青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「週間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~逢った 逢った~ 連~ ~連れ 連れ~ ~連中 連中~ ~連絡 連絡~ 連続~
週間~
進~ 進み~ ~進む 進む~ ~進め 進め~ ~進ん 進ん~ ~進んだ 進化~

「週間~」 4074, 44ppm, 2632位

▼ 週間~ (434, 10.7%)

16 すると, 前から 10 すれば, たつと 9 前に 8 かかって 6 して, たたないうち 5 二週間も, 十日も, 寝て, 過ぎて 4 しないうち, 前の, 姿を, 経たないうち, 経って, 経てば 3 すぎて, 口を, 経たぬうち, 経つと

2 [22件] あれば, こんなところ, たちました, たった後, たって, たってから, たつうち, たてば, ベッドに, 三週間も, 何週間も, 保たない位, 同じもの, 帰って, 待って, 早く雪, 滞在し, 経つうち, 続けて, 練習する, 置くと, 遅れて

1 [253件] あったまって, あの人, ある, あるの, いくら食つても, いたくせ, いって, いれば, おひとり占め, お在, お目にかかりませんでしたあなた, かかったが, かかったこと, かかったの, かかる, かかるかね, かかるという, かかるん, けいこを, この暗い, この調子, この部屋, したらきき, したらたべられるよう, したらな, したら万事解決, したら充分, したら出歩けるでしょうと, したら君, したら四班舞踏, したら帰ろうかと, したら眺められると, したら立派, したら退院, したら金さん, じっとし, すぎるうち, すぎるのに, すりゃ馴れます, する内, そうし, そこに, そのこと, その使途, その子, その町, その苦痛, それを, たたないぢ, たたないで, たたない後, たたなければ, たたぬうち, ただの, たちましたら御, たった, たったあと, たったかと, たったでしょう, たったらまた, たったら出来るでしょう, たった夜, たった日, たった時分, たってからの, たつて, たつてからの, たつ頃, たてばな, だらだらと, つかわれずに, つづいた, つづいたが, つづいて, つづけざま, つづけて, なにもかも空虚, ねて, のびて, ばったり俺, ふきつづい, ほうり込まれ, まえから, めちゃくちゃな, もたないこと, もっとそれ以上, やったらはばかりながら, ゐれば, フイに, ポルダー邸を, リヨンに, 一つ所に, 一緒に, 事なく, 交通の, 仏語の, 以前から, 休ませて, 修養させられる, 入院なさる, 其余も, 其餘も, 剃刀を, 前だったでしょう, 前な, 十日間も, 危篤な, 商賣, 夜具なし, 大名旅行につれて, 学校に, 学校を, 安静に, 家に, 家へ, 寝たぎり, 寝ましたが, 寝込みそう, 寢泊りし, 小樽に, 居なかった日, 居るの, 山中で, 帰つて来ない, 帰らなかつたよ, 帰らんと, 幾週間も, 座り続けて, 延びたこと, 彼の, 彼女を, 待たなきゃならないのよ, 待たなければ, 待つたのに, 後に, 後の, 御帰宅, 御滞在, 徹夜を, 患った, 我慢せず, 手を, 手首が, 掛かつて, 掛らなければ, 掛るか, 揉んで, 放って, 放り出して, 教室に, 斯う, 旅先から, 旅行し, 早く消えた, 明るすぎる, 暮したら気, 暮らして, 暮らすこと, 書きつづけた, 松薪を, 根氣よく, 森の, 此処で, 此密室に, 歩くには, 歸さなかつた, 氷で, 沸かしては, 治療したらなおる, 治療しなけれ, 泊ったら莫大, 泊って, 泊りこんで, 泣きつづけるほどの, 洗うなら洗って, 滞在した, 滞在すれ, 漂流する, 生きて, 田舎へ, 町に, 留りたいと, 病気が, 発見されず, 着のみ着のままで, 空しく, 空家に, 立たないうち, 立たない蒔付け, 立った頃, 立って, 立つ, 経たお, 経たないある, 経たないのに, 経たぬ間, 経たれども, 経ちました, 経った, 経ったかと, 経ったが, 経ったと, 経ったのねえ, 経ったら癒, 経った頃, 経ってから, 経つたやう, 経つた或, 経つてから, 経つ間, 経て, 經つと, 続いたのち, 続いたら彼等, 続いて, 続きましたかな, 続くこと, 続くと, 綴いた, 置いたら肉, 置いた肉, 置くには, 罷工を, 胃に, 興奮した, 船を, 落着い, 蔵って, 要るほど, 誰一人スパルミエント大佐を, 通えば, 通って, 逢わないで, 遅れたの, 遊ばして, 遊びに, 遊びまわる, 過ぎないうち, 過ぎると, 酒を, 野原に, 釣って, 閉じこめられんで, 間が, 降りつづいた雨, 隔い, 隱匿し, 音信が, 飲みはったらあんた, 餌を, 高い熱, 髯を, 鳴らしますから

▼ 週間~ (397, 9.7%)

33 うちに 10 後に, 間に 6 後には 4 予定で, 休暇が, 停学に 3 あいだは, 中に, 休暇を, 後の, 日が, 猶予を

2 [35件] あいだに, あひだ, ことを, ごとく, のちに, 一役を, 予定が, 休憩を, 余も, 余裕を, 停学という, 六日間は, 内に, 内には, 寿命しか, 後僕は, 後私は, 後窒扶斯と, 断食を, 日の, 日のべ, 日数が, 時日を, 暑さ, 期間を, 残りの, 滞在費にも, 無事に, 約束で, 賜暇を, 逗留を, 野球見物を, 間も, 間何となく, 間食事の

1 [238件] あいだほんとに, あいだ何か月の, あいだ信頼し, あいだ私は, あいだ私達が, あいだ考え抜いた, あいだ虎井博士から, うちで, うちには, うちの, うち一日も, うち三度ぐらいしか, うち半分だけは, うち只一回参考人として, うち幾何かの, うち日曜日を, うち月木金の, お暇, けい約, けがれを, たばこが, ためし使用は, とりかたづけを, のちだった, のちと, のちには, のち少女は, のち彼らが, のち真弓の, ほとんど夜分, まに, ものです, ような, プログラムから, 一夕の, 上に, 上演順序である, 不在の, 中には, 予定であった, 予定でした, 予定という, 仕事だった, 仕事に対し, 他の, 休みと, 休暇の, 休養を, 余にも, 余り逗留し, 個展を, 停会を, 停学の, 停学処分に, 停学処分を, 催し, 催しの, 傷を, 入院料前後の, 公演を, 公開を, 内にも, 冬休みが, 出張旅行を, 出来事が, 劇的事変を, 努力に, 労働に対して, 労働賃金拾壱円也東京での, 労働賃銀十一円也東京での, 労苦をか, 区切りを, 半分は, 友情が, 収入が, 収入は, 口だ, 坐禪, 売上げナンバーワンから, 夜を, 大寒を, 大霜, 契約だった, 契約で, 始り, 学校生活に, 安臥は, 安静を, 宿料の, 小旅行, 小遣に, 山旅への, 延期を, 強行旅行に, 彼の, 後, 後この, 後だ, 後だつた, 後だろう, 後であった, 後である, 後でした, 後でなけれ, 後にと, 後にな, 後また, 後まる, 後を, 後イワン, 後二人の, 後俊助は, 後如何にも, 後小さな, 後帰京せり, 後彼は, 後彼女は, 後更に, 後槇君と, 後歌川多門先生と, 後禽の, 後話の, 後遂に, 後青山墓地に, 快遊船, 我慢ぢや, 打撲傷を, 授業時間は, 推移様々なり, 数日間の, 旅の, 旅を, 旅程を, 旅行であった, 旅費として, 日に, 日は, 日を, 日インゼ・ロング・ランなら, 日時が, 日記は, 日限が, 昏睡状態から, 暇を, 朝晩の, 期間が, 期限も, 東京滞在中各所の, 楽しかった, 欠勤, 欠勤届の, 正月休みを, 残酷な, 永い間, 沈鬱と, 流行だ, 滞在中郊外の, 滯在だ, 滯在の, 生活は, 生活を, 留守の, 番組, 疲労を, 病室生活以来始め, 病気届これは, 病院生活は, 短い間, 砲撃を, 碇泊とは, 礼拝を, 祭りを, 禁足に, 節食の, 精進, 精進を, 約束よ, 終りに, 終わりに, 終わるまで, 経過を, 経験で, 練兵休で, 練習記録において, 考慮期間を, 航路は, 苦悶と, 行動である, 製造高について, 見聞は, 規定の, 計算を, 訓練の, 記事は, 講習を, 謝礼を, 豫定でした, 買い入れ日です, 軽傷だった, 農繁休暇を, 追加休暇を, 遊びと, 過ぎ去るの, 過ぐるの, 遠出に, 野球見物から, 野球見物に, 長い間大勢, 長眠, 長途なれ, 間, 間あの, 間その, 間た, 間だけでも, 間ついぞ, 間は, 間よそよそしく, 間わたしは, 間を, 間クリストフを, 間ルイザは, 間一人の, 間二人は, 間五六フランしか, 間其島の, 間化粧函を, 間夫婦関係より, 間尽きざる, 間毎日休みなく, 間私は, 間育つ, 間自分の, 間面白く, 間飢えと, 電波恐怖が, 食物しか, 餘も

▼ 週間ばかり~ (368, 9.0%)

29 前に 15 して, 前から 10 前の 5 すると, たった後, 後の, 経って 4 逗留し 3 たった或, たって, 一粒も, 前, 急に, 滯在し, 過ぎた, 雨が

2 [21件] お暇, たった頃, たつた後, で癒, わたしは, 以前から, 休んで, 前橋へ, 家を, 寝て, 寝付いたデング熱, 床に, 後に, 旅行に, 毎日の, 泊って, 立った或, 経つうち, 置いて, 遊んで, 過ぎると

1 [209件] あとに, いて, いましたが, いるには, いる中, いろいろ紛糾, お目, お種, かかった, かかりました, かけて, この宿屋, さっぱりここ, したら出来ますから, したら学校, したら屹度, してから, そこに, その地, たちますと, たったある, たった午後, たってから, たつたある, たつた日, たつと, だと, つきあは, つきあわない, でいい, でしょう, ですが, でも, でアガるわけ, で二度目, で京都, で伸子, で國, で快く, で手紙, で書, で胸像, で解る症状, ながめつづけて, なにごとも, なら宅, のちに, のべつに, ぶらぶらし, まえに, まえの, やすむつもり, やるつもり, ゆき子は, ゐましたが, ミュンヘンに, 一寸国へ, 一生懸命に, 京へ, 今日發病する, 仕事も, 他所に, 以来郵便物が, 休まなくっちゃ, 休業した, 体を, 其處に, 前あたり, 前からと, 前からの, 前からは, 前ここの, 前には, 前までは, 前より, 前医師から, 前占者, 前日本, 前森山さんの, 劇しい, 半ば手の, 単独で, 厭でも, 同じホテル, 和歌山市駕町といふ, 堂塲に, 売れなければ, 外米混入の, 夜の, 夜も, 大阪の, 姿を, 学校を, 家に, 家の, 密林での, 寐たり, 寒さ, 寝かして, 寝たこと, 寝た時, 寝込んで, 寢付いた, 寢込みました, 寢込んでしまつた, 居たのち, 居るうち, 岐阜県下の, 己の, 床の, 延びただけ, 建築事務所を, 彼等が, 待って, 後伸子は, 徹夜し, 心待ちに, 手を, 手紙を, 拝借する, 握り潰して, 教えた事, 教室に, 断食し, 旅行し, 旅行しなけれ, 旅行する, 早く刑務所, 早く産気, 早すぎた, 早寝を, 昏酔状態を, 普賢に, 暮して, 来ないわ, 来なかった, 来なかったその間, 桟橋に, 楽しくあちこち, 毎日自分の, 毎晩奧州松島の, 水道工事の, 江之島逗子に, 泊まったが, 泊めて, 泊りこんで, 温泉に, 滞在し, 滞在した, 滞在しよう, 滯在した, 激しい不安, 煩った後, 熱病で, 父は, 独房に, 猛暑です, 田舎へ, 留置場へ, 病床に, 碌に, 磯釣を, 神戸へ, 私が, 立ったとき, 組織化学の, 経ちますと, 経った, 経ったある, 経った或, 経つた頃, 経つて, 経つと, 經つてまた, 經つて兒玉進五の, 続いた, 続いたが, 続いた後, 続いた暑, 続けて, 考えに, 考えぶかく, 腹膜炎を, 臥て, 船旅する, 苦しみ続けた, 行つてゐた, 行は, 見物し, 親しく暮らす, 警察に, 貸して, 費しある, 辛抱し, 遅れるでしょう, 過ぎたある, 過ぎた或, 過ぎた時, 過ごしたこと, 過ごして, 金曜の, 間は, 隣の, 非常に, 面白くない, 頭を, 顔を, 香の物に, 騒いで

▼ 週間ほど~ (312, 7.7%)

29 前に 19 前から 15 前の 14 して 12 たったある 9 経って 7 たって 6 してから 4 すると, のちの, 後に, 後の, 経つと

2 [13件] するうち, たつと, つづいて, まえに, 以前に, 前にも, 流感で, 滞在し, 神戸へも, 私は, 経ってから, 行きたいと, 過ぎた後

1 [155件] あとに, あるの, いた, いるそう, お待ちください, お目にかかって, かかった, けいこを, こっちへ, こんな生活, しての, しますと, すぎて, ずうッ, そういうたのしい, それ等の, たいがい後楽園へ, たちました, たった, たったとき, たった日, たつたある, たつて, ちっ居で, つ, つづいたある, でございましょう, なにごとも, のちには, のち舞台は, のびた, ぼんやり自分, まえから, まえすなわち, まえちょうど, まえなんとか, まえ朝倉先生, まえ銀座, ゐた, ゐたん, ゐて, コンコンと, 一日置き, 七度を, 不在と, 仕事の, 以前まで, 以前より, 佐倉の, 入院し, 前, 前いや, 前その, 前たった, 前ちょ, 前でした, 前です, 前には, 前わざわざ, 前七瀬の, 前三月十五日わたしの, 前年の, 前彼女の, 前愛一郎は, 前旅行, 前耳, 前赤坂の, 前飯島の, 反目しあっ, 同棲した, 場所が, 多忙な, 姿を, 家を, 家出した, 寝て, 寝込んだこと, 寝込んで, 小魔人, 局を, 市役所前の, 帰らんいうて, 帰り来らぬこと, 広島に, 役所を, 彼らと, 待つて, 後で空, 後帰京, 後彼は, 御旅行, 御無沙汰致しました, 慌しい様, 慌しい樣, 慧鶴は, 放って, 新潟に, 旅行に, 早いの, 早く遠い旅, 東京へ, 栄介は, 毎日はっぴょうしました, 泊ったの, 泊って, 湯に, 湯治し, 湯治を, 滞在した, 滞在する, 滯在し, 熱を, 獨りで見, 生死の, 甲府で, 留守に, 留守の, 病みつきましてね, 病臥した, 登つてゐた, 立ったら一寸, 立って, 立ってから, 経た者ゆえ, 経ちました, 経ったある, 経った夜, 経っての, 経っても, 経つた美しい, 経つて, 經つたある, 經つて全然, 続くと, 続けて, 練習を, 考えさせて, 背中の, 腰を, 臥して, 落付きの, 薬も, 見なかったうち, 親切に, 訪いも, 詰切って, 誰も, 過ぎたある, 過ぎて, 過ぎてから, 過ごしたもの, 部屋で, 部屋の, 雨が, 食事の

▼ 週間~ (239, 5.9%)

13 一度ずつ 10 一度は 7 一度の 6 なる 4 して, 一度か 3 いちどくらいは, なるか, 一度ぐらい

2 [19件] いちどくらい, いちどずつ, こつこつと, なった, なって, なるが, 一回は, 一度くらい, 一度くらいは, 一度くらゐ, 一度しか, 一度ずつは, 一度と, 一度や, 一度夫に, 一度顔を, 二度か, 五人ぐらい, 六銭の

1 [148件] いちどくらいの, いちどの, いちどは, いちど顔を, ざつと六銭の, しきや, しろことし, せめて一度, たった一度, なつた, ならないあの, ならないもの, なりこの, なりさ, なりました, なります, なりますからね, なりますが, なります大, なるけど, なるけれども, なるわけ, なる待望, トルーマンは, 一二度ぐらいは, 一二度ずつ, 一二度ずつは, 一二度づつかうし, 一千枚の, 一回くらいずつ, 一回だった, 一回という, 一回の, 一回食物は, 一度, 一度ある, 一度お, 一度くらいずつは, 一度くらいの, 一度ぐらいしか, 一度ぐらいずつ, 一度ぐらいずつの, 一度ぐらゐの程度で, 一度ぐらゐ映画を, 一度ぐらゐ田舎の, 一度こうして, 一度せめて, 一度それも, 一度だけ, 一度づつ集まる, 一度である, 一度という, 一度とか, 一度一週間に, 一度丈掃除する, 一度三十分あれ, 一度以上多く, 一度位, 一度位ずつ, 一度位ゐ, 一度位宛金の, 一度位病人が, 一度出掛け, 一度十日に, 一度夫婦は, 一度宛早, 一度廻す, 一度必ず食べる, 一度戒律を, 一度或は, 一度絵を, 一度自ら視察, 一度貰ふ, 一日くらいしか, 一日の, 一日も, 一日ゆっくり, 一時間でも, 一本ぐらいの, 一遍くらいは, 一遍ずつ, 三回しか, 三回室内音楽会が, 三度ぐらゐ寄宿舎の, 三度と, 三度賄ひ, 三時間か, 二三度くらい, 二三度宛東京逗子間を, 二三日位な, 二十分位ずつ, 二十銭と, 二回ほど, 二度ずつ, 二度会に, 二度位廻っ, 二日午後七時から, 二百人を, 二粒ずつも, 二階から, 五人の, 五時間ぐらゐぢや歩かない, 亘って, 亘つての, 亘つて関西各地を, 亘る汽船高麗丸, 亙りて, 亙る行動, 何度と, 何度も, 余る苦心, 僅か一時間, 八十四ルーブリ払えるであろう, 六七時間しか, 六十フランしか, 六銭を, 出せる金, 到るも, 創造された, 十五シリング貰っ, 十五六もの, 十組以上も, 半ブッシェル, 協力し, 及び建物, 四キロふとった, 四キロも, 四五時間だ, 四度やって来た, 大抵一度時として, 学習する, 少くとも, 市内版の, 幾回ずつか, 引延す, 彼自身僅かに, 必要な, 演じようとして, 為され得る成果, 無言詣でを, 蒐集した, 近いその, 近い週期, 迫ったという, 這入って, 達した, 違なかっ, 集中され

▼ 週間~ (158, 3.9%)

10 のこと 3 にこの, に死ん 2 に彼, に日本, に突然, の事, の雨

1 [132件] あの女, ある友達, からここ, からこの, からすでに, からたがい, からふと, からクリストフ, からマリユス, から全く, から六か月, から其処, から切符, から彼, から感冒, から杳, から毎, から洪水, から父親, から用意, から私, から芝居, から誰, から過去, ぐらいと言った, だったらなつかしい, であつ, である, であること, でございますが, でしたが, です, とうとうジェハンじいさん, とは似, と今, なら朋輩たち, にあなた, にこれ, にしかも, にそれ, になる, にはこの, にはじめて, にはゆく, にはエッフィンガム, には憤然, には此, にまた, にもまた, にも守備隊, にサーストン氏, にバアトン・マッキンネル, にブルターニュ, にヘザーレッグ, にラーゼマン, に丁度一人, に世, に亡くなられた, に京都, に伯爵家, に倫敦, に大, に妻, に学校, に導火線, に届出ろ, に復員, に採入れね, に撮影, に来, に来た, に来りゃ, に東京, に横浜, に此處, に溺死, に片づき, に独り, に玉, に発梓, に相当, に着のみ着のまま, に私, に私立探偵社, に終った, に結婚, に聴いた, に脱稿, に蒔いた, に訪ね, に議事堂, に買っ, に転地先, に近村, に通告, に逢つた呉夫人, に門司駅, に電話, に麗子, のよう, の二十八日, の出来事, の十二月廿日, の十四号室, の土曜日, の夜, の宵, の或, の最後, の朝, の準備作業, の短, の私, は, は一籠五ドル, までのよう, まではその, まではもう少し, までは自分, までは蒼白, までは豫想, までは非常, までも自分, まで博士, まで毎日一升, まで海岸, まで米国, まで街頭募金, よりもさらに, より滞在, 実に八月八日, 突然お

▼ 週間~ (115, 2.8%)

4 にはもう 3 のこと 2 にはきっと, にまた, に出る, に彼, に支倉, に死んだ, のある, の夕方, の授業, の朝

1 [88件] かにブラリ, からは譲吉, から肺炎, がそろそろ, がもう, が来, が来たら, くらいにもうはや, ぐらいになる, ぐらいにはもう, ぐらいのやつ, だ, だから, だった, だったかと, だと, であつ, である, でございました, です, で天日, で巻く, で自分, とかに夫, にあなた, にある, にかねて, になった, になります, になる, にはじめてさ, には一人, には以前, には布団, には日本地震學會, には私, にひよつこり, にやつ, にキミ子, にグスタアフ・フォン・アッシェンバッハ, にメルキユウル, に上海, に伊庭, に体重, に僅か, に入り, に冷い死骸, に大丸, に大便, に夫, に夫妻もろ, に始め, に宿, に当る去る, に徹夜, に応召, に持っ, に本, に来た, に検疫, に浮かない, に港, に留置場, に私, に箱丁, に終られました, に蒸汽, に行く, に警察, に貰った, に運, に鈴木, に雲, のお, の三十一日, の二十七日夜半, の二月十六日, の五月二十三日, の土曜日, の夕刊, の或, の日附, の晩, の熱, の終り, の終わり, はそれ, も後

▼ 週間~ (102, 2.5%)

5 かかる 2 すぎた, すでに過ぎ, 信一郎に, 夢の, 滞在する, 眠られないのに

1 [85件] あそこで, あらしが, ありましたから, お稽古, かえってきますまい, かかりそう, かかりました, かかるが, かかるだろうね, かかるであろう, かかるでしょうし, かかるという, かかるはず, こっちで, こつちに, この秋以来, この附近, ずっとつづいた, そっちで, それなり過ぎた, たったが, たっぷり休養, たつぷりあるぜ, ちっとも離れず, ちょっと永, なんと雨, ほんとにいい, また, まるまる潰れた, もつの, わたしの, わたし一人と, われらは, 人なき, 他の, 何事も, 何時もの, 僕は, 全く待遠しい, 割合天気, 助けたい助, 勘定しらべ, 十日は, 南瓜や, 參詣人が, 土地の, 塾生たちにとっては, 夏休みを, 子供の, 安静を, 家に, 家へ, 常べったり, 彼よりも, 待ち遠いはがゆ, 待って, 御飯が, 悩むよう, 持つ予定, 日記以外に, 根が, 極めて長い, 楽に, 次郎にとって, 歩いても, 殆ど口をも, 毎日後の, 決して外, 眼の, 禁足でしょう, 私にとって, 終わったの, 経って, 結婚式を, 船内に, 表面何事も, 誰の, 通って, 過ぎたが, 過ぎたけれども, 過ぎ十日, 重病室に, 金の, 電光の, 顔に

▼ 週間~ (85, 2.1%)

2 いいから, さがして, りっぱな, 全治する, 次第にその, 退院する

1 [73件] あつまった, ええの, おしまいだ, お払い, こうも, この地球, これこの, こんなにたまっちゃう, すっかりなじみ, すむの, どんな変化, は埒, は彼等, は無理, は玄關丈, まず餅, みつかって, みんな死ん, よかろう, パリへ, 五日目に, 作曲した, 使い果すか, 働いてる, 全快した, 全部採掘する, 出るの, 別れるの, 十分な, 又東京, 古巣へ, 和白両国は, 地下の, 壊滅されるだろう, 大きな山, 大抵は, 奪つた脳血セン, 完成する, 帰って, 帰れと, 床を, 建つ, 強敵を, 強敵フランスに, 往復する, 怱忙の, 手紙の, 授業を, 採掘する, 撲滅した, 支払われねば, 旅行した, 書くこと, 治って, 治る, 火星に, 狂い死んで, 町, 盡きた, 直る, 直るなどと, 稼いじゃうけど, 立派に, 終るの, 終を, 絵が, 良人が, 行き詰つて, 行けますよ, 行けるよう, 街へ, 面会ぐらい, 飛ぶん

▼ 週間~ (85, 2.1%)

6 経て 3 経ても 2 くらしたほど, 床の, 経るも, 経過し, 要した, 送りました, 過ぎない我々, 過ぎ遂に, 過ごした

1 [58件] いったいどうして過した, ここに, ねこんで, ひと回りと, ふた回り, みて, アンガディーヌで, 一回りと, 一緒に, 七つに, 事務所に, 二回りと, 作ること, 働くよう, 公休日と, 区分した, 博士は, 寮の, 市内の, 指して, 採用した, 政府の, 救うには, 暮して, 無駄に, 私の, 経た, 経たある, 経たが, 経た後, 経過したる, 經た, 經て, 繪鞆に, 聴いて, 臥床し, 要す可, 負うて, 費した, 費し得る, 越えざるイギリス滞在, 送った, 送るべきモスコー行き, 送ろうという, 通り越して, 通過し, 過ぎたころ, 過ぎた頃, 過ぎて, 過ぎなかった, 過ぎぬと, 過ごしたため, 過ごしに, 過ごしますそれ, 過させて, 過した, 過しました, 限つて請暇を

▼ 週間~ (82, 2.0%)

7 たたないうち 4 経たないうち 3 云うもの 2 たたぬうち, 旅行を, 経たない内, 訪問を

1 [60件] いえども, いへば, いられようまして, おかずに, おくれると, お目, かかるもの, すこしたったある, する, すること, その前後, た, たたないある, たたない内, たたない前, たたない十一月, たたない時, たたぬ中, なく續映, なっても, なりました彼, ゐられやう, 一日に, 云うこと, 五日煩わされました, 保った試し, 友人の, 同じ処, 坐らぬうち, 妊娠と, 思うと, 持ちこたえないだろう, 持ちませんッ, 昔の, 決定された, 泊らぬうち, 狩り暮した, 知らない長い, 禁酒が, 科学的に, 立たないうち, 経たない中, 経たぬうち, 経ち二週間, 経ち十日, 経って, 経つ, 経ぬ中, 続いたため, 続かなかった, 続かなかったの, 続き半月, 続けて, 續き, 聞いて, 見れば, 見積ったの, 診断した, 通つてゐる, 過ぎた今日

▼ 週間~ (69, 1.7%)

2 でなければ, にまた, にクリストフ, に彼女, のある, のこと

1 [57件] から五つ, から施療, くらいに死亡, だったと, であった, でしょう, といえ, にあらざれ, にかねて, にきっと, にたくさん, になっ, になる, にはその, にはそれ, にはなんと, にはもう, には一つ, には以前, には俺, には全, には別人, には彼女, には文芸時評社, には残り, には私, には縲絏, には解放, にもう, にもち, にジェルマン夫人, にラニョン博士, に伊太利軍司令官, に友, に名津子, に大庭常子, に小夜子, に従兄, に来た, に東京, に栄介, に知合, に短い, に私, に結婚, に絶命, に行われる, に言渡, に近く, の四十九日, の日曜, の次, の金曜, の頃, 再びその, 又後戻り, 早くも

▼ 週間~ (62, 1.5%)

4 前に, 十日の 3 十日も 2 そこい, 僕の, 十日しか, 十日目ぐらいでは

1 [43件] あるいはそれ以上滞在, かかって, そこらしか, そこら郊外へ, たつた時, まあ十日, 一カ月も, 三週間かの, 三週間も, 三週間経っ, 三週間長く, 二週間か, 二週間こういう, 二週間しか, 二週間の, 二週間も, 二週間巴里で, 二週間辛抱なすつたら, 五週間つづけ, 其処いら待つ, 其處いら待つ, 十日か, 十日ぐらい, 十日ただ, 十日だ, 十日は, 十日ばかしの, 十日ばかりは, 十日ほど, 十日ほどで, 十日ほどの, 十日以内には, 十日猛烈に, 十日目くらい, 十日目くらいに, 十日行っ, 十日間ほどの, 帰らないつもり, 後にね, 数カ月で, 日の, 過ぎると, 長びかした責任

▼ 週間~ (52, 1.3%)

6 前に 5 して, 前の 4 前から 2 したら三浦三崎, すると, 立った, 経って, 経つと

1 [22件] かかって, くらした, してから, ぶらぶらし, 一人で, 以前から, 余計に, 前, 前で, 前突然, 前英語の, 同署へ, 奢るから, 彼は, 旅行し, 無駄足を, 立って, 経つて, 経てから, 育つと, 過ぎた或, 過し熟睡

▼ 週間ばかりの~ (48, 1.2%)

8 間に 4 予定で 2 うちに, 小さな旅行, 日が, 短い月日

1 [28件] あいだに, うちだ, うちには, お律, ことで, 中に, 後であった, 後でした, 後に, 後の, 後鶴子は, 故だ, 旅費を, 暇を, 期間濃く, 油絵製作の, 苦心も, 蟄居が, 豫定で, 間おいでに, 間だった, 間の, 間は, 間二人は, 間六の, 間彼は, 間田川は, 陰鬱な

▼ 週間~ (44, 1.1%)

2 したらと, の予定

1 [40件] いて, しか持たない, したら任地, して, しらんかお, そら病気, だがね, である, ですよ, でなおる, で結果, とし, なもの, に鎖, のうち, の停学, の後, の泊, の豫定, はあつ, はい, は休ませ, は別荘, は只, は家, は掛る, は断食, は渋江, は留守, は遊興, は部屋, は面白から, もたせる, も居た, ゐで, ゐ前, 寝ない事, 掛かりましたね, 置けますか, 聴いて

▼ 週間ぐらい~ (38, 0.9%)

2 すると, 休暇を, 前に, 滞在の

1 [30件] あった, いささか英気, いなければ, お待ち願えれ, かかる筈, すぎた日, たった頃, だったが, だろうと, でしょうな, で小人国, ブラブラし, 入院しなけれ, 入院でしょう, 前から, 市を, 断食し, 本月, 東京へ, 泊って, 消え失せて, 溝の, 生きて, 経つと, 続くこと, 考えたこと, 考えなくては, 行って, 行田に, 顔を

▼ 週間~ (36, 0.9%)

3 わたしの 2 すぎて, 最も大切, 過ぎた, 過ぎた日曜

1 [25件] おわるので, かうして, すぎさったある, たたないうち, なるべくゆっくり廻転, はじまったとき, はじまって, もたれた, アト一日と, 一ヶ月に, 一個月に, 切れた昨日, 半分以上過ぎ去った, 多すぎる, 夜な, 実行される, 彼に, 待ど, 来ても, 満ちるから, 私の, 終わって, 過ぎて, 過ぎても, 過ぎると

▼ 週間以内~ (32, 0.8%)

1 [32件] かね, だろうと, とか五日以内, なんぞに来られやしない, にくるだろう, にここ, にととのえ, にど, にはこの, にはコーン, には屹度, には本島, には總, にもっ, にジョージ, に上陸戦闘, に出発, に出立, に十万円位, に四十フラン, に国外, に壕舎住まい, に女, に封, に必ず, に戦争, に控訴, に是非, に正式, に発ちたい, の旅行, ノ英国滞留

▼ 週間という~ (31, 0.8%)

7 ものは 3 ものほとんど

1 [21件] ところまで, のは, のも, のを, ものお目にかかりませんでした, ものを, ものカレンは, ものジョウは, もの不眠症に, もの何も, もの執拗に, もの彼は, もの明智探偵は, もの毎晩の, もの私が, 日に, 時に, 約束でした, 約束を, 見立てで, 驚くべき毎日

▼ 週間~ (29, 0.7%)

5 り前 2 りの, りは, りも, り以前, り待つて

1 [14件] たった風, りしたら, りして, りを, りポーター先生, り三藏, り仙台, り仙臺, り來, り吉野さん, り吉野様, り空しく, り経つて, り經つて

▼ 週間以上~ (27, 0.7%)

2 も続いた

1 [25件] いました, かかりましょう, つづいた, になる, にもなります, にもなる, の処, はつづい, は穿いてない, もこの, もたがい, もたった, もどこ, もハンメル家, も外山, も我々, も経つであらう, も長く, よく百姓たち, を要しなかった, を要する, 会わなかった, 置かなければ, 返さずに, 過ぎしやを

▼ 週間たっ~ (26, 0.6%)

2 ても二週間, ても十日, て彼, て若い

1 [18件] ていた, ている, てからのある, てから彼, てしまった, てまた, てもとまる, てもひとり, ても三週間, ても五週間, ても帰っ, ても教室, ても生存, ても金博士, ても音沙汰, てクリストフ, て再び, て死ん

▼ 週間ぶり~ (25, 0.6%)

2 に入浴, の酒

1 [21件] である, でマア坊, で帰庵, で我が家, で解放, と云っ, にちと, にひつ, にポートセイド, に帰った, に戻つ, に旅順, に机, に歸つた子供, に舞い戻った, に這入っ, に銭, ね, の水曜日, の湯, の行乞

▼ 週間でも~ (23, 0.6%)

3 十日でも 2 泊りに

1 [18件] いいから, いいけどさ, ことによる, なければ, もっと長く, サルトル氏とともに, 一時間でも, 一月でも, 三日でも, 二週間でも, 依然として同じ, 好い, 好いから, 姉の, 泣けたの, 自分たちだけ, 随分長い, 静養したい

▼ 週間~ (21, 0.5%)

2 の仕事, の前金, の間代

1 [15件] ぐらい, だけは只, にも当たる, のツケ, の上演曲目六種, の処方, の収入, の炊事, の給料, の花代, の薬, の買物, の賄費, の金, の電車往復賃

▼ 週間あまり~ (20, 0.5%)

4 すると 2 というもの

1 [14件] しかいない, しかない, たたないと, たつぜ, だけれど, といふもの, の不在, の山, の日, もとめ, も居, 経ち真一, 続いた, 食うや

▼ 週間たつ~ (20, 0.5%)

3 かたたない 2 ても十日

1 [15件] かたたぬ, てし, ても二週間, ても學校, ても富岡, て宿, とかんじょう, とジャンナン一家, と休暇, と医者, と小, と彼女, のに, ぷりの, 今日まで

▼ 週間くらい~ (17, 0.4%)

1 [17件] かかったって, たったころ, たったとき, つづく, でも, で書けという, で犬神, で癒, で金, なら二人, 少くも, 居られない, 早く雪, 氷原へ, 泊りがけで, 滞在した, 私の

▼ 週間にも~ (17, 0.4%)

2 なる, なるのに

1 [13件] あやつ, なったでしょう, なって, ならないのに, ならないん, ならない彼, なりますかしら, なるかな, なるの, なるわ, なるん, わたる六回, 処分しなくっ

▼ 週間ほどは~ (16, 0.4%)

2 なにごとも, 努めて

1 [12件] いって, それでも次郎, なんの, セルゲイと, 仕事を, 何ごとも, 夜冷え, 学校へ, 手足だけ, 毎日忙が, 毎晩やっとる, 病床に

▼ 週間近く~ (16, 0.4%)

2 にもなる

1 [14件] つづくだろうと, なるの, になっ, になる, のこの, も大家さん, も子供, も延びた, も早く, も漁場, も父, も神戸桟橋, も続く, も陸

▼ 週間ほどの~ (15, 0.4%)

2 後に

1 [13件] あいだに, あいだダンネベルグ様ばかりと, ことが, ちのどんより, 後である, 後武夫は, 滞在中一度だけ, 無自覚な, 素晴らしい苦心, 豫定で, 間に, 間の, 間マリユスは

▼ 週間しか~ (14, 0.3%)

1 [14件] いなかったし, いられなかったおちついて, その家, ないから, ないが, ないじゃ, ないと, ないという, 彼女は, 残って, 経たないのに, 経たなかったとき, 經た, 逗留しない

▼ 週間だけ~ (13, 0.3%)

1 [13件] お預けいたします, こつちに, せめてもう一週間, だから, にせ病気, 一緒に, 化学を, 待って, 御容赦, 泊りに, 滞在し, 療養所から, 発育が

▼ 週間ばかりも~ (12, 0.3%)

1 [12件] この町, この船, そんな生活, たつた或, 前から, 泊って, 滞在した, 社を, 経って, 経つて, 過ぎた, 長崎に

▼ 週間以前~ (12, 0.3%)

2 にあの世 1 だ, におろし, にそういう, に家内, に脚本, に見た, の不動祠畔, の記憶, までは其処, までは其處

▼ 週間ばかりは~ (11, 0.3%)

1 [11件] ここで, とても帰られ, もうすっかりそれ, 何の, 何も, 安眠も, 彼等は, 毎日, 毎晩地べたで, 虫の息で, 起きること

▼ 週間まえ~ (11, 0.3%)

1 [11件] から故障, から申込まなけれ, から着物, から買っ, に百五十ルーブリ, のこと, のびら, の水曜日みたい, の龍, 大学が, 小林少年に

▼ 週間~ (11, 0.3%)

3 十日は 2 二週間は 1 そこらで, そこらでは, 三週間で, 三週間は, 十日で, 十日鉄砲玉に

▼ 週間ごと~ (10, 0.2%)

1 がなんとも, にかけかえる, にガラリ, にフォーム, に一幅, に役場, に期限, に絶え間, に船, に配給

▼ 週間する~ (10, 0.2%)

2 かしない 1 と, と叔母さん, と子供, と尻尾, と昭和二十一年, と来ますだ, と起き上れる, と金木犀

▼ 週間経つ~ (10, 0.2%)

3 か経たない 1 うちに, と不, と成績, と腕, と花嫁, や経たず, 時分には

▼ 週間かかっ~ (9, 0.2%)

1 たって草, てこしらえちゃった, てもかき集める, ても分からぬ, ても楽, てやっと, て手縫い, て最後, て遂に

▼ 週間ぐらいの~ (9, 0.2%)

4 うちに 1 うちには, ことであった, 共同生活では, 短時日に, 間に

▼ 週間ぐらいは~ (9, 0.2%)

1 かかる, ここで, その噂, なるべく引き籠っ, 下にも, 勉強が, 夫と, 懸るだろうと, 雲隠れで

▼ 週間~ (9, 0.2%)

21 からねえ, から隨分, ぜ, そうです, つた友は, と, よ

▼ 週間といふ~ (9, 0.2%)

2 ものは 1 ものが, もの全然, 慌ただしい旅行, 所です, 時日が, 短い旅, 限られた日程

▼ 週間なり~ (9, 0.2%)

2 二週間なり, 十日なり 1 お席, 十日間なり, 半月なり, 四週間なりの, 女房が

▼ 週間早く~ (9, 0.2%)

2 て四五日, 雪が 1 いらつし, かえって心, して, 治った, 消して

▼ 週間たった~ (8, 0.2%)

1 あの夕方, が彼, 一人で, 今に, 今日やっと, 後に, 後最高点を, 或る

▼ 週間余り~ (8, 0.2%)

1 かかって, かかるとの, にもなっ, の後, も渡っ, も遊び, を暗室, 続いた

▼ 週間経っ~ (8, 0.2%)

1 てからと云え, てからアルハンゲリスク, てもう, ても下らなかった, ても何, て教室, て早く, て退院

▼ 週間あと~ (7, 0.2%)

1 であった, に, にって云った, になつ, になん, に出発, のこと

▼ 週間すぎ~ (7, 0.2%)

2 てふたたび, ても帰らない 1 てい, て一五九四年, て次

▼ 週間には~ (7, 0.2%)

1 つぎから, ウルカと, 両親は, 小六, 彼らは, 月曜から, 種種な

▼ 週間ばかりという~ (7, 0.2%)

1 お話だった, ものそこから, ものは, もの口を, もの市場が, もの警察の, もの連日つづけ

▼ 週間~ (7, 0.2%)

1 にある, にて死する, にヒマ, に東海道, に稽古, に立ちもどるべし, に自分

▼ 週間~ (7, 0.2%)

1 の家, は助手, は昼飯, は物, は珠子, は米, は誰

▼ 週間かかった~ (6, 0.1%)

1 が彼女, が私, という, もんだ, よ, んだ

▼ 週間から~ (6, 0.1%)

1 一ヵ月労働者を, 一ヶ月ぐらいの, 三日一晩といふ, 五週間の, 十日ほど, 十日位が

▼ 週間ぐらいで~ (6, 0.1%)

1 すっかり正気, 再建する, 暇を, 書いて, 私は, 行っちまうと

▼ 週間とは~ (6, 0.1%)

1 なりません, 床に, 待てない種類, 続かなかつた, 訪問を, 随分長い

▼ 週間~ (6, 0.1%)

1 ですが, に王さま, に鉄工労働者, のこと, の日本, の金曜日

▼ 週間おき~ (5, 0.1%)

1 くらいに私, にということ, にと云った, にポルタワ, に燈臺通

▼ 週間この~ (5, 0.1%)

1 山の, 市に, 方マリユスは, 方古い, 方為事に

▼ 週間したら~ (5, 0.1%)

1 お出かけに, きつと, またかえって, 四十露里離れた, 石川さんという

▼ 週間にわたって~ (5, 0.1%)

1 くわしく調査, ドモン流域, 俳句行脚した, 尚巡礼, 念入りに

▼ 週間ばかりと~ (5, 0.1%)

3 云うもの 1 いふもの, 推定されました

▼ 週間ほども~ (5, 0.1%)

1 前には, 寝て, 寢こんだ, 興行を, 高熱と

▼ 週間以来~ (5, 0.1%)

1 げっそり瘠せ, この事件, も鬚, 課せられて, 離れたこと

▼ 週間~ (5, 0.1%)

1 に言葉, はまったく, は何処, は外, は短期

▼ 週間程の~ (5, 0.1%)

1 あいだ引き続い, つもりで, 休みを, 真剣さと, 間に

▼ 週間あれ~ (4, 0.1%)

1 ばヨーロッパ, ば大丈夫, ば安心, ば行ける

▼ 週間かは~ (4, 0.1%)

1 家へ, 氷の, 私は, 経過した

▼ 週間~ (4, 0.1%)

1 てあなた, てもしか, て水嵩, て綱右衛門

▼ 週間すれ~ (4, 0.1%)

2 ばもう 1 ば会, ば別府

▼ 週間にわたる~ (4, 0.1%)

1 不安な, 旅を, 旅舎に, 経験

▼ 週間ばかりで~ (4, 0.1%)

1 全治した, 全治するだろう, 立ち退いた, 行って

▼ 週間ばかりに~ (4, 0.1%)

3 して 1 なる

▼ 週間ほどに~ (4, 0.1%)

1 なりました, なります, なる, 時々おこった

▼ 週間二週間~ (4, 0.1%)

1 と昔, と経っ, と通つて, を経

▼ 週間十日~ (4, 0.1%)

1 に亘る, のこと, の暇, は眼

▼ 週間~ (4, 0.1%)

1 にする, にノオト, にマルセーユ, に父親

▼ 週間滞在~ (4, 0.1%)

1 した, した大連, しようと, の旅客

▼ 週間目位~ (4, 0.1%)

1 だろうか, でないと, でよう, に全身洋食

▼ 週間経った~ (4, 0.1%)

2 ある日 1 ある朝, 頃でした

▼ 週間足らず~ (4, 0.1%)

1 です, で東京, で終る, で解決

▼ 週間ある~ (3, 0.1%)

1 ことだ, わ一カ月, 有名な

▼ 週間うち~ (3, 0.1%)

2 にどう 1 にあなた

▼ 週間かかる~ (3, 0.1%)

1 かのよう, かわかりゃ, つもりかしら

▼ 週間くらいの~ (3, 0.1%)

2 うちに 1 胎児では

▼ 週間くらいは~ (3, 0.1%)

1 そこに, たしかに危険, 泊まって

▼ 週間ずつ~ (3, 0.1%)

2 入院し 1 世話に

▼ 週間ずつの~ (3, 0.1%)

1 公演を, 採炭高と, 聴講が

▼ 週間ちかく~ (3, 0.1%)

2 もこの 1 興行した

▼ 週間とか~ (3, 0.1%)

1 二週間休養の, 云つ, 幾日とかの

▼ 週間ないし~ (3, 0.1%)

1 五週間である, 十日で, 十日間休業した

▼ 週間なんて~ (3, 0.1%)

1 いうわね, いふもの, 診断を

▼ 週間のち~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 の夜

▼ 週間ばかし~ (3, 0.1%)

1 毎日の, 滞在し, 静かな

▼ 週間~ (3, 0.1%)

1 ずっと着ず, で最も, に輝く

▼ 週間位前~ (3, 0.1%)

1 から思う, ですかしら, に来

▼ 週間~ (3, 0.1%)

1 にもする, もたべない, も書かれない

▼ 週間~ (3, 0.1%)

1 に成る, は一日, を過ぎた

▼ 週間~ (3, 0.1%)

1 の奇妙, の家, の態度

▼ 週間入院~ (3, 0.1%)

1 して, しなければ, する

▼ 週間~ (3, 0.1%)

1 が廃止, で順ぐり, によって五日週間

▼ 週間待っ~ (3, 0.1%)

1 ていました, ても二週間, ても夫

▼ 週間~ (3, 0.1%)

1 へ往つて, をした, をしよう

▼ 週間病床~ (3, 0.1%)

2 に就かれた 1 につい

▼ 週間程で~ (3, 0.1%)

1 ローマまで, 帰る積, 過ぎた

▼ 週間程は~ (3, 0.1%)

2 あんまり外 1 うんうんうなりましたさうです

▼ 週間自分~ (3, 0.1%)

2 の嘗め 1 に仕事

▼ 週間過ぎ~ (3, 0.1%)

1 この問題, たうとう, てその

▼ 週間あまりすぎ~ (2, 0.0%)

1 ており, てからヤット二冊

▼ 週間あるいは~ (2, 0.0%)

1 一月おそく, 六週間たっ

▼ 週間おい~ (2, 0.0%)

1 て女, て過去

▼ 週間かかりました~ (2, 0.0%)

1 があなた, の

▼ 週間かという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 問題だ

▼ 週間かの~ (2, 0.0%)

1 休暇が, 間うけた

▼ 週間がかり~ (2, 0.0%)

1 で古い, で書き上げ

▼ 週間くらいも~ (2, 0.0%)

1 すれば, 早く雪

▼ 週間ぐらいしか~ (2, 0.0%)

1 いなかった, 遊んで

▼ 週間ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 必ず行方, 経たねば

▼ 週間そこ~ (2, 0.0%)

2 にあった

▼ 週間そこそこ~ (2, 0.0%)

1 ですよ, で切り揚げ

▼ 週間その~ (2, 0.0%)

1 ために, 日の

▼ 週間それ~ (2, 0.0%)

1 から十日, が今日

▼ 週間たたない~ (2, 0.0%)

1 うち伸子は, 内に

▼ 週間たたぬ~ (2, 0.0%)

1 中また, 間に

▼ 週間たち~ (2, 0.0%)

1 しかし断食, して

▼ 週間たったら~ (2, 0.0%)

1 件船が, 考えを

▼ 週間たらず~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ 週間です~ (2, 0.0%)

1 が区切り, わ

▼ 週間とも~ (2, 0.0%)

1 たたないうち, に起居

▼ 週間~ (2, 0.0%)

1 のです, んです

▼ 週間にしか~ (2, 0.0%)

2 ならないの

▼ 週間ばかりにて~ (2, 0.0%)

2 母上の

▼ 週間ばかりを~ (2, 0.0%)

1 全く日常生活, 消過せしめし

▼ 週間ほどか~ (2, 0.0%)

2 かつて一周

▼ 週間~ (2, 0.0%)

1 へから, へであつ

▼ 週間もの間~ (2, 0.0%)

1 の苦悩, 寄ると

▼ 週間もの間外~ (2, 0.0%)

2 ながらもう一度

▼ 週間よく~ (2, 0.0%)

1 晴れて, 考えた上

▼ 週間一回~ (2, 0.0%)

1 であるが, の俳句欄

▼ 週間乃至~ (2, 0.0%)

1 二週間ぐらゐを収容病室で, 十日間休業した

▼ 週間余り前~ (2, 0.0%)

1 に上野公園, のはがき

▼ 週間借り~ (2, 0.0%)

1 て損料十円, にし

▼ 週間~ (2, 0.0%)

1 ののち, ばかり入院

▼ 週間~ (2, 0.0%)

1 に出ない, へも出られなかった

▼ 週間学校~ (2, 0.0%)

1 へ行く, を休まなけれ

▼ 週間居る~ (2, 0.0%)

1 と必, の忍耐だ

▼ 週間待つ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, ても富岡

▼ 週間或は~ (2, 0.0%)

1 一ヶ月いや, 十日間經つて愈

▼ 週間~ (2, 0.0%)

1 の一杯, の一浴

▼ 週間日本~ (2, 0.0%)

1 でも世界人権宣言, にい

▼ 週間暮し~ (2, 0.0%)

1 てかなり, て居られる

▼ 週間滯在~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 週間無理~ (2, 0.0%)

2 に断食

▼ 週間目父~ (2, 0.0%)

2 のグロモフ

▼ 週間目生徒~ (2, 0.0%)

2 の希望

▼ 週間私たち~ (2, 0.0%)

1 の自, はさらさら

▼ 週間立っ~ (2, 0.0%)

1 てから或, てもまだ

▼ 週間経たない~ (2, 0.0%)

1 うちに, 中に

▼ 週間経て~ (2, 0.0%)

1 ば国, ば起さなく

▼ 週間続き~ (2, 0.0%)

1 その間は, の試験

▼ 週間置い~ (2, 0.0%)

1 ても腐らない, て腐る

▼ 週間過ぎ去っ~ (2, 0.0%)

2 ていった

▼ 週間長く~ (2, 0.0%)

1 て一ヶ月, て一年

▼ 週間長けれ~ (2, 0.0%)

2 ば十五日

▼ 週間門馬~ (2, 0.0%)

1 は一週間, は三日間

▼ 週間離れ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼1* [438件]

週間ああして, 週間あずかったら両方とも, 週間あと三重県の数ヶ村, 週間あなたは何, 週間あの小さな家が, 週間あまりいて金弐円也, 週間あまりになつて, 週間あまり一滴も注入, 週間あまり世話になった, 週間あまり先のメド, 週間あまり旅をつづけ, 週間あまり滞在して, 週間あまり魚を買, 週間てまた, 週間いなかへ旅, 週間いらいらして, 週間いるのは, 週間おき位にいろは本, 週間おくれてロンドン, 週間おやすみになった, 週間お客様として招待, 週間からになれば, 週間がほどは宿を, 週間やつは, 週間きりですが, 週間くだらぬ奔走を, 週間くらいずつしかない, 週間くらいになると, 週間くらいを過ごした, 週間ぐらいが生命で, 週間ぐらいになるから, 週間ぐらいも前から, 週間ぐらゐかゝるとか申してを, 週間ぐらゐしてかな向ふ, 週間ぐらゐしてから僕は伏見, 週間ぐらゐだけ就職したこと, 週間ぐらゐは大丈夫か, 週間ぐらゐは怏々として楽しまなかつた, 週間ぐらゐを収容病室で暮さなけれ, 週間ぐらゐ使へるからと, 週間ぐらゐ前から, 週間ぐらゐ新聞を充分, 週間ぐらゐ留守にする, 週間ぐらゐ遊びに来ない, 週間ぐれえにしかなら, 週間こういう原始生活を, 週間ここにいなけれ, 週間さきでなければ, 週間した日師は, 週間すぎたが容疑者, 週間すこしのびれば, 週間すごしたときイギリスでは, 週間すなわち二ヵ月くらいに, 週間すんでああ, 週間そうだきょう, 週間その間のこと, 週間そんなあつけない, 週間ただでためし, 週間たちましたが犬, 週間たち三週間たちして, 週間たち二週間たって, 週間たち二週間目がもう, 週間たち十日たつても, 週間たっぷりの絶対安静, 週間たつた後最高点を, 週間たつたら手紙が, 週間たのしく遊んだあと, 週間つきっきりで責めた, 週間つづいていた, 週間つづけて金曜, 週間つづけたあとに, 週間つづけましたね, 週間つぶしたと思う, 週間づつの公演, 週間づつ陸地の方, 週間こんなに永い, 週間であって一個月, 週間であるがその間, 週間でしたが由, 週間ですつかり亡びてし, 週間といふものがそは, 週間といふもの完全に, 週間とこたへられない, 週間とまりがけで, 週間とんでしまいました, 週間どころかいつまで, 週間などという本を, 週間などの出版界の, 週間なりの時日が, 週間なんらの楽器, 週間においては食事給与を, 週間につき中央の, 週間になつても, 週間によって今までは, 週間ちゃいました, 週間のばそうよ, 週間のみあるいたの, 週間はたらかないであそん, 週間ばかしも不漁続きだ, 週間ばかりが実に長かっ, 週間ばかりにおいて甚だしかった, 週間ひるねをする, 週間ぶっ通しの, 週間ぶっつづけに昼間, 週間ぶんの卵, 週間ほどが過ぎた, 週間ほどしかいなかった, 週間ほどで慣れて, 週間ほどというもの夕食以外には, 週間ほどにしかならない日, 週間ほどにもなるが, 週間ほどを静かに, 週間つちです, 週間まきの時計, 週間もう一週間に, 週間もしくは數ヶ月を, 週間もじっとしてたん, 週間もっとも功労の, 週間もとぢこめられ, 週間もとまっている, 週間もとめておいたら, 週間もの日が, 週間もの間パトラッシュは力, 週間もの間彼はその, 週間もらいはかなり, 週間やってきてそれから, 週間やらが重なって, 週間すぐだ, 週間よりもっと前, 週間ろくにのまず, 週間わたしは公休, 週間わたしたちよりまえ, 週間をば出でずして, 週間をも経たぬ内, 週間をもってはかなく終り, 週間を以て終り或は, 週間イヤせめて三日, 週間ウィルメットの低温室, 週間カイヅを三ヶ月, 週間カンヅメですから, 週間キスを二週間, 週間キャベジの煮た, 週間サムマリイをテキスト, 週間アル, 週間バタや玉子, 週間ヘレーネという名, 週間ベルリンに費やした, 週間ホトボリをさまし, 週間ミミズみたいにどこ, 週間ワシントンの自分, 週間一クロウネずつ貰う, 週間一ドル二十五セントという莫大, 週間一ポンドずつやっ, 週間一円なりと, 週間一日に何十遍, 週間一本ずつは受取りました, 週間一片のパン, 週間七日を通じて朝, 週間三四日とひどく, 週間三週間四週間の間, 週間上斜里のよう, 週間不在になる, 週間不眠不休の看護, 週間世界中の軍艦, 週間両親のもと, 週間中午前十時開館というハナバナ, 週間中爺さんの御馳走, 週間中隊は支那部落, 週間二キログラムの割合, 週間二三ヵ月おいて, 週間二人はあっちこっち, 週間二週間三週間四週間の間, 週間五六十フランから一カ月三, 週間交代くらいで, 週間人事不省のまま横, 週間以上一睡もしなかつた, 週間以上十日や十五日位保存, 週間以上横になつたま, 週間以上活くべしと, 週間以上滞在する外国人, 週間以後に来る, 週間以来アンナは苦しんでる, 週間以来不面目という固定観念, 週間以来別種の心配, 週間以来彼の散歩, 週間以来音楽を聞く, 週間仮にのんびり眠ったとしても, 週間仲よくつき合った, 週間休む者に, 週間休んだ勘定に, 週間休暇をつづける, 週間休講の電話, 週間休養の後, 週間会えないのか, 週間会社を休んだ, 週間位いずつ鶴見, 週間位てつ夜をつづけた, 週間位後のこと, 週間位徹夜して, 週間位滞在する必要, 週間位用ふるので, 週間住んでいた, 週間何ともいえぬいい, 週間何カ月が過ぎ去り, 週間何一つ折檻の種, 週間余り何も飲食, 週間余り入院して, 週間余り毎日のこと, 週間余り滞在す, 週間作衛の動向, 週間使用くらいのもの, 週間保養をし, 週間借切りにし, 週間停船の命令, 週間僅か四時間だけの授業, 週間入口で待機, 週間入院中は面会, 週間一週間その, 週間全部みて, 週間兵隊に行く, 週間其處に滯在, 週間内外なるべく人, 週間出勤が出来なかった, 週間分食事の差入, 週間っこ, 週間制度などといふくだらない, 週間前あたりから床, 週間前おばあさんの使ひも, 週間前お前の学校友達, 週間前ぐらゐにも二三度来て, 週間前セコチャンが溺死, 週間前チーフ・ジャスティスは混血児, 週間前ドミトリイ・フョードロヴィッチがある, 週間前先週の月曜日, 週間前十二月になっ, 週間前印度の父, 週間前四万円という金, 週間前四平街を出発, 週間前大勢の風紀兵ら, 週間前姉に手紙, 週間前後の時日, 週間前新聞に掲載, 週間前施療部の一肺患者, 週間前最初に泊った, 週間前此処に来, 週間前私は昼, 週間前素子が来る, 週間前英雄君も暁星, 週間努力して, 週間化学地質学古生物学, 週間北京でアジア婦人大会, 週間十シリングであり従って, 週間十四シリングを受取った, 週間原稿は一枚, 週間台本たる戯曲, 週間協會第二囘公演として, 週間にも梶女史, 週間吸わなかった煙草を, 週間四十人収容できるもの, 週間四十時間労働と定めた, 週間四週間の間, 週間国境の警戒, 週間売れなければ廃物, 週間大いに飲んだ上, 週間大阪中座で同じく, 週間と自分, 週間奥さんから手紙, 週間は仕度, 週間姿を隠した, 週間学校動員であるゴム工場, 週間に入り, 週間に帰らない, 週間寝たけりゃあ行きましょう, 週間寝込んでしまった, 週間専心に此, 週間就床の後五月十日, 週間尿の検査, 週間居たことを, 週間山中の小屋, 週間を離れた, 週間左側ばかりを下, 週間巴里で暮し, 週間希望なき未来, 週間帝国劇場にて文芸協会公演, 週間帰京する即日朝鮮遠征, 週間帰城して, 週間幾月と云, 週間延ばしに旅程, 週間引きつづいて, 週間彼女が若い, 週間後ロザリーは愈々, 週間後一人で酒, 週間後二月二十六日東京において軍隊, 週間後内務省参事官の一行, 週間後友人から商業學校出, 週間後執事がおずおず, 週間後彼等は厚和, 週間後梯子を登ろう, 週間後爆心地松山町で蟻, 週間後私が危篤状態, 週間後選外の発表, 週間徹夜をつづけた, 週間思い詰しが, 週間愈々地球も, 週間日ノ, 週間手錠を卸され, 週間打っ続けに働い, 週間打つたのにそれ, 週間振りではあり, 週間捜し候えども見当, 週間教授のこと, 週間り滞在, 週間日本橋白木屋において開催, 週間日記の手入, 週間早かったし, 週間早めることは, 週間明日からもっとよく, 週間映写されたきり, 週間暗室の独房, 週間暮すのは, 週間書かないでゐる, 週間服役したが, 週間から夕方, 週間朝三時ごろまで寝ない, 週間朝日に四, 週間朝日所載の井師, 週間教育兵として, 週間果実の表面, 週間欠席届を出し, 週間止つてゐると, 週間此地に逗留, 週間此方セルギウスは思案, 週間死なないでいた, 週間死んだように, 週間毎夜同じ言葉, 週間毎日そうしてそのまま, 週間毎日カフェーに通っ, 週間毎日雪が降り, 週間永くて二週間, 週間治療をつ, 週間流言が頻りに, 週間清冽な池水, 週間滞在中も毎食, 週間滞留の予定, 週間が続き, 週間生死の境, 週間でも一週間, 週間用ぐらゐの酒類が一人, 週間病気をすれ, 週間目ごとの彼, 週間目市平は颯然, 週間目毎に賃銀, 週間目用器画の時間, 週間目頃ひどく膨れ, 週間眠っていました, 週間眠ったのか, 週間眠らざるもよし, 週間眠り続ける事が, 週間碇泊すると, 週間から暇, 週間程といふもの二人は, 週間程になりますねえ, 週間程度を要する, 週間五室が, 週間籠つてゐる間, 週間精神病院に約, 週間経ち二週間経つ, 週間経ちますがまだやっと, 週間経ったら四神足を, 週間経ったら帰って来る, 週間経つたのである, 週間経とうとし, 週間経過したこと, 週間絶対安静一カ月安静を強いられた, 週間絶食をした, 週間經つて起き出して, 週間經過すれば, 週間継続するならば, 週間続いている, 週間続いたがやがて, 週間続くのである, 週間続けてその, 週間繰り延べたという話, 週間置放しに, 週間にちゃんと, 週間自宅に帰っ, 週間航海して, 週間の血清注射, 週間苦行を続けた, 週間蟄居すること, 週間行かしてやったら, 週間て廻っ, 週間見ぬ間に, 週間観察して, 週間観測したが, 週間言葉を発する, 週間計り留りし内, 週間警察に止め置かれた, 週間譲吉は自分, 週間買いあげて捜した, 週間躊躇したあと, 週間辛抱なすつたらすぐ, 週間近い船旅では, 週間近くウィーンに滞在, 週間近く掛つて苦心した作, 週間近く水の他何, 週間近く滞在して, 週間近く逢はなかつた, 週間返事は居間, 週間速成油絵講習会といった風, 週間はなかつた, 週間れたいと, 週間遅くて四週間, 週間遅れて今日, 週間過ぎたがその間ジャン・ヴァルジャン, 週間過ぎると結婚, 週間過ぎれば疵口, 週間過ぎ三週間過ぎたうとう, 週間過すのは, 週間避暑に行く, 週間を飲まん, 週間間断なき週間, 週間降り込められて弘法, 週間限りだが, 週間隔離を延長, 週間を得ない, 週間のお宮, 週間静養して, 週間頑張って招待日, 週間領事館へ日参, 週間をひねった, 週間を合わせなかった, 週間食べのびるか否, 週間馬上の散歩, 週間馬鹿のよう, 週間高熱の続, 週間鶴さん無慮一ヵ月以上, 週間黙っておった