青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「連中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~逢う 逢う~ ~逢っ 逢っ~ ~逢った 逢った~ 連~ ~連れ 連れ~ ~連中
連中~
~連絡 連絡~ 連続~ 週間~ 進~ 進み~ ~進む 進む~ ~進め 進め~

「連中~」 5815, 63ppm, 1821位

▼ 連中~ (1267, 21.8%)

7 これを 6 いずれも 4 それを, どうした, 一人も, 気が, 誰も, 面白がっ 3 何か, 何を, 彼の, 皆驚いた

2 [51件] あなたの, あの頃, いつ何, ここで, この第, そこへ, その時, そんなこと, どうでも, どこへ, ない, ひそかに, びっくりし, ほとんどが, もう本当, 一人の, 一人残らず, 一斉に, 云って, 人間の, 仕事を, 体裁を, 何かの, 何も, 俺達より, 全く盲人, 出て, 割合に, 反対しました, 多少の, 妙な, 嬉しがっ, 家康の, 彼が, 彼には, 必ず覆面, 手に, 手を, 新たに, 時間が, 来て, 歴史的豪傑としては, 気を, 江戸の, 海岸へ, 皆な, 相変らず, 私たちの, 自分で, 金額と, 階下の

1 [1116件 抜粋] あきたらず思ふ, あたいを, あつかましくゴンドラ, あなたより, あのパリー, あへ, あまりたいして恐ろしく, ありゃ甲州, あれが, いいました, いい気, いかなる手段, いくらも, いずれ私, いっかな心, いったいどうした, いつもあやうく, いつも同じ, いやもう, いるよう, いろんな意味, うようよい, えらい, おじぎを, おれの, お前の, お昼すぎまで, お鶴, かえってその, かなり大勢, かねて, かの, がんばれるかい, きっと見つけたろう, きわめて冷静, ぐっとコップ, げらげら笑い, ここを, ことごとく駈けつけた, このあり, このたび, このサクラ, この二人, この先輩, この大同団結, この家, この老, この薄, この長い, これからこそこそ勝手, これに, こんなこと, こんな時いっこう役, さう, さぞ困ったろう, さつさと, さまざまに, さもさ, ざわめきだした, しきりに比翼塚, じっとし, すぐ役場, すこしばかり, すっかり肚胆, すべてあちらこちらの, すべて海土蔵に, ずっと気楽, そうでなく, そう信じ, そこでやっと, そこの, そのうち, その侵略戦争, その反対側, その品物, その圧, その実, その当時, その投書, その晩, その矛盾, その笛, その自覚, その鞄, それで, それに, それも, そんなもの, ぞろぞろ一団, たいてい疑っ, たがいに, たしかに監視, ただちに階上, ただ恋愛, たとへばうち, だれも, ちゃーんと, つぎつぎに, てんから数字, とうに帰つ, とくの, ともすれば先生, どうし, どうしてああ, どうです, どうやらわたし, どこに, どっと笑いました, どどっと, どんなこと, どんな塩梅式, ないもの, なお歌, なすところ, なんかと, なんとかし, なんとなく立ち上つ, はなしません, ふしぎそうな, ますます怒り出し, またフラフラッ, また悪魔, まだいい, まだ捜索, まだ解雇, まっすぐ弥陀ヶ原, まもなく大きな, まるで彼, みなどう, みな同類かと, みな庚申塚で, みな死に絶え, みんないずれも, みんなくずだ, みんなせいが, みんなどこかへ, みんなナオミに, みんな両刀の, みんな同じ, みんな帰っ, みんな派手ずき, みんな羨し, みんな良く, みんな見かけだけの, みんな転向し, むしゃむしゃ旨, むだな, むろん双手, もうこの, もう今, もう大抵出, もう投げられる, もう胸, もう自分達, もちろん私, ものが, やっと尾根, やはり元, ようやく仕事, よく承知, よっぽどの, よろこんで, わりに活躍, イザと, ウスチスイソーリスクの, ガラクタ文士を, クレーンの, コイツを, サイン攻めで, サン・サーンスや, シュラフザックを, ソヴェトへも, ダットサンに, トテモたまりません, ドッと, ド・エスコバアルに, パン店の, フランスに, プリプリし, ミャーフキー, ラザルスに, レイン・コートの, ロケットが, ロシア貴族と, ワグナーの, 一つ先へ, 一ペンに, 一人のこらず, 一勢に, 一向その, 一室置いた, 一層そうであったであろう, 一方には, 一旦そうだ, 一時間ばかり, 一目散に, 一種の, 七草の, 三年も, 上から, 上手へ, 下で, 不信仰者, 世の中を, 丙という, 中庭まで, 事が, 二つ返事で, 二十分の停車時間の, 云いますがね, 五位に対して, 亡者扱いに, 交通不便な, 人を, 人間では, 今ごろ騒ぎです, 今どうして, 今まで, 今度の, 今日花見の, 今朝も, 今頃何処に, 仕事の, 他の, 代る代る腰, 代議士と, 仲間から, 会と, 但馬と, 何, 何うし, 何しろおそく, 何ていう, 何の, 何んて, 何処かへ, 何十何百と, 何者じゃな, 何者です, 余勢を, 例の, 信頼の, 借金し, 偉いわい, 僕たちを, 元来謡のうの, 先づバツカスの, 先を, 児玉が, 入口の, 全体として, 全部藤野先生の, 八代子が, 共に談ずる, 内実においては, 出演に, 切りに, 初舞台を, 別に流鏑馬, 刺身を, 前の, 勢を, 勿体ないよう, 勿論下, 十二通り皆わ, 午前一時頃から, 却って悲哀, 口で, 口を, 各自に, 向う見ずに, 吹き出しそう, 和助の, 品川を, 唯だ, 問題が, 喧嘩でも, 噛んで, 四角いザラ紙, 国際市場の, 坂上か, 坊主の, 士族の, 夕方に, 外交団の, 多分その, 夜に, 大いに恐れ, 大丈夫さ, 大人に, 大体, 大喜び, 大失望, 大庭春吉と, 大抵出かけた, 大概この, 大部分脚, 大鍋, 大騒ぎな, 天下に, 天幕を, 奈何し, 女子供ばかり, 嫁さんを, 子供も, 安くて, 定めて, 客が, 家主の, 寄って, 寒さ, 寫眞を, 尻馬に, 屋根の, 屡々間違つた批評, 山ん, 巨漢を, 常にクッ, 常野の, 年中楽屋, 年齢も, 幾人も, 引っ切り, 引込んで, 当然蠣殻町, 彼らには, 彼等自身に, 待ち切れなくなって, 後嗣の, 御一方, 心の, 忌々しい腹, 快活に, 忽ち顔色, 思いこんで, 急に, 恒例といふ, 恨んで, 恰度喫煙者が, 悉く復活, 悦んだの, 悲鳴を, 愚の, 慌ただしく鞍, 懲役に, 或いは近い, 戦争で, 手が, 手間も, 抜け穴から, 挙つて鬼や, 捜索に, 散髪の, 文界の, 新しい処, 新劇に, 日帰りの, 日本内地に, 早くも, 早朝から, 旭岳と, 昔と, 昨夜の, 暇さへ, 暗闇の, 最初から, 月の, 有名な, 服さなかった, 本因坊さんが, 本當, 杉村君の, 来る時, 根本において, 格別早起きも, 椅子の, 楽屋に, 横腹を, 正しい知力, 死刑に, 残って, 母とも, 毎月一回宛村上彦四郎氏邸や, 比較的軽傷, 気がつかないが, 気味わるげに, 汐時が, 沖へ, 沼南の, 法師丸から, 浮き足だった, 深く頓着, 渦巻く煙, 潮が, 為事にも, 無駄に, 熱に, 父つあん, 牒し合した, 物を, 特に誰, 狡猾に, 猛獣だ, 現れない, 生まれて, 生活費が, 田舎へ, 申合せた, 男女交りであった, 番組を, 白い着物, 皆よき, 皆丈夫, 皆何かを, 皆八方へ, 皆同じ, 皆喜んだ, 皆引っぱり, 皆教室で, 皆泊り込みである, 皆白装束白の, 皆繁華街に, 皆開成山です, 皆青く, 目ばかりに, 直ちに川原, 直接チチコフに, 相当露骨, 真に狐狗狸様, 知って, 知らず識ら, 石の, 砂を, 社会主義だの, 私の, 私一人で, 稗や, 窓に, 競馬場の, 結局どう, 絶滅さるべきだ, 縄を, 肝腎の, 能く, 腰が, 腹ん, 自分たちに, 自分でも, 自分自身でも, 自然と, 興行中を通して, 色々な, 芸人を, 若い連中, 若松や, 薬を, 蝙蝠傘や, 行けないという, 街道に, 見て, 言葉という, 誰かと, 誰一人寝言で, 論外だ, 貴島に, 賭博を, 足が, 路傍に, 軍隊を, 農夫の, 退散し, 逃げ返ったその, 速やかに, 過ぐる十年間, 道を, 遠州御前崎, 酒が, 酒井などから, 野菜の, 金を, 鈴木三重吉の, 門番に, 阪西を, 険悪化した, 隙を, 雑誌を, 雨が, 青くなっ, 非常に, 順にその, 頻りにヒロポン, 風に, 飛び出して, 食事を, 馬鹿囃子を, 騙されて, 驚いてるで, 高い料金, 鶏舎一棟を, 黒田が

▼ 連中~ (1226, 21.1%)

10 帰って 9 来て 6 ある, 多かった 4 いて, それを, ゾロゾロと, 集って, 集まって

3 [13件] あるかも, いる, そろって, どやどやと, 三, 何か, 例の, 多い, 幅を, 慌てて, 持って, 揃って, 気を

2 [49件] あった, あったが, あとから, あるの, いた, いるの, いるん, かけつけて, がんばって, ここへ, ここを, これを, ずらりと並ん, せつかく, やって, やってきた, やって来て, やって来る, やつて, われわれの, ゲラゲラ笑い出した, 三成を, 上から, 上に, 乗組んで, 僕を, 出て, 到着した, 合唱し, 多いよう, 多く蛸樹, 多く輩出, 寄って, 尾鰭を, 幾組も, 戦争に, 時々遊び, 時に豆腐, 殖えて, 登って, 私を, 紅療治や, 腹を, 自分に, 自分の, 誰も, 非常に, 騒いで, 黙って

1 [1038件 抜粋] あきれて, あすこに, あったと, あったら恐ろしく, あつまって, あとで, あなたがたに, あの狭い, あまり厳しく, あり余, あるもの, ある夜, あればこそ, あゝいふ, いかにも冷静, いきりたって, いくらある, いくら今, いくら怒鳴っ, いずく, いたるところ, いつしか米友, いつでも, いつのまにか自分, いつも使うおどかし, いなけりゃ佐々さん, います, いやに, いよいよ身, いると, いろいろ知っ, うつくしい行列, うようよし, うろうろし, おかみさんが, おどり出す, お礼心に, お行儀, かえって来, かけ合いで, かつぎ上げられてる若干, かれの, がやがやと, ぎっしり群れ, くれたもの, こいつを, こうしてぴんぴん, こちらへ, こっちに, ことごとく正, このこう, この会社, この島, この時, この間から, これから殖えるだろう, こわそう, こんなところ, ごろ寝を, ささやいたので, しでかしたん, すっかりひきあげる, ずいぶんいる, せつせ, そうな, そうザラ, そう訊いた, そこへ, そのなか, その崩れ, その探索, その様子, その祖先, その部屋, それぞれもう, それぞれ足を, それなら, そろ, そんなに恐し, ぞろぞろと, たかって, たくさんございます, たと, たびたび留守中, だから大, だんだんにやってくる, つけた名, とうとう彼女, とっくに家, とりまいた, どうしてさう, どうして陰謀, どうにか片付けるじゃろう, どうも虫, どこに, どしりどしりと, どっさりいる, どれくらいの, どんなだ, なにを, のぼって, ひいきに, ひっぱたかれたの, ひとしくおれ, ひやかすこと, ふえるばかり, へこたれたろうと, ほんとうに, ぼつぼつ出, またいちばん, また捫着, まだある, まだ窓ぎわ, まるで小屋, まるで蟒, みな一団ずつ, みな恐縮し, みんなやられ, みんな兜を, みんな眼を, めいめい獲物を, もうよく呑, もしスト, もっぱら, やいやい云っ, やってきて, やってくるだろう, やはりどこ, やられちまいました, やること等, ゆっくりし, よからぬ, よく言う, わけも, われわれに対して, ゐた, ゐます, ゐる始末, インネンを, オレ以上たしかに, ガヤガヤいっ, ガヤガヤ云い, ギリシアへ, コソコソ繰り出す, シインと, シャベルを, ジリジリし, ソレと, デュラアの, バタバタと, ビシビシと, プログラムに, ホンノ, ポツポツ来る, マメイドの, ユサリとも, ワアワア立ち, ワイワイ取巻い, ワツと, 一つ愉快な, 一と, 一人それまで, 一人逃げ, 一勢に, 一塊り, 一掃され, 一方には, 一晩どんな, 一生けんめいの, 一致団結し, 一週間かかっ, 丁度五十位, 七人ほど, 三十三ヶ所の, 三四人集りまし, 三高で, 下りて, 下関の, 不景気の, 世話好きか, 中尉の, 丹羽方へ, 乗ったの, 乗り込んで, 争って, 事務所へ, 二三人通りか, 二三十組も, 二人を, 二十名それに, 二月の, 五人来るだろう, 五羽ながら, 交って, 人形など, 今ここへ, 今では, 今や前後, 今度は, 今日さう, 代理に, 企んだ大, 会場へ, 住むだろうじゃ, 何と言う, 何を, 何人も, 何故引用, 使った槍, 保證し, 傲然と, 元氣, 先生の, 入りか, 入りこんで, 入り込んで, 入込んで, 全身の, 八人とも, 其所らの, 内証で, 出たりは, 出入りし, 出来て, 刀を, 初対面の, 別宮の, 前も, 加はつて, 勘定高くなっ, 勝負を, 十二三人やって来た, 十五六人で, 十分ばかり, 卓を, 卯辰山の, 去った後, 又も, 又押し出し, 取り巻いて, 取巻き龍太, 取沙汰する, 取鎮めるであろうから, 叫んだの, 各々勝手気儘, 同じ汽車, 同人雑誌を, 同時に大, 同窓の, 向こうへ, 向日葵の, 吾, 喰うに, 噂し, 四五人三四日後に, 四五十人ほど, 四方へ, 圧制的だ, 坊主に, 夏川さんに, 夕刊の, 外国音楽の, 多いため, 多いと, 多かつ, 多くなっ, 多く大向, 夜鷹の, 大きくて, 大ぜ, 大分もてはやされ, 大勢刀に, 大勢泊った, 大名の, 大多数, 大挙し, 大概三円五円ぐらいの, 大立腹, 天狗にでも, 女形の, 好きな, 如何に, 姿を, 孔子に従って, 宮廷の, 宿酔に, 寄り合って, 小仏, 小屋の, 小山さんなら, 小柳雅子が, 少くない, 居ながれ, 居流れた, 屋敷うちへ, 山城の, 帰りかけたと, 帰ると, 常日頃, 幕府から, 幾千人とも, 床几に, 廊下の, 引っぱられたから, 彼に対して, 彼らの, 彼女を, 彼等に, 待合に, 後を, 御連中, 心を, 忙しく立つ, 怒りました, 思い思いに, 急に, 悪性腸チブスで, 意気込んで, 我も, 或いは急ぎ足, 所持品棚から, 手を, 承知しないだろう, 折り重なって, 押して, 持てあまして, 挙って, 援隊には, 支那學を, 救援に, 散々に, 数名協同し, 敵意と, 料理店に, 斯う, 新規にに, 旗亭を, 日に, 日本で, 早く画風, 早速墓場, 昌平橋の, 春の町を, 時々居る, 時の, 時間と, 普通よりも, 暗に彼, 暴力を, 最も声高, 月影に, 有るの, 朝から, 木戸の, 本当の, 来たち, 来ますね, 来るの, 来るまでは, 柵家へ, 案外はた, 棒と, 楽しそう, 機関雑誌を, 次第に多く, 歌うちゃちゃらかちゃんの唄, 歯ぎしりする, 殆ん, 殖え評判, 段々その, 毎日雲の, 比較的立派, 気付く筈, 水が, 沢山あ, 沢山出来たら, 泥合戦を, 浴衣を, 浸礼教会に, 溪の, 演説を, 無能な, 煩悶不平争論の, 牛頭馬頭どころじゃ, 特に私, 狐狗狸の, 狼狽て, 現れて, 現在の, 甚だ多い, 申し合せたよう, 男女二人の, 異様に, 発見し, 登った名刺, 皆上方勢を, 皆真似た, 皆金鵄勲章でも, 皆集ろう, 盛に, 目立たぬ旅, 相当ゐる, 相談を, 眉を, 矢も, 砂浜で, 祖父の, 神経病患者の, 神輿を, 私について, 私は, 秘密露顕の, 突然バネ, 立ち働いて, 立脚し, 競つてこれを, 細胞の, 続々伊太利, 総がかりで, 総立ちに, 縛られると, 繁, 置いて, 美男型の, 群集の, 肥料を, 脛かじり, 腕や, 腹の, 自分たちの, 自動車に, 自由な, 舞台方に, 船へ, 色気が, 若い者, 落ち合う事, 蒸暑かった, 蜻蛉の, 行つてし, 行違っ, 裏木戸へ, 襲って, 西川山口などの, 見たの, 見て, 見張ってや, 見物が, 角に, 触角や, 言ったり, 言つたなあ, 計画した, 許可を, 話して, 誰より, 調停に, 財布の, 買いつけに, 赤い徽章, 足を, 車の, 車馬の, 軽蔑し, 途上に, 這入るの, 遅れて, 運動がわりに, 邸の, 郵便局の, 酒場に, 野舞を, 金袋を, 長幼を, 間もなく破約者, 降りて, 陣を, 隊を, 随分ゐる, 集つてゐる, 集つて来, 集まり始めた, 集まり毎月例会, 集まること, 集まるよう, 集團として, 雪崩を, 青い目, 面白半分, 頂上まで, 頻りに周旋奔走, 飛び出して, 食事の, 飢餓階級の, 馬力を, 駆けよって, 驚いて, 鬨の声を, 鳴雪翁を, ,1日鎌倉に

▼ 連中~ (846, 14.5%)

13 中には 12 中に 11 間に 10 ことを 8 ことだ, なかには, 中で 7 うちで, 顔を 6 なかに, 一人が, 中から, 中では, 中でも 5 うちの, ために, ところへ, ほうが, やうに, 一人だ, 中の, 話を 4 あいだに, ことです, ことは, すること, やること, 一人であった, 一人である, 仲間に, 方が

3 [15件] うちに, したこと, なかでも, ほかに, ように, 一人だった, 中へ, 仲間へ, 方へ, 相手に, 言うこと, 話に, 間では, 間を, 顔は

2 [52件] ある者, うちから, うちには, うちにも, ことである, こととて, ところつまり, なかから, なかで, ひそかな, ほうへ, やって, ような, 一人を, 下命を, 中での, 中を, 事とて, 仕事だ, 先頭に, 内で, 口から, 名は, 報告も, 声が, 多くは, 姿も, 態度が, 態度は, 所へ, 手に, 方で, 方に, 為に, 環視の, 申しますには, 目には, 眼に, 眼には, 眼中に, 神経は, 粗野な, 耳に, 蟇口の, 言つてゐた, 話では, 間には, 間へ, 面ぶれ, 頭の, 顔が, 騒ぎが

1 [507件 抜粋] あいだでも, あけつぱなしの, あつまりでそれぞれ彼等, あとから, あとについて, あとへ, あること, ある日, いいところ, いうこと, いがみ合いは, いずれに対しても, いって, いま, いるところ, いる前, うしろに, うちからも, うちでは, うちでも, うるさいこと, おきまり文句, おしゃべりを, お供を, お揃, お揃ひだ, お浚いが, お蔭だ, かたまりからは, こうした辛抱, こと, ことあ, ことさ, ことだった, ことちっとも, ことでございます, しゃべること, しわざ, すがた, すさみである, すべてから, すべてが, するこたあ, する悪戯, ずべらな, ずんぐりした, そうした弱点, それ以外では, たのしみごと, たむろし, ためでは, でしょうちっとも, ところから, ところを, と同じ, どよめきを, なかじゃ, なかにだって, なかにも, なかの, なかへ, なにかね, ねがいは, ひとりに, ひどい圧迫, ぶちこわしの, ほかには, まえで, ましな, まじってること, まん中を, もてなしが, やりそう, やるあれ, やるいろんな, やる真似, やんちゃぶりは, ようです, ようでなく, を皆, アタマは, イザとな, イデオロギーが, ストライキを, ダラシな, ニセモノども, ハッハッハという, ポカーンと, マチマチに, モットオは, 一人, 一人とな, 一人な, 一人へ, 一味かも, 一挙一動を, 一組が, 一致した, 一部であった, 不学無, 不断の, 並は, 中からは, 中にも, 中岩井が, 中心に, 主催する, 乗ったボート, 予算の, 事が, 事だけじゃ, 云い出しそう, 云い草一つで, 云うこと, 云ひ, 云ふこ, 五月一日を, 人たちが, 人達では, 仕事だった, 仕事に, 仕事にも, 仕事師ぶり生活と, 仕業だ, 仕業では, 仕業に, 付合が, 代表に, 仲の町の, 仲間かと, 仲間には, 仲間入りを, 休憩所の, 会で, 会話に, 会話を, 会議が, 住居も, 住居を, 体が, 体も, 何時も, 作を, 作品が, 作品に, 使ひ, 保守思想に, 信者を, 倒れて, 傲慢な, 儲けは, 全然予測, 全部に対して, 八分通りは, 内でも, 内には, 内兜, 処分に, 分業に, 列の, 到着しない, 前で, 前は, 前へ, 創作に, 創作画態度の, 努力により, 動静も, 勢力を, 勤怠表などを, 勧告も, 包囲攻撃だ, 化粧する, 十分一の, 半数と, 協議機関です, 厚かましいの, 口説き立てる, 口論の, 同意を, 名が, 名まえ, 名前が, 名前を, 向不見, 呆気に, 命令, 喜びさ, 嘆賞と, 嘲弄的な, 噂であった, 噂にも, 噂ばかり, 噂を, 囃子を, 囚人運動で, 団体で, 團體で, 報告という, 声だ, 声を, 声援が, 外に, 多いパリー, 多くと, 多くの, 大いに攻撃, 大一座, 大勢來た, 大胆不敵な, 大部分, 大鼾, 天幕が, 奇妙な, 女たちの, 奴と, 好みに, 姿が, 姿は, 姿を, 威張つて居る, 威張り方, 定型と, 実際の, 宴会などが, 宿を, 宿泊所などに, 寄りあつまり, 寄り合い場所だ, 寄合だらう, 寄合の, 専売特許の, 専用の, 小うるさい陰口, 小布団, 尻を, 居ないあいだ, 巣くって, 巣も, 差金である, 帰るの, 帰るまで, 常として, 年々の, 幼年時代に, 庇護者なり, 度しがたい知性, 度外れに, 座へは, 引き揚げたこと, 形作る底, 後に, 後継者たるべき, 従卒に, 微笑に, 心々は, 心に, 心の, 心持が, 心配を, 思いつきであっ, 性情は, 息抜き場であった, 悪口は, 悲鳴が, 悲鳴の, 想像にも, 意久地の, 意気込みと, 意見が, 意見は, 愚にも, 愚鈍さに, 態度だ, 慰労や, 或る言葉, 手が, 手で, 手のうちに, 手元を, 手前暖簾に, 手引を, 手振, 扮装が, 批評が, 批評は, 押しかけて, 押して, 押し合いへ, 持ち合せ, 指導者の, 振りかざす大義名分, 捜査に, 排泄物や, 接待が, 揃いだ, 揃ひだから, 揚げ足取りは, 携帶した, 擔いで, 放送あり, 敬愛に, 文士芝居に, 新円, 方ばかり, 方へと, 方を, 旗が, 日である, 日本の, 早い處, 時代だろう, 時間の, 暮しの, 暴行沙汰は, 書いた臨終記, 書いてる物, 書く, 書くもの, 最近の, 服装を, 本来は, 来方, 松火の, 業が, 様子から, 様子は, 様子を, 権威たっぷりの, 次にすこし, 歓声も, 残した仕業, 残した御札, 気が, 気に入らなかった, 気分も, 気持では, 気持の, 気持は, 求めるの, 沒分曉な, 注目の, 泳ぎを, 浅薄な, 演説を, 無政府主義者, 熱心などの, 爪先で, 爲に, 物欲し, 物真似を, 独立し得る, 獅子舞で, 理論は, 生活には, 生活は, 生活力を, 真黒な, 眼にも, 眼も, 眼付きや, 着くの, 礼儀の, 社会主義に, 私に対する, 私刑に, 私的な, 秘密戦術に, 種々雑多な, 稼ぎ溜を, 立ちかかる, 立看板が, 笑話に, 筆頭には, 策動と, 策謀と, 納める杉苗, 素姓が, 組織的な, 経路は, 給料まで, 罪悪は, 群れへ, 習性である, 考えは, 考え方は, 耳にはと, 耳障りに, 聞いた争うよう, 職務が, 職業は, 能がかりを, 脳髄の, 臀にばかり, 自転車は, 草川巡査に対する, 血が, 行くところ, 行動を, 行手にあたって, 表情には, 要求には, 見方の, 見聞談は, 観察と, 言い草では, 言に, 言葉それだけで, 言葉づかいが, 言葉に, 言葉や, 言葉を, 記憶には, 訪問を, 註文は, 詩や, 詮議立ては, 話が, 話じゃ, 話である, 話ときたら, 話な, 話の, 説に, 誰かから, 誰かが, 誰かに, 誰にでも, 誰も, 誰をも, 譜代の, 貰つ, 越後獅子が, 足は, 足元が, 足跡は, 踊りさわい, 踊りっぷり, 踊り姿を, 身もとは, 身体あ, 身分が, 躾の, 逃げ込み処, 通り路から, 通り過ぎるの, 速い歩調, 運命も, 道徳的関心に, 遺産を, 鄙びたモンペ姿, 酒宴, 金庫を, 長夜の, 間である, 間にも, 関心も, 關係が, 集まりは, 集るところ, 集るところぢ, 集る席, 雑談から, 雑談に, 雑鬧に, 霊魂説も, 青息, 非国家的行為, 鞄の, 頭ご, 頭だ, 頭は, 頭数と, 頽廃でしか, 額から, 額には, 顏ぶれ, 顔から, 顔さへ, 顔つきを, 顔でも, 顔にまで, 顔にも, 顔の, 顔ぶれでは, 顔も, 顔色が, 顔触れが, 風俗を, 食い気と, 食堂には, 餌食に, 馬術が, 騒ぎさ, 騒ぎと, 騒ぐ声, 高座から, 高談放言を, 魂である, 魂胆を

▼ 連中~ (368, 6.3%)

10 あった 7 ある 4 あるの 3 あるが, さすがに, 少くない

2 [12件] あつた, その中, それを, 一人の, 上手な, 今では, 原子弾を, 同樣, 来て, 海軍や, 知って, 私の

1 [314件] ああいう, あったの, あって, あっと, あつて, あのとおり, あの律義まっとう, あぶなくぷッ, あまりわからなすぎる, あまり度重なる, ありました, あります, ありますが, あり頬, あるし, あるぜ, あるだろう, あるという, あるので, あるもの, ある事, あろう, いずれ御多分, いずれ落ち, いた, いつか静かに, いつとは, いて, いてね, います, いよう一ツ橋家, いるから, いるそう, いると, いるという, いるん, いろいろ変, うすうすは, おそらく自分, おのおの黒衣, お島, かなりいた, かの女, きっと驚いた, ここから, こそこそ姿, このごろでは, この世へ, この春あたり, この縄綯, この親爺, この論文, この間うちへ, こめて, これで, これに対しては, これを, こんな連中, さぞ困るであろう, しかたなし, しめたと, しょげかえって, すぐ起き, そうじゃ, そうなん, その位置, その声, それよりは, そろそろやって来た, そんな私, ぞろぞろと, たいていは, たいへんな, たくさんある, たしかに世の中, ただ一概に, たちまち見えなくなった, だいぶんよい, だいぶ御苦労様, だまって, だれも, だんだん篩, てんでに顔, できて, とうとう怒り出し, とても先生, どこにも, ないで, ないという, なんだかこう少しものすごく, のろのろ動く, はあと, ひどく刺戟, ひどく気, ひどすぎる, ほんの一遍, またおれ, またさあ, また儲けたい, また客, また談話中, みな到来した, みな同じ, みんないきいき, みんなそんな, みんな僕を, みんな忌々し, みんな無事でいなすった, みんな聞い, みんな馬に, もう倦, もう来, もし彼, やっとこれ, やつと, やはり何ごと, やはり清浄, ようやく気, よく出かける, よく見, よく附き合え, わきあがる剣気, ゐたさ, ゐて, ゐる, アッと, ゴソゴソ起き出, スッカリ感激し, スッカリ軽い, スマした, ツイヒッカカリて, ツイ張合抜け, ドタドタと, モウ銀次を, ワーッと, 一つの, 一人として, 一人ふたり路地を, 一人残らず, 一家眷族で, 一審で, 一時に, 一眼見る, 一致し, 三州吉良の, 世界の, 両手で, 乗せること, 争って, 二十二だ, 亦, 亦切り, 人殺しを, 今日は, 仕舞いには, 以前より, 何れは, 俺を, 偉い偉いと, 停車場の, 僕と, 元気に, 公私共に, 出て, 剃刀脇差簪の, 劇が, 加わって, 助けを, 十数名控え, 十日目が, 口々に, 同じだ, 同じ矛盾, 同じ顔, 同時にうたがっ, 同様に, 喰うかね, 噂を, 地下室時代とは, 執務姿には, 塀を, 声を, 外見の, 多かった, 多くでは, 多くなり, 多少の, 大いに膳, 大勢やってくる, 大勢集る, 大急ぎに, 大旗, 天下の, 嫁一人世話しよう, 子供より, 定めて, 実はそれ, 家の, 寝台から, 少しき, 少しく興, 少し呆れ, 少し気, 少なくなかった, 尠く, 居たが, 居るさ, 居るん, 崖の, 巡査と, 己れ, 帰って, 年を, 度胆を, 廿人位あつ, 当り前の, 当時自分の, 形の, 彼女の, 待ちくたびれて, 必要さえ, 応援に, 思わずゾロゾロ, 急に, 悉く負傷, 惣出で, 成程と, 我に, 我先に, 手ぐすね引い, 手を, 承知した, 折々やって来たでしょう, 文公が, 新人会支部の, 旅費の, 早速この, 時非に, 暇さへ, 最初から, 最初の, 最早イケナイ, 柳橋だの, 棒を, 楽じゃ, 残念ながら, 毛ず, 気が, 気づかなかったほど, 気むずかしげ, 気を, 水とも, 沢山あるらしい, 泊ると, 注意は, 洋裁教授の, 混って, 漸く氣, 災の, 焼跡片づけ, 牛込へ, 犬田博士の, 町の, 白い盃, 皆そう, 皆己れ, 皆感心, 皆降り, 目が, 直ちに雪崩, 相当ある, 真剣だ, 知つてる, 私は, 稽古の, 窓の, 立ち去って, 米友を, 紹介の, 続々入, 綿の, 練習が, 罪が, 膝を, 自分で, 莞爾莞爾し, 落着き場所を, 虱つぶしに, 西宮翠花門まで, 要領が, 観客の, 言った, 誘はうね, 負けまいとして, 賛成し, 賭けを, 近ごろは, 近寄って, 迷って, 通らなくなるおしまひ, 運転を, 遠慮し, 金五郎へ, 鑑識の, 隨分ある, 集まって, 雨を, 非常に, 革命が, 順々に, 頭に, 養老年金組でしょう, 馬を, 駆けつけると

▼ 連中~ (324, 5.6%)

8 相手に 7 見ると 5 連れて 4 呼んで, 見て 3 前に, 集めて

2 [11件] して, つれて, どうする, 乗せて, 安心させる, 巧みに, 後に, 眺めて, 眺めに, 警戒する, 順々に

1 [268件] あてこすって, あてに, あて込みの, あやなすの, あれこれと, うまくクリストフ, うまく扱う, うようよ涌い, おどかしちゃ, おどかすだけの, おどしつけるの, おどろかせたよう, およろこばせ, かき集めたん, かなり不思議, かり集めて, かわいい眼, ぐんぐん抜い, この場, この才婦, さがし廻, さして, さんざんに, ざつと点検する, しめ出して, すぐって, すつかり慄, そそのかした, そそのかして, そねんで, そのままに, その危険, たぶんは, だんだんこういう, つかまえて, つかまへて, つっついて, できるだけたくさん, どんな意味, ながめて, ながめ廻して, なぐるステッキ, はじめ諸, ひとつ上手に, ひとりびとり眺め, びっくりさせ, ふり向き顎, ふるえあがらせ二個, ぶち殺せ, まごつかせて, まんぞくさせる, みんな一緒に, みんな出版部へ, むしろの, もう帰し, よくながめる, よく知っ, よく知ったら, よく知つて, よく見る, より興味深く, よろこばせて, わらふと, アラカタ舷の, ギャフンと, グッと, ステッキで, タカる, ドンドン要職, ヤッツケ放題に, 一々俊助, 一一云ひ出し, 一人ずつ, 一人一人押込んだ, 一人残らず吹き飛ばし, 一列に, 一斉に, 七人も, 上方から, 中心と, 主に, 主流と, 云うん, 五六人呼び集め, 付き添わせて, 代る代る教壇, 代表者に, 休息させる, 何でも, 作って, 作る奴, 信長が, 僅かな, 僕の, 先生などと, 公式主義と, 兵古帯の, 出して, 助けて, 北の, 南風の, 取調べて, 合せ描きたり, 同道し, 向こうに, 周茂叔連と, 呼びあつめて, 呼び寄せて, 唸らせたほか, 喜んだかも, 喫驚さした, 嘲笑したがる, 回想し, 囮に, 地方監獄に, 垣でも, 多く作る, 奢る, 始末する, 実に巧み, 寄せつけないため, 寄せつけないよう, 寛大に, 尊敬する, 少しは, 少し唸らし, 常に相手, 引き具して, 引っぱったの, 引っぱり出して, 引っ張って, 引っ担いで, 当てに, 征伐する, 待たなければ, 待って, 怨んだよう, 悉く拒避, 懸命に, 手も, 手引き, 打擲させた, 抑え, 抱腹絶倒させる, 招いた, 招待し, 招待した, 招待する, 拾いあげると, 拾い集める, 指した, 振切って, 捕えるの, 探しに, 措いて, 摘発してやろう, 撒くため, 救けて, 教えて, 教育する, 数えたてて, 数えて, 数へ, 数百名も, 整理し, 斬って, 斬りまくること, 断わって, 昂奮せしめた, 明らかに, 晦い, 最前列, 東京へ, 残して, 残らず追っ払って, 毎回気絶させ, 泊めようとして, 泳がせて, 添へ, 満蒙の, 無理にでも, 無視し, 煽動し, 片っ端から, 片端から, 牛耳って, 狩り集めて, 珠数つなぎに, 生み出し育て上げ自分達, 發見し, 皆一緒に, 目の, 相手として, 相手の, 真和志, 眺めまわした, 眼中に, 睨みつけて, 睨みまわしながら, 瞞著し得る, 知るもん, 笑わせた, 糾合し, 組織し, 結束し, 絵師さんだの, 絶えずつけ狙っ, 絶倒させた, 置き去りに, 考えても, 背負って, 脱退させ, 腰掛けさせて, 艙口から, 芝の, 苦しめるぐらいが, 襲撃するらしい, 見たでしょう, 見たまえ, 見た時, 見ても, 見ながら, 見はらせて, 見まわす, 見るが, 見下ろして, 見受ける衛戍兵, 見失って, 見廻して, 見廻しながら, 見渡した時, 見渡して, 見渡しながら, 見遣りながら, 覗って, 誘って, 誘つて的度も, 説き伏せて, 説き伏せるの, 調べて, 調べねば, 識って, 買収する, 赤山へ, 軽蔑し, 辻番の, 迎へに, 追い出さなければ, 追い出して, 追い払って, 追い立てて, 送った, 逐い出さねば, 連れてへ, 逮捕できるだろう, 避けたがって, 避けて, 配置し, 酒場に, 開明人の, 除いては, 離れて, 静めること, 非常に, 鞭撻に, 頭から, 顧みて, 驚かして

▼ 連中~ (322, 5.5%)

5 なると 4 まじって, よれば 3 しても, 任せて, 向って, 頼んで

2 [12件] くらべると, つれられて, 世話を, 交って, 他ならない, 取っては, 取られて, 心を, 担がれて, 比べて, 比較する, 逢って

1 [273件] あいそを, あがって, あっては, あなたは, いかように, いくら都市衛生学を, いじめられながら, いつも脅迫, いはせると, いまだかつて顔, おれの, かかったらどんなに, かかっては, かかわりなく, かぎるという, かくかくの, かこまれて, かないっこない, きまって, こう云われる, このよろこび, この場, この遺恨, したところ, しては, しること, すぎなかった, そうが, そう云おう, そう質問, それが, そんな物, たずねて, ちがいない, ついて行った, つかまって, つかまりでも, つれて, ときどき会う, とっちめられた, とっちゃ, とっ掴まっちゃ, とり囲まれて, ない透徹, なお半, はっきり言っ, はや, ひっぱられて, ひょっとこの, ふるま, ふるまいたいが, ぶつかった, まかせて, まくしたてられたので, まけるもの, またこんな, むかつて, もう少しづつでも, もっと注意深く, ゃかなわん, よく理解, よろしく仰言っ, キ的傾向を, コニャークを, ダイヤルの, ホールそれから, ヨケイ嫌いな, 一々あう, 一つづつわしから, 一本稽古を, 一泡吹かし, 下手人が, 与え尽したり, 与へるやう, 久子の, 乗じられて, 二三の, 云う, 云うた言, 云った, 云はせる, 云わせると, 五十銭一円と, 交じって, 今度の, 代って, 伍し, 会いに, 会うべく十四号室, 会う機会, 会ったところ, 会って, 会っては, 伝えて, 伝わった時, 何か, 何とか正月, 偏見を, 僕を, 元気の, 入ったら不調和, 入っては, 入れり, 兵船を, 出あう, 出くわすよりも, 出す酒肴, 出会いました, 分けて, 分配します, 初めて逢っ, 別れて, 別れを, 加は, 加わって, 加わる目的, 加勢しよう, 劣らないという, 勝味を, 反って, 反感を, 取りかこまれつつ, 取り巻かれるの, 名乗り出でられて, 向い最後, 向かっては, 向っては, 向っても, 呼ばれて, 問うて, 喜ばれ酒, 嗤われた, 嗾か, 囲まれた時ポン, 囲まれて, 囲まれようとも, 囲まれ喋り合って, 基隆で, 声を, 外ならない, 多くの, 夜と, 夢中だった, 大いにやっ, 大きい顔, 大声を, 大盤振舞いし, 好きな, 好意を, 始終来, 子供の, 孤独つてどんな, 安慰, 定まって, 宝石の, 対抗し, 射向けられて, 就いては, 岡焼, 幕の内でも, 幕府を, 引張られて, 引渡して, 当たりだしました, 当って, 思想を, 急がせた, 恐怖心を, 悩まされ続けたもの, 意想の, 憎まれたり, 成り下がって, 手紙を, 打撃を, 折を, 押かけられ, 捕縛される, 接して, 撲られたん, 擦り寄りながら, 最後の, 會つて歩く, 来て, 来られるとかい, 欠けて, 正式に, 正面から, 死後の, 母親が, 比べては, 比べると, 気に入らなければ, 気後れが, 氣を, 永久の, 泣き付かれない限り調停, 渡して, 渡すダイナマイト, 濁されて, 片恋を, 直衣を, 相談し, 相違ない, 眺望鏡で, 眼を, 知て, 知らせて, 知られること, 知れないよう, 礼を, 突きあたったが, 笑われますぞ, 紛れ込むなぞ, 聞き度, 自分が, 自分たちが, 自分を, 至っては, 至つては, 英国生れの, 英語を, 茶の湯の, 落札され, 藉してやらね, 行遭ったら, 見せたらなんと, 見せたら後, 見せても, 見物の, 見込まれたもの, 親も, 解答を, 言ったらしい, 訊いて, 話しかけて, 話したから, 話しただけ, 講演と, 講演口調で, 負けは, 賛成を, 贈物を, 較べると, 辛く当らなけれ, 追つこう, 追ひつ, 送って, 送つて, 送られて, 逢ったの, 過ぎない, 道義も, 違いありません, 違いない, 遣れと, 遮え, 配ったこと, 配ってから, 配るの, 野菜の, 釣られる岩魚, 関りあっ, 関係って, 限って, 限るん, 難なくつかまっ, 響き渡るほど, 頼まれた俺達, 風景を, 食糧を, 飲まして, 飲ませるに, 鳰鳥の

▼ 連中~ (232, 4.0%)

20 一緒に 9 いっしょに 3 いえば, いつしよ, 交際し, 話を

2 [12件] 一しょに, 一しよ, 一所に, 云ふ, 午後から, 同じよう, 喧嘩を, 多摩川へ, 来て, 来ては, 知己に, 話して

1 [167件] いいとかく, いえども, いっしょ, いつし, おっしゃいますと, お見掛け, お金持, きては, くらべて, けんかを, ここの, これから, こんなさびしい, じゃ違う, すつかり離れ, つき合いは, つながりを, つるんで, はつひ, ぶつかった時, ほとんど選ぶ, もうふたたび見る, やるん, ゆき始めて, カフェーの, カプリの, ガヤガヤ語り合っ, グルでなけれ, テニスに, リンデンベルクの, ローランドの, 一ツ橋家の, 一夜囲炉裡を, 一応別れ, 一所には, 一昨日から, 一緒であった, 一緒にな, 一隊に, 並んで, 乗合せて, 事務的に, 云っても, 云ふより, 些も, 交わりが, 交際してる, 他愛も, 会って, 会食オサムイサービスで, 何も, 何処で, 何回いかなる, 健児社の, 偶然同時に, 先生に, 入れかわり, 再び一緒, 冗談を, 出しっこを, 別に山, 別れた時, 別れてから, 別れられないの, 別れるだけの, 前の, 動き出そうと, 取引が, 同じか, 同じこと, 同じこと直ぐ, 同じ夕餉, 同一の, 同一軌の, 同宿の, 同種類, 名金ごっこを, 和解し, 喧嘩した, 喧嘩する, 四五人の, 四六時中生命を, 大家さんと, 大衆を, 大阪へ, 定って, 寄って, 小川の, 小田原へ, 屡々來往, 山笠を, 島原界隈に, 弥造さんの, 往き来し, 御飯たべます, 徴逐し, 心安くし, 戦わなければ, 戯れること, 戯れるの, 手を, 折合ひ, 掛け合って, 接触する, 新しい連中, 明日は, 時には冗談, 暑さしのぎ, 朝早く, 来たなら, 来たの, 来たらいろいろ, 来たらそりゃ, 来たら全く, 来たら呑気, 来たら地, 来た日, 枕を, 母さんは, 気安げ, 渡りあったとだけ, 渡り合わなければ, 特別に, 相場が, 相知つたが, 知合ひ, 私の, 私達は, 箱根の, 結ばれた, 結托し, 肌が, 自由学園の, 芝居を, 茶を, 落ちあって, 落合ふこ, 薄っ, 行当りばったりの, 見えるのに, 見え子供, 見物したら, 親しくなった, 話し込みながら, 逢いに, 逢っては, 遊ぶの, 遊んで, 道づれに, 道伴に, 道頓堀で, 違い無い, 違って, 酒なぞ, 長々しゃべっ, 門柱に, 関りあった, 関係の, 関係を, 闘うこと, 附合っ, 集り十一時, 食うより, 飲むの, 飲んだの, 麻雀を, 麻雀清一色二回やった

▼ 連中~ (99, 1.7%)

2 あつた, どれも, 仕方が

1 [93件] あつて, あらうなど, いかにも浮気, いつか復讐戦を, おおむね頬, おまけに, お前の, かつては, このぽ, このスロープ, この手合い, この界隈, この連中, こッち, ごったがえして, さへ, すらあんなに, すらこの, せう, そこですっかり, そこは, そのほか, その中, その葬式, それが, それぞれ相当の, たれ一人, ちつとも, な面目, ぼく達と, みや古でのみ, めぼしいもの, もう一通り, よく言え, グーロフは, モウ棺箱を, ラインの, 今こそ, 今中に, 以前そう, 北岸が, 十五人づれで馬喰町の, 占めて, 占領され, 坊主自身が, 埋まっちまう, 大して弁解, 大賑ひだ, 大部分, 宗次郎に, 寄って, 岡田良平上田萬年澤柳政太郎などで, 彼らは, 彼等の, 御在ました, 御弁当, 怪しい者, 息をも, 悉く女芸人, 意志も, 慶喜さんに, 手土産も, 押すな, 挙動は, 撥亂反正の, 村政改革やっちまわなく, 来て, 検定試験や, 検査を, 歌がるた, 毎日進ん, 江戸前の, 片瀬の, 獲物も, 甲板は, 疎開で, 盛んに, 看守を, 私達の, 聴者としては, 花見の, 表口が, 襟飾の, 見送りに, 賑やかだ, 赤い腰巻, 運座という, 選手の, 部奈から, 鋪道の, 随分いろいろの, 雑誌を, 青年文士は

▼ 連中には~ (89, 1.5%)

2 実際我慢, 待ちくたびれて, 御気に入り

1 [83件] あの人, ありがち, いいたいこと, えらく安楽, この上, この丘, これは, こんな眉山級, さぞオゾケ, しきりに腰, そういうこと, その後逢ひません, ちゃんとわかっ, ちゃんと恩給, ちゃんと教え, とてもこれ, とても分からぬ, どういうもの, どうしても時勢, どうだろう, どうやらそんな, どこの, どの日, なかった, なつかしい子守歌, また別, また外聞, まったく唐突, まったく聞こえなかった, もう用, やはり猪, よく会得, よろしく申します, わからんと, 一人も, 一応は, 一種の, 余り酔った, 信念からは, 内容が, 分らんじゃろうが, 別のを, 到底この, 古くから, 可也に, 各種の, 同じ藝術家, 唯一人の, 垣根を, 堅く門戸, 大きな茶壺, 女でも, 妙に, 専用の, 小母御, 思えたの, 愛想を, 拷問が, 指の, 敵は, 斯んな, 新聞記者も, 旋毛の, 武力的に, 殊によく知られ, 残らず面, 気がつかなかったの, 気付かれないかも, 決して分かる, 無限に, 登山という, 百年経った, 目白押しを, 相当の, 着物を, 硯友社に, 私が, 美しい人, 見せなん, 邪魔に, 頭から, 骨董などを, 黒い高帽

▼ 連中~ (73, 1.3%)

52 よ, 子

1 [64件] あ, から, からおの, からかく, からきし俺, からこの, からせめて, からなおさら, からね, からグングン, から云わ, から僕, から厄介, から困らない, から堪, から大概, から家庭, から是, から昼, から皆, から自分ら, から誰, から談判, から逃げ出し, か知らなかった, が, がこの, がすぐ, がその, がまだ, が仲間, が広, が此春日本, が然し, けどさなかには, し例, ぜ, そうだ, つて仲仕の, という噂, とかいいますぜ, とか附近, とされ, とする, とて俺, とはいわない, とは全く, とは思った, と云う, と思います, と思った, と悪口, と想つて, と知れた, と説明, なあこの, なと, なア, ね, もの御, もんだ, やら分からず, 彼等の, 相だ

▼ 連中ばかり~ (55, 0.9%)

75 である 4 だから 3 であった, では, なんだ 2 でありました, です, ですから, なので

1 [22件] じゃ, だが, だと, だろうとは, だ何処, で, であったから, であったが, であるから, でいつのまにか, でした, でしょうから, ですからね, でその, でノズドゥリョフ, で一人, で彼等, で忍, やってきて, 来るところ, 此う, 眺めて

▼ 連中から~ (52, 0.9%)

1 [52件] いへば, こうむった最初, ここへ, ざまあ, すぐって, だん, どうも手前, なにか, ぶつぶつ嗄れ, よく気に入られる, わざと遠廻り, アラユル残酷な, イクラ冷笑され, シミジミ意見を, 二カペイカずつの, 他の, 伝わったので, 出て, 喰みだし, 地獄の, 変に, 多分しかられるだろう, 女中一同まで, 姐御, 弱虫党と, 成る女優たち, 成る委員ら, 指導される, 殺されても, 毛ぬきずしが, 流れこんで, 穢い物, 聞かされた知識, 脅迫されとるらしいです, 自分の, 色々な, 花札や, 蝋燭が, 覚えたの, 親玉の, 解放された, 誘われた場合, 誰やらの, 調戯われる, 贈って, 道具方の, 遠退い, 選出の, 金を, 電報を, 驅り立てられた, 鶴原家の

▼ 連中~ (48, 0.8%)

10 んだ 6 のです 5 のだ, のである 2 のか, のさ, ので

1 [16件] のが, のだろう, のであろう, のでこの, のでさ, のでさあ, のでそれ以上, のでやれ, ので半日あまり, ので恐ろしく, ので精神病, ので食堂, のよ, はずな, んだらう, んです

▼ 連中とは~ (35, 0.6%)

2 ちがって

1 [33件] お交い, かれにとって, ちがっては, つまりわれわれ, なんだ, まるっきり違った, 互いに交際, 仲が, 何という, 兄弟分の, 全く違っ, 前々から, 反対に, 同日に, 同行の, 大いに風采, 嫌だ, 少々違っ, 少しち, 御交際, 朋友だ, 根本的に, 比較に, 決定的に, 没交渉に, 無論比較, 異なって, 皇帝ナポレオン三世皇后ウージェニイ学問自慢の, 言葉も, 違う, 違った偉い, 違って, 違ひます

▼ 連中にも~ (26, 0.4%)

1 [26件] それと, なるべく怪我, やはりそれ, よく解った, 云って, 人中に, 仲間入りする, 何一つ聞こえない, 俺にも, 受信できる, 困ったもん, 多少は, 大なり小, 好い坊ちやん, 家臣の, 弱い尻, 心に, 我に, 時期によって, 殺気が, 理解が, 目を, 討って, 評判の, 話した, 金を

▼ 連中~ (24, 0.4%)

3 死に

1 [21件] あらゆる巧者, おしゃべりな, お粂夫婦, これまで, そんな警備係, ぞ, また目の下五尺, 大池の, 太鼓を, 幹部連の, 掛りの, 気さくな, 犬なんぞと, 直接の, 看護婦にも, 荷物を, 贅沢な, 近所隣り, 通信員が, 通行人さえ, 長尾新

▼ 連中でも~ (23, 0.4%)

2 内心は

1 [21件] ある, あるらしく中, いつとは, そう感じる, それだけ舞, たまに漱石, ちゃんと時間前, ほとんど盲目, みんな美味い, やはり人間, アンタ方が, グラグラと, 代官を, 化けの皮を, 大抵は, 大體それ, 権力を, 用が, 皆それぞれに, 自分の, 顎を

▼ 連中では~ (20, 0.3%)

3 なかった 2 ない

1 [15件] ありません, ある, うっかりさわっ, ないかと, ないが, ないで, ないの, なかなか, なかろうに, なくおのずから, なくて, なしご, 伊藤松宇氏と, 株を, 私なども

▼ 連中までが~ (17, 0.3%)

1 [17件] あの通り, いつも帽子, ここへ, さも面白, わいわい騒い, スノッブの, 一人残らず飛び出し, 一斉に, 予約者に, 今では, 応募者と, 斯様な, 総立ちに, 話に, 足拍子を, 逃げかかる, 遂には

▼ 連中です~ (16, 0.3%)

3 からね 2 か, よ 1 かお, から, からいざ, からね大きな, から十手, から町方, な, ね, わ

▼ 連中である~ (14, 0.2%)

1 [14件] から事ここ, から冬, から文公, から無理, から行く, かを知らない, が, がこうして, がその, けれどそれでも, ことが, だけに米友, と見, 夫婦連れ親子連れ握飯を

▼ 連中~ (14, 0.2%)

1 [14件] きっと突き出した, そう最後, そう言っ, 与するか, 仲間入りを, 俺の, 坊主頭を, 時々すし, 茶だけぐらいは, 葉書を, 見舞に, 譲って, 配つたに, 鼻が

▼ 連中だって~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありますよ, あんたがたを, えもの, この国, それ程ケツ, つけ焼き刃の, なにも, もうすぐ卒業, 一緒に, 今に認められる, 前から, 支那の

▼ 連中との~ (11, 0.2%)

2 間に, 間の 1 交渉が, 交際でも, 臍の緒切っ, 見分けを, 話しじまい, 違いは, 間には

▼ 連中だけ~ (10, 0.2%)

21 あって, いる由, だったが, だったの, であった, でした, では, とつかへ

▼ 連中という~ (10, 0.2%)

3 のが, ものは 1 ことが, ことを, わけで, 触れ込みで

▼ 連中にとっては~ (10, 0.2%)

1 いかにも面白い, ほんの一足, 全く苦手, 全ての, 君から, 回向院境内の, 年中行事, 幾らか陰惨, 甘んじて, 自分たちの

▼ 連中まで~ (10, 0.2%)

1 どこへ, 一パイに, 一時は, 争って, 人並に, 唐寺の, 疑わなければ, 自動車を, 遠くの, 題を

▼ 連中よりも~ (10, 0.2%)

1 はるかに, ズットスラスラと, 一足早く, 五六年位先に, 小行商人, 数段上に, 真実が, 肥り肉, 重要そうな, 高等に

▼ 連中だけが~ (9, 0.2%)

1 つくって, ヴェニスへ, 僕の, 口々に, 女を, 寄集っ, 寄集つて自, 鉛筆を, 集まって

▼ 連中だった~ (9, 0.2%)

1 からその, からね, が, がこれ, が茶屋酒, に違い, ね, ので酒, よ

▼ 連中なら~ (9, 0.2%)

1 きっと訊いたであろう, きつと, とても住む, ばこれ, ばたとえば, よもや先生, 三度三度パンでも, 何の, 何十人助け

▼ 連中と共に~ (8, 0.1%)

1 こちらへ, ほとんど水入らず, 会議に, 出迎へて, 奥の, 旧本陣, 笛を, 逸早く旅支度

▼ 連中なんか~ (8, 0.1%)

1 あた, せめては, その, 上海でも, 何だかまるで僕達, 僕達よりか, 右翼に, 夢にも

▼ 連中~ (7, 0.1%)

1 あるいは特別, さもなければチチコフ, または作業, 又は八犬伝, 己は, 知らん, 知れたもの

▼ 連中からは~ (7, 0.1%)

1 あるいは頭, 大臣が, 嫌疑は, 敬遠され, 軽蔑の, 遠ざけられ家, 非常な

▼ 連中さえ~ (7, 0.1%)

1 いること, まだ公判, もいたの, 先を, 多分この, 現れるに, 訴訟に

▼ 連中とも~ (7, 0.1%)

1 つきあわず非, 交際う, 往き来し, 接触しなけれ, 知り合った, 話しあうよう, 話し合って

▼ 連中ばかりが~ (7, 0.1%)

1 いつまでも, この新た, もう滅亡, 元来持っ, 巣を, 残って, 集って

▼ 連中より~ (7, 0.1%)

1 どれだけ, 一フィートも, 一段も, 先に, 強いらしい, 悪い訳, 未来世界の

▼ 連中などは~ (6, 0.1%)

1 いづれもあつと, きっと涎, その餘風とい, ただもう, 変装同様の, 頭から

▼ 連中ほど~ (6, 0.1%)

2 貧の 1 あやしいの, 今では, 堕落し, 多く訪ね

▼ 連中よりは~ (6, 0.1%)

1 おとなしかった, ましです, 一度び, 早く事件, 武蔵を, 自分だけの

▼ 連中であっ~ (5, 0.1%)

1 てこれ, てなにか, て午前中, て残念, て親しく

▼ 連中ときたら~ (5, 0.1%)

1 そんな美, どれも, どんな紙屑, 秘密は, 空きが

▼ 連中とても~ (5, 0.1%)

1 それぞれの, 威勢が, 敢て, 無言の, 自儘

▼ 連中たち~ (4, 0.1%)

1 がだいぶ, の負担, の顔, をあつめ

▼ 連中だけに~ (4, 0.1%)

1 すぎない, 利用され, 案外さっぱりして, 民部や

▼ 連中だの~ (4, 0.1%)

1 また中, 一般の, 泊るべき家, 色んなわいわい

▼ 連中であった~ (4, 0.1%)

1 かもしれぬ, からである, からややもすれば, がそれでも

▼ 連中でさえ~ (4, 0.1%)

1 あっと息, あれば, それだけ粘る, 明日は

▼ 連中でした~ (4, 0.1%)

1 からそんなに, から悪, がネ, ね

▼ 連中にと~ (4, 0.1%)

4 つては

▼ 連中によって~ (4, 0.1%)

1 ヨッショヨッショと, 昆虫館は, 最も悪い, 発見せられる

▼ 連中に対して~ (4, 0.1%)

1 ほとんど父親, 不平を, 持って, 面会謝絶を

▼ 連中来り~ (4, 0.1%)

1 僕作, 撮影が, 明日の, 見物大体い

▼ 連中~ (4, 0.1%)

1 がつかなかった, が小さい, を揃え, 障で薄っぺら

▼ 連中あり~ (3, 0.1%)

1 て早く, 声がか, 賑か

▼ 連中かも~ (3, 0.1%)

1 しれないが, 知れない, 知れないと

▼ 連中からも~ (3, 0.1%)

1 そんな風, 一齊に, 気受の

▼ 連中こそ~ (3, 0.1%)

1 ヘンだ, 一番よく, 実を

▼ 連中ことに~ (3, 0.1%)

1 ヴェリチャーニノフには, 御大神保造酒自身, 批評的な

▼ 連中~ (3, 0.1%)

2 へ自分 1 そのつもり

▼ 連中じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありません, あるまい, ないの

▼ 連中だけで~ (3, 0.1%)

1 一杯飲んでる, 十五万本だから, 特にこしらえた

▼ 連中とが~ (3, 0.1%)

1 ある, 水と, 風采も

▼ 連中としては~ (3, 0.1%)

1 たあいの, 唯通りすがり, 普通の

▼ 連中とて~ (3, 0.1%)

1 一人も, 今度は, 心に

▼ 連中とともに~ (3, 0.1%)

1 名前を, 怒号し, 日比谷公園の

▼ 連中なぞは~ (3, 0.1%)

1 一つ新開地の, 皆な, 酒席が

▼ 連中などの~ (3, 0.1%)

1 ほかは, 中に, 梯子を

▼ 連中などを~ (3, 0.1%)

2 相手に 1 見て

▼ 連中について~ (3, 0.1%)

1 この興奮曲線, なんとか警戒, 形式だけの

▼ 連中のみ~ (3, 0.1%)

1 でござってのう, で中, 遠巻きに

▼ 連中みたい~ (3, 0.1%)

2 に他人 1 に太っ

▼ 連中らしい~ (3, 0.1%)

1 がとうとう, といふ, ので

▼ 連中一同~ (3, 0.1%)

1 が調子, に示した, 計つて新富亭

▼ 連中素人浄瑠璃大会~ (3, 0.1%)

2 が開かれ 1 がひらかれ

▼ 連中見物~ (3, 0.1%)

1 の催, の当日, の約

▼ 連中~ (3, 0.1%)

1 が踊る, だ, りで

▼ 連中これ~ (2, 0.0%)

1 でも慾, もあんまり

▼ 連中これら~ (2, 0.0%)

1 が遠く, はまだ

▼ 連中さえも~ (2, 0.0%)

1 この頃, 待って

▼ 連中さま~ (2, 0.0%)

1 へのお, もうよく

▼ 連中それ~ (2, 0.0%)

1 をかこん, を何

▼ 連中ちっとも~ (2, 0.0%)

1 喋らずつまらない, 手応へが

▼ 連中って~ (2, 0.0%)

1 どうしてあんなに議論, ひどくナイーヴ

▼ 連中つまり~ (2, 0.0%)

1 カメラの, 当時の

▼ 連中であろう~ (2, 0.0%)

1 か, 室堂と

▼ 連中でございます~ (2, 0.0%)

1 からで, よ

▼ 連中でなく~ (2, 0.0%)

1 年配の, 心から槍

▼ 連中として~ (2, 0.0%)

2 幾人と

▼ 連中とで~ (2, 0.0%)

1 人出は, 日比谷映画へ

▼ 連中などで~ (2, 0.0%)

1 対等の, 満たされて

▼ 連中なんかに~ (2, 0.0%)

1 こんな事, 期待なすっ

▼ 連中にだけ~ (2, 0.0%)

1 だけれど, 向って

▼ 連中にまで~ (2, 0.0%)

1 よくお, 伝わって

▼ 連中に対する~ (2, 0.0%)

1 これまでの, 態度は

▼ 連中はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 見ると

▼ 連中へと~ (2, 0.0%)

1 さまよい歩いた, 百円下さる

▼ 連中への~ (2, 0.0%)

1 思いやりとは, 見せしめといふ

▼ 連中まだ~ (2, 0.0%)

1 こんなところ, 誰も

▼ 連中みんな~ (2, 0.0%)

1 といつ, をまるで

▼ 連中をも~ (2, 0.0%)

1 かなり刺激, 味方に

▼ 連中一度~ (2, 0.0%)

1 に返辞, は足ずり

▼ 連中一時~ (2, 0.0%)

2 に気

▼ 連中二人~ (2, 0.0%)

1 が案内一人, と私

▼ 連中以外~ (2, 0.0%)

1 には有り得ない, には私

▼ 連中~ (2, 0.0%)

1 かあった, よりもまず

▼ 連中六人~ (2, 0.0%)

1 がやられた, ばかり大野木

▼ 連中出語~ (2, 0.0%)

1 にてわれら聞, の保名

▼ 連中四五人~ (2, 0.0%)

2 を集め

▼ 連中懸命~ (2, 0.0%)

1 になっ, に左膳

▼1* [255件]

連中あいつらが何と, 連中あくど過ぎて, 連中あさって行くの, 連中あすこで呼ん, 連中あたしきらい交際, 連中あの折居合せ, 連中いい配置かと, 連中いい加減な相, 連中いずれもお, 連中うんともすん, 連中おまえらはどこ, 連中かと思って, 連中かといふ頭で, 連中かとも思つた, 連中かな今日来る, 連中からでも追従される, 連中からの質問が, 連中からまで何で猜疑, 連中かりにも陣笠, 連中がぞろ, 連中がたうとう自治委員会, 連中がどつと笑, 連中がのさばつてゐる, 連中がよどうかと, 連中がをさまらぬ, 連中ぐらゐこの薬, 連中ぐるぐる引き廻す気, 連中この点に, 連中さまたちが私, 連中さんと申しまし, 連中しきりに頷首くから, 連中しめし合わせて女, 連中すっかり怖気づい, 連中すらある, 連中ずいぶん酷く言ってる, 連中せせら笑いながら手, 連中そうかと引込む, 連中そうしたものの, 連中そこにかたまっ, 連中その他がわざわざ, 連中それから例の, 連中それら異質の動物たち, 連中たいそう仲よくおそろいだ, 連中たとえばこの私, 連中だけしか知らないが, 連中だけじゃなかった, 連中だけだってすさまじいもの, 連中だけとなった, 連中だけを知って, 連中だってもなるほどアッタレーア, 連中だつたわけである, 連中だらうといふ, 連中だれも黙礼, 連中だろうと思う, 連中やない, 連中のは, 連中でありましたが同じ, 連中であればある, 連中でしてねそれ, 連中でしょう四五人の, 連中でないとする, 連中でなければ彦七, 連中といふのは, 連中とからなるべく共通, 連中とこつぴどく鉢合せを, 連中ともかく一応の礼儀, 連中とをはっきり区別, 連中どうするの, 連中どこぞ押しかけ, 連中どもだ, 連中どやどや参ると, 連中なかなかもって, 連中なぞよりもずっと, 連中なぞが士族仲間から, 連中などが夢中に, 連中などに気を, 連中などばかりが思い浮んで, 連中などもだいぶ間違った, 連中ならつまらんものだ, 連中なりマニーロフその他の, 連中なりとぞ思はん, 連中なんかと比較しなさん, 連中なんかのいってるよう, 連中なんかも一人前に, 連中なんかよりや骨を, 連中なんて当には, 連中にさえ嫉妬を, 連中にたいしては武装を, 連中にでも知れたらどんな, 連中にとって充分に, 連中にとってこそ信仰の, 連中にばかり接して, 連中にゃもう懲り懲り, 連中にや別人の, 連中に対しては権限が, 連中に対しても気永に, 連中のいばしょ, 連中ので地下室は, 連中ののほかに, 連中のほど上手な, 連中はぞろ, 連中はなんて迷信深い, 連中ばかしが好くも, 連中ばかりから成り立って, 連中ばかりとなり浅草, 連中ばかりにて聊か新屋落成, 連中ばっかりじゃ, 連中ふうふう呼吸を, 連中ふえ小つづみ大, 連中へもそこばくの, 連中ほとんど全部いや, 連中ほどにも折合へ, 連中または番人ども何故, 連中までずつと市村さんの, 連中までもその手, 連中むづかしい言葉を使, 連中もしくはあの連中, 連中もねえその時分, 連中もわあっと喚き返し, 連中やがいる横浜駅前, 連中やっぱり振切ろうとしても, 連中やりかねねえからなどと帰っ, 連中ゆきたい由, 連中よく見れば, 連中われにもなく, 連中ガヤガヤして, 連中クラークの息子, 連中タタタと二, 連中トハ些カ趣ヲ異, 連中メーツたちをし, 連中ヨリ夕食ニスープ及ジェリーヲ贈, 連中三時半におき, 連中並みに歩けれ, 連中九人ばかり峰, 連中二三人木戸番やら道具方, 連中二三人物好きにも大原, 連中二十何人を屋井, 連中二号三号をかこっ, 連中五十名ぐらゐ一方は普通, 連中五時何分かの汽車, 連中亡者みたよう, 連中享楽こそモラル, 連中人形の秘密, 連中今日付を以て休職, 連中今日明日にも下船, 連中以上が十二時, 連中何れもうまい, 連中何処へ行った, 連中何程の信仰心, 連中信用組合員や農会, 連中借銭ばかりにし, 連中元気かね, 連中全くナンセンスで, 連中で二十人位, 連中役は, 連中出語りの有名, 連中出迎へ加藤丹二, 連中医者のクラブ, 連中十四五がその, 連中博士とか学士, 連中即ちやはり子供ら, 連中誘ひに, 連中又は前の, 連中樣の, 連中同士のいま, 連中名人の豪啖, 連中呼吸をはかっ, 連中品格があり過ぎる, 連中喜ぶまいことか, 連中場末から出る, 連中もない, 連中夕飯を食っ, 連中多くつく, 連中多くむさぐるしき白髪の, 連中大きい桜の, 連中大きな掌長い, 連中大勢揃って, 連中大手の眞中, 連中大風の吹き去った, 連中太郎まで来, 連中夫婦ものばかりです, 連中嫉妬深くて, 連中子供らしい人, 連中安積に立つ, 連中連の, 連中へ入れない, 連中寄ると触る, 連中寄合ひて, 連中寒雀みたいに一つ炬燵, 連中山家ものでも, 連中川口一郎阪中正夫小山祐士田中千禾夫伊賀山精三等の諸君, 連中の下, 連中度胆を抜かれ, 連中用心だ, 連中心得たもので, 連中のため, 連中忽ち予約を, 連中思い切ったる元就の, 連中思い立つことも, 連中に浮き足, 連中も我もとカメラ, 連中招いて二時頃, 連中挨拶に来る, 連中放送に来た, 連中早速行って, 連中と夜, 連中時々住居を, 連中暗黒をすかし, 連中有楽座総見物をなす, 連中から晩, 連中朝三時から働きはじめ, 連中来た由, 連中来庵星城子鏡子井上杉山さんの四人, 連中殉教者というの, 連中殊に大きな商人, 連中決して稀らしくない, 連中涼しい顔で, 連中特に裕福な, 連中甲板番の新谷勝太郎, 連中痩せさらばえて額面蒼白, 連中白馬へ行った, 連中勅任官でしょう, 連中知ってるのかネ, 連中粉灰じゃて, 連中経師屋連だの或は, 連中総掛りで引き上げ, 連中縄張り争いでやり合うらしい, 連中はたしかに, 連中のある, 連中自動車で日光, 連中自身を指し, 連中舞台裏の方々, 連中良き作物は, 連中虎雄のこと, 連中を突っつい, 連中見れば必ずしも, 連中見物その他水魚連とか六二連, 連中言わでものこと, 連中か自動車, 連中謝罪に来る, 連中貧しいにせよ富ん, 連中軍事研究団の発会式, 連中大ぜ, 連中迄が街や, 連中近来は大分, 連中返す言葉も, 連中鉄砲を持っ, 連中鎌倉に来る, 連中阿部次郎はじめ漱石門下潤一郎荷風の一党, 連中随喜の涙, 連中障子を破い, 連中音曲のお, 連中をあつめ, 連中饅頭が食いたくなっ, 連中を数羽