青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「這入っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

逆~ 透明~ ~途 途~ ~途中 途中~ 途方~ 途端~ 這~ ~這入っ
這入っ~
~這入る 這入る~ ~通 通~ 通う~ ~通し 通し~ ~通じ 通じ~ ~通ずる

「這入っ~」 2611, 28ppm, 4156位

▼ 這入っ~ (2452, 93.9%)

215 来た 104 来て 89 行った 52 来たの 46 いった 45 いた 38 来ると 37 いる 35 来る 33 いるの, 行くと 31 見ると 30 行って 24 来た時 19 来るの, 行きました 18 きた 17 行くの 16 来ました, 行く 15 しまった 13 いて, みると, 来たが 12 来たもの 11 くる, 見た 10 いたの, 来ましたの 9 来る者 8 いると, きて 7 いるん, 行ったが, 行ったの 6 いるから, くると, みた, 来たん, 来なかった

5 [14件] いって, いました, いるもの, おくん, しまいました, しまう, ゆくと, 参り, 参りました, 寝て, 来たので, 来たり, 来た男, 見て

4 [16件] いたもの, いない, いないの, いなかった, いるか, いるかも, いること, いるという, いる事, おります, きたの, 来てから, 来まして, 来るもの, 来るよう, 行きましたが

3 [34件] いたが, いたと, いたので, いたん, いないと, いますから, いますが, いるだけ, いるよう, いる筈, おいで, お出でに, くるの, しまったの, ゆく, 了った, 参ります, 居て, 居ります, 戸を, 来たと, 来た人, 来た気, 来た私, 来た者, 来ては, 来ても, 来るという, 来るん, 聴いて, 行きますと, 行くこと, 行けば, 行こうと

2 [91件] いくの, いながら, いなくても, います, いらっしゃい, いるうち, いるに, いるまま, いる処, おりました, おると, お出でなさい, きたこと, きては, くれると, しまうの, しまって, そこに, まいり, まいりました, ますよ, みたが, みて, みますと, みる, らっしゃい, 一緒に, 下すって, 了いました, 今では, 仕事を, 仕舞った, 何か, 例の, 参りまして, 居りまして, 居る, 居ると, 居るの, 待って, 御覧なさい, 急に, 扉を, 新聞記者が, 来い, 来そう, 来そうな, 来たか, 来たとき, 来たは, 来たよう, 来たらどう, 来た事, 来た女, 来た妙子, 来た戸, 来た瞬間, 来た窓, 来た雪子, 来ない, 来ながら, 来なければ, 来は, 来ましたから, 来ましたので, 来ましてん, 来や, 来られて, 来られまして, 来るが, 来ること, 来るとき, 来るなり, 来る人, 来る処, 来る感覚, 来る時, 此の, 泣いて, 自分の, 芸者を, 行くよう, 行くん, 行ける, 行けるよう, 見たが, 見ますと, 見よう, 話を, 静かに, 飯を

1 [933件 抜粋] ああいう, あとは, ありますという, いいかと, いいの, いく, いくなり, いくよう, いそう, いたこと, いたのに, いたよ, いたら恐らく, いた中学, いた兵卒, いた方, いた相, いた荒物屋, いちゃ, いったかと, いったところ, いった妾, いった時, いっても, いつもよりも, いないでしょうか, いないもし, いないよう, いないわけ, いない空, いなかったし, いなくては, いましたが, いますわね, いらっしゃいな, いらっしゃるの, いらっしゃれば, いるいろいろ, いるさ, いるその, いるとか, いるので, いるのに, いるわけ, いる不動様, いる何, いる味噌汁, いる実物, いる弾薬盒, いる息子, いる所, いる更紗, いる比翼, いる犬, いる生物, いる白い, いる紙幣, いる腐蝕用, いる芋, いる蛸, いる訳, いる間, いる阿片, いる革, いる香水入り, いろいろ師匠, うっかりしてる, うとうとした, おくれ, おったの, おとなしく鉱石, おらぬ, おらぬもの, おりさえ, おりました上野, おりますなあ, おりまする, おるとな, おれと, お内儀さん, お出, お呉ん, お師匠さん, お掃除, お茶ア飲ん, お金を, かつて電話, きたかという, きたとき, きた入口, きた娘, きた看護長, きた者, きても, きました, くること, くる光線, くる法, くる青い, くれた誠に, くれッ, ぐんぐん豆, ここへ, この幽霊, こられて, さてコーヒー, しきりに戦争, しばらく密やか, しまいます, しまうか, しまうまでには, しまったが, じいっと罪人たち, じっと動かず, すぐに, すっかり身体, ぜんざいたべ, そこで忽ち, そのまま消え失せ, その小さな本, その方, それから, たった一人, った所, って, つまり自分, とうとう水底, どてらの, どんな夢, はおりませんが, ぴったり襖, ぶくぶくあるき廻った, ぼんやり前方, まいり只, ましたし, みたいや, みましたら自分, みようか, みれば, もらって, やがて出, やる, ゆきますと, ゆくにも, ゆく余地, わざと陽気, んの, オオビュルナンは, ガチンと, キョロキョロし, コックだの, サバサバと, ツーンと, ヒュウ, フィンを, ボサッカの, リットマンは, 一つ遣っ, 一晩を, 一生懸命に, 一通り詫ごとを, 一面に, 三味線の, 三階へ, 下さいまあまあ, 下の, 不治の, 主人や, 丼を, 事柄を, 二重門の, 些と, 人と, 今夜上野で, 仕よう, 仕舞った扨, 仕舞った銃器室, 他ならぬ, 以来憧れ, 仰向, 住むこと, 何の, 何んとも, 何事も, 何処だ, 何故此様, 保津川という, 働き男, 先ず化粧台, 入った, 入口の, 兵糧を, 内側から, 凝と, 処分を, 出るの, 切腹した, 初めて虎, 制定された, 助け私, 勘弁なら, 包紙の, 十五分ほど, 半年も, 参って, 参りましたは, 参りました時, 参りました馬方, 参りますと, 参り窮屈そう, 友人の, 口から, 古城町を, 只此処, 右は, 右側の, 吊るして, 名残無く, 呉れなかったん, 団長の, 困りやすから, 地の, 坊ちゃんの, 塩梅が, 外へ, 夜の, 大きな白百合, 大層大勢様, 大根を, 大金を, 夫人に, 女房児を, 好きな, 始めて, 学問を, 実に夫婦, 家の, 寒いだろう, 寒くて, 寝た, 寝なよ, 寝ました, 寝ようと, 寝るという, 寝ろと, 寝床に, 小さい明家, 小国と, 居た, 居た大, 居ないかと, 居ました, 居りますから, 居りますので, 居りまするそれから, 居り居りしたもの, 居るから, 居るそれ, 居るに, 居るよう, 居る事, 居る様子, 居る箱, 居れ, 山の, 岸に, 左側が, 市内の, 帝の, 帰るチウ, 帽子上衣ズボン靴まで, 平岡の, 幾度か, 床の間の, 床几の, 座敷の, 庭を, 彼処此処を, 往く後姿, 御用事, 御膳を, 御覧なすっ, 心理学を, 悉, 憎まれ口を, 或る, 手が, 手前を, 手足を, 拾わなければ, 挨拶する, 据わった, 探して, 接待を, 支倉を, 支那犬の, 文化勲章制定や, 方々見まわっ, 旧故, 旺んに, 是から, 景物の, 暫くそこ, 暫くぼんやり, 最も徹底, 有楽町を, 来う, 来ず猫, 来たかと, 来たけ, 来たこと, 来たその, 来たため, 来たな, 来たに, 来たばかりの, 来たらしいよう, 来たわけ, 来たんか, 来た一人, 来た之, 来た今, 来た僕達, 来た博徒, 来た口, 来た団体, 来た奴, 来た姿, 来た家人, 来た当時, 来た扉, 来た様子, 来た気色, 来た水野, 来た犯人, 来た直ぐ, 来た眸, 来た石子, 来た箇所, 来た船長, 来た蝙蝠, 来た農婦, 来た部屋, 来た青二才, 来た順子さん, 来た飛騨女, 来つつ, 来てね, 来てるのでね, 来ないだろう, 来ないよう, 来なかったの, 来なさい, 来ましたけれど, 来ましたよ, 来ました娘, 来ました時, 来ます事, 来ようという, 来られたの, 来られるだろうとの, 来るか, 来るたび, 来るだろうぐらいに, 来るとは, 来るどき葉, 来るので, 来るコンマ以下, 来る人間, 来る前, 来る吾, 来る客, 来る彼等親子, 来る懸念, 来る様, 来る男, 来る袴野, 来る長沢, 来る頃, 来れば, 来上, 来青江, 枕の, 桐生の, 止めた, 止め人が, 正面の, 死ぬ用意, 死んだとかいう, 残った奴, 気の毒だ, 水の, 水泳を, 泥酔し, 泳ぎ回ったらさぞ, 洗面卓の, 温まるの, 漂浪い, 潔く法, 火に, 火の, 煎茶を, 熱海検事以下数名立会の, 牛を, 独立し得る, 瓜イ盗ん, 病人の, 病気と, 益次郎は, 眼を, 硝子板が, 神棚の, 空しく引上げ, 突当りが, 立聞いし, 笑われた記憶, 算盤なんか, 粽を, 素肌を, 編輯局の, 縁側へ, 肩を, 脱いだ雨, 自動車なんぞに, 色々な, 芝居茶屋の, 茶の, 菓子呉れ, 蝋燭を, 行かなければ, 行かねば, 行かれました, 行きしな, 行きそれ, 行きながら, 行き染, 行くそこで, 行くたび, 行くでは, 行くのでね, 行く俺, 行く女房, 行く気色, 行く細々, 行けるの, 行けるもの, 行ったから, 行ったとたん, 行ったもの, 行ったん, 行った位, 行った時, 行った様子, 行った者, 衣類を, 見たいと, 見たくなった, 見たこと, 見たり, 見た人, 見た者, 見なされ, 見ましたが, 見ますると, 見るか, 見るよう, 見れば, 見ろ, 見渡す限り, 見給え, 親親類, 話し込んで, 説明し, 謝って, 貞を, 赤飯を, 軽い夕食, 逆上せてね, 遣り過します, 酒え, 酔った紛れ, 釈迦堂脇から, 金の, 金八百両取った, 鍋の, 間も, 院長の, 随分凉, 雛鳥を, 雨の, 電気を, 頂きまして, 須田君に, 飯田町を, 餅搗き用の, 馬車の, 髪を, 鷹へ, 麩が, 鼻を

▼ 這入ったり~ (39, 1.5%)

13 して 3 した, する

1 [20件] した間, しては, してること, しないよう注意, しなくては, するとき, するの, するもの, する人, なさい, 一寸片口, 何や, 小皿に, 料理茶屋へ, 暖かい海岸, 甚しきは, 致しません, 致居り, 追剥が, 酒をの

▼ 這入ってから~ (33, 1.3%)

1 [33件] あれだけの, こんなに降る, だが, であったが, であって, のは, またまた芸術, グッと, 二三十分の間何か, 二三日立つ, 二年目に, 云え立って, 何だか空脛, 俊亮は, 出るまで, 又上がっ, 合併し, 寝られるまでの, 彼は, 急に, 杉の, 横に, 氏は, 永い間, 火鉢に, 私は, 約二十分, 翌日の, 背中を, 舞い手, 試みに, 話すと, 雲雀の

▼ 這入っても~ (30, 1.1%)

2 少しも

1 [28件] いい, いいかと, いない癖, いらっしゃいと, うなずくよう, その固有性質, たちまち穢, ならんし, なんの, やはり心配, よろしゅうございます, 一度に, 一晩中まんじりと, 人と, 売子が, 大丈夫だ, 好い, 子猿を, 心配の, 成功という, 春子の, 片隅の, 狂人など, 生活は, 病気は, 著しくその, 賑わう, 黒くならなかった

▼ 這入っては~ (17, 0.7%)

2 ならないこと, 悪うございます

1 [13件] いけないか, いけませんか, いるけれども, うるしを, こんな問題, そッと, もうそれ以上, 勘弁なら, 尚更勘弁, 手放せないね, 来ぬ, 来まいが, 鮒鰌を

▼ 這入っちゃ~ (10, 0.4%)

2 アいけません, ア大変でげす 1 いかれねえッ, いけない, いけないと, いけないよ, ァ不可, ア泳ぎました

▼ 這入ってからも~ (9, 0.3%)

2 宋哲元 1 その事, スッカリ眼が, 三角同盟の, 居士は, 読むの, 露子さんは, 飯が

▼ 這入ってからは~ (7, 0.3%)

1 七色の, 下宿住いに, 天気の, 止むなく徐行, 殆ど無言で, 神学という, 職業紹介所を通じての

▼ 這入ってからの~ (4, 0.2%)

1 事であった, 北支工作の, 小説執筆が, 或る

▼ 這入ったって~ (3, 0.1%)

1 あの土手, 地代が, 汚れるという

▼1*

這入ってからでももうかれこれ七百円, 這入ってさえ居れば, 這入ってと見ると, 這入っての方が, 這入ってほどいて, 這入ってまで演芸を, 這入ってやしないよ