青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「警官~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

諸国~ ~謂 謂~ ~謎 謎~ 講演~ ~講義 講義~ 識~ ~警官
警官~
~警察 警察~ ~警戒 警戒~ 警視庁~ 警部~ ~譯 譯~ 議会~ 議員~

「警官~」 3610, 37ppm, 3096位

▼ 警官~ (768, 21.3%)

15 かけつけて 8 立って 6 それを, とびだして, 出て, 来て, 言った 5 いて 4 おりて, それに, はいって, やってきて, 出張し, 待ちかまえて, 手に, 私に 3 ある, ついて, みょうな, 云った, 入って, 来た, 来るまで, 目を, 見はり

2 [35件] いっぱい来た, きて, くるまで, たずねますと, つめかけて, ひとり立つ, ふたり見張りし, まちかまえて, みせる身拵え, やって来て, ドアを, 一人の, 人の, 何を, 出入りし, 前に, 力を, 喚いた, 四方から, 帰って, 張番を, 思わず声, 息せき切って, 懐中電灯を, 手を, 故と, 残って, 犯人を, 現われて, 番を, 私の, 見張って, 走って, 飛んで, 駈けつけて

1 [581件 抜粋] あおむけに, あそこの, あちこちで, あった, あとを, あの大, あの歯車, あらわれすぐ, あらわれても, あらわれました, ありました, あるいは床下, あわてて, いかめしく立ちはだかっ, いきなり洋館, いきなり組みつい, いくら手を, いくら雨霰, いそいで, いたんだからね, いちも, いったり, いりまじって, いる, いるの, いろいろ問い諮し, うなずいて, うまくそれ, おおぜ, おそろしい声, おどろいて, およびご, おり後ろ, お湯やへ, かけあがって, かけつけただちに, かけつけたわけ, かけつけましたが, かけつけます, かけつけるという, かけて, かれを, ききますと, きたこと, きた時, くつを, くるまでの, こちらへ, この家, さかんに, さきまわりを, さけびました, さけぶと, さっきのぼっ, しばらくかかり, しょうぜんとして, すすみでて, すばやく博士, すばやく外, そういいます, そういっ, そういった, そう叫ん, そこに, そこへ, そのまわり, その両端, その乱れる, その他急を, その売店, その夜, その番地, その穴, その者, そばに, それっと, ぞろぞろと, たずねた, たちまちその, たびたび出入り, だきあげると, ちかごろは, ちょうど見, ついそちら, つかまれて, つきとばされ二十面相, つぎから, つくまでの, つづきました, てんでにピストル, とびこんだ, とびついて, とりあえず招寄せ, とりかこんだので, とりかこんで, とりついて, とりまくまで, とんきょう, どうだ, どこかへ, どなりながら, ならびその, にこにこし, ぬっと顔, のりこんで, ひしめきあって, ひとりふたり三人まだまだ, ひとり出, ふいを, ふたりしか, ふたり目を, ふとそれ, ふみこむかも, ふみこんで, ぶつかっても, べつの, ほんもの, ぼくたちを, まだ棒, まちぶせて, まっさきにたっ, まるで宝探し, まんいちかれ, みつかるに, みんな家の, むきに, むきにな, もう一本, もって歩く, ものものしく警戒, やっともどっ, やっと気がつい, やつて, よく廻っ, りっぱな, わざわざ二人, わざわざ出張, わたくしに, わたくしの, アタフタと, ウムと, オカネの, カブトムシの, ガレージの, コマイヌの, サト子を, ジッと, スリを, スーツ, ターバンを, テクテクと, ドサリと, ニーナを, ヌーッと, ハリー, バタバタと, ヒシヒシと, ヒョイと, ピストルの, ピストルを, メンクラッて, ロボットの, 一つの, 一人ずつ, 一人は, 一人トラックの, 一人バタバタ, 一人ヘルメットを, 一人左右の, 一人立っ, 一団と, 一町ほど, 一礼し, 三ぽう, 三人がかりで, 三人つづいた, 三十人と, 三四人ずつ, 上に, 下から, 両手で, 両手を, 中央に, 乗り出して, 乗り込み二十面相, 乱入した, 二三人かたまっ, 二三人そこへ, 二三人ドヤドヤと, 二三十人で, 二人いた, 二人がかりで, 二人で, 二人ほど, 二人三人ずつ, 二人扉の, 二人武裝し, 二十面相だって, 二十面相逮捕の, 二名, 二名くわわり, 二名門前に, 互いに顔, 五, 五人も, 五人肩を, 五六人あわただしく, 五年生在学中の, 亢奮し, 京太を, 人民を, 今に, 今にも口, 代って, 伏せて, 伝令と, 体あたりで, 何人も, 佩剣を, 例の, 偶然草むらの, 先を, 先生を, 入り口で, 八人は, 六人です, 出た, 出たりは, 出入りする, 出動し, 出張する, 出迎えて, 列の, 到着した, 到着する, 剣を, 劇場の, 勇しく, 動員され, 務まると, 匍いよっ, 十二人も, 十五六頭馬首の, 十数輛の, 去ると, 叔父を, 取りまいて, 取り圧, 取り調べの, 取押えようと, 古城へ, 叫びました, 叫んだ, 台座の, 叱った, 右の, 司法主任から, 合羽を, 同じよう, 同僚を, 命令する, 問うた, 喝采の, 四五人見, 四五人足早に, 四五十人も, 固めて, 園田さんに, 園田さんのや, 報告を, 塔の, 声を, 夕刊を, 多勢派出される, 多勢集った, 夜の, 大がた, 大きなふろしきづつみをかかえて, 大きなカブトムシ, 大きな声, 大きな魚網, 大切な, 大勢出張した, 大江山課長を, 大臣から, 奥の, 姿を, 婦人の, 學生を, 宗教罪に, 宙に, 宝石どろ, 室内に, 家へ, 小屋の, 小林君の, 居古井, 屋上に, 屋内に, 屋根に, 島田邸内を, 左右に, 左手の, 席から, 帯剣を, 平素如何に, 廊下を, 建物と, 建物を, 廻って, 張りこんで, 彼の, 彼女らの, 彼等の, 往来し, 待ち構えて, 後から, 徳さんの, 応えた, 応接間へ, 怒鳴った, 思わずひとりごと, 急いで, 急ぎ足で, 怪人に, 息巻いた, 意気ご, 愕きの声を, 慰めるよう, 憲作を, 戸に, 扉の, 扉を, 手柄顔に, 打とうと, 打合せを, 折りかさなって, 押寄せたが, 指す, 捜査した, 数人乗っ, 整列し, 整理に, 明日の, 明智探偵の, 時を, 暴行した, 曲者の, 木像の, 来たの, 来たらしい千種君, 来た頃, 来てるので, 来ましたよ, 来ると, 来島の, 果してこの, 柏に, 案内し, 検事の, 楽隊の, 横合から, 正面の, 武装に, 武裝し, 歩きまわり鉄棒, 毛布を, 気の毒そうに, 河岸に, 沿岸へ, 泥棒を, 注意した, 注意します, 派遣される, 湖畔の, 満州国不安の, 潜んで, 無線電話の, 煙の, 煙突へ, 爆音も, 片附けた, 物々しい様子, 物々しく一列, 物々しく取巻い, 物々しく頑張っ, 現れました, 現われ平野警察署長青木重臣君, 現場へ, 理不尽にも, 町中の, 留置場の, 白い息, 白髪白髯の, 目ばやくそれ, 硝子窓から, 私たちの, 空を, 窓から, 立ちどまったかと, 立ち並んで, 立ち交っ, 立ち会ったの, 立ち合わなくちゃ, 立ち往生を, 立つて, 立番し, 答えました, 簡単に, 粉煙草販売者を, 素早くその, 絶叫し, 続々と, 罪に, 群衆に, 群集に, 耕地を, 肩に, 背広の, 腕を, 腰かけて, 臨席し, 臨監し, 自動車を, 蝉を, 被害者を, 裏庭へ, 裏手の, 襲い込んだらしい, 西洋悪魔に, 要領を, 見つかった, 見つけて, 見つめる縁, 見て, 見はりばん, 見張りに, 見張りを, 見逃すという, 解散執行後に, 言ったが, 言つた, 詰めて, 詰めること, 誤解し, 課長の, 課長室へ, 警官を, 護衛の, 變に, 賊の, 賢二君の, 質屋の, 走つて, 踏みこんだ時, 踏みこんで, 踏み込んだ, 踏み込んで, 車室の, 車掌と, 追っかけて, 追手の, 通りかかった, 通りかかったので, 通りすぎるすき, 連れて, 連れ出す, 部屋に, 部屋の, 配置され, 配置し, 野を, 金てこを, 鉄の, 長いこと, 長靴を, 門の, 門口に, 隊を, 電灯の, 青ざめた顔, 頑張った, 頑張って, 頑張つた, 頻繁に, 顔を, 飛びかかって, 飛びだした, 馳け, 駅の, 駅員たちと, 駆けつけた程, 駈けつけた午前四時, 駈け寄って, 驚いた, 驚いたの, 驚いて, 黄金仮面の, 黒いシャツ, 黒い気球

▼ 警官~ (514, 14.2%)

25 ひとりが 15 手に 12 一人が 11 服を 9 すがた 7 一隊が, 目を 6 姿を, 方が, 方へ 5 一人は, 一行が, 一行は, 前で, 顔を 4 一人に, 制服を, 姿が, 帽子を, 手を, 方に, 方は 3 ことを, 一人を, 中に, 前に, 取り調べに対して, 命令で, 目の

2 [31件] あとを, うしろに, そばへ, オーバーを, ピストルが, 出動と, 制止を, 包囲の, 問に, 姿も, 後について, 後ろから, 懐中電灯が, 手から, 手によって, 持って, 挙動, 服と, 案内で, 横面を, 注意を, 背後から, 見はり, 言葉を, 訊問に対して, 訊問を, 話では, 説諭めいた, 顔が, 顔の, 鼻の

1 [274件] あとから, あとに, いうところ, いうまま, いるところ, うしろについて, うちの, うち表口裏口の, かげに, からだ, ことである, ことなんか, この強力的権力, さきに, したこと, そばに, それに, たすけを, ためその, ために, ため前後を, ついて, てつだいを, ところへ, とりしらべにも, ひとりに, ひとりは, ひと声に, ふたりが, ほうが, ほうへ, ほうを, ほかは, まがったほう, まんなかに, もって, やうな, やること, ような, ように, オーバーという, カードが, ズボンと, デタラメだ, トラの, トンチキ野郎奴, ピストルで, ピストルは, フロックの, ヘルメットに, レンラクが, 一人だった, 一人や, 一家が, 一行, 一行これも, 一行である, 一行に, 一行らしい, 一行を, 一隊, 一隊だ, 一隊は, 一隊も, 一隊を, 三人の, 不審尋問に, 両足の, 中にも, 中へ, 中抜剣, 之を, 事に, 二三が, 人が, 人数を, 仇敵に, 佩剣が, 侵入を, 保護の, 保護を, 出る幕ぢ, 出動を, 出張が, 出張も, 出張を, 到着が, 到着まで, 到着前に, 制帽制服を, 制服に, 制服は, 制服ももうちつと, 制服制帽警棒靴などが, 制止にも, 制止の, 前において, 前を, 剣鞘の, 助力を, 動作は, 卓の, 厳重に, 反感を, 反感をか, 取り調べを, 取扱いに, 取締りも, 口から, 口が, 叱咤回教徒の, 各種の, 同情を, 名を, 吐く息, 周章て, 命令を, 囲みを, 固めを, 圧迫を, 報告も, 報告を, 声です, 声は, 多数を, 奮戦の, 奴気を, 如きもの, 姿に, 姿は, 姿館内を, 家から, 家の, 密, 密集を, 射的室へ, 小田春代という, 巡邏隊が, 差押へ, 弁士中止, 弁舌は, 張込を, 強力的権力を, 弾丸に, 役割を, 怒号と, 意気ごみだった, 態度は, 懐中電燈に, 所へ, 手が, 手で, 手には, 手にも, 手傳ひ, 手通行人の, 扱いで, 挙動に, 挙動は, 挙手の, 捕縛する, 掌の, 採用は, 提燈と, 数は, 方で, 方を, 映写技師が, 普通の, 服が, 服に, 服装に, 服装を, 来ない先, 来訪目的が, 様子ばかりを, 機智を, 正面に, 死体であった, 殴打は, 注意も, 活動力には, 派遣を, 為めに, 犯行を, 田口さんという, 発砲した, 白い夏服, 眼を, 睡った寝椅子, 睡つた寢椅子, 禁足令によって, 立って, 紛失, 素質が, 素質は, 経験の, 縺れを, 群と, 群れは, 群を, 職分として, 職権濫用であった, 職責より, 肩ごしに, 肩と, 肩に, 肩にあたり, 肩の, 肩を, 肩越しに, 背中へ, 背中を, 胸を, 脳髄を, 腋の下を, 腕に, 腰の, 腰掛けを, 臨床訊問に, 臨検に, 臨検を, 臨檢を, 臨観席の, 自動車だ, 自白によって, 行方です, 行進か, 行進曲も, 衝突さ, 要領を, 見えたの, 見て, 見事な, 見張りが, 角燈が, 言葉に従って, 話に, 話によって, 話は, 語は, 警戒厳重の, 責任者は, 貴様を, 足が, 足跡を, 躍り込んで, 身体検査を, 身分保証や, 輪を, 近づく気配, 近づける家, 返事を, 追窮に, 追跡女修道院の, 通報が, 逞ましい, 遺族に, 遺族扶助料という, 邪魔に, 配置ある, 銃口を, 銃身だけが, 隊長が, 隙を, 非常なる, 非常召集を, 非礼を, 非行を, 顔には, 顔は, 顔色が, 首は, 黒い群

▼ 警官~ (485, 13.4%)

5 云った 3 うなずいて, それを, 家の, 斯う, 言った

2 [28件] あたりを, おそろしさ, そういっ, びっくりした, クマの, ドアの, ヘルメットを, メモの, 一斉に, 何に, 富三の, 少年を, 布製の, 帆村の, 彼の, 斯う繰返し, 時々私, 案外にも, 目を, 私の, 笑って, 言つた, 話を, 酷く機嫌, 金ピカの, 電話で, 顔を, 驚いて

1 [409件] あいてに, あおのけに, あきらめて, あくまで冗談, あけるが, あごから, あの古, あまりの, あやしい男, あるまい, あわただしく交番, あわてて, いきなりかけだしました, いきなりドア, いく度も, いささかの, いそいで, いっせいに立ちあがっ, いっせいに緊張, いった, いつの間にか部屋, いないの, いまつたいおりた, いよいよあわてる, いよいよいきり立っ, おおいそぎ, おそろしく足, おどろいて, おどろきの, おもわず下, おもわず立ちどまっ, おやじを, お孝, かたわらの, かた手, かなり厳重, ききました, きもを, くびをかしげました, こちらに, この気, この用件, この絵, この美しい, この部屋, こまったよう, これに, これまで, これを, こんどは, さう, さすがに, さらに考え, しかたなく, しゃがみこんで, じつは怪人四十面相, すぐに, すこしもあやしまず, すっかり満足, すっかり納得, すばやくピストル, そういいすて, そうさけん, そう云っ, そう言い, そう言いすて, そこから, そこで身ぶるい, そこに, そのさびしい暗い, その板, その石段, その私, その箱, その群衆, その角灯, その鉄格子, そばまで, それから, それから現住所, それが, それでもようやく, それでも漸く, それ以上追究し, たいへんいい, たおれも, たずねた, ただ一語, たちまちぶつ, たちまち度, たった二人, ちょっと思案, つかえながら, つと進ん, とく子の, とたんに感動, どうした, どうしても肯かなかつた, どうしました, どうだ, どうも俳優, どこにも, どこへ, どこまでも, なかなか強かっ, なにか大, なんとなくふゆかいな気持, なんの, にぎりこぶし, はね飛ばされある, ひたすらメモ, びっくりし, びっくり仰天へたへた, ふいに, ふえ隊, ふたりの, ふんがいの, ぶうーん, ぶつかつ, へんな, まず二人, またあたふた, またその, まだずっと下, まだニヤニヤ笑い, まるで人間, まるで霧, まるで黒い, みな懐中電灯を, みんな彼等から, みんな眼を, むこうに, もうしおり戸, もうすっかり元気, もう来る, もう自動, もとより参列者, もとより園田さん, ものの, やって来るし, やはり庭, ようやくわれ, よくある, よくよく冷酷, よこ, わざわざ彼, アンを, イギリスの, ガス会社の, サッと三つ, サーベルを, ターンターンターンと, テキパキと, ドアに, バットの, パッと, ピストルが, ピストルで, ピストルの, ピストルを, ピタリと, ブツブツと, ムッと, ワーッと, 一人は, 一人も, 一寸法師を, 一応調べなけれ, 三人共ニヤニヤ, 三人来, 三平の, 下に, 不審そうに, 不要な, 中学生を, 中村係長と, 事件の, 二つばかり, 二人を, 二少年を, 二隊に, 互いに見得る, 五人の, 井上君を, 些の, 交番に, 交番の, 京吉に, 仏像に, 伝説の, 何にも, 何を, 何名向け, 何気なくその, 余り職務, 佩剣の, 俊夫君に, 光を, 入口を, 公平で, 其の機, 再び尋ねた, 写真を, 凜然として, 出て, 出張し, 列車の, 初めてメモ, 則ち立ち入り, 割合に, 力瘤が, 勢いあまっ, 参道で, 口を, 叱責やら, 名刺を, 呀ッと, 呼吸の, 咄嗟の, 問うて, 四十面相の, 四方に, 夕刊で, 外部からの, 夜が, 夜明けとともに, 大かばん, 大きくうなずい, 大きな溜息, 大分長い, 大声で, 大屋根, 大真面目, 大部分, 天才的な, 奥二階の, 娘に, 子供まで, 宝石を, 容赦なく, 対話の, 小さい齋藤, 小林君と, 小林少年を, 少年に対して, 屋根の, 帆村へ, 席を, 帽子や, 廊下を, 引返すと, 当然老人, 彼が, 彼女を, 彼等が, 後を, 心得て, 応接室へ, 怒った様, 怒鳴つた, 思わず一, 怪人四十面相が, 怪訝な, 愕い, 愕きの目を, 懐中電灯を, 房枝の, 所在なげ, 手套を, 手帳を, 手錠を, 持ち場を, 指を, 挙手の, 捕えなさったという, 捕えること, 捜査の, 掌の, 提燈を, 改まつて, 敏活に, 敬礼を, 敵を, 斯う云っ, 日本と, 時計屋敷には, 普通の, 暑くも, 更めて, 月光の, 有名な, 服装の, 本庁へ, 本気に, 本署に, 村田さんの, 来て, 板土間へ, 桜橋から, 棒の, 椅子と, 椅子の, 横から, 横を, 橋を, 機械的に, 此の, 歩調を, 毬の, 気が, 気を, 泰然自若として, 漁師じゃ, 為造の, 煙草に, 片手で, 片桐さんの, 現場を, 理由なし, 生きて, 申されました, 男に, 畏まって, 皆を, 盗賊を, 直ぐに, 直ぐ後から, 直ちに取調, 相変らず, 石段に, 私に, 私等二人の, 窓の, 立ちあがって, 答えた, 答えました, 結局為造を, 絶対に, 続けた, 緊張した, 総監の, 署前に, 美術館の, 背後から, 胡散臭そう, 腕を, 腕力を以て, 腮を, 腰に, 腰の, 膝を, 自分の, 自分達は, 自動車に, 舗石の, 舟へ, 艫を, 花田君を, 苦笑し, 茲に, 草を, 荷車を, 蔵の, 薄暗の, 蠅男の, 行き過ぎながら, 襖を, 西側の, 見えない足, 見つかったか, 見張りを, 親しみと, 言われるまま, 詞を, 誰も, 課長と, 警察へ, 警戒の, 豹が, 賊が, 賊の, 賛嘆の, 路を, 辰弥の, 近くに, 追尾し来れり, 退場した, 逃げるひま, 速水にも, 部屋を, 野口を, 鎌倉を, 長嘆息を, 長夜にわたって, 間もなくホテル, 関東庁の, 隅田乙吉について, 電話を, 電車を, 青年の, 鞭を, 飽くまで不干渉主義, 首を, 馬車の, 驚いた, 驚きの, 鬚を, 黄色い皮服, 黙って

▼ 警官たち~ (377, 10.4%)

5 はそれ 4 は, は懐中電灯 3 です, の前, の手, の方, の目, の顔, はこの, はその, はやっと, はピストル

2 [24件] があれ, がその, がピストル, が手, に包囲, のあいだ, のそば, のほう, はあっけ, はいきなり, はいっせいに, はすぐ, はてんでに, はへん, はドア, は小林君, は思わず, は狼狽, は窓, は賊, もそこ, もその, も四十面相, も思わず

1 [286件] が, がいきなり, がいくら, がいっ, がうった, がかけつけ, がかけよっ, がかけ出しました, がかわりがわり, がたじろぐ, がたちさっ, がつぎつぎ, がとびかかっ, がはしご, がもどっ, がもや, がソロソロ元, がドア, が一々, が三人, が乗りこん, が二階, が五メートル, が他, が何, が到着, が半数, が同僚, が吹きならす, が大声, が客車, が屋根, が左右, が帰った, が引きあげた, が引き揚げ, が応援, が怒らせる, が懐中電灯, が懐中電燈, が捜しつかれ, が時, が歯, が気の毒, が現場, が皆さん, が立ち, が立ち止っ, が自動車, が行列, が近づい, が近所, が鉄塔, が鉄格子, が門前, が険しい, が階下, が集まっ, が首, が駈けつけ, でつくられた, ではあった, といっしょ, とひそひそ, と一緒, にいよいよ, にさえこの, にすぐ, につたえます, になにか, にはなかなか, には丸木, には見えなかった, にひきわたした, にまじっ, にもいずれ通諜, にもその, にも同様, によびかけました, に伝える, に取り囲まれた, に対しては彼ら, に捕へられた, に暇, に気づかれる, に注意, に見せる, に説明, に軽く, に追いつめられた, に遅れ, に遮られ, のあと, のうしろ, のざわめき, のずっ, のところ, のピストル, の一隊, の乗った, の冷淡, の声, の多く, の失策, の懐中電灯, の来ぬ, の答え, の胸元, の腕, の自動車, の鉄甲, の頤, の頭, の顏, の顔つき, はあっと, はあなた, はあまり, はあやしい, はいそい, はいっそう, はいろいろ, はお, はおどろい, はおもわず, はおりかさなる, はかえ, はかべや床, はきみ, はきょろきょろ, はこういう, はことごとく, はこぶし, はこまっ, はこわれた, はしかた, はじた, はじゅうぶん, はすぐさま, はそう, はそこ, はそのまま, はその間, はぞっと, はたたみ, はただ, はとても, はどう, はどこ, はどっと, はどんどん, はなお, はなん, はなんだか, はなんとも, はひょうしぬけし, はふたりがかり, はまた, はまぶし, はみなピストル, はみんなピストル, はめいめい, はめくら, はもう, はもし, はもちろん, はもと, はよろこんだ, はキョロキョロ, はグッ, はトンネル, はハッ, はロボット, はワッ, は一隊, は不思議そう, は不承不承, は中, は中村警部, は云いあわせた, は五階, は今, は例, は俄, は六メートル, は六人, は口々, は古道具屋, は右, は号令一下, は四ほう, は四十面相, は宝石商, は家, は将棋, は崖, は張合, は彼, は心臓, は忍耐, は忙しく, は感づい, は手, は手わけ, は手洗所, は持っ, は明智, は明智探偵, は暗, は横, は澗, は牛, は目, は細い, は群衆, は胸, は腕ずく, は腰, は裏, は警視庁, は部屋, は鉄格子, は靴, は食堂, へお, までが常識, までこんなに, も, もあきらめ, もあまり, もこの, もこわごわ, もしばらく, もそれ, もひとまず, もひどく, もふたり, もまさか, もまっさお, もまるで, もみなピストル, もやっと, もゾロゾロ, も今, も位置, も半信半疑, も取調べる, も大いに, も大きな, も小林君, も小林少年, も帆村, も気づかなかった, も火星人, も網, も蜂矢十六, も豹, も述べ, や少年探偵団, や近所, よりも早く, をあざわらう, をあざ笑う, をおびやかし, をかきわける, をそこ, をつきとばす, をでむかえ, をとどめました, をとめ, をのこし, をまねきいれる, をも監視, をよびあつめる, をアッ, をサロン, を両方, を前, を呼びあげ, を少なから, を押しのけ, を早速, を睨みまわし, を苛立たせた, を見, を驚かした

▼ 警官~ (323, 8.9%)

4 がかけつけ, にとりかこまれ, の方 3 と衝突

2 [22件] があらわれた, がこの, がつめかけ, がとりまい, が仏像, が出動, が到着, が山, が来る, が見はっ, でもっ, との衝突, と少年探偵団員, に告ぐ, のなか, の中, の先頭, の前, の網, はその, はひとり, は時

1 [264件] かも知れない, からはたえず, からパラパラつと, から脱, から追われる, から銃, がいた, がいまごろ, がいる, がおしかけ, がおしよせ, がかけつけた, ががんばっ, がぎっしり, がくりだし, がここ, がさっと, がずらりと, がぞろぞろ, がなに, がにせ, がのりこん, がふもと, がふり, がやってきた, がやって来, がズラリ, がゾロゾロ, がトラック, がロッジ部長, が不意, が入口, が列, が劇場, が取巻い, が向っ, が四人, が四方, が塔, が女装, が守っ, が小林少年, が屋根, が幾十組, が待ちかまえ, が待ち伏せし, が応援, が来ない, が来ました, が栗色, が棍棒, が横町, が橋, が殺到, が焼け, が現われ, が現場, が自動車, が街街, が要, が踏み込んだ, が銃, が鋲, が集っ, が飛ん, が駈けつけた, が騎馬, だけで, でありましたが, であろうはず, でかこん, です, です危険, でとりまい, でなくて, ではだめ, ではない, で取囲み, で堅め, で奇面城, といっしょ, とがしばしば, とが対峙, とそれ, とたたかう, とであった, とはつきもの, とはやっぱり, と一団, と一方, と十数名, と四人, と四十面相, と小, と明智探偵, と義勇隊, と聞く, と銃火, なん, においつめられ, にかこまれ, にこの, にしらせました, にすっかり, につかまっ, にとりかこまれた, にとりまかせ, にとりまかれ, にほ, によってまったく, によってアリ, に二十面相, に今, に停車, に合図, に固められた, に大, に数人, に早がわり, に殺された, に気づいた, に知らせる, に突撃, に追われ, に追われた, ね, のうしろ, のうち, のかけつけた, のくる, のげんじゅう, のし, のす, のずっ, のため, のほう, のほか, のまっさきに, のまん中, の一行, の一部, の人たち, の例, の円陣, の剣光帽影, の勝利, の包囲, の大声, の射撃, の弾丸, の弾痕, の態度, の手, の抜剣, の敗退, の来, の来た, の激しい, の目, の背後, の自動車, の舟, の行動, の襲来, の見, の野蛮, の銃剣, の隊長, の隊長白木警部, の駈けつけ, の騎馬, はあまりの, はいく, はくやしい, はここ, はそのただならぬ, はそれ, はぞろぞろ, はただ, はど, はどう, はどうして, はどっと, はどれ, はみな車, はむしろじりじり, はもう, はオートバイ, はキャバレー・エトワール, はデパート, はホッ, はマント, は一階, は二手, は今, は倒れた, は全滅, は剣, は十五人, は四十面相, は塀, は外, は大戦, は姿, は小, は居合せた, は山形警部一人, は市民たち, は廊下, は怪物, は手, は指, は早く, は林, は水上署, は火星兵団, は煉瓦小屋, は物々しく, は猛, は空, は表門, は裏手, は警視庁, は議事堂, は銃, は銃丸, は長い, は集まっ, は黒ビロード, へこれ, もあわて, もき, もこの, もすこし, もだしぬい, もとんと, もよく, もキャバレー, も来, も消防官, も爆心, も見物人たち, も青年団, やその, や消防隊, や附近, や青年団, をつけ, をひき入れた, をよこし, をよこす, を中, を出動, を助ける, を呼びよせ, を呼ぶ, を呼ん, を引きつれ, を指, を指揮, を案内, を睨みつけた, を許可, を連れ

▼ 警官~ (281, 7.8%)

6 化けて 5 ばけて 4 とりかこまれて, 向って 3 声を, 捕えられた, 護られて, 追われて, 連れられて

2 [21件] して, とりまかれて, ひかれて, ひきたてられて, 云った, 付き添われて, 任せて, 包囲された, 叱られるところ, 向つて, 呼び止められた, 命じて, 変装し, 守られて, 挨拶を, 来て, 案内され, 渡して, 発見された, 行手を, 訴えた

1 [205件] あごの, いった, いろいろ訊きただされ, うそを, おいかけられたが, おさえられぽかぽか, おじぎを, お辞儀を, かこまれて, かこまれては, かた手, きいた, きけば, きびしく調べられ, くみつきました, くみふせられ地面, ことわって, この事, しきり, したがって, しても, しろ逃げるな, すぐ来る, すっかり身体検査, せいえ, そうはっきり言っ, そう命じ, そのこと, そのほう, それぞれさしず, それを, そんな挨拶, たずねた, たずねて, たのむの, だんだん締め, つかまったの, つかまって, つかまるの, つかまるはず, つかまれても, とっつかまるだろう, とびかかって, とらえられて, とらえられましたの, とりかこまれても, なにか耳うち, なりすまして, ばけたまま, ひきあわせて, ひったてられて, ぶっつかりました, まかせて, まもられて, みつかれば, むかって, よびかけました, わけを, わたして, わたしは, 一パイどうぞ, 一礼し, 一箇づつガス, 丁寧に, 与えたこと, 中身を, 予告し, 人民を, 会釈する, 伴われて, 似て, 住吉署の, 体を, 何かと間違えられ, 何が, 依って, 依頼し, 依頼した, 傷を, 助けに, 化けさせて, 化けただけでも, 化けたの, 化けた事件, 化けた二十面相, 化けた四十面相, 化けてと, 化けるとは, 反抗防衛する, 取りまかれて, 取囲まれた若い, 取囲まれて, 取巻かれた戸, 取巻かれて, 同情した, 向つて源右衛門, 向つて言, 呑み込ませるの, 呼ばれて, 呼びかけます, 呼びとめられて, 命じました, 喋ってから, 嚇か, 囲まれて, 堅く禁足, 変装した, 大きな声, 始めて, 守られながら, 射撃を, 尋ねて, 差出した事, 引き渡された, 引渡すの, 引立てられて, 彼を, 応援を, 怪しまれるであろうが, 怪まれて, 懐中電灯を, 手懸りを, 手渡した, 手渡す, 打ち開けた, 抑えられて, 抱き制め, 抵抗した, 挨拶し, 捕えられては, 捕へられしも, 捕りは, 捕縛せられ, 接しなければ, 掴まれたその, 提出し, 早く来, 殴られて, 注意され, 注意し, 注意する, 注意を, 犯人が, 狩りたてられトラック, 猛烈な, 猟銃を, 申立てた, 男を, 番を, 目くばせし, 目くばせした, 目配せし, 目配せを, 相違ない, 眼で, 突き止められたと, 腕を, 自由を, 色々と, 芝山を, 襟首を, 見つかって, 見つかりドクトル, 見て, 見とがめられ身元調査, 見られないやう, 見張, 見破られて, 見送られて, 親しみを, 言い自分, 言葉を, 訊問された, 訴へる, 話しかけた, 話して, 認められぬという, 説明し, 調べて, 調べられて, 護られながら, 踏み込まれ, 追いかけられとうとう, 追いつめられせっぱつまって, 追いつめられたとき, 追いつめられたみじめ, 追いつめられて, 追いまくられたり, 追われたが, 追われるよう, 追散らされたさうです, 追跡され, 送らせようと, 逆手を, 逐われて, 連れて, 連行され, 連行される, 逮捕され, 遠慮なく外国タバコ, 遺書を, 酒を, 電話の, 非常通牒を, 願つて洋食を

▼ 警官~ (169, 4.7%)

8 呼んで 6 つれて 3 つけて, 呼びに 2 まいて, よんで, 先頭に, 同道し, 尻目に, 見て, 連れて, 配置し

1 [133件] あざ笑って, いっぱい乗せ, お互, お呼びなさらぬ, お頼み, かきわけるよう, かくの, かばう親切, からかうなんて, きずつけるから, くらますトリック, くりだすであろうか, くり出して, げんかんの, ここへ, この場, さがして, したがえて, して, じっと睨みつける, そこに, その隠, ぞくぞくと, だまらせて, ちらと, つかまえて, つきとばして, つまずかせて, ともなって, とりまいて, とり逃がさないよう, なぐり倒すと, にらみまわしながら, ねむりから, のこして, はじめまわりを, はじめ警察医まで, ひきつれて, ひそかに, ふりかえった, ほめたたえて, まぜて, よこして, よびやがって, よび集めて, わたしの, キャバレー・エトワールへ, サーカスに, 一小隊ほど, 両岸, 乗組ませて, 五六人連れ, 五十名ほど, 交えた一隊, 伴ったに, 何回も, 作るという, 使わなくても, 侮辱し, 係長は, 入れて, 八方に, 出し玉置, 出張さして, 前に, 動員した, 半数ずつ, 同じく市庁, 呼びました, 呼びよせその, 呼ぶこと, 呼ぶと, 呼ぶの, 呼ぼうなどと, 呼んだ, 四人連れ, 地下道の, 増援し, 失望させた, 女衒と, 始め二名の, 寄せ附けず, 市管内に, 後に, 従えて, 必要と, 怖れ, 怖れなかった, 悪くし, 手招きし, 打ったろう, 抱えて, 押しのけて, 拳固で, 指揮し, 振り返って, 撒くため, 有料道路へ, 本能的に, 林立させ, 案内し, 殺そうとして, 派遣し, 満載した, 激励する, 煩わして, 煩わすほどの, 特派し, 百人も, 神社の, 突き飛ばすよう, 窓の, 立たせて, 立ち会わせる, 立ち合わせるから, 置いて, 舞台うら, 見ごろ, 見つけて, 見張りさせ, 見返して, 議場に, 豫め伏せ, 買収した, 載せ行きたる自動車, 迎えたこと, 迎えると, 迎へ, 追い払う策, 逮捕せね, 配置する, 集めて, 馬蹄に

▼ 警官~ (102, 2.8%)

4 巡警 3 いっしょに, 一緒に 2 ふたりの, 三人で, 刑事とが, 別れて, 口論した, 少年たちは, 甲板の

1 [78件] あっさり小競合い, あわせて, いわれて, おおぜ, おなじよう, おもしろそう, おゆき, お医者, くらべると, この世の中, これだけの, その町, ちがって, なって, ひとことふたことことばを, ロッジの, 三人の, 下水夫, 中村警部と, 乞食少年, 争つてゐる, 二百万の, 五人の, 人相の, 公安委員の, 刑事とは, 刑事を, 別れた, 力を, 助造じいさん, 医者が, 十幾万と, 十数人の, 名のって, 四十面相の, 園丁との, 園田さんの, 土地の, 大学生が, 家の子郎党共は, 密, 小ぜ, 小学校長とが, 小林君たち三人と, 小林団長は, 少年団員とで, 擦れちが, 擦れちがった, 新聞記者だ, 新聞記者とに, 明智のか, 明智探偵と, 明智探偵とは, 書生それから, 書生や, 書生を, 有志らしい, 機銃を, 歩いて, 相談し, 相談する, 私の, 総代たちの, 美保子の, 若い巡査, 衝突し, 西郷副, 警察から, 警手各各, 賊とは, 車掌とが, 連れ立って, 運転手が, 酒屋の, 間違えて, 闘うこと, 随所に, 鬼ごっこを

▼ 警官~ (75, 2.1%)

2 が着いた, が駆けつけ

1 [71件] から, がこれ, がとうとう, がやって来た, がやっと, がドヤドヤッ, が二手, が偶然, が固唾, が崩れ込んだ, が彦太郎, が曲り角, が生垣, が赤沢脳病院, が間近く, が雪, であった, でさえゾッと, と同じ, と格闘, と競合い, にとってはどこ, には事件, には目, に依っ, に合図, に囁く, に続い, のスキー, の懐中電燈, の疑惑, の眼, の行く, の詰, は, はお, はこの, はすぐ, は一斉, は五階, は俄然, は口々, は各, は変, は大きな, は妹, は家, は帯剣, は斎藤老人, は早速, は本署, は無言, は煙草屋, は直ぐ, は知らなかった, は誰, は走る, は車, は開いた, は驚い, もやむなく, も小林少年, も手, も持餘, も笑い出し, も顔, を何, を威嚇, を見, を見廻, を親友

▼ 警官~ (74, 2.0%)

2 さすがに, 館の

1 [70件] あまりの, いらっしゃるん, うっすらと, おいおいと, かけつけて, くわわって, こわがって, すてては, そういったよ, そこへ, そのあと, それぞれに, それに, ちらほら辺り, ついに鎮撫, なにも, またそこで足, みんな懐中電灯を, やってくるだろうが, やむをえずそのまま, サト子を, チョイと, ピストルを, 一声に, 一目おい, 中へは, 人々も, 仲に, 倦まず撓まず必死, 前言を, 加勢に, 医師も, 単なる人殺し, 同じこと, 呼びいれて, 困り果てた様子, 外套なし, 大体その, 奴の, 小林少年も, 屋根の, 帝国の, 年を, 店員たちも, 弱ったよう, 役人も, 急を, 悉く此所, 手の, 手持ぶさたなるごとし, 明智の, 来て, 此証拠は, 殆ん, 法官と, 洋服を, 消防手も, 漁舟も, 火かき棒を, 物珍しそう, 稲葉家では, 続いて, 苦闘を, 途を, 鉄道の, 青年団員も, 食って, 駆けつけて, 駈け付ける, 驚きましたが

▼ 警官~ (44, 1.2%)

3 刑事たちを

1 [41件] マユミさんが, 乗務員連中は, 人夫や, 元の, 兵士の, 刑事が, 刑事でない, 刑事の, 刑事らしい, 刑事諸君が, 医者みたいな, 園田家の, 家人によって, 小林少年や, 少年が, 少年たちが, 少年たちと, 少年探偵団員たちと, 忠一等に, 憲兵が, 憲兵で, 憲兵の, 手術衣の, 探偵が, 探偵などに, 新聞に, 新聞記者に, 有力者の, 村長や, 消防署員が, 犬や, 監察官に, 私服や, 縁者が, 興行者側の, 藻屑に, 裁判官に, 裁判官の, 見物の, 警察医が, 駅員達に

▼ 警官から~ (24, 0.7%)

1 [24件] きびしい取調, こういう処置, ことの, ストップを, 報告の, 報告を, 導かれるまま, 差止められるよう, 度々立退, 当病院内, 御注意, 思ひも, 成る地中突撃隊, 押さえられたという, 拾い上げられたとは, 東京に, 疑いを, 笑いながら, 聞かされたこの, 聞かされた此, 聞かれたもん, 胡散くさい, 解散を, 警視庁へ

▼ 警官~ (21, 0.6%)

1 [21件] から当時毎年, がはいっ, がふみ込む, がやって来た, との間, と相談, にはよく, に与えられてる, の方, の暴虐, はあたり, はこれから, はカドラン, はカラビン銃, は不意, は戸口, は扉, は皆一度, は見当, も同じく, をののしっ

▼ 警官~ (11, 0.3%)

1 [11件] いっぱいです, いっぱいに, こういう実務, このビルディング, この小さな村会, さア, ほとんど僕, 初めに, 厳重に, 固めて, 飛田という

▼ 警官として~ (8, 0.2%)

1 これを, では, 使役せられたる, 多少気に入らない, 斯うい, 社会より, 行き倒れの, 訊問を

▼ 警官には~ (8, 0.2%)

1 あり勝ち, かまわず小林君, ロス氏の, 他民族, 眼も, 返すべき言, 遠いので, 電話で

▼ 警官~ (8, 0.2%)

1 が其理屈, が抜剣, で一ぱい, の引立てる, の逐撃, は引取りつ, は決闘, は自分

▼ 警官では~ (7, 0.2%)

1 たりそう, ない, ないの, なかつたが, なくして, なくパリ市直属, 無くて

▼ 警官との~ (7, 0.2%)

1 あいだに, その争闘, 写真が, 応待留置場で, 格闘の, 衝突を, 間に

▼ 警官にも~ (7, 0.2%)

2 わかったに 1 そう証言, よくよめる, 何事が, 怪しまれずに, 誰にも

▼ 警官~ (7, 0.2%)

1 の行動, はひとり, は半次, は顔, ふと見る, や上官, や他

▼ 警官~ (6, 0.2%)

1 ぞ, ということ, といっ, と佐々, と信じ, ナ

▼ 警官とが~ (6, 0.2%)

1 はいって, ひそひそと, クマに, 一組ずつと, 怪物の, 通せんぼうを

▼ 警官としての~ (6, 0.2%)

2 自分の 1 僕の, 君に, 眼だけが, 良心の

▼ 警官トラ~ (6, 0.2%)

1 がためらう, が校長, が草むら, の眼, を先頭, 入つて

▼ 警官とは~ (5, 0.1%)

1 ふしんながらも, もつと, 声を, 手に, 綱を

▼ 警官によって~ (5, 0.1%)

1 ぐるっと取りかこまれた, その屋根部屋, 別間へ, 守られて, 徹底的な

▼ 警官~ (5, 0.1%)

1 お見せ, それを, 何かを, 外出を, 明け渡さなきゃならない

▼ 警官らしい~ (5, 0.1%)

1 のと, 人影を, 姿の, 姿も, 態度じゃ

▼ 警官一同~ (5, 0.1%)

1 に退席, は慄然, を乗込ませ, 何とも名状, 呆れた顔

▼ 警官~ (5, 0.1%)

1 ですから, の怪人, の胸, を着た, を身

▼ 警官でも~ (4, 0.1%)

1 与太者でも, 大抵二段や, 彼の, 見のがしては

▼ 警官への~ (4, 0.1%)

2 多少の 1 傳言を, 配給へ

▼ 警官二人~ (4, 0.1%)

1 そして警手, とは続い, は広い, を部屋

▼ 警官諸君~ (4, 0.1%)

1 が三人, にきみ, の彼女, を喜ばせ

▼ 警官さん~ (3, 0.1%)

1 がい, の洋剣, はお

▼ 警官とともに~ (3, 0.1%)

1 いそいそと, 中へ, 富田駅へ

▼ 警官とも~ (3, 0.1%)

1 あろうもの, 知らずノコノコ, 話しあいや

▼ 警官とを~ (3, 0.1%)

1 急行し, 護って, 集中した

▼ 警官~ (3, 0.1%)

2 のでしょう 1 のです

▼ 警官などが~ (3, 0.1%)

1 あとを, 容易ならぬ, 第八十八鉱区

▼ 警官なんて~ (3, 0.1%)

1 いふの, みな木隅の, 居ない村

▼ 警官に対して~ (3, 0.1%)

1 そう申し立てた, 何となくいい, 何を

▼ 警官のみ~ (3, 0.1%)

1 かたです, かたに, ならず人間

▼ 警官よりも~ (3, 0.1%)

1 すばやかった, 少年たちが, 早くひとり

▼ 警官ジャヴェル~ (3, 0.1%)

1 のうち, を殺した, を殺害

▼ 警官~ (3, 0.1%)

1 の制止, はあんぐり, はこの

▼ 警官~ (2, 0.1%)

1 ふたりも, 酌判事検事等々

▼ 警官からの~ (2, 0.1%)

1 希望で, 電話で

▼ 警官それ~ (2, 0.1%)

1 に小屋, に明智

▼ 警官だけを~ (2, 0.1%)

1 つのって, つれて

▼ 警官であっ~ (2, 0.1%)

1 てその, てわずか

▼ 警官という~ (2, 0.1%)

1 ものを, 特別な

▼ 警官とても~ (2, 0.1%)

1 何も, 變り

▼ 警官などに~ (2, 0.1%)

1 なつた, ばけるとは

▼ 警官などの~ (2, 0.1%)

1 厄介に, 姿が

▼ 警官なみ~ (2, 0.1%)

1 に現場出入, に突き放し

▼ 警官なら~ (2, 0.1%)

1 ばひとり, 被害民を

▼ 警官について~ (2, 0.1%)

2 椰子林の

▼ 警官にとっては~ (2, 0.1%)

1 その各々, 便所の

▼ 警官に対する~ (2, 0.1%)

1 申立てを, 誘惑

▼ 警官のかず~ (2, 0.1%)

1 は十六人, もおおい

▼ 警官まで~ (2, 0.1%)

1 加わった四人, 蠅男の

▼ 警官らしく~ (2, 0.1%)

1 冷靜な, 制帽の

▼ 警官百五十名~ (2, 0.1%)

1 の一隊, はいまトラック

▼ 警官連中~ (2, 0.1%)

1 が上, は入口

▼ 警官達判官三郎~ (2, 0.1%)

1 が穴, をなぜ

▼1* [144件]

警官あいつをつかまえ, 警官あとからコッソリ, 警官うしろにもどれ, 警官かが手を, 警官かとも思わなかったが, 警官がたもきょう昼間, 警官がも一人彼の, 警官ぐらいなの, 警官ここにいます, 警官この女を, 警官へゐなけれ, 警官さえが居ないよう, 警官がたの, 警官その膝の, 警官その他の追跡者, 警官それに七, 警官たちあたしがその, 警官だけになって, 警官だけはあとに, 警官だったのです, 警官だつたか, 警官だの警察予備隊だの, 警官だろうか, 警官であり無慈悲な, 警官であろうと医師, 警官でさえ青い顔, 警官ですかそんな, 警官とで厳しく固めた, 警官とにはさまれて, 警官と共に海事局に, 警官どもの粗相, 警官なぞ一名も出動, 警官などにはすこしも知らせない, 警官などはその風貌, 警官なども時折見かける, 警官などよりは見物の, 警官にたいするちょっとした事件, 警官につき添われて, 警官にでも叱責され, 警官にまでばけこむこと, 警官により気付かれたので, 警官による大捜索, 警官のうでに, 警官はじめロス氏自身も心配, 警官はつひに, 警官はもひとりの, 警官ばかりで二十面相, 警官ばかりがきて, 警官ふたり少年探偵団員とチンピラ隊十七人, 警官へは言わずに, 警官までに顔を, 警官までも日本の, 警官カヴァレロ・ホセ君が交番, 警官キツネにでもつままれた, 警官ココ・ラクールでさえも四人, 警官サーカスの人たち, 警官スキャッブとして政府, 警官トラ助役と並ん, 警官トラ右手より登場, 警官ペエテルゼンの訊問, 警官ペードロ・デユゴ氏は直ちに, 警官一小隊でじゅうぶん, 警官一行はチョッピリ, 警官一通りの調査, 警官三人もぜんぶ洞窟, 警官三十余名がこれ, 警官三十名背広の刑事十名, 警官三名の護衞, 警官三名街路上に残りおりし, 警官並びに警官類似の, 警官二個の拳骨, 警官二百五十餘名埼玉あたりより應援, 警官五人に守られ, 警官五六人がかからね, 警官付添の上, 警官仲間によく, 警官侮辱などの虞, 警官係員仕事師などの連中, 警官の誤解, 警官の失態, 警官典獄が犯人, 警官出張して, 警官刑事の非常召集, 警官を極めて, 警官医師とかと云う, 警官十餘名嚴重に警戒, 警官及その他の人々, 警官及び判事を, 警官合宿所の賄, 警官四十数名監視反小原派, 警官団員の死傷数十名, 警官外山が上っ, 警官姿の大きな, 警官学校職員がたちまち, 警官射的場で青赤黄いろとりどり, 警官巨勢博士の一行, 警官をかぶった, 警官役人やそして, 警官役人有志人夫を合わせ, 警官より出で, 警官御用の提灯, 警官慰問に出かけ, 警官振った口調で, 警官振つた口調で, 警官教室みたいなところ, 警官数十名に阻止, 警官数名を配置, 警官新聞記者混爻のオートバイ, 警官新聞記者誰も口, 警官の御, 警官棍棒氏をわが, 警官殺しの犯人, 警官気質で無遠慮, 警官派出所に保護, 警官特有の第六感, 警官用水堀の上, 警官百五十人で包囲, 警官百名今や隊伍, 警官はどう, 警官立会の上, 警官自警団避難民そうした人々, 警官自身はどう, 警官藁むしろは集り, 警官諸兄である, 警官諸兄クスクス笑う, 警官諸公に少し, 警官警官私はどう, 警官をひるがえし, 警官追いかける五人の, 警官達のであろう大きな, 警官部隊だけ血, 警官醫師とかと云, 警官附添のうえ, 警官隊五十人が出張, 警官隊十五万とに連盟, 警官隊十数名の兇賊, 警官隊員は緊張, 警官隊四十人あわせて, 警官隊総出には兎共, 警官隊長らしいの, 警官音楽隊が音楽堂, 警官類似の行為, 警官駈けつけて後, 警官黒田巡査はあくまで