青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「裾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

裏口~ ~裡 裡~ ~裸 裸~ 裸体~ 製~ 製作~ 製造~ ~裾
裾~
~複雑 複雑~ ~襖 襖~ ~襟 襟~ ~襲 襲~ ~西 西~

「裾~」 4295, 43ppm, 2715位

▼ 裾~ (1558, 36.3%)

27 引いて 23 曳いて, 端折って 22 まくって 21 からげて 15 捲って 14 ひいて, 乱して 10 高々と 9 かかげて, つまんで, はしょって 8 廻って, 掴んで 7 さばいて, ひろげて, 巡って 6 ひるがえして, 下ろして, 払って, 拡げて, 踏んで 5 はたいて, まわって, 吹いて, 捲つて, 端折つて, 脛まで, 長く引い

4 [15件] おさえて, おろして, つかんで, まくり上げて, 七三に, 廻ると, 引きずって, 引きました, 捌いて, 気に, 確り掴ん, 端折ったまま, 端折ると, 縫って, 飜し

3 [26件] あげて, おろした, くるりと, くわえて, たたいて, はし折っ, はねて, ひらひらさせ, 下した, 叩いて, 合せて, 向こうへ, 吹いた, 帯の, 引き上げて, 引き始めて, 押えて, 捲くって, 掠めて, 横に, 翻して, 蹴って, 長く引きずる, 長く曳いた, 風に, 鳴らして

2 [98件] うしろへ, おさへて, おろすと, かばって, からげた, からげると, く, くくり上げて, ぐいと端折っ, ぐるりと, さばきながら, しっかりと, ずるずると, せかせかうち, ちよつと, つまみながら, とらへて, なほし, はたきながら, ばくばくさせ, ひきずって, ひきずるよう, ひっぱって, びりり, ふんで, まくった, まくつて, まくりあげて, まくり上げ足駄, めぐつて, わずかに, キリキリと, ジタジタと, ジンジンば, ヒラヒラと, 下して, 両手で, 交えて, 切り開いて, 合わせて, 吹かせながら, 咬えて, 噛んで, 回って, 地に, 垂らして, 外して, 少しばかり, 崩して, 巡りながら, 巻いて, 幾折れし, 廻る道, 引いたお, 引きあげて, 引きずりながら, 引きながら, 引くもの, 引っぱって, 引上げて, 引張って, 弟は, 後から, 手で, 抑えるよう, 折って, 押さえて, 捲つて水, 掴み上げて, 掴むの, 洩れて, 流れて, 濡らして, 濡らしながら, 瀧に, 熊野灘に, 片手に, 田圃道へ, 畳に, 直して, 端折った, 端折つた, 縫うて, 繞ッて, 膝まで, 自棄に, 蝙蝠の, 見るところ, 蹴返すと, 迂回し, 通って, 遠慮深く, 選んで, 銜えて, 長く引いた, 長く曳い, 頻りにひつぱるのでございます, 高くはしょり

1 [926件 抜粋] あおって, あおる, あふる音, いっしょくたにたくしあげながら二階, いっぱいに, うねりつづい, おさえたり, おさえた男, おさえました, おろした若党儀作, お端折, かえしながら, かかげたと, かかげたならば, かかげた踊り子, かかげるよう, かかげ小腰, かかげ月光, かきあわせた, かき合せながら, かき合わせて, かくして, かまれた様, からげたお, からげたの, からげたりは, からげた奥さん, からげた清潔, からげに, からげシャベル, からげ素足, からげ羽うちわ, からげ脛, からげ袴, からげ長靴, からげ髪, きりりと短く, くぐって, くりぬいた石窟, ぐいと, ぐいと引い, ぐっと引き上げ, けるよう, この風, こぼる, ごしごしごしごしと, さばき亢奮, さら, したしたと, しっかり抑え, しどけなく足首, しぼつ, しぼりながら, すっと掻, ずるずる引きずっ, そのままに, ぞろぞろ引き擦っ, たくしあげて, たくしあげながら, たくし上げて, たくり上げたり, たどって, ちらちらさせ, ちらつかせながら, つかみかけあと, つかもうと, つくろいながら, つつもうと, つまみあげて, つまみ黒い, つまんだ私, つめた方, てらす月光, とき合わせて, とって, とらえて, とられて, なびかせて, なぶって, なぶるころ, なめむせ返る煙, ぬらさねえよう, ぬらし足, ぬらすまいと, はさみこみそう, はさんで, はしょりながら, はし折つてよく, はためかせながら, はためかせ乱れた髪の毛, はねでっぷり, はらいながら, はらって, はらふやう, ぱさ, ぱッぱッと, ひいた人, ひいた祖母, ひきあげて, ひきずりそう, ひきずりにやにや, ひき掛けて, ひくこと, ひけらかすだけ, ひたしながら, ひっからげ, ひっぱったり, ひと刷毛, ひらいて, ひるがえしながら, ひるがえし活溌, ひろげながら, ひろげら, ひんまくった源氏店, ぴんと肩, ふと直し, ふり向いた, ぼかしたよう, ぽんと, まかせた泰軒, まくしあげた, まくったほう, まくった両足, まくった父, まくつた小女, まくつて毛脛, まくつて頭, まくりあげた隙間, まくり上げると, まくり上げ真紅, まくり出しましたから, まくり腕, まくり靴, まくるという, まくッ, まつ白, まわりいま, まわりちょうど, まわり切って, みせそれなり, みだして, めくって, めくり上げて, めぐりそしてまた, めぐる深, めぐる長い, もぐって, もっと端折ら, ややひらい, ゆく弥生, ゆたかに, ゆびで軽く, ようやく踝, よごしさうな, よせる形, クルッと, グイグイと, シッカリと, ズボンの, ソッと, チラチラさせる, ッて, ハタ, ハタと, ハタハタひるがえし, パタパタさせ, パッパッと, パンパンと, ビラ付かせ, 一つ掻込ん, 一寸ばかり, 一枚一枚まくりはじめた, 丁寧に, 七八丁登る, 三寸程, 上げて, 上まで, 下へ, 下ろしながら, 下ろすため, 下等な, 両方の, 両足の, 乱し緋, 二三度鷹揚に, 二列に, 二枚襲ね, 五六寸鉄で, 人の, 伝って, 伸ばして, 兩腰の, 円形に, 刀で, 切らせて, 前で, 剣で, 剪刀で, 動かして, 包んで, 匍わせて, 南へ, 占めて, 卷き込まれ辛くも, 卸して, 又尻からげ, 取つて, 取られて, 叩いたり, 右へ, 合せる人間, 合わせた, 吹きかえした, 吹きまくり, 吹き払って, 吹く沖, 咽喉に, 啣えて, 四角に, 回り崖径, 囲む駒寄せ, 土に, 地べたに, 垂らした下, 夕風に, 大きく右, 太股まで, 奪うと, 女郎花が, 少しはだけ, 少し動かした, 少し摘み上げ, 尻別の, 尾長鶏の, 崖ふちに, 巡りふと, 巡り宮家, 巡り現われたの, 巡り頼春, 左へ, 左り, 左手で, 巻き括り大, 巻くかと, 帯に, 広げたアメリカ女, 床へ, 廊下の, 廻ったが, 廻つて坂に, 廻るなり, 廻わった, 引いた, 引いたま, 引いたまま, 引いた姿, 引いた市松模様, 引いた美しい, 引いた萌黄, 引いた鼻, 引かんで普段着, 引きさげそこ, 引きずったハレルヤどの, 引きずり台所, 引きずる緋, 引きはえて, 引き上げなくっちゃ, 引き上げる, 引き垂直, 引き摺りながら, 引き月光, 引き留めて, 引くよう, 引く單衣, 引く着物, 引けども, 引ずり大きな, 引っかけながら, 引っ張り櫛, 引つかけながら, 引つぱつて, 引つぱるので, 引寄せ, 引張るなんて, 引摺りながら, 引被いで, 彷徨って, 御殿場から, 忙しそう, 思うさま絡, 恭しく両手, 慌てて, 手に, 打払, 払い悠々, 払い立って, 払う, 払った, 払ひし, 抑えて, 投げ出して, 折った, 折り上げて, 折り髪, 抜け恐ろしく, 押えたまま, 押えひろい, 押えるよう, 押え激しく, 拡げたよう, 持ち上げた, 持った中国服, 持てシヅ, 指二本ずつで, 振り廻しながら, 振る音, 捉へ, 捌いた富士, 捌く, 捕えながら, 捧げる振り, 捧げ來, 捲くつて, 捲くると, 捲つて露, 捲りその, 捲り上げて, 捲り小さい美しい, 捻るよう, 掴まれぐいと, 掴む, 掴んだ, 掴んだなり, 掻き合わせながら, 揚げるわけ, 握られた二人, 握ること, 摘んで, 撫で, 撮んで, 放すと共に, 斜に, 早くも, 映す, 曲がりくねって, 曲り曲りして, 曳いたの, 曳いた櫛巻, 曳かざる可, 曳き以, 曳き群鵆, 曳くその, 曳くやう, 月に, 東へ, 東西に, 染めオモチャ, 桂子は, 榧の, 横なぐり, 歩いて, 母に, 母親が, 水に, 永く曳い, 波立たして, 泥まみれに, 泥塗れに, 洗う, 洗う笹波, 洗つてゐるで, 洩るる赤い, 流したの, 浮かすと, 浸し腰, 消して, 淡く照らしあげた, 深く掘っ, 渚の, 潜つて出る, 潤しながら, 激しく引く, 濡らした, 濡らしてる, 濡れた土足, 照らし床, 煽つた, 煽り孫兵衛, 片手で, 片折って, 牽きお, 狙って, 登り行きぬ, 白布が, 百冊ぐらいの, 目がけて, 直ぐ登り, 直し改めて, 直すと, 眺めて, 睨んだ, 短く広く海軍, 空に, 穿りかけ, 端しょってな, 端折ったよう, 端折った男, 端折った長襦袢, 端折つて傘, 端折らぬ風体, 端折りながら, 端折り手, 端折り荷物, 端折る, 紅入に, 素早く踏み止めた, 紮げ手拭もて, 細う横, 結んで, 絹足袋の, 緋の, 繞り, 繞ツて, 罩めたる, 翔がへ, 翻した着物, 翻めかす, 翼の, 股の, 股を, 肩を, 脚に, 腰をか, 膝で, 膝へ, 色どる, 芳江姫は, 袖を, 裸の, 西に, 見な, 見ましたが, 見ると, 見上げて, 見出ししかば, 誇つたさうである, 貝から, 赤い太い手, 走りくぐっ, 走る省線電車, 起して, 足に, 踏まえないばかりに, 踏まれた緋, 踏みくぐむようにして, 踏みて, 踏みも, 踏むよう, 踏んだと, 踏落した, 蹈んで, 蹴ひらいて, 蹴り吹き針, 蹴り唄いながら, 蹴るよう, 蹴乱しながら, 蹴散らして, 蹴返して, 車で, 返して, 這いながら, 通り城, 通る, 通過し, 邪魔に, 重ねしまま, 重ねた上, 野路の, 銀杏の, 長く, 長くひい, 長くひき, 長目に, 開き両脚, 隠して, 隱し, 青畳に, 頭の, 飜え, 飾つてゐる古びた, 馬けむりあげ, 馬蹄形に, 駈け過ぎて, 高々端折った, 高くた, 高く尻端折, 高く掻きあげ, 鬱陶しく隠し, 鬼六の, 黒衣が

▼ 裾~ (568, 13.2%)

42 方に 21 方へ 13 あたりを 10 方から, 方の 9 方が, 方を 8 ところに, 下に 7 辺に 6 下から, 埃を 5 ほうに, 方には, 間から 4 ほうが, ほうへ, ように, 乱れを, 方で, 方は 3 あたりに, ところを, ながいを, やうに, 中に, 寒さ, 村, 短い着物, 辺を

2 [24件] あたりが, あたりの, あたりへ, ところの, ひろが, ほうで, ほうには, 中へ, 土を, 地方に, 塵を, 床の, 所が, 捌きが, 横の, 池へ, 灌木の間を, 界の, 端を, 線には, 草堤が, 辺りへ, 長い着物, 高踵

1 [305件] あたりで, あたりは, あたりぼろぼろに, あたりまで, あたりより, あたりチラチラ, ある和服, あわない, きれいに, くさむら, こわばった尖端, さ, さっとはだけた, さびしい上, さびしい野原, したへ, すばらしさなどは, すぼけた, すりきれたズボン, すり切れてる, せまい着物, その下, そろったの, たよりなく, ついたての, ついた着物, ついた紫, ついた黒い, つぼんだ非常, ところから, ところで, ところである, ところには, とぶの, なき滝, ぬれるの, はいり込まないところ, はうに, はだけた処, はだけた間, はみ出させ方, ひきずるの, ひきずるほど, ひきずるよう, ひらいたオーガンジ, ひらいた翼裾, ひらめきや, ひるが, ひろいセーラーパンツ, ひろがった上衣, ひろがった翼裾, ふくらんだの, ほうから, ほうにおいて, ほうは, ほうへと, ほうまで, ほうを, ほかに, ほころびて, ほころびも, ぼやけたそして, ぽっと明るい, まき上った, まだ下, みじかいセル, みじかい着物, むら薄の, もとを, やうな, ウリタを, シツケ糸を, ソワレを, ヒラヒラ胡蝶, マクレた, リズムを, 一つの, 一所に, 一方を, 一端を, 一部を, 三叉路な, 上に, 上にまで, 上へ, 上を, 上衣の, 下まで, 下を, 下肢を, 中から, 乱れたの, 乱れに, 乱れも, 乱れるの, 亂れ, 二所三所に, 二方を, 二枚重ねの, 人さえも, 低地に, 傍で, 先にさえ, 兩端をは, 冷え心地であった, 処が, 切れたボタン, 切れた外套, 切株に, 前後が, 割れ目から, 動かし方一つ, 勾配から, 印は, 厚いもの, 厚さ, 右側で, 合わせ目, 周囲に, 周囲を, 坂路を, 垂鹽注ぎ, 埃歩の, 大氷河, 太い襞, 奥から, 女ものの, 富士形にな, 少し平, 山の端に, 岩へ, 岩壁を, 川の, 工合を, 平にね, 広い黒衣, 広がった袴, 広がらない無地, 広く且つ, 引きずるを, 後に, 怖ろ, 所で, 所二間の, 手を, 手拭を, 拡がった髪, 摺り切れたよれよれ, 擦り切れた長目, 擦れ流れる音, 擦切れた長目, 斜線を, 新らしい, 方だけ, 方でも, 方にかけて, 方へでも, 方も, 方三分の一ばかりを, 日当に, 春雨に, 暗さ, 木立に, 板じ, 林を, 果は, 染め湿, 柔らかいところ, 柔らかい縁, 柱に, 模様は, 模様や, 樹立から, 歌ひめ, 止め紐を, 水色の, 水門も, 池の, 河原に, 法月君には, 泥を, 洋服を, 流れの, 消えそう, 深い竹林, 温泉で, 温泉宿の, 溝に, 灌木の, 煽りも, 片隅を, 男とが, 皺くちゃに, 皺に, 着物は, 短いこと, 短いすずしげ, 短いチンチクリン, 短い寝, 短い寢衣, 短い白木綿, 破れから, 破れた友禅縮緬, 秋谷明神へ, 穢れること, 端が, 端折りを, 竹原に, 籠坂峠から, 紅麻まで, 絹摺れする, 線が, 線だ, 線は, 線を, 縁に, 縫目に, 縫目を, 縺れの, 縺を, 美しい線, 美事ささ, 翠に, 翻る白, 脱穀塔を, 色の, 草の, 華な, 萩叢を, 落ち合つた樣な, 蔭か, 薄氷の, 薄蒼い, 藪の, 處に, 血而已に, 袋戸棚との, 裂け目から, 裏を, 裏庭が, 複雑さによって, 褐色の, 見えた八つ, 見える姿, 話は, 趣は, 踊子, 身に, 辺が, 辺で, 辺は, 辺まで, 辺りに, 辺りまで, 邊り, 部分との, 部分を, 部落部落を, 重なりばかりが, 重みと, 重みの, 野袴二方革の, 長いこと, 長いの, 長いフロック, 長いワンピース式, 長い下, 長い単, 長い外套, 長い御召物, 長い方, 長い旧式, 長い法衣, 長い洋装, 長い白い洋装, 長い白絹, 長い糸織, 長い紺絣, 長い絣, 長い衣裳, 長い衿, 長い軽, 長い黒い外套, 長きを, 長くのびた, 長く伸びた, 長さ, 開きの, 間へ, 間を, 附着く, 障子には, 雪が, 雪青木や, 露じ, 音が, 音さえ, 音高く, 響のみ, 高原地帯で, 高原地帯まで, 高端折り, 鬼の, 鳥も, 鼠に

▼ 裾~ (497, 11.6%)

6 血が, 血の, 血を 4 すがって, 坐って, 手を 3 あいて, かかって, さしあって, しゃがんで, まつわって, 沿うて, 海草の, 腰を, 輝く瓦舎

2 [36件] あおられて, あった二基, ある, ある城, からんで, くず折れる, しが, して, すがりながら, そって, ちら, ついた, ついた草, ついて, まきつくと, 一つの, 佇んで, 住んで, 倒れて, 取りついて, 掛けて, 接吻する, 清十郎と, 立って, 紅い糸, 置いて, 膝を, 芍薬が, 薫り来て, 触れて, 足を, 輝く瓦舍, 隠して, 隠れて, 風が, 風を

1 [368件] あたる, あったが, あらわれて, ありわが, あり要害堅固, あり鉢, ある小さな, ある料亭, ある時, ある田舍, ある雑樹林, いたるまで, うずくまって, お寺の, お縋り申す, かかったかと, かかったの, かかった涓滴, かかれば, かくして, かけよったかと, からまつて, からまる小犬, からみついた落葉, くだりて, くるまつては, くるみながら, くるんで, くッきり, けつまずいて, この不思議, これだけは, こんがらかつたり, ござ, さしあっては, さしかかって, さしこんで, さします, さす月, さっと斬り込ませ, さはる, しがみつきながら, した, しまりが, じゃれつき足, すがりついた, すがりつきに, すこしばかり, その間に合せ, たくさんの, たなびいて, ちぢまって, ちょいと, ちょっと模様, ちろちろ赤い, ついた液体, つかまって, つけて, つづく関ヶ原, つまずき倒れようとして, つまづき, とどめて, とりついたと, なおその, なった小さな, なった川面, なって, なってる姿, なり白い, なり遠山, なるほど, ぬいで, ぬぐうと, のぼりつつ, ぱらりと小さい, ひきしめられて, ひざまずいた, ひょろひょろとして, ぴったり車体, ぶつかって, ぶらさがるやら, へたば, へたばって, ほそぼそ, ぼんやりと, ぽつ, ぽつりと, まつは, まつはりつい, まつはる事, まつわらせながら, まつわりついた, まつわりつく, まつわり戯れるよう, まといついたり, まばらに, まろまろ寝, もえついて, もぐりながら, もぐり込もうと, もとまる赤とんぼ, やさしく脣, やはり低い, よった処, わずか蝋色, カラカラと, ジャレ付い, ズボンを, ハガキが, ハラムの, ピッタリと, ブラ下る, 一つらに, 一メートルばかり, 一湖あり, 乗っかって, 乱れ二人, 二つ三つか, 二人の, 二人は, 五分ばかり, 人家が, 伊豆山熱海網代伊東等の, 伏させて, 休息し, 似たる綾, 低く沈ん, 住って, 住む山梨, 何やら蠢い, 余って, 入りますと, 兵士たちの, 刺せ, 刺繍の, 刻煙草の, 包み一走り, 包んで, 十七持ち, 卷かれた兩足, 卷きつく足, 取りつき錣引き, 取り着く女, 向って, 向つて, 吠えかかる小犬, 吸ひつい, 吹かれて, 吹きかけるの, 咲きつづいて, 噛み付いて, 圧し潰されたやう, 地雷火を, 埃だの, 埋めて, 堰き留められて, 塚の, 夏帽振る, 大きくふるえ, 大きく何やら, 大きく遮, 大きな壊, 大きな藁葺, 大島を, 女松を, 女物の, 子の, 孕んで, 家が, 寝かして, 寝たり, 寝て, 小さくな, 小さく一, 小さく見える, 小さな庵, 小さな部落, 小川を, 小溝在, 居て, 屯ろし, 岩組が, 岱赭の, 巻いて, 巻き, 平和に, 幹が, 幾段も, 幾重も, 廊下を, 建って, 建てられたがっしり, 廻つて兩方の, 廻り掛蒲団, 引きずる, 引くまで, 弾が, 当る海岸, 微風の, 悲しくむせん, 感じて, 戯れて, 打込んで, 接吻し, 接吻しよう, 掩われ, 揺れて, 搦んで, 攫まれ, 支那の, 散る趣き, 数うる, 既に梅, 明るく光線, 春は, 暖く, 曰くあり, 月の物が, 月光に, 栗色の, 椅子を, 構えられ道路, 横たわって, 気がついて, 水の, 水溜りが, 氷柱を, 汐満, 汚い草履, 汚れた雪, 沈んで, 没れ, 泡を, 波の, 波絶て, 泣き伏して, 浪千鳥の, 浮いて, 浸して, 消えて, 消え込み瀬, 深い叢, 添いながら, 添うた, 添つた, 滑り込む, 潮みつらむか, 潮満, 火の粉も, 灰白く, 点々と, 点けた灯明, 焚火を, 無縁塔を, 燃えつきそう, 燃え上げられて, 物を, 犇と, 犬の, 現はれた, 當る, 白いもの, 白い脛, 白地が, 白墨で, 白波が, 白百合の, 白雪と, 盛りを, 看護婦が, 石切場が, 石楠花の, 禿頭は, 突き当って, 立つて, 細く白, 紺の, 結び付けて, 絡まりながら, 絡みつく, 絡み付いて, 絡み付きました, 絵を, 縋つて外征阻止, 縋りついて, 縋りつく, 縋りつくの, 縋り付いた, 縋り付いたなり, 縋り付いて, 縋る, 縫いこんで, 織り込まれて, 繰り広げられてる線路, 纏い着いたもの, 纒繞する, 置くの, 背向け, 胸に, 脈々と脊, 腹這いに, 腹這に, 至るまで, 般若の, 色づいた樹, 色彩りの, 芭蕉の, 花模様の, 茂って, 草じ, 草鞋が, 草鞋を, 萠黄色の, 萩と, 落ちて, 蛍光を, 蛙の, 蜿蜒とつ, 螢光を, 血のりが, 血汐らしい, 行き着いた, 襤褸の, 西陽も, 見えて, 見える湖, 見える袴, 見せた紗, 見ると, 見立てさながら, 解きものの, 触るので, 貝細工の, 赤犬が, 走り寄りました, 跪いて, 蹲って, 蹲居り, 転び寄ったお, 近寄った, 返り血, 迫つて三角形の, 追い詰められた時, 達する寸前, 遙に, 遠くひかえ, 鉄こじり, 銀糸で, 長さ, 陛下の, 障って, 隠されて, 雨しとどなり, 雪持の, 雲が, 雲の, 霧が, 靉靆く, 青い屋根, 青黒く鮮明, 靡く, 靡くであらう, 靡く吹雪, 額を, 飛びつく, 鱗雲の, 黒, 黒を

▼ 裾~ (309, 7.2%)

4 水に 3 乱れて, 地について, 風に

2 [19件] かの柩, ちらちらこぼれ, なくって, ひらついたり, まくれて, ヒラヒラと, 五六寸しか, 何かに, 割れて, 垂れて, 奇麗に, 崩れて, 水について, 法壇に, 目に, 裂けて, 足に, 邪魔に, 長すぎ

1 [258件] あき頭, あって, あつた, うごいた, うす黄色くかがやい, うまく捌けなかった, おいよさん, お堂, からまって, からまり塔, からむので, きょうは, ぐしょぐしょに, こぼれて, さらさらし, さらさらと, さわりネジ, しなやかに, しめっぽくしっとり, じわりと重く, すくすく出張っ, すっと柔, すりきれて, すりきれるほど, ずらりと引い, ずる, ずるずると, ぞんざいに, たくれあがって, たたみに, たちまちはだけ, ちらりと目, ちらりと見え, つり上がって, どこまでも, にわかに上, はだけ勝ち, はみだして, はらはらと, はらりと落ち, ぱたぱためくれそうになるそれを, ぱっとひらい, ぱっとめくりあげられ, ぱっぱっとめくれて蚊が, ひきずるほど, ひっかかるの, ひとりでに肌脱ぎ, ひらいて, ひらめいた, ひらりと, ひるがえって, ひるがえってふくら脛, ひるがえり深紅, ひるがへ, ひろがった, びつしより濡れ, ぴったりと, ふうわりと, ふわりと, ふッくり, べつたり, ほんの二寸, ぼーっと薄, まくれあがった, まくれた時氣, まくれるところ, まくれるので, まだこちら, まだゆらゆら揺れ, まだ地, まだ緑, みな濡れはじめた, めくれあがって, めちゃくちゃに, よごれません此方, よごれるとか, ゴロツキの, チラチラする, バタバタと, パックリ, ペカペカし, ボタボタと, ワングリと, 一二寸出, 一二尺掠り除れ, 一寸あ, 一度で, 一点つねられ, 丁度火焔, 丈なす, 上汐の, 不恰好に, 両肩, 五度に, 人家の, 今目を, 付いて, 伸びるか, 低く舞下つて, 作物の, 再び瞼, 出来たもの, 切れ泥, 割れ眼, 十二單衣にな, 厚い地質, 又さっと, 叮嚀に, 合つてゐない, 同時に長い, 向いあって, 吹きまくられて, 吹き擧げられ着物, 喰み出し, 四つに, 地べたを, 堆い, 塔の, 壁から, 夕暮の, 大なる, 大分余つてゐる, 大理石の, 天上から, 天井へ, 妙な, 妙に, 寒くて, 寝て, 寝顔を, 小児を, 少しばかり, 少し明るく, 少し薄く, 岩床に, 左の, 左右に, 巻きついたよう, 帆の, 平野の, 幾重も, 広く長く関東平野, 廊下の, 引きずるという, 引きずれがち, 引き摺ッ, 引ずって, 引っ懸かっ, 引摺つて長い, 強く私, 微に, 忽ちボロボロ, 扇を, 扱いたよう, 拡がつて, 捉えられたの, 捲れて, 揺れすぐ, 揺れる氏, 摺るの, 擦り切れて, 方々の, 日本海へ, 暁の, 暑苦しそう, 朝日山, 朝顔の, 朦朧と, 枕元に, 根太へ, 梯子の, 武敏の, 武蔵へ, 汗ばんだ両, 汚れますお嬢様, 汚れるの, 池に, 泉水の, 洩れて, 派手に, 浮いて, 浮きあがるの, 海潮に, 海風に, 涼しい籐, 淫り, 渦の, 湯に, 溢れて, 濃紫に, 濡れべ, 濡れましたで気味が悪い, 火に, 灯影に, 炭取に, 煙幕の, 熱病病み, 燭台を, 狭く肩襞, 現われて, 瑠璃青紅だ, 画の, 白くうすれ, 直に枯草, 相触れよう, 眼に, 短かく, 短くたぶん, 砂へ, 硝子戸の, 私に, 窓側の, 窪んで, 紋織の, 綻びたり, 締って, 緩く動いた, 縁側へ, 翻ったと, 翻り内部, 翼にな, 脛に, 脛の, 膝ぐらい迄しか, 草に, 落ちて, 薄暗く見えた, 蝶々の, 蝶の, 街灯の, 袋に, 袿の, 裳の, 襤褸に, 見えないで, 見える, 見えるところ, 見え出して, 見も, 触った場合, 触れたので, 触れて, 足袋の, 迫る処, 逼り出した, 金色に, 鉄漿を, 長かった, 長くて, 長くなり, 長く畳, 開き二本, 陰の, 靄に, 靡いた, 風船の, 鮮かな, 鳥居を

▼ 裾から~ (230, 5.4%)

11 火が 5 東へ 4 腰の, 覗いて 3 そつと, 出て

2 [18件] げで, はみ出して, わずかばかり, 一刀に, 二寸も, 洩れて, 浅黄色の, 無遠慮に, 白く逞しい脛, 綿の, 綿も, 草色の, 蚊が, 赤いゆ, 部落の, 頂上まで, 顔を, 飛び出して

1 [164件] あざやかに, あらわに, いきなり桃色, いろいろの, いろんな色, おどり出した, おびただしい血汐, お綱, ことごとく眼前, こぼしながら, こぼれて, こぼれんと, すぐ出した, ずるずると, それは, ただ一刀に, つゆを, にゅっと見え, のぞかせた小さな, のぞかせ水色カンレイシャ, はみだした白足袋, はみ出されて, ふとんごと, またその, もう険しい, よく見る, わずかに, カッと, スラリと, チンバの, ニョッキリはみ出し, フト軍服の, 一本落しの, 一本食み出し, 上だけを, 上を, 下へ, 下を, 不気味に, 両足は, 二三寸はみ出させ, 二人の, 二本の, 仔鹿の, 倉皇と, 先刻の, 出た二本, 出た桃色, 出る剥げた赤い, 半身を, 南京豆が, 卷きかへ, 吹き上げる夜寒, 吹上る, 四人の, 垂れて, 埼子の, 多少の, 太い二本, 失敬し, 子供の, 小さな尻尾, 小雪まじり, 少し煙, 少年持ちの, 少量の, 屏風を, 山の, 山棟蛇が, 左右に, 差し込んで, 帆を, 帯へ, 床に, 床の, 床下へ, 引っ返して, 形の, 忍びこんで, 悠々と, 惨死者と, 振り払って, 捲くれて, 日に, 末広がりに, 来た者, 東南の, 桃色の, 植込の, 武者の, 河原へは, 泉が, 洩れた足, 洩れる友禅, 淺黄の, 湧き出る水, 湧く清水, 濃紫に, 火の, 火の粉の, 火を, 煙の, 煽風機, 燃えあがると, 燃え上って, 玄武洞對居山まで, 玉の, 現わし, 甲州へ, 甲斐絹の, 白, 白いストッキング, 白い細い手, 白い綿, 白い肌, 白い脛, 白く見えた, 白地の, 白茅を, 皮帯の, 盆地に, 着いた血, 私どもの, 立昇る煙り, 笛塚山蓬莱山にかけて, 紅いもの, 紅緑の, 絞れ出て, 纏繞い, 腋の下背から, 藜の, 襟下へ, 見えて, 見えるの, 見える往来, 見える股, 見事に, 覗く女, 谷底向うの, 貴婦人の, 赤いもの, 赤メリンス無地の, 赤黒い逞, 赭黒い, 起つて, 足袋へ, 跳ねて, 透かしたト酔覚, 這い寄って, 遠からぬ, 遠くない, 遠く霞んでる, 鋸の, 長靴下を, 開けて, 雫が, 露出する骨張った, 静と, 頂を, 頭だけ, 頭頂まで, 風がは, 飛びつくの, 鼠に

▼ 裾~ (112, 2.6%)

10 かけて 3 手を 2 かけての, 居すくまつて, 廻って, 掛けて, 爪先を, 縋つて, 置いた, 腰を, 降りて

1 [81件] いくつもの, うつる時分, お袖, かがみこむと, かけまして, しがみつく, しゃがんで, じゃれかかろうと, そそぎかけた, そそぐあれ, つかまって, つきそれ, つづいて, はいって, ひれ伏した, ひろがるところ, ふっかりと一つ, ぼんやり樹の, まつわりついたもの, まつわりに, まわって, もぐりこんで, もぐり込まうと, やにわに一束, よって両手, スルスルと, 付いた血, 付いて, 入つて, 入れて, 出た, 出て, 出ると, 刎ね, 女の, 安火を, 寄って, 寝かして, 引かれて, 当って, 往った, 忍びよる, 戻って, 手で, 打当てる, 提灯の, 旅の, 朧染の, 来たところ, 来て, 残月の, 泥撥を, 注意を, 流れ込んで, 潜らせた, 移住した, 立つたほど, 縋りつきました, 縫いつける黒テープ, 纏わる火の玉, 置いて, 背伸びし, 腰かけた, 自分達の, 蛇を, 血汐を, 行きついた時, 行け, 行った, 赤く稲妻, 蹲まっ, 退いた, 退がりかけた, 逃げ屈んだ, 附いた血, 附いて, 隠れるという, 集まった, 雉猫を, 飜える, 駆け込み雅子

▼ 裾~ (108, 2.5%)

2 まくれまい, 一本花の, 乱れて, 東へ, 母親の, 緑青の, 膝の, 踵まで, 高々と

1 [90件] きわだって, さば, さわやかに, しおりで台所働き, じゃれるよう, すつかり濡れ, そのあたり, なつかしい程, はたはたと, ぱたぱたして馬の, ひきずり手, ひどく濡れた, ひろい, ほらほら雪, ぼけて, まくれあがった, まるで泥だらけ, みだれて, もとより頭髪, ようやく春, 一望の, 上履の, 下して, 下の, 今度は, 伝統の, 半ば陰った, 喰いさ, 固より, 地面に, 埃だらけぢや, 多くの, 多摩や, 大きく風, 尾を, 崩れて, 左の, 帶の, 幅広く襞, 床から, 廊下の, 引きずられながらに, 強けれども, 快活に, 思ひきつて, 手に, 捌けずしっとり, 早や, 時にとって, 暮が, 板の, 柏の, 水に, 泥だらけだ, 浅黄縮緬四隅の, 消えるよう, 深谷の, 温泉宿の, 潮を, 濡れて, 烈しくも, 片隅を, 町裏の, 皺だらけに, 直ちに水面, 短かく襤褸, 短かに, 石垣で, 破れたじゃ, 立てた膝, 結跏趺坐した, 美しい一線, 膝を, 膝限りの, 草紙の, 菜の花で, 虫が, 西へ, 覗き滝の, 誰のよりも, 足の, 足許なる, 軽く廊下, 長い檣柱, 開けて, 階段に, 雨しとどなり, 露に, 露袖は, 風が

▼ 裾~ (67, 1.6%)

7 袂も 3 袖も 2 あらわに, ぐっしょりと, 乱れたまま, 引かず縞物

1 [49件] あけはだけで, いつの間にか草, おろさず下, した, すこし顕れ, たてがみの, なぶる, ぬれて, ほらほら気, まくらずに, まくれ白い, ハラハラと, 乱さずに, 乱れず紐, 亂さず, 亂れ, 前なる, 取乱して, 合っては, 合つては, 埃に, 工夫よく, 巴に, 手も, 振も, 捌かず手足, 暗いよう, 泥と, 濡れそう, 濡れて, 白足袋も, 短い白晒布, 翻らず都大路, 肉を, 肩も, 艶かし, 苔と, 見えないの, 足も, 踏みしだいたま, 近ければ, 長々と, 長く懐中, 長目に, 開かず肩, 露わな素跣足で, 露わに引きは, 青みそめたり, 髪も

▼ 裾~ (65, 1.5%)

4 手を 2 小砂, 拭きニキタ, 足を, 頂の, 顔を

1 [51件] お綾, かくして, かくすよう, くるみくるみ喋って, すっぽり, ちょっと迷った, ならべた膝, ひどい傾斜, もって, ガリガリ鼠, スウーッと, ワーッと, 一間先き, 両足を, 主人の, 主人を, 取囲んだ浜田, 只一刀, 坂と, 山影さんと, 岸の, 巻きつけた, 彼女を, 払はれ, 押し拭つて, 拭きながら, 揺れた牡丹, 梯段を, 横隊に, 殺された国民兵ら, 深い森, 溝の, 眼鏡を, 石浦からは, 砂地だ, 終日地上の, 脚を, 花束を, 蓮の, 袋の, 裁判官の, 踵を, 長い廊下, 陽に, 階段の, 隠さうと, 雨を, 静かに, 頭と, 頭を, 鼻を

▼ 裾~ (49, 1.1%)

4 かに着 3 に着 2 かで袖, かな海老茶, かに穿き, かの筒袖

1 [34件] かく濡れたる, かく着, かく袴を, かなる, かな単, かな焦茶色, かな着物, かな繍, かな頬冠, かにくく, かにはい, かに十重二十重, かに心, かに支度, かに着物, かに穿い, かに端折, かに素足, で裄短, なの, な白絣, な筒袖, な羽織, な脛, にくくり, にくくりあげ, に常, に引き上げ, に括っ, に着けた, に着た, に繻子, に藁草履, に靴

▼ 裾まで~ (45, 1.0%)

2 ひろがって, ゆき着いた, 垂れた白髪, 来た, 被りたる異体

1 [35件] あざやかに, ある赤鉛筆色, かくれたよ, かるくゆれ, ころがった, すっかり裂け, ずぶ濡で, ばっと, ひろが, まくつて, スラリと, 一帯に, 一望される, 一面に, 下りるなんて, 下りるなんてもの, 下り切ると, 伝わりだした, 八十マイル強そこの, 前が, 叢生した, 垂る, 少しばかり, 振って, 摘み上げるもの, 曳きそう, 来た時, 来て, 来ました, 深い雪, 白い波頭, 硝煙の, 素足の, 駈け出して, 高さ

▼ 裾~ (38, 0.9%)

2 いっても, それに

1 [34件] いわず歓び, すれすれの, なくちよツ, 一緒に, 中折帽の, 中空との, 交叉した, 同じやう, 土に, 塗鞘の, 山に, 是との, 榛名の, 申しますよう, 白いしなやか, 白い女, 白の, 白足袋の, 石老山の, 称して, 肘に, 胴とに, 葛籠の, 袂を, 袖付けとの, 袖口と, 襟と, 襟を, 見える, 解けかかった伊達巻, 足とだけが, 足袋で, 足袋の, 蹙まり合う

▼ 裾には~ (37, 0.9%)

2 さくら草が, カブトビイルと, 娘の, 鰻屋が, 黒猫が

1 [27件] ふた株, ほとんど正気, また紅, ラーン河が, 一様に, 五重の, 何という, 冬らしい, 吹きこむ雪, 小蝶, 少しの, 尾花すすきが, 引き泥の, 朱で, 深々として, 滑らかに, 真白な, 睡い深い, 胡蝶花が, 芒や, 荒浪が, 荒繩で, 蓼の, 蟋蟀が, 赤い百合, 達せずに, 野菊や

▼ 裾~ (35, 0.8%)

7 に着 2 に着た

1 [26件] か何, で, な絹, にし, にぞろぞろ, にどうやら, にはい, にはいた, にイエニー, に引きずり, に汚い, に王鳥髷, に白縞, に穿き, に穿流, に練る, のスカート, の上衣, の外套, の外套姿, の大, の服, の着物, の著, の被衣, やかな帳

▼ 裾~ (24, 0.6%)

3 袂に

1 [21件] ボタン穴に, 中腹からも, 中腹にも, 小田代原方面の, 帯の, 曳く, 柿の, 海水着から, 狐の, 草履の, 衣服の, 衿を, 袂から, 袂を, 袖が, 袖は, 袖を, 足の, 長い袂, 長靴の, 頭の

▼ 裾さばき~ (20, 0.5%)

2 も軽やか

1 [18件] が強い, が足ば, でひろ子, と短く, と靴, ながら来た, ながら来たまいつ, にその, にちらりと, に見惚れ, の, のきれい, の軽い, はとても, もしなやか, も美しく, も鮮, をニュース写真

▼ 裾にも~ (19, 0.4%)

2 刺繍が, 血の

1 [15件] あたたかな, ついた, まといついて, 一本とまっ, 乾いた泥, 二三本ずつ, 何にも, 偃つた, 土橋の, 埃あくた, 接吻したい, 点いた, 畑の, 雪の, 髪にも

▼ 裾~ (15, 0.3%)

1 [15件] からニュッ, から女物, から水色縮緬, から静, に二ヶ所, に処女, もその, や衣紋, をあおっ, をかき合わせ, をかばい, をつくろい, を合せ, を覗き込む, 吐く息

▼ 裾からは~ (13, 0.3%)

2 チラチラと, 白い小倉 1 乾からびた, 二本の, 何さまみ, 水鳥の, 真黒な, 砂埃に, 紐で, 膝小僧さえ, 虫の

▼ 裾より~ (11, 0.3%)

3 見上げし時 1 うつくしき衣, 出でたる褐色, 始めて, 幾条の, 涼し只そ, 現れ見ゆるも, 白刃ひらめきいでまし, 美しき脛

▼ 裾~ (11, 0.3%)

2 する 1 して, する先日, する感謝, ださうで御座いまする, だと, では満足, をし, を私, を頂戴

▼ 裾みじか~ (10, 0.2%)

2 に着, に着物 1 な戦袍, な白衣, な着附け, にはい, に矢羽根, に裳

▼ 裾分け~ (9, 0.2%)

2 を持っ 1 したつて, して, という事, となった, の品, をし, 菊田にも

▼ 裾でも~ (8, 0.2%)

1 つかまれようもの, はだかって, ひツ, 乱して, 帯でも, 帶でも, 引いて, 障子に

▼ 裾~ (8, 0.2%)

1 がいる, と下着, に不自由, の下, もない, やシャツ, をエポニーヌ, を買っ

▼ 裾~ (8, 0.2%)

1 がチラリ, が何, が地上, が階子, と共色, と草履, の褄さき, をまくっ

▼ 裾をめぐって~ (7, 0.2%)

1 下り小さい, 晴れた秋, 流れが, 落ち葉朽ち, 行くの, 行くもの, 走って

▼ 裾~ (6, 0.1%)

1 にしらむ, に曳く, のおの, の張り, の湖五つ, の群山

▼ 裾端折~ (6, 0.1%)

1 か何, で, で大股, のまんま, の然, をぐるり

▼ 裾長く~ (6, 0.1%)

2 曳いて 1 ひいた女, 引く坊さん, 曳く女性ら, 緋縮緬の

▼ 裾だの~ (5, 0.1%)

1 いくらか, その風, 屏風だの, 樹蔭だの, 袖口がを

▼ 裾なる~ (5, 0.1%)

2 雑樹斜めに 1 タルタロスの, 方にか, 背影

▼ 裾わけ~ (5, 0.1%)

1 したところが, して, でもやれ, にあずかろう, をし

▼ 裾~ (5, 0.1%)

2 の田居 1 の濱, の田居ゆ, を流る

▼ 裾~ (5, 0.1%)

1 に枝引, に靡, はら, ひらひらと, 追いつ追われつひらひら

▼ 裾野原~ (5, 0.1%)

2 揺りどよもすに 1 が四方八方, で覗い, はうす

▼ 裾~ (4, 0.1%)

4 さへ

▼ 裾かけ~ (4, 0.1%)

3 てほこり 1

▼ 裾だけが~ (4, 0.1%)

1 四色の, 捉え易い, 短く表, 見える

▼ 裾~ (4, 0.1%)

2 がに地 1 よ, んざじりじり

▼ 裾ながく~ (4, 0.1%)

3 につと 1 着た着物

▼ 裾まわし~ (4, 0.1%)

1 と羽織, のすり切れない, 一枚分五円だ, 分だけの

▼ 裾まわり~ (4, 0.1%)

1 が濡れ, に黄色, の散々, を泥だらけ

▼ 裾をも~ (4, 0.1%)

2 引き揚げないで 1 そりと, 決して私

▼ 裾長い~ (4, 0.1%)

1 オーバーを, 着物に, 着物を, 素絹の

▼ 裾~ (4, 0.1%)

1 が匂, でだろう, を感じ, を起し

▼ 裾あたり~ (3, 0.1%)

1 にかけて半, はびしょびしょ, へ行く

▼ 裾にかけて~ (3, 0.1%)

1 井伊兵部直政の, 微かながら, 長く引き

▼ 裾べり~ (3, 0.1%)

1 の旅袴, の着いた, を縫い

▼ 裾やら~ (3, 0.1%)

3 袖やら

▼ 裾をは~ (3, 0.1%)

1 しよつた, しよつたまま, しよつて

▼ 裾~ (3, 0.1%)

1 が比良岳, を奥, を過ぎる

▼ 裾~ (3, 0.1%)

1 で手, にはら, まで一点

▼ 裾曳く~ (3, 0.1%)

1 のは, 女性らを, 長襦袢

▼ 裾~ (3, 0.1%)

1 にかかった, になつ, を沸かす

▼ 裾綿~ (3, 0.1%)

1 が覗きだし, という姿, のはみ出し

▼ 裾~ (3, 0.1%)

2 の麦 1 まで来た

▼ 裾風一つ~ (3, 0.1%)

1 立てないたしなみです, 立てるやう, 立てるよう

▼ 裾飾り~ (3, 0.1%)

2 のついた 1 やいろんな

▼ 裾あげ~ (2, 0.0%)

1 て, て赤土坂

▼ 裾~ (2, 0.0%)

1 がりを, 袂か

▼ 裾さばきゆたか~ (2, 0.0%)

1 に少し, に玲瓏玉

▼ 裾しかも~ (2, 0.0%)

1 紅く艶かしく, 紅く艶かしくさ

▼ 裾たくし上げ~ (2, 0.0%)

1 て帯, 刀の

▼ 裾だけ~ (2, 0.0%)

1 だったが, 残つた中に

▼ 裾では~ (2, 0.0%)

2 なくて

▼ 裾として~ (2, 0.0%)

1 もさうですが, 下って

▼ 裾とは~ (2, 0.0%)

1 百ヤードと, 酒浸し

▼ 裾とを~ (2, 0.0%)

1 泥だらけに, 目がけて

▼ 裾などに~ (2, 0.0%)

1 もつれるの, 藤袴の

▼ 裾なども~ (2, 0.0%)

1 恥かしい, 見えそめ時に

▼ 裾なんか~ (2, 0.0%)

1 ひきずって, 掴んで

▼ 裾にまつわる~ (2, 0.0%)

1 宵の, 藤八猿を

▼ 裾はるか~ (2, 0.0%)

1 の敷居際, を遊牧

▼ 裾ひろがり~ (2, 0.0%)

1 に二, の鋭い

▼ 裾ぼかし~ (2, 0.0%)

1 の着附, の覆い

▼ 裾もと~ (2, 0.0%)

1 がきりっと, がきりつ

▼ 裾~ (2, 0.0%)

1 拂イナガラ佐々木ガ云ッタ, 汚シタ

▼ 裾一杯~ (2, 0.0%)

1 に染め出した, に着

▼ 裾~ (2, 0.0%)

1 から現, に灌漑用

▼ 裾取りまし~ (2, 0.0%)

2 て御

▼ 裾~ (2, 0.0%)

2 や胸

▼ 裾~ (2, 0.0%)

2 に根ざし固め

▼ 裾張り~ (2, 0.0%)

2 ひろげ裾広

▼ 裾拡がり~ (2, 0.0%)

1 に茫, に風

▼ 裾~ (2, 0.0%)

1 が蘆, を曳い

▼ 裾短い~ (2, 0.0%)

1 着流しで, 袴を

▼ 裾紅葉鉾杉~ (2, 0.0%)

1 の暗き, の暗み

▼ 裾縁野袴柄袋~ (2, 0.0%)

2 をかけた

▼ 裾~ (2, 0.0%)

2 の切れた

▼ 裾而已~ (2, 0.0%)

1 ならず外, ならず或は

▼ 裾~ (2, 0.0%)

1 に仕立て直す, をふとん

▼ 裾越し~ (2, 0.0%)

1 に仰ぎ見た, に北

▼ 裾~ (2, 0.0%)

1 大幅の, 流れて

▼ 裾遠く~ (2, 0.0%)

1 一帶の, 拡った

▼ 裾長き~ (2, 0.0%)

1 もの, を着

▼ 裾長外套~ (2, 0.0%)

1 の肩, を着た

▼ 裾~ (2, 0.0%)

2 をど

▼ 裾高く~ (2, 0.0%)

1 はしょって, 端折黒繻子

▼1* [207件]

あがりに次第に, 裾あげしてその, 裾うちはへ, 裾えて足で, 裾えられ鉢や, 裾かが白くちらちら, 裾かがりの上, 裾かと立つ坐る帯, 裾からげるお藤, 裾からにゅッと, 裾からの一寸の, 裾からも愛嬌は, 裾がかかつてゐる, 裾きえて蕋, 裾ぐけを手伝っ, 裾こそよけれ, 裾させの虫, 裾さはりてわが, 裾しぼる海女あり, 裾じゃねえか, 裾すぼがりの悄然, 裾その変に, 裾杜鵑まつなる, 裾たもとひるが, 裾たるる紫ひくき, 裾のにばくり, 裾だけでもおろしてよ, 裾だけに堂や, 裾だったもんで, 裾だって枕許だって, 裾ちひさき女の, 裾つぎ網打場大新地, 裾つづきの広大, 裾ですがよく, 裾といはずに雪, 裾とに卵色の, 裾との間に, 裾とも思える柔かい, 裾などふりに, 裾などが見えるばかり, 裾などで絞め殺せるの, 裾などを直しながら, 裾なめさせて匂い, 裾なんぞはこの通り, 裾にあたって遠く点の, 裾にあたり落葉は, 裾にあたる音が, 裾にかけてのしまりが, 裾にかけては土埃で, 裾にくッつけ, 裾について曲って, 裾にて炭取に, 裾にや照らされ, 裾によこたはる流木, 裾のみだれて, 裾のよぢれ, 裾はるか底に一団, 裾しょりしている小娘, 裾ばかりかよう見る, 裾ばかりに引べき, 裾ばかりへ着しも, 裾ひきはなち車, 裾ひく海の, 裾ひっからげ御幣ふり立て, 裾ひょろ長い一本の, 裾ひるがへる, 裾ひるがえし走り走り走り走った, 裾ふみ乱した萩乃, 裾ふみたがへ支, 裾へと滅茶, 裾への恰好が, 裾へは紅い腰巻, 裾へも雪を, 裾べり野袴に菅, 裾ほころびた袖から, 裾ほどの大きさ, 裾はり, 裾まえをおさえ, 裾まくりしつつ近づい, 裾までの距離を, 裾までは二里あまりで, 裾までもその青い, 裾までを埋めた急, 裾むずと取りて, 裾やらを絞つて, 裾ゆるらかに, 裾よけとかになるレース地, 裾よけなどがある, 裾よりか長うござんしたっ, 裾よりも原野が, 裾らしい朧ろの, 裾わけくらゐに, 裾わけしてやるからこっち, 裾わけしないばかりでなく, 裾わの田井に, 裾ゑ先づ河水を汲み入る, 裾をけひらくよう, 裾をすら掴んで, 裾をずつとまくる, 裾一尺ばかりを湿し, 裾三分の一ほどまで植え亙し, 裾三尺余り切れて, 裾下一寸五分も白い, 裾中頃ぐらい段々遂に, 裾付けて試し, 裾にこれ, 裾八口の色, 裾く鼻じろんだ顔, 裾出る畔雀陽の, 裾分けしやうと, 裾分けられた家畜が, 裾切れやボロ, 裾刺せ寒さ, 裾前二つきちんと並んだ, 裾風乱り, 裾又は大樹の, 裾の紅う, 裾取ってまっしぐら, 裾合わせ迄し, 裾合谷の大, 裾吹きかえされて千切れん, 裾吹き抜く風の, 裾吹巻られたる女, 裾回りに色とりどり, 裾へかけ, 裾で前, 裾大門の横, 裾寄りのところ, 裾さ, 裾寒い空気が, 裾寒き浅間下ろし, 裾寒げにぞろぞろ, 裾屏風の端, 裾山の上に富士, 裾并びに敷石, 裾広がりにぱつと, 裾広がりなる梯二つを, 裾庭下駄を揚げた, 裾廻ひき張れ清麗, 裾廻りだけが海鼠形, 裾廻二枚袷の下着, 裾廻綿も新しい, 裾にい, 裾引きてまどに, 裾引衣を召したる, 裾張蛇の変生, 裾御牧が原, 裾振り散らした黒髪, 裾捲りをし, 裾掻く稲雀陽の, 裾擦れの音, 裾敷き乱しつつ悄然, 裾明り寒しせせらぎ, 裾暖かに感じた, 裾摺りて, 裾曳いて, 裾曳きながら, 裾曳く弘め用度を, 裾に, 裾に下駄, 裾模樣を着, 裾がもじゃもじゃ, 裾毛みたいに参道, 裾が涸れ, 裾湯沸えてねえ, 裾漏れから裏町, 裾燃え上がる裾に, 裾片側は山, 裾白足袋をつまだてた, 裾直しに懸っ, 裾着肩掛け毛糸の靴下, 裾の前, 裾を空, 裾端折って二人, 裾端折つて緋縮緬の湯, 裾端折り頬被し, 裾端折りしてこいまかせと, 裾端折片手に古びし, 裾み見ゆ, 裾の花, 裾続きで遮断, 裾をとった, 裾が女, 裾のたしなみ, 裾花やかに足, 裾花下摺とある, 裾花渓最初の観光場所, 裾を, 裾袂帯へ来, 裾赤壁の水辺, 裾の事, 裾踏みしだきツカツカと, 裾踏み乱して嗚咽, 裾踏み乱したるまま後手つき, 裾踏み開きて走せ来, 裾かな, 裾辺りだったっけ, 裾通りを行ける, 裾通り雁木の柵, 裾よ, 裾野末廣く天神山, 裾附近柳田表へは内藤修理昌豊, 裾隣りの朋輩, 裾風邪は引かない, 裾颯以牽空珠汗集而光面とあり, 裾と来, 裾黒褐黒褐である