青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「談~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

課長~ 調~ ~調べ 調べ~ ~調和 調和~ ~調子 調子~ ~調査 調査~
談~
談話~ 論~ 論じ~ ~論文 論文~ ~論理 論理~ 諦め~ ~諸君 諸君~

「談~」 2703, 28ppm, 4178位

▼ 談~ (500, 18.5%)

30 して 12 聞いて 7 すると 6 聞くこと 5 した, やって, 聞いたこと 4 きいて, 聞いた, 聞くに 3 したの, するの, なして, はじめた, 聴いて

2 [22件] したり, しようか, するうち, 人の, 吹聴し, 御紹介, 持ち出した, 書き続, 私は, 紹介しよう, 聞いた事, 聞いた第一歩, 聞きながら, 聴きながら, 聴くこと, 親しい友人, 話して, 読んで, 費すに, 述べたる折, 附けて, 集めて

1 [359件] あげて, ある人, いいかけられたらこう, いうほど, いうよう, いたして, いたしましょう, いっても, うか, うまく順序, おつ, おはなし, お松と, お聞かせ下さい, お聞かせ申したい, お言, かわすも, き, きいたこと, きいても, きかされました, きかして, きかせたの, きかせるの, きき非常, きくこと, きくべくその, くわしく語り出した, ここに, この大, ささやくこと, させること, しかけること, しかけるの, ししかも, しそれから, したあと, したが, したこと, したのよ, したまま, した処, した時, しても, してを, しますと, しませうか, しませう然, しようと, するが, すること, する楽み, する樂, せがむの, それぞれ続けた, たくさんに, ただ座興, ちょっと示そう, つけて, つづけるの, といつて, とりかわしたが, どうも何, なおよく, なさるの, なしいたる, なし機才, なすって, なす義務, ならべるよう, のせて, のせる手, はじめたならば, はじめると, はなした, ひとしきりで, ほんとうに, まことし, まじえた頃, まず冒頭, また繰り返し, もう何十遍, もとめられて, やつて, やめたが, やり出した, やり始めた, やるかな, やるといふ, やれという, よくきかれる, よく話した, よむほど, よんだだけでも, れいれいしく書立てる, わたしが, 一くさり辯じ, 一つの, 一つ報告しましょう, 一寸示さう, 一席やる, 一席弁じた, 一席述べ, 一度なり, 一時間ばかり, 一書として, 一陣の, 世間の, 並べ立てて, 中絶された, 主と, 主人の, 主題に, 予想し, 二言三言取り換わした, 云うと, 云う様, 云った, 云って, 云ふも, 交えながら, 交したこと, 交して, 交へ, 交わしたこと, 交わそうと, 今更中絶, 付けに, 仰ゃいます, 仰やるやう, 伊東氏が, 伺いたいの, 作り上げる術, 作為せる, 傾聴する, 切上げる事, 初めたもの, 前々から, 前篇四冊後篇三冊に, 助けた, 募集し, 千部仕立候値の, 単にジョー, 原稿に, 友達に, 反覆する, 取って, 取りかわして, 取交, 受取らない, 口から, 口に, 口授し, 口演した, 只今あなたにも, 喋々喃々する, 喋りつづけたこと, 喜んで, 報告し, 報知し, 夕方まで, 多く引用, 夜通しがかりに, 失つた譯で, 好んで, 妬ましいほど, 始めた, 始めたり, 始められたの, 始めると, 定めけるに, 少し述べる, 引いて, 引き居る, 彼一流の, 彼等に, 待受けるため, 後学の, 得たいやう, 得たいよう, 得る為, 復活しない, 必要以上に, 忘れざるべし, 思い出した, 思い出したので, 愛好し, 戦はせる, 所望する, 承知した, 技巧だけで, 拒絶しなかった, 拝聴し, 持ちかけられて, 持ちだした, 持ツて, 挙ぐれ, 挙げんに, 探しだせば, 掲げその, 掲げたり, 掲載し, 敬服し, 敷衍し, 時勢の, 書いて, 書かして, 書き取つた渋江氏, 校刻し, 極めましてね, 此年嘉永壬子の, 沢山に, 注入したる, 演説する, 炉辺で, 為さるな, 為して, 為すもの, 為る, 熱心に, 爲すこ, 物語って, 珍しがらない, 生ずるに, 用捨されたく, 申さば, 申さるる御方, 申して, 番兵さんが, 皆が, 直接に, 知つても, 私に, 笑わせながら, 粧っても, 素材に, 終った時, 終へ, 組み立つるであろう, 総合し, 繰り返した, 繰り返すの, 纏めようとして, 置き土産, 考えて, 考へながら, 耳に, 聞いたとき, 聞いたの, 聞いてからは, 聞いても, 聞かう, 聞かされた, 聞かされたこと, 聞かされたの, 聞かされて, 聞かされるかういふ話, 聞かされること, 聞かず, 聞かせて, 聞きたがった, 聞きつつ, 聞きながらも, 聞き信仰心, 聞き語り, 聞くうち, 聞くの, 聞くべく病室, 聞くよう, 聞くを, 聞く事, 聞けば, 聞こうと, 聞て, 聴いた, 聴いたが, 聴かされました, 聴かされ我等一, 聴かせて, 聴かせろって, 聴かれた事, 聴きたいため, 聴きて, 聴く, 聴くだけでも, 聴衆と, 聽かう, 致しそれ, 致して, 致しました, 致しました時, 興じ合って, 若干の, 行なわれること, 補はう, 見ると, 見るに, 解剖します, 言いながら, 言ったが, 言って, 言ってるところ, 言つ, 言つた, 言つて笑つた, 言ふかと, 言ッた, 言出した, 訊ねて, 記する, 設けて, 試みたさ, 試みたり, 試みて, 試みても, 試みようと, 試みようとの, 話した, 話しましょうが, 詳しく述べ, 誌さんと, 語つた, 語らなければ, 語り出したの, 語り出でて, 語り合いこの, 語り始めて, 語り日本語, 語り終ると, 語り聞かせ人間, 語るほどの, 語ろう, 説いて, 読む, 読むやう, 読むよう, 読んだけどね, 読んだこと, 読んだり, 誰に, 諷刺しよう, 讀むと, 蹴りまたは, 載せたり, 載せて, 述ぶる, 述べたいと, 述べて, 造り上げて, 進めた, 遮り世間, 選ぶ風, 遺したの, 録しあった, 閲するに, 集めたもの, 集めたる写本, 集めた追悼録, 頻りに云

▼ 談~ (215, 8.0%)

15 よると 12 よれば 5 なって, 花を 4 耳を 3 して, つり込まれて, なる, なると, 依ると, 態とらしく邪慳 2 出て, 就きて, 思ふもの, 或時, 時を, 移って, 耽って, 興味を, 花が

1 [138件] あらざるべしと, あらざれば, あらずして, あらずである, ある如く或, いちいち大きく, いとも熱心, いふ, うかがわれる, うつりましょう, お節は, くすぐりそっと, こういうの, これ有るべく, さう呼んだの, しなければ, せよ此談, その日, ちよつ, なった, ならずただ名, ならぬから, なりければ, なりますので, なり香炉型, なるの, まぎらして, よりますとね, よろしいそこで, 上るやう, 付帯し, 似たれども, 似た事, 依れば, 僕自身すら, 充たされては, 入って, 入るまえに, 公相君といふ, 其日を, 動かされ後援, 勝ること万, 包囲攻撃せられ, 区切が, 半日を, 及ばれた, 及ぶこと, 及ぶべしとの, 及ぼうと, 及んだ, 及んだこと, 取りなす癖, 咲いて, 声を, 変ろうという, 変わろうという, 多少の, 夜を, 夢想を, 富んだ支那, 將來の, 就いては, 干戈弓馬の, 引張りこまれて, 往時上帝地に, 心を, 心動ける, 心酔し, 悩んで, 惑わせたこと, 惹き付けられて, 惹入れられ, 愛敬を, 打たれやしない, 押すと, 拠るに, 拠れば, 據れ, 於いては, 明後日とか, 昔青橿鳥その, 時の, 曰く, 更かしたこと, 本郷辺にては, 朱舜水が, 楸字の, 歓を, 此人の, 残つて村は, 殘つて村は, 河洛の, 注意ぶ, 照らして, 照らすに, 熱中し, 狼が, 由ると, 相成りましたので, 祖父を, 移ったので, 移つた, 移り面白い, 移る, 移ると, 移る事, 笑ひ興じ, 紛らさうと, 紛らすとは, 終る, 結びついた著名, 耽けつて, 耽った, 耽ったが, 耽らうでは, 耽りおかげ, 興が, 興じやがて, 興を, 落ちそれからまた, 蘭軒は, 蛇崇拝の, 裏切りするもの, 見当たらざれば, 話しを, 話の, 費した, 足の, 近いの, 近い妙, 過ぎない, 過ぎなかったの, 過ぎぬかも, 過ぎぬとは, 過ぎぬの, 還元し, 非ざれ, 類するもの

▼ 談~ (178, 6.6%)

26 ように 7 ような 6 やうに 4 緒口にも 3 やうな, 中に 2 ほかに, 世に, 中には, 如きは, 末に

1 [119件] あいだに, あった時, あと高座から, あること, うちに, うち時平と, おかげで, ことで, ごとく女, すきな, つき合いも, つもりで, つもり成りし, できる人物, ところを, どさくさ紛れに, なかで, なかでは, ますます佳境, ようでございます, ようです, メートルを, 一つでありました, 一つなりと, 一つの, 一つを, 一節なりとて, 一節の, 一項が, 上手な, 中で, 中では, 中にも, 中の, 中へ, 主人公に, 事万不, 云うところ, 代りに, 伝わった所以, 伝わって, 信拠し, 内容を, 創造は, 卒去した, 卒去せし, 口を, 口演を, 口調で, 国家学会の, 多きは, 多きゆえん, 大部分, 好きな, 如きもの, 如き乃至, 如き尤も, 如くに, 妄誕に, 始て, 孰れ, 完成せる, 對象に, 少からぬ, 尽くる, 序に, 形式で, 形式に, 後で, 後某の, 後自分を, 態度に, 成った年, 成立つべき祕密傳授, 成行きを, 持ちあがったの, 方から, 方が, 方へ, 方を, 最初から, 末弟から, 某君に, 校刻せられた, 根本と, 正体な, 気焔を, 火蓋を, 無い事, 用件が, 程度は, 筆を, 筆工は, 結末を, 続きだ, 続きは, 考へ方, 腰を, 自讚歌自慢歌の, 興味や, 落ちが, 製造に, 記事が, 話し手として, 語るところ, 調子で, 起こるに, 趣きもっとも, 途に, 長かりける, 長きに, 長引くうち, 間に, 陰醜, 陳腐な, 随一に, 際に, 面白さ, 魔力ある

▼ 談~ (168, 6.2%)

3 ぬきに

2 [16件] このくらいに, これだけで, とにかく, のけ今夜, まだ続く, もうこれ, 乾燥である, 半七, 単に二三, 抜きに, 時の, 此より, 法律史上の, 終りである, 雑書に, 雨の

1 [133件] あとで, あとに, あるが, ある年, いかに確実, いたるところ, いっぱし熾んだった, いつも我が, いつ聞い, おのずから炉辺, かつて無い, きりが, けっして彼, このよう, この事, この夏学校, この西湖, これで, すぐ最近, すでにすでに経過, そうは, その註文主島津齊彬, その豐富, たいてい明治維新後, たちどころにまとまった, ちがうけれども, どうでも, どんな愉快, ない, なかなかに, はじめから, ひとり日本国, ほんの一口, またどんなに, もちろん現在, もとより, やまとたける, ややもすれば伏姫霊験記, やや抽象的, わき路に, ホメロスの, 一と, 一人より, 一切ぬきであった, 一般向きでない, 世の, 交, 交わしても, 今の, 今は, 今其の, 余り流行せず, 作れない, 偶長唄の, 僕には, 僕の, 元來, 先ずこれ, 先年発行の, 先生の, 全く儒教, 全国いたる, 其事の, 出来傍題, 出版物に, 出雲にて, 列子や, 前いふ, 創造出来る, 十中七八まで, 千鶴子の, 印度洋の, 史乘に, 多くこの, 大, 大抵この, 大概浅, 天子始め, 姉妹の, 姑く, 姑らく措い, 安之助が, 少年科学探偵塚原俊夫君が, 尽きなかった, 尽る, 己の, 己は, 幽霊の, 廃に, 往々に, 必しも, 怪我の, 怪異談でございます, 我が瀕死, 探墓談, 措いて, 数々ある, 文章にでも, 新島中の, 日本画に, 時代ち, 普通に, 本紙に, 極めて多い, 止して, 此の前後の, 毎度世間に, 氷へ, 永助に, 汝さえ, 流れて, 無い, 現在の, 皆虚誕である, 真実です, 知れきって, 短い, 空々しくも, 精読し, 縮めて, 美事である, 聞いたが, 若干の, 要するに自慢ばなし, 詩人と, 費, 軍談では, 遺憾ながら, 雑書小説に, 面倒に, 面白い公事, 顕兼の, 餘り過ぎる

▼ 談~ (163, 6.0%)

11 ある 4 伝わって 3 あって, あるが 2 あった, 今夜は, 伝えられて, 出る, 多くなる, 多く出る, 掲げて

1 [128件] あっただけに, あったとき, あったの, あったらしいが, あったり, あつた, あり今, あり結局, あること, あるの, あるので, いくつか, うまく整っ, うまく纏まる, うまく纏まれ, きっかけに, しかも重立った, すっかりひろがっ, すでに六家, その日, たくさん載せ, たのしめるので, つい昨日, つきさえ, つき其の, つくん, つけくわわって, つたわって, でる, どれだけの, なかったら, なければ, はずむ, はずんで, はやるからの, ひとしきり弾んだ, まとまったの, みんなを, もう一人, もとと, やむと, よく出, トンと, 一と, 一席はじまつた, 一座を, 一応終り, 一朝に, 一番お, 主で, 互に交され, 交わされた, 人心に, 仏典に, 他山の石と, 伝わるとき, 余りに長く, 作り出されたという, 保存された, 先き, 全国共通の, 全集式の, 出た時, 出て, 出ないで, 出りゃお, 出るよう, 出來, 出来ないと, 出来るよう, 初まり, 及ぶや, 古今東西に, 吐かれて, 多いの, 多かった, 夷種の, 如何にも学校, 巧かつ, 弾むの, 後戻りを, 微細に, 心配に, 必ずしも一人, 房州にも, 押し出された形, 持上つてゐる, 掲載し, 数あっ, 昨年燉煌で, 暫くつづいた, 有るもん, 果して, 栄えやがて, 武帝に, 洩れたため, 片づくと, 生じただろう, 生じ茶, 真実に, 突然です, 笹村の, 紅葉の, 結ばれようと, 絶えた, 続く, 続けられて, 肝心の, 能く, 薬と, 記された, 読売にまで, 起こりしかは, 起つて, 載せて, 載せられた, 載つて, 連載され, 連載された, 過去に, 遠方の, 遷の, 酣である, 長州薩摩の, 面倒である, 面白い, 順調に, 頻りに取り交され

▼ 談~ (152, 5.6%)

9 ている 5 ていた 4 合ふ 2 て懲戒, て此

1 [130件] あるいは来, かつ歌, かつ笑っ, かつ飲み, がたし, これをもって, それから弥陀本願, それではこれからどう, たって何, たり, たりし, たりした, たりなどし, たりもする, たり講演, たり龍, つつある, て, てあげる, ていただきたく存じます, ておく, てくれ, ては, てはいかぬ, てはならぬ, ては結局, てます, てみたい, てみます, てみませう, てみる, てもらつたら, ても兎角, てゆきました, て下さい, て二勇將, て交情, て人耳, て何, て出ない, て勸懲, て参ります, て大いに, て大道廃, て居る, て慷慨, て更, て気勢, て満蒙, て爭, て窃, て笑っ, て自身, て見た, て見ましょう, て身の程, て軽躁, て鎮守, て飽く, て養蚕所, て高尚, なお進ん, ながら生煮え, になりました, に参る, はじめ主人は, または政談, また古今, また風雲, もしきかなけれ, やうお前にも, ややもすれば上, ようじゃ, ようじゃあねえか, ようで, よう誰か, よく論じ, 一言として, 一転し, 且つ食, 且つ飲み, 且つ飲ん, 且盛に, 世間を, 中にも, 九月七日には, 何を, 俳諧に, 候上は, 候所天下の, 元田氏また, 共に笑い, 内には, 前後矛盾する, 去ること, 合ふべき, 同人同道一条殿へ, 大いにエロ, 大は, 始め政府や, 娘が, 孤寂な, 将来の, 山翁は, 常は, 幽鳥, 後日を, 徒らに, 情を, 技を, 抱懐を, 政治の, 方を, 武を, 漸く語り, 然るべし, 特に予, 王道政治の, 現実を, 申たい, 申てえ, 米塩を, 能く, 表面は, 西鶴を, 酒も, 金の, 難きまでに, 風雲の, 食事を

▼ 談~ (80, 3.0%)

12 ている 5 てゐる 3 ていた, てお 2 たり笑, てみる, てゐた, て一つ, て帰った

1 [47件] きりに, たり, たり笑っ, たり飲ん, てい, ています, ていらっしゃい, てきかせよう, てはいました, てはゐました, てばかりい, てみい, てみよう, てゐたらしく, てゐます, て一躰自分, て執念, て如何にも, て安心, て居る, て毎朝, て聞かせる, て見, て見た, て見ましょう, て見る, て顔, ながら自分, ながら魚類, に行っ, の末, はしない, をした, を仕, 乍ら扇屋を, 仕度くっ, 合つた, 合つてゐ, 合つて居る, 合は, 合ひ, 合ふこ, 夜は, 大声で, 帰りか, 申上げる, 相手に

▼ 談~ (66, 2.4%)

7 を後 3 の弊, の業, を斥 2 の後, の筆, を嫌, を迎

1 [42件] との前後, との後先, とは何物, と記實, なり, なり好, なり狹, にはまことに, に似たる, に限り, のおもしろ, のやう, の事, の今, の低級, の境, の甲斐, の言, の高級, は今, は果して, は然, は現, は益, は詩人, は逍遙子, は逍遙子後, まことに毫釐, も早, をなす, を以て美, を先, を好む, を廢, を廻護, を指す如し, を斥け, を斥けずといはるべき, を獨人佛人, を重んずべし, 既に昧者, 無功徳

▼ 談~ (60, 2.2%)

3 三ちやんの 2 あちこちで, あるの, 言ひ

1 [51件] あったが, あと形も, あり, あります, ありわざわざ, ある, いいが, かようの, そこそこに, そろそろ終り, たくさんある, できたろう, なかつた, なくて, なく勝手次第, なしに, のって, また多く, やつた, よくはずん, 中絶し, 二十何回と, 云えぬもの, 交したなれど, 伝えられて, 何か, 出た, 出て, 出來, 出来ること, 初まった, 同様に, 存外莫迦, 幻燈で, 愈々進ん, 持上っ, 数ある, 数年前よりは, 曾て, 残つて居ない, 無論ある, 盗跖は, 終ると, 考えて, 聞かぬが, 聞た, 至極のどか, 興多けれ, 起つたので, 針小棒大が, 面白く米国

▼ 談~ (44, 1.6%)

3 あつた 2 世間に, 早い譬

1 [37件] あつて, いつも彼, うまくあてつける, お茶を, かなり親たち, ござります, せう, その模様, なしに, にぎわったの, もって, やってるん, よく解っ, わが邦, 一つは, 両ながら本, 今でも, 兎に, 切り離すべきである, 吹きすさぶ風, 夜を, 察する, 後趙の, 心配し, 持ちきりであった, 有って, 決して常, 活躍する, 浮き世の, 生々の, 知って, 私が, 誠に有益, 賑は, 頻りに悽愴, 齒磨石鹸の, 龍海さんを

▼ 談では~ (38, 1.4%)

6 ない

1 [32件] ありましょう, ありますが, ありますまい, ありません, ある, あるまい, あるまいと, あろうが, こういう問題, ございません, ございませんよ, ないか, ないが, ないと, ないの, ないらしい, ない江戸, ない程, なかった, なかったろう, なくなったの, なく全く, なく相手, なく薬師寺, なし札幌, 勝重の, 場処も, 無いか, 無いと, 無いらしい, 警察官吏及警察医の, 錢君が

▼ 談~ (37, 1.4%)

2 なって, なるの, 見られたが

1 [31件] いうべきもの, いつたもの, しようさ, それに, なり人々, なる, なること, なるに, なるは, なれば, よく一致, よばれるもの, 一緒に, 云うこと, 云ふ, 同じこと, 同じよう, 同工異曲な, 同意だ, 同日に, 呼ばるべき, 尊敬し, 小説の, 映ずるであろう, 気に, 為せる如き, 現在の, 甲乙の, 申しましても, 称し話, 面會した

▼ 談~ (33, 1.2%)

2 をし

1 [31件] がくりひろげられ, がはやっ, がほぼ, が始まっ, が聞える, だ, だから, である, で有名, で芸ごと, となつ, などにはなん, なんか拔, にしびれ, になった, になつ, に感心, に耳, の中途, の仕方, の声, はつつしまなけれ, は果てし, もなけれ, も茲, をきかされ, をつぶやい, を勇, を致させる, を致し, 仕れば

▼ 談として~ (31, 1.1%)

2 本県でも

1 [29件] あの娘, これほどの, わが国にも, 今日の, 信じられて, 傳へ, 取扱はれ, 同人が, 同様の, 告げて, 報じられた程, 姉の, 婦人局という, 帝国芸術院が, 広く流布, 斯くの, 書かれて, 最初まず, 殿下には, 発表された, 真に受け, 知らるるエソップ流, 紹介され, 華々しく新聞雑誌, 見ても, 記して, 話されたこと, 語られるの, 道家と

▼ 談~ (30, 1.1%)

3 といっ 2 がし, のを

1 [23件] ある年, か, から謂, から雑輩, か當時, がきつい, がほんとにさ, が実際, が忠興, が所, が昔, が観察, が鶏, といろいろ, とつい, と云, と分っ, と思いおった, と思っ, な, ね, よ, 笑談だ

▼ 談~ (21, 0.8%)

2 政治談よりはずつと

1 [19件] あるいは二, いろんな場合, お世辞, その他取りとめ, ヨーロッパ文学の, 世界珍聞集みた, 兎を, 冒険談も, 対外策人生問題や, 幽霊物語の, 月耕漫画などと, 研究の, 私製任命や, 経済談を, 胡馬越鳥の, 自然主義の, 踊りの, 逸話を, 酒の

▼ 談などを~ (19, 0.7%)

4 して 2 やる気には, やる若い, 聞かされて 1 きかされると, きくの, 云ひ, 例の, 昔の, 聞いても, 聴かせて, 語つて聽かせ, 述懐まじりで話し

▼ 談じゃ~ (18, 0.7%)

4 ない 2 ないぜ, 無いぜ 1 ござんせぬ, ござんせんよ, ないか, ないそれ, ないよ, ないわ, ないん, ない何, ない叔父さん, 無いの

▼ 談~ (18, 0.7%)

2 のだらう

1 [16件] ことだ, ことも, と一度, と主人, と先ず, と円朝, と思っ, と野郎, には及ばない, のだろう, ので或, のは, よ, 時は, 物語である, 話を

▼ 談でも~ (17, 0.6%)

1 [17件] あるまい, あるまいし, する積り, ない, ないが, ないだらう, ないの, よろしい, 云い合わなければ, 何でも, 傳へられ, 戦わす可, 為に, 聞くよう, 聴くに, 聽くにと, 興味を

▼ 談~ (17, 0.6%)

1 [17件] だ, だつた, で馴じん, とやらに集う, などの席, などは本当に, などもとうに, なども六波羅, など催し, に姿, のこの, の世上, の仔細, の席上, の趣旨, はまだ, または訪問

▼ 談~ (17, 0.6%)

2 が落ちた

1 [15件] が近因, で有ったろう, となりぬ, にのみ限られてる, に上りましたる, はそれ, は期せ, は歌, より引起, をお, をふたたび, を失し, を生活難, を落した, 必ず肉体

▼ 談半分~ (16, 0.6%)

2 に妙, に私

1 [12件] にそんなに, には話されない, にも僕, によくそう, に一寸, に云った, に何度, に義雄, に聴い, に言, に豪語, に踊っ

▼ 談には~ (14, 0.5%)

2 御座候得共御沙汰の

1 [12件] かならずどこ, そばに関する, なかなかに, 三吉は, 何だか私, 又江戸時代, 忽花が, 松田君を, 歩が, 菅も, 言われて, 諧謔を

▼ 談~ (14, 0.5%)

1 [14件] ことが, ことを, だけでも支那印度, と, というよう, ところがあつ, に私, に足らぬ, ので鳥, のと, までもあるまい, ものは, 勇気なし, 役には

▼ 談した~ (12, 0.4%)

1 [12件] から人々幸福, がこれ等, くらいだ, ことぢや, そうだ, のであった, ので生徒たち, ように, らい, 事は, 男も, 通り旦那はね

▼ 談である~ (12, 0.4%)

2 が彼 1 かはつきり, から八景, がこれ, が五城目近在, が今日, が夫, が女史, が滑稽味, けれども千百年, のです

▼ 談など~ (12, 0.4%)

2 して, 折々に 1 おっぱじめるよう, するほど, そんなもの, まじえて, ケタ外れの, 語って, 面白く候, 面白く読み居る

▼ 談たまたま~ (11, 0.4%)

2 佳境に, 手紙一般より 1 これに, トゥールキン家の, 事件の, 作品の, 去年死なれた, 往年の, 楠公夫人の

▼ 談から~ (10, 0.4%)

1 お銀, やっと納得, 出て, 始まったもの, 忽ち例, 手を, 時としてお, 殺人事件に, 証明された, 駒が

▼ 談じた~ (10, 0.4%)

2 ことも 1 が, が一旦, が流石, ことは, というで, ときあらためてこう, のだ, 処が

▼ 談じる~ (10, 0.4%)

1 つもりだ, とこの, と彼, には茶室, のが, のである, のは, まで, までもない, 資格は

▼ 談~ (10, 0.4%)

1 にたくさん, にはかかる, にはことに, には人, には往々, に出, に掲げた, に日, に最も, の七

▼ 談にも~ (9, 0.3%)

1 あり彼女, せよはっきり, そういわれる, その情景, そんな影, どうやら作為, 愛想を, 日本の, 耳を

▼ 談~ (9, 0.3%)

1 だから, だが, でぼく, などによる, にあつ, の如き, をここ, を紹介, を題目

▼ 談~ (8, 0.3%)

1 あつた, ながら帰, にほかならぬ, または小さな, もしくは後, 合つてゐた, 合つて別れた, 恋愛を

▼ 談じこん~ (7, 0.3%)

1 でいた, でも防火週間, でやりましょう, でやろう, で五十銭, で結婚, で行った

▼ 談する~ (7, 0.3%)

1 が如き, に足らぬ, のも, もさまたげず, 悦びに, 所を, 者ある

▼ 談という~ (7, 0.3%)

2 ものが, ものは 1 のは, 三十巻ばかりの, 作戦談の

▼ 談とは~ (7, 0.3%)

2 そのあいだ 1 すこしちがっ, ちがって, 史家の, 恐れいった, 決して思はぬ

▼ 談なる~ (7, 0.3%)

3 ものを 2 に於 1 ものによ, ものも

▼ 談~ (7, 0.3%)

1 うとは, しめて, ず弟子, せて, ぬの, ひ合せけるは, ふ時間

▼ 談らしく~ (7, 0.3%)

1 こういった, てそう, 女の, 妹の, 妾の, 言つた, 高瀬が

▼ 談~ (7, 0.3%)

1 がこれ, が眼前, たらしめ其の, としてもてなしはじめた, になる, を失, を得

▼ 談って~ (6, 0.2%)

1 いたの, いるあの, いるよう, おかねば, みたかった, 居る氏

▼ 談でない~ (6, 0.2%)

2 とすれ 1 ことが, ことを, のである, ものを

▼ 談~ (6, 0.2%)

2 ば兩親 1 ば一巻, ば両親, ば人, ば東京

▼ 談~ (6, 0.2%)

2 嶺に 1 嶺と, 嶺の, 翁しばし, 翁も

▼ 談理家~ (6, 0.2%)

1 ありけり, ありて, となりぬる, の言ふところ, はおの, 即ち哲學者

▼ 談~ (5, 0.2%)

1 あるいはまた幽霊, あるいはヨブ, それとも彼等, 何かが, 金殿玉樓に

▼ 談じつけ~ (5, 0.2%)

1 ている, ているらしかった, てせわし, てやろう, てゐる

▼ 談です~ (5, 0.2%)

1 が, がただ今, がね, よ, よ御

▼ 談とも~ (5, 0.2%)

2 真面目とも 1 付かず冷評, 聞えたか, 訓戒とも

▼ 談~ (5, 0.2%)

1 のか, のだ, のである, のでし, んです

▼ 談などは~ (5, 0.2%)

1 しなくなる, 今姑, 伝えられて, 好い結果, 殆どなかつた

▼ 談なども~ (5, 0.2%)

1 ありかうした機会, あるが, これを, 云つた, 殆ど出なかった

▼ 談~ (5, 0.2%)

1 などきい, も自由, をきき, を利いた, を開く

▼ 談さえ~ (4, 0.1%)

2 ドライと 1 云い伝えられた池, 伝わって

▼ 談じこむ~ (4, 0.1%)

1 ように, んだ, 交渉委員が, 決心です

▼ 談じ合う~ (4, 0.1%)

1 ことが, ていい, ほど語学, 予算で

▼ 談~ (4, 0.1%)

2 やない 1 やあんな, や無い

▼ 談であっ~ (4, 0.1%)

1 たりまた, てその, ても哲学的, てやはり

▼ 談ばかり~ (4, 0.1%)

1 おっしゃります, つづいたよう, 持ちかけるので, 聞かせられるの

▼ 談俗語~ (4, 0.1%)

1 のうち, の通り, を主, を駆使

▼ 談治要~ (4, 0.1%)

1 と共に當時, に出, の著述, を見る

▼ 談~ (4, 0.1%)

1 で退屈, に散見, は無数, を著し

▼ 談~ (4, 0.1%)

1 にも着手, の座, の私, 小県凡杯

▼ 談言っ~ (4, 0.1%)

1 ちゃいけ, ちゃ可, て, てはいけません

▼ 談ある~ (3, 0.1%)

2 を聞かず 1 のみ

▼ 談し合った~ (3, 0.1%)

3 のです

▼ 談じなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならん, ばなりません, ば止まなかった

▼ 談その~ (3, 0.1%)

1 ほか印度安, 婦人が, 時は

▼ 談つて~ (3, 0.1%)

1 ゐるうち, 呉れたり, 聞かせて

▼ 談などに~ (3, 0.1%)

1 よると, 刺戟される, 耳を

▼ 談によって~ (3, 0.1%)

1 一層人為, 想像される, 知ったの

▼ 談やら~ (3, 0.1%)

1 おはなし, なか, 物凄いエロテイツク

▼ 談り合い~ (3, 0.1%)

1 ながら小作者ら, ながら笑っ, また考え

▼ 談~ (3, 0.1%)

1 の創作, の物真似テケレッツ, の釜

▼ 談洲楼焉馬~ (3, 0.1%)

1 が判者, が認めた, など

▼ 談うて~ (2, 0.1%)

2 花嫁の

▼ 談された~ (2, 0.1%)

1 先生の, 時には

▼ 談してる~ (2, 0.1%)

1 よりない, んだ

▼ 談し申す~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ 談じたいこと~ (2, 0.1%)

1 とは, なおざって

▼ 談じたい儀~ (2, 0.1%)

1 があっ, がある

▼ 談じたる~ (2, 0.1%)

1 ことも, 理は

▼ 談じつけられ~ (2, 0.1%)

1 ている, て才丸

▼ 談じつける~ (2, 0.1%)

1 ような, 儀が

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 ばまあ, ば長い

▼ 談つた~ (2, 0.1%)

1 が聞説, もので

▼ 談であった~ (2, 0.1%)

1 が多少, 癩病病院に

▼ 談であるなら~ (2, 0.1%)

1 ばその, ば認める

▼ 談でございます~ (2, 0.1%)

1 から海路, が少々

▼ 談といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 作戦談の

▼ 談とか~ (2, 0.1%)

1 云うもの, 著聞集とか

▼ 談とても~ (2, 0.1%)

2 乾燥無味な

▼ 談とやらの~ (2, 0.1%)

2 女話それに

▼ 談とを~ (2, 0.1%)

1 して, 報じて

▼ 談などから~ (2, 0.1%)

1 比較する, 自分も

▼ 談などが~ (2, 0.1%)

1 ある, 出た

▼ 談などと~ (2, 0.1%)

1 いっても, 云は

▼ 談などの~ (2, 0.1%)

1 猟奇趣味の, 祖と

▼ 談なりと~ (2, 0.1%)

1 いうを, 思ひつ打出して

▼ 談なりとて~ (2, 0.1%)

1 下条の, 今昔物語に

▼ 談のみの~ (2, 0.1%)

2 事で

▼ 談まじり~ (2, 0.1%)

1 に二人, に呉院長

▼ 談めい~ (2, 0.1%)

2 てくる

▼ 談よりはずつと~ (2, 0.1%)

2 有益だ

▼ 談らしい~ (2, 0.1%)

1 態度が, 軽い調子

▼ 談らしく笑っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 談り聞かせた~ (2, 0.1%)

1 からであらう, からであろう

▼ 談一たび世~ (2, 0.1%)

1 に伝はる, に伝わる

▼ 談一度野村~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 が終る, のあ

▼ 談及び~ (2, 0.1%)

1 その結婚, 予防法実施を

▼ 談天藻璧門~ (2, 0.1%)

2

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 の名, の繁昌

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 である, の鎌足公

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 何とか御, 談献談芸談異の

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 は乙, は飯

▼ 談決して~ (2, 0.1%)

2 容易ならず

▼ 談理界~ (2, 0.1%)

2 とす

▼ 談理者~ (2, 0.1%)

1 に濫用, はそれ

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 の四項, はその

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 な感想, な運命論

▼ 談~ (2, 0.1%)

1 に, をつぎぬ

▼ 談観察談~ (2, 0.1%)

2 を御

▼ 談議所~ (2, 0.1%)

1 と言, の住僧権

▼ 談~ (2, 0.1%)

2 容易なら

▼1* [321件]

あたりからポツポツ, 談あって一六八二年コンゴ, 談あまたある, 談あらせらる, 談あり当時の, 談ありしが変りたる, 談あるいは滋味掬すべき, 談あれは面白かっ, 談いっちゃいけない, 談いふ處を, 談いふ処を聞か, 談言いでない, 談かなんかのほうが, 談からはもれて, 談がはづんだ, 談の出来る, 談ぐらいおよそ悪質, 談ここに到り, 談このかた魚を, 談ういつた風, 談さえもなかなか尽きる, 談さず風邪の, 談さらにどんぐり老を, 談しかけられるの, 談しかけてとうとう, 談しかけない従妹へ, 談しかけるのであった, 談しせずともだ, 談したいと思う, 談してたのを, 談しますがあの, 談しもしなかった, 談し合いながら見, 談し合うことに, 談し合わねばならない, 談し申してえ, 談し込んでしまいまし, 談じこまれちゃ旦那様, 談じこめば記事, 談じこもうと敦圉, 談じこんだのでしょう, 談じたいのが目的, 談じたかったのだ, 談じたまうなよ息子, 談じたりき而し, 談じつくしてさらば, 談じつけたのである, 談じつけなければ腹の虫, 談じつけようとする, 談じつ飲みつして一時すぎ帰宅, 談じます然う, 談じられて漸く, 談じられただけで何, 談じられないのである, 談じられる由縁の, 談じ仕るべく候, 談じ付けて不愉快不平, 談じ付けられたのだった, 談じ合いながら登城, 談じ合いたいばかりに遊び, 談じ合おうじゃありません, 談じ合っていた, 談じ合ったものである, 談じ得られこれを, 談じ得る人とは, 談じ申したいことが, 談じ遂げ申すべく決死赴きおり候え, 談せよかし, 談そうと思っ, 談そういったものが, 談そして快眠だつた, 談そのものも想像, 談その他諸種の傳説巷談, 談それらが退屈, 談たまらねえやあいつこのごろ, 談だけして, 談だけでもかなり骨董好き, 談だけにつきて, 談だってさ苦心談たまらねえ, 談だに遺りぬ, 談だの同山の, 談だらけで足, 談だろうか, 談てしまふ, 談つけたり海豹島, 談ふもの, 談でありながら熱涙, 談といったような, 談としか思っては, 談としては點頭す, 談とて免すまじ, 談とでもいうべき部類, 談とばかりも云はれぬであらう, 談とりも直さず, 談と共に周秦の, 談どころでは, 談なすったら可いでしよう, 談なぞが私の, 談などとして新聞に, 談などにも三組の, 談ならずと分る, 談なり特に下等, 談なれば疑う, 談なんかして, 談なんかはミンナ受け売りの, 談なんていうの, 談にさえ堕する危険無し, 談について事実と, 談にても持上らずや, 談にのみ耽りて, 談のみか贈答の, 談ッかり, 談ばかし仰ゃいます, 談ばっかりおいたを, 談ばなしの中, 談難くや, 談ひとたび芸術に亘る, 談ひとたび雌雄のこと, 談ひとつである, 談ほどに私の, 談まさに興に, 談または諷刺さすが, 談まで聞いて, 談までのことは, 談までを併載した, 談みたいなもの, 談めいたことは, 談もっともらしく書き綴る器用, 談もんですよ, 談やらがあって, 談より異なるところ, 談よりもかえって俳句, 談らいをなすった, 談らしく云って末造, 談らしく言うのであった, 談らしく言ってみた, 談らつて古川緑波徳川夢声両君と雑誌, 談られまた花巷, 談られたのでそれ, 談られるのを, 談らんには隅田川, 談りかわすべき用意は, 談りければ夫人, 談りつくさるべき勢, 談り出した行動ドーブレク誘拐手段は, 談り合うことが, 談り合ってそれ, 談り合ったが師吉井勇, 談り笑うその談笑, 談ろうとしなかった, 談をといって, 談をも聞いて, 談クラブの会員, 談サールディニアの事, 談シナ哲学に及ぶ, 談ジテ金子二十両借リ出シテイロイロ入用, 談ジ天下ノ為, 談ジ天下人ヲ相定, 談ソリャもう官費, 談ニヨレバ救世主ハ大工ノ子, 談一二に嵯峨, 談一夜遂に君, 談一巻は, 談一日昨年の冬ごろ, 談七国の論, 談廉相立候樣御, 談ヲナシタガ, 談二時間ばかり, 談二泉というもの, 談云つてらあね, 談り真面目半分, 談京都町餌指之儀, 談候所を, 談以上の興味, 談仰せでご, 談会一味の秘事, 談何度新紙で読ん, 談俗話に錬金術, 談候てつがふ, 談候儀をも更に, 談候由養真より申, 談偶文章と演説, 談八門遁甲の説, 談其他に出, 談其儘である, 談冒険談戦争談であって, 談を移し, 談動物説話等にし, 談勝法師などに厚遇, 談北劍の中野天門談, 談区々にし, 談半ばについと, 談博戯悪事と諸, 談即ち俗に, 談及史譚と謂, 談古今著聞集などに拠っ, 談被下候, 談同様の暇潰し, 談同然に学問上, 談哄笑をしつづけ, 談四巌間寺の事, 談が聞え, 談変って私, 談多く世に出, 談多ければ今二, 談流行と, 談大分永くつまらぬ, 談天口とかいう奴, 談天口とも号して, 談天聲の新聞編輯苦心談, 談天門の攻め口, 談天門院の美貌, 談奇怪談を並べ立て, 談賛名襄俗称久太郎なり, 談の大家, 談完結す, 談と見えた, 談山神社のある, 談さては人皇, 談州楼燕枝の弟子, 談之通, 談の二, 談座語調子では演ずる, 談彦太郎の外, 談往復すること一日一夜, 談後築地の待合, 談返答申上候, 談怨霊などという方, 談怪異談その他諸種の傳説巷談, 談怪異談戀愛談滑稽談に結びついた, 談想像談で有っ, 談愈々佳境に, 談戀愛談滑稽談に結びついた, 談或は探険談と, 談戦争談であって, 談投下を試みた, 談政治に渉, 談数刻の末, 談数語別ニ書有和蘭人も赤面, 談文學になる, 談新旧の事, 談の移る, 談會ニ嘗テ人ノ性理ヲ論ジ, 談などもい, 談柄たるに過ぎず, 談楸字の説, 談楼主人は縦横策, 談樓主人は縱横策, 談横議し又, 談次先生遽かに坐, 談の事, 談の如く, 談法論を述べ, 談洲楼と号, 談洲楼燕枝であるとか, 談洲楼燕枝蔵前の師匠, 談洲樓焉馬の弟子, 談滑稽談に結びついた, 談やく進み我問, 談献談芸談異の四項, 談理爭でか, 談甚だ力めて, 談由於予可然存候間其旨申答了, 談せし儀, 談申上候所及廿六日より御, 談百物語玉すだれ, 談竜眼の, 談皆無といっ, 談盜賊談怪異談戀愛談滑稽談に結びついた, 談稍興に入り, 談立志談は往々, 談二臣節, 談等々は我々, 談米友の身の上, 談紅葉に及ぶ, 談終つて対座すれば, 談坐, 談続編に見え, 談總紙數三百五十枚にて御座候, 談續編に, 談罪跡真耶仮警吏暗殺狂, 談呼茶又, 談者一人脱いで, 談者境氏に聞かん, 談者相互の歓心, 談者紛紛皆な昔人, 談者紛紛皆昔人のため, 談者自ら興味多く聴く, 談に耽る, 談花街柳巷の事, 談を好み, 談芸談異の四項, 談によれ, 談成候間御酒御, 談つちや, 談詩五首の一, 談語楼銀馬の需, 談之士, 談譚聚団の方, 談譚聚団同人となった, 談議ごとに大難, 談議している, 談議することは, 談議一般に倦怠, 談議今日其篇を終, 談議講釈これが鐚, 談豫約出版の檄文, 談を與, 談赤瀬の政治談, 談足利南北朝の政談, 談軍談取交ぜて, 談込んでしまった, 談捏造した, 談過る故終夜不眠, 談板に, 談醜し醜し将帰り去れ, 談随筆の中, 談といふ一文, 談雑書に散見, 談音楽の上, 談風発という工合