青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「逢っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

通過~ 速~ 速度~ 造~ 造り~ ~逢 逢~ ~逢う 逢う~ ~逢っ
逢っ~
~逢った 逢った~ 連~ ~連れ 連れ~ ~連中 連中~ ~連絡 連絡~ 連続~

「逢っ~」 1439, 16ppm, 7251位

▼ 逢っ~ (1187, 82.5%)

23 話を 18 いる, みると 16 やって, 見ると 15 いた 13 いるの 9 いると, みたいと 7 私は 6 いて, それを, みれば, 自分の 5 いるうち, いるという, いるよう, みて, みました, 来たの, 見ました, 話して 4 いたの, いる時, くれた, みよう, みようと, 見たいと, 見て, 訊いて

3 [23件] いないの, います, いること, いるところ, いるので, お話を, くれるか, くれれば, その話, どうしよう, みた, みたい, みる気, やる, やろう, 一緒に, 昔の, 知って, 能く, 見ても, 見る, 見れば, 話した

2 [63件] あげなければ, いたが, いたこと, いたん, いない, いなかった, いながら, いなさるん, いるから, いるが, いるに, いるん, いる間, いろいろの, おります, くれ, くれたまえ, くれて, くれという, しまったの, しまって, その事情, その人, どうする, みたいが, みたいよう, みたが, みる, みること, やっては, やれ, ゆっくり話, よく相談, 下さる, 何か, 何を, 呉れと, 始めて, 彼女に, 挨拶し, 挨拶を, 文句を, 斯う, 来た, 来たらしいのに, 来て, 来ましたよ, 来よう, 様子を, 此の世を, 母の, 聞いて, 聞きますと, 見せる, 見たいもの, 見るも, 見る気, 覚えて, 訊くと, 詫言を, 詳しい事情, 起請を, 雛形を

1 [752件 抜粋] ああいう, あのとき, あの美しい, いい鴨, いくたび, いたからって, いただく必要, いたに, いたよう, いたらしかった, いた下谷, いた時, いた期間, いないという, いない而, いなけりゃならないて, いなければ, いますから, いますが, いますもう, いません, いらっしゃい許して, いるあいだ, いるかの, いるかも, いるだろう, いるとは, いるよりも, いるらしい, いる口実, いる場所, いる娘, いる彼, いる訳, いる証拠, いれば, いろいろと, いろいろ訊ねました, いろいろ訊ね出そう, いろいろ話を, いろいろ越し方, おかぬと, おきたい, おきたいん, おくが, おけば, おこう, おやり, おやりなさい, おられるから, おりましたね, おり文壇人, お上げ, お前の, お困り, お父さんの, お祝いを, お話しする, お話したい, お遣りなせ, お金を, からくりを, ききたいこと, きたかい, きたが, きのうの, きやして, くださらないこと, くだされた, くりゃ好かっ, くれそう, くれたそう, くれない, くれないかと, くれないでしょうと, くれない弓之助, くれなかった, くれなくても, くれなければ, くれますか, くれるお前, くれるだろうと, くれるだろうね, くれるに, くれるねえ, くれ給え, くわしいこと, こうして凄惨, こう小さく, こちらに, こちらの, この屋敷, この暮, この頃中, この館, これこれだ, これこれと, これまで, これまでの, こんなになっちまった, ごらん, ごらんなさいませ, さぞやがっかりなさった, さて翌朝, さよならって, しきりに過去, しまいました, しまう, しまうと, しまおうと, しまった, しみじみ昔話, すぐ, すっかり話しこんじゃった, そいで, そうして上原さん, そうして先輩, そして彼女, その人々, その後逢わない, その揺れ加減, その日, その時, その望み, その本心, その点, その細君, その説明, その賞讃, その赤児, それから, それから幾ら, それから闇太郎, それっきり別れる, たちまちそこ, たちまち動かされ, だんだん訊い, ちょっと吹き出し, ちょっと驚ろ, つかわす, とっくり訳を, とろけずだろう, どうしても長谷部, どうなさる, どこかへ, どんなに一人, どんな態度, どんな挨拶, なさるが, なぜ探偵, なにか訊きたい, なんと話し, はおられまい, はじめて肉親, ひと思い, ひどくびっくり, ふもとの, ほら尾上山, まいりましたが, まいること, まず私, また京都, みたいから, みたいこと, みたいという, みたいな, みたいぱっと, みたいもの, みたくなった, みたくなったかも, みたらイソダン, みたら消え失せて, みなかった, みなければ, みましょう, みますと, みようとも, みるから, みるつもり, みるまでは, もう一度彼女, もう一度怨, もう少し立ち入った, もしお仕置, もらいたい, もらいたいと, もらえなかった秋, もらった, やさしい言葉, やしませんわ, やっても, やむなく船, やりませんか, やるとも, やれよ, やれ嬉し, ゆうべは, ゆうべ確かに, ゆきたくて, よかった, よく理由, よく訊い, ハッと, マニラ兵が, 一ぺんに, 一人ッきり人跡の, 一刻も, 一回だけ, 一時仏教の, 一生忘れられん, 丁度よかっ, 丁度親父, 三千代の, 三月の, 下さいね, 下さいまし, 下さらない, 下さらないでしょうと, 下さらなかったの, 下さらなかろうと, 下さるが, 下さるだけの, 下すった, 下すって, 両人の, 主殺し, 九死一生の, 了った, 二三世間話を, 二度とは, 云うべき事, 互いに喫驚, 五千両の, 五年の, 人間の, 今さら相談, 今度こそ, 今日まで, 今朝この, 仔細を, 仕舞った, 仕舞ったん, 他人を, 仙女の, 以来あなたの, 伯爵邸と, 何に, 何もかもうれしい, 何んとか, 余り其の, 例の, 元の, 元気で, 先方の, 先日の, 光明弁天堂の, 入蔵の, 全焼した, 八橋が, 其の手, 其の美しい, 分別を, 刎ねられた, 別れて, 勘当の, 厨川と, 参ったが, 口も, 口を, 合力を, 呉は, 呉れないもの, 呉れるでしょう, 善い顧客, 善を, 困ったゆえ横町, 困った事, 坂本の, 境内の, 変わって, 夕方帰っ, 多分まだその, 夢の, 太刀打ち致したなら, 夫婦と, 如何したろう, 姉の, 姐さん一杯, 嬉しかったでしょう, 学務課で, 孫六を, 安心させ, 実はこれこれ, 家も, 家を, 密, 将来大いに, 尋ねると, 少しく首, 少しまごつく, 尼に, 居まい, 居ます, 居りますので, 居るという, 居るもの, 居るよりも, 届けるよう, 差支えは, 布団の, 帰ったろうと, 帰る, 帰れ, 幹の, 幾度と, 当人に, 彼の, 彼女の, 彼女を, 得て, 御覧なさい, 御覧画の, 心は, 心変わりが, 心持を, 思う所, 悦しく思った, 悪かった, 悲しむ虫, 慰めたいという, 懇意に, 懲, 或る, 手厚い御馳走, 手懸りを, 挨拶の, 挨拶も, 教えて, 敵い討っ, 新聞か, 旅行を, 昔話も, 昨日逢わなかった, 是非話したい, 昼暗く, 時間を, 暇乞いなどを, 朝九時頃に, 本人から, 来たいと, 来たか, 来たぜ, 来たと, 来たので, 来たばかりの, 来た惟光, 来た杉浦, 来ねば, 来ました, 来ましょうか, 来ますから, 来るが, 来るよ, 林の, 染奴と, 横浜まで, 機嫌の, 欲しいと, 歓ばせて, 正月以来かの, 此の, 殺された分, 殺された目蓮尊者, 母を, 気の毒であった, 江戸へ, 決したい, 河野の, 浜名で, 浮世を, 渡したいもの, 潰えて, 無事に, 無理に, 物を, 物思いの, 珍らしい, 用事だけを, 田七郎という, 町の, 百両でも, 皆忘れたい, 盗んで, 直接また, 真相を, 着のみ着のままに, 知られたくないこと, 確めようと, 私たちは, 私に, 積る, 窓際の, 竜に, 笑ひたいやうな, 篤と了簡, 簀巻きに, 終った, 結婚の, 置かうと, 置きたい, 置き度, 置くが, 置く気, 義理を, 聞くと, 股野の, 自分たちの, 色々話し, 行きたいから, 行きたいよう, 行くから, 行くこと, 行くわけ, 行けと, 行って, 衣服を, 見たい, 見たいなんぞとは, 見たいもん, 見たい時, 見たが, 見たくて, 見たらば, 見た大塚さん, 見た牧野, 見ぬと, 見ねば, 見よう, 見ようとの, 見よう住所, 見るの, 見るまでは, 見る積り, 見度, 見給え, 見舞の, 解決を, 言いたいこと, 訊いた, 訊きたいこと, 訊ねたならば, 訊問し, 話さなければ, 話さにゃ, 話したいと, 話したり, 話した時, 話しても, 話し合うほか, 話し度, 話せば, 話そうかと, 話などを, 該記事を, 詳しく事情, 詳しく私, 語り合ったり, 説法を, 談話を, 諸事の, 路を, 身の上話を, 辰子は, 返詞, 途中から, 這, 進退谷まっ, 遁げも, 遊びたい衝動, 過去と, 達って, 遠慮の, 遣るから, 酸化する, 金の, 金森家の, 難破せん, 雨の, 青天白日の, 非常に, 面白くも, 面罵し, 頭の, 頭を, 頼みましょう其の, 頼もしげ, 顔見ね, 飛んだ事, 馬糞売っ, 驚いて

▼ 逢っても~ (102, 7.1%)

2 口も, 少しも, 廊下で, 情なく顔, 挨拶も, 挨拶を, 顔を, 風呂場で

1 [86件] あっけない遭遇, あまり敬礼, い, いい, いいこと, いいと, いられないだろうし, おくれは, おどおどする, おれの, お早, お早うございます, きッ, こちらから, これを, すぐ困る, そう思った, その事, その人達, そんな気, ただにやりと, だ或, ちっとも面白く, ついに笑わなかった, どんなに悲歎, まず大丈夫, みたし逢いたくなし, もう探偵小説, もう言葉, よいであろう, ようからだは, ろくに口, ベン, 云訳が, 人の, 今日はと, 仕方が, 元気です, 先輩も, 初対面の, 危険の, 厭に, 取替えよう, 口を, 可いっ, 可いんでしょう, 大丈夫です, 好い顔, 始終来る, 姿こそ, 安心でしょう, 宜いよう, 小生が, 彼は, 怖いこと, 恨めしく思った, 悪くは, 愛情の, 挨拶ばかり, 挫折しない, 新吉さんお, 旧知の, 昔の, 死にたいなどとは, 決して声, 決して潤ら, 浮名の, 甚だ無口, 畢竟斯, 知らぬ振り, 知れない位, 私が, 繊細で, 置きたかった, 自ら防ぐ, 自分みたいな, 見覚えの, 誰と, 貧乏な, 貴方が, 逃げなかった, 逃げ出しました, 面会は, 頼もしいし, 顔も, 風の

▼ 逢っては~ (50, 3.5%)

2 叶わない

1 [48件] いけない, いけないって, いけないと, いけないもの, いけぬと, いない, いられない, お此, かないませんでした, かなわぬに, くれなかったの, くれまいと, こっちから, これも, ずいぶん臆病, とても長く, どうする, ならない, ならないと, ならないの, ならねえこと, わたしは, ケーポンも, 一たまり, 一文の, 一言も, 下さるまい何, 不運と, 仕方が, 何んな, 全然得態, 叱ったり, 堪ま, 堪らぬ市郎, 実に合す, 御両親一同, 河原を, 油を, 為めに, 知れませんよ, 石を, 立話を, 置く可, 良け, 良人の, 迚も, 離れる, 面倒と

▼ 逢ってから~ (26, 1.8%)

1 [26件] いきたいと, お前の, そうした人, だと, ひどく好き, まだ四月, もう今日, 一度は, 二十日位で, 二年後に, 五六日の, 五十一年の, 今まで, 初めて厚, 十年近くも, 変に, 始めて, 尺八を, 思いこんで, 是れ, 死にたい, 神戸病院須磨保養院道灌山に, 私ゃ死にたくなくなった, 話す, 貴郎, 随分大事

▼ 逢ったり~ (15, 1.0%)

3 して

1 [12件] あるいは魘され, した, しました, すること, するの, キリストを, 多数の, 慰問品を, 或いは屋敷, 文を, 旅で, 見たり

▼ 逢っちゃ~ (15, 1.0%)

2 叶わない, 敵いません

1 [11件] いけないという, かないません, たまらないと, たまりませんや, アいけ, 叶いません, 堪りません, 敵わ, 根気負けを, 誰だって, 適わない

▼ 逢ったって~ (13, 0.9%)

1 [13件] いいじゃ, お酒, そりゃあ構いません, 仕方が, 六年ぶりで, 困りゃしないわ, 役に立たぬ, 知れる事, 知れる気遣い, 言って, 話なら, 顔を, 食い殺さるる気遣い

▼ 逢っちゃあ~ (7, 0.5%)

1 かなわねえ, かなわねえよ, たあいが, 堪まり, 敵いません, 敵わね, 敵わねえ

▼ 逢ってからの~ (5, 0.3%)

1 ことに, ことを, 事だ, 事に, 私は

▼ 逢ってからは~ (5, 0.3%)

1 かなりに, この私, 大の, 身も, 隠し切れぬ暗い

▼ 逢ってさえ~ (5, 0.3%)

1 いたら伊豆, いれば, 下されば, 少しも, 礼を

▼ 逢っての~ (3, 0.2%)

1 上に, 帰りであろう, 帰り途に

▼1*

逢ったってまでは判ったが, 逢ってからでもいいと, 逢ってとこう存じました, 逢ってなよく利害, 逢ってねえ一言此の, 逢ってばかりいたの