青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見つめ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見た 見た~ ~見たい 見たい~ 見たら~ ~見つけ 見つけ~ ~見つけた 見つけた~ ~見つめ
見つめ~
~見つめた ~見ない 見ない~ ~見ました 見ました~ ~見ます 見ます~ ~見ゆる 見ゆる~ ~見よ

「見つめ~」 3665, 36ppm, 3195位

▼ 見つめ~ (3075, 83.9%)

603 いた 219 いたが 184 いる 175 いると 125 いました 96 ゐた 90 いるの 73 いるうち 55 いましたが 52 います 40 居た 35 いますと 34 ゐる 33 いたの 31 いるよう 28 ゐたが 23 居る 20 居ると 19 ゐると 18 いて 16 いるばかり 14 ゐました 12 いること, ゐるの 11 いるだけ, おりました 10 居たが 9 やった, 立って, 言った 8 いる眼, いれば, おりましたが 7 いるので, 居るの 6 いたこと, ゐるうち, ゐるやう 5 いたので, いるのに, いる彼, いる時, いる自分, おりますと, 何か, 歩いて, 黙って

4 [17件] いたお, いたよう, いた眼, いるお, いるが, いるでは, いるもの, いる様子, いる間, きた, しまった, ゐて, ゐます, ゐるが, 私は, 立つて, 考えて

3 [26件] いいました, いたため, いたに, いたらしい, いたり, いた彼, いた時, いた私, いてから, いても, いようと, いるあの, いるという, いるとき, いるん, いる事, いる人, いる私, おります, お京さん後生, やる, ゐるので, ゐるばかり, 云った, 居るので, 歩いた

2 [75件] いたけれども, いたもの, いた人々, いた彼女, いた目, いた自分, いなければ, いらっしゃる, いらっしゃるの, いらつし, いるあいだ, いるあたり, いるから, いるきり, いるじゃ, いるちょうど, いるのみ, いるふう, いるより, いるらしい, いるらしいの, いるアッシェンバッハ, いる兄, いる内, いる外, いる女, いる彼女, いる方, いる方角, いる様, いる治子, いる男, いる絵, いる風, おいでに, おった, こんなこと, ごらんなさい, さうし, しまいました, しまつ, すわって, そこから, そこに, だまって, ほうと, もとの, やらうと, ゐたの, ゐたので, ゐたり, ゐたりけり何ぞ, ゐてから, ゐるその, ゐるもの, 何事をか, 動かなかった, 口を, 唇を, 坐って, 居たの, 居ましたが, 居られました, 居りましたが, 居れば, 平次は, 彼は, 生きて, 生きてを, 考えこんで, 考えた, 言う, 返事を, 頭を, 顔を

1 [612件 抜粋] あきらかに, あった昔, ありし間, いたあげく, いたあの, いたいよう, いたか, いたから, いたご, いたそう, いたその, いたって, いたばかり, いたもし, いたもん, いたらしい俊亮, いたらしかった, いたらだれ, いたら何, いたら急, いたら果して, いたん, いたんでさ, いたグラフィーラ, いたニーナ, いた一人, いた一風宗匠, いた万吉, いた三四郎, いた三郎, いた人, いた人影一つ, いた伊那丸, いた例, いた信長, いた叔父, いた可愛い, いた吉宗, いた四人, いた四馬剣尺, いた圭介, いた大河, いた天井, いた女の子, いた姉, いた子供達, いた孔子, いた富士男, いた山たち, いた巡礼, いた常胤, いた弟, いた恭一, いた態度, いた探偵, いた方角, いた様子, いた毛里, いた清之介君, いた瀬川, いた無限, いた畳, いた祖母, いた秦明, いた竜, いた老, いた船長, いた藤枝, いた見物席, いた親, いた農夫, いた達ちゃん, いた金右衛門, いた長, いた青嵐, いった, いつもの, いつ自分, いながら, いますから, いますよ, いやがるん, いよいよ恐縮, いらしった, いらっしゃいますのよ, いらっしゃるばかり, いられた, いられたから, いられない, いられない程, いられました, いられるの, いるけれど, いるこの, いるし, いるす, いるすべて, いるだけで, いるだけの, いるであろうこと, いるであろうよう, いるどんより, いるのよ, いるばかりか, いるふり, いるまるで, いるもう, いるようす, いるらしい様子, いるらしかった, いるんだい, いるカートン, いるシッカリ, いるショパン, いるフランシイヌ, いる一同, いる一角, いる両人, いる仏像, いる伸子, いる体, いる兩眼, いる兵馬, いる十一人, いる千, いる友だち, いる唐画, いる啓介, いる壮助, いる多, いる夜, いる大きい, いる姿, いる子, いる子供達, いる安二郎, いる家族, いる床, いる形相, いる彦太郎, いる心持ち, いる日本娘, いる明らか, いる時彼, いる次郎, いる清水, いる準之助氏, いる父, いる異様, いる福松, いる節子, いる綾子, いる習性, いる老爺, いる自然, いる良人, いる苦し, いる虚無僧, いる蜂谷, いる訳, いる詩人, いる誠, いる豪奢悦楽, いる青木, いる順吉, いる額, いる類, いわば凍った, うっとりした, うなずいた, おいた細君, おいて, おったが, おられた, おられるはず, おりあの, おりましたので, おるの, おれば, かう仰つて, かぶりを, きき入って, きく, きたので, きた運命, きました, くつ, くるの, くる眼, くれた, くれるもの, こういう趣, こうした物思い, こうひとり語, こちらに, この時, これよりは, こんどは, こんなふう, しかも漸次, しきりに右手, しくしくしてる, しばらくの, しばらく何, しばらく黙っ, しまうこと, しまったこと, しまった魂, じっと凝り, じっと笑い, じっと考えこん, じっと考え込ん, じり, そして怒鳴った, そして言った, そのた, その冷静, その心, その眼, その絵, その話, その途端, それから, それからあたし, それからつい, それから不満そう, それから彼, それから眼, そろそろと, たしかに幽霊, たたずみました, ただ想う, ためいきを, ちえつ, ちょっとかい, ちょっと考えた, つっ立って, つぶやいた, なぐさめはげまして, なにか恨み, にこりと, にたにた笑いだした, ひたすらに, ひどくいらいら, ふしぎな, ふしぎに, ふた親が, ふっと片手, ぼんやりし, ぼんやりと, ぼんやりとして, ぼんやり考えこん, ました, まだいぶかっ, みたいと, みました, みると, もらす言葉, やがておと, やがて溜息, やがて蚊帳, やったの, やに, やはり低い, やろうという, よくは, らっしゃるの, ゐたあげく, ゐたかも, ゐたけれど, ゐたけれども, ゐたそれ, ゐたのち, ゐたやう, ゐたら, ゐたら突然, ゐたん, ゐた子供, ゐた時計, ゐた眼, ゐた部屋, ゐた隆治, ゐても, ゐてよ, ゐられない程, ゐられるやう, ゐること, ゐるす, ゐるとも, ゐるなどは, ゐるのに, ゐるらしい見えざるものそれ, ゐるクレエル, ゐる二つ, ゐる凡太, ゐる厭, ゐる周囲, ゐる変貌, ゐる奴, ゐる客, ゐる庄吉, ゐる必要, ゐる源次, ゐる濁つた眼つき, ゐる熊吉, ゐる男, ゐる行燈, ゐる豪奢悦楽, ゐる顏, アラ大きな, キッパリと, タバコを, ニタリニタリと, ハンドルを, ボンヤリと, ロチスター氏が, 一心に幻, 一日の, 一歩も, 一行も, 上体を, 下さい, 不安と, 不審の, 二年の, 云ったが, 云つた, 今にも飛びかかり, 今度は, 仰天の, 低い声, 何かに, 依然頬, 先生の, 光秀の, 克子の, 入らしった, 全身で, 六分キュッと, 其は, 凍ったよう, 判読しよう, 募るは, 十兵衛は, 厭な, 又その, 右手を, 同じくびっくり, 同じよう, 同時に忙しい, 呆れて, 地に, 報告した, 変に, 多愛, 大胆不敵に, 娘の, 子供たちは, 容易に, 寂しい微笑, 居たあの, 居たかつたの, 居たと, 居たので, 居たり, 居たローズ, 居た勝子夫人, 居た心, 居た時, 居た陽子, 居て, 居ても, 居ながら, 居ます, 居られない様, 居られなかった, 居られなくなって, 居られます, 居ります, 居りますと, 居るうち, 居る一人, 居る事, 居る時, 居る様子, 居る源さん, 居れるよう, 当惑した, 彼の, 待って, 待ってると, 後先の, 微笑した, 思案に, 急いだ, 急に, 息を, 悪夢を, 悲しそう, 愉しみや, 我を, 我知らず語りつくせない, 我関せず, 戦いて, 手に, 描く事, 擦れちがうと, 放心し, 早く自分, 暫く黙っ, 暮しました, 来た, 来たの, 来たやう, 来た四つ, 来た岸本, 来りし自分, 栄蔵は, 欠陥だらけな, 歌つてゐる, 武蔵が, 歩いたり, 歩きました, 歩き続けた, 歩くこと, 死んで, 気が, 汽車が, 泣きだしそう, 泣くこと, 浪子は, 消えた, 深い考え, 源氏の, 無言, 無言の, 燭台の, 物も, 物思いに, 物狂おしい高笑い, 独り考えこん, 玉子は, 理性で, 生きましょう, 申しました, 相手を, 真面目に, 眼の, 石を, 私には, 私の, 突っ立っ, 立ちつくした, 立った, 立つ, 立つた, 立去ること, 笑いました, 答えた, 答えを, 精巧な, 純白の, 細い咽喉, 続きの, 美い, 考えごとを, 聞いて, 自然と, 苛立たしい焦燥, 行かないと, 行かなければ, 行く昔, 術な, 街を, 被居る, 視線は, 言うから, 言うた, 言うの, 言つた, 言葉を, 話しつづける肇, 話を, 講習会場の, 赤いくちびる, 身動きさえ, 身動きも, 軽く扇い, 返答を, 這い進んで, 進んで, 部屋から, 長いこと机, 陰々滅, 雨の, 音なく, 頬の, 頽勢を, 駆けって, 黙つて腕

▼ 見つめながら~ (347, 9.5%)

8 云った, 言った 7 彼は 4 次の, 言つた 3 いった, 尋ねた, 私は

2 [20件] こう答えた, こんどは, こんなこと, 今にも泣き出し, 伸子が, 叫んだ, 右の, 呟いた, 尋ねました, 小声で, 少年は, 彼女の, 歩いた, 歩いて, 立って, 答えた, 耳を, 言いました, 静かに, 頭を

1 [267件] あなたは, あまりの, いきなり私, いつた, いつまでも, いつもの, いふの, いろいろに, うつらうつらまどろんだ, うながした, うめくよう, うれしい心, お絹, かう言, かの女, かれは, くりかえした, こたえた, こたえる, この道化者, これを, さう, さも無気味, さらに話しつづけます, しばらくキッと, しんみり云つた, じりじりと, すぐに, ずんずんと, そうして唇, そう云った, そう思った, そして其処, その一つきり, その問, その手, その火焔, その紙きれ, そばを, それと, たずねた, たずねた人, だまって, ちびり, ぢつと, つくづくと, つけ加えた, つとめて平気, にっと笑った, にやりと笑つた, ひそかに, ひたすらごまかし, ひどく青ざめ, ふるえて, ぷつりぷつりと乾いた, ほとんど暗誦, ぼんやりと, ぽんと, また引き, また当惑げ, また彼女, みょうな, もうだめ, もう一度彼, もう一心, もっとかたく, やがて自分, ゆっくり歩きまわり, わたしは, イワン, サイラスは, ダイアナ夫人が, ツンツルルンチチチンチン, ドミトリイ・フョードロヴィッチが, バットを, ヒクヒクと, フランツを, ベッキイの, ベツドの, ロリー氏が, 一人一人平手で, 一言も, 一語一語に, 三郎は, 下くちびる, 下唇, 不安らしく尋ねた, 世の, 両腕, 中山は, 主人に, 主人の, 二人の, 二人は, 云つた, 云ふ, 五体は, 今日は, 低く呟く, 何か, 何ものかを, 何やらボソボソ口, 何度も, 佗びしい思いに, 使者の, 例の, 保治は, 倒れて, 健全な, 刀を, 刻々夜半, 前より, 勝ち誇ったよう, 半七, 卯平が, 厳然たる警察官, 口惜しさうに, 咽喉を, 唇を, 嗄れた声, 四方や, 圓朝は, 地だ, 地の, 坐して, 坐つて, 変に, 外へ, 夜明けまで, 夢想に, 夢路に, 大空に, 奥歯を, 宮子は, 寄って, 富子と, 封の, 小さい吐息, 小刀を, 小次郎は, 尾を, 座間は, 強い魔法, 彼が, 彼だ, 彼の, 彼女は, 彼自身それに, 待合へ, 後を, 従いて, 微かに, 微笑みました, 心持ち急き込んだ, 忍び音ひとつ立てず, 思うの, 思うまま, 思った, 思わずリボン, 惘然と, 惣平次も, 惰性の, 手を, 押し黙った, 掌脂を, 探るよう, 故郷や, 斯う, 斯う云った, 昂然として, 明智の, 書くもの, 月の, 木村が, 果してこれ, 果てしも, 柴垣は, 機械的に, 此処を, 死が, 母の, 気違いじみた, 注意深く操縦棹, 渠を, 源内は, 溜め息を, 激した, 無意識に, 無言の, 焦れて, 然し口, 煙草を, 熊吉には, 父が, 父親の, 独言の, 猿轡の, 甘えるよう, 生きて, 申しまして, 病床の, 白い床, 白昼を, 白猩々は, 突っ立っ, 立つて, 笑って, 笛に, 答へ, 箸を, 紳士は, 繰返した, 考え込んで, 考へ, 聞いてる, 聞くとも, 胸の, 胸中に, 腰掛けて, 膝の, 自分が, 自分の, 自分を, 自分自身に, 舌と, 若者は, 英子と, 茫然と, 複雑な, 西貝が, 言ったこと, 言ッた, 言葉も, 言葉を, 訊ねました, 訊問する, 話した, 話しつ, 話して, 読みくだした, 読んで, 讀んで, 赤い頬, 足早に, 車座に, 近づいて, 返答を, 迷った, 追及し, 運転手に, 過ごした, 釘勘は, 釣りを, 鈎を, 鏡を, 長大息を, 長政は, 長老は, 電車の, 静な, 靜かに, 顫え, 首を, 駿介は, 鸚鵡返しに, 默し, 黙って

▼ 見つめたり~ (23, 0.6%)

3 した, して

1 [17件] あんなに始終あなた, この人間, すると, ちえっ, にやにや笑い, また眼, 人の, 伸ばしたり, 口の, 時には部屋, 材木の, 火箸を, 狭い二畳敷, 盃を, 聞き入ったり, 見入られたり, 雲を

▼ 見つめては~ (16, 0.4%)

1 [16件] いけない, いけません, いない, いないで, いるが, かいて, チョークを, 何や, 子供の, 急に, 時々白い, 根気の, 歯を, 目が, 眉を, 酔ったよう

▼ 見つめそして~ (15, 0.4%)

1 [15件] そのまま時間, とぢ, われと, マドレーヌの, ヤス子の, 叫んだ, 尋ねた, 歌った, 私が, 私の, 笑顔を, 自らを, 言った, 足には, 雷の

▼ 見つめつつ~ (13, 0.4%)

2 呼吸し

1 [11件] あったヨブ, しかも音楽, なお油断, 何度も, 十三世紀だ, 横浜公園の, 泣きだした, 畔に, 胸の, 行つてとぎすまされた, 静かに

▼ 見つめそれから~ (9, 0.2%)

2 急に 1 不安げに, 奥さんの, 手に, 杖の, 踵を, 食卓の, 首を

▼ 見つめても~ (8, 0.2%)

1 あの不思議, いいもの, かれのすがた, がけの, 好い, 平気で, 平氣, 彼には

▼ 見つめその~ (6, 0.2%)

1 ためには, 前途を, 厚い真赤, 声に, 沸騰が, 眼つきが

▼ 見つめてから~ (6, 0.2%)

1 いつもに, 不意に, 彼女は, 意味あり, 深い溜息, 爪先き立っ

▼ 見つめ~ (6, 0.2%)

1 かかる, でかける, なっては, なりました, 見つめて, 見て

▼ 見つめ自分~ (4, 0.1%)

2 が何, の仮面

▼ 見つめそれ~ (3, 0.1%)

1 からあい, から怒っ, に手

▼ 見つめまた~ (3, 0.1%)

1 かくまでに, 急に, 榎本や

▼ 見つめ~ (3, 0.1%)

2 るる人 1

▼ 見つめ~ (3, 0.1%)

1 か云いたげであった, か大声, にも云わず

▼ 見つめこう~ (2, 0.1%)

1 素っ気ない, 言い添えた

▼ 見つめてさえ~ (2, 0.1%)

1 その影, 下さったら私

▼ 見つめてばかり~ (2, 0.1%)

1 いた, ゐたので

▼ 見つめてを~ (2, 0.1%)

1 りました, ると

▼ 見つめにな~ (2, 0.1%)

2 つていらつ

▼ 見つめやがて~ (2, 0.1%)

1 は子どもたち, 静かに

▼ 見つめ一種~ (2, 0.1%)

1 のおごそか, の感動

▼ 見つめ~ (2, 0.1%)

1 をあけ, を開け

▼ 見つめ~ (2, 0.1%)

1 つた, つたまま

▼ 見つめ~ (2, 0.1%)

2 の鼻

▼ 見つめ~ (2, 0.1%)

1 にはその, も同じ

▼ 見つめ~ (2, 0.1%)

1 をあかく, を伝

▼ 見つめ~ (2, 0.1%)

2 の慟哭

▼1* [99件]

見つめああ清吉あー, 見つめあたかも心の, 見つめあゝ日本が, 見つめいらだたしげに, 見つめうちの伯爵, 見つめかつ待って, 見つめかへした, 見つめがちになる, 見つめきっと結んだ唇, 見つめくらしていさえすれ, 見つめこういう問答を, 見つめこうして私が, 見つめここにかえって, 見つめごくやさしく肩, 見つめさもおかしそう, 見つめさらに帽子を, 見つめすり足でしずか, 見つめそれからまた腰を, 見つめだれもかつて, 見つめちゃいけません, 見つめやア, 見つめつぎにグレ, 見つめでもしようもの, 見つめなかには目ひき袖ひき軽蔑の, 見つめながらも考えこんだまま, 見つめはげしい動揺に, 見つめふたたび考へぶか, 見つめふっと窓の, 見つめぶん撲れば, 見つめまたはこれを, 見つめやうなん, 見つめゆるゆると舗石, 見つめわが頬は, 見つめコクトオとラディゲ, 見つめジョンドレットの目, 見つめメリーの脈搏, 見つめモナ・リザの微, 見つめ一つ二つ瞬きをし, 見つめ一層彼に, 見つめ一言も発せず, 見つめ三郎は水, 見つめ乍ら色んな声, 見つめ乍ら何ごとかまさぐり, 見つめ乍ら急行列車の夜, 見つめ乍ら私は思はず, 見つめ二こと三こと問答をした, 見つめ考えれば, 見つめ何となしいい心持, 見つめ元気いっぱいになっ, 見つめ内界の去来, 見つめ冷たくつつぱなすやうに云, 見つめ切りに見つめ, 見つめ千々岩は黙然, 見つめをぬらす, 見つめをじろじろ, 見つめ大野順平を見あげる, 見つめ如何にも急ぐと, 見つめをふくめ, 見つめ少し驚きしといふ, 見つめ当惑の腕ぐみ, 見つめ思わず深い溜息, 見つめにその, 見つめ悄然として私, 見つめ感心したやう, 見つめ我子の上, 見つめ戦争だけを信じ, 見つめ時々光線を, 見つめ時折ぱっと挙げられる, 見つめ暫くたつと, 見つめ歯科医の道具, 見つめ泣き顔になっ, 見つめのついた, 見つめ無限の恐怖, 見つめ特に人間の, 見つめ狂乱したよう, 見つめひ何物, 見つめ狙い何物を掴みだす, 見つめ狙つてゐるの, 見つめ疑念や妄想, 見つめ白い眼玉を, 見つめをまるく, 見つめ神経的に高笑, 見つめ穏やかなその, 見つめ素子は非常, 見つめけてゐた, 見つめ考え沈んで, 見つめ敏く木の葉, 見つめ自己の心, 見つめ苦痛のあまり, 見つめ話し手の視線, 見つめ語気を強め, 見つめ豹一は亀, 見つめ通しだったの, 見つめ釈明などいらない, 見つめの上, 見つめ険悪な表情, 見つめ静脈のはつきり, 見つめから頬, 見つめ鼻洟は半