青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「速~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

通った~ ~通り 通り~ ~通る 通る~ 通俗~ 通信~ 通用~ ~通過 通過~
速~
速度~ 造~ 造り~ ~逢 逢~ ~逢う 逢う~ ~逢っ 逢っ~ ~逢った

「速~」 1264, 14ppm, 8125位

▼ 速~ (383, 30.3%)

5 で廻っ 4 でもっ, をはかる, をもっ, を増し 3 だ, で走っ, といったら

2 [32件] だけがわたし, で, である, でこちら, でつい, ではない, でまわりだした, でもう, でグングン, で上っ, で伝える, で前, で動い, で回転, で山腹, で歩い, で海, で相手, で空間, で船, で誰, で走る, で近づい, で進行, で遠く, で飛び, とその, なん, のため, の風, を増す, を持っ

1 [289件] からもその, がある, がこの, がござる, がそこ, がだんだん, がどの, が僕, が八分音符三つ, が増し, が増す, が絶頂, が速い, が鈍, が音数, が駝鳥, じゃない, その鋭, それから量, だけが人々, だつた, だと, だね, であたし, であった, であること, であると, でかき消えた, でくるくる, でぐんぐん, でこの, でこの間じゅう, でさっと, でするする, でそちら, でその, でとん, でど, でどこ, でどんどん, でね, ではじめた, ではっと, ではなく, では人間像, でびゅうびゅう, でほとんど, でますます, でまた, でまわし, でまわっ, でむくむく, でやられる, でわれさき, でクルクル, でゴウゴウ, でゴオル, でスウツ, でスー, でタイタニック, でプーン, でラセン回転, で一どきに, で一分間十発, で一団, で一寸, で一本, で一番, で三つ, で上がったり, で下る, で下流, で乗り切つ, で二, で二度, で伝へる, で伸び, で何, で傳, で僕等, で公転, で切替桿, で前後, で十分, で卓, で原っぱ, で四方八方, で四里, で回せ, で地球, で大きな, で大概, で夫人, で富岡, で小川, で屋根, で帰っ, で広場, で底, で廻転, で弾く, で影, で彼, で彼女, で後退, で恐ろしい, で悟っ, で悟浄, で戸口, で手旗, で手網, で打ち出した, で押流, で攀, で斜下, で昼, で月世界, で木村君, で森じゅう, で椅子, で横ぎっていった, で洞道, で活栓, で流され, で流れ, で海豚, で海面, で渚, で渦, で渦巻き, で湖, で漢軍, で潮流, で灌木の間, で点い, で甲板, で病院, で目まぐるしく, で相, で真白, で眼, で瞼, で私たち, で空中, で突き, で突き進んだ, で約, で経, で絶えず, で線, で腕, で腹, で自分, で舞っ, で茂み, で草原, で落ち, で蝮, で行われる, で貝殻, で赤く, で走ったら, で走ったらしく, で走り, で走りつづけ, で蹴つ, で輸送, で送られ, で逃げ, で逃げまわった, で逃げ出しました, で通っ, で進ん, で運ばなけれ, で鈴木君, で門, で開かれた, で隆起, で雨水, で青, で青空, で飛びだし, で飛ん, で飛んでる, で馬車, で駆ける, で駆け出し, で駆け出す, で駆け回, で駆け続けなけれ, というもの, という一点, という事, といつ, といひ, とがあ, となつ, となり, となる, とねらい, と同じ, と変わらぬ, と狙い, と狡猾さ, と確かさ, と速力, なれであの, にいじらしい, において美, におどろかれるだろう, にかへつて, につれて今日, になる, にはいかに, にはかないませんでした, には驚く, にも驚く, に匹敵, に各, に心, に応じ, に應, に手, に比例, に父, に衆, に負けない, に追, に静まり, に驚かされる, ね, の原則, の方, の点, の相違, の近代味, はあたかも, はいよいよ, はにわかに, はほぼ, はまた, はまったく, はをかしい, は何, は健か, は到底, は加はり, は地球, は想像, は毎秒, は比較, は波, は熊, は球形, は青梅村, も強, も猛, も範囲, も約, も鈍, よりもその, をかけた, をただ, をたより, をまし, をまして, をもつ, をゆるめ, を二倍, を以てめぐる, を以て命ぜられた, を以て雲, を以て馳せ下る, を加減, を増した, を変える, を感心, を持つ, を比較, を気がね, を示すべく, を競う, を緩める, を考える, を観察, を認める, を通信網, を魔法的, 重さ

▼ 速かに~ (275, 21.8%)

6 増加する 3 心を

2 [11件] お通り, こ, して, われに, 伐りなさい, 死滅の, 汝等の, 流れた, 理解させた, 発達し, 除き去られ得ないから

1 [244件] あの花火, あるいは徐々に, お手配, お立退きなさい, お通り下さい, かくまで, かつ円滑, かの無断侵入者, かの西方, これに, これへ, これを, したといふ, すること, そして緩, その形, その書類, その職, その解決, その部屋, たかきイデー, ついばみ取るには, ついばむ術, ながれたり, ひらいて, もたらされた, われ立たしめ, アキルリュウスを, アポローン, イデーの, ウーリュンポスの, エジプトへ, トレーイケスの, トロイア勢を, プーリダマスは, ヘクトール隊列中に, メーリオネース陣營に, 一定し, 一般民衆の, 上昇すれ, 下に, 下落するであろう, 世を, 之を, 仇を, 供給される, 免れるよう, 入院の, 全国の, 兵卒達の, 其そばに, 其行程を, 出て, 刀を, 分りましたから, 分りまするもの, 利潤を, 劣等地に, 勅諚の, 動き出した, 動くよう, 卒業し, 単色的な, 去れり彼, 取消すよう, 向上させる, 吸収消化する, 呪言を, 命を, 哲学の, 問題の, 善心に, 嘗てエルクレ, 器械の, 困難が, 地下戦車が, 地獄へ, 城門の, 報道され, 増加されるであろう, 増加するであろう, 増減する, 変化してる, 外に, 大きな店づくり, 大衆を, 大高表に, 姦徒の, 学校を, 完成し, 実現されん, 実現の, 実行し, 寛永打払令の, 展開し, 展開しよう, 市場に, 市民と, 帰り度, 平和を, 引下ぐるに, 彼に, 彼の, 彼は, 彼らを, 彼れ, 彼女は, 彼等に, 征伐を, 御守護職所司代, 御立去り, 応じます住所バン, 怒山, 恋の, 恢復し, 悲報が, 我に, 我を, 戦いを, 戰爭絶滅を, 手術に, 承引たまひ, 承諾し, 指の, 揚らんこと, 改心いたします, 改良する, 政府当局と, 救い出すため, 斬るべし, 新劇俳優の, 新派劇といふ, 旗を, 日本へ, 曲つた, 曲弓肩の, 木陰の, 本校の, 横を, 樹て, 此方へ, 武裝と, 歩むべきも, 死すと, 死んで, 殺すが, 母の, 毎日丸麺麭三つの, 汝を, 沈んで, 流るる川, 流れこの, 流れるの, 流れ去つて, 流れ去つて姿, 消え去った事, 消失する, 消耗し, 清算され, 減殺される, 減衰せざる, 滑つて行く, 演劇統制に, 火葬の, 為せ, 為せと, 物凄き戰鬪場裏, 現はれ, 申すが, 申込むべし, 画面を, 疎遠し, 発向然, 発生する, 発足し, 登らむ, 直覚的に, 相当の, 相親む者, 私が, 立去らして, 立退きまする心底, 竹ヶ崎を, 細君を, 綱の, 縮め給, 罪を, 聞き覚えて, 聞き覺, 肥えし牛羊都城, 自分の, 英國人や, 落下し来り, 著者, 行きて, 行われるよう, 被害地の, 角を, 解き放せ, 解除警報の, 言えッ, 設立し, 誅せん, 認めます心得, 調整され, 講じようと, 變遷する, 貴方等に, 走りました, 走るため, 走るドリアン, 走れると, 起りて, 距離遠から, 軍馬軍勢整へて, 追ひ, 退くこと, 逃げ去って, 逐ひたる, 通過を, 進歩し得た, 進歩する, 遂げ愛, 運動してずん, 達成する, 適正な, 都城より, 銘を, 鐵の, 開くべからず是, 降れと, 隠し場所を, 静まれと, 鞭と, 音も, 願ふ, 風俗化する, 飛ばんため達, 飛び真如, 養おうと, 馳せアカイア, 騰貴するであろう, 高度国防国家体制に, 鳥の

▼ 速~ (138, 10.9%)

2 他の, 己が, 我に, 拿捕せしめ, 返答を

1 [128件] うしろより, お前の, お返し申す, こがしめ給, これだけの, これを, すっかり見込み, その事, その決行, その職, なし遂げる迄は, なって, はたらかせて, ばたばたいっ, ひろがったかを, また確実, わが望み, イリオン城を, シエクスピイヤが, ポセードーンと, 上達する, 下田え, 不義の, 世界を, 中津の, 主要街路を, 之が, 之を, 事を, 二十乃至, 云うなどは, 云出, 仏の, 來らんには, 保釈なり, 傳は, 兄の, 兵を, 其活動の, 其陣中に, 処分し, 出でんこと, 出帆すべし, 出来ふりがな, 削除せよ, 北海道を, 去るが, 又一を, 合わせて, 合理的且つ, 吉凶を, 和し, 固陋積弊の, 地獄に, 変る表情, 奥御殿の, 實現せん, 山の, 彼女を, 御覚悟, 我手は, 戰に, 拵へて, 捕へて, 攘ひ斥け, 放赦せられよ, 明日の, 春日山の, 東道せよ, 根絶と, 槍揮ひ, 横断すべく, 正法を, 此らの, 此場に, 此方へ, 死なんと, 死にたくなった, 死ぬと, 水師の, 汝の, 江戸表へ, 河岸を, 沸立つ, 滅する浮世, 滅びるよう, 玄関を, 生長し, 用意あれ, 療養に, 癒えて, 白旗を, 皇道の, 私御, 竹を, 筆を, 経つた, 繩に, 群馬この, 肯諾せられ, 蔵人を, 虐げられて, 行きて, 言って, 訪ねて, 認めたるアプロヂーテー, 認め來, 説教が, 買収に, 賢く打算, 踏み歩く足音, 辷った, 述べよ, 追ひ放つべし, 追出す可, 追討すべき, 連打する, 進み来り故郷, 過を, 遠馭長駕, 遣は, 金を, 門から, 門を, 鞭を, 飛びそこで, 飛ぶの, 館に

▼ 速須佐~ (37, 2.9%)

20 の男 12 之男命 4 之男 1 之男命習

▼ 速~ (31, 2.5%)

3 ならんこと, なれば 2 であった, ならざるに, ならざれば, なる事

1 [17件] だったろうと, だという, であったの, である, であること, であるため, でかつ, ならしめるため, なるうち, なること, なるほど, なるよう, なる亡びを, なる実現, なる終結, なる驚くべきなり, りき

▼ 速かな~ (18, 1.4%)

2 ことは

1 [16件] ことも, こと手廻しの, のと, のを, ものだ, ようである, 北國の, 忘却と, 思想群に, 捻れた一群, 早業を以て, 現代人の, 結成を, 蓄積か, 設立を, 足音が

▼ 速~ (18, 1.4%)

3 走って 2 もって

1 [13件] やったツモリ, 僅の, 旋回し, 旋回飛行を, 歩いて, 泳いだつて世界一, 泳いでも, 見て, 走ると, 躍ッ, 長途を, 馳せて, 鮮やかに

▼ 速~ (15, 1.2%)

2 既に匕首

1 [13件] この名馬, その石, てあついご, なほ鬼カゲを, また秩父, みごとに, もうむちゆうでした, われに, 元気を, 大和田から, 大声に, 馬に, 鬼カゲに

▼ 速~ (15, 1.2%)

2 呼んで, 緩めた

1 [11件] かけたまま, かけて, そろえて, はやめる, もって, ゆるめやがて, 与へられて, 出した時, 出しながらも, 大股に, 旨と

▼ 速~ (13, 1.0%)

2 のうち

1 [11件] からはたちまち, がこぞって, がこなた, で浜, との間, に守られた, の一そう, の上, の影, の櫓音, よりはやや

▼ 速~ (12, 0.9%)

5 の門 2 の水門, の潮 1 と菟, と菟狹, の海峽

▼ 速~ (11, 0.9%)

4 の神 2 の命 1 とのあいだ, と長, の末孫, は神武, をつかっ

▼ 速運動~ (10, 0.8%)

1 である点, なら心配, において, に気がつかない, に関するいわゆる, のみに関するという点, の場合, をし, を仮定, を繰返し

▼ 速~ (9, 0.7%)

1 あらんかぎり, 下に, 如き姿, 整った彼等, 異あり, 異なりあり, 禍いだ, 脚飛ばし, 馬力を以て

▼ 速總別~ (9, 0.7%)

5 の王 1 の, の命一柱, の王復, の王歌

▼ 速日命~ (8, 0.6%)

3 の末孫 1 だとして, という神, と神武天皇, の天, は長

▼ 速~ (8, 0.6%)

2 の神 1 がさ, が報道斑員, が隣組長, にその, の住居, はやや

▼ 速流氷河~ (7, 0.6%)

2 をわたる 1 がある, の攻撃時期, の落ち口, をどうして, を十五マイル

▼ 速~ (6, 0.5%)

1 だから, で何, で活溌, な然し, に喋舌, に言った

▼ 速~ (6, 0.5%)

21 に其, に其考, に賛成, に雪

▼ 速~ (6, 0.5%)

1 した爲, しない, すること, するより, せらる, 過ぎるの

▼ 速かつ~ (5, 0.4%)

21 たが, たと, たの

▼ 速なる~ (5, 0.4%)

2 ことは 1 こと殆ど, に悦服, を喜び

▼ 速~ (5, 0.4%)

1 台, 台とともに, 台及び, 台哲別らが, 台小姓巴剌帖木その他参謀等多勢厳しき

▼ 速~ (5, 0.4%)

1 なの, に棄て去るでしょう, やって, 出て, 引っ越したらよ

▼ 速日天~ (5, 0.4%)

5 の忍穗耳

▼ 速総別~ (5, 0.4%)

2 王を 1 王が, 王に, 王は

▼ 速かさ~ (4, 0.3%)

1 と同じ, 不可思議さは, 半年余り経った, 深さ

▼ 速~ (4, 0.3%)

2 此の 1 お使ひと, ひき出した馬

▼ 速~ (4, 0.3%)

2 して, にも余

▼ 速~ (4, 0.3%)

1 でこの, と試合, は初太刀, を

▼ 速~ (4, 0.3%)

3 の芽刈り 1 の芽刈り唄

▼ 速かで~ (3, 0.2%)

1 あつた, 遠足へでも, 静かだった

▼ 速すぎる~ (3, 0.2%)

1 ぞ, と恰も, と批難

▼ 速~ (3, 0.2%)

1 いっても, 変りなく, 女の

▼ 速~ (3, 0.2%)

3 雲居にぞ

▼ 速~ (3, 0.2%)

1 力が, 汗に, 鬼カゲと

▼ 速乾漆液~ (3, 0.2%)

1 では乾き, のみを用い, をそのまま

▼ 速秋津日子~ (3, 0.2%)

2 の神 1 速秋津比

▼ 速秋津比~ (3, 0.2%)

3 賣の

▼ 速~ (3, 0.2%)

1 のせ, の神主, ノ瀬戸

▼ 速かざる~ (2, 0.2%)

2 客は

▼ 速かなり~ (2, 0.2%)

1 しかどもわが, ともわが

▼ 速すぎ~ (2, 0.2%)

1 ていけない, もする

▼ 速という~ (2, 0.2%)

1 人である, 人は

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 恋に, 馬種なき

▼ 速なら~ (2, 0.2%)

1 ばみごと, んと

▼ 速ならん~ (2, 0.2%)

1 ことを, 事を

▼ 速なり~ (2, 0.2%)

1 しより, 殊に本品

▼ 速には~ (2, 0.2%)

1 どうもなつとく, 事行かな

▼ 速~ (2, 0.2%)

2 が多く

▼ 速善居士~ (2, 0.2%)

2 の額

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 をすっかり, を神様

▼ 速~ (2, 0.2%)

2 の音

▼ 速後進~ (2, 0.2%)

1 だ, をかけた

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 を会得, を愛する

▼ 速~ (2, 0.2%)

2 賣の

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 の真, をむすび

▼ 速瓶玉命~ (2, 0.2%)

1 の靈場, を阿蘇

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 とか成就, なるもの

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 したボルドー, の本

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 で現地, や軍船

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 の, の探偵屋

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 とは云, はやかかり見

▼ 速過ぎる~ (2, 0.2%)

1 ぞ, と思っ

▼ 速開津姫~ (2, 0.2%)

2

▼ 速~ (2, 0.2%)

1 という勇敢, に乗り

▼1* [100件]

いったらないん, 速なア, 速えんだからな, 速かではないかの, 速かにとり返します, 速かにはおそらく増加, 速かに出で來, 速かに地に落ちぬ, 速かに役にも立たぬ, 速かに立歸りて, 速かに調へむ, 速かに速かに変化, 速かの出現切に, 速がのつてる, 速きたること一二回に, 速くさうした事, 速ぐ悪たれ口だ, 速く往き, 速けむ人し, 速さものの一丁, 速さ方向によってフケ, 速さ水の深, 速そうだから, 速という事, 速って兄上の, 速といふ若者でありました, 速とがこの国技, 速ならず然に, 速にかの場に, 速のみが地域ごとに, 速ぶる神も, 速まで早くあげろ, 速むるの天意, 速そうな, 速やけく返し給はね, 速よう下手人を探し出せ, 速せて, 速事と, 速イノデ追イ着クノニ骨ガ折レタ, 速カナル者アレドモ結合力ト團聚力トハ無シト, 速カニ且容易ナレドモ此語ヲ相通ジタル觀念ヲ以テ結合スルコト能ハズト, 速カニ出発シ第一中隊ハ鴨島ニ, 速カニ密輸方法ヲ取調ベ, 速カニ彼等ヲ炎熱, 速カニ納受ガ有ロト思ウ故ニ云ウノダ, 速ニ其筋へ訴, 速ニ我身ヲ衣食, 速メテ距離ヲ縮メ, 速ヤカニ坑ヲ出, 速ヤカニ火化ヲ行ヒ骨灰, 速三十五ノットの烈風, 速まで歸つて來, 速了するところと, 速了すれば忽ち, 速了臆断に付, 速五十哩六千円出たそう, 速別皇子という方, 速刻お召しくださいましても, 速刻カラフトのクシュンコタン, 速刻山を下らう, 速刻打ち首に致す, 速剣それ自身は剣法, 速剣観化流の大, 速博士が起つ, 速四百十九メートルといわれる, 速に算, 速して, 速寫裝置もある, 速震動を, 速後退を命令, 速成就仏身とある, 速戦速決で得意, 速を尊ぶ, 速写真と, 速総辞職, 速末水と名, 速を乗りきった, 速騰, 速疾くと思う, 速疾得果の妙用, 速秋津姫二神の河海, 速秋津彦速秋津姫二神, 速別と, 速を利用, 速働艇に, 速舟のへさき, 速舟三ぞうも用意, 速が矢, 速製のをけい古, 速製記者となり, 速解して武斷, 速せよ, 速の骨法, 速進術とどれ, 速過ぎず遅過ぎぬ, 速須佐能雄神に就, 速は周囲, 速駆けをする, 速駈け足おい, 速魂社と並ん