青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「進み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

連~ ~連れ 連れ~ ~連中 連中~ ~連絡 連絡~ 連続~ 週間~ 進~
進み~
~進む 進む~ ~進め 進め~ ~進ん 進ん~ ~進んだ 進化~ ~進歩 進歩~

「進み~」 1007, 11ppm, 9934位

▼ 進み~ (137, 13.6%)

3 浪子の 2 これに, これを, 正服, 西洋に

1 [126件] ありたり, あれ, きょうの, これが, その任, その像, その母, その理, とある地, どれちょっと, はじめて万物, まず杯, まず砲艦赤城, やむこと, わが願, アイアーストロイア軍を, アキリュウス, アキリュウス・, コルソオに, ネストール, ヒッポコオーン, ポンテリアルトオに, 一の, 一二時間にて, 一礼を, 下影森を, 之と, 之を, 予に, 二十四時を, 亡し, 人は, 今の, 他の, 他日日本大学の, 仙童に, 偶合の, 僧の, 儕輩を, 共に, 兵士に, 分割に, 助けを, 勇將の, 卑見を, 南駒に, 印度支那総督と, 印度支那總督と, 各は, 多くの, 多少理屈め, 夢中の, 大唐, 大汝峰に, 天上の, 奢侈の, 姉の, 婢に, 孰にか, 宗旨の, 小高き広場, 己を, 師の, 床を, 彼の, 後かの, 我が, 我手を, 或は旧時, 戦闘殺伐物を, 戰鬪の, 戰鬪を, 政教の, 政治上表面の, 敵すべからず退きては, 敵の, 敵軍の, 文まいらすべき, 斯くて, 日本大学の, 東京に, 楕円も, 槍を, 次第に終極, 止まり二歩, 此の, 此僕の, 殖産興業に, 殺戮を, 求めに, 海岸なる, 灰色の, 片足戻る, 現職の, 生き乍ら, 生田の, 登り海抜三一四六メートル, 白す, 盟ひ, 目科の, 直に北平, 相距, 神前に, 穴を, 第七圈, 第六, 老人を, 舞臺の, 花畑を, 英雄と, 衆に, 見えずなりしが, 言ふ, 貴嬢, 資を, 賭けられし二重, 軍勢の, 近きに, 退かず難, 道徳を以て, 遼河以東に, 関谷村に, 雪浪萬重の, 青銅の, 願はくは, 飯櫃など

▼ 進みつつ~ (45, 4.5%)

7 ある 5 あること 4 あると 3 あったの, あるの 2 あるから

1 [21件] ああ彼女ら成牝, あった, ありながらの, あるという, あるとき, あるよう, あるを, ある他, ある場合, ある我々, ある文化, ある時, ある立派, ある行動, ある身體, あれども, メス骨に, 人間としての, 私は, 行くと, 遠近深浅に

▼ 進み~ (38, 3.8%)

4 つ, て, ぬ 2 りて, る, るを

1 [20件] たり, て彼, て汝, て王, て襲, て頭, ぬアポローン彼, りいと, りぬ, り汪, り言はず, るにつれ, るメーリオネース, る彼, る敵, れ, れるみたりの, れるトロイア, れる敵將, れる軍勢

▼ 進みながら~ (37, 3.7%)

2 そこを

1 [35件] かの人, こんな言葉, さすがは, そこここと, たが, たがいに, つと眼, ときどきもうつまずい, また云いました, やがて彼, ようやく事務室, 人夫は, 他の, 何だかやり切れない, 僕は, 光明の, 右手に, 喚いた, 外の, 娘の, 宇治は, 小さい兄妹, 巨大な, 平生私曲の, 彼女は, 月光を, 樹木を, 水の上の, 珠数屋の, 疑惑する, 睦まじそう, 確かに, 線香の, 言った, 途中誤謬に

▼ 進み~ (35, 3.5%)

3 退きも 2 ならず退きも, 早い

1 [28件] おのずと早い, おのずと鈍っ, しないで, しないよう, しない酒, しなかったが, するので, すれば, せずもどりも, せず同じ, せず退きも, なさらず退きも, ならずしりぞきも, ならず一様, ならず必死, ならず惨, ならないから, はかどらずさらに, ひきも, ますます速く, やらずもどりも, よく人, 出来ずそのまま, 引きも, 得ず吹雪, 早くその, 早く師家, 著るしく

▼ 進み~ (29, 2.9%)

4 なって 2 なつた, なりました, なりませんですか

1 [19件] なった, ならないで, ならないの, ならん事, なりひと, なりましたが, なりましょう, なりますと, なりやがて, なり両, なり山, なると, なるやう, なる由, 初めは, 磐に, 進みその, 進む, 進む見幕

▼ 進み~ (29, 2.9%)

3 をし

1 [26件] からし, があります, がどれ, が一番理, が早, が早い, だった, であるので, です, で計られね, とこれら, と遅れ, なので, には世界, に行く, のうち, はし, はその, は不規則, は多分, は目立った, は自然, をする, をどういう, を促し, を測った

▼ 進みその~ (15, 1.5%)

2 頭の

1 [13件] あとから, 代り安全であり, 夜は, 年いっぱい観心と, 年の, 弁妄と, 数すでに, 日の, 次男で, 水を, 社会の, 第十歩, 額八倍する

▼ 進みかた~ (13, 1.3%)

1 [13件] がごく, がひどく, との間, と他, と自ずから, などと言う, に較べ, に関するごく, のえら, ののろ, は内科, よりも身體, を見る

▼ 進みまた~ (13, 1.3%)

2 丁度さっき

1 [11件] かなた耕地の, ちょうどさっき, わざとらしからぬ, 三足あとへも, 下りて, 他の, 停止した, 恰度さつきの, 我は, 考古学, 進まんと

▼ 進み~ (13, 1.3%)

1 [13件] つづけて, もって, 助ける力, 多少なり, 妨げたこと, 目に, 示すもの, 示す別個, 自分の, 躊躇せしめた, 辿って, 遅らすこと, 重くした

▼ 進み~ (8, 0.8%)

1 ない, 伴なう, 如何にものろい, 惡かつ, 案外早かっ, 百貨店の, 考えられなければ, 鈍る

▼ 進みては~ (7, 0.7%)

1 一大事なりと, 又一歩, 新聞雑誌または, 竜も, 行きとも, 道ある, 飮まずし

▼ 進み~ (7, 0.7%)

3 しない 1 しないか, しなかった, 一向はかどらなく, 非常に

▼ 進みやがて~ (7, 0.7%)

1 そこも, は世界, 一箇寺の, 心理的な, 消ゆ, 私の, 竜宮界の

▼ 進みより~ (6, 0.6%)

1 いきなりステッキ, 三たび濃霧の, 何か, 方程式により, 用意の, 芳一の

▼ 進み遂に~ (6, 0.6%)

1 は親しく, 十二月に, 千曲川に, 戦って, 東京湾に, 近代英語に

▼ 進みそして~ (5, 0.5%)

1 うしろに, オランダ人の, 川岸まで, 通俗化したなら, 雷の

▼ 進み~ (5, 0.5%)

3 つた 1 つた世の, つて行つた

▼ 進みあるいは~ (4, 0.4%)

1 一挙に, 尾根を, 生命の, 退く

▼ 進みさらに~ (4, 0.4%)

1 また目前, 人間性, 市ヶ谷の, 曲がって

▼ 進みそこ~ (4, 0.4%)

1 にその, に安置, に置かれ, を左

▼ 進みそれ~ (4, 0.4%)

1 に映つた, も三色, を左右, を手わたし

▼ 進みよう~ (4, 0.4%)

1 がない, がなくなった, など注意, のない

▼ 進み入り~ (4, 0.4%)

1 し, しが, たる道, 曲り曲りて

▼ 進み入ろう~ (4, 0.4%)

2 とする 1 とした, と一歩

▼ 進み寄つて~ (4, 0.4%)

1 その上, その石, 一気に最も身軽, 優しい謙遜

▼ 進み~ (4, 0.4%)

2 が昔 1 とともに世界, は長い

▼ 進み~ (4, 0.4%)

1 一塁を, 一第, 三の, 四級に

▼ 進み~ (3, 0.3%)

2 ぬるばかり 1 プ文全線上に

▼ 進みそう~ (3, 0.3%)

1 して, なの, な者

▼ 進みながらも~ (3, 0.3%)

1 おのれの, 全身うずうずと, 或る

▼ 進みよって~ (3, 0.3%)

1 事務長と, 抱えあげる, 黒板へ

▼ 進み人間~ (3, 0.3%)

1 の独立, の知識, の統一

▼ 進み~ (3, 0.3%)

1 でかの, でけれ, で之

▼ 進み工合~ (3, 0.3%)

1 という, と睨みあわせ, を訊く

▼ 進み~ (3, 0.3%)

1 ひ禍, ふこと, へ猛烈

▼ 進み~ (3, 0.3%)

1 をかけ, をのばし, を延ばし

▼ 進み~ (3, 0.3%)

1 ひぬ, へ, へとこれ

▼ 進み間もなく~ (3, 0.3%)

1 京都の, 横附け, 神殿の

▼ 進みうやうやしく~ (2, 0.2%)

1 それを, 額づきて

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 うして, うな

▼ 進みさえ~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ 進みしかも~ (2, 0.2%)

1 まことにエッチラオッチラ, 脚気の

▼ 進みそこで~ (2, 0.2%)

1 スキーを, 気球を

▼ 進みそれから~ (2, 0.2%)

1 元の, 身を

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 いって, しだいにこの

▼ 進みという~ (2, 0.2%)

1 ことも, ものは

▼ 進みにくく~ (2, 0.2%)

1 て困っ, て困ります

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 中に, 早いもの

▼ 進みまさに~ (2, 0.2%)

1 その太く逞しい, 一打ち打とう

▼ 進みやう~ (2, 0.2%)

1 がない, やく喉頭

▼ 進みネパール~ (2, 0.2%)

1 と西蔵, の境

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 の濠, は東進

▼ 進み二人~ (2, 0.2%)

1 はだんだん, は思わず

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 では星座, の西安府

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 と間隔, の各部

▼ 進み其の~ (2, 0.2%)

1 晝後に, 程度に

▼ 進み和睦~ (2, 0.2%)

1 のしるし, を求むべし

▼ 進み寄り~ (2, 0.2%)

1 しに, 軽く頭

▼ 進み屡々~ (2, 0.2%)

2 小川を

▼ 進み更に~ (2, 0.2%)

1 一隊は, 尊親

▼ 進み~ (2, 0.2%)

2 のひとたち

▼ 進み次第に~ (2, 0.2%)

1 我を, 自家の

▼ 進み知識~ (2, 0.2%)

1 が増せ, が開ける

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 と, 弱きもの

▼ 進み~ (2, 0.2%)

1 へ出, 愈

▼ 進み難い~ (2, 0.2%)

1 ところが, のである

▼1* [423件]

進みあたかも覚兵衛を, 進みあとの六人, 進みいささかの飛躍, 進みいよいよ此月の, 進みうれしそうに, 進み進みさあお, 進みおのおの命令を, 進みお前が脊後, 進みかた変化のしよう, 進みかつひろまって, 進みかと思いの, 進みかの無上菩提に, 進みかんさんの話, 進みぐあいを観るため, 進みこいつは行けない, 進みここでスキー, 進みこの中には, 進みこれは足利, 進みこれらの事件的, 進みごく狭い谷間, 進みさあお進み, 進みさっそく引越しの, 進みざあざあ大きな音, 進みしたがって東し, 進みじっと眸を, 進みすぐまた急, 進みすべては順調, 進みせわしく小刻みに, 進みたっぷり三杯, 進みたまへ私, 進みだいたいの方向, 進みちょいと迷い引返す, 進みちょうど北浦の, 進みついに紳士は, 進みてきぱきした事務的, 進みてけふの, 進みても月の, 進みこの藁葺, 進みでございますねえ, 進みとうとう全部の, 進みとは彼女が, 進みと共に却つては, 進みどんな仕事を, 進みにくそうに, 進みについては彼は, 進みには頓着せぬ, 進みはるかに江戸, 進みひょいと右か, 進みひろ子もつい, 進みぴたと足を停めた, 進みふと顧みると, 進みほかの民, 進みほとんど常態に, 進みほどなく追いついたが, 進みほんとうはもっと, 進みまたは押し返されて, 進みめぐりまたくだれりされど顏, 進みもう今日あすで, 進みようやくラハム・ツォという, 進みよそ目には申し分, 進みわが邦の, 進みわれ進みて, 進みわれわれが試みた, 進みアカイアの軍勢, 進みアカイア軍勢と船, 進みアーダとミルハ, 進みエナコの直前, 進みオールの動く, 進みカムフル注射をする, 進みカルムを通りすぎ, 進みキンギン国の咽喉輪, 進みサルペードーンらの猛, 進みターシンラという大きな, 進みトロイアのとある, 進みドアに手, 進みハイマツの焼け, 進みハッキリした口調, 進みベニハナイチゴミヤマナナカマドミヤマカンバの小, 進みベルリン留学中には全く, 進みベーリング海峡を経, 進みボンボンは一時間近く, 進みポスト街へはいり込んだ, 進みモエロ湖やバングエオロ湖, 進み一つは伊水, 進み一七〇二年四月十日私たちはダウンス, 進み一日坂を登っ, 進み一時流出を氣, 進み一歩々々こちらに, 進み一緒に走っ, 進み一足退くにも, 進み一転して, 進み一進また一進, 進み七月に破格, 進み三年に進んだ, 進み三田平の西北, 進み三角点のある, 進みを見下しぬ, 進み下の原村まで進んだ, 進み下町に転じ, 進み世界人類に貢献, 進み中岳を経, 進み久保に近づい, 進み乍らに同僚, 進み乍ら銃を構えた, 進みして, 進みが紅, 進み事物のようやく, 進み二つ目の横丁, 進み二時半大津着四時半京都に着いた, 進み二時間半の後, 進み二歩行く内, 進み二百人ばかりの歩行武者, 進みひに, 進み五名は後, 進み五月二日の夕方, 進み些細なこと, 進み亜弗利加に国旗, 進み亜細亜と亜米利加, 進みの心, 進み人類の感情, 進み他愛もなく, 進み会話の教科書, 進みは正, 進み佐幕派として有力, 進み作州に入っ, 進み依頼主義を取っ, 進み信雄家康逆心ありと, 進み候よう覚え候, 進み候処これ有り, 進み停車場から百メートル, 進みにすわり, 進み兀突骨へ一騎打ち, 進み先ず先鋒の, 進み先生も勧め, 進み光一がある, 進み全国に文化, 進み六分の勝をこよなき, 進み六年七月遂に教授職, 進み六月五日の夕, 進み共同の敵, 進み其粋美を領, 進み具合も知らせ, 進みてゐる, 進み円満な家庭, 進みにはまた, 進み凡そ一ヶ月半の静養, 進み分業の行わるる, 進み別段痩せた模様, 進み前進する一つ, 進みを按じ, 進み副将丁奉徐盛それ, 進みを裹, 進み功徳知に進み, 進み北一條に曲り, 進み北村富子一座などというエロ, 進み北氷洋の流氷, 進み十二日にクル・ラ, 進み午後二時になっ, 進み午後十時頃から全く, 進み半ば夢中で引戸, 進み卒業後も肩, 進み単に北極探検だけ, 進み危険なこと, 進み原上互に逢, 進み原因は理由, 進みとして与へられた, 進み参覲交替は人智発達, 進み時としては, 進み葉を, 進み台湾の東, 進み右端でまた, 進みふ, 進み五年十月の, 進み同じく三年には, 進み同時に野球の, 進みは実隆, 進み周囲をも進め, 進み商業学校へ進む, 進み喚聲をまだ, 進み四五十分にて槍肩, 進み四方拝には蔵人頭, 進み国境に出る, 進み地境のしるし, 進み地芸と所作, 進みの外, 進みが次第に, 進み城兵を威し, 進み墺軍の交通線, 進み変化して, 進み夏侯尚の意気, 進み外来文化の影響, 進みも心持, 進み夥しい白花に, 進みへんらくな, 進み大事がられて, 進み大井川と三峰川, 進み大通りを横切, 進み太刀は関脇, 進みはその後, 進みを振っ, 進み婦人の職業, 進みが討たれれ, 進み学理が明らか, 進み学生たちもおくれ, 進み安島直円に至り, 進み官選の四庫全書, 進み定めの席, 進み寄つた少年年齡は八歳, 進み寄つてローラと百合子, 進み寄つて二連銃の筒先, 進み寄つて寢臺にうしろ向き, 進み寄つて慇懃に会釈, 進み寄つて教へられる, 進み寄つて死骸の上, 進み寄つて自分を引ツ, 進み寄り老人の体, 進み寄り血刀をグイ, 進み寄り足踏みつつ唱う, 進み密集の敵, 進み将棋界として忘れ, 進み小腰をか, 進み尾根に取付き, 進みをめぐり, 進み山桜の大木, 進み山櫻の大木, 進み岸柳の鼻, 進みと崎, 進みに沿う, 進み師範へ進み, 進み常に動き生涯, 進み常に共に励まし常に, 進み幾多地質時代の, 進みい人, 進み廊下の壁, 進み張学良と楊宇霆, 進み当時その地方, 進み影響は徐々に, 進み彼らに道, 進み彼女が女学校, 進み彼相反対の方向, 進み後ろに機械的, 進み後宇多朝の内政, 進み後宮本造酒之助, 進み従四位下に叙せられた, 進み忌部は旧慣, 進み快適なテムポ, 進み傾斜を, 進み情報局がすべて, 進みかさないよう, 進み憲法改正再軍備, 進みはその, 進み我問ふて曰く, 進み我彼の方, 進み或いは半裸体, 進み或は鐵管の, 進みつたが, 進み戦勝つて而して, 進み戰鬪を敵, 進み放胆鋭利むしろ人心, 進みひを, 進み数千年後に太平洋, 進み文政二年には名村八右衞門, 進み文政十一年に歿, 進み文明になる, 進み文章も欧文脈, 進み文芸とか学問, 進み斯くなせり, 進み方次第では形, 進み日本橋から東北, 進み早くも車, 進み昇進と利益, 進み明治の天地, 進み明治三十二年三月二十八日に歿, 進み明治維新の後, 進み易いものを, 進み易きにつく, 進み春分秋分に至り, 進み昨日便利とせし, 進み時としては其枯, 進み時には歩い, 進み時代の先駆, 進み晝間ならきたならしい, 進みの軍, 進み曠野を大, 進み曲りがけにふり向く, 進み更に更に高く跳, 進み後列には, 進み最後に農牧併行状態, 進み木戸をあけ, 進み木造竝に西洋風, 進み本隊の六艦, 進み本願寺と呼応, 進み東京で暮す, 進み東野山方面にある, 進み松女は近々と, 進み様々な作り方, 進み模範を垂れ, 進み権力もこれ, 進みへまわり, 進み横尾谷の出合, 進み橋廊下を渡る, 進み機械もそれ, 進み歓びを帷幕, 進み武者振りつこうと, 進み死後太師まで贈られた, 進み殊にかような, 進みを始め姉, 進み毒蛇に対する治療血清, 進み江北木の本辺に着陣, 進み決してわきへは, 進み決してグズグズして, 進みがあれ, 進み活栓によって押し出され, 進み浮標の灯, 進み清貧と慈善, 進み渦流がよそ, 進み湖水を離れ, 進み源三郎の手, 進み滿ちるの, 進み滿つるが如く, 進みのところ, 進み激しいと見る, 進みと人形, 進み熱意も加つて, 進み獅子と睨み合い, 進みと牧者, 進み理学が開くる, 進み生活の事情, 進み生涯の大事, 進み甲乙流行の変化, 進み留守せよと, 進み異性よりの侮蔑冷視, 進み疫病のごとき, 進み病客も亦, 進み発明より発明, 進み白根温泉を過ぎ, 進み白桔梗のお, 進み白歯を剥い, 進み白馬会の展覧会, 進みのほう, 進み皆寝坊して, 進み盟約並に祭事, 進み直立す, 進み相手が三歩, 進みは転向浄化, 進み知愛に進む, 進み石橋を渡っ, 進み碇泊所へ流れ込ん, 進み碩寿翁の乗っ, 進み社会事情が複雑, 進み社会的にも思想的, 進み社長室のドア, 進み神前に近づく, 進み神祗官の中心勢力, 進みなどは夢想, 進み私慾のみが盛, 進み種々の著書, 進み立体映画いや発香映画が発明, 進み竹藪の前, 進み粋美を縦, 進み紙帳の釣り手, 進み経済が発達, 進み綜合的な文化雑誌, 進み網代の輿, 進みけて敵, 進みは父, 進みと胸, 進みからその, 進み自分の顔, 進み自家の禍害, 進み自由民権の説, 進みが岸辺, 進み芝口の辻, 進み草山の尾根, 進み荒川に沿う, 進み菅橋の近所, 進み薪左衛門の膝, 進み行く行く郡県の, 進みが長ける, 進みの肩, 進み規模が大きく, 進み言語の原料, 進み試みに重い, 進み諫めて云, 進み軍を, 進み豊富にされ, 進みを聴い, 進み貯水池は満々, 進み貴族にも列せられた, 進み貴様を追い詰め追い詰める, 進み貸借の関係, 進み貿易監督官香港太守等の劇職, 進みを迷い, 進み路上に刻める, 進み身体のまわり, 進みと赤十字, 進みへて手, 進みよったという, 進み思も, 進み追分の札の辻, 進み道理が明らか, 進み都城と女性, 進み金木駅に着いた, 進み鉤手に曲がる曲がり, 進み長柄についてゐる, 進みを閉ざす, 進み闘牛帽を手, 進み陣地を構築, 進み陸地の方, 進み隋唐以後は南支那, 進み隣国との交通, 進み難くする, 進みの果て, 進み青銅の武具, 進み静かに羊, 進み頃合をはかっ, 進みを低く, 進みを賜はる, 進み馬前に敵, 進み騎馬の強者真先, 進み高塔の, 進み高徳の墓, 進み高等科一年をすませ