青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「通う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

途中~ 途方~ 途端~ 這~ ~這入っ 這入っ~ ~這入る 這入る~ ~通 通~
通う~
~通し 通し~ ~通じ 通じ~ ~通ずる 通ずる~ ~通っ 通っ~ ~通った 通った~

「通う~」 1021, 11ppm, 9817位

▼ 通うよう~ (97, 9.5%)

33 になった 19 になっ 6 になりました 5 になり 4 になる 3 に成っ 2 にその

1 [25件] だった, である, でわたくし, なふう, な人, な愚か, な箇所, な者, な苦しい, な馬鹿気, に, にし, にする, にでき, にとそっと, になったら, になってる, になつ, になるだろう, には出来ない, にホテル, に一二度揮, に成った, に成りました, に撫

▼ 通う~ (80, 7.8%)

5 であった 3 である 2 だ, だそう, であります, であるから, は大変

1 [62件] かと不審, かと思っ, かも知れない, か自分, か訳, がふ, が何より, が厭, が困難, が大変, が少し, が指, が日課, が普通, が波打っ, が縁, が苦痛, が辛い, だが, だった, だと, だなどと, であったから, であるが, であろうと, でしょうか, ですから, なら林町, にはまだ, にはアトリエ, には近く, にもそう, にも出逢った, にも都合, はいい, はいくら, はこの, はそういう, はなん, はめんどうくさい, は人力車, は危険, は女給仕人, は山, は彼, は昔, は神, も億劫, も太七, も辛く, やらわからなかった, をあまり, をとめる, をやめ, を二人, を利用, を幸, を引, を怠らない, を止め, を毎日, を知っ

▼ 通うこと~ (72, 7.1%)

10 になった 5 にした 4 にし 2 ができる, になっ, になりました, もある, も出来る, を怠らなかった, を日課, を禁じ

1 [37件] が出来ない, が多く, が彼ら, だっておかしく, でした, とした, となった, となり, なども今, にきめた, にしまし, にしました, にすれ, になったらしい, に成った, に相談, の方, はどうも, は一書生, は出来なくなった, は時間, は止そう, は稀, は見, もあれ, もあろう, もさして, もできず, も出来ず, も出来なくなった, も祈る, も途絶え, も道阿弥その他側近, を休ん, を妾, を廃, を非常

▼ 通う~ (55, 5.4%)

3 いた, いる 2 いたの, ゐた, 居ましたが, 来る時

1 [41件] あれだけの, いた実状, いた時代, いた話, いること, いるの, いるらしい十七, いる二十歳, おります, おるが, くるでは, くる風, つれづれ草, まいるが, みたい, ゐて, ゐる, ゐるおも, ゐると, ゐるもう一度, ゐる山, チベット語を, 三十石に, 二十の, 他の, 其位牌堂に, 基督教を, 居らずそれで, 居る, 居るが, 来たと, 来た犬, 来ない積り, 来る聴くま, 父母の, 羇旅の, 若き日, 行くので, 行てた, 辷つたり, 逢う女

▼ 通うもの~ (29, 2.8%)

3 がある 2 があった, である

1 [22件] かとひとり, か如何, か朝, があり, があれ, が一村, が乏しく, が出来上った, が多い, が多かっ, だった, であって, でしたなら通っても, では, という観念, のない深い, はない, はまた, もあった, もある, を感じ, を感じた

▼ 通う~ (23, 2.3%)

1 [23件] いい狩野芳崖, いうより, いわるるいわゆる, こう云う, すると, 云うこと, 云うの, 信じられて, 共に家, 同時に食料, 小窓, 少し飽き飽きし, 思われて, 次第に烈しく, 空には, 見えて, 見えましたが, 見えるから, 言えば, 言ったごとく従来誰, 言ったところ, 言っても, 道で

▼ 通うという~ (22, 2.2%)

6 ことは 2 ような

1 [14件] ことこそ, ことじゃが, ことだった, ことに, ことにも, ことも, ことを, ような擽, わけにも, 労力が, 噂立ち, 寸法じゃ, 手ぬるい方法, 近在の

▼ 通うのに~ (18, 1.8%)

1 [18件] いまの, この院線, この静, ずいぶん大変, とても麻布, ひとの, オオヴァ・コオトを, ベルリン市の, 一々山の手, 不便な, 京町一丁目の, 例の, 木曾の, 汽車へ, 私の, 足場が, 雨降りの, 電車に

▼ 通う~ (15, 1.5%)

2 に当っ

1 [13件] がある, だった, だろう, とよく, と入口, なの, にある, には皆一人, の側, はただ, はない, をぶらぶら, を探さなけれ

▼ 通う~ (13, 1.3%)

1 [13件] あり車, であった, であるに, でまた, とは藪一つ, なの, なん, はおよそ, はこのごろ県道, は吹きさらし, は断ち消え, は柿, は美しゅう

▼ 通う~ (12, 1.2%)

1 [12件] があります, が大, さえある, であったが, で西町, といろいろ, に覗かれない, の最も, の気, は少く, は珍, も少く

▼ 通う~ (10, 1.0%)

1 から友達, から雑沓, でもそこで, にはもう, の来た, の高, はそこで, は半日一晩, は変名, は池

▼ 通ううち~ (9, 0.9%)

1 お連れ, には朝, にわし, に主, に消滅, に私, に身, に長崎, もはや蟹江

▼ 通うところ~ (9, 0.9%)

4 がある 1 には古い, に学生生活, に小さな, は廻廊風, までぶった切っ

▼ 通う廊下~ (8, 0.8%)

2 のところ 1 つづきには, に俯伏, の屋根, の板, をしきりに, を行く

▼ 通うので~ (7, 0.7%)

1 これを, ござんす帝様, まとまった仕事, 同僚達が, 君と, 四十円で, 殊に念

▼ 通う時分~ (7, 0.7%)

2 よく町 1 から鈴木, その頃, にゃア一晩, にネ草, は前橋

▼ 通うたり~ (6, 0.6%)

4 して 1 する若人, 和蘭通詞の

▼ 通う~ (6, 0.6%)

1 が最も, だの一条朝成, にした, になりまし, になりました, を知り

▼ 通う千鳥~ (6, 0.6%)

2 の恋, の淡路島 1 のなく, の幾夜

▼ 通う学校~ (6, 0.6%)

1 であった, でも一週間, などもむこう, ならば, に云い知れぬ, も見たく

▼ 通うには~ (5, 0.5%)

1 この頃, なおさら昼食, 便利が, 別に近道, 蔵の

▼ 通う街道~ (5, 0.5%)

1 が見えた, で此処, には畠, はそこ, を一散

▼ 通う途中~ (5, 0.5%)

1 でだいぶ, にでもあり, に待受け連れ出したる, のやや, をそのまま

▼ 通う~ (4, 0.4%)

1 二人であったでしょう, 今の, 友達を, 雪と

▼ 通うころ~ (4, 0.4%)

1 に和尚さん, より実, よんだという, 読んだという

▼ 通うため~ (4, 0.4%)

1 か藻, だった, に祖母, の一筋

▼ 通う~ (4, 0.4%)

1 ちがいない, 女の, 田舎武士は, 鶏が

▼ 通うにも~ (4, 0.4%)

1 かかわらずじりじり, その杖, わりに便利, 輝雄ちゃんが

▼ 通う~ (4, 0.4%)

1 だが, だと, だね, だ幸子さん

▼ 通う人間~ (4, 0.4%)

1 であった, である, にし, に逢う

▼ 通う~ (4, 0.4%)

1 といっ, としも見えざりき, の女, を押えれ

▼ 通う~ (4, 0.4%)

2 に丸亀 1 に何度, に廊下

▼ 通う~ (4, 0.4%)

1 の一家, はない, はなおさら, を卑怯者

▼ 通う~ (4, 0.4%)

2 の心づかい 1 だけ刀, は一行

▼ 通う~ (4, 0.4%)

1 になります, になる, には大きな, は新聞

▼ 通うくらい~ (3, 0.3%)

1 で今年, なもの, 気の

▼ 通うだけの~ (3, 0.3%)

1 盲目にも, 路を, 隙が

▼ 通うては~ (3, 0.3%)

1 いないであろうか, ゐるけれど, 諸々の

▼ 通うばかり~ (3, 0.3%)

1 で, で道路, 時に腕

▼ 通う一人~ (3, 0.3%)

1 につけ, の少女, は津

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 の子息, の細道, の金

▼ 通う多く~ (3, 0.3%)

2 の画学生達 1 の婦人連

▼ 通う子供達~ (3, 0.3%)

1 の態度, の母, は外国風

▼ 通う学生~ (3, 0.3%)

1 あったらおかしい, のあいだ, の二三人

▼ 通う小学校~ (3, 0.3%)

1 の続き, までは一町, も休

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 の一つ, の方向, らしい

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 です, になっ, になった

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 になった, になり, になれません

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 はありません, は曳舟, もある

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 が旅客, の上, を砕い

▼ 通う道路~ (3, 0.3%)

1 くらいな, であって, 添いに

▼ 通う電車~ (3, 0.3%)

1 の道すがら, の響, は今

▼ 通う~ (3, 0.3%)

1 に冷やされ, の響き, も涼しき

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 何ぞの, 通わないか

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 ごとくに, 左側に

▼ 通うそう~ (2, 0.2%)

1 である, 遠廻りに

▼ 通うたび~ (2, 0.2%)

1 にも常に, に蔵六

▼ 通うても~ (2, 0.2%)

2 駒が

▼ 通うはず~ (2, 0.2%)

2 だと

▼ 通うほどの~ (2, 0.2%)

1 少年であった, 距離しか

▼ 通うより~ (2, 0.2%)

1 仕方が, 庚申の

▼ 通う人々~ (2, 0.2%)

1 の提灯, の眼

▼ 通う人達~ (2, 0.2%)

1 が会釈, の通路

▼ 通う余裕~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, はない

▼ 通う同じ~ (2, 0.2%)

1 日取りの, 骨肉の

▼ 通う塩浜~ (2, 0.2%)

1 のある, の持ち主

▼ 通う大川~ (2, 0.2%)

1 の橋一つ, の浪音

▼ 通う姿~ (2, 0.2%)

1 は誰, は迫り視るべから

▼ 通う子供~ (2, 0.2%)

1 の時分, を持った

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 は山, を拾う

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 供が, 馬車に

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 ならば, の姿

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 の路, へも下り

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 である, を高瀬川

▼ 通う広い~ (2, 0.2%)

1 往来を, 畑の

▼ 通う往来~ (2, 0.2%)

1 の上, はさっき

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 が締切られ, は開かれ

▼ 通う戸口~ (2, 0.2%)

1 だろう, の前

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 が来, も多かっ

▼ 通う時間~ (2, 0.2%)

1 が惜しい, について考え

▼ 通う梯子段~ (2, 0.2%)

1 の下, を昇っ

▼ 通う~ (2, 0.2%)

2 の方

▼ 通う田圃~ (2, 0.2%)

1 の中, の間

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 が女, は帰っ

▼ 通う神秘~ (2, 0.2%)

2 の暗示

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 の少年, も握り合った

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 がある, もなかっ

▼ 通う細廊下~ (2, 0.2%)

1 からずっと, へ出

▼ 通う若い~ (2, 0.2%)

1 女性たちは, 男女の

▼ 通う蒸気船~ (2, 0.2%)

1 のボボー, の発着所

▼ 通う道筋~ (2, 0.2%)

1 にあたって常泉寺, の物語

▼ 通う階段~ (2, 0.2%)

1 がある, が闇

▼ 通う隙間~ (2, 0.2%)

1 はなく, もない

▼ 通う~ (2, 0.2%)

1 の入った, はしなかった

▼ 通う風の音~ (2, 0.2%)

1 ばかりと心得, もたのしかっ

▼ 通う馬車~ (2, 0.2%)

1 がおり, であった

▼1* [308件]

通うあいだの長き, 通うある病院を, 通ういたって手筋が, 通ううち今までの生意気, 通ううち臆病な人, 通うおなじ年頃の, 通うおまんも, 通うおんながただ一人, 通うお客は見事, 通うかすかないびき, 通うかたわらほんの腰掛け, 通うかも知れぬと, 通うからだろう, 通うからにはそこで, 通うきょうこの頃, 通うぐらいの馬鹿さ加減は, 通うこと五日六日もう佳かろ, 通うこと数度およそ旅先, 通うこと縷よりわずか, 通うこの頃の, 通うころ学校の近く, 通うごとに御簾, 通うその学校は, 通うため仕度をし, 通うだけでいい, 通うだけでも可成, 通うてをるもの, 通うとき杜は一度, 通うとして余り頼りない, 通うとしても露骨に, 通うとらすけんよか, 通うなりあのお, 通うなんてい, 通うのみで別に, 通うの不便を避け, 通うばかりにせまい, 通うほかには滅多, 通うほどほかの, 通うまでは独学時代であったろう, 通うよりは人目が, 通うらん文見ぬさき, 通うわが血潮は, 通う験証せる, 通うウネウネと長い, 通うガタ馬車のあった, 通うセバットの鉄橋, 通うて噂, 通うドアに近づいた, 通うバスが出る, 通うバス代と別に, 通うピークハンティングはわれわれ, 通うムリロの名画, 通う一室に会合, 通う一葉一葉の水流, 通う三つの戸口, 通う三ツ角へ出た, 通う三尺間を仕切っ, 通うに染, 通う下男の佐吉, 通う不思議な友, 通う世界はたちまち, 通うを漕ぎ帰っ, 通う中学一年の私, 通う中学生の群れ, 通う乗合舟がある, 通う乗合馬車が泥濘, 通う乳母にも鳥打帽子, 通う二階の窓, 通う亭主より一歩, 通う人力車の中, 通う人影もとんと, 通う人足も絶えた, 通う今日よりも徳本, 通う仲買店であった, 通うのお客, 通う便利な世, 通う便船でそうした, 通うの留守居, 通う倉地の足, 通う僅かばかりの空地, 通う光線は幽か, 通う入り口もそこ, 通うに頼り, 通う内腹に草, 通う冷風が肌, 通うで十畳敷, 通う出口が一つ, 通う分岐道があるだろう, 通う制服姿の私, 通う前人未発の見事, 通う前後の行動, 通う動物のごとく暮し, 通う勤番の子弟, 通う勤番者のやから, 通う十三歳の少女, 通う十八歳くらいの少女, 通う博士の厚意, 通う取り次ぎの女房, 通うらしい, 通う成広い, 通う可能性の青年, 通う名古屋まで行っ, 通う向うの廊下, 通う唯一の交通路, 通う商船漂着し修理, 通う国セヂの豊か, 通う国道はマッカリヌプリ, 通うの途中, 通う場所を作っ, 通うは極め, 通う夜道の危な, 通う夢路は京, 通う道路を, 通う大通りへ曲らん, 通う天上の町, 通う夫婦者の職工, 通う女学校を参観, 通う女学生の風俗, 通う女工のよう, 通う奴ア馬鹿よ帯, 通う奴馬鹿よ, 通うが一人, 通うを呼び止め, 通う子供たちにはさすが, 通う子供三人が円陣, 通う子供等を送り出した, 通う学者の玉子, 通う学資を得る, 通うが多く, 通う小さい弟, 通う小さな汚い乗合, 通う小径である, 通う小路の見すぼらし, 通う小門があった, 通う屋根廊下には旧家, 通う山境鳥首峠が遙, 通う山女魚特有の濃淡, 通う山道の分かれる, 通う岡崎から吉水, 通うの奥, 通うであり同時に, 通う島地であったの, 通うほどの径, 通う帳場の傍, 通う平坦な道路, 通う店頭の庭, 通うの小径, 通う引戸を押し, 通う役所から四時過ぎ, 通う往き来のどちら, 通う後藤三右衛門の倅三, 通う微風のよう, 通うばかりである, 通う美しい貞女, 通う患者なんぞであった, 通うるもの, 通う扉口を出よう, 通う手伝いをたのん, 通うに青白い, 通う抜け穴のよう, 通う放射能はプラス, 通うも頻りであった, 通う新しい細胞を, 通う新開の道路, 通うが楽, 通う方法を警戒, 通うの神, 通うの下, 通うの脈, 通う春雨の音, 通う時ア困りましたよ, 通う時分小川の掻い掘り, 通う時刻がくる, 通うをこしらえた, 通う暗い廊を, 通う曳船が重く, 通う書生のまえ, 通う木戸をあけた, 通う街道である, 通う本質的関係あること, 通う本馬五十五文軽尻三十六文, 通うの道, 通う村童がわいわい, 通う松本の船渡し, 通う板廊下の正面, 通う柳橋ではなく, 通う格太郎のす, 通うと梢, 通う梯子は二十いくつ, 通う横丁から駕籠, 通う横浜から帰, 通う橋廊下のうえ, 通う機会のなくなった, 通う機織の女工, 通うと娘, 通う毎日毎日見て, 通う気分だという, 通う洞穴の口, 通う浜街道は此山, 通う涼しさが, 通う渡しと共に廃止, 通う渡し舟も見える, 通う渡船は四五人, 通う湖畔の雑草, 通う源氏であった, 通う溝際の家, 通う為めには何ん, 通う無数の交易船, 通うが其処此処, 通う物売りなどは疾く, 通う物揚場の石段, 通う狭い空地も, 通う猪牙の音, 通う猪鹿の息つぎ, 通う生徒などはもちろん, 通う男女学生で一ぱい, 通う男女生徒の服装, 通うの間, 通うじゃありません, 通うは止まなかった, 通う百姓の姿, 通う省線電車もナオミ, 通う県道には薄暮, 通う真中と来たら, 通う真心ほんの一日, 通う石甃を一面, 通う研究所あたりまでも吹き回し, 通う社交界の常連, 通うの話, 通う神経は腐っ, 通う秋風ほどもたびたび, 通う秘密の道, 通う穴道の雑人, 通う空地は台所, 通う空気はこの, 通うであること, 通う範囲内に置いた, 通う米人たちのドライヴ・ウエー, 通う振が, 通う細い坂道岡の, 通う細道をへだて, 通う細道一つへだてて, 通う綾麿の足, 通う縁側で自分, 通うの自動車, 通う習慣をくりかえし, 通う訓導は, 通う職人達の便宜, 通う脈管となる, 通う自分をあさましい, 通う自動車の行列, 通う自由がありません, 通うなお住居, 通う若たちの心任せ, 通う若者があらわれ, 通う苦学生なん, 通う荷馬車が通る, 通う薄暗い板敷きの, 通う薫香の香, 通う藤懸の下, 通うの呼吸, 通うの一縷, 通う血管が収縮, 通う行商を見る, 通う証拠にはいずれ, 通う詠歎の助詞, 通う谷あいの径, 通う貨物船の水夫, 通う赤い道は, 通う赤馬車と大川筋, 通うの歌, 通う路すがらの田, 通う路上で赤とんぼ, 通う路地には栞代り, 通う路次を境, 通うでありながら, 通うの音, 通う農夫等も寒, 通う近所の子供等, 通う近道でもある, 通う途中妾は常に, 通う途中少女雑誌を持っ, 通う途中湯島切通しの坂, 通う通路を断つ, 通う遊客の馬子, 通う道理はねえ, 通う道程も四分の一位, 通う遣戸が一枚, 通う野菜畑と桑畑, 通う野路である, 通う野道である, 通う鉄道の橋, 通う限りとかいう様, 通う隠し戸を開け, 通う電気第三, 通う電車通り空はドンヨリ, 通う静かな裏道, 通う音並木街を往復, 通う音楽であったから, 通う音色を私, 通う風流士もある, 通う風習というもの, 通う飛脚の荷車, 通う騒ぎで姉ちゃん, 通う高みであった, 通う高架線の北側, 通う鹿笛の音, 通う黒吉の前