青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「連絡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~逢っ 逢っ~ ~逢った 逢った~ 連~ ~連れ 連れ~ ~連中 連中~ ~連絡
連絡~
連続~ 週間~ 進~ 進み~ ~進む 進む~ ~進め 進め~ ~進ん 進ん~

「連絡~」 1573, 17ppm, 6700位

▼ 連絡~ (389, 24.7%)

44 とって 13 取って 9 して, つけて 8 保って 6 とること, もって 5 密に, 持って 4 つけること 3 とった, とりながら, とるため, 取つて, 取ること

2 [18件] つけるため, とったり, とつて, とらせた, とるのに, とる方法, とろう, はかるよう, やって, 保ちつつ, 取りつつ, 取るため, 嗅ぎ出すこと, 失って, 断つため, 絶たれて, 見出したの, 謀るが

1 [229件] いたします, いよいよ固く, うけとった, うしろの, おえて, お図りある, きびしく監視, こころみる値打ち, した, したところ, したの, してやれば, しないという, しに, しらべた, しブー, じゃまする, すなわち我々, すると, するの, せよ, たどって, たのみました, たのむ, たのんだ, たもちながら, つかむこと, つけ, つけたいと, つけたいふう, つけなきゃならない, つけねば, つけましょう, つけようと, つけようという, つけるより, つけるんだい, つける望み, つけ歴史的, つとめて, とげては, とったうち, とったと, とった結果, とった者, とっといて, とつたり, とらうかとも, とらないよう, とらない限り, とられたら一大事, とり, とりそこで, とりたいと, とりに, とりはじめた, とりまして, とりやすく, とり不, とり十七日, とり工新, とり決して, とり派出, とり籌子夫人, とり袋づつみにしてしまおうと作戦, とり隠語, とり飛行機隊, とるべき性質, とる上, とれ, とれる, とれイ, とろうか, とろうと, なし現今, なすこと, はかり物質的, はかるという, はかる一方, はかる策, はじめました, はっきり自覚, ひろげ入り口, まずりっぱ, まだ欠い, まったくたちきっ, まったく絶たし, もう少し緊密, もちそれ, もちつづけ田辺水軍, もちまた, もつこと, もつべきもの, もつスパイ, やったのに, よくしなけれ, アントニイ・ベエコンに, ヨリ緊密に, 一つも, 与えられたこと, 与えること, 与えるもの, 与える義務, 予期し, 今後とも, 付けるの, 保たしめるほか, 保たんと, 保ちつ, 保った, 保ったの, 保っとる有力, 保つこと, 保つて, 保つ印度美術, 保とうと, 切るの, 切れとは, 切断し, 利用した, 利用する, 十分に, 厳重に, 取ったもの, 取ったり, 取って置きよく, 取つたの, 取つて和合, 取らせても, 取らせますが, 取らない専門科学的常識, 取らなければ, 取りたるかに言及, 取りながら, 取りまして, 取りメッセンジャア, 取り一つ, 取り警戒, 取るとの, 取るのに, 取る必要, 取ろうと, 喪って, 嗅ぎ出す, 回復し, 図りいかなる, 図るという, 図るとか, 圖る, 執りながら, 執り四月以来反旗, 失いただ, 失った四函, 失った片, 失った色々, 失つて終に, 失ふ様, 失わないよう, 女の, 容易に, 密接に, 左右に, 帯びて, 待つ迄も, 得かの, 得て, 惧れ, 慶喜の, 手落なく, 手頼りに, 持たないが, 持たねば, 持ってるよう, 持ってるん, 控えて, 断ち前進部隊, 断って, 断つが, 断つこと, 断つ為, 断とうと, 新しくする, 有するが, 有するもの, 有つ, 欠いて, 欠く並べ方, 求むるを, 求めて, 濃くしよう, 理論的に, 生して, 目的と, 確実に, 確立する, 示すもの, 立てて, 簡単な, 絶たれる時, 絶たれ大敗, 絶ちかつ, 絶つと, 絶対に, 緊密に, 考えさせるの, 考えたもの, 脅かされて, 致しませう, 良くし, 行ふ, 見いだしそう, 見いだしたの, 見いだし個々別々, 見つけ出すの, 見るため, 見出そうと, 計ったり, 計ろうと, 設定しなけれ, 謀りに, 謀るため, 超越した, 辿り過去, 逆に, 通し千八百九十二年以来, 通ずるが, 遂げたの, 遮断し, 防止する

▼ 連絡~ (217, 13.8%)

10 ついて 7 あるか 6 あるの, 切れて 5 あったの, ない 4 あるよう 3 あった, あると, とれて, 保たれて

2 [13件] あったと, あって, ある, ついたという, つけば, とれるよう, ないから, ないため, ないの, なければ, 付かない, 前よりは, 欠けて

1 [136件] あったか, あったこと, あったもの, あったわけ, あった場合, あった確証, あつた, あつて五圓あまり, あらう, ありそう, ありました, あります, ありまた, あり事変後, あり駐在所, あるかとさえ, あるかも, あること, あるそれ, あるだらう, あるだろう, あるだろうと, あるでしょう, あるという, あるらしい, あるわけ, あるん, ある犯行, ある者, ある集合体, あろうか, いそがしいの, うまくとれ, お互によく, きかないの, ここから, すんだの, すんだらきみ, そうである, たぐり寄せられそう, ついたの, つかず出稼ぎ, つかないの, つかなくな, つかなくなるの, つきにくい, つきましたかね, つきましたら, つきます, つきまた, つき検屍, つくよう, できて, できるの, できるもの, できるよう, とって, とまって, とれず兼松信子さん, とれたので, とれたら知らせると, とれぬなどは, とれました, とれよう, とれる, とれるか, とれるかとも, とれるだろうか, とれる見込, ないだけ, ないはず, ないもの, ないよう, なかった, なくては, なくモンマルトル, なく思い出す, はじまってから, ぱったり切れ, ぱったり杜, まつたく途絶えて, みられます, もうなかっ, もう間もなく恢復, ゆるんで, よくとれ, よくわからない, グレハマ, ハッキリする, プロレタリア作家乃至, 不自由と, 事実空文の, 云わば, 保たれたの, 全くない, 全く取れない, 出来なくなったという, 出来る, 出来上れば, 分らなくなるばかしじゃ, 切れた, 切れたとき, 切れると, 前田本宸翰本等における, 十分でなかつた, 取れたに, 取れた午後二時そちら, 取れて, 取れなくなる, 取れなければ, 取れ風間, 問題に, 大騒ぎな, 将来は, 少しも, 心もとなくことに, 必要である, 思ふやう, 怪しくなる, 想定される, 感じられない, 断たれて, 日本文学始まっ, 来て, 横たわって, 機械的に, 求められるといふ, 無い, 結ばれるとうとう, 絶えて, 絶え不, 絶たれその, 自然的に, 至るところ, 要求された, 通じて

▼ 連絡~ (127, 8.1%)

6 あること 5 ために 3 あるもの 2 この地域, ついて, ない言葉, 際に

1 [105件] あった私, あつた, あるあらゆる, あるいはしばらく, あるそう, あるよう, ある一味, ある並べ方, ある個所, ある形, ある物, ある犯罪, ある者, ある記述, あるABC, きれたと, ことを, ためこれから, ためとめおかれた, ための, ついたこと, つきそう, ときこんな, とき笠原に, ところが, とりようが, とれて, とれるまで, とれ次第, ないかぎり, ないこと, ないと, ないとき, ないとっぴ, ないもの, ないニヒリズム, ない交驩, ない他人, ない単立, ない姿, ない小曲, ない幻影, ない思想, ない悲嘆, ない断片, ない断片的, ない終わり, なかった, よくとれ, インフォーメイションとともに, 上から, 上に, 上において, 下に, 不充分な, 並べ方よりも, 中心人物だったらしい, 乘合自動車です, 乱脈とに, 人が, 仕事が, 代表と, 任を, 便りと, 係りは, 半次に, 合図を, 問題が, 問題について, 国際列車だけに, 国際列車によって, 国際列車は, 場所と, 変化を, 大元である, 好例と, 存し, 工合は, 待合室で, 必然性によって, 必要が, 必要の, 必要も, 急行は, 手紙を, 方法も, 有無を, 欠けて, 決心で, 状態について, 用事が, 結節を, 給仕を, 絶えて, 綱と, 緊密とを, 線を, 者からは, 者だけ, 連か, 運輸労働者, 道を, 電波は, 面白さ, 飛行機の

▼ 連絡~ (125, 7.9%)

33 ている 4 ていた, てくれる 3 てい, てみる, て八方, て居る 2 てくる, てこの, てもらいたい, て上陸, て下さい, て兄妹

1 [60件] その指令, たり定期, てあった, てあの, ていない, ていなかった, ていなく, ています, ておい, ておいた, ておかなけれ, ておらず, てください, てくれれ, てこっち, てその, てできるだけ, てどんな, てはやく, てみた, てみなさい, てみよう, てもさっき, てやらない, てゐ, てゐない, て一度, て何事, て作製, て堂守殺人事件, て宇宙怪人征伐, て捕獲, て捜索, て最大限, て検察当局, て次第に, て海産物加工品, て潜伏布教, て火星, て真偽, て研究, て私, て給金, て要線, て見れ, て遼陽, て長蛇, て頂戴, ながらきみ, ながら一八四五年, ながら日本労働, 北京や, 協力する, 巧みに, 彼の, 慎重なる, 投降を, 水上警察に, 湖面の, 通信を

▼ 連絡~ (84, 5.3%)

4 ないもの, なしに 3 ない, なかった 2 とれて, ないこと, なく, なく乱雑, なく思い, なく現われ, 無く東京, 絶えて

1 [54件] ありませんでした, ある, これからは, して, つかず四十万, とれさらに, とれないよう, ないで, ないの, ないのに, ない抽象, ない断片, ない端的, なかつた色々, なくいみじう, なくしゃべりだした, なくしゃべり立てるので, なくその, なくみな別々, なくもちろん, なく不意, なく何ん, なく全く, なく各々, なく喋り出した, なく挿, なく歩い, なく理由, なく突兀, なく行われる, なく進む, なければ, よくつい, イヨイヨ絶え絶えに, 亦或, 体系も, 何も, 出来る, 取れたし, 取れワシリンリン大帝, 合図も, 失って, 妨げない, 必然性も, 支離滅裂だ, 有たなけれ, 来なかった, 来なかったな, 欠いて, 無いの, 益々緊密, 統制も, 維持された, 見出せなかった

▼ 連絡~ (72, 4.6%)

3 ない 2 ないので

1 [67件] あったに, ありません, あるが, おぼつかない, おぼつかないのに, かなり変貌, きっとつく, こ, この区別, この国際性, この頃, したの, しないの, すぐついた, すぐとる, するがね, ついた, ついたろうか, つかないじまい, つかなくなりここ, つきません, とだえて, とれて, どう頑張っ, ないか, ないかと, ないの, ないもの, なかった, なく各自, なく従って, なし何ら, ぷつりと切れ, まだつきません, むろんおぼつかない, もう出来ぬ, もとより緊密, やっぱり森氏, やや混乱, 一さいだめに, 一寸見当らない, 一艘で, 中身の, 何かの, 全く断たれ, 十分に, 問題外として, 四通八達らしく, 土に, 大乗仏教に, 始終あった, 始終断たれ, 完全に, 年々の, 所謂ギャップの, 断たれ退くも, 書面やなんかで, 殊の, 無いかといった, 相変らずつかず, 終った, 絶えますし, 絶対に, 絶望的に, 釜山航路一つしか, 頼みましたよ, 飛行機で

▼ 連絡~ (66, 4.2%)

3 に乗っ, の中 2 が大きい, にて, に乗る

1 [54件] がいま, がなかなか, が動かなかった, が尾道, が港, が程よい, だと, であった, でこの, ではとても, で下関, で六時間, で函館, で厳島, で向う, で東京, で田辺, で門司, としてのこの, として島, などの事, についての御, にのる, には乗り込めない, によく, に乗込んだ, に乘つて, に二三回, に移ります, に美しき, に身, のデッキ, のボーイ連, の三等船室, の上, の乗客, の匂い, の大半, の影, の恢復, の歌, はいい, はもう, は今度, は佐渡, は十二時, は即ち, へと旅客, もある, もさうである, も岸, や関釜連絡船, を冷たく, を降りる

▼ 連絡する~ (58, 3.7%)

3 ように 2 ことは, ために, 巴里迄の, 鎖の

1 [47件] あたりが, あたりは, かしなけれ, が宜しく, けれども指示, けれども特別, こと, ことが, ことに, ことによって, といっ, ところの, とのこと, と言つて, に寧日, に無線電信, のであった, のであつ, のである, のに通訳, のは, のを, ものは, 下り列車, 中腹の, 予定に, 伝令兵に, 土間とを, 地下道を, 大航空路, 小つ, 小諸発の, 尾根の, 山道が, 山道の, 旅客の, 母船まで, 汽車が, 汽車で, 汽車に, 海峡の, 為に, 物である, 糸の, 船宿の, 電話も, 電車にばかり

▼ 連絡~ (39, 2.5%)

2 行くと, 行って

1 [35件] あたった, あたったり, あるの, いけなくなって, いちいち奉行所, うかがったの, おくれまいとして, お当り, かえって不在, こんな乙子, だしたロナルド, やらせた, マニラへ, 乏しい感じ, 働いて, 出て, 出掛けるのに, 大手柄を, 彈丸と, 当って, 懸命の, 成功しない, 来た, 来たと, 来たの, 来た者, 来て, 来るという, 来るなと, 残っとらんと, 注目, 滋幹を, 當つて居りました, 興味を, 行った河辺中将

▼ 連絡~ (20, 1.3%)

3 の警官 2 をし, をつとめ

1 [13件] お納戸役付き, がロロー, であること, としてときおり, となっ, になっ, に外, のよう, の名前, の若い, をやっ, をやつ, を勤めた

▼ 連絡した~ (17, 1.1%)

2 棒が

1 [15件] うえ小林君を, がこの, が一冊, が為め, が組閣早々, のだ, ものでありました, ようです, 一種の, 列石の, 心理が, 新手の, 時には, 東武鉄道の, 者が

▼ 連絡協会~ (12, 0.8%)

1 [12件] からの手紙, から石炭生産組合, から赤い, から電話, がある, の会長, の手, の略称, の紹介, の週刊雑誌, はソヴェト同盟, へ行け

▼ 連絡~ (8, 0.5%)

1 なり光明, 一種の, 云うもの, 協定とが, 呼応連環の, 組織網を, 結束を, 給養と

▼ 連絡ある~ (7, 0.4%)

2 を以て彼 1 かのよう, こと第, 人士または, 時は, 犯行だった

▼ 連絡され~ (7, 0.4%)

4 ている 1 ていた, パトロールカーが, 田鍋課長は

▼ 連絡~ (6, 0.4%)

1 いろいろの, どうしても単に効果, 一生けんめいに, 二十五日からか, 場所を, 開通しはじめた

▼ 連絡なく~ (6, 0.4%)

1 必要に, 散らばって, 断続し, 率直に, 私に, 電光石火の

▼ 連絡には~ (6, 0.4%)

1 いつもここ, ことかかない, ラジオが, 三原隼人が, 当惑し, 皇族

▼ 連絡~ (6, 0.4%)

1 ぜ, もうすっかりやけた, 対応や, 対策や, 援護に, 雑務に

▼ 連絡係り~ (6, 0.4%)

1 です, として, になっ, のもの, はこれ, を勤めたけだし

▼ 連絡~ (6, 0.4%)

1 がいる, が一人派遣, が乗った, というの, をもっ, を見つける

▼ 連絡すべき~ (5, 0.3%)

2 何物も 1 事実が, 何者も, 列石を

▼ 連絡事務局~ (5, 0.3%)

2 の田川さん 1 から人民, では飛行場, の心配

▼ 連絡場所~ (5, 0.3%)

1 だと, にしときます, にやってくる, は郁ちゃん, をはっきり

▼ 連絡~ (5, 0.3%)

1 として市内某所, として発表, へ一走り, まで行っ, を兼ねた

▼ 連絡関係~ (5, 0.3%)

1 なきもの, なの, は人力, を有, を示し得る

▼ 連絡させる~ (4, 0.3%)

1 ためには, という, 点を, 義務が

▼ 連絡という~ (4, 0.3%)

1 ことについては, ごく軽い, ものは, 一事である

▼ 連絡なき~ (4, 0.3%)

1 ときは, 三つの, 個々の, 断片と

▼ 連絡なし~ (4, 0.3%)

1 には作用, には到底, に働かう, に別々

▼ 連絡~ (4, 0.3%)

1 がくる, に乗せ, に席, の便

▼ 連絡から~ (3, 0.2%)

1 それが, 分離せられた, 帰って

▼ 連絡さえ~ (3, 0.2%)

1 あること, しっかりすれ, なければ

▼ 連絡させ~ (3, 0.2%)

1 ている, て考え, 比較し

▼ 連絡される~ (3, 0.2%)

1 とこれ, のだ, ように

▼ 連絡しない~ (3, 0.2%)

1 うちに, のだ, ような

▼ 連絡し得る~ (3, 0.2%)

2 の門戸開通 1 のだ

▼ 連絡すれ~ (3, 0.2%)

1 ばいい, ばよい, ば平

▼ 連絡せる~ (3, 0.2%)

1 内臓の, 時間の, 種々の

▼ 連絡でも~ (3, 0.2%)

1 あったかい, あるの, つく

▼ 連絡など~ (3, 0.2%)

1 すべての, つまり国司, 何一つない

▼ 連絡によ~ (3, 0.2%)

1 つて徐々に, つて我々に, つて第三者の

▼ 連絡~ (3, 0.2%)

1 其全體ニ渉リテ知ラザル莫キガ如クカノ政事家ノ, 失ウコトナク一挙, 知リテ其一部ニ源因ヲ

▼ 連絡交流~ (3, 0.2%)

2 を図る 1 ししかも

▼ 連絡~ (3, 0.2%)

2 が設立 1 を組織

▼ 連絡~ (3, 0.2%)

1 には元来, に出る, を示す

▼ 連絡~ (3, 0.2%)

1 だと, でも何, の荷運び

▼ 連絡調整~ (3, 0.2%)

1 し, を圖, 及び推進

▼ 連絡~ (2, 0.1%)

1 何かに, 哀願かに

▼ 連絡さす~ (2, 0.1%)

1 ように, 様に

▼ 連絡させられ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ていない

▼ 連絡された~ (2, 0.1%)

1 ニューヨーク, 人間生活の

▼ 連絡しよう~ (2, 0.1%)

1 おそらくその, とすれ

▼ 連絡って~ (2, 0.1%)

1 あんなもの, ものも

▼ 連絡できる~ (2, 0.1%)

1 ように, 素因を

▼ 連絡といふ~ (2, 0.1%)

1 ことが, こと以外に

▼ 連絡とが~ (2, 0.1%)

1 必要である, 窺れる

▼ 連絡バス~ (2, 0.1%)

1 がロータリー, で鎌倉

▼ 連絡事務所~ (2, 0.1%)

1 が出来たらしい, との所在地

▼ 連絡制約~ (2, 0.1%)

1 せられた複雜無限, を意味

▼ 連絡協力~ (2, 0.1%)

1 の機関, を保っ

▼ 連絡協調~ (2, 0.1%)

1 に努力, を保つ

▼ 連絡取っ~ (2, 0.1%)

1 て破れかぶれ, て行こやない

▼ 連絡委員会~ (2, 0.1%)

1 でこの, を開いた

▼ 連絡情報~ (2, 0.1%)

1 が入っ, の仕事

▼ 連絡提携~ (2, 0.1%)

1 とか共, のため

▼ 連絡方法~ (2, 0.1%)

1 ではその, をつくる

▼ 連絡機関~ (2, 0.1%)

1 であるらしい, といふ意味

▼ 連絡汽艇~ (2, 0.1%)

1 が出かけ, のつく

▼ 連絡統一~ (2, 0.1%)

1 しこれ, なきもの

▼ 連絡通信~ (2, 0.1%)

1 が不可能, の方

▼ 連絡電話~ (2, 0.1%)

1 が切断, を切り

▼1* [145件]

連絡ありてその, 連絡あるいは広告の, 連絡さえが成功する, 連絡させようとし, 連絡させられる例の, 連絡されてることだった, 連絡されればそれ, 連絡したくなったときどう, 連絡したならば私, 連絡したらいいか, 連絡してる本当の, 連絡しとったんじゃ, 連絡しなかったのか, 連絡しなきゃあとで, 連絡しましたんや, 連絡しますからね, 連絡しろということ, 連絡し見聞き判断し, 連絡といふまでにはあらね, 連絡すべしというよう, 連絡ずみのこと, 連絡せざるべからざるものなり, 連絡せしめんと, 連絡せしめたる暁に, 連絡せられてあった, 連絡せられたこれらの, 連絡その間に使用, 連絡それらから生ずる, 連絡だけでは, 連絡だけに手頼っ, 連絡だけは出來, 連絡だろうと云う, 連絡ちがいが生じ, 連絡つくところに, 連絡づけが仮説, 連絡づけることが, 連絡ですか, 連絡でなかったら九時半過ぎには, 連絡として重大な, 連絡とっといて伊藤松雄, 連絡とては見出し難く, 連絡とのあること, 連絡とはじつに華やか, 連絡とり赤坂ま, 連絡とると夕方, 連絡とを示すだけの, 連絡ないことは, 連絡などもすべて道誉を以て, 連絡についていくらかでも, 連絡については例えばアメリカ, 連絡につき周到な, 連絡にでも行くの, 連絡にも重要な, 連絡による捜索ユニオン・カタローグの, 連絡はとつてゐた, 連絡まで三十分程間が, 連絡もかいふくし, 連絡より筆と, 連絡らしい列は, 連絡をとつて航行する, 連絡をも併せて, 連絡ガアッタト見エテ石屋, 連絡一巻における章, 連絡一章における節, 連絡あのひと, 連絡不可能につき, 連絡不規則で粗末, 連絡でございますから, 連絡事務の機械化, 連絡交通接触等に関して物語る, 連絡任務をはたしたかった, 連絡体制に対する提案, 連絡使を送る, 連絡使節が長良川博士, 連絡係みたいな事, 連絡係逮捕の号外, 連絡共同の方法, 連絡出来ること有能な, 連絡切断等に注意, 連絡努力して, 連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 連絡協会案内人の卑屈さ, 連絡協会長カメネワ夫人の弔電, 連絡協議懇談名前はいろいろ, 連絡協議機関なる, 連絡厳戒せしむる事, 連絡又は範疇組織そのものの, 連絡ひ甲, 連絡及結束である, 連絡取ればこそああ, 連絡号令が水中, 連絡同格化のため, 連絡委員として残らなけれ, 連絡学生の報告, 連絡密使であると, 連絡将校と一緒, 連絡ニシテハ一國中人民社會ノ, 連絡就航船隊としての, 連絡の木立ちの模様, 連絡として某, 連絡整理する, 連絡文法語格を理解, 連絡斥候ですね, 連絡を通信室, 連絡時務など山, 連絡時日及時間場所等の打合せ, 連絡時間は十時, 連絡會合についての打合せ, 連絡氣脈を通じて居る, 連絡の一例, 連絡滝村が約束, 連絡点附近が稍, 連絡無電がはいっ, 連絡班長のいう, 連絡用拡声器から警報ブザー, 連絡上げますから, 連絡のこと, 連絡病状報告の上配慮, 連絡に理智, 連絡研究機関の設立, 連絡秘書です, 連絡空中工場に空中牧場, 連絡空路によりアフガニスタン, 連絡のため, 連絡等赤衛軍の後方陣地, 連絡策戦が不可能, 連絡系統を研究, 連絡を確立, 連絡を遮断, 連絡線工事場でも無い, 連絡聞いたよ, 連絡至難となり, 連絡船乗場にかけつけた, 連絡船待合所に憐れ, 連絡船楽浪丸の一等船室, 連絡船洞爺丸がその, 連絡が出ます, 連絡親睦を主, 連絡訓練を要する, 連絡調和が失はれ, 連絡によるとき, 連絡通信網をだれ, 連絡道路だけでも無限, 連絡野戦病院の位置選定, 連絡駅風景であった