青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「連れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~逢 逢~ ~逢う 逢う~ ~逢っ 逢っ~ ~逢った 逢った~ 連~ ~連れ
連れ~
~連中 連中~ ~連絡 連絡~ 連続~ 週間~ 進~ 進み~ ~進む 進む~

「連れ~」 11830, 128ppm, 828位

▼ 連れ~ (9374, 79.2%)

705 行って 487 来て 176 いって, って 171 行った 103 来たの 95 来た 86 きて 65 行く 64 帰って 59 行くの, 行こうと 58 行くと 57 行かれた 53 行つた 48 いった 46 行かれて, 行つ 44 來た, 来い 43 出て, 行きました, 行くこと 42 來て 39 歩いて 37 来たん 33 行けと 31 行ったの 29 きた, 逃げて 28 来ました 27 来る 26 往って 24 いた 23 來る 22 行け 21 来いと, 来ると 20 いる, きたの, 来るの 19 出た, 行かれたの 18 行かれるの, 行て 17 ゆくの, 参りました 16 つて, 行くん 15 おいで, 来られたの 14 ゆく, 戻って, 来られて, 行かうと, 行かれました, 行くが 13 いつて, 入って, 帰ろうと, 来たが, 遊びに 12 こい, 帰った, 来たもの, 行けば, 行こう 11 おいでに, ゆくと, 來られた, 来たこと 10 いて, いるの, ゆくこと, ゆけ, ッて, 来ては, 来ること, 来れば, 行くから, 行ったり 9 いったの, きました, くる, ゆかれた, 帰ること, 来た人, 行かれると, 行くつもり, 行っても

8 [11件] くるよう, まいりました, やって, ゐた, 参れ, 帰つた, 散歩に, 来たよ, 来た男, 行こうという, 行ったこと

7 [17件] いない, お帰り, くるん, やって来た, ゆきました, ゆこうと, 一緒に, 來ました, 山の, 帰ります, 来たと, 来た女, 来るよう, 東京へ, 行きましたが, 行きます, 行つて

6 [27件] あるいて, きたん, くること, くれば, やつて, ゐる, 來い, 奥の, 帰る, 彼女の, 往った, 往つた, 来たという, 来たので, 来ようと, 来られた, 来るから, 自分の, 行かなければ, 行かれたが, 行かれたこと, 行かれた時, 行かれるか, 行き, 行く事, 行ったが, 行っては

5 [32件] いくの, いたの, いったり, いっては, くると, くるの, こいと, こられて, そこへ, どこかへ, ツて, 参ります, 国へ, 帰ったの, 帰ると, 来させた, 来たわけ, 来た者, 来られると, 歩くという, 行かねば, 行かれたと, 行かれたという, 行かれたり, 行かれたん, 行きたいと, 行くという, 行ったと, 行つてやる, 見物に, 親類へ, 逃げようと

4 [69件] いこうと, いるので, いる犬, お出, きたこと, それを, つてお, つてやる, まいる, まいれ, やってきて, ゆかれたこと, ゆかれたの, ゆくという, アラスカへ, 二人の, 來られ, 出やう, 姿を, 帰っても, 帰りました, 帰るの, 彼の, 戻つて, 来いとの, 来たか, 来たその, 来たり, 来ても, 来なければ, 来ましたよ, 来ましょう, 来られたという, 来られた時, 来られるの, 来るという, 来る事, 江戸へ, 父の, 眼の, 神戸へ, 行かないで, 行かれたので, 行かれようと, 行かれるよう, 行きそこ, 行きながら, 行くか, 行くって, 行くも, 行くよ, 行くよう, 行くわけ, 行く気, 行こうか, 行ったので, 行ったらどう, 行ったん, 行った人夫, 行ってね, 行つても, 行つてやらう, 行つて呉れた, 裏の, 近くの, 近所の, 通る, 銀座へ, 降りて

3 [140件] いかれた, いくこと, いくと, いけば, いたが, いったんだ, いっても, いつた, いなかった, いると, いれば, お出でない, きたお, きたよ, きた男, きては, くるから, ここを, こよう, こられた, こられたの, こんな所, その家, それに, ってよ, つてやらう, はいった, はいって, まいった, まいって, まいりまして, みや, もどって, ゆかれて, ゆかれました, ゆかれるまま, ゆき, ゆきその, ゆきます, ゆくから, ゆくため, ゆくつもり, ゆけと, サンボアへ, 上京した, 今まで, 伊豆の, 兄の, 其処を, 出かけて, 出づ, 出る, 出ると, 出るの, 出掛けて, 参って, 参りましたが, 参りまして, 参るよう, 参れと, 參りました, 參りませう, 向うへ, 宅へ, 家に, 家を, 居る, 川へ, 帰り, 帰りましたが, 帰れと, 帰れば, 彼は, 往くの, 往こう, 往こうと, 或る, 戻ると, 散歩し, 散歩を, 村の, 来たいと, 来たから, 来たぞ, 来たとき, 来たまえ, 来たんで, 来た事, 来た女の子, 来た時, 来た青年, 来ながら, 来ましたが, 来ます, 来や, 来やう, 来られました, 来るが, 来るに, 来るよ, 来るん, 来る気, 歸つ, 歸つた, 歸る, 母の, 町の, 病院へ, 直ぐに, 立って, 行かないと, 行かないん, 行かれてから, 行かれましたが, 行かれる, 行かれるん, 行かれる途中, 行きそう, 行きますか, 行きますよう, 行くぞ, 行くとか, 行くところ, 行くに, 行くより, 行くんで, 行く訳, 行け家, 行ったか, 行ったという, 行ったに, 行ったもの, 行ったらいい, 行ったわ, 行ってよ, 行つて大きな, 訪ねて, 逃げたの, 這入って, 遣って

2 [364件] あても, あの家, いかれるの, いきな, いくよ, いけ, いったが, いったその, いったと, いってね, いないし, いらっしゃい, いらつし, いるか, いるから, いるよう, お前の, かえったの, きたあの, きたか, きた時, きた水族館, きましょうか, くつて, くの, くるが, くるのに, こいという, ここから, ここへ, こさせよう, この山, この親切, こられた日, これへ, これも, さうし, すぐに, ずん, その呻き, その沼べり, それが, ったん, つてちやうだい, つてや, つてよ, つて下さる, どこか, ほくほくと, ほそり目, まいりましょう, まいります, まいるという, もらった店, ゆかなければ, ゆかれても, ゆかれますと, ゆかれるかを, ゆかれると, ゆかれるという, ゆかれるの, ゆくか, ゆくが, ゆくであろう, ゆくとき, ゆくなら, ゆくまで, ゆくん, ゐたが, ゐたの, ゐて, ゐました, オルガン岩の, サムボアへ, 一種の, 三養軒へ, 上がって, 上って, 上方へ, 上野へ, 下山し, 下谷摩利支天の, 不意に, 世界の, 主人の, 二人で, 二人は, 二階の, 二階へ, 些少の, 亡き夫, 今日の, 仮住居, 会計の, 何処かへ, 余の, 來たら, 來やうと, 來られる, 例の, 兄達より, 先へ, 入った, 入りました, 全身が, 其所等を, 出させること, 出たの, 出たもの, 出ること, 出発した, 動物園に, 北へ, 千四百ヱルストの, 南の, 参りましたの, 参りますから, 参りますが, 参りませんから, 参る, 参ると, 参ろう, 參る, 向島へ, 呉へ, 埋もれて, 墓地は, 外へ, 大阪へ, 妻の, 始めて, 姫路へ, 学校へ, 宇治の, 守田座へ, 客の, 家へ, 寺へ, 少しずつ, 山荘へ, 岩代の, 峠を, 市の, 帰ったが, 帰ったという, 帰つ, 帰つて来た, 帰られて, 帰りたいと, 帰るには, 帰るん, 帰るんで, 帰れ, 幾たびか, 庭に, 往かれるの, 往きたいが, 往く, 往くから, 往くべ, 待って, 我家へ, 戻ったが, 戻つた, 戻る, 戻ろうと, 扉が, 旅を, 早朝から, 普請場を, 晴れた日曜, 来いっ, 来いって, 来いという, 来さえ, 来させて, 来ずに, 来たあの, 来たかと, 来たって, 来たな, 来たに, 来たのに, 来たよう, 来たわ, 来た三人, 来た二匹, 来た刑事, 来た十余人, 来た娘, 来た家来, 来た方, 来た様, 来ちま, 来てよ, 来ないかと, 来なかったの, 来なかったので, 来ましたから, 来ましたの, 来やした, 来よう, 来られたこと, 来られたもの, 来られたよう, 来られた三人, 来り, 来るだろう, 来るなんて, 来るもの, 来るや, 来るより, 来るわけ, 来る奴, 来る道, 来給え, 東京から, 柿もぎ, 植物園へ, 楽屋の, 次第に緩く, 歌いながら, 此の, 此処へ, 武田神社へ, 歩いたり, 歩く, 歩くが, 歩くと, 歩くの, 歩くやう, 歩くわけ, 歸り, 江戸に, 泊って, 泊りに, 浅草の, 浦和へ, 浮れ出した, 浴衣一枚で, 消えたり, 渋谷へ, 湯に, 煤けたお, 熱海へ, 甲府へ, 甲府を, 町年寄五人が, 畑から, 病院に, 省線の, 神楽坂の, 神田へ, 老人の, 自分は, 船に, 落ちるところ, 行かずに, 行かせた, 行かせたが, 行かないの, 行かなかったの, 行かれここ, 行かれそう, 行かれたとか, 行かれたとき, 行かれたに, 行かれたもの, 行かれたよう, 行かれた事, 行かれても, 行かれますか, 行かれますまで, 行かれるという, 行かれるので, 行かれるもの, 行かれるやう, 行かれる時, 行かれ三日間, 行かんぞ, 行きいろいろ, 行きおったが, 行きその, 行きたい, 行きたいが, 行きたくば, 行きたければ, 行きて, 行きてえの, 行きなさい, 行きねえ, 行きましたし, 行きましたの, 行きましたよ, 行きまして, 行きますさかい, 行きますよ, 行きゃ, 行き他, 行くがい, 行くさ, 行くし, 行くため, 行くて, 行くです, 行くといふ, 行くとさ, 行くなどと, 行くなんて, 行くやう, 行く必要, 行く時, 行く筈, 行けない, 行けよ, 行け者共, 行け連れて, 行こうかと, 行こうとは, 行た, 行ったそう, 行ったらしい, 行ったらよかろ, 行った事, 行った子, 行った日, 行った日本人, 行った赤ん坊, 行つたと, 行つたのは, 行つてそこで, 行つてもらつ, 行つて呉れ, 行つて呉れない, 行つて狸汁に, 行ては, 行ッて, 表の, 西の, 見送りに, 警察に, 買物に, 身体が, 車室の, 軽い動揺, 近所へ, 逃げるつもり, 逃げるの, 逃げる時, 逃げ出したという, 遠くの, 部屋へ, 都へ, 開墾地へ, 集まって, 雨の, 電車に, 青年が, 音も, 音楽会へ, 風の, 飛んで, 馬車に, 高声

1 [3554件 抜粋] あがりました, あちこちと, あの大岩, あるく者, いかないはっきり, いかれたか, いかれるはず, いきます, いくやう, いけよ, いそいそと, いたろうし, いた名, いた若者, いったよ, いったんじゃ, いつたの, いないため, いましたが, いらしった, いらっしゃるおつもり, いるという, いる伊織, いる姉弟, いる私たち, いわゆる銀米, おおかた団子坂, おどおどした, おりません, お久美さん, お出でに, お召の, お引き上げ, お茶仲間からは, お鉄, かえって叔父, かかりおった, かれる人, きたその, きたといふ, きたら泣きやめた児, きた人たち, きた妻, きた番頭, きた蛮卒百余人, きた高弟, きますが, くからよ, くりゃがったね, くるとまで, くるんだ, くる馬鹿, く約束, ここで, こちらの, こなくちゃと, この大江戸, この時, この郊外, こられた十五歳, こられるもの, さすがに, さる料理屋, すくすくと現われる, すぐ西江戸川端, そこの, そつち, その土, その方, その群れ, それから, そろそろ後, だらだら坂, ったが, った痩せた車掌, つたげて, つてと, つて云ふ, つて貰ふこ, どこかの, どたばた引上げ, のこ, はいった時, ばたばたと, ひどい家探し, ほかの, まいったよう, まいりましたは, まいるも, まかり出ずべしもし, また舟, むかって, もの云う, やって来たもの, やはり鬼, ゆかれたが, ゆかれます, ゆかれるなどと, ゆきお, ゆきますから, ゆき楽壇, ゆくぞや, ゆく人夫, ゆく馬車, ゆこ, わかって, ゐた家隷, ゐる初子, ゐる爺さん, ウラゴーゴル星へ, キリ, ゴロゴロ転がっ, サン・タントアーヌ街を, スコテキへ, ツたげます, ドッタリ斃れた, バルチモアへ, ピタリピタリ, ポオといふ, ラッキー酒場へ, 一丈二丈唐紅の, 一層辛い, 一時あまり, 一足先に, 丁度十月十二日池上, 三吉に, 三計, 上ったの, 上方見物に, 下さります, 下階の, 世の中に, 中洲の, 久方ぶりで, 乗物に, 亀戸の, 二三町往来を, 五十稻荷の, 京大阪を, 人中へ, 今度は, 仏寺に, 付近の, 伊勢参宮ついでに, 伯父の, 何か, 何処まで, 來させた, 來ても, 來られたらしい, 信州へ, 僕の, 入つて, 兩國驛へ, 其の折, 内へ, 再び此, 出あるいて, 出かける, 出たで, 出た女中, 出でも, 出るので, 出京, 出立する, 別室に, 前畑, 動きまわる, 北条という, 十月に, 南アフリカの, 印形持参で, 去るの, 参った供, 参りそれ, 参りましたので, 参りまする, 参るから, 参ッた, 反逆者の, 右手より, 同じ方向, 君侯の, 呼び合う声, 喜六という, 国元を, 土産ものなんぞ, 垣根から, 堀見, 墓掃除だけには, 外出し, 外国船の, 夜三回まわっ, 大和の, 大師さまへ, 大連中, 天満宮へ, 奥に, 妙見山へ, 威張って, 守備隊を, 実に絵, 家々の, 宿へ, 寝室へ, 小屋の, 少くは, 居た, 居ると, 屋敷内を, 山ま, 山路を, 嵐の, 己の, 帰されるわが家, 帰ったによって, 帰った時, 帰つて何とか, 帰らっしゃる, 帰られました, 帰りたかつた, 帰りウイスキー, 帰り跡部, 帰るので, 帰る宣教師, 平七の, 年配の, 店先の, 廻って, 引きあげかけた, 弥生寮に, 彼らを, 往かれた, 往きやすべ, 往くのに, 往こうそれにしても, 往つて金を, 徐かに, 御殿へ, 復讐に, 忙しく右手, 急に, 愛別から, 我屋敷に, 戻ったくらい, 戻られたが, 戻るより, 手飾の, 押し込みを, 指環の, 提灯を, 支那船も, 散歩なんか, 新しい作品, 新宿発の, 旅に, 日在浜に, 日比谷の, 昔の, 昼日中歩い, 景色が, 月光を, 木曾川恵那峡養老長良川等に, 村へ, 来い小太郎, 来さし, 来させ彼女, 来たおい此方, 来たくなったの, 来たすぐ, 来たとか, 来たほう, 来たらさぞ, 来たら何とか, 来たパートナー, 来た中間, 来た人足, 来た動機, 来た外, 来た子息, 来た小, 来た弟子, 来た手柄, 来た朱実, 来た水兵, 来た猫, 来た美形連, 来た華族学校, 来た運転手, 来た馬, 来ていう, 来てと, 来ないこと, 来なくちゃ, 来ぬが, 来ましたと, 来ました間もなく, 来ませう, 来られそうして, 来られたやう, 来られた十三人, 来られた老若男女, 来られでも, 来られる伊部, 来り結局一景, 来るそう, 来るであろうと, 来るはず, 来るッ, 来る子供, 来る者, 来船, 東京に, 東海道五十三次を, 林の, 柳亭種彦の, 森永へ, 構わなくなる, 檀家の, 次第に頽廃的傾向, 此處彼處舊遊の, 歩いたの, 歩いた車夫, 歩かないの, 歩きました, 歩き出す又, 歩く奴, 歩むの, 歸つた廉が, 歸化した, 段々微か, 母親の, 気軽に, 水道路へ, 江戸まで, 河内国渋川郡大蓮寺村の, 沼田の, 法衣屋や, 浅草馬道の, 海岸へと, 清水の, 渋谷駅から, 温泉へ, 湖畔の, 漸くの, 烏の, 然う, 牛乳を, 独楽の, 率先し, 王滝を, 現れると, 生活しおる, 田舎の, 画工殆ん, 番町の, 登城する, 白髭の, 盛り返して, 相州の, 矢代家を, 砂村の, 神田の, 秀吉は, 秋は, 移り住んだの, 穏しく, 突走って, 立ち寄られたという, 立退きぬ, 築地の, 絨氈の, 美濃の, 老人は, 臀が, 至上の, 船へ, 色んな詰らない, 若い女, 草川巡査の, 菓子を, 董紀の, 薬師の, 行かうが, 行かせなさい, 行かないも, 行かなけや, 行かはってん, 行かれずその, 行かれたかな, 行かれたとしても, 行かれたグロット, 行かれた夜, 行かれた訳, 行かれない時, 行かれましたの, 行かれること, 行かれる人間, 行かれる身, 行かれ首, 行きすぐ, 行きたいという, 行きたがって, 行きたま, 行きなさるん, 行きましたのね, 行きますね, 行きよった, 行き一頭, 行き居らぬと, 行き教師, 行き止血, 行き立番, 行くかが, 行くその, 行くつてこと, 行くな, 行くにも, 行くべきその, 行くんだい, 行く仕組み, 行く勇気, 行く小男, 行く手筈, 行く法, 行く約束, 行く連れて, 行けという, 行けるとき, 行こうとか, 行ったかという, 行ったとき, 行ったまま, 行ったら和女, 行ったんだい, 行った労働者二人, 行った岡村, 行った組下, 行ってから, 行つたのも, 行つた結果である, 行つてし, 行つてびつくりしました, 行つて上げ, 行つて何とか, 行つて地獄極, 行つて弟子に, 行つて海を, 行つて見せたい, 行つて貰ふいふてきかん, 行つて骨の, 表二階へ, 裏家へ, 西町奉行, 見せ合わなければ, 見張りへ, 親佐, 許都を, 誰彼が, 變化すべき, 赤坂の, 起つた事, 足も, 踏込むやう, 身體も, 農人橋際の, 迷信を, 逃げたあの, 逃げた女, 逃げまして, 逃げるという, 逃げ帰ったと, 這入つて, 通られるの, 進歩すべき, 道案内に, 遠く, 遼陽に, 郷里の, 采女に, 野路を, 釜山公会堂に, 銀座から, 鍔の, 長い散歩, 門内へ, 関平の, 陸軍墓地などを, 雜談が, 零落者と, 青根温泉に, 頬の, 飛びだして, 飲みに, 馬と, 駈け付けよう, 驚く, 鬼子母神へ, 鳥部寺の, 麥畑の

▼ 連れ~ (700, 5.9%)

17 男は 16 男が 12 女の, 者が 11 女は 9 一人が, 男に, 者に 8 人が, 侍が, 女が, 客が, 方が, 男を 6 方に, 方を, 男の 5 方は 4 侍は, 女に, 女を, 男女が, 者と, 者の, 者を

3 [16件] あること, 一人は, 二人は, 人に, 人達は, 女と, 姿を, 客の, 客は, 客を, 男と, 者か, 者へ, 若い侍たち, 若い男, 顔を

2 [40件] あのお方, お方の, ご婦人, さむらい, ひとりは, ほうへ, ものも, ように, 一人の, 三人に, 二人を, 人と, 人は, 坊さんが, 夕刊売り, 大学生の, 女も, 御病人, 方と, 方の, 方へ, 旅人が, 旅人に, 旅人も, 権之, 武士の, 武家が, 男という, 登山者が, 立花先生が, 紳士が, 紳士は, 老人に, 者, 者たちが, 者だ, 者は, 若い女, 虚無僧が, 鷄二は

1 [378件] あずま屋の, あったこと, あの侍, あるの, あるひと, あるよう, ある客, ある巡礼者, ある方, ある旅, ある際, あれは, いる隣, うちでは, うちに, うちにて, うちの, おじさんが, お上さんが, お乗物, お侍方, お侍衆, お客様が, お屋敷風, お差控え候補者, お方に, お方は, お方万太郎様や, お武家, お武家様, お神楽師, お豊さん, お通さん, お遍路さん, ために, だんなさま, ない人達, ない人間, なかに, ほうを, ほかには, まき子や, まき子等が, もある, もういい, ものが, ものどもも, ものは, ものを, やうな, ゆるい靴音, ようです, らんぼう者を, を一人, アクセントだけが, ケプナラを, スパイを, スポンサー氏に, ドイツ女の, ヘンリーさんも, ラマは, ルンペンに, 一団体や, 一席を, 一行が, 万世橋は, 万吉という, 三人は, 三十過ぎの, 三名を, 上原山治が, 上品な, 上等兵が, 与力が, 中から, 中には, 中国人たちであったで, 中学生と, 中年の, 久助さんも, 乱暴者が, 亀次郎が, 事なれ, 二人と, 二人にて, 人々が, 人々には, 人か, 人たちと, 人たちにたいして, 人たちばかり, 人だけに, 人で, 人とそ, 人にでも, 人の, 人も, 人を, 人物が, 人相を, 人足たちから, 人達が, 人達や, 人達やが, 仲間を, 伊之助や, 伊織殿も, 佐々さんはのう, 使ひ, 侍であった, 侍と共に, 侍に, 侍の, 侍を, 侍東へ, 傍によって, 僧は, 僧御, 兄さんが, 先生は, 先生金右衛門にも, 光広は, 光悦へ, 八に, 八重子の, 公卿侍の, 労働者が, 原田八段が, 又八, 又八は, 友人たちとも, 友人を, 友達が, 友達と, 吉田が, 名を, 向うに, 坊さんだって, 坊さんです, 坊さんの, 坊さんを, 坊さん大, 城太郎, 城太郎であっ, 城太郎とかいう, 壮士, 壮士とにだけは, 壮士には, 壮士は, 多い夜, 大人たちが, 大変背の, 大学生が, 大病人は, 夫らしい, 奥さんたちには, 奥さんに, 奥方様が, 女とに, 女とは, 女には, 女の子にも, 女ひとり, 女へ, 女へと, 女中たちを, 女中に, 女学生一人と, 女客, 女客連, 女連は, 奴か, 如く粧い, 姿は, 娘さんに, 娘と, 娘は, 娘も, 娘等は, 婦人と, 子供が, 子供たちは, 子供に, 子供達とは, 学友に, 学生に, 学生を, 学生風の, 宗湛と, 宗湛も, 客おこと, 客で, 客も, 客や, 小学生が, 小樂園, 少女は, 少女を, 少年が, 少年に, 少年の, 尼にたいして, 尾行が, 山口が, 岩蕈採りが, 巡礼, 巡礼か, 巡礼も, 左門が, 席に, 平山教授や, 年上の, 庄亮は, 庄司隼太という, 庄屋と共に, 庄屋に, 影は, 御婦人, 御方に, 心に, 心を, 怪人, 支那人が, 放免の, 新らしい, 方々にも, 方々の, 方その, 方でございました, 方と共に, 方には, 方達に, 旅としては, 旅の, 旅人は, 旅芸人が, 旅芸人と, 日本人は, 時は, 時も, 書生と, 楢平が怪しん, 楼主の, 権三と共に, 横へ, 横手に, 次郎, 正太君そっくり, 武士体の, 武者を, 母親を, 毛利に, 洋人赤套の, 流しが, 浪人と, 浪人達は, 浮浪青年が, 海水浴には, 海軍青年士官の, 清五郎が, 清五郎という, 無駄話に, 熊は, 物見遊山の, 猟師は, 猿ま, 猿等が, 現われる場面, 男, 男から, 男がは, 男って, 男である, 男も, 男よりも, 男をも, 町人は, 町芸人の, 病人は, 痩せッ, 白幽霊はと, 白熊が, 百姓たちも, 百姓衆まで, 神楽師の, 神楽師を, 神田の, 移住費を, 積りで, 童は, 紐売りと, 紳士と, 紳士の, 編笠を, 縫助は, 美人が, 群れなども, 群集で, 老人も, 老巡礼, 老齢の, 者あり, 者たちと, 者たちは, 者だけ, 者で, 者である, 者でございます, 者どもと共に, 者どもは, 者には, 者まで, 者も, 者より, 者をも, 耳に, 職人ふうの, 職工から, 職工と, 職工の, 職工は, 肩を, 肱を, 背の, 自転車が, 舟の, 舟へ, 芸者には, 芸者の, 若い人, 若い田舎風, 若い美しい女, 若侍, 若党を, 若者たちを, 若衆も, 苦力は, 英国人を, 草鞋履き, 菅屋九右衛門を, 菅馬之, 葛岡が, 虎という, 虎井満, 衆と, 衆は, 衆らしい, 行樂の, 諸子にも, 警官が, 豊麻呂へ, 赭熊の, 足弱を, 身繕いを, 身許や, 近づいて, 遊び人の, 遊山地に, 道庵先生は, 道誉の, 部屋だ, 采女を, 里好をも, 銀五郎という, 銀六老人は, 長岡佐渡へ, 闇太郎から, 隠居の, 雌熊であります, 雷鳥を, 青年, 青年に, 須田町の, 顔知り, 饒舌も, 香油を, 高等学校生徒が, GIが

▼ 連れ~ (203, 1.7%)

10 あった 8 あったの 6 ある 3 あって, あるか, あれば, 来て

2 [18件] あったか, あつた, あつて, あるから, あること, あると, あるの, あるので, あるやう, あるん, いるので, おありなさる, なければ, はいった, 一人ある, 出て, 出来て, 待って

1 [131件] あそこで, あったかと, あったかね, あったが, あったので, あったり, あった方, あった筈, あっては, あっても, あとから, あとからは, ありなさるん, ありました, ありましたので, ありましたわたくし, ありまして, ありますから, ありますので, あり呼びかわし立ち止り戻り, あるかと, あるこの, あるそれ, あるだろう兄貴, あるに, あるより, あるらしくも, ある以上, ある時, あろうと, あろうとは, いた, いたし雑沓, いたって, いたの, いたので, いつもの, いながら, いま生きる, いる, いるに, いるの, おあり, お公卿, お有, お館, かけて, こつちへ, これも, ございます, ございますん, そなた, その午後銀行, それからの, たくさんいました, ないので, ないゆゑに, なくとも, ひょっこり面出し, ふたりいた, まじって, また同じ, まるで知らない, めいめいに, ゆきあと, 一人あった, 一人ありました, 一人ご, 一人ございます, 一人ほしい, 三人ばかり, 上がると, 乗って, 乘り, 二人あつ, 二人の, 二人減っ, 二階へ, 何かしら, 僕の, 出来たにゃ, 出来たので, 加っ, 向うの, 呂昇を, 呼びに, 四五人提灯を, 多い, 多くなる, 多勢で, 大きな池, 尋ねて, 居たん, 山鹿の, 峠や, 帰らなかったかと, 当り触りの, 彼の, 後から, 心中した, 急に, 揃ったと, 提灯の, 改札口の, 日傘を, 有りますので, 有るなら此方, 有るに, 村境の, 来たとき, 来たろう, 来てからに, 来る, 来るん, 欲しいよう, 此家へ, 殖えて, 火事の, 生きたか, 疑わしげ, 笠を, 続いて, 美沢だ, 自分たちの, 親類の, 試みに, 話して, 連れの, 顏を, 馴染みである, 驚いて

▼ 連れ~ (172, 1.5%)

22 なって 4 なりました, 来たの 3 きたの, して, なった, なったの, なると 2 なる, なるの, はぐれた少女, 來る, 別れて, 囁いた, 来て, 来ますと, 行ったの

1 [109件] いつて, うまやへ, お目通り, お逸れ遊ばさない, かう云, きいた, きたん, きた私, くるの, この年寄り, されたこと, ちよつと, なさって, なったあの, なったまま, なったもん, なったら宜, なったり, なった不知哉丸, なった方, なった旅, なった気, なった汚い, なった雪, なっては, なっても, なつて, ならずいったい, ならないで, ならないよう, ならなかったので, なりしは, なりましたね, なりませぬ故, なり上尾久, なり敵討, なり箱根, なるかと, なること, なるので, なるん, なる順八, はぐれた, はぐれたという, はぐれたもの, はぐれたらすぐ, はぐれた一羽, はぐれて, また帰っ, やってきます, ゆく, 云った, 何か, 何事をか, 來て, 出逢った, 別れたなんて, 別れを, 参りましたらどう, 又院庭, 向って, 大抵で, 少しおくれ, 帰ったあの, 引っ返さ, 引っ返さるべく候, 心づきその, 打つてか, 摺れ違った, 来たから, 来たので, 来たのに, 来たらどう, 来たん, 来た時, 来た警察, 来ては, 来ます, 来るかも, 来るから, 来るという, 来るの, 来るまで, 横目を, 死体を, 田舎へ, 相違あるまい, 聞かせたくない言葉, 行く, 行くまで, 行くん, 行く三日, 行く気, 行った, 行ったが, 行ったとて, 行って, 行つても, 見せたの, 親里, 訊ねると, 話しかけて, 話しかける, 話すこと, 話を, 誘いを, 連れられて, 附き物, 限る

▼ 連れ~ (164, 1.4%)

3 やって来ました, やつて, 来たの 2 いずれも, やって来て, わたしの, 來たつ, 來ても, 帰って, 来て, 舁いて

1 [139件] あつた, いらっしゃいませんか, お登り, きょうの, きょうは, ぐさ来た, ここまで, ここらを, この村, この温泉, この腹癒せ, この騒がしい, これを, じつはあまり大した, その四国屋, その奥, その御門前, その皿, その芝居, その見物, たずねて, つてくろう, てけろ, ともかくも, どんどん飛ん, のしを, はござりませぬか, はる, またいつ, やってきた, やってきました, よくやつ, わたしは, エッチラオッチラ一里ばかり, スタスタと, バスで, 一人は, 一日家を, 一部屋を, 三日ばかり, 上りました, 上野精養軒の, 二人とも, 二晩泊った, 互に身の上話, 人中へ, 今夜は, 何処へ, 來い, 來て, 例の, 僕を, 其中庵の, 出かけたん, 出かけましたから, 出かけると, 助かったと, 北海道へ, 千住の, 危ない処, 参りましたがね, 参詣に, 又出かけました, 四五日前から, 国を, 夜詣り, 大木戸へ, 奥多摩の, 威勢よく, 宗廟に, 家を, 家具付きの, 川越の, 常陸の, 御迷惑, 手前方へ, 押込みに, 散歩光明寺大聖閣, 方々へ, 旅を, 旅行の, 昇った立派, 村から, 来た, 来たこと, 来たって, 来たナツメ, 来ては, 来ました, 来ましたよ, 来るの, 来るやう, 来る事, 来庵, 森や, 武蔵に, 歩いて, 歩くコーヒー, 氷川へ, 氷川神社に, 泊まって, 泊りこむらしいと, 湯田の, 満員だった, 火を, 熱海へでも, 町家の, 白いもの, 直ちに雪駄, 矢張りそこの, 私は, 素裸の, 芝居に, 英国の, 藤屋へ, 行ける極めてさっぱり, 行ったが, 見物した, 見物に, 近所の, 這入った若い, 通りかかった, 通り掛った者, 遊びに, 遊んで, 遊廓の, 道を, 遠くは, 遠乗りに, 金も, 鍋物を, 長崎へ, 霞ヶ関の, 露店を, 顔を, 食ってるこの, 馬を, 駈け落ち, 駕籠に

▼ 連れだって~ (115, 1.0%)

6 歩いて 2 いたが, そこい, 来た, 浜を, 私の

1 [99件] あるく, い, いらしたこと, いること, いるの, ここへ, この控家, さらに館, そこを, その岩, その日三留野, その辺, ただちに西方相撲連, つい今そこ, ぶらりぶらり八丁堀, もどり来るおり, やって, ゆくから, ウヰンザアへ, 一人の, 万福寺の, 万福寺を, 上々の, 両国の, 中二階, 中央郵便局の, 丸の内を, 人形を, 今度の, 休み茶屋を, 八町堀の, 出かけましたが, 出かけチャシ, 出たまま今朝, 出て, 出口へ, 出掛けた, 医師クラブを, 吉原へ, 坂を, 外に, 大庭の, 妻籠に, 室内に, 家の, 家を, 小屋の, 峠の, 帰ったうち, 帰って, 帰ると, 帰省した, 店へ, 弥生町の, 彼等が, 従軍する, 拾い物に, 散歩する, 新温泉, 旅へ, 日ごろ信仰, 暮れかかった, 木曾福島を, 村の, 来た供, 来て, 来訪案内し, 東京に, 歩きながら, 歩行する, 死刑台の下の, 殺気の, 海へ, 直接小勝には, 福島からの, 空の, 空高く, 竹藪を, 老師の, 考古学教室を, 肩を, 行き来し, 行く, 行くこと, 行くん, 行く半蔵, 行く若い, 行けば, 見に, 話しながら, 近くの, 通って, 通行の, 遊びに, 道を, 馬籠へ, 馬車に, 麻布へ, 麻布笄町から

▼ 連れ~ (71, 0.6%)

2 どなたと, ない, なかった, 勘定が

1 [63件] ありますけれど, あるかな, あるの, ある新聞社, いいし, いずれも, いずれ新婚旅行, いたか, いった, いつもの, こっちを, この家, その店, そんなこと, たえず二本, だれだ, つぶやいた, どうしたろう, どこに, どちらの, ないか, ないかしら, なんという, ねえの, また正反, まだ十七, もういつのまにかいなくなっ, やや捌けた, われわれなれ, フォン・ヒュウネマン大尉ならびに, 一人も, 三人ぜひとも, 三十七八の, 二三間行き過ぎた, 伸び上っ, 何処へ, 何商売で, 余り貴婦人, 元八, 別嬪です, 十七八の, 多い, 大塚仲町の, 女だ, 妹の, 妻籠本陣の, 寔に, 山手組の, 拙者知り合いの, 来ず宿屋, 然し, 男と, 自分も, 若い娘, 落武者に, 藤山, 誰だ, 追ひ越す, 連れで, 邪魔, 邪魔よ, 酒飲みだ, 降りたし

▼ 連れ~ (49, 0.4%)

4 顧みて 2 探して

1 [43件] あとに, かけさせて, これからどう取扱った, さがして, さがすもん, つ, とらえさえ, はなれて, ふりかえりながら, へとへとに, よんで, チラリと, 一緒に, 促して, 先に, 十頭の, 同じ旅籠, 呼ばって, 呼びかけて, 失って, 待たせて, 怪しむよう, 振り顧, 振顧, 捜そうという, 携えて, 畜生蝦蟆賣めと, 発見した, 相手に, 縁起祝いとして, 羨まし気, 見かけなかったかい, 見て, 見まもって, 見るよりも, 見る方, 見出し我と, 観察しよう, 誘った, 透して, 離れて, 願いましたの, 願わねば

▼ 連れ~ (47, 0.4%)

4 て来た 3 て来ました 2 てきた, てまいりましょう, て参る, て懺悔

1 [32件] ちゃいけないでしょう, て, てあげる, ていただけますまい, ておくれよ, てかの, てき, てくれ給え, てくん, てちょうだい, てはと存じます, てまいった, てまいる, て上げなさい, て下さい, て参りました, て差し上げる, て往, て手当, て旦那様, て早速, て来ましょう, て来る, て武蔵, て福知山, て行っ, て見えるだろう, て話し, 一女生あり, 女にと, 御嶽山へ, 者

▼ 連れ申し~ (43, 0.4%)

4 て来た 2 て, ておい, て下さい, て参りました, て参ります, て来ました, て来る, て行く

1 [23件] ている, ておくれ, てお目にかかりたい, てからせいぜい, てくれ, てこい, てそこで, てまいりました, てまいります, てみれ, てめ, てもらいたい, て上げる, て土用正月, て大和, て小屋, て旦那, て来い, て来う, て来やした, て来よう, て歩行, て進ぜなさい

▼ 連れ~ (39, 0.3%)

9 一緒に 2 見えて

1 [28件] あれば, いっては, お二人, この豊原, ささやくこと, なってから, みえて, わかれるかも, 一しよ, 一つの, 並んで, 二人でも, 僕とは, 同じよう, 同伴に, 思ったが, 思われる少女, 申しまするの, 申すが, 申す訳, 考えて, 見ると, 覚ぼ, 言いましても, 言って, 話したり, 離れて, 顔を

▼ 連れては~ (34, 0.3%)

2 来たが, 行かない

1 [30件] あるけぬ, いない, いると, お母, こない, どんなに難儀, ひられた, ゆかれぬ, ゆくさ, 京都の, 参らぬ, 参りましたが, 寄る気, 山を, 帰られません, 彼女が, 殆ど二三日おきぐらいに, 河野自身の, 無理だ, 種々な, 行かぬ, 行かれん, 行くが, 行くまい, 行けなかったの, 行けぬぞ, 角力取りの, 豪そう, 身の, 遊興に

▼ 連れ~ (32, 0.3%)

1 [32件] からお, から云え, から心配, から貴様, が色, そうです, つたやうに, つてかへ, つてゐる, つてウヰンザアへ, つて兩國から, つて出, つて君臨し, つて庭の, つて戸外に, つて敬坊の, つて浦賀へ, つて浴室へ, つて田舎道を, という, というあの, という大蔵, という方, といっ, とわかる, と云う, と小田原, と思う, と思っ, と思った, のって, よその

▼ 連れ~ (26, 0.2%)

1 [26件] あるしねえ, いるし, うて来てしも, くだされずあの, ござるゆえ, それが, どしたん, ない, ないらしい, ない女童, ない話相手, なく, なくた, なくたった, なく一人, ひとつに, やはりそこら, 一緒なら, 入れて, 多かった, 妖精じみ, 帰って, 待って, 案内者も, 構わず下らない, 無いらしかった

▼ 連れ申す~ (18, 0.2%)

2 ことは, わけには

1 [14件] がよい, ぞ, だけのこと, って取, つもりな, とあと, という手紙, と申しまし, のである, はずでございます, ように, よう取りはからわせ, わけ, 様に

▼ 連れての~ (17, 0.1%)

1 [17件] お早立ち, そんな足掻き, ハイカーが, 下宿生活である, 兵馬としては, 巡禮である, 御動座, 振舞いでしょう, 放浪や, 敵討の, 旅は, 町あるき, 睦じい散歩友を, 神詣でこれは, 立話に, 通行が, 道行では

▼ 連れ~ (15, 0.1%)

1 [15件] から存じがけ, が大勢, じゃございません, で, という奥方風, といっしょ, と知らすれ, どうぞお, にどう, のおっしゃる, の事, はたいそうよく, はとも尋ね, はどちら, もお召しな

▼ 連れ申した~ (15, 0.1%)

1 [15件] から, がいか, だけのこと, ってわけ, で, といえ, のだ, ので, のも, ような, わけで, んだ, んでございます, んでござん, 上で

▼ 連れさん~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] がある, がお出で, がきた, がそこ, でご, でしたか, でしょう, ですか, は御, は誰方, もお, をお迎え

▼ 連れした~ (14, 0.1%)

2 わけです, んです 1 あなたがた三人には, というの, のだ, のです, のは, んでございます, ロッセ氏は, 方が, 次第, 道を

▼ 連れでは~ (13, 0.1%)

2 ないと, 第一日 1 あるし, あるぞ, ございませんか, ないよう, なかった, 仕事の, 拙者立つ瀬が, 武者修行も, 足手纏いに

▼ 連れらしい~ (12, 0.1%)

2 一人の 1 ずっと年, それも, のが, ゴルフ服を, 六十位の, 男女の, 編笠の, 者は, 者も, 若い娘

▼ 連れする~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことが, ことを, ために, のか, のじゃ, のだったら, のだつたら, のぢ, のは, わね, んです

▼ 連れ~ (11, 0.1%)

32 んだ 1 せいか, のが, のである, のでじっと, のです, はつて

▼ 連れでも~ (10, 0.1%)

2 あれば 1 あったかね, あるの, あるん, いたらその, お探し, なければ, 待たせて, 待って

▼ 連れという~ (10, 0.1%)

9 のは 1 のが

▼ 連れながら~ (10, 0.1%)

1 そこへ, そのあと, ふたりを, 台町馬場へ, 右の, 大荒れ, 宿屋ずまいする, 河岸の, 船着場まで, 部屋部屋を

▼ 連れ~ (10, 0.1%)

2 ふ女房 1 ひたい気, ふの, ふ一生, ふ亭主, ふ女, ふ戀女房, ふ氣, ふ男

▼ 連れだち~ (9, 0.1%)

2 て羽風 1 て途, ながら平田家, ながら郷里, ながら里宮参詣, ゾロゾロ歩い, 三味線を, 長途の

▼ 連れである~ (9, 0.1%)

1 かどう, から何, から前日, ことは, ので薄々, 不思議な, 自然科学博物館の, 若い女, 近衛信尹という

▼ 連れても~ (8, 0.1%)

2 容易には 1 いられませんからね, どすの, 人眼に, 来ずバラバラ, 行くが, 行くし

▼ 連れ~ (8, 0.1%)

21 お吉, で市之助, で私, に對, のお, の何ん

▼ 連れてと~ (7, 0.1%)

1 いうのに, くいらしくぽかぽか, ほると, ほるの, 云ふ, 心添え, 思いましたが

▼ 連れ~ (7, 0.1%)

1 し日, て其後, り, りて, る, る負傷, れ

▼ 連れしよう~ (6, 0.1%)

2 と思っ 1 じゃありません, とこう, と思います, と思った

▼ 連れとは~ (6, 0.1%)

1 これを, その夜タガンローグ, チフリスから, 女子か, 左右に, 気がつかなかったん

▼ 連れ申しました~ (6, 0.1%)

1 がどうか, けれどどこ, ので, ばかりで留守, よ, 此方へ

▼ 連れ申しましょう~ (6, 0.1%)

31 とさ私, 其の代りお嬢様, 貴方何様

▼ 連れ~ (5, 0.0%)

1 でなくば, へらせたとか, へられた朝盛さま, へりそ, へり水

▼ 連れから~ (5, 0.0%)

1 僕の, 大きな声, 逃げだせるかと, 離れたやう, 離れて

▼ 連れその~ (5, 0.0%)

1 上に, 夜から, 次に長助, 遊女の, 雪中を

▼ 連れたり~ (5, 0.0%)

2 して 1 弟子たちを, 特別仕立の, 男と

▼ 連れにな~ (5, 0.0%)

1 つた独逸人が, つてお, つてこれは, つて三浦三崎の, つて御寝所へ

▼ 連れにも~ (5, 0.0%)

2 あらねば 1 そう言っ, 語れぬ想い, 馴れて

▼ 連れ~ (5, 0.0%)

1 アがって, 子供づれの, 汽車の, 白い巾, 職人めいた

▼ 連れ~ (5, 0.0%)

1 として認め, の爺神, ひさ, ひに, ひの

▼ 連れ添つて~ (5, 0.0%)

1 も子, ゐた女, ゐるより, ゐる女房, ゐる自分

▼ 連れ遊ばし~ (5, 0.0%)

1 ている, てくださいませ, て下さいまし, て嘸かし, て密か

▼ 連れそつ~ (4, 0.0%)

2 た女 1 た男, て近所

▼ 連れ~ (4, 0.0%)

31 る啼き連れ乱

▼ 連れ弾き~ (4, 0.0%)

1 と来た, にザザンザ, の恋慕流し, も気勢い

▼ 連れ~ (4, 0.0%)

1 を打ちすえた, 持たせりや, 眺めて, 釣るなよ

▼ 連れ込み~ (4, 0.0%)

1 で行った, とかいふ種類, のね, の感じ

▼ 連れします~ (3, 0.0%)

1 とも, と呼ぶ, と御殿

▼ 連れたる~ (3, 0.0%)

1 が今, 下男は, 母は

▼ 連れであった~ (3, 0.0%)

1 から別に, という証言, のに

▼ 連れです~ (3, 0.0%)

1 から間, っておやおや, 虎井夫人と

▼ 連れ~ (3, 0.0%)

1 ささやいて, まず言い, 苦笑を

▼ 連れもどし~ (3, 0.0%)

1 そのままもと, てくれつ, て来ましょう

▼ 連れ~ (3, 0.0%)

1 る, るるに, るるの

▼ 連れ~ (3, 0.0%)

1 さりますよう, さりませ, すったの

▼ 連れ~ (3, 0.0%)

21 たたいて

▼ 連れ~ (3, 0.0%)

1 りの, り跪いて, るだらう

▼ 連れ申したい~ (3, 0.0%)

1 といっ, と云う, と思う

▼ 連れ申します~ (3, 0.0%)

1 からどうか, しお, と叱られます

▼ 連れ申し上げ~ (3, 0.0%)

1 て下され, て海驢, て遊ぶ

▼ 連れ申そう~ (3, 0.0%)

1 と思いました, と思っ, と深く

▼ 連れ遊ばす~ (3, 0.0%)

2 のが 1 よう

▼ 連れあそばし~ (2, 0.0%)

1 てその, て出世

▼ 連れあれ~ (2, 0.0%)

1 はどうやら, は久しい

▼ 連れさま~ (2, 0.0%)

1 お見え, は中津川

▼ 連れさられた~ (2, 0.0%)

1 というの, のか

▼ 連れしたら~ (2, 0.0%)

1 きっと乗る, どう

▼ 連れそっ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て暮らし

▼ 連れだった~ (2, 0.0%)

1 もう一艘, 与吉と

▼ 連れだつ~ (2, 0.0%)

1 て来る, て私

▼ 連れつつ~ (2, 0.0%)

1 明る雨霧, 隣る夜

▼ 連れてかへ~ (2, 0.0%)

1 つた, つても

▼ 連れてから~ (2, 0.0%)

1 だ中, 松の

▼ 連れてぞ~ (2, 0.0%)

1 ろ, 常に来る

▼ 連れてって~ (2, 0.0%)

1 貰うたよってに, 貰うよ

▼ 連れであるらしい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 二人連れの

▼ 連れとか~ (2, 0.0%)

2 避暑とか

▼ 連れなす~ (2, 0.0%)

1 つての, ッて

▼ 連れなどで~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ 連れなどは~ (2, 0.0%)

1 なかった, 昼間に

▼ 連れなんか~ (2, 0.0%)

1 ないわ, ボク知る

▼ 連れについては~ (2, 0.0%)

1 ただ本堂誠, われわれは

▼ 連れにて~ (2, 0.0%)

1 歩くなり, 過ぎゆくは

▼ 連れには~ (2, 0.0%)

1 みち子と, 人に

▼ 連れはんだツ~ (2, 0.0%)

2

▼ 連れへの~ (2, 0.0%)

1 咎めだても, 返辞も

▼ 連れ上げ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て梨丸

▼ 連れ下りる~ (2, 0.0%)

2 騒ぞ

▼ 連れ二人~ (2, 0.0%)

1 が大きい, が泊っ

▼ 連れ~ (2, 0.0%)

1 に二三人, に犬

▼ 連れ先供~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 連れ冷たい~ (2, 0.0%)

2 反省が

▼ 連れ~ (2, 0.0%)

1 先の, 大変な

▼ 連れ啼く~ (2, 0.0%)

2 鳥の

▼ 連れ大阪~ (2, 0.0%)

1 の岡本, へ戻る

▼ 連れ帰り~ (2, 0.0%)

1 なすって, を願います

▼ 連れ~ (2, 0.0%)

1 は弟子, もまずい

▼ 連れ愈々~ (2, 0.0%)

1 其の身, 底の

▼ 連れ時々~ (2, 0.0%)

1 話し合って, 話し合つて

▼ 連れ~ (2, 0.0%)

1 の七月下旬, の戸

▼ 連れ添つた夫婦~ (2, 0.0%)

1 だあ, のやう

▼ 連れ~ (2, 0.0%)

1 せるもの, たけれど

▼ 連れ衆ほしさ~ (2, 0.0%)

2

▼ 連れ行く~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事と

▼ 連れ連れ乱~ (2, 0.0%)

1 る, る啼き連れ乱

▼ 連れ遊ばさず~ (2, 0.0%)

1 に, にお

▼ 連れ鉄砲~ (2, 0.0%)

1 をしょっ, をしよつ

▼ 連れ騎馬~ (2, 0.0%)

1 ぐらいな儀容, で吟味所

▼1* [302件]

連れあわただしく隊の, 連れいずれも平服, 連れいと仰せられたが, 連れうごき來る, 連れ縫様屋敷へ, 連れおそるおそる尊氏の, 連れかえられようものなら, 連れかと思ったが, 連れかへした, 連れくださいましもうもうこんな, 連れくだされてご, 連れくだされたが連日, 連れこれ権太どの何うろてえる, 連れさしずめ清元か, 連れさながら華麗な, 連れさることが, 連れしたいのであろう, 連れしまして本年, 連れしやすからどう, 連れじゃありませんか, 連れすぐ東京の, 連れひし若き, 連れそうて来た, 連れそう義務を感ずる, 連れそれから用達, 連れそれ以下の望遠鏡, 連れそんなとき朝子の, 連れただ今久作岐阜表より, 連れたりなんかして, 連れだけしか入れない重量検査所, 連れだけで入って, 連れだしにかかる, 連れだっての縫助の, 連れだってはいって, 連れだってもと来た道, 連れだってるのを, 連れだんだんと明白, 連れだ待ってくれ, 連れちゃ行かれませんよ, 連れちや來ねえ, 連れっていう事に, 連れつつぞ鳴く, 連れてかあかあと夕焼けの, 連れてさえ夜道を, 連れてでも旅する, 連れてという意味なる, 連れてなどの意で, 連れてへさきの, 連れてまで来られるの, 連れてをられる支那人, 連れでがないが, 連れでございましょうかそれとも, 連れでございますか, 連れでござるが一人, 連れでしたのでどう, 連れでなく必ず二, 連れでもがあるらしくやにわに, 連れとして彼の, 連れとてもなくこの, 連れとであつた, 連れとのみ伺いましたが, 連れとも見えて, 連れとるさかいに大丈夫, 連れと共に晩餐の, 連れなさいましてご, 連れなさいますのは, 連れなさりませんね, 連れなされた立派な, 連れなしに独り, 連れならたのしめるが欝, 連れなら会ってやる, 連れにおいでなさる, 連れにでもはぐれたんぢ, 連れねがいたいのでございます, 連れはと見ると, 連れ公卿華胄の, 連れひとまずそこの, 連れひとりは胴巻姿, 連れふたりを案内, 連れふと武者窓の, 連れぶらぶら歩き出した, 連れほとんど乞食の, 連れゐるは, 連れまるで平地でも, 連れもどされてはまた, 連れもどしたい衝動に, 連れやがて数日の, 連れその時われ, 連れよとある, 連れをと云うので, 連れサラサラと音, 連れダ夫婦だネ, 連れニューヨークで受け取れる, 連れバラバラと現われた, 連れベルリンまで逃げ, 連れホロホロホロホロと散っ, 連れムッシュ・ヂラフがそ, 連れロシアを去っ, 連れ一同立掛る, 連れ一山を巡っ, 連れ一度だけホテル, 連れ一昨日以来原の町, 連れ三吉慎蔵と咄, 連れ下さいましたとえ私, 連れ下さいましたものでございます, 連れ下さいますように, 連れ下されたそれには, 連れ下さんして, 連れ下し奧座敷の, 連れ丸山勇仙と仏頂寺弥助, 連れ乗り換え馬の一頭, 連れ二人三人潜かに山, 連れ二組みでした, 連れを引取り, 連れ仲見世の方, 連れ位山をもあと, 連れ何でかよう, 連れ何万円かという現金, 連れ何処からともなく, 連れ何十騎という馬の背, 連れの疑い, 連れ余丁町のお家, 連れ倉皇として出, 連れ僧服を着け, 連れ公会堂の, 連れ其の声は, 連れ写山楼差して, 連れってオシャベリ姫, 連れ勝手に兵船, 連れ十一屋の隠居, 連れ千代千兵衛のからだ, 連れ厳しい弓具や, 連れ参ったのでご, 連れ参るよう申されました, 連れれ, 連れっ切りましょうぞ, 連れ召されたか, 連れ各々銃を, 連れ合ひも死んで, 連れ県下を, 連れ同士で話し, 連れ名古屋より伊勢, 連れ唐草銀五郎という者, 連れ唸りをなし, 連れ国司の庁, 連れ夢中で家出, 連れ原野を, 連れ大使を簡派, 連れ大坂上陸の目的, 連れ大阪湾のプチャーチン乗艦, 連れ女郎とか謂う, 連れ娘歳はお, 連れ婚賀の歌, 連れ婦人の若い, 連れ子供がいちばん, 連れ安土から湖北, 連れの大晦日, 連れ家来に拳, 連れ家財道具を持っ, 連れ寄せべと思っ, 連れ寛永寺の正門, 連れ小便をし, 連れ小倉表まで立たれる, 連れ小舟に棹, 連れ小袖幕をヒラリ, 連れ川村は女中三人, 連れ帰れば一晩, 連れ廻されたとそんな, 連れ弓師左衛門の家, 連れ強談に来た, 連れ彼女来る, 連れ往き婚礼を調う, 連れをも見, 連れ得意の方面, 連れ陣屋向きに, 連れ急ぎに急ぐ, 連れ悠然として立っ, 連れ戻りたいがええ, 連れ戻りなされたんや, 連れ戻りましてからこの, 連れ戻る途中において, 連れ手々に手廻り, 連れ折り入って御意, 連れ抜き連れ競ひか, 連れ抜連れ一同立掛る, 連れ拍子に五, 連れ握飯を持つ, 連れ教会堂から出る, 連れ散り来る花の, 連れには愛, 連れ既にひと通りの, 連れ日本橋の三越, 連れ春風と言, 連れ月島の魚河岸, 連れまだ月, 連れ木曽路を洗馬, 連れて見れ, 連れ来り申候, 連れ来りしが去月, 連れ東京に住居, 連れ東国御下向, 連れ案内人にソッ, 連れ樺色桃色草色と色, 連れ行きぬ, 連れ歩いている, 連れ歩いてるとのこと, 連れ歩かれたとこう, 連れ歸つてみつちり修業さして, 連れ殊に昨夜は, 連れ江戸見物ながら余儀ない, 連れながら火宅, 連れ深編笠の目堰, 連れ添つたつれあひ, 連れ添つた妻の瑚, 連れ添つた者と推察, 連れ添つて三年目の夏, 連れ添ふうちの婆さんぢやが, 連れ湯本から登山電車, 連れはいつも, 連れ玄徳は雪ふみ, 連れ用意の遅れ, 連れ申さにゃならん, 連れ申さうと思うた, 連れ申さないツて, 連れ申さねばならぬ, 連れ申したいかしてくれ, 連れ申したいですけれどこの, 連れ申したでござります, 連れ申しましてございます, 連れ申し上げたくれえも, 連れ申し上げなければならない, 連れ申し上げますか, 連れの洋傘, 連れ異人墓の丘, 連れ白髯橋の上, 連れ百両の金, 連れ益々気遣わしい若し, 連れ矢声あげに, 連れを踏ん, 連れ祖母が私, 連れ神妙にその, 連れ祭場へ出掛け, 連れ秀子の犯した, 連れ私たちの留守, 連れに輝く, 連れ立出しあとを追, 連れひか, 連れの鼾, 連れ結婚一二年今に今, 連れひそ, 連れ給はず御羽織袴, 連れ総勢十一人で大阪駅, 連れ繚乱の秋, 連れうては, 連れ羈旅華やかな一行, 連れもみな北国, 連れを截, 連れ自分の賭場, 連れ船中ひたすら御, 連れの松本町, 連れ若しかしたらば, 連れ草箒と雑巾, 連れ荷物をつけた, 連れ衆たづねて, 連れ行かせるからそうしたら, 連れ行かれしあとの, 連れ行かれつとよ, 連れ行んとす, 連れへ下りる, 連れ下候はば, 連れ高く取つ, 連れ西の丸から広い, 連れ親子連れ握飯を持つ, 連れ訴えをしよう, 連れ諸国を武者修行, 連れ買物に出る, 連れ赤城の裏手, 連れ走りよき霞, 連れの動く, 連れ身分からすれ, 連れ近くに住む, 連れ退院して, 連れ遊ばしますか, 連れ遊ばしませんのです, 連れ遊ばせよ, 連れ道中は乗り更, 連れ遥々帝の, 連れ部下の一青年, 連れ銀座のバア二三軒, 連れ長柄の大, 連れ附添の婆, 連れ陸路琴平高松を経, 連れに大きな, 連れ雲哲と願哲, 連れ預り子の小さな, 連れのごとく急い, 連れに乗っ, 連れ馬上袖をからん, 連れの口輪, 連れ駿州江尻在大平村, 連れ高坂も葎, 連れ