青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「通俗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~通ずる 通ずる~ ~通っ 通っ~ ~通った 通った~ ~通り 通り~ ~通る 通る~
通俗~
通信~ 通用~ ~通過 通過~ 速~ 速度~ 造~ 造り~ ~逢 逢~

「通俗~」 1224, 13ppm, 8361位

▼ 通俗小説~ (250, 20.4%)

7 だと, を書い 5 の中 4 ですね, と純文学, を書く 3 になつ, になる, の作家, の方

2 [25件] かも知れない, かも知れません, が読者, だね, である, であるの, である第, ですよ, でどちら, ではない, となっ, との区別, との関係, と称, にでもあり, になっ, に転身, に違, のよう, の勢力, の筋, の証拠, の限界, は読者, ばかりを書く

1 [157件] かその, がある, がよっ, が偶然, が好い, このこと以外, さえその, しか書けない, じみた, じゃありません, そのままじゃ, だという, だわ, であ, であった, であったと, であっても, であるという, であるばかり, でしょう, ですけれども, でないこの, でなからうか, でなくっちゃ, でもある, でも時代小説, で大衆作家, で成功, というもの, というよう, といふもの, とおよそ, とか純文学, としてのヤマ, として一蹴, として通っ, となる, となんら, とのよう, との文学的本質, との相違, との通念, との限界, とはさ, とは詩的性格, と云う, と同じ, と呼ばれ, と呼ぶ, と批評家, と私小説, と紅毛人, と純, などにありふれた, などに於ける, ならともかく, にある, においてもアメリカ, にし, になり, には一種, には道徳, にイノチ, に代, に到達, に圧倒, に安住自足, に持っ, に書かれ, に海, に秉らん, に移っ, に納まる, に終らざる, に行く, に踏み止まった, に身, に限らぬ, のそれで, のなか, のやう, のフィクション性, のプロット, の一文, の主人公, の二, の亡霊, の伯爵夫人, の傾向, の区別, の卑俗, の名, の嘘, の場面, の大団円, の大家, の好色的, の寵児, の展開, の彼ら, の意見, の成功, の持つ, の斜面, の概念, の目ざす, の筋書き, の粗悪さ, の精神, の英雄, の表現, の述作, の道具, の領域, の類, の高級化説, は一, は今, は作者, は即刻即座, は寛, は探偵小説, は明治三十年頃, は来なくなっ, は現代, は百万人, ばかり書い, への転落, へ転身, めいたもの, めいた過去, もかけなけれ, も市場価値, や悟道軒円玉, や映画的, や長篇小説, よりも傑, らしいの, をえい, をかく, をのせ, をものせん, を分類, を執筆, を大衆文学, を強要, を愛読, を救う, を書かう, を書かなく, を書き馴れ, を書け, を棄て, を相, を軽蔑, を高めた, 又は新聞小説

▼ 通俗~ (178, 14.5%)

6 なもの 4 では, な意味 3 な興味, な部分, に説明 2 である, であること, な小, になつ

1 [147件] すぎる, だという, であ, であるに, であるの, でないもの, でない良心的, でみみっちい, で具体的, で時に, で表面的, で面白かろ, という意味, という観念, といった程, とか大衆的, ととのった方, な, なあれ, なうるささ, なところ, なところさ, なの, なまでに, なやり方, なるが, なる文芸, なる汎人類的, なわかりやすい, なゴシップ的, なストーリイ, なフシアナ, なペルシャ文学概論, な世間道徳, な人々, な人情映画, な人間, な何, な何物, な作家たち, な例, な信仰, な催眠薬, な写実主義, な割り, な千代, な卑俗, な原因, な又は, な各種, な問題, な図解, な型, な大衆文学, な定形, な実証精神, な寝言, な常識的, な幽霊話, な形容, な怒り, な思案, な所謂娯楽, な手法, な抒情画, な押し出し, な探偵物語さ, な文学的眼光, な文芸作品, な旋律, な日本式庭園, な普遍的, な書物, な概念, な歴史, な演芸, な演説会, な犯罪実話, な獲物, な疳癪, な種々, な粗大, な美醜, な自然科学者達, な要求, な親鸞上人伝, な言葉, な語法, な諸種, な譬喩, な軍事劇, な部分つまり芸術的, な雑誌, な非難, な面白い, な顔, な風景作家, に, にいへ, におちいっ, にし, にした, にすぎ, になっ, になった, になりきれ, には一般, には今日, には可, には把捉, には最もよく, には歩, には詭弁, にもの, に一, に之, に事件, に云, に云い表わす, に使われ, に分かり, に叙述, に岳倉, に引き直し, に揮, に日常語, に書いた, に書かれ, に流行, に考えられ, に解し, に解説, に言, に言語学, に講義, に赴かなかつた, に通用, に面白く, のこと, のたとえ, の意匠, の意味, の物, の興味, の見解, の解説, また軍国的文筆家

▼ 通俗~ (84, 6.9%)

2 ものだ, 名前に, 曲だ, 言葉で, 言葉の, 遊びだけ

1 [72件] ことの, ところが, ところだけ, のは, もので, ものとして, ものに, ものばかり, もの単なる, もの至る, ハツピー・エンドだ, モラルに, ロマンスと, 世界の, 世間から, 予想も, 事にかけては, 事件そのものの, 伝説に, 例で, 劇場から, 力強い比喩, 反転図形の, 取引でも, 問題も, 型には, 女と, 小芝居, 小説を, 市街図すら, 常識を, 常識解で, 庶民感情を, 御話, 悲劇は, 意味で, 意味での, 意味に, 戯作の, 拙い田舎絵師, 文学, 文章を, 方が, 曲で, 書物に, 書物にも, 植物学の, 標準の, 流行作品の, 温泉場へ, 生き生きと, 知識では, 神像だらう, 範囲であった, 美でも, 背景を, 能の, 英語名前の, 親子の, 親子関係を, 解釋は, 言葉では, 言葉以外に, 話ばかり, 諦観のみ, 遊蕩的の, 雑誌しか, 雑誌類が, 電気器具を, 音楽でない, 魂は, 魔物を

▼ 通俗~ (81, 6.6%)

3 見解は 2 いわゆる幽霊, 人は, 英雄豪傑の, 見解が

1 [70件] しきたりとの, ひかりよ, めやすから, もつ現世的, ものであった, シムボルであり, スタイルとまで, 三眼入道と, 世界に, 世界において, 予想とは, 人情の, 人間が, 伝統主義の, 便として, 便宜に, 信者が, 偽善的な, 傳統主義の, 分類法なる, 別称さわかる, 別稱さ, 名は, 呼び名が, 型で, 型であった, 型に, 型を, 妖怪中の, 宗教論, 小説に, 常識で, 意は, 意味で, 意味に, 意味における, 慣習に, 換喩を, 文学なりき, 文学史を, 断論は, 書と, 木に, 本旨に, 本旨既に, 概念というは, 比喩は, 用語では, 目に, 神話から, 精神史主義, 考えを, 耳に, 聖書を, 英雄豪傑に, 表現の, 表現法に, 表現通俗の, 見解に, 観念な, 解説が, 解説を, 解述を, 言葉で, 言葉ばかり, 語たるや, 語を以て, 霊魂不滅論者は, 霊魂消滅論者は, 魂を

▼ 通俗~ (78, 6.4%)

14 して 3 されて, では, の方向 2 するという, というよう, のこと

1 [49件] が大衆化, が社会的, が陥り, させられて, された学術, されながらも, されなければ, されること, されるもの, される時, され得る, され新語辞典, したならば, したもの, した一作家, しつつ, しようと, しようとも, し和蘭, すること, するため, すると, するに, すれば, せられたが, せられるに, であるだろう, であるの, という事, とか大衆化, とはこうした, とは一定, とは実際, とは従っ, とは社会教育的, には甚だ, に帰着, に於, に趣味, の場合, は啓蒙上, は知識, や卑俗化, をひき起し, を伴い, を余技, を許す, 乃至大衆化, 又は通俗性

▼ 通俗~ (64, 5.2%)

2 とか大衆性, の摂取, の本質

1 [58件] から救, がある, がで, がない, が加はつ, であり, というもの, という問題, といつた, とかそれから, との相違, との重要, との間, とはちがった, とは全く, とは芸術的教養, とを奇妙, と一見, と世俗性, と反対, と呼ん, と大衆性, と常識性, と相, についてさらに, にもひろがった, に堕さざる, に妥協, に対してその, に敗北, に陥る, の性質, の意, の概念, の理想, の要素, の通用範囲, の部分, はこれ, はそれ, は実際, は宣長, への勝利, への屈伏以外, をこんな, をも持っ, をカクトク, を出さう, を分析, を感じ, を承認, を擁護, を物語る, を発見, を目指す, を認める, を面白く, 読ませるもの

▼ 通俗~ (54, 4.4%)

4 なって 3 いえば 2 因果の

1 [45件] うたわれた容姿風采, これを, して, そう考え, なつた, なりそう, なり卑近, なる, なるも, 世間で, 中途で, 云う文学的, 云ふ, 伝うるところ, 全篇, 出来て, 吾, 唯書きたい, 堕さない文学上, 堕す部分, 堕せないの, 感ぜしめる余裕, 扱うその, 概説したる, 流れまいと, 流布し, 準じて, 理解され, 用い過ぎて, 申し伝えて, 研究の, 砕いて, 美しいと, 考えた結果, 考えて, 考えれば, 考ふれ, 落ちこんで, 解し裁判, 解し難き, 言ふ, 話して, 達したとき, 適せず, 随て

▼ 通俗作家~ (25, 2.0%)

1 [25件] が, が大阪, さ, たれ, ではない, でも小説, というもの, として, としてのゴールイン, としての成功, として出発, として取残され, とそう, となっ, とも云われ, と数人, と称する, になる, には必要, によって独占, によつて, のセンス, の名, の心理洞察, の本懐

▼ 通俗文学~ (25, 2.0%)

2 と純文学, と純粋文学, にすぎない, の中, や映画, を区分

1 [13件] である処, との間, とは質, に入っ, に入った, に堕す, の作者, の撲滅, の有っ, の産出, はなる, への非, や大衆小説

▼ 通俗~ (15, 1.2%)

1 [15件] がある, だと, で, でもい, とは民衆, にもそれ, の中, の新しい, の樹立, の筆, の観念, も対話, を数多く, を目指し, を見物

▼ 通俗雑誌~ (15, 1.2%)

2 などから注文, には書かない, の最も 1 くらいしか売っ, などに古, によって多く, に掲載, の読み物, や学会, や新聞, を手, を機関

▼ 通俗~ (10, 0.8%)

1 あまり華麗, かつ面白く, はない, はなくなった, は森羅万象いろいろ, 常識的でなく, 常識的な, 旧教的なある, 真実なる, 読者に

▼ 通俗的興味~ (10, 0.8%)

1 であります, と云, と呼ぶ, と芸術的気品, に乏しく, のない, の乏しい, はない, をつなぐ, を満足

▼ 通俗科学~ (10, 0.8%)

1 とが対立, と文学, と称する, に趣味, の唯一, の本, の話, の講演筆記, の雑誌, はいかなる

▼ 通俗講演~ (10, 0.8%)

2 で金, を致された 1 の中, の聴衆三百人, の類, や宣伝, や科学, を一くさり

▼ 通俗~ (8, 0.7%)

1 廃しなければ, 怖れる, 恐れぬ精神, 気に, 氣に, 相手に, 脱却し, 通俗として

▼ 通俗~ (8, 0.7%)

1 が云い表わし, が意味, である, で之, として又, におきかえる, の上, を知つた方

▼ 通俗~ (7, 0.6%)

2 純粋の 1 なすもの世人, 呼ばれるもの, 専門とは, 断じ, 言ふ

▼ 通俗なる~ (7, 0.6%)

1 もの純粋ならざる, 仏教を, 小説を, 平民芸術には, 純粋小説の, 興行物たり, 説明とを

▼ 通俗には~ (7, 0.6%)

1 なり難く, やや了解, 一般の, 亀について, 皮太皮屋皮坊訛っ, 誤って, 誰も

▼ 通俗大学~ (7, 0.6%)

1 であった, にも芸術, のある, の一つ, の存在, はまた, を建て

▼ 通俗作品~ (6, 0.5%)

1 であって, との区別, との源泉的相異, に登場, へ大幅, めいたもの

▼ 通俗~ (5, 0.4%)

1 がある, さえ持った, に病, をねらつ, を排し

▼ 通俗常識~ (5, 0.4%)

1 から云え, であること, による, のま, をこれ

▼ 通俗的作品~ (5, 0.4%)

1 との区別, と云, と云う, にあっ, にし

▼ 通俗~ (4, 0.3%)

1 であつ, の望み, をそこ, をも感心

▼ 通俗文芸~ (4, 0.3%)

1 に対する若き, の命脈, は当然, を度外視

▼ 通俗観念~ (4, 0.3%)

1 と同様, に基い, に過ぎない, の有っ

▼ 通俗~ (3, 0.2%)

1 が目標, はない, を自分

▼ 通俗哲学~ (3, 0.2%)

1 という意味, に堕さない, もある

▼ 通俗図書館~ (3, 0.2%)

1 がきわめて, に至り, の普及

▼ 通俗小説論~ (3, 0.2%)

2 を持ち出した 1 はポピユラア・ノヴエル

▼ 通俗教育~ (3, 0.2%)

1 のため, の人, の旗幟

▼ 通俗~ (3, 0.2%)

1 だろうが, などにも沙漠, もあった

▼ 通俗~ (3, 0.2%)

1 とまったく, には走らない, の方面

▼ 通俗~ (3, 0.2%)

1 なんかは物語音楽, の小説, を読む

▼ 通俗物語~ (3, 0.2%)

1 の中, の定跡, を提供

▼ 通俗科学雑誌~ (3, 0.2%)

1 によって科学, のページ, の紙上

▼ 通俗読物~ (3, 0.2%)

1 としてウイリアムス, と文学作品, と等しい

▼ 通俗講義~ (3, 0.2%)

1 があっ, の必要, を書く

▼ 通俗音楽~ (3, 0.2%)

1 の人気もの, の大関格, の王

▼ 通俗~ (2, 0.2%)

2 鼻に

▼ 通俗であっ~ (2, 0.2%)

1 てはならぬ, て考え

▼ 通俗である~ (2, 0.2%)

1 と通俗, ものが

▼ 通俗なある~ (2, 0.2%)

2 外国雑誌の

▼ 通俗にも~ (2, 0.2%)

1 移行し得る, 陥らず仕事

▼ 通俗への~ (2, 0.2%)

1 合同低下の, 合流に

▼ 通俗人情~ (2, 0.2%)

1 が完璧, にすぎない

▼ 通俗以上~ (2, 0.2%)

1 である, の気品

▼ 通俗劇作家~ (2, 0.2%)

1 が現, であるが

▼ 通俗喜劇~ (2, 0.2%)

1 であるが, めいた才気

▼ 通俗小説中~ (2, 0.2%)

2 の人々

▼ 通俗小説以上~ (2, 0.2%)

1 に通俗的, の深

▼ 通俗小説内~ (2, 0.2%)

1 における偶然, に於ける

▼ 通俗小説家~ (2, 0.2%)

1 がぬくぬく, であるが

▼ 通俗平易~ (2, 0.2%)

1 に弁明, の紹介

▼ 通俗戯曲~ (2, 0.2%)

2 だと

▼ 通俗~ (2, 0.2%)

1 に翻訳, を用

▼ 通俗案内書~ (2, 0.2%)

1 の一種, を一冊

▼ 通俗極まる~ (2, 0.2%)

1 小説を, 概念の

▼ 通俗理窟~ (2, 0.2%)

1 で人麿, で解けない

▼ 通俗的用語~ (2, 0.2%)

2 である

▼ 通俗科学的読み物~ (2, 0.2%)

1 がはなはだしく, は排斥

▼ 通俗芸術~ (2, 0.2%)

1 だの民衆, の貴族的

▼ 通俗記事~ (2, 0.2%)

1 などを新聞, にもし

▼ 通俗講座~ (2, 0.2%)

1 でなければ, とはよく

▼ 通俗講演会~ (2, 0.2%)

1 でペンク, のため

▼ 通俗道教~ (2, 0.2%)

2 では仙境

▼ 通俗長篇~ (2, 0.2%)

1 で同じ, に同じ

▼1* [143件]

通俗かつ浅薄を, 通俗から遠ざかれば, 通俗がかって, 通俗きわまるものが, 通俗すぎるな, 通俗そのものである, 通俗が独逸語, 通俗でありそれを, 通俗ですね, 通俗でない兄さんを, 通俗でもあつた, 通俗ということを, 通俗といふことな, 通俗として恐れその, 通俗とは大いにその, 通俗なながめ方である, 通俗ならぬ試みに, 通俗なりの内容を, 通俗なるべきこと, 通俗なれば貧富, 通俗な持ちもので, 通俗な用い方としては, 通俗にさえ行きづまっているのである, 通俗普遍の, 通俗めいている, 通俗めいた小説を, 通俗通俗幼稚な, 通俗ものをよみ, 通俗常套の, 通俗ジャンケンといふ支那そば屋, 通俗モラルのセンチメンタリスト, 通俗一般の人情, 通俗世界の人民, 通俗の巷説, 通俗作家たちの小説, 通俗作家ブールヴァール作家といはれる, 通俗作家以下のもの, 通俗作家探偵小説の作者, 通俗作家的な歎息, 通俗作家的立場での内容, 通俗作家通俗批評家に外, 通俗作曲家としての天分, 通俗劇場の初回興行ごと, 通俗劇専門の俳優, 通俗化低俗化への道, 通俗化啓蒙には相当, 通俗化猥雑化とこの, 通俗卑近の説明, 通俗叢書の中, 通俗史家報道員であるモーロア, 通俗哲学者になる, 通俗哲学者メンデルスゾーンの手, 通俗啓蒙的に表現, 通俗啓蒙科学になっ, 通俗図書につき, 通俗図書館普及策の根柢, 通俗先生の, 通俗大聖伝まで何ひとつ, 通俗婦人雑誌を並べた, 通俗安直な懐古家, 通俗はシチュエーション, 通俗小説ぢやありません, 通俗小説みたいな想, 通俗小説プラストリックの探偵小説, 通俗小説以外に文芸, 通俗小説的なこしらえられた言葉, 通俗小説類を一貫, 通俗常識そのものでなければ, 通俗平凡であ, 通俗幼稚なお伽話, 通俗心理学や新, 通俗性イヤらしい虚栄, 通俗性插画性は或, 通俗悲劇の中, 通俗批評家に外, 通俗政治家ノ標本タル, 通俗教育会を開く, 通俗教育家とはちがう, 通俗文學も其の, 通俗書籍雑誌の濫出, 通俗に通暁, 通俗演説家の詐術, 通俗版画のなか, 通俗物笑劇オペレットが, 通俗物語家とでもいう, 通俗現代劇すら日本, 通俗の見, 通俗画家が凡庸, 通俗と見, 通俗百科全書中の文学論, 通俗的フイルムの馬鹿馬鹿し, 通俗的一を芸術的, 通俗的人気は強, 通俗的人間批評が巷, 通俗的信念も無造作, 通俗的分子を取り除け, 通俗的半面のみを誇張, 通俗的学問という概念, 通俗的小説が当時, 通俗的弁解では満足, 通俗的思想のもの, 通俗的意図から離れ, 通俗的意義の影響, 通俗的文芸の出現, 通俗的文芸作品でなければ, 通俗的智識を得よう, 通俗的概念であるか, 通俗的歴史小説とかえる, 通俗的現代小説を指した, 通俗的知識や通俗的思想, 通俗的稀には學術的出版物, 通俗的美観を呈し, 通俗的脈絡が鮮明, 通俗的要素は微塵, 通俗的觀念であり學問的論究, 通俗的解説にはやや, 通俗的評価はあまりに, 通俗的読物の類, 通俗的讀物などで印刷, 通俗的飜訳をする, 通俗社会人でもその, 通俗科学書に溢れた, 通俗科学書中にはすこぶる, 通俗科学者の書いた, 通俗科学記事のみならず, 通俗科學雜誌の紙面, 通俗一の, 通俗入新聞, 通俗表象によって分析, 通俗の開祖, 通俗語漢語多くて, 通俗を試み, 通俗は戦争以来, 通俗講話のごとき, 通俗講話通俗教育会を開く, 通俗讀本と云, 通俗趣味に強要, 通俗趣味文学青年趣味の芝居, 通俗道徳的に信用, 通俗雑誌的にしか理解, 通俗音楽会のうち, 通俗首ったけな惚れかた, 通俗を愚鈍