青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「造~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

通り~ ~通る 通る~ 通俗~ 通信~ 通用~ ~通過 通過~ 速~ 速度~
造~
造り~ ~逢 逢~ ~逢う 逢う~ ~逢っ 逢っ~ ~逢った 逢った~ 連~

「造~」 2852, 31ppm, 3789位

▼ 造~ (548, 19.2%)

5 それを 4 自分の 3 さう, どうする, 何か, 思った, 思つた, 眼を

2 [18件] この家, その話, ふいと, 三人の, 云った, 仕方が, 内地へ, 女の, 妙な, 心の, 急に, 決心した, 秋子の, 立ち上って, 考えた, 鋭い目, 頭を, 黙って

1 [485件] あ, いきなりどきんとした, いきなり左, いくらか, いつまでも, いつも, いつもより, うっかり場所, うつかり, うなずいて, おれも, お徳, お玉の, お鳥, ぎくりとした, ぎょっとし, げんにいま, こ, こういうもの, このじだらく, この一二年前, この三人, この二人, この変化, この席, この秋学校, こわれた丸髷, こんな事, さげすんだよう, して, しばらく物思い, じりじり日, すかさず, すぐに, すつかり, すなわち御, そういっ, そうは, そう云った, そう呟いた, そこを, そっと寄っ, そっと雨戸, そのけ, そのカッコ, その上, その仲間, その内部, その前, その姿, その実, その後ろ, その後転々奉公先を, その手, その指先, その方, その枕頭, その理由, その結婚, その腹部, その足, その跡釜, それが, それどころで, それに対して, それらの, それ以来知吉を, そんなこと, そんなふざけ, ぞっと身, た, ただ医学士, ただ短い, ただ茫然, ちぐはぐな, ちよいと, つと席, でっぷりと, とうとう押さえられ, どうした, どうして生き, どうして逢った, どうもする, どきりとした, どきんとし, なだめたが, はげしい欲情, はっとして, はなはだ煮え切らぬ, ひた走りに, ひるまず折合ったところ, ふう, ぶつぶつ独白, ぼんやりした, まず書いた, またその, またぞっと, まだ若い, もうどこ, もうなんといっ, もう一度振り向いた, もう一歩, もう一辺接吻, もう何, もう六十, もう四十, もう格子戸, もう自分, もう誰, もう逆上, もう頭, もそもそと, やって来た, やや暫く黙っ, やをら立ち上がりつ, よく知っ, わざわざ探る, わたしの, イヤな, コロリに, ジロリ其を, チマ子が, チマ子を, ニヤニヤと, ニヤリと, ノサ, ヒヤツと, フヽンと, プラットホームの, ボクに, ポケットを, ムツと, 一々前, 一ときは, 一ヶ月ばかり, 一体お前, 一先ず伝三郎, 一夜も, 一寸其処, 一寸好い, 一寸面喰った, 一晩床の, 一種の, 一種段取りの, 一緒に, 三週間も, 不快に, 不意に, 不格構, 不機嫌だつた, 世にも不, 主人役を, 乳母が, 乳母の, 二十七八で, 二川家の, 二川重明の, 二度も, 些かヒロイズム, 今しも, 今でも, 今度は, 今更の, 今朝チヨツキの, 他人の, 代用教員三亀雄は, 以前から, 伯父の, 低頭ける, 何だか解らなく, 何だか面白い, 何とも云え, 何の, 何故かむしろ浮かぬ, 何處に, 余り御馳走でも, 余程神妙さうに, 俄に, 俺の, 倒れたま, 傍から, 優しい目, 兄の, 児子一家の, 全身を, 再び女房, 再び賀来子, 再三それ, 初めそれを, 初めの, 初め一向, 利発に, 到, 力を, 北村も, 医者だ, 十分おきくらいに, 十年越の, 千葉へ, 半身を, 危険な, 即越智氏同族, 去りぬ, 又どこ, 又考え, 反り返つて呵々, 叔父さんが, 叔父さんと, 口小言を, 口走つた, 只だ, 叮重に, 叱りつけた, 司法主任以下に, 名前を, 吻を, 告げた, 唸った, 喧嘩の, 喧嘩を, 喫驚し, 喫驚した, 坪井医学士に, 堪らなくなった, 多少そんな, 多少意地, 大して予想, 大急ぎで, 大袈裟に, 大阪の, 太い息, 夫婦喧嘩を, 女中の, 女中を, 好い心持, 妄りに, 妾宅の, 威勢よくぽん, 存外容易, 安心し, 実際に, 実際の, 家の, 家へ, 富子の, 寝ながら, 尋ねた, 尋ねて, 小使では, 小使に, 小刀の, 小声に, 小綺麗な, 小首を, 少からず, 少なからず驚いた, 屍体を, 左右の, 己れ, 巻烟草入を, 席を, 帰つて来なかつた, 平助を, 平生小言を, 平身低頭, 幽霊じゃあねえ, 幾万円の, 幾分苦し, 広島を, 床の間の, 座つた儘冷静と, 座を, 座布団の, 廊下の, 引率し, 彼女の, 待呆けを, 得意そうに, 御主人, 御臣, 復一が, 復一の, 微笑した, 心底から, 心身の, 必死に, 怒りっぽく, 怒鳴りつけるよう, 怖じ恐れた眼付, 思い出した, 思う, 思はず咳払, 思はず声, 思わずにやりとした, 思わず縁側, 思わず飛び上った, 怪しい心乱れ, 怪しい心地, 恐しく輪郭, 息を, 悪夢からでも, 悲痛な, 情けない気持, 情なさそう, 惘然と, 愉快な, 愉快を, 愛想好く, 感じた, 感じながら, 憤怒の, 懐中に, 折々烟草, 持って, 探偵帆村の, 推測を, 支店長の, 散歩を, 新聞広告には, 新聞紙上に, 既に破産, 日本的でなく, 早口に, 早速お, 明日迄も, 昏迷した, 昨夜の, 昨日午後六時三分茅ヶ崎発の, 昼間は, 暫く黙っ, 最初は, 最初背中を, 本気で, 東京へ, 松永町から, 案内せられた, 桜橋まで, 梅子の, 梅田新道の, 棒の, 楔形の, 横の, 次いで, 歎息した, 止めず鍬, 正木正太を, 正直に, 此の, 此処まで, 死んだの, 死んで, 殊更に, 段々気, 気に, 気勢を, 江木弥作親分から, 池の, 泪を, 流れ流れ, 流血した, 涙が, 涙ぐましい心地, 涙ぐんだ, 深く差しうつむき, 渋々ながら, 湯島の, 満州へ, 源右衛門を, 滅多に, 漠然とした, 激しい身振り, 火鉢の, 烟を, 烟草を, 無類の, 然し突嗟, 焼き場へ, 焼き場を, 爺いさん, 爼橋を, 牧師を, 物に, 独り本を, 猛獣の, 生き返ったん, 男である, 疑つて, 病人の, 癪に, 益々賀来子, 目の, 直営店の, 眉を, 眉根に, 知って, 知らず識ら, 知らない, 神経衰弱の, 福地の, 秋子に, 稍かすんだ, 種々ある, 窓の, 立ち上りかけた膝, 立ったまま, 竜子の, 算盤を, 約束どおりその, 紅雀の, 素早くそれ, 結局は, 縁から, 羨望された, 老人といふばかり, 老来なほ矍鑠, 考えて, 肥後國の, 胸を, 脚絆を, 腕を, 腹の, 自ら喫驚し, 自分だけの, 自分に対する, 至急に, 舌を, 舌打ちを, 色白の, 花陵島に, 若い頃, 苦笑も, 茅ヶ崎に, 茶の間で, 茶漬屋に, 莨の, 血を, 血相かえ, 袖に, 裏の, 西岡の, 見かねて, 見て取った, 見る, 覗いて, 覚えず蹙め, 観念の, 解つた, 言分けには, 言効なし, 言葉を, 読みおわって, 調子に, 谷口家を, 貰うとも, 貴子に, 貴子の, 資金調達の, 車夫の, 辛い想い, 辛うじて失笑, 返事を, 連れが, 遂に, 遂に怒り, 部屋に, 酷く吃驚, 金天狗に, 金曜日の, 雀躍を, 面倒がっ, 頬に, 額撫でつ, 顔で, 顔中撫で, 飛び上らんばかりに, 飛んでも, 食事を, 飴屋の, 飽くまで立派, 首を, 馴, 駅前の, 驚いた, 驚いて, 鳥渡あかい

▼ 造~ (475, 16.7%)

9 顔を 5 嫗たちを, 眼は, 祖先です 4 家が, 家の, 祖先の 3 ことを, ところへ, 前に, 心は, 様な, 真相を, 胸に

2 [30件] ことが, ことも, こもって, とこからや, 名に, 安否を, 居よる, 幽霊が, 後に, 心に, 手に, 手紙かいな, 手紙を, 方から, 方で, 方を, 棚卸を, 様子を, 気持は, 玄関には, 眼に, 眼の, 美しい声, 自由に, 興行物の, 財産は, 質屋も, 避雷針古い, 頭に, 顔が

1 [358件] あの黒い, いう事, いない時, いるいないに, いるところ, いるアパート緑荘, いわゆるよそ, おやじが, お化けみ, お話を, きょときょとした, こう云う, ことだった, ことで, ことに, ことについて, こと位で, こまごまと, するしごと, そばに, ためには, とおりに, ところに, となりに, ともがらであり, ひっそり働い, ような, アラカハトベの, 一件から, 一件を, 一家をも, 一家唐駒の, 三人を, 三度目の, 三階で, 三階へ, 上を, 下に, 下宿屋である, 不在を, 中から, 中の, 中へは, 乾坤と, 事が, 事だ, 事なく, 事については, 事務所へ, 云うこと, 仁王尊が, 今度の, 仕事場が, 仕舞家が, 仮睡し, 体が, 体は, 使いで, 借銭は, 借錢, 兄弟分で, 兄弟分と, 先祖とは, 先祖も, 児であり, 公判の, 内の, 内へ, 内的活動と, 処置を, 出奔を, 出張所とは, 分に, 別乾坤, 別宅へ, 別荘です, 別荘の, 前で, 勉強ぶりは, 勢に, 十畳間なり, 印の, 印籠で, 印象は, 友人と, 叔母という, 口先に, 口癖だつた, 名で, 名は, 告白を, 唇は, 商会が, 商会は, 四人の, 四室で, 土蔵とが, 土蔵の, 基本的な, 声だ, 声は, 変死を, 外に, 大分東洋臭い古い, 大建物, 大恩, 天資に, 太き眉根ビクリ動き, 女が, 妙案が, 妹は, 妻に, 妻の, 妾だ, 姿が, 姿に, 娘じゃ, 娘で, 娘に, 嫌疑に関する, 子を, 子供は, 安心を, 室に, 宮簀媛けせ, 家であった, 家なんか, 家には, 家へは, 家を, 家並で, 宿屋の, 寺は, 小家と, 居所を, 屍体を, 崖邸は, 平家にて, 平素の, 年上の, 幼時の, 幽霊は, 幽霊を, 床は, 建物と, 建物なども, 弁護を, 弟に, 弟子なら, 影も, 心理状態は, 思ったこと, 性癖について, 恩が, 恩を, 息の, 悪影響に, 情に, 意識は, 態度でした, 態度は, 懐ろに, 或嫌疑, 所に, 所在が, 所管に, 扉の, 手の平は, 手を, 手紙が, 手紙なら読まん, 手紙なら讀まん, 打った所, 拝殿が, 拳骨を, 持って, 持物に, 振舞を, 据わって, 故に何, 新しい二階, 新講堂, 方が, 方に, 方まで, 昔を, 書いた文章, 書斎からも, 有罪は, 本妻が, 来た方角, 来るの, 来る度数, 棺桶は, 次女ひ, 欲が, 歩いて, 死骸を, 気に入った店, 気に入るよう, 気弱さ甘え, 気持が, 江戸の, 注意を, 泪を, 洋服を, 潜水船も, 潜水船を, 瀬戸物屋が, 灰を, 為めに, 為向け, 煙突より, 熱した頭, 物あり, 物馴れた, 特赦を, 独力では, 玄關に, 率いる一行, 理を, 生活は, 生活を, 生涯は, 申し分を, 申すこと今日, 申出通り, 申状を, 男が, 男で, 略では, 異きまで, 病気或は, 皇別に, 皇別より, 目が, 目で, 目には, 目にも, 目を, 眉間を, 真四角な, 真意は, 瞼に, 知って, 祖先か, 祖先たる, 祖先神, 祖名は, 祖大根の, 祖意富多牟和氣が, 祖漢の, 祖父に, 私民では, 秘密書類の, 称で, 稍し, 穀物納屋の, 窓硝子の, 窮迫を, 立ち並ぶ裏通, 端正さは, 筆跡で, 筆蹟で, 籠って, 米友は, 系圖に, 紅茶茶碗を, 紙巻を, 細鞘に, 結婚の, 総領娘と, 編纂に, 罪に, 翁から, 老いては, 耳に, 耳には, 聞いた人, 聞くも, 職人が, 職業を, 肩で, 肩を, 胆入りで, 背中を, 胸から, 胸の, 胸は, 腰骨を, 菩提所か, 蔀の, 薦めを, 薬を, 血が, 行くえ, 行状を, 表情は, 袂を, 要求は, 言った形容, 言分けが, 言葉に, 証人として, 詞を, 詭弁が, 話は, 話を, 説明も, 謂う戸口, 財布を, 財産を, 買って, 質問は, 賽の目の, 足下を, 足取, 身の上なぞを, 身分に, 身辺の, 輔導の, 迷いを, 追從顏, 逃げっぷり, 這入って, 過ったの, 過去の, 遣り繰りの, 遺産が, 遺跡が, 邪推深い, 部屋から, 部屋の, 部民と, 酒味不, 野心は, 野郎も, 長女梅子と, 閉め込んだ構え, 隠し妻平山いくが, 隣りに, 露骨な, 面和ぎ, 順だ, 順で, 頭の, 頭を, 額に, 顏を, 顔に, 顔色が, 館の, 首ツ玉を, 駆落, 駆落ち, 魂が, 鼓楼この, 鼻の

▼ 造~ (190, 6.7%)

5 祖なり 3 来て 2 ためには, 云った, 云つた, 為めには, 立って, 青竹を

1 [170件] あきれたよ, あけに, あらわれた, ありその他門下, あり県, いかん言う, いたもの, いて, うるさ, おたく, おとなしく留められ, お玉に, お玉に対しては, かけ足, この事件, この写真広告, この噂, して, しらばっくれる, ずけずけと, その十人, その夜, それから, そんなにおっくう, そんな時, ちょいと, ちょっと見, づらり, とりなすよう, どうした, のめりました, ひとりおくれ, ひどく簡単, ひょっくり裏門, まっしぐら, やって来た, ゆうべから, よく知っ, わたくしの, わめきたてました, ゐた, スタヂオめぐり, チョイと, ドロンを, 一々その, 一儲け企らんで, 万事に, 上品な, 不意に, 中を, 二人多, 云つてゐる, 休らって, 会社から, 住んで, 信次郎を, 元来苦労人で, 入って, 八時頃東京に, 六歳の, 出掛けて, 出立した, 判じ絵文の, 別荘に, 剣舞を, 勇むに, 千円で, 千圓で, 千葉へ, 原稿用紙に, 収監され, 取払われると共に, 受取った伯父, 壁一重向うの, 声を, 夜鷹に, 大和の, 大和朝廷に, 大見得を, 女中に, 女房の, 妙に, 少しばかり, 尤もらしく, 居なくな, 崩れて, 帰った跡, 帰つて来れ, 平気で, 広告材料に, 待ってると, 心得顔に, 心配し, 応接室に, 怖ろ, 悪かつ, 或る, 戻つて, 戻つて來, 手を, 捕り物, 新聞で, 日あたりの, 昔の, 最後に, 来た, 来ても, 板について, 案内状を, 死したよし, 死にや, 死んだの, 死んだので, 段々神, 殺したとしか, 気嫌の, 沢山の, 烟管に, 無縁坂から, 熱心に, 爪立たなければ, 犯人だ, 独語の, 生れたので, 生れた頃, 畑に, 番小屋へ, 疑わしくなるでしょう, 疲れて, 癇癖を, 発揮した, 盗んだに, 祖宇豆比古が, 祖美夜受比賣, 突然尻ッ尾, 立て替えて, 結婚すれ, 綺麗好で, 義弟である, 聞いた, 背負って, 能く, 薄ツぺらな戯談, 蚊屋の, 袴を, 裏口から, 西郷さんの, 見かけに, 見て, 見ると, 言うと, 言って, 訊き返した, 訊くと, 詐つて言います, 貸金を, 足音で, 躍出したの, 迎ひ, 這入って, 連姓を, 連珠, 邸は, 部屋を, 野に, 鉱毒問題の, 隠居所に, 青い着物, 高利貸であった, 鷹揚に

▼ 造~ (126, 4.4%)

7 拵へて 4 二つ拵へて 3 見ると 2 こしらえて, つかまえて, 不安に, 二つ拵へ, 定め給, 振り立てて, 理記に, 見た

1 [96件] うながし連れ立って, おっ立てたチョビ安, お定め, お引きあげくだす, きめた恰好, こしらえながら, すこぶる満足, つっつくが, とらえなければ, なだめ, ほぐすと, ぽうっとさせ, もって, やとってから, クニノミヤツコトモノミヤツコと, 一瞥し, 一篇の, 中央委員會に, 乗せた人力車夫, 二つこせえ, 二つ七三に, 二つ陰氣に, 仰ぎ見て, 何か, 侯爵は, 先頭と, 内地に, 取り押さえた為, 取巻いて, 呼び止めて, 呼んで, 圧倒したる, 大佐は, 失った, 定めたまひ, 実際以上, 家の, 家へ, 庇護ひたい思ひ, 引致しよう, 弱らせた, 待って, 忘れしかと, 念入りに, 愛して, 慢罵した, 憎むとか, 懷へ, 抱いて, 抱き擁, 拔く, 拵えたま, 拵えて, 拵え職人, 拵へ, 持込むやう, 捉えて, 支持する, 望むと, 木の間に, 構えた地域, 構へ, 標幟と, 横目に, 疑う気持, 疑って, 睨んだ, 稱へて, 経営した, 置かない, 置かれしこ, 罵る言葉, 肩の, 肩へ, 薙ぎ浪人者, 見かけたの, 見かけて, 見そして, 見つけて, 見る眼, 見送ると, 観察したら, 解くこと, 誘うに, 誘ひヂユリアン・ヴオカンス訪問, 責めること, 賜わったの, 賞讚した, 迎えに, 追いかけさせたの, 追って背後, 追つ, 逃亡させよう, 連れて, 遇すること, 頭ごなしに

▼ 造つて~ (113, 4.0%)

6 ゐた, ゐる 3 ゐるの, ゐるもの 2 あつた, ゐると, 居た, 居たの

1 [87件] あつたり, あつて, ありまして, あります, ありますけれども, ある, あるの, あるので, ある宮, ある小屋, ある庭, お住ませ申し上げました, そして外国, その上, その中, その夫, その殼, その船, その酒, その隙間, それで眠り, のんびりと, は売り出し, むく, も乾かす, も又, やらうと, やらう土管, やる, やるの, ゐたの, ゐた異種, ゐた部族, ゐて, ゐました, ゐるか, ゐること, ゐるだから, ゐるに, ゐるやう, ゐるわれわれ, ゐるん, ゐる一二軒, ゐる五枚, をいた, をりました, 厳にデウス, 呉れたから, 呉れたり, 呉れても, 呉れなかつたこと, 呉れる草履, 奉つたの, 射ること, 居た肴屋, 居ます, 居りました, 居ります之, 居る, 居るか, 居るから, 居ると, 居るの, 居る川巾, 居る間, 拵え上げたん, 断つた, 来ましたから, 架けたそこで, 植えられた大きな, 猛獸毒蛇, 立ち塞つて, 絶えず眼, 置いたからね, 置いたなどといふ, 置いたの, 行く, 行くの, 見せた, 見せると, 見たいと, 見た事, 見ると, 速く流れ, 進んで, 防いだけれども, 頂かうと

▼ 造~ (102, 3.6%)

3 頼んだ 2 して, なって, 似て, 同様首筋を, 向って, 定め賜, 渡して, 言うて

1 [83件] かかって, きいて, こういわれる, こう云った, このごろ虎列剌が, したの, しばらく帰京, する事, その頃さう, それを, なさいました, なった為合者, なりすまして, なるもの, なる必要, なろうと, まるめられてと, むかい, 一目置い, 不機嫌な, 世話に, 事情を, 云うこと, 云うの, 云った, 云わすれば, 任ぜんか, 会ひ, 会ふ, 会へる, 伝えようと, 似合わしくない, 何かの, 出會, 前借りを, 化って, 取ついたらしいよ, 取られるの, 囲われること, 変装し, 妨はむ, 宛て, 希臘悲劇に, 廻つたのである, 当つて, 当る宰, 成つた洗濯船が, 成りましたので, 成り澄し, 打ちあけた, 振返ってから, 振返りそれ, 會ふ, 気に入って, 決心させた, 注意し, 渡した, 渡そうと, 漢書の, 留守の, 留守を, 番を, 疎くなった, 相談された, 知らせた, 祖先の, 秘密の, 立てられた二人, 聞けば, 肥って, 背中を, 落ちつかない気持, 行逢った, 訴えるの, 誘われて, 読ませて, 賀来子を, 邂逅し, 離縁勧告の, 飛びかかって, 飛躍しよう, 馴れた手, 麦藁から

▼ 造つた~ (89, 3.1%)

6 ものが, もので 4 ものだ, ものである 3 ことが, もの 2 かも知れません, ことは, といふ, のでせう, ものと, ものとは, ものには, ものは, ものも, んです

1 [43件] かと教師, からである, が折角, ことで, ことを, ことをも, この圓窓, ごく荒い, その燒餅, その経験, ぞ, といふこの, といふの説, といふ純粋, とかで, としてゐる, とする, と云, と傳, と共にその, と歟又, と称する, なら御子, にも拘はらず, のであつ, ものでありまし, ものなら, ものに, ものの, ものよりは, ものらしく, ものを, やうな, やうに, 古いお, 古い巣, 大きい石, 大きな花束, 少しばかりの, 片假名文字, 長い廊下, 青葡萄, 黒い冠

▼ 造~ (74, 2.6%)

2 一緒に, 茅ヶ崎の

1 [70件] いいまして, いえども, いつたかな, おなじく神事, この六人, この助, したならば, す, その娘汲子, その男, なし以, スミルノフ二十一番とを, 三年前から, 二人で, 云うの, 云った以上, 云って, 云ひ, 五兵衛が, 五兵衛という, 亜介が, 亜介は, 仰有, 作者との, 來て, 八十吉と, 八十吉の, 共謀で, 別れたくなかったの, 別れると, 卓一の, 同一なりや, 同化し, 同時であった, 名乗った男, 呼ばれたの, 呼ばれて, 噛んで, 固くしるし, 変えたの, 大吉の, 奥の, 小泉とは, 帆村探偵とを, 平助である, 幼い時, 書かれたことば, 最も親しく, 桜場の, 横柄な, 死者とを, 源右衛門とが, 玉子だけが, 申す不調法者, 畑へ, 盤とを, 相談し, 看做したるならむ, 看護婦とで, 眼を, 称す, 稱する, 言うの, 言う野郎, 言った時, 警官は, 賀来子は, 電線と, 顔を, 黄金豹と

▼ 造~ (53, 1.9%)

42 であった, は去れり, へ, を農商務大臣

1 [41件] が, がその, がホッ, が一番, が山本氏, が後で, が気息, が能静氏, とともに電車, とばかり懇ろ, に師伝, の令息, の前, の勧め, の台所口, の型, の実弟, の幼時, の息子, の所有船小松丸, の文, の歿後, の調子, の輔導役, はきわめて, はそこら, はどこ, はもう, はよほど, は六十, は南大牟田市, は囃子方, は失踪後, は幕, は新, は椅子, は熱心, もあきれ, や山本毎氏等, を遇する, 同昌吉氏

▼ 造さん~ (36, 1.3%)

2 とおっしゃる

1 [34件] かえ, から知らせ, が通りかかったで, じゃありません, すまなかったなあ, だとか, だな, だよ, で三番目, という方, とおいいなさい, とこの, とには関係, と言う, どうもありがとう, にお, に一寸どうぞ, に不動様, に宜しく, に当座, に盗め, に聞く, のお, の別荘, の夫人, の懐中, の手, はコロリ, は出席, は深川, まあそこで, や, ゐら, 面白いわ

▼ 造~ (35, 1.2%)

1 [35件] お玉の, かなり飲ん, きき知って, すっかり変っ, その一人, またキミ, また物心, まるで知らぬ顔, 下妻の, 下谷へ, 人殺しだ, 今は, 仲間に, 再び譲歩, 多少その, 大吉に, 大納涼, 寝て, 居たたまれず暫らくまごまご, 山下松次も, 店の, 思って, 息子をば, 拔か, 料理屋へ, 早や, 次第に感情, 止まったし, 洗って, 清五郎も, 秋子も, 自分の, 表向きに, 遠慮は, 黙つて

▼ 造という~ (32, 1.1%)

3 奴は 2 のが, 男は

1 [25件] お爺さん, ごく温和, じいさんは, じいさんを, 三つの, 人が, 人は, 人物と, 人物を, 名に, 大工が, 大酒飲み, 奴か, 奴で, 姓名です, 家の, 少年から, 文化団体関係の, 文字であった, 氏族も, 老人と, 者が, 若い大工, 話です, 青年の

▼ 造じいさん~ (27, 0.9%)

3 に化け, の部屋

1 [21件] がじ, がそっと, がたたみ, がシャベル, が園田さん, が手品, が目, が警官, だけにてつだわせる, だったでは, とネコじいさん, に, になっ, に命じました, の顔, はたたみ, はまっ暗, はギョッ, は園田さん, は床下, や警官たち

▼ 造~ (27, 0.9%)

2 たりこ, たりし, てくれた, てくれる

1 [19件] たりしました, たりする, たりすれ, たりその, たりまた, たり又, たり古風, たり大人, たり小さな, たり打ちつけ, たり火, たり自分, たり靴, ている, ておいた, てくれ, てしまへ, てみよう, てる

▼ 造~ (23, 0.8%)

2 あつた, 一寸見には

1 [19件] あつたらしい, あらうとは, お糸, お辻, それで緋, それを, 一方に, 一階の, 一高の, 口を, 右の, 夜分は, 床も, 店と, 引越した当分, 心得て, 悪けりゃ勝手, 瘠ぎすな, 遊びや

▼ 造から~ (21, 0.7%)

2 手紙が

1 [19件] こう云っ, すッ, であった, もらつた通訳, 來たんか何言う, 再造, 勇気を, 取って, 呼び戻されて, 好意を, 宗教上の, 彼の, 来たん, 注意された, 纏った金, 聞き込んだ事実, 見せられたこと, 金魚に関する, 預った旅費

▼ 造には~ (20, 0.7%)

1 [20件] からきし智慧, この外, こんな不, ない, むしろ適わしい, もう何事, 不思議に, 伯父の, 何か, 何の, 凡てが, 分からない, 分からなかった, 堪えられないの, 実感出来なかった, 思われた, 慾得の, 目が, 腹が, 若すぎる

▼ 造つたの~ (19, 0.7%)

3 だと 2

1 [14件] か偉い, だらう, であらう, であります, でありますが, である, です, と違つた, は丁度, は子規子, は慶長元和, は経営者, も初め, も少く

▼ 造~ (19, 0.7%)

2 を迎え

1 [17件] かよ, が無事, が絶叫, すなわち千, であった, との第, と前置き, なればこそ, によく, の, のこと, の編輯, も彼ら, よく無事, を推薦, 同野口, 奢るか

▼ 造~ (17, 0.6%)

1 [17件] から女, から早速, から破産, がこれ, が酒, けれどもこの, けれども夫人, けれども鬼薊, その時, それに, といふ評判ぢ, と云う, な, なんて胡魔化, ね, よ, 変骨だ

▼ 造~ (17, 0.6%)

1 [17件] と, と結合, なる, なる霊, にむかひ, にも被, に歸らんため罪, に背き, に背けり, の外, の故, よりい, よりいづれ, より離れし, をし, をばか, を慕

▼ 造~ (16, 0.6%)

5 はない 4 もない, もなく 1 なく手, に卓, は無い

▼ 造~ (13, 0.5%)

2 剣幕で

1 [11件] のか, のです, のを, 人で, 女が, 年配四十五六古い, 方で, 瀬戸火鉢を, 男だ, 若い令夫人, 華者

▼ 造さま~ (12, 0.4%)

1 [12件] がお, ご夫婦, でございました, とからかふ, とご, によく, の土地, もお, もせめて, もその, も夫, 御夫婦

▼ 造~ (11, 0.4%)

1 [11件] されたの, した各, する事, す莊, となり, に必要, に當つて, の大事, の方針, を請求, 遊ばされました

▼ 造~ (11, 0.4%)

3 が祖 2 の人格 1 がとり行うた, として榮, によって統率, に姓, は郡領, 之祖也

▼ 造~ (11, 0.4%)

1 [11件] するつもり, せしめた由って, せられた御, ただ十二神将, であろうと, によ, によること, の御, を御, 御発願千二百年, 諸寺造営

▼ 造~ (8, 0.3%)

1 させおるは, それから種, てください, て不当, 之を, 具合は, 方な, 物の

▼ 造~ (8, 0.3%)

1 がある, したの, における第一義, の動機, の完成, の工, の根本動機, の決意

▼ 造~ (8, 0.3%)

1 がいる, が轆轤, だけが少なくも, に向っ, はけげん, はほか, は気, までがまた

▼ 造麻呂~ (8, 0.3%)

1 が坐り込ん, が竹籠, であるが, といふの, にはどうも, の家, は再び一心に, 黙って

▼ 造である~ (7, 0.2%)

1 かと思はるる, かと思わるる, から出口, ことが, とはいえ, のに廂, 神は

▼ 造といふ~ (6, 0.2%)

2 名と 1 ものは, 人が, 作者の, 男が

▼ 造~ (6, 0.2%)

2 た丈 1 とどける生活物資, 取りつぎながら, 報告した, 渡した

▼ 造へて~ (6, 0.2%)

1 呉れたこと, 圍はれ, 庭に, 押付けたこと, 掛けて, 竹の

▼ 造~ (6, 0.2%)

1 がまた, がムリ, について, にとり, の方法, や生活

▼ 造親方~ (6, 0.2%)

1 が帰宅, さえ顔, はいま, はこの, は久しぶり, は只一人

▼ 造~ (6, 0.2%)

4 惑業 2 惑業皆由無

▼ 造する~ (5, 0.2%)

2 者なり 1 ことが, という事, にある

▼ 造とは~ (5, 0.2%)

2 壁ひとえ 1 べつの, 元々よく似, 昔から

▼ 造どの~ (5, 0.2%)

1 お帰り, そなた, 今日は, 奢らなくっては, 覚悟を

▼ 造顔術~ (5, 0.2%)

1 と混合, の元祖, の発端, もろくな, を施す

▼ 造つた人間~ (4, 0.1%)

2 や動物 1 に弄ばれ, は前

▼ 造つた器物~ (4, 0.1%)

1 の使用, の方, もない, を使用

▼ 造つて貰~ (4, 0.1%)

2 ひました 1 つたこと, ふ

▼ 造との~ (4, 0.1%)

1 二人だけ, 同居を, 約束を, 距離を

▼ 造どん~ (4, 0.1%)

1 あの時, が捕, に奢らせなけれ, はどう

▼ 造にも~ (4, 0.1%)

1 あつた, 勧めた, 明らかに, 逢つて見ました

▼ 造~ (4, 0.1%)

1 にかかる, の全, の功徳, の技巧

▼ 造士館~ (4, 0.1%)

1 という, に學び, に行く, へ次兄

▼ 造~ (4, 0.1%)

1 の支度最中, は前年文化九年九月, もまだ, を嘲つた

▼ 造顔師~ (4, 0.1%)

1 がただ一人, の噂, はほとんど, も呼び迎えた

▼ 造える~ (3, 0.1%)

1 ところであり, ような, 仕立屋が

▼ 造くる~ (3, 0.1%)

1 自由図書館を, 自由圖書館を, 連山の

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 てもらう, て後, 自ら称し

▼ 造たち~ (3, 0.1%)

2 の祖先 1 に説いた

▼ 造だった~ (3, 0.1%)

2 んです 1 のです

▼ 造つた像~ (3, 0.1%)

1 は目, を埴輪樹, を神體

▼ 造つた花~ (3, 0.1%)

1 と云, や葉, をくつ

▼ 造つてそれ~ (3, 0.1%)

1 を各, を火, を竹

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 帝の, 置た, 馬鹿な

▼ 造です~ (3, 0.1%)

21 からこれ

▼ 造では~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 ございますが

▼ 造にとって~ (3, 0.1%)

1 京都へ, 仕事の, 滑稽であり

▼ 造にとっては~ (3, 0.1%)

1 余りに身近, 斉しく, 生涯忘れられぬ

▼ 造への~ (3, 0.1%)

1 復讐心から, 義理立とも, 見舞の

▼ 造らしい~ (3, 0.1%)

3 青年が

▼ 造一人~ (3, 0.1%)

1 です, の問題, は今

▼ 造付け~ (3, 0.1%)

1 たる白石, になっ, の木偶

▼ 造出す~ (3, 0.1%)

2 の必要は 1 果敢い

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 でも凡手, の工夫, を工夫

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 の功徳, の寺, を第二義

▼ 造~ (3, 0.1%)

2 の作品 1 の完成品

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 は石, 之企也, 之至

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 した, に鋳物師椎名兵庫, 中の

▼ 造~ (3, 0.1%)

1 する目的, に参りました, 致しますに

▼ 造えた~ (2, 0.1%)

1 入口だ, 餅を

▼ 造えて~ (2, 0.1%)

1 掛けて, 来ましたよ

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 いかんいかん, なんか拵え

▼ 造くっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て了

▼ 造さま方~ (2, 0.1%)

1 が十勝, の貸

▼ 造じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないの

▼ 造せられたる~ (2, 0.1%)

2 生命の

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 に違, のじゃ

▼ 造つたお~ (2, 0.1%)

1 墓であります, 餅を

▼ 造つた事~ (2, 0.1%)

1 の, を言

▼ 造つた人~ (2, 0.1%)

1 にも慚ぢ, は最初

▼ 造つた制度~ (2, 0.1%)

1 が不可抗力, のなか

▼ 造つた品物~ (2, 0.1%)

1 であります, を竝

▼ 造つた天才~ (2, 0.1%)

1 は, よりも長命

▼ 造つた家~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 造つた所~ (2, 0.1%)

2 を走る

▼ 造つた斧~ (2, 0.1%)

1 があります, のよう

▼ 造つた樣~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ 造つた者~ (2, 0.1%)

1 と見える, をありがたがる

▼ 造つて何~ (2, 0.1%)

1 うすると, しるだ

▼ 造つて來~ (2, 0.1%)

1 た, てゐる

▼ 造とも~ (2, 0.1%)

1 珍宝とも, 称すべきもの

▼ 造ども~ (2, 0.1%)

2 を皆切り滅

▼ 造どんお前~ (2, 0.1%)

1 にはなんとも, の槍

▼ 造に対して~ (2, 0.1%)

1 人々の, 気の毒がる

▼ 造へる~ (2, 0.1%)

1 ことを, 私は

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 ツと, 梅子の

▼ 造丁稚小僧~ (2, 0.1%)

1 までなか, までなかなか

▼ 造上げた~ (2, 0.1%)

1 ものだった, 舞台の

▼ 造今日~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 の淹知, の田中

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 や何, を契機

▼ 造国造~ (2, 0.1%)

1 に分, の徒

▼ 造士寮~ (2, 0.1%)

1 には今中山文化研究所, の機関新聞

▼ 造士新聞~ (2, 0.1%)

1 といふ小, は今

▼ 造士館篠本講師~ (2, 0.1%)

1 に宛, は今回

▼ 造士館講師~ (2, 0.1%)

1 の報告, の鏡檢

▼ 造夫妻~ (2, 0.1%)

1 に子供, のみる

▼ 造夫婦~ (2, 0.1%)

1 は京城, は新

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 なり, の香

▼ 造本紀~ (2, 0.1%)

1 には崇神天皇, に神八井耳命

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 に似, まいる

▼ 造畜蠱毒~ (2, 0.1%)

1 とは蠱毒, の蠱毒

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 にあらざる, のもの

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 として超絶的, にし

▼ 造自身~ (2, 0.1%)

1 も一種, も自分

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 が含まれ, したり

▼ 造親分~ (2, 0.1%)

1 が友田, とは

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 の奧, の尻岐閇

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 の離婚, は別に

▼ 造~ (2, 0.1%)

1 幡部の, 狹の

▼ 造顔術師月子~ (2, 0.1%)

1 のため, の部屋

▼ 造顕した~ (2, 0.1%)

1 仏師の, 勅願の

▼1* [402件]

あるの名, 造えさしますから, 造えましたが村, 造えやした味噌漬で, 造くには, 造おとなしゅう行けよ, 造おまえも出世, 造おれはお前, 造お前の了見, 造かて足しにもならん, 造からの簡単な, 造ぎた日終日働いて, 造づれ燕女は, 造くりの店, 造くるべき水槨の, 造この頃四苦八苦らしい, 造これなら裏, 造された文学の, 造さんあなたはこの, 造さんわたくしはごらん, 造さんわたしはもう, 造さん人をおどかし, 造さん今朝の件, 造さん明日は何時頃, 造さん最初はその, 造した記事な, 造したまうとある, 造しなければならぬ, 造しらえます間, 造しんがりは顔, 造じいやをせわ, 造ば乃ち美観, 造せれば何処, 造そこに郵便脚夫, 造その野に, 造それから煙草屋の, 造だけに遙と, 造だけはけろりとし, 造ゅうのはアメリカの, 造つたいさ, 造つたくらゐで, 造つたら暇に, 造つたるフアウストも, 造つたトンネル路地まで來, 造つた下男部屋を覗きました, 造つた五つの室, 造つた人形のやう, 造つた人自身が敬服, 造つた人間像や動物, 造つた伝説的人物を知つたの, 造つた倉庫の一種, 造つた傳説も有り, 造つた優美な昔, 造つた八目の荒籠, 造つた凧がそんなによく, 造つた原始的な燈火, 造つた和蘭物でなければ, 造つた四斗樽ほどの棺桶, 造つた外國などでは家屋, 造つた多くの畠, 造つた大池で有, 造つた天蓋や花, 造つた女郎屋が僅か, 造つた家庭には別に, 造つた巣一所けんめいでやつ, 造つた後でなければ, 造つた御殿の周囲, 造つた明時代の煙台, 造つた曹達は純白雪, 造つた朝顏の鉢, 造つた木地を負, 造つた本格のもの, 造つた架空の人物, 造つた模品はこれ, 造つた死人の匂, 造つた殿と言, 造つた泉水に面し, 造つた法律に對, 造つた渡船と年老いた, 造つた白とうす, 造つた矢に射られ, 造つた石器時代の人間, 造つた石斧を私共, 造つた石棺だとか, 造つた社会は人間, 造つた神様が醜い, 造つた秘密の戸棚, 造つた窯跡のよう, 造つた肉体に手, 造つた自分の上, 造つた船ならたと, 造つた草履を穿い, 造つた裝飾品もあります, 造つた西洋の巨石記念物, 造つた見事な大きな, 造つた記念物に用, 造つた話がある, 造つた語ではあるまい, 造つた貧乏国が武器, 造つた超人に救, 造つた身代故品物, 造つた轡だとか, 造つた道だから, 造つた道具は堅く, 造つた開析デルタの上, 造つた障害物をがたん, 造つた靄のやう, 造つた額を上げ, 造つた飛行機は臭い, 造つた飜訳語で日本人, 造つた鯨油蝋燭よりもつと, 造つてお迎えしました, 造つてさはぐ程, 造つてすゝめた, 造つてチルさんの御, 造つて三つ別々に隱, 造つて世人に黄金, 造つて丹念に青い, 造つて了ふ, 造つて今後わしが祈祷, 造つて他の土地, 造つて住はせなく, 造つて使用して, 造つて健全なる後継者, 造つて其処に気, 造つて其日一日は庭, 造つて各地へ輸送, 造つて喇叭を吹い, 造つて喰はせて, 造つて嚴重に金具, 造つて宮廷若しくは諸侯, 造つて宴歌をうた, 造つて居著いて, 造つて屋台の上段, 造つて年々歳々に進歩, 造つて年末の嗟歎, 造つて急に酒宴, 造つて旅する人, 造つて杉の葉, 造つて水戸の神, 造つて物を煮焚きし, 造つて獻りました, 造つて獻上しました, 造つて生存して, 造つて着物を着せた, 造つて私に聞かせる, 造つて空を飛ん, 造つて精細な彫刻, 造つて胎外に出, 造つて行つて竟にけい, 造つて財産を失ふ, 造つて貰つた鳶口を持出し, 造つて道に据ゑて, 造つて金屬を使用, 造つて靜に霧, 造つて飯を食つて, 造でありそれに, 造であろうかその, 造でなくても誰, 造というはいずこの, 造といった三十前後の, 造とか言った角力上り, 造とが不思議そうな, 造とで夜の, 造とでもいうの, 造とに命じて, 造ともにからけつ, 造とやらもう一度お前, 造どうだ恐れ入ったか, 造どこへ行った, 造どんちのかかりうど衆じゃある, 造どん何をし, 造どん甲府でやった, 造などだった, 造などが居たやう, 造などで九月から, 造などでも面会し, 造などをも置かれたり, 造なら夕方から, 造ならびに今村を, 造なり永辻なりへ, 造なる建築上の, 造なればこそ賀来子, 造なんか拵へて, 造な痩せた形の, 造にまで反感を, 造に対する好ましからぬ, 造はじめ五人が死ん, 造ははッと, 造ばかりで性的サーヴィス, 造は巧妙, 造ひとりの腹, 造ひょいとそこへ, 造ほかに中立, 造ほどの幸福者が, 造がどこ, 造地方的豪族が, 造よりも五寸が, 造にていずれ, 造らしく二千円貸せ, 造らむと土をつく, 造らん料にとて勧進, 造わしはどう, 造をも末造の, 造キンの五名, 造トク及び自分, 造死後遺族ガコヽニ移ッテカラハメッタニ訪ネナイヨウニナッタ, 造ラルヽモノ决シテ天然ニ産スルニ非ズ, 造リテ総テ英国, 造リ得ザレトモ童人種ハ却テ之ヲ能ク成セリ, 造ルニ皆可ナリ, 造ルモ亦佳, 造ル事無シ, 造ル京師海西ニ伝送シ最モ美ト称ス, 造レドモ乙ハ更ニ造ル事無シ, 造レル舟ヲ有, 造一個人としてばかりで, 造三亀雄たみ子の七人きょうだい, 造つ菟上, 造上げましたる鉢の, 造上げるかも知れない, 造つ菟上, 造下野薬師寺別当に貶せられ, 造主宇宙そういうよう, 造主血を流し, 造矣惟揶亜獲, 造九段坂上の燈明台, 造人爲すべての美, 造人物禽獣山水楼閣舟車之状至花時都人看者為群, 造人麿という者, 造仏司に使役, 造仏本来の意味, 造仏起塔に努められた, 造以下あらゆる官司, 造以下脱走士の為め, 造自牟, 造伊勢の船木, 造につけ, 造信次郎にはお, 造像起塔を盛ん, 造像起塔等のこと, 造兄さんも出征, 造即ち大村益次郎, 造六十年近くもここ, 造其上の二階, 造出さねば止まなかつた, 造出しつつ非常, 造出したとせざる, 造出し以て他, 造出し日照し風, 造出するに比し, 造別邸とある, 造の費, 造勝助の二人, 造千木が左右, 造博士は二度, 造友造と噛ん, 造句法には注意, 造昌吉桐山孫次郎川端久五郎上原貢戸川槌太郎小山筧中江正義粟生弘沢木重武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同, 造は荒河戸辨, 造君市次郎が上京, 造周芳の國, 造は天然物, 造品川信健なども見舞, 造国造百八十部並に公民等, 造國造村主の保てる, 造の檢擧, 造土地でも一流, 造在世中モ夫婦デ旅行シタコトナドハメッタニナイ, 造塔寺の時代, 造塔起仏に御, 造塗棒朱の爪折傘, 造塩谷良幹相場朋厚その他を加え, 造士館医学院臨時館の設立, 造士館高等学校の生徒, 造で, 造大人の悠造さん, 造大神宮の上棟, 造天狗軍中強豪を以て聞えた, 造奉行を仰せつかっ, 造と莞爾, 造が歎き死, 造字猥拙といへるは, 造学士担当約一ヶ年, 造安部井磐根寺田彦太郎田中正造等の廉潔派, 造に, 造は神主, 造家屋を模, 造寺堅固の五百年以下, 造寺堅固後の五百年, 造寺造塔を第二義, 造小尾範治鈴木宗忠阿部次郎成瀬無極天野貞祐九鬼周造藤田敬三黒正厳大峡秀栄等々の諸氏, 造小長谷の造, 造するもの葢, 造屋根の石さ, 造山本毎斎田惟成氏などは間拍子, 造岡谷繁実塩谷良幹相場朋厚の人々, 造であるが, 造常道の仲, 造庵工事だつて, 造庵着手の手紙, 造弘法樣の石芋, 造御名部の造, 造態と敵を, 造應神の朝, 造文用意詳審尚未可, 造新富座開業之節, 造新島弘仁九年七月には相模, 造无耶志の國, 造旦那のお, 造明治拾年拾月四日鳥取縣八上郡曳田村に生る, 造なら裏, 造時代に師事, 造に超, 造書院造の如き, 造が勇, 造本巣の國, 造村主の保てる, 造東条隼人と呼ばれる, 造松岸の権右衛門, 造板葺の屋根, 造標作業がある, 造を思立つたの, 造次の間八田巡査は木像, 造四位上道嶋宿禰嶋足の, 造死んだ遺族に, 造殿の御, 造氏宅に出向いた, 造氏山本毎氏等の先輩, 造氏等の先輩, 造氏輔導役の相談, 造でも皆, 造法華寺司は光仁帝, 造津島の縣, 造源助与之助巳太郎の六人, 造の直, 造營物を壞, 造猿公であるが, 造玄関から入っ, 造玄関先へいっ, 造瓦屋根は御方一軒, 造生活が擴つて, 造畫伯みたいな氣, 造着けた躰に, 造短気をし, 造石山院所労劇帳にも見え, 造神壽詞から下, 造はお目にかかられまい, 造科野の國, 造稻羽の忍海部, 造稽古の儀御請申上候, 造竹内綱等例の土佐派, 造竹柴清吉は黙阿弥翁, 造筆製墨製紙の諸, 造築場へ月島, 造精器の摘出, 造糞機たるに止まらん, 造紙切りのおもちゃ, 造縣主を定め, 造に招かれ, 造老爺が与一兵衛, 造老爺さんは実は, 造聖観音立像もこれ, 造自ら頭を垂れ, 造薬師寺司を置い, 造に与かった, 造見違えたように, 造親分それにド, 造親子の息子英男君, 造観世音菩薩立像である, 造設置に就き, 造詐りて白さく, 造詩家たらしむる, 造も来なかった, 造諸氏も参加, 造象石刻を誰, 造貴様の職, 造貸元の飲分け, 造を十人前, 造の腹, 造遠縁の清五郎, 造都祁の直, 造金属球の設計者, 造鉄術の材料たる, 造鑑製の薬, 造額田部の湯, 造顔師一人御贄五十舁, 造顔師達を京都, 造顔手術が終えた, 造顔手術室である, 造顔手術部屋であった, 造顔術元祖と云, 造顕されし東大寺の, 造顕されたと伝えられる, 造顕されはじめたようだ, 造顕そのものが国家, 造は召類, 造類篇に元, 造がそれ, 造馬來田の國, 造高市の縣主, 造麻呂人の云う