青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「論じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

調べ~ ~調和 調和~ ~調子 調子~ ~調査 調査~ 談~ 談話~ 論~
論じ~
~論文 論文~ ~論理 論理~ 諦め~ ~諸君 諸君~ 諸国~ ~謂 謂~

「論じ~」 1039, 11ppm, 10029位

▼ 論じ~ (632, 60.8%)

68 いる 37 ゐる 23 いるの 13 いた 11 ゐるの 10 いるが 8 ある, 居ります, 曰く 7 ゐた, 居る 6 おいた 5 いるよう, みたいと 4 いたが, いること, ゐるが 3 あるが, いたよう, いるうち, いると, いるに, みたところ, みても, みよう, みると, 見たいと

2 [33件] あった, あるより, あるん, いたところ, いたん, いました, いますが, いるから, いるので, いるもの, いるらしかった, いる中, いる人, いる場合, いる限り, いわく, おられるが, くると, こは, そうし, その将来, それが, みたい, みようと, みようという, ゐると, 一たび法の, 併せて, 或は憲法, 敢て, 曰くロバートピールは, 曰く人或は, 次の

1 [308件] あえて倦む, あったり, あった事, あらうと, あります, あるから, あるため, あるだけ, あるもの, あるフリードリヒ大王以前, ある例, あれども, いい, いいもの, いかなければ, いくならば, いたと, いたに, いたの, いたんじゃ, いた中, いた人, いた庶民, いた洋画式, いた稀少, いた際, いて, いても, いない, います, いられた先生, いるあたり, いるかに, いるその, いるつもり, いるとおり, いるね, いるのみ, いるひま, いるも, いるわけ, いるん, いるテーマ, いるロイド眼鏡, いる人々, いる余裕, いる例, いる友達たち, いる問題, いる学者, いる形, いる日本, いる時, いる暇, いる段, いる点, いる特定, いる章句, いる範囲, いる者, いる訳, いる誰それ, いる貨物, いる際, おいたつもり, おかねば, おきたい, おく, おく次第, おったよう, おられる場合, おられる通り, おりましたが, おりまして, かういふ種類, きた, きたが, きたならば, きた如く認識, きびしか, きました, くれたこと, こ, こういう大要, こういった, この問題, これを, さう, すべての, すますわけ, そのよって, その人, その時私, その箇条, その美, それを, たまたま議論, ついには, ついに官裁, とうていできない, どうしてもあの, なお尽くさざる, なく生物学者等, はい, みた, みたいの, みたが, みたに, みようかなどと, みようとお, みる, みるに, みる気, みれば, もらいたいね, やらうと, やるべきこと, ゆくと, よかろう, わが馬, ゐたが, ゐたし, ゐたの, ゐたので, ゐた本, ゐない, ゐます, ゐますが, ゐるあたり, ゐるからと, ゐるし, ゐるであらう, ゐるもの, ゐるらしい, ゐるらしかつ, ゐるらしく其の, ゐる事, ゐる人, ゐる余裕さ, ゐる御, ゐる所, ゐる箇處, アリストテレスの, スタイルズ博士は, スペンサー氏や, ダンテの, ハルトマンが, バトラアにまで, マケドニア歩兵の, 一々其實例, 一挙中原, 一旦拘致したる, 一毫を, 三矢先生が, 世界の, 事物の, 人の, 人間の, 会員の, 佐幕の, 余すところ, 作陽志から, 來た, 優劣などを, 入会を, 入會, 其価値を, 其道は, 判断の, 劇の, 劉備と, 勝たり, 北支那とは, 十六番の, 古神学, 君を, 喋々喃々数千言噛ん, 喪身失命す, 国家と, 多く遺さざりし, 多神教の, 夜の, 夜を, 大得意, 天体の, 実際に, 宮廷の, 将軍家再, 尽きず, 居たこと, 居たの, 居った, 居ったその, 居つたもの, 居らぬが, 居らぬやう, 居られるの, 居りますが, 居るから, 居るが, 居るけれども, 居るそれ, 居るそれで, 居るの, 居るのに, 居るもの, 居るやう, 居るよう, 居る人, 居る人々, 居る成, 居る所, 居る時, 居る母親, 居る進化論, 平易な, 彼の, 従来の, 徹夜しちまった, 心理を, 悟らざること, 憲政党に, 憲政黨に, 懐疑主義は, 拠るべからざるもの, 排斥の, 政治変革の, 故森有礼氏, 文学の, 新しき神話学, 日本人は, 是ほどの, 是非を, 普魯西學士會院の, 暮すよう, 曰くかくの, 曰くレンブラントルウベンスまた, 曰く今日わが, 曰く近年学術の, 曰病既に, 最後に, 机上に, 来た, 来たら大分暇, 来た訣, 来時, 東走, 極端に, 橘ノ, 欧米の, 歌川豊春北尾政美より, 此に, 氣を, 江邊不繋の, 法師と, 流行後たちまち, 然る, 狂暴なる, 生時に, 留任運動の, 病人とは, 盡さざる, 真剣に, 真理が, 真相は, 社会科学的な, 神話の, 私共が, 秩序的進歩を, 置いたところ, 置きました, 而し, 聞かせました, 自らを, 自然科学が, 茲に, 菓子の, 薦蓆を, 行かなければ, 行くうち, 行くと, 行くには, 行く方, 行こう, 見たいの, 見たらしい, 見ようと, 見る, 見ること, 見ると, 見るに, 見れば, 親友の, 言う, 言って, 訴うべし, 詩人が, 詩歌の, 詩画は, 読者から, 載せたの, 追, 遠慮に, 遣候事, 選択的の, 酒を, 長き叙述, 高級精霊信仰に

▼ 論じたり~ (39, 3.8%)

3 して 2 した, するの

1 [32件] したが, したこと, しながら, する, するには, する人, する場合, する日常, その他恋愛観なぞを, その社会, やらして, より以上, ギリシヤの, セザンヌの, 儒教に, 凶器を, 又その, 古今の, 叫んだり, 喚いたり, 国事を, 彼の, 技の, 曲線へ, 真杉静枝を, 科学的精神を, 笑いの, 進んでは, 運命を, 電蓄で, 風景を, 馬鈴薯の

▼ 論じても~ (27, 2.6%)

1 [27件] いいぞと, この生きた, その精粗, その辺, わかる, 一度議政壇上, 一概に意地, 一汎読者には, 了え, 仕かた, 仕様が, 何程疾病が, 全く人, 到底百億年, 前者は, 大いに注意, 奥歯に, 実際の, 將た, 彼是と, 意味が, 書體から, 當時西洋文明の, 税の, 道を, 非難すべき, 駄目だ

▼ 論じ~ (13, 1.3%)

3 つたり 2 つた, つて, ふの 1 つたが, はう, ひました, ふ時

▼ 論じては~ (12, 1.2%)

1 [12件] あるいは見当ちがい, いけない, いないが, いまだ充分, きたが, ならないこと, ならないと, ゐないから, ゐられない, カントが, 創作衝動に, 文は

▼ 論じその~ (9, 0.9%)

1 上で, 中に, 作品が, 優劣を, 夫人たちは, 廃止を, 技芸の, 本質を, 議論を

▼ 論じながら~ (9, 0.9%)

1 その水, そんなに執着, ロウマにおける, 人通りの, 彼の, 更にプルウスト, 美の, 計らずも, 隣の

▼ 論じまた~ (8, 0.8%)

1 おろかなる, 他の, 国家社会の, 常に論じ, 教えうるには, 普通の, 補助奨励と, 近世の

▼ 論じつつ~ (7, 0.7%)

2 あり 1 あるは, ある交換価値, その論調, プラトンは, 作られた品

▼ 論じ或は~ (6, 0.6%)

2 地方を, 自ら貴族院の 1 又甲主義乙傾向, 無意識を

▼ 論じ~ (5, 0.5%)

2 のやう 1 ではありません, をし, をした

▼ 論じ~ (5, 0.5%)

1 がこの, が今, は音楽, も聊か, をとらえ

▼ 論じそれから~ (4, 0.4%)

1 何處が, 北宋の, 推論し, 霊魂は

▼ 論じ~ (4, 0.4%)

3 れば 1 つたやう

▼ 論じ來つた所~ (4, 0.4%)

1 によつて, によつて吾, によりて推す, によれ

▼ 論じ~ (4, 0.4%)

1 七略の, 後藤庄次郎が, 我國を, 焦

▼ 論じがたく~ (3, 0.3%)

2 人間として 1 しかも一葉

▼ 論じこれ~ (3, 0.3%)

1 もまた, を互著, を製し

▼ 論じてを~ (3, 0.3%)

1 くこと, られたが, られること

▼ 論じ合つて~ (3, 0.3%)

1 ゐた, ゐた連中, ゐる

▼ 論じ更に~ (3, 0.3%)

1 クリトーンに, 人間の, 液体を

▼ 論じ難い~ (3, 0.3%)

1 國である, 点が, 點が

▼ 論じあつ~ (2, 0.2%)

2

▼ 論じかく~ (2, 0.2%)

1 ていかなる, て相

▼ 論じきたる~ (2, 0.2%)

2 ときは

▼ 論じそして~ (2, 0.2%)

1 全力を, 提議し

▼ 論じてから~ (2, 0.2%)

1 言って, 間もなく仏国

▼ 論じてもを~ (2, 0.2%)

2 かしくない

▼ 論じやう~ (2, 0.2%)

1 だん, とも柳

▼ 論じ~ (2, 0.2%)

2 は村田清風

▼ 論じ且つ~ (2, 0.2%)

1 自ら進ん, 論ず

▼ 論じ世界聯邦論~ (2, 0.2%)

2 を唱え

▼ 論じ~ (2, 0.2%)

2 の一方

▼ 論じ天皇~ (2, 0.2%)

1 の権力主義, の行為

▼ 論じ家庭新聞~ (2, 0.2%)

2 を作つて

▼ 論じ時に~ (2, 0.2%)

1 ジャンプ, 艶めかしき

▼ 論じ槐多~ (2, 0.2%)

2 の詩

▼ 論じ痛歎~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 論じ~ (2, 0.2%)

1 三章製茶法を, 二章製茶の

▼ 論じ自然~ (2, 0.2%)

1 を語つた, を説い

▼ 論じ~ (2, 0.2%)

1 を論じ, を論ぜし

▼ 論じ鄭樵~ (2, 0.2%)

1 が書籍, が漢書藝文志

▼1* [193件]

論じあしび説を支持, 論じあたかも政府の, 論じある出来事が, 論じいずれの国, 論じいまだかつて桓霊に, 論じかたをはじめ, 論じかつ労働の, 論じがたいところだらう, 論じことに独立の, 論じうして, 論じさらに今日の, 論じすでに仏教にては, 論じせつかちに, 論じその他の孔門, 論じそれを大井広介, 論じたまたま生命の, 論じついでに蛇, 論じついに終りに, 論じつぎに学者, 論じていう女という, 論じてやがるぞと, 論じ来たの, 論じには行けるが, 論じしなかったであろう, 論じはじめだすに, 論じせず出来なければ, 論じもとは梵本, 論じものを形容, 論じようではないです, 論じよく怒りよく, 論じわたくしを以て紅葉先生, 論じジョミニーの為した如く, 論じストリンドベルグを語り, 論じダントンやサン・ジュスト, 論じチエホフの手法, 論じディーテ城門の内, 論じヒューマニズムの鍵, 論じヘリコプテルや垂直スクリュー, 論じベルグソニスムを論じ, 論じマラルメの散文詩, 論じ一国の食物, 論じ一日爆弾に賭ける, 論じ一知識人の日記, 論じ一般民衆も世相, 論じ三蔵の行為, 論じ行うの, 論じを議する, 論じ中正の理論, 論じ二人の皇后, 論じ二時間ほど喋りつづけ, 論じ人情を説く, 論じ人物を評し, 論じ人類はまず, 論じ仏国近世の抒情詩, 論じ仏蘭西の衰頽, 論じ他人の身, 論じて陛下, 論じ位階を以て論じ, 論じ作家林を核心, 論じ來つた諸段階, 論じ來つたエロースより區別, 論じ來つた通りであるから, 論じ來らば或は, 論じ俳優稼業の卑, 論じ個人主義世界主義を唱, 論じ候得バ今まで御無音申上候, 論じ候所此頃ハ病気なりとて, 論じ光量子は微粒子, 論じ公法をてらし, 論じ其ために専門, 論じ其の本の, 論じ其傳説の小説, 論じ内務省の牛乳取締令, 論じ初めたりした, 論じ劇団の経営, 論じ又は誤りをも, 論じ合つたばかりの問題, 論じ合つた二十年前を覚え, 論じ同日二条殿に論じ, 論じ同時にまた刑罰, 論じが目録, 論じ吾邦の對清對露, 論じを論じ, 論じ商売の法, 論じ善き経綸を, 論じ善く味は, 論じ国家の安危, 論じ国政は君民共治, 論じの厚, 論じ地方官会議の設置, 論じ執筆すること, 論じ多島海人が往昔航海術, 論じ天竜峡のこと, 論じ婦人参政権運動の市川房枝女史, 論じ孔明を是々非々, 論じ孟子が告子, 論じ学位を以て論ずる, 論じ學問の目的, 論じを出, 論じを最も, 論じ少年の根源的, 論じ序でに国策, 論じの方, 論じ張仲景の一書, 論じ当局をせめる, 論じ得失を論じた如く, 論じ徹頭徹尾女を, 論じの能力, 論じ忠臣蔵の芝居, 論じ忽ち女郎の, 論じを論じ, 論じを酌量, 論じ成立ちを論じ, 論じ我国を愛する, 論じ押えどころなき学問, 論じ提調先生昂然として自ら蕭何, 論じ放庵の人間味, 論じ政治を談, 論じ教育を論じ, 論じ教育上の問題, 論じ敢然として学界, 論じ文学を論じ, 論じ文明を論じ, 論じ文芸を論じ, 論じ日本の文字, 論じ日本服の美的価値, 論じ明した一夜, 論じ星大井の諸氏, 論じ時雲を語りあい, 論じから晩, 論じを傾け, 論じ東京人の贅沢, 論じ枝葉をあげつらい, 論じ棒頭上に機宜, 論じ次いで検事の, 論じ次に当時の, 論じ歌壇に対する功罪, 論じにより, 論じ武士道を論じ, 論じを存在, 論じ殊に現代の, 論じ比較研究し無遠慮, 論じ民族性を論じ, 論じ気持よくレヴィウ, 論じ海軍の飛行技術, 論じ淨火の罪, 論じ満場の喝采, 論じ源流を正し, 論じ演出家の著作権, 論じ現代の社会, 論じ理想的分業制にまで論歩, 論じ理窟をいっ, 論じ生活を説き, 論じ甲賀技師は工業, 論じ申度との御, 論じ畢んぬ, 論じされた所, 論じ短歌史上の位置, 論じ硯友社の傾向, 論じ社会において発生, 論じ社會を諷し, 論じ社稷百年の計, 論じの愛, 論じ福沢諭吉氏が西洋事情世界国尽し, 論じ科学者の任務, 論じ米国人はワシントンその他何れ, 論じ純粋文芸の必要, 論じへる, 論じ終にいわゆる内閣分離, 論じ経釈の文, 論じ絶望せず屈せず生活, 論じを探求, 論じ美人を語り, 論じ職業を論じ, 論じ自ら常識の地獄, 論じ自分の生活, 論じ自由を論ずる, 論じ航海の事務, 論じ芸術家をより, 論じ萬葉を論じ, 論じの現状, 論じ蝋燭を二本, 論じ蝦夷名義考においても国栖, 論じ行動する女, 論じ要するにもっぱら英国の, 論じ言語学派の欠点, 論じ詰めたること, 論じ諷刺を好み, 論じ友の, 論じ難く人間として, 論じ義の, 論じを説く, 論じを評し