青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「通る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

通じ~ ~通ずる 通ずる~ ~通っ 通っ~ ~通った 通った~ ~通り 通り~ ~通る
通る~
通俗~ 通信~ 通用~ ~通過 通過~ 速~ 速度~ 造~ 造り~ ~逢

「通る~」 4002, 43ppm, 2686位

▼ 通る~ (590, 14.7%)

5 そこに 4 いうので, かれは, 彼女は

2 [30件] あの葉, お絹, さながら待ち設け, だしぬけに, まだおばあさん, みえて, ケラを, 中から, 主人夫婦は, 云うの, 云ふ, 人々は, 今まで, 右手の, 平岡は, 影や, 彼は, 思って, 昨日まで, 村の, 牛に, 生まれて, 私は, 見えて, 誰かが, 道に, 道の, 部屋の, 門野は, 雨が

1 [513件 抜粋] ああこれ, あっては, あのとおり, あの人, あの蜘蛛大名, あまり好い, あらば, あるじの, あんなに嬉し, いう, いうだけ, いうだけの, いうと, いかにも古い, いかにも田舎, いきなりアジャーアジャー, いきなり出ば, いちょうの, いつたやう, いつもべちゃくちゃ盛ん, いな, いななきながら, いままで, いやでも, いやな, うっかり肘, おじさんが, おれの, お米, お糸, お茶烟草盆菓子などが, お銀, かならず店, かならず暗い, がら, きっと中, きつと, ここは, ここらには, これから寄席, これが, こんどは, こんなこと, こんな大きな顔, こんもりした, さすがに, したなら話, すぐさま今夜, すぐに, すぐもう広い, すぐ感じ, すぐ薄暗い, すべての, すると, ずらっと, そこでは, そこには, そこにも, そこは, そこらに, そつぽ, そのあと, そのまま一度, その人, その体, その全身, その周り, その四郎次郎, その奥, その娘, その学力, その後から, その提灯, その晩, その灯, その玻璃窓内, その通行, その頃, その高い, それなる, それに, そッと, ぞっとする, ちょうど今日, ちょうど孤児たち, つい立ちどまっ, つい話, ときどきに, どうした, どうしてか, どこか, どこかの, どこからとも, なにしろそこ, ならば, なると, なるべく彼, にわかにはいっ, はいって, はたしてこう言った, はっと顔, はなはだ不毛, ひとりで, ひとりでに押, ひやりと涼しく, ふと事務室, ふり返っ, ほかの, ぽろぽろ涙, まず, まずなに, まず御, また塀, また蛙, また黄色い, まるで吉原, まるで感じ, みつばちの羽音が, みんなふり返っ, みんな先生の, むくりと, むこうから, もう借り手, もう岸, もう灯, もちま, もはや買っ, やがて其の, やや広い, よく見えます, よさ, よめきも, わかり, わしを, アジャーアジャーと, ゴットフリートは, ソオルは, ニカワを, ハラハラと, ファゼーロが, ベンチに, ボスコウィッチは, ラジオ放送の, レイス編みを, レコードでも, 一人の, 一同は, 一斉に, 一軒荒物屋らしい, 一軒表二階の, 丁度この間, 丁度出合頭, 万事が, 三人共飛び乗っ, 三吉は, 三月の, 三田は, 上を, 下ノ関から, 不意に, 中に, 中庭で, 主人と, 主人の, 主人を, 主婦は, 二三人葉を, 二三間の, 二匹の, 二尺あまりの, 二階家が, 云うと, 云う信仰, 人だかりが, 今にも頭, 今年二十歳の, 今座敷に, 今朝は, 今洗ったらしい, 仏の, 仕事を, 仕掛けで, 仰臥し, 伊庭の, 伝右衛門は, 伯母の, 何となく死にたくなる, 何事も, 何時も有明, 例の, 供えものの, 便利だ, 俄かに, 俺は, 傘を, 先の, 先生が, 先生の, 入口に, 兩側に, 兩側には, 八五郎は, 八五郎三輪の, 六兵衛は, 六畳ばかりの, 其処に, 其後から, 其處には, 内で, 内儀の, 内所の, 内部では, 冬子は, 出抜けに, 出迎えた妻女, 分っても, 前の, 化け銀杏の, 十五六の, 千代は, 又その, 又氣, 又道連, 台所から, 台所で, 右に, 同時に往来, 同時に紋付, 名古屋因幡守は, 向うは, 向う側が, 吼えるだけ, 商人らしい, 四尺に, 国防婦人の, 地獄車の, 地盤の, 地蔵が, 地震の, 坂を, 垣に, 士族屋敷に, 売女たちが, 夏目漱石の, 多くの, 多分妾, 夜十二時頃でも, 大え, 大きないちょう, 大きなへ, 大広間の, 大概の, 奥さんが, 奥の, 奧の, 女が, 女たちが, 女の, 女史は, 女将の, 好いん, 姿は, 子どもが, 安倍丹之, 実が, 家じゅうゆすぶれます, 家の, 家は, 家族全体が, 宿の, 察する, 小家は, 小屋の, 小石を, 尻を, 尼は, 屋内は, 山は, 山査子が, 巡査が, 左右に, 左右へ, 左門は, 帽子なんぞ, 平右衞門町, 幸いに, 幽公, 店, 店の, 座蒲団を, 庭が, 廊下の, 引き返して, 弟は, 彼らの, 徳永が, 心得おるその, 必と, 思うか, 思うたら其, 思うと, 思うな, 思うよ, 思え, 思せ, 思つて居る, 思ひませんでした, 思ふか, 思へ, 思われるもの, 怪異が, 感服いたします, 感附かれ, 懐に, 懷中へ, 或る, 戸が, 手を, 手紙が, 招魂社の, 拾って, 掃溜の, 授業中に, 揺れる, 散々に, 新兵衛, 既に二三人, 日本女は, 暗いなか, 暗い中, 暗い小路, 暗夜の, 曲角の, 書画会の, 木戸が, 木曾川の, 木沢氏が, 村尾さんは, 東京の, 東洋種の, 林に, 果してかう, 柔いものが, 桃桜溌と, 桟橋の, 梅が, 横町や, 樹の, 橋の, 橋詰の, 欄干が, 欄干にも, 欄干の, 正造は, 此處は, 此間私を, 此騷ぎでせう, 武蔵は, 母が, 氏は, 気が, 水が, 水口の, 沢で, 河岸の, 沿道の, 浪人が, 清元の, 渡辺曰く, 濛々たる, 火の, 火鉢や, 炉が, 熊谷の, 爐が, 父は, 片側の, 片隅の, 牡蛎籠の, 特に弥生, 犬が, 狗は, 独り机に, 狭い中庭, 狭い路地, 狼に, 猪之さんが, 猫は, 猿の, 猿ヶ馬場に, 玄関の, 田の, 男の, 男も, 白い背中, 白い障子, 盛に, 盛んに, 直ぐ川瀬, 眼の, 矢張り同じ, 知って, 硝子戸の, 磔刑柱を, 神田の, 神社の, 私が, 私の, 私共の, 私共は, 秋の, 種々の, 空気の, 窓から, 窓に, 窓の, 窓外の, 竹刀の, 笹の, 篠田が, 簾を, 紙の, 絶えず秀麗, 繕ひ, 罵られき, 聞いて, 聞こえて, 肉や, 肩掛に, 背の, 背後むきで, 脚を, 自分は, 苅入, 若い奴, 若い者, 若い蘭法醫, 若松屋惣七は, 茶の, 草木は, 葉の, 蓮太郎一人で, 薄荷を, 街の, 街中が, 街道の, 裁縫を, 裏口が, 見え与八, 見え伸子, 見たで, 見たであろう, 見ると, 見れば, 言って, 言ふ, 評判に, 話は, 読経の, 誰も, 誰れで, 調度の, 赤い火, 足へ, 路ばた, 路地の, 路考は, 農林技官の, 近頃改築, 追いかけて, 途中の, 通せんぼうの, 通行人は, 釣瓶も, 鋭い刃物, 錦子に, 鐘楼であった, 長屋の, 長屋中の, 門の, 門番へ, 間もなく私, 隅の, 障子の, 雫が, 雲助連中が, 霞を, 青い顔, 青白い燐光, 青白い粉, 面紗を, 音絵は, 頂上の, 頭の, 飛び上って, 香ばしい匂い, 馬が, 駒形堂が, 鬱蒼たる, 鷲別幌別あたりの

▼ 通る~ (488, 12.2%)

29 である 22 を見, を見た 17 です 11 を待っ 10 だ, であった, を見る 9 だから 8 だが 7 ですから 5 では 4 が見えた, だろう 3 がいや, は, をながめ, を仰ぎ見, を何と, を待つ, を感じた, を窓, を見かけ, を見つけた

2 [28件] か, かね, がある, が一番, が厭, が見え, だった, だよ, だろうと, であります, であろう, でした, ですが, に出会った, ははじめて, は厭, は慣れない, もある, を, を待ち, を待ちかまえ, を待ちました, を待ち受け, を待ち合せ, を聞く, を見かけた, を見つけ, を覚えた

1 [234件] かあるいは, かお, かとお, かと思い, かと思っ, かと思ふ, かと聞いたら, かひたひた, かひどい, か皆目, か見, か軌道, がいい, がうれしかっ, がおそろしゅう, がこわく, がせめて, がつね, がつらい, がどこ, がどんなに, がなんだか, がなんとなく, がほのか, がよい, がよかっ, がチラ, が一寸, が不愉快, が人里, が何となく, が例, が只事, が大嫌い, が好き, が小さな, が少く, が川, が必然, が恐ろしく, が気味が悪い, が氣恥, が無性に, が物すごく, が瑕, が目, が眼, が私, が聞える, が聞こえ出した, が苦, が薄気味, が表れ, が見られた, が間違ひだ, が随分, が非常, が順路, さえ可笑しい, さえ池, さえ馬士, じゃ, だか, だからね, だそう, だつた, だの薄, だよと, だろうか, だろうかしらと, であったが, でありました, でありますが, であるから, であるが, である途中, であろうかと, でございます, ですか, ですのに, ですよ, でなくて, とは規則, とシベリア通過, と人家, と同じ, と夜, と大, と宗教的, にくわれる, には門鑑, に出あ, に出合った, に十分, に気がつい, に気がついた, に行きあう, はあんまり, はいよいよ, はかういう, はこっち, はこの, はこれ, はすぐ, はどうも, はまことに, はまして, はまちがい, はまれ, はもし, はやっぱり, はよい, はフシギ, は万, は二度目, は仄, は何, は何十分, は余りに, は分りきっ, は初めて, は勇, は十一年目, は午後七時二十分, は南風, は困難, は夕方, は夜, は失礼, は妾, は子供心, は心, は恐ろしかっ, は愛吉, は日本海, は時代逆行的景観, は気, は水, は涼しい, は珍, は畑, は知った, は窮屈, は見かけ, は覚束, は誠に, は近く, は避けた, は鶫, も, もあった, もあまり, もここ, もそんなに, もめずらしかっ, もやがて, もやっと, も他, も何, も心地, も恐ろしい, も武門, も疵, も稀, も肉親, も見える, よ, をあの, をある, をい, をいやがった, をいろ, をきけ, をじっと, をつかまへ, をとらえ, をながめてる, をなるべく, をまち, をみつけた, をよい, をよし, をわし, をわたし, をジーット, を丈助, を何心, を傍観, を合圖, を堪え, を堪へ, を察し, を常, を待ち伏せ, を待ち受けてるらしい, を待ち構え, を快い, を恐る恐る, を意外と, を打, を楽, を楽しみ, を樂, を水町庸子, を甚七, を皆, を目, を目礼, を眺め, を眺めた, を知って, を知つて狂言身投, を知らず, を私, を空しく, を茫然, を街路, を見かけなかった, を見かけられ, を見かける, を見せ, を見つける, を見のがす, を見ました, を見よう, を見れ, を見受けます, を見物, を見迎え見送る, を見送っ, を許された, を誰, を避けた, を高い

▼ 通る~ (209, 5.2%)

11 の足音 8 の跫音 5 もなく 4 があった, が皆, の顔 3 の流れ, もない, もなかっ

2 [15件] があったら, がある, がない, に立, に訊ねる, の下駄, の姿, の影, の裳, の靴音, はない, はなかっ, もありません, も稀, を見

1 [134件] からたつた, からはす, から聞いた, があっ, があります, がいっ, がうさんくさ, がそっと, がなくなります, がみんな, がみんな白金巾, が一杯, が変, が多かっ, が家, が幽霊, が挨拶, が有った, が祈祷, が私, が立, が立止つて, が笑ってる, が花, が花屋, が見えます, が見る, が馬, だちに, だって口, でありました, である, ではなかっ, でも差し, とてはない, とは知るまい, とよく, なし花芒, などを見る, に, にある, にとろり, にはだれ, には見えない, には誰, にみんな, にも滅多, に名, に向っ, に呼びかけ, に媚, に川, に聞こえ, に見られる, に迷惑, のあり, のある, のない, のふと, のよく, の一人, の声, の数, の數, の求め, の耳, の装束, の見, の足, の足許, の運命, の頭, の驚動, はあるまい, はいつも, はこの, はその, はたくさん, はだれ, はみな急ぎ足, はよく, はわざわざ, は一つ, は何者, は僕, は全く, は其歩み, は前方, は単調, は各自, は天狗, は太陽, は寥々, は少し, は帽, は極めて, は皆上機嫌, は皆上草履, は皆南, は立, は行倒れ, は足, へ匂い, もある, もごぜ, もせわしなくあぶなっかしく, もそれほど, もなけれ, もほとんど, もまだそれほど, も乗る, も勿論, も極めて, も殆, も無, も秋, やのろのろ, や濡れ, や町家, や車, をあてる, をぼんやり, を不思議, を乗せる, を呼びとめた, を呼ん, を曙, を注意, を眺め, を睨ん, を見かけ, を見せる, を見下し, を覗き

▼ 通る~ (154, 3.8%)

3 には 2 にちょうど, にはいつも, には気, にまだ, によく, に誰, は必ず, は成るべく

1 [135件] しばしば鉄鼠色, すなわち例, その空室, その窓, その足音, だけにさうする, だけ毛蟲, だけ高く, ちょっと覗きこん, でさえ未来, でも晴天, でも立っ, とうとう機, とかその他, とでその, ともちがっ, と海底, などに気, などはつとめて, など被, など通りすがり, なんかは電車, に, にいった, にきっとよく, にそこで, にその間, にぬれた, にはあわれな, にはいつ, にはここ, にはそこ, にはそれ, にはそれ自身, にはたいてい, にはどんな, にはやはり, には切明け, には前, には勇吉, には妻, には廃都, には彼, には御免, には御門, には怨し, には愛嬌, には本郷, には汽笛, には私, には窓, には股, には荷, には藩, には襤褸, には誰, には野袴, には針金, には陸, には雨だれ, には非常, には黙っ, にゃ女, に一寸, に主人, に仲間, に似, に例, に其の, に半, に又, に妙, に山の神, に彼ら, に挨拶, に旅行券, に松茸, に比べ, に泊, に畳, に私, に私はじ, に細君, に腹掛, に花魁, に見ましたら, に言った, に言葉, に起き, に跪い, に顔, に駕籠, に黄色, に鼻, のやう, の怖, の方, の気持, は, はたいてい, はどうやら, はどんなに, は何ん, は余り, は傍, は反対, は埃, は夫, は特に, は百何十度, は知らず知らず, は袖, は見る, は話し声, は贅沢, は鉄橋じゅう, は馬, ばかり氣, ぱっと暗闇, ふと季節, も人, も絶えず, も通り過ぎた, や遠路, よりも勤番支配, 何故おれ, 出会うの, 出逢つたの, 大きい銀, 思わず私, 掘り返し積み捨てられた草木, 死にかけてる一人, 死んで, 重々しい音, 重そう

▼ 通ること~ (149, 3.7%)

7 になっ 5 にし 4 がある, になる, もありました 3 があります, ができた, が出来た, は出来ない

2 [11件] が出来ない, でも, にした, になった, になつ, の出来る, はできない, もある, もない, をおそれました, を避け

1 [91件] か, からの自信, があっ, があった, があったら, があり, ができ, ができない, ができなかった, ができなく, ができました, ができよう, ができる, ができれ, がむずかしく, がゆるされない, がわかった, が出, が出来しまへ, が出来なかつた, が出来る, が多い, が大切, が幾度, が恐し, が特に, が違っ, さえ忌々し, すら出来なかった, だろうから, だろうと, である, であろう, でせう, では, となろう, と聴い, なれば, にいささか, になります, には間違, によってあの, によって初めて, によって現象, に人間的恥辱, に定まっ, に彼女, に於, に極めた, のみがその, の危險, の無作法, の理由, はあっ, はあります, はうるさい, はできません, はならん, はめずらしく, は不思議, は今, は例外, は危険, は唯, は宵, は少ない, は敢, は果して, は相成らん, は絶対, は許されない, は通るだろう, もあり, もしげしげ, もたいした, も七兵衛, も出来た, も出来れ, も困難, も忘れる, も避ける, やある, や絵双紙屋, ゆえ何, をしなかった, をゆるし, を妨げない, を脅えた, を許されない, を避ける, 第三日

▼ 通るよう~ (107, 2.7%)

10 になった 7 になっ 5 になりました 4 になる 3 になり 2 だ, な声, な跫音, な音, にした

1 [68件] これからすべて, だが, だった, だ素人療治, であった, でした, でその, で宵過ぎ, なかおり, なそんな, なもん, な何とも, な光景, な場合, な寒, な寒気, な御, な心持, な心持ち, な意地, な感動, な態度, な文章, な日, な時, な気, な気配, な溶, な町, な真空, な私, な細い, な草原, な荒い, な菜っぱ, な道, な雨, に, にかたんかたん, にし, にしました, にする, にでもなったら, になりまし, になります, になるでしょう, になれ, にアルカイオス, にッ, にドア, にライフライン, に壁, に平ら, に思っ, に思われ, に思われる, に整理, に早く, に柔, に確, に窓, に見え, に覚える, に論陣, に身, に道, に都合, に響く

▼ 通るとき~ (100, 2.5%)

4 だけ青く 2 うすくらがり, には汽笛, にふと, に黒い, 重い雲

1 [86件] いかにも欲し, いきなり頭, いつも外, うやうやしく頭, えへん, かう言つて, が一番, この堪へ, さるとりいばら, そうっと薄く, その大きな青い, ちょっと少年, ちょっと眼, であるらしい, です, どうも瑞西, などはともすると, なんか眼, にお宮, にかならず, にぐらぐら, にそっと, にその, にどう, にはかえって, にはきっと, にはくぐっ, にはつかまり, にはなんだか, にはまっすぐ, にはやはり, には始終, には宝泉寺, には銀座, にまた, にもう, にわれわれ, にチラチラ, に一滴, に変わった, に外皮, に放し, に木, に様子, に気, に測らず, に発する, に青年, に風, のって, のよう, の地震波, の音, はきっと, はその, はたいてい, はだまっ, は一目散, は妙, は寝返っ, は必ず, は木, は犬, は矢代, は私達, は笠, は草, は青年, ひよつと, ふとその, ふと木犀, まで無事, まぶしそう, も何, も決して, 一度ならず, 仰むいて, 先ずその, 又ざっと, 又は思ひ, 又何, 暑い午後, 白いもの, 見えなくな, 見て, 軽く博士

▼ 通るもの~ (81, 2.0%)

7 がある 3 か, があった, では 2 がなかっ, じゃ, ですから, はなかっ

1 [57件] があつ, がありました, があれ, がここ, がない, がみんな私, が一人, が多い, が待ち合わすべき, が相当, が金子, さえございます, さえ涙, じゃない, すらあつ, だ, だから, だけかい, だけでも年, だとは, であった, である, であるから, でその, でも, で一度, として通さね, とはかぎらない, とばかり思つて, とみえまし, と信じ, と思つて, なし, なら通って, なりと, に会う, に呼びかけ, の目, はありませんでした, はそれ, はない, はなかつた, は我等, は無い, は無限, は牛馬, は獣類, は誰, は通れ, は酔わね, は馬, もあった, もない恐し, もなかっ, を, を待構, を見

▼ 通る~ (52, 1.3%)

4 がある 3 があった 2 はない, はなかっ

1 [41件] ありて, があったら, があれ, がいるらしい, がたまさか, がない, がのぞい, がゐるらしい, が来合わした, が見つけ, が鼻, さえ少なく, だが, でお前, では, には今, のない, の心, の知人, の誰, は, はありません, はあんまり, はくれぐれも, はそこ, はそれら, はたいがい顔見知り, はたれ, はなく, は一人, は不便, は射ず撃たず, は快い, は按摩, は無数, ばかりしか見られない, もあった, もない, もなかっ, もなけれ, を

▼ 通る~ (50, 1.2%)

85 です 4 ですもの 3 だから 2 だね

1 [28件] かね, じゃおれたち, じゃない, だおい, だがね, だけれど, ださうで, だぜ, だったよ, だったら僕, だって, だと, だとかで, だなあと, だもの, だよ, だろうぐらいの, だ兄さん, でございますか, でございますから, でございますが, でしょう, ですか, ですかね, ですが, ですがね, ですね, です一人

▼ 通るので~ (48, 1.2%)

3 あつた 2 あらう, ござります, 枕に, 話を

1 [37件] あんなに大股, いかにも跣足, がすから, これも, しのげます, ずいぶん度々山, その抜ける, それらの, ちょっと異様, どこの, ほとんどすれ違う, わかるの, クタ, シュプールが, 五郎兵衛は, 何か, 何の, 僕は, 午前三時に, 商売が, 多数の, 始終立寄っ, 小荷駄の, 帽子が, 店の, 彼は, 往来を, 歩いた方, 気を, 浜際は, 琴の, 膝の, 落ち着いて, 近くで, 雪も, 風呂場の, 馴れっ子

▼ 通る~ (47, 1.2%)

4 よい 3 いい

1 [40件] あの内, あの腹, あの見, いつも挨拶, しかし碩学高僧, そこから, そのうち, その妻, それが, それに, ほぼ山づたいに往還, よいぞ, 上策では, 両便, 二十五両は, 互に一礼, 何だって, 何処へ, 古歌, 天保の, 実平常, 帰りだけは, 扇屋の, 最もご, 気が, 汚い西洋人, 滅多に, 犬だ, 皆默つて歩行い, 皆黙っ, 絵師と, 良い方, 落付かず, 著作として, 蔦の, 誰も, 通った跡, 通り過ぎた後, 雨天運動場へ, 頭は

▼ 通る~ (44, 1.1%)

32 にこの, にそこ, に睨ん

1 [35件] にあああの, にあの, にいつもさ, にきいきい心棒, にさして, にそれ, にちらっと, にふさがれ, にわざわざ, にパリー, に二人, に住職, に何時も, に声, に大津, に女, に好い, に御, に思ふ, に指, に挨拶, に是方, に気, に然, に生け垣, に蒼白い, に蛇苺, に見る, に覗い, に起った, に路, に頭, に顔, に飲ん, に鼻

▼ 通るたび~ (43, 1.1%)

2 に, にその

1 [39件] にあれ, にいつも, にいつも何とも, におふくろ, におもちゃ, にきっと, にこの, にすぐ, にはつい, によく, によしんば, にサヤサヤ, に一斉, に一種, に万歳, に其の, に冷や汗, に呼びこまず, に嘲笑, に店, に彼, に心, に必ず, に思い出し, に振り向き, に揺らめき, に揺れる, に楽しんだ, に歩, に目, に眼, に線路, に羨ましく, に袁将軍, に見え, に里見恭助, に長い, に電車, に黄いろい

▼ 通る~ (39, 1.0%)

2 がある, です, で訊問, も

1 [31件] から遠く, があった, じゃない, だ, だからね, である, であるやう, である早く, でないっ, ではない, なら整理, には雲, にわざわざ, の右側, の角, はじき, はすぐ, はな, は古い, は段々, は霜解け, へでました, へ置き, までが新, も当り前, をあけた, をこし, をちゃんと, をのぞい, を選んだ, を邪魔

▼ 通るところ~ (34, 0.8%)

3

1 [31件] がなく, であッ, でしたが, ですから, でないこと, でなし, ではなし, でもない, で氷, で能, とみえ, には冬, に巻い, に置かれた, の人々, の者, はこの, はその, は自然, は西山梨, へ出, へ川, も始終, をこいつ, を家, を待ち受け, を村, を眺める, を見る, を蹈, 見るま

▼ 通る~ (32, 0.8%)

4 違いない 3 ちがいない 2 しても

1 [23件] お園, けおされむとさへするに, さしつかえは, しては, なんでさしつかえ, なんの, やああらたかな, 一段と我が, 一段と我がまま, 任せて, 何の, 何人か, 十分なる, 及んで, 年の, 必ず雨, 旺な, 相当強い, 税金が, 違ひない, 適う途, 限る, 頼母しくなり

▼ 通る人々~ (32, 0.8%)

2 のうち, の風俗

1 [28件] があの, がその, が墓, が眼, が逆さま, が黒く, でも立ち止まっ, にもおそらく, に不安, に向かっ, に夕刊, の冷たい, の掛声, の気配, の活気, の視線, の足, の頭, の顔, はすこし, はその, はみんな, はみんな不思議, は一列, は普段, は誰, をかぞえあげました, をながめ

▼ 通るから~ (29, 0.7%)

2 だと, 豪勢さ此身にな

1 [25件] お駕籠, これは, しかたなし, そうしたら, そこで車, そのとき, その折, その笠, であった, であろう, 与力同心の, 出て, 又おいで, 小深い, 山平は, 正午だ, 石敷い, 見て, 試みに, 識って, 豪勢さこの, 足元は, 連れて, 邪魔を, 驚いたの

▼ 通るやう~ (27, 0.7%)

4 になつ 3 にな 2 に, になりました

1 [16件] であつ, なスガ, な恰好, な意地, な感動, な時, な氣, にこの, になり, になる, になるべく, には通らない, に思ふ, に空気, に考へた, に致し

▼ 通るという~ (26, 0.6%)

2 ことは, ことも, のは

1 [20件] こった, ことだ, ことを, この幹線国道, のだ, のです, もんさ, もんです, ような, わけには, コントラストに, 一揆だ, 事を, 人は, 夏景色であった, 妙な, 程で, 見当さえ, 話だった, 豪胆と

▼ 通る旅人~ (23, 0.6%)

1 [23件] がいろいろ, がきっと, がにわかに, がみな, がガス, が見える, との問答, になっ, のため, の様子, の無事, の群れ, の足, はめづらし, は誰, もすくなく, も毎日, も稀, を待ち伏せ, を待つ, を捉え, を竈, を見

▼ 通る~ (22, 0.5%)

2 スターじゃ, 何者ぞ, 清十郎ぢや

1 [16件] いいが, かなり危険, よいこと, ピカソじゃ, 何奴かと, 卿等の, 厳禁で, 夜発ちし, 夜發ちし, 憂慮すべき, 最稀, 白雲の, 皆一年生, 自在じゃが, 誰が, 馬の背に

▼ 通る~ (22, 0.5%)

2 に支障, を見

1 [18件] から景気, さえも, でも今, に救われまい, の影, の汽笛, の艫, の見はりである, の黒い, は丁度, は見のがす, もなく, も今, をみつけたい, を覆し, を見つける, を見のがし, を見張ってる

▼ 通る~ (21, 0.5%)

3 はあり 2 が多く

1 [16件] か, から救, ができなかった, が許され, と為り, はどうしても, は出来ぬ, は千人, は相成らぬ, もあっ, もあった, もあります, もありやん, もある, も三田, も千世子

▼ 通る~ (19, 0.5%)

2 いやさて都, 今朝一人の

1 [15件] こうなったら, しからざれば, どうかも, どうだ, 二人通る, 分らない道, 捕虜の, 数えきれないくらい, 正確に, 津軽海峡へ, 路地の, 通らないか, 通らぬか, 通らぬかを, 階下の

▼ 通る~ (18, 0.4%)

3 を見かけ

1 [15件] があれ, がいた, だ本格, ですよ, という男, なん, に笑いかけ, の影, の面前, の顔, も女, も皆, も通る, や女, をやり過ごそう

▼ 通る~ (18, 0.4%)

2 がし, がした, がする

1 [12件] がガラガラ, が次第に, が絶えず, が聞こえました, が風, にも急い, に似, のよう, もしない, も聞える, を聞く, を聴いた

▼ 通るわけ~ (17, 0.4%)

3 でも 2 はありません, はない 1 がない, でしょうから, ですが, ですな, でなし, にいかぬ, にはいかねえや, にはゆきません, には参らぬ, はねえ

▼ 通るだけ~ (16, 0.4%)

2 だった, 開くと

1 [12件] だ, だもの, である, ですよ, でないか, で人影, で列, なの, ならこつちに, なら軍人, 兩側の, 開けて

▼ 通る~ (15, 0.4%)

1 [15件] がない, が来る, が見える, じゃあねえ, ですよ, に待ちうけ, に沿う, はあるまい, は廻り, は暗い, は高い, もその, もなかっ, をだまっ, をつけよう

▼ 通るかと~ (14, 0.3%)

1 [14件] その洋服, 三吉の, 思いのほかに, 思うと, 思う雨, 思ったから, 思って, 思つてほんとに, 思つて悚然と, 思われるほど, 数えると, 疑はる, 覚えず気, 雨に

▼ 通るには~ (14, 0.3%)

2 氣骨の, 通ったが 1 何も, 化粧部屋の, 手間暇は, 暫らく廊下を, 気骨の, 通さして, 通ったの, 通りますな, 鞍から, 駕籠を

▼ 通るのに~ (14, 0.3%)

1 [14件] がんりきと, そんなこと, ちっともおれ, なぜ人間, やっとたりた, 一時間以上も, 四角な, 彼は, 氣が, 評判を, 誰も, 逢ひ, 雨気の, 駒下駄を

▼ 通るはず~ (14, 0.3%)

3 がない, です 1 がありませんでした, だが, であった, ですから, ですが, の電車, はない, はなかろう

▼ 通る~ (14, 0.3%)

2

1 [12件] でありました, という女, に一々, のひとたち, の人々, の半分, の足, の風俗, は汚れた, も通る, をよびとめ, を眺め

▼ 通るごと~ (12, 0.3%)

2 にわたくし 1 にどれ, に古道具, に多勢, に女, に子供達, に彼, に楕円形, に気, に火炉, に目

▼ 通る~ (12, 0.3%)

2 で野末 1 がした, が街路, だった, で, でいった, でこっち, でだれ, でだんだんに, でも例えば, で云

▼ 通る~ (12, 0.3%)

2 に必ず 1 しば, にあの, にオヽ国民, に思う, に感じた, に癖, に箒, に細い, に自己, に蓋

▼ 通るほど~ (11, 0.3%)

1 [11件] な心地, な群れ, ぬれた, やったん, やつた, 人通りが, 今日は, 刺したの, 広く雪, 当時の, 有名であった

▼ 通るほどの~ (11, 0.3%)

1 [11件] ものは, 人が, 人は, 人物で, 凄い突き, 女でありました, 浸水だった, 男の, 穴が, 芸人を, 藝人を

▼ 通る~ (10, 0.2%)

1 おまけに, 一方は, 夢想家とても, 大根や, 沿道の, 知つてる, 茶室の, 蜘蛛も, 話も, 近頃は

▼ 通るたんび~ (10, 0.2%)

1 にいつも, におり, にどうも, にチョット, に土台, に美, に陰氣, に顔, 再びこの, 変ったなァと

▼ 通る~ (10, 0.2%)

1 だ, だと, である, な位置, な心持, な音, になつ, になり, に寒い, に店

▼ 通る汽車~ (10, 0.2%)

3 の音 2 の窓 1 に驚い, の笛, の響, はその, をそれほど

▼ 通る~ (10, 0.2%)

1 があれ, がございました, が通る, の上, の方, の音, はひとりでにすっかり, は一台, や仰向い, や馬

▼ 通る~ (10, 0.2%)

1 だけにいる, に, にだまっ, にもなにか, にも朽ち, に私たち, は舟, も牡丹, をとぼとぼと, を輪

▼ 通る~ (10, 0.2%)

2 が桑, や車 1 が通る, にも取りつけ, の鈴, の音, の鼻息, や駕籠

▼ 通るばかり~ (9, 0.2%)

2 一向人 1 だ, であったに, でさぞ, でなく夏川さん, で歩いて, で羞, 庇の

▼ 通る姿~ (9, 0.2%)

2 は翠, を月影 1 のわびし, もなく, を眺め, を見かけた, を見かける

▼ 通る~ (9, 0.2%)

2 ですが 1 がねえ, だ, だから, だが, だと, だのに, でございました

▼ 通る足音~ (9, 0.2%)

2 がする, を聞く 1 がした, が聞えた, に注意, ももしや, を聞い

▼ 通る電車~ (9, 0.2%)

1 が走る, のきしり, の倒影, の後, の窓ガラス, の轟き, は国境線, は町, もまれ

▼ 通る~ (8, 0.2%)

1 とめたち, り道端, 待って, 得ずと, 得次の間, 見かけての, 見る, 覚えた

▼ 通る人たち~ (8, 0.2%)

1 がこれ, が口々, が愚かしい, に向かっ, はわき見, ものんきそう, もまだたいてい, を誇らしげ

▼ 通る人影~ (8, 0.2%)

1 があった, がある, が雪, はまばら, は稀, も少, を意識, を見る

▼ 通る~ (8, 0.2%)

2 に例 1 から病気, と同じ, に, に一々, に一ぺん, に立っ

▼ 通る往来~ (8, 0.2%)

4 の人 1 でもあった, の人達, の馬糞, を横切った

▼ 通る道筋~ (8, 0.2%)

1 にしたい, に並行, に当たっ, の百貨店, の角, は, はいつも, 例えば自宅

▼ 通る~ (8, 0.2%)

1 からぽつり, から路, が恰度朝餉, に, になる, にはもう, はまだ, わざと他

▼ 通るうち~ (7, 0.2%)

2 に丁度 1 にざんざ降り, に凡庸, に我々, に重苦しい, はい

▼ 通るかも~ (7, 0.2%)

1 しれない, しれないという, しれませんよ, 知れないよ, 知れない船, 知れませんが, 知れんが

▼ 通るにも~ (7, 0.2%)

1 かかわらず竹藪, やかましいくらい, 敵地を, 油断を, 編笠で, 西の, 長島へ

▼ 通る人達~ (7, 0.2%)

1 に自慢, のゾロ, の一人一人, の顏, は寺内将軍, は皆彼, は見なれぬ

▼ 通る~ (7, 0.2%)

2 である 1 はどこ, は存外, へ出, へ行っ, まで登らなけれ

▼ 通る~ (7, 0.2%)

1 に背, のあおり, のやう, の夏, の為, の色, は

▼ 通るため~ (6, 0.1%)

1 か内気, ではなく, に伸子たち, に生ずる, に草, の街道

▼ 通るひと~ (6, 0.1%)

2 びとがことごとく彼の 1 にでも聞かれたら, の流れ, の誰人, をぼんやり

▼ 通るまで~ (6, 0.1%)

31 だぞ, 湯煮, 畦に

▼ 通る~ (6, 0.1%)

1 われわれは, 五月雨, 否, 否や, 春の, 通らずでほんに

▼ 通る~ (6, 0.1%)

1 にこ, にここ, に出口, に通路, はありません, はところどころ

▼ 通るあの~ (5, 0.1%)

1 ちりめんが, ほととぎすに, 何とも言えない, 名代の, 眉の

▼ 通るころ~ (5, 0.1%)

1 から春, から雪, には山, には東, は速力

▼ 通るたびごと~ (5, 0.1%)

1 にいつも, に明滅, に暑気, に窓, に自分

▼ 通るだけの~ (5, 0.1%)

1 ことです, 勇氣も, 大きさ, 断崖絶壁を, 私有の

▼ 通るとは~ (5, 0.1%)

2 限らない 1 いっても, 不埒な, 不遜極まる

▼ 通るより~ (5, 0.1%)

2 ほかは 1 ほかには, 困難でありましょう, 氣味が

▼ 通る地割り~ (5, 0.1%)

5 の太い

▼ 通る大通り~ (5, 0.1%)

2 を半町位 1 にでました, の方, まで走らせ

▼ 通る必要~ (5, 0.1%)

2 はない 1 があつ, が生じ, は少

▼ 通る時皆頭~ (5, 0.1%)

5 をさげ

▼ 通る若い~ (5, 0.1%)

1 労働者に, 娘が, 娘を, 男や, 男達は

▼ 通るその~ (4, 0.1%)

1 有様を, 空車の, 緋色の, 跫音を

▼ 通る~ (4, 0.1%)

31

▼ 通るつもり~ (4, 0.1%)

1 だ, であったのに, であったらしい, でしたけれども

▼ 通るといふ~ (4, 0.1%)

1 わけで, 致命的な, 鍵屋の, 鹽梅これぢや

▼ 通る人間~ (4, 0.1%)

1 が巻煙草, が怖, もお, をながめ

▼ 通る~ (4, 0.1%)

1 の店, の間柄, は余裕, より外

▼ 通る~ (4, 0.1%)

1 であった, に橋, は日陰, を見かけ

▼ 通る前後~ (4, 0.1%)

2 を知らぬ 1 にいろいろ, の寂

▼ 通る場合~ (4, 0.1%)

1 が多い, である, にはいつも, もあまた

▼ 通る山高帽子~ (4, 0.1%)

4 の三十男

▼ 通る廊下~ (4, 0.1%)

1 で随分, の中, の跫音, をこの

▼ 通る~ (4, 0.1%)

2 の商人 1 の人, の衆

▼ 通る時分~ (4, 0.1%)

1 だろう, には彼, には旧, には評判

▼ 通る理窟~ (4, 0.1%)

1 さ, でどっち, なら世間一般, もない

▼ 通る自転車~ (4, 0.1%)

2 が通る 1 が風, やらを見

▼ 通る~ (4, 0.1%)

1 の上, の中, の特色, まで見える

▼ 通るこの~ (3, 0.1%)

1 一隊は, 不思議な, 身躰を

▼ 通るとか~ (3, 0.1%)

1 その魂, 上からの, 云うこと

▼ 通るとき私~ (3, 0.1%)

1 が何, は寝ころん, は立ちどまっ

▼ 通るなどは~ (3, 0.1%)

1 まさに数百年, 正に数百年, 考えられん

▼ 通るなんて~ (3, 0.1%)

1 いうはず, 余りに偶然, 野蛮極まる

▼ 通る二人~ (3, 0.1%)

1 の者, の顔, を顏

▼ 通る二階~ (3, 0.1%)

2 で私 1 だった

▼ 通る人馬~ (3, 0.1%)

2 も自 1 の物音

▼ 通る子供達~ (3, 0.1%)

3 の奇麗

▼ 通る学生~ (3, 0.1%)

2 を見 1 の一人

▼ 通る広い~ (3, 0.1%)

1 坂道が, 道路まで, 顔に

▼ 通る度ごと~ (3, 0.1%)

1 に気味, に物珍, に籠一杯

▼ 通る~ (3, 0.1%)

2 がいい 1 がやさしい

▼ 通る時僕~ (3, 0.1%)

1 は如何, は強い, は斯ん

▼ 通る時刻~ (3, 0.1%)

1 ではない, と前後, になる

▼ 通る時彼~ (3, 0.1%)

1 はじろりと, は微笑, は毎

▼ 通る時私~ (3, 0.1%)

1 に會釋, はしみじみ, はふと

▼ 通る~ (3, 0.1%)

1 だ, な心持, な音

▼ 通る~ (3, 0.1%)

1 にも川, の下, を渡る

▼ 通る~ (3, 0.1%)

1 がした, になった, になれない

▼ 通る海岸~ (3, 0.1%)

1 の此処, の此處, の町

▼ 通る百姓~ (3, 0.1%)

1 が荷馬車, の一人づつ, もそう

▼ 通る~ (3, 0.1%)

1 の九分九厘, の時間, の荒い

▼ 通る細道~ (3, 0.1%)

1 が曲りくねっ, までも心得, を特に

▼ 通る自動車~ (3, 0.1%)

1 が通る, の, の爆音

▼ 通る襤褸~ (3, 0.1%)

3 を下げた

▼ 通る道すじ~ (3, 0.1%)

1 ではない, には万一, へ溢れ出

▼ 通る黒い~ (3, 0.1%)

3 鳥を

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 それは, 園であった

▼ 通るかという~ (2, 0.0%)

1 ことなどを, ような

▼ 通るかを~ (2, 0.0%)

2 尋ねて

▼ 通るくら~ (2, 0.0%)

1 ゐで, ゐですから

▼ 通るくらい~ (2, 0.0%)

1 であります, ばかだ

▼ 通るくらいの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, もので

▼ 通るけれども~ (2, 0.0%)

1 その反対, その声

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 で, な

▼ 通るこれ~ (2, 0.0%)

2 まで覚えた

▼ 通るこれら~ (2, 0.0%)

2 の情景

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 うである, へ駆け出す

▼ 通るすると~ (2, 0.0%)

2 イワンデミトリチは

▼ 通るって~ (2, 0.0%)

1 ことが, それは

▼ 通るついで~ (2, 0.0%)

1 にいつも, に何気なし

▼ 通るときいや~ (2, 0.0%)

1 な顔, につんと

▼ 通るとき店~ (2, 0.0%)

1 が揺れる, に婆

▼ 通るとき木犀~ (2, 0.0%)

2 の匂い

▼ 通るとき男~ (2, 0.0%)

1 に跡, は

▼ 通るとも~ (2, 0.0%)

1 矢を, 通るまいとも

▼ 通るなり~ (2, 0.0%)

1 こう言っ, こころ冷え

▼ 通るについて~ (2, 0.0%)

1 万事その, 子供を

▼ 通るにつけ~ (2, 0.0%)

1 水の, 郵便箱を

▼ 通るほか~ (2, 0.0%)

1 ないの, に通路

▼ 通るほどに~ (2, 0.0%)

1 吹き立てた, 湯煮

▼ 通るまでは~ (2, 0.0%)

1 動かないという, 酒盃を

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 帰るも, 難中の

▼ 通るもん~ (2, 0.0%)

1 か, じゃない

▼ 通るよりも~ (2, 0.0%)

2 本名の

▼ 通るんで~ (2, 0.0%)

1 すい, つい職業柄

▼ 通る一人~ (2, 0.0%)

1 の人, の男

▼ 通る下駄~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 通る世の中~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ 通る世界~ (2, 0.0%)

1 であって, にとじこもっ

▼ 通る乗合馬車~ (2, 0.0%)

1 の響き, はオデオン

▼ 通る人目~ (2, 0.0%)

1 からもかくされ, にこの

▼ 通る他人~ (2, 0.0%)

1 のする, の顔どころ

▼ 通る個性~ (2, 0.0%)

1 は写実, より少い

▼ 通る八五郎~ (2, 0.0%)

1 が鎌倉河岸, は五月

▼ 通る兵兒帶~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ 通る兵士~ (2, 0.0%)

1 の群, の足音

▼ 通る列車~ (2, 0.0%)

1 でも客車, の電気機関車

▼ 通る参覲交代~ (2, 0.0%)

2 の大名

▼ 通る双曲線~ (2, 0.0%)

1 と合致, の内側

▼ 通る四五人~ (2, 0.0%)

1 の乗客, の職工

▼ 通る土手~ (2, 0.0%)

1 の見える, へ出る

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 商人らしく, 廊下に

▼ 通る太い~ (2, 0.0%)

1 奴だ, 血管の

▼ 通る女中~ (2, 0.0%)

1 をびっくり, を呼びとめ

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 だが, も通る

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 のため, を人柱

▼ 通る~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 の前, の樣

▼ 通る少し~ (2, 0.0%)

1 下流に, 前の

▼ 通る工夫~ (2, 0.0%)

1 はあった, はあつ

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの床, の広い

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 に十二, をとつ

▼ 通る度び~ (2, 0.0%)

1 にぴたり, に舞い上り

▼ 通る度毎~ (2, 0.0%)

1 に旧い, に花袋

▼ 通る我々~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 の恩沢, の風

▼ 通る時代~ (2, 0.0%)

1 であるが, になった

▼ 通る時彼女~ (2, 0.0%)

1 の眼, は茨

▼ 通る時袂~ (2, 0.0%)

1 でも振っ, を振切る

▼ 通る時間~ (2, 0.0%)

1 まで, をはかっ

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 じゃというた, じゃな

▼ 通る様子~ (2, 0.0%)

1 だと, はこれ

▼ 通る横町~ (2, 0.0%)

1 の左側, の酒屋

▼ 通る樹木~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 になつ, にはなれない

▼ 通る流行唄~ (2, 0.0%)

2 なぞは一度

▼ 通る浪人~ (2, 0.0%)

1 などは鳥沢, はたいがい彼

▼ 通る物音~ (2, 0.0%)

1 に耳, に驚い

▼ 通る田舎~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 通る男たち~ (2, 0.0%)

2 の草履

▼ 通る男前~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 通る白い~ (2, 0.0%)

2 跣足が

▼ 通る知人~ (2, 0.0%)

1 の方, を見

▼ 通る神楽坂~ (2, 0.0%)

2 も今日

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 が歩く, に咬みつき

▼ 通る窮屈さ~ (2, 0.0%)

1 をいっそう, を一層

▼ 通る納豆~ (2, 0.0%)

2 売りの

▼ 通る紳士~ (2, 0.0%)

2 の右

▼ 通る美しい~ (2, 0.0%)

1 声に, 若衆を

▼ 通る者庭~ (2, 0.0%)

2 に入る

▼ 通る草履~ (2, 0.0%)

1 が出, の音

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 に竅, りだと

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 大名が, 大名諸公役の

▼ 通る豆腐屋~ (2, 0.0%)

1 が通る, を老媼

▼ 通る路筋~ (2, 0.0%)

1 はほ, を示した

▼ 通る~ (2, 0.0%)

2 へ出た

▼ 通る道ばた~ (2, 0.0%)

1 に出し, に土下座

▼ 通る道端~ (2, 0.0%)

1 を, を鶏

▼ 通る道路~ (2, 0.0%)

1 には, をはさん

▼ 通る部屋~ (2, 0.0%)

1 だのに, の中

▼ 通る鉄道線路~ (2, 0.0%)

1 の夜景, を示し

▼ 通る階段形~ (2, 0.0%)

2 の曲線

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 になんらかの, に嘲弄

▼ 通る青い~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 通る靴音~ (2, 0.0%)

1 が淋しく, に耳

▼ 通る風の音~ (2, 0.0%)

1 だ, にまじっ

▼ 通る馬さ~ (2, 0.0%)

2 へ時

▼ 通る馬子~ (2, 0.0%)

1 の田舎唄, を見付け

▼ 通る~ (2, 0.0%)

1 売りは, 賣りなぞ

▼1* [650件]

通るあいだに誰, 通るあいだ畑を耕し, 通るあいつがそう, 通るあいまあいまに星, 通るあちらを見, 通るあなから下, 通るあらゆるものが, 通るあわただしい夜の, 通るいやはや成, 通るいろいろの動き, 通るいろんな色の, 通るうちプッツと切れた, 通るうち流のふち, 通るえとろふ, 通るかた反って, 通るかといふ珍らしい, 通るかとかこの先, 通るかとは何が, 通るかなと頭を, 通るかに見える, 通るかの女は, 通るかをりあるつめたい, 通るきりのしずか, 通るぐらいなので, 通るぐらいな難に, 通るぐらゐおほ, 通るぐらゐなところで道がまだ, 通るけれどどうやら女, 通るこいつで眼, 通ること絡繹として織る, 通ること自身によって却って, 通るころ前駆の者, 通るころ千駄谷の田畝, 通るころ沛然と豪雨, 通るさすがにお正月, 通るさつきの獲物, 通るさわやかな天気, 通るじゃないか, 通るすきを見, 通るすら恥かしくなった, 通るすり切草履に踵, 通るせきもなく, 通る師匠が, 通るそこに何とも, 通るそれは町, 通るそれでは環城に, 通るそれらの細か, 通るぞなどと威嚇する, 通るたび冷汗の出る, 通るたび物干へで, 通るだけで作事場へ, 通るだけを目的に, 通るやない, 通るというじゃないか, 通るといふだけでも強味が, 通るとおさよが, 通るとかいうような, 通るときこっちが大手, 通るときすれすれに行き違った, 通るときそつと平次, 通るときそれが落ち, 通るときわたしはもしや, 通るときキュッキュッと雪, 通るときコトエだけはふっと, 通るときマチガイで肥桶, 通るとき三吉はどなっ, 通るとき両親は眠っ, 通るとき先づ其屋根に眼, 通るとき千条に擦り切れ, 通るとき向うから馬, 通るとき声をそろえ, 通るとき家へ立ち寄る, 通るとき小林君は男, 通るとき巡査の聲, 通るとき彼処に出, 通るとき急に瞼, 通るとき曹操は何, 通るとき木の根を枕, 通るとき海風が酔ひ, 通るとき狐の子, 通るとき眸をこらし, 通るとき窓の中, 通るとき笛のよう, 通るとき米子が, 通るとき運よく帆村君, 通るとき馭者台の上, 通るとこまで歩い, 通るところ博物館と寺院, 通るところ木原店の木原亭, 通るとねどうも女, 通るとのことだ, 通るとばかり考えるよう, 通るとまでこじつけずともの, 通るア, 通るなかで人力, 通るなと忠告を, 通るなどものの, 通るなどというのは, 通るなんでもない, 通るにつれてそれは, 通るにてぞありける, 通るに従って一列に, 通るのみでは, 通るひどい音が, 通るひろ子の目, 通るべよそのどき引張, 通るほか殆んど, 通るほんの百姓道でございます, 通るまでに後を, 通るまでも変らなかった, 通るえ, 通るものいずれも大回転, 通るやいなや真に霹靂, 通る上手に, 通るよう手足も衣, 通るよとは罵りしなるべし, 通るわが諸大将, 通るわけぢやない, 通るわねあれで, 通るわれかとも思ふ, 通るんぢやとても, 通るイギリスの大きな, 通るオートバイが通る, 通るゴム車の軋り, 通るシキの入口, 通るタクシーをいつ, 通るトラックにた, 通るトンネルから汽車, 通るバスも有る, 通るペナンに来れ, 通るポンポン蒸汽船の, 通るモスクワの古い, 通るラヂオがしや, 通るランチがある, 通るレールからそう, 通る一々ダメで, 通る一つの軸, 通る一つ一つの帆カケ舟, 通る一列の雁, 通る一台艶やかな幌, 通る一尺幅を外れ, 通る一條の道, 通る一瞬間前に美しい, 通る一筋の黄色い, 通る一豊へ向っ, 通る一軒の賤, 通る一重桜は戦栗, 通る一間ばかりの堤, 通る一風変つた展望である, 通るでまだ, 通る三箇の人影, 通る上り下りの汽車, 通る下婢のこと, 通る不安の中, 通る不敵者は, 通る両側の黒い, 通るを山車, 通る中間もあった, 通る事務的なこころもち, 通る事霊鳩しきりに鳴く, 通る二人づれの女, 通る二十分前に駅, 通る二里余りの並木, 通る京女の姿, 通る人かげがすべて僕, 通る人ごとに頭, 通る人だれの足許, 通る人力車の中, 通る人噂に聞いた, 通る人声によって現在, 通る人毎に踏ん, 通る人波を眺め, 通る人相の悪い, 通る人足や荷馬, 通る仏蘭西人の姿, 通る仕掛けになっ, 通る代物を空しく, 通るの旅人, 通る伝便の鈴, 通る伸子を見つけ, 通る位置にあった, 通る何心なく見る, 通る余裕をもたない, 通る信仰は寒, 通るや人, 通る修道院正門のみそ萩, 通る俵天王屋臺の上, 通る偏光に何, 通る停車場のよう, 通るの音, 通る僧侶もない, 通るに何, 通る光線はまだ, 通るをた, 通る入り口である, 通る入学生の群れ, 通る兵児帯の一, 通る其足音に妨げられ, 通る処女をみおろした, 通る処女風に蘆, 通る別嬪が一目瞭然, 通る勢いでしたけれども, 通る十一時十二時になつて, 通る十一月も終る, 通る十七八の美人, 通る十二月です, 通る十二畳の日本間, 通る十時になつて, 通る十歳許りの, 通る南北の開いた, 通る南高橋がか, 通る単線の電車, 通る召集された市民, 通る合図であるかの, 通る同族のなか, 通る呼び声が聞こえました, 通るでがすから, 通る四角あたり夕戸出の油, 通るで今, 通る土手際で芳子, 通る土沢を通り越す, 通る地蔵行者があった, 通る地車の数, 通るを上つて, 通る坂屋のお, 通る坊津郵便局の女, 通る垂直線を軸, 通る場所がない, 通る場所ぢやなし, 通る塵埃を透し, 通る声身に入, 通る夕暮れの風, 通る夕涼みの人, 通る夕立雨わたくし雨のくだり, 通る多くの車, 通る夜廻りの者, 通る夜風に顔, 通る大名という大名, 通る大名行列というやつ, 通る大塩金右衛門の士八月一日五左衛門, 通る大変賑やかな場所, 通る大学前の通り, 通る大抵の人, 通る大路はきっちり, 通る大道から遠く, 通る大風にも驚かせられました, 通る夾竹桃のなんぼ, 通る女らの白い, 通る女中どもはさげすんだ, 通る女子とらへてはだ, 通る女子達は皆立, 通る女房などは若竹座, 通る女看守がその, 通るを眺め, 通る娘たちを瞰下, 通る婦人の七割弱, 通る婿の新太郎, 通る媒質の屈折率, 通るでしょう, 通る子守唄がちぎれちぎれ, 通る学習院の艇尾, 通る連たちと, 通る定期客船ですが, 通るに声, 通る客馬車は一つ, 通る家柄だつたの, 通る容姿であった, 通る宿禰の後, 通る寄宿舎には灯影, 通るさの, 通る将軍家です, 通る小さな荷馬車なぞが, 通る小仏峠道はその, 通る小児も通る, 通る小型の荷車, 通る小学校の生徒, 通る小学校通いの子供, 通る小径だったの, 通る小田急電車を見, 通る小鳥の眼, 通る少女を一人一人攫, 通る少年でも呼び留め, 通る山中の峠, 通る山小屋の飼犬, 通るの上, 通るしい山径, 通る左側の壁, 通る市民らは軽蔑, 通るの影, 通る平兵衛は二月, 通る平安朝の髯籠, 通る平次の後ろ, 通る平河門をくぐる, 通る広々とした, 通る広重の絵, 通る庇間に月, 通る底力のある, 通るのガラス戸, 通る度々見るもの, 通る度子供は二里, 通る度店先にゐ, 通る度気がひける, 通ると海, 通るい道路, 通る廻船さへ時, 通る弥之助の子供心, 通るをし, 通る影人の住む, 通るに立てられた, 通るの姿, 通る彼処だね, 通る往還も見えた, 通るがあるいは, 通る徒歩者は日没後, 通る御飯の味, 通る徹底した甘酸い, 通る思いで江東橋, 通る恋人も, 通る恰幅だつたの, 通ると若, 通る感じではないだろう, 通る戦車のつぶれた, 通る手形を持っ, 通る手段が僕, 通るは兩側, 通る拍子にそっと, 通る按摩が誰, 通る控室への小径, 通る揉療治ではあります, 通るがどうのこうの, 通る支那人の中, 通る教會の眞向, 通る文吾の方, 通る新内の流し, 通る方法であろう, 通る旅客の眼, 通る旅館の部屋, 通るは飽いた, 通る日本人の髪, 通る日本女の空色ヤカン, 通る早く見に, 通る時そこの二階, 通る時ペッと唾, 通る時一匹の狐物陰, 通る時一度一と廻り, 通る時一本の指, 通る時一銭も投げ, 通る時一隊の職工, 通る時三つのさらし首, 通る時主税も黙った, 通る時乘客が窓, 通る時二人の話, 通る時候に成っ, 通る時傷心の妹, 通る時刻彼女が起き上る, 通る時叮嚀な叔母, 通る時右手をハンドル, 通る時地響がし, 通る時塩昆布を煮るらしい, 通る時大声に, 通る時妻は手, 通る時婦人専用室の中, 通る時山下平兵衞, 通る時岡田は強い, 通る時帽子の縁, 通る時年下の方, 通る時庭の中, 通る時急に曲馬, 通る時戦いの結果, 通る時方向転換の為, 通る時晴子は極り, 通る時曲者は, 通る時末造は茶漬屋, 通る時東山の方, 通る時松本はふと, 通る時格子の内, 通る時植物の匂い, 通る時檜の見事, 通る時池の中, 通る時池田は障子, 通る時波川巡査は習慣的, 通る時無意識に帽, 通る時爺さんは扇子, 通る時番人が白い, 通る時皆仰向いて, 通る時老人の役人, 通る時裏町を君, 通る時運転手の兵隊, 通る時鏡子は立つ, 通る時電車の窓, 通る時面がほて, 通る時顔へ陽, 通る時龍然は, 通るでも薄暗い, 通るの晩, 通る曲線は, 通る書生か少年, 通る有名な女, 通る有野村の伊太夫, 通るの日蔭, 通る朝仕事にゆく, 通る木の根の高い, 通る木の葉のよう, 通る本道を行け, 通る村人二三人を呼び止め, 通る村里へ近付い, 通る東京の人, 通るの時雨, 通る棚田の冠木門, 通る様々の人, 通る様様の女, 通る樣子や八五郎, 通る横丁があっ, 通る機会を野, 通る欄干に凭れ, 通るは八畳, 通る此方は裾端折, 通る武者へ湯, 通る歩きつき椅子を立つ, 通る歩兵の一隊, 通る殺風景な室, 通る気持だった, 通る気違の女, 通る気遣いは有るまい, 通る気配が手首, 通る水田の星, 通る水音がごくごく, 通る汽笛は短い, 通る沙浜には打寄せ, 通るを篷船, 通る沿道の人, 通るはございません, 通る浅間の鷹, 通る浴客から部屋, 通る涼しいところが, 通る淋しい林の, 通るその人, 通る湯治客に吾姿, 通る源七郎君のこと, 通る激流飛瀑碧潭の到る, 通るはさまざま, 通る火花のよう, 通る灯火の綾, 通るには端席, 通るの声, 通る無法型とがある, 通るの熱, 通る熊野帰りの旅僧, 通る熊野道者の手, 通る燈籠売りの声, 通る燭台の火, 通るや馬, 通る牛乳車の音, 通る牛乳配達の青年, 通る牛車にも虹, 通る牛馬でさえ立ちすくん, 通る特急にのっ, 通るまでがはかなく, 通るは眞赤, 通る狭い横町に, 通る理屈をいい, 通る理由があった, 通る用意に懐中電燈, 通る甲板で, 通る男の子の聲, 通る男女や荷馬車, 通るまでは三里, 通る町ごとに村ごと, 通る町人を鳥, 通る町筋を奥, 通るである, 通るが一条, 通るに附合, 通る百姓たちを呼び留め, 通る百姓達の足, 通る皆さんが口, 通る直前に線路, 通る相間相間にちょろちょろ, 通る省線電車にはよく, 通る看守を見, 通る看護卒の営内靴, 通る看護婦を呼びとめ, 通る真中あたり野末の靄, 通るが澄ん, 通る石油発動機の船, 通る社長老人は眼鏡越し, 通る神様の休憩地, 通る私たちに見える, 通る私達を見物, 通る税金は一船片道五万円, 通る稲核から奈川渡, 通る積りであったらしいが, 通る空っ風がもう, 通る空間を与えた, 通る竿竹賣の, 通るの音, 通る箱丁小刻みに歩い, 通る範囲内では旧, 通る簾売の声, 通る米友を見よう, 通るが厚く, 通る納豆売の声, 通る素帳面な楽屋, 通る素性の知れない, 通る細い路地から, 通る細いしおらしい声で, 通る細君は青い, 通る綿の筋, 通る船を, 通る丁度紫外線, 通る線路内に立ち入り, 通る線路際まで煉瓦, 通る縦横には厚い, 通る美女を書きのこした, 通る群れはひとしきり, 通る群衆の中, 通る執事を, 通る老人を見, 通る者頭を垂, 通る職人や旅客, 通る脚絆甲かけの旅人, 通る腕車も見えず, 通る腕車荷車は不, 通る自分の顔, 通る自然な性慾, 通る自転車荷車遠くの工場, 通る舞妓姿は誰, 通る航路にはあたっ, 通る船舶も殆ど, 通る船頭が二人, 通るがあれ, 通る花屋の車, 通る花見の船, 通る芸者を呼びとめ, 通る若者もある, 通るのうま, 通る荷舟を指さし, 通る荷車の音, 通る荷馬車が通る, 通る葬礼の早桶, 通る蒸気の音, 通る蔬菜の山, 通る歯の, 通る藝人の噂, 通るに人生, 通る虚無僧の尺八, 通るならよけて, 通る蛸さんを見る, 通る蜜豆屋の呼び声, 通る行人の視線, 通る行列の中, 通る行燈の俤, 通る行軍兵士の靴音, 通る街筋の群集, 通る表通から路地, 通る表通りを一瞥, 通る裏道は並んだ, 通る褄はずれ末濃に, 通る見目よき婦人, 通る言葉は我我日本人, 通るでは, 通るの筋, 通る話声にもその, 通る識者もあるだろう, 通る護謨車のベル, 通る豆畑のあ, 通るの一類, 通る貨物が来, 通る貨物列車の音, 通るの他人, 通る赤服の岩谷天狗松平氏, 通るの上方, 通る足下では木曾川, 通る跫音だけでもきこえ, 通る路次に小さな, 通る踏切なの, 通る車数はかなり, 通る車馬の影, 通るの響き, 通る農夫が鍬, 通る迄には未だ少, 通るではない, 通る途中かのありがたい, 通る通行人と同じ, 通る通路から数歩自分, 通る遊歩甲板へ出る, 通る道一本の外, 通る遠い電車の, 通る避難者も見えない, 通る郡道の, 通る部分だけ取外す, 通る郵便配達がたった, 通る野ばらのかをり, 通る見に, 通る金之進でした, 通るが聞え, 通る銀座である, 通る刄に, 通るだ, 通る廊下土蔵の, 通る長い野中の, 通る門田の中, 通る間元康は家臣, 通る限りますます根, 通る限り骨抜きにした, 通るをつくりました, 通る隙間にも乏しかっ, 通る雑人輩のたわ言, 通る雑沓がみだれる, 通る離座敷へ案内, 通る難路のこと, 通るの音, 通るのよう, 通る雪仕度の人, 通る雪水の冷た, 通るは灰色, 通る電信柱に白い, 通る電車汽車の鈍い, 通る電車道の工事, 通る青山街道から見下ろす, 通る青眼先生の顔, 通る靴屋で半, 通るをもっ, 通る響きのある, 通るだけれども, 通る順礼が通る, 通る頬冠の丈, 通るの上, 通る頻りに問は, 通るも東京, 通る飛団子と一所, 通る飛脚屋村から半田, 通る飛行機が, 通る食道や息, 通る馬の足か車, 通る馬方のしだ, 通る馬車の音, 通る駅路で訊い, 通る駒下駄の音, 通る駕籠の灯, 通る騎士の数, 通る騒々しい跫音が, 通るがと言つて, 通る売りの, 通る鰯売鯖売も誰, 通るの声, 通るの群, 通る麥秋の頃, 通る黒鶴の群, 通る鼻髭を思