青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「諦め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~調査 調査~ 談~ 談話~ 論~ 論じ~ ~論文 論文~ ~論理 論理~
諦め~
~諸君 諸君~ 諸国~ ~謂 謂~ ~謎 謎~ 講演~ ~講義 講義~

「諦め~」 1304, 13ppm, 8208位

▼ 諦め~ (768, 58.9%)

37 いた 12 しまった 11 いたの, いるの 10 いる 9 ゐた 8 しまって 7 下さい 5 いたが, いるよう, おります, 帰って 4 います, いると, おくん, しまえば, ゐるので, 居た

3 [12件] いるから, いるという, いるらしく彼, くれ, しまったが, しまつ, しまつて, もらいたい, ゐたの, ゐるの, 元の, 半七

2 [44件] いたところ, いたん, いました, いること, いるよ, いるん, おりますが, くたびれた足, ください, くれい, しまうの, しまったの, しまひました, その火鉢, それに, どうでも, やがて十九, ゐさ, ゐたので, ゐましたよ, ゐるよ, ペンの, 了つた, 了ふ, 今では, 今後何を, 仕舞へと, 先に, 厭, 古道具屋から, 妾の, 寝て, 居りました, 居りますが, 帰ったの, 彼は, 心から俺, 早く帰れ, 死んで, 私は, 自分の, 親類方の, 諦めても, 頭の

1 [495件] あとは, あんたも, いい加減に, いくらかの, いたあの, いたおかみさん, いたから, いたくせ, いたし, いたて, いたと, いたという, いたなんて, いたのに, いたはず, いたもの, いたらしい, いた一人, いた夫人, いた時, いた父親, いた男, いた番頭, いた硫黄熱, いた米友, いた結果, いた豹一, いちゃ, いつぞや聞き流した, いつもの, いて, いなかったの, いなければ, いますから, いられますと, いられれば, いるが, いるこの, いるし, いるぜ, いるため, いるだけ, いるだろう, いるばかり, いるらしい時, いるらしかった, いるわけ, いる人, いる以上, いる内, いる命, いる女性, いる村, いる為, いる男, いる等, いる運命, いる露八, うっちゃらかすより, おいでに, おくの, おくれよ, おくれ半年, おくんなん, おく習わし, おしまい, おしまいなすった, おぬいさん, おはす, おやすみ考えたっ, おらぬと, おられたよう, おりましたが, おりましたところ, おりましたの, おりますの, おりまする, おれも, おろう, お呉んなさい, お睦, お礼でも, かかって, きた, くたびれて, くれと, くれという, くれないか, くれよ, くれるより, くれ是, くれ給え, くんな, くんろ, ここで, ここを, このまま, このろくでなし, このチムニー, この三字, この燈臺守, この頃, これから一働, これから内職, これが, こんどは, ごっとん, さつ, さらに小, しばらくの, しまいせめて, しまいたまえ, しまいなまし伊之はん, しまいました, しまいましたよ, しまいましたわたし, しまい千里, しまい横, しまう, しまうかも, しまうこったなあ, しまうこと, しまうです, しまうと, しまうのね, しまうよう, しまうん, しまえ, しまえ羽, しまおうかと, しまったから, しまったもの, しまったよう, しまったらしかった, しまった位, しまった者, しまった頃, しまつたん, しまつた所も, しまつてさへ, しまひましたので, しまひましたよ, しまひます, しまひ人, しまひ度, しまふ, しまふの, しまふより, しまへと, しまへば, しまわずに, しまわなければ, せつなさ, せめて満, そしてこの, そのまま式, その下, その後郷里の, その日, その晩, その次, それが, それぞれに, それぞれ自分の, それでお父さん, それなり放っ, それを, だ, つられて, どこかの, どこまでも, なにかぶつぶついい, なるべく神妙, はいますけれど, はおりません奥村どの, はなして, ひたすら謝る, ひとつ今夜は, ぴしよ, べつにか, ぺたりと坐りこん, ますがね, またその, また引き返した, みたが, みたり, もう今日, もう外, もう寝よう, もう日, もらひませうか, もらふとし, やっぱりせっせと鎖, やつと, やろう, ゆつくり遊ん, よすよう, よツぱらさんざ, らっしゃるらしいが, わたし共に, ゐたから, ゐたが, ゐたところが, ゐたらしい, ゐたり, ゐた一人, ゐた彼, ゐた燒嶽登山, ゐます, ゐますが, ゐるか, ゐるから, ゐると, ゐるといふ, ゐるばかり, ゐる国民, ゐる外, ゐる接頭語, ゐる樣子, オン出, コソコソと, コツ, サモイレンコと, ンの, 一方に, 一緒に, 一郎を, 上州の, 下さらないこと, 下さるよう, 下せえ, 与えられたワク内, 丸燒にな, 了って, 了つたので, 了つてそれから, 了ひなさい, 二人で, 二足三足歩む, 京極で, 人物相応に, 今度は, 今朝まで, 仕舞いましたト, 他と, 何も, 何処かへ, 余り勉強, 係員に, 働かなくて, 先へ, 兎も, 八時ごろから, 其儘急いだ, 其時は, 其身を, 再び街, 出しな, 初志を, 別に不足, 別に苦情, 別れたの, 別れた以上, 到底及ばぬ, 千浪を, 単式は, 厭いは, 去るか, 去ること, 去るとか, 右の, 吉五郎は, 名残惜しげに, 向うの, 君の, 呉れとは, 呉れ許して, 唖娘の, 喜助ん, 四十円に, 地図を, 坊主に, 外に, 外へ, 大人しく止っ, 大塚行の, 太息を, 奥義に, 奥義にと, 女を, 子供の, 学生服を, 寐る, 寝たが, 寺を, 居たお, 居たが, 居たの, 居ますから, 居らるる仁, 居りましたのに, 居ります, 居りますと, 居りますなれども, 居る, 居るだらうな, 居るの, 居るらしかった, 居るを, 居る心地, 居る樣子, 屈して, 左内様へ, 布団の, 帰った, 帰られたな, 帰りかけた, 帰りかけたが, 帰りました, 帰りますが, 帰り掛ると, 帰ること, 帰るよう, 帰るより, 帰る気, 帰ろうか, 帰途に, 帽子を, 幕府へ, 平次が, 平泳ぎを, 幸いそれ, 庭を, 引きさ, 引き下って, 引き込ましたに, 引き返すか, 引っ返して, 引上げた, 引下れ, 引揚げよう, 引返しかけると, 彼女から, 彼女は, 往生しろ, 待つて, 後ろへ, 御勘弁, 忍従し, 忘れた, 悪く思わない, 意気地なく, 我家へ, 戻った品, 戻って, 戻つて, 戻ると, 戻ろうと, 打たれた, 投げて, 捨てようと, 故郷へ, 断念しよう, 新しく作られた, 新年を, 既に覚悟, 日本人として, 日本髷の, 明日は, 明朝早く, 是ッ切り猥らしい, 暇を, 暫くの, 机を, 来たの, 来たのに, 枯れて, 柵の, 棒の, 楽しいよう, 止すかと, 止めて, 此処で, 此友情の, 此度は, 此處から, 歩いて, 歩きだした, 歩きだすと, 歩き出した, 歩き去る, 歸つ, 歸つて來ました, 歸つて來る, 歸つて行くだらう, 歸りました, 歸る, 殺されよう, 気持よく, 江の島遊園地を, 江戸へ, 河の, 泣くの, 泥濘の, 為事の, 無事な, 燈下に, 父は, 父へも, 父親の, 生命を, 田山先生に, 番人を, 疲れ切った体, 眞面目な, 眼を, 眼張を, 研究に, 硯の, 神戸へ, 神田へ, 禁煙, 私が, 私と, 私に, 科人を, 空しく本船, 立ち上がります, 立ち上った, 立ち上つた, 立ち止まった, 立ち止まった時, 立去って, 竜王の, 素直に, 終う, 終って, 綺麗さっぱり, 縁側を, 置いた方, 羽振, 習慣的に, 背行したらしい, 胸にさえ, 能く, 腰を, 自分を, 船に, 草加へ, 菫の, 落ち着いて, 蒲団に, 蚊帳を, 行ったん, 行って, 豹一は, 貧しい財政, 貰ひませう, 貰らは, 貰わなければ, 質問を, 赤の, 起ち上つた, 路地の, 踊らせないこと, 蹲むだけに, 蹴って, 身體さへ, 辛抱し, 辛棒し, 退散する, 逃げたほどの, 途中の, 逝つたのだ, 逸作の, 遂に彼女, 過日は, 遠い縁家, 部屋に, 部屋には, 部屋の, 金持ちの, 間もなく劇場仲間, 降りて, 電光艇と共に, 電車に, 靴を, 頂くもの, 頂くやう, 頼まれれば, 風呂に, 飛龍座へ, 飲む気, 高倉山を, 鯉達は

▼ 諦め~ (104, 8.0%)

5 ために 3 中に 2 い, なかで, ような, 境地に, 大きなる, 早い江戸, 無差別観, 良い集金人みたい, 色を, 言葉を

1 [76件] いいこと, いい事, いい幽霊, いい集金人, ためです, つかないくら, つかない歎きが心, つかぬこと, つくこと, つくもの, つく淋し, ない凡て, なかに, ほかなく, よいこと, よい人, よい弥次馬, よい悟つたお方, わるいやつら, 一面とを, 世界でも, 世界には, 中の, 力で, 可い, 呻きを, 問題な, 嘆息が, 声を, 好いのに, 姿を, 宜い, 宜いお, 宜え, 容子は, 底に, 微笑で, 微笑を, 心が, 心に, 心を, 心或は, 心持で, 念が, 念で, 悪い人間, 悪い女, 悪い婆ア, 悪い死, 悪い男, 態度で, 手紙を, 枕に, 様子で, 気持で, 気持を, 気易, 淵の, 生活やら, 眼ざし, 眼しか, 眼を, 瞳の, 祈りと, 空気は, 精神修養が, 良さ, 色が, 色の, 色彩を, 言葉で, 言葉の, 訓練が, 調子で, 附かんと, 静かさに

▼ 諦め~ (82, 6.3%)

2 いい, ついて, つきます, つくと, よかった, 付くが, 付くもの, 先に, 肝腎だ

1 [64件] ありました, あるであろう, あるやう, あるよう, あれば, いいか, いいな, いいわねえ, ついたもの, ついたよ, ついてさえ, つかないこと, つかないので, つかなかったの, つかなくて, つかぬもの, つかんと, つきかねた, つきかねるもの, つきにく, つきました, つきません, つきやしたかい, つき相, つき身内, つくとしても, つくはず, どうしてもつかない, ない, ひそかに, むしろ悲壮, よいこれから, よすぎる, 一種の, 付かないで, 付かなえ, 付かなく成ったがね, 付く, 付くめ, 作品の, 含まれて, 大事である, 好いん, 底に, 悪い, 悪かろう, 早くある, 来る, 湧いて, 生じると, 私の, 私を, 立って, 肝心だって, 肝心な, 肝腎でございます, 肝要である, 肝要であろう, 肝賢, 表裏一体を, 見える, 附いて, 附こうじゃ, 頭を

▼ 諦め~ (61, 4.7%)

10 つけて 4 教へ, 附けて 2 もって, 感じた, 持つの, 結んで

1 [35件] うつした, つけさせて, つけさせるしかた, つけた, つけたの, つけた上, つけては, つけてるの, つけなくちゃ, つけなくっちゃ, つけますが, つけるかの, つけること, つけるとでも, つける事, つけ神戸, ほんとうに, シモーヌ, 与へ, 付けて, 付けました, 付けるまでには, 付け申さず候, 信ずるやう, 呟くよう, 唱え出した, 啓かんと, 得ようとは, 感じさせる男, 持たせ中小工業, 持った印度, 持って, 教えて, 知った人間, 肯定し

▼ 諦め~ (31, 2.4%)

3 つくが 2 するが

1 [26件] あったが, いいと, しいっそ, したで, しよう, しようが, するで, せうが, つきますまいが, つきやすい, つくだろうからな, つくと, つけやすけれども, なく死後, ほんの上っ面, よいと, よかった, 付き覚悟, 付こうが, 働いて, 半分あった, 得ずまた, 悟りも, 感ぜられいま, 手伝って, 時折隣家の

▼ 諦め~ (23, 1.8%)

2 しない, もって

1 [19件] したが, したものの, したん, しないかと, しません, その感情, ついたが, つけて, つけられなかったので, もつて, ようが, チャイコフスキーに, 一切ぬきに, 何が, 到底灰, 安易を, 彼の, 日本だけの, 禁物だ

▼ 諦め~ (21, 1.6%)

2 似た心持

1 [19件] いくぶんの, おとし入れられて, つつまれて, なったか, なったよう, なって, なりません, なりませんでした, なるほか, なろうとして, 似た憂鬱さ, 似た気持, 充ちたモノローグ, 外ならなかつた, 幾らかの, 扱き剥かれた裸鳥, 日を, 達するまでには, 陥る悲劇

▼ 諦めては~ (18, 1.4%)

2 いるん, 早計である

1 [14件] いた, いたが, いたの, いたものの, いなかったの, いましたの, いられないので, いるが, いるもの, いるものの, くれない, ならない, 居るが, 返して

▼ 諦めても~ (13, 1.0%)

1 [13件] あきらめても, いた, いられるでしょう, いる, よさそう, 命ある, 拙い奴ら, 拙い奴等, 本當, 氣の, 矢張惚れ, 諦め切れない程, 諦らめられぬ

▼ 諦めよう~ (9, 0.7%)

2 もございます 1 があった, があるまい, にも諦められず, にも諦められぬ, もありましょう, もあります, もある

▼ 諦め~ (8, 0.6%)

1 ユーモアが, 卑下とを以て, 反抗の, 我執を, 言っても, 謙遜とが, 負じ, 趣味と

▼ 諦め~ (7, 0.5%)

1 が彼, にいっ, にこう, につぶやいた, になっ, をし, をしなかった

▼ 諦めという~ (6, 0.5%)

2 ことを 1 ことが, ことも, ものは, 思想な

▼ 諦めもの~ (6, 0.5%)

2 かも知れません 1 だ, だが, だぞ, でございました

▼ 諦め~ (6, 0.5%)

2 慟哭は 1 そしてまたその, みれんや, 希望やが, 投遣

▼ 諦めきつ~ (5, 0.4%)

1 たという, たよう, た中年者, た姿, ている

▼ 諦め~ (4, 0.3%)

1 っしゃい, へすれ, んせ, 泣くの

▼ 諦めてか~ (4, 0.3%)

1 へらうと, サラット居士は, 但しは, 身体を

▼ 諦めとか~ (4, 0.3%)

2 忍耐とか 1 悟りとかいう, 運命とかいう

▼ 諦めとを~ (4, 0.3%)

2 感じた 1 持たせられた美女たち, 知らぬ粗

▼ 諦めたり~ (3, 0.2%)

1 しが, して, 諦めたり

▼ 諦めながらも~ (3, 0.2%)

1 それでも彼, やはり林之助, 云い知れぬ好奇心

▼ 諦めには~ (3, 0.2%)

1 いるにつれ, 相違ない, 違いない

▼ 諦めやう~ (3, 0.2%)

1 があります, があるまい, もあります

▼ 諦め易く~ (3, 0.2%)

1 した, したし, なったの

▼ 諦め~ (3, 0.2%)

3 で別口

▼ 諦めさえ~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ 諦めでは~ (2, 0.2%)

1 ない, 到底満足

▼ 諦めでも~ (2, 0.2%)

1 すること, なくそれ

▼ 諦めとは~ (2, 0.2%)

1 思はないで, 違った

▼ 諦めとも~ (2, 0.2%)

1 悲壮な, 捨鉢とも

▼ 諦めながら~ (2, 0.2%)

1 さア, 出向きましょう

▼ 諦めよく~ (2, 0.2%)

1 楽天的な, 落ちついて

▼ 諦めよく深く~ (2, 0.2%)

2 自らを

▼ 諦め~ (2, 0.2%)

1 て泣く泣く, より外

▼ 諦め~ (2, 0.2%)

1 の事, の卑劣

▼ 諦め~ (2, 0.2%)

1 は特に, をし

▼ 諦め~ (2, 0.2%)

1 をあきらめる, を明らむる

▼ 諦め深い~ (2, 0.2%)

1 そして優雅, 人たちの

▼1* [76件]

諦めあとはポケット, 諦めいっそこんなこと, 諦め不平かを以て, 諦めかたと面, 諦めかと思われて, 諦めから猛然と反対, 諦めかを意味する, 諦めがたく夕景頃から, 諦めくださりませ, 諦めこそ女性には, 諦めこれというもわれ尊公, 諦めしかなく諦め, 諦めすると急に, 諦めそのものが共同, 諦めたりけれども一旦金剛石, 諦めちゃアいけない, 諦めちゃあいるよ, 諦めつつなお八分の興味, 諦めてからまだ十年, 諦めてさうは, 諦めてでもゐて, 諦めてね早くこの, 諦めてばかりゐます, 諦めてばかりはおれなくなった風, 諦めてをります, 諦めほんのりぼかし, 諦めとが一つに, 諦めとして成就させる, 諦めとの中に, 諦めなんぞと言つては, 諦めになつて三月か, 諦めによって成立せる, 諦めによる承認を, 諦め身も, 諦めえ色事, 諦めまた源十郎が, 諦めむと心に定, 諦めやすい東京人と, 諦めよいものとは, 諦めわるく最も煮えきらぬ, 諦めナグイルの貌, 諦め一つで堪え, 諦め一部恋着するアマチュア風, 諦め三日の後, 諦め五月十九日に門司港, 諦めとが同一, 諦め今夜を最後, 諦めた一つ, 諦め奉仕の尊, 諦めを手, 諦め得心の上自害, 諦め御前さまとか御飯, 諦め心地になりつ, 諦め所持の田畠, 諦め易き国民, 諦め果てし姿思ひ食, 諦めにも諦め, 諦め比較的柔かな, 諦めを更, 諦め消極的では, 諦め深い若い薬剤師は, 諦めえ, 諦め申候へども此, 諦めでなんとなく, 諦め省作を手, 諦め神戸から台湾航路, 諦めを覚悟, 諦め結局病院代も要る, 諦め老親の膝下, 諦め自害を御, 諦め草津に至る, 諦め退去した, 諦め難き性質の, 諦め難く永い間どんな小さな, 諦めに細君, 諦め絞らる