青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「通し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

途端~ 這~ ~這入っ 這入っ~ ~這入る 這入る~ ~通 通~ 通う~ ~通し
通し~
~通じ 通じ~ ~通ずる 通ずる~ ~通っ 通っ~ ~通った 通った~ ~通り 通り~

「通し~」 1799, 19ppm, 5905位

▼ 通し~ (1041, 57.9%)

32 いた 17 くれ 15 いる 14 来た 13 いるの 11 来たの 10 くれた 9 いたの, しまった, ゐる 8 くれと, 来て 7 下さい 6 いたが, いると, おいて, きたの, 來た, 来たもの 5 おけ, やって, ゐた 4 いて, いること, おくれ, しまつ, みた, 来たが, 置け

3 [16件] ある, いました, きた, きたもの, くれました, しまいました, しまうと, みて, みると, みろ, ゐるやう, 下さんせ, 居たの, 来た今, 来た男, 行こうと

2 [50件] あるので, いたから, いただけ, いたので, いるので, いるばかり, いるもの, いるよう, おきました, おくん, きて, ください, くるよう, くれる, くれるもの, くれ給え, くれ通して, くんねえ, こ, ござります, しまうこと, しまふと, それを, みせる, みる, もらいたい, もらった, やった, ゐたの, ゐましたが, ゐるので, 下さんせ下, 占めて, 居るので, 来たと, 来たので, 来たん, 来た家長老等, 来た点, 来た者, 来ました, 死んで, 真鍮相当の, 置いて, 置きやしたが, 行くこと, 見て, 貰ひ, 貰ひました, 首に

1 [652件 抜粋] あいて, あげるよ, あった, あって, あなた一人を, ありましたの, あります, ありますよ, あるから, ある輪, ある道路, ある銅線, いきます, いたあと, いたかった, いたじゃ, いただきたいの, いただきましょう, いただくこと, いたよう, いたらしい, いた二十頁, いた友田喜造, いた心持, いた旅川周馬, いた書状, いた書類, いた琴子, いた訳, いったが, いつも椅子, いない, いないの, いないよ, いないん, いなかったが, いながら, いましたが, いますが, いますけれども, いますん, いらした, いられたという, いられるの, いるうち, いるかい, いるかと, いるが, いるその, いるだけ, いるという, いるとでも, いるとも, いるらしかった, いるん, いる主人, いる五寸釘, いる働きもん, いる女の子, いる子, いる寂しい, いる時, いる為体, いる男, いる疑問, いる頃, いろいろな, おいたか, おいた鍋, おいで, おきな, おき太郎左衛門, おく, おくと, おくの, おくよう, おくれと, おくれとの, おくれんさいな, おく特別, おけと, おられたん, おりました, おりましたが, お六, お呉れ, お目, お秀, きたその, きたところ, きたよう, きた二人, きた二年間, きた人, きた家長老等, きた師匠, きた様子, きた此, きた血, きた貞操, きっとうわ, くさらずに, くださんせ, くだせまし, くると, くる太陽熱, くる日光, くる蒼ざめた日, くれたから, くれたが, くれたです, くれたので, くれたのに, くれた禎輔, くれて, くれないか, くれないからね, くれぬという, くれば, くれまいか, くれましたが, くれますわ, くれませんか, くれよ, くれりゃ文句, くれるか, くれるだらう, くれるよう, くれる人, くれれば, くれ無駄話, くれ道, ぐっと引く, ぐるりと, こういうこと, この侍, これを, しかもよそ, しかも今, しかも伝える, しばし語らひし, しばらく花, しまいたくなかったので, しまいましたちっとも, しまいます, しまう, しまうつもり, しまったら二人, しまったん, しまった以上, しまはうと, ずっと植える, ずっと精密機械, その上, その日, その縄, その裏, その間に, それより, ただ夢想, ついに人家, つなぎました, であった, とうとう金, とうどう乗らん, ともかくも, ねむりつづける人, ふたりで, ほしいね, まず一, みい, みじめな, みすみす万屋, みたが, みたくなったり, みたところ, みたん, みた空, みねえかという, みましたけれど, みるが, みる大丈夫, みる天邪鬼, みればね, みろお座敷, みろと, ものものしい立附, もらいたいという, もらいてえ, もらいましょうか, もらうこと, もらうと, もらえたらすなわち, もらえるはず, もらった女, もらふか, やったのよ, やって来た体, やつても, やらなければ, やりますか, やり帯, やる, やるの, やるゆえ, やれと, やれなんて, ゆかねば, ゆくこと, ゆくところ, ゆくも, ゆくよう, ゆく姿, ゆく態度, ゆけそう, ゆけるよう, よい法案, よろこんで, よろしい, ゐたもの, ゐた母, ゐた醜態, ゐた重い, ゐらしつたお手際, ゐるから, ゐると, ゐるの, ゐるばかり, ゐるんで, んのよ, イスを, シチュウに, ネルロは, ルックザックとともに, ロープが, 一人で, 一寸待たし, 一方の, 一日を, 丁寧に, 丈夫な, 三宝の, 上げないこと, 上げました, 上げましたがね, 下さいと, 下さいよ, 下すっ, 下って, 下へも, 中は, 乾漆の, 了った, 了ってから, 了つたので御座います, 二人で, 二十一日の, 五円くれた, 五里の, 今じゃ, 今なお, 今までの, 今年三十五に, 今日も, 伏せると, 会えるよう, 会場に, 何かといたわっ, 何ひとつ不, 來たんだ, 來て, 例の, 借りきって, 傾聴した, 働きつづけるくらいの, 八十銭位しか, 六時半の, 其の提, 其の顔, 具に昨夜以来, 凜子は, 凡そ源造が, 出るの, 別に悪い, 到頭獄門, 加茂川も, 卓子やら, 取払われ大きな, 叮嚀に, 合圖を, 同一である, 呉れ, 呉れとは, 国へ, 園が, 土の, 坐らせるが, 壁に, 売ってるでしょうあれ, 夜中も, 夜間の, 大山街道の, 奥さんコーフンなすつたら, 女が, 女中達を, 好い顏, 宗馬が, 実はその, 家も, 家を, 寝床が, 対手に, 小文さん, 居たあの, 居た例, 居りました, 居る, 居るから, 居る姿, 居る寅松, 己が, 干す, 年六百六十ルーブリ稼いだ, 座敷を, 廊下へも, 引見する, 彼は, 彼是百年近くか, 待って, 後方に, 徒らに, 御婦人, 御談話, 心を, 恐らく初めて科学的発展, 悠々と, 扉を, 手を, 押して, 拒絶した, 掛けて, 支倉の, 放したがらないから, 断然彼, 明す, 暮して, 更に秘密, 書いて, 本町石町から, 来い, 来ずで, 来たお, 来たお婆さん, 来たか, 来たがね, 来たけれど, 来たこと, 来たその, 来ただけに, 来たという, 来たところ, 来た人, 来た僕, 来た利己心, 来た女, 来た家業, 来た或, 来た結果, 来た老い, 来た自分, 来た若宮, 来た責任, 来た風変り, 来た駕籠, 来ない, 来ながら, 来ました事実, 来る光, 来る光線, 来る刃, 東洋文藝復古期を, 染みるほどに, 柳桜が, 案内し, 正体も, 正座に, 此初櫻ちりか, 死んだの, 死刑に, 気忙しそう, 涼しい, 焚かれて, 然しそれでもまだ, 片輪, 物を, 王允は, 生延びた彼, 申分の, 異性を, 白と, 目出たく, 相手に, 真珠湾海底を, 眠れたので, 眺めるよう, 着て, 石を, 磁器の, 磁石を, 社会と, 積み上げたり, 立ち六時すぎ日比谷公会堂, 立つ, 約一里, 納戸の, 紳士の, 終わる者, 練習の, 縁側に, 置きませうか, 置けば, 翌朝倫敦へ, 聞えて, 育つたの, 胸の, 腕ずくで, 腹で, 自分が, 自分の, 舁くこと, 色々世間話, 芝居を, 若様が, 茶菓などを, 落ちないよう, 蒸気車の, 薄暗い日, 薙刀や, 蜆の, 蟻の, 行かれますよ, 行かれるいわんや, 行かれる養家, 行くという, 行くといった, 行くも, 行けませんもの, 行けるだろう, 行ける徳望, 行った, 行われ日本プロレタリア作家同盟, 行輔が, 衣裳と, 褐色の, 襖を, 襲って, 見すべし馬鹿, 見せて, 見せる, 見せるなんて, 見た, 見たいやう, 見た所, 見ると, 見物の, 話を, 誠に気持, 読んだの, 読んだので, 貰いましたが, 貰いましょう, 貰い度い, 貰うが, 貰うと, 貰うの, 貰った, 貰つて一氣に, 貰は, 貰ふ, 跡に, 軒下に, 遊ぶため, 酒を, 酒女に, 銚子の, 長々と, 開いて, 附いて, 雇えるもの, 面会した, 面会します, 頂いたの, 頂けるかも, 頂だい, 頸に, 頸の, 飾りに, 饗応したれ, 首を, 驚かしたの

▼ 通し~ (107, 5.9%)

9 して 3 歩いて 2 おりて, 家の, 慄え, 泣いて

1 [87件] いたはつ, いなすっちゃ, いや最近, うなって, かかって, かけられて, ぐらついて, こだ, こだわって, させて, したる矢, した腰障子, しなければ, し散らすも, すこしの, するより, ずっと呑まれ, なった一つ, なって, なる明るい, ひいて, やって, やる, ピアノを, ポカンとして, 一粒えりの, 上ったりなんか, 使うの, 使って, 働いて, 働かせられる合間, 出かけても, 勉強する, 吠えたので, 呑んで, 四つの, 国を, 坐って, 巡査に, 引窓の, 待つて, 憎み疑い通し, 打ち続けられたこと, 描きつづけて, 揺られた, 揺られて, 撮った, 机に, 来ました, 東沢側ばかりを, 欺いて, 歩いた, 歩いたので, 波に, 点されて, 疑って, 病室の, 白河夜舟で, 眠むり通し, 眠る, 眠れない, 着て, 立往生を, 続くこと, 緊張し, 自分の, 苦しんで, 藻掻い, 血も, 行こうかと, 行軍しつづけた, 計算し, 話された, 読まされた時代, 責められて, 起きつづけて, 迷って, 運転し, 障子を, 飛ばせば, 飛んで, 飲め踊れ歌え遊べ, 馬鹿に, 駈けまして, 魘される, 鳴って, 麻雀を

▼ 通し~ (92, 5.1%)

4 あつた 3 咽喉が 2 いながら, やって来ました, やること, 今日に, 居た, 色恋に

1 [73件] あまりほめた, いた, いたこと, いまだに本復, いるの, いる事, おしまいの, かきつ, ここまで, ここ何事にも, そして仏項面, そのたんび, その貧乏, それを, ただでさえ, ねなかなか, ほとんど絶対, ほんとにしずか, やった, やつと, やろうとも, よこれ, ゐた, ゐた通, ゐる白キヤラコ, クージカと, 一日顔だ, 不安が, 中幕の, 体は, 來た, 切に, 初代左団次の, 勤めて, 大いに運動, 妻と, 居て, 師直と, 帰り船長, 悪まれ役, 捕虜の, 春風駘蕩という, 書くと, 望遠鏡を, 未だに妻, 本を, 来たん, 来た駕, 松喜の, 林中に, 染之, 此一月餘職業に, 泣きの, 生きて, 疲れきって, 疲れた時, 疲れて, 痺の, 眠るの, 瞞され, 空腹を, 肉おっ, 苦しい, 萬屋を, 貧乏つづき, 足に, 踊りぬく遊び好き, 近来に, 過ぎたの, 部屋の, 開けたこと, 離れない, 鶴は

▼ 通し~ (88, 4.9%)

2 お光, 仕事を, 早駕籠, 農民には

1 [80件] あとは, お高祖頭巾, せいか, それは, ために, ちと変挺, のれんが, ような, ように, よろしい場所, 一日八十銭じゃあ, 一枚で, 一間に, 万七は, 人足二百八十人馬百八十疋という, 人足五千人の, 働きであった, 働きである, 光が, 六十年の, 出し物で, 切符を, 利きそう, 労働で, 可憐な, 四本襖に, 場合とのみは, 夜汽車で, 大広間で, 大閂, 夫れ, 夫婦といふ, 婆さんも, 平次は, 広々と, 広間を, 床下建具は, 懐を, 戦闘であった, 手洗いである, 斯の, 暗い室, 有様, 有様です, 有樣, 本結城, 机を, 校舎は, 橋上に, 汽車旅行を, 波手摺下手に, 涼しき酒亭, 渓流の, 渡り廊下を, 王が, 用を, 疲れも, 直線道路では, 相手を, 看病を, 神あなた方の, 祭礼を, 筋趣向という, 継がった削, 縮緬かわり色の, 自分の, 自然霊, 自然霊でございます, 花の, 萬七は, 袷に, 裏は, 赭土の, 郎女と, 部屋でございました, 針線に, 難産で, 風砂を, 風颯と, 馬車であった

▼ 通しながら~ (28, 1.6%)

2 おどけて

1 [26件] お末, けさ出, その前, それでも番頭代り, ちょっとテーブル, とつ追いつ考えた, ゆっくりと, 傍に, 入って, 入口の, 原稿紙に, 四角な, 妾の, 年とった, 浮き浮きとして, 漁夫が, 激しく調子, 片つ, 自分の, 苦笑いを, 言えり, 話を, 豹一の, 輕蔑の, 鏡の, 鬣に

▼ 通したり~ (23, 1.3%)

4 して

1 [19件] これに, したの, しては, しました, すること, するだけ, その上, なおこの, へばったり, ぼんやり空想, 上を, 地方の, 搗いたり, 燒火箸を, 玉子色の, 皮膚へ, 自分で, 表を, 雨に

▼ 通し~ (15, 0.8%)

1 [15件] からね, からへと, から糊, から誰, がおいら, が中幕, が今, けどね, し冬, そうだ, と答, と訴, な, もの, ものを

▼ 通し駕籠~ (14, 0.8%)

2

1 [12件] でなければ, で伴, で故郷, で極, で江戸, で郷里, にのっ, に乗った, または通し人足, をきばっ, を気張っ, 更けて

▼ 通し~ (13, 0.7%)

6 んだ 2 んです 1 のであった, ので気, のに業, のに気, んでございます

▼ 通し~ (12, 0.7%)

2 して 1 いよいよ甲府, うる男, かけて, した, ば上演した, やって, やるつもり, 凄味たっぷりで, 甲府へ, 頼んで

▼ 通しては~ (10, 0.6%)

1 いけないといふ, くれない, こなかったの, ならないその, ならないという, 引き出して, 引出して, 成らぬで, 見て, 足利党の

▼ 通しだった~ (9, 0.5%)

1 そうです, ため多少, という細君, と言う, のである, ので疲れる, 二十年まえ, 伝六が, 経営者も

▼ 通してから~ (9, 0.5%)

2 右の 1 じっと執拗, でなければ, びっくりした, 後の, 怒るなり, 書棚へ, 次第にざわざわ

▼ 通し~ (8, 0.4%)

1 いたすまいな, しない, しないぞ, しなかつた, せん, 危險だ, 大抵その, 私の

▼ 通し~ (8, 0.4%)

2 の順番, や芝居 1 と酒, は逸早く, もない, をし

▼ 通しそれ~ (6, 0.3%)

1 が済む, に対する態度, をかつい, を前進, を羽二重, を肩

▼ 通しても~ (6, 0.3%)

1 いいん, いずれ関羽, よかった, 変な, 横に, 死んで

▼ 通しちゃ~ (5, 0.3%)

1 いけねえぜ, ご城下口, ならねえ, ならねえぜ, 娘だって

▼ 通しであった~ (5, 0.3%)

1 ある音楽家ら, か宿, がラネフスカヤ, が母国, のが

▼ 通しでは~ (5, 0.3%)

1 あったが, お疲れ, どうにも身体, なかった, 大変です

▼ 通しという~ (5, 0.3%)

1 ことに, ことを, のは, 別名も, 話これは

▼ 通しじゃ~ (4, 0.2%)

1 かなわないだろうと, ございませんか, 大変だろう, 男が

▼ 通しその~ (4, 0.2%)

2 あとから 1 中の, 旨を

▼ 通してでも~ (4, 0.2%)

1 またそう, 多くの, 見せますよ, 見るよう

▼ 通しまた~ (4, 0.2%)

1 そこに, それを, 大なる, 歩きとおしたので

▼ 通しもの~ (4, 0.2%)

1 と猪口, なぞの, に乗っ, を

▼ 通し~ (4, 0.2%)

2 もない 1 が正しき, はさて

▼ 通しあるいは~ (3, 0.2%)

1 教師の, 漢訳の, 直接に

▼ 通しそれから~ (3, 0.2%)

1 大きな取引先, 秋へ, 茶の間へ

▼ 通しです~ (3, 0.2%)

1 からね, よ, わこれぢ

▼ 通しでも~ (3, 0.2%)

1 よいから, 平気な, 平氣

▼ 通し~ (3, 0.2%)

2 がれ 1 もういい

▼ 通し~ (3, 0.2%)

1 ても諾威, に付き, べし御

▼ 通し~ (3, 0.2%)

1 がある, の壁側, の壁際

▼ 通し~ (2, 0.1%)

2 屋敷の

▼ 通し~ (2, 0.1%)

1 つき統制, 有益である

▼ 通しこの~ (2, 0.1%)

1 歴史の, 輪に

▼ 通しこれ~ (2, 0.1%)

1 が自分, を鋭敏

▼ 通しそして~ (2, 0.1%)

1 興世王だけを, 虱でも

▼ 通し~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 通しであり~ (2, 0.1%)

1 いすから, こう内輪

▼ 通しである~ (2, 0.1%)

1 し時には, と言う

▼ 通しでした~ (2, 0.1%)

1 から香港, ね

▼ 通し~ (2, 0.1%)

1 極めても, 極寒い

▼ 通しながらも~ (2, 0.1%)

1 まさか万一と, 笑ったり

▼ 通しにて~ (2, 0.1%)

1 ありしは, 中幕

▼ 通し~ (2, 0.1%)

1 せずに, せず切り口上

▼ 通しやがて~ (2, 0.1%)

1 使者の, 晩に

▼ 通し切符~ (2, 0.1%)

1 をお, を買っ

▼ 通し初め~ (2, 0.1%)

2

▼ 通し機械~ (2, 0.1%)

2 を売る

▼ 通し申します~ (2, 0.1%)

2

▼ 通し~ (2, 0.1%)

1 を刺す, を膨らせる

▼ 通し自分~ (2, 0.1%)

1 は穴, は食堂

▼1* [205件]

通しあまつさえ臣下の, 通しあんしたがね, 通しいわゆる政治的手腕なる, 通しかごの外科, 通しからかはれ通し, 通しよいは, 通しかさに, 通しさえすれば, 通しさしで手, 通しさて大音に, 通しておく, 通ししかし伝統的な, 通しじゃあ育てっこありゃあしないだろうにねえ, 通しすぐ洋服に, 通しそうして今この, 通しその後どこかの隅, 通しただ用事の, 通したりなんかすること, 通したるにヤマハハ, 通しだつたので天国, 通しだんだん人生に, 通しちや娘だつて, 通しておもふ君, 通してぞおもふ, 通してと惣次郎へ, 通してとはの眠りに, 通しての開帳には, 通してをいて, 通しでございますぜ, 通しでしたろうからお, 通しとうとう船長の, 通しときな, 通しとも称して, 通しどの地方に, 通しながらの高田殿は, 通しながらばさっと大きな, 通しなどしたとき胸, 通しなれば人, 通しについて一コペック出す, 通しになつてゐた, 通しには入つて, 通しほんのりと暗黒, 通しものの豆を, 通しやうはない, 通しやすいように, 通しガラス戸塀を通してかすか, 通しストーブにはたっぷり, 通しミシンを踏ん, 通し一筋の征矢, 通し三日五日と乗りつづける, 通しにも置かぬ, 通し中の口から書院, 通し中庭が見え, 通し二階に引つ込んだ, 通し互いに食い合い睨み合って, 通し井戸の中, 通し人使ひが, 通し人夫に担架, 通し人波を距, 通し人足の請負, 通し人足七百五十人の備え, 通しまでのこと, 通し今日は遠方, 通しは水草, 通し他人を邪魔, 通し候事故國益にも可, 通し傑作は馬, 通しは三浦さん, 通し入るの義らしく, 通し八畳敷ばかりの茶の間, 通し其代り又一び心, 通し具象的な事実, 通し分解されたもの, 通し棒に, 通し加賀宰相家へ売り込むべき, 通し十六荘といふレコード, 通し千八百九十二年以来学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 通し千恵造に賀来子, 通し半蔵の勤めぶり, 通し参議院の委員会, 通し双方の両親たち, 通し召使も遠ざけた, 通し合羽の着こなし, 通し同時に物体内を, 通し名ばかりは天鵞絨, 通しが私, 通し呼吸をガラス, 通し品川から駕籠, 通し唐紙障子も足らぬ, 通し四人の使丁, 通し四時半頃でチョン, 通し四枚とも宵, 通し夕暮五時頃より翌朝六七時, 通しに定, 通しは末, 通し夜中に鳴かせ, 通し夜業をし, 通し大器晩成するもの, 通し大奥づとめを拒ぞけ, 通しなれば, 通し女房はすぐ, 通し妊娠の一件, 通し客観的な正しい, 通し室一杯に流れ込ん, 通し家族に於い, 通しの水一升塩一合, 通し将棋をし, 通し将棋なぞは昔, 通し小紋の羽おり, 通し屋根が低い, 通し岩石の心臓, 通しを解い, 通し帳つけをし, 通し幾人かの親友, 通し度いからという, 通しに面会, 通し後ろの両手, 通しを貫いた, 通し必要なもの, 通し思う存分の享楽, 通し悩み通したの, 通し悲鳴を擧げ通し, 通し戦争中も永遠, 通し所々を案内, 通し抜け裏通行御免天下晴れての, 通し拝借という顔つき, 通しで彼, 通し支配人がもてなし, 通し調子が, 通し数年ぶりに放免, 通し数年後東京へまい戻っ, 通しまで無意識, 通し日光写真白髪染め奥州名物孫太郎虫迷子札銭亀金魚二十日鼠豆板しょうが飴なめて, 通しは新刊書, 通し時には暴力を以て, 通しく現われた, 通し最後に庭, 通し東西を盡, 通しになった, 通しに果たす, 通し殊に最近二三年は, 通しの働, 通し氷雪の鍛練, 通し汽車で二時間半, 通し泥だらけの洋服, 通し流しのところ, 通しを勇, 通し湖水を渡り, 通しとなっ, 通し源右衛門をし, 通し溝泥のごとき, 通し火鉢を引き寄せ, 通し無言で深く, 通しが学校, 通し片方の手, 通し玩弄されてばかり, 通し申してと言い棄て, 通し申しましょうか, 通し申しませうか, 通し目録と解題, 通し知性どこで生き, 通し硝子戸を透し, 通しと言, 通し碁通し将棋なぞは昔, 通し祖國の歴史, 通し神戸を発っ, 通し筆者の付属, 通しを松杉, 通し約束賃銀にかけかまい, 通し美音朗々たる追分節, 通しが黒く, 通しを商, 通し芝居の初日, 通し苅屋原の里, 通し苗代の風習, 通し茶煙草盆を出し, 通し茶菓を備え, 通しを出そう, 通し落掛のすぐ, 通しが水, 通し蟹坂を突破, 通しまで響い, 通しを通して木部, 通しを着け, 通しの半, 通し襦袢を通し, 通し西の方, 通し調べもした, 通し貫いてわたくし, 通しで飛ばす, 通し辿った方が, 通し近き故転訛有之, 通し進物を呈上, 通し運転用手袋をはき, 通し酒飯の馳走, 通しをかけ, 通し鎌倉の指令, 通し雇人にも一切女ッ気, 通しが積む, 通し電線あたかも蛛網, 通しにかけさせ, 通しでいる, 通しとして立ち去った, 通し高座へ上がる, 通し黄色い声で