青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「逆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

送り~ ~送る 送る~ ~逃げ 逃げ~ ~逃げた 逃げた~ ~逃げる 逃げる~ ~逆
逆~
透明~ ~途 途~ ~途中 途中~ 途方~ 途端~ 這~ ~這入っ 這入っ~

「逆~」 3680, 40ppm, 2925位

▼ 逆~ (2496, 67.8%)

64 して 33 なって 19 云えば 15 利用し 13 いえば, 取って 12 言えば 10 自分の, 辿って 9 なった 8 なつた 7 それを, 取つて, 我々が 6 私の, 考えて, 考へて 5 すれば, それが, なるが, なるであろう, 今度は, 利用する, 彼の, 歩いて, 読んで

4 [16件] これを, したの, なつて, なると, 上の, 下から, 世界が, 云うと, 人間の, 女の, 彼を, 我々の, 或る, 持って, 自分を, 行って

3 [33件] いうと, さかのぼって, したもの, したよう, すべての, すると, なる, ねじあげると, 世界の, 人間が, 人間は, 人間を, 出て, 出るの, 小説の, 廻して, 我々を, 戻って, 掴んで, 撫でて, 日本の, 流れて, 猛烈に, 男の, 社会の, 空間は, 経験を, 腹を, 見れば, 言うと, 言ふと, 質問した, 進んで

2 [150件] いって, いへば, お前を, お浦, お金を, かき出されたもの, かけるの, こちらから, こちらへ, この作者, この婦人, これらの, こんどは, しごいた, しごいて, したり, しても, そういう自分自身, そうも, そのわけ, その半面, その評価, そんなこと, そんな事, たどって, とんだ負担, どう見, なっても, なり愈々, なるの, なるよう, なれば, ひどく間, まわって, もとの, やって, やつて, 一つの, 一定の, 上へ, 世界を, 之を, 人間性の, 何目か, 作用された, 作用し, 作用した, 使って, 使わなければ, 停車場の, 僕を, 先手を, 内容の, 出る, 刎ね, 動かさねば, 却つて人々は, 参木の, 取りました, 古語による, 右の, 吊り下げました, 吾, 回転し, 変に, 天に, 妙な, 対象が, 小より, 嵩じて, 帰って, 幸福が, 引きかえして, 引返して, 彼が, 彼に, 彼は, 彼らを, 彼女が, 彼女の, 彼等に, 彼等の, 彼自身ほとんど, 後に, 後の, 応用し, 怯えて, 感性的な, 我々は, 扱き上げて, 批評記事が, 投込ん, 持つて, 捻じれば, 探偵では, 撫でる, 散文の, 数えて, 敵の, 文学の, 斜めに, 日本で, 明快簡潔ならしめうる, 昔から, 書いて, 書かれて, 最も功利的, 此の, 泳いで, 現実の, 理智の, 環境が, 環境を, 用いて, 男神の, 相手の, 着て, 社会的事実を, 秀子が, 私が, 私たちの, 私は, 立っても, 立てた, 立てたよう, 精神的生命そのものを, 結果は, 繰返して, 考えると, 聖書の, 自分が, 自分に, 自己が, 花さかせ, 落ちて, 虚を, 行くもの, 行く人物, 行ったもの, 行ったよう, 行為的直観的に, 表現の, 見て, 言へば, 読めば, 読んでも, 逆に, 逆にと, 離れて, 飛び込む隙

1 [1743件 抜粋] あいつの, あさましいとすら, あとずさりしながら, あなたの, あの念願, あらあらしい一喝, あらゆる男女関係, ある島, あれからは, いうならば, いつか後醍醐の, いぶかしそう, いわゆる白描, おきかえて, おもい出したもの, お前達の, お母さんが, かうした事, かえて, かく時, からだを, きょう広野村より, くり返しとうとうすっとはなれ, こいて, ここに, こすり上げて, こっちの, ことさらに, この唯物論, この意識内容一切, この法則, この現象, この眼, この身, これは, さうし, されたり, した事実, した彼ら, しては, しゃがんで, すせも, すなわち前後, する伝統, ずっと玄関, そういうこと, そういう方向, そうだ, そこを, そのまま通用, その人, その名, その家, その意識, その玄蕃, その裏, その重要性, それらの, それ等の, ただの, たどれば, ついて, つきだして, つけられた, つるりとすべり, とがめられても, とっちめられようとは, とらえ尻, どうせ自分, なったからな, なったと, なったら反って, なった文字, なってる, ならなければ, なります, なり勿体なく, なり孔子, なるので, なるわけ, なんとし, ねじあげたらその, ねばって, のぼる事, ぱかぱかと急い, ひっぱられるみて, ひねる, ひろ子の, ふっと俺, ぶらさがつたり, へんに, ぼくの, ますます南下, またかかる, また他人, また後者, また詩人的, まづ不思議, まわつてるよう, むかついては, もう一度靴跡, もつと, やけくそに, やるので, よろこばねば, われから, アメリカなら, イヤナニ, カーテン前の, サギの, ダメを, ドイツ人自身にとっては, ドン, フランク大尉を, プロレタリア文学の, ボクが, ミスタ・シムコックスに, ラザレフが, レンズの, 一回み, 一番働きの, 一見し, 上げて, 上役を, 下る筧, 不安を, 不愉快な, 世論という, 中国人が, 主客の, 主戦論者に, 之が, 乱れて, 二人で, 云い表わされるの, 云へば, 京へ, 人一人を, 人通りも, 今日の, 仏性の, 仮に個人, 伝説の, 伸子に, 何だかこうして, 何故プロレタリア文学, 余に, 作家論の, 使った, 使者を, 俗物的だ, 信仰せざる, 俳優の, 俳諧の, 個人的な, 借金の, 偶然性が, 働きかける, 優位者の, 元気で, 先生の, 入りこませること, 八王子方面へ, 共産主義者への, 其家の, 内なる, 再び戻っ, 写経の, 冷やす仕掛け, 出たほう, 出ること, 出るを, 出版の, 切った, 利用し始めた, 刺戟を, 前衛の, 劣等感の, 動くと, 動物が, 勤労婦人の, 半分踏まえ, 卑下を, 却ってデマゴギー, 卷いて, 又批評家, 又死, 及ぼす力, 反らせて, 反抗し, 反発を, 取った白い, 取り入れて, 取り返されると, 取り返したわたし, 取る時, 受けて, 古八・紙治, 叩きふせ次に, 右手の, 合成される, 吐いて, 向い来る所, 向き直つたところ, 向って, 吹きだしたので, 吹口で, 呼び起して, 哲学は, 問い返した, 問ひ返される, 喚びかけつつ, 喬彦の, 回らしたの, 回転する, 固体を, 国民を, 圭さんに, 執着した, 塞きあげて, 変えられそう, 変って, 外へ, 外国に, 夜も, 大使に, 大野川の, 天冠の, 太宰と, 夫の, 奇蹟に, 奥州あたりから, 女は, 女房が, 如何なる機械体系, 妙に, 嫉妬する, 存八の, 学問の, 孫桓と, 実生活に, 客を, 宮の, 宮方には, 寝て, 射上げて, 小さな破, 小説そのものにかへ, 少なからぬ, 尻の, 屋内へ, 山より, 山中へ, 川下へ, 巧妙に, 巻返す, 帰りの, 平民も, 年増しか, 底知れぬ, 廻したこと, 廻すところ, 廻って, 廻る蓄音機, 廻転しはじめた, 引きつけられるという, 引き戻されるよう, 張ったり, 当りますね, 形態が, 影絵の, 彼らが, 彼女を, 後から, 後ろへ, 御本尊, 心を, 応用したなら, 思わず知らず, 思想水準が, 怨んで, 悪精霊, 惹きつけられるという, 意識も, 感じを, 慣, 或は叙事詩, 戰車より, 戻ったに, 戻る, 手を, 打った釘, 扱けば, 批評が, 技術の, 投げ返して, 抱き止めた, 押し出されて, 持ちながら, 振り向くと, 捩じ上げ橋, 捩ると, 捻つて膝, 捻り上げました, 捻倒した手練, 掛って, 掴み出したの, 握ったが, 撫でながら, 擦すられたよう, 改まらせること, 攻勢的な, 敏行さんの, 敵軍を, 文化的要素の, 文士の, 文明の, 斯くまでは, 新屋を, 旅順大連を, 日本から, 日本民衆という, 旧作の, 昂ぶっ, 映して, 映る, 時代に, 暗い彼, 曲るん, 最も保守的, 最初の, 望月を, 本当は批判的, 杖を, 東京から, 松の, 柏の, 梳る女頭, 検べて, 極微少, 構えた, 欧羅巴の, 歎かれる, 此処まで, 此結果から, 歩いた, 歩き出した, 歴史的社会が, 死ぬる訳, 民主的な, 気に, 水量の, 汚く貧しげ, 汽船ルシタニア号は, 油鍋へ, 流る, 流れの, 浜の, 海面に, 渭水方面へ, 溯って, 滝の, 災害は, 点検し, 無神経ばかり, 無髯, 照りつけて, 熱海を, 父親を, 物事を, 物質によって, 犬の, 狂人の, 珍重され, 現在に, 現存の, 理論的な, 環境に, 生えた蓬, 生そのもの, 用ひ, 甲州街道を, 男子は, 略語としての, 白い軸, 皆を, 盗坊, 目前の, 相手へ, 眉を, 真面目な, 眼を, 知恵の, 知識を, 磁気を, 社会的存在が, 神の, 秀郷の, 私自身に, 稲荷の, 積極的に, 空間そのものを, 突発的問題とは, 立てたの, 立てる彼, 笑うという, 筆録し, 純粋政治家が, 細流を, 組立てた場合, 絶対の, 緊張した, 繰りながら, 美しい感情, 義貞の, 考えたこと, 考へると, 聞えるで, 肉体に, 胸から, 腑抜けに, 自分で, 自分らの, 自己意識によって, 自然や, 舞台の, 色が, 芸術的な, 若かった, 英雄的な, 落ちた, 落ちよかし, 蒼くなった, 藻西が, 蝶番を, 行うに, 行くん, 行ったん, 行つたまで, 街道の, 表現した, 被支配者, 西洋画の, 見たら一ぺん, 覗くこと, 観察し, 解釈する, 言って, 言葉に, 訊いた, 証明する, 認識の, 誤解を, 説法した, 読み習いまた, 読んだ名前, 論理学, 諭吉の, 讀んで, 象徴が, 貴方に, 賃金の, 走った, 走り出す, 跳ね落された武村兵曹, 転ばそうと, 軽蔑し, 辿つて行, 近ごろは, 返されまして, 返った刀, 追ン, 退つたが, 逃げ走る訳, 途切れて, 運の, 過去こそ, 遠い外国, 遣て, 配給魚であれ, 野心満々な, 金を, 釣つたので, 銀行から, 鎌倉幕府で, 長男の, 防禦の, 附近の, 階段を, 雷見舞などとは, 青くなりました, 非情ななぶり, 頁を, 頭上から, 顔を, 飛び込んで, 食いちがって, 馬車で, 高賃金, 鳶でも

▼ 逆~ (206, 5.6%)

12 方向に 6 浦は 5 効果を 4 方向へ 3 ような, ように, 位置に, 形で, 方に, 時には, 時の, 薬

2 [14件] ことに, ことを, コースを, 例を, 写真から, 場合の, 場合よりも, 場合を, 形式を, 文字を, 方向から, 方角に, 面として, 順序に

1 [127件] いわゆる家庭的, うぬぼれだよ, お薬, からめてを, この順序, ために, への字, ほうが, ほうへ, まるで梟, ものが, ものでなけれ, ものと, ものとの, ものに, もの酒が, やうに, ようだ, コースは, トリックだ, ピアノに, マイナス符号の, 一点が, 丁字形は, 三つの, 世間で, 事柄が, 二つの, 位置の, 作用を, 例をも, 側から, 傾向を, 内容を, 内部的対立が, 処置あり, 別れる以前, 前には, 力と, 効果が, 囚人たちを, 型の, 場合が, 場合には, 場合も, 女の, 姿が, 左の, 左傾ぎ, 広い墓地, 徒にも, 心理状態を, 意味では, 意味に, 感情が, 戸口へ, 手を, 操作と, 文章で, 方から, 方からの, 方が, 方へ, 方向への, 時代, 来ること, 気持だった, 気象状態だ, 浦より, 浦を, 浪は, 潮に, 烈い, 状態が, 状態で, 狐猿の, 理由から, 甚だしいもの, 用意に, 症に, 目を, 目的に, 立場に, 第一, 第二指, 結果と, 結果に, 結果は, 罪, 罪を, 考えを, 考へ方, 者, 行動を, 表現じゃ, 見当を, 言ひ, 言葉を, 証拠が, 評価の, 話を, 語序を, 論理に, 賊である, 賊尊氏を, 車と, 逆を, 遊説使の, 運囘を, 道を, 道行きについて, 道順を, 遠い隅, 関係も, 隷属物としての, 霊魂の, 静かで, 面から, 面で, 順に, 順序が, 順序で, 順序によって, 順序に従って, 順序プログラムだった, 風が, 風でも

▼ 逆~ (112, 3.0%)

4 態度が 3 ことを, のだ, のである, ものを, んだ 2 ので, のです, やうである, 場合として, 方へ, 表現では

1 [81件] きっかけから, ところに, のか, のかは, のであっ, のね, ものか, ものだった, ものである, ものに, ものも, やうに, ようで, ような, んでさあ, んです, コースへ, ブッチョウ面と, 不幸に, 主題が, 事情にな, 事情を, 作用とも, 例も, 例を, 侯爵令嬢の, 出来事が, 利益の, 力が, 力で, 功を, 印象を, 反応を, 受けに, 吉水院の, 噂話も, 型を, 場合が, 市場価格, 形で, 形では, 御寛度, 心が, 思惟に, 悲劇的な, 悲命を, 意味で, 意味にも, 感じを, 態度を, 推断を, 放言を, 方から, 方へばかり, 方向から, 方向と, 方向に, 明るさ, 民衆的作物が, 気持が, 気持ちに, 氣持が, 現れを, 現象が, 現象ばかりが, 現象を, 立場で, 結果に, 結果を, 羞じらいも, 芝居傍観者の, 表情を, 表現に, 見方であっ, 言葉で, 話である, 返事ばかり, 難波, 面から, 順になる, 頼みだ

▼ 逆~ (74, 2.0%)

7 はない, はぬ 6 はう, ふやう 3 はなかつた 2 ひて, ひながら, ひに, ふこと, ふ事

1 [35件] じ, ずただ, つたこと, つたもの, つたらしく, はしむれ, はせようと, はねえ, はふと, ひたるにや, ひの, ひましたが, ひ乍ら坂道, ひ吹くと, ひ愕ろか, ひ押, ふことは, ふそ, ふてその, ふといきなり, ふと相手, ふと總理大臣め棍棒, ふなりけり, ふまいと, ふ巨怪, ふ新しい, ふ気持, ふ状, ふ者, ふ船, ふ訣, ふ風, へば何と, やあがる, やア

▼ 逆~ (63, 1.7%)

3 行って 2 して, ついて, とって, 企てて, 行つた

1 [50件] いって, し乍ら, する, するやう, するよう, つかれたの, とると, とるという, ふりむかざるを, もしヴィデ, やったん, やり遂げて, やるもの, やれと, ゆく人, ゆく形, 企てたか, 企て輩, 伐つ日, 償ふ, 出させるぞ, 取り左足, 執事の, 始めて, 始めて泣く, 往くこと, 往くの, 指し合って, 捨て順, 考えて, 考えなくては, 行えば, 行えりと, 行きまたは, 行くの, 行く手法, 行ったの, 行ったわけ, 行つた二百年三百年或は, 行へる, 見る誤り, 言う, 言った, 言ふ, 討ち順, 討つ, 論じなくとも, 謀む人非人, 踏んで, 道義に

▼ 逆~ (37, 1.0%)

3 ぬやう 2 うとも, しめし

1 [30件] うと, お癒, かくべつめずらしい, ぎにしたものをはじめとして田の, ざるが, で已む, ないで, ないといふ, ないやう, なかつた, ぬ, ぬ事, ぬ程度, むとすと云ふ, むよしなき御稜威もて, マラアでは, 不可能だ, 利かないもの, 取って, 必ずしも成り立たない, 必ずしも真理, 情ない, 感心や, 直ぐ癒, 直りましたが, 真ならずだ, 筋肉が, 考え難い, 見た事, 随分困る

▼ 逆~ (33, 0.9%)

3 あつた 2 あつて, それは

1 [26件] この室内, すらあった, その言語, それを, ねだから, まやの, むこうが, 何か, 何が, 南さんは, 外米は, 多少不, 大いに喧嘩派, 寂しく西海, 満月が, 病人を, 相当複雑, 神の, 米友が, 自然が, 英雄は, 行ったよう, 西の, 通して, 都女を, 非常に

▼ 逆~ (29, 0.8%)

5 をし 3 して 2 になつて, をする

1 [17件] くらいやり兼ねない, しその, したところ, したやう, し或は, だけには理窟, だらうが, で撮った, にし, にすら親方, になる, に立っ, の上手, の姿, の瞬間, は芸術, も何

▼ 逆って~ (28, 0.8%)

2 流れて

1 [26件] いるが, いるせい, そこに, その有名, でもそれ, みたいのです, みたかった, 互を, 出でる道理, 利用出来る, 周章狼狽し, 喚かれるより, 奮闘し, 師走正月の, 彼等を, 御受, 恋を, 抜手を, 揉むせい, 来る思ひ上って, 河を, 流れたり, 漕いで, 男の, 目ざす獲物, 行く二人

▼ 逆~ (23, 0.6%)

3 ものは, ような 2 ことは, なよ, ように

1 [11件] ことでない, ことなど, ことを, という意味, と悪い, なとな, などちと, のでまるで, ほど彼女, ようで, 風を

▼ 逆~ (23, 0.6%)

13 にし 2 に一, に淵, に潜り込ん 1 にした, につぐ, に向け直し, に水

▼ 逆~ (21, 0.6%)

2 本当の, 真実である如く

1 [17件] いるん, えりし, おこなわれて, きたなら, ひどく出る, まじって, 一つ出た, 一層眞理, 一層真理, 出た, 出て, 勝利を, 含まれて, 哲学の, 流行し, 真なりの, 真理だ

▼ 逆~ (21, 0.6%)

2 から

1 [19件] がこの, が既に, が高氏, けれどあの, し膝, てるなり, て宮門, て怒れる, といいたい, ということ, といふ, としか信じられません, とも云い, と僕, と思う, と話し, と非常, わ, 鶴に

▼ 逆~ (17, 0.5%)

4 また真 2 真である

1 [11件] あんまり逆, さしたる重き, そうである, また成り立つ, 両方とも, 同じである, 忽ちにし, 成り立つこと, 正しい, 激しく出た, 真だ

▼ 逆~ (15, 0.4%)

3 さまに 2 吊りに, 立ちを 1 合は, 撫で, 撫でに, 撫でを, 立ちし, 立ちである, 立ちでは, 落しに

▼ 逆上っ~ (15, 0.4%)

7 ている 5 ていた 1 てしまいます, てしまう, てしまっ

▼ 逆である~ (14, 0.4%)

2 ばかりで

1 [12件] かも知れない, からである, がこの, がそこ, が本, が激, ことつまり, と, という事実, ところに, のだ, 点で

▼ 逆上る~ (13, 0.4%)

1 [13件] からなお, から大, から時々こう, とどういう, と何, に違い, のとは, ばかりの日射, ほどに二人, ほど見たい, ようであります, ような, 人が

▼ 逆った~ (12, 0.3%)

1 [12件] が, ことなどは, という, のである, ものだ, ものなら, ような, 外発的の, 大きな声, 時は, 罪を, 連中ばかりが

▼ 逆では~ (12, 0.3%)

5 ない 2 なかった 1 あるが, ないかと, ないと, ないという, ないの

▼ 逆~ (12, 0.3%)

1 [12件] いうと, なった, なったと, なり運動, なる, 云えば, 云ふも, 呼ばれる旗, 思いつつ, 思うその, 私自身の, 言われる

▼ 逆せ上っ~ (10, 0.3%)

1 たりする, ていっ, てしまう, てわいわい, て人, て来た, て極道, て此度, て痛くっ, て舌

▼ 逆らつて~ (10, 0.3%)

3 もならぬ 1 ばかり居ります, まで盜む, ゐること, 吾が分内, 歩くとき, 流れ出た, 見ないでは

▼ 逆まく~ (9, 0.2%)

1 波が, 波は, 浪が, 浪を, 海の, 濁流が, 狂瀾を, 長江の, 闇夜さしも

▼ 逆せた~ (8, 0.2%)

2 やうな 1 となつ, のか, やうに, ような, 唇の, 容子を

▼ 逆にな~ (7, 0.2%)

1 つた語の, つてさ, つてゐ, つてゐます, つて其を, つて双葉の, つて水潜を

▼ 逆には~ (7, 0.2%)

2 いたり, 他人攻撃の 1 いって, ひあがる崖, 通つて来られない

▼ 逆吊り~ (7, 0.2%)

4 にし 1 にかけ生き血, にした, に浸たされた

▼ 逆~ (7, 0.2%)

1 になる, のございません, の多い, の所, もなし, を削る, を避けた

▼ 逆そんな~ (6, 0.2%)

1 ことが, ことを, 事は, 仕掛けの, 大罪を, 男らしくない

▼ 逆~ (6, 0.2%)

2 逆へと 1 さらずば, ないので, 行こうと, 逆から

▼ 逆らはず~ (6, 0.2%)

1 にそつ, には居られなかつた, に連れ, に頷い, はた意, ほつたらかして

▼ 逆から~ (5, 0.1%)

2 云えば 1 見て, 非難する, 順へとも

▼ 逆せ上がっ~ (5, 0.1%)

2 てしまった 1 ていた, て仕舞う, て神

▼ 逆だった~ (5, 0.1%)

1 からなあ, ということ, という場合, わい, 事に

▼ 逆です~ (5, 0.1%)

1 か, から何と, がどちら, それは, な

▼ 逆にも~ (5, 0.1%)

1 ときた方, 御一族, 考えました, 行はれ, 速くも

▼ 逆捲く~ (5, 0.1%)

2 中を 1 大軍の, 岩の, 波の

▼ 逆~ (5, 0.1%)

2 ではない 1 がある, とぞんずる, と思われる

▼ 逆せ上った~ (4, 0.1%)

1 のだ, ように, カ氏の, 茂之助ゆえ無

▼ 逆であり~ (4, 0.1%)

1 すぎるせゐもあるのだらう, ますます濃い, 愚劣であり, 裏である

▼ 逆にとって~ (4, 0.1%)

1 急いで, 捻じ上げました, 目が, 背負いなげにと

▼ 逆~ (4, 0.1%)

2 ぢを 1 ぢだ, ぢでも

▼ 逆まい~ (4, 0.1%)

1 てきた, てゐる, て怖, て湧きあがった

▼ 逆~ (4, 0.1%)

1 ずに, ずひたすら, ず身, なかった

▼ 逆~ (4, 0.1%)

2 を食 1 を喰らう, を喰わす

▼ 逆捻じ~ (4, 0.1%)

1 を喰う, を遣るでございます, を食っ, 的の

▼ 逆~ (4, 0.1%)

1 だが, は將, をただし, をもみちびこう

▼ 逆あの~ (3, 0.1%)

1 ような, 刑事では, 父が

▼ 逆~ (3, 0.1%)

1 て自, に植ゑた, 浪あらく

▼ 逆~ (3, 0.1%)

1 ながら今一つ, 上りずぶ濡れたる, 上りやけくそに

▼ 逆っては~ (3, 0.1%)

1 ならなかった, ならぬと, 何かと自分たち

▼ 逆っても~ (3, 0.1%)

1 二人を, 悪いから, 悪いと

▼ 逆でない~ (3, 0.1%)

1 ことは, ということ, といふこと

▼ 逆なれ~ (3, 0.1%)

2 ば仙なり 1 ば仙

▼ 逆らッ~ (3, 0.1%)

1 たの, てそれで, てみたい

▼ 逆上った~ (3, 0.1%)

2 ように 1 ままあるいた

▼ 逆上られた~ (3, 0.1%)

2 後私は 1 ものかなあと

▼ 逆卷く~ (3, 0.1%)

1 太洋の, 波間に, 潮一時は

▼ 逆かで~ (2, 0.1%)

1 目に, 相当に

▼ 逆かに~ (2, 0.1%)

1 なって, 肩の

▼ 逆かも~ (2, 0.1%)

1 しれない, 知れない

▼ 逆この~ (2, 0.1%)

1 倍と, 戸川の

▼ 逆こんな~ (2, 0.1%)

1 女が, 鳥が

▼ 逆じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないか

▼ 逆せあがるでねえだ~ (2, 0.1%)

1 よ, よ逆

▼ 逆せ上る~ (2, 0.1%)

1 から顔, 抱一は

▼ 逆その~ (2, 0.1%)

1 ことが, 巻物が

▼ 逆ってでも~ (2, 0.1%)

1 生きるん, 自己の

▼ 逆ってまで~ (2, 0.1%)

2 争うとは

▼ 逆であっ~ (2, 0.1%)

1 てまた, てウラニウム

▼ 逆でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 逆でも~ (2, 0.1%)

1 あるわけ, おこなわれるところ

▼ 逆という~ (2, 0.1%)

1 三輪の, 弁証法の

▼ 逆なく~ (2, 0.1%)

1 またすでに, らいに

▼ 逆について~ (2, 0.1%)

2 船が

▼ 逆にて~ (2, 0.1%)

1 御無礼, 經し

▼ 逆にでも~ (2, 0.1%)

1 行かねば, 順にでも

▼ 逆にと~ (2, 0.1%)

1 なり行く態, ぶつかって

▼ 逆にとは~ (2, 0.1%)

2 思うけれど

▼ 逆のぼっ~ (2, 0.1%)

1 てゆく, て文学

▼ 逆はず~ (2, 0.1%)

2 には居られなく

▼ 逆~ (2, 0.1%)

1 ばかりで, ほど翼

▼ 逆へと~ (2, 0.1%)

1 急ぎすぎた感, 押して

▼ 逆へば~ (2, 0.1%)

1 良人の, 逆ふ

▼ 逆らふし~ (2, 0.1%)

2 ばしば

▼ 逆列する~ (2, 0.1%)

1 といふ無法, な

▼ 逆卷い~ (2, 0.1%)

1 てゐた, て其邊海嘯

▼ 逆~ (2, 0.1%)

1 に代え, をたて始めた

▼ 逆~ (2, 0.1%)

1 つて福に, をする

▼ 逆戻し~ (2, 0.1%)

1 かとまた, に段々

▼ 逆持ち~ (2, 0.1%)

1 にした, に切ッ

▼ 逆推し~ (2, 0.1%)

2 てとり放した

▼ 逆推する~ (2, 0.1%)

1 ことによって, と河童

▼ 逆攻め~ (2, 0.1%)

1 をくわせた, を食わす

▼ 逆施す~ (2, 0.1%)

1 で少々, また可

▼ 逆~ (2, 0.1%)

1 で一泡, に墜ち

▼ 逆証され~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て刑事たち

▼ 逆~ (2, 0.1%)

1 でない証, の義貞

▼1* [137件]

あがってぞ控え, 逆あれほど多く, 逆いえねえじゃねえ, 逆いたくなく何事, 逆いづれか一つ, 逆うでもなく, 逆うとき水は, 逆えずに要る, 逆おうなぞとは考えた, 逆おとしに落下, 逆かは彼にも, 逆からわないで, 逆こそ唯一の, 逆しかしチョコが, 逆したような, 逆せあがって今, 逆せあがったような, 逆せあがらせてしまいました, 逆せちまって, 逆せるばかりに泣き立てる, 逆せ上がるじゃない, 逆せ上っちまうんだ, 逆せ上らすように, 逆そうでも, 逆そういう訳で, 逆そしてスペインにとり, 逆それがあの, 逆それほどでもないでしょう, 逆ったなら交り, 逆ってまでも自分勝手の, 逆ってる感じ, 逆つまり南鮮側または, 逆づかみにした, 逆であったことを, 逆であったら心持ちは, 逆でありまするがなん, 逆であれかしとも, 逆でしたがあった, 逆ですとられるのです, 逆としてもともと不, 逆とともにたえず十二音脚, 逆どころか順に進ん, 逆なかろうから, 逆なにがなん, 逆なり千古不滅の, 逆においてみて, 逆にかへつてひでえ目に, 逆にねぢあげた, 逆にばかり行くこと, 逆により堅きもの, 逆はずして, 逆ひたるも之, 逆ふことも出, 逆ふる猛烈酷毒之, 逆へはなり, 逆まく怒濤へ, 逆または反対に, 逆め覩るべからずかつただ, 逆やったんじゃあ, 逆やりは仕まい, 逆らつた事のなかつた, 逆らつた所で死ぬ, 逆らつてはかへつて, 逆らつて父の計画通り, 逆らつて餘り肢體, 逆らはず二日三日は宿, 逆らはず多くの不調和, 逆らひなさるからお前様, 逆ながら真面目, 逆フランスにとり二%逆, 逆ブン大将が生む, 逆上ってるだけそれに, 逆上らつしやる, 逆未必其死, 逆乗りで納まり返った, 逆など見せ, 逆倒せられ人類の, 逆入りというた, 逆其の様な, 逆にしか過ぎません, 逆動かされてはいまい, 逆卷き水煙跳つて咫尺も, 逆卷く怒濤を, 逆吊るばかりに眼, 逆探偵の, 逆は, 逆器械に向っ, 逆回すといけません, 逆に墜, 逆した者, 逆を斬り, 逆守るは順, 逆害し虎第, 逆巻きや渦巻き, 逆巻き返して来, 逆当りは仕ません, 逆当時既に支倉, 逆味方にて, 逆忘れるほど気, 逆戦う和之に, 逆押してゆく, 逆押すにごり水, 逆拗りを喰つて二, 逆捲かず走っても迸らぬ, 逆捲き波躍る, 逆撃ちをくらわせられた, 逆撫する荒っぽい残酷さ, 逆に高く, 逆曹賊を殺し, 逆死んでいる, 逆は知っ, 逆に等しから, 逆が有る, 逆流し始めたのである, 逆無遠慮に振返っ, 逆生のをはやし, 逆目鋸で挽きはじめた, 逆目鋸龕燈提灯などを借り, 逆立たして, 逆立ッた, 逆で一気に, 逆筋斗を打っ, 逆をもっ, 逆の邸宅, 逆背負って歩く, 逆も支解分葬, 逆裏切りはせんであろう, 逆するもの, 逆証すべく俄かに, 逆調の挟み撃ち, 逆びしながら, 逆辷りに辷っ, 逆送され以来きびしい, 逆送して貰った, 逆を殺す, 逆釣ったる目を, 逆釣らせてしまった