青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「這~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

逃げる~ ~逆 逆~ 透明~ ~途 途~ ~途中 途中~ 途方~ 途端~
這~
~這入っ 這入っ~ ~這入る 這入る~ ~通 通~ 通う~ ~通し 通し~ ~通じ

「這~」 1191, 13ppm, 8552位

▼ 這~ (313, 26.3%)

32 になつて 31 上が 15 になつ 11 になり 10 になる 9 上つた 7 上つ, 廻つてゐる 5 廻つてゐた 4 の形, 上つて来た, 寄つて来た 3 ずり廻つてゐる, になっ, になつたま, 上つてゐる, 寄つてゐる, 寄つて來た, 寄つて来る 2 ずり, ずり廻る, てあき, になつて梯子段, になつて此處, に寝, 出で, 蔓つた葉に

1 [137件] ずつて来, ずりのも, つくばつてし, つくばつてゐる, つくばつて何もかも白状し, つつ次第に, づることもできなかつた, てゐ, て人々, て書籍, て歩く, て泣かず, て窓, ながら, ながらう, ながら二三人, ながら台所, ながら少し, ながら思ふ, ながら悪戯, ながら手探り, ながら立ち込んだ, ながら走り, にでもな, にでもならなき, にでもなる, になつたお, になつてつ, になつてペン, になつて中, になつて手, になつて本, になつて横, になつて池, になつて片手, になつて甲虫, になつて逃げ歸, になつて這, になつて這ひだ, になつて門, になつて雑誌, になつて首, になりひつくり, に手, に投げつけられ, に踞んだ, に這, に這つて, に雨樋, に響い, のぼつ, のまま首, のやう, の借着, の儘, の恰好, の蟹, 上つた乙姫様で, 上つた八五郎は, 上つた岩は, 上つた爾, 上つてあんな, 上つてその, 上つてはるか北の, 上つて上手の, 上つて來さうも無い, 上つて來た, 上つて寒々と, 上つて少し, 上つて廊下傳ひ, 上つて手を, 上つて明るみの, 上つて来, 上つて漸く, 上つて綱の, 上つて行きます, 上つて見た, 上りし, 上りたまへ, 伏つてゐる, 伝は, 出づるときは石垣も, 出づる蟲けらどもの, 出でし, 出でたる, 出でぬべく, 加減に, 又やや, 大空を, 天上天下知り, 寄つてその, 寄つてソッと, 寄つて不思議な, 寄つて今日も, 寄つて八五郎に, 寄つて寝台の, 寄つて映し, 寄つて来, 寄つて空つ, 寄つて膝に, 寄つて行きたかつた, 寄つて行く, 寄りか, 寄りざま勘兵衞の, 寄り其翼無, 廻つてを, 廻つてプリプリ, 廻つて居ります, 廻つて居る, 廻つて日の, 拡つた浜ご, 摺り廻り, 擴が, 昇つて見, 松や, 歩きの, 渡つたと, 満てり, 烏瓜の, 登つていつた, 登つてこちらの, 登つてその, 登つてゐる, 登つて細引で, 石炭の, 續けて, 纏は, 纏はり, 纏ふて居る, 纒つた, 纒はれる, 習ふ, 肩を, 與三郎が, 葡萄畑に, 虫に, 闇の

▼ 這~ (113, 9.5%)

38 やうに 5 樣に 2 が如く, のです, のに, やうな, 時は, 煙は, 腐肉の, 虫の, 蛍かな

1 [52件] がいい, ことを, だけ, に任せ, のが, のでした, は山椒魚, ばかり低く, ほかの, やうでした, やうなた, を眺め, 一匹の, 事が, 事も, 人間そのものを, 人間の, 代りとして, 光景を, 壞れ, 大海胆, 大海膽の, 大都会, 影の, 心地は, 時の, 様に, 汗を, 汽車の, 濕け, 爬虫の, 状に, 田川の, 程な, 細き小路, 葛の, 蔓や, 薄い黒煙, 蚊が, 蚕に, 蛇と, 螢かな, 蟲, 蟲の, 蟻を, 血管が, 象の, 隙間も, 霞が, 霧を, 靄の, 音さへ

▼ 這つて~ (77, 6.5%)

6 ゐた 4 ゐる, 居るの 3 ゐさ, 居た 2 ゐたり, ゐるの, 出る, 咲いて, 居る, 来た, 来て

1 [43件] あるくと, すりよる感じ, その中程, でもゐた, まだ拭き清め, ゐたといふ, ゐたの, ゐて, ゐないで, ゐました, ゐるあたり, ゐるあの, ゐるが, ゐるもの, ゐるやう, ゐる一疋, ゐる甲蟲, ゐる磯馴, ゐる雲, ゐる電燈, ジリジリと, 冷たい靄, 小さい穴, 居るので, 居る名物, 居る頃, 忍び込んだが, 時々生き, 来たが, 来たの, 来たもの, 歩いて, 歩くん, 泳ぐ真似, 燃え擴, 行く, 行くから, 行くと, 行くの, 行く縁側, 見える青空, 覗く噴火口, 通る

▼ 這ひ出し~ (77, 6.5%)

11 て来, て来た 5 て來, て来る 3 てくる, てゐた 2 てゆく

1 [37件] たりし, たりすれ, ていきなり, ていつた, てき, てさ, ても判り, てやつ, てゐる, て一粒, て下水, て今度, て切られ, て危, て平, て広い, て待つ, て披露, て来たさうだ, て来なけれ, て来ました, て来ます, て枕元, て直ぐ, て直にいつも, て窓, て行, て行きました, て行つたかさ, て覗き込み, て身繕, て逃げのびた, て黙っ, ながら口, わんとか, 文吾の, 湯に

▼ 這~ (48, 4.0%)

22 なって 4 なった 3 なったまま 2 なつた

1 [17件] ずかりずかりと歩行き, なった所, なつたま, なつて, なり頭, なるの, なるやう, 倒れました, 寝て, 成つて仕舞ふ, 成る, 成るの, 身を, 這って, 這は, 這廻わ, 顔を

▼ 這~ (38, 3.2%)

4 如何に 3 して 2 すこと

1 [29件] され虫, ざるを, してやる, しめん, す為め, せし朝顔, せたらいい, せた家, せた貧弱, せながら, せられた恰好, せ升, せ山, なければ, ゆめ, 便なし, 却って軽微, 只浪花, 和蘭陀伝来の, 如何, 如何にである, 如何にとて, 弥生の, 御遠路, 抑も, 捨置き難し, 決して仲人口, 珍重なり, 睡眠中の

▼ 這ひま~ (38, 3.2%)

11 はつて 4 はつた 3 はる

1 [20件] つは, つはり, はつたの, はつた路地, はつて飢ゑた蟻達, はらす之等, はらせたあげく毛, はり, はりそこら中, はりそれから, はりどうか, はりまた, はり人知れず, はるあはれ一匹, はるだけで, はる一匹, はる小さな, はる油虫, はる硝子, わつて

▼ 這ひ出した~ (17, 1.4%)

2 のを, やうに

1 [13件] といふの, ダニが, 一疋の, 化猫見たい, 博奕兇状持よりは, 女な, 時分には, 海綿蟹を, 煙が, 玄関には, 蟻が, 跡などは, 跡も

▼ 這ひ出す~ (16, 1.3%)

4 やうに

1 [12件] ことを, こと一つ出来ねえ, と, とすぐ, と又, と工場, と眼, と跣足, 事が, 季節な, 隙間も, 頃その

▼ 這ひ上がる~ (14, 1.2%)

3 のは

1 [11件] たよりも, ところを, とすぐ, と裸體, のです, のも, やうなら, 力も, 晝の, 樣子も, 眞似

▼ 這ひ上る~ (12, 1.0%)

1 [12件] ことさへ, ことである, とケロリ, と思ひ, なり灯, のだ, のは, のを, 事が, 外に, 肌よ, 蟹が

▼ 這ひ寄る~ (12, 1.0%)

2 小蟹 1 お關, がまま, と大川尻, と盲目搜, と頭, やうに, 縁側に, 縁側今まで, 美しい蜥蜴, 貧しい六疊

▼ 這ひ出る~ (11, 0.9%)

8 隙間も 21 隙も

▼ 這ひ込む~ (11, 0.9%)

4 やうに 2 隙間も 1 なりチョコナン, なり皮外套ひとつ, のが, のも, やうな

▼ 這ひだ~ (10, 0.8%)

6 して 1 した, したり, した私, しながら

▼ 這~ (10, 0.8%)

3 な事 1 なめそっ子, なもの, な大穴, な悪戯, な真似, な破片, な糞ツ

▼ 這~ (9, 0.8%)

2 てゆく 1 たま, たりした, たりひ, ていく, てます, て来る, て過ぎる

▼ 這ひ込ん~ (9, 0.8%)

2 で行 1 できた, でしまひました, でゐよう, で入らつ, で火, で生涯宅, で行く

▼ 這にな~ (8, 0.7%)

1 つてなら, つてウロウロ, つて小田原蒲鉾の, つて拭い, つて水の上を, つて泳ぐ, つて疊に, つて舶来の

▼ 這~ (8, 0.7%)

1 不体裁を, 事実を, 女丈夫が, 女丈夫を, 掠虚頭, 田舎奴人を, 行進が, 間の

▼ 這ひ出~ (8, 0.7%)

1 てひとり水, てふじ子, てゐる, て一つ, て戸外, て湖, て瓶, プラタンの

▼ 這ひあがる~ (7, 0.6%)

2 この朝 1 ことが, ことは, と暫く, と這, 姿は

▼ 這へる~ (7, 0.6%)

2 羊齒植物 1 なり, 二人の, 葛かな, 蔦の, 野老蔓秋かたまけ

▼ 這つて行~ (6, 0.5%)

6 つた

▼ 這はせ~ (6, 0.5%)

1 てある, てさりげ, てならす, てノツソリ, て八五郎, て寒し

▼ 這ひあがつ~ (6, 0.5%)

1 てゐる, て再び, て咲き亂, て来, て来る, て畜音機

▼ 這ひ上がらう~ (6, 0.5%)

3 とした 1 とする, とすれ, となすつた

▼ 這ひ廻る~ (6, 0.5%)

2 やうに 1 うちストンと, にし, 後ろから, 蚤に

▼ 這上った~ (6, 0.5%)

1 からとっ捕, のも, ように, 流灌頂の, 者が, 蛆の

▼ 這上る~ (6, 0.5%)

1 ことは, ところを, のを, んだ, 三俵法師に, 蝙蝠か

▼ 這ひ上り~ (5, 0.4%)

1 そこの, て今度, またもと, 乱歩の, 老人の

▼ 這~ (5, 0.4%)

1 ちまったあの, ちまったよ, ている, て往ッ, て歩い

▼ 這上り~ (5, 0.4%)

1 そうな, ながら, 唐館は, 源之進の, 無茶苦茶に

▼ 這廻る~ (5, 0.4%)

1 のが, はそも, ような, 帯の, 水底の

▼ 這つたの~ (4, 0.3%)

1 があるく, である, でない, もよく

▼ 這つて來~ (4, 0.3%)

21 たが, る

▼ 這ひあが~ (4, 0.3%)

1 つた, つたなりの, つてロビンソンクルウソオの, つて横た

▼ 這ひこむ~ (4, 0.3%)

1 なり自分, ばかりの姿勢, 余裕は, 鈍い光

▼ 這ひこん~ (4, 0.3%)

1 できた, でくる, でも彼, でゐた

▼ 這ひよる~ (4, 0.3%)

1 まで, 脆い華奢, 足は, 障子を

▼ 這ひ上がり~ (4, 0.3%)

1 ながらドツ, 乍ら斯んな, 綱を, 舞臺へ

▼ 這ふも~ (4, 0.3%)

3 柔弱の 1 よぢ

▼ 這込む~ (4, 0.3%)

1 という始末, などと云う, やら又は, 者を

▼ 這つて向う~ (3, 0.3%)

1 の林, へ抜け, へ拔

▼ 這ひつ~ (3, 0.3%)

1 いて, たはる姿, 坐りつ底

▼ 這ひも~ (3, 0.3%)

1 てわたる, とほり, 出来ないこと

▼ 這ひよつ~ (3, 0.3%)

1 てゐた, て來, て来た

▼ 這ひ登る~ (3, 0.3%)

1 といふわけ, やうな, 時に

▼ 這ひ行く~ (3, 0.3%)

2 は憂し 1 蛆蟲ども

▼ 這ひ込んだ~ (3, 0.3%)

1 のです, 与里は, 子狗

▼ 這ふ如く~ (3, 0.3%)

2 に梯 1 土氣色に

▼ 這~ (3, 0.3%)

1 た跡, てゐる, 憎き野良狐めト

▼ 這込ん~ (3, 0.3%)

1 でくる, でも目, で板廊下

▼ 這つた~ (2, 0.2%)

1 と言つた方, やうな

▼ 這つた跡~ (2, 0.2%)

1 のやう, もありません

▼ 這つた門~ (2, 0.2%)

2 や陶器

▼ 這はう~ (2, 0.2%)

1 としてゐる, とも一

▼ 這ひあがり~ (2, 0.2%)

1 手前ども同業者仲間は, 要心深く砂地

▼ 這ひのぼり~ (2, 0.2%)

1 て林, 乾草の

▼ 這ひまし~ (2, 0.2%)

2 て帰ります

▼ 這ひます~ (2, 0.2%)

1 這ひまし, 這ひます

▼ 這ひわたる~ (2, 0.2%)

1 幅の, 棚の

▼ 這ひ入る~ (2, 0.2%)

2 大き蝦蟇

▼ 這ひ出せ~ (2, 0.2%)

1 ば両人, ば痕

▼ 這ひ出で~ (2, 0.2%)

2

▼ 這ひ出よう~ (2, 0.2%)

1 とした, としました

▼ 這ひ寄つ~ (2, 0.2%)

1 てき, てきた

▼ 這ひ廻り~ (2, 0.2%)

1 それから庭石, 蟲の

▼ 這ひ起き~ (2, 0.2%)

1 て外記, て長い

▼ 這ふか~ (2, 0.2%)

1 と見, や灯

▼ 這ふと~ (2, 0.2%)

1 いふ様, いふ進行

▼ 這ふように~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 這上っ~ (2, 0.2%)

2 て来る

▼ 這寄る~ (2, 0.2%)

2 ばかり

▼ 這起き~ (2, 0.2%)

1 て爺, て菊子

▼1* [146件]

くるものも, 這ずりまわらなければならなかった, 這が希, 這つた樣な牛臥山, 這つた葡萄葉の間, 這つた證據を隱, 這つてるんだ, 這つてわらじむしや蜘蛛等, 這つてヌイと面, 這つて太陽はほか, 這つて尾をずる, 這つて島の磯方, 這つて平次の居間, 這つて昨日の新聞, 這つて木の葉を拾, 這つて此処に辿り着いた, 這つて江戸の櫻, 這つて発動機の具合, 這つて私たちの方, 這つて縁の下, 這つて肩車した鼬, 這つて脱れた, 這つて行き箪笥から匕首, 這つて行つて死んだのに, 這つて行つて樽につかまりました, 這つて足を舳, 這つて遁げて近所, 這つて額や頬邊, 這つて顔が土, 這周章てて, 這のぼっていた, 這はれてゐる, 這ひあがつたが再び, 這ひあがりたくなつた, 這ひあげるにはまた, 這ひあそぶ晝と, 這ひありく身と, 這ひおりていつた, 這ひくねらせてシクシク鼻, 這ひこみながら黒い, 這ひこめる位な, 這ひさうぢや, 這ひする姿や, 這ひずり出してたつた, 這ひずり込んだと言つた方, 這ひずるやうな, 這ひたる亡き人の, 這ひだすことが, 這ひつくばつた, 這ひでていひ, 這ひのぼらうとする, 這ひはじめて又, 這ひまはるのをお, 這ひよれる子に, 這ひろがって来た, 這ひ上がりましたが暫らく經つて, 這ひ上がりやしませんあツ, 這ひ上がれた人は, 這ひ上った時人々は, 這ひ上らうとしてゐる, 這ひ上らねばならない, 這ひ上りますとああ今お, 這ひ下りてまさに, 這ひ下りた大きな南瓜, 這ひ下りると冷たい, 這ひ凋んだ花を, 這ひ出さうとした, 這ひ出させるこつちやねえ, 這ひ出させまいと眼, 這ひ出さなかつたものなら, 這ひ出したらもう少し綺麗, 這ひ出し起き上つて來る, 這ひ出たが徳利, 這ひ回つたが職人, 這ひ回りたまに小判, 這ひ回るのみで, 這ひ寄りて慇懃, 這ひ寄りましたが手足, 這ひ居る暑さ, 這ひ屈んだね, 這ひ廻ってゐた, 這ひ廻らうとした, 這ひ廻り伐ちてし, 這ひ廻ろふ細螺の, 這ひ戻つてくる, 這ひ戻りて蒲団, 這ひ戻るのだ, 這ひ拡がつてゐる, 這ひ来て, 這ひ歩き我に, 這ひ滴れて行く, 這ひ登りながら胆, 這ひ登れないことは, 這ひ落ちてくる, 這ひ落ちるやうに, 這ひ踞つて屹度謝罪を, 這ひ込ませたかと云, 這ひ込まねばならない, 這ひ込まれた苦い体験, 這ひ込みますが鶏, 這ひ込むだらうと思つて, 這ひ込めと仰やる, 這ひ過ぎたのを, 這ひ降りるわけです, 這ひ飛び跳り, 這ひ騰り次第にこの, 這ふかして少し, 這ふこと濕, 這ふて流れていつた, 這ふと同じく人が, 這ふなれ秋の, 這へりし跡やら, 這豆の, 這復時期に, 這ものものし金眸が, 這りこんで来, 這りたかつたわ, 這ように, 這ろうじゃ無い, 這イズリマワッテイル醜キ秋, 這ッ面を覚え, 這ツテ居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ又常, 這ツ面倒なりか, 這上りましたが松五郎, 這下って来る, 這初め中頃は縁側, 這宝剣仏祖共殺, 這寄った時お, 這寄りて貫一, 這廻っている, 這廻れば声, 這懸り顔とも, 這戻りお懶惰さん, 這摺り廻りさ, 這曳いたらしいさめた饂飩を, 這登りましてこれから, 這込まれてはたまらない, 這込み稗蒔の, 這込みやしたが久しく, 這込み両手を突きまし, 這込み始めて安全燈, 這込み得て今, 這込んだ助倍比丘尼, 這降りる蟻に, 這降る蟻を, 這麼眞暗な