青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「透明~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~送る 送る~ ~逃げ 逃げ~ ~逃げた 逃げた~ ~逃げる 逃げる~ ~逆 逆~
透明~
~途 途~ ~途中 途中~ 途方~ 途端~ 這~ ~這入っ 這入っ~ ~這入る

「透明~」 1373, 15ppm, 7551位

▼ 透明~ (532, 38.7%)

5 液体が, 空気の 4 水が

3 [12件] のが, ものが, ものに, ものを, ガラスの, 世界が, 水の, 水薬を, 液体を, 硝子の, 秋の, 空氣を

2 [47件] ことは, さびしさ, のかい, ひとつの, ガラス戸の, 人類の, 光が, 場所なども, 声が, 大碗, 小箱, 幽霊の, 感じを, 月の, 歯車も, 水に, 氷の, 汁液の, 波である, 波でしか, 液体に, 湯が, 湯に, 無限の, 皮の, 硝子, 硝子よ, 神秘の, 秋空に, 空の, 空気が, 窓硝子に, 粘液の, 美しさ, 羽を, 羽根を, 肉体を, 肌を, 自然への, 薄桃色, 薄翡翠色, 輪と, 針金細工の, 青い色, 青味を, 黄の, 黄味を

1 [388件] あの小さな虫, いい頭, かげを, かべの中, かべはいったい, かべをうっ, かべをめがけ, からっぽに, ことよ, さくらの, しかし白濁, すがた, それで何となく, つめたいもの, ところてん袋が, ところで, どろどろした, のだ, のである, のでこしらえた, ひばり, ふかい目ざし, ふつうの, ほうである, ほど鈍, ぼくの, までに冴えた, ままに, みのるの, ものだ, もので, ものでした, ものと, ものなら, ものは, ものも, やうな, やや物, やや縦長, ように, よそほひ, わたくしの, わたしの, んだ, んでしょう, ウォツカの, ウオツカが, エネルギーが, エネルギーを, カテリーナは, ガウンを, ガス体か, ガス体の, ガラスで, ガラス張りに, ガラス張りの, ガラス板の, ガラス障子に, コバルト色に, コバルト色の, ゴムの, スープが, セルロイドに, テグスで, トロリと, ニュウファウンドランドの, メジウムを通して, 一つの, 一種の, 不謹慎な, 世界だろう, 世界と, 世界において, 世界の, 中空へ, 乗員席が, 乗員席には, 乳白色は, 二つの, 二月の, 人格者真理の, 人間が, 体の, 信仰, 元素で, 光で, 光に, 光の, 光は, 光も, 光を, 光沢に, 光線が, 光線に, 光線には, 光線の, 兎だの, 兵隊が, 其翼を, 冬の, 冬空の, 冷たい麻酔薬, 冷やかさを, 処が, 力が, 十月を, 半ばどんより, 卵の, 卵を, 厚い白釉, 原野である, 叡智によって, 品の, 喜悦を, 地質学者が, 堅実味後者の, 場合は, 場所で, 壁が, 壁だ, 壜と, 声陽気に, 夜明けが, 夜風が, 大きな秤, 天そこは, 太鼓の, 女体を, 女持を, 好い心持, 妖怪という, 姿に, 小さい川蝦, 小さい氷球, 尖端は, 山に, 山岳の, 幸福な, 幼い笑, 幼い笑い, 幽霊でも, 幽霊に, 建築を, 強烈な, 影の, 影を, 心には, 心を, 心情や, 心持よい, 心的状態とでも, 心臓を, 思想だけが, 悲哀, 情熱に, 愁ひ, 意義を, 愛着の, 感じが, 感じだらう, 感傷の, 我を, 戦慄に, 抽象的な, 換言すれ, 数の, 数千メートルの, 旋律である, 日光室が, 明るさ, 時遠方の, 景色の, 晴ればれした, 暖い燃える, 月が, 有機ガラスで, 板ガラスを, 柔しい, 柔らかいトルコ玉色, 柔らかい壁, 柔軟な, 柿の, 棒の, 楔形文字は, 模様を, 殻の, 気が, 気体と, 気体に, 気分で, 水を, 水を通しての, 水晶細工の, 水滴が, 水滴と, 水玉が, 水球が, 水蒸氣が, 氷いま一つは, 氷で, 氷と, 油が, 泉に, 波に, 波の, 波動と, 波紋と, 浮遊生物の, 海水を通じて, 液の, 液体だった, 液体であった, 液体の, 液体は, 液體とともに, 液體を, 涼しい智, 淡い白光, 淡水と, 深い水底, 深さ, 清冽さの, 清水である, 清潔な, 渦巻を, 温泉は, 湖水の, 湯の, 激しさ, 灯と, 灰緑色を, 焔で, 焔の, 焔色を, 無垢の, 無色の, 焼酎の, 煎茶に, 煙の, 牢獄の, 物体である, 状態さ, 玻璃板の, 現実に, 球の, 球を, 球体の, 球体を, 琅, 琥珀色に, 生物の, 産室の, 病的な, 白い雲, 白っぽい身体, 白に, 真青だった, 眼が, 着物を, 瞳を, 石に, 石を, 石材の, 硝子に, 硝子板に, 硝子板の, 硝子燗瓶に, 碗の, 碧さを, 碧色に, 秋日和の, 秋空が, 秋空の, 種々の, 空が, 空気だけが, 空気は, 空気を, 空気を通して, 空気湿, 空色が, 窓との, 立派な, 端正さを, 箱の, 箱を, 粒が, 粘り強いその, 粘液的な, 精神の, 糸を, 紅い色, 紐に, 純な, 紙に, 紙の, 紫に, 紫紺色の, 細テグス, 緑の, 緑色に, 美しいもの, 美しい池, 美を通して, 美女は, 群青のう, 羽の, 羽根が, 翅を, 聲が, 聲を, 肉の, 肉を通して, 肌に, 肢体の, 胸や, 脚の, 脚先が, 脳とを, 膜が, 自発的な, 自覚と, 色に, 色を, 色調を, 芝草が, 芝蝦の, 芳香に, 茎を, 茶は, 薄明の, 藤色に, 虫が, 血が, 行為だ, 衣服を, 表現も, 袋が, 観照体と, 解析によって, 豪さ, 貝などを, 足音だ, 足首に, 身体に, 身体を, 軌道を, 輝きと, 輪, 輪に, 輪の, 酒壜を, 酒精の, 鉱泉からは, 銀色の, 限りなく, 限りの, 陳述および, 隔壁が, 雁皮としか, 雨です, 雪が, 雪明りに, 雪明りの, 雲を, 雲母の, 電鈴が, 霞で, 露が, 露も, 青い液体, 青い絵具, 青い血漿, 青白い皮膚, 音で, 響きの, 響を, 頬の, 頭を, 頭巾が, 風, 高低音, 高温の, 魚たちは, 黄いろない, 黄色い莟, 黒さ, 鼠色である

▼ 透明人間~ (206, 15.0%)

6 にされ 3 なん, になっ, になった, のゆくえ, はケンプ博士

2 [18件] だ, だと, だなんて, にされた, にされる, のこと, のことば, の声, の姿, の手, の秘密, の話, はその, はどこ, はなに, をつくった, をみつめた, 第六号

1 [149件] からのもの, からの手紙, があばれまわる, があらわれた, があらわれる, があれ, がいた, がうま, がきた, がくるっ, がぐったり, がこの, がすっくと, がそこ, がついた, ができ, ができる, がなに, がにげだせない, がはじめて, がひらいた, がま, がグリッフィン, が内側, が口, が家, が帰っ, が忍びこむ, が物置, が犬, が着こんだらしく, が言った, が話しだした, じゃない, じゃなかった, すなわちグリッフィン, だってつい, だという, だにがすな, だよ, である, でいよう, でいる, ですって, でももぐりこむすきさえなかったんだ, でやっ, というべつ, というもの, とが息, となっ, との格闘, との間, とわかった, と二人, と格闘, なんてほんとう, なんてもの, にあたえた, にきまっ, にし, にたいする注意書, につきとばされた, にでもぶつかった, になり, になる, にはすっかり, にひと, にぶつかっ, に耳, に言っ, に追われ, のいるらしい, のうわさ, のきば, のし, のしわざにちがいないが, のせ, のもう, のやつ, のよう, のわし, の体, の出没, の危害, の大, の最期, の死がい, の気, の着, はあの, はいきおいこん, はいつのまにか, はいつも, はいる, はおかし, はおそらく, はおちつきはらっ, はかならず, はがつがつ, はじ, はす, はせかせか, はたしかに, はつかれた, はにわかに, ははげしく, ははだかで, はふと, はますます, はむかっ腹, はむちゅうで, はゆっくり, はようやく, はガウン, はドア, はナプキン, は一本, は一気に, は博士, は口, は吐きすてる, は大きな, は強い, は服, は犬, は狂人, は目, は考えこん, は苦し, は警官, は起きあがる, は身, は近づい, もいささか, もトーマス, をある, をそこ, をつかまえる, をつくる, をどう, を使う, を包囲, を攻めよう, を知っ, を知ってる, を空気男, 第一号, 第五号, 第四号

▼ 透明~ (155, 11.3%)

23 なって 11 して 4 なつて 3 すること, なると, なるよう, 光って, 澄んで 2 したよう, なった, なる, なるの, 横切る, 近い氷

1 [90件] うちだした作品, かわって, されたか, された安静, されて, されない情緒, されるから, しいかなる, した白, した趣, してやった, してやるの, しなければ, すかした硝子戸, するおそろしい, するその, する点, せよ, ただ軽快, とけあった泉, ともる, なったおかげ, なったこと, なったじゃ, なったの, なった感じ, なった果実, なった神経, なった者, なった黒い, なっても, なりすぎて, なりぽうっと, なりました, なりやがて, なり丁度一枚, なり仮令, なり元素, なり四方, なり無数, なり鉄格子, なること, なるはず, なるやう, なるわけ, なる空, なれば, なれるん, まっ赤, みえる女, 似た憂愁, 光る液体, 光線を, 冷え落ちて, 南の, 含む光琳波, 奥深く冴えわたっ, 崩し拡げて, 愉快な, 成つた空氣の, 映って, 映つて, 晴れわたり閑雅, 曇った肌, 消えた, 深く正しい地史, 溶けた, 澄みきって, 煮え切つて, 盛り上っ, 磨ぎだされて, 秋陽の, 窓内の, 紅く光っ, 美しく見えた, 自分から, 草に, 表わすこと, 見えそれ, 見えた, 見えて, 見えます, 見える, 見ゆる程, 輝く飴色, 過ぎるほどの, 青く澄ん, 静かに, 高い秋空, 髪の毛までも

▼ 透明怪人~ (95, 6.9%)

7 の首領 5 のこと 3 の事件 2 がこの, が乗っ, が大友君, だってからだ, の大, の自動車, は目, をほんとう

1 [64件] があの, があらわれた, がいる, がうそ, がここ, がしのびこもうとしているのではあるまいかと, がはじめて, がやってき, が地下室, が島田君, が明智さん, が自分, が逃げ, だったかも, だと, だな, だッ, です, ですから, でもはいる, で二号, というお化け, という化けもの, と明智探偵, なんてあとかた, にさえなやまされ, にちがい, につきとばされた, にどっか, になっ, になった, にはてこずっ, によって自動車, のうみ, のひみつ, の一団, の声, の寝室, の有名, の横顔, の第, の見, の話, の足あと, はいったい, はけむり, はそのまま, はどこ, ははいっ, はまだ, はみつかりませんでした, はみんな黒川, はパジャマ, は今, は倉庫, は帽子, は窓, をたった, をつくりだす, をつくろう, をとらえる, 第一号, 第五号, 第四号

▼ 透明~ (86, 6.3%)

3 液を 2 なかに, なかを, 中に, 歯車を, 泡が, 空から

1 [71件] かべがどんなに, かべが見える, なかから, ままそれぞれの, もある, ものである, ものを, ガラス服で, ガラス織である, 世界に, 中にも, 丸玉で, 人間かも, 例えば上簇, 匂やかな, 壁です, 声で, 姿を, 小箱, 度の, 弾力の, 形が, 影が, 微小結晶を, 怪物は, 感じだけ, 感じを, 態度や, 板がらすは, 歯車だった, 歯車だつた, 氷河は, 氷面を, 河が, 海老一寸の, 液二筒と, 清き液, 煙りの, 爪の, 物体だった, 物体なんて, 玉が, 白幽霊は, 白色の, 破片が, 碗の, 空は, 糸みたいな, 結晶体みた, 絹布を, 緊張に, 縄で, 美しい緑色, 美しさ, 翅の, 肉が, 肉片の, 膜一重なる, 菌だけから, 菌な, 血を, 誘惑であり, 貝殼を, 趣なく, 趣に, 軽装な, 酒を, 重晶石, 雲を, 鮮紅の, 齒車を

▼ 透明~ (48, 3.5%)

2 一種の, 何らの, 心は

1 [42件] あつた, あつた空, さへ, しかもかたく, しかも強く, すがすがしくエメラルド, そしてイヤ味, そよりとも, ぞっとする, また豊富, 何とも云えぬ, 何も, 何もかも手に, 入浴の, 円くて, 博士の, 小さくて, 底は, 歪みの, 殆ん, 気が, 氷を, 流動性の, 清らかな, 清快, 澄んで, 瀝青の, 白い肉身, 着物を, 砂は, 美しい光沢, 美しい飴, 美しかった, 自分は, 虚無の, 血の, 表面に, 質は, 重量感の, 閃光を, 静かだ, 黄灰色な

▼ 透明~ (24, 1.7%)

1 [24件] がにごらず, がよい, が私, が表現, であった何と, でかえって, でしょうか, で作られ, とが彼女, とはこの, と静けさ, にも例えよう, による, に貫かれ, の底, はまるで, は作者, は愈々, よろこびに, をもっ, を失っ, を感覚, を持ちはじめた, を私

▼ 透明なる~ (15, 1.1%)

2 水は

1 [13件] こと, ところの, ものと, 丹を, 光線を, 卓にも, 姿に, 心, 意識と, 流体エーテルの, 清水の, 空氣を通して, 言語を

▼ 透明~ (14, 1.0%)

2

1 [12件] いけどりの, かもしれない, がインチキ, と三つ, のいつわり, のため, のはいった, の見世物, は一万年間, は膝, をなでさせる, を入れた

▼ 透明~ (13, 0.9%)

1 [13件] から入り, から見えなかった, がちゃんと, し浮草, ということ, という感じ, といっ, な, ね, もちろん味, よ, 純粋だ, 純粹

▼ 透明である~ (13, 0.9%)

1 [13件] から内部, がそれ, が少し, が打見た, が深淵, ことが, ということ, といふこと, のに母国語, のを, 冬季の, 処の, 片麻岩系

▼ 透明~ (13, 0.9%)

2 なり私, 言えるほどに 1 なしこれ, なったところ, なり主, なり得ないこと, なり空気, なる, なる薬, 敏感と, 白色と

▼ 透明~ (10, 0.7%)

2 利用し 1 含んだ黄, 帯び湯けむり, 応用し, 持し, 暈らす, 欠き具体的, 欠き重苦しく, 示すため横線

▼ 透明~ (7, 0.5%)

1 となり, とになり切れない, と化し, なるもの, の中, の板, を眺める

▼ 透明~ (7, 0.5%)

1 があり, に帰着, の高い, はある, は水, は高く, も深く

▼ 透明~ (6, 0.4%)

3 の壁 1 から外, の側, の外

▼ 透明~ (5, 0.4%)

1 か, がもし, になっ, は急, へとびつい

▼ 透明った~ (3, 0.2%)

1 ものが, もので, ドロドロの

▼ 透明ガラス~ (3, 0.2%)

1 である, の衣裳, 織を

▼ 透明~ (3, 0.2%)

1 すること, である, にあった

▼ 透明~ (3, 0.2%)

1 と紺碧, の海面, を有す

▼ 透明~ (2, 0.1%)

1 向側に, 跳ね光り降りなべてひたすら

▼ 透明であっ~ (2, 0.1%)

1 たりした, てその

▼ 透明であり~ (2, 0.1%)

1 セロファンより, 私は

▼ 透明でなく~ (2, 0.1%)

1 てはならぬ, 土の

▼ 透明でも~ (2, 0.1%)

1 うま味が, 生身の

▼ 透明~ (2, 0.1%)

1 ように, 冷い

▼ 透明主義~ (2, 0.1%)

1 の洗礼, の理想

▼ 透明~ (2, 0.1%)

1 透明の, 透明濃き

▼ 透明怪人事件~ (2, 0.1%)

1 のかかり, のせつめい

▼ 透明無臭而~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 透明無色~ (2, 0.1%)

1 なる水, なガラス

▼ 透明物質~ (2, 0.1%)

1 が結晶, に包まれた

▼ 透明~ (2, 0.1%)

2 に独り

▼ 透明白膏~ (2, 0.1%)

1 となつ, に変つたの

▼ 透明薔薇~ (2, 0.1%)

1 の火, の身熱

▼ 透明~ (2, 0.1%)

1 ができたら, だ

▼1* [80件]

透明かべの下から, 透明から来る心地, 透明さ活発さ獲得力が欠乏, 透明て極めて, 透明すぎるのでしょう, 透明そのもののよう, 透明だったようだ, 透明つて玉のやう, 透明であったしまた, 透明であるべき存在乃至, 透明である憤り憎悪そういう, 透明であればある, 透明でいるために, 透明でしょう私たちは, 透明ですもの, 透明でない感じを, 透明でなき品即ち, 透明でもつと細か, 透明で毀れ易くて, 透明で消えうせそうだ, 透明で解りやすくなけれ, 透明というんで, 透明とか悠久とか, 透明としか見えない身体, 透明としての制約である, 透明とも謂うべき快い, 透明なうたい口を, 透明なかぐや姫, 透明なきらめきのある, 透明なきれぎれに, 透明などといふ美しい物, 透明ならしむることである, 透明なるあらば其の如何なる, 透明なれば一天, 透明な分り切った有りふれた白さ, 透明な掘貫きの水, 透明な流れるものの, 透明な空いろの, 透明な輝いてるある物, 透明ねこはいま, 透明それは, 透明らしいが, 透明セルロイド板の来る, 透明底ニ拡ガルモノ, 透明不可視人間かもしれない, 透明不壊であるよう, 透明不透明不透明の核, 透明人間たちはみんな, 透明人間みたいになっ, 透明人間らしいな, 透明体位のところ, 透明冷徹さがすこし, 透明凛烈の青みどろ, 透明即ち光が, 透明壁越しに僕, 透明天井を通して大空, 透明は淡, 透明婦人服は淡, 透明怪人たちもここ, 透明怪人捜査本部をもうけ, 透明怪人特有のうす, 透明がある, 透明或は透明に, 透明慧な, 透明曇りなさ, 透明の中, 透明機関銃やない, 透明浴場も清潔, 透明清冽で博多織糸, 透明清澄で黄金, 透明澄みわたる心が, 透明濃き薄き様々の, 透明無味な肉, 透明瑩徹などとは誓っ, 透明生気充満したもの, 透明膜が, 透明紺青だん, 透明の無限, 透明鋭利な者, 透明を照らす