青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「警部~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~講義 講義~ 識~ ~警官 警官~ ~警察 警察~ ~警戒 警戒~ 警視庁~
警部~
~譯 譯~ 議会~ 議員~ ~議論 議論~ 讃~ ~變 變~ ~谷

「警部~」 2710, 28ppm, 4163位

▼ 警部~ (1084, 40.0%)

19 それを 16 いった 10 うなずいて 9 そういっ 6 ポケットから, 首を 5 うなずいた, 明智の 4 こたえた, たずねた

3 [17件] いぶかしげ, きいた, ここで, そばに, それに, ちょッと, ひとりの, 刑事の, 彼の, 意外な, 数名の, 最後に, 朝井刑事に, 死体の, 煙草を, 笑って, 顔を

2 [63件] いそいで, いらいらし, うれしそう, おかしそう, お波, これを, そこから, そこに, そこへ, その鳥籠, それが, ため息を, ちょっと言葉, どうした, なにが, にやにや笑っ, びっくりし, びっくりした, ギロリと, ピストルを, 一人で, 事の, 二人を, 云いました, 云った, 五人の, 何か, 例の, 先に, 博士に, 即座に, 双眼鏡を, 反対した, 叫んだ, 大きな声, 川手氏の, 帆村の, 彼に, 彼を, 息を, 感嘆した, 手を, 手帳を, 投げ出すよう, 早くも, 明智探偵の, 気の, 水野刑事に, 男の, 相手が, 眼を, 私の, 紐を, 自分の, 言った, 言葉を, 軽く笑っ, 軽く頭, 部下の, 部下を, 部屋の, 金庫を, 頭を

1 [823件 抜粋] ああ云, あからさまに, あきれはてて, あたりを, あとを, あの夜現場, あぶら汗, いう, いきなりたずねた, いくぶん得意, いささか得意, いたく注意, いっそうカンテラ, いったが, いつも心, いつやってくる, いまいましそう, いまはじめて, いよいよおどろいた, いよいよがまん, うしろを, うつむいて, うつむき勝, うなった, うーむとう, おこったよう, おっ取り, おどりあがるよう, おもて, かけよって, かなり出血, がくやの, きっぱり言い切った, きまりわるげに, けげんらしく, けっきょくそ, こういっ, こう叫び, こう常にいった, こう私達, こう軽く, ここいらの, ことごとに, この三人, この二人, この人体花氷, この問, この執念, この意外, この時, この時署長, この真冬, こぶしを, これに, こんどは, さすがに, さっきいった, さっき実演された, さっぱり当り, さも我が, しかし相手, しかたなく, しばらく考え, しびれを, しぶしぶ承知, じっと幕, じっと考え, じっと見つめ, すかさずそれ, すぐさま水野刑事, すぐさま裏手, すぐにしょうちして, すこしてれ, すこしめんぼく, すこし胸, すすめられた椅子, すでに前, すばやく気がつい, ずばりと, そうつぶやい, そう云っ, そう叫ん, そう答えた, そこで, そこで刑事たち, そっけなく言った, そのこと, そのとき, その上, その二隊, その大きな手でぶ, その容易, その小道, その拳銃, その時, その死骸, その表, それから又いろんな, それから駿三, そんなこと, そんな事, たいへんな, たえずその, ただ笑っ, たちどまって, たまりかねて, ためらったが, だんだんやつれ, ちょっとなか, ちょっと不満, ちょっと考え, つい今しがた, つかつかと, つやつやした, てれくさそう, てれ隠しの, とうとう怺, とうとう決心, とっさの, どうしても変質小説家, どぎまぎしない, なおもことば, なおも続け, なかなか凄腕, なじるよう, なにくわぬ, にがり切っ, にこり笑っ, にわかに緊張, のんきな, はじめの, はっと愕, はやもと, ひとまず捜索, ひどく機嫌, ひょッ, ひろ子を, ふかくその, ふくみ笑いしながら, ふたりの, ふとそれ, ふと異様, ふりおとされないよう, ほんとうに, ますます冷然, またし, また廊下, また窓, まだそれ, まだはしご, まっさおに, まつ赤, みずからの, みるみる緊張, むこうずねを, むっつり顔, もぎとるよう, もどかしげ, やがてフランス汽船ルゾン号上, やさしく訊ねた, やっとそこ, やっと腰, やっぱり怪人, やや疑わし, ゆかしく笑い, ゆっくり帽子, よろこんだ, わざとらしく愕, わめきながら, わるびれず奥, ウッカリ返事を, キゲンよく, キョロキョロあたりを, ギョッと, クルリと, サントリーウイスキーを, スミ子を, チエッと, チョット四囲, ドキン, ニガリ切っ, ハッと, バスの, ビクとも, ピストルの, ブダペストへ, ポケットに, ムッと, モンパリに, ワラ人形の, 一つの, 一と, 一わたり部屋の, 一人の, 一寸眉, 一層厳重, 一瞥し, 一礼した, 一階の, 三千夫の, 三千夫を, 三津子を, 三津子訊問の, 三谷を, 不安に, 不審げな, 不思議そうな, 両名, 両手を, 二人だけを, 二十面相の, 二階の, 云って, 井戸一杯に, 人々の, 人柄にも, 今しがたここに, 今しがた第, 今にも飛びかかり, 今まで, 今度の, 仕方なく, 伊達正男に, 佐瀬の, 何を, 依然として伊達, 侵入した, 信造と, 信造に, 停った自動車, 先ずこう挨拶, 先ず中島せい子, 入口に, 八時ごろに, 其の後圃, 再び平岡, 冗談か, 冷やかに, 出発に, 刑事巡査拝命以来この, 別荘に, 力まかせに, 力も, 勇士の, 勝見の, 勝見を, 十一時半までに, 半ばうつろな, 半分独り言の, 去って, 又ボーイ, 双眼鏡で, 口の, 口を, 各人の, 同じ屋根, 同情の, 名刺を, 呆気に, 呟きながら, 呶鳴り散らした, 呼びとめて, 呼吸を, 命令を, 品川湾で, 嘲けるよう, 四十面相の, 四角い小さな, 困つて, 土地の, 執事と, 壁の, 外山に, 夜に, 大きく肯きました, 大きなロイドメガネ, 大広間に, 大憤慨, 失せ物を, 失心状態に, 如才なく, 娘の, 婦人を, 宝冠が, 実は昨日, 尋ねました, 小卓子, 小声に, 少々かん癪, 少し考え, 少し苦い, 巡査を, 左手を, 左足の, 帰って, 常を, 平岡と, 平然と答えた, 平素沈着を以て, 広瀬医師を, 弁明に, 弁解する, 引きずられて, 張りきつ, 当て外れが, 後日その, 微笑し, 心からうらやまし, 心得たもの, 心眼の, 心配そうに, 必死に, 忙しくそう, 快闊な, 念を, 忽ち赤く, 怒るかと, 思わずせき込んだ, 思わず口, 思わず早口, 思わず烈しい, 思わず独言, 思わず顔, 悄気きっ, 悟った, 意気込んで, 感歎する, 慇懃に, 懐中電灯の, 我々それに, 我が身を, 戸山少年たち五名と, 戸浪三四郎が, 扉の, 手に, 手塚さんを, 手帳に, 手紙を, 承知しない, 抽斗から, 探偵小説の, 探偵小説家の, 改まって, 新聞社の, 早川の, 早速この, 早速懐中電燈, 早速本署, 明智から, 昨夜小石川で, 時計を, 暗い心, 暫くじっと考え, 暫し呆れ, 更に考え, 最初から, 有力な, 望月を, 朝井刑事と, 朝井刑事の, 未だ信じ切れぬ, 本庄と, 柄に, 柄にも, 椅子から, 検事の, 検事や, 極めて敏腕, 機械室の, 次にもう一人, 歌寿を, 死にものぐるいの, 死体を, 母屋の, 気を, 気味わる, 汗びっしょり, 沈痛な, 泣いて, 注意ぶ, 注意深く床, 渋面を, 満足し, 満足そうに, 無遠慮に, 物う, 物音を, 犯罪捜査に, 狙いの, 狹い, 獣の, 珍らし, 現場である, 甘党だった, 疑問が, 病気と, 皮肉な, 益々分らなくなった, 直ぐその, 相変らず, 相手の, 眼鏡の, 知らぬ人, 短かく, 礼を, 祖国の, 禁門に, 私たちを, 私に, 私よりも, 穏かに, 空缶を, 突然つかつかと, 窓の, 窓を, 立ち上ったが, 立って, 立上る, 笑いながら, 第三, 紙の, 経験によって, 署に, 老人に, 考えこんだ, 考えながら, 考え込んで, 耳を, 聞いて, 職掌柄はしたなく, 背のびを, 背広を, 脹れ面, 腹が, 腹の中で, 臨機の, 自暴自棄で, 自殺者が, 興に, 興奮を, 船内の, 苛, 若者の, 苦々しげ, 苦労が, 苦笑し, 茲に, 葉子を, 蒼白く沈黙, 藤枝とも, 血に, 行きあたった, 要領よく, 見遣りて, 言って, 訊問した, 話しはじめた, 話題を, 誰かを, 誰よりも, 警察が, 警視庁に, 谷山の, 足を, 身体を, 車中へ, 車外に, 軽く噴き出した, 近くの, 運転手に, 遺言の, 部屋と, 重大そうな, 針目博士を, 鈍間な, 鋭い眼付き, 鋭く夫人, 鍵を, 長い瞑想, 防空壕の, 電話を, 電話機に, 露骨に, 静かに, 非常集合の, 面を, 音絵の, 頭に, 頷いて, 顎を, 風呂場を, 食事を, 養策に, 首だけ, 首肯きて, 駅長や, 駆逐艦の, 高橋さんの, 鬼頭を, 鬼頭即ち

▼ 警部~ (411, 15.2%)

7 どなりました, びっくりし, 口を 3 いった, たずねた, たずねますと, ひろ子を, 云いました, 云う, 云った, 入って, 出て, 頓狂な

2 [20件] いいますと, いた, おおぜ, きいた, そういっ, はじめて口, 不意に, 五人の, 叫んだ, 声を, 大きな声, 急に, 数名の, 明智の, 明智を, 横合から, 私に, 立腹し, 警察医と, 驚いて

1 [320件] ああ云つて, あいさつします, あきらめた様, あきれたよう, あちらで, あっけに, あの地下室, あの自動車, あわてるの, いいました, いうと, いきなり私, いきを, いくら呼ん, いずれも, いそいで, いたの, いちいち証言, いぶかしげ, いぶかしそう, いまにも仆, いよいよどんづまりの場所, いらだたしく運転手, いること, いろいろと, おくれじと, おとずれると, おどろいて, お寺の, かけつけて, かなりが, からだを, からっぽの, がくや, がっかりした, ききますと, きき出した, きみよ, くやしそう, けげん顔で, げんぜんと, こう云つて木戸, これは, これも, さきに, さけびました, さけんでも, ささやき声で, さつきとは, しゃがんで, じつはにせもの, すきま, すぐ様それ, すこし嚇, すすみでて, そういう, そういった, そう言っ, そこに, そのベル, その引出, その蓋, その頚部, それと, そんなこと, たずねて, たずねました, たまり兼ねて, ためらいがち, ちよいといやみらしく, ちよつと, ついに解散, つかつかやつ, つめよる, つれて, てんじょうの, とうとう吹き出し, とびこんで, とりあえず尋ね, どなりかえす, どなりつけました, どなりつけるよう, どなるたび, どんなこと, なじる様, のぞきこんで, のりこみました, はいって, はられたもの, ひきつれて, ひとつひとつさわっ, ひどく亢奮, ひろ子の, びっくりした, ふしぎそうに, ふしん, ふしんらしくたずねました, ふしんらしくつぶやきますと, ふしんを, ふらりと, ふりむいて, ぶらりとやってきた, へんな, まずひろ子, またどこ, またやつ, まだ空, やっきと, やってきて, やって来た時, やはり燃え尽きた, よんで, サッとピストル, タジタジの, テッキリ無頼漢か, テツキリ無頼漢か, デスクの, ニコニコし, ハンドルを, パッと, ピストルを, ホーンビームの, ボロボロの, ポケットから, 一人に, 一心不乱に, 一気にこうし, 一笛吹き, 一言云つた, 三人の, 三人次に, 三円時代, 三年後の, 下から, 不図傍ら, 不在なら, 不安らしく, 並み並みの, 予期しない, 二回も, 会話を, 低いが, 何か, 促すと, 傍らの, 僕に, 先ずはいり, 先廻り, 出張し, 出来ちゃって, 刑事及び, 剣を, 十人ほどの, 十数人の, 午後大学から, 半ば独言の, 博識を, 即答した, 去ると, 去るなり, 反問した, 取出した問題, 叫びました, 同じ服装, 同時にうなずいた, 吐き出すよう, 呟いた, 呼んだ, 問うた, 大きなカンテラ, 大きな懐中電灯, 大ぜ, 大方は, 妙な, 威丈高に, 客間の, 審判し, 尋ずねた, 尋ねた, 少々機嫌, 少女の, 少女姿に, 島田家を, 崖の, 帆村たちに, 席に, 帰って, 帰ると, 帳面を, 引取って, 当時まだ, 彼女を, 待って, 後を, 心持ち顔を, 心配そうな, 心配そうに, 念を, 性急に, 怪人を, 怪訝らしい, 感じいった, 感慨を, 慌しく訊ねた, 我にも, 戸塚の, 戻って, 手を, 持参した, 指揮官として, 挙手の, 挨拶する, 捕縛し, 搜査會議を, 早くも, 早川に, 明智小五郎の, 明智小五郎を, 最初に, 最後に, 本堂の, 本郷の, 机の, 来て, 来ると, 来るはず, 桜井さんの, 検事の, 横から, 歯ぎしりし, 残念そうに, 沈痛な, 注意し, 注意する, 混って, 演壇に, 激励した, 火の, 火を, 無言で, 煙草入れを, 熱心に, 物馴れた, 特に注意, 犬に, 珍らし, 現われて, 疑い深げ, 疑い深そう, 皮肉の, 直ちに部下, 直接に, 相談する, 硝子函から, 立ち止つて, 立って, 立去ろうと, 笑いながら, 第二問, 紹介しました, 紹介する, 絨氈を, 考えたから, 聞いた, 聞きますと, 自分の, 自動車の, 興奮した, 船長室で, 茶筒を, 血相かえ, 要領よく, 言いますと, 言った, 言って, 訊いた, 訊ねた, 訊ねると, 訊問に, 話したの, 調べたん, 警視庁を, 負傷者は, 足首の, 躊躇し, 退くと, 這入って, 遂に口, 遠慮がちに, 部下に, 部下を, 鋭くきいた, 鎌倉署長の, 長良川博士を, 長谷戸検事に, 開いた窓, 開口一番いきなり, 防水布を, 院長の, 雷の, 電話を, 電話口に, 静に, 面食う, 頑迷な, 頓狂に, 頭を, 顔を, 飛び乗って, 飛び降りて, 飛込んで, 首を, 駅員を, 駅長と, 駆けつけて, 駈けつけて, 駈け付けたの, 驚いたの, 驚きの, 黙々として

▼ 警部~ (394, 14.5%)

11 方へ 10 前に 9 一行が 8 部下の, 顔を 7 声に 5 方を, 言葉を, 論理に 4 さしずで, ところへ, 前へ, 手に, 説に, 論理第, 顔には, 顔は 3 ことばに, そばに, たましい, 腕を, 言葉に, 顔に

2 [24件] ところに, ほかに, テオリーに, テオリーの, 一行は, 一行も, 口から, 命令で, 声が, 声を, 手が, 控室で, 控所に, 機嫌を, 機械人間は, 眼は, 耳に, 脳髄を, 許へ, 話を, 説を, 鈍栗眼が, 頭に, 顔であった

1 [228件] あとから, あの頃, あわて切つた声, いう通り, うしろから, うしろに, うちへ, お世話に, お使い, きんきん声, この特殊, さしず, さし出す, すがた, すばやい身, そばには, そばへ, それにも, ために, どら声が, にこやかな, はからいで, ひきいる警官, ひとことで, へんじを, ほうに, まわりは, まわりを, めいれいで, もつカンテラ, ようすが, シーオリーに, ソオルで, ピストルを, ライターで, 一行で, 一行である, 一行と, 一隊が, 一隊です, 三人は, 三重の, 両手は, 乗った駆逐艦, 二人だけが, 二字に, 二本の, 云った事, 云つたように, 云つた通りさすが, 会話を, 傷は, 全身に, 出発, 出迎えを, 制帽は, 前で, 助けを, 努力によって, 半ば禿げかかった, 半身像でした, 卓上電話と, 取調べが, 取調べを, 口もとを, 口許を, 口調は, 叫び声に, 名刺で, 呶鳴る, 命によって, 命を, 命令する, 命令によって, 命令に従って, 命令を, 問いに, 問に対して, 嘘であった, 報道は, 声, 声だった, 声で, 声であったろう, 声である, 声には, 声は, 大きな声, 大寺だった, 大寺に, 太い腹, 好意ある, 如き真面目, 妻も, 姿が, 姿も, 室と, 室に, 室を, 家を, 察した如く死体, 尋問に, 尋問にも, 属して, 左の, 帰ったとき, 後に, 後について, 後姿を, 心を, 怒号には, 想像に, 意中を, 意見に, 愚問に, 態度も, 所へ, 手から, 手で, 手によって, 手を, 手中に, 手落ちでは, 押しこめられて, 指さす方向, 指揮で, 指揮の, 指摘した, 捕獲説と, 捜査は, 方に, 方も, 曰くさ, 有名な, 本領を, 横に, 機敏さが, 正服, 毅然たる解答, 汗は, 注意を, 注意力は, 活動を, 活躍に, 温顔俄に, 無念を, 目くばせで, 目には, 目は, 真意は, 矢つぎ早の, 知らせで, 私服姿であった, 第一, 緊張しき, 考えて, 耳にも, 耳底に, 肉体は, 肩の, 肩を, 背後には, 胴中に, 脳を, 腕に, 腕にも, 腕の, 膝の, 自動車の, 自動車は, 補足せる, 要求に, 言としては, 言われる通り, 言葉には, 訊問が, 訊問に, 訊問の, 訊問は, 証言を, 話したところ, 話した通り, 話な, 話に, 話は, 語気が, 説明を, 調子は, 調査報告を, 論理, 論理の, 論理も, 負傷と, 賢明な, 賢明なる, 質問に対して, 足の, 足首の, 返答に, 遭難さえ, 部下で, 部下です, 野郎多, 銃は, 間へ, 電臓を, 電話が, 青色の, 面には, 面へ, 靴裏を, 頭には, 頭を, 頭蓋を, 顏, 顔, 顔が, 顔へ, 顔も, 顔色に, 顔色は, 顔面が, 顔面筋肉が, 首筋を, 魚くさい, 魚とりの, 鼻さきへ, 鼻先に

▼ 警部~ (128, 4.7%)

3 ばけた怪人, 電話を 2 つれられて, ばけて, 向って, 渡した, 目で, 電話で

1 [110件] あいに, あって, あつた, あの当時, あの怪しい, あらずして, いそいで, いった, おきき, きいた, きいて, きかれて, きくと, きょう昼ごろ裏門の, こういう, こういった, こう云った, こう哀願, このこと, こんやの, ささやいて, ささやきました, さんざんあぶら, ざまを, しがみついた, しては, しらせて, すっかり話し, せき立てられて, そそいで, そっくりな, そのこと, それを, たずねた, たずねて, たのみますと, たのんで, つづいた, なったばかり, なって, にこにこ挨拶, はなしを, ぶちまけた, ほうこく, まさる者, まして, もう話した, れんらくし, わたした, タクシーを, 一応参考人, 一枚の, 久保田検事が, 二十面相を, 云つた, 代って, 会いたいという, 会う, 会って, 何か, 全力を, 写真酷似に, 出会した, 出遇ったが, 出遇つた, 勧めた, 化けた魔法博士, 北沢が, 取って, 合図を, 向き合った, 向つて云, 呼び止められた時, 命じて, 問いつめられたり, 地下の, 報告した, 大声で, 対って, 尋ねかけたの, 小さな声, 左右から, 彼の, 怒られて, 捜索のも, 案内され, 椅子を, 洩らした明智, 渡したが, 目くばせ, 目くばせした, 目配せし, 直接面会し, 相談しました, 知らせなければ, 稍, 続いて, 耳うちを, 見て, 訊いた, 訊ねた, 話したとおり, 話した通り, 語つ, 謝まりに, 質問する, 連絡すれ, 違いなかった, 電話した, 頼んで

▼ 警部~ (108, 4.0%)

2 きて, それを, 私も, 首を

1 [100件] あっとおどろいた, あとから, あまりの, いささか呆気, いっしょに, いってるよう, いつに, えらいけど, おどろいた, おなじよう, かけつけて, ぐっと顔, ここへ, このところ, このとっさ, この妖術使い, この意外, これ以上口に, すぐに, すこし顔, そのあと, そのほか, その他の, その説, そばに, それに, だまって, ちゃんと知ってる, どうやらいささか昂奮, なんだかうす, にっこり笑っ, ぬからずその, びっくりしない, ふたりの, また形式, まだそこ, もて余し気味, やってきました, わたしに, アッといった, キツネにでも, ヒケメに, 乗って, 二の句の, 五人の, 今は, 今度こそは, 出席し, 刑事も, 別に反対, 北沢の, 同感という, 呆気に, 困惑した, 堪忍ブクロの, 多くの, 失望の, 尋ねる, 小林君も, 小林少年と, 小林少年も, 少しく倦んだ, 少年たちも, 川手雪子の, 巡査も, 帆村が, 帰って, 待ちかねたと, 微笑し, 心配で, 思わず椅子, 思わず膝, 急に, 意外な, 感心した, 持て余して, 探偵も, 明智の, 明智君も, 明智小五郎さえも, 明智探偵と, 来なかった, 林田も, 案外ロマンティーケル, 殺人事件よりは, 満足らしくうなずいた, 物置の, 狐に, 窓を, 笑いだして, 素直に, 美術室を, 腕を, 苦笑し, 茫然自失の, 藤枝も, 警官たちも, 警官に, 頂へ, 駿三も

▼ 警部~ (104, 3.8%)

6 三人の 4 ふたりの, 五人の 3 その部下, 小林少年が, 朝井刑事とは 2 刑事とは, 小林少年と, 小林少年は, 数名の, 田口巡査の, 駅長が

1 [69件] あとから, いっしょに, いよいよむずかしい, おおぜ, そっくりだ, そっくりの, その部下たち, つれだって, ならんで, ひとりの, もうひとり, もう一人, エリクソン署長は, セルずくめの, ピストルを, ライアン刑事が, ライアン刑事は, 一緒に, 並んで, 予審判事は, 二, 二人の, 二人外から, 仁吉の, 伯爵は, 共に去り, 刑事とが, 刑事の, 刑事は, 十人の, 千種十次郎だけを, 南川巡査が, 博士と, 同じ自動車, 同意見, 呼ばれて, 対座した, 小林団長と, 小林少年に, 小林少年の, 巡査が, 巡査とは, 巡査は, 打ち合わせを, 明智小五郎である, 村山教授だけの, 林田に, 検事と, 検事とは, 残りの, 私が, 私とが, 私は, 私服の, 私服巡査の, 私服巡査三名の, 署長は, 茶を, 藤枝の, 言えば, 話して, 警部補の, 辰馬久と, 運転手の, 部長と, 長谷戸検事の, 顔を, 飯村部長が, 駅長は

▼ 警部~ (95, 3.5%)

4 見つめて 3 して 2 かえりみた, よんで, 睨んで, 見て

1 [80件] あんないし, うかがわせます, うながした, うらめしく思いました, おさえつけその, かえして, さがし出して, さきに, たいへん喜ばせた, つとめて, つれて, とき伏せ是, とらえて, なぐりつけかねないよう, にらみつけた, はじめひろ子も, はじめ六人の, はじめ多数の, はじめ藤枝私は, はじめ西洋館に, はじめ部下たちに, ひき合わせました, ふりかえり, ふりむいて, ふるえあがらせた, みた, むかえると, もとの, よびだして, よびだしました, よびだすん, よびに, よび出し総監, わずらわすまでも, オズオズと, チロチロと, ハッキリ見すえ, ルームの, 一瞥した, 中心に, 人目の, 促が, 先に, 先頭に, 入れた四名, 別室に, 制した, 前に, 勤めて, 同伴し, 呼びだして, 呼び出した, 呼ぶよう, 呼んで, 外に, 大きな脳波受信機, 奥まった化学実験室, 尻目にかけて, 引っぱりだすと, 彼方へ, 待って, 戸口に, 手まねきし, 手まねきしました, 投げ付けて, 招じ入れた, 振返って, 煙に, 生きかえらせた, 睨みつけましたが, 見おろしてにが, 見つめた, 見つめたまま, 見上げた彼女, 見守った, 訪問する, 諸君も, 追って外, 道連れに, 部屋に

▼ 警部さん~ (66, 2.4%)

2 がくる, のお許し, の前

1 [60件] あの怪少年, か, がいる, がこの, がやってきた, が一一, が仰有る, が訪ね, この足跡, じゃありません, ちょっと, です, ですか, で温厚, といっしょ, といったところ, なども大変気の毒, ならちと, につづい, にどんな, にはよく, には気の毒, に報告, に申し上げた, に聞いたら, に許し, に調べられました, の, のいい, のほう, の命令, の息子, の用事, の部下, はこりゃあ, はこれ, はその, はどう, はどこ, はなん, はメリー号, は何, は催眠薬, は巡視隊, は怖い, は懐中電灯, は汗みどろ, は生きた, は私, は虎, は魚, も云われた, も巡査さん, も目, も訝し, よくきい, 又事件, 御感想, 考えて, 聞いて

▼ 警部モロ~ (42, 1.5%)

4 はポーニン 2 の身の上

1 [36件] がいそいそ, がポーニン氏, との間, と声音, にいった, のこと, のところ, のゆびさきに, の変名, の最後, の死骸, の身分, はこたえた, はこの, はぼう, はまた, はもうすこし, はわざとにやりと, はビール, はポーニン氏, はモロ, は上陸, は下心, は命令, は商人, は少々, は発条, は虎船長, は酒, は電話, は鞄, や虎松以下, らしい質問, をこの, をまね, を悦ばせた

▼ 警部たち~ (23, 0.8%)

1 [23件] がかけつけ, がとびこんだ, がひきかえし, が廊下, が来る, が相談, が老, が門, にとい, に抱き止められ, のため, の前, の自動車, はあまり, はきつね, はそのまま, はそれ, はびっくり, はまた, は共に, もいっしょ, をてらしだしました, を集め

▼ 警部~ (22, 0.8%)

2 何かの, 巡査の

1 [18件] その他の, たくさんの, 刑事たちも, 刑事の, 刑事諸君と, 医師も, 園田さんと, 小林少年が, 小林少年などは, 少年たちは, 巡査が, 書記などの, 林田君や, 残りの, 警官たちは, 部下の, 駅長から, 駿三や

▼ 警部から~ (14, 0.5%)

3 電話が

1 [11件] きいた一切, その都度電話, それを, まえもってその, 二三の, 命令が, 短波放送で, 聞いて, 詳細に, 鑑定の, 電話で

▼ 警部~ (12, 0.4%)

2 の令息 1 かの耳, が窮余, などいふ, なども一方, になれなかつた, の内命, の現職, や保安課長, や神様, や羽織袴

▼ 警部には~ (11, 0.4%)

1 [11件] すぐに, その仕事, その微笑, どうしてもその, なにが, なんだかあぶなっかしい, サッパリ解らなかった, フランス汽船の, 幾分見当, 是非聴い, 興味の

▼ 警部とは~ (7, 0.3%)

1 したしいあいだがら, 全く違った, 全然反対, 年齢が, 心やすい, 注意ぶ, 熱心に

▼ 警部どの~ (7, 0.3%)

21 これァ, もう小田原, 始め皆に, 見当りません, 警部どの

▼ 警部~ (5, 0.2%)

1 が大, とかいう事, と思っ, と知った, なと分つた

▼ 警部にも~ (5, 0.2%)

2 それは 1 このこと, しらせましたので, 黙ッ

▼ 警部らしい~ (5, 0.2%)

1 のが, 人が, 人の, 髯だらけの, 鬚男が

▼ 警部~ (5, 0.2%)

1 この青年, じゃない, の部下, は人間性, チョットと

▼ 警部との~ (4, 0.1%)

1 にらみ合いだ, 両方から, 間に, 間にあった鋭い

▼ 警部殿~ (4, 0.1%)

1 に是非, へです, も出来る, わかるでしょう

▼ 警部であった~ (3, 0.1%)

1 かどう, のです, のは

▼ 警部という~ (3, 0.1%)

1 ものは, 厳しい役人, 職務の

▼ 警部によって~ (3, 0.1%)

1 ひろいあげられ世界中, 主として組合, 私たちは

▼ 警部~ (3, 0.1%)

1 にさつ, のあと, の活動

▼ 警部佐塚愛祐~ (3, 0.1%)

1 の訓辞, はその, を始め

▼ 警部~ (3, 0.1%)

1 の率いる, も快く, も金

▼ 警部自身~ (3, 0.1%)

1 が大きい, が群集, が軽率

▼ 警部~ (3, 0.1%)

1 の一団, を残し, を迎え

▼ 警部からの~ (2, 0.1%)

1 ものだった, 呼出しで

▼ 警部さえ~ (2, 0.1%)

1 刑事を, 思わず顔

▼ 警部さんあなた~ (2, 0.1%)

1 はその, はなにか

▼ 警部さん今日~ (2, 0.1%)

2

▼ 警部その~ (2, 0.1%)

1 部下たち明智探偵手錠を, 部下の

▼ 警部それ~ (2, 0.1%)

1 から勇敢, ですよ

▼ 警部だけは~ (2, 0.1%)

1 何か, 眼を

▼ 警部だった~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 警部~ (2, 0.1%)

1 あつた, もう一人

▼ 警部であり~ (2, 0.1%)

1 そしてハルク自身, 時に巴里名題

▼ 警部です~ (2, 0.1%)

1 が明智先生, よ

▼ 警部とも~ (2, 0.1%)

1 あろうもの, なると

▼ 警部など~ (2, 0.1%)

1 出て, 相手に

▼ 警部にでも~ (2, 0.1%)

1 その話, 置けるらし

▼ 警部はじめ一同~ (2, 0.1%)

1 がその, は少年

▼ 警部~ (2, 0.1%)

1 云った, 急報する

▼ 警部プリスタフ~ (2, 0.1%)

1 の八字髭, は云

▼ 警部以上~ (2, 0.1%)

2 の身分

▼ 警部~ (2, 0.1%)

1 お出向きなされた, が一々

▼ 警部刑事~ (2, 0.1%)

1 が来, も疑え

▼1* [90件]

警部あがりの沖本, 警部あとのふたり, 警部巡査から, 警部がかあっと身, 警部がぎゅうと踏みつけた, 警部がにが笑いを, 警部がはいつて, 警部がはがい締, 警部きみたちにはそう, 警部さんあてにお, 警部さんこっちですこっち, 警部さんその後あいつらの動勢, 警部さんストレーカの死体, 警部さん主人があなた, 警部さん内海の原稿, 警部さん問題はその, 警部さん連れの女, 警部じゃない, 警部それから少年探偵団の, 警部それにわが友若山牧水, 警部だけあって, 警部だっていうじゃ, 警部でさえ湧き起る好奇心, 警部ではない偽物, 警部でもビクとも, 警部とうとうやってきたな, 警部とか探偵とか, 警部とかの娘で, 警部とがテーブルを, 警部としてのあつかい, 警部としては一秒たり, 警部んです, 警部などで満足し, 警部などの刑事部首脳が, 警部ならちらりと一目, 警部なり谷間田は, 警部なりに知らせて, 警部なんか眼中において, 警部にとって無線の, 警部にとってはそれこそ, 警部にまで取立てられしを, 警部に対して同じこと, 警部のみは此少年探偵に, 警部はとほうに, 警部みたいな立派, 警部らしいせびろの人, 警部らしい話しかたの, 警部スミス氏を歓迎, 警部一人だけに手柄, 警部一名と刑事, 警部一名刑事巡査六名がことごとく, 警部一名巡査四名都合五名の警官, 警部一行が掘り当てた, 警部二人ともなかなか, 警部以外の者, 警部八丁鼻ヨミスギ刑事みなさんその見込み, 警部制服警官三十名背広の刑事十名, 警部及び藤枝によ, 警部の電話, 警部小林少年チンピラ隊の代表者五名, 警部へひょっこり, 警部山口警部補出動し加賀町署, 警部山形だったから, 警部巡査の証言, 警部巡査ら十数名手に手, 警部巡査人夫の一大隊, 警部平岡巡査らは倔強, 警部後者は運動家, 警部ていねいに, 警部戸次刑事部長以下刑事二名が現場, 警部旗田はどの, 警部木沢野原両医師, 警部林田英三を一歩, 警部とが共謀, 警部某馬蹄銀事件の某々ら, 警部へお伝え, 警部殿今へんな女, 警部もこの, 警部神戸牧師佐藤司法主任庄司署長八田警視総監等に会う, 警部署長の三人, 警部逮捕の命令, 警部遠藤博士の三人, 警部遠藤博士桜井さんの三人, 警部野原医師らに軽く, 警部長なにがし氏の令息, 警部長谷川警察医外一名又大学側, 警部雑誌記者津村小説家星田の順, 警部霧原庄三郎氏はよく, 警部飯村刑事部長金丸轟二刑事鑑識課員の数名, 警部と云われる