3, 0.2%)

1 を示す, 日であった, 青春と

▼ 豊かすぎる~ (2, 0.1%)

1 くらいにやっ, ことを

▼ 豊かであれ~ (2, 0.1%)

1 はいい, ばたいがい鋭敏

▼ 豊かならざる~ (2, 0.1%)

1 小さな国土, 庶民たる

▼ 豊かならぬ~ (2, 0.1%)

1 ユダヤ人の, 父母に

▼ 豊かには~ (2, 0.1%)

1 ありませぬし, 見えるが

▼ 豊かにも~ (2, 0.1%)

1 ない資金, なったこと

▼ 豊かにより~ (2, 0.1%)

1 幸福に, 豊かにと

▼1* [58件]

豊かさからいつても, 豊かさ二重顋頸のくくれ, 豊かさ恵み深さ, 豊かさ感覚の鋭敏さ, 豊かさ柔軟性と関係, 豊かさ構想の非凡さ, 豊かさ爽やかな生活力そのもの, 豊かさ純一性成長性が感銘, 豊かさ鋭さに俟, 豊かさ高貴さと違う, 豊かだつたので金貸し, 豊かやない, 豊かでありたいということ, 豊かであり虐げられた人々の, 豊かであるべきはずであった, 豊かですから焼, 豊かでたるんでいる, 豊かでないせゐもあつ, 豊かでなかつたから誘惑, 豊かでなくってやむをえず, 豊かでなくなりかなりに, 豊かでなく痩せていた, 豊かでゐた方が, 豊かで張切ってながれ, 豊かで溢れるように, 豊かで見るから健か, 豊かという感じが, 豊かといふわけで, 豊かとは云ひ, 豊かなあふれるような, 豊かなひげを, 豊かなもつたい無い, 豊かならしめおのれの, 豊かならしめようとして表現, 豊かならしめ得るためには, 豊かならず疫癘頻りに, 豊かなりしかば石城神社祭典, 豊かなるおもむきは古今, 豊かなる掻きわけ難きかなしみ, 豊かなれと祈願, 豊かな住みよい国, 豊かな優れた文化である, 豊かな捲髪を, 豊かな捲き毛は, 豊かな楽しめば楽しみうる, 豊かな湧き上がるような, 豊かな笑う時言う, 豊かな落ちついた一廓を, 豊かな赤茶けた山肌全体が, 豊かな隠されたる美の, 豊かにと成育しなけれ, 豊かにのうこりゃ下郎, 豊からしくふくらんで居る, 豊か内に, 豊か軽き商人, 豊か果物も豊か, 豊か骨格鬼の如く, 豊かとも組