青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「通じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~這入っ 這入っ~ ~這入る 這入る~ ~通 通~ 通う~ ~通し 通し~ ~通じ
通じ~
~通ずる 通ずる~ ~通っ 通っ~ ~通った 通った~ ~通り 通り~ ~通る 通る~

「通じ~」 1838, 20ppm, 5782位

▼ 通じ~ (1295, 70.5%)

110 いる 82 いた 49 いるの 44 いて 20 ゐる 17 ゐた 13 ゐて 12 いたが, いること, いると, いるという, いるもの, いるよう 9 いるので, 居る 7 いるから, いるに, ゐるの 6 いたの, いなかった, みて 5 いたし, いても, いない, います, いるわけ, いる道

4 [14件] いたこと, いた者, いないこと, いるが, いるし, いるだけ, いるん, おります, きた, ゐるもの, ゐる人, 居ると, 居るの, 聖衆が

3 [19件] いたから, いたので, いました, いるか, いるかも, いるだろう, いるとは, いるはず, いるらしかった, おりました, くるの, であった, もらった, ゐたこと, ゐます, ゐること, ゐるので, 居ります, 居りますが

2 [50件] あったもの, ある, いたか, いたと, いたとは, いたに, いたもの, いた筈, いないの, いないん, いない筈, いるけれども, いるこの, いるため, いるであろう, いるところ, いるのよ, いるばかり, いる一つ, いる人, いる男, おいたの, おきたいと, おる, きたもの, しまった, である, ゐたが, ゐないの, ゐるが, ゐるそして, ゐるつもり, ゐると, ゐれば, 事を, 子が, 居たので, 居って, 居ること, 居るという, 居る人, 居る者, 春の, 有する所, 有力な, 来る, 現れた詩, 用いられた事, 用いること, 謬らず

1 [588件 抜粋] あげましょうか, あったか, あったし, あったので, あって, あつた, あつたらしい, あつた葬風, ありますから, あるもの, あるやう, あるわけ, あるんぢ, いうが, いずしたがって, いそれ, いたからには, いたけれど, いたでは, いたという, いたならば, いたのみ, いたはず, いたよう, いたらしい, いたらしいデカルト, いた地下, いた忠利, いた悪僧, いた想念, いた換言, いた時分, いた訳, いた貝塚道次郎, いた長姉, いた青年, いつ寝返る, いないため, いないと, いないとして, いないとは, いないよ, いない上, いない為, いない私達, いない訳, いない証拠, いなかったかも, いなかったので, いなかった頃, いなくて, いなければ, いましたから, いますが, いようが, いようと, いらして, いらっしゃるわけ, いられるはず, いるある, いるかと, いるかなり, いるかの, いるかは, いるからこそ, いるかを, いるぜ, いるそう, いるその, いるただ一本, いるたった, いるだろうと, いるつもり, いるであろう人々, いるとなり, いるなどと, いるなどとは, いるべき筈, いるほそい, いるもう, いるらしい, いるらしいこと, いるらしい木立, いるらしい横道, いるらしくそれ, いるらしく思えるこの, いるわよ, いるドア, いるベク助, いる中館, いる主人, いる之, いる事, いる人々, いる俊助, いる博士, いる古賀, いる右手, いる吉良, いる国, いる大, いる大きな, いる太宰府, いる家来, いる容子, いる小, いる小竹, いる小路, いる山脈, いる岩魚釣り, いる嶮峻, いる廊下, いる彦作, いる往来, いる徒, いる心持, いる心算, いる所, いる文化人, いる易学, いる時分, いる暗, いる本流, いる様子, いる橋, いる正面, いる水路, いる沢, いる為, いる片方, いる特色, いる県道, いる禁門, いる秀吉, いる穴, いる筈, いる筋, いる紺足袋, いる線路, いる耳, いる藤原純友, いる衛門督, いる裾野, いる規則, いる路, いる階段, いる隣り町, いる電鈴, いる露地出入り, いる骨折り甲斐, いる高まり, いれば, い刑部, い運転手君, うれしいと, えへ, おいた, おいたことば, おいて, おいで, おいでに, おかなければ, おきましょう, おくと, おくの, おって, おらず尋問, おらず間もなく, おらぬから, おられたならば, おられたの, おられましたマダム, おられます, おらん, おりまして, おりますか, おりますから, おります者, おり山手, おるが, おるため, おると, おるのみか, おるもの, おるわ, お出, お出でな, かつそれ, かなえられると, きたこと, きたせい, くださるかと, くる, くるので, くる銅線, くれ, くれい, くれたまえ, くれたもの, くれない, くれない場合, くれば, くれる大事, こいさんの, この人, この国, この日, これを, しかも真理, しかるには, しまいました, しまい高貴, しまう, しまったと, しまふの, すべててら, ずっと世話, そういう俗情, そういう深い, そこで調理, その紙, その變遷, その間から, それが, それだけの, であろう, でしか, でなくては, では, なさらねえて, なほ確固たる, はおられませんからね, ひそかに, ひとり芸術, ひと色の, ほぼ誤り, みたフロオベエル, みても, みますと, みると, みるに, みれば, もらうと, やがて又, やって, やる腕, ゆき彼, ゆくという, わがウラル丸, われを, ゐたならひとつ羊皮紙, ゐたやう, ゐたらしか, ゐた奴, ゐた小, ゐた抒情詩人フランソア・ヴイヨン, ゐた時分, ゐた里道, ゐない, ゐないだけ, ゐないだけに, ゐないとも, ゐないわけ, ゐなかつた, ゐなかつたこと, ゐなかつたらしい, ゐなくて, ゐられる, ゐるかも, ゐるから, ゐるといふ, ゐるとは, ゐるなと, ゐるほか, ゐるほど, ゐるらしい木蔦, ゐるん, ゐるドア, ゐる一つ, ゐる一ばん, ゐる事, ゐる加奈陀出身, ゐる富士見越, ゐる山, ゐる模様, ゐる此, ゐる灌漑用, ゐる筈, ゐる細い, ゐる者, ゐる舊道, ゐる赤土, ゐる道, ゐればい, エタと, キヨメとも, サンカ者という, チベットの, ブンゼン燈にも, モルゲンと, 一つです, 一の, 一夜に, 一定した, 一般に秋田ブキ, 七十円なにがしの, 三木の, 世界第, 主家に, 了うたので, 二六時中やむ, 五十余通に, 五十軒ばかりの, 井川洗, 亭育した, 人を, 仁術を, 今年の, 以来普通の, 使つて居る, 僕たちは, 具へ, 分相応という, 初めて出発, 初めて社会的存在理由, 医者相当の, 千鶴丸を, 叙情詩に, 古い種, 古い諷諭, 古来今日, 可能性を, 同じである, 同義とな, 向うから, 吾らの, 呉れ, 呉れないんで, 呼ぶの, 在るよう, 変らなかつたの, 変わらぬ普通, 外記を, 多くある, 多少とも, 夜ごとその, 大酒, 天上地下の, 婆の, 婢は, 子供ながらも, 子供の, 字には, 字書に, 家業を, 寄した, 小橋と, 居たから, 居たといふ, 居つた人, 居つた支那文化, 居ては, 居なかつた, 居ながら, 居ます, 居らぬの, 居られた, 居られますご, 居らんので, 居らんもの, 居りそこ, 居りその, 居りは, 居り地方, 居るお方, 居るか, 居るから, 居るかを, 居るつもり, 居るといふ, 居るところ, 居るとも, 居るにも, 居るので, 居る人間, 居る所, 居る習慣, 居る路, 山案内を, 左右から, 庭の, 彼に, 彼を, 彼女が, 待ちかまえて, 忰の, 急場を, 怨望嫉妬の, 怪物的である, 悪事を, 懐妊せしめた, 或る, 手を, 才幹の, 承認を, 投遣りな, 提灯へ, 斯く斯くなり, 旅人が, 旅行者が, 普遍的な, 暗に信長, 更にそれ, 李粛と, 来た, 来た電話, 来て, 来ないもの, 来ねば, 来ました, 来ること, 来るも, 来るもの, 来る芸道上, 果たして雨, 機械が, 欠陥が, 水の手を, 汽車の, 法師と, 火花を, 無形の, 然か, 現われて, 瑜伽の, 生み落した悲劇的, 生死し, 生民, 産ませた者, 産米が, 用いない, 用いられたもの, 用いるが, 用ゐられ, 異人の, 畸形児を, 発電させ, 皆同一に, 真に涙ぐましい, 知るという, 知るなり, 石の, 社會人心を, 祖国の, 私の, 約一世紀, 続くであろう, 緩くうねっ, 置いた手前, 置いて, 置かば, 置くけれど, 置くもの, 置く必要, 能く, 能と, 自然に, 自由自在を, 芝居道に, 藪が, 蛸の, 衆愚に, 行くこと, 行った, 行ったもの, 行なわれる新聞自体, 行はれた, 裸であった, 見える事実, 見ると, 言えること, 詮議させるべきです, 語尾発生の, 誠を, 財物を, 車の, 迂囘, 迷図の, 道徳主義の, 適用し, 開いて, 間も, 雛僧が, 離叛せぬ, 電気心働計によって, 青い美しいが, 非類, 骨が, 鳴りひびく何, 鼓動かなんかの

▼ 通じては~ (21, 1.1%)

3 いないに 2 ありましたが

1 [16件] いずれも, いない身どもら, いなかった, これを, ゐたが, ゐないので, エタとも, 三家者とも, 僧とも, 居なかつた, 本願寺から, 皆ヤッコとして, 行なわれ得ない理由, 西郊も, 門跡専属の, 非人法師である

▼ 通じその~ (16, 0.9%)

1 [16件] ときに, 上胆力と, 交易に, 人の, 作品の, 国の, 土地を, 女の, 意味にて, 文化を, 方寸には, 昔はじめて, 状薬研に, 私生活面の, 語彙を, 論文を

▼ 通じても~ (14, 0.8%)

1 [14件] いなかったが, いる, おって, 不知を, 他の, 可いもの, 市内の, 彼等を, 数個の, 用を, 監督の, 肝腎の, 胸には, 語義が

▼ 通じ~ (13, 0.7%)

2 あるの

1 [11件] あったから, あるん, ついたよう, つく, つくと, なくて, ねえから, 付いて, 付くと, 無い, 留りましたので

▼ 通じたり~ (11, 0.6%)

3 して 2 するもの 1 する時, ときにはあいまい, フィリッピン人の, 好々爺的な, 将軍家を, 検事の

▼ 通じまた~ (8, 0.4%)

1 その書, オランダ渡りの, グエルフィ黨に, 劇の, 島の, 己れ, 時勢に, 朱熹

▼ 通じそう~ (7, 0.4%)

1 すれば, なもの, な道, に思われ, に思われたらしく, もない, もなかっ

▼ 通じ~ (7, 0.4%)

1 あるし, かたまらず食欲, しないし, しないで, しなければ, 一つは, 一日置き

▼ 通じ~ (7, 0.4%)

2 ふもの 1 つた, つた以上, はない, ふことは, ふといふ

▼ 通じ~ (6, 0.3%)

1 うな, うもなかつたから, したもの, へすれ, へせ, へつい

▼ 通じさえ~ (6, 0.3%)

6 すれば

▼ 通じながら~ (6, 0.3%)

1 それを, 世間を, 山野に, 盃を, 艦上を, 附近の

▼ 通じての~ (5, 0.3%)

1 節の, 考が, 行動の, 認識である, 議論です

▼ 通じ~ (5, 0.3%)

1 しないか, しまいと, しまい感じ, しませぬが, 仕無かった

▼ 通じよう~ (5, 0.3%)

1 がない, が通じまい, ではない, などという道楽気分, もなかっ

▼ 通じ易い~ (5, 0.3%)

1 と考へた, もので, ものは, 峠の, 崖を

▼ 通じこの~ (4, 0.2%)

1 会見を, 分は, 器内に, 月ぐらい

▼ 通じにくい~ (4, 0.2%)

1 ものが, ものです, 旅路にな, 言葉を

▼ 通じ~ (4, 0.2%)

1 から漱石氏, の知つて, を捨て, を訪われ

▼ 通じこれ~ (3, 0.2%)

1 により, を肉, を郷土

▼ 通じてから~ (3, 0.2%)

1 ざっと十年, はじめて帰った, 帰って

▼ 通じ~ (3, 0.2%)

1 は地理民情, 地理を, 賤を

▼ 通じ~ (3, 0.2%)

1 てともかく, はで, ものハ

▼ 通じ凡て~ (3, 0.2%)

1 の妻, の時代, の民族

▼ 通じ~ (3, 0.2%)

1 が心, をしびれさせる, を打ち

▼ 通じ或は~ (3, 0.2%)

2 手を通じて 1 芸道の

▼ 通じ更に~ (3, 0.2%)

1 このひと, 中世中期と, 社会的な

▼ 通じあるいは~ (2, 0.1%)

1 天照大御神の, 欧洲において

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

2 ほやけの

▼ 通じそれ~ (2, 0.1%)

1 が同時に, を常に

▼ 通じなし~ (2, 0.1%)

1 だアハハハ, と言え

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 なって, なる機会

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 つく脂肪性, はずお

▼ 通じひそか~ (2, 0.1%)

1 に期, に自分

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 るが, 催したの

▼ 通じ万人~ (2, 0.1%)

2 に読まれたい

▼ 通じ三十三~ (2, 0.1%)

2

▼ 通じ他方~ (2, 0.1%)

1 はプティート・トリュアンドリー街, は外部

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 世界の, 體に

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

2 を合せ

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 は四国, は海隅

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 互ひ, 近く江戸時代の

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 の一点, の口

▼ 通じ四十九~ (2, 0.1%)

2

▼ 通じ四十二~ (2, 0.1%)

1 は, は十

▼ 通じ国文学~ (2, 0.1%)

2 の素養

▼ 通じ引続き~ (2, 0.1%)

1 三ギニイに, 同一である

▼ 通じ悪い~ (2, 0.1%)

1 こだわりを, 自動車の

▼ 通じ日本~ (2, 0.1%)

1 の前途, の姿

▼ 通じ波斯古代~ (2, 0.1%)

1 の文学, の文學

▼ 通じ爪先登り~ (2, 0.1%)

2 に右

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 同じきもの, 呼應し

▼ 通じ自分~ (2, 0.1%)

1 と秀吉, の懐

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

1 をやっ, を貰い

▼ 通じ西~ (2, 0.1%)

1 に向いた, の方

▼ 通じ~ (2, 0.1%)

2 民族を通じての

▼ 通じ鉄砲~ (2, 0.1%)

1 を持て, を通じ

▼ 通じ難い~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, 相手で

▼ 通じ難く~ (2, 0.1%)

1 なった, 仕事の

▼1* [301件]

通じあたかも人力を, 通じあたりは一面文化住宅, 通じあつてゐる, 通じあらゆる空間を通じて, 通じある種の, 通じいいかも知れない, 通じいずれも優れた, 通じいろいろな知識, 通じいわゆる沃野千里なる, 通じおのずからにし, 通じおのれがこう, 通じおよそ近世の, 通じからださへ, 通じがたいもどかしさに, 通じがたくやむこと, 通じがたしといふ, 通じここにおいて同年十月徳川政府, 通じことに珍しいこと, 通じこれから後の, 通じごく実践的に, 通じしかも彼我相守り, 通じしたがって相互の, 通じすでに見おぼえたあらゆる, 通じすべての根拠地, 通じそうして民意を, 通じそれとなく吉宗の, 通じために毛利, 通じたりなどといわれたらたちまち, 通じたるをあら, 通じてからは殆ど廃駅に, 通じてからも運悪く, 通じてだけ形象の, 通じてだけでも夫, 通じてとは言ひ切れない, 通じてはをりませぬけれども, 通じてやしないかと, 通じてをられたの, 通じなくない, 通じなけあ西, 通じゐら, 通じまことに東方の, 通じまだ年ば, 通じが, 通じやうがなかつた, 通じやすい退屈な, 通じやすくて仕事エネルギー, 通じより豊富な, 通じわけても兵学に, 通じイシスの神, 通じサイフォンの理, 通じは蒙, 通じプロレタリア婦人の実力, 通じユニフォーミティの感覚, 通じレコードを通じ, 通じ一つは反対側, 通じ一ツは白鬚橋, 通じ一方は廊下, 通じ一条は荊州, 通じ一般大衆特に現在, 通じ一面は悪魔, 通じは質, 通じ万事につけ, 通じ三切れは, 通じ下世話にくだけた, 通じ申, 通じをあざむく, 通じ世故に熟, 通じ世界の公法, 通じ主人からの貰ひも, 通じ久留島松永の両, 通じ予報の適用, 通じを起した, 通じ二人はいつの間にか, 通じ二十五年にし, 通じ二箇の径五寸, 通じ二者は全く, 通じ云々と, 通じ五山十刹の群僧, 通じ五百金銭を獲た, 通じ交通の便, 通じ交際相親しみ飲食衣服, 通じを御する, 通じ人物の体, 通じ人間学に通じた, 通じまさにわれわれ, 通じ仕事も認められれ, 通じの二兄弟, 通じ仙人詛うて, 通じ仙臺山形地方に北上, 通じて緩急, 通じ伊勢ではかくれ, 通じ伊原青々園の, 通じ体育上いかなる改良, 通じが強靭, 通じ何かしら主張めいたもの, 通じ何千巻の蔵書, 通じ信長公へ弓, 通じ俳優としては可, 通じに鋒先, 通じ個人的には, 通じ候処僧俗二人玄関に出, 通じ僅か一二例外を, 通じ兇猛なるケンタウロス, 通じ先方の意志, 通じ光武の建武中元二年, 通じ公使から相当, 通じを用, 通じ兵車に結び, 通じ内典を知る, 通じ凉傘が日, 通じに惑わされ, 通じ茶, 通じ前後を縫う, 通じ動植両界, 通じ十一度有之其間, 通じ十四日にはその, 通じ半ば解せず手語, 通じ南方の憂, 通じ又は家を, 通じを一つ, 通じ古く牧が, 通じ各地にこの, 通じ各自の植民地, 通じ合つてゐたこと, 通じ合ふから面白い, 通じ三年に, 通じ同時に神様からも, 通じ呂宋のみならず, 通じ哲学大家で兼ね, 通じ問答自由なるゆゑなり, 通じ器物によって真正, 通じ図書館土耳古風呂, 通じ国家総力戦, 通じ土着の味方, 通じ地理に精しく, 通じ城中から火の手, 通じ変装やクロロホルム, 通じ外國文明に多少, 通じを見, 通じ大地の底, 通じの利, 通じ天井は低い, 通じ天人を極めたる, 通じを愛せぬ, 通じを疎隔, 通じ孔明に願い出, 通じ学人を超え, 通じ学者の談話, 通じ學識と常識, 通じ宏子は自分, 通じ宗教の旨, 通じ室町没落までの禅家, 通じの名誉, 通じ家康創業の精神, 通じ密使互に動き, 通じ少しくビルマ語をも, 通じ又戴, 通じ屁理窟からの借り物, 通じ山頂を意味, 通じ工場新聞を通じて一般大衆, 通じ左手には金次郎, 通じ巧みに国民, 通じ市中の人, 通じ市井に大, 通じ広く世間の, 通じの梯子段, 通じ影像となっ, 通じに利, 通じ従って御主人伯爵, 通じ当家を, 通じ応接へのドア, 通じ忠実な少女, 通じ怨恨を残す, 通じを通せる, 通じ意表の表, 通じ感覚と精神, 通じかつた, 通じ我々の痛切, 通じ戦争を除い, 通じ所々に橋, 通じ手先も器用, 通じ拝謁を願った, 通じ推理の天才, 通じ支那上代より存, 通じ支那警察に対して厳重, 通じ敬神家の矜式, 通じ断崖の上, 通じ新しい時代を, 通じ之内, 通じ旧態の将軍家, 通じ昆布は, 通じ易くなり調子, 通じ昔噺さながらの, 通じ昨夜裏門にて密会, 通じ昭和の今日, 通じ是非これだけは, 通じ時便の往来, 通じ時局にたいしてはつねに, 通じ最上郡からただちに, 通じ最低限三十萬の協力員, 通じ本草学の研究, 通じ東南は高麗峠, 通じ柴田の敗因, 通じ桃原から鐘釣, 通じ極端に分裂, 通じが掛っ, 通じ次ぎ次ぎに新しく登場, 通じ歳月の鑿, 通じ母国日本に向, 通じ毛利家を介し, 通じ民心を得, 通じ江戸趣味がしきりに, 通じ河岸の緑地遊歩場, 通じ法蓮房とともに未来, 通じ泥部はすなわち, 通じ清国政府においてよく, 通じ湖海ひろがるところ丘陵, 通じ漂泊的学者となつ, 通じ演劇創造のシステム, 通じ漢籍に明るく, 通じの火, 通じ之始終, 通じ無代で勤労者, 通じ現代日本の文壇, 通じ甘言で登志, 通じ田中芳男男も毎, 通じ申す間了海様の, 通じ町奉行丹羽遠江守へ犯人, 通じ畿内の情勢, 通じ白浜湯崎間は八丁, 通じ白石一家とは信交, 通じ百人近くの合唱, 通じ百家を観た, 通じに笑われた, 通じ省作のスガイ, 通じばった弁膜をと, 通じ社会の上下, 通じは此, 通じ神人と嘆称, 通じ神田川に達する, 通じ科学文学之く, 通じ税制改革を行い, 通じ積極的に運動, 通じが二つ, 通じと共にゐる, 通じを持っ, 通じは黄, 通じを剪, 通じ経文を誦し, 通じ縦しそこに, 通じ縷々二時間にわたって支那, 通じ織物や陶器, 通じ美術を通じ, 通じ老年にて身まかりたる, 通じふるに, 通じ耶蘇の空, 通じ肉体的にも精神的, 通じ能書なり兵学, 通じ自然にも親しむ, 通じ芝浦の海, 通じ花村一族の立てこもる, 通じ芸娼妓酌婦に致, 通じ芸道に明るく, 通じ菫菜とも書き繖形科植物の一種, 通じ著しく感情の, 通じ虎視眈々機をうかがっ, 通じ西華門院様へお詫び, 通じ言語に代う, 通じ詞章を善く, 通じ詩歌も能くした, 通じ詩藻ゆたかで文学, 通じを吐け, 通じ読み書きの道, 通じ調諧相應ずるもの, 通じ警備司令部石本参謀の斡旋, 通じ貴国に塩, 通じ蹴鞠の免状, 通じは呉, 通じを同時に, 通じ軍機の秘策, 通じ軽快でそして, 通じ遊芸を身, 通じ道傍に何, 通じ道元禅師の今日一日, 通じ醋甕は眇, 通じ長短相補う, 通じ開國論海防論に意, 通じ陣屋に知らせ, 通じ隼人佑の起床, 通じ雑学の大家, 通じかつた, 通じ雲西に行け, 通じ電車織るが, 通じに雨, 通じ青森県産米は大, 通じ静粛に命令, 通じ風光を貫い, 通じ風景に結び得る, 通じ鬼神のまざ, 通じが屏息, 通じ黒無地の幕