青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「逢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

通俗~ 通信~ 通用~ ~通過 通過~ 速~ 速度~ 造~ 造り~ ~逢
逢~
~逢う 逢う~ ~逢っ 逢っ~ ~逢った 逢った~ 連~ ~連れ 連れ~ ~連中

「逢~」 3770, 41ppm, 2852位

▼ 逢つて~ (449, 11.9%)

22 見ましたが 21 見ると 17 見ました 13 見よう 8 見ようか 7 見て, 見る氣 6 ゐた 5 も口, 見たいが, 見れば, 話して 4 いろ, ゐる, 居ない, 見ようと, 見ること, 訊いて 3 は色々, ゐたの, ゐたん, ゐない, ゐるの, ゐる時, 見るか

2 [25件] あげて, おあげなさい, しまつ, はいけない, みなければ, もその, やつて, やるから, ゐないやう, ゐるかも, ゐると, ゐるに, 上げて, 居たさ, 居りますが, 居るうち, 居ると, 聞いて, 行き給, 見たいといふ, 見ませう, 見ようぢ, 見る, 見るから, 訊きたいこと

1 [233件] あの吝嗇坊野郎, あの手紙, あの荒く, おでまし, おやり, お六, お友達, お困り, お夏, お弓町, お百, お願, かう云, からこの, からはお前さん, からはこれ, からは俄, からは毎日, からは隠し切れぬ, からまだ, から二日後, から急, から方針, から漸く, から私, きくと, きけば, この不幸, この砂糖, この苦悩, この赤い, この鍵, さうし, しばらくお茶, しまつたわい, そして飲んだ, その人等, その口, その意気地, その晩, それからゆかり, それから輕便鐵道, たしかめてからに, たわね, ちようだいつて, つい今しがた, でも居る, どうしてそんなに冷, な, ね, のう, はならない, はゐた, はゐない, は下さらぬ, は何ん, は叶, は実に, は為らぬ, は相手, は鍵, は頭, ひどく貧乏, ふと此贄, みて, みても, もあ, もいい, もう少し立ち入つた, もお, もかはらない, もくれません, もそれ, もつい, もならない, もほとんど, もろくに, も体, も何, も例, も別れ, も少し, も左ん, も往來端, も挨拶, も暖簾, も気, も水, も笑つたきり, も笑つて, も繊細, も見たい, も貢い, も頭, やらうぢ, やらねば, やりたいと, やればよ, ゆきたい, ゆきたくて, よ, よかつ, よろしく言, るか, ゐたおばさん, ゐたそれぞれ, ゐたので, ゐたら案外, ゐた女, ゐた時, ゐた相, ゐた若い, ゐた逢はず, ゐて, ゐないしたが, ゐないと, ゐないので, ゐない而, ゐなかつた, ゐますの, ゐますよ, ゐません, ゐるか, ゐるが, ゐること, ゐるだけ, ゐるだけの, ゐるよ, ゐるわけぢ, ゐるん, ゐる事, ゐる仲間, ゐる筈, ゐる間, ゐれば, ネ, 丁と話, 下さるとよ, 互に避ける, 何もかも打, 何やら確かめました, 何よりお, 借りる約束, 全く土地不案内, 其の話, 半難船, 名殘, 呉れるで, 呉れろといふ, 尋ねると, 居たこと, 居たといふ, 居たやう, 居なさるん, 居るといふ, 居るとは, 居るの, 居るので, 居るやう, 居る若旦那, 引返すと, 怒を, 急いで, 愈々東京, 最寄, 来た, 来たの, 来たら宜, 来た市立劇場, 来た鏡子, 来ると, 極めて自然, 死んだの, 泣いて, 淋しい海辺, 潰されて, 無理矢理連れ, 甘くな, 終に官, 置いたな, 置いて, 置きたい, 置き度, 置き度い, 聞くと, 行かうよ, 行かなければ, 行きたいの, 行きたいもの, 行きました, 行くの, 見た, 見たいと, 見たいな, 見たい誰, 見たい逢つて, 見たか, 見たこと, 見たの, 見たら, 見たらと, 見ちや, 見ても, 見ないか, 見ないじや, 見なきや, 見ませう人相, 見ませんか, 見ようところで, 見るが, 見るの, 見るよ, 見る必要, 見る眼, 見ろつて, 見度, 訊いた時, 訊けるだけを, 話さうかと, 話しかけるやう, 話した後, 話した時, 話しを, 話し度, 話す機會, 誘はれたり, 誘はれて, 賣捌上, 逃げて, 遊んだ, 遠慮なく色目, 遣りたし, 飲む酒位

▼ 逢~ (432, 11.5%)

31 に來 21 に行く 16 に来た 11 度いと 10 に来 7 に来る 6 になつて, にゆく, に行, に行つて 4 さへ, たり 3 てえ, てこれ, にける, にこし, になつ, になる, 度い, 度いが, 頭に

2 [17件] にけり, になつたん, になりました, には行け, に出, に来たなら, はしない, はせぬ, をし, 三人で, 公は, 度か, 度く, 次第討ち果す, 清新軒に, 給は, 色々話す

1 [243件] あさましき御, あまりの, いつしよ, がたきわれ, がたき人, が始め, げろの, さんざん泣かせられました, その戀, その晩矢野公使, その話, その講義, その通り, それより, ぢや, ついさきごろ, てえと, ておし, てす, てすべ, ては如何, ては資産, ては顧みだ, てもこと葉, てもこれ, てもその, ても自家, てゑます, て久後, て何とか, て傘買, て其何, て化石, て名, て大御, て天, て後之, て御子, て心, て必ず, て我心, て敢, て数度, て暫く, て烏有先生, て然, て父兄, て申し, て直, て直に, て美, て親しく, て言, て言葉, て訊, て誅し奉らん, て逃げまし, て酒, どこへ, ながら, ながら何故, ながら優しい, ながら師匠, ながら時々, なにか身近, に, にいつた, にきた, にきぬ無官, にでも行く, になつてゆ, になり, になりたい, になりません, には行かれません, にもゆかず, にも一向に, にも來, にも出よ, にやつ, に交, に出た, に帰つた, に往つて爲め, に来ぬ, に来ました, に水面, に行かう, に行かれた, に行き, に行きたかつた, に行きました, に行け, に行つたの, に行つてみたい, のなか, の事, の時, の眞秀處, の空想, の際, は, はア, は違はじ, は野火, ぷらんたん亭に, もとオペラ館, イ, コール, フエルベツキまた, ペパミントソーダを, ホテルの, ラヂオは, 一刻餘り, 一戦やらう, 一粒の, 一緒に, 三人道を, 三月より, 三郎に, 不二家で, 中野実も, 丸の内松竹劇場へ, 乍らそれを, 乍ら今迄, 九月に, 事情を, 二時すぎ迄, 仇つ, 今は, 候事氣の, 候処彼の, 先代生前の, 先日の, 八日の, 八百文で, 六十余度まで, 其の価, 其容貌の, 内証の, 出來ない, 初めは, 北海旭新聞社に, 千疋屋へ, 升た, 南の, 又マーブル, 又天主, 又歩く, 又逢, 同女, 同航, 四時迄, 四谷に, 壞された, 夢声, 大東酒楼で, 家の, 小林さんを, 少時ゐ, 少時話す, 山野復帰の, 已に命, 帰途銀座の, 常吉の, 度いが此處へ, 度いんださうで, 度かつ, 度が, 度さに, 庭男の, 引き云ふもんち, 彼の, 徳山と, 心の, 恰も天, 所持の, 撮影の, 数度戦つて居りまする, 新聞, 方で, 旬報の, 明後日家へ, 明朝沢村源之助を, 昔の, 暫くバラツク建て, 暫らくその, 朝から, 本みやけ, 本庄で, 柳橋へ, 梅ご, 楽亭で, 次第せめて, 次第土手つ, 此の, 歸る, 気焔を, 汝高を, 沢村源之助を, 浅草の, 浪花座の, 渡辺篤が, 無限責任の, 牛込へ, 珍しや, 田中三郎の, 直ちに取, 相談に, 秋声聞くべからざる, 空想を, 笑語覚えず, 給はん, 給ひし, 給ひぬ, 給ふ, 給ふなるべし, 給へ, 練習を, 美松の, 自働車, 與三に, 船は, 若くは, 若黨, 袖を, 言ふ, 言葉巧みに, 這, 遊佐の, 酒も, 酒を, 金龍館ごらん下さい, 釜ヶ崎の, 鈴木桂介の, 銀座へ, 院内に, 階上に, 難し, 顛末を, 食ひ, 食事あっさり, 駅長の

▼ 逢~ (423, 11.2%)

15 度に 14 ことが 13 のは 11 のが, 事が 8 ことに, ことを, 人毎に 7 のも 6 のを, やうな, 事も, 毎に 5 時は, 機會が 4 ごとに, でせう, 人に, 人も, 機会が

3 [17件] が宜, やうに, 事に, 事の, 事は, 人々に, 人ごとに, 人は, 前に, 君や, 夜の, 夜は, 機会は, 機會も, 瀬は, 約束の, 約束を

2 [19件] が短き, ことの, たんびに, の感, は別れ, までには予, までの山茶花, 人々の, 人でも, 人には, 人の, 人毎と, 前の, 度毎に, 時しわが, 期が, 機会も, 気は, 迄サ

1 [185件] いつしよ, うどんの, がど, が世界, が二人, が否, が如く消え失せ, が如し, が此二回, こっちへ, ことで, ことにな, さつ, ぜ, そして二人, ぞ, ぞよ, たびに, だけの人間, ついでだ, つもりで, なといつた, なとおつ, など在来, なんどの, になんと, に違, のすら, のだ, のであつ, のである, ので車上, のに少し, の女, の日, の期, の約束, の遅き, はこの, は当然, は道楽者, ばかりでなく, ばかりな, ほどに峠, ほどの人, ほどの勇気, ほどの哥薩克たち, ほどの男女, ほどの罪, ほどの農人, ほどをいつ, まことにしばらくだつた, までに, までにはまだ, までには大分, までに一ヶ月, までのかたみに, までのくつ, までの形見, までの恋, までの霜, まで若し, みちを, やうなみれん, や否, や草深い, を得たれ, サビシイサビシイ顔を, ニコ, マア, ンで, 一切の, 丈の, 三人で, 九月に, 事か, 事ぞ, 事だらう, 事である, 事なかりし, 事を, 五郎と, 人々をば, 人から, 人なし, 人みなうつくしき, 人日光の, 人皆美くしき, 人行き, 人見る, 位な, 位はかない, 八月に, 再び逢, 前は, 前までは, 前訪ね, 十一月は, 友人との, 君は, 哀れな, 善から, 場所からの, 場所は, 夜あり, 夜稀なる, 天漢内に, 奈良の, 女人の, 子無き, 家らしき, 小林一三, 山の, 山陰地方の, 川は, 度私は, 彼と, 心地し, 心地する, 心地で, 必要の, 必要は, 意か, 或る, 折も, 新宗教, 旁吉事に, 日だ, 日など, 日は, 日を, 明夜を, 明朝出立どんこ和尚を, 時から, 時が, 時それが, 時には, 時も, 時最初の, 時自分は, 時間より, 桐の, 様な, 樹明さんは, 機会を, 歳の, 気で, 気も, 氣づかひ, 深きあはれ, 瀬で, 瀬の, 瀬も, 瀬を, 為だらう, 為に, 為住家を, 無かる, 煙管を, 爲に, 由の, 男の, 筈が, 米一升三十四銭麦一升十九銭, 約束, 約束が, 約束だつた, 約束だつたさうだ, 約束でも, 約束といふ, 約束な, 者に, 者を, 虞れ, 話等し, 路が, 迄の長い, 迄繪圖面, 運命で, 道うつくしき, 道は, 邊の, 都府の, 電車の, 顔色は

▼ 逢~ (388, 10.3%)

21 して, なかつた 15 なかつたの 11 なければ 9 うと 8 ない, ないで 7 うとは 6 う, ないよ 4 うかい, されて, すこと, なんだ 3 されるぞ, せたん, ないもの, ないやう, なきや, ぬ, ねば

2 [28件] うぜの, うね, されたこと, されるかも, されるぜ, される事, しました, せたの, せた奴, せた惡者, せんと, ないが, ないと, ないん, ない日, なかつたか, なかつたが, なくつて, なくとも, なくな, なふよ, ぬかも, ぬと, ぬやう, ふとは, ましもの, むといふは誰なる, れず見たい土地

1 [183件] うい, うかと云, うかと思, うといふ, うとも, くさびしも, これぞあたい, された, されたか, されたかも, されたからね, されたぞ, されたでねえか, されたとか, されたの, された一兩二分, された事, されました, されますよ, される, されるか, されること, されるだらう, されると, されるん, される善人共, ざらんと, ざりきと, ざりし人, ざりし横笛, ざること既に, ざるべし, ざるも, ざる事を, ざる風邪, ざれども, ざれば, した, したものぢ, したんで, した顔, しつたと, しつたの, しつた坊主, してと, してやらうかと, してやりたいと, してやるから, してやるも, しやが, しやがるぢ, す山, せ, せあ, せうと, せき, せじとて, せずに, せた, せたくなかつたの, せたと, せたので, せたり, せた敵, せた時代, せた薄情男, せた返報, せた鬨, せた鬼, せないから, せないで, せない長男, せなかつた, せなきや, せなくて, せなければ, せぬかよ, せぬといふ, せば, せました, せまするは, せませう, せむとするなり, せやが, せやしません, せられたもん, せれば, せんを, せ脅かして, せ首, で, で別, で帰らむ, で果, ないうち, ないから, ないくみ子, ないこと, ないことし最初, ないつもり, ないでも, ないで戻, ないといふ, ないとか, ないはう, ないも, ないン, ない乍ら, ない前, ない呼子鳥, ない山, ない彼女, ない方, ない昔馴染, ない時間, ない水音, ない田圃, ない酒, なかつたこと, なかつたし, なかつたといふ, なかつたとか, なかつたな, なかつたので, なかつたもの, なかつたやう, なかつたよ, なかつたら, なかつたら淋しい, なかつたん, なかつた嫁さん, なかつた小泉, なかつた方, なかつた時日, なかつた生活, なかつた自己, なく, なくたつて, なくちや不可ん, なくては, なくても, なくなりて, なくに, なむ心, ぬかしらねど, ぬこと, ぬぞ, ぬで, ぬに, ぬの, ぬまでに, ぬ伯母, ぬ夜, ぬ女, ぬ妹ゆゑひさかたの天, ぬ山, ぬ形, ぬ恋, ぬ憾, ぬ野路二つ, ぬ間, ぬ限り, ねえが, ねばやつぱし, ねば自分, まくは, ましと, まじきもの, むとこしものをこしかひもなく別れぬる, むとてなり, むとて一二度予が, むとは, むともせざるを母は, むやあ, むを, れず, れずに, れなかつたらお, れること, れるの, れるもの, れるもん, 逢ひかつましじ

▼ 逢つた~ (223, 5.9%)

19 ことが 13 やうに 7 ことの, ことは, ことも, やうな, よ, んだ 6 ところで 3 ものだ, ものは

2 [16件] か, かといふ事, ことだらう, だけよ, でせう, でな, といふの, と云, と言う, なら甚, は百年目, やうだ, んです, ンだ, 時とは, 筈だ

1 [105件] あの時, あの男, あの青年あたり, おどろきであつ, かそれとも, かも知れず, からお袋こと思, からでございます, から薩摩屋敷, か判らない, か知れ, か知れやしない, か親分始め世間樣, か誘拐, がお, がすぐ, がそんな, がたけ, が一人, が夫人, が客来, が徹男, が決して, が無, が石井三右衞門, が至極, きりで, ことなどを, ことはねえ, ことや, ことを, こと別れた, ぜ, その日以後, ぞな里, ぞや, だけだつた, だけなんださうだ, だらう, でしよう, で宜, といふ, といふこと, といふこと宅, といふ内弟子, といふ椅子, といふ水茶屋, とか可哀想, ときその, ときなど, ときに, ときも, とき思ひ切, とき賑やかで, ところが私, ところは, とする, とすれ, とたんに, とでも思はなき, とでも思ふ, とは思ひました, と思ふ, と思ふだらう, と言, と言つて, などといふ, などと言, なりで, にし, に仔細, に違, ね, ね百兵衞, のかい, のち男の子三人抱へ, ので千兩箱, ので心, のみである, ばかりで, ばかりのあか, ばかりひどく, ばかり極り惡さうに俯向, ほど又, ものが, もんです, も同然, やうで, よろこび, わけである, んで, んでせう, 共に市中, 名殘, 大雪崩, 如くハツ, 悲しみさ, 方でした, 時かで, 知らない顔, 翌る, 若い女, 若黨, 限り名も, 限り逢は

▼ 逢つたの~ (110, 2.9%)

11 です 8 である 643 は若, は誰 2 でございますよ, では, はお, はその, は下女, は鶴飼橋

1 [63件] かと思い, か大きい, がそんなに, がひどく, が初めて, が昨年, が更に, が運, が野口君, が随分, が隨分, だえ, だが, だよ, であらう, であります, ですから, ですよ, でないこと, ねエお, は, はあの, はいつ, はうれし, はこの, はそれ, はちやう, はほん, はもう, はモンマルトル町, は三郎兵衞, は主人, は僕, は八五郎, は十七八, は南部大膳大夫重信樣, は國松, は大学生, は天, は奧方, は娘, は安五郎, は幾太郎, は庭掃, は意外, は支配人, は昨夜, は曩, は汗みどろ, は無意義, は生れ, は町, は番頭, は皆んな元, は眞當, は石川, は私, は築地, は脊広, は若旦那幾太郎, も傭人, も此所, を幸

▼ 逢~ (99, 2.6%)

3 ないで, なかつたの, なくなるといふ, り 2 ずに, たくせに, た山茶花, なかつたので, ぬ, ば

1 [75件] さうだぜ, さうで, さうに, さへ, ずその, ず其の, ず果したい用事, た, たあんたの, たから, たけれども, たこと, たしばらく, たの, たゆふ, たよろこび, た事, た喜び, た小学校, た逢, てよかつ, ない, ないかな, ないが, ないだらう, ないつて云, ないと, ないの, ないほどの, ないやら, ない人, ない伯母, ない場合, ない茂森さん, なかつた, なかつたから, なかつたこと, なかつたぢ, なかつたとても, なかつたら, なかつた事, なかつた失望落膽, なかつた悲しみ, なかつた逢, なく, なくな, ぬこのごろ, ぬ家法, ばいろ, ばつまらない, ばなつかし, ばよ, ばわかれ, ば一と, ば三年間, ば人の, ば婦でも, ば引き留め, ば満足だ, ば滿足だ, ば飲み, ば黙, まいと, まい切ない, まい顔, ますお呼び, ますまい木の芽, ますよ, よう, ようボタ山, らしい声, りと, りや上首尾な, 我は, 無い

▼ 逢ひたい~ (68, 1.8%)

8 と云 4 と言 32 かい, といつた, と云つて, な, のか

1 [43件] から弘前, から海, が逢, けど, だのなん, だらう, でせう, といふ, といふの, といふやう, といふ人, といふ心持, といふ気持, といふ考, といふ自分, といふ言伝, といふ電話, とか考へ, とは思つて, とも思つて, とも思はぬ, と切に, と思, と思っ, と思ふ, と言っ, と言つて, と言つて來, なン, な一杯, のだ, のです, のでよ, のと, ばかりにかうし, ばつかり, やうな, よ, わ, んだ, 為さ, 為だ, 為に

▼ 逢~ (60, 1.6%)

6 てみる 3 てくれ, て下さい 2 ちや, て下さる, て頂い

1 [42件] たりある, たりし, たりした, たりする, たりその他, たりそれ, たり又, たり後ろ, たり芝居, たり話し, たり闇, たんぢや, ちやかなう, ちやかなわん, ちやつた, ちやつたえ, ちや八五郎なんどは, ちや分んねえ, ちや叶は, ちや叶ひません, ちや居ません, ちや引つ, ちや耐らない, ていない, てくれました, てくれます, てくれません, てくれる, てしまひました, てます, てみた, てみたかつた, てみたくない, てみたくなり, てみたら, てみない, てみれ, てやり, てやれ, てる間に, て行き, て頂きたい

▼ 逢へる~ (59, 1.6%)

4 かも 2 かどう, かな, と云, と思つて, 時, 時さへ

1 [43件] かな逢, かも知れない, からという, から樂, か解りやしない, が如く, が当分, ことやらな, こと国人の, といい, といふ, といふ人, といふ自信, と思つた場所, と愉し, なりと, のである, のを, はた, までま, もン, やら雀, ゆふ, ように, んだ, んです, 乙姫様の, 元気よく, 喜びで, 夫かも, 張督軍の, 愉しみ, 日うれしい, 日の, 時だに, 時も, 期待が, 獅子王か, 男女が, 筈だ, 精靈は, 身なら, 霜を

▼ 逢ふと~ (51, 1.4%)

3 いふこと, 云ふ

1 [45件] いふ楽, いふ話, おもひます, お梅, かや我が, か逢, そんな風, だけである, はうらやまし, はなしに, は人, は無し, また二人, みんな道を, も思, も逃げぬべき, やれ, アパ・ボレ・ボアットと, ボーツと, 二口三口言葉を, 云は, 人なつかしげ, 作品は, 其道は, 叮嚀な, 喧嘩ばかり, 声色屋さんで, 奢りたくなる, 女は, 少年の, 屹度何うだ, 崩折れた, 必と, 思ひ切つた調子, 懐胎した, 東京なら, 柔軟な, 父が, 理由なく, 申したらたびたび, 知つたら, 私も, 興奮し切つ, 船頭の, 語る時銀座通

▼ 逢ひました~ (50, 1.3%)

143 がね 2 が, と訴, ね

1 [27件] がた, がまだ, が一足前, が三千兩, が二人, が何, が何ん, が其の, が取立て, が月, が空々しく, が青白く, しかも昨日御殿坂, ぜ, どうぞ惡戯者, ので, のでございます, のです, ので体, ので御座います, よあの, よまるで, よ隨分嫌, わ, 丁度歸つて來, 人の, 逢ひました

▼ 逢つた時~ (47, 1.2%)

2 からの事, のやう, は前科者ぢ, は流石, 代助

1 [37件] からし, からメリケン粉, から俺, から眉, から睨ん, かれは, が本当, など恋人, に, にさう, にはお, には手元, に突然, に麦僊氏, の偶然, の印象, の所懐, の眼, はどんな, はまだ, は別, は唯事, は平次, は盛ん, は相, もいい, もう午, よりは寧ろ, よりも父, より一層, を思ひ出してる, を思出, 大層好い, 少しでも, 既にと, 既に発展, 正に五十歳

▼ 逢ふこ~ (44, 1.2%)

3 とあり 2 と, ともあらん

1 [37件] とあら, とあれ, とぞ待たるる, との, とのため, との久しい, との出來, との夜, との嫌さ, との日数, との難き, とはうれしい, とはござりませぬ, とはできる, とはない, とはなかつた, とはなから, とはなく, とは保證, とは出, とは出来ぬ, とは出来ませんでした, とは厭, とは御免, とは沒理想, とは無い, とは覚束, とは逢うた, とは逢ふた, ともあらう, ともあり, ともない, ともなかつた, ともなから, ともなみだに, とも厭, と数

▼ 逢はず~ (40, 1.1%)

3 ともその, にゐ 2 にゐた

1 [32件] かもあら, しまひさ, その人, その臨終, て, にしまふ, にはおかない, にはゐられない, には居られなかつた, には生き, にゐる, にをられる, に且つ, に京都, に來, に別れ, に居りました, に居る, に此處, に死ん, に済む, に濟ん, に直, に立つ, に終る, に行く, の行き, ば何, よとせ, 丁度良い, 久しくなりぬ行き, 死せめ

▼ 逢へば~ (38, 1.0%)

2 きつと, 心手忽ち, 此消息を

1 [32件] いつに, いつもの, いみじき, かの竹鉾, きまりが, すぐ友達, その思ひ, やつぱり嬉しい, わかる, サアベルにも, 伜金之助を, 判る潜戸, 別れなれけ, 別れるの, 別れるよし, 別れるわかれの, 則ち, 只難澁の, 命は, 始め必ず, 嫌に, 庄馬鹿は, 心底から, 必ず幣, 未練が, 桂子は, 氣の, 縄を以て, 船が, 菓子も, 顏相を, 鷄介は

▼ 逢つた事~ (37, 1.0%)

4 がある, のない 3 も無い 2 がない, が無い, のある, の嬉し, はない, もない

1 [14件] がいや, それから私, とその, はありませんでした, はご, はなかつた, は有りませぬ, は滅多, もなく, もゆき子, も嬉し, を考へ, を話さず, 無いの

▼ 逢はせ~ (34, 0.9%)

6 て下さい 3 てくれ, て貰 2 てあげたい, てやる, てゐる, て下さる

1 [14件] ていた, てくれた, てくれない, てはあんな, てもらひました, てもらひませう, てやらぬ, て上げよう, て下さつた, て居る, て打合せ, て敵, て追, て頂きませう

▼ 逢つたら~ (30, 0.8%)

2 さう, 先づ話し

1 [26件] あれも, うんと揶揄つて, その顏, そんな事, とお母さま, どんな事, どんな大きな聲, どんな風, ウント揶揄つて上げよう, ズツと, 三番目の, 何でも, 何と言, 何にか, 到底別れね, 叩きの, 君此頃大, 大變, 奈何する, 定めて苦い, 昨日の, 是非聞い, 汽車だ, 逢つたで, 遊びに, 道を

▼ 逢ひし~ (30, 0.8%)

2 やうに

1 [28件] ある神明, が才氣, ことなり, ことよ, てゐました, に二人皆面, に君, のみにて何とも, は天, は日傘, は此時, は自他, ものは, やうつ, 人の, 人を, 幸之, 彼一口話は, 方とは, 日に, 日の, 日思ほ, 時よりも, 時われは, 時可笑し, 時土産に, 時太く, 町の

▼ 逢ひたく~ (29, 0.8%)

3 なつた, なつて 2 て, て大いに, て逢

1 [17件] てたまらず, てたまらなかつた, てもめつた, て仕方, て他, て堪らない, て堪らぬ, て居, て逢はず, とも再び, なつたの, なつて用事, はある, はなかつた, もあり, ツて, ツても

▼ 逢ひた~ (25, 0.7%)

10 がつて 4 さに 2 くつて 1 かん, がつたの, くもなし, さで, さなつかし, さを, まふとき, やほお, や猶

▼ 逢ふて~ (23, 0.6%)

3 十分油を 2 も昔, 其理由を, 内閣方に

1 [14件] うれしかつ, どないし, の帰り, は, もいつ, もそれでも, も二十年前三十年前, も知れる, 今無い, 其神智の, 城を, 怒気ますます, 詩談を, 贔負眼も

▼ 逢ひたる~ (22, 0.6%)

3 嬉しさ 2 身と

1 [17件] が公等, とき幸不幸ある, はたしか, はダルダニデース・プリアモス, は杖, ベルナルドオは, 也, 事あり, 二人の, 兄の, 前に, 夏木立かな, 巨大なる, 後いまだ, 心地にや, 様の, 驚愕の

▼ 逢はむ~ (20, 0.5%)

1 [20件] かの場, かも, ことたやすから, その時, それまで, と云, と思へ, と直道, も計り, アキリュウス, 子もがも, 我なら, 斯く言, 日は, 日を, 時いつと, 時我は, 望も, 母は, 約束をも

▼ 逢ふた~ (16, 0.4%)

4 びに

1 [12件] かと石, からとてこの, が, がもう, が何より, この私, ので縁起, び, めだつた, もんや, るなるべしさて, 散髪屋の

▼ 逢つて來~ (15, 0.4%)

3 たの 2 たら宜, ましたよ 1 たものかす, た青年, ましたが, ませう, るが, るつもり, ると, る氣

▼ 逢~ (14, 0.4%)

1 [14件] かく頼もしき, はからぬ幸, より以来, 乗る東海道線, 凝結する, 安堵したう, 居るか, 居る間, 帰た, 来てから, 色んな愉快, 見よう, 見んとは, 話しでも

▼ 逢~ (14, 0.4%)

1 [14件] なったお方, なったかお, なった男, ならば, なりましたでしょう, なりましたな, なるか, なれば, 切り殺させら, 来いッ, 来た事, 来て, 行きましたすると, 行くだろうと

▼ 逢はせる~ (13, 0.3%)

3 のは 1 から, くらゐでした, ことぢや, ことに, と言つて, のだらう, ものが, やうにでも, んだ, 爲には

▼ 逢ふも~ (13, 0.3%)

2 のが, のだ, のは, のらしい 1 他日の, 恋しき秋, 我なり, 逢は, 逢はねエも

▼ 逢ひたかつた~ (12, 0.3%)

2 のよ, わいな, んだ 1 かしれない, からな, のだ, のである, よ, 逢ひたかつた

▼ 逢~ (11, 0.3%)

4 つくり 2 期が, 期を 1 さくや, 土山雨が, 模様の

▼ 逢はう~ (11, 0.3%)

1 [11件] と, としてゐる, として長崎, とも自分, と云つたの, と思つて, と新井薬師, な, などと望み給, ものなら, も知れぬ

▼ 逢はん~ (11, 0.3%)

3 とぞ思ふ 2 とは思ひ掛けざりき 1 から, その日, とていかなる, と約せし, と言, もの

▼ 逢ふか~ (10, 0.3%)

3 も知れない 1 と聞く, も知れず, も知れぬ, も知んねえ, わからんぞ, 知れない世界, 見當

▼ 逢ふべき~ (10, 0.3%)

2 ほどの果敢 1 よしの, 人に, 便は, 傳手は, 定離, 我なら, 時ならん, 機ならず

▼ 逢~ (10, 0.3%)

2 て解ける 1 た, たと, たの, たよう, た時, ても一度, てよく, てア爾

▼ 逢ひます~ (8, 0.2%)

1 か, か親分, と, よ, わ, 僕は, 屹度再, 屹度再び

▼ 逢ふとき~ (8, 0.2%)

1 には何だか, はその, はもう, は昧者, は物, は面, をすすめ, 僕は

▼ 逢~ (7, 0.2%)

1 が大変, さが, のです, ような, 所で, 癖にと, 自分は

▼ 逢はれぬ~ (7, 0.2%)

1 が残念, ことに, とお, とでもいふ, と言, 苦しさ, 親の

▼ 逢ひたい人~ (7, 0.2%)

2 には誰, には逢, に逢 1 がある

▼ 逢つた人~ (6, 0.2%)

2 からは妙 1 だが, である, のやう, の中

▼ 逢つた男~ (6, 0.2%)

1 が果して, が萱原其人, だ, であつ, には其の, や女

▼ 逢はずし~ (6, 0.2%)

2 て, て念 1 てロザリン, て死ぬ

▼ 逢はれない~ (6, 0.2%)

2 のだ 1 などと思ふ, のに, ものだ, 人かも

▼ 逢ひける~ (6, 0.2%)

1 ものかなと, よと思ふ, を身, 時しあれ, 縁は, 老夫

▼ 逢ひませう~ (6, 0.2%)

21 とも私, と手, と約束, よ越後屋さん

▼ 逢へて~ (6, 0.2%)

1 うれしかつ, お互に, とても嬉しい, 初夏の, 火を, 赤ん坊生れ

▼ 逢~ (5, 0.1%)

1 ことに, と全く, と熊谷, と驢馬, 前に

▼ 逢つてる~ (5, 0.1%)

1 ところ考へ, と平, と平気, んでこれ, 時だけ

▼ 逢つて話~ (5, 0.1%)

1 も聞い, をし, をしたい, をしたかつた, を交した

▼ 逢はれる~ (5, 0.1%)

1 か, かしれ, かわからない, といふ楽, と考へよう

▼ 逢ひしと~ (5, 0.1%)

2 き余, 言ひ 1 同じここち

▼ 逢ひな~ (5, 0.1%)

1 さりは, されて, すつたから, すつたの, ば此話言づて給

▼ 逢ひません~ (5, 0.1%)

1 から, か遙, ね, よ, 二階の

▼ 逢ふよ~ (5, 0.1%)

1 しの, しもなし, しを, り先, り外

▼ 逢曳き~ (5, 0.1%)

2 の場所 1 に使われた, の費用, は続い

▼ 逢~ (4, 0.1%)

2 しらに 1 たき事, 例の

▼ 逢つたお~ (4, 0.1%)

1 化けの, 半は, 登世が, 鈴はう

▼ 逢つた者~ (4, 0.1%)

1 ですが, と今朝最初, のやう, は人違

▼ 逢つて一~ (4, 0.1%)

2 と晩 1 しよに, と言

▼ 逢つて何~ (4, 0.1%)

1 うする, か変つた話, か氣, を言

▼ 逢はね~ (4, 0.1%)

1 ども一人寂しく, ども異, んでがす, 下は

▼ 逢はめ~ (4, 0.1%)

3 やも 1

▼ 逢ひした~ (4, 0.1%)

1 ところで, のは, んです, 事は

▼ 逢ひま~ (4, 0.1%)

1 すると, つらんとは, ゐら, ゐらせん

▼ 逢ひ見ん~ (4, 0.1%)

2 ことは, ことを

▼ 逢ふため~ (4, 0.1%)

1 ならパリ, に今夜, に僕, 行く

▼ 逢ふまい~ (4, 0.1%)

2 とした 1 と思ひます, と謂

▼ 逢ふまで~ (4, 0.1%)

1 はとても, はと梢, はゆき子, もなく

▼ 逢した~ (3, 0.1%)

1 かのよう, 自動車を, 際来年は

▼ 逢つたつ~ (3, 0.1%)

1 て平気, て話, て転ぶ

▼ 逢つた人々~ (3, 0.1%)

1 を列記, を思ひ出さう, を次々

▼ 逢つた彼~ (3, 0.1%)

1 の人, の見知らない, も宿

▼ 逢つた限~ (3, 0.1%)

2 の菊池君 1 であつ

▼ 逢つてやつ~ (3, 0.1%)

3 て下さい

▼ 逢つて昔~ (3, 0.1%)

1 のこと, の事, の話

▼ 逢つて昨夜~ (3, 0.1%)

2 の樣子 1 の事

▼ 逢つて貰~ (3, 0.1%)

1 ひました, ひ度, へばい

▼ 逢はで~ (3, 0.1%)

1 をられぬ, 止まれぬ初恋, 止みなんと

▼ 逢はば~ (3, 0.1%)

1 唯だ, 小言や, 進んで

▼ 逢はれなくなる~ (3, 0.1%)

3 ねえとて唯

▼ 逢ひがしら~ (3, 0.1%)

1 に下方, に危く, に甚作

▼ 逢ひし阿~ (3, 0.1%)

2 關に 1 関に

▼ 逢ひたい時~ (3, 0.1%)

1 には心, に側, に逢

▼ 逢ひたう~ (3, 0.1%)

2 なつた 1 ないん

▼ 逢ひたくなる~ (3, 0.1%)

1 のは, 男と, 逢は

▼ 逢ひなさいました~ (3, 0.1%)

1 ね, やうな, よほん

▼ 逢ひぬ~ (3, 0.1%)

1 日てる, 秋の, 笑みて

▼ 逢ひ致さず~ (3, 0.1%)

2 候と 1 とか書い

▼ 逢びき~ (3, 0.1%)

1 に来, の場所, の間

▼ 逢ふた位~ (3, 0.1%)

3 ではよもや

▼ 逢ふところ~ (3, 0.1%)

1 から考へる, でした, の三つ

▼ 逢へるだらう~ (3, 0.1%)

1 からさ, と思つた何時, よ

▼ 逢~ (3, 0.1%)

1 しませんよ, はるより, 女房にも

▼ 逢~ (3, 0.1%)

2 てからといふもの 1 てゐる

▼ 逢かね~ (2, 0.1%)

2 候覧

▼ 逢~ (2, 0.1%)

1 て命からがら, 也

▼ 逢~ (2, 0.1%)

1 には居られない, に帰ッ

▼ 逢~ (2, 0.1%)

1 てくれ, ば忽ち

▼ 逢せる~ (2, 0.1%)

1 なんて云っ, 前に

▼ 逢たい~ (2, 0.1%)

1 ぜひ逢, 早く実否

▼ 逢つた上~ (2, 0.1%)

1 でよく, で此先武家奉公

▼ 逢つた例~ (2, 0.1%)

1 のとみ子, もある

▼ 逢つた信吾~ (2, 0.1%)

1 の顏, の顔

▼ 逢つた八五郎~ (2, 0.1%)

1 は其儘有無, を見付けました

▼ 逢つた女~ (2, 0.1%)

1 の人, はち

▼ 逢つた奴~ (2, 0.1%)

2 に似

▼ 逢つた平次~ (2, 0.1%)

1 は小田中左門次, は金六

▼ 逢つた時うつ~ (2, 0.1%)

2 とりおれ

▼ 逢つた時それ~ (2, 0.1%)

1 は気, は氣

▼ 逢つた時彼~ (2, 0.1%)

1 は又, は頻りに

▼ 逢つた時私~ (2, 0.1%)

1 の胸, は折しも

▼ 逢つた樣~ (2, 0.1%)

1 な近づき易い, になつかしい

▼ 逢つた樣子~ (2, 0.1%)

1 はない, はなく

▼ 逢つた誰~ (2, 0.1%)

1 もが打ち解け, もが斯ん

▼ 逢つてそれ~ (2, 0.1%)

1 とはなし, を鑑定

▼ 逢つてみたい~ (2, 0.1%)

1 ね, わ

▼ 逢つて先方~ (2, 0.1%)

1 から田舎風, の了簡

▼ 逢つて叩頭~ (2, 0.1%)

2 するの

▼ 逢つて心~ (2, 0.1%)

1 から詫, の遣

▼ 逢つて挨拶~ (2, 0.1%)

1 した, もしなけれ

▼ 逢つて聽~ (2, 0.1%)

1 いたが, くだけは

▼ 逢つて酒~ (2, 0.1%)

2 を強

▼ 逢なさる~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことは

▼ 逢はじ~ (2, 0.1%)

1 とおも, と計り

▼ 逢はず平行びゆくもの~ (2, 0.1%)

2 また廻る

▼ 逢はせろ~ (2, 0.1%)

1 といふ, と言つて

▼ 逢ひしたい~ (2, 0.1%)

1 お方が, ものです

▼ 逢ひたくない~ (2, 0.1%)

1 のかと, 様な

▼ 逢ひたし~ (2, 0.1%)

1 といふ, の心一途

▼ 逢ひたり~ (2, 0.1%)

2 と言

▼ 逢ひたりと~ (2, 0.1%)

2 て挨拶

▼ 逢ひつ~ (2, 0.1%)

1 こない人, づけて

▼ 逢ひで~ (2, 0.1%)

1 もした, もすれ

▼ 逢ひできる~ (2, 0.1%)

1 でせう, 望みは

▼ 逢ひまし~ (2, 0.1%)

1 てその, て甲

▼ 逢ひも~ (2, 0.1%)

1 しないもの, せぬ自分

▼ 逢ひ思ひし~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 逢ふさ~ (2, 0.1%)

1 へ淋し, まも

▼ 逢ふたれ~ (2, 0.1%)

1 ばさすが, ば流石

▼ 逢ふと直に~ (2, 0.1%)

1 涙が, 風呂敷の

▼ 逢ふべく~ (2, 0.1%)

1 出井へ, 無理に

▼ 逢ふま~ (2, 0.1%)

1 へのたんぽ, への坊主頭

▼ 逢ふん~ (2, 0.1%)

1 ですつて, ですよ

▼ 逢へれ~ (2, 0.1%)

1 ばと思ふ, ば同胞

▼ 逢~ (2, 0.1%)

1 別れも, 被成候哉

▼ 逢~ (2, 0.1%)

1 やら逢, 又た逢える

▼ 逢~ (2, 0.1%)

1 して, そう穿っ

▼ 逢著す~ (2, 0.1%)

2 蓬かな

▼ 逢違い~ (2, 0.1%)

1 になりません, はしないだろう

▼1* [415件]

あせらないや本, 逢北の方即ち, 逢かた見渡たして, 逢ことの泪, 逢さうな人達ばかり, 逢しこともなく, 逢しつたものだ, 逢しゃッた, 逢すかも知れねえ, 逢すると一種, 逢すんだね俺, 逢す人を驚かす, 逢せしサツルニアと, 逢せた訳だ, 逢せます案じる事はねえ, 逢そめてうた, 逢たくて堪らなかつた, 逢たしとは何故人違ひと, 逢たる機会是なり, 逢つたおかげであと三里, 逢つたおつたに對, 逢つたお客ぢやねえか, 逢つたぎりで物足らなかつた, 逢つたさうですよ, 逢つたちんですから, 逢つたぢやない, 逢つたつてしやう, 逢つたてな, 逢つたひとにはちよ, 逢つたらさう言つておくれ, 逢つたら忘れ能は, 逢つたら振り返つて見ない, 逢つたら締め殺すと口癖, 逢つたわけぢやありません, 逢つたアメリカ人らしい若い, 逢つたルンペンらしいルンペン, 逢つた一人として驛員, 逢つた一群の内, 逢つた三人連の小学, 逢つた中坂の藤井, 逢つた中尾千代子さんも此地, 逢つた久保田君は恰も, 逢つた事情も分つた, 逢つた二つの影法師, 逢つた二三の人, 逢つた人達の事, 逢つた人間にこんなに, 逢つた仁王様の様, 逢つた仁王樣の樣, 逢つた依岡駿子さんの三人, 逢つた偶然にし, 逢つた先生の容貌, 逢つた切りだ, 逢つた初には女房, 逢つた加野へ対し, 逢つた友達でも廣, 逢つた叡子さんは昔, 逢つた只一人のルカス, 逢つた同君の末弟四郎君, 逢つた同窓の学友, 逢つた呂竹居に泊る, 逢つた呉夫人がどんなに, 逢つた四人などはどう, 逢つた場所をあなた, 逢つた堺の皆吉, 逢つた大山君井家上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 逢つた奥様がどうぞ, 逢つた奴等の顔, 逢つた娘のこと, 逢つた学校子供はみんなはだし, 逢つた富岡の妻, 逢つた小郡は私, 逢つた屑屋さんを引張つ, 逢つた山田辯護士が聲, 逢つた市人等は, 逢つた幼馴染の私, 逢つた店の火事, 逢つた弟をでも, 逢つた後で屋根, 逢つた感じの人柄, 逢つた文政十年には三十九歳, 逢つた方は自分, 逢つた春葉である, 逢つた時三千代はた, 逢つた時以後もう宅, 逢つた時分お前の名のり, 逢つた時刻は, 逢つた時太田はこの, 逢つた時平次はこの, 逢つた時教誨師は忘れた, 逢つた時明日辞表を出す, 逢つた時明日辭表を出す, 逢つた時清吉は何処, 逢つた時老人はニツコリ, 逢つた晩に彼, 逢つた最後の人, 逢つた森立名さんが四平街, 逢つた様な近づき易き, 逢つた此人の丸出し, 逢つた父親ですが, 逢つた犬は例, 逢つた狐は皮肉さうに質, 逢つた異性同士が存外, 逢つた當座はたしか, 逢つた當時から自分, 逢つた瞬間の恐らくは, 逢つた私は見忘れ, 逢つた秋のふぐ, 逢つた種々雜多な人々, 逢つた経緯を私, 逢つた結果はすぐ, 逢つた翌日その父親, 逢つた芸者があつ, 逢つた薬くさいあんた, 逢つた見習士官が此家, 逢つた角のお, 逢つた詩があつ, 逢つた話や春季, 逢つた逢つた奥様がどうぞ, 逢つた門附は先刻, 逢つた限名も知り, 逢つた難儀の二十分の一, 逢つた頃のこと, 逢つた顏といふの, 逢つた風であつ, 逢つた鼠は賢い, 逢つてあちらのこと, 逢つてあなたは酔つて, 逢つてお前が跟, 逢つてお前さまのお, 逢つてお話がし, 逢つてお隣に住む, 逢つてこれこれと声, 逢つてさへくれましたら, 逢つてすつかり濡らして, 逢つてそつとこれ, 逢つてどうしようと言う, 逢つてふたりでストオヴ, 逢つてみたいひとがゐた, 逢つてみたいやうな氣, 逢つてみたい人と逢, 逢つてものをいはう, 逢つてわたしたちはあの, 逢つてマドリィに達する, 逢つて一ぺんにわかつた, 逢つて一人の主, 逢つて一刻も早く, 逢つて一度に伸び出した, 逢つて一應訊いた上, 逢つて一所に旅行, 逢つて一歩を進める, 逢つて一緒にのんびり, 逢つて三千代の為, 逢つて三圍前のお, 逢つて与太をとばし, 逢つて九死一生の危いところ, 逢つて了ひました, 逢つて二人は排除, 逢つて二言三言爺やに訊ねた, 逢つて云ふべき事, 逢つて亡友の平生, 逢つて今晩無事に戻つた, 逢つて仕舞つたと大, 逢つて以後味はう事, 逢つて会議の際, 逢つて何處へか失奔, 逢つて來たんだらう, 逢つて來ようか, 逢つて先祖の墓, 逢つて其事を話す, 逢つて其經歴を聞いた, 逢つて其風采言行の非常, 逢つて冨子の落ちつき先, 逢つて冬中縮めて, 逢つて印刷のこと, 逢つて友達の家, 逢つて叔父を殺した, 逢つて君の完全, 逢つて喜び震へてゐます, 逢つて喫驚する程, 逢つて境内の水茶屋, 逢つて大金を取られ, 逢つて奉公人の身許, 逢つて女の儘, 逢つて孫六をうんと, 逢つて宗方家の身上, 逢つて家の中, 逢つて小判で五兩, 逢つて己れを, 逢つて幻滅を感じた, 逢つて彼女はほ, 逢つて後悔して, 逢つて御覧なさい屹度従来, 逢つて徳力屋の家, 逢つて心持を訊いた, 逢つて忌服中のこと, 逢つて志を見せよう, 逢つて愉快だつた, 逢つて意見しましたが, 逢つて愚痴やら繰り言, 逢つて慶賀も言ひたい, 逢つて戸惑ひしたらし, 逢つて手のちぎれる, 逢つて手代宗次郎を殺し, 逢つて散々取締められて, 逢つて斯んな難, 逢つて旅行を延ばさせる, 逢つて本心を聽, 逢つて杜若の咲く, 逢つて案内され紹介, 逢つて正月以來かの小幡, 逢つて此後とも一切, 逢つて歸つて來るん, 逢つて母に非常, 逢つて氣絶する程甲板, 逢つて混乱して, 逢つて無事に歸つたの, 逢つて燒出されたため, 逢つて百兵衞の外, 逢つて相談をし, 逢つて神無部落, 逢つて移つて来てから, 逢つて種々なこと, 逢つて立止まつたり, 逢つて立留つてその蝋燭, 逢つて立話をし, 逢つて約束なすつたさうで亥刻半, 逢つて紫御殿を拵, 逢つて結婚の相談, 逢つて給はるかと顏, 逢つて能く話し, 逢つて自分の未来, 逢つて蒼惶として門, 逢つて行つたのです, 逢つて褒祝の言葉, 逢つて解決を付け, 逢つて詩文稿に墓誌銘, 逢つて誰かに責められ, 逢つて足をよごし, 逢つて身ぐるみ持つて, 逢つて近頃の大きな, 逢つて逢つたとたん, 逢つて遁げたんです, 逢つて野州二荒山の奧, 逢つて隱宅を飛び出し, 逢つて顏を見る, 逢つて首を三太刀, 逢つて麻布白金台に移つた, 逢つて龍馬等は来ません, 逢つとかなくちや, 逢ては仕方が, 逢という男は, 逢ないでは, 逢なすったと翌朝, 逢事とて, 逢はじ物も思はじ, 逢はずんば寧ろ, 逢はず二階の一室, 逢はず大阪へ様子, 逢はず客待の車, 逢はず真も久, 逢はず私は小, 逢はず維新のとき, 逢はず職業にも刺戟, 逢はず茶店に憩う, 逢はず葭剖も聞かず, 逢はず雨しきりに降り, 逢はねエもあるもの, 逢はれむ我か, 逢はれた夢を, 逢はれなくなりさうな気, 逢はれねえから駄目, 逢はれまじき友人と, 逢はんのですとも, 逢はんわれならなく, 逢はん時避けて, 逢はん私から手紙, 逢ひかたらふ若い男女, 逢ひかつましじ石川に, 逢ひければ乃ち此, 逢ひけんやうに, 逢ひさうな気, 逢ひさうなものだ, 逢ひしかばおもしろく, 逢ひしたかつただけです, 逢ひしたき人多けれ, 逢ひし夢見て, 逢ひすぎるのは, 逢ひする事が, 逢ひたいつて別にいまさらあなた, 逢ひたいつて云ふ方, 逢ひたいつて云つて私どうしよう, 逢ひたいボタ山が見えだした, 逢ひたい一念で戻つた, 逢ひたい事ね, 逢ひたい幸にし, 逢ひたい捨炭山が見えだした, 逢ひたい旨電話した, 逢ひたい明日までは待たれぬ, 逢ひたい気もした, 逢ひたい気持もあつ, 逢ひたい氣持ちである, 逢ひたい私の心, 逢ひたい粉炭はじく, 逢ひたい緑平老澄太君, 逢ひたい若葉がせまる, 逢ひたい逢ひたいつて云つて私どうしよう, 逢ひたうて逢うてゐる, 逢ひたうならるると見える, 逢ひたうなる雨が, 逢ひたかった太郎冠者は, 逢ひたきアお前一人で, 逢ひたくなくなつたものだ, 逢ひたく思ふのは, 逢ひたく無いわ, 逢ひたければ洋紙, 逢ひたし見たしなど陽, 逢ひたてまつる忝け, 逢ひたらむをりに起すべき, 逢ひたる如き念を, 逢ひたれども御身, 逢ひだ夜は多, 逢ひつかまへて文学論, 逢ひつづいて兄さんたち, 逢ひつ大原の野路, 逢ひですがこれ, 逢ひと云ふ, 逢ひなさいます其のあの垣根, 逢ひにくる子と, 逢ひぬるかな, 逢ひぬれば, 逢ひぬ飽かずと泣き, 逢ひびきの時間, 逢ひませんではどうも, 逢ひみしは初春, 逢ひ入れ違ひ, 逢ひ初めるくだりは, 逢ひ別れてからシネマ見物, 逢ひ得た今だけでも, 逢ひ致しまする面目が, 逢ひ見度き, 逢ひ見しとにはあらなく, 逢ひ通しましよ切れますまい, 逢ひ附け廻りにて, 逢ひ馴れてゐる, 逢ふから内へ帰る, 逢ふか分りやあしない, 逢ふか否かは固, 逢ふくらゐなら淵川, 逢ふそれなぞは, 逢ふたときその話, 逢ふたのはうれしい, 逢ふたり別れたり, 逢ふたんやと, 逢ふた其川の中, 逢ふた時いふて, 逢ふた水底から仰向け, 逢ふだらうとは兼, 逢ふつもりで富岡, 逢ふて見ればいづれ, 逢ふて話してくれい, 逢ふですが彼, 逢ふといへども田水, 逢ふところ三益映画に馴れない, 逢ふとすぐにお, 逢ふととかくしや, 逢ふと少しテレて, 逢ふと早速云った, 逢ふならば必ず, 逢ふべくあれや, 逢ふべくして逢, 逢ふべく出かけようとしてゐる, 逢ふべく走り出づ, 逢ふもんだらうかねえ, 逢ふ別れて宵, 逢ふ気づかひが無い, 逢ふ退けるまで待つ, 逢ふ隣りの寝台, 逢ふ飲む酔ふ, 逢へど枯れざりし庭, 逢へども可懐き, 逢へり鋭利の, 逢へるよろこびをいそぐ, 逢へんかしらん, 逢やあしなかったか, 逢やったかや, 逢れぬとなる, 逢れん僕の躯, 逢ことは, 逢イタイト云ッタラバ内弟子ガ出テドコカラ来タトイイオル故ニ, 逢イニ来タト云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, 逢ウタラ鰹節一本贈ルナドトイウテ居タガ, 逢ッタガ江戸ニテ帯刀ガ世話ニナッタコトヲ厚ク礼, 逢ッタコトガナイカラ近附ニ行ッタラ, 逢ッタトソノ時ハ綺麗ノナリデ居タトオレノハナシヲシテ二時バカリ休ンデ居, 逢ハムト契リタラムニ泊瀬川ノ早, 逢ヒタル乎ト五体ヲ地ニ擲チ, 逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, 逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, 逢フ毎ニ再ビ前時ニ認メ得タル者ナルコトヲ知ル上ニ, 逢ワヌカラ近所ヘ来, 逢一向御挨拶等, 逢五嶋の志ハざきにて乱板, 逢を抜間, 逢は二十五, 逢曳きなのだ, 逢来りしものと, 逢見ぬ心地する, 逢見る心地す, 逢見ればまた, 逢諸星方寸億劫且暮待来者之折衷, 逢道路逡巡入草, 逢違う筈は, 逢音容絶胸中鬱勃向誰説, 逢黄泉の客