青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「通~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~途中 途中~ 途方~ 途端~ 這~ ~這入っ 這入っ~ ~這入る 這入る~ ~通
通~
通う~ ~通し 通し~ ~通じ 通じ~ ~通ずる 通ずる~ ~通っ 通っ~ ~通った

「通~」 9603, 104ppm, 1038位

▼ 通~ (1621, 16.9%)

159 手紙を 51 手紙が 42 封書を 27 書面を 21 電報を 13 手紙は 12 すがた, 電報が 11 手紙の, 書を 10 書付を 9 ような 8 封書が, 手紙に, 方へ, 書状が 7 文を, 方は 6 手紙で, 手紙と, 書簡を 5 姿を, 手紙も, 方の, 書置を, 書類を, 顔を

4 [12件] そばへ, 体を, 古手紙を, 密書を, 封筒を, 手を, 手紙であった, 方が, 書状を, 身を, 遺書を, 顔は

3 [23件] お手紙, ことを, ために, 中の, 声は, 封書と, 心は, 心を, 手紙である, 方を, 書面が, 白い顔, 紹介状を, 羽織着, 肩を, 胸は, 胸を, 話に, 話を, 部屋を, 郵便を, 顔が, 首を

2 [98件] あとを, お転婆でございます, ことじゃ, こととて, ことは, つもりでございます, ない山道, ほかに, やや錯乱, 一部分だけが, 乗って, 事で, 事も, 人の, 人物で, 人間で, 今の, 冷たい体, 分厚な, 前に, 前後を, 古建物, 名を, 喫茶店へ, 回状を, 声では, 女中で, 女文字の, 姿が, 封じ文を, 封書の, 少い方, 帯の, 弟で, 後ろから, 御文, 性質を, 意味を, 手は, 手紙, 手紙でした, 手紙とを, 文書の, 文書は, 方から, 書信を, 書状に, 書簡が, 書置が, 書置きを, 書面, 書面の, 末広に, 死骸の, 気持を, 消息を, 灯が, 無名の, 眼に, 眼の, 知人が, 綸旨を, 耳に, 背へ, 背を, 胸にも, 舌は, 茂吉の, 茶店の, 葉書が, 葉書の, 蒸汽船と, 街路に対して, 裏に, 裏附は, 襟が, 西側に, 角で, 角に, 訴状が, 質問書を, 路を, 身も, 返事も, 速達便を, 遺書が, 遺書で, 郎女, 郵便が, 郵便物を, 都亭という, 銭湯に, 間道を, 電報すら, 電報に, 顔に, 骨折では, 鼓を

1 [836件 抜粋] あらぬ声, ある処, ある家, いふこと, いる七宝寺, うしろから, うしろに, うちただ, おそろしい臭い, おびえた眼, お便りを, お客の, お談義へ, からだは, からだへ, こころを, ことから, ことが, ことだ, ことで無い, ことと, ことなら, ことばかりが, ことやら, こと私も, さけびに, しかも押しつけがましい, その蒐集, それを, ため道中の, つもりで, ところが, ないこの, ない処, ない堀端, ない金剛寺坂上, なんたるを, はがきが, はずれに, はたらきも, ひとみは, ひとりである, ほうが, ほうを, もとに, ものとりのけ, わりぐらいで, アパートまで, アメリカ人が, カッフェーに, カッフェーへ, カッフェーを, カフエエには, カフエーに, クーミーを, ゴーストップで, シナ文字の, ジレンマ, チベット文字で, トラックで, ネオンサインに, ハガキによって, プラタナスに, ヘクタ貿易商会は, ラディオや, 一人は, 一古, 一寒村, 一枚も, 一部分である, 上に, 上杉弾正大, 上演脚本は, 上町に, 下を, 下駄の, 両側御覧の, 中でも, 中ほどにて, 中一通, 乞食吟である, 乳母なる, 予言する, 事に, 事わけても, 二枚襲の, 交叉点を, 人々は, 人たちの, 人では, 人に, 人は, 人柄です, 人波を, 人達は, 代りに, 位置に, 体から, 体は, 作品で, 作家クラブへ, 便りが, 信書を, 俤窶れ, 側へ, 傾向と, 働きを, 兄か, 先生や, 先祖は, 全姿, 公卿手紙も, 内に, 内一通は, 内庭に, 再考も, 出入口へ, 刀劍商の, 分疏, 別な, 利が, 到る処, 刻する, 前垂などを, 剛直が, 力を, 努力と, 匂い袋を, 単衣物の, 厚い封書, 厚ぼったい洋封筒, 友人が, 叔父は, 取引に, 口から, 口吻は, 口真似を, 古びた手紙, 古手紙と, 古書, 古本屋で, 古着屋丸八の, 古雑誌屋, 句に, 可也みだれ, 可憐しく, 右側は, 向側へ, 向側を, 吸うもの, 味方に, 呼吸が, 唇お, 商店の, 商舗早く, 問題か, 喉へ, 喧騒は, 嘆願書が, 地に, 塗笠には, 士が, 声である, 声も, 声城太郎の, 外に, 外文の, 外題に, 多いところ, 多くの, 夜景盛夏の, 大きな封筒, 大経師の, 大道が, 奏状を, 奧, 奴で, 姿で, 姿に, 姿には, 姿も, 娘時が, 子息であっ, 字に, 学生だ, 安否ばかり, 完全な, 宮川に, 家から, 家に, 家の, 家へ, 密書でした, 寫眞でも, 封じぶみ, 封ぜし書, 封入書が, 封書, 封書それだけ, 封書とが, 封書は, 封筒がの, 小玉亭に, 少い処密と, 少い裏通, 少ない処, 少ない邸町, 尻は, 履歴書を, 岸田吟香が, 川に, 左膳の, 幻影を, 広い道, 建物を, 建白書を, 弟であった, 弱った魂, 当所に, 影は, 後ろ帯だけが, 御披, 心な, 心の, 心境に, 心行寺に, 悔悟と, 意味で, 意見に, 感状に, 戀文, 我を, 或る, 或一部, 或商店, 扉を, 手で, 手に, 手へ, 手紙がと, 手紙しか, 手紙だった, 手紙などを, 手紙について, 手紙十二月二十六日のと, 手紙様の, 手紙私は, 手紙葉書が, 投書が, 投書を, 拓本は, 持って, 持物らしい, 支持であった, 教理まで, 敵が, 文である, 文士については, 文字を, 文学という, 文書であった, 文書と, 斎藤恒少将に, 方には, 方へとか, 方へも, 方持っ, 旅姿を, 日本畳新聞社へ, 旨味に, 明るい灯, 昼夜銀行の, 景況を, 暁には, 暗合報告を, 書き置き出し, 書だに, 書は, 書付なぞを, 書付も, 書信が, 書信の, 書店福島屋の, 書牘が, 書状でした, 書状手は, 書留が, 書簡と, 書置き様の, 書置であっ, 書翰が, 書面について, 書面都合二通を, 望みを, 木村屋喫茶店へ, 本山荻舟朝日新聞の, 条約草稿を, 来るの, 東裏を, 杵にも, 枕元へ, 枕元まで, 柳の, 棕梠の, 植木屋さんへ, 様子を, 横顔を, 橋の, 檄文を, 次の, 次第ここに, 歩道を, 死骸だけ, 死骸を, 殘した, 殺されたの, 殺された時, 母と, 母親も, 気もちが, 気持ぐらいは, 求人に, 汚い古着屋, 河岸で, 法など, 波多野乾一が, 泣き声を, 活動を, 海軍将校上りが, 淋しい, 漫才小屋の, 澄みきった態度, 烟が, 無い樹林, 無線電信の, 無鉄砲毎, 燈火を以て, 父は, 牛に, 状を, 狭谷, 獻立を, 王, 王と, 生命の, 甲賀三郎邸へ, 男の, 町人や, 疑いへ, 痩せて, 發信人には, 白い手, 白い素足, 白い西洋封筒, 目録は, 直筆で, 眉の, 眸お, 眼には, 眼は, 眼光鋭く深く, 知らない幻覚, 知人に, 神社の, 禍を, 私が, 秘密の, 稀な, 稲畑勝太郎氏が, 竣工を, 竹格子だ, 笑方では, 策を, 純な, 紙に, 紙片を, 細い手, 紹介なる, 紹介状の, 組下であろう, 結び文を, 絵端書が, 絵葉書を, 絶えたリユウ・デユトオ, 絶縁状を, 縫った頭巾, 繁いハイド・パアク・コオナア, 美しい片面, 美と, 羽織を, 者も, 肉体を, 肖像集の, 背後から, 胸に, 胸へ, 自信が, 自殺は, 舗道に, 良人たる, 茂った葉柳, 茶屋で, 茶山の, 茶店へ, 茶店へも, 草屋根の, 蘭訳を, 行き先, 行列に, 表を, 袷ぐらいは, 裏側にあたる, 裏町から, 裏表に, 裏表を, 西洋人は, 西洋封筒の, 見当外れが, 覚え書きを, 覺え, 覺書は, 角封筒と, 言であった, 言なりと, 言説は, 訴え状です, 証文は, 証書とを, 証書を, 評論は, 話によって, 誓約書の, 説が, 説明に, 読者には, 課長で, 論証方法が, 警戒では, 豫言は, 賜邸を, 質問書は, 走り書きを, 足には, 身には, 身の上に, 身ひとまず, 身体を, 軍事郵便が, 輕侮を, 返事が, 返事であった, 返還を, 通たる, 通だけ, 通人が, 通告書を, 速達が, 速達郵便が, 遊戯が, 運動が, 遺書ようの, 遺骸を, 部厚, 部屋が, 郵便で, 郵書と, 都の, 酒場では, 酒場も, 金持の, 鈴木信太郎君に, 長い消息, 長い舗石, 門閥が, 間淵の, 間貸の, 阿母さん, 雄弁よりも, 雑沓を, 電信を, 電報という, 電報は, 青柳で, 非常識に対して, 面影だ, 頬は, 頭が, 頭は, 額を, 顔へ, 顔も, 飛脚を, 養生し, 首の, 駒と, 高村光雲翁の, 髪を, 黄色い封筒, 鼓が, 鼓声が

▼ 通~ (911, 9.5%)

8 ねば 7 して, 彼の, 自分の 5 それを, 眼を, 顔を 4 いって, せたやう, せ文, 急に, 身を 3 すぐに, その時, なければ, 屹と, 牛の

2 [48件] いつまでも, すだけの, するほどの, せ, せたいの, せられて, そういっ, そう聞く, そう言っ, そこへ, そのままに, それに, ない, ないやう, なくな, なくなつ, なんの, ぬその, ぬもの, ぬ遠, はっと思った, また笑った, よけいに, われに, われを, 丁度電車, 七宝寺の, 何も, 例の, 先に, 勿論上野, 唇を, 城太郎の, 彼女の, 後ろから, 懐中から, 手もとふるへ, 手を, 書体で, 次の, 殆ど同時に, 残って, 益々実質, 答えなかった, 解かねば, 言った, 銀座より, 黙って

1 [736件 抜粋] あごで, あすこかと, あの老婆, あるにも, あるもん, あれと, あんまりにぎやか, いかで堪うべき, いくら元の, いそいそと, いったいに, いつか全身で, いつも行き詰まる, いとも切なき, いよいよ焦れ出し, いろいろな, うかと思ふ, うしろから, うつつの, うと, うなずいた, うなずきました, うらめしげ, おかしいほど, おびただしい人出, およそ二十日, おれという, お光, お杉隠居, お蘭, お通, かえってああと, かねて, ぎくと, ぎくとして, くすりと, げに貴, こう平次, この中, この大将, この柳生家, この老婆, この頃, これが, さうと, さながら彼女, さびしく笑った, さびしさに, された, されたとか, されたり, しいて, しないでも, しばらく咽, しまた, しめずには, しめるので, しゃがみ込んで, し云, し言, す, すぐそこ, すぐ思い出した, すぐ投函, すぐ自分, すこし急いた, すこし考えた, するはず, す挙動, す時, す碧, せたの, せたもの, せたり, せなければ, せました, せん事, せ市五郎, そう思った, そう糺し, そっとすすめた, そっと婆, そのことば, そのたび, その信長, その又八, その声, その戸惑い, その木, その胸, その質問, そばへ, それが, そんな女子, そんな気, たしかにそう見, たしかに彼宛, ただ, ただでさえ, たまり兼ねた様子, ちょっと当惑顔, つい先頃, つよく顔, どうした, どうしたっ, どうしておる, どうしてもそこ, どうせ見, どきっと, どこに, どこへ, どれも, ないだけ, ないまで, ない脉, なかなかむつかしい, なくては, なくなるに, なくなる恐れ, なにかいおう, なるほどと, なんだかこの世, ぬといふ, ぬの, ぬやう, ぬゆゑ, ぬ峰, ぬ森, ぬ藪, ひっそりし, ひとりで, ひどく薄い, ひょっこり帰っ, びくっと, びくり, ふいに, ふたたび大地, ふと大和, ふと心, ふと涙, ふり顧, ほっとした, ほどなく助九郎, ほほえんだ, また, またお, また叫んだ, また変っ, また溜息, また訊いた, まだ疑わし, まだ起き, まなじり, みどりの, めったにない, もういない, もうそれ, もうなに, もう泣い, もう私, もう起ちかけ, もう逃げ, もじもじし, ものに, もらった, やるせない姿, ようやく顔, よく話す, わざと人, わざわざお, わずかに, シイ, シクシク泣い, スタムプに, チベット文字即ち, ハッと, プールに, ラニョンに, 一ぺんに, 一二三が, 一刻も, 一同の, 一枚の, 一歩離れた, 一通ごとに, 一體に, 上海の, 下司な, 不思議にも, 丑之助が, 両側の, 両手に, 中くらいの, 丸山勇仙という, 二十一日次は, 二度も, 云い訳した, 云ふ, 人足繁く, 今いう, 今しばらく, 今日の, 今朝武蔵と, 仕方なし, 伊沢信平さんの, 位官を, 佐倉に, 何故かいささか狼狽, 侍者ふたりへの, 信じない, 信じないよう, 俺の, 側へ, 先へ, 先生の, 先程から, 兎角引っ込み思案, 全くない, 全神経, 八十を, 其許へ, 兼輔の, 再び麦さく切り, 冷ややかだった, 刈りとるそば, 初めて口, 努めて, 動くまいと, 十字架を, 十年来歩み馴れ, 千浪の, 半, 危うく倒れかかっ, 危ぶむ, 却って羞恥, 又黙り込ん, 友人の, 取り消して, 取り縋って, 右側には, 右大臣家へ, 向き直って, 唄わない, 唐突に, 唸るよう, 喉へ, 喜左衛門の, 圓明園の, 地下鉄道の, 坂道を, 坐って, 城太郎に, 堂を, 堪ま, 塗机を, 塵間塚の, 大変な, 大阪に, 天下の, 奉天の, 女の, 女を, 妙な, 姉の, 嫌いも, 子供の, 学問所の, 学校時代の, 宜かった, 実際の, 家に, 實に, 寺の, 小さな旅包み, 小机, 少しこれ, 少しも, 少し時代, 尼返りで, 山の上に, 山谷堀の, 岩間殿へ, 島の, 川砂を, 巡査の, 帰ろうかと, 帰省を, 常に法華経, 幾分か, 幾歳に, 広くて, 引摺られ, 当代の, 当座の, 役人たちで, 役所町じみた, 往来が, 待ちかねたよう, 後を, 得意そうに, 御堂の, 微かに, 心外な, 必ず届いた, 思いきり端折っ, 思い当たったよう, 思うの, 思わずばば, 思わず両手, 思わず振り, 怨んで, 怯めず臆, 恭一あてだった, 悩ましげ, 悲鳴を, 意志が, 感情に, 憤るよう, 手にも, 手綱を, 承知らしく, 拳を, 持ち物を, 持って, 料理人でない如く, 断じつ, 日ヶ窪を, 日増に, 日頃から, 早くも, 昔ながらの, 昔水茶屋に, 昭和十五年の, 昼間の, 暮れかかる, 書くでしょうと, 木から, 机へ, 村の, 来なかった, 来る, 桂の, 梅軒の, 横浜の, 機会の, 檜林の, 欣し, 此の, 此掛け合いを, 此月二十六日に, 武蔵の, 歩くもの, 死の, 母に, 母には, 氏富が, 気の毒に, 水底に, 水色の, 永遠に, 決してそんなふうに武蔵, 沢庵を, 河野ウメ子からの, 沼沿いの, 波打際から, 泣きながら, 泣くに, 泣くの, 流し元の, 涙に, 清作の, 清川何某とて, 渠が, 渦巻く砂塵, 滝つぼの, 漸く正気, 激しい声, 烏丸家から, 烏丸家に, 焔で, 無自覚に, 熱河の, 片側に, 独りぼっちだ, 猪を, 琵琶ぞと, 田所清名様として, 疑いだした, 疑いぶかく容易, 白昼夢に, 皆意義ある, 眉を, 真っ紅, 真白な, 瞬も, 知らなかった, 石を, 祈らずに, 稀に, 突然雨, 立ち寄って, 立札の, 笑ましげに, 笛を, 米の, 精を, 素人おどし, 素直に, 継母からの, 続けました, 綻びた袂, 縁に, 縁側に, 罵るよう, 罷んでも, 羽生村の, 翌日から, 考えごとから, 聞きて, 背後から, 胡桃の, 胸も, 胸を, 腹が, 腹だたしかった, 自分も, 自分を, 臭い, 興あり, 興に, 花車へ, 苦しい喘ぎ, 茫然として, 茶を, 荷を, 華やいで, 藍の, 藤原氏の, 虫が, 血の, 表の, 袂を, 見えない, 見なかったが, 見るより, 見る眼, 親戚の, 言い淀みました, 言い淀むの, 訊いた, 訊ねるの, 訪ねて, 詞花集か, 誘拐された, 誰見る, 諦めなかった, 負い籠, 賑って, 起ちかけた, 足が, 足を, 軒並に, 転倒したるなり, 迫って, 追つ掛け, 追懐の, 逃げるよう, 途端に, 遂にここ, 遂になに, 道に, 道の, 遠くを, 重い大小, 重吉の, 鍋を, 長慶天皇御, 門の, 関白内大臣藤原氏の, 障子の, 雨の, 雨上りで, 雲の上の, 静かに, 鞍の, 頭の, 頷かなかった, 頼朝が, 頼朝の, 飛び立つよう, 首に, 馬の, 駒の, 高等四年生総代として, 髪に, 鳥が, 鶏肝と, 麻屋の, 黒く艶, 黙想の

▼ 通つて~ (762, 7.9%)

64 ゐた 35 ゐる 22 ゐるの 19 行く 16 ゐたが 14 行くの 13 来た 11 ゐて 9 ゐたの 8 しまつ, ゐました, ゐると, 来て, 見ると 7 ゐるが 6 居た 5 ゐた頃, ゐるので, ゐる頃, 居る 4 ゐない, ゐるから, ゐるやう, ゐるん, 来るの, 行きました, 行くと, 見た, 見たが

3 [12件] しまつて, も覗かれ, ゐたり, ゐなかつた, ゐます, ゐるうち, ゐること, ゐる大学生, 居ります, 来たの, 行かねば, 見ても

2 [32件] いつた, この路次, も, もあの, も白痴, ゐたこと, ゐたので, ゐたやう, ゐたん, ゐた事, ゐた姪, ゐた息子, ゐた時, ゐた江東小学校, ゐても, ゐますと, ゐるか, ゐるぢ, ゐるわ, ゐる事, ゐる女, をりました, 居ました, 居るが, 居るの, 来たん, 来た事, 来た道, 生きて, 薄暗い家, 行かなければ, 行く女

1 [350件] あらゆる文藝雜誌, いつたが, いつたの, いつたほど, いつたらうか, いつた爆音, おる, お城, お峯さん, お茂世, お辻, からおい, からです, から滝, から老, くる, この前來, この昔, これから寒い, こんなに淋しい, さすが武家, しまつたんぢ, ずつと下野, その下, その中程, その入口, その前, その奥, その室, その河原, その病室, その窓, それからほ, それから衣ずれ, たこと, た二人, た男, ては度々, ということ, とう, なかつた彼, のぼり行くと, はいけない, はいけません, はゐない, ほんとに浮気, まさあ, またドヤドヤ, また丘, また他, また向, また階段, まるつ, もお礼, もきちんと, もすぐ, もその, もふりむき, もらつて, も何ん, も其処, も分らない, も同じ, も大, も大きな, も橋銭, も氣, も深, も蠅, も行ける, も訳, も足跡, やしません, やるぞ, やると, ゆかねば, ゆきました, よ, るらしいん, るエジツ, わが詩壇, ゐたかも, ゐたから, ゐたころ, ゐたさ, ゐただけ, ゐたもん, ゐたら天下無双, ゐたら此見習士官, ゐたら裾, ゐた一月, ゐた上, ゐた人, ゐた叔父, ゐた呼吸器病專門, ゐた時代, ゐた札幌, ゐた母親, ゐた海, ゐた私, ゐた第, ゐた筈, ゐた線路工夫, ゐた誰, ゐた鈍い, ゐないやう, ゐない現代, ゐない薄暗い, ゐなかつたん, ゐながら, ゐましたか, ゐますから, ゐますよ, ゐようと, ゐら, ゐられるの, ゐるあたり, ゐるかも, ゐるここ, ゐるこれ等, ゐるだけに, ゐるとき, ゐるところ, ゐるとばかり, ゐるなと, ゐるなにか, ゐるに, ゐるにも, ゐるばかり, ゐるもの, ゐるらしい, ゐるらしいの, ゐるらしかつ, ゐるらしくゴロゴロ, ゐるサラリーマン, ゐるステイイム, ゐるロータス, ゐる一人, ゐる中, ゐる人, ゐる人達, ゐる人間, ゐる八幡神社, ゐる四ツ角, ゐる国頭郡, ゐる地理, ゐる坊ちや, ゐる大, ゐる奴, ゐる娘さんたち, ゐる学校, ゐる學生, ゐる小学校, ゐる小舟, ゐる少年組, ゐる広い, ゐる廊下, ゐる弟, ゐる従兄, ゐる日本大学, ゐる樣, ゐる母, ゐる水, ゐる水之尾道, ゐる点, ゐる爽やか, ゐる生きた人間, ゐる田吾作椋十, ゐる發動機船, ゐる眞珠, ゐる私, ゐる私大, ゐる筈, ゐる筋, ゐる者, ゐる自分, ゐる英語専門学校, ゐる軽便鉄道, ゐる道, ゐる道路, ゐる銅線, ゐる間, ゐる阪西, ゐる青年, ゐる頬髯, ゐる馬喰町, ゐる駒次郎, ゐれば, ゐ時には, をり, をります, 久し振で, 今長崎, 働いて, 出て, 出這入りするやう, 初めて人懷, 前房, 参ること, 向う棧敷, 向ふ, 呉れ給, 坐つたかと, 堆い庭, 大きな赤煉瓦, 大主人, 大都会, 始めて, 学んだ, 寒さ, 小高いがけ, 少くとも, 少しは, 居さ, 居たが, 居たといふ, 居たので, 居たほどの, 居たもの, 居たやう, 居たら隨分, 居た三十七八, 居た十一, 居た学校, 居た山田, 居た親戚, 居て, 居ない養家, 居なかつたが, 居ましたよ, 居ません, 居られますし, 居りお, 居りまして, 居るうち, 居るお, 居るお前, 居るけれども, 居ること, 居るぢ, 居ると, 居るやう, 居るらしかつ, 居るメエル町, 居る事, 居る人, 居る始末, 居る所, 居る植木屋, 居る樣, 居る樣子, 居る深川, 居る男, 居る神, 居る第, 居る觀音樣, 居る野呂, 居る隠者, 居る顔備, 帰るお前, 広野原, 往くの, 往く途, 待つて, 御祈祷, 御覽, 思はず斯, 新京, 明るく使ひよく出來, 暑苦しい思ひ, 来た和地, 来た大, 来た後, 来た所, 来た日本, 来た是, 来た林, 来た海路, 来た温い, 来た生活, 来た町, 来た痕跡, 来た白い, 来た竹籔, 来た観, 来た路ぢ, 来なくつて, 来なければ, 来ますと, 来られて, 来られないので, 来る, 来るが, 来ると, 来るにも, 来るので, 来るん, 来る客, 来る熱心さ, 来る男, 来る顔, 来れば, 歩いた後, 段々上, 漸と, 熔けた鉱物, 生ませた子, 生んだ女子, 知らなかつた, 破れた襖ぎは, 細い一, 苟も何, 蒸されて, 薄暗い裸, 行かう, 行きますと, 行くかとも, 行くその, 行くに, 行くので, 行くばかり, 行くよう, 行くん, 行く一本, 行く七八人, 行く下駄, 行く世の中, 行く事, 行く島人, 行く明るい, 行く様はちよ, 行く気勢, 行く管, 行く自動車, 行く處, 行く途, 行く道, 見えた, 見えて, 見せるわ, 見たで, 見て, 見ること, 通おうと, 進まうと, 進んで, 遠ざかつて, 閉めた店, 頂く, 飛びこれ

▼ 通~ (466, 4.9%)

18 歩いて 5 西へ 4 二階から 3 もって, 乗せて, 右に, 持って, 横切って, 無事に, 通って

2 [23件] かいた, 一ツ目に, 下って, 伝馬担い, 北へ, 取って, 取りて, 呼びあるく豆腐屋, 呼べり, 手に, 抜けて, 振り廻して, 斬った, 歩きながらも, 歩む, 片はし, 瞰下し, 蔵し, 行くと, 越えて, 連れて, 開いて, 隔てて

1 [372件] あおいで, あきらめて, あずけ後, いくつか, いって, いらつし, うながしました, うらやましくな, うろうろし, おぬ, お側に, かなぐり捨て, がっかりし, きかしたつもり, きめて, きめ込まないやう, こえる手紙, こす尨大, こす彼, これへ, こんなところ, さがしに, さがし出して, さぐり得たり, したため, したためて, したの, して, しはじめた, そこにおいては, そこへ, そっと苫, たよりに, だまして, っ, つけ回しても, とおりぬけて, とりあげた, とり上げました, とり出した, どうする, どうぞ閲覧, どこに, ながめる, なす遊冶郎等, ならべるよう, ぬけて, のろくさい速度, ひょこ, ひょこひょこ歩いた, ふりま, ふりまわさぬよう, ふりまわし作詩, ふり廻したもの, ふり廻す余裕, ほつくり, ぼんやりながめ, まっすぐに, まつすぐ, もう一人, やすめ以前, やりしは, ゆくと, ゆくは, ゆっくり通り, グングン進ん, ナチの, ピンビタンの, ポケットに, 一か所も, 一人千山へ, 一瞥し, 丁と有, 三崎町の, 三条へ, 上げて, 不覚にも, 並べたり, 並べて, 中心と, 二人の, 云いますが, 井戸端で, 仰ぐの, 会わせる遑, 会計に, 伝内は, 伝通院の, 住吉町まで, 作つて二人に, 作らしめたもの, 併せて, 侮るか, 促した, 借り受けた時, 停車場の, 備えて, 先に, 円山公園の, 出して, 出は, 出はずれて, 列べて, 助けなかったの, 卓の, 南の, 参りますか, 収めて, 取り上げて, 取り上げると, 取り全く, 取り返しに, 取出して, 受け取ったとき, 受け取ったの, 受取って, 口へ, 可愛がるの, 史料研究係りに, 吉田福岡両氏を, 向うへ, 君の, 呵り, 問はん, 囚人の, 四条の, 囲みながら, 囲んで, 地に, 城太郎にだけでも, 執こく, 夢みて, 大地に, 大急ぎで, 太政入道の, 失った瞬間, 妻に, 始めたの, 娶って, 子供たち二人は, 家康の, 尊氏の, 少し行っ, 山上に, 左へ, 差し出した, 常に文弱, 庇ったの, 庶務に, 引き止めて, 引く必要, 引越して, 強いて, 待って, 得たこどもたち, 得た翁, 得といふ, 御堂筋へ, 御所の, 心得て, 忘れ得なかった, 忙わ, 思い出した, 思うこと, 急いで, 怨んで, 悟った, 患えて, 成敗した, 成敗せぬ, 戻って, 所望した, 手から, 手わたし時を, 手渡した, 批評し, 抑留し, 抜かし何, 抜きと, 抜く殊に, 抜けると, 披瀝した, 披見なさるべく, 抱いた清作, 抱えたまま, 抱える事, 抱きしめて, 抱き上げると, 抱き支えた, 抱き起しました, 押えられるよう, 押し倒して, 押し傾けようと, 押収した, 押籠めた, 招いたそう, 招魂社の, 拾って, 持つて, 指さして, 挙げた, 振り, 振りまきながら, 振りまく中将, 捜しに, 捜すこと, 探しても, 提出した, 握って, 援けて, 携えて, 攫われたわけ, 支配頭屋敷へ, 救って, 散歩した, 散歩する, 斬らしたな, 斬る気, 斬れと, 新吉が, 新居格の, 日比谷へ, 旦過, 曲って, 曲つて横町へ, 書きおわったの, 書き遺し見事, 書寫し, 朝の, 本町の, 来る紳士, 東へ, 柳生谷から, 極込む, 槍で, 横ぎって他の, 横ぎって真, 横切らうと, 次ぎに, 止めた, 止めて, 正客に, 歩きながら, 歩きに, 歩くにも, 歩けば, 歩み, 歩みつ, 歩み古着問屋丸八, 歩み古着屋丸八, 歩み散歩, 歩み矢沢, 歩み銀座, 残して, 殺したの, 殺そうと, 殺めたであろうが, 殿へとばかり, 氣取る, 水に, 流して, 添えて, 渡されて, 渡しそして, 潮の, 片側づゝ行乞する, 片輪, 状箱に, 用いて, 界に, 疾走中に, 発見した, 白い布, 目がけて, 目に, 目の, 目當ての, 目見得に, 直ぐ向う, 相当に, 眞ツ直に, 真っ直ぐ出雲屋, 真っ直ぐ御堂筋, 真直ぐにまいってみることにいたしましょうそう, 眺めた時, 眺めて, 睨みつづけて, 知らんな, 破って, 私は, 突き抜けて, 突き落したの, 突切つ, 答へて, 納めて, 経机の, 絶って, 練吉に, 置いて, 置き放して, 背に, 脅迫し, 致すよう, 舟が, 苦しめたもの, 落して, 蜿々と, 行かずに, 行くこころ, 行くことなほ二, 行く人, 行く車, 行乞とう, 行尽す, 襲った事, 見のがして, 見ると, 見下しながら, 見下すよう, 見下す窓際, 見付けましたので, 見透かした, 視たり, 覗いて, 言ったり, 言ふ, 討たれたと, 討ち損ねてから, 討つと, 訪ねて, 訪問し, 許されず童, 許され候云々, 話した人, 誇ったり, 誇る, 誇ること, 認めて, 説きこれ宗教, 読む方, 読んで, 警察署へ, 貫く苦き, 貸して, 賑は, 走った, 迎え取らなければ, 述べると, 追いかけながら, 追い出そうと, 追う, 送りたり, 通り越したよう, 通り過る, 造りなして, 連れ出さなければ, 過ぎて, 過ぎるの, 選び出した目安, 釧路支庁長に, 銀座の, 開けて, 隔つた上六の, 隠されるよう, 集めたもの, 離さないの, 電車の, 願いに, 顧みて, 首に, 黄浦灘と, 黒く歩い

▼ 通~ (363, 3.8%)

19 やうに 7 のは 6 事に 5 ことに, のが 4 ことを, のを, 風流士も 3 のであつ, のである, のも, やうな, 廊下の, 車の

2 [30件] ことにな, のだ, は上, やうで, 一つが, 三和土には, 事おもしろから, 事は, 事ふつと, 夢まくら, 子らはも, 子供の, 子供は, 廊下を, 往復に, 旅人が, 時は, 時通らでも, 様な, 樣に, 男が, 男の, 神の, 自分に, 荷馬車が, 街道へ, 言に, 道の, 階段を, 電車や

1 [231件] あの朝夕, うちに, うち死んでしまつた, かぎりに, かなたに, ことが, この街通筋, この階段, ころにな, それより, でせう, と見る, なだらかな, などといふこと, なんて圖, なんて思ひ, にいる, にすぎぬ, には向島, には通, にも拘らず, に由, のだらう, のぢ, ので, のでこの, ので東京, のに乘物, のに講義, のみで, の丈, の春色, は人力車, は女靴, ばかりとやにぎしき, ばかり行人, ほかに, ほどに死たる, ほどの野道, ほどの間柄, までに漕, やうぢや, わけに, わけには, わけにも, をさ, ガタ馬車の, セバツトの, ミッション, ンだい, 一塊肉と, 一筋道である, 上の, 中やや, 中學生, 乘合馬車が, 乱響したる, 事が, 事も, 人の, 人も, 人遠, 他の, 何事か, 供を, 便利を, 儒生の, 光景に, 光景は, 光景を, 児童なぞは, 児童の, 入口を, 兩替の, 其の符牒, 内廊下, 制服の, 力も, 助辞知は, 匂ひ, 北側の, 十数町の, 千鳥の, 地下水である, 地底の, 坂路を, 型の, 夢かな, 夢の, 夢路は, 女の, 娘の, 子坊主, 學校を, 客の, 寢覺なり, 小蒸汽船, 山々の, 山少女を, 山路なぞを, 岨道を, 峠の, 島門を, 川を, 帆でも, 幌馬車の, 年頃にな, 幼きが, 底の, 庭の, 廊下で, 廊下に, 廊下は, 廊下まで, 弓門の, 御声, 御聲, 心しづかに, 心持は, 或る, 戸は, 戸談話室との, 所としも, 所の, 扉それから, 扉左手は, 支配人格, 明障子の, 時お, 時分に, 時竹の, 時間を, 暖い, 木樵の, 桂子の, 梯子と, 森の, 極み, 樣にな, 樵夫の, 橋の, 気には, 気持ちに, 沼の, 洞が, 海底或は, 渡し舟を, 温さ, 溝渠の, 濱街道は, 灯かな, 為に, 猪牙の, 猪牙舟が, 現場を, 生徒が, 生徒の, 田舟と, 由良の, 男は, 番ぢや, 病人の, 癖は, 百噸以下の, 眼優しい, 砂径沿ひ, 砂道沿ひ, 神には, 筋の, 筧には, 箱の, 細指は, 者の, 者も, 者達を, 舟は, 船にては, 船の, 色を, 艶めかし, 艶麗な, 花なれ, 若い女性, 蒸氣は, 處が, 街道を, 赤馬車と, 足がに, 足も, 跡を, 路でした, 路とは, 路に, 路には, 路の, 路は, 路地の, 身の上でも, 途中, 途中で, 通路にも, 道から, 道が, 道すがら近頃, 道に, 道はと, 道を, 鐵路も, 開き戸から, 間柄にな, 階子段が, 雲, 電車の, 青年画家が, 靜かな, 靴の, 頃から, 頃その, 頃の, 頃は, 頃験べたのである, 風の, 風景の, 香ばしい息, 馬の背の, 體温お, 高き岡, 高瀬船へ, 鳥屋の, 鶯の, 龍然

▼ 通~ (273, 2.8%)

7 なって 5 して, しようと, 出て 3 あった, 出たの, 向って

2 [20件] ある, しろ, すること, なる, 一度の, 偽りの, 出た, 出た時, 出で, 動かないの, 半時間, 弄んだ妖女, 引き廻すこと, 接して, 時計を, 柳の, 添うて, 立派な, 行くもの, 過ぎない小山男爵

1 [202件] あそぶ露月, あったの, あって, あつて, ある一新館, ある家, いたので, いわせれば, かぎって, この頃開店, さう, しあん, した, したじゃ, してやるの, しなくては, すると, するよりは, せがんで, せよ女, せられた, そういわれる, そう云われた, その災難, その病状, ちかい茂吉, ちゃんと弁済, ちやんと, つよい嫌悪, とどまらない, なったところ, なったの, なつた, ならうとして, なられたれど, ならんが, なりすまそうという, なりだした, なります, なること, なるさ, なる前, なる必要, なる所, なれ素人, なろうと, のぼったろう, のぼる口碑, はぐれて, ひとけが, ひどく昔, ふと此店, まはつ, ようやく一軒, わたくしを, カッフェーの, カフエーの, ステパンは, 一通五本に, 上れり, 世馴れ者, 並ぶ高級アパート等, 並んだ露店, 主水河岸, 五六人の, 亙って, 亙るかも, 仇を, 仏壇屋を, 仕えて, 伏見町という, 会うこと, 会おうという, 会って, 住し, 住んで, 何という, 何倍も, 信州追分の, 借金の, 先々かたづけ, 免じ子, 内で, 再現する, 出よとの, 出ると, 出るに, 出る角, 分け与えたの, 別れて, 勘定を, 千金も, 及ばんとも, 及ぶ投書, 及んだ, 及んで, 取り掛かれと, 向いた二階, 向いて, 向った室, 向っても, 告げて, 嚇か, 在ったカッフェー, 在った商店, 在る, 変な, 夢中に, 大きなビルディング, 大周楼, 奉仕し, 威すの, 嫁した, 對し, 小間物を, 帰したるも, 引ずり出し裸, 当てて, 待たせて, 御座候, 意ある, 愛され名人, 成つて仕舞つた九里四郎が, 承諾した, 抜けて, 指図し, 散らして, 敵対しなけれ, 敵対する, 書籍雑誌の, 来かかりぬ, 歓んで, 母親と, 比すれば, 汗牛充棟する, 汝れ, 沿う外囲, 為なけれ, 為るの, 無理に, 熱心に, 燈火を, 玩具に, 玩具店を, 現れるより, 申残し参らせ, 發音し, 相違ない, 着布団, 知られて, 示して, 神通力も, 移されおのずから, 立って, 立つた, 立つ元気, 立つ木造, 立止つてあたりを, 竝んだ, 笑ひ, 籠つてゐる, 紐を, 続く格子戸づくり, 繁昌せる, 自動車が, 至っては, 至り明治三年, 行うという, 行動する, 見えるが, 見えるん, 見えんと, 見せようと, 見られたの, 親譲りの, 言出しかね, 訊いて, 詫びて, 詳しく高, 認むるの, 認めて, 走つて, 軒を, 追随する, 逃げられてからの, 逐一訴えた, 連れて, 進みその, 達した, 達するもの, 遣って, 還って, 鉄道馬車が, 開業し, 限って, 雑貨店を, 面した窓, 面した表, 面して, 頻に, 首を, 鼻緒問屋の

▼ 通~ (263, 2.7%)

11 の船 8 番頭の 7 をし 6 の汽船 5 路と, 路の 4 船に 3 の便船, をする, 路, 路お力も, 路は

2 [13件] が四五日, てみし, になつ, の娘, の御, の患者, の空荷馬車, の若者, の馬車, わたらす, を始め, 初むる, 初る

1 [176件] がたしと, が一, が何冊, が何辺, そして二人, そして彼, その病院, それも, たりし, たりといふ, だけを専念, ぢや, つつ見, づとめの者の, てその後, てわづかなる, て凉, て春待月, て梅, て玉琴, ながら終日閉ぢ, などはいたしません, にくい路, にこ, になる, には彼処, にへと, にわたくし, に下, に夢中, に専念, に廻, に必ず, に暮し, に注意, に紫袱紗對, の, のうち, のち助, のガタ馬車, の世話, の乘合自動車, の事務長, の人, の人力車, の仕度, の伏見丸, の入費, の出来る, の和船, の噂, の外, の外輪船, の大きな, の女, の姿, の娘たち, の子, の子ら, の小, の小さな, の小学生, の弟子二人, の悪き, の手代達, の時, の曳船, の服装, の橘丸, の猪牙舟, の球突塲, の番頭, の職人, の芸者, の若い衆, の蒸汽船, の貨物船, の赤馬車, の途中, の金, の鉄道馬車, の鐵道馬車, の馬, はとても, は何方, は厄介, は木山, は止める, は絶, ひろ子の, へたくそ校正職長さんとの, またあちこち, また熱心, まもなく助, むづかしい講義録を, やがて年頃, やらの姿, や古, をしなけれ, をつづけ, をやがて, をやつ, を一先づ, を二冊, を内心恥かしく思つて, を始めました, を嫌, を悲しめ, を続け, を風流, アルミ板の, グチエレスの, 一条の, 三千円住みこみ, 中ノ橋の, 乍ら意味のや, 以外の, 何かと, 來ず, 侯松風の, 候然, 僕の, 初し, 初めし頃, 初めもろもろの, 勤何遍言う, 古い新聞, 合つてゐる, 場所と, 夜毎, 女は, 女中にな, 帳と, 帳の, 廊下が, 廊下の, 彼は, 後に, 微かながら, 忸れた, 憎いもの, 或は養父, 支那に, 新橋品川間が, 新道の, 日が, 来に, 柳島に, 歸つ, 汗取りどもを, 瀬戸も, 番頭で, 自分の, 船が, 船の, 船は, 衣裳鬘大小の, 詰に, 詰めさせた, 詰め今度こそは, 詰め飲酒者は, 路が, 路です, 路なく, 路に, 路ふら, 路までが, 路らしく, 路を, 路山谷堀へ, 路棹に, 路絶へ, 道修町行く, 酒も, 鈴川家の, 長男は

▼ 通さん~ (245, 2.6%)

8 お通さん 5 のこと 43 の病気, はお 2 が好き, てば, と, という人, にいいつけ, のいる, の方, の涙, はまだ, を殺した

1 [202件] あのこと, いいだろ, いたか, うまそう, お師匠様, があの, があんまり, がいたら, がおいら, がきれい, がここ, がこれから, がどこ, がまた, が三千兩, が三日前, が出, が吹い, が安心, が寝, が此間, が武蔵様, が泣きだした, が知ってる, が自分, が起き, こそはやく, こそ病人, こそ退い, この境, この樹, この道, ごめんね, さびしくない, じゃない, じゃないらしい, そう嘆く, その刀誰, その山手形, そろそろ出かける, ただ今, だ, だけはそう, だけは世間, だっ, だって一度, だって俺, だって相当, っ, ていうひと, であったら打たない代り, では, ではもう, というくらいなん, というの, とかいう其方, とはここ, とも仲よく, とやらをあの, とやらを探せる, とわし, と仰っし, と会え, と会わない, と来たら, などと呼びかける, なの, に, にいっ, にとっては無二, にどこ, になんとか, には会わぬ, には又八, には可哀そう, には恋し, には用, には随分, にもお, にもこの, にも聞えたろ, にやろう, に上げる, に会いたいでしょう, に会う, に会わせ, に先, に告げたかった, に喋った, に囚われ, に思い知らせる, に持っ, に来た, に水, に用, に聞いた, に聞きたい, に話し, に逢っ, に鶯, に黙っ, のいけない, のお, のつもり, のところ, のよう, の仇, の今, の傷口, の前, の夢, の存在, の影, の悪い, の所, の本心, の泣虫, の眼玉, の胸, の返事, の郷里, の頭, の顔, はあそこ, はあの, はきっと, はきょう, はすっかり, はそんな, はどう, はどうして, はどこ, はどんなに, はほんとに, はもっと, はよけい, は何, は元, は安心, は小, は小禽, は後ろ, は心, は欣, は死ん, は毎日, は気がつかなかった, は病, は良い, ふげん, へはいう, へはおまえ, まだ, まだ眠らない, も, もあの, もきっと, もくよくよ, もすぐ, もらって, も今, も俺, も口, も同じ, も寂しかろ, も御存じ, も悠, も用, も若い, やお, よいよう, よく分った, よりも剣, をじっと, をどう, をわし, を今, を何処, を加勢, を吹矢, を呼ん, を少し, を抱い, を指し, を書いた, を渡す, を渡せ, を色, を虐めてる, を返せ, を追い廻し, を騙, を騙し, 一杯酌ぎ, 出て, 別れるの, 帰る雁, 怒るなよ, 歩いて, 泣いて, 濡れちまうよ, 行こうか

▼ 通~ (239, 2.5%)

3 ある

2 [11件] あって, あつて, つて居る, 丸窓の, 出來, 午後の, 外へ, 来て, 生れ育ち現実, 見える, 見たという

1 [214件] あった, あつた, あつち, あなたの, ありその, あり四方, あるが, あるじゃ, あるでは, あるの, あるのに, あんなこと, あんなに驚い, いくらか, いったが, いつの間にかどこ, いつも仲よくし, いて, いまだ一たび, いまと, いるの, うしろへ, うなずきも, お杉婆, ぐいと思ひ, ここまで, こころ変りした, こっそりと, この家, この小柳, この頃, これに, こんな大, さけぶと, さっきここへ, さっき蟇口失くし, すきで, すくなかった, せっせと花, そっと注意, その役, その時, その消息, その訣れ, それを, ついて, つたのノラクラ者らしい, つたり, つつみ隠し, できたの, とおって, とたんに, どうかした, どうして柳生家, どんなに嘆く, ないの, なくなったとして, また, また猿楽, まだそんな, まるでわからなくなった, みずから促したる, むしゃ振り, もつ一つ, よくない, わざわざ二尺, わたくしを, アストージェンカ一番地エフ・ルイバコフという, エッフェル塔と, 一番新しい, 丑之助の, 云った, 云つた, 京都を, 今いった, 今いる, 作とかいう, 倚りかかっ, 偶然か, 出て, 出来ますでございましょうか, 切り口上で, 勝っても, 十歩追う, 半年も, 参って, 召使の, 向うに, 向うの, 問うと, 城内に, 堪えやらず忍びがたなき, 外から, 多かった, 多かつ, 大きな声, 好きで, 好きな, 嫌がって, 少くなった, 弟子の, 強情に, 彼の, 彼宛の, 後ろから, 後ろで, 御所刑台に, 念を, 悧巧な, 戸へ, 手渡された, 手脚を, 承知を, 抱き支え, 振り顧って, 振向くと, 揃って, 摂政関白の, 救われるとか, 斜下から, 日本画壇の, 昨夜殺されました, 曲者の, 書き出しから, 有つて, 望みに, 朝夕の, 木戸口から, 机の, 来た, 東側は, 柳生を, 根負けし, 次の, 歩み出して, 残った, 殿の, 母の, 水へ, 池心の, 泣いたり, 洛陽, 渡すと, 為せる業, 無いの, 無事に, 無雑作, 犬を, 独り身で, 現れました, 男とは, 病気を, 癪に, 目見得に, 着せて, 私ゃ可哀そうだ, 穂を, 窓から, 笑って, 答えた, 答えないので, 答える, 素直に, 終らぬうち, 絶叫し, 聞えない振り, 胸へ, 自分に, 茶碗へ, 薄らぐので, 蟇口を, 表へ, 裏口へ, 西之丸に, 見あたらない, 見える白日, 見おろせた, 見せること, 見て, 見出された, 見当らないので, 言って, 許す, 訴えるので, 誰を, 貸すの, 起たないので, 起つ気色, 返辞を, 逃げる心, 途絶えた, 通って, 通善時代尼寺で, 運命の, 遥拝を, 選んだ男性, 遺って, 遽かに, 非常に, 韓信に, 頸動脈を, 頼むよう, 頼長誅伐を, 題額を, 顔を, 風呂に, 飾磨の, 馬鹿に, 駒の, 騙されて, 高い悲鳴, 髪の毛を, 髷を, 黙って

▼ 通~ (169, 1.8%)

2 それを, 三通も, 同じく三通四通五六通, 手紙を, 眉を, 程近い, 顔を

1 [155件] ああし, あった, あつた, あのまま, あまりない, ありません, あるさ, あるとき, あれほど, いっしょに, いった, いつのまにか旅支度, いつもの, いわずに, いわず武蔵, うかと頷きぬ, おととし初めて, おどろいて, おのずと涙ぐまれた, お常, お杉婆, お送りに, お通, からからで, ぎっしり詰っ, こなかったと, この青年僧, これと, すっかり支度, せんかた, そこに, その後無, その間へ, ただ地を, つい, ついつりこまれ, つくよう, どの通, ない, ないです, ないの, ない暗いところ, なかつた, なき闇川橋, なくた, なくは, なくひっそり, なく至極, なし, ひきこまれて, ふしぎな, ふと瞼, べつに眼, ほとんどない, また, またなに, また思い返した, また部下二百余人, まばらで, まばらに, みあたらない, やらぬ不埒, ゆうべは, よく泣かされ, よく知っ, わかりました, わが章太炎先生, われを, 不可抗力な, 亦柳, 亦此コレクシヨン, 人目に, 今, 今は, 今夜は, 今日に, 代作した, 何か, 何を, 何気なくし, 來て, 側へ, 其中の, 其処に, 出さずホテル, 到着で, 力なげ, 危うく倒れかかっ, 取交せは, 受取った, 同じ人, 唯ぶらぶらし, 堀川を, 堪えられなくなって, 大息を, 失わずに, 女の, 安東寄りの, 密告状が, 少くバラツク建, 尚侍の, 幾千通も, 幾通も, 彼女に, 後から, 従いて, 御供いたし, 思った, 思わず驚歎, 意地に, 手に, 打った, 揃って, 救って, 文を, 暫くは, 書いて, 書きつ, 書く事, 朝の, 来て, 来なかった, 来るという, 欲しいとは, 武蔵の, 残して, 母親も, 泉州の, 混じっては, 渋しぶ, 無く郊外, 牧の, 男性に対する, 発見された, 眸を, 眼が, 砂ほこりを, 端近く出, 絶え候所, 聞いたあの, 自分で, 落ちて, 藍に, 見えたもの, 見えれば, 見た, 見ない, 警察へ, 負けないで, 賛成しました, 路地も, 近所の, 通牒が, 道を, 里人に

▼ 通つた~ (155, 1.6%)

10 ことが 4 ことの, ものだ 3 ことは, ことを, ところで, ものです, やうな

2 [12件] か, か兎, ことも, であらう, ところが, とすれ, ものである, もんだ, ような, んだ, んです, 大町人

1 [98件] えた村, かといふこと, かと不思議, かと思ふ, かも知れぬ, から, からちよい, から一寸, から私, か知れません, がすぐまた, がその, がなる, がね學校, がまだ, がもう, がわざ, が三田, が何, が何人, が実に, が少々, が或, が所在, が日曜日一日, が歩く, が然し, が病気, が矢來, が芸ごと, が茶の間, が菊, が誰, が鼻, けれどもいつも, ことあり, ことなどは, ことに, この詩人, すぐ後, ぜ大変, だけ, て遲, でござらうかと, というん, といふ, といふこと, といふの, といふ事, といふ報道, とかいや, とき, ときに, ときにも, とき一頻り, とする, とは云, とほり, とも堂上家, と云, と思ひ, と見える, と訊いた, などもかれ, なら海, に相違, に過ぎない, ね, のであつ, のでお, のでお前, ので二階, ので爺, ばかりだ, ばかりで, ものだつた, もので, もので即ち, もののある, もんです, やうに, よ, よりはこの, らしい, わけです, 多少の, 大殿様, 或南伊太利亜人, 方です, 本街道, 柔かい鼻, 正しい少佐, 然しその, 生際, 筈です, 美しい筋骨, 若い男, 青い室

▼ 通~ (141, 1.5%)

6 城太郎の 2 なく手紙, 云ふ, 横町とを, 武蔵との, 称するもの, 誰かの

1 [123件] あって, いいますね, いう, いうよりは, いうよりも, いえば, いっても, いつて, いはれて, いはれる人, いへば, いわず裏通, いわず銀座中, いわれる四通八達, おぬし, お吟, ここで, このお召, こんな旅, するも, なく, なくやって来た, なく今, なく出た, なく区内, なく寄, なく書く, なく未知, なく来る, なく編輯局, なく脅迫状, なった大通り, なって, なつた, なにか話した, なり, なりしもの, なると, ほる人, また彼自身, ジョン, 一面の, 云う手紙, 云う評判, 云って, 交叉する, 仲が, 住吉昌長の, 信西とは, 傍に, 全く同, 兵庫は, 別に私, 区別される, 又八との, 同じよう, 同じ意味, 名の, 呼びならは, 呼んだの, 城太郎とは, 城太郎へ, 城太郎を, 塞と, 夜とも, 夫婦に, 奉書な, 女房奉書を, 娘の, 容れるはず, 対比する, 川俣踏絵が, 平八郎忠勝は, 年が, 心得たらしく明治時代, 思って, 悪左府頼長, 意氣との, 書館通の, 木屋町通の, 柳生兵庫と, 横町の, 欠席の, 武蔵とを, 武蔵二つの, 洒落と, 添いたい, 添うこと, 添う気, 清治とは, 渠が, 申します, 申すべき練達, 申す禅僧, 申候, 異つて大分, 白紙に, 稱し, 自他ともに, 自分との, 自分の, 自称する, 自称他称する, 良次郎の, 虚無とを, 行きはぐれて, 被仰, 言おうか, 言って, 言ってね, 言ひ, 言われて, 言勢と, 謙三郎とが, 谷町との, 逢引し, 違って, 邸へ, 酒肴代とが, 間違えて, 震災後も, 頼長この, 頼長とは

▼ 通~ (114, 1.2%)

12 出て 5 出た 4 向って 3 出ようと, 出ると 2 かけても, ぬ程, よく番, 出た時, 出るので, 折れて, 曲ると, 来ると

1 [71件] あんなにミツシヱル, いくの, お答えし, かし, しかものそのそ, ず職, でました, とびこんで, とびつくよう, とびまわって, ど流石, ど藤, ないため治療, はいって, ばつて, ばや, もどって, やがていった, やった手紙, り, 上り二条通, 今, 出たが, 出たこと, 出たらボケ, 出たら桜, 出た角, 出た頃, 出ますと, 出ようとして, 出られるの, 出る前, 出る夜店, 出る手前, 出る細い, 出る藥屋, 剣突く, 向けて, 呼びかけお, 呼びかけた, 宇治の, 宛てて, 引移った, 引返へ, 心を, 急変を, 折れ曲る角, 抜けると, 抱くの, 曲り電車, 来た, 横ぎつた, 油断の, 泣くとて, 滑りこんだ, 物を, 空車を, 突出し, 翌の, 聞かしとうも, 行こう, 視線が, 話しかけた, 賑やかに, 赫と, 走りこんで, 跡たえず, 通へと, 集めて, 駈けて, 駈出でて

▼ 通~ (103, 1.1%)

16 てゆく 12 てくる 7 てきた 5 ている 4 たりし, て来る, て行く 3 たりする, ていた, てしまふ 2 てき, てしまひました, てます, て下さい

1 [34件] たかと, たといつて, たゆゑ, たらしい跡, たらしい道, たり, たりした, たりひどく, たり今一度会, たり屋敷, たり崖, たり差押, たり死人, たり砂丘, たり自動車, たり道巾, たり鐵道事業, たり騎馬, ちや見つ, ていない, ておりました, てく, てくれ, てこなかつた, てしまへ, てみた, てみたら, てみる, てる人だの, てる節も, てれや, て下さいません, て参りました, て過ぎた

▼ 通つて來~ (66, 0.7%)

54 たの 3 るの, る女 2 て洗滌, る, るにも, る者

1 [43件] たと, たはず, たばかり, たらしい, た之, た五七五七七, た佐久平, た佛教, た境遇, た女, た娘, た山, た所, た者, た苦し, た路, た道, た阿良里, た鹽原太助, ていけない, ている, てお, ては熱度表, てみんな, てをる, て杉村, て横, て而, ました, られた頃, るかすか, ること, ると, るには, るもの, るやう, るわ, る人, る岡田丸, る或, る男, る職人風, る蓋し

▼ 通~ (57, 0.6%)

3 あつた 2 はありません

1 [52件] あつたらしく想像, お侠な, かつて参謀本部, ことに丹彩, この縁, ござります, すら以前, どんな深遠, はなかつた, また, また愛書家, ドイツ賠償問題に関する, 一えぐりした, 下りて, 中の, 中食し, 五等文官の, 人の, 何んでも, 作ります, 停車場で, 其他に, 其頭痛の, 別れる昨夜, 帯が, 帯一本が, 当代講談界の, 彼とは, 息子さんを, 手を, 支那の, 敵の, 是には, 暮六ツが, 此処で, 然かも, 牡蠣や, 狭くて, 男女道金銭道慾望道の, 眞を, 督軍の, 知らないもの, 胸を, 自分の, 自動車に, 色々に, 裏階子へ, 追拂つて, 通って, 通る, 邂逅した, 頭の

▼ 通には~ (56, 0.6%)

2 ならないらしい口辺

1 [54件] いちいちハラハラされ, うっかり行かれない, きまって淫祠, こういう結果, ことの, このいきさつ, すぐ眼, そういう貼紙, そうした病, そう楽天的, そんなこと, なりません, べつな, まだ鐡道馬車, もうそんな, もっと女性, もとより納涼台, 下駄の, 不二家の, 不意打だった, 出て, 及ぶ者, 古道具屋が, 堀の, 夜店が, 小面が, 往来の, 忘れ難い, 恋が, 感心した, 日暮と共に, 昔の, 昼夜の, 有名だった, 本の, 次の, 正しい人たち, 気品が, 泣かなかった涙, 焼酎売だの, 生れながらの, 皿や, 眼に, 答える言葉, 紅白の, 膨れ上つて, 自分の, 苦しい重荷, 藤枝真太郎殿と, 街を, 謂なく, 鉄道馬車の, 随分沢山, 電車を

▼ 通つたの~ (47, 0.5%)

4 である 32 だと

1 [38件] かとおれ, か何, か覚え, がある, がまるで, が六時三十分, が寝, が後世特定, が気, だ, だが, だという, だといふ, だらう, であらう, でありませう, であるが, でかう, でしたが, で呼, は, はかの, はその, は一度, は丁度一冬, は三階, は五時, は十八九, は十時, は必ず, は掛り合, は正, は矢張り, も当り前, をたしかに, をも半, を知らない, を除け

▼ 通から~ (44, 0.5%)

2 直ぐさま左, 通へ, 通へと

1 [38件] しきりに桐, その顔, ばらばらと, もらった全部, 一目で, 三番町の, 京極へ, 人通の, 別れ去った宮本武蔵, 北へ, 古町を, 吉田銀座へ, 吉祥寺前まで, 四代目である, 大天井, 存外等閑, 小橋を, 尾張町の, 市ケ谷へ, 年頭の, 急に, 日の, 曲って, 横通りへ, 正式に, 灰の, 真向に, 礼拝堂小路へ, 築地の, 自分の, 色硝子の, 裏へ, 路地に, 路地の, 這入つて, 附会した, 離れて, 電車で

▼ 通~ (43, 0.4%)

2 である, の影響, の編纂方法, の講義, を作つた

1 [33件] が出, が復興, が歴史事實, が編年體, では三国, とか申します, と綱目, などは從來, などを読まぬ, に應用, に書かれ, のみならず, の下, の中, の事實, の方, の編纂, の記事, の記事中, の附屬, の體, はやはり, は單, は多く, は編年, は長い, も小説, を作る, を書く, を讀んだ, を貸そう, 即ち君主, 又は長編

▼ 通つて行~ (39, 0.4%)

35 つた 1 つたが, つたやう, つたり, つて

▼ 通という~ (37, 0.4%)

4 ものは 2 のも

1 [31件] ことは, ことを, ところであっ, のが, のは, みだらに, ものに, ものを, わけで, 一女性も, 二禅僧が, 人たちが, 人の, 人は, 処女は, 女に, 女中も, 女性が, 女性である, 妹が, 娘の, 成績である, 投書が, 旅絵師だった, 時代から, 点も, 燃え立つよう, 程で, 者が, 者に対して, 許された対象

▼ 通太郎~ (37, 0.4%)

2 であった, は妻

1 [33件] がそれ, が辞去, が顔, です, とが名, と共に馬車, にエルサレム, の先輩, の方, の花嫁, はあれこれ, はこう, はこの, はその, はただちに, はどこ, はにわかに, は一室, は云う, は克子, は嬉しく, は安心, は小, は心, は思いつく, は生き生き, も, も安堵, も急変, も自分, をシッカ, を見, を連れ

▼ 通~ (35, 0.4%)

2 のところ

1 [33件] からの書面, がその, だけが行った, だけが西洋人, であったが, ときまった, とはこんな, と三宮英人殺傷事件, に来た, に約した, の使者, の前, の名代, の挨拶, の方, の発話, の袖, の進言, はおりおり, はその, はまた, は五代, は右手, は文久三年, は烏帽子, は米国公使館, は言い添えた, は過, も伊藤俊介ら, も笑っ, も驚かされた, をはじめ, を推した

▼ 通~ (35, 0.4%)

2 である, に乗っ, に乗った, は胸

1 [27件] がある, が三艘, が止つた騒ぎ, が竪川, が飼っとく, で高品家, といわれ, に乗り, のそれ, のところ天気, の出る, の排気音, の水夫たち, の発着所, の目的, の者, の航路, の船員, の船長, の若い, の運上, の道路, も多い, も浦粕泊り, やべか, 致すべき旨, 致すべく候

▼ 通~ (34, 0.4%)

4 んです 3 のである 2 のね, んだ

1 [23件] ことなり, ことを, なり凝った, ので, のです, ので門前, のに, の明石町, の明石町船澗, ものじゃ, ものだ, ものを, んだろう, 事に, 人々の, 人々は, 人から, 人達からは, 左馬頭にも, 店の, 性を, 旦那が, 遣り口を

▼ 通~ (28, 0.3%)

1 [28件] からなあ, からよく, から堪忍, から将来, けれど不具, し胆玉, そうです, つた程, という事, という結論, という評判, といふ, とかいっ, とか甕, とか粋, と夢, と心得, と思ってる, と思われ, と自称, と言つて, なんていう, ね君ゃ, のがずつと, よ, よ昔, わ, わい

▼ 通~ (27, 0.3%)

2 城太郎の, 極意や, 浅草公園を

1 [21件] そこらの, ねんわ, ばばや, ふた通でない, 三百通は, 二三の, 二条の, 井月の, 十三四通に, 思ひ上り, 意氣とは, 意氣の, 旅行家や, 松吉に, 梁文の, 水魚連という, 浪花通を, 画家など, 画家などは, 粋に, 閑人や

▼ 通かの~ (26, 0.3%)

6 手紙の 2 手紙と, 手紙は, 手紙を

1 [14件] 中に, 公卿名の, 回送され, 封書を, 往復は, 手紙が, 書に, 書簡である, 書面に, 書類が, 書類を, 案内状を, 紙包を, 紹介状を

▼ 通~ (25, 0.3%)

3 して

1 [22件] したこと, したしるし, したら嘸, した學者, した所, した時, しようなんと, し得たので, し氣體論, し終る定め, すること前後二囘, するに, する事, する人, する勞力, する機會, せられた, である, ではない, といふは決して, なさつたら私, の際

▼ 通~ (23, 0.2%)

1 [23件] が種族維持, が許されぬ, した, したり, した例, した者, すること, するとか, するもの, する伝説, のみで羈縻, の場合, の如き, の盛, は国法, は差支えない, も時に, をまで禁ぜられ, をも黙許, を忌まなかった, を忌まれ, を拒否, を許さなかった

▼ 通越し~ (23, 0.2%)

3 ている 2 て浦見町, て滑稽

1 [16件] てあんな, ていらっしゃいました, てしまいたい, てすた, てすたすた, てひけ, てまた, て可, て台所, て呆気, て居る, て来た, て次, て此様, て藤沢, 心細さ

▼ 通ふと~ (22, 0.2%)

2 見ましき

1 [20件] いふこと, いふの, いふ事, いふ人の, いふ処, いふ風習, そ, は何, は申し, は目, は言語道断, も見えぬ, も馴れし, 云ふ, 意気込んだが, 星の, 聞いた頃, 自然養生法にも, 言ふ, 言ふだ

▼ 通三丁目~ (22, 0.2%)

2 の井筒屋, の井筒屋豊三郎, の米屋

1 [16件] であつ, でして, で賣つて, の上総屋, の両替屋伊勢屋伝右衛門, の丸善, の大分限, の大賀屋宇右衞門さん, の小町娘, の店, の糸屋, の赤い, の釜屋, へと急ぎました, へ行く, まで行つて見てくれ

▼ 通油町~ (21, 0.2%)

4 の鶴屋 2 の本宅, の橘屋

1 [13件] でした, というところ, というの, との間, と通旅籠町, に住ん, の京屋, の向う側, の地本問屋蔦屋重三郎, の大通り, の紙問屋橘屋徳兵衛, の耕書堂, へかけ

▼ 通~ (20, 0.2%)

2 して, となつ

1 [16件] が獨占, させると, したので, しないで, であつ, で足れり, としての立場, として使, などから退き, に當つた, のこと, の任, の榮, よりものち, をなし, を以て足れり

▼ 通にて~ (19, 0.2%)

2 厭き足りぬと

1 [17件] お半様, われすでに, セキセイ鸚哥を, 一人の, 五世音羽屋宅の, 人力車に, 出合いたり, 可然, 台湾生蕃人の, 図らず牛込, 展覧会にては, 山の内餅を, 毆打せられし, 無之, 画人岡野栄氏に, 着附は, 花を

▼ 通つた時~ (18, 0.2%)

1 [18件] から, この枝隊, であつ, と余り, にはその, にはそれ, にはボロ, には嬉しく, には赤土, には雪, に彼, に見たら, は日, は百二三十戸, ふと目, ぽツ, よごれた繃帶, 渇して

▼ 通にも~ (18, 0.2%)

1 [18件] あくどいペンキ塗り, およんで, かねて, すまない, ならないで, ラジオを, 上って, 会おうと, 依然として他日, 劣らないほど, 及んで, 向いの, 城太郎にも, 幼ければ, 成りかねるの, 決して口, 私が, 粹にも

▼ 通~ (18, 0.2%)

3 の中, を書いた

1 [12件] がそれ, で最も, と文獻通考, にある, には二十略, には十二月朔日, の出來榮, の方, の藝文略, の藝文略・校讐略, は劣る, は机

▼ 通では~ (17, 0.2%)

2 ないか, ないと, なかった

1 [11件] ありませんか, あるまいか, あるまいし, こんなふう, ござらぬかな, ない, ないわ, なかろう, 人目に, 前の, 闇の

▼ 通ひし~ (17, 0.2%)

2 が怠惰もの, ときも, を先方, 折養ひ得たる 1 が今, ことまでも, ものエルマンの, ものヂンバリストの, もの又は, も事實, 帰途上野の, 頃なり, 頃も

▼ 通まで~ (17, 0.2%)

2 重ねられて

1 [15件] この中, みつけたが, タクシーで, 光と, 出で, 打ち囃した, 来た, 歩いて, 牛車で, 聞え通り掛った巡査, 行った, 貰っては, 送つて, 連れて, 駆け出すこと

▼ 通抜け~ (17, 0.2%)

2 て来た, の出来る

1 [13件] が出来ます, て, てしまいます, てしまひます, て北上川, て広い, て東照宮, て真直, て自分, て隣邸, にこの, ひろびろと, 舗石道について

▼ 通過ぎ~ (17, 0.2%)

1 [17件] たり縁日, つつ, てあの, て並木街, て了, て吹雪, て岸本, て左側, て庭づたいに小歌, て暗く, て楼梯, て汗, て花園橋, て行っ, て行った, て高力松, ながら体

▼ 通~ (16, 0.2%)

2 出て

1 [14件] あそこは, あった, あつて, ありしを, ある変名, それに対する, 三通の, 二通, 二通ずつ, 出しました, 受け取った, 小紋ちりめんを, 手に, 電報を

▼ 通~ (16, 0.2%)

3 となっ 2 で一般

1 [11件] があっ, である, である即ち, ではなく, で彼, として須らく, になつて, のよう, の大家久兵衛, をこけ, を鬚蘂

▼ 通~ (16, 0.2%)

2 は人

1 [14件] するもの, たる京城, であらう, で呼びなれ, に從, に限り名札, の如く, は佐々木信綱さん, は何と, は古作, は藤四郎, を何ん, を兵右衞門, を持つた

▼ 通船楼~ (16, 0.2%)

8 の若い 5 のお 1 で見た, のおかみさん, の男

▼ 通する~ (15, 0.2%)

2 のが

1 [13件] がゆえに, というよう, ところの, のである, やうに, ように, 何ものかを, 何物かが, 何者かを, 信仰なり, 力を, 所だ, 者は

▼ 通はせ~ (15, 0.2%)

5 てゐる 1 てある, てから家, てもいい, て共に, て呉れるなら, て存在, て眠つて, て自分, て貰, 難く道

▼ 通~ (15, 0.2%)

1 [15件] が作られた, だに今に, である, といふ本, と共に後, には倭面土地王師升等, には此, の勝れた, の如き, の如く, の著者, はそれと, は一體禮, は全く, を見ます

▼ 通~ (14, 0.1%)

4 来る 1 ましたの, ゆきたや, 四辺を, 居たの, 居て, 幾人の, 来よ, 来るなか, 芝居の, 行た

▼ 通ふも~ (14, 0.1%)

4 のが 2 のか 1 のです, のと, のとして, のの, のは, のまで, のヱスドレロン平原, の希

▼ 通へる~ (14, 0.1%)

2 歌舞音曲うかれうかれ, 路を 1 かの諸, ところある, のでお, 一書生は, 八千俣に, 勘定である, 幹ならん, 潮の, 碁会所の, 風の音

▼ 通~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] たか, た其, てる処, てゐた, てゐる, て何ん, て來, て例へば, て少し, て氷川田圃, て花びら, て行ツ

▼ 通禧ら~ (14, 0.1%)

1 [14件] にはかなり, の土産話, の目, の立場, はその, は人, は何より, は帰り, は当惑, は時計, は米国公使, は西洋人, を待ち受け, を送りかえし

▼ 通~ (14, 0.1%)

5 仰付, 仰付候 1 仰付候段, 仰付別宅, 成下候, 申渡候以上

▼ 通過ぎた~ (14, 0.1%)

2 ことが

1 [12件] かと思う, ことを, のト, 事が, 処に, 後で, 後であった, 後の, 時軽い, 部屋はと, 酒屋の, 頃丑松は

▼ 通である~ (13, 0.1%)

2 から人間

1 [11件] からそれ, が本場, ことは, ことを, とかと母, とし, とは云, と同時に, はずの, ような, 場合において

▼ 通とも~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一緒に, 不着に, 今は, 僅か三十字足らずの, 別々の, 同じ粗末, 大津三井寺に, 日本橋式部小路の, 自分で, 見えなかった, 言われるもの, 長慶天皇御, 霜へ

▼ 通どの~ (13, 0.1%)

1 [13件] お通どの, がまだ, だ, と申された, のこと, はいい, はわし, へと書い, へは何もかも, もその間, 来て, 遅かった, 馬に

▼ 通つた所~ (12, 0.1%)

5 のある 3 がある 2 がない, である

▼ 通なる~ (12, 0.1%)

1 [12件] には恐れ入る, ものから, ものが, ものの, を知らず, 人の, 人は, 小流に, 日吉町に, 某新聞, 眼光を以て, 註文を

▼ 通はせる~ (12, 0.1%)

2 ことに, やうに 1 ことも, ことを, だに業腹, つもりで, なその, にし, よりもこんな, 位に

▼ 通ばかり~ (12, 0.1%)

2 書いたが 1 いること, お出し, お書きなさい, こさえて, では, で河, のべつに, 勉強した, 書く, 見ると

▼ 通~ (12, 0.1%)

1 [12件] が後鳥羽院, が突然, で兼実, に押され, の久我家, の土御門邸, の子久我通具, の家司, の養女, は外舅, を五首, を動かした

▼ 通~ (12, 0.1%)

4 すると 3 しても 1 する時, せしも, に始, に比し, を著し

▼ 通~ (12, 0.1%)

2 をし 1 が無けれ, だから, であること, となっ, となり, となれ, に頼ん, のこと, をされた, をした

▼ 通つたら~ (11, 0.1%)

1 [11件] あの甚太郎, その人, その前, 声が, 抱へて, 昼間ツから, 暫くし, 涼しさうに, 私の, 蒲生氏郷の, 部屋の

▼ 通でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありつたけ, できた, ない, なかった, また義朝, ノブ子さんの, 並べて, 五通でも, 御送り, 粋でも, 開封した

▼ 通和尚~ (11, 0.1%)

1 [11件] であると, に頼んだ, の先, の出身地, の言葉, は, はまた, は守鶴少年, は庫裏, は諸国行脚, を見る

▼ 通~ (11, 0.1%)

2 するやう 1 した山本芳翠畫塾, した帶屋町, した頃, して, し出した長男, するので, する兒, する用意, の便宜

▼ 通~ (11, 0.1%)

5 の説 1 には孔子, の儀, の宗教, の物, の経文, の者

▼ 通~ (11, 0.1%)

2 女の, 女は 1 女お前の, 女が, 女っ, 女なにを, 女はおぬ, 女よ, 父が

▼ 通~ (10, 0.1%)

2 と川俣踏絵 1 です, という子爵家, とその, と手, に握られ, の妾, の秘密, の部屋

▼ 通~ (10, 0.1%)

1 が, が創始, が藩, だけはこの, の息月輪殿, の若い, は, は京, は当時, を訪うた

▼ 通四丁目~ (10, 0.1%)

1 で降り, の一角, の停留所, の北側, の大, の守隨彦太郎獨, の秤座, の角, の鼈甲屋鼈長, へ飛ん

▼ 通~ (10, 0.1%)

2 というもの 1 であります, であるから, といい, にこんな, の前, はヤカン頭, は友だち, は本気

▼ 通~ (10, 0.1%)

1 では暮, で氷水, で飲んだ, に住み, に出, の古本屋, の大西村, の西村家, へ散歩, を一丁目

▼ 通~ (10, 0.1%)

1 がいつ, が三十, が此, などは名倉池, の, のはかない, の侍, の死骸, は鵯, を始め

▼ 通~ (10, 0.1%)

1 ありと, がした, がする, が魔王, でもし, ならあの, のよう, めく, を見, を見た

▼ 通だけ~ (9, 0.1%)

1 あって, あつて葡萄酒, ありて, ある, でしょうか, ですけれど, でほか, で母, 裏へ

▼ 通とか~ (9, 0.1%)

1 いひて, いわれること, 云う事それ自身, 城太郎とか, 意氣とか, 日比谷とか, 粋といふ, 粋とかを, 語学通とか

▼ 通~ (9, 0.1%)

2 の兄媛, の名代, の藤原郎女 1 のこと, の事, を進め

▼ 通寺町~ (9, 0.1%)

1 にいた, に求友亭, の全部, の如き, の小, の方, の更科あたり, の発展, の露路

▼ 通~ (9, 0.1%)

321 がとおる, っていう人, にいう, の職業

▼ 通過ぎる~ (9, 0.1%)

2 のを 1 とやがて, と女学校, ものも, ような, 俥の, 女も, 赤黒い英吉利風

▼ 通ずつ~ (8, 0.1%)

1 だった, 出すという, 出て, 手紙を, 日附に, 末長く, 来る, 渡して

▼ 通つた事~ (8, 0.1%)

2 ではない, のある, もあつ 1 があつ, は察せられる

▼ 通つてる~ (8, 0.1%)

2 のか 1 のだらう, のです, のは, もんだ, 一人の, 事を

▼ 通ふこ~ (8, 0.1%)

2 とはこれ 1 とさえ本人, となし, とは家中, とも出, とも絶え, と愈

▼ 通~ (8, 0.1%)

2 た, たのら 1 たもん, たら飛んだ目, た男, てゆく

▼ 通~ (8, 0.1%)

2 の屋形 1 が桂, が詞, である, の尊崇なおざり, の饗宴, はいつも

▼ 通~ (8, 0.1%)

1 にはわからなかつた, には同情, のふう, の昔話, の歳, はいつ, はにつこり, は風葉

▼ 通~ (8, 0.1%)

1 だ, についた, に今度, の代筆, の封書, の最後, の電報, は大学

▼ 通であり~ (7, 0.1%)

2 ながら真に 1 そして或, 且水産狂である, 學者で, 簡潔であり, 軍部認識者であり

▼ 通といふ~ (7, 0.1%)

1 ことが, ことで, のが, ものは, 形に, 草書に, 言葉を

▼ 通ふか~ (7, 0.1%)

31 と思はれる, と思ふ, の女, 辿

▼ 通~ (7, 0.1%)

1 お通, つたが, つてゐる, つて行つた, まいちど眼, 其方にも, 赤煉瓦の

▼ 通らしい~ (7, 0.1%)

2 顔を 1 がこれ, ことを, のが, 三人の, 御方と

▼ 通りす~ (7, 0.1%)

2 がひ 1 がつた, がつたボーイ, がつた一人, がつた者, がッ

▼ 通を以て~ (7, 0.1%)

2 任じて 1 ひそかに, 任ずるや, 任ずる高田文相は, 六群比丘が, 聞ゆる

▼ 通~ (7, 0.1%)

2 の辺 1 に組違, のある, へ顏, も二階, らしい浅間

▼ 通~ (7, 0.1%)

1 がピカ, が五六枚, に交つて, の波形錢, の紋, の鑄造, を一枚

▼ 通新町~ (7, 0.1%)

2 の長助, や何 1 を右, を通る, を過ぎ

▼ 通書い~ (7, 0.1%)

1 てから右馬助, てもらっ, て一通, て六人, て出した, て出す, て渡した

▼ 通~ (7, 0.1%)

2 の四郎 1 になやまされ, の来る, はやがて, は家畜, は馬豚等

▼ 通譯官~ (7, 0.1%)

1 であつ, といふの, として最も, として活動, と商務官, の家柄, も同列

▼ 通~ (7, 0.1%)

3 を待ち受けた, を拝 1 あるや

▼ 通過る~ (7, 0.1%)

1 ことが, のであつ, ので二人, のを, 円タクも, 円タクを, 道の

▼ 通あり~ (6, 0.1%)

1 ありとあらゆる有情含識, がたかつた, その方, 之だけが, 尚女, 未だ釧路

▼ 通~ (6, 0.1%)

21 働なさるでしょう, 手許まで, 書きなすった, 通っ

▼ 通しか~ (6, 0.1%)

1 くれないよう, なかった, なく宛名, 書き上って, 残って, 許さなかった御朱印

▼ 通つた人~ (6, 0.1%)

1 ですが, には茶, の數, はない, もあります, を見つけね

▼ 通つた道~ (6, 0.1%)

1 の長, の青, もその, を今日, を自分, を行つて

▼ 通とは~ (6, 0.1%)

1 すぐ親しく, ちがいまして, 前の, 年ごろの, 柳生谷の, 気だてが

▼ 通ひだ~ (6, 0.1%)

1 した, したある, したといふ, し浪人, つたら夕方五時, といふ

▼ 通ひ詰め~ (6, 0.1%)

2 てゐた 1 てきまり, てゐる, て揚句, て早

▼ 通へども~ (6, 0.1%)

2 世の, 身は 1 八重立つ, 現にひと

▼ 通~ (6, 0.1%)

1 がわめい, が倒れくさった, でした, のわけ, の文句, も夢

▼ 通動機~ (6, 0.1%)

1 が車, といふもの, はそれ, は又, を前後, を押し

▼ 通~ (6, 0.1%)

1 だから, であった場合, はあんまり, はこの, は潮来節, めいた粋がり

▼ 通~ (6, 0.1%)

1 というの, に至らしめ, の事件, へ向つた際, まで送, を取り

▼ 通~ (6, 0.1%)

1 のこと, の道, は常に, 城番松野豊後守どのへ, 庭掃除余部村小, 話申さぬ

▼ 通抜ける~ (6, 0.1%)

2 旅僧は 1 と紅葉, のを, 人たちの, 幾筋もの

▼ 通~ (6, 0.1%)

1 けねばならない, けよう, けられるので, ける數, け神代, す

▼ 通掛り~ (6, 0.1%)

1 にめし屋, に見ました, のもの, の人, の知らん, の私

▼ 通越した~ (6, 0.1%)

1 から更め, 北口を, 大俗さ, 臆病な, 自棄な, 調子はずれその

▼ 通あまり~ (5, 0.1%)

2 も履歴書 1 のその, も書い, 楽な

▼ 通ある~ (5, 0.1%)

1 か知ってる, がそのうち, ようです, 筈だ, 超人には

▼ 通さま~ (5, 0.1%)

1 お師匠さま, があちら, がお, に違い, までを折

▼ 通つて二階~ (5, 0.1%)

2 に上る 1 に上れ, に登り, をおり

▼ 通として~ (5, 0.1%)

1 憚かられ, 有名で, 東印度會社に, 立派な, 至宝視され

▼ 通との~ (5, 0.1%)

1 あいだを, 不和を, 仲を, 深刻な, 間に

▼ 通ひ出した~ (5, 0.1%)

1 のを, やうで, 兩國の, 娘の, 灰色の

▼ 通より~ (5, 0.1%)

1 吹きつくる風, 室町通へ, 少し顔, 成立する, 生ずるもの

▼ 通~ (5, 0.1%)

1 イロイロ口走, 当工場ハマサニ, 過ギテイル時期ニナッテ, 過ギテ行クノガ聞エル, 過ギル時ニピイピイト

▼ 通~ (5, 0.1%)

1 で仮葬, の寺, の法師原, の縁起, へ拝登

▼ 通持っ~ (5, 0.1%)

2 ている 1 ていた, て居た, て来

▼ 通~ (5, 0.1%)

3 して 1 しなければ, しキリスト教

▼ 通~ (5, 0.1%)

4 ている 1 てゐた

▼ 通~ (5, 0.1%)

1 が没後, が目, の病没, の肖像, はいつも

▼ 通~ (5, 0.1%)

1 が日, の板敷, の鳥居前, はその, を突当り

▼ 通蔓草~ (5, 0.1%)

4 の実 1 の花

▼ 通~ (5, 0.1%)

1 である, と異なる, によった, の語意, も後

▼ 通~ (5, 0.1%)

1 して, でもし, はたしかに, は果たして, を書く

▼ 通越す~ (5, 0.1%)

2 とやがて 1 と一間口, と道, 大八車の

▼ 通鑑綱目~ (5, 0.1%)

1 である, で鑑, といふやう, のよう, は春秋

▼ 通あった~ (4, 0.0%)

1 という, のは, 中の, 切りだった

▼ 通がかり~ (4, 0.0%)

1 に笑っ, に見た, の人, の驛員

▼ 通ごと~ (4, 0.0%)

1 に変っ, に本, に脅威, に露骨

▼ 通さア~ (4, 0.0%)

4

▼ 通その~ (4, 0.0%)

1 一通は, 代金二十四両一歩二朱也鉄色メリヤス上下共十五通桃色メリヤス十通その, 代金十二両二歩也青染と, 先を

▼ 通それ~ (4, 0.0%)

1 すらもよこさぬ, はどう, は懐ろ紙, をまあ

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 か少し, がソレ, と云う, と思う

▼ 通だけは~ (4, 0.0%)

1 二十三の, 元日の, 逃し兼ねましたね, 金輪際本位田家

▼ 通つて自分~ (4, 0.0%)

3 の家 1 の顏

▼ 通であった~ (4, 0.0%)

1 がかほど, ことを, ということ, というの

▼ 通です~ (4, 0.0%)

2 がそれでも 1 からとあはれ, から直ぐ

▼ 通でない~ (4, 0.0%)

1 ぞ, とみえる, のです, 深い情交

▼ 通でなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばやれない, ば大体

▼ 通と共に~ (4, 0.0%)

1 明後九月九日に, 昼から, 登城した, 迷れ

▼ 通~ (4, 0.0%)

4 ものか

▼ 通ひたる~ (4, 0.0%)

1 ところあら, 事あり, 故郷の, 昔忍ばれ

▼ 通ひで~ (4, 0.0%)

2 あつた 1 は一番, は勤め切れない

▼ 通ひ出し~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 てゐた, て一家

▼ 通ふら~ (4, 0.0%)

31 む高

▼ 通へと~ (4, 0.0%)

1 上る処, 歩きつづけるの, 無茶苦茶に, 言は

▼ 通もの~ (4, 0.0%)

2 手紙を 1 手紙が, 艶文が

▼ 通一遍~ (4, 0.0%)

1 で眞, のもの, の世辞, の安穏さ

▼ 通以上~ (4, 0.0%)

1 にもなる, はわたし, は書いたろう, も集まった

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 であった, という中年, はお茶, は長兄博司

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 の四月十九日, は良経, もその, や通光

▼ 通~ (4, 0.0%)

2 の女 1 に任, の事

▼ 通勝手次第~ (4, 0.0%)

2 被仰 1 と平助殿, と被

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 の御名, の談, も私, 某課長

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 が俗名, の親許, は頭, を囲っ

▼ 通天門~ (4, 0.0%)

1 とある, と額, を入る, を潜っ

▼ 通太郎夫妻~ (4, 0.0%)

1 であった, にとっては意外千万, を訪ね, を訪問

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 い束髪, だと, の女, の後見

▼ 通婚行~ (4, 0.0%)

1 はれたり, はれ完全, はれ昔日, はれ殊に

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 なる土間, になりおり, に此方, の両方

▼ 通~ (4, 0.0%)

2 の子 1 が伝えた, の孫

▼ 通手紙~ (4, 0.0%)

1 が久慈, を伸子, を書かされた, を書く

▼ 通抜けよう~ (4, 0.0%)

2 とする 1 としてもの, との考え

▼ 通~ (4, 0.0%)

2 石町から, 石町の

▼ 通旅籠町~ (4, 0.0%)

1 と改名, の家持ち, の河内屋, の間

▼ 通~ (4, 0.0%)

2 の左岸 1 に長い, を渡つて東

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 に手渡した, に渡し, の手, へも宜

▼ 通自在~ (4, 0.0%)

1 な翁, の世界, の簡単さ, を得た

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 ができる, ということ, とは種々, を求める

▼ 通~ (4, 0.0%)

1 に曝, に貼り出され, のやう, を驅

▼ 通譯官ポートマン~ (4, 0.0%)

2 から森山榮 1 との間, より森山榮

▼ 通かと~ (3, 0.0%)

1 どいたが, 好みを, 思うと

▼ 通かも~ (3, 0.0%)

1 知れないし, 知れぬ, 知れん

▼ 通からは~ (3, 0.0%)

2 見る事 1 南賀茂川からは

▼ 通さんこれ~ (3, 0.0%)

1 がお, でいい, は昼間

▼ 通さんそ~ (3, 0.0%)

2 なたが 1 なたの

▼ 通した~ (3, 0.0%)

1 ため夕方近く台所に, ところで, よ

▼ 通たる~ (3, 0.0%)

1 ことは, 人の, 奥田義人が

▼ 通だけに~ (3, 0.0%)

1 どこか, ひつそりと, 自分が

▼ 通だった~ (3, 0.0%)

1 かしら, ね, 風の

▼ 通つたお~ (3, 0.0%)

1 方な, 紺の, 銀の

▼ 通つた人間~ (3, 0.0%)

1 でも立てる, の袖, の雰囲気

▼ 通つた気~ (3, 0.0%)

2 がした 1 がする

▼ 通つた物~ (3, 0.0%)

1 がない, である, の言

▼ 通つた話~ (3, 0.0%)

1 でした, なら遠慮, を引出す

▼ 通つた跡~ (3, 0.0%)

1 にはスミレ, には草, もない

▼ 通つて行つて~ (3, 0.0%)

1 そして迫り, るとしか, 見ると

▼ 通とが~ (3, 0.0%)

1 即ち伊沢町, 背を, 許嫁だ

▼ 通とを~ (3, 0.0%)

1 くッ, 会わせて, 扇屋に

▼ 通なら~ (3, 0.0%)

1 ば, む, 柵家に

▼ 通に対して~ (3, 0.0%)

1 君の, 清廉なる, 馬鹿

▼ 通のてが~ (3, 0.0%)

3 みを

▼ 通はん~ (3, 0.0%)

1 とす, とて夜中, ならん

▼ 通ひつめた~ (3, 0.0%)

1 が暫く, 仏蘭西の, 末人の

▼ 通ひで夜~ (3, 0.0%)

1 は此, は此家, 遅くな

▼ 通ひはじめ~ (3, 0.0%)

1 そこに, てからもう, て丁度

▼ 通ひました~ (3, 0.0%)

1 から自然, が一年, よ

▼ 通ひ始めた~ (3, 0.0%)

1 と言ふ報告, のである, 頃の

▼ 通ひ詰めた~ (3, 0.0%)

1 が何, であらう, 頃の

▼ 通ふべき~ (3, 0.0%)

1 所に, 空も, 高尾と

▼ 通ほどの~ (3, 0.0%)

1 一通は, 手紙の, 手紙全部が

▼ 通~ (3, 0.0%)

2 でも事 1 にや雀

▼ 通をも~ (3, 0.0%)

1 亡ぼそうと, 危惧して, 渡して

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 なさる, なすったと, なは

▼ 通世間~ (3, 0.0%)

2 の不公平 1 を狭く

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 の手紙, 出して, 書いてから

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 から神寳君, である, に至る

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 などとともに歌風, も歌人, を四首

▼ 通出す~ (3, 0.0%)

1 には出した, よりも半日位間, 方が

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 斯人は, 斯人までが, 義通じゃ

▼ 通~ (3, 0.0%)

2 にとろけ 1 に書状数通

▼ 通夫人~ (3, 0.0%)

1 がしばらく, と戦っ, と戦つて

▼ 通姉さん~ (3, 0.0%)

1 がそんな, が見た, は美麗

▼ 通學生~ (3, 0.0%)

1 は歸つて了, もあつ, をつかまへ

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 もこれ, 上人といふ, 上人は

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 に非, の便, の策

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 と同様, は箱, を歩く

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 であつ, として勝, なる似非風流

▼ 通掛った~ (3, 0.0%)

1 のでこの, 時松の, 近衛の

▼ 通来た~ (3, 0.0%)

1 きりで, ことが, のや

▼ 通~ (3, 0.0%)

2 の客間 1 からのもの

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 させて, と分れ, の時

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 がまだ, だ, を発し

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 でもありましょう, で口, なり

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 という四十年配, はどう, は音楽雑誌

▼ 通自身~ (3, 0.0%)

1 がその, が身の上話, にとれ

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 して, しますと, を妨げる

▼ 通譯外交~ (3, 0.0%)

1 がいたく, が繼續, であり貿易上

▼ 通辯方頭取~ (3, 0.0%)

2 となつ 1 となり

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, という, ならぬ恋

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 には有名, の方, へ行く

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 において夫木集, には忍足, の如き

▼ 通鑑紀事本末~ (3, 0.0%)

1 であ, といふもの, は著しい

▼ 通~ (3, 0.0%)

1 なり, なること, の例

▼ 通あっ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, てもだめ

▼ 通あります~ (2, 0.0%)

1 から, 只今手もとに

▼ 通かは~ (2, 0.0%)

1 ちょうど君, ッは

▼ 通からも~ (2, 0.0%)

1 横町の, 武蔵からも

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 ふ一通, 口が

▼ 通ここ~ (2, 0.0%)

1 じゃあしんみり, に手紙

▼ 通こと細か~ (2, 0.0%)

2 成けるよし

▼ 通この~ (2, 0.0%)

1 場合は, 独逸の

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 へない, へ稀

▼ 通さんおまえ~ (2, 0.0%)

1 の今, はなぜ

▼ 通さんそこ~ (2, 0.0%)

1 の枯れ木, の縄

▼ 通さんどこ~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行く

▼ 通さんなに~ (2, 0.0%)

1 して, してんの

▼ 通さんみたい~ (2, 0.0%)

1 に山駕籠, に隠し

▼ 通さん何~ (2, 0.0%)

1 をいう, を考え

▼ 通さん何処~ (2, 0.0%)

1 へ何, へ行く

▼ 通さん先刻~ (2, 0.0%)

1 からソレそこ, 煮た芋

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 て行人多忙, 中に

▼ 通じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 牛込辺の

▼ 通そんな~ (2, 0.0%)

2 作家は

▼ 通だけが~ (2, 0.0%)

1 特別に, 遺って

▼ 通だけを~ (2, 0.0%)

1 乗せて, 携えて

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 へかぐら通, へにるやせ

▼ 通ちかく~ (2, 0.0%)

1 を, 集ったの

▼ 通つたあと~ (2, 0.0%)

1 の広小路, の獸

▼ 通つたらきい~ (2, 0.0%)

2 て見ませう

▼ 通つた位~ (2, 0.0%)

1 にしかこたえない, にしか読ん

▼ 通つた四十許~ (2, 0.0%)

1 の品, りの

▼ 通つた平次~ (2, 0.0%)

1 のこの, は皆んな

▼ 通つた後~ (2, 0.0%)

1 のやう, 暫くし

▼ 通つた氣~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ 通つた水~ (2, 0.0%)

1 が雷光, は合流

▼ 通つた波蘭~ (2, 0.0%)

2 から掛け

▼ 通つた自分~ (2, 0.0%)

1 は三度共, は三度共此大章魚

▼ 通つた鼻筋~ (2, 0.0%)

1 もこれ, も反り加減

▼ 通つてこれ~ (2, 0.0%)

1 と契る, はわけ

▼ 通つてしま~ (2, 0.0%)

1 へば群とんぼ, へるの

▼ 通つてしまつた後~ (2, 0.0%)

1 だと, の筵

▼ 通つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 は頭, も自分

▼ 通つてそこ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の下手

▼ 通つてそつ~ (2, 0.0%)

1 とお, と邸

▼ 通つて一人~ (2, 0.0%)

1 の女, もお客

▼ 通つて作文問題~ (2, 0.0%)

2 の用意

▼ 通つて便所~ (2, 0.0%)

1 に行かね, までは一本廊下

▼ 通つて右~ (2, 0.0%)

1 へ曲る, へ行く

▼ 通つて家~ (2, 0.0%)

1 の人, の外廻り

▼ 通つて寺~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ 通つて帰~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 通つて庭~ (2, 0.0%)

1 からグルリ, に行つたの

▼ 通つて廊下~ (2, 0.0%)

1 の方, へ出る曇り

▼ 通つて廣~ (2, 0.0%)

1 い境内, い講堂

▼ 通つて揚屋町~ (2, 0.0%)

2 の刎橋

▼ 通つて樂屋~ (2, 0.0%)

1 の二階, の大

▼ 通つて海岸~ (2, 0.0%)

1 の方, へ出た

▼ 通つて玄關~ (2, 0.0%)

1 へ出る, も居間

▼ 通つて町~ (2, 0.0%)

2 はづれ

▼ 通つて空~ (2, 0.0%)

1 と水, へ舞つて

▼ 通つて行つた~ (2, 0.0%)

1 からだつた, 怪しいぞ

▼ 通つて駅~ (2, 0.0%)

1 の方, へ引返し

▼ 通であっ~ (2, 0.0%)

1 てもこの, て新しい

▼ 通でございます~ (2, 0.0%)

1 から敢, が何

▼ 通でさえ~ (2, 0.0%)

1 ぎょっとした, 一寸も

▼ 通でなかった~ (2, 0.0%)

1 と見え, 処

▼ 通とかを~ (2, 0.0%)

1 よろこんで, 持藥に

▼ 通とて~ (2, 0.0%)

1 もうどこ, 親も

▼ 通ならざる~ (2, 0.0%)

2 俗な

▼ 通ならぬ~ (2, 0.0%)

1 苦みを, 関係が

▼ 通にとって~ (2, 0.0%)

1 七夕の, 有難迷惑な

▼ 通にとっては~ (2, 0.0%)

1 なによりの, 意外であった

▼ 通によりて~ (2, 0.0%)

1 奇怪の, 知ること

▼ 通に対しても~ (2, 0.0%)

1 そう人, 同様な

▼ 通のみ~ (2, 0.0%)

2 ならず併せて

▼ 通はず小鳥~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 通はば~ (2, 0.0%)

1 たつと, ほととぎすかけ

▼ 通はむ~ (2, 0.0%)

1 と思ひき, と思ひし

▼ 通はれた~ (2, 0.0%)

1 とき此等胡, 頃寝おびれた

▼ 通ばかりを~ (2, 0.0%)

1 命ずるので, 持つて

▼ 通ひと~ (2, 0.0%)

1 しては, は両側

▼ 通ひなれたる~ (2, 0.0%)

2 若狭人

▼ 通ひまし~ (2, 0.0%)

2 けむ

▼ 通ひも出來~ (2, 0.0%)

1 ないやう, なくなつた

▼ 通ひ始め~ (2, 0.0%)

1 て後, 紅も

▼ 通ひ慣れた~ (2, 0.0%)

1 径の, 軽の

▼ 通ふため~ (2, 0.0%)

1 に一隅, に谷

▼ 通ふつ~ (2, 0.0%)

1 てんだい, て何處

▼ 通ふて~ (2, 0.0%)

1 うつとりと, 来なせ

▼ 通ふてゐる~ (2, 0.0%)

1 など彼我文化, 小柄な

▼ 通ふところ~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 通ふま~ (2, 0.0%)

1 じい, ぼろし夢

▼ 通へとぞ~ (2, 0.0%)

2 悲しかれよと

▼ 通へは~ (2, 0.0%)

1 もう聞え, 一銭だって

▼ 通へば~ (2, 0.0%)

1 いいよ, なほさら五月蠅く

▼ 通へも~ (2, 0.0%)

1 流して, 誰へも

▼ 通みたい~ (2, 0.0%)

1 だ, になっ

▼ 通もう~ (2, 0.0%)

2 一刻も

▼ 通よりは~ (2, 0.0%)

1 少し顏, 愛くるしい

▼ 通よりも~ (2, 0.0%)

1 どこか, 却って驚いたらしい

▼ 通ろう~ (2, 0.0%)

1 ではない, ではなし

▼ 通をば~ (2, 0.0%)

1 やがて片側, 押へ

▼ 通ジテ敏子~ (2, 0.0%)

2 ヲ動カソウトシテイル

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 即チ心

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 南側ヲ, 法修行術種々二カ月バカリニ残ラズ教エテクレタソレカラコノ南平ハボロノナリ故

▼ 通リノ天空~ (2, 0.0%)

2

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 なさい, 抜けるに

▼ 通一丁目~ (2, 0.0%)

1 の森岡安太郎さん, 反魂丹

▼ 通下され~ (2, 0.0%)

2 その品

▼ 通二通八九通殘~ (2, 0.0%)

2 りなく

▼ 通五六通~ (2, 0.0%)

1 よりは少し, より少し

▼ 通人間通~ (2, 0.0%)

1 と申すべき, の作品

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 の被服廠跡, 廿七日英国水師提督に

▼ 通仕込~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 通何時~ (2, 0.0%)

1 でも払っ, でも払つて

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 が初代長官, の

▼ 通先生~ (2, 0.0%)

1 が沖縄県師範学校, の世話

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 すべき路

▼ 通八丁目~ (2, 0.0%)

1 の生野女学校, まで行っ

▼ 通八九通殘~ (2, 0.0%)

2 りなく

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 通出し~ (2, 0.0%)

1 てみせた, て置い

▼ 通出せ~ (2, 0.0%)

1 ばプロバビリティ, ば同じ

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 大平御, 那の

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 召出且行届候段満足褒美可致別段, 被仕

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 二十五日付の, 十日付一通同

▼ 通同じ~ (2, 0.0%)

1 意味の, 所に

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 は良人, を良人

▼ 通四通五六通~ (2, 0.0%)

1 よりは少し, より少し

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 まで追, を駈下りまし

▼ 通大判~ (2, 0.0%)

2 な用紙

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 に呼吸, の路

▼ 通女子~ (2, 0.0%)

2

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 にも似合わねえ, も見え

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 に, は

▼ 通子爵~ (2, 0.0%)

2 の令嬢

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 は子, を文達

▼ 通寂しい~ (2, 0.0%)

1 処をと, 所で

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 が五六百枚, と裏

▼ 通少し~ (2, 0.0%)

1 云々, 開いて

▼ 通届け~ (2, 0.0%)

1 て来ました, 方が

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 であるから, に訴

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 が出, が出来なかつた

▼ 通抜けた~ (2, 0.0%)

1 が誰, 事が

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 つたので, 新番組

▼ 通新聞~ (2, 0.0%)

1 という言葉, なんぞのぞいた

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 なり, は世に

▼ 通時間的~ (2, 0.0%)

1 な自然, に通じる

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 に余韻, を見渡す

▼ 通書く~ (2, 0.0%)

1 のに, 抱壺へ

▼ 通来ました~ (2, 0.0%)

1 のそれ, のであの

▼ 通東西~ (2, 0.0%)

2 も弁じない

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 りなく

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 であって, となし

▼ 通源寺~ (2, 0.0%)

1 という寺, はお

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 である, とは道義心

▼ 通猪熊~ (2, 0.0%)

1 の西, の西頬一町

▼ 通瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 と呼ばる, と呼ばるる

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を落し

▼ 通相場~ (2, 0.0%)

1 ならまだ, よ

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 を流し

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 の子, の性格

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ 通西軒~ (2, 0.0%)

1 と瑞光寺, へ持っ

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 てゆく, は奈良

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 にあらざるなり, の内庭篇

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 通貰っ~ (2, 0.0%)

1 てき, て来ました

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 が九州, が福岡

▼ 通送られ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ています

▼ 通速達~ (2, 0.0%)

1 であつ, の断り

▼ 通過ぎます~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 通過ぎよう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ 通重ねられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 通門票~ (2, 0.0%)

1 をもらった, を示し

▼ 通~ (2, 0.0%)

2 を引い

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 じって, じつて

▼ 通~ (2, 0.0%)

1 の君たち, は割に

▼ 通鳥屋末広~ (2, 0.0%)

1 にて七草会, に招飲

▼1* [1235件]

あなた相の山, 通ありしは極めて, 通ありゃ貞造は, 通あるいは支那学者と, 通いただけないかと言った, 通いたもうとは目, 通いやな手紙, 通いる児を, 通うけ取ったがそれ, 通うっとるに外された, 通おかけになる, 通おっている, 通おまえは変らない, 通および大門通りの, 通おれもはっきり, 通お便りをいただいた, 通かいてだした, 通かが失くなって, 通かき送りし文, 通かくのよ, 通かねて約束, 通かを次々に, 通きちんと置かれて, 通きてるきりだった, 通くらいなら細く, 通くれる約束を, 通ぐらい出て, 通ぐらいな年ごろだ, 通こしらへて, 通こちらは中庭, 通こっそり入れて, 通こっちの黄色い, 通これをごらん, 通さあ御飯時や, 通さえ読めないという, 通さきに牧師, 通さして傷みも, 通さまわがまま者の姉, 通さんいるかの, 通さんおいら途中でもう, 通さんおれは聞きたい, 通さんお前のまえだ, 通さんだいじょうぶかい, 通さんだつた, 通さんとこへ何, 通さんわしの今, 通さん今いう言葉, 通さん伊勢を立つ, 通さん傷は浅い, 通さん六道三途で溺れかけたら, 通さん後生だから, 通さん御飯を食べた, 通さん支度出来たよ, 通さん書物を部屋, 通さん武蔵という男, 通さん武蔵様だよ, 通さん殺しの下手人, 通さん気をつけ, 通さん水が欲, 通さん物干し竿あるか, 通さん蜜柑買って, 通さん路銀のたし, 通さん飛脚が届い, 通しかった夜が, 通しけるが見る, 通してやればよかつ, 通しといて, 通しな不都合な奴, 通しまってある, 通しも夏は, 通しものつき十銭, 通じゃあないよう, 通じゃと申すか, 通すじを辿り, 通すってこと, 通すらも今では, 通ずつしか書けないのみ, 通ずつの書状を, 通せまいことは, 通せり君の如き, 通そうと誓った, 通それから近く欧洲を, 通それではおまえは, 通たちを案内, 通たまっていた, 通だけの手紙とが, 通だって読みゃしません, 通だの四条の, 通だまして, 通ちゃんこれだけにし, 通ちや来なされすすき, 通やて, 通って同学者, 通つくつて壜に, 通つくってもらっ, 通つたいちだなと, 通つたかごがなくなり, 通つたくらゐです, 通つたさうな, 通つたぢやなえかね, 通つたつて無駄な事, 通つたところのない赤い, 通つたのさへも名古屋, 通つたふくよかな横顏, 通つたみのるは行く, 通つたらうか, 通つたらほつほつと描かれ, 通つたら助けて貰, 通つたら直り戸を, 通つたカテードラレなども後期ゴティク式, 通つたザポロージェ人の一行, 通つたバアの看板, 通つたホールの女達, 通つた一人の気配, 通つた一枚板のすつ, 通つた不思議な事実, 通つた並木を魔物, 通つた人々がその, 通つた人みんなぞよ, 通つた人形を見る, 通つた人物であり累, 通つた件んのザポロージェ人たち, 通つた俺の家, 通つた側に赤い, 通つた内に梅子, 通つた前夜はどんな, 通つた叔父貴と, 通つた名物男だつたの, 通つた味を持つ, 通つた囚人馬車がまるで, 通つた坂にさ, 通つた声が家中, 通つた夜明かし飮み屋, 通つた大川屋五郎兵衞といふ中, 通つた女だ, 通つた奴に, 通つた姿で舞台, 通つた子供の時, 通つた宗太郎町人をい, 通つた客でなければ, 通つた家柄は御用聞, 通つた寄附や義理, 通つた市場の料理店, 通つた年限の長い短い, 通つた幼稚園は四ツ谷, 通つた序に, 通つた店でわい, 通つた後二三十分で祭, 通つた御家來衆で腹, 通つた心持はわからないで, 通つた念場が原野邊山, 通つた悪事でもあり, 通つた感じのお, 通つた戯曲や演劇, 通つた折棕梠の樹, 通つた揚句一年のびたとか, 通つた数台の自動車, 通つた數よりもさつと, 通つた文科志望の佐々木, 通つた文部大臣森有礼に小さい, 通つた方法でとれる, 通つた日本の恋愛詩, 通つた時やつぱり我家と云, 通つた時何屋の誰, 通つた時分にやあ, 通つた時切株ばかり根, 通つた時周子は, 通つた時彼女はこの, 通つた時所の人, 通つた時斜めに白い, 通つた時海から舟, 通つた時頭巾を被, 通つた晩は必ず, 通つた村の名, 通つた棕隠は平気, 通つた様に見える, 通つた樣な印象, 通つた水髮の鬢, 通つた汽船のため, 通つた流行唄の文句, 通つた海と山, 通つた無数のきのこ, 通つた煩悶即ちお, 通つた爲め向うへは聽, 通つた猪牙舟を想像, 通つた田中王堂氏は近頃, 通つた男三十五まで獨, 通つた男取引した南蠻物, 通つた町はトロサ, 通つた異形奇体の姿, 通つた痕が幾多, 通つた癖に無事, 通つた癲癇病者もゐる, 通つた相手だつたの, 通つた眼の凉, 通つた着物は皆んな, 通つた硝子張りの虚空, 通つた私を呼ん, 通つた秋岳先生が妾宅通ひも年, 通つた秋空に赤, 通つた称である, 通つた空想に結びつけ, 通つた紀行の中, 通つた紙と活字, 通つた細面で少し, 通つた經驗がある, 通つた維新前とは話, 通つた罵倒を浴せ, 通つた翅や黒い, 通つた肉体として完全, 通つた自叙伝を遺す, 通つた舞臺を靜, 通つた蒐集研究をする, 通つた蘭法醫などがある, 通つた襟足をそつ, 通つた要訣がある, 通つた覚えはない, 通つた言葉である, 通つた訳語だと, 通つた足の早い, 通つた足跡をよろめき, 通つた車の跡, 通つた辻などといふ村, 通つた道筋を追, 通つた針の感触, 通つた錢形の親分, 通つた険のある, 通つた險のある, 通つた韻律を持ち, 通つた頃のこと, 通つた香水の使用, 通つた験しは一度, 通つた驛遞の道路, 通つた黒木長者が自分, 通つた點がある, 通つづけて來, 通つてうなぎの蒲焼, 通つてうぶ毛が銀色, 通つておいでになりました, 通つておのづから周囲, 通つてお勝手や納戸, 通つてお家の臺所, 通つてがんばつたが遂に, 通つてこれらの状態, 通つてさへ挨拶一つ, 通つてさつきの茅葺屋根, 通つてその後のテーブル, 通つてそれから数町, 通つてのれんをくぐつ, 通つてやつとこ, 通つてわたしに與, 通つてアングルを観た, 通つてアンダイエの村, 通つてグルリと廻らなき, 通つてゴムのかはり, 通つてセッセと口説く, 通つてソツと外, 通つてタンクに入る, 通つてツクヅク思つた軍艦造るの, 通つてドロ柳の若葉, 通つてフランス語の勉強, 通つてヤツトウの稽古, 通つてロシアへ行けるだらう, 通つて一寸行くと, 通つて一時間に二万七千里, 通つて一段高い内陣, 通つて三尺の廊下, 通つて三等室へ行, 通つて上つておいでになつ, 通つて上山まで小, 通つて上水の土手, 通つて下男部屋を覗く, 通つて不義の樂しみ, 通つて世の記憶, 通つて丘の上, 通つて中戸を越え, 通つて中程にある, 通つて丹波の國, 通つて主人官兵衞の死骸, 通つて亂雜な器械, 通つて了ふには, 通つて二人の女, 通つて二年振ほどで, 通つて二月堂への細い, 通つて亡妻の心靈, 通つて人家のある, 通つて他の方, 通つて伊豆権現の山, 通つて佐吉も今, 通つて何を嗅ぎ出した, 通つて何百里といふ道, 通つて使者屋橋の袂, 通つて倉に運ん, 通つて傍目もせず, 通つて先の方, 通つて先刻平次が見た, 通つて先生お直々, 通つて全身を照らされた, 通つて其所に見え, 通つて其處の縁側, 通つて内を覗い, 通つて内玄関へ出る, 通つて写し物をした, 通つて冷いかといふ, 通つて初江の浸つ, 通つて勉強せんと, 通つて勝手口へ廻れる, 通つて北側の庵室, 通つて卒然目の前, 通つて博物館の方, 通つて印刷に關, 通つて原稿の包み, 通つて參りました, 通つて友染が濡れ, 通つて口許が可愛らしく, 通つて只今満員とした, 通つて台所から茶の間, 通つて向うへ行かう, 通つて和地まで来た, 通つて和琴半島へ這入, 通つて四つ角のところ, 通つて四十年代に入る, 通つて四疊半の方, 通つて土手へ出た, 通つて地下室へおいで, 通つて地中海に注い, 通つて城ヶ沼に来た, 通つて塀の節穴, 通つて夏峠といふ見晴らし, 通つて外へ出よう, 通つて外來患者を診察, 通つて大坂へ入城, 通つて大通りへ出, 通つて天神橋に掛, 通つて天香具山の土, 通つて太平洋に出る, 通つて奈智へ登る, 通つて奥広く南, 通つて奥の院の方, 通つて女だてらに大, 通つて委細しく話して, 通つて娘とも口, 通つて宅の前, 通つて小母さんが用意, 通つて少年達の並べた, 通つて山門から外, 通つて岐れて, 通つて岩木川を渡り, 通つて崖のやう, 通つて帰つて行つた, 通つて帰庵したら六時, 通つて帳場を一寸, 通つて平塚に出た, 通つて平次と八五郎, 通つて平気でこの, 通つて年久しく武鑑, 通つて幸にし, 通つて広場へ出た, 通つて底の石, 通つて座敷から出, 通つて座禪をし, 通つて建物の正面, 通つて役僧の首席, 通つて往つた, 通つて往つたであらう, 通つて往來へ出, 通つて待避壕はみんな, 通つて微妙な薫, 通つて念入りに調べ乍ら, 通つて急な坂道, 通つて愛慾に溺れた, 通つて所謂五湖を, 通つて手に赤い, 通つて手術の後, 通つて教室を覗い, 通つて断崖の中腹, 通つて日本館へ通じる, 通つて明くる日のお, 通つて書斎へ帰, 通つて朝日の照り輝く, 通つて木戸をあけ, 通つて東に進む, 通つて東山の麓, 通つて松林の中, 通つて柏の木大王, 通つて柔の一手くら, 通つて案内を乞うた, 通つて横丁へ出, 通つて横手の光琳, 通つて横町へバア, 通つて機関車は早く, 通つて次の車, 通つて此處へ來, 通つて歸つた, 通つて歸つて來ると, 通つて殘つた麻はただ, 通つて母の家, 通つて毎日一人くらゐの, 通つて水道にかかつ, 通つて池尻に降り, 通つて河内においで, 通つて活用して, 通つて海に続い, 通つて深夜の鉄軌, 通つて游泳に余念, 通つて湯屋へ子供達, 通つて湯殿に消える, 通つて湯殿便所の順序, 通つて灣に入, 通つて火の光, 通つて火鉢の前, 通つて熱心に研究中, 通つて玄関の格子, 通つて生活を支, 通つて田舎から出, 通つて病室に歸つて, 通つて皆なの, 通つて眞向うの表, 通つて眞面目に勉強, 通つて知つてる所, 通つて砂山を越え, 通つて研究する事, 通つて磨き拔いた茶釜, 通つて神町の飛行場, 通つて神社の裏, 通つて私の顔, 通つて窓の締り, 通つて窓硝子に響く, 通つて立ち籠めた霧, 通つて竹刀の振りやうくら, 通つて箱仕掛の小さな, 通つて紅のない, 通つて納戸に入, 通つて縁側傳ひに, 通つて群集の中, 通つて若旦那の金五郎, 通つて茶の間へ入る, 通つて荻窪の家, 通つて葵橋を渡つて自家, 通つて蒼空のやう, 通つて薔薇の花壇, 通つて藪の蔭, 通つて蘆の湖, 通つて虎の門, 通つて行つたあとはまるで, 通つて行つた事に氣, 通つて行つた二人の浪人者, 通つて行つた方が近い, 通つて行つた時果して一匹, 通つて行つて了ふ, 通つて袖と袖, 通つて裏手の狹, 通つて西京から奈良, 通つて西条町に出た, 通つて角の有馬家, 通つて變な眼, 通つて谷のふち, 通つて貰ひ湯, 通つて足跡を殘, 通つて近く役付になつ, 通つて連絡する大, 通つて道は一本, 通つて酒に成る, 通つて野原のやう, 通つて金の屏風, 通つて針の木, 通つて銀座につ, 通つて鎭守の廣場, 通つて間もなく, 通つて階下の四疊半, 通つて隣の八疊, 通つて險難らしい梯子段, 通つて雑木林の中, 通つて離屋に一人, 通つて雲になる, 通つて霧に乗つ, 通つて頭巾の縁, 通つて風呂場へ行, 通つて風景と心象, 通つて首里に向, 通つて駅前のポスト, 通つて高座へ上がり, 通つて鰻を試みた, 通つて鵡川に進み, 通つて黒海の邊, 通つて龍泉寺の門前, 通づつ投書すると, 通てた先度ごろの, 通でありますがただ, 通であろうと存じます, 通でいらっしゃるしことに, 通できないわけである, 通でさえも丸くて, 通でしたか, 通でなかつたので吐く, 通でなくて朱実, 通でなくっても大抵, 通でもねえあのお, 通で無かつた, 通で無いまた舊, 通とある郵便物を, 通とかという方面から, 通とかの世界に, 通としては面白くなかった, 通とってある, 通とであとは, 通ともに飯山から, 通とやら鶯なかせし, 通とりだすと英文, 通どうじゃのわし, 通どこでお, 通どもが大, 通ながら披い, 通なさらぬことは, 通なさる日も, 通など相手と, 通などがあって, 通などとまつり上げられない方, 通などという男の, 通などとも云う, 通などにも注意せぬ, 通などのするやう, 通などは矢来の, 通ならべて異様, 通なる破笠子が, 通なんかもそれでしょう, 通なんて奴は, 通においてはじめてこれ, 通にだけ限定される, 通になつて居ります, 通にまでころがって, 通によってかねて企図, 通による仮字, 通に対してだけでも男らしく一修行, 通に対しての飽くなき, 通に対する君が, 通ねんぶつ縁起, 通のこらず焼きました, 通のちに柳町, 通はさまっていた, 通はずに行者, 通はず多く下宿の二階, 通はみ出している, 通はれぬ此難山を, 通ばかりが女子では, 通ばかりの手紙と, 通ひおはしましつ, 通ひからまた昨年來止ん, 通ひきれませんよ向, 通ひくる路のべ, 通ひける野辺の, 通ひけん石の, 通ひさうでない上に, 通ひすぎたからだ, 通ひたまふなる, 通ひたいものだ, 通ひつづけた, 通ひつめてゐる, 通ひつめ父親の伊豆屋徳兵衞, 通ひでしたがこれ, 通ひですね, 通ひでなく居なりの, 通ひでやつてくる, 通ひで來る松三, 通ひで傭ひ入れ主人, 通ひで夜分はこ, 通ひで女房持の四十男, 通ひで帳面をし, 通ひで朴念仁で何ん, 通ひで池田屋の内輪, 通ひで目ぼしい新刊, 通ひで給金制度になつて, 通ひで經過して, 通ひで遊び癖のひどい, 通ひで雇ひませう, 通ひで顏が合つて, 通ひといふ圖だ, 通ひとりを舟, 通ひとり武蔵さえ亡, 通ひなれてはそ, 通ひなれた一筋道である, 通ひますよつて, 通ひませんよ精, 通ひめと世間, 通ひもやめて, 通ひもあらで人, 通ひも年のせゐで, 通ひも心に任せね, 通ひも物かはと中, 通ひよりまたまた二, 通ひらしいからいづれ, 通ひゐたまひし, 通ひ出すやうに, 通ひ始めるは可笑しい, 通ひ得べき谷の, 通ひ得るをとめ, 通ひ慣れてゐた, 通ひ来るは陰ながら, 通ひ詰めましたよ, 通ひ馴れた砧への, 通ふうてなだから, 通ふかしこさよ, 通ふけれど, 通ふしだらの浮気, 通ふたものが自分, 通ふたら真中からむつ, 通ふた不安の森, 通ふて行かはるのだつせ, 通ふといつたのを, 通ふなる実に有難, 通ふやすらひ, 通ふよりほか, 通ふらん岸の山吹底, 通ふんだと, 通ふ見ゆ, 通ふ跡絶えめやは, 通ぶつた頭, 通ぶりが意外, 通へど炭竈の, 通へり尻に, 通ほかに手札型, 通ほどあつた, 通まじつていた, 通まだ戸外は, 通までがその地方, 通までのあの細かい, 通までもここに, 通みんなうれしいたより, 通めかして此盛場, 通めたい口をきいた, 通もらったような, 通やせぬストトンストトン機械が, 通やらどこへ, 通よった姿であった, 通らしい穿ち一つは, 通らしくもある, 通らっしゃい通らっしゃい, 通らめや七日, 通らん路でございますが, 通らん間に独活, 通りすぎてしまつた後でちやん, 通ろうようは無い, 通わからぬことも, 通わしを恨む, 通をさえ許された, 通アイお茶代, 通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 通イナノデ夕方水ダケ張ッテオイテ帰リ瓦斯ニ火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 通インタナショナル理髪館で変装, 通シ始メテノ挨拶モ済ンデカライロイロ悴ガ世話, 通シ火ヲ焚イテ暖メテ上ゲルデス, 通シ珠数ツナギニ一群レヅツ札ヲツケテ, 通シ駕籠デ江戸, 通ジタ故返事, 通ジタル觀念ヲ以テ結合スルコト能ハズト, 通ジテ國民トシテ國家ノ全, 通ジテ石器時代ハ今ヨリ何程以前ナリトハ决シテ云フ事能ハザルナリ, 通ジテ脅威シツツアル此等ヲ處分セズシテハ國家ナキニ, 通ジ殊ニハ又自己, 通ズツヨコシタソレカラ猶々本所, 通ズル所ナキ也雖然其説ク所必ズシモ, 通ズル者ヲ以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ, 通セト云ッタラ早々人足ガ出テ, 通セル原則トシテ國家ノ干渉, 通センと思, 通ゼザルガ如キ嫌ナキニ非ザレバ予ハ寧ロ蛇柳, 通ゼザル処アレバ皆之ヲ神明, 通タイプライターで打つ, 通ッタノダ四十二ニナッテ初メテ人倫, 通ッタラバ女難ノコト, 通ッタラ刀カケニオレガ刀ヲカケテ, 通ッテイテ車ノ中, 通ッテイルノデソノ動脈ニ触レナイヨウニ注射針, 通ッテ飛石伝イニ焼香ニ来ルノニ便利デアル, 通ドイツでさえ八十万通, 通ヒロンさんにさえ, 通ヘイである自然発生性, 通リカカルヤ一大驚異ヲ発見セリ, 通リガカリニ寄ッタラアナタハ大変ダ上レトイウ故上, 通リスガリニ立チ寄ッテ線香ノ一本モ手向ケテクレル, 通リスルガオレハ生レナガラ御旗本, 通リダト云ウカラ大キニ, 通リテ当国, 通リテ斎宮ヘモ逢ッタガ江戸ニテ帯刀ガ世話ニナッタコトヲ厚ク礼, 通リデ買ッテ来タノヲ早速, 通リニシタラ追, 通リニシテヤッタラ兵庫ハ装束ヲ着, 通リノ少イ所, 通リノ女装ヲサセテチョットデモイヽカラ一緒ニ寝テミタイ, 通リノ形状ヲシテ真正面ニコチラヲ向イテイル臀ガアッタ, 通リノ心ガケヲシテタラ忠蔵ハヤミヤミト殺シハシマイモノ, 通リノ振舞ハ出来ヌモノダガトイウコトデ顔ガ売レタロウト皆ンナニ咄シタトテ, 通リノ者ガパット散ッタカラ, 通リモンコチヤンハ大ヘンモノ, 通リヲ北側ヘ渡ッテ, 通リ人間ノ子, 通リ何モウチノコトハ気ニカカルコトハナイ息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 通リ拭イテアッタガマダ体ジュウニ湿リ気ガアリ長襦袢ガベットリシテイタ, 通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ私ガ旦那様旦那様トクリ返シマスト, 通リ町ノチチブ屋三九郎ト云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 通リ血ガ交ッテイマス何処カノ毛細血管ヲ突イタンデショウナ, 通ルベシト言ヘバ此義尤可然トテ其ヨリ境, 通レル事何カノ川柳ニ見及ビタル事アリ, 通ワケ知りから, 通越エテナオマッスグニ歩イテ行ク, 通一つの裏町, 通一丁目二丁目が年番, 通一丁目二丁目辺長谷川町の辺, 通一丁目辺に, 通一名だけでも先, 通一本はお, 通一緒に來, 通一通見て, 通三ヶ所より知行, 通三丁目越前屋總七の番頭徳三郎, 通三人で下谷芸者, 通三十國といへるは, 通三好泰令等であつ, 通三才社に行く, 通三萬六千册と覺, 通三通ずつの書状, 通下駄の音俄, 通不幸なる境遇, 通不躾ながら罷出ました, 通与えたところが一年, 通与力同心衆一同として一通, 通世界の各, 通は一目, 通並べてありました, 通をさがし, 通中二通計三通分, 通二丁目にすこし, 通二丁目四十一番地四角天主教会にては日曜日, 通二丁目山本と書し, 通二丁目稲田佐兵衛の分家, 通二千円でひきかえる, 通二通のもの, 通五八番地の木, 通五八番地室十五号に住ん, 通五本に一本位, 通五郎兵衛町を出番, 通交易御免之有り, 通享保初年調べの江戸, 通の郵便物, 通仙院瑞策に賜わった, 通以上三通にてわれ, 通以後歴史を作る, 通仲間に侵入, 通伏水ニ相待と申, 通会っておくれる, 通を以てお, 通体節ありて, 通も御, 通何となく忠相の, 通何やら手紙の, 通何れも根, 通何処が嬉しく, 通の文書, 通余計に面白く, 通作成して, 通た, 通來やうと行さ, 通例話の纏まり, 通便の宅, 通俊兼之筆記, 通俊氏の書生, 通俊派の公卿たち, 通俗化ではない, 通俗書の系列, 通保弁護士が法律家, 通保男嗣子等々舞台に登る, 通候処蘆原より敵, 通候由申候者在之者, 通借りて来, 通借用証書と手数料契約書, 通健通渓早死に付跡目, 通儀太夫従四品上が大中太夫, 通儒名士の文中, 通入っています, 通入用かと, 通公一人頑として拒否, 通六通数ふれば, 通六通數ふれば, 通全然同じ, 通共に父へ, 通共勝手次第之旨, 通こそ水, 通具父子が加, 通典册府元龜等, 通典太平御覽, 通兼雄を経, 通円ヶ茶屋の軒, 通円茶屋の横手, 通写し進じ候, 通出した中で, 通初恋に酔う, 通に届く, 通を一枚君, 通繁は, 通からすっかり, 通の妨げ, 通動性而同者名之曰死, 通せざるを, 通十二通開きては, 通十二通開らきては, 通千種有文富小路敬直なぞ, 通千鶴子から来た, 通のごとき, 通の中, 通反応があった, 通取ってある, 通取出して, 通受け取ったのだ, 通受取つた, 通受取る友の, 通口上を述べ, 通古い空気が, 通にし, 通合せしむるに, 通合わせた自動車に, 通吉雄幸左衛門宛に一通, 通同封されて, 通名カニス・レオすなわち猫, 通名木下杢太郎さんがこの, 通名残橋阯カフヱーやおでん, 通君来訪ついで桝田啓三郎君, 通告示ありて, 通周安差出候所, 通という, 通の助かる, 通せざること, 通善さんが憎らしく, 通善寺尼智首その他二人の尼, 通善尼は戒律厳重, 通善時代尼寺で行い, 通單純なる者, 通四丁目あたりの南側, 通国界但シ信濃国ニテハ, 通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 通即御, 通城太郎の道連れ, 通堀川嵐山電車仁和寺の山, 通堀川東へ入る, 通堀田摂津守殿被仰, 通塩町とつらなった, 通塩町横山町と北, 通壱丁目の嵩山堂, 通売物として店先, 通外郎は小本, 通多からず左右, 通多学の婆羅門, 通夜半着の汽車, 通大儀らしい, 通大宮東山名宗全邸を中心, 通大師と賜わった, 通大弐この琵琶, 通天一坊と地雷也, 通天主教会内の帽子花簪事件以来, 通女らしくさらにまっ, 通女的な, 通による, 通委任状一通何れも根, 通を呼び立て, 通學十八歳の九月, 通學姿が眼, 通學生中に萬緑叢中一點, 通宇津木を遣つ, 通宗朝臣女子達歌合に, 通慧などの, 通だつたが, 通宝子まるまっちい蝙蝠安, 通尭義豊義尭義弘義頼義康の, 通客共の遺品, 通客粋人が四畳半裡, 通室町上ル西側沢屋御旅宿, 通宮内省御用邸塀外に老, 通宵これを聴く, 通宵不断電車響残夜猶驚孤客眠, 通宵汽船珠江にさかのぼる, 通家説を窃, 通寺町保善寺に一樹, 通寺町肴町毘沙門前を走つ, 通小夜は五年前当地, 通小紋の単, 通小諸は養蚕地, 通簒補, 通尾崎士郎氏も一月二十日, 通屋敷拝領被仰, 通屋敷町の小路, 通という, 通山岡衛士殿被仰, 通山積して, 通岔君ありがたうほん, 通岩谷天狗の煙草店, 通島村周庵前田安貞高井元養等, 通朽ちて, 通川人多くし, 通州事変の後, 通差出人の姓名, 通は嶮, 通巻き込んであった, 通平に話したが, 通平次はそれ, 通年の暮れの玉章一通, 通年配も区々, 通年齢にて御座候以上, 通庭前で斬られた, 通とか云った, 通弁馬の奴, 通小松天皇の, 通従来通りでよし, 通御召の単, 通御覧この人, 通徹して存, 通徹氏とかなお, 通心得られたいと云つて來, 通志堂經解とか皇清經解, 通志府縣志等に疊見, 通応用自在なり, 通かしからず心得た, 通したところ, 通悟覚普門開放万, 通惚れた好いたと云つて, 通とす, 通憲入道信西であった, 通つたのが, 通懸った者で, 通懸つて, 通懸つたもの況して, 通懸りの薄, 通不臣亡考濟, 通戦争中早く取, 通戸籍謄本を送っ, 通手早く認めて, 通打ち遣っておいたら, 通抜き取って黙っ, 通抜けでただ両側, 通抜けねばならない, 通抜けられる位慣れ切った, 通抜らる, 通抜無用の札, 通拙者は打, 通拝借金被成下候, 通拵えてくれた, 通拵らえ市会議員, 通持つてゐる, 通指先でむしる, 通捜して持つ, 通掛つた人の影, 通掛りますると茶屋, 通掛るとその, 通提燈を消す, 通携行して, 通支那雑貨店にて水仙, 通政大夫呂祐吉通訓大夫慶暹同丁, 通の説, 通ふれば, 通の右翼, 通ふれば, 通文學と探偵小説, 通文心雕龍二書を愛好, 通新婦の兄者人, 通方卿が筆, 通旅籠町通油町通塩町とつらなった, 通旅籠町通油町通塩町横山町と北, 通旗籠町に御旅所, 通日本流の宿屋, 通旦寝を忘れ, 通明神というの, 通の援軍, 通昭氏吾七福を詠ずる, 通智行兼備念仏宗の先達, 通智達が齊明天皇, 通書いた書いたといふ, 通書きあげたらしく封を, 通書きましょうか, 通書き直したか判らぬ, 通書こうとそれ, 通書状披覽之處, 通有体ニ訴出ベキ所上モナク恐多キ儀, 通朝良通などとも云う, 通木屋町で肥後, 通木製の耶蘇, 通開封の, 通末広に飲む, 通が一冊, 通朱陸之学洵東方之博雅也将別矣率成一律以贈其帰時五月十八日舟過安南海書此, 通の上, 通来ずと謂, 通来ない事を, 通来りしや知らず, 通東洞院西へ入る, 通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 通梁文の増補, 通棠軒病死仕候, 通武存命の間, 通とはいわゆる, 通歯髪紺青色で身の丈八丈, 通歳晩の夜肆, 通残つてゐる, 通残らず読んで, 通殺しを伜, 通母子は柳原, 通に母, 通にかかっ, 通及び温度, 通氣取りで裏門, 通水帯下水股通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 通水股下通水膝上通水膝通水と分れ, 通水膝上通水膝通水と分れ, 通水路にされ, 通池田屋襲撃は殆, 通沢庵の三名, 通河原町一丁下ル車道酢屋に宿申候, 通河原町通の商店, 通油町寄りに路地, 通油町新道の旗亭若菜屋, 通油町通塩町とつらなった, 通油町通塩町横山町と北, 通を討ちとった, 通治穩和親之談判, 通泣いてゐる, 通泥濘殆歩み難し, 通泰西文字又通朱陸之学洵東方, 通洪水の時, 通消長は機会, 通添えてあっ, 通清書して, 通済氏は出, 通済氏所蔵の足利尊氏, 通は, 通渓早死に付跡目, 通渡してあげた, 通漕捕鯨し以, 通潔白な者, 通澄太君へ無, 通猶駛, 通炬燵の間, 通に, 通煉瓦地五十年祭なりとて商舗紅燈, 通片附たところ, 通在篋笥, 通玉章を秘めた, 通玖山公といわれた, 通だ, 通生死同風, 通田町にかけてただ, 通甲必丹オルフェルト・エリアス殿並に館員, 通申上候所に被, 通申集上蓮の字, 通には意地, 通町すじ姫御門を抜け, 通町三丁目にも一つ, 通町辺の若旦那, 通番頭が各, 通病人もなく, 通発見されその, 通発送された, 通な性格, 通的性格を彼女たち, 通盛但馬守平経正等を主将, 通盛忠度資盛などの諸, 通盛等の軍, 通盛薩摩の守忠教但馬守経政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人, 通盛都合その勢四万余騎, 通目貫の十字路, 通直に螢を, 通變らず, 通相違無之ニ付, 通知人という知人, 通確かに届きぬ, 通礼拝堂通から礼拝堂小路, 通神田駿河台牛込寺町辺も同様, 通禁厭なしに, 通禧はじめ国際に関する知識, 通禧公次は養素軒柳原, 通私共は団蔵さん, 通稱金藏で天保三年七月十六日, 通競売の日, 通竹柴昇作の新, 通篇俚言俗語の語, 通篇儒生の口吻, 通篇脚を立つべき, 通篇西洋臭い, 通といはれる, 通細字の文稿二三巻, 通経らが先陣, 通経前の処女, 通絵図はまだ, 通を終, 通縄得能通言らが数百, 通縦横の文藻, 通置いていった, 通とは人々, 通となりおれる, 通聊か相違無, 通聘して居る, 通の意, 通自分の場所, 通致しました訳で, 通舎康楽高畠藍泉というよう, 通船会社のエンジさんたち, 通船危険につき港務課, 通船并公物多沈没, 通船数が三百以上, 通船株式会社の倉庫, 通船葛西東湾の両, 通良書の第, 通色々知りぬいた人間, 通芝居でいたします, 通を売ります, 通英国さわぎにて, 通草市にて花月楼主人, 通の家, 通蓋有諸家増益用廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 通蔓草とりの間, 通蕎麦屋の軒, 通薈諸哲心肝于一堂鎔大地精英于一籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 通藝録は, 通を既徹, 通は芳春, 通と言おう, 通融合して, 通血忌引仕候段御達申上候, 通行き届きませんものを, 通行交い立換って, 通なん, 通衛氏の告別式, 通衢上に捉, 通衢二町許りでト, 通衢八重垣町須賀町是ヲ狭斜, 通衢大路と稱, 通袱紗に句, 通複写されて, 通でないこと, 通西へ入, 通西善三郎へ一通, 通西横堀以西は神田町通, 通見出されたけれどただ, 通に, 通親・通具父子が加, 通覽圖説海國兵談等を著し, 通觀滿誓惠行妙觀その他の僧尼, 通解して謂, 通三通分を, 通訓大夫慶暹同丁, 通許可し盛ん, 通に今, 通証券であろうも, 通であり自分, 通り證文, 通認めてまた, 通読みさしのまま, 通誰誰誰と彼, 通調査部長という人物, 通談奇怪談を並べ立て, 通とか多少, 通諸君の高, 通譯以前の上半期, 通譯係を任命, 通譯官ポートマン書翰和蘭大通詞森山榮, 通譯官並に史, 通譯官等の如き, 通譯岩瀬彌七郎, 通譯本木昌造公用を帶びて下田, 通譯榮之助, 通議二巻日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 通讀もしくは熟讀, 通讀玩索し而, 通讀者からお, 通讀致しましたが, 通貫十方といわれる, 通貰ったが中, 通貴様は武蔵, 通を貯, 通かに三股, 通足もとに落ちり, 通の汗, 通身アルコールとなりきれ, 通車屋町の年寄役, 通車屋町西に入北側, 通の第, 通載っている, 通をし, 通辭的公職から身, 通辯ニ得々タリシ所謂學者ナル者ノ反省, 通辯何の何兵衞, 通辯力量に劣つて, 通辯頭取而して, 通辯飜譯の外, 通出かけた, 通迄に鐫りぬき, 通近習の手, 通返して此, 通返事が来た, 通退いとれ口から, 通送って遣さず, 通送ったうち三ツ採用された, 通すること, 通透セザル無キガゴトシ, 通通觀滿誓惠行妙觀その他の僧尼, 通遊泳術の免許, 通過りなさるから私, 通遮断と来た, 通有坡, 通邑大都のごとき, 通郎女と呼ばれ, 通郷氏という事, 通里恵が小野氏, 通鑑それだけだ, 通鑑參據書を擧ぐ, 通鑑長編であ, 通長きは巻紙六枚, 通門井に居る, 通開きては讀み, 通開らきては, 通関五郎が復, 通陽子爵が政府委員, 通陽氏の貴族院, 通随分幽霊ものを, 通雅さま従三位定家卿などと共に和歌所, 通雛型築地於屋舖内手職人エ申付爲造立度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 通離婚届建物譲渡に関する書類, 通露見したる時, 通非常に手ズレ, 通頼長兄弟の意趣, 通顕治四百通ほどの手紙, 通飛ばせばそれで, 通食通がる人々, 通飯田良清というもの, 通と称す, 通馴れたカッフェーへ, 通高君の薦めなりき, 通魯西亞人渡來迄は下田表御用相勵