青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「途端~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~逃げる 逃げる~ ~逆 逆~ 透明~ ~途 途~ ~途中 途中~ 途方~
途端~
這~ ~這入っ 這入っ~ ~這入る 這入る~ ~通 通~ 通う~ ~通し 通し~

「途端~」 2017, 22ppm, 5282位

▼ 途端~ (1420, 70.4%)

19 私は 15 彼は 8 パッと 7 何か, 彼の, 自分の 6 今まで, 彼女は 5 私の 4 ハッと, 向うの, 女は, 早くも, 足を, 頭の

3 [17件] お綱, これは, である, わたしの, ガタリと, 俺は, 僕は, 博士は, 右の, 呪縛が, 女の, 彼女の, 必ず際どい, 扉が, 電燈が, 風を, 馬は

2 [77件] うしろの, お蝶, お銀様, お雪, かれの, かれは, こちらを, こんな事, そこの, その男, つき当り, どうした, どきんとした, わたしは, ガタンと, ガラリと, トマレ, トンと, 一人の, 一道の, 下の, 中へ, 主膳の, 二三尺あとへ, 二匹の, 今度は, 伊都子が, 何処から, 余の, 侍の, 信吉は, 光が, 右手が, 右手の, 向うから, 向うに, 四方へ, 土間の, 夫人の, 小屋の, 弦之, 彼から, 後ろの, 急に, 悪夢は, 扉の, 手に, 持って, 指の, 朱実は, 水が, 消えて, 溝板を, 父の, 男の, 男は, 目に, 目の, 相手の, 確かに, 私も, 突如と, 竜之, 老人は, 背の, 背中の, 胸が, 自分から, 表の, 表へ, 誰か, 豹一は, 貞阿, 身の, 隙間を, 雨に, 首を

1 [1111件 抜粋] あああれ, ああ昔, あざやかな, あっと声, あの胆刺, ありがとうと, あわてて, いきなり相手, いきなり若殿, いつも上りパイ, いや, うしろから, えいッと, おいおいちょいと, おきいち, おたか, およそ滑稽至極, おれは, お前, お前は, お夏, お濱さん, お角, お通, かえって万太郎, がくんと大きな, がたひしと, がらがらと, ぎくンと, くらくらと, ぐっと来た, けろりと忘れ, こう腕時計, ここへ, このたび, この家, この気むずかし, この辺, この間浅草で, ころがり出したの, ごろごろごろ遠くで, さきに, さっきから, さっと蒼ざめた, さりげなく巻きおさめ, ざら, しっかりと, すぐ奇兵隊, すだれ, すっと入, すと, すッ, そういう言葉, そう叫んだ, そこには, その, そのことば, その六曲屏風, その執着, その影, その新妻, その杏, その節穴, その背後, その言葉, その顏つき, それが, そんな主客, たった一滴, だしぬけに, ちょうどそこ, ちょっとよろけ, つづらの, どうかした, どうでしょう, どこかで, どこにも, どっと堰, なぜである, なにか人, なによりも, なると, なんとした, ぬっと身, はげしく眩暈, はっと思った, はっと自分, ばくとして, ばらばらと, ぱちぱち豆, ひたと身, ひとでの, ひゅー, ふたたび体, ふっと鼻先, ふところ紙で, ふと怪しんだ, ふらふらっと, ぷいと画架, ほらちやう, まあ不思議, またありあり, またもやあの, またもや約束事, またゾッ, また一矢, また自分, まったく千鶴子, まるで火傷, まんまと取り逃がしちまった, みんなゲラゲラ, もうすつかり忘れて, もう一人, もう可哀そう, もう夢, もう汽車, もう負け, よろよろし, よろよろとして, わが部屋, わたくし続けざまに, わっという, われを, イヤと, ガチャーンと, ガラ, ギュッと, グッと, コトリコトリと, サイレンが, サッと襖, サルタノフも, シューッと, スピードを, ズボンから, ダリアは, チョン, ツイ眼の, トラックの, ドキッと戦慄, ドラ猫を, ハハアこれは, バリバリズシーン, ピカッと, ピシリと, フイと, フョードルも, ベソを, ペンキ塗りの, ホールの, ボックスで, ヤッ, ワイトマンが, 一休みし, 一同の, 一層私, 一方に, 一望唯灰一色の, 一臺の, 一通の, 万吉の, 三つにも, 三味線と, 三尺帯に, 三度目の, 上人は, 下女の, 下鴨の, 両手に, 中で, 中矢切の, 中野は, 九倍と, 乾からびた, 二人は, 二階から, 五六人が, 京吉は, 人事不省に, 人影バラバラ, 人間が, 他の, 仰向けに, 伊達正男が, 休憩後の, 位置に, 佐助の, 何かに, 何とも凄まじい, 何処からか, 何思った, 何者とも, 侍が, 倒れた, 停りそう, 僕たちの, 先の, 光子は, 入口の, 八右衞門の, 六助, 其処に, 其影は, 内には, 再び陽子, 凄じい音, 出会して, 刀は, 刀掛の, 切っ掛けを, 列車は, 初枝, 刺客の, 前方で, 勘の, 十兵衛と, 千代子は, 半七, 南から, 去来先生またまた, 又もや腰掛, 反撥心が, 叢雲が, 古湯帷子, 叫んだ要, 吃驚し, 同船の, 向うも, 吹き募つた嵐, 吹矢筒を, 呆気に, 周馬を, 咽喉の, 喧騒の, 嗚咽したい, 器械の, 四丁目一番地の, 四辺を, 土と, 城太郎は, 壁を, 外して, 多市は, 多鶴子の, 夜具の, 大きい稲妻, 大きな魚, 大喝一声で, 大揺れ, 天を, 天空で, 奉行の, 女に, 女も, 女湯, 妙に, 妾は, 姉の, 婆さんの, 子供の, 孫兵衛わ, 宇吉が, 安里の, 官棒で, 察した, 封筒が, 小さな鼻, 小六, 小屋が, 小猿, 小石交じりの, 居合わせた娘, 山の, 巌は, 左の, 左手に, 巻子が, 帯を, 帰れとは, 平作の, 幸と, 幾島は, 床板から, 店頭の, 廊下から, 弁信は, 弓子の, 引鉄は, 弥三郎の, 弾かれたよう, 彦太郎は, 彼には, 彼女と, 後へ, 御領主, 心持ポーと, 思いがけない背後, 思った, 急いで, 怪量は, 悪夢から, 想いだしたの, 意識を, 感じたこと, 慾を, 懐中時計を, 戸が, 扉は, 手前に, 抜きかざした大刀, 抱き倒された娘, 拙者ころびました, 振り上げた顔, 振返ると, 接吻の, 提灯は, 擦違うよう, 散らした, 文鳥は, 斬りこみましたゆえ, 斯う, 新九郎は, 新吉は, 日は, 日本左衛門の, 明けかけの, 暗い中, 曲者の, 杉戸を, 李太郎は, 杖の, 東京は, 松葉の, 桂は, 棚の, 棹を, 楽屋着の, 樋の, 横腹に, 櫻木大佐は, 次の, 此の, 此方の, 武田さんは, 死んで, 母の, 気の毒な, 水兵が, 水島は, 江戸は, 汽笛が, 沈んだが, 没落した, 流れに, 浴びせかけるの, 海の, 涙とは, 渇いて, 渺茫として, 滋幹は, 澄江は, 激しく揺れ出した, 烈しく戸, 焦, 熊本君は, 燈火を, 父が, 牛の, 物の具の, 犯人が, 狭心症を, 猫の, 甕が, 生きてるよう, 番兵は, 異様な, 癒った, 発車させる, 白布の, 監視人が, 相手が, 真っ正直に, 真上なる, 真斎, 真正面の, 眼でも, 眼を, 瞬きを, 石が, 砲丸に, 神尾主膳は, 祭礼の, 私等は, 秋風が, 稽古に, 空に, 空気を, 突然カラカラという, 突然司会者, 窟の, 端の, 笛の, 箭が, 米友が, 納屋の, 紙銭の, 素早く拉し去つ, 絶叫の, 綱を, 縁側で, 罠が, 老女の, 考えたん, 聞き馴れたスキーパ, 聴えた, 胃嚢が, 背広を, 背後へ, 胸を, 脾腹を, 腰に, 自分だけが, 自動車から, 自己は, 舞台の, 艦列を, 英臣は, 荒く障子, 菰が, 落第だ, 蒸したて, 蓮池の, 蜂を, 蝋燭の, 血が, 行李の, 行燈を, 表へは, 袂も, 袋の, 裸ながらの, 裾を, 見えなくなった, 見る見る顔, 親柱の, 詰まらない女, 誰かの, 謙信が, 豊が, 豹吉は, 貴方が, 赤い光線, 足元から, 跳ねおどった, 身体に, 車体は, 轟然たる, 逐電し, 道の, 道庵の, 遠い足下, 遠く犬, 酒という, 重い俵, 金魚の, 銀色の, 鍛冶の, 関節から, 闇がさつと, 降って, 階段の, 障子が, 隠れて, 隣に, 隣室の, 離れの, 電気に, 電灯が, 露八の, 面前十間と, 頭が, 颯と瞼, 飛びかかる蟒, 飛出し何処, 飜って, 首が, 馬の背から, 馬小屋の, 馬鹿に, 駿太郎に, 驀向より, 骨を, 高柳君に, 鬼神の, 鯰は, 鳥居の, 麦稈帽子が, 黒装束の, 鼻を, 鼻粘膜に

▼ 途端~ (21, 1.0%)

4 こと

1 [17件] ことその, ことで, ことです, ことイヤな, さわりであったらしい, 与五郎の, 仕事である, 切ッ尖である, 印象で, 口小言と, 声は, 憤りは, 拍子に, 男の, 瞬間的な, 顔いろ, 鼻を

▼ 途端その~ (20, 1.0%)

2 男は

1 [18件] もう一基, 中に, 亦鋭い, 光は, 外では, 夜汝の, 女は, 子供の, 日が, 気持が, 汽船発着所の, 灯の, 笑が, 背後で, 鐘が, 門の, 闇の, 鼠の

▼ 途端~ (12, 0.6%)

1 [12件] の脳裡, の腰, の頭, はああ, はそこ, はふと, はよほど, はグラグラ, は今, は快哉, は思わず, も思はず

▼ 途端から~ (11, 0.5%)

1 [11件] いそがしく動きまわらね, こう二人, つまらなくなっち, 伝公の, 又八を, 夢中だった, 彼は, 昂奮が, 気が, 私は, 米友さんが

▼ 途端~ (11, 0.5%)

1 [11件] の心, の歯, は, はがーん, はこんな, はマザマザ, は夢, は新, は自分, は飛び上らん, れは

▼ 途端ふと~ (9, 0.4%)

2 学校で, 方角を 1 何かの, 次の, 渡辺橋で, 細工谷町の, 自分の

▼ 途端~ (9, 0.4%)

1 あっ, どう間違った, ぽかり, 七兵衛の, 不意に, 小癪な, 左の, 藤堂平助が, 見ては

▼ 途端~ (5, 0.2%)

1 お婆さんは, ぐんと来, 六番目の, 卓子の, 顔を

▼ 途端一人~ (5, 0.2%)

1 のダンサー, の壮漢, の大男, の生徒, の追手

▼ 途端いきなり~ (4, 0.2%)

1 ふくれあがったの, 幾子が, 敵愾心が, 私に

▼ 途端この~ (4, 0.2%)

1 一家を, 土地に, 皿の, 貴婦人は

▼ 途端~ (4, 0.2%)

2 あつた 1 そうして同時にキラリ, 鉾を

▼ 途端には~ (4, 0.2%)

1 ただ我, 何か, 跳び込んで, 髪一条の

▼ 途端不意~ (4, 0.2%)

1 といま, にボート, に人, に何もの

▼ 途端~ (4, 0.2%)

1 までさきづまりでのろのろ, までの喜び全部, まで隣, 斜に

▼ 途端彼女~ (4, 0.2%)

1 の袖, の視線, はうしろ, は俄

▼ 途端自分~ (4, 0.2%)

1 が殺人犯人, の噂, は足, も大尉

▼ 途端豹吉~ (4, 0.2%)

1 に出会った, はぐるり, はまたもや, は急

▼ 途端鶴雄~ (4, 0.2%)

2 はふと 1 の頭, はおや

▼ 途端~ (3, 0.1%)

1 春は, 杉が, 気の毒です

▼ 途端がらん~ (3, 0.1%)

3 とした

▼ 途端はや~ (3, 0.1%)

1 ゴール直前で, 佐助の, 銀造の

▼ 途端~ (3, 0.1%)

1 からさだ子, から出, に乗っ

▼ 途端京吉~ (3, 0.1%)

1 はいきなり, はおやっ, もはじめて

▼ 途端~ (3, 0.1%)

1 での命, へ来, へ来る

▼ 途端小沢~ (3, 0.1%)

1 の頭, は, ははっと

▼ 途端~ (3, 0.1%)

1 のポケット, の戸口, の鎖骨

▼ 途端~ (3, 0.1%)

1 にあたり, にまつ, に悲し

▼ 途端新吉~ (3, 0.1%)

1 はふと, は力, は滑っ

▼ 途端木崎~ (3, 0.1%)

1 が何, の姿, はダンサー時代

▼ 途端~ (3, 0.1%)

1 がワツ, の携, は千枝子

▼ 途端あの~ (2, 0.1%)

1 人は, 子狗が

▼ 途端うしろ~ (2, 0.1%)

1 からボソボソ, の父兄席

▼ 途端お力何處~ (2, 0.1%)

2 へ行く

▼ 途端けたたましい~ (2, 0.1%)

1 叫び声を, 咳嗽と共に

▼ 途端これ~ (2, 0.1%)

1 はまた, は殺風景

▼ 途端~ (2, 0.1%)

2 のみに思はざりし

▼ 途端しかし~ (2, 0.1%)

1 信吉は, 意外の

▼ 途端すっかり~ (2, 0.1%)

1 眠くなりました, 銀子の

▼ 途端どこ~ (2, 0.1%)

1 かで一つ, かの小屋

▼ 途端はっ~ (2, 0.1%)

1 として涙, として胸

▼ 途端また~ (2, 0.1%)

1 メリ, 泣かれるね

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 あらせず, あらせず船

▼ 途端ドア~ (2, 0.1%)

1 があい, を叩い

▼ 途端ハッ~ (2, 0.1%)

1 とし, とした

▼ 途端一本~ (2, 0.1%)

2 の手裏剣

▼ 途端亀吉~ (2, 0.1%)

1 の頬, は

▼ 途端二階~ (2, 0.1%)

1 のさだ子, の客席

▼ 途端伸子~ (2, 0.1%)

1 は川瀬, は胸

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 かにつま, と思った

▼ 途端信一郎~ (2, 0.1%)

2 の肩

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 から血, にくわえた

▼ 途端女房~ (2, 0.1%)

1 の奴, はキャッ

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 に呼吸, に熱っぽい

▼ 途端小太郎~ (2, 0.1%)

1 が, は刀

▼ 途端左右~ (2, 0.1%)

2 の叢

▼ 途端庭石~ (2, 0.1%)

2 に爪

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 にさわる, の方

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 に向かっ, の光

▼ 途端~ (2, 0.1%)

2 に黒

▼ 途端未だ~ (2, 0.1%)

2 学校から

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 の上, を渡っ

▼ 途端深雪~ (2, 0.1%)

1 が, は振向いた

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 についた, に映る

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 のよう, はきりりと

▼ 途端精出し~ (2, 0.1%)

1 てくるる, て呉

▼ 途端素子~ (2, 0.1%)

1 の心もち, の皮手袋

▼ 途端胸腑~ (2, 0.1%)

2 に悪臭

▼ 途端茉莉~ (2, 0.1%)

1 が, が倒れた

▼ 途端~ (2, 0.1%)

1 が開い, ごしに

▼ 途端赤井~ (2, 0.1%)

1 はいきなり, は何

▼ 途端鋭き~ (2, 0.1%)

2 気性の

▼ 途端陽子~ (2, 0.1%)

2 はいきなり

▼ 途端~ (2, 0.1%)

2 を刺す

▼1* [332件]

途端あまりに早くあまりに直ちに, 途端あッ思わず顔, 途端いやという, 途端おやと云, 途端お力何処へ行く, 途端お客たちのうしろ, 途端すでに走り出した, 途端がんりきの百, 途端やア, 途端くるっと後, 途端げっと反吐, 途端さすがに章三, 途端さっきからソロリソロリ, 途端しびれるような, 途端すぐ目の, 途端すべってころんだ, 途端そうだこの, 途端そこをもう, 途端それそれこの金袋, 途端それらの塵芥, 途端たそや行燈, 途端たとえていうなら, 途端だつたね君, 途端つみあげていた, 途端であって本丸, 途端であったか片, 途端です窓の, 途端いっても, 途端どう間違ったの, 途端どきッと, 途端どきんとした, 途端どんなことしても, 途端どんより曇った空, 途端ので後, 途端なぜだか, 途端なにを見た, 途端にかあっとなった, 途端にがたりと縁台が, 途端にくゎいと狐が, 途端にずつと先の, 途端にぞおっと総, 途端にだってわかって, 途端にてッきりと, 途端にのッそり部屋の, 途端にははあさっき, 途端にわかに侍は, 途端覚えて, 途端はたと当惑せざる, 途端はっと胸を, 途端さりと, 途端ひやりと頸筋に, 途端ふっと蛾の, 途端ほのぼのとした, 途端ほんのりとその, 途端ちゃんと音, 途端ぼくは之, 途端ぼく達の耳朶, 途端づ生理的に, 途端まざまざと僕, 途端まず鶏の, 途端またもや射出す彼船, 途端まだ芝居が, 途端まで互の, 途端まるで阿難, 途端もしかしたら浮浪者, 途端やはりこの人, 途端よろよろとして思はず, 途端わたくし敏雄を抱きあげ, 途端アッと驚く, 途端カーヴを切り損, 途端ガタリと何, 途端ガラガラという音, 途端ガラツと格子戸, 途端ガラリと格子戸, 途端ガーンと銅鑼, 途端キラリと剣光, 途端クイックターンのダンスシューズ, 途端グッドモーニングの銀ちゃん, 途端コーンとはっきり, 途端ゴトーンと大きな, 途端スルリとばかり杖, 途端ゾッとして唇, 途端ツァ・ルンバは得, 途端トン・トトンとつ, 途端ドツと吹きこん, 途端ニコノ言葉ガ出タノデアルガ正直ヲ云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ, 途端ニ上半身ヲ跳, 途端ニ合図シタミタイニ手ノ痛, 途端ニ颯子ガ這入ッテ, 途端ヒョイと盆, 途端ヒヨイと其手, 途端ビリビリと微か, 途端ピカッと眼, 途端ピストルの音, 途端ピュッと刎, 途端プンと血, 途端プーンとアルコール, 途端ベッドの手, 途端ベルが鳴, 途端ホテルの支配人, 途端ポンと彼女, 途端マダムは急, 途端一つに重なっ, 途端一代の想い, 途端一切がハッキリ, 途端一台の俥, 途端一度に酔い, 途端一時ははっ, 途端七面鳥が持ち前, 途端三艘の伝馬船, 途端丸窓の障子, 途端五右衛門の身体, 途端五臓のちぢみ上がる, 途端人間としての面白味, 途端今一人の士官, 途端今度は道, 途端仏頂寺弥助が眼, 途端伝右の手, 途端伯爵は両手, 途端佐助の身体, 途端何ともいえぬふくよか, 途端何やらひょいと会釈された, 途端何んだか, 途端何故か私は, 途端何気なく差した湊屋, 途端何處ともなく, 途端に昨夜, 途端信吉はいきなり, 途端をすれちがった, 途端が庭, 途端儀右衛門は強烈, 途端先方より余, 途端入口の前, 途端其の女の, 途端其処に誰, 途端再び燃え上った, 途端世は, 途端初めて表門の, 途端初枝笑いだす, 途端前足を挙げ, 途端副官の肩, 途端化物のよう, 途端北山の手, 途端十重二十重に縛られた, 途端千枝子は思わず, 途端卓上電話のベル, 途端口ごもってしまった, 途端の手, 途端名前を呼ばれた, 途端っ, 途端まで真青, 途端喫茶店の入口, 途端四角い穴は, 途端困っちゃったと云った, 途端圭介は思はず, 途端のよう, 途端増上寺の鐘, 途端壮年武士の木剣, 途端夕顔の蔓, 途端夕風さつと, 途端膳めがけ, 途端大変なこと, 途端奇ッ怪です, 途端女なぞの見る, 途端女中部屋から声, 途端の今, 途端は身, 途端になる, 途端孃さま今日もお出かけ, 途端宮子はいきなり, 途端宮枝は男, 途端の中, 途端富士春が, 途端寝台の陰, 途端寺田は思わず, 途端将来洋行しても, 途端小林が後, 途端小林宗吉氏を岸井明, 途端山崎譲がまたし, 途端から垂れ下った, 途端崩れ立った人垣の, 途端巡査とすれ違った, 途端広縁の角, 途端庄吉が, 途端廃刊になり, 途端廊下の簾, 途端弓子は一人, 途端彫像のお, 途端頭を, 途端後ろの方, 途端必ず際どい所, 途端思いがけなくぱったり紀代子, 途端思いついてみる, 途端思い掛けなくぱったり紀代子, 途端思はずアツ, 途端思わず自分の, 途端悲しくも夢, 途端も得, 途端我々は呀, 途端が開い, 途端が音, 途端手元が辷っ, 途端はわざと, 途端拳銃片手に思わず, 途端捕方ムラムラと, 途端提灯の火, 途端揚心流奥義の生んだ, 途端擦れ違いに, 途端数本の山毛欅, 途端敵愾心がいきなり, 途端文吾の右, 途端旅人の眼, 途端既に夜叉王の, 途端日出雄少年は急, 途端木の葉のよう, 途端本庄は行手, 途端本陣の旗もと, 途端林田のこと, 途端果して鉢合せ, 途端格子が開いた, 途端格子戸をあけ, 途端の下, 途端と槍, 途端から世津子, 途端横合から飛びだし, 途端次の間から, 途端次郎は何, 途端の場, 途端母親が止め様, 途端の遠く, 途端水銀のよう, 途端泥道へ尻餅, 途端澄み渡った七月の, 途端激しい衝動の, 途端火床を開いた, 途端無作法に笑, 途端無意識に低く, 途端の眼, 途端物凄い音が, 途端風を, 途端玄竜が, 途端玄竹はいつ, 途端甚兵衛は頭上, 途端田丸は少し, 途端田丸活平は自分, 途端田山白雲の頭, 途端番卒は柄杓, 途端発止と鉢, 途端発車のベル, 途端白い眼を, 途端白地に黒い, 途端白崎はうしろ, 途端益満が, 途端目標を外れた, 途端蒼な, 途端が異様, 途端矢代はどきりと, 途端私たちの行く手, 途端私達の頭, 途端の空, 途端秋川家からと云つて電話, 途端稻妻は猛然身, 途端積んである, 途端突然襖が, 途端窓硝子が連続, 途端立ちかけた彼の, 途端立てかけて置いた, 途端篆刻家の桑名鉄城氏, 途端紀代子はまるであっさり, 途端紅絹の八ツ口ころ, 途端綱手が, 途端編輯長はなに, 途端群集の中, 途端をぽん, 途端から何, 途端をひっこめ, 途端にかけた, 途端腹這に倒れました, 途端自動車は待ち, 途端自家の時計, 途端船室給仕の一人, 途端芳子ははっと, 途端荒い足音が, 途端落ちた手紙を, 途端蒲團が狹, 途端蒼白いフラッシュが, 途端薄目になめした, 途端藤波の背中, 途端の鳴く, 途端のよう, 途端に声, 途端の方, 途端の家, 途端が云, 途端調所の部屋, 途端警部は部下, 途端豹一はわざとらしく, 途端赤児の黒い, 途端走り寄って, 途端足元でダイナマイト, 途端車掌がベル, 途端辰弥よりの使い, 途端通行人の一人, 途端を踏外し, 途端道傍の石地蔵, 途端金光は赫灼, 途端金助は仰山, 途端鈍色につらぬく, 途端鈴田の凭れ, 途端銀造ははげしい, 途端鋭い重蔵の, 途端に伊達捷平, 途端鏡中の悪魔, 途端長椅子の上, 途端門口に待ち設け, 途端門番は大口, 途端間髪を入れず, 途端闇市の中, 途端陣十郎の刀, 途端の方, 途端階段から上っ, 途端隣室の話し声, 途端の中, 途端電話のベル, 途端電車の前部, 途端青嵐という, 途端の色, 途端頭上にあたってキラキラ, 途端顎十郎は思わず, 途端はすっと, 途端は飛ん, 途端黒い人が